« 韓国2選手は準決勝で敗退 | Main | 大韓ラグビー協会新会長決定! »

January 08, 2007

高麗クラブが準決勝進出!

 ラグビー「第14回全国クラブ大会」が1月7日(日)、開幕した。

 1回戦4試合が2会場で行われ、関東地区3位で出場した「高麗クラブ」帆柱クラブ(九州1位)と対戦し19-14で逆転勝ちし8日の準決勝へ進み、優勝候補の一角、北海道バーバーリアンズ(関東2位)と当たる。

<1回戦>
第1会場(横浜みなとみらいスポーツパーク)
①高麗クラブ19(12-7)14帆柱クラブ
 前半11分、押し気味の帆柱がゴール前右スクラムからモールを組みWTBへ展開し14番・下田がトライ、ゴールも決まり0-7と先制した。
00000023

00000007_3

 「BKに回していこうと決めていた」(高麗・申(シン)ハンソル主将=朝鮮大。신한솔)高麗だが、帆柱の予想以上のFWのプレッシャーで思うようにBKへ展開できずに苦しんだ。

 しかし23分、敵陣左のラックから右へ回し最後はWTB14番・金英学(キム・ヨンファク=東京朝鮮高校。김영학)がトライを決めた。コンバージョンもSH金隆男(キム・リョンナム=朝鮮大。김룡남)が決めて7-7とした。


 前半終了間際の38分には、「帆柱のラインアウトは研究した。その成果が出た」(元主将、LO4番・姜宗卓(カン・ジョンテク)=東京朝鮮高校、35歳。강종택 )の言葉通りに敵陣でのマイボール・ラインアウトを無難に確保しモールを組んで左へ回し、WTB11番・李忠烈(リ・チュンリョル=朝鮮大。이충렬)が左隅へトライを決めて12-7と逆転した。
00000025_1


 後半に入ると最初は帆柱が押し込み再三、ゴール前のモールやスクラムでトライを狙うがグラウディングできずにいた。
 8分、スクラムからモールで迫りLO5番・川島がゴール左へトライ、ゴールも決まり12-14と再度、逆転した。

 その後も帆柱が勢いを得て攻めた。
00000033_2

 12分、高麗は、敵陣すぐの地点からラックの隙間をSH・金が抜け出し40M近くを帆柱DFを振り切り独走し中央へトライ、ゴールも自分で決めて19-14と逆転劇を締めくくった。
00000034_2


 SH金「トライはギャップを見つけてスルリと抜けることが出来た。FWがプレッシャーを受けて思うようにBKは回せなかった。8日はBK勝負します」

 元主将・姜「絶対に秩父宮(決勝戦。1月21日)でプレーします」
00000014_2

②北海道バーバリアンズ(関東2位)50-10京都フリークス(関西2位)
京都3番・田倉選手は三菱自工時代、ジャパンで活躍した。
00000057_2


00000067_1

第2会場(関東学院大学釜利谷グランド)
①タマリバ(関東1位)27-24名古屋クラブ(関西3位)

②六甲クラブ(関西1位)48-14不滅のウルトラマン(九州2位)

<準決勝。1月8日。横浜みなとみらい>
①12:40-タマリバ VS 六甲

②14:50-高麗 VS 北海道

 

|

« 韓国2選手は準決勝で敗退 | Main | 大韓ラグビー協会新会長決定! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高麗クラブが準決勝進出!:

« 韓国2選手は準決勝で敗退 | Main | 大韓ラグビー協会新会長決定! »