« 韓国人SH対決はホンダ梁永勲に軍配! | Main | トップウェスト韓国代表SH対決 »

December 11, 2007

大学選手権と花園・高校大会

 昨日10日は、午後3時から日本ラグビー協会で「第44回大学ラグビーフットボール選手権大会」に出場する16チームの記者会見・懇親会がありました。

 16日(日)の1回戦で対戦する2チームごとに決意表明をしましたが、やはり自信に満ちていたのは早稲田大・中竹監督。「今年1月の決勝戦では、予想外のパニックに陥り敗れました。この1年、ぶれないラグビーを目指し学生たちが力をつけてきました」とコメントしました。

 2日の早明戦戦で大敗した明治大・黒崎コーチは「試合後、この1週間で上野主将を中心に明治が目指すラグビーとは? を話し合い試行錯誤を繰り返しています。チーム状態は良い方向になりつつあります」と話しました。

 同じく早稲田にゼロ封の慶應大・林監督は「原点に戻る。低く熱い魂のこもったタックルを見せます」とリベンジを宣言。

 一方、早稲田とは決勝であたりそうな東海大・木村監督は「1戦1戦、大切に戦います」と話しました。懇親会では記者に一番、囲まれていました。

 韓国情報的取材では、気になるのが明治4年FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク。大阪朝鮮高)。早明戦ではウォーターボーイでした。黒崎コーチによると「早明戦前のトヨタとの練習で首の神経を痛めた。場所が場所だけに大事をとった。16日は無理で23日の2回戦から出れると思います」とのことでした。といっても16日は大東文化大戦です、大丈夫でしょうか?

 また京都産業大4年WTB徐忠植(ソ・チュンシク。朝明高校)は、ここまでケガも無く順調に来ています。京産大・野崎コーチは「時々、自分で試合を放り出して走力で勝負せずにキックを使うこともあるけど、そのキックが魅力」といいます。来季はセコム入りが決まっています。

 偉大な先輩となってしまったSH金喆元(キム・チョルウォン。朝明高校→大体大→近鉄)が在籍した大阪体育大学。同じSHに朝明高校から入学した2年李保雨(イ・ボウ)がいます。
キムは「僕よりも上手いです」と言っていましたが「今季はケガの治療に専念中」(大体大・長崎コーチ)とのことで活躍は08年春からになりそうです。

 さて年末年始のラグビーの風物詩の一つ「第87回全国高等学校ラグビーフットボール大会」(27日から大阪・花園)。
 ラグビーマガジンが22日に「高校ラグビー大会特集号」を発売します。

 その中で、世界の高校ラグビーというコーナーがありNZ,トンガに韓国の3カ国が登場します。
 韓国編を担当することになり先週、横河電機LO延権佑(ヨン・グォンヌ。高麗大)を取材で訪ねました。
 延は、韓国中部の町・忠清北道クウェサン出身。進んだ公立の清州南中学1年でラグビーを始めました。高校は地域で唯一、ラグビー部がある忠北高校へ。練習はきびしく辛かったようです。ここで1年先輩にいたのが来季サントリーに入るNO8李光紋(イ・グァンムオン。高麗大→韓国・尚武(サンム・韓国軍体育部隊))でした。

 花園には、おそらく多くの在日選手も出場するでしょう。
 高校では大阪第3代表の大阪朝鮮高校。今やトップリーガーも輩出する高校になりました。

 また島根県代表の江の川高校。今春、韓国から前大韓ラグビー協会副会長:李慶寿(イ・キョンス)さんのお孫さん李仁済(イ・インジェ)君が留学生として入学しています。将来の韓国代表を目指しています。インジェ君を紹介した記事は下記になります。

 花園には2回戦30日に取材に行こうと思っています。2チームとも残っていることを願っています。
江の川高校過去記事

|

« 韓国人SH対決はホンダ梁永勲に軍配! | Main | トップウェスト韓国代表SH対決 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大学選手権と花園・高校大会:

« 韓国人SH対決はホンダ梁永勲に軍配! | Main | トップウェスト韓国代表SH対決 »