« 韓国 ラグビー香港戦 | Main | 韓国語(ハングル)教室生徒募集 »

May 25, 2005

韓国ラグビー 香港戦感想

5月22日、2007ワールドカップアジア地区予選、韓国VS香港戦について
韓国、ミン・チュンギ監督のコメントです。

「全体的によくやったと評価できると思う。FWは日本には押されてしまったが香港戦ではパワーで押
せ、強く当たっていけた。BKはオープンプレイで外に回しトライを重ねられた。それが点差を大きく
離したことにつながっている。活躍した選手としてCTBの選手ユン・ミンヒョン、キム、ジョンス(
尚武)をあげられる。もともとCTBのキム・ソンス(高麗)はWTBに起用したのだが彼もよく力を発揮
してくれたと思う。今後の強化していく点としてはFWでもっと押していけるようにすることを考えて
いる。」

韓国代表選手の話
「前半は香港での試合ということで少しまごついてしまった部分もあったがBKが外に回す形で試合を
進めていった。後半は体がほぐれペースをつかめたと思う。FWでは7・キム・ジョンミン、8・イ・
グァンムン、BKではユン・ミンヒョン、キム・ジョンスが活躍。WTBでの出場だったキム・ソンスは
2トライをとる活躍をみせた。」

|

« 韓国 ラグビー香港戦 | Main | 韓国語(ハングル)教室生徒募集 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 韓国ラグビー 香港戦感想:

« 韓国 ラグビー香港戦 | Main | 韓国語(ハングル)教室生徒募集 »