August 19, 2017

サントリー快勝、ヤマハ五郎丸復帰2G 17TL第1週

<<2017-18TL 8月18日開幕>>
 8月18日(金)2017-2018トップリーグが開幕した。
Dscf7060

☆第1週(8月18-20日)
 2年連続Vを狙うサントリーは開幕日にキヤノンを5T32-5で圧倒した。昨季T王&MVPのWTB中鶴が早くも2Tを奪った。
 神戸もTL復帰のNTTドコモから5T4G2P39-16で大勝した。
 近鉄は後半40分、6分前に登場したSO重光のサヨナラDGが決まり13-12豊田自動織機を下した。
 昨季2位ヤマハは復帰のFB五郎丸が2Gを成功した。

☆カンファレンス(8月7日)
17tlpc
 8月7日、都内のホテルでプレスカンファレンスが開催された。

 TLチーム所属の韓国・在日選手の状況をチーム関係者に聞いた。
 開幕戦対戦カードで掲載します。
<TL>
{レッドR}
■Rサントリー、神戸製鋼、NTTコム、トヨタ自動車、東芝、クボタ、近鉄、NTTドコモ
{ホワイトW}
■Wヤマハ、パナソニック、リコー、キヤノン、NEC、宗像サニックス、コカ・コーラ、豊田自動織機

{第1週}
■R/NTTコム13(3-14)17Wリコー(8月18日、秩父宮)
*コム1T1G2P(1)、リコー1T4P(4)
17tlricncom
◎コムHO18白隆尚(ハク・タカヨシ)(12-啓光学園・帝京大)、後半15分にPR3
◎コムFL7金正奎(キン・ショウケイ)、(14-常翔啓光学園・早稲田大)
1787ksk
「去年のTL,サンウルブズ、代表と続いて最初は疲れていましたが大丈夫です」
◎コムLO4金嶺志(キム・リョンジ)、(17-、東京朝鮮高・帝京大)
Comkrj
「チームに新しいエナジー、スパイスを与えてくれる」(金主将)
◎コムCTB/WTB諸葛彬(チェガル・ビン)제갈빈JEGAL BIN(14-、ソウル大附属高・延世大・尚武)
Comcgb
*2016年10月試合中に脳梗塞発症リハビリ➡17チームスタッフ

■Rサントリー32(19-0)5Wキヤノン(18日、秩父宮)
*サントリー5T2G1P(5)、キヤノン1T(0)
17tlcansun

■Wヤマハ発動機(0-5)11Rトヨタ自動車(18日、豊田S)
*ヤマハ2T2G(4)、トヨタ1T2P(1)
17tltytymh
◎トヨタPR崔凌也(サイ・ルンヤ)、(17-、筑波大・東福岡高・九州朝鮮中)

■R神戸製鋼39(19-9)16RNTTドコモ(18日、ヤンマー)
*神戸5T4G2P(5)、ドコモ1T1G3P
17tlkbdcm
◎神戸LO19張碩煥(チャン・ソクファン)JANG SEOKHWAN장석환(16-、延世大・14-15尚武)、なし
Kobjsh
「今年、春にNZチーフスに留学して成長が加速している。レギュラーで出るでしょう」(前川主将)
◎神戸SH21梁正秋(リャン・ジョンチュ)、(15-、大阪朝鮮高・京都産業大)、後半38分
「負けん気が強い性格でチームをリードする。レギュラーへ」(前川主将)

◎ドコモLO/FL5朴淳彩(パク・スンチェ)박순채PARK SOONCHAI(14-、仁川機械工高・慶煕大(キョンヒ)・尚武・ポスコ建設・12サントリー)
Dcmpsc
「チームの一員となっている」(セロンHC)
◎ドコモWTB/FB張成民(チャン・ソンミン)창성민JANG SEONGMIN(17-高麗大・尚武)
Dcmchan
「今はディフェンスを練習している。CTBで使いたい。公式戦に出場できる力がある」(セロンHC)
◎ドコモPR張泰立育(チャン・テユク)(12-、大阪朝鮮高・関西学院大)
◎ドコモSO/CTB金勇輝(キム・ヨンヒ)、(15-、大阪朝鮮高・法政大)
Dcmkyh
◎ドコモPR趙隆泰(チョ・リュンテ)、(17-、大阪朝鮮高・同志社大)
Dcmcrt
「TLのPRとして体を作る。終盤に出場チャンスがあるだろう」(セロンHC)
◎ドコモFL李智栄(リ・チヨン)、(17-、大阪朝鮮高・京都産業大)
Dcmlcy
「ポジション争い。終盤に機会も」(セロンHC)

■R近鉄13(10-0)12W豊田自動織機(18日、ヤンマー)
*近鉄1T1G1P1D(4)、織機2T1G(1)
17tlktttysy
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン)김철원(07-韓国/養正高・朝明高・大阪体大、07年W杯日本代表、TL16年に100CAP)
Kttkcw
「パッションは相変わらず、チームを引っ張る」(坪井監督)
◎近鉄PR王鏡聞(ワン・キョンムン)왕경문(14-、三重・朝明高-韓国・養正中・大阪体大)
「HOにチャレンジしている。最初、スローインに難があったが良くなってきた」(坪井監督)

◎織機FL鄭智弘(チョン・チホン)정지홍、(12-、大阪朝高・帝京大・05IBM・08サニックス・09NTTドコモ)
Sykchn
◎織機WTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン)서길령、(15-、愛知朝鮮高・朝鮮大07-14ヤマハ)


■R東芝-W/NEC(19日、秩父宮)
17tltsbnec
◎東芝LO/FL李聖彰(リ・ソンチャン)(14-、東京朝鮮高・帝京大)
Tsblsc
「試合に出ている。LO、FLポジション争いに勝つかがポイント」(チーム関係者)
◎東芝P17金寛泰(キム・ガンテ)(15-、大阪朝鮮高・関西学院大)
Tsbkgt
「チームを鼓舞」(チーム関係者)

◎NEC/SH李明俊(イ・ミョンジュン)이명준、LEE MYUNGJUN(16-、高麗大・15尚武)
Neclmj
「(SHを2人新たに入団させ競争が激化)日本語が上達し試合中のコミュニケーションは問題ない。公式戦出場もある」(滝澤主将)
◎NEC/LO李珍錫(イ・ジンソック)(17-、ポスコ・尚武)
Neclmsk
「日本にきたばかりで生活や環境になれることが大事。実力はある」(滝澤主将)

■Wパナソニック-Rクボタ(19日、秩父宮)
17tlkbtpana
◎パナFL/LO劉永男(ユ・ヨンナム)유영남(08-、仁川機械工高・檀国大・尚武)
Panayyn
「去年は試合に出場できなかった。今年は練習試合に出場して良い動きをしている。いつもチームに貢献してくれる存在」(ディーンズHC)
◎パナCTB権裕人(コン・ユイン)、(15-、大阪朝鮮高・帝京大)
Panakyi
「順調に成長している。安定してきた」(ディーンズHC)

◎クボタLO4金昊範(キム・ホボム)、KIM HOBUM 김호범(15-、檀国大・14尚武
Kbtkmhbm1
「ケガもなく春は過ごしている」(チーム関係者)

■W宗像サニックス-Wコカ・コーラ(20日、レベスタ)
17tlccsan
◎SAN/PR申東ウォン(シン・ドンウォン)신동원ウォン=冫原(15-、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高・08-12福岡サニックス・13-サントリー・14-近鉄)
Snxsdw
「結婚して精神面でもよくなっている」(藤井監督、チーム関係者)
◎SAN/SO/CTB/WTB王授榮(ワン・スヨン)、(14-、三重・朝明高・大阪体育大3年中退・14末からサニックス)
Snxwsy
「今年、いいですよ」(藤井監督、チーム関係者)

<TCL>
{第1週}
■ホンダ-マツダ(9月9日、三重・鈴鹿)
◎ホンダSO/CTB具智允(グ・ジユン)구지윤、(16-、日本文理高・拓殖大)
◎ホンダPR孫榮基(ソン・ヨンギ)송영기SON YOUNGKI(16-、延世大・尚武・15ポスコ建設)
Hnssyg
◎ホンダPR具智元(グ・ジウォン)구지원(17-、日本文理高・拓殖大、16SW、17SW&日本代表候補)
Hndgjw
◎ホンダSO/CTB朴成基(パク・ソンギ)、(15-、大阪朝鮮高・帝京大)
Hndpsng

◎マツダFB李修平(リ・スピョン)이수평(13-、大阪・日新高、大阪体育大12六甲クラブ、16韓国代表)
Mzdlsp1
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン)남종성NAM JONGSONG(15-、大阪朝鮮高・明治大、16韓国代表)
Mzdnjs

■日野自動車-中国電力(9日、コカウェスト)
◎日野PR金光植(キム・グァンシク)김광식KIM KWANGSIK(16-、慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC
14-15ホンダ)
Hnkks
◎日野FL李淳也(リ・ジュンヤ)、(16-、常翔啓光学園・15天理大)

■九州電力-中部電力(9日、九電)

■三菱重工相模原-釜石SW(10日、釜石)
◎三菱PR成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕、(14-、大阪朝高・帝京大・06-13近鉄)

◎釜石PR許雄(ホ・ウン)허웅、(16-、大邱商苑高・延世大・尚武・09-NTTドコモ)
Kmishw
◎釜石CTB権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁)、(17-、慶山高・三重/朝明高・帝京大・2012-16サニックス)


<TE>
{第1週}
■東京ガス-明治安田生命(9月9日、明治)

■秋田ノーザンブレッツ-清水建設(9日、あきぎんS)

■栗田工業-クリーンファイターズ(10日、栗田)
◎栗田HO金亨志(キム・ヒョンジ)、(16-、大阪朝鮮高・15京産大)

■横河武蔵野-日本IBM(10日、秩父宮)
◎LO延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(11-、忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11復帰)
Ykgygw

■ヤクルト-セコム(10日、秩父宮)

<TW>
{第1週}
■大阪府警察-島津製作所(9月16日、島津)
◎島津SH李翔大(リ・サンテ)、(17-、大阪朝鮮高・日本大)

■JR西日本-三菱自動車京都(16日、JR西日本)
◎西日本PR張和裕(チャン・ファユン)장화유、(12-、大阪朝鮮高・同志社大)

◎西日本SO/CTB鄭宏基(チョン・ガンギ)、(15-、大阪朝鮮高・近畿大)

◎西日本SO/CTB金成志(キム・ソンジ)、(17-、大阪朝鮮高・東海大)

■大阪ガス-豊田通商(16日、JR西日本)

◎ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)、(15-、大阪朝鮮高・摂南大)

◎ガスFB高陽日(コウ・ヤンイル)、(15-、大阪朝鮮高・関西学院大)

■ユニチカ-リコージャパン(16日、JR西日本)

<Tキュウシュウ>
{第1週}
■福岡銀行-JR九州(9月10日、Gアリーナ)

■新日鐵住金八幡-鹿児島銀行(10日、Gアリーナ)

{第2週}
■JR九州-三菱重工長崎(9月17日、福岡・春日公園)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2017

富川北高が今季2冠目V 2017韓国文化観光部長官旗中高大会

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
 韓国の中学・高校ラグビー大会「第44回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が8月11日から17日まで開催(江原道丁寧越郡/カンウォンド・ヨンウォルグン)。
 2015年から7人制に変更されたが今年は高校15人、中学12人へ戻った。高校10チーム、中学は7チームが参加。 
「2017韓国日程結果」をダウンロード

☆7日目(8月17日)
 高校決勝戦。富川北高(プチョンプク)12(5-5)10城南西高(ソンナムソ)と接戦を制し6月の種別大会に続き2冠目を勝ちとった。
17817pcpv
 先制は前半19分に城南西がFB朴ジェホがTラインを越えた(5-0)。30分、富川がHO2金ヨンジュンTで追いついた。後半17分、富川PR1李ミンギュがT、GはFB金チョルヨンが成功し12-5と勝ち越した。城南西は30分にCTB12ユン・ヨンホがTし12-10としたが、Gは不成功でノーサイドとなった。
17816sn10pcp12

☆6日目(8月16日)
 中学決勝を行い今季3冠を目指した延壽中(ヨンス)が古豪・培材中(ペジェ)を40(14-7)14で下した。
17816ynsv
 先制は培材。3分にCTB9李ジウォンがT、GはHO2オ・ヘソンが決めた(7-0)。ヨンスもすぐに反撃、6分にSHクォン・ヨンファがTするとGはCTB10ユ・ジュンサン成功で同点。さらに18分HO2金ミンホが逆転T(G成功)と14-7で折り返した。
 後半も開始26秒でSHクォンが2本目のファイブポインターとなる(G成功21-7)。5分、培材はこちらもCTB李がT追い上げる(21-14)。しかし13分、16分とヨンスがLO4ムン・イクファン、WTB8金ミンテの連続Tで35-14と突き放した。最後は24分にWTB11金クォンボンがTラインを駆け抜け40-14で終えた。
 今季の中学全国大会は延壽が4月の忠武旗大会、6月種別大会と文化観光部長官旗の優勝で3冠。
 ソウル大附属中も3月春季リーグ、5月全国少年、7月大統領旗と3冠を制し覇権を分け合った。

☆5日目(8月15日)
 高校準決勝2試合を行った。
 第1試合は富川北高(プチョンプック)と白新高(ペクシン)が対戦。富川が後半の逆転で24(前半7-21)21と3点差の激闘を制した。
 白新が前半をリードした。2分にWTB11金デタンがT、GをSO李ヒグォンが決めて7-0とした。12分に富川はPR3李ジェファンがTラインを越え、GもFBユ・ジホ成功で追いつく。白新は24分にWTB金が2本目のT(G成功)で勝ち越すと24分にはSO李がT、GはCTB13金ジェグォン成功し21-7で折り返した。
 後半、富川は15分にFL7金ヒジュンがT、G成功した(21-14)。2分後にはHO2金ヨンホがファイブポインターで続き21-19と2点差に迫る。そして24分、CTB12金チョルヨンが歓喜の逆転Tを奪い24-21とひっくり返しノーサイド。
*ルーズボールを追う両校(赤青=富川)
815pcp24pks21

 2試合目、今季3冠をかけたミョンソク高は城南西高(ソンナムソ)に14(7-14)26で敗れた。
 先制は城南西。7分にWTBユ・ミンヒョンがTを奪う(GはFBソ・ジョンソン成功。7-0)。ミョンソクは22分にPR1チョ・ミンホがT、GもSOチョン・ジェホが決めて同点へ。城南西は29分、LOシン・ジョンミンT(G成功)で14-7と勝ち越しで後半へ。
 12分にミョンソクはLO5アン・ピョングォンがインゴールへ運んだ。Gはきっちりチョンが決めて再び14-14と同点とした。しかし3分後、城南西がFL7ナム・ドンヒョンがTを奪うと23分にFBソがTとGをあげ試合を決めた。
*城南西(赤)が今季初Vへ王手をかけた
17815ms14sns26

☆4日目(8月14日)
 中学準決勝2試合を行った。
 今季3冠目を目指した延壽中(ヨンス)は強豪・富川北中(プチョンプック)を27-14で制し王手をかけた。
*延壽中(赤黄)が接戦を制した。
17814ys27pcp14

 ソウル市内の伝統ライバル対決は培材中(ペジェ)が31-19養正中(ヤンジョン)を下した。
*培材(黒)は今季初Vを目指す。
17814pj31yj19

☆3日目(8月13日)
 高校2回戦(8強)4試合。富川北高(プチョンプック)は裡里工業高(イリ)を58-0で圧勝。
*富川(青)が攻撃で一蹴した
17813pckp58ir0
 白新高(ペクシン)は後半開始、5点差に迫られたが4連続Tで突き放した(41-12五城高)
 事実上の優勝戦、ミョンソク高がソウル大附属高を27-7で制した。
*ミョンソク(グレー)が攻める
17813ms27sd7
 前半7-7の終盤、ミョンソクはボールを出してゲームを切ることを選択せずにDGで10-7と勝ち越した。
 後半7分、ミョンソクはソウル陣で反則を数度得てPR1がTを奪った。13分にはソウルがタップからアタック、パスをミョンソクはインターセプトしラックへ。出たボールをHO2が走り切った。23分にもソウル陣22M内の右スクラムからNO8が持ち出し右中間へTし試合を決めた。
 ソウルは前半から反則を得るとすぐにタップでアタックを始める。一度は前半19分に同点に追いついた。後半も同じアタックを見せるもノックオンなどで機会を潰した。さらに15分から24分、29分と3人を連続でシンビンで欠いた。
 城南西高(ソンナムソ)は38-17で仁川機械工業高を下した。

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝戦(8月17日)
◆富川北高(プチョンプク)12(5-5)10城南西高(ソンナムソ)
*富川2T1G、城南西2T

■準決勝戦(15日)
◆A富川北高(プチョンプク)24(7-21)21白新高(ペクシン)
*富川4T2G、白新3T3G

◆Bミョンソク高14(7-14)26城南西高(ソンナムソ)
*ミョンソク2T2G、城南西4T3G

■2回戦(13日)
◆A2富川北高(プチョンプク)58(43-0)0裡里工業高(イリ)
*富川9T5G1D

◆A3白新高(ペクシン)41(17-5)12天安五城高(オソン)
*白新7T3G、五城2T1G

◆B2ミョンソク高27(10-7)7ソウル大附属高
*ミョンソク4T2G1D、ソウル1T1G

◆B3城南西高(ソンナムソ)38(24-0)17仁川機械工業高(インチョンキゴ)
*城南西6T4G、仁川3T1G
*ソンナムソ(赤)のアタック
17812sns38ic17

■1回戦(11日)
◆A1天安五城高(オソン)44(24-7)35裡里工業高(イリコンゴ)
*五城6T4G1P1D、イリ5T5G

◆B1ミョンソク高29(12-7)14培材高(ペジェ)
*ミョンソク5T2G、培材2T2G
17811ms29pj14

<中学>
■決勝戦(8月16日)
◆延壽中(ヨンス)40-14培材中(ペジェ)
*延壽6T5G、培材2T2G
17816ys40pj14a

■準決勝戦(14日)
◆A養正中(ヤンジョン)19(12-19)31培材中(ペジェ)
*養正3T2G、培材5T3G
*後半3分、養正がSH6李ヒョンのTとCTB11李ミョンウGで19-19と追いついた。
しかし、培材が3分後にHO2呉ヘソンがTラインを越え24-19と勝ち越した。呉は11分にも試合を決めるTを奪い31-19で決勝へ。

◆B延壽中(ヨンス)27(22-0)14富川北中(プチョンプク)
*延壽5T1G、富川2T2G
*前半で延壽が決めた。6分にWTB8金ミンテが先制T、12分にはSHコン・ヨンファがTラインを越えた。さらに14分CTB11金コンビン、16分HO2金ミンホと4連続T(1G)で22-0とした。後半も開始1分LO4ムン・イクファンがTし27-0と試合を決めた。富川は14分、25分と2Tを返すにとどまった。

■1回戦(12日)
◆A培材中(ペジェ)20(15-0)14一山東中(イルサンドン)
*培材4T、一山2T2G

◆B1延壽中(ヨンス)不戦勝-坪里中(ピョンリ)棄権
◆B2富川北中(プチョンプク)46(22-0)7城南西高(ソンナムソ)
*富川8T3G、城南西1T1G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 16, 2017

延壽中(ヨンス)が3冠達成 文化観光部長官旗中高大会

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
 韓国の中学・高校ラグビー大会「第44回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が8月11日から17日まで開催(江原道丁寧越郡/カンウォンド・ヨンウォルグン)。
 2015年から7人制に変更されたが今年は高校15人、中学12人へ戻った。高校10チーム、中学は7チームが参加。 
「2017韓国日程結果」をダウンロード

☆6日目(8月16日)
 中学決勝を行い今季3冠を目指した延壽中(ヨンス)が古豪・培材中(ペジェ)を40-14で下した。
17816ynsv
 今季の中学全国大会は延壽が4月の忠武旗大会、6月種別大会と文化観光部長官旗の優勝で3冠。
 ソウル大附属中も3月春季リーグ、5月全国少年、7月大統領旗と3冠を制し覇権を分け合った。

☆5日目(8月15日)
 高校準決勝2試合を行った。
 第1試合は富川北高(プチョンプック)と白新高(ペクシン)が対戦。富川が後半の逆転で24(前半7-21)21と3点差の激闘を制した。
 白新が前半をリードした。2分にWTB11金デタンがT、GをSO李ヒグォンが決めて7-0とした。12分に富川はPR3李ジェファンがTラインを越え、GもFBユ・ジホ成功で追いつく。白新は24分にWTB金が2本目のT(G成功)で勝ち越すと24分にはSO李がT、GはCTB13金ジェグォン成功し21-7で折り返した。
 後半、富川は15分にFL7金ヒジュンがT、G成功した(21-14)。2分後にはHO2金ヨンホがファイブポインターで続き21-19と2点差に迫る。そして24分、CTB12金チョルヨンが歓喜の逆転Tを奪い24-21とひっくり返しノーサイド。
*ルーズボールを追う両校(赤青=富川)
815pcp24pks21

 2試合目、今季3冠をかけたミョンソク高は城南西高(ソンナムソ)に14(7-14)26で敗れた。
 先制は城南西。7分にWTBユ・ミンヒョンがTを奪う(GはFBソ・ジョンソン成功。7-0)。ミョンソクは22分にPR1チョ・ミンホがT、GもSOチョン・ジェホが決めて同点へ。城南西は29分、LOシン・ジョンミンT(G成功)で14-7と勝ち越しで後半へ。
 12分にミョンソクはLO5アン・ピョングォンがインゴールへ運んだ。Gはきっちりチョンが決めて再び14-14と同点とした。しかし3分後、城南西がFL7ナム・ドンヒョンがTを奪うと23分にFBソがTとGをあげ試合を決めた。
*城南西(赤)が今季初Vへ王手をかけた
17815ms14sns26

☆4日目(8月14日)
 中学準決勝2試合を行った。
 今季3冠目を目指した延壽中(ヨンス)は強豪・富川北中(プチョンプック)を27-14で制し王手をかけた。
*延壽中(赤黄)が接戦を制した。
17814ys27pcp14

 ソウル市内の伝統ライバル対決は培材中(ペジェ)が31-19養正中(ヤンジョン)を下した。
*培材(黒)は今季初Vを目指す。
17814pj31yj19

☆3日目(8月13日)
 高校2回戦(8強)4試合。富川北高(プチョンプック)は裡里工業高(イリ)を58-0で圧勝。
*富川(青)が攻撃で一蹴した
17813pckp58ir0
 白新高(ペクシン)は後半開始、5点差に迫られたが4連続Tで突き放した(41-12五城高)
 事実上の優勝戦、ミョンソク高がソウル大附属高を27-7で制した。
*ミョンソク(グレー)が攻める
17813ms27sd7
 前半7-7の終盤、ミョンソクはボールを出してゲームを切ることを選択せずにDGで10-7と勝ち越した。
 後半7分、ミョンソクはソウル陣で反則を数度得てPR1がTを奪った。13分にはソウルがタップからアタック、パスをミョンソクはインターセプトしラックへ。出たボールをHO2が走り切った。23分にもソウル陣22M内の右スクラムからNO8が持ち出し右中間へTし試合を決めた。
 ソウルは前半から反則を得るとすぐにタップでアタックを始める。一度は前半19分に同点に追いついた。後半も同じアタックを見せるもノックオンなどで機会を潰した。さらに15分から24分、29分と3人を連続でシンビンで欠いた。
 城南西高(ソンナムソ)は38-17で仁川機械工業高を下した。

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝戦(8月17日)
◆富川北高(プチョンプク)-城南西高(ソンナムソ)

■準決勝戦(15日)
◆A富川北高(プチョンプク)24(7-21)21白新高(ペクシン)
*富川4T2G、白新3T3G

◆Bミョンソク高14(7-14)26城南西高(ソンナムソ)
*ミョンソク2T2G、城南西4T3G

■2回戦(13日)
◆A2富川北高(プチョンプク)58(43-0)0裡里工業高(イリ)
*富川9T5G1D

◆A3白新高(ペクシン)41(17-5)12天安五城高(オソン)
*白新7T3G、五城2T1G

◆B2ミョンソク高27(10-7)7ソウル大附属高
*ミョンソク4T2G1D、ソウル1T1G

◆B3城南西高(ソンナムソ)38(24-0)17仁川機械工業高(インチョンキゴ)
*城南西6T4G、仁川3T1G
*ソンナムソ(赤)のアタック
17812sns38ic17

■1回戦(11日)
◆A1天安五城高(オソン)44(24-7)35裡里工業高(イリコンゴ)
*五城6T4G1P1D、イリ5T5G

◆B1ミョンソク高29(12-7)14培材高(ペジェ)
*ミョンソク5T2G、培材2T2G
17811ms29pj14

<中学>
■決勝戦(8月16日)
◆延壽中(ヨンス)40-14培材中(ペジェ)
17816ys40pj14a

■準決勝戦(14日)
◆A養正中(ヤンジョン)19(12-19)31培材中(ペジェ)
*養正3T2G、培材5T3G
*後半3分、養正がSH6李ヒョンのTとCTB11李ミョンウGで19-19と追いついた。
しかし、培材が3分後にHO2呉ヘソンがTラインを越え24-19と勝ち越した。呉は11分にも試合を決めるTを奪い31-19で決勝へ。

◆B延壽中(ヨンス)27(22-0)14富川北中(プチョンプク)
*延壽5T1G、富川2T2G
*前半で延壽が決めた。6分にWTB8金ミンテが先制T、12分にはSHコン・ヨンファがTラインを越えた。さらに14分CTB11金コンビン、16分HO2金ミンホと4連続T(1G)で22-0とした。後半も開始1分LO4ムン・イクファンがTし27-0と試合を決めた。富川は14分、25分と2Tを返すにとどまった。

■1回戦(12日)
◆A培材中(ペジェ)20(15-0)14一山東中(イルサンドン)
*培材4T、一山2T2G

◆B1延壽中(ヨンス)不戦勝-坪里中(ピョンリ)棄権
◆B2富川北中(プチョンプク)46(22-0)7城南西高(ソンナムソ)
*富川8T3G、城南西1T1G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

TL8月18日開幕 先発メンバー発表へ

<<2017-18TL 8月18日開幕>>
 8月18日(金)2017-2018トップリーグが開幕する。
 開幕カードのメンバーが各チームから発表されている。

17tlpc
 8月7日、都内のホテルでプレスカンファレンスが開催された。

 TLチーム所属の韓国・在日選手の状況をチーム関係者に聞いた。
 開幕戦対戦カードで掲載します。
<TL>
{レッドR}
■Rサントリー、神戸製鋼、NTTコム、トヨタ自動車、東芝、クボタ、近鉄、NTTドコモ
{ホワイトW}
■Wヤマハ、パナソニック、リコー、キヤノン、NEC、宗像サニックス、コカ・コーラ、豊田自動織機

{第1週}
■R/NTTコム-Wリコー(8月18日、秩父宮)
17tlricncom
◎コムHO18白隆尚(ハク・タカヨシ)(12-啓光学園・帝京大)
◎コムFL7金正奎(キン・ショウケイ)、(14-常翔啓光学園・早稲田大)
1787ksk
「去年のTL,サンウルブズ、代表と続いて最初は疲れていましたが大丈夫です」
◎コムLO4金嶺志(キム・リョンジ)、(17-、東京朝鮮高・帝京大)
Comkrj
「チームに新しいエナジー、スパイスを与えてくれる」(金主将)
◎コムCTB/WTB諸葛彬(チェガル・ビン)제갈빈JEGAL BIN(14-、ソウル大附属高・延世大・尚武)
Comcgb
*2016年10月試合中に脳梗塞発症リハビリ➡17チームスタッフ

■Rサントリー-Wキヤノン(18日、秩父宮)
17tlcansun

■Wヤマハ発動機-Rトヨタ自動車(18日、豊田S)
17tltytymh
◎トヨタPR崔凌也(サイ・ルンヤ)、(17-、筑波大・東福岡高・九州朝鮮中)

■R神戸製鋼-RNTTドコモ(18日、ヤンマー)
17tlkbdcm
◎神戸LO19張碩煥(チャン・ソクファン)JANG SEOKHWAN장석환(16-、延世大・14-15尚武)
Kobjsh
「今年、春にNZチーフスに留学して成長が加速している。レギュラーで出るでしょう」(前川主将)
◎神戸SH梁正秋(リャン・ジョンチュ)、(15-、大阪朝鮮高・京都産業大)
「負けん気が強い性格でチームをリードする。レギュラーへ」(前川主将)

◎ドコモLO/FL5朴淳彩(パク・スンチェ)박순채PARK SOONCHAI(14-、仁川機械工高・慶煕大(キョンヒ)・尚武・ポスコ建設・12サントリー)
Dcmpsc
「チームの一員となっている」(セロンHC)
◎ドコモWTB/FB張成民(チャン・ソンミン)창성민JANG SEONGMIN(17-高麗大・尚武)
Dcmchan
「今はディフェンスを練習している。CTBで使いたい。公式戦に出場できる力がある」(セロンHC)
◎ドコモPR張泰立育(チャン・テユク)(12-、大阪朝鮮高・関西学院大)
◎ドコモSO/CTB金勇輝(キム・ヨンヒ)、(15-、大阪朝鮮高・法政大)
Dcmkyh
◎ドコモPR趙隆泰(チョ・リュンテ)、(17-、大阪朝鮮高・同志社大)
Dcmcrt
「TLのPRとして体を作る。終盤に出場チャンスがあるだろう」(セロンHC)
◎ドコモFL李智栄(リ・チヨン)、(17-、大阪朝鮮高・京都産業大)
Dcmlcy
「ポジション争い。終盤に機会も」(セロンHC)

■R近鉄-W豊田自動織機(18日、ヤンマー)
17tlktttysy
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン)김철원(07-韓国/養正高・朝明高・大阪体大、07年W杯日本代表、TL16年に100CAP)
Kttkcw
「パッションは相変わらず、チームを引っ張る」(坪井監督)
◎近鉄PR王鏡聞(ワン・キョンムン)왕경문(14-、三重・朝明高-韓国・養正中・大阪体大)
「HOにチャレンジしている。最初、スローインに難があったが良くなってきた」(坪井監督)

◎織機FL鄭智弘(チョン・チホン)정지홍、(12-、大阪朝高・帝京大・05IBM・08サニックス・09NTTドコモ)
Sykchn
◎織機WTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン)서길령、(15-、愛知朝鮮高・朝鮮大07-14ヤマハ)


■R東芝-W/NEC(19日、秩父宮)
17tltsbnec
◎東芝LO/FL李聖彰(リ・ソンチャン)(14-、東京朝鮮高・帝京大)
Tsblsc
「試合に出ている。LO、FLポジション争いに勝つかがポイント」(チーム関係者)
◎東芝P17金寛泰(キム・ガンテ)(15-、大阪朝鮮高・関西学院大)
Tsbkgt
「チームを鼓舞」(チーム関係者)

◎NEC/SH李明俊(イ・ミョンジュン)이명준、LEE MYUNGJUN(16-、高麗大・15尚武)
Neclmj
「(SHを2人新たに入団させ競争が激化)日本語が上達し試合中のコミュニケーションは問題ない。公式戦出場もある」(滝澤主将)
◎NEC/LO李珍錫(イ・ジンソック)(17-、ポスコ・尚武)
Neclmsk
「日本にきたばかりで生活や環境になれることが大事。実力はある」(滝澤主将)

■Wパナソニック-Rクボタ(19日、秩父宮)
17tlkbtpana
◎パナFL/LO劉永男(ユ・ヨンナム)유영남(08-、仁川機械工高・檀国大・尚武)
Panayyn
「去年は試合に出場できなかった。今年は練習試合に出場して良い動きをしている。いつもチームに貢献してくれる存在」(ディーンズHC)
◎パナCTB権裕人(コン・ユイン)、(15-、大阪朝鮮高・帝京大)
Panakyi
「順調に成長している。安定してきた」(ディーンズHC)

◎クボタLO4金昊範(キム・ホボム)、KIM HOBUM 김호범(15-、檀国大・14尚武
Kbtkmhbm1
「ケガもなく春は過ごしている」(チーム関係者)

■W宗像サニックス-Wコカ・コーラ(20日、レベスタ)
17tlccsan
◎SAN/PR申東ウォン(シン・ドンウォン)신동원ウォン=冫原(15-、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高・08-12福岡サニックス・13-サントリー・14-近鉄)
Snxsdw
「結婚して精神面でもよくなっている」(藤井監督、チーム関係者)
◎SAN/SO/CTB/WTB王授榮(ワン・スヨン)、(14-、三重・朝明高・大阪体育大3年中退・14末からサニックス)
Snxwsy
「今年、いいですよ」(藤井監督、チーム関係者)

<TCL>
{第1週}
■ホンダ-マツダ(9月9日、三重・鈴鹿)
◎ホンダSO/CTB具智允(グ・ジユン)구지윤、(16-、日本文理高・拓殖大)
◎ホンダPR孫榮基(ソン・ヨンギ)송영기SON YOUNGKI(16-、延世大・尚武・15ポスコ建設)
Hnssyg
◎ホンダPR具智元(グ・ジウォン)구지원(17-、日本文理高・拓殖大、16SW、17SW&日本代表候補)
Hndgjw
◎ホンダSO/CTB朴成基(パク・ソンギ)、(15-、大阪朝鮮高・帝京大)
Hndpsng

◎マツダFB李修平(リ・スピョン)이수평(13-、大阪・日新高、大阪体育大12六甲クラブ、16韓国代表)
Mzdlsp1
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン)남종성NAM JONGSONG(15-、大阪朝鮮高・明治大、16韓国代表)
Mzdnjs

■日野自動車-中国電力(9日、コカウェスト)
◎日野PR金光植(キム・グァンシク)김광식KIM KWANGSIK(16-、慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC
14-15ホンダ)
Hnkks
◎日野FL李淳也(リ・ジュンヤ)、(16-、常翔啓光学園・15天理大)

■九州電力-中部電力(9日、九電)

■三菱重工相模原-釜石SW(10日、釜石)
◎三菱PR成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕、(14-、大阪朝高・帝京大・06-13近鉄)

◎釜石PR許雄(ホ・ウン)허웅、(16-、大邱商苑高・延世大・尚武・09-NTTドコモ)
Kmishw
◎釜石CTB権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁)、(17-、慶山高・三重/朝明高・帝京大・2012-16サニックス)


<TE>
{第1週}
■東京ガス-明治安田生命(9月9日、明治)

■秋田ノーザンブレッツ-清水建設(9日、あきぎんS)

■栗田工業-クリーンファイターズ(10日、栗田)
◎栗田HO金亨志(キム・ヒョンジ)、(16-、大阪朝鮮高・15京産大)

■横河武蔵野-日本IBM(10日、秩父宮)
◎LO延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(11-、忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11復帰)
Ykgygw

■ヤクルト-セコム(10日、秩父宮)

<TW>
{第1週}
■大阪府警察-島津製作所(9月16日、島津)
◎島津SH李翔大(リ・サンテ)、(17-、大阪朝鮮高・日本大)

■JR西日本-三菱自動車京都(16日、JR西日本)
◎西日本PR張和裕(チャン・ファユン)장화유、(12-、大阪朝鮮高・同志社大)

◎西日本SO/CTB鄭宏基(チョン・ガンギ)、(15-、大阪朝鮮高・近畿大)

◎西日本SO/CTB金成志(キム・ソンジ)、(17-、大阪朝鮮高・東海大)

■大阪ガス-豊田通商(16日、JR西日本)

◎ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)、(15-、大阪朝鮮高・摂南大)

◎ガスFB高陽日(コウ・ヤンイル)、(15-、大阪朝鮮高・関西学院大)

■ユニチカ-リコージャパン(16日、JR西日本)

<Tキュウシュウ>
{第1週}
■福岡銀行-JR九州(9月10日、Gアリーナ)

■新日鐵住金八幡-鹿児島銀行(10日、Gアリーナ)

{第2週}
■JR九州-三菱重工長崎(9月17日、福岡・春日公園)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2017

ミョンソク高敗れる、城南西高が快勝 富川北も決勝へ。韓国中高大会

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
 韓国の中学・高校ラグビー大会「第44回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が8月11日から17日まで開催(江原道丁寧越郡/カンウォンド・ヨンウォルグン)。
 2015年から7人制に変更されたが今年は高校15人、中学12人へ戻った。高校10チーム、中学は7チームが参加。
 
 高校は今季2冠のミョンソク高と1冠ソウル大附属高が2回戦で当たる。勝者が優勝候補だ。
 中学は、2冠延壽中(ヨンス)と養正中(ヤンジョン)か。
「2017韓国日程結果」をダウンロード

☆5日目(8月15日)
 高校準決勝2試合を行った。
 第1試合は富川北高(プチョンプック)と白新高(ペクシン)が対戦。富川が後半の逆転で24(前半7-21)21と3点差の激闘を制した。
 白新が前半をリードした。2分にWTB11金デタンがT、GをSO李ヒグォンが決めて7-0とした。12分に富川はPR3李ジェファンがTラインを越え、GもFBユ・ジホ成功で追いつく。白新は24分にWTB金が2本目のT(G成功)で勝ち越すと24分にはSO李がT、GはCTB13金ジェグォン成功し21-7で折り返した。
 後半、富川は15分にFL7金ヒジュンがT、G成功した(21-14)。2分後にはHO2金ヨンホがファイブポインターで続き21-19と2点差に迫る。そして24分、CTB12金チョルヨンが歓喜の逆転Tを奪い24-21とひっくり返しノーサイド。
*ルーズボールを追う両校(赤青=富川)
815pcp24pks21

 2試合目、今季3冠をかけたミョンソク高は城南西高(ソンナムソ)に14(7-14)26で敗れた。
 先制は城南西。7分にWTBユ・ミンヒョンがTを奪う(GはFBソ・ジョンソン成功。7-0)。ミョンソクは22分にPR1チョ・ミンホがT、GもSOチョン・ジェホが決めて同点へ。城南西は29分、LOシン・ジョンミンT(G成功)で14-7と勝ち越しで後半へ。
 12分にミョンソクはLO5アン・ピョングォンがインゴールへ運んだ。Gはきっちりチョンが決めて再び14-14と同点とした。しかし3分後、城南西がFL7ナム・ドンヒョンがTを奪うと23分にFBソがTとGをあげ試合を決めた。
*城南西(赤)が今季初Vへ王手をかけた
17815ms14sns26

☆4日目(8月14日)
 中学準決勝2試合を行った。
 今季3冠目を目指した延壽中(ヨンス)は強豪・富川北中(プチョンプック)を27-14で制し王手をかけた。
*延壽中(赤黄)が接戦を制した。
17814ys27pcp14

 ソウル市内の伝統ライバル対決は培材中(ペジェ)が31-19養正中(ヤンジョン)を下した。
*培材(黒)は今季初Vを目指す。
17814pj31yj19

☆3日目(8月13日)
 高校2回戦(8強)4試合。富川北高(プチョンプック)は裡里工業高(イリ)を58-0で圧勝。
*富川(青)が攻撃で一蹴した
17813pckp58ir0
 白新高(ペクシン)は後半開始、5点差に迫られたが4連続Tで突き放した(41-12五城高)
 事実上の優勝戦、ミョンソク高がソウル大附属高を27-7で制した。
*ミョンソク(グレー)が攻める
17813ms27sd7
 前半7-7の終盤、ミョンソクはボールを出してゲームを切ることを選択せずにDGで10-7と勝ち越した。
 後半7分、ミョンソクはソウル陣で反則を数度得てPR1がTを奪った。13分にはソウルがタップからアタック、パスをミョンソクはインターセプトしラックへ。出たボールをHO2が走り切った。23分にもソウル陣22M内の右スクラムからNO8が持ち出し右中間へTし試合を決めた。
 ソウルは前半から反則を得るとすぐにタップでアタックを始める。一度は前半19分に同点に追いついた。後半も同じアタックを見せるもノックオンなどで機会を潰した。さらに15分から24分、29分と3人を連続でシンビンで欠いた。
 城南西高(ソンナムソ)は38-17で仁川機械工業高を下した。

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝戦(8月17日)
◆富川北高(プチョンプク)-城南西高(ソンナムソ)

■準決勝戦(15日)
◆A富川北高(プチョンプク)24(7-21)21白新高(ペクシン)
*富川4T2G、白新3T3G

◆Bミョンソク高14(7-14)26城南西高(ソンナムソ)
*ミョンソク2T2G、城南西4T3G

■2回戦(13日)
◆A2富川北高(プチョンプク)58(43-0)0裡里工業高(イリ)
*富川9T5G1D

◆A3白新高(ペクシン)41(17-5)12天安五城高(オソン)
*白新7T3G、五城2T1G

◆B2ミョンソク高27(10-7)7ソウル大附属高
*ミョンソク4T2G1D、ソウル1T1G

◆B3城南西高(ソンナムソ)38(24-0)17仁川機械工業高(インチョンキゴ)
*城南西6T4G、仁川3T1G
*ソンナムソ(赤)のアタック
17812sns38ic17

■1回戦(11日)
◆A1天安五城高(オソン)44(24-7)35裡里工業高(イリコンゴ)
*五城6T4G1P1D、イリ5T5G

◆B1ミョンソク高29(12-7)14培材高(ペジェ)
*ミョンソク5T2G、培材2T2G
17811ms29pj14

<中学>
■決勝戦(8月16日)
◆延壽中(ヨンス)-培材中(ペジェ)

■準決勝戦(14日)
◆A養正中(ヤンジョン)19(12-19)31培材中(ペジェ)
*養正3T2G、培材5T3G
*後半3分、養正がSH6李ヒョンのTとCTB11李ミョンウGで19-19と追いついた。
しかし、培材が3分後にHO2呉ヘソンがTラインを越え24-19と勝ち越した。呉は11分にも試合を決めるTを奪い31-19で決勝へ。

◆B延壽中(ヨンス)27(22-0)14富川北中(プチョンプク)
*延壽5T1G、富川2T2G
*前半で延壽が決めた。6分にWTB8金ミンテが先制T、12分にはSHコン・ヨンファがTラインを越えた。さらに14分CTB11金コンビン、16分HO2金ミンホと4連続T(1G)で22-0とした。後半も開始1分LO4ムン・イクファンがTし27-0と試合を決めた。富川は14分、25分と2Tを返すにとどまった。

■1回戦(12日)
◆A培材中(ペジェ)20(15-0)14一山東中(イルサンドン)
*培材4T、一山2T2G

◆B1延壽中(ヨンス)不戦勝-坪里中(ピョンリ)棄権
◆B2富川北中(プチョンプク)46(22-0)7城南西高(ソンナムソ)
*富川8T3G、城南西1T1G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2017

3冠に延壽0中(ヨンス)が王手 韓国中高大会

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
 韓国の中学・高校ラグビー大会「第44回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が8月11日から17日まで開催(江原道丁寧越郡/カンウォンド・ヨンウォルグン)。
 2015年から7人制に変更されたが今年は高校15人、中学12人へ戻った。高校10チーム、中学は7チームが参加。
 
 高校は今季2冠のミョンソク高と1冠ソウル大附属高が2回戦で当たる。勝者が優勝候補だ。
 中学は、2冠延壽中(ヨンス)と養正中(ヤンジョン)か。
「2017韓国日程結果」をダウンロード

☆4日目(8月14日)
 中学準決勝2試合を行った。
 今季3冠目を目指した延壽中(ヨンス)は強豪・富川北中(プチョンプック)を27-14で制し王手をかけた。
*延壽中(赤黄)が接戦を制した。
17814ys27pcp14

 ソウル市内の伝統ライバル対決は培材中(ペジェ)が31-19養正中(ヤンジョン)を下した。
*培材(黒)は今季初Vを目指す。
17814pj31yj19

☆3日目(8月13日)
 高校2回戦(8強)4試合。富川北高(プチョンプック)は裡里工業高(イリ)を58-0で圧勝。
*富川(青)が攻撃で一蹴した
17813pckp58ir0
 白新高(ペクシン)は後半開始、5点差に迫られたが4連続Tで突き放した(41-12五城高)
 事実上の優勝戦、ミョンソク高がソウル大附属高を27-7で制した。
*ミョンソク(グレー)が攻める
17813ms27sd7
 前半7-7の終盤、ミョンソクはボールを出してゲームを切ることを選択せずにDGで10-7と勝ち越した。
 後半7分、ミョンソクはソウル陣で反則を数度得てPR1がTを奪った。13分にはソウルがタップからアタック、パスをミョンソクはインターセプトしラックへ。出たボールをHO2が走り切った。23分にもソウル陣22M内の右スクラムからNO8が持ち出し右中間へTし試合を決めた。
 ソウルは前半から反則を得るとすぐにタップでアタックを始める。一度は前半19分に同点に追いついた。後半も同じアタックを見せるもノックオンなどで機会を潰した。さらに15分から24分、29分と3人を連続でシンビンで欠いた。
 城南西高(ソンナムソ)は38-17で仁川機械工業高を下した。

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝戦(8月17日)

■準決勝戦(15日)
◆A富川北高(プチョンプク)-白新高(ペクシン)
◆Bミョンソク高-城南西高(ソンナムソ)

■2回戦(13日)
◆A2富川北高(プチョンプク)58(43-0)0裡里工業高(イリ)
*富川9T5G1D

◆A3白新高(ペクシン)41(17-5)12天安五城高(オソン)
*白新7T3G、五城2T1G-

◆B2ミョンソク高27(10-7)7ソウル大附属高
*ミョンソク4T2G1D、ソウル1T1G

◆B3城南西高(ソンナムソ)38(24-0)17仁川機械工業高(インチョンキゴ)
*城南西6T4G、仁川3T1G
*ソンナムソ(赤)のアタック
17812sns38ic17

■1回戦(11日)
◆A1天安五城高(オソン)44(24-7)35裡里工業高(イリコンゴ)
*五城6T4G1P1D、イリ5T5G

◆B1ミョンソク高29(12-7)14培材高(ペジェ)
*ミョンソク5T2G、培材2T2G
17811ms29pj14

<中学>
■決勝戦(8月16日)
◆延壽中(ヨンス)-培材中(ペジェ)

■準決勝戦(14日)
◆A養正中(ヤンジョン)19-31培材中(ペジェ)
◆B延壽中(ヨンス)27-14富川北中(プチョンプク)

■1回戦(12日)
◆A培材中(ペジェ)20(15-0)14一山東中(イルサンドン)
*培材4T、一山2T2G

◆B1延壽中(ヨンス)不戦勝-坪里中(ピョンリ)棄権
◆B2富川北中(プチョンプク)46(22-0)7城南西高(ソンナムソ)
*富川8T3G、城南西1T1G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2017

2017韓国7人制大会開催

<<「2017年韓国7人制大会」>>
 今夏の「2017年韓国7人制大会第1次」が8月18日(金)~19日(土)に江原道寧越(ヨンウォル)で開催される。「第14回全国生活体育大会(クラブ)」も同時開催だ。
 7人制大会は社会人の韓国電力、現代グロービス、尚武(軍体育部隊)、慶煕大(キョンヒ)、檀国大(ダングック)が総当たりで戦う。

「2017年韓国7人制大会」
■リーグ戦
◎順位 韓国電力、現代グロービス、尚武(軍体育部隊)、慶煕大(キョンヒ)、檀国大
◆韓国電力-現代グロービス、-尚武、慶煕、檀国
◆現代グロービス-尚武、慶煕、檀国
◆尚武-慶煕、檀国
◆慶煕-檀国 

<<「第14回全国生活体育大会(クラブ)」>>
 青年部(チョンニョン)6、壮年部(チャンニョン)12チームが参加。プールで予選を戦い順位決定トーナメントを行う。
「第14回全国生活体育大会(クラブ)」
<青年部>
■カップ決勝戦

■カップ準決勝戦
◆A1-B2
◆B1-A2

■5位決定戦(プレート)
◆A3-B3

■プールA/培材OB、鎮海(チネ)OB、仁川ラグビー協会
◆培材-鎮海、-仁川
◆鎮海-仁川

■プールB/慶山(キョンサン)OB、パイトンスOK貯蓄銀行、忠北ラグビー協会
◆慶山-パイトンスOK貯蓄銀行、忠北
◆パイトンスOK貯蓄銀行-忠北


<青年部>
■カップ決勝戦

■カップ準決勝戦
◆A1-C1
◆B1-D1

■5位決定戦(プレート)

■プレート準決勝
◆A2-C2
◆B2-D2

■9位決定戦(ボウル)

■ボウル準決勝
◆A3-C3
◆B3-D3

■プールA/寧越OB、漢陽工業高OB、安山A
◆寧越-漢陽、安山A
◆漢陽-安山A

■プールB/培材OB、イリ工業高OB、韓電OB
◆培材-イリ、韓電
◆イリ-韓電

■プールC/束草OB、高麗大タイガース、仁川ラグビー協会
◆束草-高麗、仁川
◆高麗-仁川

■プールD/安山B、延世大OB、空軍士官学校OB
◆安山B-延世、空士
◆延世-空士

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミョンソク高がソウル大附属を下す 韓国真夏の中高大会 第44回文化観光部長官旗大会開催

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
 韓国の中学・高校ラグビー大会「第44回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が8月11日から17日まで開催(江原道丁寧越郡/カンウォンド・ヨンウォルグン)。
 2015年から7人制に変更されたが今年は高校15人、中学12人へ戻った。高校10チーム、中学は7チームが参加。
 
 高校は今季2冠のミョンソク高と1冠ソウル大附属高が2回戦で当たる。勝者が優勝候補だ。
 中学は、2冠延壽中(ヨンス)と養正中(ヤンジョン)か。
「2017韓国日程結果」をダウンロード

☆3日目(8月13日)
 高校2回戦(8強)4試合。富川北高(プチョンプック)は裡里工業高(イリ)を58-0で圧勝。
*富川(青)が攻撃で一蹴した
17813pckp58ir0
 白新高(ペクシン)は後半開始、5点差に迫られたが4連続Tで突き放した(41-12五城高)
 事実上の優勝戦、ミョンソク高がソウル大附属高を27-7で制した。
*ミョンソク(グレー)が攻める
17813ms27sd7
 前半7-7の終盤、ミョンソクはボールを出してゲームを切ることを選択せずにDGで10-7と勝ち越した。
 後半7分、ミョンソクはソウル陣で反則を数度得てPR1がTを奪った。13分にはソウルがタップからアタック、パスをミョンソクはインターセプトしラックへ。出たボールをHO2が走り切った。23分にもソウル陣22M内の右スクラムからNO8が持ち出し右中間へTし試合を決めた。
 ソウルは前半から反則を得るとすぐにタップでアタックを始める。一度は前半19分に同点に追いついた。後半も同じアタックを見せるもノックオンなどで機会を潰した。さらに15分から24分、29分と3人を連続でシンビンで欠いた。
 城南西高(ソンナムソ)は38-17で仁川機械工業高を下した。

<<第44回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝戦(8月17日)

■準決勝戦(15日)
◆A富川北高(プチョンプク)-白新高(ペクシン)
◆Bミョンソク高-城南西高(ソンナムソ)

■2回戦(13日)
◆A2富川北高(プチョンプク)58(43-0)0裡里工業高(イリ)
*富川9T5G1D

◆A3白新高(ペクシン)41(17-5)12天安五城高(オソン)
*白新7T3G、五城2T1G

◆B2ミョンソク高27(10-7)7ソウル大附属高
*ミョンソク4T2G1D、ソウル1T1G

◆B3城南西高(ソンナムソ)38(24-0)17仁川機械工業高(インチョンキゴ)
*城南西6T4G、仁川3T1G
*ソンナムソ(赤)のアタック
17812sns38ic17

■1回戦(11日)
◆A1天安五城高(オソン)44(24-7)35裡里工業高(イリコンゴ)
*五城6T4G1P1D、イリ5T5G

◆B1ミョンソク高29(12-7)14培材高(ペジェ)
*ミョンソク5T2G、培材2T2G
17811ms29pj14

<中学>
■決勝戦(8月16日)

■準決勝戦(14日)
◆A養正中(ヤンジョン)-培材中(ペジェ)
◆B延壽中(ヨンス)-富川北中(プチョンプク)

■1回戦(12日)
◆A培材中(ペジェ)20(15-0)14一山東中(イルサンドン)
*培材4T、一山2T2G

◆B1延壽中(ヨンス)不戦勝-坪里中(ピョンリ)棄権
◆B2富川北中(プチョンプク)46(22-0)7城南西高(ソンナムソ)
*富川8T3G、城南西1T1G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2017

韓国U20男子4位で終える 2017U20アジアセブンズ香港大会

<<韓国U20男子4位で終える 2017U20アジアセブンズ香港大会>>
 U20男女のアジアセブンズ大会が8月4-5日、香港で開催された。
 男子は韓国など10カ国が参加。優勝は香港が36-0でスリランカを下し栄冠をつかんだ。
 韓国は予選2位で通過しカップ準決勝で5-33とスリランカに敗れた。3位決定戦も台湾に12-19と負け4位で終えた。*直前中国合宿の韓国代表
178u20kr7

 女子は中国、タイ、香港など7カ国が参加し総当たりのリーグ戦を行った。
 中国が6戦全勝で優勝した。2位は中国に0-24で敗れたが香港を36-12で下したタイ(5勝1敗)。3位は4勝2敗の香港となった。

<U20アジアセブンズ男子>
■カップ決勝戦(8月5日、香港KNGP)
◆香港36-0スリランカ

■3位決定戦(8月5日、香港KNGP)
◆台湾19-12韓国

■準決勝戦(8月5日、香港KNGP)
◆香港41-5台湾
◆スリランカ33-5韓国

■プレート決勝(5位決定)戦(8月5日、香港KNGP)
◆シンガポール21-5マレーシア

■プレート準決勝戦(8月5日、香港KNGP)
◆シンガポール12-5中国
◆マレーシア19-14タイ

■7位決定戦(8月5日、香港KNGP)
◆中国21-5タイ

■9位決定戦(8月5日、香港KNGP)
◆フィリピン14-12ウズベキスタン

■予選プールA(8月4-5日)①スリランカ(4-0)②台湾(3-1)③マレーシア(2-2)④中国(1-3)⑤フィリピン(0-4)
◆スリランカ28-14台湾、26-5マレーシア、43-7中国、24-0フィリピン
◆台湾40-12マレーシア、17-5中国、36-7フィリピン
◆マレーシア17-5中国、26-0フィリピン
◆中国45-0フィリピン

■予選プールB(8月4-5日)①香港(4-0)②韓国(3-1)③シンガポール(2-1-1分、+28)④タイ(2-1-1分、-9)⑤ウズベキスタン(0-4)
◆香港38-0韓国、24-0シンガポール、31-0タイ、52-0ウズベキスタン
◆韓国12-7シンガポール、26-7タイ、45-0ウズベキスタン
◆シンガポール12-12タイ、57-0ウズベキスタン
◆タイ59-0ウズベキスタン

<U20アジアセブンズ女子>
■リーグ戦①中国(6-0)、②タイ(5-1)、③香港(4-2)、④インド(3-3)、
⑤シンガポール(2-4)、⑥マレーシア(1-5)、⑦ウズベキスタン(0-6)
◆中国24-0タイ、41-0香港、32-0インド、32-0シンガポール、52-0マレーシア、36-0ウズベキスタン
◆タイ36-12香港、36-0インド、22-0シンガポール、34-0マレーシア、50-0ウズベキスタン
◆香港39-0インド、31-0シンガポール、46-0マレーシア、55-0ウズベキスタン
◆インド10-5シンガポール、10-0マレーシア、22-15ウズベキスタン
◆シンガポール26-0マレーシア、35-0ウズベキスタン
◆マレーシア17-5ウズベキスタン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2017

8月18日開幕 TL2017-18 プレスカンファレンス開催

<<2017-18TL 8月18日開幕>>
17tlpc
 8月7日、都内のホテルでプレスカンファレンスが開催された。

 TLチーム所属の韓国・在日選手の状況をチーム関係者に聞いた。
 開幕戦対戦カードで掲載します。
<TL>
{レッドR}
■Rサントリー、神戸製鋼、NTTコム、トヨタ自動車、東芝、クボタ、近鉄、NTTドコモ
{ホワイトW}
■Wヤマハ、パナソニック、リコー、キヤノン、NEC、宗像サニックス、コカ・コーラ、豊田自動織機

{第1週}
■R/NTTコム-Wリコー(8月18日、秩父宮)
17tlricncom
◎コムHO白隆尚(ハク・タカヨシ)(12-啓光学園・帝京大)
◎コムFL金正奎(キン・ショウケイ)、(14-常翔啓光学園・早稲田大)
1787ksk
「去年のTL,サンウルブズ、代表と続いて最初は疲れていましたが大丈夫です」
◎コムLO金嶺志(キム・リョンジ)、(17-、東京朝鮮高・帝京大)
「チームに新しいエナジー、スパイスを与えてくれる」(金主将)
◎コムCTB/WTB諸葛彬(チェガル・ビン)제갈빈JEGAL BIN(14-、ソウル大附属高・延世大・尚武)
*2016年10月試合中に脳梗塞発症リハビリ➡17チームスタッフ

■Rサントリー-Wキヤノン(18日、秩父宮)
17tlcansun

■Wヤマハ発動機-Rトヨタ自動車(18日、豊田S)
17tltytymh
◎トヨタPR崔凌也(サイ・ルンヤ)、(17-、筑波大・東福岡高・九州朝鮮中)


■R神戸製鋼-RNTTドコモ(18日、ヤンマー)
17tlkbdcm
◎神戸LO張碩煥(チャン・ソクファン)JANG SEOKHWAN장석환(16-、延世大・14-15尚武)
「今年、春にNZチーフスに留学して成長が加速している。レギュラーで出るでしょう」(前川主将)
◎神戸SH梁正秋(リャン・ジョンチュ)、(15-、大阪朝鮮高・京都産業大)
「負けん気が強い性格でチームをリードする。レギュラーへ」(前川主将)

◎ドコモLO/FL朴淳彩(パク・スンチェ)박순채PARK SOONCHAI(14-、仁川機械工高・慶煕大(キョンヒ)・尚武・ポスコ建設・12サントリー)
「チームの一員となっている」(セロンHC)
◎ドコモWTB/FB張成民(チャン・ソンミン)창성민JANG SEONGMIN(17-高麗大・尚武)
「今はディフェンスを練習している。CTBで使いたい。公式戦に出場できる力がある」(セロンHC)
◎ドコモPR張泰立育(チャン・テユク)(12-、大阪朝鮮高・関西学院大)
◎ドコモSO/CTB金勇輝(キム・ヨンヒ)、(15-、大阪朝鮮高・法政大)
◎ドコモPR趙隆泰(チョ・リュンテ)、(17-、大阪朝鮮高・同志社大)
「TLのPRとして体を作る。終盤に出場チャンスがあるだろう」(セロンHC)
◎ドコモFL李智栄(リ・チヨン)、(17-、大阪朝鮮高・京都産業大)
「ポジション争い。終盤に機会も」(セロンHC)

■R近鉄-W豊田自動織機(18日、ヤンマー)
17tlktttysy
◎近鉄SH金哲元(キム・チョルウォン)김철원(07-韓国/養正高・朝明高・大阪体大、07年W杯日本代表、TL16年に100CAP)
「パッションは相変わらず、チームを引っ張る」(坪井監督)
◎近鉄PR王鏡聞(ワン・キョンムン)왕경문(14-、三重・朝明高-韓国・養正中・大阪体大)
「HOにチャレンジしている。最初、スローインに難があったが良くなってきた」(坪井監督)

◎織機FL鄭智弘(チョン・チホン)정지홍、(12-、大阪朝高・帝京大・05IBM・08サニックス・09NTTドコモ)
◎織機WTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン)서길령、(15-、愛知朝鮮高・朝鮮大07-14ヤマハ)


■R東芝-W/NEC(19日、秩父宮)
17tltsbnec
◎東芝LO/FL李聖彰(リ・ソンチャン)(14-、東京朝鮮高・帝京大)
「試合に出ている。LO、FLポジション争いに勝つかがポイント」(チーム関係者)
◎東芝PR金寛泰(キム・ガンテ)(15-、大阪朝鮮高・関西学院大)
「チームを鼓舞」(チーム関係者)

◎NEC/SH李明俊(イ・ミョンジュン)이명준、LEE MYUNGJUN(16-、高麗大・15尚武)
「(SHを2人新たに入団させ競争が激化)日本語が上達し試合中のコミュニケーションは問題ない。公式戦出場もある」(滝澤主将)
◎NEC/LO李珍錫(イ・ジンソック)(17-、ポスコ・尚武)
「日本にきたばかりで生活や環境になれることが大事。実力はある」(滝澤主将)

■Wパナソニック-Rクボタ(19日、秩父宮)
17tlkbtpana
◎パナFL/LO劉永男(ユ・ヨンナム)유영남(08-、仁川機械工高・檀国大・尚武)
「去年は試合に出場できなかった。今年は練習試合に出場して良い動きをしている。いつもチームに貢献してくれる存在」(ディーンズHC)
◎パナCTB権裕人(コン・ユイン)、(15-、大阪朝鮮高・帝京大)
「順調に成長している。安定してきた」(ディーンズHC)

◎クボタLO金昊範(キム・ホボム)、KIM HOBUM 김호범(15-、檀国大・14尚武
「ケガもなく春は過ごしている」(チーム関係者)

■W宗像サニックス-Wコカ・コーラ(20日、レベスタ)
17tlccsan
◎SAN/PR申東ウォン(シン・ドンウォン)신동원ウォン=冫原(15-、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高・08-12福岡サニックス・13-サントリー・14-近鉄)
「結婚して精神面でもよくなっている」(藤井監督、チーム関係者)
◎SAN/SO/CTB/WTB王授榮(ワン・スヨン)、(14-、三重・朝明高・大阪体育大3年中退・14末からサニックス)
「今年、いいですよ」(藤井監督、チーム関係者)

<TCL>
{第1週}
■ホンダ-マツダ(9月9日、三重・鈴鹿)
◎ホンダSO/CTB具智允(グ・ジユン)구지윤、(16-、日本文理高・拓殖大)
◎ホンダPR孫榮基(ソン・ヨンギ)송영기SON YOUNGKI(16-、延世大・尚武・15ポスコ建設)
◎ホンダPR具智元(グ・ジウォン)구지원(17-、日本文理高・拓殖大、16SW、17SW&日本代表候補)
◎ホンダSO/CTB朴成基(パク・ソンギ)、(15-、大阪朝鮮高・帝京大)

◎マツダFB李修平(リ・スピョン)이수평(13-、大阪・日新高、大阪体育大12六甲クラブ、16韓国代表)
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン)남종성NAM JONGSONG(15-、大阪朝鮮高・明治大、16韓国代表)

■日野自動車-中国電力(9日、コカウェスト)
◎日野PR金光植(キム・グァンシク)김광식KIM KWANGSIK(16-、慶山高・高麗大・ポスコ建設・12-13NEC
14-15ホンダ)
◎日野FL李淳也(リ・ジュンヤ)、(16-、常翔啓光学園・15天理大)

■九州電力-中部電力(9日、九電)

■三菱重工相模原-釜石SW(10日、釜石)
◎三菱PR成昴徳(ソン・アンドク)성앙덕、(14-、大阪朝高・帝京大・06-13近鉄)

◎釜石PR許雄(ホ・ウン)허웅、(16-、大邱商苑高・延世大・尚武・09-NTTドコモ)
◎釜石CTB権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁)、(17-、慶山高・三重/朝明高・帝京大・2012-16サニックス)


<TE>
{第1週}
■東京ガス-明治安田生命(9月9日、明治)

■秋田ノーザンブレッツ-清水建設(9日、あきぎんS)

■栗田工業-クリーンファイターズ(10日、栗田)
◎栗田HO金亨志(キム・ヒョンジ)、(16-、大阪朝鮮高・15京産大)

■横河武蔵野-日本IBM(10日、秩父宮)
◎LO延権佑(ヨン・グォンウ)연권우(11-、忠北高・高麗大・07横河・09尚武・11復帰)

■ヤクルト-セコム(10日、秩父宮)

<TW>
{第1週}
■大阪府警察-島津製作所(9月16日、島津)
◎島津SH李翔大(リ・サンテ)、(17-、大阪朝鮮高・日本大)

■JR西日本-三菱自動車京都(16日、JR西日本)
◎西日本PR張和裕(チャン・ファユン)장화유、(12-、大阪朝鮮高・同志社大)

◎西日本SO/CTB鄭宏基(チョン・ガンギ)、(15-、大阪朝鮮高・近畿大)

◎西日本SO/CTB金成志(キム・ソンジ)、(17-、大阪朝鮮高・東海大)

■大阪ガス-豊田通商(16日、JR西日本)

◎ガスPR金哲弘(キム・チョルホン)、(15-、大阪朝鮮高・摂南大)

◎ガスFB高陽日(コウ・ヤンイル)、(15-、大阪朝鮮高・関西学院大)

■ユニチカ-リコージャパン(16日、JR西日本)

<Tキュウシュウ>
{第1週}
■福岡銀行-JR九州(9月10日、Gアリーナ)

■新日鐵住金八幡-鹿児島銀行(10日、Gアリーナ)

{第2週}
■JR九州-三菱重工長崎(9月17日、福岡・春日公園)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«クルセイダーズが9年ぶり8回目の優勝 2017SR決勝戦