« 韓国代表次回召集は10月下旬も | Main | もつやき「紅とん大久保店」 »

June 26, 2006

アメフト日韓学生

 アメリカンフットボールの日韓学生親善試合が6月25日、福岡で開催されました。
日本は九州学生代表、韓国は学生代表が出場。
 日本34-19韓国。
 (1Q:7-7 2Q:0-6 3Q:13-6 4Q:14-0)
 
 第1Q韓国が先制タッチダウン(TD)で7-0。第2QもTDを決めて13-7で優勢に試合を進めました。しかし第3Qに日本が2TDで13点入れて20-19と再逆転。第4Qも2TDでさらに加点し逃げ切りました。
 韓国は、得点源のエースRBが途中、怪我で負傷退場し攻め手を失ったことが響きました。

 韓国のアメフト事情は、ラグビーよりも厳しい状況です。今回の代表チームは、韓国NO1の韓国外国語大学、釜山地区にある東亜大学、釜山大学、ほかに高麗大学、慶南大学などから選ばれました。

 最近は、今年、全米のスーパーボウルでハインズマン・トロフィーに輝いたハインズの母親が、韓国人ということで試合後、韓国へ凱旋帰国、ブームを起こしました。
 このブームが子供たちのアメフトボールを触る機会になれば嬉しいです。韓国のアメフト幸いにも勝利至上主義の伝統的な考えや影響力が及ばない競技です。
 自然にアメフトに親しみクラブでプレーする。そこからラグビー選手が出てくることもありえます。

 試合の様子は、テレビ西日本(TNC)で7月2日深夜24:15-放送されました。
 

|

« 韓国代表次回召集は10月下旬も | Main | もつやき「紅とん大久保店」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アメフト日韓学生:

« 韓国代表次回召集は10月下旬も | Main | もつやき「紅とん大久保店」 »