« 韓国ラグビー 第86回全国体育大会 | Main | 韓国ラグビー速報 韓国電力が勝利 »

October 10, 2005

韓国ラグビー 尚武・閔俊基監督インタビュー

「FWが強く良い球出しが出来た」
                    2005年10月10日

 2005年韓国ラグビー「韓国リーグ」に初優勝した尚武(サンム、韓国軍体育部隊)の閔俊基監督(ミン・チュンギ)は優勝できた主な理由として「フォワードが強く、おかげでバックスに良い球出しが出来た」ことを挙げた。
koreahc

 特にスクラムやドライビング・モールで相手を押し込んでからの展開が良かった、という。
 三星SDIにチーム史上初めて勝ち優勝を決めた試合でもFWが頑張り、SOのうまいゲームコントロールが加わり勝てた、としている。
 今回、リーグMVPに輝いたナム・ヨンフン選手(NO8)は、「試合ではFLとして使った。ラックやモールの基点になる選手だ」とし、韓国代表監督でもある閔氏は、次の韓国代表としても「FLで使いたい」と述べた。
 次回の韓国代表の活動は「来年のワールドカップ予選前からになる」とした上で、「11月5日に日本である日本対スペイン戦は会場で直接、見たい」と話した。
 

|

« 韓国ラグビー 第86回全国体育大会 | Main | 韓国ラグビー速報 韓国電力が勝利 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 韓国ラグビー 尚武・閔俊基監督インタビュー:

« 韓国ラグビー 第86回全国体育大会 | Main | 韓国ラグビー速報 韓国電力が勝利 »