« 今年2回目の延高戦、延世大が連勝 | Main | トヨタに李光紋(イ・グァンムン)復帰 »

June 01, 2011

アジア5カ国D1、韓国、シンガポールが決勝へ

 アジア5カ国対抗の下位グループ「2011 ディビジョン1(D1)」は6月1日(水)、韓国・京畿道安山市の安山(アンサン)WAスタジアムで始まりました。

 1日の第1試合でシンガポールがマレーシアに52-17で勝ちました。
 第2試合は韓国がフィリピンのディフェンスにてこずりながらも34-20で下し4日(土)、決勝でシンガポールと対戦します。写真はアジア連盟から。
Kf2011601

 安山WAスタジアムはサッカーK2(J2に該当)の『安山ハレルヤ』のホームスタジアム。
ソウル市内から地下鉄4号線に乗り2時間近く。「古桟(コジャン)駅」下車。
1番出口から徒歩10分。出口からスタジアムが見えます。
安山WAスタジアムサイト

 1年で「トップ5」復帰を目指す韓国の他、フィリピン、シンガポール、マレーシア
が激突する。
<<日程>>
■1日(スタジアム補助競技場)
シンガポール52-17マレーシア(13:00-)
韓国34(22-8)20フィリピン(15:30-)
*韓国5T3G1P、フィリピン3T1G1P
*韓国T=前半:WT金光ミン(キム・グァンミン)、NO8朴淳彩(パク・スンチェ)、SO尹泰日(ユン・テイル)
後半:WT金光ミン(キム・グァンミン)、FL金ヒョンス(尚武)

試合観戦した韓東浩・韓国女子7人制代表監督(元NEC)
「韓国選手は相手が弱いと思いなめてしまった。プレーが軽くラックからの2次,3次攻撃も工夫が無くフィリピンディフェンスの餌食になった。スクラムは、前半は圧倒したが後半、選手を替えると差が6対4くらいになった。唯一、目だった選手は後半、追加点のトライを決めたFL金ヒョンス。精神的な面を修正しないと決勝も厳しい」

■4日(メイン競技場)
◆3位決定(13:00-)
マレーシア-フィリピン

◆決勝(15:00-)
韓国-シンガポール

出場する韓国代表スタッフ3人と選手30人が発表された。
2011k15mem

■監督は昨年に引き続き金明主(キム・ミョンジュ。62-8-17生)ポスコ建設監督が指揮する。
■コーチは徐天吾(ソ・チョンオ。67-8-3)韓国軍体育部隊(尚武)監督
■選手には日本チーム所属の6人が選ばれた。
*PR金光模(キム・グァンモ、キヤノン)、*HO朴誠球(パク・ソング、NEC)、*LO金潔(キム・ギョル、コカ・コーラ)、*LO申鏞澈(シン・ヨンチョル、キヤノン)、*FL延権佑(ヨン・グォンウ、横河武蔵野)、SH安承ヒョッ;(アン・スンヒョッ、NEC、*ヒョッ=火編に赤が2つ)。

■選手(Nは初選抜)
<PR>
*金會哲(キム・フェチョル、慶煕大、187/120/89-12-24)
*呂裕宰(ヨ・ユジェ、ポスコ、180/115/86-2-20)
*金光植(キム・グァンシク、ポスコ、180/130/85-11-8)
*金光模(キム・グァンモ、06三洋→10キヤノン、187/118/79-9-19)
<HO>
*黄敏敍(ファン・ミンソ、三星重工業、180/110/85-11-16)
*HO朴誠球(パク・ソング、08ヤマハ→10NEC、180/120/83-7-22)
<LO>
*朴鏞敦(パク・ヨンドン、ポスコ、185/102/80-8-13)
*金潔(キム・ギョル、09サントリーフーズ→10コカ・コーラ、193/107/85-5-4)
*N朴ムヒョン(延世大、189/87/89-5-30)
*申鏞澈(シン・ヨンチョル、09NECコム→11キヤノン、190/103/84-10-25)
*林正民(イム・ジョンミン、尚武、191/100/88-11-21)
<FL>
*N金ヒョンス(尚武、182/95/88-11-8)
*文祥容(ムン・サンヨン、ポスコ、182/98/85-7-9)
*金晶珉(キム・ジョンミン、10年代表主将、韓国電力、180/90/83-3-15)
*延権佑(ヨン・グォンウ、07横河武蔵野→09尚武→10横河、185/110/85-1-23)
<NO8>
*韓建圭(ハン・ゴンギュ、韓国電力、186/105/87-1-22)
*朴淳彩(パク・スンチェ、ポスコ、187/98/85-8-20)
<SH>
*朴玩龍(パク・ワンヨン、韓国電力、173/77/84-6-2)
*安承ヒョッ(アン・スンヒョッ、08NEC、182/83/83-3-23)
<SO>
*尹泰日(ユン・テイル、三星、181/75/83-10-4)
*洪俊基(ホン・ジュンギ、仁川体育会、183/90/83-6-16)
<CTB>
*金成洙(キム・ソンス、韓国電力、183/93/83-7-27)
*金原用(キム・ワンヨン、ポスコ、174/80/86-1-5)
*朴魯訓(パク・ノフン、一般、180/95/86-1-16)
*N金南ウク(キム・ナンウク、高麗大、177/85/90-2-5)
*Nイム・ジェボム(三星、183/86/86-8-13)
<WTB>
*盧柄官(ノ・ビョングァン、ポスコ、178/85-85-2-2)
*N金光ミン(キム・グァンミン、尚武、178/76/88-4-2)
<FB>
*崔時原(チェ・シウォン、三星、185/85/86-4-5)
*N李義ギュ(イ・ウィギュ、尚武、185/85/88-8-6)

◎選手リスト(ワード形式)がご希望のラグビー関係者の方は
見明メールまで
fwid1652*nifty.com
*を@にかえてご連絡下さい。
必ずお名前、チーム名、社名などご記入下さい。
送る必要がないと判断した方には送付いたしません。

|

« 今年2回目の延高戦、延世大が連勝 | Main | トヨタに李光紋(イ・グァンムン)復帰 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アジア5カ国D1、韓国、シンガポールが決勝へ:

« 今年2回目の延高戦、延世大が連勝 | Main | トヨタに李光紋(イ・グァンムン)復帰 »