« July 2005 | Main | September 2005 »

August 21, 2005

韓国ラグビー高麗大学報告

以下は、韓国・高麗大学ラグビー部が2005年8月の北海道・北見合宿について帰国後、大韓ラグビー協会ホームページへ掲載した報告(一部意訳)。

韓国ラグビーファンの期待と激励の中で、高麗大学校ラグビー部が 15日間の 北見市での転地訓練(夏合宿)を無事に終えて帰って来ました。行く前に皆さんに申し上げたように辛い練習で倒れても韓国の大学ラグビーを知らせ、また日本の先進ラグビーを学んで来るという意志を持って行った今度合宿訓練で私どもはあまりにも多いことを学びました.

空と触れ合った運動場と素晴らしい芝, そしてトップリーグの選手たちのプレーとチーム運営システムなど。すべてのものがラグビーをするには最適の条件でした。羨ましくなければならないそんな(韓国の)環境がなんだか一瞬物悲しく感じられたりしました.

日本の国内ルールで韓国人選手を日本人選手と同じ条件で扱う「国内人資格付与」は私たちの念願とは違いトップリーグのラグビー関係者の間では、もっと沢山の時間を要する “遥かに遠い希望”のように感じられました。 といえども日本のトップリーグでは新しい選手を探して南ア共和国までスカウトを派遣していました。

しかし日本ラグビーの心臓と言えるトップリーグと夏合宿の試合で対戦し感じたことは決して私たち高麗大学の選手たちが、試合に臆せず後れずついていけたことです。 彼らと私たちの差は “用兵”(外国人選手)がいるかいない事の程度差でした。韓国選手が持つ精神力と強い闘志は、まだ日本ラグビー関係者が認める部分でした。トップリーグとトップリーグ昇格を目標にする Top-league east, west, kyusyuの各 リーグにはチーム当り外国人選手が 3人から5人ずつ所属し、コーチングステムを含めれば多くのチームは約 7人位の外国人が所属していました.

高麗大学校ラグビー部は今回の日本での合宿を通じて得た貴い経験を土台に私たち選手のトップリーグ進出のためにもっと努力します。これと関して合宿期間中、日本のいくつかのトップリーグ関係者たちから受けた選手に対する関心とお問い合わせを具体的に成功させるために続いて協議していきます。
試合結果
1次戦 対 SECOM(TL) 7:78 敗
2次戦 対 JAL 航空(TLEast) 合同訓練
3次戦 対 立命館大学(関西大学Aリーグ) 59:7 勝
4次戦 対 流通経済大学(関東大学リーグ1部) 49:7 勝(私は,後半 20分競技)
5次戦 対 東北自衛隊 66:5 勝
6次戦 対 要田工業(TLEast) 41:24 勝

今後とも高麗大学校ラグビー部に対するファンの皆さんの深い愛情で声援をお願い致します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2005

韓国ラグビー速報 高麗大日本合宿

韓国ラグビー速報
高麗大学夏合宿(北海道・北見市)結果

高麗大学は05年夏を北海道・北見市で15日間、過ごした。
その間、日本のトップリーグチームなどと練習試合を行った。
大韓ラグビー協会(KRU)のHPに、大学から報告が
掲載されたので結果を転載する。
1試合 高麗7対78セコム
2試合 JAL→合同練習に変更
3試合 高麗59対7立命館
4試合 高麗49対7流通経済大学(前・後半20分ハーフ)
5試合 高麗66対5東北自衛隊
7試合 高麗41対24栗田工業
以下、写真クリック
「2.bmp」をダウンロ
ード

今回の合宿で日本を選んだ理由をチョン・デグァン監督は
「日本のトップリーグや社会人チームに高麗の選手を見てもらい
大学卒業後の進路を開拓したい」と話していた。
高麗の報告には「日本人と同じ扱いとなるアジア人枠は難しい。
選手にはいくつかの日本チームが関心を寄せ、問い合わせがあった」と
している。
また日韓戦で注目を集めたNO.8 イ・グァンムン(4年)について
あるトップリーグ監督も「良いNO.8がいるという情報がる。一度、
見てみたい」と述べていた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2005

ウィルキンソン欠場、日英ラグビー

こんにちは。
明日8月20日(土)、イングランド・ラグビー、プレミアリーグの
「ニューカッスル・ファルコンズ」来日第1戦が「NEC」との
間で行われます。
一番、注目されていた「ラグビー界のベッカムこと
ジョニー・ウィルキンソン」が欠場します。
昨日(18日)、ウェルカム・パーティーに行きましたが、
ウィルキンソンの姿を見ることができませんでした。
関係者の話では「体調不良」。そしてある方は
「盲腸と協会から聞いた」と教えてくれました。
ウィルキンソン自身が、2003年ワールドカップ以後、怪我で
第1線から退き、今年のシーズンにかけていただけに
その仕上がりを見れず残念。
シーズン開幕に間に合うことを願います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2005

日韓交流 ソウル下宿屋夫婦歓迎会

gesyu4
日韓交流、今年は国交正常化40周年でさまざまなイベントとが両国で行われている。
先週8月6日、ごく内輪の日韓交流があった。
私がソウルで2004年11月、約1ヶ月滞在した下宿のイモ(お母さん)とアジョシ(ご主人)が
下宿していた日本人の結婚式に招かれて来日した。
合わせて、夫婦の下宿にお世話になった日本人、在日韓国人などが九州などからも上京して
夫婦の歓迎会を開いた。その数、約50人ほど。私を含めて年配もいれば20代も。
gesyu3

ソウルの生活を話し食事をし酒を飲んだ。アジョシは韓国爆弾酒で皆を酔わそうとした。
大変、楽しい一晩だった。
下宿生が経営者の来日に合わせて集まることも珍しい。
夫婦の人柄だったのでしょう。
これを機会に、同窓会結成の話も出てきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2005

高麗大学惨敗(韓国ラグビー)

韓国ラグビー界から日本の夏合宿に訪れている「高麗大学(コリョ)」が
8月3日(水)、合宿先の北海道・北見市で練習試合を行った。
相手は、今年からトップリーグに復帰するセコム。
結果はセコムが82(前半26-7)7と高麗に圧勝した。
高麗も初戦で韓国では、決して戦えない強豪と試合ができたので効果はあっただろう。
日本チームのコーチ陣が若い韓国の大学選手をどのように評価したかも、聞いてみたいが、、。
試合の詳細はサンスポ(8月4日紙面)に吉田宏記者が書いている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2005

韓国料理「韓国風豚肉そぼろ」、ラグビー納会など

昨日(8月2日)夜、久々に料理を作った。
遅く帰り冷蔵庫にあった豚挽き肉を油で軽く炒めて、卵をとじて炒める。
味付けは、韓国辛味噌(コチュジャン)。
これを混ぜ合わせて、アツアツご飯にかける。
おいしかった、、、。「韓国風豚肉そぼろ」
残ったものは冷蔵庫で保管。

00000002
00000004

7月中旬にあった所属ラグビーチーム「ピンクエレファンツ」の納会。
メンバー自宅の庭(東京・二子玉川)でバーベキュー。
焼き鳥、レバー、在日メンバーが持ってきたキムチ。
暑い中のビールは旨かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »