« September 2005 | Main | November 2005 »

October 30, 2005

韓国チョンゲチョン

 韓国ソウル市、中心部に清流が蘇った。
 ソウル市を流れる漢江(ハンガン)の支流だったチョンゲチョン(清渓川)が2005年秋に蘇った。
 韓国の発展と共に交通渋滞のネックとされたチョンゲチョンは、埋め立てられ上は道路が走り高架の道路も作られた。道路の周りには朝鮮戦争で南に逃げてきた人々が電気街や骨董品街をつくり賑やかな様相を見せていた。
00000008
00000010
00000016

 再生されたチョンゲチョンには遊歩道も出来て、親子連れが水遊びを楽しむ光景も見られた。
新しいソウルの名所になることでしょう。
 一方で、生活の場を追いやられた店主たちは、一部が東大門にある運動場に移りグランド内で市場を開いた。この結果、試合場を失ったのが韓国のラグビー界。国際試合をするには設備や交通の便で東大門運動場は最適だった。おかげで2005年春の日韓ラグビー代表戦は、地方で行われた、、、。
 下の写真が今の東大門運動場
00000020
00000034

ソウル市内様子00000041
00000014

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2005

韓国ラグビー7人制大会日程

 韓国ラグビー「2005年度全国7人制大会日程」

 今年最後の韓国ラグビー大会が7人制として11月4-5日に開催される。
 会場は、ソウル市ラグビー場(地下鉄1号線、7号線「温水(オンス)駅」下車。5分)

 グループわけ
A組 韓国電力、檀国大学(ダンクック)、仁川専門大学、忠南大学(チュンナム)
B組 高麗大学(コリョ)、延世大学(ヨンセ)、釜山大学、大シム通商

 日程
11月4日(金)11:00-開始
A 韓国電力VSチュンナム
A 檀国VS仁川
B 高麗VS大シム
B ヨンセVS釜山
A 韓国電力VS仁川
A 檀国VSチュンナム 13:05-
B 高麗VS釜山
B ヨンセVS大シム
A 韓国電力VS檀国 14:20-
A 仁川VSチュンナム
B 高麗VSヨンセ 15:10-
B 釜山VS大シム

*注目は、14:20-韓国電力と檀国、15:10-高麗対ヨンセの試合。
  特に今季、高麗はヨンセに15人制で負けているため雪辱をかける。

11月5日(土)13:00-開始
(カッコ内は予想)
*プレート準決勝
A組3位(チュンナム)VSB組4位(大シム)
A組4位(仁川)VSB組3位(釜山)
*カップ準決勝 14:00-
A組1位(檀国)VSB組2位(ヨンセ)
A組2位(韓国電力)VSB組1位(高麗)

*プレート決勝 15:30-
*カップ決勝  16:00-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2005

韓国ラグビー代表選手情報

 2005年代表SH2名は依然として所属クラブ無し
 受け入れ企業が少なく社会人としてプレーする環境に乏しい韓国ラグビー界。
 2005年5月の日韓戦で注目されたSH・李明根(イ・ミョンガン)は未だに所属が無い。一時、三星SDIに決まりjかけた、というニュースが入ったが三星・呉監督も‘結局、だめだった‘と話した。同じSHヤン・ヨンヒュンも尚武での兵役を終えた後は、無所属。
 2005年代表では、PROPユン・スンウンが無所属後、尚武へ兵役で参加、LOパク・チャンシクは無所属のまま。
 2004年代表組から無所属だったオム・スンギル(PROP)とキム・ヨンナム(LO)が三星SDI入りしている。
 三星SDIが今季、所属選手を正社員から契約選手へと契約内容を変更し、春シーズンは正社員を希望する選手と会社との間で問題が生じた。このことが5月の日韓戦へ三星選手の参加もとりやめになった理由とされる。
 契約について代表WTBで怪我療養中のカク・チョルンは‘自分は契約選手の方が良い。正社員の時は午前中、会社の仕事をして午後から練習だった。今は午前、午後を通して練習に打ち込める。ウェイトやフィットネスの時間も増えたし、コンビネーションにも取り組む時間ができた‘と評価していた。
 しかし、全国体育大会の決勝は、一般部(社会人)にとり3日連続の試合日程で後半、明らかにフィットネスが落ちるなど選手層の薄さが問題化している、といえる。三星が選手を増やすことで契約変更の効果が出ればいいのだが、、、。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2005

韓国ラグビー速報 三星SDIが優勝

韓国ラグビー速報‘第86回全国体育大会‘は一般部は三星SDIが高校部はペクシン高校が優勝。

写真;三星(青)VSポハン(赤黒)
DSCF0260
DSCF0251

韓国ラグビーの(第86回全国体育大会)は、20日、ウルサン広域市にある三星SDIグランドで決勝戦が行われた。
 一般部では、今季、選手の契約や怪我の問題で不振だった三星がライバル浦項(ポハン)を後半ロスタイムのPGで逆転し28-23(前半19-10)で下した。
 試合は、三星が前半から確実な試合運びをした。ポハンゴール前で反則を得ると即、PGを選択した。5,11分とSO,ソ・ヨンスがPGを決め6-0とリード。14分にはポハンのパスを14番チェ・ハンシクがインターセプトし中央にトライ、ゴールも決まり13-0と差を広げた。しかし、その前半の最後はポハンが攻め1T1G1PGを返した後も三星はゲームプランを変えずに2PGを加え前半を19-10とした。
 後半に入ってもSOソがDGを決め三星有利な状況だった。しかし、ポハンは1PGを決めた後、35分に中央にトライしゴールも決まり22-20の2点差に詰めた。3分後さらにPGを得て22-23と逆転、これで終了かと思ったが、ロスタイムに三星が2PGを決め再逆転で振り切った。
DSCF0253
DSCF0273

 終了後、三星の呉監督は‘勝てて良かった。着実なゲームプランをまっとうした‘と話してくれた。
 というのも、この試合は三星の本拠地で行われた国体の試合。優勝を義務付けられた試合で、前半途中には地元ウルサン市長が応援に駆けつけるなど地域主義が根強い韓国では地元のために優勝得点が必要だった。
高校部はペクシンが養正を31(17-13)20で破り、今季4回目の全国制覇を果たした。
DSCF0223
DSCF0226

写真;養正(オレンジ)の攻め

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2005

韓国プロ野球 三星が優勝

 韓国プロ野球、2005韓国シリーズは10月19日に三星ライオンズがトサンを破り4連勝で優勝を決めた。会場のソウル・蚕室(チャムシル)球場は、トサンのホームだったけど多くの三星ファンが詰め掛けて優勝を喜んでいた。
 ちなみに三星の監督は中日で投げたソン・ヨンドル氏。三星といえばロッテにいるイ・スンヨプが來シーズン戻るのでは? という報道が韓国内であった。
 韓国プロ野球については、友人の室井昌也さんのサイトでどうぞ。
http://www.h6.dion.ne.jp/~k-bb/muroi-bbs.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

韓国ラグビー 三星と浦項で決勝戦

 三星SDIとポハンが決勝に勝ち進む
 韓国の第86回全国体育大会(国体)は、10月19日、ウルサン市にある三星SDIラグビー場で一般部、高校部それぞれ準決勝を行った。
 一般部では、韓国リーグでまさかの3位になった三星SDIが、キョンヒ大学を66対31で退けた。前半は29対12。また韓国リーグ2位の浦項(ポハン)鋼板は、高麗大学に後半、追い詰められたが32対25(前半22対11)で勝ち、決勝戦へ進んだ。高校部は、ペクジン高校が3年連続優勝を目指すテグ産業高校を22(8-3)10で退け、養正高校と<39(13-3)8でテジョン東亜工業高校に勝利>優勝戦を戦う。ペクジンは、2005年5月の忠武旗大会、9月・文化観光長官旗大会に優勝し3回目の全国制覇を狙う。一方、養正も6月の大統領旗大会で優勝している。決勝戦は20日、13:00-高校、14:20-一般部が行われる。
 一般部、準決勝、三星は点差では開いたが、所々で隙が見えた。前半開始早々、キョンヒに攻め込まれゴール前スクラムから先制トライを奪われた。すぐに3トライを連続で返して逆転、前半を29対12、三星5T2Gで折り返した。キョンヒは2T1G。後半に入ると30分までに5T3G1PGと得点を重ね63対12とリードした。しかしキョンヒ12番がボールを持ちインサイドライン沿いに一人で突破を図るとタックルが甘くなり、あっけなく2トライを12番に連続してとられた。終了間際も12番から展開されてトライされて試合を終えた。
三星は合計10T5G1PG1DG。キョンヒ5T3G。写真:三星=青、キョンヒ=白
DSCF0150
DSCF0201
 三星・呉監督は「守備が甘かった」と渋い表情だった。
 三星の韓国代表を支える、パク・チャンミン(CTB)とカク・チョルン(WTB)は、共に怪我で観戦組みに入っていた。カクは右ひざ下の怪我と手術で復帰まで数ヶ月かかる見込み。
 怪我で出場できなかったカク(左)とパク(右)の代表コンビ
DSCF0159


 もう一つの準決勝、ポハン対高麗は、ポハン5T2G1PG。高麗3T2G1PG。試合には5月の日韓線で高い評価を得た高麗主将、NO8・李光紋(イ・グァンモン)が出場した。
写真:モスグリーンがポハン、エンジが高麗
 DSCF0148
試合後にイは、卒業後の進路について「尚武(サンム・韓国軍体育部隊)でプレーする。日本の社会人チームからオファーは来ていないが、来年に日本である日韓戦で日本のチーム関係者に見てもらいたい」と話した。
DSCF0168


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2005

韓国ラグビー速報 韓国電力が勝利

韓国電力が今季、初勝利!!

 韓国ラグビー「第86回全国体育大会(国体に該当)」は2005年10月15日(土)、高校の部予選から開始された。
 高校では、東亜工業29-19鎮海、養正67-0イリ工業、キョンサン88-0カンギョン産業情報、スンジョン工業25-0釜山南、テグ産業29-0光州、ペクシン24-24インチョン機械という結果になった。
 それぞれ東亜、養正、キョンサン、スンジョン、テグ、ペクシンが8強に進んだ。準々決勝は17日に行われる。

 大学・一般の部には、韓国リーグを選手数不足から棄権した韓国電力が登場。大学4強の一角・檀国大学を前半は15-17でリードされたが、結局29-24と逆転で勝ち、今季初勝利を収めた。
 高麗大学は104-0でインチョン専門大学を一蹴した。慶煕大学も68(0-46)5で釜山大学に、忠南大学59(47-0)3ハンリョ大学に順当勝ちした。
 大学・一般の部、準々決勝は18日に行われる。三星SDI対忠南大、慶煕大対ケヨン大、浦項鋼板対韓国電力、
高麗大対圓光大(ウォングァン)の組み合わせ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2005

韓国ラグビー 尚武・閔俊基監督インタビュー

「FWが強く良い球出しが出来た」
                    2005年10月10日

 2005年韓国ラグビー「韓国リーグ」に初優勝した尚武(サンム、韓国軍体育部隊)の閔俊基監督(ミン・チュンギ)は優勝できた主な理由として「フォワードが強く、おかげでバックスに良い球出しが出来た」ことを挙げた。
koreahc

 特にスクラムやドライビング・モールで相手を押し込んでからの展開が良かった、という。
 三星SDIにチーム史上初めて勝ち優勝を決めた試合でもFWが頑張り、SOのうまいゲームコントロールが加わり勝てた、としている。
 今回、リーグMVPに輝いたナム・ヨンフン選手(NO8)は、「試合ではFLとして使った。ラックやモールの基点になる選手だ」とし、韓国代表監督でもある閔氏は、次の韓国代表としても「FLで使いたい」と述べた。
 次回の韓国代表の活動は「来年のワールドカップ予選前からになる」とした上で、「11月5日に日本である日本対スペイン戦は会場で直接、見たい」と話した。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2005

韓国ラグビー 第86回全国体育大会

 韓国ラグビー「第86回全国体育大会」は2005年10月14日から20日、韓国・ウルサン広域市にある三星SDIラグビー場で開催される。
 全国を高校14地域、大学・一般12地域に分けて、それぞれから地域代表として有力チームが参加する。
 <対戦日程 高校部>
10月15日(土) 1回戦
1)9:30-大邱産業高校(大邱・テグ)対光州選抜(光州・クァンジュ)
2)10:50-スンチョン工業高校(全南・チョンナム)対釜山南高校(プサン)
3)12:10-カンギョン産業情報高校(忠南・チュンナム)対慶サン高校(慶北・キョンブク)
4)13:30-イリ工業高校(全北・チョンブク)対養正高校(ソウル)
5)14:50-仁川機械工業高校(インチョン)対白シン高校(京畿・キョンギ)
6)16:10-鎮海高校(チンヘ、慶南・キョンナム)対大田東亜工業高校(大田・テジョン)

10月17日(月)準々決勝
Aブロック
12:20-3)と4)の勝者 
15:00-6)の勝者対ウルサン自然科学高校(ウルサン)
Bブロック
11:00-1)と2)の勝者
13:40-5)の勝者対忠北高校(忠北・チュンブク)

10月19日(水)準決勝
Aブロック 12:20-
Bブロック 11:00-

10月20日(木)決勝
13:00-

<大学・一般部>
10月16日(日) 1回戦
Aブロック
1)15:30-忠南大学(大田・テジョン)対ハリョ大学(全南・チョンナム)
2)12:10-釜山大学(プサン)対慶熙大学(キョンヒ、京畿・キョンギ)

Bブロック
3)10:30-檀国大学(ダンクック)(忠南・チュンナム)対韓国電力(江原、カンウォンド)
4)13:50-高麗大学(ソウル)対仁川専門大学(インチョン)

10月18日(火)準々決勝
Aブロック
15:30-1)の勝者対三星SDI(ウルサン)
12:10-2)の勝者対ケミョン大学(大邱・テグ)

Bブロック
10:30-3)の勝者対浦項鋼板(ポハン、慶北・キョンブク)
13:50-4)の勝者対ウォンガン大学(全北・チョンブク)

10月19日(水)準決勝
Aブロック 15:20-
Bブロック 13:40-

10月20日(木)決勝
14:20-

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2005

韓国ラグビー 韓国リーグ最終結果

韓国ラグビーリーグ最終戦結果速報!

 韓国ラグビー「韓国リーグ]は10月1日、江原道寧越郡(カンウォンド・ヨンウォル)綜合運動場で最終週3試合を行った。浦項鋼板(ポハン)が三星SDIを破り2位に、三星は3位でリーグを終えた。
 第1試合、延世大学対慶熙大学(キョンヒ)は、前半3対8でリードされた延世が後半、逆転し16対11で勝った。2試合目は、高麗大学が60対0(前半24対0)で檀国大学(ダンクック)に圧勝した。
 注目の閉幕試合、先週、尚武(サンム、韓国軍体育部隊)に負けて優勝が無くなった王者・三星SDIと浦項鋼板(ポハン)は、ポハンが16(3-0)0で三星を零封し、6勝1敗として2位になった。
 結果 1位:サンム、7勝 2位:ポハン、6勝1敗 3位:三星SDI、5勝2敗 4位:延世大学、4勝3敗
     5位:高麗大学、3勝4敗 6位:檀国大学、2勝5敗 7位:慶熙大学、1勝6敗 8位:韓国電力、7敗

大韓ラグビー協会が発表した個人賞
*MVP ナム・ヨンフン(NO8、サンム)
*得点王 ソン・ヨンス(SO、三星)81得点(1T23G7PG3DG)
*最多トライ賞 パク・ヨンドン(FL、ポハン)6T=韓国代表,2005年日韓戦
*ベストキッカー賞 チョン・ミョナ(CTB、ポハン)79得点(23G11PG)

得失点差など詳細は別表を参照ください。
「1007.xls」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »