« アメフト日韓学生 | Main | 朝鮮半島・南北ラグビー交流が始まった »

June 29, 2006

もつやき「紅とん大久保店」

 昨晩、遅い食事を新宿・大久保通りにある、もつ焼き「紅とん大久保店」で食べた。
 もつ焼き1本各種120円から。1本でも注文できるのが嬉しい。
 焼きもきちんとしておりタレも美味しかった。
 飲み物はホッピー400円サワー300円台。
 タン、カシラ、レバのもつ焼きにもつ煮込み(300円)、冷奴などを食べた。

 隣のテーブルで飲んでいたグループの女性は、ホッピーの焼酎だけ、いわゆる「中」を注文しつづけていた。
夜は24時がラストオーダーで、深夜1時まで営業、とのこと。
ほかにレバカツ1本150円、キャベツ、串揚げ、韓国どぶろく「マッコリ」などもあり関西・韓国の雰囲気もある店。

 大久保は、戦後、元々、庶民というか労働者の飯場、宿があった町でもつ焼きなど庶民グルメがあった場所。
 そこにアジアブーム、続いて韓流ブームがやって来て韓国料理が中心となっているが、「呑吉本店」など美味しいもつ焼きも多い。

 店の場所:JR中央線「大久保駅」中野方面改札出る。大久保通り渡り、立ち食い富士そば横を新大久保駅方向へ。1分間くらいで「紅とん」あり。
 

|

« アメフト日韓学生 | Main | 朝鮮半島・南北ラグビー交流が始まった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference もつやき「紅とん大久保店」:

« アメフト日韓学生 | Main | 朝鮮半島・南北ラグビー交流が始まった »