« November 2007 | Main | January 2008 »

December 30, 2007

大阪朝高3回戦へ東福岡と!

 高校ラガーの祭典「第87回全国高校ラグビーフットボール大会」(花園ラグビー場)2回戦16試合が12月30日行われました。
 大阪朝鮮高級学校(大阪第2代表)は27(12-0)7で八幡工業(滋賀)に勝ち3回戦・元旦1日、去年の準優勝校で30日も11トライで圧勝した東福岡高校(福岡)と対戦します(第1G,10:30KO)。

 前半FW戦で自慢のモールから2つのトライを奪った大阪朝鮮。まずは7分に敵陣右LOからモールからHO尹淳樹(3年、ユン・スンス)がトライし先制した。ゴールもCTB13金翔太(3年、キム・サンテ)が決め7-0に。
 19分には左LOを得るとモールを押し込みNO8主将、趙顕大(3年、チョウ・ヒョンデ)がトライし12-0とし前半を終えた。
 後半4分には、敵陣に入るとラックからの連続攻撃で最後は左オープンに展開、WTB11金志昇(2年、キム・チスン)が敵DF4人を振りきりトライ、ゴールも成功19-0とリードを広げた。
 17分に八幡に1T1Gを奪われた(19-7)。
 22分、ゴール右22MでPKを得るとCTB13金翔太(3年、キム・サンテ)がPGを確実に決め22-7と2T2Gでも逆転されない点差に。
 最後は、24分、途中から入ったLO25張泰土育(3年、チャン・テコ)がゴール前のラックからゴールラインギリギリにボールを持ち込みトライを決めた。

<3回戦日程 08年1月1日、第1グランド>
*東福岡-大阪朝鮮(10:30-)
*盛岡工業-尾道(11:45-)
*長崎北陽台-大分舞鶴(13:00-)
*國學院久我山-天理(14:15-)

<第3グランド>
*桐蔭学園-日本航空第二(10:30-)
*流通経済大柏-大阪工大(11:45-)
*茗渓学園-佐賀工業(13:00-)
*青森北-伏見工業(14:15-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2007

大阪朝鮮高が辛勝。

 高校ラガーの祭典「第87回全国高校ラグビーフットボール大会」が花園ラグビー場で12月27日開幕しました。
 この日、1回戦で登場した大阪朝鮮高級学校(大阪第2代表)は19(14-7)14で新潟工(新潟)に辛勝し2回戦に進みました。

 前半FW戦であっけなくトライをとった大阪朝鮮だったが、以降は自陣からでも果敢にBKのオープン攻撃を仕掛ける新潟工業の攻めに防御に回った。
 後半10分、新潟がターンオーバーからトライを奪い14-14の同点に。
 試合終了まで新潟の攻めが続くが大阪が持ちこたえる。
 そして終了間際の28分、ゴール前10メートル強の好位置で、大阪は相手ミスによりラインアウトの機会を得た。
 ラックサイドを突きながら、右に大きく展開。最後は、飛ばしパスを受けたFB李一貴(リ・イルギ、3年)がゴール右隅に飛び込みトライを決めた。
 就任1年目の呉英吉(オ・ヨンギル)監督は、形を作ることさえできれば、FWでもバックスでも点が取れる、という。

 大阪朝鮮は30日、2回戦で八幡工業(滋賀代表。1回戦33-12岡谷工業)と対戦します(14:00-KO.花園第3G)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 21, 2007

三洋がサントリーを破る TE11横河が優勝!

 12月22日-24日、日本ラグビー(韓国選手関係)試合

 12月22日(土)は、トップリーグ(TL)で首位、三洋と2位サントリーの対戦が行われ三洋が35-24で勝ちました。
 トップイースト(TE11)は24日(月)に最終節があり横河電機とNTTコミュニケーションズの1,2位が直接対決し、横河が29-18で勝ち10勝全勝優勝、1月末から行われるトップリーグチャレンジシリーズ1位組へ進出を決めました。
Dh000019

3位となったNTTは1月6日、セコム(2位)とTE11の2,3位決定戦を行います。

<■トップリーグ22日>
◆三洋35(14-10)24サントリー(13:00-群馬・太田)
*三洋5T5G勝ち点38、サントリー3T3G1P31

三洋PR1・金光模(キム・グァンモ。檀国大、韓国代表)は先発。後半12分まで。

23日(日)三洋-サントリーのサテライトリーグ戦結果
三洋19(0-12)12サントリー。
この試合に三洋に新規加入した韓国代表LO・劉永男
(ユ・ヨンナム。檀国大学→韓国・尚武(サンム・韓国軍体育部隊07年末兵役終了))
がリザーブで出ました。
ユは後半から出場し「ラインアウトでジャンパーををこなし逆転トライを決めた。サントリーの新規加入トンガ代表を鋭いタックルで止めた」(三洋・飯島コーチ)と活躍しました、でも「まだ日本語を理解していない」とのこと。

ユは1983/10/13生まれの24歳。191cm,92kg。2002年から代表入りしています。
PRキム(79/9生まれ)の4歳下になり、先輩キムが持つノウハウと指導で日本でも成功して欲しいと思います。
三洋のメンバー表は下記です。
http://www.sanyo.co.jp/social/rugby/topics/0712_n10.html
写真は、サンムで練習中のユ(前から2人目、黒い練習着。先頭は朴誠球/パク・ソング=HO,代表候補。
後ろは申鏞澈/シン・ヨンチョル=LO,代表)
Yyn1san


◆ヤマハ58(0-3)3リコー(14:00-ヤマハ)
*ヤマハ7T7G3P30、リコー1P5。

ヤマハWTB14・徐吉嶺(ソ・ギリョン。朝鮮大)は先発。

◆三菱相模原14(0-46)64クボタ(14:00-東京・秩父宮ラグビー場)
*三菱2T2G3、クボタ10T7G17

◆東芝36(10-5)17神戸(14:00-東京・味の素S)
*東芝5T4G1P31、神戸3T1G26.

◆福岡サニックス13(6-13)20トヨタ(13:00-愛媛)
*サニックス1T1G2P13、トヨタ2T2G2P28

サニックスCTB・崔基俊(チェ・キジュン。韓国・鎮海高(チンヘ)→朝明高→帝京大中退→韓国・延世大休学中)は、メンバー外。

サニックスFL18鄭智弘(チョン・チホン、大阪朝鮮高校→帝京大→IBM)は、メンバー外。

◆コカ・コーラ16(6-5)20九州電力(14:00-福岡)
*コカ1T1G3P14、九電3T1G1P12

<■トップリーグ24日>

◆IBM14(11-0)21NEC(13:00-千葉)
*IBM1T3G9、NEC3T3G32。

(トップリーグ順位)
1:三洋38、2:NEC32、3:サントリー31、4:東芝31、5:ヤマハ30、6:トヨタ28、
7:神戸26、8:クボタ17、9:コカコーラ14、10:サニックス13、
11:九電12、12:IBM9、13:リコー5、14:三菱3

<■トップイーストリーグ24日>

◆横河電機29(19-6)18NTTコミュニケーションズ(12:00-秩父宮ラグビー場)
*横河5T2G、NTT2T1G2P
横河が前半19-6と優位に進めたが、選手は「優勝とNTTへの緊張から固まっていた」(安田監督)。リードしてもミスが続く。
後半は開始からNTTが横河ゴール前で再三チャンスを得るが、横河が固い守りで凌いだ。
Dh000031

10分、NTTがトライを決め13-19と追い風に乗ったと思われた直後の14分、横河はNO8サモがボールをセンターライン前でもらうと強引と思える突破をし、右ライン際を独走しトライを決めた。
しかし、その後もNTTの攻めが続く。特に30分過ぎ、交替して入ったばかりの横河21がラフプレーでシンビンを受け、ずっと自陣ゴールラインでの防御に釘付けになった。
このピンチをNTTの41分のトライ1本に抑えた。
最後は終了間際43分、横河がNTTボールのラックからターンオーバーし2番佐藤が走りNTTインゴールへキック、CTB13田沼が勝利を決定付けるトライを決めた。

チームはTLチャレンジ(2月2日、九州1位と対戦。2月10日・ウェスト1位)までしばし試合の期間が空く。「年末年始は休んで一度リセットしないと選手が持たない」(安田監督)という。
しかし吉田コーチは「TLチャレンジで勝ちTL昇格を目指すのはもちろん、1位となり日本選手権出場権も獲得する」とチームの目標を高く掲げ前向きに考えている。
Dh000018


横河LO5延権佑(ヨン・グォンヌ。高麗大)は前半から体を張ったプレーを見せ、前半6分のNTT攻撃を潰すタックルを決めるなど随所でタックルで見方ピンチを救った。
Dh000042

Dh000112


安田監督も「ヨンのタックルに助けられた」と話した。

◆セコム33(19-14)19東京ガス(14:00-秩父宮ラグビー場)
*セコム5T4G、東京ガス3T2G。
セコムが接戦をものにしてリーグ2位に。しかし戦い方がぎこちない。決め手を欠き、後半26-19の後、東京ガスがゴール正面で得たPGをタッチへ蹴りだしLOからのトライを狙い結局、トライできなかったことに救われた。PGを決めていれば26-22の4点差、その後も東京ガスのペースで進んでおり選択の誤りがセコムを助けた。
Dh000003

2位セコムと3位NTTは、1月6日(日、駒沢)にTLチャレンジ出場をかけてプレーオフを行う。

<トップイースト順位>
1:横河10勝、勝ち点49、2:セコム9勝1敗43、3:NTTコミュ8勝2敗41、4:サントリーフーズ7勝3敗35。

<トップウェスト順位>
1:ワールド6勝、勝ち点29、2:ホンダ4勝1敗1分24、3:近鉄4勝2敗20。豊田3勝2敗1分17

■トップウェスト順位決定戦
08年1月6日(日)
◆ホンダ-近鉄(14:00-花園)
1月12日(土)
◆ワールド-6日の勝者

■トップ九州順位決定戦
07年12月23日(日)
◆マツダ(リーグ戦1位)33-8三菱重工長崎(3位)
08年1月6日(日)
◆中国電力(2位)-三菱重工長崎
1月13日(日)
◆マツダ-中国電力

<トップチャレンジシリーズ>
■1月27日(日)(花園)
◆ウェスト2位-九州2位(12:00-)
◆ウェスト1位-九州1位(14:00-)

■2月2日(広島)
◆九州2位-イースト2位(13:00-)
◆九州1位-イースト1位(15:00-)

■2月10日(秩父宮ラグビー場)
◆イースト2位-ウェスト2位(12:00-)
◆イースト1位-ウェスト1位(14:00-)


<<全国大学選手権>>
<■2回戦23日>
◆東海大14(7-7)28慶應大(12:00-秩父宮)
*東海2T2G、慶應4T4G。

◆明治大29(12-0)0京都産業大(12:00-花園)
*明治5T2G。

明治FL19趙顕徳(チョ・ヒョンドク。4年。大阪朝鮮)はリザーブ。
→後半から出場。

明治SO呉基烈(オ・ギヨル。2年。東京朝鮮)はメンバー外。

京産WTB徐忠植(ソ・チュンシク。4年。朝明高校)
京産LO19鄭貴弘(チョン・キホン。3年。大阪朝鮮高校)はリザーブ。

◆早稲田大39(29-7)7法政大(14:00-秩父宮)
*早稲田7T2G、法政1T1TG。

◆筑波大8(8-12)46帝京大(14:00-花園)
*筑波1T1P、帝京8T3G。

<■準決勝(2008年1月2日。国立)>
◆慶應大-明治大(12:15-)

◆早稲田大-帝京大(14:00-)

<関東大学対抗戦順位>
1:早稲田大、2:明治大、3:慶応大、4:帝京大、5:筑波大、6:日本体育大、7:成蹊大、8:青学大

<関西大学順位>
1:同志社大、2:京産大、3:大体大、4:立命館大、5:関西学院大、6:天理大

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 16, 2007

イーストは横河、ウェストはワールドが首位!

 12月15日-16日、日本ラグビー(韓国選手関係)試合

 12月15日(土)は熊谷ラグビー場でトップイースト11横河電機VS釜石SWが行われ横河が45-14で勝ち開幕9連勝、首位に立ちました。
 花園ラグビー場では、トップウェスト最終節が行われました。
 現在、首位のワールドと2位のホンダが対戦。ワールドが後半ロスタイムにFB由良のPGで逆転し31-28で勝ち6連勝、首位となりました。ホンダは4勝1分け1敗で2位。この試合、ワールドSHSH李明根(イ・ミョングン)とホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン)がともに先発で出場、韓国代表SHのポジションを争ってきたライバルが相対しました。(左・李、右・梁)
Dh000188

 2人は、試合前、話し合っていました。試合後、李は「今日の試合がリーグ戦で一番、きつかった。ホンダのFW,BKから圧力を受けた。梁さんと同じグランドでプレーできた良かった」とコメント。
Dh000108


Dh000104


敗れた梁は「韓国人選手同士が戦えて嬉しい。次のプレーオフは勝ちます」と話してくれました。
Dh000155


Dh000146


Dh000118

 
 また3位争いの豊田自動織機と近鉄戦は近鉄が前半7-8とリードを許しましたが、後半4分に逆転トライでリード。さらにバツベイが15分、豪快なランを見せトライしリードを広げ24-13で逃げ切り3位となりました。
Dh000005

 近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン)は、前半15分頃に攻撃の基点となった際に、古傷の左ひざを痛め、足をひきずりながらプレーしていましたが34分に交替。
Dh000006


Dh000008

チームの勝利に貢献できず一人、寂しそうでした。
Dh000173

一方、「調子は絶好調」のPR3成昴徳(ソン・アンドク)はバツベイから盛んに指示を受けながらプレーしていました。(タックルするソン。ヘッドキャップ)
Dh000007

 また今季移籍のPR金晋興(キム・ジンフン。延世大→浦項→サニックス)は、2ヶ月前、クラブチームとの練習試合でゲームと関係ない場面で右ひざにタックルを受け負傷、昨日ようやくチームに復帰したとのこと。「1月のプレーオフには出場したい」(金晋興)と話しました。
Dh000169


 豊田織機ラグビーでは、PR3尹成雲(ユン・ソンウン)が出場。前半で首をいためて後半から退きました。(一番左)
Dh000013

見学の豊田・キム・ジョンス。
Dh000163


 ワールドは、リーグ戦1位になり1月12日(土)にリーグ2位のホンダとと3位近鉄で争う順位決定戦(1月6日)の勝者と最終順位をかけて争います。12日に勝つとトップリーグチャレンジ1位グループに、負けると同2位グループに入り来季のTL昇格を目指す予定です。
 
<■トップリーグ15日>
◆リコー7(7-14)33NEC(12:00-秩父宮ラグビー場)
*リコー1T1G勝ち点5、NEC5T4G勝28

◆ヤマハ47(21-5)22九州電力(14:00-秩父宮ラグビー場)
*ヤマハ7T6G勝25、九電4T1G勝8

ヤマハWTB14・徐吉嶺(ソ・ギリョン。朝鮮大)は、ノートライに終わる。

◆トヨタ15(5-7)19クボタ(13:00-滋賀)
*トヨタ2T1G1P勝24、クボタ3T2G勝12

◆神戸14(7-12)31サントリー(13:00-兵庫)
*神戸2T2G勝26、サントリー5T3G勝31

<■トップリーグ16日>

◆東芝0(0-13)41三洋(13:00-栃木)
*三洋5T5G2P

三洋PR1・金光模(キム・グァンモ。檀国大)は先発。

◆ココカ・コーラ13(3-10)10IBM(12:00-長崎)
*コカ1T1G2P、IBM1T1TG1P

◆福岡サニックス17(10-0)10三菱相模原(14:00-長崎)
*サニックス2T2G1P、三菱1T1G1P

サニックスCTB・崔基俊(チェ・キジュン。韓国・鎮海高(チンヘ)→朝明高→帝京大中退→韓国・延世大休学中)は、先発、後半14分まで出場。

サニックスFL18鄭智弘(チョン・チホン、大阪朝鮮高校→帝京大→IBM)は、後半9-25分まで出場。

(トップリーグ順位)
1:三洋33、2:サントリー31、3:NEC[28、4:東芝26、5:神戸26
6:ヤマハ25、7:トヨタ24、8:コカコーラ13、9:クボタ12、10:サニックス12、
11:九電8、12:IBM8、13:リコー5、14:三菱3

<■トップイーストリーグ15日>
◆横河電機45(26-0)14釜石SW(14:00-熊谷ラグビー場)
*横河9勝

横河LO延権佑(ヨン・グォンヌ。高麗大)

トップイースト11で9連勝、横河が単独首位に。
横河は24日(月)にNTTコミュニケーションズと直接対決。
(12:00-秩父宮ラグビー場)。
2位と3位は、1月5日にTLチャレンジ出場をかけてプレーオフを行う。

<トップイースト順位>
1:横河9勝、勝ち点44、2:NTTコミュ8勝1敗41、3:セコム8勝1敗38、4:サントリーフーズ30。

<■トップウェスト15日>
◆近鉄24(7-8)13豊田織機(12:15-花園)
*近鉄3T3G1P、豊田2T1P

近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン。朝明高校→大体大)。
近鉄PR金晋興(キム・ジンフン。延世大→浦項)
⇒ケガでメンバー外。
近鉄PR3成昴徳(ソン・アンドク。大阪朝鮮高→帝京大)⇒先発。
豊田PR1・尹成雲(ユン・ソンウン。慶熙大、尚武、浦項鋼板(ポハン))⇒先発。
豊田CTB21・金鍾洙(キム・ジョンス。慶熙大、尚武)
⇒ケガでメンバー外。

◆ワールド31(20-14)28ホンダ(14:00-花園)
*ワールド3T2G4P、ホンダ4T4G
シーソーゲーム得点経過。後半39分に追いついたワールドがロスタイムPGで逆転勝利。
(前半)W0-7H、3-7、10-7、10-14、13-14、20-14。
(後半)20-21、23-21、23-28、28-28、31-28。

ワールドSH9李明根(イ・ミョングン。延世大→尚武→大心通商(テシム)→三星SDI)
ホンダSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン。檀国大、尚武、大心通商(テシム))

<トップウェスト順位>
1:ワールド6勝、勝ち点29、2:ホンダ4勝1敗1分24、3:近鉄4勝2敗20。豊田3勝2敗1分17

<<全国大学選手権>>
<■1回戦16日>
◆東海大60-12関西学院大(12:00-秩父宮)

◆大阪体大5-72慶應大(12:00-花園)

◆明治大43-0大東文化大(14:00-瑞穂)

明治FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク。4年。大阪朝鮮)は、首のケガでメンバー外れる。
本人によると「23日の2回戦に合わせて調整中。チーム状態は早明戦直後から良くなってきています」(11日、明大八幡山でコメント)。
明治SO21呉基烈(オ・ギヨル。2年。東京朝鮮)がリザーブ。後半29分から出場。34分にトライした。トライGを2本外した。

◆福岡大5-43京都産業大(14:00-博多)

京産WTB徐忠植(ソ・チュンシク。4年。朝明高校)は出場。
1T4G=13得点。
京産大LO鄭貴弘(チョン・キホン、大阪朝鮮高)は後半30分から出場し30分1トライ。


◆同志社大20-25筑波大(14:00-花園)

◆帝京大52-19拓殖大(14:00-熊谷)
*個人的に1回戦で一番、見たい試合。でも別の仕事で行けません。

◆法政大41-14立命館大(12:00-瑞穂)

◆早稲田大50-7中央大(14:00-秩父宮)

<関東大学対抗戦順位>
1:早稲田大、2:明治大、3:慶応大、4:帝京大、5:筑波大、6:日本体育大、7:成蹊大、8:青学大


<関西大学順位>
1:同志社大、2:京産大、3:大体大、4:立命館大、5:関西学院大、6:天理大

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2007

アジアJ選手権、韓国優勝。世界選手権の下部大会へ。

 12月14日(金)から21日(金)までブルネイで「ラグビー アジアジュニア選手権(U20)」が開催され韓国が香港を破り優勝、来年6月の世界ジュニア選手権(英ウェールズ)出場の下部大会「U20ワールドトロフィー=U20WT」へアジア代表として出場を決めました。
U20WTは、8つの代表(グルジア、ウルグアイと韓国など6地域協会代表)で争い、1,2位が、U20世界選手権の15,16位と自動入れ替えになります。
 U20世界選手権参加の日本はウェールズ、イタリア、フランスと同じD組に。

■20日(木)
◆20:00-優勝戦 韓国15-10香港

◆16:00-3,4位決定戦 スリランカ43-0マレーシア

◆5,6位決定戦 タイ18-10シンガポール

<<韓国代表リスト>>
*監督 朴銀寶(パク・ウンボ)、大韓ラグビー協会(元檀国大監督)
*コーチ 韓ヨンフン(ハン)、延世大学
*PROP4人
:チュ・ヘドン、慶熙大学、178・108
:チェ・ドンフン、高麗大学、174・115
:キム・ジウン、延世大学、179・92
:パク・ジョンフン、檀国大学、184・100
*HO3人
:オ・シンアム、慶熙大学、180・103
:チョ・ウンソン、高麗大学、169・92
:シン・ヨンジン、延世大学、170・100
*LO2人
:クォン・スンヨン、檀国大学、191・87
:イ・デフィ、高麗大学、183・90
*FL4人
:イ・チャンソク、慶熙大学、180・92
:キム・ヒョンス、高麗大学、180・95
:シン・ウシク、延世大学、181・96
:イ・ウォンテ、高麗大学、177・97
*NO8無し
*SH2人
:パク・デソン、延世大学、163・62
:チュ・ホヨン、高麗大学、179・78
*SO1人
:イ・ウィギュ、延世大学、185・85
*CTB4人
:ユ・ソンボム、慶熙大学、184・93
:イ・セホ、延世大学、186・77
:ユン・イテク、延世大学、178・83
:キム・インギュ、高麗大学、179・90
*WTB2人
:チョン・ヨンミン、延世大学、177・72
:ムン・ヨンチョル、慶熙大学、185・88
*FB2人
:キム・グヮンミン、延世大学、176・70
:イム・デギュ、延世大学、180・70

<<日程 デビジョン1。マレーシア、香港、韓国、スリランカ、タイ、シンガポール>>
■14日(金)
①16:00 スリランカ12-6タイ
②16:00 韓国27-12シンガポール
③21:00 香港14-0マレーシア

■17日(月)
④16:00 タイ-シンガポール
⑤16:00 スリランカ0-6香港
⑥20:00 韓国15-8マレーシア

<<デビジョン2。台湾、アラビアンガルフ、ブルネイ、インド>>
■15日(土)
台湾-アラビアンガルフ
ブルネイ-インド

■18日(火)
台湾-ブルネイ
アラビアンガルフ-インド

■21日(金)
台湾-インド
アラビアンガルフ-ブルネイ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トップウェスト韓国代表SH対決

 12月15日-16日、日本ラグビー(韓国選手関係)試合

 12月15日(土)は花園ラグビー場でトップウェスト最終節が行われます。
 現在、首位のワールドと2位のホンダが対戦。ワールドSHSH李明根(イ・ミョングン)とホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン)がともに先発で出場、韓国代表SHのポジションを争ってきたライバルが相対します。
 
 リーグ戦1位になると1月12日(土)にリーグ2位と3位で争う順位決定戦(1月6日)の勝者と最終順位をかけて争います。12日に勝つとトップリーグチャレンジ1位グループに、負けると同2位グループに入り来季のTL昇格を目指す予定です。
 
<■トップリーグ15日>
◆リコー-NEC(12:00-秩父宮ラグビー場)

◆ヤマハ-九州電力(14:00-秩父宮ラグビー場)

ヤマハWTB14・徐吉嶺(ソ・ギリョン。朝鮮大)


◆トヨタ-クボタ(13:00-滋賀)

◆神戸-サントリー(13:00-兵庫)

<■トップリーグ16日>

◆東芝-三洋(13:00-栃木)

三洋PR1・金光模(キム・グァンモ。檀国大)

◆ココカ・コーラ-IBM(12:00-長崎)

◆福岡サニックス-三菱相模原(14:00-長崎)

サニックスCTB・崔基俊(チェ・キジュン。韓国・鎮海高(チンヘ)→朝明高→帝京大中退→韓国・延世大休学中)

サニックスFL鄭智弘(チョン・チホン、大阪朝鮮高校→帝京大→IBM)

<■トップイーストリーグ15日>
◆横河電機-釜石SW(14:00-熊谷ラグビー場)

横河LO延権佑(ヨン・グォンヌ。高麗大)

トップイースト11で8連勝2位の横河が勝つと単独首位になる。
横河は24日(月)に首位を争うNTTコミュニケーションズと直接対決。
(12:00-秩父宮ラグビー場)。
2位と3位は、1月5日にTLチャレンジ出場をかけてプレーオフを行う。

<トップイースト順位>
1:NTTコミュ8勝1敗41、2:横河8勝39、3:セコム8勝1敗38、4:サントリーフーズ30。

<■トップウェスト15日>
◆近鉄-豊田織機(12:15-花園)

近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン。朝明高校→大体大)。
近鉄PR金晋興(キム・ジンフン。延世大→浦項)
⇒メンバー外れる。
近鉄PR3成昴徳(ソン・アンドク。大阪朝鮮高→帝京大)⇒先発。
豊田PR1・尹成雲(ユン・ソンウン。慶熙大、尚武、浦項鋼板(ポハン))⇒先発。
豊田CTB21・金鍾洙(キム・ジョンス。慶熙大、尚武)
⇒怪我でメンバー外れる。

金喆元は、足首を痛めているという。豊田織機・尹成雲と韓国対決。
豊田が勝てばリーグ戦2位の可能性も。近鉄は勝つことが決定戦出場の条件。

◆ワールド-ホンダ(14:00-花園)

ワールドSH9李明根(イ・ミョングン。延世大→尚武→大心通商(テシム)→三星SDI)
ホンダSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン。檀国大、尚武、大心通商(テシム))

<トップウェスト順位>
1:ワールド5勝25、2:ホンダ4勝1分22、3:豊田3勝1敗1分17、3:、4:近鉄3勝2敗16。

<<全国大学選手権>>
<■1回戦16日>
◆東海大-関西学院大(12:00-秩父宮)

◆大阪体大-慶應大(12:00-花園)

◆明治大-大東文化大(14:00-瑞穂)

明治FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク。4年。大阪朝鮮)は、首のケガでメンバー外れる。
本人によると「23日の2回戦に合わせて調整中。チーム状態は早明戦直後から良くなってきています」(11日、明大八幡山でコメント)。
明治SO21呉基烈(オ・ギヨル。2年。東京朝鮮)がリザーブに入る。

◆福岡大-京都産業大(14:00-博多)

京産WTB徐忠植(ソ・チュンシク。4年。朝明高校)は出場。
京産大LO鄭貴弘(チョン・キホン、大阪朝鮮高)


◆同志社大-筑波大(14:00-花園)

◆帝京大-拓殖大(14:00-熊谷)
*個人的に1回戦で一番、見たい試合。でも別の仕事で行けません。

◆法政大-立命館大(12:00-瑞穂)

◆早稲田大-中央大(14:00-秩父宮)

<関東大学対抗戦順位>
1:早稲田大、2:明治大、3:慶応大、4:帝京大、5:筑波大、6:日本体育大、7:成蹊大、8:青学大


<関西大学順位>
1:同志社大、2:京産大、3:大体大、4:立命館大、5:関西学院大、6:天理大

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2007

大学選手権と花園・高校大会

 昨日10日は、午後3時から日本ラグビー協会で「第44回大学ラグビーフットボール選手権大会」に出場する16チームの記者会見・懇親会がありました。

 16日(日)の1回戦で対戦する2チームごとに決意表明をしましたが、やはり自信に満ちていたのは早稲田大・中竹監督。「今年1月の決勝戦では、予想外のパニックに陥り敗れました。この1年、ぶれないラグビーを目指し学生たちが力をつけてきました」とコメントしました。

 2日の早明戦戦で大敗した明治大・黒崎コーチは「試合後、この1週間で上野主将を中心に明治が目指すラグビーとは? を話し合い試行錯誤を繰り返しています。チーム状態は良い方向になりつつあります」と話しました。

 同じく早稲田にゼロ封の慶應大・林監督は「原点に戻る。低く熱い魂のこもったタックルを見せます」とリベンジを宣言。

 一方、早稲田とは決勝であたりそうな東海大・木村監督は「1戦1戦、大切に戦います」と話しました。懇親会では記者に一番、囲まれていました。

 韓国情報的取材では、気になるのが明治4年FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク。大阪朝鮮高)。早明戦ではウォーターボーイでした。黒崎コーチによると「早明戦前のトヨタとの練習で首の神経を痛めた。場所が場所だけに大事をとった。16日は無理で23日の2回戦から出れると思います」とのことでした。といっても16日は大東文化大戦です、大丈夫でしょうか?

 また京都産業大4年WTB徐忠植(ソ・チュンシク。朝明高校)は、ここまでケガも無く順調に来ています。京産大・野崎コーチは「時々、自分で試合を放り出して走力で勝負せずにキックを使うこともあるけど、そのキックが魅力」といいます。来季はセコム入りが決まっています。

 偉大な先輩となってしまったSH金喆元(キム・チョルウォン。朝明高校→大体大→近鉄)が在籍した大阪体育大学。同じSHに朝明高校から入学した2年李保雨(イ・ボウ)がいます。
キムは「僕よりも上手いです」と言っていましたが「今季はケガの治療に専念中」(大体大・長崎コーチ)とのことで活躍は08年春からになりそうです。

 さて年末年始のラグビーの風物詩の一つ「第87回全国高等学校ラグビーフットボール大会」(27日から大阪・花園)。
 ラグビーマガジンが22日に「高校ラグビー大会特集号」を発売します。

 その中で、世界の高校ラグビーというコーナーがありNZ,トンガに韓国の3カ国が登場します。
 韓国編を担当することになり先週、横河電機LO延権佑(ヨン・グォンヌ。高麗大)を取材で訪ねました。
 延は、韓国中部の町・忠清北道クウェサン出身。進んだ公立の清州南中学1年でラグビーを始めました。高校は地域で唯一、ラグビー部がある忠北高校へ。練習はきびしく辛かったようです。ここで1年先輩にいたのが来季サントリーに入るNO8李光紋(イ・グァンムオン。高麗大→韓国・尚武(サンム・韓国軍体育部隊))でした。

 花園には、おそらく多くの在日選手も出場するでしょう。
 高校では大阪第3代表の大阪朝鮮高校。今やトップリーガーも輩出する高校になりました。

 また島根県代表の江の川高校。今春、韓国から前大韓ラグビー協会副会長:李慶寿(イ・キョンス)さんのお孫さん李仁済(イ・インジェ)君が留学生として入学しています。将来の韓国代表を目指しています。インジェ君を紹介した記事は下記になります。

 花園には2回戦30日に取材に行こうと思っています。2チームとも残っていることを願っています。
江の川高校過去記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2007

韓国人SH対決はホンダ梁永勲に軍配!

 12月8日-9日、日本ラグビー(韓国選手関係)試合結果

12月に入りトップウェストは4強対決が始まりました。
鈴鹿で9日行われたホンダ--近鉄戦はホンダが36-14で勝ち、4勝1分けで2位に。この試合、SHはホンダが韓国代表:梁永勲(ヤン・ヨンフン)、近鉄は日本代表:金喆元(キム・チョルウォン)という韓国人による代表対決でした。
ヤンが前半5分の先制トライと後半25分にも2つ目のトライを決め先輩の風格を見せました。
Tw5p_02_s

キムは、何もできずに終えました。近鉄は3勝2敗。

トップウェストでは、瑞穂で韓国代表が名を連ねる豊田織機--ワールド戦があり、ワールドが勝ち単独で5連勝。豊田は3勝1敗1分け。
この4チームは15日、大阪・花園で最終戦、ホンダ--ワールド、近鉄-豊田織機を戦います。ホンダ-ワールド勝者がリーグ戦1位になります。近鉄は、勝てばトップリーグチャレンジへ関西代表として出場できる前提となるトプウェストのプレーオフ出場権を持つ3位になります。豊田は引分でも同3位に。

またトップリーグPR金光模(キム・グァンモ。檀国大)がいる三洋は、終了間際に逆転トライでトヨタを破り開幕6連勝、首位をキープしました。

<■トップリーグ8日>
◆IBM17(12-15)39ヤマハ(12:00-花園)
*IBM3T1G、ヤマハ6T3G1P

ヤマハWTB14・徐吉嶺(ソ・ギリョン。朝鮮大)は、トライ無し。

◆神戸27(14-0)16コカコーラ(14:00-花園)
*神戸4T2G1D、コカ1T1G2P1D

◆クボタ30(15-14)14リコー(12:00-秩父宮ラグビー場)
*クボタ4T2G1P1D、リコー2T2G

◆三菱相模原26(7-33)59東芝(14:00-秩父宮ラグビー場)
*三菱4T3G、東芝9T7G

<■トップリーグ9日>

◆トヨタ25(22-7)26三洋(13:00-小瀬)
*トヨタ4T1G1P、三洋2T2G2P2D
三洋は6連勝。

三洋PR1・金光模(キム・グァンモ。檀国大)は後半6分まで出場。

◆福岡サニックス0(0-21)45NEC(12:00-熊本)
*NEC7T5G
サニックスCTB・崔基俊(チェ・キジュン。韓国・鎮海高(チンヘ)→朝明高→帝京大中退→韓国・延世大休学中)⇒メンバー外れる。

サニックスFL18鄭智弘(チョン・チホン、大阪朝鮮高校→帝京大→IBM)
⇒後半5分から出場。

◆九州電力23(16-21)61サントリー(14:00-熊本)
*九電2T2G3P、サントリー9T8G

<■トップイーストリーグ9日>
◆NTTコミュニケーションズ16(3-12)18セコム(14:00-秩父宮ラグビー場)
セコムが終了間際PGを決め逆転勝利。

◆サントリーフーズ36-14明治生命(14:00-明治G)

横河LO延権佑(ヨン・グォンヌ。高麗大)
<トップイースト順位>
1:NTTコミュ8勝1敗41、2:横河8勝39、3:セコム8勝1敗38、4:サントリーフーズ30。

<■トップウェスト9日>
◆ホンダ36(19-0)14近鉄(14:00-鈴鹿)
*ホンダ6T3G、近鉄2T2G。

ホンダSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン。檀国大、尚武、大心通商(テシム))が2トライ。
近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン)。出場する活躍できず。
近鉄PR金晋興(キム・ジンフン。延世大→浦項)
⇒メンバー外れる。
近鉄PR3成昴徳(ソン・アンドク。大阪朝鮮高→帝京大)⇒先発。

◆ワールド29-12豊田織機(14:00-瑞穂)
ワールド5勝。
豊田が勝ち3勝1敗1分け。

ワールドSH9李明根(イ・ミョングン。延世大→尚武→大心通商(テシム)→三星SDI)⇒先発。
豊田PR1・尹成雲(ユン・ソンウン。慶熙大、尚武、浦項鋼板(ポハン))⇒先発。
豊田CTB21・金鍾洙(キム・ジョンス。慶熙大、尚武)
⇒怪我でメンバー外れる。

<トップウェスト順位>
1:ワールド5勝25、2:ホンダ4勝1分22、3:豊田3勝1敗1分17、3:、4:近鉄3勝2敗16。

<関東大学対抗戦順位>
1:早稲田大、2:明治大、3:慶応大、4:帝京大、5:筑波大、6:日本体育大、7:成蹊大、8:青学大


<関西大学順位>
1:同志社大、2:京産大、3:大体大、4:立命館大、5:関西学院大、6:天理大
京産WTB・徐忠植(ソ・チュンシク、朝明高)が1T3G2P=17得点。
京産大LO(リザーブ)鄭貴弘(チョン・キホン、大阪朝鮮高)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アジアジュニア選手権(U19)日程

 来週12月14日(金)から21日(金)までブルネイで「ラグビー アジアジュニア選手権(U19?)」が開催されます。
 日程は次のようになっています。

<<デビジョン1。マレーシア、香港、韓国、スリランカ、タイ、シンガポール>>
■14日(金)
①16:00 スリランカ-タイ
②16:00 韓国-シンガポール
③21:00 香港-マレーシア

■17日(月)
④16:00 ①敗者-②敗者
⑤16:00 ①勝者-③勝者
⑥20:00 ②勝者-③敗者

■20日(木)
◆16:00-3,4位決定戦 ⑤敗者-⑥敗者
◆20:00-優勝戦 ⑤勝者-⑥勝者

<<デビジョン2。台湾、アラビアンガルフ、ブルネイ、インド>>
■15日(土)
台湾-アラビアンガルフ
ブルネイ-インド

■18日(火)
台湾-ブルネイ
アラビアンガルフ-インド

■21日(金)
台湾-インド
アラビアンガルフ-ブルネイ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »