« March 2012 | Main | May 2012 »

April 29, 2012

仁川機械工業連敗

 高校生のラグビー国際大会「サニックス・ワールドユース」は月29日、予選2日目が行われました。
 韓国から参加の仁川機械工業高校は、福岡県の筑紫高校と対戦し0-61で連敗。
 未だ得点ゼロです。
 きのう初日で敗れた国内王者・東福岡高校は南アフリカのモニュメントを下しました。

■サニックス・ワールドユース予選(4月29日、2日目)
◆プールA
◎東福岡21 - 19モニュメント(南アフリカ)
*福岡1勝1敗、モニュメント2敗
◎トンガカレッジ27-26伏見工業 
*トンガ2勝、伏見1勝1敗

◆プールB
◎ケルストン(NZ)53-21常翔学園
*ケルストン2勝、常翔1勝1敗
◎ ショウニガン(カナダ)15-10長崎北
*ショウニガン1勝1敗、長崎2敗

◆プールC
◎トルロ(イングランド)24-5御所実業
*トルロ1勝1敗、御所1勝1敗
◎筑紫 61 - 0 仁川機械工(韓国)
*筑紫2勝、仁川2敗

◆プールD 
◎東海大仰星21 - 3スタニスラウス(豪州)
*東海大2勝、スタニスラウス1勝1敗
◎桐蔭学園 8 - 27 ブリティッシュ(ウルグアイ)
*桐蔭1勝1敗、ブリティッシュ2敗

■予選(28日、1日目)
◆プールA
◎伏見工18 - 10モニュメント(南アフリカ)
◎トンガカレッジ(トンガ)32-8東福岡
◆プールB
◎ケルストン(NZ)54-19長崎北 
◎常翔学園40 -15 ショウニガン(カナダ)
◆プールC
◎筑紫22 - 21トルロ(イングランド)
◎御所実業50 - 0仁川機械工(韓国)
◆プールD
◎スタニスラウス(豪州)19-5桐蔭学園
◎東海大仰星 21- 17 ブリティッシュ(ウルグアイ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サニックスユース仁川、初戦大敗


 ゴールデンウィーク恒例の高校ラグビー国際大会「サニックス 2012 ワールドラグビーユース交流大会」が28日、福岡・グローバルアリーナで開幕しました。
 韓国代表の仁川機械工業高校はじめ国内外から16チームが参加。
 28日は予選リーグ8試合が行われ、仁川は強豪・御所実と対戦し0-50で大敗しました。
 韓国の春季リーグでも予選敗退の仁川、昨年に比べ実力はダウンしているようです。
 国内王者・東福岡高校は初戦でトンガカレッジに敗北、福岡のライバル筑紫高校がイングランドのトルロを破るという明暗を分けた結果となりました。

■予選(28日)
◆プールA
◎伏見工18 - 10モニュメント(南アフリカ)
◎トンガカレッジ(トンガ)32-8東福岡
◆プールB
◎ケルストン(NZ)54-19長崎北 
◎常翔学園40 -15 ショウニガン(カナダ)
◆プールC
◎筑紫22 - 21トルロ(イングランド)
◎御所実50 - 0仁川機械工(韓国)
◆プールD
◎スタニスラウス(豪州)19-5桐蔭学園
◎東海大仰星 21- 17 ブリティッシュ(ウルグアイ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2012

韓国中高大会、富川北高とソウル大中が優勝

 
 韓国ラグビー、春季の中高大会第二幕「第32回忠武旗全国中高ラグビー大会」が4月16日(月)から22日(日)の日程で、大田市(テジョンシ)東亜(トンア)マイスター高グランドで開催されました。

 22日の決勝で高校は富川北(プチョンプック)が養正(ヤンジョン)を22-14で下し優勝。 中学はソウル大付属中が2連覇を決めました。

 なお今大会で公式戦デビューした大田外国人学校(TCIS)と中学のNLCS(済州島)という2つの国際系学校はともに初戦で敗れました。今後に期待大です。
「12年韓国日程・成績表」をダウンロード

<参加:10校>
■決勝(22日、15:05-)
◆富川北高22-14養正高

■準決勝(20日)
◆富川北高29-17白新高(14:00-)

◆養正高35-14城南西高(15:15-)

★Aグループ
■1回戦(16日)
◆白新高30-21全南高

■2回戦(27日)
◆白新高78-18大田外国人学校(TCIS)

◆富川北高34-19忠北高

★Bグループ
■1回戦(16日)
◆城南西高26-15ミョンソク高

■2回戦(27日)
◆城南西高54-0裡里工業高

◆養正高45-19培材高

<<中学部>>
<参加:11校>
■決勝(22日、14:00-)
◆ソウル大付属中35-21城南西中

■準決勝(21日)
◆ソウル大付属中36-35富坪中

◆城南西中21-19ヨンス中

★Aグループ
■1回戦(17日)
◆武珍中40-15一山東中

◆佳陽中18-15NLCS
*NLCS=North London Collegiate School Jeju

■2回戦(19日)
◆富坪中31-24武珍中

◆ソウル大付属中71-3佳陽中

★Bグループ
■1回戦
◆城南西中40-24大安中

■2回戦
◆ヨンス中38-12坪里中

◆城南西中59-5培材中

<<参考、2011年第31回大会、高校部>>
<参加:10校>
■決勝(30日、14:55-)
◆ミョンソク高41(19-3)3全南高
*ミョンソク7T3G、全南1P
*ミョンソクがNO8ホン・ソングの4Tなどで終始リードを奪い優勝した。前半7分にCTB13パン・ジュンヨンのTとSH9ミン・ホジュンのG成功で7-0と先制した。続く18分、24分には今大会好調のNO8ホンの連続Tで19-0に。27分全南はCTB12鄭ハビンがPGで3点を返し前半を終えた。
後半に入ってもミョンソクが押し続けた。4分にNO8ホン(G=SHミン)、9分CTB12金ミンスがTをあげ31-3に。ホンと金はもう1本ずつTを奪い試合を終えた。
最優秀選手はミョンソクSHミン・ホジュン。

■準決勝(29日)
◆全南高26(12-12)24釜山体育高(14:00-)
*全南4T3G、釜山4T2G
*逆転劇で全南が決勝へ駒を進めた。前半6分、全南がLO5金ウンオクのTで先制すると16分、釜山がWTB11チョ・ソンジェのTで追いつきGをSOソン・ヒョンウが決め5-7と逆転した。20分、全南がPR1申ヒョンウのTで再逆転、CTB12鄭ハビンのGで12-7に。しかし釜山も24分にWTB14金ホヒョンのTで12-12と同点で前半を終えた。
 後半も均衡したゲームが続く。3分、全南はPR3ナ・ジョンウのT、CTB鄭のG成功で19-12とリードした。2分後の5分、釜山がCTB12チャン・ヨンフンのT,SOソンのGで再度19-19に追いついた。そして7分にはNO8金オヒョンのTで19-24と逆転。終了間際30分、全南NO8朴ソンヒョンのTで同点にするとSH9李テソがGを成功し26-24で逆転サヨナラ劇で幕を閉じた。

◆ミョンソク高28(14-19)19ソウル大付属高(15:15-)
*ミョンソク4T4G、ソウル大3T2G
*前半、先制は、ミョンソク。6分NO8ホン・ソンジュのT、SH金ウヨンG成功で7-0。2分後ソウルがWTB14ソン・ヨンヒョンのTで2点差に。12分ミョンソクがLO5高ヨンジンT、金Gで14-5と差を広げた。しかしソウルは21分FL7朴ジュンヨンのTとFBリュ・ジェヒョクのGで再び14-12と2点差へ。29分にはWTBハン・サンギョンのTで逆転、リュG成功で14-19とした。
後半、ミョンソクが追い上げ4分NO8ホンのTで同点、Gを金が決め21-19と逆転。終了間際33分にもホンの3本目のT、金4本目のG成功で28-19としソウルの攻撃を抑え振り切った。

★Aグループ
■1回戦(25日、14:50-)
◆白新高22(10-0)7オソン高
*白新4T1G、オソン1T1G

■2回戦(27日)
◆①釜山体育高48(24-7)24白新高(12:30-)
*釜山8T4G、白新4T2G

◆②全南高24(19-12)12ソウル北工業高(13:45-)
*全南4T2G、ソウル北2T1G

★Bグループ
■1回戦(25日、16:05-)
◆ミョンソク高71(45-0)7裡里工高
*ミョンソク11T8G、裡里1T1G

■2回戦(27日)
◆③ミョンソク高41(22-20)32大邱商苑高(16:15--)
*ミョンソク6T4G1P、大邱(テグ)6T1G
*ゴールの成功でミョンソクが上回った。
前半ミョンソクがCTB12金ミンスのT、SHミン・ホジュンのGで7-0。6分にはミンのPGで10-0と差を広げた。テグは10分LO4ホ・ウォンヒョップ、10分CTB13チョン・ソンフンのTで10-10に追いついた。さらに5分後、NO8李ソクジンがTし10-15と逆転した。ミョンソクは22分、NO8ホン・ソンジュのTで同点へ。しかし24分、テグがHO2ハ・ヨンスのTでリードした。27分ミョンソクNO8ホンの2本目のTで追いつくとSHミンがGを成功し22-20と再逆転で前半を終えた。
後半も逆転で始まった。9分テグCTB12安ドゴンのTで22-25。14分ミョンソクSHミンのTで4度目の逆転。19分ミョンソクのT、Gで34-25となった。25分テグNO8李のT、G成功で34-32の2点差に迫った。試合終了間際ミョンソクWTB11李ヘソンのT、ミンGで接戦を終えた。

◆④ソウル大付属高29(5-12)22忠北高(15:00-)
*ソウル4T3G1P、忠北4T1G
中学(ソウル大付属-清州南が、それぞれ進学する)からのライバル校の対決はソウルに軍配が上がった。
前半19分、忠北LO4チョン・フェギルの先制T、FBシン・ミンスのG成功で0-7。23分忠北FL6ナム・ジュヨンのTが決まり0-12に。ソウルは26分CTB12金ソングがTを返し5-12で前半終了。
後半5分、ソウルがNO8朴ジュンヨンのTとFBリュ・ジェヒョクGで12-12の振り出しにした。9分忠北PR1シン・ギュチョルがTし12-17へ。12分、今度はソウルPR1カン・ウォンジェがT、FBリュGで19-17とこの試合、初めてリードした。21分FL7ノ・オンギのT、リュG成功、25分PG成功で26-17とし試合の流れを決めた。

<<31回大会、中学部>>
<参加:10校>
■決勝(30日、14:00-)
◆ソウル大付属中17(5-5)12清州南中
*ソウル3T1G、清州南2T1G
*先制はソウル大。前半2分SO金ヨンヒョンがT。17分、清州南はHO2ヒョン・ジフンのTで5-5に追いついた。後半
もソウル大が5分にPR1カン・ホビンのTとCTB12李ホジェG成功で12-5とリードした。しかし12分、清州南が
PR3ハン・ジファンのTにSO10ナム・キボムがGを決めて12-12の同点へ。決勝点は16分、ソウル大SH9金デヒョンのTとなった。
優秀選手はソウル大FL6金ソンヒョン。

■準決勝(28日)
◆ソウル大付属中43(24-7)7培材中(14:00-)
*ソウル7T4G、培材1T1G
前半1分にソウルがLO5ペ・スンジュンのTで先制。9分、12分にもTを奪い17-0とした。培材は17分にT、Gで7点を返した。ソウルは前半20分、後半6分にCTB12李ホジェがTとGを自ら決め試合を決めた。

◆清州南中24(10-0)0富坪中(14:55-)
*清州南中4T2G
*清州が零封で決勝へ。前半4分PR3ハン・ジファンがTを奪い先制。9分にもNO8朴ジュンヒョンのTで10-0とした。後半も5分にPR1ファン・スヨップのT、SO10ナム・ギボムGで17-0に。最後はナムがTとGし24-0で終えた。

★Aグループ
■1回戦(25日、13:00-)
◆坪里中26(12-0)0佳陽中
*坪里4T3G

■2回戦(26日)
◆①培材中17(12-5)12坪里中(13:00-)
*培材3T1G、坪里2T1G

◆②ソウル大付属中45(33-0)7清州ナムソン中(13:55-)
*ソウル7T5G、清州1T1G
*ソウル大が前半4分、SO金ヨンヒョンのTで先制。前半だけでWTB11鄭ジヨンの2Tなどもあり試合を決めた。

★Bグループ
■1回戦(25日、13:55-)
◆富坪中33(19-0)7一山東中
*富坪5T4G、一山1T1G

■2回戦(26日)
◆③富坪中10(0-0)0城南西中(15:45-)
*富坪2T

◆④清州南中44(29-0)7蘭谷中(14:50-)
*清州南8T2G、蘭谷1T1G
*清州南は開始1分でNO8朴ジュンヒョンがTを奪った。3分にはLO5金スハン、6分にWTB11金ジヨン、9分LO金など前半5Tで圧勝した。

<<2009第30回大会>>
<高校部:9校>
■決勝(18日)
◆大邱商苑(テグサンノン)高27(21-22)22裡里工(イリコップ)高

■準決勝(17日)
◆A組:東亜マイスター高24(10-28)43裡里工高
*東亜4T2G、裡里7T5G1P

◆B組:培材(ペジェ)高19(12-7)20大邱商苑高
*培材3T2G、大邱3T1G1P

■2回戦(15日)
◆A組①忠北(チュンブック)高15(8-15)46裡里工高
*忠北2T1G1P、裡里工8T3G

◆A組②城南西(ソンナムソ)高7(0-20)25東亜マイスター高
*城南西1T1G、東亜4T1G1P

◆B組①培材高27(15-12)19白新(ペクシン)高
*培材5T1G、白新3T2G

◆B組②大邱商苑高31(17-0)0オソン高
*テグ5T3G

■1回戦(13日)
◆裡里工業高29(12-7)21仁川機械工業高
*裡里5T2G、仁川3T3G

<中学部:8校>
■決勝戦(18日)
◆清州南(チョンジュナム)中48(19-12)12ソウル大付属中

■準決勝戦(16日)
◆A組:坪里(ピョンリ)中0(0-5)36ソウル大付属中
*ソウル大6T3G

◆B組:佳陽(カヤン)中15(0-34)49清州南中
*佳陽2T1G1P、清州南8T3G1D

■1回線(14日)
◆A組①坪里中31(10-0)21大安中
*坪里5T3G、大安3T3G

◆A組②裡里北(イリプック)中0(0-48)91ソウル大付属中
*ソウル15T8G

◆B組①蘭谷(ナンゴック)中15(10-10)20佳陽中
*蘭谷3T、佳陽4T

◆B組②培材(ペジェ)中0(0-27)44清州南中
*清州南8T2G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2012

韓国中高大会開催中

 更新が遅れております・・・。
 韓国ラグビー、春季の中高大会第二幕「第32回忠武旗全国中高ラグビー大会」が4月16日(月)から22日(日)の日程で、大田市(テジョンシ)東亜(トンア)マイスター高グランドで開催されています。

 昨年優勝の地元ミョンソク高校、準優勝の全南高はともに1回戦で敗退しました。
 中学はソウル大付属中が2連覇を狙っています。

 なお今大会で公式戦デビューした大田外国人学校(TCIS)と中学のNLCS(済州島)という2つの国際系学校はともに初戦で敗れました。今後に期待大です。

<参加:10校>
■決勝(22日、15:05-)
◆富川北高-養正高

■準決勝(20日)
◆富川北高29-17白新高(14:00-)

◆養正高35-14城南西高(15:15-)

★Aグループ
■1回戦(16日)
◆白新高30-21全南高

■2回戦(27日)
◆白新高78-18大田外国人学校(TCIS)

◆富川北高34-19忠北高

★Bグループ
■1回戦(16日)
◆城南西高26-15ミョンソク高

■2回戦(27日)
◆城南西高54-0裡里工業高

◆養正高45-19培材高

<<中学部>>
<参加:11校>
■決勝(22日、14:00-)

■準決勝(21日)
◆ソウル大付属中-富坪中

◆ヨンス中-城南西中

★Aグループ
■1回戦(17日)
◆武珍中40-15一山東中

◆佳陽中18-15NLCS
*NLCS=North London Collegiate School Jeju

■2回戦(19日)
◆富坪中31-24武珍中

◆ソウル大付属中71-3佳陽中

★Bグループ
■1回戦
◆城南西中40-24大安中

■2回戦
◆ヨンス中38-12坪里中

◆城南西中59-5培材中


<<参考、2011年第31回大会、高校部>>
<参加:10校>
■決勝(30日、14:55-)
◆ミョンソク高41(19-3)3全南高
*ミョンソク7T3G、全南1P
*ミョンソクがNO8ホン・ソングの4Tなどで終始リードを奪い優勝した。前半7分にCTB13パン・ジュンヨンのTとSH9ミン・ホジュンのG成功で7-0と先制した。続く18分、24分には今大会好調のNO8ホンの連続Tで19-0に。27分全南はCTB12鄭ハビンがPGで3点を返し前半を終えた。
後半に入ってもミョンソクが押し続けた。4分にNO8ホン(G=SHミン)、9分CTB12金ミンスがTをあげ31-3に。ホンと金はもう1本ずつTを奪い試合を終えた。
最優秀選手はミョンソクSHミン・ホジュン。

■準決勝(29日)
◆全南高26(12-12)24釜山体育高(14:00-)
*全南4T3G、釜山4T2G
*逆転劇で全南が決勝へ駒を進めた。前半6分、全南がLO5金ウンオクのTで先制すると16分、釜山がWTB11チョ・ソンジェのTで追いつきGをSOソン・ヒョンウが決め5-7と逆転した。20分、全南がPR1申ヒョンウのTで再逆転、CTB12鄭ハビンのGで12-7に。しかし釜山も24分にWTB14金ホヒョンのTで12-12と同点で前半を終えた。
 後半も均衡したゲームが続く。3分、全南はPR3ナ・ジョンウのT、CTB鄭のG成功で19-12とリードした。2分後の5分、釜山がCTB12チャン・ヨンフンのT,SOソンのGで再度19-19に追いついた。そして7分にはNO8金オヒョンのTで19-24と逆転。終了間際30分、全南NO8朴ソンヒョンのTで同点にするとSH9李テソがGを成功し26-24で逆転サヨナラ劇で幕を閉じた。

◆ミョンソク高28(14-19)19ソウル大付属高(15:15-)
*ミョンソク4T4G、ソウル大3T2G
*前半、先制は、ミョンソク。6分NO8ホン・ソンジュのT、SH金ウヨンG成功で7-0。2分後ソウルがWTB14ソン・ヨンヒョンのTで2点差に。12分ミョンソクがLO5高ヨンジンT、金Gで14-5と差を広げた。しかしソウルは21分FL7朴ジュンヨンのTとFBリュ・ジェヒョクのGで再び14-12と2点差へ。29分にはWTBハン・サンギョンのTで逆転、リュG成功で14-19とした。
後半、ミョンソクが追い上げ4分NO8ホンのTで同点、Gを金が決め21-19と逆転。終了間際33分にもホンの3本目のT、金4本目のG成功で28-19としソウルの攻撃を抑え振り切った。

★Aグループ
■1回戦(25日、14:50-)
◆白新高22(10-0)7オソン高
*白新4T1G、オソン1T1G

■2回戦(27日)
◆①釜山体育高48(24-7)24白新高(12:30-)
*釜山8T4G、白新4T2G

◆②全南高24(19-12)12ソウル北工業高(13:45-)
*全南4T2G、ソウル北2T1G

★Bグループ
■1回戦(25日、16:05-)
◆ミョンソク高71(45-0)7裡里工高
*ミョンソク11T8G、裡里1T1G

■2回戦(27日)
◆③ミョンソク高41(22-20)32大邱商苑高(16:15--)
*ミョンソク6T4G1P、大邱(テグ)6T1G
*ゴールの成功でミョンソクが上回った。
前半ミョンソクがCTB12金ミンスのT、SHミン・ホジュンのGで7-0。6分にはミンのPGで10-0と差を広げた。テグは10分LO4ホ・ウォンヒョップ、10分CTB13チョン・ソンフンのTで10-10に追いついた。さらに5分後、NO8李ソクジンがTし10-15と逆転した。ミョンソクは22分、NO8ホン・ソンジュのTで同点へ。しかし24分、テグがHO2ハ・ヨンスのTでリードした。27分ミョンソクNO8ホンの2本目のTで追いつくとSHミンがGを成功し22-20と再逆転で前半を終えた。
後半も逆転で始まった。9分テグCTB12安ドゴンのTで22-25。14分ミョンソクSHミンのTで4度目の逆転。19分ミョンソクのT、Gで34-25となった。25分テグNO8李のT、G成功で34-32の2点差に迫った。試合終了間際ミョンソクWTB11李ヘソンのT、ミンGで接戦を終えた。

◆④ソウル大付属高29(5-12)22忠北高(15:00-)
*ソウル4T3G1P、忠北4T1G
中学(ソウル大付属-清州南が、それぞれ進学する)からのライバル校の対決はソウルに軍配が上がった。
前半19分、忠北LO4チョン・フェギルの先制T、FBシン・ミンスのG成功で0-7。23分忠北FL6ナム・ジュヨンのTが決まり0-12に。ソウルは26分CTB12金ソングがTを返し5-12で前半終了。
後半5分、ソウルがNO8朴ジュンヨンのTとFBリュ・ジェヒョクGで12-12の振り出しにした。9分忠北PR1シン・ギュチョルがTし12-17へ。12分、今度はソウルPR1カン・ウォンジェがT、FBリュGで19-17とこの試合、初めてリードした。21分FL7ノ・オンギのT、リュG成功、25分PG成功で26-17とし試合の流れを決めた。

<<31回大会、中学部>>
<参加:10校>
■決勝(30日、14:00-)
◆ソウル大付属中17(5-5)12清州南中
*ソウル3T1G、清州南2T1G
*先制はソウル大。前半2分SO金ヨンヒョンがT。17分、清州南はHO2ヒョン・ジフンのTで5-5に追いついた。後半
もソウル大が5分にPR1カン・ホビンのTとCTB12李ホジェG成功で12-5とリードした。しかし12分、清州南が
PR3ハン・ジファンのTにSO10ナム・キボムがGを決めて12-12の同点へ。決勝点は16分、ソウル大SH9金デヒョンのTとなった。
優秀選手はソウル大FL6金ソンヒョン。

■準決勝(28日)
◆ソウル大付属中43(24-7)7培材中(14:00-)
*ソウル7T4G、培材1T1G
前半1分にソウルがLO5ペ・スンジュンのTで先制。9分、12分にもTを奪い17-0とした。培材は17分にT、Gで7点を返した。ソウルは前半20分、後半6分にCTB12李ホジェがTとGを自ら決め試合を決めた。

◆清州南中24(10-0)0富坪中(14:55-)
*清州南中4T2G
*清州が零封で決勝へ。前半4分PR3ハン・ジファンがTを奪い先制。9分にもNO8朴ジュンヒョンのTで10-0とした。後半も5分にPR1ファン・スヨップのT、SO10ナム・ギボムGで17-0に。最後はナムがTとGし24-0で終えた。

★Aグループ
■1回戦(25日、13:00-)
◆坪里中26(12-0)0佳陽中
*坪里4T3G

■2回戦(26日)
◆①培材中17(12-5)12坪里中(13:00-)
*培材3T1G、坪里2T1G

◆②ソウル大付属中45(33-0)7清州ナムソン中(13:55-)
*ソウル7T5G、清州1T1G
*ソウル大が前半4分、SO金ヨンヒョンのTで先制。前半だけでWTB11鄭ジヨンの2Tなどもあり試合を決めた。

★Bグループ
■1回戦(25日、13:55-)
◆富坪中33(19-0)7一山東中
*富坪5T4G、一山1T1G

■2回戦(26日)
◆③富坪中10(0-0)0城南西中(15:45-)
*富坪2T

◆④清州南中44(29-0)7蘭谷中(14:50-)
*清州南8T2G、蘭谷1T1G
*清州南は開始1分でNO8朴ジュンヒョンがTを奪った。3分にはLO5金スハン、6分にWTB11金ジヨン、9分LO金など前半5Tで圧勝した。

<<2009第30回大会>>
<高校部:9校>
■決勝(18日)
◆大邱商苑(テグサンノン)高27(21-22)22裡里工(イリコップ)高

■準決勝(17日)
◆A組:東亜マイスター高24(10-28)43裡里工高
*東亜4T2G、裡里7T5G1P

◆B組:培材(ペジェ)高19(12-7)20大邱商苑高
*培材3T2G、大邱3T1G1P

■2回戦(15日)
◆A組①忠北(チュンブック)高15(8-15)46裡里工高
*忠北2T1G1P、裡里工8T3G

◆A組②城南西(ソンナムソ)高7(0-20)25東亜マイスター高
*城南西1T1G、東亜4T1G1P

◆B組①培材高27(15-12)19白新(ペクシン)高
*培材5T1G、白新3T2G

◆B組②大邱商苑高31(17-0)0オソン高
*テグ5T3G

■1回戦(13日)
◆裡里工業高29(12-7)21仁川機械工業高
*裡里5T2G、仁川3T3G

<中学部:8校>
■決勝戦(18日)
◆清州南(チョンジュナム)中48(19-12)12ソウル大付属中

■準決勝戦(16日)
◆A組:坪里(ピョンリ)中0(0-5)36ソウル大付属中
*ソウル大6T3G

◆B組:佳陽(カヤン)中15(0-34)49清州南中
*佳陽2T1G1P、清州南8T3G1D

■1回線(14日)
◆A組①坪里中31(10-0)21大安中
*坪里5T3G、大安3T3G

◆A組②裡里北(イリプック)中0(0-48)91ソウル大付属中
*ソウル15T8G

◆B組①蘭谷(ナンゴック)中15(10-10)20佳陽中
*蘭谷3T、佳陽4T

◆B組②培材(ペジェ)中0(0-27)44清州南中
*清州南8T2G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2012

NTTドコモにSH安が加入&12年韓国選手

 日本の企業チームの移籍・新加入情報が連日、発表されています。
 4月16日(月)は、トップリーグNTTドコモが韓国人SH安承火赫(アン・スンヒョク)のNECからの移籍を発表しました。ドコモにはリコーから野生児FL金栄デ(金に大、キム・ヨンデ)も移籍。
 安にはケガに負けない体力でチームに貢献してほしいと思います。

 ということで現段階で判明している日本チーム所属、韓国選手リストです。

<<トップリーグ>>
<サントリー>
◎移籍:FL朴淳彩(パク・スンチェ、12年代表、ポスコ建設、189/110

<パナソニック>
◎FL19劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、12年代表、仁川機械工高・檀国大・尚武)

<東芝>
◎移籍:LO金潔(キム・ギョル、김결、11年代表、高麗大・サントリーフーズ・コカコーラ)

<NEC>
◎HO朴誠球(パク・ソング、박성구、ソウル大付高・延世大・尚武・08-09ヤマハ、11年代表)
◎移籍:PR金光植(キム・グァンシク、高麗大・ポスコ建設、11年代表)

<ヤマハ>
◎WTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、愛知朝鮮高・朝鮮大(在日)、日本7人制代表)

<NTTコミュニケーションズ>
◎新規:HO2白隆尚(4年、啓光学園・帝京大、韓国籍)

<トヨタ自動車>
◎FL李光紋(12年代表、イ・グァンムン、이광문、忠北高・高麗大・尚武・08サントリー・09韓国電)

<福岡サニックス>
◎PR申東ウォン(12年代表辞退、シン・ドンウォン、신동원、ウォン=冫原、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高)
◎CTB崔基俊(チェ・キジュン、최기준、鎮海高・三重/朝明高・帝京大中退)
◎FL慎賢宇(新規、シン・ヒョンウ、산현우,東京朝鮮高・朝鮮大、在日)
◎LO黄徹秀(新規、ファン・チョルス、황철수,東京朝鮮高・朝鮮大・高麗クラブ、在日)
◎新規:CTB権正赫(12年代表、クォン・ジョンヒョ、慶山・三重/朝明・帝京大)

<近鉄>
◎PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、大阪朝高・帝京大、在日)
◎SH金哲元(キム・チョルウォン、김철원、養正高・三重/朝明高・大阪体大、前日本代表、日本A候補

<NTTドコモ>
◎PR許雄(12年代表、ホ・ウン、허웅,大邱商苑高・延世大・尚武)
◎移籍:FL19金栄デ(金に大、キム・ヨンデ、김영대、日本A、江の川高校・大阪産大・近鉄05-・ホンダ・リコー、日本A代表)
◎移籍:SH安承火赫(アン・スンヒョク、안승혁、城南西高・高麗大・尚武・NEC、11年代表)

<キヤノン>
◎PR金光模(キム・グァンモ、김광모、仁川機械工高・檀国大・三洋05-、前代表)

*在籍なし
<神戸製鋼><リコー><九州電力>

<<トップイースト>>
<クボタ>
◎LO金永男(12年代表、キム・ヨンナム、김영남、忠南大・尚武・三星SDI・08-09NTTドコモ・10リコー)
◎SH李明根(リ・ミョングン、이명근、裡里工業高・延世大・尚武・大心通商・三星SDI・07-08季ワールド、前代表)

<横河武蔵野>
◎FL延権佑(12年代表、ヨン・グォンウ、연권우、忠北高・高麗大・07横河・09尚武)
◎FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、大阪朝高・明治大、在日、高校日本)
◎SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、大阪朝高・同志社大、在日)→外。

<三菱重工相模原>
◎移籍:NO8李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、裡里工・檀国大・尚武・日野自動車、前代表)

<<トップウェスト>>
<ホンダ>
◎SH梁永勲(12年代表、ヤン・ヨンフン、양영훈,富川北高・檀国大・尚武・大心通商)

<豊田自動織機>
◎移籍:FL鄭智弘(チョン・チホン、정지홍,大阪朝高・帝京大・IBM・NTTドコモ、在日)

<<トップ九州>>
<JR西日本>
◎新規PR張和裕(チャン・ファユン、장화유、大阪朝鮮高・同志社大)

<<退団など>>
◎ホンダPR金英根(移籍、キム・ヨングン、김영근、釜山南高・延世大・三星SDI、元韓国代表)→未定
◎織機WTB徐忠植(ソ・チュンシク、서충식、養正高・三重/朝明高・京都産業大)→社業

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2012

ラグビー東芝に韓国人LO金潔が加入

 さきほどラグビートップリーグ東芝の新外国人選手情報が届きました。

 びっくり! 韓国人それもコカコーラを実質、契約外になったLO金潔(キム・ギョル)。

 193cm115kgの体格は魅力ですが、本人にも改めるように話したことがありますが

親が韓国で大きなサウナを経営しているお坊ちゃん。

 きつい練習嫌い。

 コーラでもプロのNZ選手などから「プロ選手として自覚を持て!厳しい練習を」と諭されていたとか。

 果たして「親に見せられない」東芝の練習に耐えることができるのか?

 耐えれば化ける素材ですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2012

サントリーに新韓国人選手加入

 ラグビー2011年度、日本選手権・トップリーグ2冠を達成したサントリー。

 4月10日、韓国代表のLO/FL/FL朴淳彩(パク・スンチェ、박순채)=85/08/20生まれ、
190/110(大韓ラグビー協会所属、前ポスコ建設)の入団を発表しました。

 朴は、「日本でプレーするチャンスをつかむことができ、大変嬉しく思います。最高より最善を尽くす選手になります」とコメントで抱負を述べました。

 朴は2012アジア五カ国対抗戦代表にも選ばれており5月12日(土)、日韓戦でサントリーのチームメートと戦うことになりましたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラグビー韓国代表選手変更

 ラグビー「2012アジア五カ国対抗戦」に出場する韓国代表選手に若干、変更がありました。
 すでに尚武=韓国軍体育部隊グランドで合宿を開始しています。
 日本チーム・サニックスに所属するPRシン・ドンウォンがはずれPRにはNTTドコモの許雄(ホ・ウン)が選ばれました。
 今回の名簿に外れていたサニックスCTBクォン・ジョンヒョクは、現在、代表合宿に参加しているとサニックスから連絡がありました。訂正いたします。
「韓国代表名簿」をダウンロード

<スタッフ/監督>
徐天吾(ソ・チョンオ)서천오180/80尚武=韓国軍体育部隊監督(延世大、三星)
<コーチ>
成海ギョン(ソン・ヘギョン)성해경 178/85慶煕大監督(慶煕大)
韓榮勲(ハン・ヨンフン)HAN YOUNGHOON한영훈181/95延世大コーチ(延世大)
<フィジカル>
朴ジハ박지하大韓トレーナー協会
<選手>
PR1シン・ヨンジン
88/04/22生まれ신영진170CM/115KG尚武(延世大)
PR1呂裕宰(ヨ・ユジェ)
86/02/20 여유재181/118(ポスコ建設)
PR1鄭盛云、チョン・ソンウン
81/10/22정성운178/113(大韓ラグビー協会 元三星)
HO金ジンウン
87/05/22김진웅176/106(韓国電力、延世大)
HO黄敏敍(ファン・ミンソ)
85/11/16 황민서180/115(三星重工業)
PR3許雄(ホ・ウン)
85/01/13 허웅186/113(NTTドコモ、延世大)
PR3金聖煥(キム・ソンファン)86/07/15
KIM SUNGWHAN김성환180/105(三星、延世大)
PR3金會哲(キム・フェチョル)89/12/24
KIM HOE CHUL김회철186/122(ポスコ、慶熙大)
LO劉永男(ユ・ヨンナム)83/10/13
YOU YOUNGNAM유영남192/100(パナソニック、檀国大)
LO金泳男(キム・ヨンナム)78/07/23
김영남193/119(クボタ 忠南大-三星SDI-NTTドコモ)
LOチャ・ソンホ
91/04/07 차성호187/96(延世大)
LO朴ファン
87/07/02 박환187/94(韓国電力、檀国大)
LO延権佑(ヨン・グォンウ)85/01/23
YOUN KWON WOO연권우185/110(横河電機 高麗大、横河電機-尚武)
FL朴淳彩(パク・スンチェ)85/08/20
박순채190/110(サントリー、ポスコ)
FL金ヒョンス
88/11/08 김현수181/98(尚武)
FL/申ウシク
88/03/27신우식182/94(尚武、延世大)
NO8李光紋(イ・グァンムン)83/08/04
LEE KWANGMOON이광문187/107(トヨタ自動車、高麗大、サントリー尚武)
NO8韓建奎(ハン・コンギュ)87/01/22
HAN KUNKYU한건규186/107(尚武、延世大)
NO8ソン・ビョンホ
90/08/21 송병호187/100(慶熙大)
NO8李ヨンスン
90/08/21 이용승183/95(高麗大)
SH梁永男(ヤン・ヨンフン)80/12/06
양영훈175/80(ホンダ 檀国大、大心通商)
SH朴玩龍(パク・ワンヨン)84/06/02
PARK WANYONG박완용170/77(韓国電力、高麗大)
SHヤン・ジョンピョル
90/01/22 양정필172/72(尚武、延世大)
SO朴ホンシク89/04/26박홍식174/74(尚武、高麗大)
SO呉潤衡(オ・ユンヒョン)84/10/29
OH YOUN HYUNG오윤형177/82(韓国電力、慶煕大、尚武)
SO呉ジミョン
92/11/06 오지명180/83(檀国大)
SO李ウィギュ
88/08/06이외규185/85(尚武)
CTB金原用(キム・ウォンヨン)85/01/05
KIM WON YONG김원용176/82(大韓ラグビー協会、日本チーム希望、檀国大、尚武、ポスコ)
CTBチェ・カルビン
90/02/04 제갈빈182/95(尚武、延世大)
CTB金ナンウク
90/02/05 김남욱179/92(尚武、高麗大)
CTB朴魯訓、パク・ノフン
86/01/16 박노훈182/95(三星、延世大)
CTB金インギュ
88/08/11 김인규180/90(尚武)
CTB権正赫(クォン・ジョンヒョク)89/02/05권정혁177/94
(サニックス 慶山高、帝京大)
WTB金グァンミン
88/04/22 김광민178/78(尚武、延世大)
WTB趙寅秀、チョ・インス
83/05/28 조인수172/72(ポスコ、高麗大、尚武)
WTBチャン・ソンミン
92/08/22 창성민184/80(高麗大)
FBチョン・ヨンウ
88/09/06 정용우182/86(尚武、檀国大)
FBヤン・スウン
90/04/22 양수웅180/76(慶熙大)

2012年4月当初候補選手
PR3申東ウォン(にすいに原)86/12/12신동원 181/102(サニックス、NZ高校)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2012

週刊現代、コリアンタウン特集

 きょう発売「週刊現代4月21日号」。

 巻頭カラーは「大人のコリアンタウン」特集。

 大阪・生野、鶴橋にはラグビーファンには有名な

豊山家の「ちぢみ屋」掲載。お子さんが元日本代表。

紹介者が生野出身の元ラガーマンですから当然かも。

 週刊現代編集部はラグビー好きです。

さらに東京江東区の枝川(塩浜地区)。

最後は新大久保コリアンタウンです。

新大久保はライターで知人の権チョルさんが紹介してます。

生マッコリ家、オザッキョ、スンデ家、チャンナム、松屋などなど。

132ページの藤島大さんラグビーコラムもご一読を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2012

ラグビー韓国代表発表

 ラグビー韓国代表スコッド37人発表。
「2012韓国代表スコッド」をダウンロード

 大韓ラグビー協会はこのほどアジア五カ国対抗戦に挑む韓国代表候補37人を発表した。

 日本チーム所属選手からは
パナソニックの劉永男(ユ・ヨンナム)、
クボタ金泳男(キム・ヨンナム)がLO。
FLに横河電機の延権佑(ヨン・グォンウ)。
SHにホンダ梁永男(ヤン・ヨンフン)。
CTBに帝京大からサニックスへ加入する
権正赫(クォン・ジョンヒョク)が入っている。

また名簿搭載の
サニックスPR申東ウォン(にすいに原)はスコッド召集に応じない予定。
同じく搭載のNO8トヨタ李光紋(イ・グァンムン)は
チームとの話し合いになるだろう。

徐天吾(ソ・チョンオ)新監督=尚武・韓国軍体育部隊監督は、
日本チーム選手の経験を若手に伝えるべく
学生6人、尚武11人、社会人若手6人を選んだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2012 | Main | May 2012 »