« 大久保界隈B級グルメ | Main | 香港がD1に昇格 ラグビーW杯アジア予選 »

May 21, 2006

早稲田が高麗を下す 日韓親善ラグビー

 日韓大学親善ラグビー、第3回早稲田大学VS高麗大学定期戦が5月21日(日)、東京・国立競技場で行われ早稲田が36対19(前半15対7)で勝ち、3連勝とした。
00000022_1


 高麗は、4月のワールド杯アジア予選を教育実習で辞退した5人(PROP1・キム・グァンシク、LO5・ヨン・グォンウ、FL7・オ・スンジョン、WTB11・チョ・インス、FB15・チェ・ジェヨン)が先発、早稲田も日本代表のSH・矢富、SO曽我部、CTB今村、FB五郎丸が出場し、将来の日韓代表をリードする選手達の豪華な対戦となった。
00000025


 試合は、前半から早稲田が高麗陣内へ攻め込み7分、ラインアウトからラックの連続攻撃で最後はWTB14・早田が右へトライし5-0。
00000028_1

 これに対し、高麗は17分、早稲田陣10Mラインアウトの高麗ボールが後ろに流れてSO10・ホン・ジュンギ→FL6・ムン・サンヨンへ渡りトライ。5-5。ゴールをSO10が決め高麗が7-5と逆転した。
 しかし、29分、早稲田が高麗ラインアウトを奪い連続攻撃を仕掛け3度目のラックからCTB13・今村がトライ。10-7と逆転。
00000040

 前半終了間際には、スクラムから早稲田NO8・豊田がそのまま持ち込みトライ。15-7と突き放した。
00000057_1


 後半は高麗が早稲田のモール近くのDFを強化する戦法へ変えて臨んだ。
 11分、早稲田陣5M、右ラインアウト高麗ボールからモールを組み、崩れたすきを突いてSH9・パク・ウォンヨンがトライ、パクは1年生。ゴールが決まらず12-15。

 早稲田は追いつかれた直後、14分、高麗陣へ攻め込むとラインアウトからモールを組みSH9・矢富が走り抜けて左中間へトライ、FB15・五郎丸のゴールも決まり22-12と再び突き放した。
00000073
00000076

 さらに26分、37分とトライを重ね試合を決めた。
 高麗は42分、最後の攻撃でラックを2度作り延べ11人がつないでWTB14・チャ・ヨハンがトライを返したのがやっとだった。試合は36-19で早稲田が勝ち、定期戦3連勝。
 2005年5月42-33高麗 04年5月71-17高麗。
00000079
00000084


 高麗大、鄭大寛監督「教育実習とU19世界大会に行っていた主力14人が戻ってきたので遅く合わせて12日間しか合同で練習できなかった。運動量が充分でないコンディションだったが満足できる試合だ。後半は早稲田のモール付近のDFを強めるよう指示したが、後半のDFは良かった。早稲田との差は縮まっている。1,2年後には勝てるようになりたい」


 高麗大、ヨン・グォンウ主将(韓国15人制代表候補、7人制代表。LO)「早稲田はFWの集合と離散が早く、球出しも良かった。次の試合、5月25日から始まる国内の大統領旗大会は旗を貰える3連覇がかかっているので全力を尽くしたい」
00000095


 

|

« 大久保界隈B級グルメ | Main | 香港がD1に昇格 ラグビーW杯アジア予選 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 早稲田が高麗を下す 日韓親善ラグビー:

« 大久保界隈B級グルメ | Main | 香港がD1に昇格 ラグビーW杯アジア予選 »