« ラグビーマガジン11月号 | Main | 高麗が4年ぶり延世を下す! »

September 27, 2011

ジャパン!あぁーーー!!

 2011ラグビーワールドカップNZ大会。

 プールAの日本は9月27日(火)カナダと最終戦を行い23-23の引き分け、1分け3敗と07年大会と同じ成績で終えた。
<<2011RWC>>
■日本23(17-7)23カナダ
*日本2T2G3P(勝ち点2)、カナダ3T1G3P(勝ち点6)
*日本が後半26、33分にSOアレジがPGを決め23-15とリードしていた。
カナダはSOモンロが35分にトライで23-20とすると終了間際39分モンロのPGで追いついた。
07年大会は、終了間際に日本がカナダにトライとゴールで12-12と追いついたが、今回は間逆となった。
カナダは1勝1分け1敗。
10月2日のNZ戦は敗北でしょう。しかしライバル・トンガ(勝ち点5)がフランスに敗れる確立も高い。
カナダは、ほぼプールA3位を確定し15年ロンドン大会出場権を確実にしたでしょうね。

 ジャパンは、公約した2勝はおろか1勝もできなかった。
 4年間、巨額の運営資金をかけた日本ラグビー協会代表委員会ら幹部、チーム首脳陣ら全員の猛省と責任の所在をはっきりした上で、日本ラグビー再生が必須となった。

 25日はサントリーとサニックスの練習試合を見に、府中市のサントリーグラウンドを訪ねました。
2011_0925sanxat
 
 関東大学リーグ戦2部、朝鮮大は開幕戦で専修大と対戦し7-47で敗れました。
(写真とデータ提供:ラグビーマガジン松本記者)
20110925csh

■サニックス45(12-28)35サントリー
*サニックス7T6G、サントリー5T5G
◎サニックスPR3申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、ウォン=冫原、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高)
→先発。
2011_0925snx3sin

 トップリーグ練習試合サントリーサンゴリアス対福岡サニックスブルースが25日、サントリーグランドで行われた。
 前半から両者ともボールをつなぎグランドを大きく使う展開ラグビーを繰り広げ、後半37分にサニックスが逆転トライを奪い47-35(前半12-28)で勝利した。
 前半がサントリーが新アタッキングシステムを披露し5分、7分にFBヒューワットがトライを決め自らゴールも成功し0-14とした。
2011_0925sut15g

 サニックスがCTB小野のトライなど2トライ1ゴールで14-12と迫ったが、サントリーは終了間際37分にCTB12宮本啓がWTB14村田のゲインで得たスクラムかトライ、39分はSH成田が決め12-28で折り返した。
 
 後半立ち上がりからサニックスがペースをつかみ4分小野、8分トゥピがいずれも早い展開でトライし26-28と2点差に。
 サントリーは16分、CTB岸和田がトライ、G成功で26-35とした。
 25分前後、サントリーがサニックスゴール前でアタックするも反則で機会を逸した。
 するとサニックスは右WTBに入ったヘスケスが再三、突破を見せた。
2011_0925snx22hsks

 そして30分ペナルティーからボールをスタートするとヘスケスが右ライン際を独走し中央にトライ33-35へ。
 37分には小野のゴール前に落としたキックパスをCTB13藤原が持ち込み逆転。
 ロスタイム43分には逆転を狙ったサントリーのアタックを防いだサニックスが逆襲しヘスケスがトライを決め終了した。
2011_0925snx22hsks2

*サニックス藤井監督「今日はサントリーに日本代表や外国代表選手がいないのでとにかく勝ちたかった。カウンターアタックからのトライを目指していたので上手くできたと思います。後半5トライは相手が疲れていましたね」

*サントリー竹本主将「後半はサニックスさんのラグビーに付き合ってしまいました」
2011_0925sutcap

*サントリー/Eジョーンズ監督「後半途中までは新アタッキングシステムも機能しトライを奪えたのでよかった。2日前に8kmを走り今日は、疲れに対して頑張れるか試した。今季の新しい旅は始まったばかりです」
*サントリーSO10曽我部は好調
2011_0925sgbe

  <<2011RWC>>
■POOLA
◆トンガ31-18日本(21日)
*トンガ3T2G4P(1勝2敗)、日本3T1G(3敗)

<<TED1>>
■第3週
◆東京ガス31(19-7)26日野自動車(23日、ガス)
*ガス5T3G、日野4T3G
◎日野NO8李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、裡里工→檀国大→尚武、前代表)
20110911h81_2
→先発。後半22分1T!

◆三菱重工相模原50(31-3)3日本IBM(24日、秩父宮)
*相模原8T5G、IBM1P

◆クボタ33(13-6)6栗田工業(25日、クボタ)
*クボタ5T1G2P、栗田2P
◎クボタLO5金永男(移籍、キム・ヨンナム、김영남、忠南大・尚武・三星SDI・08-09NTTドコモ、10リコー、前代表)
Kbt5kim11918lo
→先発。
◎クボタSH李明根(リ・ミョングン、이명근、裡里工業高・延世大・尚武・大心通商・三星SDI・07-08季ワールド、前代表)→リハビリ中。

◆キヤノン104(34-3)3秋田NB(秋田)
*キヤノン16T8G、秋田1P
◎キヤノンPR17金光模(キム・グァンモ、김광모、仁川機械工高・檀国大・三洋05-、前代表)
→リザーブ。出場なし。
◎キヤノンLO申鏞澈(移籍、シン・ヨンチョル、신용철、富川北高・延世大・尚武・10NTTコミュニ、代表)
→韓国からの情報ではキヤノン退部、韓国電力入社らしい。
◎秋田PR3趙珍炫(チョ・チンヒョン、檀国大、学生時代に三洋練習参加)
Akit3c119181
→先発。

◆釜石SW20(3-10)15横河武蔵野(盛岡南)
*釜石2t2G2P、横河2T1G1P
◎横河FL6延権佑(復帰、ヨン・グォンウ、연권우、忠北高・高麗大・07横河・09尚武、代表)
→先発。後半42分1T。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、大阪朝高・明治大、在日、高校日本)
→先発。
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、大阪朝高・同志社大、在日)→メンバー外。

<順位、25日まで>
キヤノン(勝ち点15)、三菱(15)、クボタ(14)、東京ガス(14)、釜石(10)、栗田(5)
横河(1)、IBM(0)、日野(2)、秋田(0)
<<トップウェストA>>
■第1週
◆豊田自動織機23(6-5)5大阪府警(17日、瑞穂)
*織機3T1G2P、府警1T
◎織機WTB徐忠植(ソ・チュンシク、서충식、養正高・三重/朝明高・京都産業大)
→メンバー外

◆中部電力33(12-7)7JR西日本(瑞穂)
*中部5T4G、JR西1T1G

<<トップ九州>>
■第3週(25日)
◆九州電力95(45-7)7福岡銀行
*九電15T、福岡1T
◆JR九州59(19-10)15三菱重工長崎
*JR九8T、長崎3T

<<関東大学対抗戦>>
■第3週
◆早稲田大129(63-0)0成蹊大(24日、松本)
*早稲田19T17G
◎早稲田FL6金正奎(2年、常翔啓光学園)→先発、前半1T。
◎早稲田FL呉泰誠(2年、大阪朝鮮)→メンバー外。

◆慶應大67(29-7)12日本体育大(同)
*慶應11T6G、日本体大2T1G
◎日体FL18朴勇(4年、江北)→リザーブ。後半14分LO5交替。

◆帝京大
◎帝京HO白隆尚(4年、啓光学園)→。
◎帝京NO李聖彰(2年、東京朝鮮)→。
◎帝京CTB権正赫(3年、慶山-三重/朝明)
◎帝京SO朴成基(1年、大阪朝鮮)
◎帝京CTB権裕人(1年、大阪朝鮮)

◆明治大、筑波大
◎明治PR南誠大(4年、東京朝鮮高)
◎明治PR金弘泰(4年、大阪朝鮮高)
◎明治LO梁哲盛(3年、大阪朝鮮高)
◎明治FL朴鐘圭(2年、大阪朝鮮高)
◎明治LO南宗成(1年、大阪朝鮮高)
◎明治NO8趙誠慶(1年、大阪朝鮮高)

<<関東大学リーグ戦1部>>
■第3週
◆東海大27(20-10)10法政大(25日、秩父宮)
*東海3T3G2P、法政1T1G1P
◎法大CTB21金勇輝(1年、大阪朝鮮)→リザーブ。出場なし。

◆中央大20(17-7)17拓殖大(同)
*中央2T2G2P、拓殖3T1G

◆流通経済大34(21-7)14日本大(25日、熊谷)
*流通5T3G1P、日大2T2G
◎日大PR3高信貴(3年、天理)→先発。
(以下メンバー外)
◎流経PR表在胤(2年、三重/朝明)
◎流経FL金泰澔(1年、熊本/文徳)
◎流経FL申盛浩(1年、韓国/忠北)
◎日大NO8李哲豪(4年、東京朝鮮)
◎日大WTB権昴貴(4年、國學院久我山

◆大東文化大25(22-12)24関東学院大(同)
*大東3T2G2P、関東4T2G
◎関東学院FB高健二(4年、大阪朝鮮)→先発。前半6分先制Tなど。
◎大東LO金哲弘(4年、東京朝鮮)→メンバー外

<<関東大学リーグ戦2部>>
■第1週
◆埼玉工大41(24-7)24東洋大(25日、熊谷B)

◆立正大76(31-7)7白鴎大(同)

◆専修大47(21-7)7朝鮮大(日大)
朝鮮大メンバー
1玄忠賢/大阪朝高・1
2李京柱/大阪朝高・1
3梁仁照/大阪朝高・2
4高世柱/大阪朝高・2
5朴泰義/東京朝高・3
6金誠治/大阪朝高・2
7鄭潤哲/東京朝高・2
8李尚峰/愛知朝高・1
9金翔午/大阪朝高・3
10金淳志/大阪朝高・3
11姜勝利/愛知朝高・3
12呉衡基/大阪朝高・3
13李明浩/九州朝高・4(主将・写真下)
20110925ccapl

14高亮祐/大阪朝高・3
15金大宇/大阪朝高・3
16張營眞/北海道朝高・4
17金大樹/東京朝高・2
18宋翔宇/東京朝高・3
19朴夏寿/東京朝高・1
20白承大/東京朝高・3
21金時裕/大阪朝高・1
22文水剛/九州朝高・1

*李鍾基(リ・チョンギ)監督
「スクラムでの劣勢はある程度想定していましたが…やられてしまった。前半出だし、専修はよくなかった。こちらの勢いのあるうちにもっと取れれば。敵陣でマイボールのラインアウトもあったのに取れなかった。その辺りをもう少し正確にしていくべきだと感じた。立ち上がりは重要視しています。春から夏、テーマとしてきたのはディフェンス。前に出て止めることですね。途中で切れなければ、もっといけたのですが。今季の目標は、リーグ全勝、制覇するつもりでやってきています」

◆山梨学院大58(19-10)13玉川大(同)

<<関西大学Aリーグ>>
■第1週
◆関西学院大12(12-14)26立命館大(25日、花園)
*関西2T1G、4T3G
(関西)
◎PR16張泰堉장육진(チャン・デユッ4年、大阪朝鮮高、182/106)→リザーブ。出。
◎LO金宏昭김굉조(キム・ケンソ3年、大阪朝鮮高、178/80)
◎CTB康貴碩강기석(カン・キソク3年、大阪朝鮮高、167/70)
◎FB康貴普(カン・キボ3年、大阪朝鮮高、169/71)
◎HO2金寛泰(キム・ガンテ1年、大阪朝鮮高、176/100)→先発。
◎WTB金尚浩(キム・サンホ1年、大阪朝鮮高、182/82)
◎FB高陽日(コ・ヨンイル1年、大阪朝鮮高、180/83)

◆天理大67(24-3)3京都産業大(同)
*天理11T6G、京産1P
(天理)
◎NO8高一永고일영(3年、韓国/培材高、177/90)
◎HO金大樹(3年、神戸科学技術、171/90)
◎FL金珍成(2年、朝明高、177/83)
(京産)
◎LO梁拓真(1年、大阪朝鮮高、179/85)
◎FL姜栄基(1年、常翔啓光高、170/79)
◎SH梁正秋(1年、大阪朝鮮高、170/63)
◎SO金栄均(1年、朝明高、170/72)

◆大阪体育大34(28-6)12摂南大(花園B)
*体大4T4G2P、摂南2T1G
(体大)
◎NO8南仁錫남인석(4年、韓国-朝明高、182/105)
◎WTB11李修平(4年、日新、179/80)→先発
◎PR16王鏡聞(2年、養正高-朝明高、175/100)→リザーブ。出。
(摂南)
◎PR朴賢樹박현수(3年、大阪朝鮮高、176/95)
◎丁将煌정장황(4年、神戸朝鮮高、180/88)
◎SH金成太김성태(4年、大阪朝鮮高、160/60)
◎FB李一貴이일기(4年、大阪朝鮮高、168/61)
◎PR金哲弘(1年、大阪朝鮮高、173/83)

◆近畿大15(10-18)30同志社大(同)
*近畿2T1G1P、同志社5T1G1P
(同志社)
◎PR1張和裕장화유(4年、大阪朝鮮高、176/103)→先発。
◎HO2金志龍김지용(3年、大阪朝鮮高、169/80)→先発。
◎CTB趙宣道(4年、名古屋、174/78)
(近畿)
◎NO8趙顕大(4年、大阪朝鮮高、174/89)→先発。
◎CTB22益井翔太(4年、大阪朝鮮高、172/83)→リザーブ。出。
◎FB朴泳輝(4年、神戸朝鮮高、182/83)
◎LO金誠剛(3年、大阪朝鮮高、181/87)
◎PR黄尚玄(1年、大阪朝鮮高、173/93)
◎FL鄭宏基(1年、大阪朝鮮高、171/76)

<<TL>>
■パナソニック
◎三洋FL劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、仁川機械工高・檀国大・尚武、代表)
→メンバー外。

■トヨタ
◎トヨタFL李光紋(移籍。イ・グァンムン、이광문、忠北高・高麗大・尚武・08サントリー・09韓国電、代表)

■NEC
◎NEC/SH安承火赫(アン・スンヒョク、안승혁、城南西高・高麗大・尚武、代表)
◎NEC/PR朴誠球(パク・ソング、박성구、ソウル大付高・延世大・尚武・08-09ヤマハ、代表)

■リコー
◎リコーFL金栄デ(金に大、キム・ヨンデ、김영대、日本A、江の川高校・大阪産大・近鉄05-・ホンダ07-09(在日)、日本A代表)

■福岡サニックス
◎サニックスPR申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、ウォン=冫原、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高)
◎サニックスCTB崔基俊(チェ・キジュン、최기준、鎮海高・三重/朝明高・帝京大中退)
◎サニックスFL慎賢宇(新規、シン・ヒョンウ、東京朝鮮高・朝鮮大、在日)

■近鉄
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、大阪朝高・帝京大、在日)
◎近鉄SH金哲元(キム・チョルウォン、김철원、養正高・三重/朝明高・大阪体大、前日本代表、日本A候補)

■コカ・コーラ
◎コーラLO金潔(キム・ギョル、김결、養正高・高麗大・09サントリーフーズ、代表

■ヤマハ
◎ヤマハWTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、愛知朝鮮高・朝鮮大(在日)、日本7人制代表)

■NTTドコモ関西
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、延世大・尚武、韓国代表)
◎ドコモFL鄭智弘(チョン・チホン、大阪朝高・帝京大・IBM、在日)

■ホンダヒート
◎ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、富川北高・檀国大・尚武・大心通商、韓国代表)
◎ホンダPR金英根(移籍、キム・ヨングン、김영근、釜山南高・延世大・三星SDI、元韓国代表)

<<関西大学Bリーグ>>
■大阪産業大
◎HO尹淳樹윤순수(4年、大阪朝鮮高、165/83)
◎FL夫聡洙부총수(3年、大阪朝鮮高、177/77)

|

« ラグビーマガジン11月号 | Main | 高麗が4年ぶり延世を下す! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ジャパン!あぁーーー!!:

« ラグビーマガジン11月号 | Main | 高麗が4年ぶり延世を下す! »