« 韓国ラグビー尚武(サンム)新規入団選手 | Main | 京産大・徐が1T3G2Pの活躍! »

November 25, 2007

横河8連勝、朝鮮大も4勝目

 11月23日-25日、韓国関係ラグビー試合結果

 <■トップイーストリーグ、24日・土>
横河電機が67-8で東京ガスに圧勝。8戦全勝・勝ち点39で1位をキープしました。
横河LO延権佑(ヨン・グォンヌ)も出場。
前半13分:自陣22/10左、相手スクラムより9から展開。ラックから横河3-10-12-5ヨンとつないでトライ、14-3と
リードを広げた。

トップイースト順位
1:横河39、2:NTTコミュ35(7-0)、3:セコム29(6-1)、4:東京ガス25(5-3)。

<■関東大学対抗戦、23日・金>
◆早稲田大40-0慶応大(14:00-秩父宮)

<■関東大学リーグ戦3部、25日・日>
◆朝鮮大35-0東京工業大(14:30-朝鮮大G)>
Dh000004


朝鮮大が7Tをあげ順当勝ちした。
前半1分、東工大右ゴール前ラインアウトを得るとモールで押してNO8朴晃弘(4年、九州朝鮮高)がトライをあげ先制。
Dh000030

NO8朴は、13分にも右ライン際を独走し2つ目のトライかと思われたゴール直前、東工大のタックルを受けた。相手の頭と朴の顔前面があたり朴は、前歯を折り退場した。
Dh000028

朴は、持ち前の低い姿勢からのタックルで1年先輩・ヤマハWTB11・徐吉嶺(ソ・ギリョン。朝鮮大)が「ゴキブリ・タックル」と命名している。
前日のサントリーとの練習試合を終えた徐も、この日の試合を観戦したが朴の怪我は残念そうだった。
Dh000016


試合は、朝鮮大が常時、押し気味に試合を進めた。東工大は0-10とリードされた前半終了間際、朝鮮大ゴール前に攻め込み反則を得たが、PGを狙わず、すぐにBKへ展開する戦法を選んだ。
しかし自らハンドリングミスを犯すなど得点機を逃した。

後半は朝鮮大が敵ゴール前ラインアウトからモールを組み3つトライをあげるなど5Tを積み重ねた。FL7の崔斗碩(チェ・ドゥソク。3年。東京朝鮮高)がこのうち2Tした。

関東大学リーグ戦3部順位
1:國學院大7勝28、2:防衛大4勝2敗1分20
3:玉川大4勝3敗19、4:朝鮮大4勝3敗19。

|

« 韓国ラグビー尚武(サンム)新規入団選手 | Main | 京産大・徐が1T3G2Pの活躍! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 横河8連勝、朝鮮大も4勝目:

« 韓国ラグビー尚武(サンム)新規入団選手 | Main | 京産大・徐が1T3G2Pの活躍! »