« 韓国国体、高校決勝は富川北と順天工業に | Main | 横河が試合自粛、週末ラグビー »

October 12, 2011

韓国国体、一般はポスコ3連覇、高校は富川北高2連覇達成

 2011年・韓国ラグビー最後の大会=国体「第92回全国体育大会」が、10月6日開幕しました。

 最終目の12日は高校と一般・大学の決勝が行われ高校は2連覇を狙った地元・富川北高が順天工業高が前半のリードを守り26-24で振り切り栄冠を勝ち取りました。
 一般・大学は大会3連覇をポスコ建設が41-12で勝利し達成しました。初めて決勝へ進んだ地元・慶熙大(京畿道)は王者を崩せませんでした。
 
会場:京畿道/安山湖水公園グラウンド。一般・大学11チーム、高校13チームがトーナメントで争いました。

「大学一般日程結果」をダウンロード
「高校日程結果」をダウンロード 
「11韓国日程記録」をダウンロード
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。

<<第92回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(12日・水、14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)41(26-7)12慶熙大(京畿道)
*ポスコ6T4G1P、慶熙大2T1G
*前半でポスコが試合を決めた。4分LO5朴ヨンドン(元代表)の先制T、Gを21金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決めて7-0.慶熙は13分PR3金ヒチョルがTするとGはWTB14イム・ドンゴンが決めて7-7と追いついた。しかしポスコは3分後にSO10ユン・ヒス(代表)のT、金G成功で14-7へ。20分にもPR3金光植(キム・グァンシク、代表)のTに金G、31分WTBチョ・インス(代表)のTなどで26-7とした。
後半も9分CTB13ノ・ピョングァン(代表)のT,金Gも決まり33-7とし試合を決めた。慶熙は32分にWTB14イムのTで5点を返すのがやっとだった。

■準決勝(10日・月、13:00-)
◆三星重工業(慶尚南道)12(7-6)20慶熙大(京畿道)
*前半2分慶熙大がWTBイム・ドンゴンのPGで先制、イムは21分にもPGで0-6とした。三星は38分SH9ホン・ギナムのTとSO10イムジェボムのG成功で7-6で逆転し前半を終えた。後半に入っても7分、三星がFB15朴チャンミン(元代表)のTで12-6とリードを広げた。しかし14分にFL呉スンジョン(代表)がシンビンで退場となると1分後に慶熙がFL7李ゴンウがTを奪い、Gをイムが決め13-12と逆転した。慶熙がリードを保ちながら試合は進み35分、イム自身がTとGで20-12とし金星を獲た。

◆ポスコ建設(慶尚北道)36(26-13)27延世大(ソウル市)
*5T4G1P、延世3T3G1P
*先制は延世。1分SO10朴フンシクがPGを成功し0-3。ポスコは前半4分、PR1ヨ・ユジェ(代表)のTで逆転、GはCTB13金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決め7-3。しかし8分、延世がWTB11チェ・ニコラスのTにSOもGをきめ7-8と逆転した。ここからポスコのペーストなり11分NO8チョ・チョルヒョン(元代表)のTで12-10とこの試合計3度目の逆転。29分LO5朴ヨンドン(元代表)のT、金G成功し19-10へ。33分にもWTB14権スグァンのT、G金成功で26-10と差を広げた。延世は38分SO朴のPGで3点を返した。
 後半5分、ポスコはCTB12金鐘ス(代表、元豊田織機)のTなどで33-13。延世は26分HO2ナ・グァンヨン、36分LO5チャン・ソクファンのT(Gは朴成功)で33-27と迫った。しかしここまで。最後38分にポスコ金が確実にPGを決め終了した。

■2回戦(8日・土)
◆A1慶熙大(京畿道)73(51-0)5釜山大(釜山市)/11:00-
慶熙12T5G1D、釜山1T
*慶熙が前半4分、SHシン・ギチョルのTを皮切りに前半だけで9T3Gを奪い圧勝した。

◆A2三星重工業(慶尚南道)31(5-14)17韓国電力(江原道)/14:20-
*三星5T3G、韓電2T2G1P
*前半3分、先制は三星WTB14李ジンウクのTで5-0。13分に韓電はFB15金近ヒョン(元代表)がTを返し同点、コンバージョンをSO呉潤衡(オ・ユンヒョン、代表)が決め5-7と逆転した。韓電は24分にCTB13金成洙(キム・ソンス、代表)のT、呉G成功で5-14とリードを広げた。
 後半に入り、三星は3分、SO尹泰日(ユン・テイル、代表)がT、GをCTB12朴魯フン(パク・ノフン、代表)が決め14-12と逆転した。さらに13分朴のTをCTB13李圭ドク(代表)が成功し19-14とした。5分後、韓電は呉のPGで19-17と2点差に迫った。35分、三星はHO2黄ミンソ(ファン・ミンソ、代表)のT、最後40分にFB崔時原(チェ・シォン、代表)がTし試合を終えた。

◆B1仁川体育会(仁川市)9(9-29)50延世大(ソウル市)/16:00-
*仁川3P、延世8T5G
*延世が前半7分、WTB11呉ガンヨンのT、SO10朴フンシクのG成功で0-7と先制。13分に朴のTにGで0-14。仁川は19分SO10洪俊基(ホン・ジュンギ、代表)のPGで3-14に。しかし延世は前半にその後も3Tしたが、仁川は洪の2PGのみだった。後半は延世が確実に3T3Gを奪い準決勝へ。

◆B2ポスコ建設(慶尚北道)60(31-0)12檀国大(忠清南道)/12:40-
*ポスコ10T5G、檀国2T1G
*前半で試合が決まった。ポスコは開始50秒でWTB21金原用(キム・ウォンヨン、代表)がTを奪った。18分にHO2チョン・ヨンジェのTに金のG成功で12-0。21分FB15朴ウンシクのT、27分CTB12金鐘洙(キム・ジョンス、代表。前豊田織機)のTに金のG,さらに32分は金のTとGで31-0とした。後半、檀国は0-43の14分、FL6朴ヨンウクのTが生まれた。

■1回戦(6日・木)
◆A韓国電力(江原道)91(55-10)31圓光大(全羅北道)/13:40-
*韓電14T9G1D、圓光5T5G1P
(韓電=黄色)
Img_4178ke

◆B3延世大(ソウル市)78(32-0)10開明大(大邱市)/15:20-
*延世14T4G、開明2T
(延世=ブルー)
Img_4183yns

◆B4檀国大(忠清南道)85(33-10)18忠南大(大田市)/12:00-
*檀国13T10G、忠南3T1P

<高校>
■決勝(12日・水、13:00-)
◆富川北高(京畿道)26(19-0)24順天工業高(全羅南道)
*富川4T3G、順天4T2G
*富川が前半のリードを守り辛うじて逃げ切った。前半7分CTB12李ジョンファンのTで先制するとGはFB15韓サンホが決め7-0.15分にはSO10呉スンヒョンT、韓G成功で14-0.さらに25分WTB11文ヨングルがTを奪い19-0で前半を終えた。
後半も2分CTB李のTと韓Gで26-0へほぼ試合を決めたかに見えた。ここから順天が反撃開始。4分PR1ト・ヒョクソンがTしGはWTB14金ジタクが決め7点を返した。13分にはFL7文ソンイルのT、G金も成功し26-14へ。すると21分FL6李サンジュンがTで26-19と1T1Gへ迫った。そして29分、PR1トがTを決めたがG失敗、26-24でノーサイドとなった。

■準決勝(11日・火、13:00-)
◆富川北高(京畿道)24(7-10)24ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川4T2G、ソウル3T3G1P
*先制はソウル。前半2分、PGをFB15リュ・ジェヒョクが決め0-3.27分、ソウルはHO2金ウォンジュンのTとリュG成功で0-10とした。終了30分、富川はSH9ソ・ハンスルのTにFB15韓サンヒョンのGで3点差で前半を終えた。
 後半5分、富川がWTB14金ヨンフンのTで12-10と逆転した。11分ソウルは自慢のFWでペナルティーTを奪い12-17と再度、逆転。15分にもWTB14ソン・ヨンヒョンのT、リュGで12-24とした。しかし20分ソウルWTB11韓サンギョンがシンビンで退場となった1分後、富川がCTB12李ジョンハンのT、FB韓もGし17-24に。そして25分、FB韓がTするとGはNO8金スングが確実に決め24-24の同点とした。

◆順天工業高(全羅南道)18(13-14)14仁川機械工業高(仁川市)
*順天3T1P、仁川2T2G
*順天が鮮やかに逆転し全国大会初の決勝進出を果たした。前半7分、順天LO4金テヒョンのTで先制すると12分WTB14金ジタクのPGで8-0.仁川は16分にLO5李ガンゴンがT、GもSO10金スミンが決め8-7に。23分順天はNO8ソン・グァンジェが逆転Tを奪いGも決まり8-14とした。順天は26分、SH9ホ・ジェジュンがTし13-14で前半を終えた。
後半は一進一退。17分順天PR3金ヒョンホのTで18-14となり、そのままノーサイドに。

■2回戦(9日・日)
◆A1富川北高(京畿道)21(7-8)16慶山高(慶尚北道)/15:45-
*富川3T3G、慶山2T2P
*慶山が前半12分、SH9チュ・ウヒョンのTで先制(0-5)。20分富川がWTB11ムン・ヨングルのTで追いつきGもFB15ハン・サンフンが決め7-5と逆転した。しかし終了間際30分に慶山CTB13金ギペクのPGで7-8と再度、逆転した。
 後半2分、富川はWTBムンの2つ目のTで再逆転(G成功14-8)。8分にもCTB12李ジョンファンのT(G成功)21-8とした。慶山は22分LO5金サンジンのT、28分CT金のPGで5点差に迫ったが試合が終わった。

◆A2全南高(光州市)10(5-24)41ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)/13:15-
*全南2T、ソウル6T4G1P
*ソウルは13分WTBソン・ヨンヒョンのTを最初に18分まで3Tをあげた。全南は23分、後半30分にSH9李テスが2Tを返した。

◆B1順天工業高(全羅南道)52(38-7)7オサン高(忠清南道)/12:00-
*順天8T6G、オサン1T1G
*順天が前半1分WTB14金ジテクのTを皮切りに19分までに5Tを奪い試合を決めた。金は2T6Gの22得点。

◆B2・仁川機械工業高(仁川市)32(24-12)26釜山体育高(釜山市)/14:30-
*仁川4T3G2P、釜山4T3G
*@PGの差で仁川が勝った・前半は先制し一度、18分釜山に逆転されたが20分FL7ウン・チョンウンのTとSO10金スミンのG成功で14-12と再逆転した。前半終了間際にもWTB11朴スミンのT、SO金Gで24-12。後半も1分PR1金ギウンのTで29-12とするなどリードを守り勝利した。

■1回戦(7日・金)
◆A3慶山高(慶尚北道)48(24-0)3鎮海高(慶尚南道)/16:00-
*慶山8T4G、鎮海1P

◆A4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)32(15-5)17忠北高(忠清北道)/13:30-
*ソウル5T2G1P、忠北3T1G
(黒=ソウル)
Img_4191shcb

◆B3順天工業高(全羅南道)34(24-5)12ミョンソク高(大田市)/11:00-
*順天5T3G1P、ミョンソク2T1G

◆B4裡里工業高(イリ・全羅北道)3(3-14)26オサン高(忠清南道)/12:15-
*イリ1P、オサン4T3G

◆B5大邱商苑高(大邱市)17(12-17)22釜山体育高(釜山市)
*大邱3T1G、釜山4T1G
 
<<参考。2010年第91回大会>>
<会場:韓国南部の都市・鎮海公設運動場>
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<<大学・一般部>>
■決勝(12日14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)32(18-3)10韓国電力(江原道)
*ポスコ4T3G2P、韓電1T1G1P
*先制は韓電。前半7分にCT13が決め0-3。ポスコの反撃は前半27分から。CT12がトライし5-3と逆転。33分にはFL7のトライとG(13)成功で12-3とした。
 さらに終了間際に2PGで18-3とリードを広げた。
 後半もポスコペース。1分SO10のトライ、G成功で25-3とほぼ試合を決めた。10分にも交替した21のトライ、CT13ゴールで32-3。最後の韓電の攻撃を12分、好調なWTB14トライ、ゴールに抑えて2連覇となった。
 国内大会も5連覇中だ。

■準決勝(10日)
◆A組
/韓国電力(江原道)50(24-0)26慶熙大(京畿道)(13:00-)
*韓国8T5G、慶熙4T3G

◆B組
/ポスコ建設(慶尚北道)59(40-0)10忠南大(大田市)(14:40-)
*ポスコ9T7G、忠南2T

■2回戦(8日)
◆A組①圓光大(全羅北道)3(0-63)94韓国電力(江原道)(12:40-)
*圓光1P、韓国電力16T7G
*韓国電力が前半だけで11Tをあげ圧倒した。韓国電力WTB14は3T5G。

◆A組②檀国大(忠清南道)19(7-17)29慶熙大(京畿道)(16:00-)
*檀国3T2G、慶熙5T2G

◆B組③ポスコ建設(慶尚北道)22(10-8)15尚武・韓国軍体育部隊(慶尚南道)(11:00-)
*ポスコ3T2G1P、尚武2T1G1P
*例年のように逆転ゲームを繰り広げる両者。前半8分、尚武NO8韓圭建(ハン・コンギュ)が先制トライを決め0-5.ポスコは16分、WTB14のトライとゴール成功で7-5と最初の逆転。すると20分、尚武がPGで7-8と2度目の逆転劇を見せた。前半の締めくくりはポスコCTB13が24分にPGを成功し10-8とした。
 後半に入っても逆転の連続。尚武が8分、FB15のトライ、SO10ゴールで10-15と4度目の逆転へ。ポスコは36分、NO8のトライで15-15に追いつく。
 最後はロスタイム42分にLO4のトライ、ゴール成功で22-15で終えた。

◆B組④忠南大(大田市)47(19-0)8仁川専門大(仁川市)(14:40-)
*忠南7T6G、1T1P

■1回戦(6日)
◆A①韓国電力22-22延世大(ソウル市)(12:00-)
*PG合戦。韓国5-4延世

◆A②慶熙大55(43-0)10開明大(大邱市)(15:20-)
*慶熙9T5G、開明2T

◆B③釜山大(釜山市)33(12-15)34仁川専門大(13:40-)
*釜山5T4G、仁川5T3G1P

<<高校>>
■決勝(12日13:00-)
◆富川北高(京畿道)20(15-14)19ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川3T1G1P、ソウル3T2G
*前半から富川が攻め8分、WT14のトライで先制(5-0)。さらに14分WT11のPG成功。18分にはWT14の2つ目のトライ、11G 成功で15-0とした。
 ソウル大は、ここから攻め24分、NO8トライしGも決め15-7とした。さらに終了間際CT12のトライ、G成功で15-14と1点差に迫った。
 後半も先に富川が25分にFB15のトライで20-14とし、ロスタイム31分ソウルはPR1がトライを決め20-19としたが、G不成功で試合を終えた。

■準決勝(11日)
◆A組/ソウル大学校師範大(学部)付属高31(14-5)17順天工業高(全羅南道)(13:00-)
*ソウル4T4G1P、順天3T1G

◆B組/東亜マイスター高(大田市)14(0-19)33富川北高(京畿道)(14:15-)
*東亜2T2G、富川北5T2G

■2回戦(9日)
◆A組①仁川工業高(仁川市)14(14-10)17ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:00-)
*仁川2T2G、ソウル3T1G

◆A組②忠北高(忠清北道)10(7-12)24順天工業高(14:30-)
*忠北1T1G1P、順天4T2G

◆B組③釜山体育高(釜山市)19(12-14)29東亜マイスター高(13:45-)
*釜山3T2G、東亜4T3G1P

◆B組④鎮海高(慶尚南道)19(0-35)40富川北高(15:45-)
*鎮海3T2G、富川北6T5G

■1回戦(7日)
◆A組①仁川工業高12(12-10)10オソン高(忠清南道)(11:00-)
*仁川2T1G、オソン1T1G1P

◆A組②慶山高(慶尚北道)17(0-24)36ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:15-)
*慶山3T1G、ソウル大6T3G

◆A組③順天工業高31(10-15)15裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*順天5T3G、裡里2T1G1P

◆B組④東亜マイスター高45(21-7)12全南高(光州市)(13:30-)
*東亜7T5G、全南2T1G

◆B組⑤大邱商苑高(大邱市)3(3-15)34富川北高(16:00-)
*大邱1P、富川北5T3G1P

☆韓国旅行や学生スポーツ合宿は、モランボンツーリストまで。☆
毎年初春に、ラクロス学生男女大会主催中。
モランボンツーリストHP

<<過去2009年大会>>
「一般・大学」
■決勝(26日14:15-)
◎ポスコ鋼板(慶尚北道)27(10-3)6韓国電力(江原道)
*ポスコ3T3G2P、韓電2P
写真・青=ポスコ、白=韓国電力
*前半はまったりとしたペースで進む。どちらもゴール前22m手前まで攻めるが、ノッコンなどのミスを連発。
6分、韓国電力がゴール前でPGを得てキックが好調のWTB14呉ユンヒョン(前代表SO)が決め0-3。ポスコはようやく35分、ボールをつなぎ最後はHO2金ジョンオクがポスト左へTを決めた。
GもSOユン・フィス(代表)が成功し7-3と逆転。インジュアリータイム42分にユンがPGを決め10-3で前半終了。
後半最初の得点は韓国電力、10分WTB呉のPG成功で10-6と会場を沸かした。しかし19分にポスコがPG成功で突き放すと(13-3)、そのリスタートのボールをポスコがFW陣で回し、最後は右外にいた快速WTB金亨基(キム・ヒョンギ。7人制代表)へ。キムが40m独走のTを決めG成功で20-6と試合を決定づけた。
さらに終了間際PR3金光植(キム・グァンシク。代表)のTも出て27-6と初優勝を勝ち取った。

■準決勝(24日)
◆A組(13:00-)
◎韓国電力(江原道)28(14-7)7檀国大(忠清南道)
*韓電3T2G3P、檀国1T1G
*韓電が16分、WTB14呉ユンヒョンのTとGで7-0と先制した。
すると檀国は20分にSH朴ソングァンがゴール前の反則を素早くスタートしトライを返し7-7の同点に。しかし、韓電の地力が上回り30分、SCから前サントリーNO8李光紋(イ・グァンモン。代表)からLO5朴ソンギュ(代表)にパスが渡り、そのままTで14-7とした。
後半は韓電が確実に攻めて檀国の反則を誘うと呉がPG3本を成功、27分には左ライン際からSO全鐘満(チョン・ジョンマン。代表)がキックでボールを転がしインゴールでFL6金ジョンマンが抑え28-7で試合を終えた。
◆B組(14:40-)
◎ポスコ鋼板(慶尚北道)23(10-11)18尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)
*ポスコ3T1G2P,尚武2T1G2P
写真・青=ポスコ、黒=尚武
*今年6月、大統領旗大会では同点のままゴールキック合戦となった対戦。
前半7分、ポスコがゴール前SCを得ると、PR3金光植(キム・グァンシク。代表)があっさりTで先制(7-0)した。
すると尚武は13分に右ラックから左へオープン攻撃をしかけWTB11崔時ウォン(代表)がT(7-5)に。
ポスコが18分、SOユン・フィスがPGを成功し10-5と点差を広げた。
尚武は35,41分にSO洪俊基(ホン・チュンギ、代表)のPGで10-11と逆転し前半を終えた。
しかし後半、尚武LO5がシンビン中にポスコが粘り13分、PGで13-11で再逆転。さらに17分、LO5がTし18-13に。尚武は20分すぎポスコNO8がシンビンで出ると攻撃をしかけ24分、中央付近からボールを回しFL6、NO8韓建圭(ハン・コンギュ、代表)とつないでT、G成功し18-18に追いついた。
このまま一進一退が続いたが31分、ポスコは左ラインアウトで出たボールをPR1イム・ジュンフィがTし23-18に。39分、尚武が最後の攻めでポスコ・ゴール前、ポスコボールSCをポスコがハンドリングミスし尚武SO洪がターンオーバー、交代で入った19ペ・チャンファンがノッコンし最後となった。

■2回戦(22日)
◆A組
◎大心通商(忠清北道)17(10-34)58韓国電力(江原道)(11:00-)
*大心2T2G1P、韓電10T4G
◎啓明大(大邱市)12(7-38)72檀国大(忠清南道)(14:20-)
*啓明2T1G,檀国大12T4G

◆B組
◎延世大(ソウル市)12(0-14)32ポスコ鋼板(慶尚北道)(12:40-)
*延世2T1G,ポスコ5T2G1P
◎尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)38(31-17)17三星重工業(慶尚南道)(16:00-)
*尚武5T5G1P,三星2T2G1P

■1回戦(20日)
◆A組
①韓国電力(江原道)103(53-5)5釜山大(釜山市)(11:00-)
*韓電17T9G、釜1T。
②檀国大(忠清南道)59(21-7)10仁川専門大(仁川市)(14:20-)
*檀国9T7G、仁川1T1G1P。

◆B組
③ポスコ鋼板(慶尚北道)86(54-0)22圓光大(全羅北道)(12:40-)
*ポスコ16T3G、圓光4T1G
④三星重工業(慶尚南道)28(15-3)17慶熙大(京畿道)(16:00-)
*三星4T1G2P、慶熙2T2G1P

「高校部」
■決勝(26日13:00-)
◎忠北高(忠清北道)38(14-12)19慶山高(慶尚北道)
*忠北6T4G、慶山3T2G
*09春季リーグ優勝の忠北(チュンブック)と大統領旗大会V慶山(キョンサン)の好調同士の決勝戦となった。特に慶山は全国大会2年連続準優勝のため優勝が欲しい試合。
前半からFWの忠北、BK慶山という特色ある展開で会場が沸いた。先制は忠北、9分、ゴール右で得た反則からSHが自分でボールを持ち出しT、GもFB15呉グァンヨン(3年、延世大へ進学)が決め7-0。15分にも忠北が右ラインアウトを得て得意のモールで押し込みFL6がT、G成功で14-0とした。
ここから慶山が反撃、18分手敵陣10m付近からCTB12が左際を抜けるとラックを作り右へ展開しWTB11がT、14-5に。さらに22分、WTB14が抜けラックをゴール前で作りFL7がポスト左へT、G成功で14-12として前半を終えた。
後半は忠北ペースで始まった。7分、やはりLO→モールを押すとSHからNO8へ。そのままイン・ゴールへ。19-12とした。11分にはSHが2本目のTを決めG成功で26-12と試合を決めた。慶山は終了間際の29分、敵陣ゴール前にキックしたボールを忠北の処理ミスからターンオーバーしCTB13がT,SO10G成功で38-19とするのがやっとだった。

■準決勝(25日)
◆A組(13:00-)
◎忠北高(忠清北道)34(15-10)22ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*忠北5T3G1D、ソウル4T1G
◆B組(14:15-)
◎慶山高(慶尚北道)55(36-0)5城南西高(京畿道)
*慶山8T6G1P、城南西1T

■2回戦(23日)
◆A組
◎大邱商苑高(テグ市)5(0-19)29ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)(12:00-)
*大邱1T、ソウル大5T2G
◎全南高(光州市)0(0-27)41忠北高(忠清北道)(14:30-)
*忠北6T4G1D

◆B組
◎慶山高(慶尚北道)52(26-0)0順天工業高(全羅南道)(13:45-)
*慶山8T6G,
◎城南西高(京畿道)22(5-10)20東亜工業高(大田市)(15:45-)
*城南西4T1G、東亜3T1G1P

■1回戦(21日)
◆A組
①大邱商苑高(テグ市)24(14-0)19釜山南高(釜山市)(11:00-)
*テグ4T2G、釜山3T2G
②ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)60(47-3)6鎮海高(慶尚南道)(12:15-)
*ソウル大9T6G1P、鎮海2P
③忠北高(忠清北道)52(24-5)5裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*忠北8T6G、イリ1T

◆B組
④慶山高(慶尚北道)27(10-5)15仁川工業高(仁川市)(13:30-)
*慶山3T3G2P、仁川3T
⑤城南西高(京畿道)20(20-3)10オソン高(忠清南道)(16:00-)
*城南西3T1G1P、オソン1T1G1P

<2008年大会>
 2008年「第89回全国体育大会」は、大学・一般(社会人)は尚武(韓国軍体育部隊)が連覇、高校は富川北高が勝ち今季、国内3冠を達成しました。
「大学・社会人。全13チーム」
■決勝(10月16日14:45-)
◆尚武:韓国軍体育部隊(サンム。全羅南道。07年1位)
33(19-0)5
韓国電力(ハンジョン。江原道)
*尚武5T4G、韓電1T
◎得点経過
(前半)
1:2分、尚武WTB14/ノ・ピョングァンがトライ。
2:5分、尚武FL7/李ジェウォンがトライ。G成功、SO/オ・ユンヒョン。
3:31分、尚武CTB12/金ウァンヨンがトライ。G成功。
(後半)
1:5分、尚武PR3/ホ・ウンがトライ。WTB11/チョ・インスをフォローしパスを受ける。G成功。
2:9分、韓電LO4/金桐鮮が右隅にトライ。
3:12分、尚武WTB11がトライ。SO10のキックパスにFB22/チェ・ジェヨンが反応し拾い11はパス。G成功。

■準決勝(15日)
◆韓国電力23(15-6)18三星重工業(サムソン。慶尚南道。今季2冠)(13:30-)
*韓電3T1G1P1D、三星2T1G2P

◆尚武11(6-3)9浦項鋼板(ポスコ。慶尚北道。06&07年2位)(15:10-)
*尚武1T2P、浦項3P

■準々決勝(14日)
◆A組:三星重工業66(25-14)14大心通商(テシム。忠清北道)(11:00-)
*三星10T5G1P1D、大心2T2G

◆B組:韓国電力76(40-0)5圓光大(ウォングァン。全羅北道。大学2部)(14:20-)
*韓電12T8G、ウォン1T

◆C組:浦項鋼板41(29-5)22延世大(ヨンセ。ソウル市。今季2冠)(12:40-)
*浦項6T4G1P、延世3T2G1P

◆D組:尚武55(34-0)14檀国大(ダンクック。忠清南道)(16:00-)
*尚武8T6G1P、檀国2T2G

■1回戦(12日)
◆A組①大心通商77(36-8)釜山大(釜山市。大学2部)(10:00-)
*テシム14T7G、釜山1T1P

◆A組②慶煕大(キョンヒ。京畿道)0(0-14)47(11:40-)
*三星7T3G2P

◆B組①仁川専門大(インチョンチョンモン。仁川市。大学2部)5(5-50)65韓国電力(15:00-)
*仁川1T、韓国電10T5G1D

◆C組①忠南大(チュンナム。大田。大学3部以下)8(5-45)69延世大(13:20-)
*チュンナム1T1P、延世11T7G

◆D組①啓明大(ケミョン。大邱。大学3部以下)5(0-15)35檀国大(16:40-)
*ケミョン1T、檀国6T1G1P

「高校。13チーム」
■決勝(16日13:00-)
◆富川北高(プチョンブック。京畿道。今季2冠)
14(7-3)8慶山高(キョンサン。慶尚北道)
*富川北2T2G、慶山1T1P
*得点経過
(前半)
前半から慶山が富川陣内でキックで陣地を獲得し有利に試合を進めるがノッコンなどハンドリングミスがあり得点できない。富川も今大会は低いタックルでDFを頑張る。
1:21分、富川CTB13/金ヨンイクが慶山のパスをインターセプトし先制トライ!。
2:26分、慶山はFBがPG成功し4点差へ。
(後半)
立ち上がりから慶山の攻撃。
1:3分、慶山のPG不成功のボールを富川が自陣から回し右ラインをCTB12/金ゴンヒが走り中央にトライ。G成功。
2:18分、慶山がLOからこぼれたボールをNO8が拾いトライ。その後も攻め続けたが反則で自滅。

■準決勝(15日)
◆富川北高14(7-0)12ソウル大師範付属高(サデ。ソウル市。07年1位)(11:00-)
*富川2T2G、ソウル2T1G

◆慶山高57(33-0)3裡里工業高(イリ。全羅北道)(12:15-)
*慶山9T6G、イリ1P

■準々決勝(13日)
◆A組:忠北高(チュンブック。忠清北道)19(5-6)25富川北高(12:00-)
*忠北3T2G、富川北3T2G2P

◆B組:ソウル大師範付属高68(36-0)0鎮海高(チンヘ。慶尚南道)(14:30-)
*ソウル12T4G

◆C組:慶山高41(31-10)17東亜工業高(トンア。大田市)(13:15-)
*慶山6T4G1P、東亜2T2G1P

◆D組:裡里工業高15(3-5)8順天工業高(スンチョン。全羅南道)(15:45-)
*イリ2T1G1P、順天1T1G

■1回戦(11日)

◆A組①忠北高41(15-5)5仁川機械工業高(インチョンキフェ。仁川市)(11:00-)
*忠7T3G、仁1T

◆A組②富川北高54(25-5)10大邱商苑高(テグサンウォン)(12:00-)
*富10T2G、大2T

◆B組①釜山南高(釜山市)0(0-55)74ソウル大師範付属高(14:45-)
*ソ12T7G

◆C組①慶山高70(41-5)5オソン高(忠清南道)(13:30-)
*慶10T4G4D、オ1T

◆D組①裡里工業高42(21-0)5全南高(チョンナム・光州市)(16:00-)
*イリ6T6G、全1T

|

« 韓国国体、高校決勝は富川北と順天工業に | Main | 横河が試合自粛、週末ラグビー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 韓国国体、一般はポスコ3連覇、高校は富川北高2連覇達成:

« 韓国国体、高校決勝は富川北と順天工業に | Main | 横河が試合自粛、週末ラグビー »