« ラグビー日本代表戦観客数推移(国内開催) | Main | 三星とポスコが決勝へ(ラグビー韓国大統領大会) »

July 01, 2012

ラグビーU20日本、来季のJWC昇格逃す

 6月30日からの週末のラグビー。
 20歳以下、国際大会「ジュニア・ワールド・ラグビー・トロフィー」(JWRT、世界13位以下の2部に該当、開催地・米国)に出場したU20日本代表。
 6月30日未明(日本では7月1日朝9:00)に米国と決勝を戦いました。前半終了間際からお互いに逆転につぐ逆転の点を奪い合う展開に。結局、後半、日本33-29米から米が逆転し米37(前半15-14)33日本で終えました。
 来季、1部のジュニア・ワールド・チャンピオンシップ(JWC)には米が昇格。日本は連続で決勝で昇格を逃しました。
 JWRTには来季、12年JWC最下位になったイタリアが降格してきます。厳しい戦いが待っていますね。

<<JWRT>>
■決勝(6月30日)
◆日本33(14-15)37米国
*日本5T4G、米国5T3G2P

<<オープン戦>>
■6月30日
◆東芝53(20-12)26NEC
*東芝9T4G、NEC4T3G
◎東芝LO金潔(キム・ギョル、高麗大)
◎NECPR1金光植(キム・グァンシク、ポスコ)先発
◎NECHO朴誠球(パク・ソング、延世大)メンバー外

◆キヤノン26(19-12)22近鉄
◎キヤノンPR金光模(キム・グァンモ、檀国大)
◎近鉄SH金哲元(キム・チョルウォン、大阪体大)

◆NTTコム24(12-7)19NTTドコモ
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、延世大)メンバー外
◎ドコモSH9安承爀(アン・スンヒョッ、高麗大-NEC)先発
◎ドコモFL7金栄デ(キム・ヨンデ、在日、大阪産大-近鉄-ホンダ-リコー)先発

◆ヤマハ発動機20(15-5)17神戸製鋼
◎ヤマハWTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン、在日、朝鮮大)

<日本チーム選手その他>
◎パナFL6劉永男(ユ・ヨンナム、檀国大)
◎サニックスPR3申東ウォン(シン・ドンウォン、NZ)
◎サニックスWTB崔基俊(チェ・キジュン)
◎ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、大心通商)
◎横河LO延権祐(ヨン・ゴンウ、高麗大-尚武/韓国軍体育部隊)
◎トヨタFL李光紋(イ・グァンムン、サントリー-韓国電力)
◎サントリーLO17朴淳彩(パク・スンチェ、ポスコ)
◎織機FL鄭智弘(チョン・チホン、在日、NTTドコモ)
◎三菱NO8李昡羽(イ・ヒョンウ、檀国大-尚武-日野自動車)
◎三菱WTB/Sウィリアムズ。1トライ
◎クボタLO金泳男(キム・ヨンナム、三星-NTTドコモ-リコー)
◎クボタSH李明根(リ・ミョングン、三星-ワールド)


<<関東大学春季大会>>
■30日(1部)
◆明治大45(21-5)19関東学院大
*明治3勝1敗(勝ち点19)、関東4敗(2)

■7月1日
◆早稲田43(17-19)38東海大
◎早稲田FL6金正奎(キム・ショウケイ、在日、啓光学園)
*早稲田4勝(勝ち点24)、東海1勝3敗(10)

◆筑波大38(28-21)46流通経済大
*筑波3勝1敗(19)、流経1勝3敗(6)

<順位>
帝京4勝(24)、早稲田4勝(24)、明治3勝1敗(19)、筑波3勝1敗(19)、東海1勝3敗(10)、流経1勝3敗(6)、関東4敗(2)、大東4敗(0)

<2部順位>
1:慶應4勝(24)、2:拓殖3勝1敗(20)、3:日本3勝1敗(18)、4:中央3勝1敗(17)、5:法政2勝2敗(13)、6:青山1勝3敗(8)、7:日本体育4敗(0)、8:立教4敗(0)

|

« ラグビー日本代表戦観客数推移(国内開催) | Main | 三星とポスコが決勝へ(ラグビー韓国大統領大会) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85428/55092914

Listed below are links to weblogs that reference ラグビーU20日本、来季のJWC昇格逃す:

« ラグビー日本代表戦観客数推移(国内開催) | Main | 三星とポスコが決勝へ(ラグビー韓国大統領大会) »