« 延世大、三星が優勝!! | Main | 韓国ラグビー中学・高校大会 »

June 15, 2008

豊田がワールドを破る

 週末、日本国内のラグビーオープン戦。6月14日(土)の三洋-リコーは、三洋けが人のため中止に。三洋はこれで2週連続の中止になりました。トップウェスト同士の豊田自動織機-ワールドは豊田が、ホンダ-中部電力はホンダが勝ちました。NTT全国大会はドコモ関西がイーストのコミュニを退け優勝。
 15日(日)は日本-トンガ(仙台)。大地震の翌日の試合、開催できるとして影響は大きいですね。

**お願い 日本の各チームの皆様、所属韓国人選手の試合出場情報(結果など)を随時、見明(みあけ)までメールなどで教えてください。韓国語で韓国ラグビー関係へ送付などもしております。

<<春のオープン戦>>
■14日(土)
◆三洋-リコー(三洋)=中止

◆サニックス57(24-0)15セコム(グローバル)
サニックス崔基俊(チェ・キジュン)。
サニックス金東ウォン

<千葉県フェス。3チーム40分制試合>
◆NEC19-7クボタ(千葉)

◆NEC14-19IBM

◆IBM7-33クボタ
:優勝NEC、2位クボタ、3位;IBM

◆東芝47(19-12)19九州電力(東芝)

◆トヨタ31(19-12)61神戸(トヨタ)

◆横河電機56(21-14)36三菱相模原(横河)
横河LO延権佑(ヨン・グォンヌ)
横河FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク)

◆NTTドコモ関西46-14NTTコミュニケーションズ(ドコモ関西)
NTTドコモから韓国選手の健闘振りが届いています。カムサハムニダ!!
NTTドPR金晋興(キム・ジンフン)
全後半フル出場⇒常に相手スクラムにプレッシャーを掛けてセットプレーで非常に貢献
NTTドコモPR金鴻錫(キム・ホンソク、高麗大)
後半20分過ぎ出場(ヨンナムと交代)⇒ジンフンと一緒にスクラムのプレッシャーに貢献
NTTドコモ関西LO金永男(キム・ヨンナム)
先発出場し後半20分過ぎ負傷退場(打撲。以後は影響なし)⇒随所にアタックでチャンスを作り得点につながった。

◆豊田自動織機31-17ワールド(ワールド)
豊田織機PR尹成雲(ユン・ソンウン。慶熙大→尚武→浦項鋼板(ポハン))
豊田織機CTB金鍾洙(キム・ジョンス。慶熙大→尚武)
ワールドSH李明根(イ・ミョングン)

◆ホンダ57(12-12)19中部電力(ホンダ)
ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン)は出場なし

■6月15日(日)
◆P5N 日本35(12-6)13トンガ(仙台)

◆コカコーラ31-12近鉄(枚方市)

|

« 延世大、三星が優勝!! | Main | 韓国ラグビー中学・高校大会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 豊田がワールドを破る:

« 延世大、三星が優勝!! | Main | 韓国ラグビー中学・高校大会 »