« 韓国春季リーグ、中高とも同点両校優勝 | Main | 韓国春季、三星とポスコが先勝 »

April 05, 2011

ソウル大付属高選手リストなど

 春季リーグ優勝のソウル大付属高校

 4月下旬からGWに行われるサニックスワールドユース大会に参加予定でした。
 参加は慶山高校に変更になりました。

ソウル大付属、春季リーグ決勝戦のメンバーと大会個人記録(5試合)を掲載します。

PR1/金オンフン
HO2/アン・チャンウ
PR3/金ギョンス=2T(PR1で2T)
LO4/金ヒョンミン
LO5/ソン・デリム
FL6/李ソンミン
FL7/ノ・オッギ=2T(FL6で1T)
NO8/朴ジュンヨン=3T(LO5で2T)
SH9/ハン・グミン
SO10/ソ・ジソク
WT11/ハン・サンギョン
CT12/金ソング=3T
CT13/呉ヒョンソク=2T(CT12で)
WT14/ソン・ヨンヒョン=2T
FB15/リュ・ジェヒョク=4T16G4P
→FBリュが計64点をあげる
(5試合総得点134点中48%)
大会MVPとなった。
16/カン・ホヨン
17/リュ・ヒョンジュン
18/ペク・ミンソク
19/カン・ヒョンジェ
20/ホン・ジュンファ
21/金ユンジュン
22/朴ジョンス

 今大会、力がついたと思われたのがミョンソク高校です。
強豪/大邱商苑高と15-14、富川北高40-35といずれも敗れましたが、白新高を41-12で下しました。

 その理由は、ミョンソク高校は大田市(テジョン)にあった強豪/元東亜工高(現/東亜マイスター)が昨年、廃部になり選手と指導者を受け入れたそうです。
 
 昨年の主力選手(1年生と2年生)がそのまま残っており、期待されていました。
 選手も、大田の佳陽(カヤン)中学校からラグビーを始めています。
 指導者が元東亜工高のイム・ビョンゴン(監督)、ホン・スンフィ(コーチ)、二人とも壇国大出身です。

|

« 韓国春季リーグ、中高とも同点両校優勝 | Main | 韓国春季、三星とポスコが先勝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ソウル大付属高選手リストなど:

« 韓国春季リーグ、中高とも同点両校優勝 | Main | 韓国春季、三星とポスコが先勝 »