« U19アジア大会最終順位 韓国は2位 | Main | 全国高校ラグビー、朝明高校。韓国人選手活躍 »

December 26, 2005

大阪体大、サニックス共に敗れる

韓国ラグビー情報
韓国人ラグビー選手が12月25日、日本で行われた試合に出場した。
大学選手権2回戦、大阪体育大学対法政大学。大阪体大SH、金喆元(キム・チョルウォン、3年、韓国養正高:ヤンジョン)は、この試合の注目選手としてJスポーツ中継で紹介された。
試合は、法政が久しぶりにFW,BKまとまったゲームを展開。前半から6トライを奪う猛攻で62(前半36対17)36で勝ち1月2日の準決勝に駒を進めた。金喆元の国立競技場登場は消えた。

トップリーグ11節、最下位に低迷中の福岡サニックス、PROP金晋興(キム・ジンフン。延世大→浦項)はセコム戦にレギュラーとして10試合目。前節のNEC戦で鎖骨にひびが入ったが痛み止めの注射6本を打ち出場した。
00000054
00000063

モールやラックなどで先頭になり突進していた。またパスをもらい果敢にトライを狙うシーンも見せた。
前半は、14対0でセコムがリード。後半開始早々、サニックスが攻め込むが点を取れず、以降セコムがDFからのターンオーバーでトライを積み重ね49対14で勝った。
00000082

サニックスは依然、未勝利で12位最下位が確定。1月の入れ替え戦で九州リーグ1位、九州電力と対戦する可能性が強まった。

|

« U19アジア大会最終順位 韓国は2位 | Main | 全国高校ラグビー、朝明高校。韓国人選手活躍 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大阪体大、サニックス共に敗れる:

« U19アジア大会最終順位 韓国は2位 | Main | 全国高校ラグビー、朝明高校。韓国人選手活躍 »