« 韓国・全国体育大会組み合わせ | Main | 三星、敗北! »

September 09, 2007

韓国人選手チーム勝利に貢献!

 2007年の日本ラグビーシーズンが9月8日から実質的に始まりました。

 大学、社会人チームに所属する韓国人選手、在日選手もチームの勝利に貢献していました。

<1>横河電機・LO延権佑(ヨン・グォンヌ)。
09teygw1

◆横河27(22-0)0JAL
 9月9日(日)、トップイースト11リーグの横河電機は初戦でJAL(日本航空)と対戦した。
09telyk2

 試合は、前半から横河のペースで進み、前半4分、JALゴール前のラインアウトからモールを組んで1番PROP糠盛俊介がトライをあげた。さらに7分、今季から加入したWTBナソーニ・ロコがボールをもらうと瞬間、JALのDFを振り切り快速を飛ばしゴール左側へトライし点差を広げた。
 試合は、横河が前半4トライ、後半1トライし勝ち点5をあげた。
09telyk3


 ヨン(高麗大学出身。韓国代表)は5番LOで先発し、各所で厳しいタックルを決めていた。またボールをもらうと持ち前の突進力でポイントを作った。後半37分、JAL攻撃の際に、相手を持ち上げたタックルを「危険なタックル」と判断された。試合後、このプレーが危険なタックルになるのか、横河・吉田義人総合テクニカルコーチ(元日本代表WTB)がレフリーと話し合っていた。
Ykw3

 ヨン「調子は良い。チームのサインプレーなども徐々に理解できています」
 安田真人・横河監督「後半は相手に合わせてしまった。ヨンはタックルで貢献した」
 吉田・総合コーチ「暑い中、勝ち点5を得たのが収穫」

<2>明治大学・FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク)

◆明治大学77(43-0)5青山学院大学

 大学日本一を目指す明治大学が前後半13トライの攻撃で初戦を飾った。
 明治副主将の趙顕徳(チョ・ヒョンドク。大阪朝鮮高校)は、前半6分、ラインアウトからモールを組ん先制トライをあげた。さらに後半34分にもラックの後、SHのパスを受けトライした。

 「怪我もしないで順調に来ています。チーム自体は、まだまだ伸びる部分があるので、今後もしっかり練習します」

|

« 韓国・全国体育大会組み合わせ | Main | 三星、敗北! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 韓国人選手チーム勝利に貢献!:

« 韓国・全国体育大会組み合わせ | Main | 三星、敗北! »