« March 2007 | Main | May 2007 »

April 29, 2007

韓流(食)の1日でした

 昨日(4.28)は、午後3時~内輪の勉強会。場所は、六本木ヒルズにある参加者の事務所&住居。
 住居の1階入口にはペットを連れた外国人住民が、、。

 同じ時間帯に村上晃一さんの新刊記念も兼ねてラグビートークショーが村上さん、藤島大さん、小林深緑郎さん、ラグマガ田村編集長、それに森本優子さんまで加わって渋谷で開催。こちらはラグビーファン、マニアにとって素晴らしい1日になったでしょうね。

 一方、勉強会の講師をコーディネートしたのは、私だったので昨日は韓流の1日としました。

 会が始まってすぐに窓の外は真っ暗。雷が鳴り響いていました、、。 GWの1日目、六本木界隈は多くの人で賑わっていたので残念な空模様に。

 勉強会の講師は韓国フードコラムニスト・八田靖史さん。八田さんは、日本で根付いてきた韓流を3つの時代に分けて「W杯(02年)」「ドラマ・映画(04年~)」そして今が「食の韓流」と位置付けて広めていこうとしています。

 そして新宿・大久保地区や都内の韓国料理店を中心に第三世代の経営者たちが新しい料理や品揃えでニューウェーブを作り勝負していることも話してくれました。
 
 第一世代は、戦後すぐに店を始めた在日一世や二世、第二世代が韓流に乗ったニューカマー(90年代後半以降、日本にやってきた留学生など=韓国広場のキム・グァンヒ社長さんたち)、第三世代は韓国に行って韓国料理に触れて日本へ持ち込もうとしていてる日本人や在日三世、四世。

 その中から大久保の高級豚肉を使ったサムギョプサル(三枚肉)「てじまうる」や西新宿「まっこり専門店」、鶏1羽の韓国水炊きタックハンマリ専門店・原宿「ナビ」、純豆腐チゲ「スンドウプ」専門店などが生まれています。

 勉強会の後は、赤坂にあるサンパブ(ご飯と炒めた豚肉を野菜で包んで食べる料理)専門店「ヌルンジ」へ。
 八田さんも行きたい店に挙げていた所、まずはサムギョププサルを食べてからサンパブ。しきりに写真に収める八田さん。近日中に八田さんのブログ「HP”コリアうめーや”から見られます」
http://www.koparis.com/~hatta/
にアップされるでしょう。

 二件目は赤坂から離れた大久保地区の韓国焼き鳥「辛ちゃん」。大久保「スンデ家」の真正面にある炭火韓国焼き鳥店。
 塩焼きとタレ焼きの半々とチャミスルを食べて飲みました。
 こちらも写真は八田さんブログで確認を!!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2007

韓国人選手、続々日本チームへ

 きょう4月26日、トップウェストで2007シーズンを戦うワールドが加入追加選手を発表しました。
 
 選手名はSHイ・ミョングァン(延世大、尚武、香港クラブ、三星SDI)です。韓国代表として活躍、2005年のワールドカップ予選・日韓戦では、確かマン・オブ・ザ・マッチに藤島大さんが挙げていた(ラグビーマガジンコラム)選手。

 当時は、所属がなく2005年末に三星に入りプレーを続けていました。
 ワールドの話しでは、先週、来日しチームと合流、練習を始めています。

 ということは、同じトップウェスト、このブログで紹介しずぎている韓国代表SHのライバルヤン・ヨンフン(ホンダヒート。檀国大、尚武、大心通商)との対戦が関西地区で見れるわけですね。

 このほかに2007シーズンから、トップウェストの豊田自動織機に、22日の日韓戦に出た韓国代表CTBキム・ジョンス(慶煕大、尚武)が入ります。
 ジョンス選手は今週、来日済み、5月2日に始まるGW中の練習からチーム合流します。

 またトップウェストでは、近鉄大阪体育大学SHキム・チョウルウォン、韓国元代表PROPキム・ジンフン(延世大、尚武、浦項鋼板、福岡サニックス)が新規加入しました。
 
 近鉄には大阪朝鮮高校OBでPROPソン・アンドック(帝京大)が06年加入じてます。
 PROPの元日本代表・浜辺さんもいるので、キム・ジンフンが熾烈なPROP争いでどういうパフォーマンスを見せてくれるか期待されます。

 トップイースト。横河電機に韓国代表LOのヨン・グォンウ(高麗大06年主将)が5月から加わります。

 トップリーグは、三洋電機PROPキム・グァンモ(檀国大)が今シーズンはレギュラー獲りに挑みます。

 判明している範囲で2007シーズン、韓国人選手の動向を掲載しました。
 今後も加えていきます。来週は、ホンダと豊田織機に取材に伺う予定です。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2007

韓国ラグビー再生出来るのか?

 4月22日(日)行われたアジア3カ国対抗ラグビー・日韓戦(第9回日韓定期戦兼務)は、82(前半49-0)0と日本が12T11Gで大勝した。

 82点は日韓戦で歴代3位、点差は歴代2位という記録だった。

 後半29分に、日本WTBクリスチャンが10本目のトライを決め、ゴールをこの日、代表デビューで活躍したSOアレジが成功するとお客さんは帰路につきはじめた。

 前半から韓国はDFが甘く日本に簡単にゲインを許した。日本のアタック1人に3-4人がDFへ行くのでスペースが空き放題だった。

 一方、韓国のアタックは課題とされていたLO、スクラムはまぁまぁだったが、そこからボールを出しても日本の素早い出だしのDFにSOからCTBへ回ったときに止められていた。
 高麗大のチャ・ヨハンやチョ・インスといった快速WTBまでボールが回らない。
 結果、NO8ハン・コンギュがスクラムから突破を試みたり、SHパク・ウォンヨンが個人プレーで抜きにかかるが全てに勝る日本DFの餌食になった。
 
 象徴的だったのが前半24分、日本の反則後、自分でボールを持ち走り出したパクは、アレジのタックルで簡単にボールを奪われトライされた。「こんな激しいDFを受けたのは初めてでは」とTV解説者は話した。

 パク・キヘン監督は、試合後のインタビューで「春季リーグが11日に終わったばかり。最初に予定していた候補からFW5人が怪我で抜けた。今回のメンバーの3分の2は2011年W杯を目指して選んだ」と若返りの一戦目の試合を強調した。

 試合後、韓国ラグビーの知人の言葉が現状を語っていた。「今、選手たちは代表になりたくないというんです。試合ばかりでフォローも無いし、、、」。

 韓国選手の体格を見て、これまでの引き締まったがっちりしているのと違いてふっくらしている、という印象を持った日本協会関係者や記者が多かったようだ。
 春季リーグの影響があったかもしれない。

 韓国ラグビーの日程は過密だ。春季リーグ戦、代表主力の高麗大は4月4,7,10日に3試合を戦った。尚武(サンム・韓国軍体育部隊)は、4月8,11日の2試合。

 しかし本当に厳しい試合は、それぞれ1試合しかしていない。
 明らかに韓国選手の基礎体力、フィットネスが落ちている結果が0-82につながっている。

 韓国は2011年W杯出場を目指すという。
 国内事情が、それをバックアップしていない。今回の代表PROPユン・ソンウンは浦項鋼板(ポハン)に所属しているが選手が13人しかおらず大会に出ることさえ不可能。
 王者・三星SDIも若返りに失敗、春季リーグはこの2チームが辞退して行われた。
 結果、漁夫の利ともいうべき韓国電力がサンムを破り社会人で優勝。

 次の韓国代表の試合は5月27日(日)、アジア3カ国対抗で香港と戦う(会場:香港)。
 怪我から復帰したFWがいたとしても格が下の香港相手になる。
 その間、5月12日(土)から27日の日程で「韓国リーグ」が予定されているが、果たして何チームが参加するのか?
 
 2011年を目指すといっても代表強化の確たるビジョンも持たず示さず、大卒→兵役・サンム後の就職場所も含めた選手への環境作りも出来ない大韓ラグビー協会の責任は重い。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2007

2011年W杯出場の第一歩

 あす4月22日(日)、日韓ラグビーへ出場する韓国代表は21日、会場となる秩父宮ラグビー場で午後1時から2時間、練習を行いました。
Kr04211


 終了後、会見した朴基幸監督(パク・キヘン、82年度主将。NO8。高麗大OB)は「試合ではDFに焦点をあてたい。日本には技術力、フィットネス面で劣るが精神力で負けない試合をしたい。今回は、2011年W杯出場を見据えて若い選手を3分の2選んだ」と話しました。
Kr0421pk


 主将の金永男(キム・ヨンナム。三星SDI)も「去年、香港で負けた悔しさをリベンジしたい」とした話した上で、若い選手について「僕たちが一時期、良い同じメンバーで継続的にやってきたので若い選手を育てていなかった。その反省もある。2011年W杯出場は、選手、協会、監督がみんな思っている最高の舞台に立ちたいという願い」と希望を語ってくれました。
Kr0421cap


 日本協会が2007年導入する予定のアジア人選手枠を朴監督、金主将とも「選手のモチベーション向上につながっている」としました。
Kr04212lo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2007

BK中心に戦う(韓国代表)

 アジア3カ国対抗の日本戦・4月22日に出場するラグビー韓国代表が4月20日午後、来日しました。

 羽田空港からホテルへ着いた選手たちは、すぐに近くの公園で軽い練習を行いました。

 目立ったのは、低い姿勢でダウン・ボールを繰り返しの練習。

  指揮官・朴基幸監督 (パク・キヘン)も自ら高い姿勢の選手の頭を抑えて姿勢を正していました。
Koreaparkhc1


 日韓戦の戦い方として朴監督は「BK中心になる」と話しました。これは、最初のメンバーに入っていたFW陣からPROPのチョン・ソンウン、キム・ヨングァン、NO8イ・グァンムンが怪我のため外れことで、FW戦よりも若いBKに期待をかけざるを得ない状況といえます。
 
 ただし去年11月のW杯予選で日本の分析力で丸裸にされたラインアウトなどのセットプレーではいくつかオプションを準備しているようです。

 BKですが、文永燦氏コーチ(ムン・ヨンチャン。元NEC)は、 「外へ回していくことよりもDFにコンタクトしていく。ポイントからの連続攻撃」という計画。

 初代表入りのPROP呂裕宰(ヨ・ユジェ)は、「緊張してます」の一言。
同じ初代表のSH朴玩龍(パク・ウォンヨン)は、肩の調子が良くないため控えに回っています。
Koreashp


 今回の試合を「2011年W杯出場の第一歩にしたい」(朴監督)という韓国。若さ溢れるプレーに期待したいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 19, 2007

韓国代表メンバー変更

 アジア3カ国対抗の日本戦・4月22日に出場するラグビー韓国代表。
 若干、メンバー変更があったようです。
 昨日(4月18日)、大韓ラグビー協会HPに代表メンバーが掲載されました。
韓国選手リストはこちら

大韓協会HP掲載の写真は次をクリックしてください。
15_1


 
 新生・韓国を率いる指揮官は、トンガ戦でコーチを務めた朴基幸氏 (パク・キヘン。KRU理事で審判委員会委員長、高麗大OB、仁川機械工業高校元監督)

  コーチは昨年のワールドカップ予選でも務めた文永燦氏(ムン・ヨンチャン。元NEC)が再度、担当することになりました。
Koreamungsan

 FWコーチは、2年前に現役引退したばかりの元代表主将(HO)、申宇植(シン・ウシク)氏。


 
 1番PROP・金光植(キム・グァンシク。高麗大4年)
00000020_4

2番HO・金泰亨(キム・テヒョン。韓国電力)
Koreakimtehyon

3番PROPに尹成雲(ユン・ソンウン。浦項鋼板(ポハン))が加わります。
もう一人、ヨ・ユジェ(慶熙大学:キョンヒ)は初代表入り。


 PROPも出来るキム・テヒョンがHOに回ることでベテラン李章雨(イ・ジャンウ。韓国電力)が控えに入ることで層を厚くしました。
Hoij


 LOには日本協会が導入する予定のアジア人選手枠を見込んでトップ・イースト横河電機に入部した延権示右(ヨン・ゴンウ)が選ばれました。
00000013

 ヨンも横河でのポジション争いに勝つためにも日本ファンの前で、力強いプレーでアピールしない、といけません。
 さらに、経験豊富な朴宣奎(パク・ソンギュ。韓国電力)
Flparksgyu

金永男(キム・ヨンナム。三星SDI)が加わっています。
Prkyn1


 
 FLは、尚武の2人金晶王民(キム・ジャンミン。07年末兵役終了)
Kimjunmi

丁成均(チョン・ソンギュン。07年末終了)がコンビを組みます。
Jungsunk

 HPにはNO8は、韓建奎(ハン・コンギュ)のみ掲載、まだ延世大3年生、次代を担う選手。
No8hkg

 日本チームから高い評価を受けている李光紋(イ・グアンムン。07年末終了)が最初、メンバーに入っていましたが抜けています。
Ligwangm

 SHは、高麗大から選ばれた朴玩龍(パク・ウォンヨン)。まだ2年生。
高校卒業後、日本の大学で選手生活を目指し1年間、語学学校に通いましたが帰国。
尚武で兵役を終えて高麗大へ入学した変り種の選手です。
06年5月、早稲田大との定期戦で来日し高麗大を1年生から引っ張っていました。兵役を終えている事から既に、卒業後に関心を持つ日本の社会人チームあるとの事です。
00000052_1

 もう一人、安承爀(アン・スンヒョク。尚武)が選出されました。06年から代表入りしています。
Ansunghy


 今年ホンダヒートに入った梁永勲(ヤン・ヨンフン)は2月末に来日しチームへ合流、課題の日本語修得に取り組み中、ホンダ関係者の話では今回の召集は時期の問題で見送ったということです。
Koreashyy1


 SOには、日本のトップチーム入りが噂される洪俊基(ホン・チュンギ。高麗大OB)
Koreahonc

去年から代表入りした尹泰日(ユン・テイル。尚武。07年末終了)が選ばれました。
Yuntaeil

ホンはLOのヨンとともに高麗大卒後、兵役コースの尚武入りを辞めて日本でプレーをする計画。
SOには、今回は外れていますが、代表SOの顔:オ・ユンヒョン(慶熙大→尚武。兵役後は日本でプレー希望)も代表復帰を狙っています。
Ohyoonhyung


 WTBは、去年のワールドカップ最終予選に選ばれながらもそのスピードを見せることができなかった趙寅秀(チョ・インス。尚武。08年末終了)が期待されます。
Joinsoo

 昨年10月の韓国国体で、自陣ゴール前からターンオーバーしたボールを受取るとあっと言う間に敵陣ゴールポスト下へ、トライを奪った姿を日本で見たいものです。
 高麗大でFBだった蔡宰榮(チェ・ジェヨン。尚武。08年末終了)もWTB。
Chaejaeyoung

 さらに二人の高麗大の後輩、李政玟(イ・ジャンミン。4年)
車燿漢(チャ・ヨハン。3年)が初代表入りした。
00000074


 CTBは、やはり日本チームに加入した選手が登場します。
尚武を去年末に退役した金鍾洙(キム・ジョンス)。
Ctbkj1

トップウェスト豊田自動織機でプレーする予定。
同じく金成洙(キム・ソンス。尚武。07年末)とのセンター・コンビは尚武や代表で継続しており、そこに日本仕込みが隠し味になっていけば韓国代表の今後に期待ができます。
Kimsungsu

 李圭得(イ・キュドク。尚武。07年末終了)は、尚武ではFBを担当しています。
Likyuduk

金顕祐(キム・ヒョンウ。高麗大3年。06年早大戦の漢字は現祐)は初代表。今年の春季リーグ戦、延世大との一戦で延世大DF3人を突き飛ばしトライを奪った、そうです。
 
 FBは日本戦でもお馴染みの金近炫(キム・グンヒョン。韓国電力)だ。
Fbkg1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2007

心機一転、2011年W杯へ韓国代表

 「2011年ワールド杯出場への一歩」
 
 今年も日韓定期戦の時期を迎えました。
 4月の2007年開幕戦「春季リーグ戦」終了後にアジア3カ国対抗(第9回・日韓定期戦兼務)に出場する韓国代表が選ばれました。
代表メンバーリスト


 代表は、5日間の合宿を行い、22日の日韓戦に臨むというのがKRUのスケジュールです。

 新生・韓国を率いる指揮官は、トンガ戦でコーチを務めた朴基幸氏 (パク・キヘン。KRU理事で審判委員会委員長、高麗大OB、仁川機械工業高校元監督)

 今年2月のトンガ戦、香港セブンスは闘将・閔俊基氏(ミンチュンギ。尚武=サンム:韓国軍体育部隊監督)が指揮したが交替しました。

 コーチは昨年のワールドカップ予選でも務めた文永燦氏(ムン・ヨンチャン。元NEC)が再度、担当することになりました。
Koreamungsan

 
 選手はトンガ戦を戦った韓国代表を中心に春季リーグ戦で活躍を見せた韓国電力、高麗大の選手を加えた顔ぶれとなっています。

 キーワードは「心機一転で2001年ワールド杯出場を目指す」だ。
 
 今年3月、KRUのホームページも新しくなったが、そこには「2011」の文字が躍っています。
 
 さて今回の代表が去年、今年のW杯予選(対日本、トンガ)の惨敗をどのように分析し、新生・韓国を作ってくるか興味深いことです。
 代表召集後、5日間の練習で課題となっているスクラム、ラインアウトといったセットプレーでの単純なプレーを断ち切り、いろいろなパターンを採用し、日本代表を惑わせることが出来れば面白い展開になるでしょうね。

 スクラムは1番PROP・金光植(キム・グァンシク。高麗大4年)
00000020_4

2番HO・金泰亨(キム・テヒョン。韓国電力)
Koreakimtehyon

3番PROPにベテラン金榮根(キム・ヨンゴン。三星SDI)の先発が予想されます。
Prkyy1

 PROPも出来るキム・テヒョンがHOに回ることでベテラン李章雨(イ・ジャンウ。韓国電力)が控えに入ることで層を厚くしました。
Hoij

 PROP控えには、若くしてCAP8の鄭盛云(チョン・ウンソン。三星SDI)がいます。
Prjsw


 LOには日本協会が導入する予定のアジア人選手枠を見込んでトップ・イースト横河電機に入部した延権示右(ヨン・ゴンウ)が選ばれました。
00000013

 ヨンも横河でのポジション争いに勝つためにも日本ファンの前で、力強いプレーでアピールしない、といけません。
 さらに、経験豊富な朴宣奎(パク・ソンギュ。韓国電力)
Flparksgyu

金永男(キム・ヨンナム。三星SDI)が加わっています。
Prkyn1


 
 FLは、尚武の2人金晶王民(キム・ジャンミン。07年末兵役終了)
Kimjunmi

丁成均(チョン・ソンギュン。07年末終了)がコンビを組みます。
Jungsunk

 NO8は、日本チームから高い評価を受けている李光紋(イ・グアンムン。07年末終了)です。
Ligwangm

 今年12月末にサンムを退役予定、本人は日本でのプレーを希望しています。高麗大時代は、早稲田大との定期戦を通じて同じく主将を務めた同期の佐々木隆道(サントリーサンゴリアス)を「ライバル」と公言しているだけに、佐々木と久しぶりの対決も見物。

 もう一人のNO8韓建奎(ハン・コンギュ)は、まだ延世大3年生、次代を担う選手。
No8hkg


 
 SHは、今年ホンダヒートに入った梁永勲(ヤン・ヨンフン)が名前に入っています。ヤンは2月末に来日しチームへ合流、課題の日本語修得に取り組み中、ホンダ関係者の話では今回の召集は時期の問題で見送ったということです。
Koreashyy1

 
 高麗大から選ばれた朴玩龍(パク・ウォンヨン)は、まだ2年生。
高校卒業後、日本の大学で選手生活を目指し1年間、語学学校に通いましたが帰国。
尚武で兵役を終えて高麗大へ入学した変り種の選手です。
00000052_1

春季リーグで3連覇した高麗大を率いた新星です。06年5月、早稲田大との定期戦で来日し高麗大を1年生から引っ張っていました。兵役を終えている事から既に、卒業後に関心を持つ日本の社会人チームあるとの事です。

 SOには、日本のトップチーム入りが噂される洪俊基(ホン・チュンギ。高麗大OB)
Koreahonc

去年から代表入りした尹泰日(ユン・テイル。尚武。07年末終了)が選ばれました。
Yuntaeil

ホンはLOのヨンとともに高麗大卒後、兵役コースの尚武入りを辞めて日本でプレーをする計画。
SOには、代表SOの顔・オユンヒョン(慶熙大→尚武)も代表復帰を狙っています。

 WTBは、去年のワールドカップ最終予選に選ばれながらもそのスピードを見せることができなかった趙寅秀(チョ・インス。尚武。08年末終了)が期待されます。
Joinsoo

 昨年10月の韓国国体で、自陣ゴール前からターンオーバーしたボールを受取るとあっと言う間に敵陣ゴールポスト下へ、トライを奪った姿を日本で見たいものです。
 高麗大でFBだった蔡宰榮(チェ・ジェヨン。尚武。08年末終了)もWTB。
Chaejaeyoung

もう一人は二人の高麗大の後輩、李政玟(イ・ジャンミン。4年)
車燿漢(チャ・ヨハン。3年)が初代表入りした。
00000074


 CTBは、やはり日本チームに加入した選手が登場します。
尚武を去年末に退役した金鍾洙(キム・ジョンス)。
Ctbkj1

トップウェスト豊田自動織機でプレーする予定。
同じく金成洙(キム・ソンス。尚武。07年末)とのセンター・コンビは尚武や代表で継続しており、そこに日本仕込みが隠し味になっていけば韓国代表の今後に期待ができます。
Kimsungsu

 李圭得(イ・キュドク。尚武。07年末終了)は、尚武ではFBを担当しています。
Likyuduk

金顕祐(キム・ヒョンウ。高麗大3年。06年早大戦の漢字は現祐)は初代表。今年の春季リーグ戦、延世大との一戦で延世大DF3人を突き飛ばしトライを奪った、そうです。
 
 FBは日本戦でもお馴染みの金近炫(キム・グンヒョン。韓国電力)だ。
Fbkg1

 今回の韓国代表の楽しみ方として2点挙げます。
代表選手25人中、高麗大OB,現役が12人います。3年前から始まった早稲田大との交流が高麗大の強化につながり代表選手を生み出している結果ともいえます。
 06年5月の早大定期戦先発15人中7人が代表入り(写真は06年5月の先発メンバー)。
 尚武所属8人中、ウィングの2人を除いた6人が今年末に兵役を終える予定。兵役を終えた選手の受け皿となってきた韓国社会人チームが新人選手獲得を控えている現状で日本でのプレー継続を希望する選手も多く、日本戦での活躍が期待されます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2007

韓国電力が優勝(03年以前以降で久々)

 韓国ラグビー07年春季リーグ戦は4月11日(水)、一般部=社会人1、大学B2試合を行った。一般部は逆転に次ぐ逆転で韓国電力が22-21と連覇を目指した尚武(サンム・韓国軍体育部隊)を破り、久々の韓国内大会での優勝を飾った
 大学B部は、圓光(ウォングァン)大が仁川(インチョン)専門大に19-3で勝ち、インチョンの連覇を止めた。

4月10日(火)大学A部は、高麗大が慶熙大を破り3連勝、3連覇を決めた。2位は延世大。3位檀国大、4位慶熙大の順。
(写真。エンジが高麗)

Kuvskyonhi070410

4月8日(日)、一般部、大学B部3試合が行われ昨年の王者、尚武(サンム・韓国軍体育部隊)が8Tの44-20で大心通商(テシム)に圧勝、初戦を飾った。
(黒=サンム)
Svste04048


大学
A:高麗大、檀国(ダングック)大、延世大、慶煕(キョンヒ)大
B:ソウル大、仁川専門大、ウォン光大、釜山大

*4月4日(水) 大学A
14:00-高麗24(12-0)0檀国
    4T2G
   
15:40-延世40(19-10)17慶煕
5T3G3PG 3T1G

*4月6日(金)大学B
14:00-ソウル大13(0-21)21仁川専門大
(写真。仁川=緑の攻撃)
Suvsin


15:30-ウォン光27(14-3)13釜山大
(写真。ウォン光=赤白)
Uvspusan

*4月7日(土)大学A
14:00-高麗24(5-0)3延世
    4T2G   1PG
   高2勝   延1勝1敗

(写真。エンジ=高麗)
Yk04071

15:50-檀国15(10-0)7慶煕
   2T1G1PG    1T1G
   檀1勝1敗    慶2敗


(写真。モールの攻防。白=慶煕)
Kd0407


*4月8日(日)大学B
13:00-ソウル大18(5-15)37ウォン光
ソウル2敗、ウォン光2勝

15:30-仁川専門27(5-7)7釜山大
仁川2勝、釜山2敗

*4月10日(火)大学A
14:00-高麗29(12-3)17慶煕
   5T2G 2T2G1PG
高麗3勝、慶熙3敗

15:40-延世39(17-16)24檀国
6T3G1PG 3T3G
延世2勝1敗、檀国1勝2敗
(檀国大のラインアウト)
Davsyon1


*4月11日(水)大学B
13:00-ソウル大21(7-7)7釜山大

14:30-ウォン光19(7-0)3仁川専門
順位 
1位:ウォン光大3勝、2位:仁川専門大2勝1敗
3位:ソウル大1勝2敗、4位:釜山大3敗

一般部
韓国電力、大心通商(テシム)、尚武(サンム、韓国軍体育部隊)

*4月5日(木)
14:00-韓国電力30(25-8)15テシム
    5T1G1PG    2T1G1PG

*4月8日(日)
16:10-サンム44(20-6)20テシム
    8T2G    2T2G2P
サンム1勝、テシム2敗(3位)

*4月11日(水)
16:10-韓国電力22(12-8)21サンム
韓国電力3T2G1PG  サンム3T2G

順位
1位:韓国電力2勝、2位:尚武1勝1敗、3位:大心通商2敗

春季リーグ星取表


<<参考2006年春季リーグ戦 3月ソウル市ラグビー場>><一般部3月1日~>
1位:尚武(サンム、韓国軍体育部隊)2勝1分け。10年ぶり優勝。21-21三
2位:三星SDI(サムスン)1勝2分け。
3位:大心通商(テシム)1勝2分け。初参加。
4位:韓国電力(ハンジョン)2敗1分け。
**浦項鋼板(ポハン)は怪我人などで不参加。

<大学A部3月4日~>
1位:高麗大学(コリョ)3勝。2連覇。32-16キ
2位:慶熙大学(キョンヒ)2勝1敗。
3位:延世大学(ヨンセ)1勝2敗。
4位:檀国大学(ダンクック)3敗。

<大学B部3月31日~>
1位:仁川大(インチョン)3勝。連覇中。
2位:圓光大(ウォングァン)2勝1敗。
3位:釜山大(プサン)1勝2敗。
4位:ソウル大3敗。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2007

高麗大が3連覇(大学A)

 韓国ラグビー07年春季リーグ戦は4月10日(火)大学A部、2試合が行れ高麗大が慶熙大を破り3連勝、3連覇を決めた。2位は延世大。3位檀国大、4位慶熙大の順。
(写真。エンジが高麗)

Kuvskyonhi070410

4月8日(日)、一般部、大学B部3試合が行われ昨年の王者、尚武(サンム・韓国軍体育部隊)が8Tの44-20で大心通商(テシム)に圧勝、初戦を飾った。
(黒=サンム)
Svste04048


大学
A:高麗大、檀国(ダングック)大、延世大、慶煕(キョンヒ)大
B:ソウル大、仁川専門大、ウォン光大、釜山大

*4月4日(水) 大学A
14:00-高麗24(12-0)0檀国
    4T2G
   
15:40-延世40(19-10)17慶煕
5T3G3PG 3T1G

*4月6日(金)大学B
14:00-ソウル大13(0-21)21仁川専門大
(写真。仁川=緑の攻撃)
Suvsin


15:30-ウォン光27(14-3)13釜山大
(写真。ウォン光=赤白)
Uvspusan

*4月7日(土)大学A
14:00-高麗24(5-0)3延世
    4T2G   1PG
   高2勝   延1勝1敗

(写真。エンジ=高麗)
Yk04071

15:50-檀国15(10-0)7慶煕
   2T1G1PG    1T1G
   檀1勝1敗    慶2敗


(写真。モールの攻防。白=慶煕)
Kd0407


*4月8日(日)大学B
13:00-ソウル大18(5-15)37ウォン光
ソウル2敗、ウォン光2勝

15:30-仁川専門27(5-7)7釜山大
仁川2勝、釜山2敗

*4月10日(火)大学A
14:00-高麗29(12-3)17慶煕
   5T2G 2T2G1PG
高麗3勝、慶熙3敗

15:40-延世39(17-16)24檀国
6T3G1PG 3T3G
延世2勝1敗、檀国1勝2敗
(檀国大のラインアウト)
Davsyon1


*4月11日(水)大学B
13:00-ソウル大VS釜山大
14:30-ウォン光VS仁川専門

一般部
韓国電力、大心通商(テシム)、尚武(サンム、韓国軍体育部隊)

*4月5日(木)
14:00-韓国電力30(25-8)15テシム
    5T1G1PG    2T1G1PG

*4月8日(日)
16:10-サンム44(20-6)20テシム
    8T2G    2T2G2P
サンム1勝、テシム2敗(3位)

*4月11日(水)
16:10-韓国電力VSサンム
→事実上の春、韓国1位を決める試合です。
勝敗表をダウンロード

<<参考2006年春季リーグ戦 3月ソウル市ラグビー場>><一般部3月1日~>
1位:尚武(サンム、韓国軍体育部隊)2勝1分け。10年ぶり優勝。21-21三
2位:三星SDI(サムスン)1勝2分け。
3位:大心通商(テシム)1勝2分け。初参加。
4位:韓国電力(ハンジョン)2敗1分け。
**浦項鋼板(ポハン)は怪我人などで不参加。

<大学A部3月4日~>
1位:高麗大学(コリョ)3勝。2連覇。32-16キ
2位:慶熙大学(キョンヒ)2勝1敗。
3位:延世大学(ヨンセ)1勝2敗。
4位:檀国大学(ダンクック)3敗。

<大学B部3月31日~>
1位:仁川大(インチョン)3勝。連覇中。
2位:圓光大(ウォングァン)2勝1敗。
3位:釜山大(プサン)1勝2敗。
4位:ソウル大3敗。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2007

尚武が初戦を飾る

 韓国ラグビー07年春季リーグ戦は4月8日(日)、一般部、大学B部3試合が行われ昨年の王者、尚武(サンム・韓国軍体育部隊)が8Tの44-20で大心通商(テシム)に圧勝、初戦を飾った。
(黒=サンム)
Svste04048


大学
A:高麗大、檀国(ダングック)大、延世大、慶煕(キョンヒ)大
B:ソウル大、仁川専門大、ウォン光大、釜山大

*4月4日(水) 大学A
14:00-高麗24(12-0)0檀国
    4T2G
   
15:40-延世40(19-10)17慶煕
5T3G3PG 3T1G

*4月6日(金)大学B
14:00-ソウル大13(0-21)21仁川専門大
(写真。仁川=緑の攻撃)
Suvsin


15:30-ウォン光27(14-3)13釜山大
(写真。ウォン光=赤白)
Uvspusan

*4月7日(土)大学A
14:00-高麗24(5-0)3延世
    4T2G   1PG
   高2勝   延1勝1敗

(写真。エンジ=高麗)
Yk04071

15:50-檀国15(10-0)7慶煕
   2T1G1PG    1T1G
   檀1勝1敗    慶2敗


(写真。モールの攻防。白=慶煕)
Kd0407


*4月8日(日)大学B
13:00-ソウル大18(5-15)37ウォン光
ソウル2敗、ウォン光2勝

15:30-仁川専門27(5-7)7釜山大
仁川2勝、釜山2敗

*4月10日(火)大学A
14:00-高麗VS慶煕
15:40-延世VS檀国

*4月11日(水)大学B
13:00-ソウル大VS釜山大
14:30-ウォン光VS仁川専門

一般部
韓国電力、大心通商(テシム)、尚武(サンム、韓国軍体育部隊)

*4月5日(木)
14:00-韓国電力30(25-8)15テシム
    5T1G1PG    2T1G1PG

*4月8日(日)
16:10-サンム44(20-6)20テシム
    8T2G    2T2G2P
サンム1勝、テシム2敗(3位)

*4月11日(水)
16:10-韓国電力VSサンム
→事実上の春、韓国1位を決める試合です。
勝敗表をダウンロード

<<参考2006年春季リーグ戦 3月ソウル市ラグビー場>><一般部3月1日~>
1位:尚武(サンム、韓国軍体育部隊)2勝1分け。10年ぶり優勝。21-21三
2位:三星SDI(サムスン)1勝2分け。
3位:大心通商(テシム)1勝2分け。初参加。
4位:韓国電力(ハンジョン)2敗1分け。
**浦項鋼板(ポハン)は怪我人などで不参加。

<大学A部3月4日~>
1位:高麗大学(コリョ)3勝。2連覇。32-16キ
2位:慶熙大学(キョンヒ)2勝1敗。
3位:延世大学(ヨンセ)1勝2敗。
4位:檀国大学(ダンクック)3敗。

<大学B部3月31日~>
1位:仁川大(インチョン)3勝。連覇中。
2位:圓光大(ウォングァン)2勝1敗。
3位:釜山大(プサン)1勝2敗。
4位:ソウル大3敗。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 08, 2007

伝統の一戦は高麗が圧勝!

 韓国ラグビー伝統の一戦、高麗大VS延世大は4月7日行われ、高麗が24-3と圧勝した。Yk04072


 韓国ラグビー07年春季リーグ戦は4月7日(金)、大学A部2試合が行われた。

大学
A:高麗大、檀国(ダングック)大、延世大、慶煕(キョンヒ)大
B:ソウル大、仁川専門大、ウォン光大、釜山大

*4月4日(水)
14:00-高麗24(12-0)0檀国
    4T2G

15:40-延世40(19-10)17慶煕
5T3G3PG 3T1G

*4月6日(金)
14:00-ソウル大13(0-21)21仁川専門大
(写真。仁川=緑の攻撃)
Suvsin


15:30-ウォン光27(14-3)13釜山大
(写真。ウォン光=赤白)
Uvspusan

*4月7日(土)
14:00-高麗24(5-0)3延世
    4T2G   1PG
(写真。エンジ=高麗)
Yk04071

15:50-檀国15(10-0)7慶煕
   2T1G1PG    1T1G
(写真。モールの攻防。白=慶煕)
Kd0407


*4月8日(日)
13:00-ソウル大VSウォン光
15:30-仁川専門VS釜山大

*4月10日(火)
14:00-高麗VS慶煕
15:40-延世VS檀国

*4月11日(水)
13:00-ソウル大VS釜山大
14:30-ウォン光VS仁川専門

一般部
韓国電力、大心通商(テシム)、尚武(サンム、韓国軍体育部隊)

*4月5日(木)
14:00-韓国電力30(25-8)15テシム
    5T1G1PG       2T1G1PG

*4月8日(日)
16:10-サンムVSテシム

*4月11日(水)
16:10-韓国電力VSサンム
→事実上の春、韓国1位を決める試合です。
勝敗表をダウンロード

<<参考2006年春季リーグ戦 3月ソウル市ラグビー場>><一般部3月1日~>
1位:尚武(サンム、韓国軍体育部隊)2勝1分け。10年ぶり優勝。21-21三
2位:三星SDI(サムスン)1勝2分け。
3位:大心通商(テシム)1勝2分け。初参加。
4位:韓国電力(ハンジョン)2敗1分け。
**浦項鋼板(ポハン)は怪我人などで不参加。

<大学A部3月4日~>
1位:高麗大学(コリョ)3勝。2連覇。32-16キ
2位:慶熙大学(キョンヒ)2勝1敗。
3位:延世大学(ヨンセ)1勝2敗。
4位:檀国大学(ダンクック)3敗。

<大学B部3月31日~>
1位:仁川大(インチョン)3勝。連覇中。
2位:圓光大(ウォングァン)2勝1敗。
3位:釜山大(プサン)1勝2敗。
4位:ソウル大3敗。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2007

韓国代表選出は11日以降。

 4月22日(日)「日韓定期戦」に出場する韓国代表メンバーは春季リーグ戦終了後の11日以降に発表されます。

 監督は香港セブンスでも指揮をとった閔俊基氏(ミン・チュンギ2005年代表監督、尚武監督)から2月のトンガ戦でコーチを務めた朴キヘン氏(大韓協会審判委員長。元インチョン機械工業高校監督。高麗大OB)へ交替ということです。
選手予想リスト


 韓国代表は13日(金)くらいから5日間の合宿に入り韓日戦に臨みます。
 なお韓国VS香港戦は5月27日(日)当たりになるようです。

 韓国ラグビー07年春季リーグ戦は4月6日(金)、大学B部2試合が行われた。

大学
A:高麗大、檀国(ダングック)大、延世大、慶煕(キョンヒ)大
B:ソウル大、仁川専門大、ウォン光大、釜山大

*4月4日(水)
14:00-高麗24(12-0)0檀国
    4T2G

15:40-延世40(19-10)17慶煕
5T3G3PG 3T1G

*4月6日(金)
14:00-ソウル大13(0-21)21仁川専門大
(写真。仁川=緑の攻撃)
Suvsin


15:30-ウォン光27(14-3)13釜山大
(写真。ウォン光=赤白)
Uvspusan

*4月7日(土)
14:00-高麗VS延世
15:50-檀国VS慶煕

*4月8日(日)
13:00-ソウル大VSウォン光
15:30-仁川専門VS釜山大

*4月10日(火)
14:00-高麗VS慶煕
15:40-延世VS檀国

*4月11日(水)
13:00-ソウル大VS釜山大
14:30-ウォン光VS仁川専門

一般部
韓国電力、大心通商(テシム)、尚武(サンム、韓国軍体育部隊)

*4月5日(木)
14:00-韓国電力30(25-8)15テシム
    5T1G1PG       2T1G1PG

*4月8日(日)
16:10-サンムVSテシム

*4月11日(水)
16:10-韓国電力VSサンム
→事実上の春、韓国1位を決める試合です。
勝敗表はここをクリック


<<参考2006年春季リーグ戦 3月ソウル市ラグビー場>><一般部3月1日~>
1位:尚武(サンム、韓国軍体育部隊)2勝1分け。10年ぶり優勝。21-21三
2位:三星SDI(サムスン)1勝2分け。
3位:大心通商(テシム)1勝2分け。初参加。
4位:韓国電力(ハンジョン)2敗1分け。
**浦項鋼板(ポハン)は怪我人などで不参加。

<大学A部3月4日~>
1位:高麗大学(コリョ)3勝。2連覇。32-16キ
2位:慶熙大学(キョンヒ)2勝1敗。
3位:延世大学(ヨンセ)1勝2敗。
4位:檀国大学(ダンクック)3敗。

<大学B部3月31日~>
1位:仁川大(インチョン)3勝。連覇中。
2位:圓光大(ウォングァン)2勝1敗。
3位:釜山大(プサン)1勝2敗。
4位:ソウル大3敗。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2007

韓国電力が幸先良いスタート

 韓国ラグビー07年春季リーグ戦は4月5日(木)から一般部(社会人)が行われた。

 韓国電力が大心通商(テシム)を30-15で退けた。昨年29-44で敗れており雪辱を遂げた。

大学
A:高麗大、檀国(ダングック)大、延世大、慶煕(キョンヒ)大
B:ソウル大、仁川専門大、ウォン光大、釜山大

*4月4日(水)
14:00-高麗24(12-0)0檀国
    4T2G

15:40-延世40(19-10)17慶煕
5T3G3PG 3T1G

*4月6日(金)
14:00-ソウル大VS仁川専門大、
15:30-ウォン光VS釜山大

*4月7日(土)
14:00-高麗VS延世
15:50-檀国VS慶煕

*4月8日(日)
13:00-ソウル大VSウォン光
15:30-仁川専門VS釜山大

*4月10日(火)
14:00-高麗VS慶煕
15:40-延世VS檀国

*4月11日(水)
13:00-ソウル大VS釜山大
14:30-ウォン光VS仁川専門

一般部
韓国電力、大心通商(テシム)、尚武(サンム、韓国軍体育部隊)

*4月5日(木)
14:00-韓国電力30(25-8)15テシム
    5T1G1PG       2T1G1PG

*4月8日(日)
16:10-サンムVSテシム

*4月11日(水)
16:10-韓国電力VSサンム
→事実上の春、韓国1位を決める試合です。
勝敗表はここをクリック


<<参考2006年春季リーグ戦 3月ソウル市ラグビー場>><一般部3月1日~>
1位:尚武(サンム、韓国軍体育部隊)2勝1分け。10年ぶり優勝。21-21三
2位:三星SDI(サムスン)1勝2分け。
3位:大心通商(テシム)1勝2分け。初参加。
4位:韓国電力(ハンジョン)2敗1分け。
**浦項鋼板(ポハン)は怪我人などで不参加。

<大学A部3月4日~>
1位:高麗大学(コリョ)3勝。2連覇。32-16キ
2位:慶熙大学(キョンヒ)2勝1敗。
3位:延世大学(ヨンセ)1勝2敗。
4位:檀国大学(ダンクック)3敗。

<大学B部3月31日~>
1位:仁川大(インチョン)3勝。連覇中。
2位:圓光大(ウォングァン)2勝1敗。
3位:釜山大(プサン)1勝2敗。
4位:ソウル大3敗。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 05, 2007

高麗大、延世大が勝利

 韓国ラグビー07年春季リーグ戦は4月4日(水)から大学、一般部(社会人)がスタート。

 開幕戦は、昨年、大学&社会人で王者(無敗)だった高麗大とライバル延世大(ヨンセ)が
初戦を飾った(写真=高麗VS檀国)。
Kudk0404

 両校は、4月7日(土)対戦するが、去年秋の伝統の一戦「延高(または高延)戦」では、高麗大・鄭監督が審判の判定に抗議して、選手を一時、引き上げさせて問題となった因縁がある。

大学
A:高麗大、檀国(ダングック)大、延世大、慶煕(キョンヒ)大
B:ソウル大、仁川専門大、ウォン光大、釜山大

*4月4日(水)
14:00-高麗24(12-0)0檀国
    4T2G

15:40-延世40(19-10)17慶煕
5T3G3PG 3T1G

Yuky0404


*4月6日(金)
14:00-ソウル大VS仁川専門大、
15:30-ウォン光VS釜山大

*4月7日(土)
14:00-高麗VS延世
15:50-檀国VS慶煕

*4月8日(日)
13:00-ソウル大VSウォン光
15:30-仁川専門VS釜山大

*4月10日(火)
14:00-高麗VS慶煕
15:40-延世VS檀国

*4月11日(水)
13:00-ソウル大VS釜山大
14:30-ウォン光VS仁川専門

一般部
韓国電力、大心通商(テシム)、尚武(サンム、韓国軍体育部隊)

*4月5日(木)
14:00-韓国電力VSテシム

*4月8日(日)
16:10-サンムVSテシム

*4月11日(水)
16:10-韓国電力VSサンム
→事実上の春、韓国1位を決める試合です。
勝敗表はここをクリック

<<参考2006年春季リーグ戦 3月ソウル市ラグビー場>><一般部3月1日~>
1位:尚武(サンム、韓国軍体育部隊)2勝1分け。10年ぶり優勝。21-21三
2位:三星SDI(サムスン)1勝2分け。
3位:大心通商(テシム)1勝2分け。初参加。
4位:韓国電力(ハンジョン)2敗1分け。
**浦項鋼板(ポハン)は怪我人などで不参加。

<大学A部3月4日~>
1位:高麗大学(コリョ)3勝。2連覇。32-16キ
2位:慶熙大学(キョンヒ)2勝1敗。
3位:延世大学(ヨンセ)1勝2敗。
4位:檀国大学(ダンクック)3敗。

<大学B部3月31日~>
1位:仁川大(インチョン)3勝。連覇中。
2位:圓光大(ウォングァン)2勝1敗。
3位:釜山大(プサン)1勝2敗。
4位:ソウル大3敗。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2007

香港セブンス 韓国は全敗

 3月30日に開幕した「香港セブンス」。韓国代表は、POOL・E組で3戦全敗、4月1日(日)BOWLトーナメント1回戦でロシアと戦い10-19で敗れ4戦全敗で終えました。

3月30日(金)
*韓国14-24アルゼンチン

3月31日(土)
*韓国14-38イングランド

*韓国12-19香港
<韓国代表メンバー>

Minhc

*監督 閔俊基(ミン・チュンギ2005年代表監督、尚武監督)

*選手
①鄭全満(チョン・ジョンマン。FB。韓国電力)
②洪俊基(ホン・チュンギ。SO。高麗大→日本でプレー希望)
③郭鐵雄(カク・チョルウン。WTB。三星SDI)
④金近絃(キム・グンヒョン。FB。大心通商(テシム)。日本でプレー希望)
⑤金成洙(キム・ソンス。CTB。尚武。07年末除隊)
⑥金鐘洙(キム・ジョンス。CTB。尚武→07年4月豊田自動織機)
⑦梁永勲(ヤン・ヨンフン。SH。テシム→07年3月ホンダヒート)
⑧劉永男(ユ・ヨンナム。LO。尚武。07年末除隊)
⑨尹希壽(ユン・ヒス。CTB。浦項鋼板(ポハン))
⑩李明根(イ・ミョングン。SH。三星SDI)
⑪延權ウ(ヨン・ゴンウ。LO。高麗大→07年4月横河電機)
⑫崔蔡宰(チェ・ジェヨン。FB。高麗大→尚武08年末除隊)
⑬李光紋(イ・グァンムン。NO8。尚武07年末除隊。日本でプレー希望)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »