« 韓国代表メンバー変更 | Main | 2011年W杯出場の第一歩 »

April 20, 2007

BK中心に戦う(韓国代表)

 アジア3カ国対抗の日本戦・4月22日に出場するラグビー韓国代表が4月20日午後、来日しました。

 羽田空港からホテルへ着いた選手たちは、すぐに近くの公園で軽い練習を行いました。

 目立ったのは、低い姿勢でダウン・ボールを繰り返しの練習。

  指揮官・朴基幸監督 (パク・キヘン)も自ら高い姿勢の選手の頭を抑えて姿勢を正していました。
Koreaparkhc1


 日韓戦の戦い方として朴監督は「BK中心になる」と話しました。これは、最初のメンバーに入っていたFW陣からPROPのチョン・ソンウン、キム・ヨングァン、NO8イ・グァンムンが怪我のため外れことで、FW戦よりも若いBKに期待をかけざるを得ない状況といえます。
 
 ただし去年11月のW杯予選で日本の分析力で丸裸にされたラインアウトなどのセットプレーではいくつかオプションを準備しているようです。

 BKですが、文永燦氏コーチ(ムン・ヨンチャン。元NEC)は、 「外へ回していくことよりもDFにコンタクトしていく。ポイントからの連続攻撃」という計画。

 初代表入りのPROP呂裕宰(ヨ・ユジェ)は、「緊張してます」の一言。
同じ初代表のSH朴玩龍(パク・ウォンヨン)は、肩の調子が良くないため控えに回っています。
Koreashp


 今回の試合を「2011年W杯出場の第一歩にしたい」(朴監督)という韓国。若さ溢れるプレーに期待したいですね。

|

« 韓国代表メンバー変更 | Main | 2011年W杯出場の第一歩 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference BK中心に戦う(韓国代表):

« 韓国代表メンバー変更 | Main | 2011年W杯出場の第一歩 »