« 大阪朝鮮高、大敗。 | Main | 近鉄が2位に。イーストはセコムが2位 »

January 03, 2008

明治大、敗退。

 1月2日、ラグビー全国大学選手権準決勝戦2試合が行われました(国立競技場)。慶應と早稲田が勝ち12日(土)決勝で39年ぶりに対決します(前回は引分け)。

■1月2日
◆慶應大34(28-10)27明治大
慶應4T4G2P、明治4T2G1P

 慶應が前半、ターンオーバーからチャンスをBKに回して4トライをあげ逃げ切った。特にWTB14山田が自らボールをもつと明治DFが振り切られゲインを許しトライにつながった。
 明治はゴール前のスクラム、モールにこだわり後半3つのトライをあげたが追いつけなかった。

 明治FL6趙顕徳(チョ・ヒョンドク、4年、大阪朝鮮高)は、最後の国立の舞台に立った。「後半あれだけ泥臭い明治のラグビーが出来たのに前半、出来なかったことが悔やまれます」と語った。
 卒業後は横河電機に入社しいきなりトップリーガーになる可能性が高いが「最初はトップリーグの一つ下のリーグでやりたいと思っていましたが、トップリーグでも頑張ります」と話してくれた。
 この試合を先輩になる横河LO延権佑(ヨン・グォンヌ)が観戦、「明治のFW、慶應のBK両校の特徴が出ていて面白い試合だった」とコメントした。

◆早稲田大12(7-5)5帝京大
早稲田2T1G、帝京1T

 早稲田が今季一番苦しんだ。BKの要・五郎丸がケガで欠場しゲームメークが上手くいかなかった。帝京も素早いDFで早稲田の展開を止めて近場のFW戦では優位にたった。
 後半3分、ゴールほぼ正面の位置で帝京は反則を得たが、タッチへ蹴りだしラインアウト→モールからのトライを狙ったが成功しなかった。PGを決めていれば8-7と逆転し早稲田にプレッシャーを掛けられたのに、完全な戦法の選択ミスだった。もっとインテリジェンスを感じさせる試合をしないと早稲田には勝てない見本だった。

|

« 大阪朝鮮高、大敗。 | Main | 近鉄が2位に。イーストはセコムが2位 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 明治大、敗退。:

« 大阪朝鮮高、大敗。 | Main | 近鉄が2位に。イーストはセコムが2位 »