« U19大会、韓国プレート準決勝へ | Main | 今年も宜しくお願いします。 »

December 25, 2006

正月2日、韓国養正高出身2選手が国立へ

 12月24日、行われたラグビー大学選手権2回戦。
 韓国養正高出身2選手がレギュラーとして出場した大阪体育大、京都産業大が正月2日、国立競技場の準決勝へ駒を進めた。

 韓国人(在日選手を除く)の大学選手権、国立出場は初めての快挙だ。
 
<1>
 京都産業大学 36(19-15)28法政大学(花園12:00-)
 京産WTB、徐忠植(ソ・チュンシク。3年、韓国養正高)が出場。
*写真左端
00000014_1

 
 前半から法政と京産が点の取り合い。法政がBKの早い仕掛けでトライを取れば、京産は関西一のFWがスクラムでプレッシャーをかけ前週、ミスが多かったラインアウトも修正し、トライを奪った。
00000012_2

 前半は京産が19-15でリードして終えた。
 後半も法政が1T1PGで19-23と逆転した。京産も後半26分にトライと徐のGで26-23と再逆転。
00000047_2

 しかし法政が35分に1Tで26-28と再度の逆転を演じた。
 そして38分、法政ゴール38M前の地点でPを得た京産は迷わずに徐のPGを選択した。
00000048_2

 徐がこれを冷静に決めて29-28とし、終了ロスタイムに1T1Gを決めた京産が36-28と勝ち、9大会ぶりに準決勝の国立出場を得た。

 徐は、この試合4G1PGを決め11得点を稼いだ。法政のキッカーSO・文字が5T後のコンバージョンを全て失敗したのと対照的だった。
00000032_5


00000033_1


 「国立にいけて満足。最後のPGを蹴る時は、プレッシャーは感じなかった。大学の先輩で日本代表SO・名キッカー廣瀬から『蹴るボールがゴールを越える軌道をイメージして蹴ることが大切』と教えてもらった」

 京産は準決勝で早稲田大学と対戦が決まった(1月2日、東京・国立競技場14:00-KO)。

<2>
 大阪体育大学28(14-14)14明治大学(花園14:00-)
 
 大阪体大SH、金喆元(キム・チョルウォン。4年、韓国養正高。近鉄に内定)が不動のレギュラーで出場した。
00000051_3

 前半から明治が自慢のFWで押し込み、ラインアウト→モールからT、Gを決めて7-0とリードした。
 体大も金がスクラムサイドをから球を持ち出し明治ゴール前でWTBへ絶妙のパスを放り同点T、Gを演出した。
00000061


 一方、明治FL,趙顕徳(チョ・ヒョンドク。3年、大阪朝鮮高)は、 スクラム、モールで堅実な仕事人ぶりをを見せた。

 明治と体大FWのぶつかり合いは徐々に体大ペースになった。

 後半は体大が2T2Gし28-14で試合を決めた。
00000081


 体大は17大会ぶりの準決勝となる。
 相手は、過去9年連続、決勝進出の関東学院大学(12:15-KO)。

「今日は、FW

 明治・趙は試合後、目を真っ赤に晴らしながら「来年、絶対に勝ちます」と話した。
00000054


<3>
早稲田大学33(28-5)22慶應大学(秩父宮14:00-)
 
<4>
関東学院大学29(10-3)10東海大学(秩父宮12:00-)

|

« U19大会、韓国プレート準決勝へ | Main | 今年も宜しくお願いします。 »

Comments

近鉄にはぜひ昇格してもらって、来年は金君のプレーをトップリーグで見たいですね!

Posted by: ひなP | December 26, 2006 01:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 正月2日、韓国養正高出身2選手が国立へ:

« U19大会、韓国プレート準決勝へ | Main | 今年も宜しくお願いします。 »