« バスや電車、韓国比較 | Main | 「私の名前はキム・サムスン」 »

July 31, 2005

韓国いろいろ

最近読んでいる本がある。
長璋吉(ちょう・しょうきち)さんが書いた「私の朝鮮語小事典」
(河出文庫)。なんと1968年から70年にかけてソウル・延世大学に
語学留学した時の生活を朝鮮語のキーワードをつけて紹介している。
この本は、1973年に元の元が出版されている、という。35年前の
ソウルの一般民衆の普通の暮らしぶりが書かれているので面白く読んでいる。
先日、プログに書いた韓国のバス事情も35年前もかわらなかったようだ。
今から韓国留学を目指している方にもお薦めの本。
「普段着の朝鮮語」というシリーズも同じ文庫から出ている。

ネットで気になり読んだのが漫画「嫌韓流」(晋遊舎。952円)。
最近の竹島問題など韓国の反日ムードに反発する漫画。
学生が日韓関係の歴史を勉強するスタイルで問題をえぐっている。
韓国と日本を知る1冊にあってもいいと思う。多くの事実に接して
正しいかどうかは読んだ人が決めるべき内容だ。
各社に出版拒否されたという帯のタイトルは誇張しすぎかも。

|

« バスや電車、韓国比較 | Main | 「私の名前はキム・サムスン」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 韓国いろいろ:

» あの国のひとは・・・わからないことを言う [知れば知るほどきらいになる国?]
韓国には日本人になりすます在日の留学生が多いようだ わたしの身近にも25歳の日本からの留学生がいる 「どうして韓国に留学しようと思ったんだ?」 「単純に韓国が好きで 高校生のときから韓国語が勉強したかった」 「ほんの数年前まで(日本では)韓国のイメージも良くなかったし  なんの存在感もなかったのではないか?  なぜ急に韓国が好きになったんだ?」 「韓国が好きだってだけではだめなのか?  私が韓国留学する気になった理由を全部知りたいのか?」 ・・・追求してい... [Read More]

Tracked on September 09, 2005 05:24 AM

« バスや電車、韓国比較 | Main | 「私の名前はキム・サムスン」 »