« October 2006 | Main | December 2006 »

November 26, 2006

韓国完敗とアジア大会7人制代表

 ラグビー・ワールドカップ・アジア地区最終地区予選に臨んだ韓国代表は25日、香港フットボールクラブで日本と対戦し0(前半0-28)54で完敗しました。
 日本は前後半とも4Tずつ8T7Gの猛攻でした。
 韓国は来年、トンガとプレーオフで最後の出場枠を争いますが、一から韓国代表のあり方を考えて取り組まないと、世界から遠ざけられることでしょう。

 2006年11月25日(土曜日) 天候:時折少雨 
人工芝
@香港FCグラウンド

韓国 ●0 (0-28) 54◯日本
日本;4T4G、4T3G


韓国:
1 金英根 キム・ヨングン KIM YOUNG KEUN 三星SDI ,

2 ,嚴順吉 オム・スンギル EOM SOON KIL 三星SDI ,
 →金泰亨 キム・テヒョン KIM TAE HYUNG 韓国電力 ,

3 金光模 キム・グァンモ KIM KWANG MO 三洋電機 ,
 →鄭盛云 チョン・ソンウン JUNG SUNG WN 三星SDI ,

4 金永男 キム・ヨンナム KIM YOUNG NAM 三星SDI ,
 →朴宣奎 パク・ソンギュ PAPK SUN KYU 韓国電力 ,

5 延權示右(シメス編 ヨン・グォンウ YOUN KWON WOO 高麗大学4年(→栗田 )

6 金晶ミン(王に民) キム・ジョンミン KIM JEONG MIN 尚武 ,

7 劉永男 ユ・ヨンナム尚武

8 李光紋 イ・グァンムン LEE KWANG MOON 尚武 ,
 →丁成均 チョン・ソンギュン JEONG SUNG KYUN 尚武 ,


9 李明根 イ・ミョングン LEE MYUNG GEUN 三星SDI ,
 →梁永勲 ヤン・ヨンフン YANG YOUNG HUN 大心通商(テシム)(→ホンダ) ,

10 尹泰日 ユン・テイル YUN TAE IL 尚武 ,
 
11 趙寅秀 チョ・インス JO IN SOO 高麗大学4年→尚武,

12 金鐘洙 キム・ジョンス KIM JONG SOO 尚武,

13金成洙 キム・ソンス KIM SUNG SOO 尚武,
 →兪旻炯 ユ・ミンヒョン YU MIN HYUNG 韓国電力,

14 郭鐵雄 カク・チュルン  KWAK CHULWOONG 三星SDI ,
 →金近炫 キム・グンヒョン KIM KEUN HYUN 大心通商,

15 蔡宰榮 チェ・ジェヨン CHAE JAE YOUNG 高麗大学4年→尚武.

ソン・ノイル監督の話
「完敗。全てに日本と韓国選手の差があった」

キム・グァンモ(三洋電機)
「韓国内でしか通用しないスクラム、ラインアウトでは、どうしようもない。もっと国際的な技術、動向を知り採用しないと韓国は、置いていかれる」

 アジア大会(12月。カタール・ドーハ)に出場する韓国代表は下記です。
今回のアジア予選メンバーから全て選出してます。
監督 ソン・ノイル
コーチ チョン・ヒョンソク。ソ・チョンオ
選手
延權示右(シメス編 ヨン・グォンウ YOUN KWON WOO 高麗大学4年(→栗田 )
劉永男 ユ・ヨンナム尚武
李光紋 イ・グァンムン LEE KWANG MOON 尚武 ,
李明根 イ・ミョングン LEE MYUNG GEUN 三星SDI ,
梁永勲 ヤン・ヨンフン YANG YOUNG HUN 大心通商(テシム)(→ホンダ) ,
兪旻炯 ユ・ミンヒョン YU MIN HYUNG 韓国電力,
金鐘洙 キム・ジョンス KIM JONG SOO 尚武,
郭鐵雄 カク・チュルン  KWAK CHULWOONG 三星SDI ,
蔡宰榮 チェ・ジェヨン CHAE JAE YOUNG 高麗大学4年→尚武.
全ジョン満 チョン・ジョンマン 韓国電力
尹希壽 ユン・ヒス 浦項鋼板(ポハン)
金亨基 キム・ヒョンギ 浦項


| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 23, 2006

ラグビー「韓国内での報道事情」

 韓国のラグビー人気は「無い!」と、このプログや所属チームのピンクエレファンツHP「韓国ラグビー事情」で、記してきた。

 では、今回のワールドカップを賭けた戦いは、報道されているか?
 答えは、予定通り「NO」だ。
 韓国メディアHP22日付けも、結果を載せているHPは皆無。
 普段、「韓国リーグ」なども記録ばかりか「今日のスポーツ」といったお知らせ欄にも掲載してもらえない現実がある。

 25日、もしも日本に勝ちワールドカップ出場を決めた時は?
 実は、ここで韓国新聞界の事情が出てくる。
 「毎週、日曜日は休刊」!!
 大手一般紙(朝鮮、東亜、中央日報、民主的なハンギョレ)やスポーツ各紙(スポーツ朝鮮、スポーツソウル、日刊スポーツなど)まで、勢ぞろい。
27日(月)付け朝刊で結果が載るか期待したいが、、、。

 ということは、万一、テレビ取材が来ていて、夜のスポーツニュースで流せば別だが可能性は低い。
 これまで韓国滞在中、スポーツニュースでラグビーが放送されたのは、過去2003年春に、最強リーグ「韓国リーグ」を立ち上げた時に、初戦で伝統の延世大VS高麗大があった時だけ。
 この時も、結果やコメントは無し。KBS、MBCなどの各局は、ニュースの終わりの資料映像代わりに(専門用語でフィラといいます)使っていた。

 すると、ラグビーファンはHPで知るしかない。韓国でラグビーファンが運営するサイトは2,3個程度。彼らが速報を掲載するか、大韓ラグビー協会HPに掲示するしかない。

 いずれにしても韓国ラグビーファンには25日夜は、待ちの時間となる。
 

 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2006

韓国が23-5で香港を下す(メンバ-詳細・観戦記録つき)

 ラグビー・ワールドカップ・アジア地区最終地区予選に臨んだ韓国代表は21日、香港フットボールクラブで香港を23-5(前半15-5)で下し勝ち点3を得た。
 25日(土)18:30~に韓国と日本が対戦しW杯出場国が決まる。
 参考・時事通信&現地ラグビー関係者情報。

以下は小林深緑郎さんからいただいた現地からの連絡を掲載します。

2006年11月21日火曜日 天候:時折豪雨 
人工芝
@香港FCグラウンド

香港 ●5 (5-15, 0-8) 23◯韓国
香港ー韓国:0-3, 0-10, 0-15, 5-15(half-time); 5-15, 5-18, 5-23.

前半[1T], 後半[0] 計 [1T]: 前半[2T,1C, 1PG], 後半[1T,1PG]
計 [3T, 1C, 2PG]

香港:Try: No.14 Ricky CHEUK Ming Yin.

韓国:Tries: No.13 ユ・ミンヒョン (13 min)、No.3 キム・
テヒョン (26 min)、No.14 カク・チョルン (61 min).
1 conversion and 2PG (3, 50 min) by No.15 チェ・ジェヨン.


韓国:
1 鄭盛云 チョン・ソンウン JUNG SUNG WN 三星SDI ,

2 李章雨 イ・ジャンウ LEE JANG WOO 韓国電力 ,

3 金泰亨 キム・テヒョン KIM TAE HYUNG 韓国電力 ,

4 朴宣奎 パク・ソンギュ PAPK SUN KYU 韓国電力 ,

5 延權示右(シメス編 ヨン・グォンウ YOUN KWON WOO 高麗大学4年(→栗田 )

6 金晶ミン(王に民) キム・ジョンミン KIM JEONG MIN 尚武 ,

7 丁成均 チョン・ソンギュン JEONG SUNG KYUN 尚武 ,

8 李光紋 イ・グァンムン LEE KWANG MOON 尚武 ,

9 李明根 イ・ミョングン LEE MYUNG GEUN 三星SDI ,

10 尹泰日 ユン・テイル YUN TAE IL 尚武 ,

11 趙寅秀 チョ・インス JO IN SOO 高麗大学4年→尚武,

12 金成洙 キム・ソンス KIM SUNG SOO 尚武,

13 兪旻炯 ユ・ミンヒョン YU MIN HYUNG 韓国電力,

14 郭鐵雄 カク・チュルン  KWAK CHULWOONG 三星SDI ,

15 蔡宰榮 チェ・ジェヨン CHAE JAE YOUNG 高麗大学4年→尚武.

57分 1→16 金英根 キム・ヨングン KIM YOUNG KEUN 三星SDI ,
69分 3→17 金光模 キム・グァンモ KIM KWANG MO 三洋電機 ,
57分 2→18 嚴順吉 オム・スンギル EOM SOON KIL 三星SDI ,
66分 5→19 金永男 キム・ヨンナム KIM YOUNG NAM 三星SDI ,
69分 9→20 梁永勲 ヤン・ヨンフン YANG YOUNG HUN 大心通商(テシム)(→ホンダ) ,
66分 13→21 金鐘洙 キム・ジョンス KIM JONG SOO 尚武,
73分 14→22 金近炫 キム・グンヒョン KIM KEUN HYUN 大心通商,

Korea: 15 Jae Young Chae, 14 Chul Woong Kwak, 13 Min Hyung Yoo, 12
Sung Soo Kim, 11 In Sou Cho, 10 Tae Il Yoon, 9 Myung Geun Lee, 8
Kwang Moon Lee, 7 Song Gun Jung, 6 Jeong Min Kim, 5 Kwon Woo Youn, 4
Seon Kyu Park, 3 Tae Hyung Kim, 2 Jang Woo Lee, 1 Sung Un Jung

Replacements: 16 Young Keun Kim, 17 Kwang Mo Kim, 18 Soon Kil Eom, 19
Young Nam Kim, 20 Young Hun Yang, 21 Jong Su Kim, 22 Keun Hyun Kim

香港: Hong Kong: 15 Colin Bisley, 14 Ricky Cheuk Ming Yin, 13 Jason
Going, 12 Mark Wright, 11 Simon Smith, 10 Justin Temara, 9 Robert
Naylor, 8 Semi Iafeta, 7 Nigel Clarke, 6 Yuen Kin Ho, 5 Ryan McBride,
4 Daniel O’Connor, 3 Nigel Hobler, 2 Tom Cameron (captain), 1 Pete
Spizzirri

Replacements: (プラネット& HKRFUの事前発表のメンバー
から16,17のナンバーが逆に)
49分 3→16 James Wood,
77分 1→17 Simon Leung,
32分 6→18 Kris Marin,
ハーフタイム 8→19 Justin Gregory,
78分 9→20 Fan Shun Kei,
66分 22→21 Andrew Chambers,
20分 10→22 Tom Breen

反則
香港 前半7,後半8計15(FK0)
韓国 前半8(うちFK3),後半2(うちFK1)計10 (うち
FK4)

Referee: ジェームズ・レッキーJames Leckie (Australia)
Touch judges: Chris Pollock クリス・ポロック(New Zealand),
George Ayoubジョージ・エイユー (Australia)


 香港は中二日の日程で、日本戦の動きからはほど遠く、披露が抜け切らぬ様子。

 韓国はよく前に出ていたが、コーチの話では「練習してきたラックのプレーが50%以下しか出せ
なかった」とのこと。
 スクラムで香港を圧倒。
 韓国のフロントロー3人はまったく走れない。スクラムとリフト、スローインが役目と割り切って
いる様子。

 韓国NO8のスピード, No.6はよく働く。FBのキック力(飛距離)の差が大きかった。

 韓国はラックの入りが日本より低い。予想したより、ブレークダウンが改良されていたのが目についた点。

 日本戦、勝負がまぎれないようにするためには、ジャパンはもし先制された場合にも浮き足立たぬこと。

また試合内容の詳細は、村上晃一さんプログ「ラグビー愛好日記」に詳しく掲載されています。
http://koichi-murakami.cocolog-nifty.com/loverugby/

 別件ですが、さきほど23:50すぎにNHKテレビハングルの放送が終わりました。
Ryuさんが訪問していた韓国語教室は私の関係している教室です。
1月生徒を12月~募集します。
http://www.kjnavi.co.jp

| | Comments (0) | TrackBack (0)

U19アジア大会・韓国代表発表

 12月16日(土)から台湾・高尾で開幕する「第11回U19アジア大会」の韓国代表が発表された。

 韓国と日本はデビジョンAに入っている。

*監督-ソ・ボチョル(慶山高・キョンサン)66/7/10生まれ。
*コーチ-パク・クァンニル(順天工業高・スンチョンコンゴ)73/11/27
*コーチ-イム・ハンス(養正高・ヤンジョン)76/7/6

*PROP-キム・ジンウン(白新高・ペクシン)88/4/4。180C/92K
*PROP-イ・ソンミン(ヤンジョン)88/8/10。181/110
*PROP-チ・ドングック(忠北高・チュンブック)88/11/6。182/109
*PROP-チョ・ジンヒョン(チュンブック)88/11/24。180/105
*PROP-チョ・ウンソン(仁川機械工業高・インチョンキゴ)88/6/3。178/105

*HO-シン・ヨンジン(城南西高・ソンナムソ)88/4/2。172/95

*LO-シン・ミョンギ(大邱商苑高・テグサンノン)88/5/19。187/98
*LO-イム・ジョンミン(鎮海高・チンヘ)88/11/21。190/92
*LO-クォン・スンヨン(檀国大・ダンクック)88/2/10。191/85

*FL-キム・ヒョンス(培材高・ペジェ)88/11/8。180/88
*FL-チョン・ヨンジェ(ペクシン)88/5/6。183/100
*FL-イ・デヒ(ソンナムソ)89/3/3。185/88
*FL-ミョン・ジュンソック(檀国)88/1/19。177/87

*NO8-ハ・ドンヨップ(テグサンノン)88/5/4。184/87
*NO8-イ・チャンソク(慶ヒ大・キョンヒ)88/1/24。183/93

*SH-パク・デソン(ヤンジョン)88/3/6。165/65
*SH-パク・ソンジュン(チンヘ)88/4/29。170/67

*SO-イ・ウィギュ(ヤンジョン)88/8/6。185/85
*SO-ウォン・ジウン(ペジェ)89/2/10。174/77

*CTB-キム・ミンス(スンチョン)88/6/15。175/90
*CTB-ユ・ソンボム(ソンナムソ)89/1/14。182/85
*CTB-イ・セホ(ヤンジョン)89/2/10。185/75
*CTB-キム・インギュ(ペクシン)88/8/11。180/90

*WTB-ユ・ウィファン(富川北高・プチョンブック)89/1/13。177/77
*WTB-ソ・インス(ヤンジョン)88/3/28。175/78
*WTB-シム・ヒョンソク(キョンサン)89/5/30。167/65

*FB-チョン・ヨンウ(ソンナムソ)88/9/6。184/80
*FB-イ・ギテ(ペジェ)88/12/17。176/87
*FB-キム・グァンミン(テグサンノン)88/4/2。178/76


***参考資料、2006年韓国・高校大会***
<<春季リーグ戦 3月ソウル市ラグビー場>>

<高校部3月23日~>
1位:培材高(ペジェ)19-0テ
2位:大邱産業高(テグ)
3位:慶山高(キョンサン)、富川北高(プチョンプッグ)


<<第26回忠武旗全国大会(中・高校)。5月1日~大田市東亜工業高グランド>>
<高校>
1位:養正高(ヤンジョン)20-17ソ
2位:ソウル大師範付属高
3位:仁川機械工業高、東亜工業高(トンア)


<<第17回大統領旗全国種別選手権。5月25日~江原道寧越市(カンウォンドヨンオル)>>

<高校部>
1位:慶山高36-24ソ
2位:ソウル北工業高
3位:チョン南高、順天工業高

<<第59回全国種別選手権大会(中・高校)。7月18日~安山市湖水公園グランド)
<高校部>
1位:培材高22-17忠
2位:忠北高(チュンブック)

<<第33回文化観光部長官旗全国中高大会。
9月4日(月)からソウル市ラグビー場>>
 
<高校部>
(8日 決勝)
培材高 22(12-7)14 ソウル大付属高
ペジェは、今年、国内大会3冠達成。

(4日 準々決勝)
白新高 39(17-0)7 イリ工業高

(6日 準決勝15:40-)
白新高 0(0-20) 24 培材高(ペジェ)

ソウル大付属高 25(12-)12 城南西高(ソンナムソ)

<<全国体育大会(国体)高校部が10月18日~>>
会場:慶尚北道(キョンサンホクド)亀尾市市民運動場(グミ市)

■18日(水)
Aブロック
①12:00-東亜工業高(トウア。大田市) 7(0-26)33テグ商苑高(サンウォン高。テグ市)

②14:30-忠北高(チュウンブック。忠清北道)12(0-15)41養正高(ヤンジョン。ソウル市)

Bブロック
③13:15-仁川機械工業高(インチョン・キコウ。インチョン市)59(33-0)9
イリ工業高(全羅北道)

④15:45-富川北高(プチョンブック。京畿道)34(17-10)10
順天工業高(スンチョン。全羅南道)

■20日(土)準々決勝
Aブロック
⑤12:00-鎮海高(チンヘ。慶尚南道)3(0-17)38テグ商苑(サンウォン)
⑥14:30-釜山南高(プサン市)0(0-33)64養正高

Bブロック
⑦13:15-全南高(光州市)14(7-22)43仁川機械
⑧15:45-慶山高(キョンサン。慶尚北道)16(11-0)5富川北

■22日(日)準決勝
⑨11:00-テグ商苑13(8-14)26養正
⑩12:15-仁川機械19(0-17)29慶山

■23日(月)決勝
13:10-養正27(10-5)10慶山
7番ムン・ホジョンが2トライ.


| | Comments (1) | TrackBack (1)

ラグビー韓国代表名簿

 きょう11月21日(火)、ワールドカップ・アジア予選で香港と対戦する韓国代表名簿です。
 ポジションは、首脳陣から伺っているもので、大韓ラグビー協会HP掲載のものとは異なっている選手がいます。
 下記をクリックしてください。(ワード)
「korea06nov11.doc」をダウンロード


試合/韓国VS香港 
 会場/香港フットボールクラブ
 KO/18:30-(現地時間)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2006

韓国代表メンバー追加

 大韓ラグビー協会がHPに掲載した香港遠征メンバーに、代表経験がある3名が追加されていました。

①FBやWTB、SOが出来る
全鐘満(チョン・ジョンマン。韓国電力。1975/5/13。180/70)
=写真上
00000020_2

②CTB,SOが出来る
尹希壽(ユン・ヒス。浦項鋼板。1978/12/29。179/82)
=写真下
00000019

③WTBベテラン
金亨基(キム・ヒョンギ。浦項鋼板。1975/1/9。174/77)

 派遣団名簿には、NO8にチョ・インス(本職がWTB、高麗大、83/5/28)、
SHにハン・コンギュ(同NO8,延世大)、
SOにイ・ミョングン(同SH,三星SDI)、
CTB:ユン・テイル(同SO,尚武)、
カク・チョルン(同WTB,三星)、
チェ・ジェヨン(同WTB、高麗大、84/4/19)。
 さらに
CTBが本職の2名がWTB。
キム・ジョンス(尚武)、キム・ソンス(尚武)
FBにユ・ミンヒョン(CTB,韓国電力)
となっています。

なお、技術諮問として
JOHN BOE氏(NZ。1955/11/23)が同行してます。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

累計アクセス1万件突破

 おかげさまで本プログへのアクセス累計が1万件を昨日、突破しました。
 
 きょう韓国代表は決戦の地・香港入りします。
 
 ラグビー韓国代表情報を掲載した昨日は、200件を越えるアクセスとなりました。

 今後もまめに韓国ラグビー情報を掲載しますので宜しくお願いします。
 たまにはコメント記載もお待ちしてます。

 韓流(映画、ドラマ、食事)関係は、別にプログを担当している
「エンタミレル」HPの「バイヤーズプログ・ラグビーアジョシ(ラグビーおじさん)」
アドレスは下記
http://mirel.tv/index.html(旧GEOチャンネル)
へ掲載の中心を移す予定。こちらもご笑覧ください。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

November 16, 2006

韓国代表選手紹介(後)

 今日は、韓国代表BK陣の横顔を紹介します。
 
 SHは実力者2人が揃い踏みした。
 梁永勲(ヤン・ヨンフン。25歳。大心通商・テシム)と李明根(イ・ミョングン。28歳。三星SDI)だ。
 
 ヤンは2003年からイは02年から代表入りしている。
 今回は、宋魯一監督(ソン・ノイル)によるとヤンがレギュラーを担うという。
 
 2人のSHには、韓国ラグビー界の現実が重くのしかかってきた。
 
 2005年、韓国で行われた日韓戦でイが先発した。後半19分には29-24と韓国再逆転のトライを決めた。
 観戦したスポーツライターの藤島大さんはラグビーマガジン05年7月号の巻頭コラムで「軽快な球さばきに的確な状況判断、加えて落ち着いたリーダーシップ、、。個人的には本日のマン・オブ・ザ・マッチ」と記した。
 
 この日、イの所属は空欄だった。韓国・尚武(サンム・韓国軍体育部隊)で兵役を終えた後、代表のイを迎える余裕が社会人チームには無かった。
 
 そして05年、イは、久しぶりに採用を始めた三星に迎えられた。
 今年10月、韓国の国体「全国体育大会」で久々に見たイは、相変わらずグランド中を駆け回り、FW陣を鼓舞し続けた。事実上の決勝戦、高麗大との1回戦で敗退したが。

 一方のヤン。サンム後の所属が無かった。
 声をかけたのは、大心通商(テシム)。2005年末、社長がラグビーを経験していて、サンムや大学卒業後の代表経験者がラグビーを続ける環境が無い現実を打開するためクラブチームを会社で立ち上げた。
 ヤンとFB代表、金近炫(キム・グンヒョン)が加盟してプレーをしている。
 
 ヤンは、テシムから2ヶ月間、浦項鋼板(ポハン)へ移籍する形でFB金と共に今年10月、韓国の国体で試合に臨んだ。
 21日、ベスト8で対戦したポハンと檀国大学(ダンクック)の試合は、ヤンと前代表、尹希壽(ユン・ヒス。27歳。ポハン)が組むハーフ団のスピディーな展開が、面白かった。ベストゲームだった。
 ヤンは来年2月から日本のトップWEST(現在)でトップリーグ昇格を狙うホンダ・ヒート入りする。

 SOは、尹泰日(ユン・テイル。23歳。サンム)。ここ4年間、代表SOの地位を占めていた呉潤衡(オ・ユンヒョン。慶熙大学(キョンヒ)4年)を押しのけて代表になった。
 
 延世大学出身で、サンムの春の社会人NO1に貢献した。
 金道炫(キム・ドヒョン)ヨンセ大監督も「チームを動かす能力はオよりも上」と評価していた。

 CTB陣は3人。
 12番は、兪旻炯(ユ・ミンヒョン。24歳。韓国電力)が有力。サンムの兵役時代から代表入り。
 
 13番にはサンムの金鐘洙(キム・ジョンス。24歳)。2人は05年日韓戦以来、レギュラーだ。
 
 控えは、金成洙(キム・ソンス。23歳。サンム)がいる。
 
 キム・ジョンスの兵役期間は2006年11月。サンム後の就職先が心配。興味を持つ日本チームがある、と聞く。
キム・ソンスは来年12月までサンムだ。

 WTBは、ベテラン?となった三星の郭鐵雄(カク・チョルン。28歳)が04年以来の復帰。05年はケガとチーム事情で代表や試合に顔を見せなかった。
 今年春の韓国リーグから万全の態勢でグランドへ戻った。持ち前の突破力が日本に通じるか楽しみ。

 さらに今年、韓国リーグ大学部、大統領旗大会大学部、国体と3冠を達成した高麗大から11番のスペシャリスト、趙寅秀(チョ・インス。22歳?)が代表入り。
 1年次から趙を見ているが、ライン際を敵のDFをかわして走り去るスピードとテクニックが毎年、向上している。
 
 高麗からは、蔡宰榮(チェ・ジェヨン)も選ばれた。
 2人は、早稲田大との定期戦でも実力を見せている。卒業後は、サンムに入隊する(08年12月まで)。
 
 カクとチェは、チームではFBも担当。

 FBは、金近炫(キム・グンヒョン。25歳)。2003年以来、代表FBで日本戦でもお馴染み。
 04年19-19の日韓戦、同点に追いつくトライをあげたのがキムだった。
 この時は、日本ゴール内でパスを回して中央にトライし、ゴールも決まり同点という日本にとって屈辱のシーンとなった。
 キムも次の所属先が懸念されている。日本行きを期待するチーム内の声がある。

 今回の韓国代表は、いたってシンプルな戦い方で挑んでくるだろう。キックを重視して陣地を稼ぎ、日本ボールに激しいタックルを浴びせターンオーバーする。
 それをハーフ団の球回しでWTB、カクとチョへ回しトライを狙う。
 また、韓国ゴール前から韓国ボールになった場合、日本DFの一瞬の隙を見つけてチョが、そのまま走り切る、というシーンがあるかもしれない。
 前述の韓国・国体では高麗が2本続けて後半、このパターンでトライを三星から奪った。
 体力で日本に勝っていた韓国の力勝負は、今や日本には通用しない。フィットネスは明らかに日本選手が向上している。
 だからこそ体の小さい日本が、上の相手に臨む時と同じスタイルで戦う必要がある。


 データ(日韓戦)
2004年5月16日(秩父宮ラグビー場)
韓国19(5-14)19日本
06年11月(今回)メンバー中、FW6(先発3)、BK3(2)が代表。

2005年5月(韓国。江原道ヨンウォル郡総合運動場)
韓国31(17-24)50日本
今回FW6(4)、BK6(4)が代表。

2006年4月23日(秩父宮ラグビー場)
韓国14(0-23)50日本
今回FW4(4)、BK6(4)が代表。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2006

12月アジア大会組み合わせ発表

 韓国はA組、日本はC組
 大韓ラグビー協会(KRU)は11月15日、アジア大会(7人制。12月10-11日、カタール・ドーハ)の組み合わせをHPに掲載した。

 A組:韓国、香港、タイ
 B組:中国、インド、スリランカ
 C組:日本、台湾、カタール

**予選を通じて1-9位の順位を決める。
**1位と4位、2位と3位で準決勝を行う。


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

W杯予選、韓国代表選手紹介(前)

 いよいよラグビーW杯アジア最終予選が迫ってきました。
 韓国代表も明後日17日に会場の香港へ入ります。

 そこで韓国代表の横顔を紹介しましょう。今回は首脳陣とFW。

 監督の宋魯一氏(ソン・ノイル)は、47歳。韓国社会人の有力チーム・韓国電力監督を兼務しています。
 韓国電力の戦い方は、FW第一列がプッシュし、BKに早く球を回し、WTB前代表の全鍾満(チョン・ジョンマン)がトライを奪うというものです。
 ここ数年は新人選手を採用しなかったため人数不足で2005年は、韓国リーグはじめ各大会に出場できませんでした。

 コーチは、韓国電力でソン監督を補佐する鄭炯碩氏(チョン・ヒョンソク。46歳)。チョン氏は2004年のアジア予選で代表を率い日韓戦で19-19の引分を演出しました。
 日本との戦い方を熟知してます。

 もう一人のコーチは、BKを見る徐天悟氏(ソ・チョンオ。39歳)です。
 ソ氏は社会人NO1だった(05年まで)三星SDIのコーチも務めていて代表コーチは03年、04年も指揮してます。
 走力を活かしたオープン攻撃の智恵袋ともいえます。
 選手から人望もあり、「将来の代表監督候補」という韓国ラグビー関係者もいます。

 FW第一列には、2005年、06年春に代表を辞退していた三星SDIから鄭盛云(チョン・ソンウン。25歳)と28歳の中堅・金英根(キム・ヨングン)の2人。
 韓国電力からスロワーも務める金泰亨(キム・テヒョン。25歳)。
 さらにトップリーグ三洋電機で期待されている金光模(キム・グァンモ。27歳)です。
 チョン・ソンウンは02-05年と日韓戦を戦っています。キム・ヨングンも2年ぶりの代表復帰。
 キム・グァンモは、05年三洋入り以来、飯島元監督の指導でフィットネス強化を続けていて「来季は三洋のAチームでスクラムを任せることもある」(飯島氏)まで成長した日本育ちの選手です。

 HOは2005年以降、代表レギュラーを獲得した李章雨(イ・ジャンウ。24歳。韓国電力)。04年から代表入りしてます。前HOの申宇植(シム・ウシク)が引退し檀国大学(ダンクック)コーチになった機会を得てレギュレーになりました。
 また三星SDIから3年ぶりに嚴順吉(オム・スンギル。26歳)も選ばれており、層の厚さはあります。

 LO陣は4人。
 三星SDIから4年ぶりに代表復帰の金永男(キム・ヨンナム。28歳)は193センチの長身。ラインアウトのジャンパーでFWリーダー的な存在になります。
 朴宣奎(パク・ソンギュ。24歳。韓国電力)今年から代表入り、4月日韓戦で4番を担いました。
 劉永男(ユ・ヨンナム。23歳)は若手ながら2002年~代表入りしています。191センチ、現在は尚武(サンム・韓国軍体育部隊)に所属し、2007年12月まで兵役を過ごします。
 ユは、本職がFLで05年の日韓戦は6番で先発出場しました。
 もう一人は、延權ウ(ヨン・グォンウ。21歳)。高麗大学の主将で現在、日本のトップイースト栗田工業と契約話が進行中です。05年韓国で行われた日韓戦の代表メンバー。

 FLには尚武から若手2人と三星の1人。
 丁成均(チョン・ソンギュン。22歳)と金晶ミン(キム・ジョンミン。23歳)は、サンムで兵役中(2人とも07年12月まで)。
 チョンは06年日韓戦で7番。
 三星ナム・ヨンフンは25歳です。

 NO8は、韓国NO1と将来を担う2人が選出されました。
 李光紋(イ・グァンモン。23歳。サンム)は03-05年代表入り。特に05年の日韓戦では鋭いサイド攻撃を見せ日本チームや取材記者に強い印象を与えました。
 06年春は兵役中のケガで代表を辞退、すでに完治しコンディションは万全としています。

 もう1人の韓建圭(ハン・コンギュ)は、若干19歳。延世大学(ヨンセ)でレギュラー入りしてます。今年夏、菅平にヨンセ合宿で来日。FWを物怖じしせずに指揮したり低いタックルで飛び込むプレーが印象的でした。05年アジア予選の香港戦や06年アラビアンガルフ戦でぷれーしています。韓国の未来を背負う1人。

 次回はBKを紹介します。
 
 データ(日韓戦)
2004年5月16日(秩父宮ラグビー場)
韓国19(5-14)19日本
06年11月(今回)メンバー中、FW6(先発3)、BK3(2)が代表。

2005年5月(韓国。江原道ヨンウォル郡総合運動場)
韓国31(17-24)50日本
今回FW6(4)、BK6(4)が代表。

2006年4月23日(秩父宮ラグビー場)
韓国14(0-23)50日本
今回FW4(4)、BK6(4)が代表。

 


 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2006

韓国代表宿泊先(香港)

 ワールドカップ・アジア最終予選に臨む韓国代表は、17日(金)に香港入りする。

 宿泊は、試合会場側の「コスモポリタンホテル(Cosmopolitan Hotel)」になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2006

06年末・ラグビー韓国軍体育部隊入隊選手

 2006年末に尚武(サンム。韓国軍体育部隊)へ入隊し、兵役を送りながら2年間、ラグビーをプレーする3大学11選手を紹介します。
 兵役期間は2008年12月初めまでとなります。


<高麗大学>

*PROP3=ハン・ソンウ

*CTB=ホ・ドング

*WTB=チェ・ジェヨン(06年アジア最終予選代表)

*WTB=チョ・インス(06年アジア最終予選代表)

<延世(ヨンセ)大学>

*PROP3=ホ・ウン(06年4月アジア予選代表)

*LO=シム・ヨンチョル(ヨンセ主将。06年4月アジア予選代表)

*FL=チョン・ヒョンギ

<慶煕(キョンヒ)大学>

*FL=イ・ジェウォン

*SO=オ・ユンヒョン(03-06年4月アジア予選代表)

*WTB=ノ・ピョングァン(学生代表。キョンヒ主将)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2006

RyuさんがKJハングルへ来ました

 先日10月31日(火)、NHKテレビハングル講座の取材で歌手のRyuさんが私が運営に参加しているKJハングル講座・新宿教室を訪問しました。

 入門クラス(10月に勉強を始めたばかりの方)の授業終了前にRyuさんが訪問、生徒さんと日本語・韓国語で交流を持ちました。

 特にRyuさんは自分が日本語を勉強した時の体験を話し、韓国語を学ぶ生徒さんを激励してくれました。

 この模様は、早ければNHKテレビハングル講座(教育テレビ、首都圏では3チャンネル)、11月21日(火)23:30-から放送される予定です。
 延びた場合は翌週へとずれていきます。
Title0051

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2006

ラグビー明治大・趙顕徳選手が奮闘

 ラグビー関東大学対抗戦で明治大FL趙顕徳選手(チョ・ヒョンドク。3年、大阪朝鮮高校)が奮闘している。

 11月5日(日)は、宿敵・慶應との明慶戦に先発出場した。

 前半3分、慶應陣内の慶應ボールの右ラインアウトを趙が奪い取り、そのまま自慢のモールを形成した明治がキープし主将・日和佐豊が先制トライを決めた。

 今年、復活したFW戦中心の「前へ」にこだわる明治に対して慶應は素早いDFで明治自慢のモールをなかなか形成させずスクラムも押されはしたが1列目が持ちこたえ明治の焦りを誘った。

 そしてノックオンやターンオーバーからBK陣がトライを奪い27-24の3点差だが意味のある勝利を収めた。

 前半で退いた趙選手は「FWが押せなかった。最初のトライは自分が狙うよりまとまってモールでいったほうが良いと思った」というコメント。
 趙の交替について明治・藤田監督は「趙は、セットプレーなどきちんと仕事をする選手。後半は大きくゲインするする力がある山本(2年)を入れた。山本もトライ(後半30分)して期待に応えた」と戦法を説明した。
 
 慶應は前週、FWで圧倒された帝京に負けた1敗を貴重な経験として明治を抑えた。明治は今季、1敗目。
 
 明治・藤田監督は「セットプレーで押し切れなかったことが敗因、今後も戦い方は変えない」と強気の弁。

 一方、慶應の松永監督は「今日はFWの勝利。(23日の早稲田戦は)春からの最大の目標。全総力を結集して戦う」と話した。

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2006

ラグビー韓国代表(アジア予選)

 ラグビー韓国代表は、現在、韓国中部にある忠清北道/堤川市清風(チュンチョンプクド/チェチョン市チョンプン)でアジア最終予選に向けて合宿中。

 11月3日(金)、宋魯一(ソン・ノイル)韓国代表監督に聞いたところでは、「合宿は順調に進んでいる。セットプレー(スクラム、ラインアウト、モール)の精度をあげる練習に取り組んでいる。FW・BKの組織プレーは、来週から(11月6日以降)取り込んでいく予定」という。

 韓国代表は15日ころまで合宿を行い、17日(金)に香港入りする。
 試合日程 11月21日(火)VS香港(19:30~)
        11月25日(土)VS日本(18:30~)


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »