« ラグビー韓国代表グッズ頒布 | Main | 横河LO延権佑が初出場、突破力で貢献。 »

June 29, 2007

宮沢喜一元総理死去(元番記者でした)

 宮沢喜一元総理大臣が28日、死去されました(87歳)。

 私は、東京タイムズ政治部時代(1989年~)、自民党宮沢派担当の番記者でした。
 東タイは、小さい新聞社だったので運動部から経済部、社会部、政治部など垣根の無い異動がありました。
 
 毎週1回、ご自宅での番記者懇談を思い出します。
担当記者もアルコール(ウィスキー水割りが多かった)を飲みながら宮沢さんと一問一答などを2時間あまり。
終わった後、他社の記者仲間と自宅前で発言を思い出して正確に再現し会社へ電話(携帯が無い時代、自動車電話か公衆電話)で送ってました。

 当時は自民党は田中派→竹下派が勢力を持っており、宮沢派と対立する竹下派に何故か番記者懇談の発言が筒抜け。竹下派幹部の発言を受け再取材もあったりして。
 毎晩、政治は夜12時以降に動いてました、、、。

 ご冥福を祈ります。 合掌!

|

« ラグビー韓国代表グッズ頒布 | Main | 横河LO延権佑が初出場、突破力で貢献。 »

Comments

この度の訃報で久しぶりに近影を目にし、あまりにやつれていて驚きました
87歳は老衰でなくなるにはあまりに若すぎると感じますが、引退を余儀なくされ、国政の第一線から身を引いたのが一番響いていたのでは無いでしょうか
あの頃も決して良い時代だったとは思えないけれど、時代は更にキナ臭く、危険な情勢になっていると危惧します

Posted by: ナベゾ | June 30, 2007 05:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宮沢喜一元総理死去(元番記者でした):

« ラグビー韓国代表グッズ頒布 | Main | 横河LO延権佑が初出場、突破力で貢献。 »