« アジアJ選手権、韓国優勝。世界選手権の下部大会へ。 | Main | 三洋がサントリーを破る TE11横河が優勝! »

December 16, 2007

イーストは横河、ウェストはワールドが首位!

 12月15日-16日、日本ラグビー(韓国選手関係)試合

 12月15日(土)は熊谷ラグビー場でトップイースト11横河電機VS釜石SWが行われ横河が45-14で勝ち開幕9連勝、首位に立ちました。
 花園ラグビー場では、トップウェスト最終節が行われました。
 現在、首位のワールドと2位のホンダが対戦。ワールドが後半ロスタイムにFB由良のPGで逆転し31-28で勝ち6連勝、首位となりました。ホンダは4勝1分け1敗で2位。この試合、ワールドSHSH李明根(イ・ミョングン)とホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン)がともに先発で出場、韓国代表SHのポジションを争ってきたライバルが相対しました。(左・李、右・梁)
Dh000188

 2人は、試合前、話し合っていました。試合後、李は「今日の試合がリーグ戦で一番、きつかった。ホンダのFW,BKから圧力を受けた。梁さんと同じグランドでプレーできた良かった」とコメント。
Dh000108


Dh000104


敗れた梁は「韓国人選手同士が戦えて嬉しい。次のプレーオフは勝ちます」と話してくれました。
Dh000155


Dh000146


Dh000118

 
 また3位争いの豊田自動織機と近鉄戦は近鉄が前半7-8とリードを許しましたが、後半4分に逆転トライでリード。さらにバツベイが15分、豪快なランを見せトライしリードを広げ24-13で逃げ切り3位となりました。
Dh000005

 近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン)は、前半15分頃に攻撃の基点となった際に、古傷の左ひざを痛め、足をひきずりながらプレーしていましたが34分に交替。
Dh000006


Dh000008

チームの勝利に貢献できず一人、寂しそうでした。
Dh000173

一方、「調子は絶好調」のPR3成昴徳(ソン・アンドク)はバツベイから盛んに指示を受けながらプレーしていました。(タックルするソン。ヘッドキャップ)
Dh000007

 また今季移籍のPR金晋興(キム・ジンフン。延世大→浦項→サニックス)は、2ヶ月前、クラブチームとの練習試合でゲームと関係ない場面で右ひざにタックルを受け負傷、昨日ようやくチームに復帰したとのこと。「1月のプレーオフには出場したい」(金晋興)と話しました。
Dh000169


 豊田織機ラグビーでは、PR3尹成雲(ユン・ソンウン)が出場。前半で首をいためて後半から退きました。(一番左)
Dh000013

見学の豊田・キム・ジョンス。
Dh000163


 ワールドは、リーグ戦1位になり1月12日(土)にリーグ2位のホンダとと3位近鉄で争う順位決定戦(1月6日)の勝者と最終順位をかけて争います。12日に勝つとトップリーグチャレンジ1位グループに、負けると同2位グループに入り来季のTL昇格を目指す予定です。
 
<■トップリーグ15日>
◆リコー7(7-14)33NEC(12:00-秩父宮ラグビー場)
*リコー1T1G勝ち点5、NEC5T4G勝28

◆ヤマハ47(21-5)22九州電力(14:00-秩父宮ラグビー場)
*ヤマハ7T6G勝25、九電4T1G勝8

ヤマハWTB14・徐吉嶺(ソ・ギリョン。朝鮮大)は、ノートライに終わる。

◆トヨタ15(5-7)19クボタ(13:00-滋賀)
*トヨタ2T1G1P勝24、クボタ3T2G勝12

◆神戸14(7-12)31サントリー(13:00-兵庫)
*神戸2T2G勝26、サントリー5T3G勝31

<■トップリーグ16日>

◆東芝0(0-13)41三洋(13:00-栃木)
*三洋5T5G2P

三洋PR1・金光模(キム・グァンモ。檀国大)は先発。

◆ココカ・コーラ13(3-10)10IBM(12:00-長崎)
*コカ1T1G2P、IBM1T1TG1P

◆福岡サニックス17(10-0)10三菱相模原(14:00-長崎)
*サニックス2T2G1P、三菱1T1G1P

サニックスCTB・崔基俊(チェ・キジュン。韓国・鎮海高(チンヘ)→朝明高→帝京大中退→韓国・延世大休学中)は、先発、後半14分まで出場。

サニックスFL18鄭智弘(チョン・チホン、大阪朝鮮高校→帝京大→IBM)は、後半9-25分まで出場。

(トップリーグ順位)
1:三洋33、2:サントリー31、3:NEC[28、4:東芝26、5:神戸26
6:ヤマハ25、7:トヨタ24、8:コカコーラ13、9:クボタ12、10:サニックス12、
11:九電8、12:IBM8、13:リコー5、14:三菱3

<■トップイーストリーグ15日>
◆横河電機45(26-0)14釜石SW(14:00-熊谷ラグビー場)
*横河9勝

横河LO延権佑(ヨン・グォンヌ。高麗大)

トップイースト11で9連勝、横河が単独首位に。
横河は24日(月)にNTTコミュニケーションズと直接対決。
(12:00-秩父宮ラグビー場)。
2位と3位は、1月5日にTLチャレンジ出場をかけてプレーオフを行う。

<トップイースト順位>
1:横河9勝、勝ち点44、2:NTTコミュ8勝1敗41、3:セコム8勝1敗38、4:サントリーフーズ30。

<■トップウェスト15日>
◆近鉄24(7-8)13豊田織機(12:15-花園)
*近鉄3T3G1P、豊田2T1P

近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン。朝明高校→大体大)。
近鉄PR金晋興(キム・ジンフン。延世大→浦項)
⇒ケガでメンバー外。
近鉄PR3成昴徳(ソン・アンドク。大阪朝鮮高→帝京大)⇒先発。
豊田PR1・尹成雲(ユン・ソンウン。慶熙大、尚武、浦項鋼板(ポハン))⇒先発。
豊田CTB21・金鍾洙(キム・ジョンス。慶熙大、尚武)
⇒ケガでメンバー外。

◆ワールド31(20-14)28ホンダ(14:00-花園)
*ワールド3T2G4P、ホンダ4T4G
シーソーゲーム得点経過。後半39分に追いついたワールドがロスタイムPGで逆転勝利。
(前半)W0-7H、3-7、10-7、10-14、13-14、20-14。
(後半)20-21、23-21、23-28、28-28、31-28。

ワールドSH9李明根(イ・ミョングン。延世大→尚武→大心通商(テシム)→三星SDI)
ホンダSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン。檀国大、尚武、大心通商(テシム))

<トップウェスト順位>
1:ワールド6勝、勝ち点29、2:ホンダ4勝1敗1分24、3:近鉄4勝2敗20。豊田3勝2敗1分17

<<全国大学選手権>>
<■1回戦16日>
◆東海大60-12関西学院大(12:00-秩父宮)

◆大阪体大5-72慶應大(12:00-花園)

◆明治大43-0大東文化大(14:00-瑞穂)

明治FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク。4年。大阪朝鮮)は、首のケガでメンバー外れる。
本人によると「23日の2回戦に合わせて調整中。チーム状態は早明戦直後から良くなってきています」(11日、明大八幡山でコメント)。
明治SO21呉基烈(オ・ギヨル。2年。東京朝鮮)がリザーブ。後半29分から出場。34分にトライした。トライGを2本外した。

◆福岡大5-43京都産業大(14:00-博多)

京産WTB徐忠植(ソ・チュンシク。4年。朝明高校)は出場。
1T4G=13得点。
京産大LO鄭貴弘(チョン・キホン、大阪朝鮮高)は後半30分から出場し30分1トライ。


◆同志社大20-25筑波大(14:00-花園)

◆帝京大52-19拓殖大(14:00-熊谷)
*個人的に1回戦で一番、見たい試合。でも別の仕事で行けません。

◆法政大41-14立命館大(12:00-瑞穂)

◆早稲田大50-7中央大(14:00-秩父宮)

<関東大学対抗戦順位>
1:早稲田大、2:明治大、3:慶応大、4:帝京大、5:筑波大、6:日本体育大、7:成蹊大、8:青学大


<関西大学順位>
1:同志社大、2:京産大、3:大体大、4:立命館大、5:関西学院大、6:天理大

|

« アジアJ選手権、韓国優勝。世界選手権の下部大会へ。 | Main | 三洋がサントリーを破る TE11横河が優勝! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イーストは横河、ウェストはワールドが首位!:

« アジアJ選手権、韓国優勝。世界選手権の下部大会へ。 | Main | 三洋がサントリーを破る TE11横河が優勝! »