« August 2010 | Main | October 2010 »

September 30, 2010

国内週末ラグビー

  10月1日(金)からの国内ラグビー。トップリーグ(TL)は第4節です。

<<TL第4節>>
◆東芝-NEC(1日、秩父宮)
*東芝(11)、NEC(8)
◎東芝FB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、全南高・高麗大・尚武、代表)
→メンバー外。
◎NEC/SH20安承火赫(アン・スンヒョク、안승혁、城南西高・高麗大・尚武、代表)
→メンバー外。
◎NEC/PR朴誠球(パク・ソング、박성구、ソウル大付高・延世大・尚武・08-09ヤマハ、代表)
→ヤマハから移籍、リハビリ中。

◆リコー-コカ・コーラ(2日、秩父宮)
*リコー(6)、コーラ(5)
◎リコーFL金栄デ(金に大、キム・ヨンデ、김영대、日本A、江の川高校・大阪産大・近鉄05-・ホンダ07-09(在日)、日本A代表)→メンバー外。
リコーLO4金永男(キム・ヨンナム、김영남、忠南大・尚武・三星SDI・08-09NTTドコモ、前代表)
→先発。
◎コーラLO金潔(キム・ギョル、김결、養正高・高麗大・09サントリーフーズ、代表
→メンバー外。

◆サントリー-豊田自動織機(秩父宮)
*サントリー(6)、織機(4)
◎織機WTB徐忠植(ソ・チュンシク、서충식、韓国/養正高・朝明高・京都産業大)
→メンバー外。

◆ヤマハ-トヨタ(2日、松本)
*ヤマハ(8)、トヨタ(13)
ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、愛知朝鮮高・朝鮮大(在日)、日本7人制代表)
→先発。

◆三洋-NTTCOM(3日、熊谷)
*三洋(14)、NTT(7)
三洋FL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、仁川機械工高・檀国大・尚武、代表)
→先発。
◎NTTコムLO申鏞澈(シン・ヨンチョル、신용철、富川北高・延世大・尚武、代表)
→メンバー外。

◆神戸-近鉄(兵庫)
*神戸(5)、近鉄(6)
近鉄PR3成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、大阪朝高・帝京大(在日))
→先発。
近鉄SH20金哲元(キム・チョルウォン、김철원、韓国/養正高・朝明高・大阪体大、前日本代表、日本A候補)
→リザーブ。

◆福岡サニックス-クボタ(福岡)
*サニックス(10)、クボタ(0)
サニックスPR3申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、ウォン=冫原、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高)
→先発。
◎サニックスCTB崔基俊(チェ・キジュン、최기준、韓国/鎮海高・朝明高・帝京大中退)
→メンバー外。
クボタSH李明根(リ・ミョングン、이명근、裡里工業高・延世大・尚武・大心通商・三星SDI・07-08季ワールド、前代表
→先発。

☆順位表(3節終了)☆
1:三洋(勝ち点14)、2:トヨタ(13)、3:東芝(11)、4:サニックス(10)、5:NEC(8)、
6:ヤマハ(8)、7:NTT(7)、8:サントリー(6)、9:近鉄(6)、10:リコー(6)、
11:神戸(5)、12:コーラ(5)、13:豊田織機(4)、14:クボタ(0)

<トップイースト>
■9月25日(土)
◆横河武蔵野13(6-6)16 栗田工業 (横河G)
*横河(勝ち点5)、栗田(9)
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、大阪朝高・明治大(在日)、高校日本)
→先発
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、大阪朝高・同志社大(在))
→メンバー外。

◆キヤノン38(16-10)20東京ガス(東京ガスG)
*キヤノン(14)、ガス(10)
◎キヤノンPR金光模(キム・グァンモ、김광모、仁川機械工高・檀国大・三洋05-、前代表)
→メンバー外

◆三菱重工相模原114-0JALWINGS(三菱G)
*三菱(15)、JAL(0)

◆サントリーフーズ17-53日野自動車 (熊谷)
*フーズ(0)、日野(5)
◎日野LO4李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、檀国大、前代表)
→。

■26日(日)
◆秋田ノーザンブレッツ29-43釜石SW(釜石市)
*秋田(1)、釜石(15)

◆日本IBM32-21セコム(IBMG)
*IBM(10)、セコム(4)

<大学対抗戦>
■2日
◆帝京大-日本体育大(熊谷)

◆早稲田大-筑波大(熊谷)
早稲田FL7金正奎(1年、啓光)
→先発

慶應大、成蹊大、明治大、立教大

<大学リーグ戦1部>
■25日
◆東海大79-7中央大(熊谷)

■26日
◆大東文化大19-71流通経済大(熊谷)

◆関東学院大48-24拓殖大(熊谷)

◆法政大17-25日本大(法政大)

<リーグ戦2部>
■3日
◆朝鮮大-立正大(熊谷C)
◆埼玉工業大-玉川大(熊谷C)
◆東洋大-國學院大
◆山梨学院大-専修大

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 29, 2010

韓国国体対戦詳細

 2010年・韓国の国体「第91回全国体育大会」が、10月6日(水曜)から~12日(火曜)まで行われます。
大学・一般(社会人)は連覇を狙うポスコ鋼板など11チーム、高校も連覇を目指す忠北高校など13チームがトーナメントで争います。 
<会場:韓国南部の都市・鎮海公設運動場>

以下、組は分かりやすくするため付けてます。
<<大学・一般部>>
「大学・一般対戦表」をダウンロード
■決勝(12日14:15-)

■準決勝(10日)
◆A組(13:00-)

◆B組(14:40-)

■2回戦(8日)
◆A組①圓光大(全羅北道)-1回戦①勝者(12:40-)

◆A組②檀国大(忠清南道)-1回戦②勝者(16:00-)

◆B組③ポスコ鋼板(慶尚北道)-尚武.:韓国軍体育部隊(慶尚南道)(11:00-)

◆B組④忠南大(大田市)-1回戦③勝者(14:40-)

■1回戦(6日)
◆A①韓国電力(江原道)-延世大(ソウル市)(12:00-)

◆A②慶熙大(京畿道)-啓明大(大邱市)(15:20-)

◆B③釜山大(釜山市)-仁川専門大(仁川市)(13:40-)

<<高校>>
「高校対戦表」をダウンロード
■決勝(12日13:00-)

■準決勝(11日)
◆A組(13:00-)

◆B組(14:15-)

■2回戦(9日)
◆A組①1回戦①勝者-同②勝者(12:00-)

◆A組②忠北高(忠清北道)-1回戦③勝者(14:30-)

◆B組③釜山体育高(釜山市)-1回戦④勝者(13:45-)

◆B組④鎮海高(慶尚南道)-1回戦⑤勝者(15:45-)

■1回戦(7日)
◆A組①仁川工業高(仁川市)-オソン高(忠清南道)(11:00-)

◆A組②慶山高(慶尚北道)-ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)(12:15-)

◆A組③順天工業高(全羅南道)-裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)

◆B組④東亜マイスター高(大田市)-全南高(光州市)(13:30-)

◆B組⑤大邱商苑高(大邱市)-富川北高(京畿道)(16:00-)

韓国旅行や学生スポーツ合宿は、モランボンツーリストまで。
毎年初春に、ラクロス学生男女大会主催中。
モランボンツーリストHP

<<過去2009年大会>>
「一般・大学」
■決勝(26日14:15-)
◎ポスコ鋼板(慶尚北道)27(10-3)6韓国電力(江原道)
*ポスコ3T3G2P、韓電2P
写真・青=ポスコ、白=韓国電力
*前半はまったりとしたペースで進む。どちらもゴール前22m手前まで攻めるが、ノッコンなどのミスを連発。
6分、韓国電力がゴール前でPGを得てキックが好調のWTB14呉ユンヒョン(前代表SO)が決め0-3。ポスコはようやく35分、ボールをつなぎ最後はHO2金ジョンオクがポスト左へTを決めた。
GもSOユン・フィス(代表)が成功し7-3と逆転。インジュアリータイム42分にユンがPGを決め10-3で前半終了。
後半最初の得点は韓国電力、10分WTB呉のPG成功で10-6と会場を沸かした。しかし19分にポスコがPG成功で突き放すと(13-3)、そのリスタートのボールをポスコがFW陣で回し、最後は右外にいた快速WTB金亨基(キム・ヒョンギ。7人制代表)へ。キムが40m独走のTを決めG成功で20-6と試合を決定づけた。
さらに終了間際PR3金光植(キム・グァンシク。代表)のTも出て27-6と初優勝を勝ち取った。

■準決勝(24日)
◆A組(13:00-)
◎韓国電力(江原道)28(14-7)7檀国大(忠清南道)
*韓電3T2G3P、檀国1T1G
*韓電が16分、WTB14呉ユンヒョンのTとGで7-0と先制した。
すると檀国は20分にSH朴ソングァンがゴール前の反則を素早くスタートしトライを返し7-7の同点に。しかし、韓電の地力が上回り30分、SCから前サントリーNO8李光紋(イ・グァンモン。代表)からLO5朴ソンギュ(代表)にパスが渡り、そのままTで14-7とした。
後半は韓電が確実に攻めて檀国の反則を誘うと呉がPG3本を成功、27分には左ライン際からSO全鐘満(チョン・ジョンマン。代表)がキックでボールを転がしインゴールでFL6金ジョンマンが抑え28-7で試合を終えた。
◆B組(14:40-)
◎ポスコ鋼板(慶尚北道)23(10-11)18尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)
*ポスコ3T1G2P,尚武2T1G2P
写真・青=ポスコ、黒=尚武
*今年6月、大統領旗大会では同点のままゴールキック合戦となった対戦。
前半7分、ポスコがゴール前SCを得ると、PR3金光植(キム・グァンシク。代表)があっさりTで先制(7-0)した。
すると尚武は13分に右ラックから左へオープン攻撃をしかけWTB11崔時ウォン(代表)がT(7-5)に。
ポスコが18分、SOユン・フィスがPGを成功し10-5と点差を広げた。
尚武は35,41分にSO洪俊基(ホン・チュンギ、代表)のPGで10-11と逆転し前半を終えた。
しかし後半、尚武LO5がシンビン中にポスコが粘り13分、PGで13-11で再逆転。さらに17分、LO5がTし18-13に。尚武は20分すぎポスコNO8がシンビンで出ると攻撃をしかけ24分、中央付近からボールを回しFL6、NO8韓建圭(ハン・コンギュ、代表)とつないでT、G成功し18-18に追いついた。
このまま一進一退が続いたが31分、ポスコは左ラインアウトで出たボールをPR1イム・ジュンフィがTし23-18に。39分、尚武が最後の攻めでポスコ・ゴール前、ポスコボールSCをポスコがハンドリングミスし尚武SO洪がターンオーバー、交代で入った19ペ・チャンファンがノッコンし最後となった。

■2回戦(22日)
◆A組
◎大心通商(忠清北道)17(10-34)58韓国電力(江原道)(11:00-)
*大心2T2G1P、韓電10T4G
◎啓明大(大邱市)12(7-38)72檀国大(忠清南道)(14:20-)
*啓明2T1G,檀国大12T4G

◆B組
◎延世大(ソウル市)12(0-14)32ポスコ鋼板(慶尚北道)(12:40-)
*延世2T1G,ポスコ5T2G1P
◎尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)38(31-17)17三星重工業(慶尚南道)(16:00-)
*尚武5T5G1P,三星2T2G1P

■1回戦(20日)
◆A組
①韓国電力(江原道)103(53-5)5釜山大(釜山市)(11:00-)
*韓電17T9G、釜1T。
②檀国大(忠清南道)59(21-7)10仁川専門大(仁川市)(14:20-)
*檀国9T7G、仁川1T1G1P。

◆B組
③ポスコ鋼板(慶尚北道)86(54-0)22圓光大(全羅北道)(12:40-)
*ポスコ16T3G、圓光4T1G
④三星重工業(慶尚南道)28(15-3)17慶熙大(京畿道)(16:00-)
*三星4T1G2P、慶熙2T2G1P

「高校部」
■決勝(26日13:00-)
◎忠北高(忠清北道)38(14-12)19慶山高(慶尚北道)
*忠北6T4G、慶山3T2G
*09春季リーグ優勝の忠北(チュンブック)と大統領旗大会V慶山(キョンサン)の好調同士の決勝戦となった。特に慶山は全国大会2年連続準優勝のため優勝が欲しい試合。
前半からFWの忠北、BK慶山という特色ある展開で会場が沸いた。先制は忠北、9分、ゴール右で得た反則からSHが自分でボールを持ち出しT、GもFB15呉グァンヨン(3年、延世大へ進学)が決め7-0。15分にも忠北が右ラインアウトを得て得意のモールで押し込みFL6がT、G成功で14-0とした。
ここから慶山が反撃、18分手敵陣10m付近からCTB12が左際を抜けるとラックを作り右へ展開しWTB11がT、14-5に。さらに22分、WTB14が抜けラックをゴール前で作りFL7がポスト左へT、G成功で14-12として前半を終えた。
後半は忠北ペースで始まった。7分、やはりLO→モールを押すとSHからNO8へ。そのままイン・ゴールへ。19-12とした。11分にはSHが2本目のTを決めG成功で26-12と試合を決めた。慶山は終了間際の29分、敵陣ゴール前にキックしたボールを忠北の処理ミスからターンオーバーしCTB13がT,SO10G成功で38-19とするのがやっとだった。

■準決勝(25日)
◆A組(13:00-)
◎忠北高(忠清北道)34(15-10)22ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*忠北5T3G1D、ソウル4T1G
◆B組(14:15-)
◎慶山高(慶尚北道)55(36-0)5城南西高(京畿道)
*慶山8T6G1P、城南西1T

■2回戦(23日)
◆A組
◎大邱商苑高(テグ市)5(0-19)29ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)(12:00-)
*大邱1T、ソウル大5T2G
◎全南高(光州市)0(0-27)41忠北高(忠清北道)(14:30-)
*忠北6T4G1D

◆B組
◎慶山高(慶尚北道)52(26-0)0順天工業高(全羅南道)(13:45-)
*慶山8T6G,
◎城南西高(京畿道)22(5-10)20東亜工業高(大田市)(15:45-)
*城南西4T1G、東亜3T1G1P

■1回戦(21日)
◆A組
①大邱商苑高(テグ市)24(14-0)19釜山南高(釜山市)(11:00-)
*テグ4T2G、釜山3T2G
②ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)60(47-3)6鎮海高(慶尚南道)(12:15-)
*ソウル大9T6G1P、鎮海2P
③忠北高(忠清北道)52(24-5)5裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*忠北8T6G、イリ1T

◆B組
④慶山高(慶尚北道)27(10-5)15仁川工業高(仁川市)(13:30-)
*慶山3T3G2P、仁川3T
⑤城南西高(京畿道)20(20-3)10オソン高(忠清南道)(16:00-)
*城南西3T1G1P、オソン1T1G1P

<2008年大会>
 2008年「第89回全国体育大会」は、大学・一般(社会人)は尚武(韓国軍体育部隊)が連覇、高校は富川北高が勝ち今季、国内3冠を達成しました。
「大学・社会人。全13チーム」
■決勝(10月16日14:45-)
◆尚武:韓国軍体育部隊(サンム。全羅南道。07年1位)
33(19-0)5
韓国電力(ハンジョン。江原道)
*尚武5T4G、韓電1T
◎得点経過
(前半)
1:2分、尚武WTB14/ノ・ピョングァンがトライ。
2:5分、尚武FL7/李ジェウォンがトライ。G成功、SO/オ・ユンヒョン。
3:31分、尚武CTB12/金ウァンヨンがトライ。G成功。
(後半)
1:5分、尚武PR3/ホ・ウンがトライ。WTB11/チョ・インスをフォローしパスを受ける。G成功。
2:9分、韓電LO4/金桐鮮が右隅にトライ。
3:12分、尚武WTB11がトライ。SO10のキックパスにFB22/チェ・ジェヨンが反応し拾い11はパス。G成功。

■準決勝(15日)
◆韓国電力23(15-6)18三星重工業(サムソン。慶尚南道。今季2冠)(13:30-)
*韓電3T1G1P1D、三星2T1G2P

◆尚武11(6-3)9浦項鋼板(ポスコ。慶尚北道。06&07年2位)(15:10-)
*尚武1T2P、浦項3P

■準々決勝(14日)
◆A組:三星重工業66(25-14)14大心通商(テシム。忠清北道)(11:00-)
*三星10T5G1P1D、大心2T2G

◆B組:韓国電力76(40-0)5圓光大(ウォングァン。全羅北道。大学2部)(14:20-)
*韓電12T8G、ウォン1T

◆C組:浦項鋼板41(29-5)22延世大(ヨンセ。ソウル市。今季2冠)(12:40-)
*浦項6T4G1P、延世3T2G1P

◆D組:尚武55(34-0)14檀国大(ダンクック。忠清南道)(16:00-)
*尚武8T6G1P、檀国2T2G

■1回戦(12日)
◆A組①大心通商77(36-8)釜山大(釜山市。大学2部)(10:00-)
*テシム14T7G、釜山1T1P

◆A組②慶煕大(キョンヒ。京畿道)0(0-14)47(11:40-)
*三星7T3G2P

◆B組①仁川専門大(インチョンチョンモン。仁川市。大学2部)5(5-50)65韓国電力(15:00-)
*仁川1T、韓国電10T5G1D

◆C組①忠南大(チュンナム。大田。大学3部以下)8(5-45)69延世大(13:20-)
*チュンナム1T1P、延世11T7G

◆D組①啓明大(ケミョン。大邱。大学3部以下)5(0-15)35檀国大(16:40-)
*ケミョン1T、檀国6T1G1P

「高校。13チーム」
■決勝(16日13:00-)
◆富川北高(プチョンブック。京畿道。今季2冠)
14(7-3)8慶山高(キョンサン。慶尚北道)
*富川北2T2G、慶山1T1P
*得点経過
(前半)
前半から慶山が富川陣内でキックで陣地を獲得し有利に試合を進めるがノッコンなどハンドリングミスがあり得点できない。富川も今大会は低いタックルでDFを頑張る。
1:21分、富川CTB13/金ヨンイクが慶山のパスをインターセプトし先制トライ!。
2:26分、慶山はFBがPG成功し4点差へ。
(後半)
立ち上がりから慶山の攻撃。
1:3分、慶山のPG不成功のボールを富川が自陣から回し右ラインをCTB12/金ゴンヒが走り中央にトライ。G成功。
2:18分、慶山がLOからこぼれたボールをNO8が拾いトライ。その後も攻め続けたが反則で自滅。

■準決勝(15日)
◆富川北高14(7-0)12ソウル大師範付属高(サデ。ソウル市。07年1位)(11:00-)
*富川2T2G、ソウル2T1G

◆慶山高57(33-0)3裡里工業高(イリ。全羅北道)(12:15-)
*慶山9T6G、イリ1P

■準々決勝(13日)
◆A組:忠北高(チュンブック。忠清北道)19(5-6)25富川北高(12:00-)
*忠北3T2G、富川北3T2G2P

◆B組:ソウル大師範付属高68(36-0)0鎮海高(チンヘ。慶尚南道)(14:30-)
*ソウル12T4G

◆C組:慶山高41(31-10)17東亜工業高(トンア。大田市)(13:15-)
*慶山6T4G1P、東亜2T2G1P

◆D組:裡里工業高15(3-5)8順天工業高(スンチョン。全羅南道)(15:45-)
*イリ2T1G1P、順天1T1G

■1回戦(11日)

◆A組①忠北高41(15-5)5仁川機械工業高(インチョンキフェ。仁川市)(11:00-)
*忠7T3G、仁1T

◆A組②富川北高54(25-5)10大邱商苑高(テグサンウォン)(12:00-)
*富10T2G、大2T

◆B組①釜山南高(釜山市)0(0-55)74ソウル大師範付属高(14:45-)
*ソ12T7G

◆C組①慶山高70(41-5)5オソン高(忠清南道)(13:30-)
*慶10T4G4D、オ1T

◆D組①裡里工業高42(21-0)5全南高(チョンナム・光州市)(16:00-)
*イリ6T6G、全1T

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2010

朝鮮大、初戦敗れる

 昨日9月26日(日)に始まった「関東大学リーグ戦2部」。

 今季、昇格した朝鮮大学校は、埼玉工業大と対戦し5-43で敗れました。
0926cat

*写真・紺色が朝鮮大。青=埼玉工大。

 次週、10月3日(日)に立正大と当たります。

<トップイースト>
■9月25日(土)
横河武蔵野13(6-6)16 栗田工業 (横河G)
*横河(勝ち点5)、栗田(9)
横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、大阪朝高・明治大(在日)、高校日本)
→先発
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、大阪朝高・同志社大(在))
→メンバー外。

キヤノン38(16-10)20東京ガス(東京ガスG)
*キヤノン(14)、ガス(10)
◎キヤノンPR金光模(キム・グァンモ、김광모、仁川機械工高・檀国大・三洋05-、前代表)
→メンバー外

三菱重工相模原114-0JALWINGS(三菱G)
*三菱(15)、JAL(0)

サントリーフーズ17-53日野自動車 (熊谷)
*フーズ(0)、日野(5)
◎日野LO4李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、檀国大、前代表)
→。

■26日(日)
秋田ノーザンブレッツ29-43釜石SW(釜石市)
*秋田(1)、釜石(15)

日本IBM32-21セコム(IBMG)
*IBM(10)、セコム(4)

<大学対抗戦>
■25日
慶應大41(17-6)12日本体育大 (上柚木)

早稲田大88(41-0)0成蹊大(上柚木)
*早稲田14T9G、
*早稲田FL7金正奎(1年、啓光)

<大学リーグ戦1部>
■25日
◆東海大79-7中央大(熊谷)

■26日
大東文化大19-71流通経済大(熊谷)

関東学院大48-24拓殖大(熊谷)

法政大17-25日本大(法政大

<リーグ戦2部>
◆東洋大0(0-22)63山梨学院大(熊谷B)
0926tyd1
*試合前、選手に声をかける東洋大・高野貴司監督(白)
*山梨11T4G
東洋・高野監督の就任後初戦は大差の敗戦。試合後、選手に「悔しいだろう。この悔しさを忘れずに次に準備しよう」と声をかけていました。

朝鮮大5(5-12)43埼玉工業大(熊谷B)
*朝鮮1T、埼工大6T5G1P
*前半から埼工大が朝鮮陣内へ入り有利に進める。12分、先制トライは左ラインアウトからモールで仕掛けWT11へつないだもの。24分、FBが突破して11へ。ラックからボールを拾いトライへ。埼工大が0-12とした。
 朝鮮はFL7慎賢宇(シン・ヒョンウ、4年)が攻守に強い所を見せたが、全体で攻撃面ではもう一歩。
0926c7

29分、ゴール前で得たPKもゴールを狙わずにラインアウト、モールで行った。「トライを取れる感じがしていたのでPGは狙わなかった」と李鐘基(リ・チョンギ)監督。
0926c15try

ようやく40分に敵陣ゴール前5mのスクラムからからボールをつなぎFB05金大宇(キム・デウ、2年)がインゴールへ飛び込んだ。
5-12で前半終了。
*後半、立ち上がり朝鮮が点を奪うと面白い展開になったが、3分、埼工大が簡単にポスト右へ走りこみトライをあげた。その後も、埼工大が朝鮮陣内へ入り3トライを積み重ねた。
 朝鮮は、埼工大陣内へ入るもブレイクダウンで埼工大トンガ留学生に絡まれボールが出せずにナットリリース等の反則を犯した。結果は5-43。
 李監督は「後半、もう少し食らいつきたかったが、通じなかった。攻撃が単発でBKが敵DFの裏側へ走り込める能力が高いという強みが生かせなかった」と述べた。

立正大76-5玉川大
専修大80-22國學院大

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 26, 2010

関東大学ラグビー速報

9月26日。熊谷ラグビー場取材。関東大学ラグビーリーグ戦。1部。流通経済11Tで、71-19大東。関東学院48-25拓殖。2部。山梨学院63-0東洋。朝鮮大5-43埼玉工業。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

関東大学ラグビー速報

9月26日。熊谷ラグビー場取材。関東大学ラグビーリーグ戦。1部。流通経済11Tで、71-19大東。前半戦結果の関東学院26-5拓殖。2部。山梨学院63-0東洋。前半戦結果、朝鮮大5-12埼玉工業。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2010

韓国ラグビー国体組合せ表

 10月6日から開催される「第91回全国体育大会(国体)」ラグビー部門の組合せ表を掲載しますのでプリントアウトして下さい。

<国体・大学&一般部門>
「大学/一般組合せ表」をダウンロード

<高校部門>
「高校組合せ表」をダウンロード

 なお文章を記載する時間がありません。来週にでも。
今日、朝方開催した「IRIS出演・日韓俳優トークイベント」の仕事など韓流関係でバタバタしてました。
イベントの状況は下記ブログで
KJハングルブログ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2010

ラグビーマガジン11月号

 あす9月25日は、「ラグビーマガジン11月号」発売日です。
Rm11

 表紙は、大畑大介選手(神戸)。

 私は81ページに「news FROM KOREA」を掲載。
 今月号は、9月11日の「延世大・高麗大定期戦」、「上海セブンズ韓国連覇」に
「10月6日開催の国体(全国体育大会)展望」などを書きました。
 
 ぜひ書店でご購入ください!!

 韓国・国体の組合せは明日、掲載します。
韓国特有の組合せで1回戦から強豪同士が当たり、開催地のチームが勝ちやすくなっています。
 もしも国体観戦(会場は、韓国南部の慶尚南道・鎮海郡=釜山から1時間程度)&韓国旅行ご希望者がいらっしゃいましたらご連絡ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2010

熊谷でラグビーとディープグルメ

 週末のラグビー。
 
 26日(日)は熊谷ラグビー場ですね。
 関東大学リーグ戦2部の初日、Bグランドで朝鮮大-埼玉工業大(14:00KO)、前サントリーの高野新監督が率いる東洋大-山梨学院大(12:00KO)があります。
 Aグランドでは、リーグ戦1部が開催。

 試合後の熊谷グルメ居酒屋「ヘイ!かぁちゃん」地図こちらまたはホルモン「水よし支店」お店紹介サイトも楽しみですね。

 25日(土)、三鷹で横河戦を見た場合、もつ焼き「横堀」あたりの可能性が大です。

■9月25日(土)
<トップイースト>
◆18:00横河武蔵野- 栗田工業 (横河G)
◆16:00キヤノン-東京ガス(東京ガスG)
◆16:00三菱重工相模原-JALWINGS(三菱G)
◆13:00サントリーフーズ-日野自動車 (熊谷)

<大学対抗戦>
◆13:00慶應大-日本体育大 (上柚木)
◆15:00早稲田大-成蹊大(上柚木)
<大学リーグ戦>
◆15:00東海大-中央大(熊谷)

■26日(日)
<トップイースト>
◆13:00秋田ノーザンブレッツ-釜石SW(釜石市)
◆15:00日本IBM-セコム(IBMG)
<大学リーグ戦1部>
◆12:00大東文化大-流通経済大(熊谷)
◆14:00関東学院大-拓殖大(熊谷)
◆15:00法政大-日本大(法政大)
<リーグ戦2部>
◆12:00東洋大-山梨学院大(熊谷B)
◆14:00朝鮮大-埼玉工業大(熊谷B)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2010

今日の日テレ夕方ニュース

こんにちは。今日20日の日本テレビのニュース。18時すぎから新宿のコリアンタウンを紹介します。若い友人の八田やすしさんが案内します!奇跡の38歳、丸岡アナウンサーと共演です。昨日までのB1グルメ大会ルポも別にあります!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2010

三洋・劉MOMも反省しきり

  9月18日(土)の国内ラグビー・トップ・リーグ(TL)第3節2日目。

 秩父宮に行きました。
10_0918syynmom

 2試合目の「三洋49-10ヤマハ」で三洋FL6劉永男(ユ・ヨンナム)がMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選ばれましたが本人は「今日は霜村さんや堀江が良かったのに」と話していました。
 
 17日(金)は、TL初昇格したNTTCOMが見事、同じ千葉県船橋にグランドがある先輩クボタを破り初勝利をあげました。
 また18日の「リコ-VS福岡サニックス」戦にリコーLO18金泳男(キム・ヨンナム、NTTドコモから移籍)が初メンバー入り後半15分から出場。
  
<<TL第3節>>
クボタ14(6-10)26NTTCOM(17日、秩父宮)
*クボタ1T3P(0)、NTT2T2G3P1D(7)
*先週の東芝戦に続きNTT/FBマーク・ジェラードがチームを引っ張った。後半6分、センターライン近くからDGを決める。12分、クボタに16-9と迫られた2分後、HO2種本の突破からクボタゴール前へ迫るとジェラードが自分で低めのパントをクボタDFの裏側に蹴り、自分でインゴールへ持ち込みトライをあげた。
クボタSH9李明根(リ・ミョングン、이명근、裡里工業高・延世大・尚武・大心通商・三星SDI・07-08季ワールド、前代表)→先発。
「風邪は治りコンディションは良かった。結果は見ての通り。NTTのブレイクダウンが激しかった。クボタは去年と何かが違う感じですが」

◎NTTコムLO申鏞澈(シン・ヨンチョル、신용철、富川北高・延世大・尚武、代表)
→出場なし。CTBにアジア枠でフィリピン国籍のNZ人がいるため出場が厳しい。

リコー35(25-5)24福岡サニックス(18日、秩父宮)
*リコー4T3G3P(6)、サニックス5T2G(10)
*前半、リードされても後半のスタミナで逆転を狙っていたサニックス。しかし前半、ミスが多く大量の点差をつめ切れなかった。
 サニックス藤井監督は、リコーの1トライがタッチに出てから押えていたものだったが認めれてことに「人間が判断することですから・持ち込まれた段階で負けです。しかしビデコ・レフりーがあれば」とコメント。
◎リコーFL金栄デ(金に大、キム・ヨンデ、김영대、日本A、江の川高校・大阪産大・近鉄05-・ホンダ07-09(在日)、日本A代表)→メンバー外。
「ケガでもありません。今年は、もう出られないかも」
リコーLO18金永男(キム・ヨンナム、김영남、忠南大・尚武・三星SDI・08-09NTTドコモ、前代表)
→リザーブ。後半15分から。
◎サニックスPR申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、ウォン=冫原、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高)
→メンバー外。ケガ。
◎サニックスCTB崔基俊(チェ・キジュン、최기준、韓国/鎮海高・朝明高・帝京大中退)
→メンバー外。

三洋49(23-3)10ヤマハ(秩父宮)
*三洋6T5G3P(14)、ヤマハ1T1G1P(8)
10_0918syynysgr

三洋FL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、仁川機械工高・檀国大・尚武、代表)
→先発。MOM
10_0918syyng1

「前半から、僕がコールするラインアウトのサインが読まれていてヤマハに取られてしまった。今日は他のみんなが良かった。僕はダメでした。トライをしたのでMOMかもしれませんが。次(10月3日)のNTTはブレイクダウンが強いので負けないように練習して準備します」

ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、愛知朝鮮高・朝鮮大(在日)、日本7人制代表)
→先発。
10_0918ysgrg2

「今年はヤマハで優勝したいという気持ちで臨んでいます。今日は、1,2戦で通じていたDFが全くできませんでした。今季から正社員になり、毎日の仕事はスポーツ推進業務ということで子どもたちへのタグ・ラグビーの普及など担当しています」

東芝40(19-0)7豊田自動織機(18日、瑞穂)
*東芝6T5G(11)、織機1T1G(4)
◎東芝FB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、全南高・高麗大・尚武、代表)
→出場なし。
◎織機WTB徐忠植(ソ・チュンシク、서충식、韓国/養正高・朝明高・京都産業大)
→メンバー外。

トヨタ自動車16(0-7)7神戸製鋼(瑞穂)
*トヨタ1T1G3P(13)、神戸1T1G(5)

コカ・コーラ20(10-0)15近鉄(18日、福岡/レベスタ)
*コーラ2T2G2P(5)、近鉄2T1G1P(6)
◎コーラLO金潔(キム・ギョル、김결、養正高・高麗大・09サントリーフーズ、代表
→メンバー外。
近鉄PR3成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、大阪朝高・帝京大(在日))
→先発。
近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원、韓国/養正高・朝明高・大阪体大、前日本代表、日本A候補)
→先発。

サントリー20(13-25)25NEC(19日、北海道/月寒)
*サントリー2T2G2P(6)、NEC3T2G2P(8)
*写真はNEC安と朴。
0911necanprk

NEC/SH20安承火赫(アン・スンヒョク、안승혁、城南西高・高麗大・尚武、代表
→リザーブ。
◎NEC/PR朴誠球(パク・ソング、박성구、ソウル大付高・延世大・尚武・08-09ヤマハ、代表)
→ヤマハから移籍、春の練習試合では1-3番をできる貴重な戦力だった。首のヘルニアを手術。
「韓国で9月中旬に手術をしました。11月中旬のサテライト戦から出場できるようにリハビリをしています」

☆順位表☆
1:三洋(勝ち点14)、2:トヨタ(13)、3:東芝(11)、4:サニックス(10)、5:NEC(8)、
6:ヤマハ(8)、7:NTT(7)、8:サントリー(6)、9:近鉄(6)、10:リコー(6)、
11:神戸(5)、12:コーラ(5)、13:豊田織機(4)、14:クボタ(0)

<<トップイースト第2週>>
■9月18日(土)
横河武蔵野27(17-7)10IBM(横河)
*横河3T3G2P、IBM1T1G1P
横河FL6趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、大阪朝高・明治大(在日)、高校日本)
→先発
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、大阪朝高・同志社大(在))
→メンバー外。

キヤノン52-0栗田(熊谷)
◎キヤノンPR金光模(キム・グァンモ、김광모、仁川機械工高・檀国大・三洋05-、前代表)
→メンバー外

東京ガス46-3日本航空(東京ガス)

■9月19日(日)
三菱重工相模原57-8秋田NB(秋田)

日野自動車8-46釜石SW(盛岡)
日野LO4李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、檀国大、前代表)
→先発。

セコム26-17サントリーフーズ(セコム)

☆順位表☆
1:東京ガス(勝ち点10)、2:三菱重工相模(10)、3:釜石(10)、4:キヤノン(9)、
5:IBM(5)、6:栗田(5)、7:横河(4)、8:セコム(4)、9:フーズ(0)、
10:日野(0)、11:秋田(0)、12:日航(0)

<<トップウェスト第2週>>
■9月19日(日)
NTTドコモ42(21-3)3中部電力(大阪)
*ドコモ6T6G、中電1P
ドコモPR3許雄(ホ・ウン、허웅、延世大・尚武、代表)
→先発。
ドコモFL19鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、大阪朝高・帝京大・05IBM・08サニックス(在日)、10代表候補)
→リザーブ。

大阪府警62(20-0)7レッドEV
*府警9T7G1P、レッド1T1G

◆ホンダ◎ホンダSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈、富川北高・慶熙大・尚武・大心通商、代表)

<<関東大学対抗戦>>
■第2週(9月19日)
◆明治大26-22筑波大(秩父宮)

◆帝京大50-10立教大(熊谷)

◆早稲田大、慶應大、成蹊大、日本体育大
◎早大FL金正奎(1年)

<<関東大学リーグ戦>>
■第1週(12日)
◆東海大69(31-5)12日本大
*東海11T7G、日大2T1G

◆関東学院大15(5-7)14大東文化大
*関東3T、大東2T2G

◆中央大39(24-7)17法政大
*中大5T4G2P、法政3T2G

◆流通経済大38(12-7)14拓殖大
*流通6T4G、拓大2T2G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2010

NTTCOMジェラードの個人技で初勝利

 今週の国内ラグビー。。
 
 昨日17日(金)は、TL初昇格したNTTCOMが見事、同じ千葉県船橋にグランドがある先輩クボタを破り初勝利をあげました。
 18日(土)の「リコ-VS福岡サニックス」戦にリコーLO18金泳男(キム・ヨンナム、NTTドコモから移籍)が初のメンバー入り。
  
<<TL第3節>>
クボタ14(6-10)26NTTCOM(17日、秩父宮)
*クボタ1T3P(0)、NTT2T2G3P1D(7)
*先週の東芝戦に続きNTT/FBマーク・ジェラードがチームを引っ張った。後半6分、センターライン近くからDGを決める。12分、クボタに16-9と迫られた2分後、HO2種本の突破からクボタゴール前へ迫るとジェラードが自分で低めのパントをクボタDFの裏側に蹴り、自分でインゴールへ持ち込みトライをあげた。
クボタSH9李明根(リ・ミョングン、이명근、裡里工業高・延世大・尚武・大心通商・三星SDI・07-08季ワールド、前代表)→先発。
「風邪は治りコンディションは良かった。結果は見ての通り。NTTのブレイクダウンが激しかった。クボタは去年と何かが違う感じですが」

◎NTTコムLO申鏞澈(シン・ヨンチョル、신용철、富川北高・延世大・尚武、代表)
→出場なし。CTBにアジア枠でフィリピン国籍のNZ人がいるため出場が厳しい。

リコー-福岡サニックス(18日、秩父宮)
*リコー(1)、サニックス(8)
◎リコーFL金栄デ(金に大、キム・ヨンデ、김영대、日本A、江の川高校・大阪産大・近鉄05-・ホンダ07-09(在日)、日本A代表)→メンバー外。
「今日(2節)は、しょぼいプレーをしてしまい、途中で替えられてしまった。100点満点で5点。選手の特徴をいかしたラグビーをやっていきたい」
リコーLO18金永男(キム・ヨンナム、김영남、忠南大・尚武・三星SDI・08-09NTTドコモ、前代表)
→リザーブ
◎サニックスPR申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、ウォン=冫原、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高)
→メンバー外。ケガ。
◎サニックスCTB崔基俊(チェ・キジュン、최기준、韓国/鎮海高・朝明高・帝京大中退)
→メンバー外。

三洋-ヤマハ(秩父宮)
*三洋(9)、ヤマハ(8)
三洋FL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、仁川機械工高・檀国大・尚武、代表)
→先発。
ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、愛知朝鮮高・朝鮮大(在日)、日本7人制代表)
→先発。

東芝-豊田自動織機(18日、瑞穂)
*東芝(6)、織機(4)
◎東芝FB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、全南高・高麗大・尚武、代表)
→出場なし。
◎織機WTB徐忠植(ソ・チュンシク、서충식、韓国/養正高・朝明高・京都産業大)
→メンバー外。

◆トヨタ自動車-神戸製鋼(瑞穂)
*トヨタ(9)、神戸(5)

コカ・コーラ-近鉄(18日、福岡/レベスタ)
*コーラ(1)、近鉄(5)
◎コーラLO金潔(キム・ギョル、김결、養正高・高麗大・09サントリーフーズ、代表
→メンバー外。
近鉄PR3成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、大阪朝高・帝京大(在日))
→先発。
近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원、韓国/養正高・朝明高・大阪体大、前日本代表、日本A候補)
→先発。

サントリー-NEC(19日、北海道/月寒)
*サントリー(5)、NEC(4)
NEC/SH20安承火赫(アン・スンヒョク、안승혁、城南西高・高麗大・尚武、代表
→リザーブ。
「左手小指の付け根の靭帯を負傷して、復帰。試合に出れるには、もう少しかかりますが、メンバーに選ばれたら出ます」
0911necanprk

◎NEC/PR朴誠球(パク・ソング、박성구、ソウル大付高・延世大・尚武・08-09ヤマハ、代表)
→ヤマハから移籍、春の練習試合では1-3番をできる貴重な戦力だった。首のヘルニアを手術。
「韓国で9月中旬に手術をしました。11月中旬のサテライト戦から出場できるようにリハビリをしています」

<<トップイースト第2週>>
■9月18日(土)
横河武蔵野-IBM(横河)
横河FL6趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、大阪朝高・明治大(在日)、高校日本)
→先発
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、大阪朝高・同志社大(在))

キヤノン-栗田(熊谷)
◎キヤノンPR金光模(キム・グァンモ、김광모、仁川機械工高・檀国大・三洋05-、前代表)

東京ガス-JAL(東京ガス)

■9月19日(日)
三菱重工相模原-秋田NB(秋田)

日野自動車-釜石SW(盛岡)
日野LO4李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、檀国大、前代表)

セコム-サントリーフーズ(セコム)

<<トップウェスト第2週>>
■9月19日(日)
NTTドコモ-中部電力(大阪)
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅、延世大・尚武、代表)

◎ドコモFL鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、大阪朝高・帝京大・05IBM・08サニックス(在日)、10代表候補)

大阪府警-レッドEV

◆ホンダ◎ホンダSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈、富川北高・慶熙大・尚武・大心通商、代表)

<<関東大学対抗戦>>
■第2週(9月19日)
◆明治大-筑波大(秩父宮)

◆帝京大-立教大(熊谷)

◆早稲田大、慶應大、成蹊大、日本体育大
◎早大FL金正奎(1年)

<<関東大学リーグ戦>>
■第1週(12日)
◆東海大69(31-5)12日本大
*東海11T7G、日大2T1G

◆関東学院大15(5-7)14大東文化大
*関東3T、大東2T2G

◆中央大39(24-7)17法政大
*中大5T4G2P、法政3T2G

◆流通経済大38(12-7)14拓殖大
*流通6T4G、拓大2T2G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2010

延世が高麗を破り定期戦20勝目。

 韓国ラグビー伝統の一戦「延世大-高麗大定期戦」は9月11日(土)にソウル市内で行われ、延世大が38-20高麗大で勝ちました。
 定期戦の通算成績は、延世20勝、高麗16勝、4分けとなりました。2005年以来、延世が6連勝中です。
 今年の成績は延世の3勝1敗、延世には10月、全国体育大会が待っています。
「2010韓国日程/成績」をダウンロード
 試合写真は下記をコピーしてクリック、HP中央下にあります。
http://club.cyworld.com/LeeDongYun

<<延世大-高麗大定期戦>>
延世大38(7-3)20高麗大
*延世6T4G、高麗2T2G2P
(前半)
*拮抗したせめぎ合いの中、均衡を破ったのは延世。25分、PR3朴ジョンヨルがトライを決め、ゴールをCT13李セホが確実に成功し7-0とした。
高麗は、36分FB15ソ・インスがPGで3点を返し前半を終えた。
(後半)
*延世が7分にHO2金ジウンのトライで12-3とすると、11分高麗NO8主将の金ヒョンスがポスト下に飛び込みゴールも決め12-10と追いすがった。
5分後の17分、延世WT11金グァンミン、28分NO8黄スンヨップ、34分FB15李ウィギュのトライ等で31点を奪った。
これに対し高麗は26分に1PG,38分FW19チェ・モクファンのトライで11点差にしたが及ばなかった。
最後は延世PR1シン・ヨンジンのトライとG成功で38-20で終えた。

<延世-高麗、最近の対戦成績>
◎2010年
*6月、大統領旗大会、高麗19(12-7)14延世
*5月、ソウル市ラグビー大会、延世22-6高麗
*4月、春季リーグ、延世大(3-6)6高麗

◎2009年
*9月、定期戦、延世18(8-10)18高麗
*6月、大統領旗大会、延世20(10-11)18高麗
*3月、春季、延世13(10-12)12高麗
◎2008年
*9月、定期戦、延世27-21高麗
*6月、大統領旗大会、延世22(10-8)15高麗
*3月、春季、延世27(18-7)19高麗
◎2007年
*10月、定期戦、延世22-30高麗
*6月、コリアンリーグ、延世12-0高麗
*4月、春季、延世3(0-5)24高麗
◎2006年
*9月、定期戦、延世3-27高麗
◎2005年
*9月、定期戦、延世21-14高麗

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2010

サニックス、神戸に逆転勝利!

 今週の国内ラグビー。トップイースト、ウェスト、関東大学ラグビーも開幕します。
 
 11日(土)の「トヨタ-コカ・コーラ」戦でコカ韓国LO5金潔(キム・ギョル、サントリーフーズから移籍)が先発しましたが、試合は大敗でした。
 12日(日)は、富山県で初のトップリーグ「神戸-サニックス」戦、高校が富山県の筆者にとっては押さえたい一戦でした。午後に韓国語能力試験会場前(東京外大)でKJハングル講座のパンフを配ってました。
 
<<TL第2節>>
サントリー26(7-13)20リコー(10日、秩父宮)
*サントリー4T3G(勝ち点0)、リコー2T2G2P(1)
*サントリーが後半、逆転勝ち。エディー監督のいう「長い旅の途中」、終着駅はいつどこで??
リコーFL7金栄デ(金に大、キム・ヨンデ、김영대、日本A、江の川高校・大阪産大・近鉄05-・ホンダ07-09(在日)、日本A代表)→先発。
「今日は、しょぼいプレーをしてしまい、途中で替えられてしまった。100点満点で5点。選手の特徴をいかしたラグビーをやっていきたい」
◎リコーLO金永男(キム・ヨンナム、김영남、忠南大・尚武・三星SDI・08-09NTTドコモ、前代表)
→メンバー外、Bチーム
「東京の生活に慣れました。試合出場を目標に頑張っています」

東芝33(19-14)28NTTコム(11日、秩父宮)
*東芝5T4G(6)、NTT4T4G(3)
◎東芝FB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、全南高・高麗大・尚武、代表)
→出場なし。
◎NTTコムLO申鏞澈(シン・ヨンチョル、신용철、富川北高・延世大・尚武、代表)
→出場なし。CTBにアジア枠でフィリピン国籍のNZ人がいるため出場が厳しい。

クボタ3(3-3)15NEC(秩父宮)
0911neckbt

*クボタ1P(0)、NEC2T1G1P(4)
0911kbtleenesan

クボタSH9李明根(リ・ミョングン、이명근、裡里工業高・延世大・尚武・大心通商・三星SDI・07-08季ワールド、前代表)→先発。
「木曜(9日)に風邪をひいて金曜の練習も十分にできませんでした。身体が辛き途中で交替してしましった。試合内容は、クボタができることは出していますがトライを取れないのでダメです」
0911kbtlee

NEC/SH20安承火赫(アン・スンヒョク、안승혁、城南西高・高麗大・尚武、代表
→リザーブ、出場なし。
「左手小指の付け根の靭帯を負傷して、2週間前から復帰。試合に出れるには、もう少しかかりますが、メンバーに選ばれたら出ます」
0911necanprk

◎NEC/PR朴誠球(パク・ソング、박성구、ソウル大付高・延世大・尚武・08-09ヤマハ、代表)
→ヤマハから移籍、春の練習試合では1-3番をできる貴重な戦力だった。首のヘルニアを手術。
「韓国で9月中旬に手術をしました。11月中旬のサテライト戦から出場できるようにリハビリをしています」

トヨタ50(31-5)5コカ・コーラ(大阪・金鳥S)
*トヨタ8T5G(9)、コカ1T(1)
コーラLO5金潔(キム・ギョル、김결、養正高・高麗大・09サントリーフーズ、代表
→先発。

ヤマハ30(13-10)10近鉄(鈴鹿)
*ヤマハ3T3G3P(8)、近鉄1T1G1P(5)
ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、愛知朝鮮高・朝鮮大(在日)、日本7人制代表)
→先発。後半40分トライ!
近鉄PR3成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、大阪朝高・帝京大(在日))
→先発。
近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원、韓国/養正高・朝明高・大阪体大、前日本代表、日本A候補)
→先発。前半14分トライ!

三洋54(28-0)0豊田自動織機(12日、足利市)
*三洋8T7G(9)、豊田0(4)
三洋FL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、仁川機械工高・檀国大・尚武、代表)
→先発。
◎織機WTB徐忠植(ソ・チュンシク、서충식、韓国/養正高・朝明高・京都産業大)
→メンバー外。

神戸19(12-3)27福岡サニックス(富山県営陸上)
*神戸3T2G(5)、サニックス3T3G2P(8)
◎サニックスPR3申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、ウォン=冫原、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高)
→メンバー外。ケガ。
◎サニックスCTB崔基俊(チェ・キジュン、최기준、韓国/鎮海高・朝明高・帝京大中退)
→メンバー外。

<<トップイースト第1週>>
■9月11日(土)
横河武蔵野0(0-10)27キヤノン(横河G)
*キヤノン3T3G2P
横河FL6趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、大阪朝高・明治大(在日)、高校日本)
→先発
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、大阪朝高・同志社大(在))
→メンバー外
◎キヤノンPR金光模(キム・グァンモ、김광모、仁川機械工高・檀国大・三洋05-、前代表)
→メンバー外

三菱重工相模原45-18日野自動車(三菱G)
日野LO4李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、檀国大、前代表)
→先発

◆IBM34-5サントリーフーズ(海老名)
◆JAL3-54栗田工業(栗田)

■9月12日(日)
◆東京ガス43-8秋田NB(秋田)
◆セコム10-35釜石SW(釜石)

<<トップウェスト第1週>>
■9月11日(土)
ホンダ41(7-0)0中部電力(鈴鹿)
*ホンダ7T3G
ホンダSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈、富川北高・慶熙大・尚武・大心通商、代表)
→先発

NTTドコモ41(15-7)7大阪府警(大阪)
*ドコモ6T4G1P、府警1T1G
ドコモPR3許雄(ホ・ウン、허웅、延世大・尚武、代表)
→先発
◎ドコモFL鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、大阪朝高・帝京大・05IBM・08サニックス(在日)、10代表候補)
→メンバー外

<<関東大学対抗戦>>
■第1週(9月12日)
◆早稲田大64(31-3)8立教大
*早大10T7G、立大1T1G
早大FL7金正奎(1年)2T「今日は10点で8点。先輩からパスが出ることを信じて
フォーローしています」

◆慶應大35(7-3)8成蹊大
*慶應5T5G、成蹊1T1G

◆明治大55(35-3)8日本体育大
*明大8T6G1P、日体1T1P

<<関東大学リーグ戦>>
■第1週(12日)
◆東海大69(31-5)12日本大
*東海11T7G、日大2T1G

◆関東学院大15(5-7)14大東文化大
*関東3T、大東2T2G

◆中央大39(24-7)17法政大
*中大5T4G2P、法政3T2G

◆流通経済大38(12-7)14拓殖大
*流通6T4G、拓大2T2G


<<第37回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
 9月8日(水)から12日(日)まで「第37回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が行われています。
 ソウル大付属高・中がアベックで決勝へ進出しましたが、高校のみ優勝となりました。
「文化観光大会対戦表」をダウンロード

<高校>
■決勝(9月12日)
ソウル大付属高40(12-0)3養正高(ヤンジョン)
*ソウル6T2G2P、養正1P

■準決勝(10日)
城南西高(ソンナムソ)5(0-17)22養正高
*城南西1T,養正3T2G1P

順天工業高(スンチョンコン)5(0-27)34ソウル大付属高
*順天1T、ソウル6T2G

■1回戦(9日)
順天工業高27(7-5)17裡里工業高(イリコン)
*順天4T2G1P、裡里3T1G

<中学>
■決勝(12日)
富川北中(プチョンプック)45(19-10)22ソウル大付属中
*富川7T5G、ソウル4T1G

■準決勝(10日)
富川北中36(24-7)10大安中(テアン)
*富川6T3G、大安1T1G1P

ソウル大付属中28(7-0)14養正中(ヤンジョン)
*ソウル4T4G、養正2T2G

■1回戦(8日)
◆①蘭谷中(ナンゴック)7(0-26)57富川北中
*蘭谷1T1G、富川9T6G
◆②一山東中(イルサンドン)15(10-22)42大安中
*一山3T、大安6T3G2P
◆③城南西中(ソンナムソ)19(0-26)36ソウル大付属中
*城南3T2G、ソウル大6T3G
◆④養正中39(12-0)0珍島中(チンド)
*養正7T2G、珍島0

{過去・2009年}
<<高校>>
■決勝(11月20日)
◆東亜工業高校(トンア)34(19-12)26養正高校(ヤンジョン)
*東亜6T2G、養正4T3G
■予選(18日)
◆東亜工業高校14(7-0)7白新高校(ペクシン)

<<中学>>
■決勝(20日)
◆城南西中(ソンナムソ)22(5-5)5影島中(ヨンド)
*城4T1G、影1T
■準決勝(18日)
◆城南西中24(12-7)19富川北中(プチョンプック)
◆影島中19(19-5)15富平中(プピョン)
■1回戦(16日)
◆城南西中31(19-5)15武珍中(ムジン)
◆富川北中67(57-0)14裡里北中(イリプック)
◆影島中49(27-0)7一山東中(イルサントン)
◆富平中15(3-0)5佳陽中(カヤン)

{08年高校}
■決勝
◆養正高(ヤンジョン)20(15-7)12ソウル北高
■準決勝
①富川北高7(0-9)36養正高
②ソウル北高30(18-0)8忠北高(チュンブック)

{07年高校}
◆決勝:培材高31-7大邱商苑高(テグサンウォン)
◆準決勝:①培材高10-3東亜工業高
②テグ高15-6城南西高(ソンナムソ)
{06年高校}
1位:培材高、2位:ソウル大師範付属

{08年中学}
■決勝
◆富平中(プピョン)24(17-10)10養正中(ヤンジョン)
■準決勝戦
①坪里中10(10-12)22養正中
②麗水中7(7-10)27富平中

{07年中学}
■決勝:蘭谷中(ナンゴック)26-12坪里中
■準決勝:①ナンゴック12-10培材中
②坪里中19-12江新中(カンジン)

{06年中学}
1位:ソウル大師範付属、2位:養正中

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2010

ラグビー9月第2週状況

 今週の国内ラグビー。トップイースト、ウェスト、関東大学ラグビーも開幕します。
 
 11日(土)の「トヨタ-コカ・コーラ」戦でコカ韓国LO5金潔(キム・ギョル、サントリーフーズから移籍)が先発します。
 12日(日)は、富山県で初のトップリーグ「神戸-サニックス」戦があります。
 行く予定でしたが、当日・午後に韓国語検定試験会場でKJハングル(韓国語)講座の宣伝パンフまきが出てきました。
 おとなしく秩父宮で関東大学対抗戦開幕戦を見に行くことになります。
 富山の夜、魚介類の料理が・・・・。
 
<<TL第2節>>
サントリー-リコー(10日、秩父宮)
*サントリー(勝ち点0)、リコー(0)
リコーFL7金栄デ(金に大、キム・ヨンデ、김영대、日本A、江の川高校・大阪産大・近鉄05-・ホンダ07-09(在日)、日本A代表)→先発。
◎リコーLO金永男(キム・ヨンナム、김영남、忠南大・尚武・三星SDI・08-09NTTドコモ、前代表)
→Bチーム

東芝-NTTコム(11日、秩父宮)
*東芝(1)、NTT(1)
◎東芝FB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、全南高・高麗大・尚武、代表)→出場なし。
◎NTTコムLO申鏞澈(シン・ヨンチョル、신용철、富川北高・延世大・尚武、代表)
→出場なし。

クボタ-NEC(秩父宮)
*クボタ(0)、NEC(0)
クボタSH9李明根(リ・ミョングン、이명근、裡里工業高・延世大・尚武・大心通商・三星SDI・07-08季ワールド、前代表)→先発。
NEC/SH20安承火赫(アン・スンヒョク、안승혁、城南西高・高麗大・尚武、代表)→リザーブ。
◎NEC/PR朴誠球(パク・ソング、박성구、ソウル大付高・延世大・尚武・08-09ヤマハ、代表)
→ヤマハから移籍、春の練習試合では1-3番をできる貴重な戦力だった。首のヘルニアを手術する予定。今季は無理という話し。

トヨタ-コカ・コーラ(大阪・金鳥S)
*トヨタ(4)、コカ(1)
コーラLO5金潔(キム・ギョル、김결、養正高・高麗大・09サントリーフーズ、代表
→先発!大型FWが相手のチームとは出場も。

ヤマハ-近鉄(鈴鹿)
*ヤマハ(4)、近鉄(5)
ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、愛知朝鮮高・朝鮮大(在日)、日本7人制代表)
→先発。
近鉄PR3成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、大阪朝高・帝京大(在日))
→先発。
近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원、韓国/養正高・朝明高・大阪体大、前日本代表、日本A候補)
→先発。名前が「哲」になったのは元々、この字だったとのこと。

三洋-豊田自動織機(12日、足利市)
*三洋(4)、豊田(4)
◎三洋FL劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、仁川機械工高・檀国大・尚武、代表)→
◎織機WTB徐忠植(ソ・チュンシク、서충식、韓国/養正高・朝明高・京都産業大)
→Bチーム。京産大卒後のブランクがありTLに向けた体力作りが課題。

神戸-福岡サニックス(富山県営陸上)
*神戸(5)、サニックス(4)
◎サニックスPR3申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、ウォン=冫原、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高)
→。
◎サニックスCTB崔基俊(チェ・キジュン、최기준、韓国/鎮海高・朝明高・帝京大中退)
→。

<<トップイースト第1週>>
■9月11日(土)
横河武蔵野--キヤノン(横河G)
◎横河FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、大阪朝高・明治大(在日)、高校日本)
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、大阪朝高・同志社大(在))
◎キヤノンPR金光模(キム・グァンモ、김광모、仁川機械工高・檀国大・三洋05-、前代表)

三菱重工相模原--日野自動車(三菱G)
◎日野FL李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、檀国大、前代表)

◆IBM--サントリーフーズ(海老名)
◆JAL-栗田工業(栗田)

■9月12日(日)
◆東京ガス-秋田NB(秋田)
◆セコム-釜石SW(釜石)

<<トップウェスト第1週>>
■9月11日(土)
ホンダ--中部電力(鈴鹿)
◎ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈、富川北高・慶熙大・尚武・大心通商、代表)

NTTドコモ--大阪府警(大阪)
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅、延世大・尚武、代表)
◎ドコモFL鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、大阪朝高・帝京大・05IBM・08サニックス(在日)、10代表候補)

<<第37回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
 9月8日(水)から12日(日)まで「第37回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が行われています。
「文化観光大会対戦表」をダウンロード

<高校>
■決勝(9月12日)

■準決勝(10日)
◆城南西高(ソンナムソ)-養正高(ヤンジョン)
◆順天工業高(スンチョンコン)-ソウル大付属高

■1回戦(9日)
順天工業高27(7-5)17裡里工業高(イリコン)
*順天4T2G1P、裡里3T1G

<中学>
■決勝(12日)

■準決勝(10日)
◆富川北中(プチョンプック)-大安中(テアン)
◆ソウル大付属中-養正中(ヤンジョン)

■1回戦(8日)
◆①蘭谷中(ナンゴック)7(0-26)57富川北中
*蘭谷1T1G、富川9T6G
◆②一山東中(イルサンドン)15(10-22)42大安中
*一山3T、大安6T3G2P
◆③城南西中(ソンナムソ)19(0-26)36ソウル大付属中
*城南3T2G、ソウル大6T3G
◆④養正中39(12-0)0珍島中(チンド)
*養正7T2G、珍島0

{過去・2009年}
<<高校>>
■決勝(11月20日)
◆東亜工業高校(トンア)34(19-12)26養正高校(ヤンジョン)
*東亜6T2G、養正4T3G
■予選(18日)
◆東亜工業高校14(7-0)7白新高校(ペクシン)

<<中学>>
■決勝(20日)
◆城南西中(ソンナムソ)22(5-5)5影島中(ヨンド)
*城4T1G、影1T
■準決勝(18日)
◆城南西中24(12-7)19富川北中(プチョンプック)
◆影島中19(19-5)15富平中(プピョン)
■1回戦(16日)
◆城南西中31(19-5)15武珍中(ムジン)
◆富川北中67(57-0)14裡里北中(イリプック)
◆影島中49(27-0)7一山東中(イルサントン)
◆富平中15(3-0)5佳陽中(カヤン)

{08年高校}
■決勝
◆養正高(ヤンジョン)20(15-7)12ソウル北高
■準決勝
①富川北高7(0-9)36養正高
②ソウル北高30(18-0)8忠北高(チュンブック)

{07年高校}
◆決勝:培材高31-7大邱商苑高(テグサンウォン)
◆準決勝:①培材高10-3東亜工業高
②テグ高15-6城南西高(ソンナムソ)
{06年高校}
1位:培材高、2位:ソウル大師範付属

{08年中学}
■決勝
◆富平中(プピョン)24(17-10)10養正中(ヤンジョン)
■準決勝戦
①坪里中10(10-12)22養正中
②麗水中7(7-10)27富平中

{07年中学}
■決勝:蘭谷中(ナンゴック)26-12坪里中
■準決勝:①ナンゴック12-10培材中
②坪里中19-12江新中(カンジン)

{06年中学}
1位:ソウル大師範付属、2位:養正中

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2010

ラグビー始まりましたが韓流イベントも

こんにちは。

ラグビーシーズン始まりましたが

韓流イベントのご案内です。

ご友人・ご家族など関心ある方は
告知お願いいたします。

私が定期的に新宿・職安通りで開催している
「ナビトーク」。
今回は、来日する予定の韓国ドラマ「IRIS」に出演した
日韓の若手俳優を招いてトークイベントを行います。
9月1日に地上波TBSで放映を終えたばかりの
「IRIS」を出演者と振り返り語りましょう。
Yskyc1

写真はペク・サン役のキム・ヨンチョルさん/左と
イベント出演・吉村謙一さん/右。ドラマ打ち上げで)
~IRISファンへ贈る緊急企画~
「IRIS出演・日韓俳優ナビトーク」

★開催日/9月25日(土)午前11時開演
(開場は開演10時45分予定)
★出演者
1)吉村謙一さん(34歳。7,8話出演)
Ysken12

キム・ヒョンジュン=イ・ビョンホンさんを
公園で追い詰める内閣情報調査室要員。ビョンホンさんに
日本語指導も担当。
他にドラマ「済衆院」「野人時代」などへ出演。
○ブログ「キムチの国から」

2)崔圭桓(チェ・ギュファン)さん(32歳、12.13話出演)
Cgfpt1

○キム・ヒョンジュンの父親の友人で
アイリスに対抗するユ・ジョンフン(核物理学者=キム・ガプス)の警護役。
最初にヒョンジュンを迎えに行き
車の中でやりとりするサングラスの男。
他に映画「美人図」(9月末・日本公開)、「飛べペンギン」は主役。
父親は脇役俳優で有名な崔周鳳(チェ・ジュボン)さん。
○以下はギュファンさんインタビュー記事のサイト
http://www.cinemajournal.net/special/2010/penguin/index.html

★料金&定員/ 1人2500円(税込)、40人。
○当日券は、余裕がある場合のみ販売。
★会場/新宿職安通り韓流ショップ「ナビコリア」
○住所/東京都新宿区歌舞伎町2-19-10第7金嶋ビル3階
(職安通り「韓国広場」前を明治通り方向へ。
1階が喫茶店「ロッジ」のビル)
電話03-3232-0071
HPで確認下さい
http://www.navinavikorea.com/
○交通/西武新宿線「新宿駅」、地下鉄「東新宿駅」
JR山手線「新大久保駅」中央線各停「大久保駅」など。
★チケット入手方法:受付&販売は9月10日(金)12:00-開始。
1)ナビコリア店頭にて直接入手。
2)ナビコリアに電話で申込み。
3)メールで申込み。下記アドレス
http://www.navinavikorea.com/inquiry2/index.html
○2)と3)で予約の方は9月23日(金)までに
ナビコリアでチケットを購入下さい。
→お引取りご連絡ない場合はキャンセルといたします。
○ナビコリアへご連絡いただいて、やむをえず
開催日お支払いの方は、キャンセルは絶対にお止めください。
→後日、キャンセル料として2000円を、請求いたします。
★定員オーバーの場合、キャンセル待ちなどのご連絡をします。

★KJハングル講座では崔圭桓さん講師の
「IRIS台本で学ぶ韓国語」講座。
韓国放送作家や音楽教師出身者などが講師の
「IRIS台本」「ペ・ヨンジュンさんエッセーで学ぶ」
「KPOP」など各種講座を開催いたします。
★主催/
◎通訳・翻訳・韓国語教室「KJハングル講座」の
KJナビゲーションズ(新宿3丁目)
KJナビHP
http://www.kjnavi.co.jp/
◎ナビコリア

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2010

上海セブンズ、韓国が2連覇

  9月4日、5日に、中国・上海で「IRBアジアラグビーセブンズシリーズ2010 上海トーナメント」が開催されました。韓国が見事、2連覇を達成しました!
「2010韓国日程・成績」をダウンロード
 韓国代表。予選B組でグアム、インド、台湾と戦い4日は、グアムに24-0と完勝。続くインドも35-7で退け、台湾には40-7と圧勝し1位を確保しました。

 5日は、準々決勝でC組3位から上がったスリランカを21-14と接戦で破りました。
 準決勝は宿敵・日本(A組2位)。前半から猛攻をかけ3トライで19-5で折り返すと後半も2トライを奪い33-12で決勝へ。
 決勝はC組2位の中国戦。38-24で完勝し2連覇を果たしました。
 韓国ラグビー界にとって今年一番の良い話題ですね。
◎A組=日本2位、タイ、マレーシア1位、シンガポール
◎C組=香港1位、中国2位、フィリピン、スリランカ3位

<成績>
■決勝、韓国38-24中国
■準決勝、韓国33(19-5)日本
*韓国5T4G、日本2T1G

■3位決定戦、日本27-5マレーシア

■準々決勝
韓国21-14スリランカ
◆日本24-17香港

■予選B組
◆韓国24-0グアム
◆韓国35-7インド
◆韓国40-7台湾
 
 韓国メンバーは監督が去年の優勝監督/金淵基氏(キム・ヨンギ、檀国大監督/09年優勝)です。
*コーチは、成海ギョン(ソン・ヘギョン、慶煕大コーチ)が担当。
選手は元・現の15人代表が多く占めています。
「韓国代表名簿」をダウンロード
<選手>
*李圭得(イ・ギュドク、FB/三星重工業、元15人代表)
*全鐘満(チョン・ジョンマン、SO/韓国電力、元15人代表)
*尹泰日(ユン・テイル、SO/三星重工業、15人代表))
*朴淳彩(パク・スンチェ、LO/ポスコ建設、15人代表)
*尹希壽(ユン・フィス、SO/ポスコ建設、15人代表)
*洪俊基(ホン・チュンギ、SO/所属なし、元15人代表)
*朴玩龍(パク・ワンヨン、SH/韓国電力、15人代表)
*延権佑(ヨン・グォンウ、LO/韓国軍体育部隊(尚武)、15人代表、前/横河)
*金原用(キム・ウォンヨン、CT/ポスコ建設、15人代表)
*金グックソン(SO/韓国軍体育部隊(尚武))
*朴昶珓(パク・チャンミン、CT/三星重工業、元15人代表)
*盧炳官(ノ・ビョングァン、CT/ポスコ建設、15人代表)

 さて9月3日(金)、TLが開幕しました。

 注目の一戦「東芝-三洋」は、東芝のつなぐラグビーに三洋の的確で粘り強いDFが働きました。東芝が攻めてもノッコンなどのミスで撤退。三洋はお得意のターンオーバーからSOトニー・ブラウンのキックも功を奏してました。
 結果、三洋が東芝陣内で得た4PGをFB田邉が確実に決め12点。一方、東芝は終了間際、FBで途中出場(TL最年長出場記録=40歳4ヶ月4日)松田の突破からSOヒルがトライとGで7点を返しました。
 両チーム、来年のプレーオフでも暑い(熱い)試合をしてくれるでしょうね。

 三洋FL6劉永男(ユ・ヨンナム)は80分間、DFやラインアウトなどで働いてました。

<<TL第1節>>
東芝7(0-9)12三洋(9月3日、秩父宮)
*東芝1T1G(勝ち点1)、三洋4P(4)
東芝FB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、全南高・高麗大・尚武、代表)→出場なし、ケガから復帰しBチームで調整。
三洋FL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、仁川機械工高・檀国大・尚武、代表)→先発。
「80分間、頑張ることができた。僕より14人の力があり、東芝のプレッシャーは強かったが勝てて良かった。去年はケガをして満足なシーズンを送れなかった。今年はリーグの優勝に貢献するためいいプレーをします」

トヨタ自動車18(10-0)10サントリー(4日、愛知・豊田S)
*トヨタ2T1G2P(4)、サントリー1T1G1P(0)
*トヨタがサントリーを圧倒しました。サントリーは新しいスタイルが出ておらず、返って去年までの
良さが消えてました。

豊田自動織機17(3-10)16NTTコム(4日、豊田S)
*豊田織機2T2G1P(4)、NTT1T1G3P(1)
*織機が最後に逆転勝ち。両チームとも初戦に出しきった感じで今後が心配。
織機WTB徐忠植(ソ・チュンシク、서충식、韓国/養正高・朝明高・京都産業大)
→Bチーム。京産大卒後のブランクがありTLに向けた体力作りが課題。
NTTコムLO申鏞澈(シン・ヨンチョル、신용철、富川北高・延世大・尚武、代表)
→Bチームスタート、チームの新戦力加入でポジション争いが熾烈。

神戸34(15-3)3クボタ(4日、大阪・長居S)
*神戸6T2G(5)、クボタ1P(0)
*神戸がFWで圧倒した。NO8パスカが2Tと見せた。
クボタSH20李明根(リ・ミョングン、이명근、裡里工業高・延世大・尚武・大心通商・三星SDI・07-08季ワールド、前代表)→後半から。2人の外国人SO(ドゥーラム、ダルーダ)ともコンビ面で慣れて来た。

近鉄30(8-9)14リコー(4日、長居S)
*近鉄4T2G2P(5)、リコー1T3P(0)
*近鉄がリコーを一蹴した。近鉄SH金は素早いボール捌き見せた。リコーFL金ヨンデは殺人タックル、ターンオーバーを連発した。本当にヨンデのタックルは凶器ですね。
近鉄PR3成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、大阪朝高・帝京大(在日))
→先発。
近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원、韓国/養正高・朝明高・大阪体大、前日本代表、日本A候補)
→先発。シーズン前も好調。名前が「哲」になったのは元々、この字だったとのこと。
リコーFL7金栄デ(金に大、キム・ヨンデ、김영대、日本A、江の川高校・大阪産大・近鉄05-・ホンダ07-09(在日)、日本A代表)→先発。
リコーLO金永男(キム・ヨンナム、김영남、忠南大・尚武・三星SDI・08-09NTTドコモ、前代表)
→移籍1年目もBチームで。

ヤマハ29(9-14)14NEC(4日、静岡・ヤマハS)
*ヤマハ1T8P(4)、NEC2T2G(0)
*ヤマハが前半25分ころから、ペースをつかみ、後半に逆転した。FB五郎丸は8PG24得点のTL記録。
NECは前半、FWの押しで2Tを奪ったが、他に強みが無く、NO8ニリを封じられると苦しい。
ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、愛知朝鮮高・朝鮮大(在日)、日本7人制代表)
→先発。チームにとって欠かせない選手という評価。
NEC/SH安承火赫(アン・スンヒョク、안승혁、城南西高・高麗大・尚武、代表)→故障中。3年目を迎えたが故障が多いのがネック。
NEC/PR朴誠球(パク・ソング、박성구、ソウル大付高・延世大・尚武・08-09ヤマハ、代表)
→ヤマハから移籍、春の練習試合では1-3番をできる貴重な戦力だった。首のヘルニアを手術する予定。今季は無理という話し。

コカ・コーラ17(10-8)24福岡サニックス(4日、福岡・レベスタ)
*コカ2T2G1P(1)、サニックス3T2G1P(4)
*コカが後半32分にトライし17-8とリードし試合を決めたかに見えた。サニックスは途中交代のCTヘスケスが鋭い突破を見せ、38分に逆転のトライをあげた。
コーラLO金潔(キム・ギョル、김결、養正高・高麗大・09サントリーフーズ、代表)
→出場無し。春からフィットネス向上に取り組み身体もしまってきた。
 大型FWが相手のチームとは出場も。
サニックスPR3申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、ウォン=冫原、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高)
→先発。スクラムが強くなっている。
サニックスCTB崔基俊(チェ・キジュン、최기준、韓国/鎮海高・朝明高・帝京大中退)
→Bチーム。アジア枠やサニックス内競争のため。

<<トップイースト第1週>>
■9月11日(土)
◆横河武蔵野--キヤノン(横河G)
◎横河FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、大阪朝高・明治大(在日)、高校日本)
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、大阪朝高・同志社大(在))
◎キヤノンPR金光模(キム・グァンモ、김광모、仁川機械工高・檀国大・三洋05-、前代表)

◆三菱重工相模原--日野自動車(三菱G)
◎日野FL李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、檀国大、前代表)

◆IBM--サントリーフーズ(海老名)
◆JAL-栗田工業(栗田)

■9月12日(日)
◆東京ガス-秋田NB(秋田)
◆セコム-釜石SW(釜石)

<<トップウェスト第1週>>
■9月11日(土)
◆ホンダ--中部電力(鈴鹿)
◎ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈、富川北高・慶熙大・尚武・大心通商、代表)

◆NTTドコモ--大阪府警(大阪)
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅、延世大・尚武、代表)
◎ドコモFL鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、大阪朝高・帝京大・05IBM・08サニックス(在日)、10代表候補)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2010

上海セブンズ大会

  9月4日、5日に、中国・上海で「IRBアジアラグビーセブンズシリーズ2010 上海トーナメント」が開催されています。

 2連覇を狙う韓国代表。
 予選B組でグアム、インド、台湾と戦います。
 4日は、グアムに24-0と完勝。続くインドも35-7で退け2連勝しています。

◎A組=日本、タイ、マレーシア、シンガポール
◎C組=香港、中国、フィリピン、スリランカ
 
 韓国メンバーは監督が去年の優勝監督/金淵基氏(キム・ヨンギ、檀国大監督/09年優勝)です。
*コーチは、成海ギョン(ソン・ヘギョン、慶煕大コーチ)が担当。
選手は元・現の15人代表が多く占めています。
「韓国代表名簿」をダウンロード
<選手>
*李圭得(イ・ギュドク、FB/三星重工業、元15人代表)
*全鐘満(チョン・ジョンマン、SO/韓国電力、元15人代表)
*尹泰日(ユン・テイル、SO/三星重工業、15人代表))
*朴淳彩(パク・スンチェ、LO/ポスコ建設、15人代表)
*尹希壽(ユン・フィス、SO/ポスコ建設、15人代表)
*洪俊基(ホン・チュンギ、SO/所属なし、元15人代表)
*朴玩龍(パク・ワンヨン、SH/韓国電力、15人代表)
*延権佑(ヨン・グォンウ、LO/韓国軍体育部隊(尚武)、15人代表、前/横河)
*金原用(キム・ウォンヨン、CT/ポスコ建設、15人代表)
*金グックソン(SO/韓国軍体育部隊(尚武))
*朴昶珓(パク・チャンミン、CT/三星重工業、元15人代表)
*盧炳官(ノ・ビョングァン、CT/ポスコ建設、15人代表)

 

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

三洋、初戦飾る

 いよいよ9月3日(金)、TLが開幕しましたね

 昨日は秩父宮ラグビー場に後半開始直後に着いて、東芝7-12三洋戦を取材しました。
 遅れたのは、KJハングル講座事務当番で授業が終わってから行ったため。http://www.kjnavi.co.jp

 さて注目の一戦は、東芝のつなぐラグビーに三洋の的確で粘り強いDFが働きました。東芝が攻めてもノッコンなどのミスで撤退。三洋はお得意のターンオーバーからSOトニー・ブラウンのキックも功を奏してました。
 結果、三洋が東芝陣内で得た4PGをFB田邉が確実に決め12点。一方、東芝は終了間際、FBで途中出場(TL最年長出場記録=40歳4ヶ月4日)松田の突破からSOヒルがトライとGで7点を返しました。
 両チーム、来年のプレーオフでも暑い(熱い)試合をしてくれるでしょうね。

 三洋FL6劉永男(ユ・ヨンナム)は80分間、DFやラインアウトなどで働いてました。

<<TL第1節>>
東芝7(0-9)12三洋(9月3日、秩父宮)
*東芝1T1G(勝ち点1)、三洋4P
東芝FB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、全南高・高麗大・尚武、代表)→出場なし、ケガから復帰しBチームで調整。
三洋FL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、仁川機械工高・檀国大・尚武、代表)→先発。
「80分間、頑張ることができた。僕より14人の力があり、東芝のプレッシャーは強かったが勝てて良かった。去年はケガをして満足なシーズンを送れなかった。今年はリーグの優勝に貢献するためいいプレーをします」

トヨタ自動車-サントリー(4日、愛知・豊田S)

豊田自動織機-NTTコム(4日、豊田S)
織機WTB徐忠植(ソ・チュンシク、서충식、韓国/養正高・朝明高・京都産業大)
→Bチーム。京産大卒後のブランクがありTLに向けた体力作りが課題。
NTTコムLO申鏞澈(シン・ヨンチョル、신용철、富川北高・延世大・尚武、代表)
→Bチームスタート、チームの新戦力加入でポジション争いが熾烈。

神戸-クボタ(4日、大阪・長居S)
クボタSH20李明根(リ・ミョングン、이명근、裡里工業高・延世大・尚武・大心通商・三星SDI・07-08季ワールド、前代表)→リザーブ。2人の外国人SO(ドゥーラム、ダルーダ)ともコンビ面で慣れて来た。

近鉄-リコー(4日、長居S)
近鉄PR3成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、大阪朝高・帝京大(在日))
→先発。
近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원、韓国/養正高・朝明高・大阪体大、前日本代表、日本A候補)
→先発。シーズン前も好調。名前が「哲」になったのは元々、この字だったとのこと。
リコーFL7金栄デ(金に大、キム・ヨンデ、김영대、日本A、江の川高校・大阪産大・近鉄05-・ホンダ07-09(在日)、日本A代表)→先発。
リコーLO金永男(キム・ヨンナム、김영남、忠南大・尚武・三星SDI・08-09NTTドコモ、前代表)
→移籍1年目もBチームで。

ヤマハ-NEC(4日、静岡・ヤマハS)
ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、愛知朝鮮高・朝鮮大(在日)、日本7人制代表)
→先発。チームにとって欠かせない選手という評価。
NEC/SH安承火赫(アン・スンヒョク、안승혁、城南西高・高麗大・尚武、代表)→故障中。3年目を迎えたが故障が多いのがネック。
NEC/PR朴誠球(パク・ソング、박성구、ソウル大付高・延世大・尚武・08-09ヤマハ、代表)
→ヤマハから移籍、春の練習試合では1-3番をできる貴重な戦力だった。首のヘルニアを手術する予定。今季は無理という話し。

コカ・コーラ-福岡サニックス(4日、福岡・レベスタ)
コーラLO金潔(キム・ギョル、김결、養正高・高麗大・09サントリーフーズ、代表)
→出場無し。春からフィットネス向上に取り組み身体もしまってきた。
 大型FWが相手のチームとは出場も。
サニックスPR3申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、ウォン=冫原、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高)
→先発。スクラムが強くなっている。
サニックスCTB崔基俊(チェ・キジュン、최기준、韓国/鎮海高・朝明高・帝京大中退)
→Bチーム。アジア枠やサニックス内競争のため。

<<トップイースト第1週>>
■9月11日(土)
◆横河武蔵野--キヤノン(横河G)
◎横河FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、大阪朝高・明治大(在日)、高校日本)
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、大阪朝高・同志社大(在))
◎キヤノンPR金光模(キム・グァンモ、김광모、仁川機械工高・檀国大・三洋05-、前代表)

◆三菱重工相模原--日野自動車(三菱G)
◎日野FL李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、檀国大、前代表)

◆IBM--サントリーフーズ(海老名)
◆JAL-栗田工業(栗田)

■9月12日(日)
◆東京ガス-秋田NB(秋田)
◆セコム-釜石SW(釜石)

<<トップウェスト第1週>>
■9月11日(土)
◆ホンダ--中部電力(鈴鹿)
◎ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈、富川北高・慶熙大・尚武・大心通商、代表)

◆NTTドコモ--大阪府警(大阪)
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅、延世大・尚武、代表)
◎ドコモFL鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、大阪朝高・帝京大・05IBM・08サニックス(在日)、10代表候補)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2010

三洋・劉ら開幕出場

 あす9月3日(金)にTL開幕を迎えます。対戦カードごとにTLチームに所属する韓国人選手や在日選手の仕上がりや出場状況を掲載します。

<<TL第1節>>
東芝-三洋(9月3日、秩父宮)
東芝FB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、全南高・高麗大・尚武、代表)→出場なし、ケガから復帰しBチームで調整。
三洋FL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、仁川機械工高・檀国大・尚武、代表)→先発。

トヨタ自動車-サントリー(4日、愛知・豊田S)

豊田自動織機-NTTコム(4日、豊田S)
織機WTB徐忠植(ソ・チュンシク、서충식、韓国/養正高・朝明高・京都産業大)
→Bチーム。京産大卒後のブランクがありTLに向けた体力作りが課題。
NTTコムLO申鏞澈(シン・ヨンチョル、신용철、富川北高・延世大・尚武、代表)
→Bチームスタート、チームの新戦力加入でポジション争いが熾烈。

神戸-クボタ(4日、大阪・長居S)
クボタSH20李明根(リ・ミョングン、이명근、裡里工業高・延世大・尚武・大心通商・三星SDI・07-08季ワールド、前代表)→リザーブ。2人の外国人SO(ドゥーラム、ダルーダ)ともコンビ面で慣れて来た。

近鉄-リコー(4日、長居S)
近鉄PR3成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、大阪朝高・帝京大(在日))
→先発。
近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원、韓国/養正高・朝明高・大阪体大、前日本代表、日本A候補)
→先発。シーズン前も好調。名前が「哲」になったのは元々、この字だったとのこと。
リコーFL7金栄デ(金に大、キム・ヨンデ、김영대、日本A、江の川高校・大阪産大・近鉄05-・ホンダ07-09(在日)、日本A代表)→先発。
リコーLO金永男(キム・ヨンナム、김영남、忠南大・尚武・三星SDI・08-09NTTドコモ、前代表)
→移籍1年目もBチームで。

ヤマハ-NEC(4日、静岡・ヤマハS)
ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、愛知朝鮮高・朝鮮大(在日)、日本7人制代表)
→先発。チームにとって欠かせない選手という評価。
NEC/SH安承火赫(アン・スンヒョク、안승혁、城南西高・高麗大・尚武、代表)→故障中。3年目を迎えたが故障が多いのがネック。
NEC/PR朴誠球(パク・ソング、박성구、ソウル大付高・延世大・尚武・08-09ヤマハ、代表)
→ヤマハから移籍、春の練習試合では1-3番をできる貴重な戦力だった。首のヘルニアを手術する予定。今季は無理という話し。

コカ・コーラ-福岡サニックス(4日、福岡・レベスタ)
コーラLO金潔(キム・ギョル、김결、養正高・高麗大・09サントリーフーズ、代表)
→出場無し。春からフィットネス向上に取り組み身体もしまってきた。
 大型FWが相手のチームとは出場も。
サニックスPR3申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、ウォン=冫原、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高)
→先発。スクラムが強くなっている。
サニックスCTB崔基俊(チェ・キジュン、최기준、韓国/鎮海高・朝明高・帝京大中退)
→Bチーム。アジア枠やサニックス内競争のため。

<<トップイースト第1週>>
■9月11日(土)
◆横河武蔵野--キヤノン(横河G)
◎横河FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、大阪朝高・明治大(在日)、高校日本)
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、大阪朝高・同志社大(在))
◎キヤノンPR金光模(キム・グァンモ、김광모、仁川機械工高・檀国大・三洋05-、前代表)

◆三菱重工相模原--日野自動車(三菱G)
◎日野FL李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、檀国大、前代表)

◆IBM--サントリーフーズ(海老名)
◆JAL-栗田工業(栗田)

■9月12日(日)
◆東京ガス-秋田NB(秋田)
◆セコム-釜石SW(釜石)

<<トップウェスト第1週>>
■9月11日(土)
◆ホンダ--中部電力(鈴鹿)
◎ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈、富川北高・慶熙大・尚武・大心通商、代表)

◆NTTドコモ--大阪府警(大阪)
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅、延世大・尚武、代表)
◎ドコモFL鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、大阪朝高・帝京大・05IBM・08サニックス(在日)、10代表候補)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2010 | Main | October 2010 »