« April 2005 | Main | June 2005 »

May 30, 2005

韓国ラグビー世界では。

昨日(2005年5月29日)、東京で
東芝スーパーカップ決勝戦があった。
日本代表はカナダ代表と決勝を争い10-15で敗れ
目標だった大会2連覇を逃した。
終了後の会見でカナダ監督が「日本は去年以上に強くなっていたが、
われわれの守備の成長が、それ上回っていた」とコメントした。
日本の萩本監督は「この大会の経験値は後退することがない」と
敗戦にも、大会で得た意義を強調していた。
試合を見ると日本はキックを主体に相手を後退させ、
敵地でグランドを広く使うオープン攻撃をしかけようとしたが、
カナダの激しいディフェンスにミスを重ねた。
一方、カナダの日本に回させないためにとった
フォーワードがドライビングモールで突くアタックを
しつこく繰り返し、日本を破った。

さて東芝スーパーカップは、IRBが世界の第2クラスの
グループ強化を目指して運営している国際大会だ。
(ヨーロッパ6ネーションズ、南ア、NZ,豪州、アルゼンチンの
上位10カ国に続く第2クラス)。
フィジー(ランク9位)、サモア(12位)、カナダ(13位)、
ルーマニア(14位)、ウルグアイ(15位)、USA(16位)、日本(17位)、
トンガ(20位)あたりを指す。
残念ながら韓国は22位。このグループからは、外れている。
スーパーカップの運営責任者IRBマーク・イーガン氏は
「韓国は第3クラス。別の担当が強化を考えている」とコメントした。
しかし、来年この大会に呼ばれる可能性は低い、という印象を持った。
2006年アジア予選でワールドカップ出場を獲得して
IRB関係者を驚かせることが必要だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 26, 2005

韓国語(ハングル)教室生徒募集

こんにちは。
このプログ作成者=見明(みあけ)が仕事をしている
日韓交流事業、KJナビゲーションズでは2005年7月開講の
韓国語(ハングル)教室生徒を募集しています。
詳細、お問い合わせなどは下記ホームページを
ご参照ください。

http://www.kjnavi.co.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2005

韓国ラグビー 香港戦感想

5月22日、2007ワールドカップアジア地区予選、韓国VS香港戦について
韓国、ミン・チュンギ監督のコメントです。

「全体的によくやったと評価できると思う。FWは日本には押されてしまったが香港戦ではパワーで押
せ、強く当たっていけた。BKはオープンプレイで外に回しトライを重ねられた。それが点差を大きく
離したことにつながっている。活躍した選手としてCTBの選手ユン・ミンヒョン、キム、ジョンス(
尚武)をあげられる。もともとCTBのキム・ソンス(高麗)はWTBに起用したのだが彼もよく力を発揮
してくれたと思う。今後の強化していく点としてはFWでもっと押していけるようにすることを考えて
いる。」

韓国代表選手の話
「前半は香港での試合ということで少しまごついてしまった部分もあったがBKが外に回す形で試合を
進めていった。後半は体がほぐれペースをつかめたと思う。FWでは7・キム・ジョンミン、8・イ・
グァンムン、BKではユン・ミンヒョン、キム・ジョンスが活躍。WTBでの出場だったキム・ソンスは
2トライをとる活躍をみせた。」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2005

韓国 ラグビー香港戦

大韓ラグビー協会によると
5月22日(日)、香港で行われたワールドカップ・アジア地区予選
香港対韓国の結果は以下となりました。

韓国56(前27、後29)対 香港3(前3、後0)

デビジョン1、2005年結果
日本2勝、韓国1勝1敗、香港2敗(2006年はデビジョン2へ降格)。

以上。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2005

ラグビー日韓戦ビデオ販売

こんにちは。
韓国ラグビー専門に取材しています。
昨日は、ラグビージャーナリスト村上晃一さん、
スポーツジャーナリスト藤島大さん、
ラグビーマガジン編集長・田村一博さんが
パネラーとなったアイルランド代表来日歓迎の
ためのラグビー講座(於、東京・銀座アイリッシュパブ「ダフィー」)を
見に行ってきました。
アイルランド好きな方やラグビーファン多数で盛り上がっていましたね。
やはり国民の間にラグビーが根を張っている国、その国好きの日本人が
集まるな、と先週14日、ソウルで開いた日韓戦前日イベントと比べて強く
感じました。来年2006年は、日韓戦(ワールドカップ予選)が日本であるので
イベントを東京で開ければいいですね。

さて5月15日の日韓戦、ビデオ制作しました。
ご希望の方に実費(1500円)+送料負担、代金は受け取る際に
払ってもらう方法で頒布します。
ご希望の方は、
fwid1652@nifty.com
まで、〒、住所、電話番号、氏名、メールアドレスを
送ってください。
発送した段階でメールします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2005

韓国 中学高校ラグビー結果

韓国の中・高校ラグビー選手権
「第25回忠武旗争奪 中高大会」は
日韓戦が行われる前の週、5月8日から13日まで
大田(テジョン)で開催されました。
結果は下記の通りです。

<中学部>
*準決勝(5月11日)
・カンシン中25-0カヤン中
・ナムソン中27-0チョンジュ南中

*決勝(5月13日)
カンシン中17-0ナムソン中

<高校部>
*準決勝(5月11日)
・富川北高30-11東亜工業高
・白新高34-10鎮海高

*決勝(5月13日)
・白新高19-0富川北高

以上。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

韓国 高麗大ラグビー

こんにちは。
韓国の大学ラグビー界で実力1位の
高麗大学写真などお伝えします。
キャンパスは、地下鉄6号線、高麗大で下車。
徒歩3分ほど。
ソウル中心部から約30分かかります。
キャンパスは、緑にあふれており
日本の大学とはかなりイメージが違います。
大学!!! という気持ちがします。
日本でいうと定期戦を行っている
早稲田大に該当。
ライバル、延世(ヨンセ)大との運動部対抗戦
「高延戦」は、7万人の観衆で埋まる
韓国最大のスポーツイベントにも
なっています。
ラグビーの今年の高延戦は、
9月29日(木)。韓国リーグの1試合としても
行われる予定です。00000065
00000077

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2005

韓国ラグビー 香港戦

5月22日、香港で行われるワールドカップ・アジア地区予選
香港対韓国。
韓国代表は今日20日に香港入りします。
代表選手中、日韓戦からFL ユ・ヨンナム(檀国大)が
ハン・コンギュ(延世大)へ変更しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2005

韓国ラグビー 日韓戦その後

こんにちは。
きょう5月18日、韓国から戻ってきました。
日韓の結果よりも日本代表逮捕に韓国協会関係者も
驚いています。
さて、日韓戦のゲーム内容は本職・村上さんの
プログをご覧下さい。
http://koichi-murakami.cocolog-nifty.com/loverugby/

大韓ラグビー協会も今回の運営に満足してました。
当初、インチョン(仁川)が会場を拒否したあと、
数箇所探してようやくヨンウォル(寧越)になりました。
協会は韓国ラグビーの聖地、ソウル市ラグビー場での
開催も検討したようです。
「シャワーが無い、電話回線に問題あり」などで断念しました。
今週会った協会事務局には、「ソウルでやっても問題ないと思う。
シャワーは試合後、ホテルへ戻ればすむ。その後アフターファンクションに
集合でOK。電話回線もソウルなら取材に来る日本報道関係者は
支局やホテルから送信できると思います」と伝えました。

きのうかおととい、テレビ東京でダイジェストを放送したようですね。
私も撮影してますので、このプログを通じて
希望者には実費程度で販売するかもしれません。
なお、大韓ラグビー協会は6月1日、ラグビー雑誌を
創刊します。こうご期待。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2005

韓国ラグビー 日韓戦

00000001
00000010
00000023
2007年のラグビーワールドカップ(フランス)アジア地区予選
日本対韓国は2005年5月15日、韓国、江原道寧越郡公設運動場で
行われた。観衆は3000人。
前半から韓国のペース。日本は韓国の低いタックルを受けると
ハンドリングやパスミスを繰り返し、ターンオーバーなどで韓国に
得点を奪われ0対10と点差を広げられた。
しかし、その後は17対17となり、終了間際、大畑がゴールライン
ぎりぎりでトライ、24対17で前半を終えた。
後半も、最初から韓国ペース、2トライされ24対31と再逆転された。
ここで外国人選手の個人技で連続トライし、リードを奪い、
最後は50対31で辛うじて勝ち、予選2戦2勝と1位となった。
試合後、日本の萩本監督は「韓国戦になるといつも出る悪い面が出た。
選手が熱くなり、やるべきことを忘れていた」と辛勝に厳しい表情だった。
韓国、ミン・チュンギ監督は満足そうに「日本の外側のディフェンスが
弱いことは分かっていた。モールやペナルティからすばやくまわし、
そこをつくことができた。来年は若い選手をもっと選び早い展開の
ラグビーを目指す」と話した。
この試合、韓国代表はNO8イ・グアンムン(高麗大キャプテン)、
SH イ・ミョングン(無所属)、SO オ・ユンヒョン(キョンヒ大)
FBキム・クンヒョン(尚武=韓国軍体育部隊)らが
日本の記者から高い評価を受けていた。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

May 10, 2005

韓国ラグビー

韓国代表 閔俊基(ミン・チュンギ)監督話
    2005.5.09 
昨日、日本VS香港戦(91対3で日本勝利)を視察に来ていた
韓国のミン監督に伺いました。

Q 香港戦の日本を見て?
A 敵陣25mに入ってから、ラインアウト→モールに
 なった場合、球出しが早く攻撃つながっていた。
  反対に球出しが遅れると攻撃も滞っていたので、
 ディフェンス面の参考になった。
  やはりwtbに大畑が入ると、攻撃のスピードが違ってくる。
 大畑、小野澤のつなぎは要注意。一方で、大畑だけをマークしても
  左からの攻撃があるので常に対面のマークも心がけさせたい。
 フォワードの押しは強力だと感じた。

Q 韓国代表の状況など
A 実質的に、5月2日からヨンウォル(試合会場)で練習を始めている。
 とにかくスクラムやモールからの早い球出しができる
 ようになるよう、しつこく練習をしている。
  今回、トップチームの三星SDIから選手は選ばれなかった。
 三星社内で選手との契約問題があり、社として辞退した。
 三星の選手がいないと厳しいが、若い選手も選んだので彼らに
 期待したい。
  日本には、スピードで挑みたい。去年はキックを多用したが
 今回はキックよりも回すラグビーをしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2005

韓国ラグビー代表(日韓戦)

こんにちは。2005年5月8日

5月15日(日)、韓国、江原道寧越郡
(カンウォンド・ヨンウォルグン)である
ワールドカップ2007アジア地区予選
(2005ラウンド)に出場する韓国代表が
5月6日、大韓ラグビー協会から発表された。
今回、国内1位で、多くの代表が所属する
三星SDIからは、辞退が出てゼロになった。
以下は名簿(内、所属など)

監督:ミン・チュンギ
(韓国軍体育部隊=尚武監督。03年代表監督)
コーチ:チョ・ソンチョル

PR1:チョ・ソンウン(尚武。04年代表)
HO2:シン・ウシク(浦項鋼板(ポハン)。04年代表)
   :イ・ジャンウ(尚武。04年代表)
PR3:ホ・ウン(延世大学。03年U19)
   :ユ・ソンウン(無所属。04年尚武。03年代表)
LO:チョ・ソンウ(浦項鋼板(ポハン)。03年代表)
  :パク・チャンシク(無所属。04年尚武。04年代表)
  :ヨン・クォンウ(高麗大学。04年U19)
FL:キム・ジョンミン(延世大学。03年代表)
  :パク・ヨンドン(浦項鋼板(ポハン)
  :ユ・ヨンナム(檀国大学(ダンクック)。U19など)
NO8:イ・グァンムン(高麗大学。03年代表)
SH:ヤン・ヨンフン(04年尚武。04年代表)
  :イ・ミョングン(03年三星。03年代表)
SO:オ・ユンヒョン(慶熙大学。03年代表)
WTB:チョン・ジョンマン(韓国電力。04年代表)
   :キム・ヒョンギ(浦項鋼板(ポハン)。04年代表)
CTB:ユ・ミンヒョン(尚武)
   :ユン・ヒス(浦項鋼板(ポハン)。04年代表)
   :キム・ジョンス(尚武。U19など)
   :キム・ソンス(高麗大学。U19など)
FB:キム・クンヒョン(尚武。04年高麗大。04年代表)

以上。

  


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2005

韓国ラグビー 早稲田VS高麗

5月5日(木)、日本、韓国とも子供の日で休日でした。
この日、ソウルにある高麗大学緑地グランドで、
早稲田大学と高麗大学のラグビー交流戦(定期戦)が
開催された。
記録
早稲田42
(前半14:2t2g
 後半28:4t4g)

33高麗大学
(前半14:2t2g
 後半19:3t2t)

去年に続き早稲田の連勝。
しかし、前半を同点で折り返すなど
高麗の健闘が目立った。
高麗は、目標を春シーズンをこの試合に
秋シーズンをライバル・延世大学との
試合において調整している。
5月15日の日韓代表戦にも
高麗から数人が選ばれる模様で
早稲田戦の結果が対日本の自信に
つながるだろう。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

« April 2005 | Main | June 2005 »