« January 2009 | Main | March 2009 »

February 27, 2009

三洋が連覇達成!

 2月28日(土)、日本選手権・決勝「三洋×サントリー」。三洋が後半3Tを奪い24-16逆転勝ち連覇を遂げました。三洋・劉永男(ユ・ヨンナム)はLO4で先発しました。

 韓国人選手が決勝に出場するのは、昨年3月16日の同じカード後半31分に登場した三洋PR金光模(キム・グァンモ。檀国大)に次いで二人目です。
 劉選手には昨日、電話で「優勝おめでとう」と伝えました。本人は今週、韓国に帰国し香港7人制やアジア5カ国対抗代表に選ばれることに備えるとのことでした。

<<第46回日本選手権大会>>
■決勝戦(28日、14:00-秩父宮ラグビー場)
◆三洋24(3-9)16サントリー
*三洋3T3G1P、サントリー1T1G3P
◎三洋LO4劉永男(ユ・ヨンナム。檀国大⇒韓国・尚武):先発
◎三洋PR金光模(キム・グァンモ。檀国大):メンバー外

■準決勝戦(22日、14:00-花園ラグビー場)
◆三洋59(33-3)3リコー
*三洋9T7G、リコー1P
◎三洋LO4劉永男(ユ・ヨンナム。檀国大⇒韓国・尚武):先発、前半1T
◎三洋PR金光模(キム・グァンモ。檀国大):メンバー外

■A組2回戦(15日・日、12:00-):勝者が22日、三洋と準決勝。
◆NEC23(16-7)24リコー(秩父宮)
*NEC2T2G3P、リコー3T3G1P
◎NEC/SH安承ヒョック(アン・スンヒョック。高麗大⇒尚武):メンバー外(ケガ)

■B組2回戦(15日、14:10-):サントリーが決勝へ(東芝辞退のため)。
◆サントリー59(24-6)20早稲田大(秩父宮)
*サントリー8T8G1P、早大2T2G2P

■A組1回戦(2月7日・土、12:00-)
◆NEC30(17-26)29神戸(花園)
*NEC3T3G2P1D、神戸4T3G1P
◎NEC/SH安承ヒョック(アン・スンヒョック。高麗大⇒尚武):メンバー外

◆リコー25(13-17)25帝京大(秩父宮)
*リコー3T2G2P、帝京大2T5P

■B組1回戦(7日、14:00-)
◆サントリー62(31-10)17クボタ(花園)
*サントリー9T8G1P、クボタ2T2G1P

◆早稲田大55(19-5)13タマリバ(秩父宮)
*早稲田9T5G、タマリバ2T1P

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 25, 2009

ラグビーマガジン4月号

 「ラグビーマガジン4月号」が今日25日、発売されました。
Rm0904


 私は、4月号で「newsFROM/KOREA」として「WORLD/SCENE」137ページに記事を書きました。内容は、3月4日開幕、韓国春季リーグ戦展望です。ご一読お願いします。
Rm09042


 別件B級グルメ。
2月のある日、立ち寄った新宿区役所食堂の「かけそば」です。ご飯を付けて500円しませんでした。
Sjkys


 次は昨日24日に食べた池袋駅地下「のとや」(東武デパート)内あるHOPEセンターにあります。
かきあげそば350円。
Nty1


Nty2ts


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2009

東声会・町井久之氏の日記が本に。

 ラグビーとは関係がありませんが、日韓関係の戦後史に深く結びついた力作が出版されました。
「猛牛(ファンソ)と呼ばれた男」(城内康伸著、新潮社、1680円)です。

 戦後、日本と韓国の裏と表の社会で生きた東声会・町井久之氏の日記をもとに描かれたドキュメント。
著者の城内さんは現役新聞記者。東京新聞で93-96年ソウル特派員、2000-03年にソウル支局長を務めた社内でも有数の韓国語の使い手です。現在は外報部幹部として活躍中。

 私は東京タイムズという弱小新聞記者時代に、お互い下っ端で駆けずり回っていたころ、多摩地域のある市長さんに起きた贈収賄事件でお会いしました。まだ20代後半でした。たぶん。
 以来、時々会って話したりと。彼がソウル特派員でなければ私も韓国留学を考えなかったかも、、。

以下が新潮社の紹介サイト。まずは書店で手にとって見てください。
http://www.shinchosha.co.jp/book/313731/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2009

三洋・劉が試合を有利にするTRY!

 2月22日、日本選手権・準決勝1試合だけ行われました。三洋・劉永男(ユ・ヨンナム)はLOで先発し前半28分すぎに試合を有利にするトライを決めるなど三洋が9T59点で圧勝、28日(土)にサントリーと2連覇をかけて争います。

 秩父宮では、タグ・ラグビーの子供たちの試合がありました。優勝チームとサントリー選抜が対戦しました。
 今週は3日間、ラグビーマガジンで25日発売のラグマガ4月号、Rクリニックの校正・校閲してました。読み応えありますよ!!

<<第46回日本選手権大会>>
■決勝戦(28日、14:00-秩父宮ラグビー場)
◆サントリー×三洋
◎三洋LO劉永男(ユ・ヨンナム。檀国大⇒韓国・尚武):
◎三洋PR金光模(キム・グァンモ。檀国大):

■準決勝戦(22日、14:00-花園ラグビー場)
◆三洋59(33-3)3リコー
*三洋9T7G、リコー1P
◎三洋LO4劉永男(ユ・ヨンナム。檀国大⇒韓国・尚武):先発、前半1T
◎三洋PR金光模(キム・グァンモ。檀国大):メンバー外

■A組2回戦(15日・日、12:00-):勝者が22日、三洋と準決勝。
◆NEC23(16-7)24リコー(秩父宮)
*NEC2T2G3P、リコー3T3G1P
◎NEC/SH安承ヒョック(アン・スンヒョック。高麗大⇒尚武):メンバー外(ケガ)

■B組2回戦(15日、14:10-):サントリーが決勝へ(東芝辞退のため)。
◆サントリー59(24-6)20早稲田大(秩父宮)
*サントリー8T8G1P、早大2T2G2P

■A組1回戦(2月7日・土、12:00-)
◆NEC30(17-26)29神戸(花園)
*NEC3T3G2P1D、神戸4T3G1P
◎NEC/SH安承ヒョック(アン・スンヒョック。高麗大⇒尚武):メンバー外

◆リコー25(13-17)25帝京大(秩父宮)
*リコー3T2G2P、帝京大2T5P

■B組1回戦(7日、14:00-)
◆サントリー62(31-10)17クボタ(花園)
*サントリー9T8G1P、クボタ2T2G1P

◆早稲田大55(19-5)13タマリバ(秩父宮)
*早稲田9T5G、タマリバ2T1P

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2009

WBC韓国打倒で知人・室井昌也さん出演TV

日韓交流トークイベント
「八田りチングのチンチャトーク」にも
ゲストで出演していただいている
韓国時代からの知人
「韓国プロ野球の伝え手・室井昌也さん」
明日2月21日にテレビ朝日 「フルタの方程式」へ出演します。

室井さんからメールが届きました。
WBC打倒韓国がテーマです。
是非ご覧下さい。

室井さんとは04年くらいから知り合っています。
(時期は異なりますが同じソウルの下宿に住んでいました)

室井さんは、毎年「韓国プロ野球ガイド」を小学館関連会社から発行してます。
韓国プロスポーツを伝えることでは先輩(見明の方がだいぶ年上、、)で
ビジネス化している先駆者でしょうね。

以下が届いたメールです。
共演者が豪華なので、ご連絡しました。
2/21(土)放送の以下の番組に出演しています。

『フルタの方程式』(テレビ朝日)
2月21日(土)深夜0:30~1:55
番組HPはこちら
85分の番組中、20分間、
「WBC直前戦略会議~打倒韓国!緊急ミーティング~」が
放送され、その会議に出席してます。

会議参加者は
古田、矢野(阪神)、渡辺俊、里崎(ロッテ)、高津(元ヤクルト)と
豪華な面々。その中に、なぜかじぶんが混じってます。

既に先月末に収録済みです。
たぶん、編集によりあまり喋ってないと思いますが、
ずっと上記面々と円卓を囲んでますので、
どうぞご笑覧ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2009

韓国・尚武選手リスト掲載

 韓国ラグビー春季リーグ戦に臨む尚武(サンム・韓国軍体育部隊)の選手リストを下記につけました。ご覧ください。
「選手リスト」はこちら

 今季は昨年秋に就任した徐天吾(ソ・チョンオ)監督の実質的な1年目となります。

 徐監督の不安は、新人選手たち。
 昨年12月に兵役に入り、最初に厳しい新兵訓練を受けていました。尚武へ配属されたのは2月3日。
 「選手たちは5-10キロ体重が減っていた。体力・気力が落ちている」(徐監督)とのこと。
 代表のヨン・グォンヌ(LO横河)やハン・コンギュ(NO8延世大)らも例外ではありません。
 しかもリーグ戦まで1ヶ月しかなくチームとしての準備不足も懸念しています。

 それでも尚武のリーグ戦1位通過は、韓国電力の若手の踏ん張りによりますが確実なところでしょう。

 リストの後ろには、08年に兵役を終えた選手の進路を記載してます。日本へ2人、韓国電力へ1か2人。三星と浦項(ポハン)が採用無しという厳しい状況です。
 三星はフィットネス検査をした代表クラスの選手を、フィットネス不足を理由に落としたとか。実は経済危機も理由になっています。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2009

韓国春季リーグ戦対戦日程発表

 韓国ラグビー2009年の開幕戦「春季リーグ戦」の日程が発表されました。一般部(社会人)と大学A部は各3チームが参加し同時開催となりました。予定された日程からは変更になりました。

<<一般(社会人)>>
■参加チーム:尚武(サンム。韓国軍体育部隊)、韓国電力、大心通商(テシム)
■会場:仁川機械工業高校グランド(韓国・仁川市)
◆尚武×大心(3月4日・水・14:40-16:10)

◆尚武×韓国電力(3月7日・土・14:40-16:10)

◆韓国電力×大心(3月10日・火・14:40-16:10)

<<大学A部>>
■参加チーム:延世大、高麗大、檀国大
■会場:仁川機械工業高校グランド(韓国・仁川市)
◆延世×檀国(3月4日・水・13:00-14:30)

◆延世×高麗(3月7日・土・13:00-14:30)

◆高麗×檀国(3月10日・火・13:00-14:30)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2009

サニックス、九電が残留。TL入れ替え戦

 今週末は2月14日(土)にトップリーグ入れ替え戦、15日(日)が日本選手権大会2回戦ですね。入れ替え戦はサニックス、九州電力の九州勢が残留を決めました。

<<トップリーグ入れ替え戦>>
■2月14日(土、博多)
◆九州電力31(5-0)10マツダ
*九電5T3G、マツダ1T1G1P

◆サニックス38(28-17)22豊田自動織機
*サニックス5T5G1P、豊田3T2G1P
◎サニックスPR1申東ウォン(NZクライストチャーチボーイズ高校):先発
◎サニックスFL鄭智弘(チョン・チホン、大阪朝鮮高校→帝京大学→IBM):メンバー外
◎豊田織機CTB金鍾洙(キム・ジョンス。慶熙大→尚武):メンバー外
◎豊田織機PR尹成雲(ユン・ソンウン。慶熙大→尚武→浦項鋼板(ポハン)):メンバー外

<<第46回日本選手権大会>>
■決勝戦(28日、14:00-秩父宮ラグビー場)
◆サントリー×A組準決勝勝者

■準決勝戦(22日、14:00-花園ラグビー場)
◆三洋×リコー

◎三洋LO劉永男(ユ・ヨンナム。檀国大⇒韓国・尚武)
◎三洋PR金光模(キム・グァンモ。檀国大)

■A組2回戦(15日・日、12:00-):勝者が22日、三洋と準決勝。
◆NEC23(16-7)24リコー(秩父宮)
*NEC2T2G3P、リコー3T3G1P
◎NEC/SH安承ヒョック(アン・スンヒョック。高麗大⇒尚武):メンバー外(ケガ)

■B組2回戦(15日、14:10-):勝者が決勝へ(東芝辞退のため)。
◆サントリー59(24-6)20早稲田大(秩父宮)
*サントリー8T8G1P、早大2T2G2P

■A組1回戦(2月7日・土、12:00-)
◆NEC30(17-26)29神戸(花園)
*NEC3T3G2P1D、神戸4T3G1P
◎NEC/SH安承ヒョック(アン・スンヒョック。高麗大⇒尚武):メンバー外

◆リコー25(13-17)25帝京大(秩父宮)
*リコー3T2G2P、帝京大2T5P

■B組1回戦(7日、14:00-)
◆サントリー62(31-10)17クボタ(花園)
*サントリー9T8G1P、クボタ2T2G1P

◆早稲田大55(19-5)13タマリバ(秩父宮)
*早稲田9T5G、タマリバ2T1P

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2009

朝鮮日報で三洋・劉の特集記事

 韓国最大手の新聞「朝鮮日報」がトップリーグ・マイクロソフトカップ決勝を前にした2月6日、三洋FL劉永男(ユ・ヨンナム。檀国大⇒尚武・韓国軍体育部隊)選手を特集しました。ラグビーへの理解・人気が全く無い韓国でラグビー選手が取り上げられることはうれしいことです。しかし下記記事には三洋での練習環境やユ選手の先輩として昨年、日本選手権に登場したPR金光模(キム・グァンモ、檀国大)選手に触れていません。
 記事を読むと他の日本チームいる韓国人選手や過去の話も混同してまとめている印象です。
正確な理解が必要かと思いました。
 ユ選手の特集については現在、発売中の「ラグビーマガジン3月号・解体心書」が優れものです。ご一読をお薦めします。

 以下が記事です。
劉永男「日本のラグビーを学んで日本に勝つ」(上)
韓国人として初、マイクロソフトカップ・ファイナル先発出場へ
劉永男

 ラグビー韓国代表選手で三洋電機ワイルドナイツ所属の劉永男(ユ・ヨンナム)=26=が、8日に東京・秩父宮ラグビー場で行われるマイクロソフトカップ・ファイナルに先発出場する。マイクロソフトカップは日本のラグビー・トップリーグのプレーオフトーナメントで、2008‐09シーズンのリーグ上位4位がトーナメント方式で優勝を争うもの。その決勝戦がファイナルだ。劉永男はこのファイナルに韓国人選手として初めて先発出場することになった。尚武(国家の体育振興を目的に設立された部隊。主にスポーツ選手らが入隊する)を除隊した後、07年12月に玄界灘を越え、韓国よりも一枚上の宿敵・日本のラグビー界に入って、トップに躍り出たのだ。


 トップリーグは03年にスタートしたが、それ以来20人近くの韓国人選手が出場した。しかしシーズン全試合(13試合)に出場し、その上マイクロソフトカップ・ファイナルにまで出場したのは劉永男が初めてだ。トップリーグには世界のラグビー強国であるニュージーランドやオーストラリアからの助っ人も数多く出場する。まさにアジアでは最高のリーグだ。それだけに劉永男の日本ラグビーへの挑戦は大変なものだった。


 劉永男は5日に記者との電話インタビューで、「韓国よりも1段階上にある日本の舞台で、レギュラーとして認められるのは言葉で言うほど簡単ではなかった。競技力はもちろんだが、韓国人に対する冷たい視線が何よりもつらかった」と語る。「ワイルドナイツに加わってから1週間後に最初の練習試合に出場したが、チームのメンバーは近くにいる自分にはパスを回さず、遠くの選手にばかりパスしていた」と語る劉永男の声は震えていた。


 劉永男は「昨年6月にレギュラーとして登録されるまでは2軍だった。1軍の選手たちがチームのバスで移動するとき、僕は一人で電車や地下鉄を利用しスタジアムに向かった。それが当然のことだったし、最初は誰も僕には関心を向けようとしなかった」と過去のつらかった日々を振り返る。


 独身で海外生活を送る寂しさもあった。オーストラリアやニュージーランドから来た選手たちは、4人から5人が集まってよくパーティーを開いていた。日本人選手たちも家族ぐるみで楽しい時間を過ごしていた。しかし劉永男はいつも一人だった。劉永男は「練習が終わってから疲れ果てた体をひきずり、夜11時に10坪(約33平方メートル)のアパートに帰ったときの寂しさ。これは体験してみないと分からない。特にけがをしたときにも、韓国の両親には“健康で元気に過ごしている”と言うしかなかった」と語る。

http://www.chosunonline.com/article/20090206000009
キム・サンミン記者

劉永男「日本のラグビーを学んで日本に勝つ」(下)
韓国人として初、マイクロソフトカップ・ファイナル先発出場へ
劉永男

 劉永男が日本のチームメートから認められたのは、昨年4月に行われた「HSBCアジア5カ国対抗2008」からだ。この大会に韓国代表として出場し活躍したことで、チームも劉永男を見直した。韓国代表は日本代表に破れはしたが、劉永男の実力を日本の選手たちが認めるきっかけとなった。


 劉永男は日本でも通じる選手となるため、練習試合のときもボールを持ったら気が狂ったように走り回った。また毎日朝5時には起きて、1日2時間は別の選手よりも多く練習したという。その結果、監督は劉永男を決勝戦の先発として起用することにし、「周りはお前を必要としている」と認めてくれた。


 「ラグビーは韓国では人気がないため、テレビ中継どころかファンもほとんどいない。そのような現実がとても悲しい」と語る劉永男は、「トップリーグの決勝で勝ち、韓国人として初めて優勝トロフィーを手にしたい」と意欲を語る。


◆韓国と日本のラグビー


 国際ラグビー評議会(IRB)が2月に発表した世界ランキングでは、日本は16位で韓国は22位だった。アジアでは日本が1位で韓国が2位だ。しかし両国の実力差は大きい。韓国も1998年のバンコク・アジア大会と2002年の釜山アジア大会の決勝で日本を破り、連覇を果たしたことはある。しかし1969年以来の歴代戦績では韓国の7勝21敗1分けで、日本に大きく差をつけられている。過去6回行われたワールドカップでも、予選のたびに日本に敗れて1回も本戦に出場したことはない。


 日本ではトップリーグが2003年にスタートし、14チームが6回目のシーズンを迎えている。一方の韓国にはアマチュアの実業団5チームしかない。代表クラスの選手たちは韓国では活躍の場がなく、選手生活を続けるのを放棄するケースが多い。そのためスカウトされて日本で現役生活を続けられる選手は非常に幸運といえる。現在日本で選手生活を続けているのは、現役の韓国代表選手と元代表選手合わせて十数人だ。

http://www.chosunonline.com/article/20090206000010
キム・サンミン記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 07, 2009

古巣ブルームバーグTVで大量解雇

 1999年から韓国語学留学へ足を踏み出す2001年末まで勤めたブルームバーグTV(日本語)。金融経済専門TVでスカイパーフェクTVやCATV,テレビ神奈川などで見られます。

 ブルームバーグが世界で各国語(日本語、スペイン語など)で放送していたものを止めて、NY中心の英語放送に絞るとか。リストラです。日本語は4月一杯、、。

 その結果、私といっしょに働いていた日本語放送の社員(アナウンサー、プロデューサー、ディレクター、技術関係など)も5日、突然、社内説明会があり、人によっては即日「解雇!」となりました。
 中には子供数人、自宅マンションをローンで購入したばかりの30代半ば社員も。外資は怖い!!
 
 以下が日経サイト記事はこちらに載った記事です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 06, 2009

東芝が優勝08-09MSC

<<トップリーグ マイクロソフトカップ>>
■決勝2月8日(日、秩父宮ラグビー場)
◆東芝17(12-6)6三洋
Game1

*東芝3T1G、三洋2P
◎三洋FL6劉永男(ユ・ヨンナム。檀国大⇒尚武):先発
Game2yncenter

は前半36分、頭を打ち一時退場。後半から戻ったが「脳震盪で記憶が無かった」と試合後に語った。
試合後ファンと記念撮影のユ
Yyn29

日本選手権へ向けて「一度、体を休めてから再調整したい」という。
◎三洋PR金光模(クム・グァンモ。檀国大):メンバー外
韓国選手ら(中央左=NECアン。中央右=三洋キム。右端=三洋ユ)
Krp09028

なおこの試合をNEC/SH安承火赫(アン・スンヒョク。高麗大⇒尚武)が観戦。アンは「左足を痛めて日本選手権出場は難しい」と話した。

■準決勝2月1日(日)
◆東芝26(12-0)7神戸製鋼(秩父宮ラグビー場)
*東芝4T3G、神戸1T1G

◆三洋32(16-13)22サントリー(花園ラグビー場)
*三洋2T2G6P、サントリー2T4P
◎三洋FL6劉永男(ユ・ヨンナム。檀国大⇒尚武):先発
◎サントリーNO8李光紋(イ・グァンムン。高麗大⇒韓国・尚武(サンム・韓国軍体育部隊)):退部帰国

<<第46回日本選手権大会>>
■A組1回戦(2月7日・土、12:00-)
◆NEC30(17-26)29神戸(花園)
*NEC3T3G2P1D、神戸4T3G1P
◎NEC/SH安承ヒョック(アン・スンヒョック。高麗大⇒尚武):メンバー外

◆リコー25(13-17)25帝京大(秩父宮)
*リコー3T2G2P、帝京大2T5P

■A組2回戦(15日・日、12:00-)
◆NEC×リコー(秩父宮)

■B組1回戦(7日、14:00-)
◆サントリー62(31-10)17クボタ(花園)
*サントリー9T8G1P、クボタ2T2G1P

◆早稲田大55(19-5)13タマリバ(秩父宮)
*早稲田9T5G、タマリバ2T1P

■B組2回戦(15日、14:10-)
◆サントリー×早稲田大(秩父宮)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東芝ラグビー・ロアマヌ選手の大麻問題

昨日、発覚した東芝ラグビー部ロアマヌ選手の大麻問題。
1月12日、トップリーグ試合後に行われたドーピング検査で、大麻成分が検出されたとか、、。
本人は大麻使用を否定し、別の検査体での再検査をドーピング機構に依頼したというもの。
東芝は、再検査の結果も陽性と出れば22日に出場(準決勝から)となる「日本選手権」を辞退する。

本人は8日の「トップリーグプレーオフ決勝」(マイクロソフト・カップ)×三洋戦は出場停止。準決勝(1日)も、反則の累積で出場停止だったので2試合連続となる。

また東芝か。
今年1月4日にロアマヌ選手と同じトンガ出身(高校、大学も埼玉県内で同じ学校)の選手が渋谷で窃盗で捕まり解雇になったばかりだった。
東芝は、その痛みをバネにしてチームが結束しトップリーグのリーグ戦最終2試合でサントリー、三洋に60点台を奪い圧勝。
リーグ一位通過を決めた。

日本にやって来るラグビーのプロ選手。
もちろん世界レベルでチームの士気や選手生活をリードするプレーヤーもいる。
一方で六本木でオフの夜、チーム関係なく遊んでいる選手も多数(NZ、豪州、トンガ、フィージーなど)。
去年は三菱重工相模のNZ選手が麻薬で逮捕状が出たが、一足先に母国へ逃げ帰った。
この件で三菱自体はウヤムヤで終わらせた。

それにしても大麻が出ると関東学院大ラグビー部の話題が一覧表で掲載される。関東もほかに大麻を吸っていた選手について明らかにせず、今季チーム内はガタガタだった(ナンバー・ラグビー特集・土佐主将インタビューに、その内情が吐露されている)。

東芝・廣瀬主将や選手のモチベーションは落ちないかな? 8日の試合は?
1988年1月「第25回日本選手権決勝」は東芝府中×早稲田大が対戦し早稲田が22-16で優勝した。
当時、東芝は関係会社東芝機械による「対ソ連ココム輸出違反事件」の真っ只中。実力会長や社長が辞任していた。
私は新聞社の運動部から経済部記者へ移り、経団連記者クラブへ。
東芝と東芝機械は取材対象業界だったので事件を追っていた。東芝・青井社長さんのご自宅も毎週のように取材へ行きお話を伺った。
それだけに逆光の中でラグビー部の奮闘は社員に希望を与えた、と思う!
東芝機械事件は、米国が当時の日米半導体摩擦問題で、実は東芝にダメージを与えるために起きた、というのが定説になっている。

東芝という大企業が企業イメージ、現在の経済情勢をなどを踏まえラグビー部へどのような処分を迫るかも気になる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2009

韓国春季対戦詳細は2月12日以降

 2009韓国ラグビーの開幕を告げる春季リーグ戦は一般(社会人)が2月23日にスタートします。

 その対戦日程についてお問合せいただいてます。大韓ラグビー協会によるとリーグ戦の出場申請締め切りが2月12日となっています。

 その後で対戦日程が確定しますので、しばしお待ちください!

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2009

高円寺で四川料理半額!

 昨晩は制作会社関係と高円寺で打合せ。

良く行く高円寺北口・四川料理「成都」HPはこちらが今月20品目を半額とかで行ってきました。


Seitome

高円寺北口を出て線路沿い阿佐ヶ谷方向。
有名なピンクサロン街に入り2分、右側。

紹興酒も1本1800円が900円と半額です。
Seitomg


Seitosbta


四川の麻婆豆腐も食べましたが写真を写すのを忘れてました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »