« September 2012 | Main | November 2012 »

October 26, 2012

TL、好調リコーが東芝破る

 10月20日(土)からの国内ラグビー、「2012~13ラグビートップリーグ(TL)」は8節。
 前半最終戦となりますね。首位サントリーはサニックスを下し8戦全勝で折り返し。2位神戸もNECを寄せ付けず7勝1分けで終えました。一方、3強の一角、東芝がここ数試合、勢いを増したリコーの後半、逆転負け。

以下、得点内容の後の()は勝ち点
<<TL>>
■第8節(10月27日)
◆ヤマハ36(31-8)25キヤノン(秩父宮)
*ヤマハ6T3G(28)、キヤノン4T1G1P(12)
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、愛知朝鮮高・朝鮮大(在日))=先発。前半19分に追撃のT、37分には差を広げるT。前半、ボールが回った最初の2回をTに結んだ。3回目も突破し味方Tにつなげた。
Dscf0901_640x480
「代表入りできず。バックアップメンバー登録」
◎キヤノンPR金光模(キム・グァンモ、김광모、仁川機械工高・檀国大・05-09三洋)=メンバー外

◆NTTコム23(14-14)24トヨタ自動車
*コム2T2G3P(23)、トヨタ3T3G1P(23)
◎NTTコムHO白孝尚(ハク・タカヨシ、啓光学園・帝京大、JJapan(在日))=メンバー外
◎トヨタFL李光紋(イ・グァンムン、이광문、忠北高・高麗大・尚武・08サントリー、09韓国電力)=メンバー外
Dscf0582_640x480_3
「自分の突破をいかしてくれるトヨタの戦い方は合っています。日本語もうまくなり2年目でSHなどとコミュニケーションも取れています」

◆九州電力19(12-10)17NTTドコモ(博多レベルファイブ)
*九電3T2G(8)、ドコモ2T2G1P(1)
◎ドコモFL7,N金栄デ(金に大、キム・ヨンデ、김영대、江の川高校・大阪産大・近鉄(05-)・ホンダ(07-09)、10リコー(在日))=先発
Dscf0731_640x480
「チームから求められている低いタックル、サポートなどのワークレートをしっかりする。そのうえで持ち味の突破やジャッカルも出していきたい。チームは目先の1勝よりも少しずつ成長していくことが大事です」
◎ドコモSH、N安承火赫(アン・スンヒョク、안승혁、城南西高・高麗大・尚武・09NEC)=メンバー外
「心機一転、Aチーム入りへ奮闘中。テンポ早い球出しと得意の長いパスの復活に期待」
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅、ソウル大付属高・延世大・尚武)=メンバー外
Dscf0756_640x480_2

◆サントリー42(28-7)19福岡サニックス
*サントリー6T6G(39)、サニックス3T2G(6)
◎サントリーFL、N朴淳彩(パク・スンチェ、박순채、ポスコ建設)=メンバー外
Dscf0642
「フィットネス不足はまだまだです。真面目に取り組んでいます」
◎サニックスPR3申東ウォン(シン・ドンウォン=冫原、신동원、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高)=先発
◎サニックスCTB、N権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁、慶山高、三重/朝明高・帝京大)=メンバー外
Dscf0914_640x480
「初めてのトップリーグ。前に積極的に出るようにプレーしたい。課題はポジションニング」
◎サニックスFL慎賢宇(シン・ヒョンウ、산현우、東京朝鮮高・朝鮮大、在日)=メンバー外
「まだまだ。Bチーム」
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、황철수、東京朝鮮高・朝鮮大、在日)=メンバー外
「Aチーム入りも期待できる」
◎サニックスCTB崔基俊(チェ・キジュン、최기준、韓国/鎮海高・朝明高・帝京大中退)=メンバー外
「現在、日本へ帰化申請。アジア枠選手の関係で日本国籍取得すればAチームも可能」

◆神戸製鋼48(24-7)14NEC(高知)
*神戸7T5G1P(35)、NEC2T2G(11)
◎NEC/PR1、N金光植(キム・グァンシク、김광식、高麗大・ポスコ建設)=先発
Dscf0610_640x480
◎NEC/HO朴誠球(パク・ソング、박성구、ソウル大付高・延世大・尚武、・08-09ヤマハ)=メンバー外
121013necpark
「首の出術もありリハビリを終えてチームへ復帰。試合にも出て対応できている」

◆東芝26(13-10)28リコー(ケーズS)
*東芝4T2P(30)、リコー3T2G3P(20)
◎東芝LO、N金潔(キム・ギョル、김결。養正高・高麗大・09サントリーフーズ,10-11コカコーラ)=メンバー外
1291tkim
「コーラから東芝に移籍して、一番変わったのは『ハート』」。

◆パナソニック23(17-10)20近鉄(太田)
*パナ2T2G3P(25)、近鉄2T2G2P(17)
◎パナLO4劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、仁川機械工高・檀国大・尚武)=先発
121013pana4y
「1日の練習を100%やり、認めてもらって試合に出る。試合でも100%出し切る。今年はそうしないとチーム内の競争に勝てません。子供が11月に生まれることも自分をラグビーに積極的に取り組む意識を強くさせています」
◎パナCTB12ソニー・ビル・ウィリアムズ(SBW)=先発
121013sbwpass
◎近鉄PR3成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、大阪朝高・帝京大(在日))=先発
「チームを引っ張る。年齢的にもベテランの域へ」
◎近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン、김철원、韓国/養正高・朝明高・大阪体大、日本前)=先発
「今季も主力として期待されている」
◎近鉄WTB李陽(中国)=

<順位>
1:サントリー(39、+137)、2:神戸(35、+142)、3:東芝(30、+92)、4:ヤマハ(28、+96)、5:パナ(25、+81)、6:NTTコム(23、+20)、7:トヨタ(23、+5)、8:リコー(20、5)、9:近鉄(17、+57)、、10:キヤノン(12、-31)、11:NEC(11、-75)、12:九電(8、-181)、13:サニックス(6、-141)、14:NTTドコモ(2、-207)

<<トップEAST>>
■第7節
◆三菱重工相模原18(12-10)16東京ガス(27日、ガス)
*三菱2T1G2P(24)、ガス1T1G3P(21)
◎三菱FL6、N李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、裡里工・檀国大・尚武・日野、前代表)=先発
「レギュラークラス」
◎三菱PR、N鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운、慶煕大・三星SDI、 178CM,113KG,81/10/22生まれ )=メンバー外
「レギュラー手前、スクラムは強い」

◆栗田42(25-15)34横河武蔵野(栗田)
*栗田5T4G3P(19)、横河5T3G1P(8)
◎横河FL7延権佑(復帰、ヨン・グォンウ、연권우、忠北高・高麗大・07横河・09尚武、代表)=先発、1T
「FWリーダーとして充実している」
◎横河NO8趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、大阪朝高・明治大、在日、高校日本)=先発
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、大阪朝高・同志社大、在日)=メンバー外

◆クボタ57(33-0)0日本IBM(28日、秩父宮)
*クボタ9T6G(30)、IBM(0)
◎クボタLO18金永男(キム・ヨンナム、김영남、忠南大・尚武・三星SDI・08-09NTTドコモ・10リコー・代表)=リザーブ
「フィットネス不足を克服中」
◎クボタSH9李明根(リ・ミョングン、이명근、裡里工業高・延世大・尚武・大心通商・三星SDI・07-08季ワールド、前代表)=メンバー外
「今年は体調も万全です。今日の試合はチーム方針で若手起用」

◆釜石SW14(0-5)19秋田NB(北上)
*釜石2T2G(20)、秋田3T2G(4)
◎秋田PR3趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현,檀国大、学生時代に三洋練習参加)=先発

*日野(6)、ヤクルト(5)

<順位>
1:クボタ(30)、2:三菱(24)、3:東京ガス(21)、4:釜石(20)、5:栗田(19)、6:横河(8)、7:日野(6)、8:ヤクルト(5)、9:秋田(4)、10:IBM(0)

<<トップWEST>>
■第5節(10月28日、瑞穂)
◆豊田自動織機73(35-3)15JR西日本
*織機11T9G(20)、JR2T1G1P(0)
◎JR/PR1張和裕(同大、大阪朝高)=先発
◎織機LO4鄭智弘(チョン・チホン、大阪朝高-帝京大-IBM-近鉄など)=メンバー外
◎織機PR、N金英根(移籍、キム・ヨングン、김영근、釜山南高・延世大・三星SDI・ホンダ、代表)=メンバー外

◆ホンダ66(49-0)0大阪府警
*ホンダ9T9G7P(10)、府警(5)
◎ホンダSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈,富川北高・檀国大・尚武・大心通商、代表)=先発
中部電力(5)

<<トップ九州>>
■第7節
◆コカ・コーラ112(43-5)10JR九州(27日)
*コーラ16T(25)、九州2T(15)

◆中国電力40(21-10)10福岡銀行(28日)
*中国6T(15)、福岡2T(2)

◆山形屋32(12-14)43新日鉄八幡
*山形屋5T(3)、新日鉄5T(6)

*マツダ(25)

<<関東大学対抗戦>>
■第8節
◆早稲田大67(22-0)0立教大(28日、熊谷)
*早大10T7G1P早大3勝1敗、立教5敗
◎早稲田FL6金正奎(3年、常翔啓光学園)=先発、3T
Kmr_0417_640x427_2
(写真提供:木村理さん)

日本体育大、青山学院大
*日体1勝3敗、青学4敗

◆帝京大、慶應大
*帝京4勝、慶應1勝2敗
◎帝京NO8李聖彰(3年、東京朝鮮)=
121021tno8
「」
◎帝京SO朴成基(2年、大阪朝鮮)=
◎帝京CTB権裕人(2年、大阪朝鮮)=

◆明治大、筑波大
*明治4勝、筑波3勝1敗
◎明治LO南宗成(2年、大阪朝高)=メンバー外
◎明治LO朴鐘圭(3年、大阪朝高)=メンバー外
◎明治LO18梁哲盛(4年、大阪朝高)=リザーブ

<<関東大学リーグ戦>>
■第8節
◆中央大15(8-21)36日本大(27日、味スタ)
*中大2T1G1P(10)、日大5T4G1P(14)
◎日大PR3高信貴=先発

◆流通経済大23(10-14)14拓殖大
*流経2T2G3P(20)、拓殖2T2G(11)

◆東海大112(52-0)0関東学院大(28日、秩父宮)
*東海18T11G(16)、関東(5)

*大東(4)、法政(10)
◎法大CTB金勇輝(2年、大阪朝鮮)=

<<関東大学リーグ戦3部>>
■第5節(10月28日)
◆横浜国立大12(12-7)21城西大(農大)
*横国(5)、城西(8)

◆白鴎大42(27-7)35東京農業大
*白鴎(20)、農大(14)

◆国際武道大29(7-3)3東京工業大(朝鮮大)
*武道大(17)、東工(5)

◆朝鮮大24(12-5)17防衛大
*朝大(17)、防大(14)

<<関西大学Aリーグ>>
■第3節(10月28日)
◆関西学院大10(5-12)26立命館大(宝が池)
*関西2T、立命4T3G
◎関西HO金寛泰(2年、大阪朝高)=先発
◎関西WTB11金尚浩(2年、大阪朝高)=先発
◎関西FB15高陽日(2年、大阪朝高)=先発

◆同志社大22(10-14)26京都産業大
*同大4T1G、京産4T3G
◎京産SH20梁正秋(2年、大阪朝高)=リザーブ

◆近畿大19(7-6)9大阪体育大(天理親里)
*近大3T2G、体大3P
◎体大HO2王鏡聞(3年、朝明高・韓国/養正中)=先発
◎体大CTB21王授榮(1年、朝明高)=リザーブ

◆天理大54(33-0)7摂南大
*天理8T7G、摂南1T1G
◎摂南PR金哲弘(2年、大阪朝高)=メンバー外

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2012

明治が筑波に逆転勝ち(関東大学対抗戦)

 10月20日(土)からの国内ラグビー、「2012~13ラグビートップリーグ(TL)」は7節。
 昨季の4強が秩父宮に登場します。
 首位サントリーは、勢いを取り戻したパナソニック、3位東芝はNECと対戦。
 サントリーとパナソニックは前半13-13と拮抗しました。後半に入るとサントリーが突き放し34-20で7連勝を飾りました。パナは6位に転落。
東芝は7Tを奪い勝ち点5を得ましたが、後半ロスタイム、T狙いのアタックをNECに奪われTを与えるなど隙が見られました。順位はサントリー以下、神戸、東芝、ヤマハ、NTTコムと続きます。
 関東大学対抗戦は、3戦全勝同士の明治大と筑波大が対戦、31-27で明治が後半、逆転勝ち。王者・帝京大は後半、甘いプレーが出て慶應大に25-8と辛勝でしたが4戦全勝。

以下、得点内容の後の()は勝ち点
<<TL>>
■第7節
◆東芝48(19-14)33NEC(20日、秩父宮)
*東芝7T5G1P(28)、NEC5T4G(11)
◎東芝LO、N金潔(キム・ギョル、김결。養正高・高麗大・09サントリーフーズ,10-11コカコーラ)=メンバー外
1291tkim
「コーラから東芝に移籍して、一番変わったのは『ハート』」。

◎NEC/PR1、N金光植(キム・グァンシク、김광식、高麗大・ポスコ建設)=先発、後半5分負傷退場
Dscf0610_640x480
NEC関係者「金に相手を追っかけて行うタックルを求めるのは無理。少しずつ成長」
◎NEC/HO朴誠球(パク・ソング、박성구、ソウル大付高・延世大・尚武、・08-09ヤマハ)=メンバー外
121013necpark
「首の出術もありリハビリを終えてチームへ復帰。試合にも出て対応できている」

◆サントリー34(13-13)20パナソニック(同)
*サントリー4T4G2P(34)、パナ2T2G2P(21)
◎サントリーFL、N朴淳彩(パク・スンチェ、박순채、ポスコ建設)=メンバー外
Dscf0642
「フィットネス不足はまだまだです。真面目に取り組んでいます」

◎パナLO4劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、仁川機械工高・檀国大・尚武)=先発
121013pana4y
「1日の練習を100%やり、認めてもらって試合に出る。試合でも100%出し切る。今年はそうしないとチーム内の競争に勝てません。子供が11月に生まれることも自分をラグビーに積極的に取り組む意識を強くさせています」
◎パナCTB12ソニー・ビル・ウィリアムズ(SBW)=先発
121013sbwpass

◆神戸製鋼37(13-19)29NTTドコモ(花園)
*神戸4T4G3G(30)、ドコモ4T3G(1)
*後半20分過ぎまでドコモがリードした。
◎ドコモFL7,N金栄デ(金に大、キム・ヨンデ、김영대、江の川高校・大阪産大・近鉄(05-)・ホンダ(07-09)、10リコー(在日))=先発
Dscf0731_640x480
「チームから求められている低いタックル、サポートなどのワークレートをしっかりする。そのうえで持ち味の突破やジャッカルも出していきたい。チームは目先の1勝よりも少しずつ成長していくことが大事です」
◎ドコモSH、N安承火赫(アン・スンヒョク、안승혁、城南西高・高麗大・尚武・09NEC)=メンバー外
「心機一転、Aチーム入りへ奮闘中。テンポ早い球出しと得意の長いパスの復活に期待」
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅、ソウル大付属高・延世大・尚武)=メンバー外
Dscf0756_640x480_2

◆近鉄10(0-8)18トヨタ自動車(同)
*近鉄1T1G1P(16)、トヨタ2T1G2P(19)
◎近鉄PR3成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、大阪朝高・帝京大(在日))=先発
「チームを引っ張る。年齢的にもベテランの域へ」
◎近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン、김철원、韓国/養正高・朝明高・大阪体大、日本前)=先発
「今季も主力として期待されている」
◎近鉄WTB李陽(中国)=メンバー外

◎トヨタFL李光紋(イ・グァンムン、이광문、忠北高・高麗大・尚武・08サントリー、09韓国電力)=メンバー外
Dscf0582_640x480_3
「自分の突破をいかしてくれるトヨタの戦い方は合っています。日本語もうまくなり2年目でSHなどとコミュニケーションも取れています」

◆ヤマハ52(19-8)8九州電力(ヤマハ)
*ヤマハ8T6G(23)、九電1T1P(3)
◎ヤマハWTB22徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、愛知朝鮮高・朝鮮大(在日))=リザーブ。後半から1T
*11月の日本代表欧州遠征代表候補入り
Dscf0901_640x480
「代表入りはリハビリの影響で微妙」

◆NTTコム30(13-6)23サニックス(新潟)
*コム3T3G3P(22)、サニックス2T2H3P(6)
◎NTTコムHO白孝尚(ハク・タカヨシ、啓光学園・帝京大、JJapan(在日))=メンバー外
◎サニックスPR3申東ウォン(シン・ドンウォン=冫原、신동원、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高)=先発
◎サニックスCTB、N権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁、慶山高、三重/朝明高・帝京大)=メンバー外
Dscf0914_640x480
「初めてのトップリーグ。前に積極的に出るようにプレーしたい。課題はポジションニング」
◎サニックスFL慎賢宇(シン・ヒョンウ、산현우、東京朝鮮高・朝鮮大、在日)=メンバー外
「まだまだ。Bチーム」
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、황철수、東京朝鮮高・朝鮮大、在日)=メンバー外
「Aチーム入りも期待できる」
◎サニックスCTB崔基俊(チェ・キジュン、최기준、韓国/鎮海高・朝明高・帝京大中退)=メンバー外
「現在、日本へ帰化申請。アジア枠選手の関係で日本国籍取得すればAチームも可能」

◆キヤノン17(10-10)35リコー(21日、ニッパツ)
*キヤノン2T2G1D(11)、リコー5T2G2P(16)
◎キヤノンPR金光模(キム・グァンモ、김광모、仁川機械工高・檀国大・05-09三洋)=メンバー外
「Aチーム入りをつかむために努力している」

<順位>
1:サントリー(34、+114)、2:神戸(30、+108)、3:東芝(28、+94)、4:ヤマハ(23、+85)、5:NTTコム(22、+21)、6:パナ(21、+78)、7:トヨタ(19、+4)、8:近鉄(16、+60)、、9:リコー(16、3)、10:キヤノン(11、-20)、11:NEC(11、-41)、12:サニックス(6、-118)、13:九電(4、-183)、14:NTTドコモ(1、-205)

<<トップEAST>>
■第6節
◆クボタ89(42-3)3横河武蔵野(20日、クボタ)
*クボタ13T12G(25)、横河1P(7)
◎クボタLO金永男(キム・ヨンナム、김영남、忠南大・尚武・三星SDI・08-09NTTドコモ・10リコー・代表)=メンバー外
「フィットネス不足を克服中」
◎クボタSH9李明根(リ・ミョングン、이명근、裡里工業高・延世大・尚武・大心通商・三星SDI・07-08季ワールド、前代表)=先発
「レギューラーとして活躍。今季は若手SHを育てることをチームから依頼」
◎横河FL7延権佑(復帰、ヨン・グォンウ、연권우、忠北高・高麗大・07横河・09尚武、代表)=先発
「FWリーダーとして充実している」
◎横河NO8趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、大阪朝高・明治大、在日、高校日本)=メンバー外
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、大阪朝高・同志社大、在日)=メンバー外

◆東京ガス93-7日本IBM(ガス)
*ガス15Y9G(20)、IBM1T1G(0)

◆日野自動車16(8-16)40ヤクルト(秩父宮)
*日野2T2P(6)、ヤクルト4T4G4P(5)

三菱重工相模原
*三菱(20)
◎三菱NO8、N李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、裡里工・檀国大・尚武・日野、前代表)=
「レギュラークラス」
◎三菱PR、N鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운、慶煕大・三星SDI、 178CM,113KG,81/10/22生まれ )=
「レギュラー手前、スクラムは強い」

◆秋田NB*秋田(0)
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현,檀国大、学生時代に三洋練習参加)=

◆釜石*釜石(19)
◆栗田工業
*栗田(14)

<順位>
1:クボタ、2:三菱、3:東京ガス、4:釜石、5:栗田、6:横河、7:日野、8:ヤクルト、9以下:IBM、秋田

<<トップWEST>>
■第4節(10月21日、鈴鹿)
◆ホンダ21(7-26)36豊田自動織機
*ホンダ3T3G(5)、織機4T2G4P(15)
◎ホンダSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈,富川北高・檀国大・尚武・大心通商、代表)=先発
◎織機LO4鄭智弘(チョン・チホン、大阪朝高-帝京大-IBM-近鉄など)=先発
◎織機PR、N金英根(移籍、キム・ヨングン、김영근、釜山南高・延世大・三星SDI・ホンダ、代表)=メンバー外

◆JR西日本19(5-38)71中部電力
*JR3T2G(0)、中部11T8G(5)
*JR/PR1張和裕(同大、大阪朝高)=先発

<<トップ九州>>
■第5節
■第6節
◆中国電力29(24-0)10JR九州(20日、コーラ)
*中国4T(10)、九州2T(15)

◆マツダ97(31-0)0福岡銀行(同)
*マツダ15T(25)、福岡(2)

◆コカ・コーラ117(53-7)7新日鉄八幡(21日、同)
*コーラ19T(20)、新日鉄1T(1)

山形屋(2)

<<関東大学対抗戦>>
■第7節
◆日本体育大12(0-3)10青山学院大(20日、ニッパツ)
*日体2T1G1勝3敗、青学1T1G1P4敗

◆帝京大25(22-5)8慶應大(21日、秩父宮)
*前半18分、帝京LO4小瀧が同点Tを奪う。
121021t4tryz18

*前半38分、帝京WTB14小野が4T目、飛び込んだ。
121021t14tryz38

*帝京4T1G1P4勝、慶應1T1D1勝2敗
◎帝京NO8李聖彰(3年、東京朝鮮)=先発
121021tno8
「前半はいいラグビーができましたが、後半は自分たちの甘いプレーが出てしまった」
◎帝京SO朴成基(2年、大阪朝鮮)=メンバー外
◎帝京CTB権裕人(2年、大阪朝鮮)=先発、後半27分に意味のない危険なタックルでシンビンになり岩出監督からAチーム降格を告げられる。
121021t13sb1
121021t13sb2
「反省しています」

◆明治大31(10-17)27筑波大(ケーズスタ)
*明治4T4G1P4勝、筑波3T3G2P3勝1敗
◎明治LO南宗成(2年、大阪朝高)=メンバー外
◎明治LO朴鐘圭(3年、大阪朝高)=メンバー外
◎明治LO18梁哲盛(4年、大阪朝高)=リザーブ

立教4敗
早大2勝1敗、
◎早稲田FL金正奎(3年、常翔啓光学園)=
Kmr_0417_640x427_2
(写真提供:木村理さん)


<<関東大学リーグ戦>>
■第7節
◆流通経済大40(18-0)0大東文化大(21日、ケーズスタ)
*流経5T3G3P(16)、大東(4)

◆拓殖大37(27-28)38日本大(キヤノン)
*拓殖7T1G(10)、日大5T5G1P(10)
◎日大PR3高信貴=先発

*東海(12)、法政(10)
◎法大CTB金勇輝(2年、大阪朝鮮)=
*中大(9)、関東(4)

<<関東大学リーグ戦3部>>
■第4節(10月21日)
◆白鴎大31(10-17)24国際武道大(武道大)
*白鴎(16)、武道大(13)

◆朝鮮大40(19-9)9東京工業大(同)
*朝大(13)、東工(4)

◆防衛大36(21-7)7城西大(農大)
*防大(13)、城西(4)

◆東京農業大63(28-3)8横浜国立大(同)
*農大(13)、横国(4)

<<関西大学Aリーグ>>
■第3節(10月21日)
◆立命館大26(3-0)5近畿大(宝が池)
*立命3T1G3P、近大1T

◆同志社大32(15-5)15摂南大(同)
*同大4T3G2P、摂南3T
◎摂南PR17金哲弘(2年、大阪朝高)=リザーブ

◆関西学院大38(26-0)17大阪体育大(花園)
*関西6T4G、体大3T1G
◎関西HO2金寛泰(2年、大阪朝高)=先発
◎関西WTB11金尚浩(2年、大阪朝高)=先発
◎関西FB15高陽日(2年、大阪朝高)=先発
◎体大HO2王鏡聞(3年、朝明高・韓国/養正中)=先発
◎体大CTB21王授榮(1年、朝明高)=リザーブ

◆天理大48(29-12)19京都産業大(同)
*天理7T5G1P、京産3T2G
◎京産SH20梁正秋(2年、大阪朝高)=リザーブ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2012

TL、昨季4強対決、サントリー7連勝

 10月20日(土)からの国内ラグビー、「2012~13ラグビートップリーグ(TL)」は7節。
 昨季の4強が秩父宮に登場します。
 首位サントリーは、勢いを取り戻したパナソニック、3位東芝はNECと対戦。
 サントリーとパナソニックは前半13-13と拮抗しました。後半に入るとサントリーが突き放し34-20で7連勝を飾りました。パナは6位に転落。
東芝は7Tを奪い勝ち点5を得ましたが、後半ロスタイム、T狙いのアタックをNECに奪われTを与えるなど隙が見られました。順位はサントリー以下、神戸、東芝、ヤマハ、NTTコムと続きます。
 関東大学対抗戦は、明治大と筑波大、帝京大と慶應大とこちらも優勝に関係する強豪対決です。

以下、得点内容の後の()は勝ち点
<<TL>>
■第7節
◆東芝48(19-14)33NEC(20日、秩父宮)
*東芝7T5G1P(28)、NEC5T4G(11)
◎東芝LO、N金潔(キム・ギョル、김결。養正高・高麗大・09サントリーフーズ,10-11コカコーラ)=メンバー外
1291tkim
「コーラから東芝に移籍して、一番変わったのは『ハート』」。

◎NEC/PR1、N金光植(キム・グァンシク、김광식、高麗大・ポスコ建設)=先発、後半5分負傷退場
Dscf0610_640x480
NEC関係者「金に相手を追っかけて行うタックルを求めるのは無理。少しずつ成長」
◎NEC/HO朴誠球(パク・ソング、박성구、ソウル大付高・延世大・尚武、・08-09ヤマハ)=メンバー外
121013necpark
「首の出術もありリハビリを終えてチームへ復帰。試合にも出て対応できている」

◆サントリー34(13-13)20パナソニック(同)
*サントリー4T4G2P(34)、パナ2T2G2P(21)
◎サントリーFL、N朴淳彩(パク・スンチェ、박순채、ポスコ建設)=メンバー外
Dscf0642
「フィットネス不足はまだまだです。真面目に取り組んでいます」

◎パナLO4劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、仁川機械工高・檀国大・尚武)=先発
121013pana4y
「1日の練習を100%やり、認めてもらって試合に出る。試合でも100%出し切る。今年はそうしないとチーム内の競争に勝てません。子供が11月に生まれることも自分をラグビーに積極的に取り組む意識を強くさせています」
◎パナCTB12ソニー・ビル・ウィリアムズ(SBW)=先発
121013sbwpass

◆神戸製鋼37(13-19)29NTTドコモ(花園)
*神戸4T4G3G(30)、ドコモ4T3G(1)
*後半20分過ぎまでドコモがリードした。
◎ドコモFL7,N金栄デ(金に大、キム・ヨンデ、김영대、江の川高校・大阪産大・近鉄(05-)・ホンダ(07-09)、10リコー(在日))=先発
Dscf0731_640x480
「チームから求められている低いタックル、サポートなどのワークレートをしっかりする。そのうえで持ち味の突破やジャッカルも出していきたい。チームは目先の1勝よりも少しずつ成長していくことが大事です」
◎ドコモSH、N安承火赫(アン・スンヒョク、안승혁、城南西高・高麗大・尚武・09NEC)=メンバー外
「心機一転、Aチーム入りへ奮闘中。テンポ早い球出しと得意の長いパスの復活に期待」
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅、ソウル大付属高・延世大・尚武)=メンバー外
Dscf0756_640x480_2

◆近鉄10(0-8)18トヨタ自動車(同)
*近鉄1T1G1P(16)、トヨタ2T1G2P(19)
◎近鉄PR3成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、大阪朝高・帝京大(在日))=先発
「チームを引っ張る。年齢的にもベテランの域へ」
◎近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン、김철원、韓国/養正高・朝明高・大阪体大、日本前)=先発
「今季も主力として期待されている」
◎近鉄WTB李陽(中国)=

◎トヨタFL李光紋(イ・グァンムン、이광문、忠北高・高麗大・尚武・08サントリー、09韓国電力)=メンバー外
Dscf0582_640x480_3
「自分の突破をいかしてくれるトヨタの戦い方は合っています。日本語もうまくなり2年目でSHなどとコミュニケーションも取れています」

◆ヤマハ52(19-8)8九州電力(ヤマハ)
*ヤマハ8T6G(23)、九電1T1P(3)
◎ヤマハWTB22徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、愛知朝鮮高・朝鮮大(在日))=リザーブ。後半から1T
*11月の日本代表欧州遠征代表候補入り
Dscf0901_640x480
「代表入りはリハビリの影響で微妙」

◆NTTコム30(13-6)23サニックス(新潟)
*コム3T3G3P(22)、サニックス2T2H3P(6)
◎NTTコムHO白孝尚(ハク・タカヨシ、啓光学園・帝京大、JJapan(在日))=メンバー外
◎サニックスPR3申東ウォン(シン・ドンウォン=冫原、신동원、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高)=先発
◎サニックスCTB、N権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁、慶山高、三重/朝明高・帝京大)=メンバー外
Dscf0914_640x480
「初めてのトップリーグ。前に積極的に出るようにプレーしたい。課題はポジションニング」
◎サニックスFL慎賢宇(シン・ヒョンウ、산현우、東京朝鮮高・朝鮮大、在日)=メンバー外
「まだまだ。Bチーム」
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、황철수、東京朝鮮高・朝鮮大、在日)=メンバー外
「Aチーム入りも期待できる」
◎サニックスCTB崔基俊(チェ・キジュン、최기준、韓国/鎮海高・朝明高・帝京大中退)=メンバー外
「現在、日本へ帰化申請。アジア枠選手の関係で日本国籍取得すればAチームも可能」

◆キヤノン-リコー(21日、ニッパツ)
*キヤノン(11)、リコー(11)
◎キヤノンPR金光模(キム・グァンモ、김광모、仁川機械工高・檀国大・05-09三洋)=メンバー外
「自分でAチーム入りをつかむために努力している」

<順位>
1:サントリー(34、+114)、2:神戸(30、+108)、3:東芝(28、+94)、4:ヤマハ(23、+85)、5:NTTコム(22、+21)、6:パナ(21、+78)、7:トヨタ(18、+4)、6:近鉄(16、+60)、、9:キヤノン(11、-2)、10:リコー(11、-15)、11:NEC(11、-41)、12:サニックス(6、-118)、13:九電(4、-183)、14:NTTドコモ(1、-205)

<<トップEAST>>
■第6節
◆クボタ89(42-3)3横河武蔵野(20日、クボタ)
*クボタ(25)、横河1P(7)
◎クボタLO金永男(キム・ヨンナム、김영남、忠南大・尚武・三星SDI・08-09NTTドコモ・10リコー・代表)=メンバー外
「フィットネス不足を克服中」
◎クボタSH9李明根(リ・ミョングン、이명근、裡里工業高・延世大・尚武・大心通商・三星SDI・07-08季ワールド、前代表)=先発
「レギューラーとして活躍。今季は若手SHを育てることをチームから依頼」
◎横河FL7延権佑(復帰、ヨン・グォンウ、연권우、忠北高・高麗大・07横河・09尚武、代表)=先発
「FWリーダーとして充実している」
◎横河NO8趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、大阪朝高・明治大、在日、高校日本)=メンバー外
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、大阪朝高・同志社大、在日)=メンバー外

◆東京ガス93-7日本IBM(ガス)
*ガス(20)、IBM(0)

◆日野自動車-ヤクルト(秩父宮)
*日野(6)、ヤクルト(0)

三菱重工相模原
*三菱(20)
◎三菱NO8、N李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、裡里工・檀国大・尚武・日野、前代表)=
「レギュラークラス」
◎三菱PR、N鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운、慶煕大・三星SDI、 178CM,113KG,81/10/22生まれ )=
「レギュラー手前、スクラムは強い」

◆秋田NB*秋田(0)
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현,檀国大、学生時代に三洋練習参加)=

◆釜石*釜石(19)
◆栗田工業
*栗田(14)

<順位>
1:クボタ、2:三菱、3:東京ガス、4:釜石、5:栗田、6:横河、7:日野、8以下:ヤクルト、IBM、秋田

<<トップWEST>>
■第4節(10月21日、鈴鹿)
◆ホンダ-豊田自動織機
*ホンダ(5)、織機(10)
◎ホンダSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈,富川北高・檀国大・尚武・大心通商、代表)=先発
◎織機FL鄭智弘(チョン・チホン、大阪朝高-帝京大-IBM-近鉄など)=
◎織機PR、N金英根(移籍、キム・ヨングン、김영근、釜山南高・延世大・三星SDI・ホンダ、代表)

◆JR西日本-中部電力
*JR(0)、中部(0)

<<トップ九州>>
■第5節
■第6節
◆中国電力29(24-0)10JR九州(20日、コーラ)
*中国4T(10)、九州2T(15)

◆マツダ97(31-0)0福岡銀行(同)
*マツダ15T(25)、福岡(2)

◆コカ・コーラ-新日鉄八幡(21日、同)
*コーラ(15)、新日鉄4T3G(1)

山形屋(2)

<<関東大学対抗戦>>
■第7節
◆日本体育大12(0-3)10青山学院大(20日、ニッパツ)
*日体2T1G1勝3敗、青学1T1G1P4敗

◆帝京大-慶應大(21日、秩父宮)
*帝京3勝、慶應1勝1敗
◎帝京NO8李聖彰(3年、東京朝鮮)=
Dscf0699_640x480
◎帝京SO朴成基(2年、大阪朝鮮)=
◎帝京CTB権裕人(2年、大阪朝鮮)=
Dscf0726_640x480
「もっとボールをもらえるように練習でアピールしてレギュラー狙います」
*下・帝京(李と権)
Dscf0727_640x480_2

◆明治大-筑波大(ケーズスタ)
*明治3勝、筑波3勝
◎明治LO南宗成(2年、大阪朝高)=
◎明治LO朴鐘圭(3年、大阪朝高)=
◎明治LO梁哲盛(4年、大阪朝鮮高)=

立教4敗
早大2勝1敗、
◎早稲田FL金正奎(3年、常翔啓光学園)=
Kmr_0417_640x427_2
(写真提供:木村理さん)
「自分たちのミス。それしかない」

<<関東大学リーグ戦>>
■第7節
◆流通経済大-大東文化大(21日、ケーズスタ)
*流経(12)、大東(3)

◆拓殖大-日本大(キヤノン)
*拓殖(9)、日大(6)
◎日大PR高信貴=

*東海(12)、法政(10)
◎法大CTB金勇輝(2年、大阪朝鮮)=先発
*中大(9)、関東(4)

<<関東大学リーグ戦3部>>
■第4節(10月21日)
◆白鴎大-国際武道大(武道大)
*白鴎(12)、武道大(12)

◆朝鮮大-東京工業大(同)
*朝大(9)、東工(3)

◆防衛大-城西大(農大)
*防大(9)、城西(3)

◆東京農業大-横浜国立大(同)
*農大(9)、横国(3)

<<関西大学Aリーグ>>
■第3節(10月21日)
◆立命館大-近畿大(宝が池)
*立命、近大

◆同志社大-摂南大(同)
*同大、摂南
◎摂南PR金哲弘(2年、大阪朝高)=

◆関西学院大-大阪体育大(花園)
*関西、体大
◎関西HO金寛泰(2年、大阪朝高)=
◎関西WTB金尚浩(2年、大阪朝高)=
◎関西FB高陽日(2年、大阪朝高)=
◎体大HO王鏡聞(3年、朝明高・韓国/養正中)=
◎体大CTB王授榮(1年、朝明高)=

◆天理大-京都産業大(同)
*天理、京産
◎京産SH梁正秋(2年、大阪朝高)=

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2012

韓国国体、韓国電力が20年ぶり優勝、高校は順天工業17年ぶり

 2012年・国体「第93回全国体育大会」が、10月11日、慶尚北道慶山市松花ラグビー場で開幕。国体は大邱市を中心に開催されています。
 17日、最終日は決勝2試合が行われました。
 高校は順天工業高が2年ぶりの優勝を狙った忠北高を38-20で破り17年ぶりの優勝。

 一般・大学は韓国電力が、尚武(軍体育部隊)に32-18で競り勝ち実に20年ぶりの優勝を遂げました。
 両チームは2007、08年決勝で対戦しいずれも尚武が優勝。また韓電は07-10年と4年連続で決勝へみいずれも敗退してました。
*写真/一般・大学2回戦、ポスコの攻撃を必死に防ぐ檀国大。
Ldy_6878_640x426
(撮影・李東胤)

以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
「12韓国日程&結果」をダウンロード

<<第93回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(17日・水、14:35-)
◆韓国電力(江原道)32(19-6)18尚武(大邱市)
*韓電5T2G1P、尚武2T1G2P
*韓電は前半1分、今大会好調のSO呉潤衡(代表)がTを奪い先制した。尚武は4分にCTB13李セホのPGで3点を返すと21分、李がPGを決め5-6と逆転した。しかし5分後、韓電LO4チョン・デイクのT、G呉成功で逆転(12-6)、さらに29分呉のTとGで19-6と差を広げ前半を終えた。後半16分、尚武WTB14金グァンミン(代表)のT、SO朴ホンシク(代表)G成功19-13とした。韓電は21分、呉がPGを決めると23分、30分とTし試合を決めた。

■準決勝(15日・月、13:00-)
◆韓国電力(江原道)59(28-0)7檀国大(忠清南道)
*韓電8T5G3P、檀国1T1G
*ポスコを撃破した檀国もここまで。前半、韓電は8分、SO呉潤衡(代表)のPGで先制、21分WTB14ユ・チョルギュ(代表)、23分WTB11金セウン、29分CTB12ユ・ミンヒョン、33分呉のTで25-0とし試合を早々に決めた。檀国は後半35分にFL6李ギハンがTを返しゼロ封を免れた。

◆尚武(大邱市)40-12高麗大(ソウル市)
*尚武7T1G1P、高麗2T1G
*前半は互角。3分、尚武がNO8のTで先制、13分にもNO8がTするなど12-0。高麗は29分にSOユ・ジェヒョクのT、Gで7点を返し12-7に。尚武CTB13PGで15-7(前半終了)。後半は尚武が開始58秒でWTB14金グァンミンのT、高麗に6分、1Tを返されたが、尚武は9分以降も4Tを重ね40-12としてノーサイドに。

■2回戦(13日・土)
◆A3ポスコ建設(慶尚北道)22(7-15)29檀国大(忠清南道)(11:45-)
*ポスコ3T2G1P、檀国4T3G1P
*檀国が試合終盤、鮮やかな逆転勝ち。前半から檀国ペース。1分CTB13李ジェソクがPGを決め先制(0-3)。6分には李がTを奪い0-8とした、3分後、WTB14チョ・テヨンのT、李G成功で0-15に。ポスコは14分、SO10洪俊基がT、Gを決め7-15と追いすがる。後半開始からポスコが攻める、9分洪のPG,12分LO4クォン・オヨンのT、G成功し17-15と逆転した。さらに16分FL6文祥容のTで22-15と差を広げた。しかし、21分檀国はSO10ソン・ヒョンソクのT、CTB李G成功で22-22と同点に。そして35分、WTBチョが2本目のTを決めG成功22-29、振り切った。

◆A4三星重工業(慶尚南道)13(3-29)53韓国電力(江原道)(15:15-)
*三星2T1P、韓電7T6G2P
Ldy_7166_640x426_2
(撮影・李東胤)
*韓電が圧倒した。前半9分SO10呉潤衡がPGで先制、13分FL金ジョンミン、18分SH9朴玩龍、33分SO呉などのTで24-0と試合を決めた。三星は後半、東芝から移籍した蔡宰榮がTを奪ったが遅かった。

◆B2尚武(大邱市)60(19-7)22慶熙大(京畿道)(10:00-)

◆B3仁川体育会(仁川市)3(3-35)50高麗大(ソウル市)(13:30-)
*仁川1P、高麗8T2G2P
*高麗が前半7分にPR1ソン・ミョンジュンのTで先制、18分、21分、26分、36分と前半だけで6Tし試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

<高校>
■決勝(17日・水、13:00-)
◆順天工業高(全羅南道)38(19-15)20忠北高(忠清北道)
*順天6T4G、忠北4T
*前半開始は順天のペース。3分PR3金ヒョンホがT、9分PR1ホ・ジュンスのT、G成功で12-0とした。12分、忠北がWTB14呉ミングンのTで5点を返すと順天は24分にCTB12ノ・ミョンジンのTでG成功19-5に。しかし忠北が29分、35分とPR3チャン・ウジュンの連続Tで19-15と迫った。後半に入ると4分に順天LO4金ソクファンのT、Gも決まり26-15.さらに20分、28分とTを奪い覇権を勝ち得た。

■準決勝(16日・火、13:00-)
◆A忠北高(忠清北道)35(14-7)12慶山高(慶尚北道)
*忠北5T5G、慶山2T1G
忠北は前半20分、FL7オム・ユンソンのT、CTB12ホ・ジェウのGで7-0.23分にWTB11チ・ギュミンのT、ホGで14-0とした。慶山は33分にPR1朴テホがTを返しGをSOパン・ソンヨンが決め14-7で前半終了。後半、忠北が8分にLO4金ミンホ、17分WTB11チのTなどで28-7と試合を決めた。

◆B大邱商苑高(大邱市)15(3-12)36順天工業高(全羅南道)
*大邱2T1G1P、順天6T3G
先制は順天。前半13分、NO8チュ・サンウがTを奪った。32分にはFL6李サンジュンのT,SO金ジテクG成功で0-12とした。大邱は36分にCTB12アン・ドゴンのPGで3点を返し後半へ。後半も順天が8分にNO8チュの2本目のTで3-19に。大邱も11分にWTB14クォン・スンホのTで8-19と追いすがった。しかし17分、28分、34分と順天がTを奪い振り切った。チュは3Tをあげた。

■2回戦(14日・日)
◆A5釜山体育高(釜山市)12(5-14)31忠北高(忠清北道)(11:00-)
*釜山2T1G、忠北5T4G

◆A4富川北高(京畿道)29(22-22)30慶山高(慶尚北道)(14:10-)
*富川5T2G、慶山5T1G1P
*前半開始45秒、富川WTB11金ジンヒョクがTwo奪い先制、3分には富川WTB14チャン・ソミンもTし10-0とした。慶山は8分PR1のTで5点を返すと、富川は11分にT(15-5),慶山16分T(15-10)、富川21分がT、G(22-10)と差を広げた。慶山は25分にT,Gすると33分LO4チェ・ウンヒョックのTで22-22、同点に追いついた。後半は我慢比べ、28分に慶山がSOパン・ソンユンのPGで22-25、富川は33分CTB李チャンファンのTにGも決まり29-25と逆転。最後は36分、慶山がNO8朴ソンジェが決勝Tを奪い1点差で振り切った。

◆B3大邱商苑高(大邱市)45(21-0)8オソン高(忠清南道)(15:45-)
*大邱7T5G、オソン1T1P

◆B4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)5(5-10)18順天工業高(全羅南道)(12:35-)
*ソウル大1T、順天3T1P
*順天が前半6分、FL6李サンジュンのTで先制するとソウルも17分NO8のTで5-5に。23分順天SHホ・ジェジュンがTし5-10で前半を終えた。後半7分SO10金ジテクのPGで順天がリードする、11分順天FB朴ジュンヒョンのTが決まり5-18となり、以後、得点は動かずそのまま終了した。

■1回戦(12日・金)
◆A1仁川機械工業高(仁川市)24(5-15)39釜山体育高(釜山市)(11:35-)
*仁川4T2G、釜山6T3G1P

◆A2忠北高(忠清北道)21(14-7)15ミョンソク高(大田市)(10:00-)
*忠北3T3G、ミョンソク2T1G1P

◆A3慶山高(慶尚北道)26(19-3)8裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*慶山4T3G、裡里1T1P

◆B1オソン高(忠清南道)53(24-0)7鎮海高(慶尚南道)(16:20-)
*オソン高9T4G、鎮海高1T1G

◆B2順天工業高(全羅南道)59(34-0)0全南高(光州市)(13:10-)
*順天8T5G3P

<<参考、2011年第92回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(10月12日・水、14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)41(26-7)12慶熙大(京畿道)
*ポスコ6T4G1P、慶熙大2T1G
*前半でポスコが試合を決めた。4分LO5朴ヨンドン(元代表)の先制T、Gを21金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決めて7-0.慶熙は13分PR3金ヒチョルがTするとGはWTB14イム・ドンゴンが決めて7-7と追いついた。しかしポスコは3分後にSO10ユン・ヒス(代表)のT、金G成功で14-7へ。20分にもPR3金光植(キム・グァンシク、代表)のTに金G、31分WTBチョ・インス(代表)のTなどで26-7とした。
後半も9分CTB13ノ・ピョングァン(代表)のT,金Gも決まり33-7とし試合を決めた。慶熙は32分にWTB14イムのTで5点を返すのがやっとだった。

■準決勝(10日・月、13:00-)
◆三星重工業(慶尚南道)12(7-6)20慶熙大(京畿道)
◆ポスコ建設(慶尚北道)36(26-13)27延世大(ソウル市)
*5T4G1P、延世3T3G1P
■2回戦(8日・土)
◆A1慶熙大(京畿道)73(51-0)5釜山大(釜山市)/11:00-
慶熙12T5G1D、釜山1T
◆A2三星重工業(慶尚南道)31(5-14)17韓国電力(江原道)/14:20-
*三星5T3G、韓電2T2G1P
◆B1仁川体育会(仁川市)9(9-29)50延世大(ソウル市)/16:00-
*仁川3P、延世8T5G
◆B2ポスコ建設(慶尚北道)60(31-0)12檀国大(忠清南道)/12:40-
*ポスコ10T5G、檀国2T1G
■1回戦(6日・木)
◆A韓国電力(江原道)91(55-10)31圓光大(全羅北道)/13:40-
*韓電14T9G1D、圓光5T5G1P

◆B3延世大(ソウル市)78(32-0)10開明大(大邱市)/15:20-
*延世14T4G、開明2T

◆B4檀国大(忠清南道)85(33-10)18忠南大(大田市)/12:00-
*檀国13T10G、忠南3T1P

<高校>
■決勝(12日・水、13:00-)
◆富川北高(京畿道)26(19-0)24順天工業高(全羅南道)
*富川4T3G、順天4T2G
*富川が前半のリードを守り辛うじて逃げ切った。前半7分CTB12李ジョンファンのTで先制するとGはFB15韓サンホが決め7-0.15分にはSO10呉スンヒョンT、韓G成功で14-0.さらに25分WTB11文ヨングルがTを奪い19-0で前半を終えた。
後半も2分CTB李のTと韓Gで26-0へほぼ試合を決めたかに見えた。ここから順天が反撃開始。4分PR1ト・ヒョクソンがTしGはWTB14金ジタクが決め7点を返した。13分にはFL7文ソンイルのT、G金も成功し26-14へ。すると21分FL6李サンジュンがTで26-19と1T1Gへ迫った。そして29分、PR1トがTを決めたがG失敗、26-24でノーサイドとなった。

■準決勝(11日・火、13:00-)
◆富川北高(京畿道)24(7-10)24ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川4T2G、ソウル3T3G1P
◆順天工業高(全羅南道)18(13-14)14仁川機械工業高(仁川市)
*順天3T1P、仁川2T2G
■2回戦(9日・日)
◆A1富川北高(京畿道)21(7-8)16慶山高(慶尚北道)/15:45-
*富川3T3G、慶山2T2P
◆A2全南高(光州市)10(5-24)41ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)/13:15-
*全南2T、ソウル6T4G1P
◆B1順天工業高(全羅南道)52(38-7)7オソン高(忠清南道)/12:00-
*順天8T6G、オサン1T1G
◆B2・仁川機械工業高(仁川市)32(24-12)26釜山体育高(釜山市)/14:30-
*仁川4T3G2P、釜山4T3G
■1回戦(7日・金)
◆A3慶山高(慶尚北道)48(24-0)3鎮海高(慶尚南道)/16:00-
*慶山8T4G、鎮海1P

◆A4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)32(15-5)17忠北高(忠清北道)/13:30-
*ソウル5T2G1P、忠北3T1G

◆B3順天工業高(全羅南道)34(24-5)12ミョンソク高(大田市)/11:00-
*順天5T3G1P、ミョンソク2T1G

◆B4裡里工業高(イリ・全羅北道)3(3-14)26オソン高(忠清南道)/12:15-
*イリ1P、オソン4T3G

◆B5大邱商苑高(大邱市)17(12-17)22釜山体育高(釜山市)
*大邱3T1G、釜山4T1G
 
<<2010年第91回大会>>
*会場:韓国南部の都市・鎮海公設運動場
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<大学・一般部>
■決勝(12日14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)32(18-3)10韓国電力(江原道)
*ポスコ4T3G2P、韓電1T1G1P
*先制は韓電。前半7分にCT13が決め0-3。ポスコの反撃は前半27分から。CT12がトライし5-3と逆転。33分にはFL7のトライとG(13)成功で12-3とした。
 さらに終了間際に2PGで18-3とリードを広げた。
 後半もポスコペース。1分SO10のトライ、G成功で25-3とほぼ試合を決めた。10分にも交替した21のトライ、CT13ゴールで32-3。最後の韓電の攻撃を12分、好調なWTB14トライ、ゴールに抑えて2連覇となった。
 国内大会も5連覇中だ。

■準決勝(10日)
◆A組
/韓国電力(江原道)50(24-0)26慶熙大(京畿道)(13:00-)
*韓国8T5G、慶熙4T3G

◆B組
/ポスコ建設(慶尚北道)59(40-0)10忠南大(大田市)(14:40-)
*ポスコ9T7G、忠南2T

■2回戦(8日)
◆A組①圓光大(全羅北道)3(0-63)94韓国電力(江原道)(12:40-)
*圓光1P、韓国電力16T7G
◆A組②檀国大(忠清南道)19(7-17)29慶熙大(京畿道)(16:00-)
*檀国3T2G、慶熙5T2G

◆B組③ポスコ建設(慶尚北道)22(10-8)15尚武・韓国軍体育部隊(慶尚南道)(11:00-)
*ポスコ3T2G1P、尚武2T1G1P
◆B組④忠南大(大田市)47(19-0)8仁川専門大(仁川市)(14:40-)
*忠南7T6G、1T1P

■1回戦(6日)
◆A①韓国電力22-22延世大(ソウル市)(12:00-)
*PG合戦。韓国5-4延世

◆A②慶熙大55(43-0)10開明大(大邱市)(15:20-)
*慶熙9T5G、開明2T

◆B③釜山大(釜山市)33(12-15)34仁川専門大(13:40-)
*釜山5T4G、仁川5T3G1P

<高校>
■決勝(12日13:00-)
◆富川北高(京畿道)20(15-14)19ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川3T1G1P、ソウル3T2G
*前半から富川が攻め8分、WT14のトライで先制(5-0)。さらに14分WT11のPG成功。18分にはWT14の2つ目のトライ、11G 成功で15-0とした。
 ソウル大は、ここから攻め24分、NO8トライしGも決め15-7とした。さらに終了間際CT12のトライ、G成功で15-14と1点差に迫った。
 後半も先に富川が25分にFB15のトライで20-14とし、ロスタイム31分ソウルはPR1がトライを決め20-19としたが、G不成功で試合を終えた。

■準決勝(11日)
◆A組/ソウル大学校師範大(学部)付属高31(14-5)17順天工業高(全羅南道)(13:00-)
*ソウル4T4G1P、順天3T1G

◆B組/東亜マイスター高(大田市)14(0-19)33富川北高(京畿道)(14:15-)
*東亜2T2G、富川北5T2G

■2回戦(9日)
◆A組①仁川工業高(仁川市)14(14-10)17ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:00-)
*仁川2T2G、ソウル3T1G

◆A組②忠北高(忠清北道)10(7-12)24順天工業高(14:30-)
*忠北1T1G1P、順天4T2G

◆B組③釜山体育高(釜山市)19(12-14)29東亜マイスター高(13:45-)
*釜山3T2G、東亜4T3G1P

◆B組④鎮海高(慶尚南道)19(0-35)40富川北高(15:45-)
*鎮海3T2G、富川北6T5G

■1回戦(7日)
◆A組①仁川工業高12(12-10)10オソン高(忠清南道)(11:00-)
*仁川2T1G、オソン1T1G1P

◆A組②慶山高(慶尚北道)17(0-24)36ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:15-)
*慶山3T1G、ソウル大6T3G

◆A組③順天工業高31(10-15)15裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*順天5T3G、裡里2T1G1P

◆B組④東亜マイスター高45(21-7)12全南高(光州市)(13:30-)
*東亜7T5G、全南2T1G

◆B組⑤大邱商苑高(大邱市)3(3-15)34富川北高(16:00-)
*大邱1P、富川北5T3G1P

<<2009年第90回大会>>
<一般・大学>
■決勝(26日14:15-)
◆ポスコ鋼板(慶尚北道)27(10-3)6韓国電力(江原道)
*ポスコ3T3G2P、韓電2P
*前半はまったりとしたペースで進む。どちらもゴール前22m手前まで攻めるが、ノッコンなどのミスを連発。
6分、韓国電力がゴール前でPGを得てキックが好調のWTB14呉ユンヒョン(前代表SO)が決め0-3。ポスコはようやく35分、ボールをつなぎ最後はHO2金ジョンオクがポスト左へTを決めた。
GもSOユン・フィス(代表)が成功し7-3と逆転。インジュアリータイム42分にユンがPGを決め10-3で前半終了。
後半最初の得点は韓国電力、10分WTB呉のPG成功で10-6と会場を沸かした。しかし19分にポスコがPG成功で突き放すと(13-3)、そのリスタートのボールをポスコがFW陣で回し、最後は右外にいた快速WTB金亨基(キム・ヒョンギ。7人制代表)へ。キムが40m独走のTを決めG成功で20-6と試合を決定づけた。
さらに終了間際PR3金光植(キム・グァンシク。代表)のTも出て27-6と初優勝を勝ち取った。

■準決勝(24日)
◆A組(13:00-)
◎韓国電力(江原道)28(14-7)7檀国大(忠清南道)
*韓電3T2G3P、檀国1T1G
◆B組(14:40-)
◎ポスコ鋼板(慶尚北道)23(10-11)18尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)
*ポスコ3T1G2P,尚武2T1G2P
■2回戦(22日)
◆A組
◎大心通商(忠清北道)17(10-34)58韓国電力(江原道)(11:00-)
*大心2T2G1P、韓電10T4G
◎啓明大(大邱市)12(7-38)72檀国大(忠清南道)(14:20-)
*啓明2T1G,檀国大12T4G

◆B組
◎延世大(ソウル市)12(0-14)32ポスコ鋼板(慶尚北道)(12:40-)
*延世2T1G,ポスコ5T2G1P
◎尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)38(31-17)17三星重工業(慶尚南道)(16:00-)
*尚武5T5G1P,三星2T2G1P

■1回戦(20日)
◆A組
①韓国電力(江原道)103(53-5)5釜山大(釜山市)(11:00-)
*韓電17T9G、釜1T。
②檀国大(忠清南道)59(21-7)10仁川専門大(仁川市)(14:20-)
*檀国9T7G、仁川1T1G1P。

◆B組
③ポスコ鋼板(慶尚北道)86(54-0)22圓光大(全羅北道)(12:40-)
*ポスコ16T3G、圓光4T1G
④三星重工業(慶尚南道)28(15-3)17慶熙大(京畿道)(16:00-)
*三星4T1G2P、慶熙2T2G1P

<高校部>
■決勝(26日13:00-)
◆忠北高(忠清北道)38(14-12)19慶山高(慶尚北道)
*忠北6T4G、慶山3T2G
*09春季リーグ優勝の忠北(チュンブック)と大統領旗大会V慶山(キョンサン)の好調同士の決勝戦となった。特に慶山は全国大会2年連続準優勝のため優勝が欲しい試合。
前半からFWの忠北、BK慶山という特色ある展開で会場が沸いた。先制は忠北、9分、ゴール右で得た反則からSHが自分でボールを持ち出しT、GもFB15呉グァンヨン(3年、延世大へ進学)が決め7-0。15分にも忠北が右ラインアウトを得て得意のモールで押し込みFL6がT、G成功で14-0とした。
ここから慶山が反撃、18分手敵陣10m付近からCTB12が左際を抜けるとラックを作り右へ展開しWTB11がT、14-5に。さらに22分、WTB14が抜けラックをゴール前で作りFL7がポスト左へT、G成功で14-12として前半を終えた。
後半は忠北ペースで始まった。7分、やはりLO→モールを押すとSHからNO8へ。そのままイン・ゴールへ。19-12とした。11分にはSHが2本目のTを決めG成功で26-12と試合を決めた。慶山は終了間際の29分、敵陣ゴール前にキックしたボールを忠北の処理ミスからターンオーバーしCTB13がT,SO10G成功で38-19とするのがやっとだった。

■準決勝(25日)
◆A組(13:00-)
◎忠北高(忠清北道)34(15-10)22ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*忠北5T3G1D、ソウル4T1G
◆B組(14:15-)
◎慶山高(慶尚北道)55(36-0)5城南西高(京畿道)
*慶山8T6G1P、城南西1T

■2回戦(23日)
◆A組
◎大邱商苑高(テグ市)5(0-19)29ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)(12:00-)
*大邱1T、ソウル大5T2G
◎全南高(光州市)0(0-27)41忠北高(忠清北道)(14:30-)
*忠北6T4G1D

◆B組
◎慶山高(慶尚北道)52(26-0)0順天工業高(全羅南道)(13:45-)
*慶山8T6G,
◎城南西高(京畿道)22(5-10)20東亜工業高(大田市)(15:45-)
*城南西4T1G、東亜3T1G1P

■1回戦(21日)
◆A組
①大邱商苑高(テグ市)24(14-0)19釜山南高(釜山市)(11:00-)
*テグ4T2G、釜山3T2G
②ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)60(47-3)6鎮海高(慶尚南道)(12:15-)
*ソウル大9T6G1P、鎮海2P
③忠北高(忠清北道)52(24-5)5裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*忠北8T6G、イリ1T

◆B組
④慶山高(慶尚北道)27(10-5)15仁川工業高(仁川市)(13:30-)
*慶山3T3G2P、仁川3T
⑤城南西高(京畿道)20(20-3)10オソン高(忠清南道)(16:00-)
*城南西3T1G1P、オソン1T1G1P

<<2008年第89回大会>>
<大学・社会人。全13チーム>
■決勝(10月16日14:45-)
◆尚武:韓国軍体育部隊(サンム。全羅南道。07年1位)
33(19-0)5
韓国電力(ハンジョン。江原道)
*尚武5T4G、韓電1T
◎得点経過
(前半)
1:2分、尚武WTB14/ノ・ピョングァンがトライ。
2:5分、尚武FL7/李ジェウォンがトライ。G成功、SO/オ・ユンヒョン。
3:31分、尚武CTB12/金ウァンヨンがトライ。G成功。
(後半)
1:5分、尚武PR3/ホ・ウンがトライ。WTB11/チョ・インスをフォローしパスを受ける。G成功。
2:9分、韓電LO4/金桐鮮が右隅にトライ。
3:12分、尚武WTB11がトライ。SO10のキックパスにFB22/チェ・ジェヨンが反応し拾い11はパス。G成功。

■準決勝(15日)
◆韓国電力23(15-6)18三星重工業(サムソン。慶尚南道。今季2冠)(13:30-)
*韓電3T1G1P1D、三星2T1G2P

◆尚武11(6-3)9浦項鋼板(ポスコ。慶尚北道。06&07年2位)(15:10-)
*尚武1T2P、浦項3P

■準々決勝(14日)
◆A組:三星重工業66(25-14)14大心通商(テシム。忠清北道)(11:00-)
*三星10T5G1P1D、大心2T2G

◆B組:韓国電力76(40-0)5圓光大(ウォングァン。全羅北道。大学2部)(14:20-)
*韓電12T8G、ウォン1T

◆C組:浦項鋼板41(29-5)22延世大(ヨンセ。ソウル市。今季2冠)(12:40-)
*浦項6T4G1P、延世3T2G1P

◆D組:尚武55(34-0)14檀国大(ダンクック。忠清南道)(16:00-)
*尚武8T6G1P、檀国2T2G

■1回戦(12日)
◆A組①大心通商77(36-8)釜山大(釜山市。大学2部)(10:00-)
*テシム14T7G、釜山1T1P

◆A組②慶煕大(キョンヒ。京畿道)0(0-14)47(11:40-)
*三星7T3G2P

◆B組①仁川専門大(インチョンチョンモン。仁川市。大学2部)5(5-50)65韓国電力(15:00-)
*仁川1T、韓国電10T5G1D

◆C組①忠南大(チュンナム。大田。大学3部以下)8(5-45)69延世大(13:20-)
*チュンナム1T1P、延世11T7G

◆D組①啓明大(ケミョン。大邱。大学3部以下)5(0-15)35檀国大(16:40-)
*ケミョン1T、檀国6T1G1P

<高校。13チーム>
■決勝(16日13:00-)
◆富川北高(プチョンブック。京畿道。今季2冠)
14(7-3)8慶山高(キョンサン。慶尚北道)
*富川北2T2G、慶山1T1P
■準決勝(15日)
◆富川北高14(7-0)12ソウル大師範付属高(サデ。ソウル市。07年1位)(11:00-)
*富川2T2G、ソウル2T1G

◆慶山高57(33-0)3裡里工業高(イリ。全羅北道)(12:15-)
*慶山9T6G、イリ1P

■準々決勝(13日)
◆A組:忠北高(チュンブック。忠清北道)19(5-6)25富川北高(12:00-)
*忠北3T2G、富川北3T2G2P

◆B組:ソウル大師範付属高68(36-0)0鎮海高(チンヘ。慶尚南道)(14:30-)
*ソウル12T4G

◆C組:慶山高41(31-10)17東亜工業高(トンア。大田市)(13:15-)
*慶山6T4G1P、東亜2T2G1P

◆D組:裡里工業高15(3-5)8順天工業高(スンチョン。全羅南道)(15:45-)
*イリ2T1G1P、順天1T1G

■1回戦(11日)

◆A組①忠北高41(15-5)5仁川機械工業高(インチョンキフェ。仁川市)(11:00-)
*忠7T3G、仁1T

◆A組②富川北高54(25-5)10大邱商苑高(テグサンウォン)(12:00-)
*富10T2G、大2T

◆B組①釜山南高(釜山市)0(0-55)74ソウル大師範付属高(14:45-)
*ソ12T7G

◆C組①慶山高70(41-5)5オソン高(忠清南道)(13:30-)
*慶10T4G4D、オ1T

◆D組①裡里工業高42(21-0)5全南高(チョンナム・光州市)(16:00-)
*イリ6T6G、全1T

<<2007年以前>>
<一般・大学>
■07年
◆決勝 尚武(光州市)39(17-10)10韓国電力(江原道)
◆準決勝 尚武72(52-3)16忠南大(チュンナム。大田市)、韓国電力24(3-7)22浦項鋼板(ポハン。慶尚北道)

■06年
◆決勝 高麗36(12-16)26ポハン
◆準決勝 慶煕大13(5-21)41高麗大、釜山大25(10-43)64ポハン

■05年
◆決勝 三星28-23ポハン。三星が10連覇達成。
◆準決勝 三星66-31慶煕大、ポハン32-25高麗大

■04年 
◆決勝 三星29-18尚武
◆準決勝 三星26-19ポハン、尚武24-20檀国大
    
■03年
◆決勝 三星49-3韓国電力
◆準決勝 三星34-8檀国大、韓国電力19-13尚武

<高校>
■2007年
◆決勝 ソウル大師範大付属高(ソウル市)32(24-5)20慶山高(キョンサン。慶尚北道)
◆準決勝 ソウル大付属高31(21-17)24忠北高(チュンブック。忠清北道)、慶山高47(22-5)5裡里工業高(イリ。全羅北道)

■06年
◆決勝 養正27(10-5)10慶山
◆準決勝 テグ商苑13(8-14)26養正、仁川機械19(0-17)29慶山

■05年
◆決勝 白新31-20養正
◆準決勝 白新22-10テグ商苑、養正39-8東亜工業

■04年決勝 テグ商苑20-15富川北
■03年決勝 テグ商苑11-3富川北

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2012

韓国国体、17日決勝

 2012年・国体「第93回全国体育大会」が、10月11日、慶尚北道慶山市松花ラグビー場で開幕。国体は大邱市を中心に開催されています。
 16日は、高校準決勝2試合が行われ開催地・大邱商苑高は15-36で順天工業高に敗れ800人の応援団の応援に応えることができませんでした。もう一試合も会場となった地元・慶山高が忠北高に12-35で敗戦。
 17日、順天は2年連続の決勝、忠北は優勝した2010年以来の進出です。
 
 15日は一般・大学準決勝2試合が行われ韓国電力が、2回戦で3連覇ポスコ建設を下した檀国大を59-7と圧倒し、また尚武(軍体育部隊)は高麗大を破り決勝へ進みました。
 両チームは2007、08年決勝で対戦しいずれも尚武が優勝をしています。韓電は07-10年と4年連続で決勝へ進みいずれも敗退。
*写真/一般・大学2回戦、ポスコの攻撃を必死に防ぐ檀国大。
Ldy_6878_640x426
(撮影・李東胤)

以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
「12韓国日程&結果」をダウンロード

<<第93回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(17日・水、14:35-)
◆韓国電力(江原道)-尚武(大邱市)

■準決勝(15日・月、13:00-)
◆韓国電力(江原道)59(28-0)7檀国大(忠清南道)
*韓電8T5G3P、檀国1T1G
*ポスコを撃破した檀国もここまで。前半、韓電は8分、SO呉潤衡(代表)のPGで先制、21分WTB14ユ・チョルギュ(代表)、23分WTB11金セウン、29分CTB12ユ・ミンヒョン、33分呉のTで25-0とし試合を早々に決めた。檀国は後半35分にFL6李ギハンがTを返しゼロ封を免れた。

◆尚武(大邱市)40-12高麗大(ソウル市)
*尚武7T1G1P、高麗2T1G
*前半は互角。3分、尚武がNO8のTで先制、13分にもNO8がTするなど12-0。高麗は29分にSOユ・ジェヒョクのT、Gで7点を返し12-7に。尚武CTB13PGで15-7(前半終了)。後半は尚武が開始58秒でWTB14金グァンミンのT、高麗に6分、1Tを返されたが、尚武は9分以降も4Tを重ね40-12としてノーサイドに。

■2回戦(13日・土)
◆A3ポスコ建設(慶尚北道)22(7-15)29檀国大(忠清南道)(11:45-)
*ポスコ3T2G1P、檀国4T3G1P
*檀国が試合終盤、鮮やかな逆転勝ち。前半から檀国ペース。1分CTB13李ジェソクがPGを決め先制(0-3)。6分には李がTを奪い0-8とした、3分後、WTB14チョ・テヨンのT、李G成功で0-15に。ポスコは14分、SO10洪俊基がT、Gを決め7-15と追いすがる。後半開始からポスコが攻める、9分洪のPG,12分LO4クォン・オヨンのT、G成功し17-15と逆転した。さらに16分FL6文祥容のTで22-15と差を広げた。しかし、21分檀国はSO10ソン・ヒョンソクのT、CTB李G成功で22-22と同点に。そして35分、WTBチョが2本目のTを決めG成功22-29、振り切った。

◆A4三星重工業(慶尚南道)13(3-29)53韓国電力(江原道)(15:15-)
*三星2T1P、韓電7T6G2P
Ldy_7166_640x426_2
(撮影・李東胤)
*韓電が圧倒した。前半9分SO10呉潤衡がPGで先制、13分FL金ジョンミン、18分SH9朴玩龍、33分SO呉などのTで24-0と試合を決めた。三星は後半、東芝から移籍した蔡宰榮がTを奪ったが遅かった。

◆B2尚武(大邱市)60(19-7)22慶熙大(京畿道)(10:00-)

◆B3仁川体育会(仁川市)3(3-35)50高麗大(ソウル市)(13:30-)
*仁川1P、高麗8T2G2P
*高麗が前半7分にPR1ソン・ミョンジュンのTで先制、18分、21分、26分、36分と前半だけで6Tし試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

<高校>
■決勝(17日・水、13:00-)
◆忠北高(忠清北道)-順天工業高(全羅南道)

■準決勝(16日・火、13:00-)
◆A忠北高(忠清北道)35(14-7)12慶山高(慶尚北道)
*忠北5T5G、慶山2T1G
忠北は前半20分、FL7オム・ユンソンのT、CTB12ホ・ジェウのGで7-0.23分にWTB11チ・ギュミンのT、ホGで14-0とした。慶山は33分にPR1朴テホがTを返しGをSOパン・ソンヨンが決め14-7で前半終了。後半、忠北が8分にLO4金ミンホ、17分WTB11チのTなどで28-7と試合を決めた。

◆B大邱商苑高(大邱市)15(3-12)36順天工業高(全羅南道)
*大邱2T1G1P、順天6T3G
先制は順天。前半13分、NO8チュ・サンウがTを奪った。32分にはFL6李サンジュンのT,SO金ジテクG成功で0-12とした。大邱は36分にCTB12アン・ドゴンのPGで3点を返し後半へ。後半も順天が8分にNO8チュの2本目のTで3-19に。大邱も11分にWTB14クォン・スンホのTで8-19と追いすがった。しかし17分、28分、34分と順天がTを奪い振り切った。チュは3Tをあげた。

■2回戦(14日・日)
◆A5釜山体育高(釜山市)12(5-14)31忠北高(忠清北道)(11:00-)
*釜山2T1G、忠北5T4G

◆A4富川北高(京畿道)29(22-22)30慶山高(慶尚北道)(14:10-)
*富川5T2G、慶山5T1G1P
*前半開始45秒、富川WTB11金ジンヒョクがTwo奪い先制、3分には富川WTB14チャン・ソミンもTし10-0とした。慶山は8分PR1のTで5点を返すと、富川は11分にT(15-5),慶山16分T(15-10)、富川21分がT、G(22-10)と差を広げた。慶山は25分にT,Gすると33分LO4チェ・ウンヒョックのTで22-22、同点に追いついた。後半は我慢比べ、28分に慶山がSOパン・ソンユンのPGで22-25、富川は33分CTB李チャンファンのTにGも決まり29-25と逆転。最後は36分、慶山がNO8朴ソンジェが決勝Tを奪い1点差で振り切った。

◆B3大邱商苑高(大邱市)45(21-0)8オソン高(忠清南道)(15:45-)
*大邱7T5G、オソン1T1P

◆B4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)5(5-10)18順天工業高(全羅南道)(12:35-)
*ソウル大1T、順天3T1P
*順天が前半6分、FL6李サンジュンのTで先制するとソウルも17分NO8のTで5-5に。23分順天SHホ・ジェジュンがTし5-10で前半を終えた。後半7分SO10金ジテクのPGで順天がリードする、11分順天FB朴ジュンヒョンのTが決まり5-18となり、以後、得点は動かずそのまま終了した。

■1回戦(12日・金)
◆A1仁川機械工業高(仁川市)24(5-15)39釜山体育高(釜山市)(11:35-)
*仁川4T2G、釜山6T3G1P

◆A2忠北高(忠清北道)21(14-7)15ミョンソク高(大田市)(10:00-)
*忠北3T3G、ミョンソク2T1G1P

◆A3慶山高(慶尚北道)26(19-3)8裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*慶山4T3G、裡里1T1P

◆B1オソン高(忠清南道)53(24-0)7鎮海高(慶尚南道)(16:20-)
*オソン高9T4G、鎮海高1T1G

◆B2順天工業高(全羅南道)59(34-0)0全南高(光州市)(13:10-)
*順天8T5G3P

<<参考、2011年第92回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(10月12日・水、14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)41(26-7)12慶熙大(京畿道)
*ポスコ6T4G1P、慶熙大2T1G
*前半でポスコが試合を決めた。4分LO5朴ヨンドン(元代表)の先制T、Gを21金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決めて7-0.慶熙は13分PR3金ヒチョルがTするとGはWTB14イム・ドンゴンが決めて7-7と追いついた。しかしポスコは3分後にSO10ユン・ヒス(代表)のT、金G成功で14-7へ。20分にもPR3金光植(キム・グァンシク、代表)のTに金G、31分WTBチョ・インス(代表)のTなどで26-7とした。
後半も9分CTB13ノ・ピョングァン(代表)のT,金Gも決まり33-7とし試合を決めた。慶熙は32分にWTB14イムのTで5点を返すのがやっとだった。

■準決勝(10日・月、13:00-)
◆三星重工業(慶尚南道)12(7-6)20慶熙大(京畿道)
◆ポスコ建設(慶尚北道)36(26-13)27延世大(ソウル市)
*5T4G1P、延世3T3G1P
■2回戦(8日・土)
◆A1慶熙大(京畿道)73(51-0)5釜山大(釜山市)/11:00-
慶熙12T5G1D、釜山1T
◆A2三星重工業(慶尚南道)31(5-14)17韓国電力(江原道)/14:20-
*三星5T3G、韓電2T2G1P
◆B1仁川体育会(仁川市)9(9-29)50延世大(ソウル市)/16:00-
*仁川3P、延世8T5G
◆B2ポスコ建設(慶尚北道)60(31-0)12檀国大(忠清南道)/12:40-
*ポスコ10T5G、檀国2T1G
■1回戦(6日・木)
◆A韓国電力(江原道)91(55-10)31圓光大(全羅北道)/13:40-
*韓電14T9G1D、圓光5T5G1P

◆B3延世大(ソウル市)78(32-0)10開明大(大邱市)/15:20-
*延世14T4G、開明2T

◆B4檀国大(忠清南道)85(33-10)18忠南大(大田市)/12:00-
*檀国13T10G、忠南3T1P

<高校>
■決勝(12日・水、13:00-)
◆富川北高(京畿道)26(19-0)24順天工業高(全羅南道)
*富川4T3G、順天4T2G
*富川が前半のリードを守り辛うじて逃げ切った。前半7分CTB12李ジョンファンのTで先制するとGはFB15韓サンホが決め7-0.15分にはSO10呉スンヒョンT、韓G成功で14-0.さらに25分WTB11文ヨングルがTを奪い19-0で前半を終えた。
後半も2分CTB李のTと韓Gで26-0へほぼ試合を決めたかに見えた。ここから順天が反撃開始。4分PR1ト・ヒョクソンがTしGはWTB14金ジタクが決め7点を返した。13分にはFL7文ソンイルのT、G金も成功し26-14へ。すると21分FL6李サンジュンがTで26-19と1T1Gへ迫った。そして29分、PR1トがTを決めたがG失敗、26-24でノーサイドとなった。

■準決勝(11日・火、13:00-)
◆富川北高(京畿道)24(7-10)24ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川4T2G、ソウル3T3G1P
◆順天工業高(全羅南道)18(13-14)14仁川機械工業高(仁川市)
*順天3T1P、仁川2T2G
■2回戦(9日・日)
◆A1富川北高(京畿道)21(7-8)16慶山高(慶尚北道)/15:45-
*富川3T3G、慶山2T2P
◆A2全南高(光州市)10(5-24)41ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)/13:15-
*全南2T、ソウル6T4G1P
◆B1順天工業高(全羅南道)52(38-7)7オソン高(忠清南道)/12:00-
*順天8T6G、オサン1T1G
◆B2・仁川機械工業高(仁川市)32(24-12)26釜山体育高(釜山市)/14:30-
*仁川4T3G2P、釜山4T3G
■1回戦(7日・金)
◆A3慶山高(慶尚北道)48(24-0)3鎮海高(慶尚南道)/16:00-
*慶山8T4G、鎮海1P

◆A4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)32(15-5)17忠北高(忠清北道)/13:30-
*ソウル5T2G1P、忠北3T1G

◆B3順天工業高(全羅南道)34(24-5)12ミョンソク高(大田市)/11:00-
*順天5T3G1P、ミョンソク2T1G

◆B4裡里工業高(イリ・全羅北道)3(3-14)26オソン高(忠清南道)/12:15-
*イリ1P、オソン4T3G

◆B5大邱商苑高(大邱市)17(12-17)22釜山体育高(釜山市)
*大邱3T1G、釜山4T1G
 
<<2010年第91回大会>>
*会場:韓国南部の都市・鎮海公設運動場
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<大学・一般部>
■決勝(12日14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)32(18-3)10韓国電力(江原道)
*ポスコ4T3G2P、韓電1T1G1P
*先制は韓電。前半7分にCT13が決め0-3。ポスコの反撃は前半27分から。CT12がトライし5-3と逆転。33分にはFL7のトライとG(13)成功で12-3とした。
 さらに終了間際に2PGで18-3とリードを広げた。
 後半もポスコペース。1分SO10のトライ、G成功で25-3とほぼ試合を決めた。10分にも交替した21のトライ、CT13ゴールで32-3。最後の韓電の攻撃を12分、好調なWTB14トライ、ゴールに抑えて2連覇となった。
 国内大会も5連覇中だ。

■準決勝(10日)
◆A組
/韓国電力(江原道)50(24-0)26慶熙大(京畿道)(13:00-)
*韓国8T5G、慶熙4T3G

◆B組
/ポスコ建設(慶尚北道)59(40-0)10忠南大(大田市)(14:40-)
*ポスコ9T7G、忠南2T

■2回戦(8日)
◆A組①圓光大(全羅北道)3(0-63)94韓国電力(江原道)(12:40-)
*圓光1P、韓国電力16T7G
◆A組②檀国大(忠清南道)19(7-17)29慶熙大(京畿道)(16:00-)
*檀国3T2G、慶熙5T2G

◆B組③ポスコ建設(慶尚北道)22(10-8)15尚武・韓国軍体育部隊(慶尚南道)(11:00-)
*ポスコ3T2G1P、尚武2T1G1P
◆B組④忠南大(大田市)47(19-0)8仁川専門大(仁川市)(14:40-)
*忠南7T6G、1T1P

■1回戦(6日)
◆A①韓国電力22-22延世大(ソウル市)(12:00-)
*PG合戦。韓国5-4延世

◆A②慶熙大55(43-0)10開明大(大邱市)(15:20-)
*慶熙9T5G、開明2T

◆B③釜山大(釜山市)33(12-15)34仁川専門大(13:40-)
*釜山5T4G、仁川5T3G1P

<高校>
■決勝(12日13:00-)
◆富川北高(京畿道)20(15-14)19ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川3T1G1P、ソウル3T2G
*前半から富川が攻め8分、WT14のトライで先制(5-0)。さらに14分WT11のPG成功。18分にはWT14の2つ目のトライ、11G 成功で15-0とした。
 ソウル大は、ここから攻め24分、NO8トライしGも決め15-7とした。さらに終了間際CT12のトライ、G成功で15-14と1点差に迫った。
 後半も先に富川が25分にFB15のトライで20-14とし、ロスタイム31分ソウルはPR1がトライを決め20-19としたが、G不成功で試合を終えた。

■準決勝(11日)
◆A組/ソウル大学校師範大(学部)付属高31(14-5)17順天工業高(全羅南道)(13:00-)
*ソウル4T4G1P、順天3T1G

◆B組/東亜マイスター高(大田市)14(0-19)33富川北高(京畿道)(14:15-)
*東亜2T2G、富川北5T2G

■2回戦(9日)
◆A組①仁川工業高(仁川市)14(14-10)17ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:00-)
*仁川2T2G、ソウル3T1G

◆A組②忠北高(忠清北道)10(7-12)24順天工業高(14:30-)
*忠北1T1G1P、順天4T2G

◆B組③釜山体育高(釜山市)19(12-14)29東亜マイスター高(13:45-)
*釜山3T2G、東亜4T3G1P

◆B組④鎮海高(慶尚南道)19(0-35)40富川北高(15:45-)
*鎮海3T2G、富川北6T5G

■1回戦(7日)
◆A組①仁川工業高12(12-10)10オソン高(忠清南道)(11:00-)
*仁川2T1G、オソン1T1G1P

◆A組②慶山高(慶尚北道)17(0-24)36ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:15-)
*慶山3T1G、ソウル大6T3G

◆A組③順天工業高31(10-15)15裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*順天5T3G、裡里2T1G1P

◆B組④東亜マイスター高45(21-7)12全南高(光州市)(13:30-)
*東亜7T5G、全南2T1G

◆B組⑤大邱商苑高(大邱市)3(3-15)34富川北高(16:00-)
*大邱1P、富川北5T3G1P

<<2009年第90回大会>>
<一般・大学>
■決勝(26日14:15-)
◆ポスコ鋼板(慶尚北道)27(10-3)6韓国電力(江原道)
*ポスコ3T3G2P、韓電2P
*前半はまったりとしたペースで進む。どちらもゴール前22m手前まで攻めるが、ノッコンなどのミスを連発。
6分、韓国電力がゴール前でPGを得てキックが好調のWTB14呉ユンヒョン(前代表SO)が決め0-3。ポスコはようやく35分、ボールをつなぎ最後はHO2金ジョンオクがポスト左へTを決めた。
GもSOユン・フィス(代表)が成功し7-3と逆転。インジュアリータイム42分にユンがPGを決め10-3で前半終了。
後半最初の得点は韓国電力、10分WTB呉のPG成功で10-6と会場を沸かした。しかし19分にポスコがPG成功で突き放すと(13-3)、そのリスタートのボールをポスコがFW陣で回し、最後は右外にいた快速WTB金亨基(キム・ヒョンギ。7人制代表)へ。キムが40m独走のTを決めG成功で20-6と試合を決定づけた。
さらに終了間際PR3金光植(キム・グァンシク。代表)のTも出て27-6と初優勝を勝ち取った。

■準決勝(24日)
◆A組(13:00-)
◎韓国電力(江原道)28(14-7)7檀国大(忠清南道)
*韓電3T2G3P、檀国1T1G
◆B組(14:40-)
◎ポスコ鋼板(慶尚北道)23(10-11)18尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)
*ポスコ3T1G2P,尚武2T1G2P
■2回戦(22日)
◆A組
◎大心通商(忠清北道)17(10-34)58韓国電力(江原道)(11:00-)
*大心2T2G1P、韓電10T4G
◎啓明大(大邱市)12(7-38)72檀国大(忠清南道)(14:20-)
*啓明2T1G,檀国大12T4G

◆B組
◎延世大(ソウル市)12(0-14)32ポスコ鋼板(慶尚北道)(12:40-)
*延世2T1G,ポスコ5T2G1P
◎尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)38(31-17)17三星重工業(慶尚南道)(16:00-)
*尚武5T5G1P,三星2T2G1P

■1回戦(20日)
◆A組
①韓国電力(江原道)103(53-5)5釜山大(釜山市)(11:00-)
*韓電17T9G、釜1T。
②檀国大(忠清南道)59(21-7)10仁川専門大(仁川市)(14:20-)
*檀国9T7G、仁川1T1G1P。

◆B組
③ポスコ鋼板(慶尚北道)86(54-0)22圓光大(全羅北道)(12:40-)
*ポスコ16T3G、圓光4T1G
④三星重工業(慶尚南道)28(15-3)17慶熙大(京畿道)(16:00-)
*三星4T1G2P、慶熙2T2G1P

<高校部>
■決勝(26日13:00-)
◆忠北高(忠清北道)38(14-12)19慶山高(慶尚北道)
*忠北6T4G、慶山3T2G
*09春季リーグ優勝の忠北(チュンブック)と大統領旗大会V慶山(キョンサン)の好調同士の決勝戦となった。特に慶山は全国大会2年連続準優勝のため優勝が欲しい試合。
前半からFWの忠北、BK慶山という特色ある展開で会場が沸いた。先制は忠北、9分、ゴール右で得た反則からSHが自分でボールを持ち出しT、GもFB15呉グァンヨン(3年、延世大へ進学)が決め7-0。15分にも忠北が右ラインアウトを得て得意のモールで押し込みFL6がT、G成功で14-0とした。
ここから慶山が反撃、18分手敵陣10m付近からCTB12が左際を抜けるとラックを作り右へ展開しWTB11がT、14-5に。さらに22分、WTB14が抜けラックをゴール前で作りFL7がポスト左へT、G成功で14-12として前半を終えた。
後半は忠北ペースで始まった。7分、やはりLO→モールを押すとSHからNO8へ。そのままイン・ゴールへ。19-12とした。11分にはSHが2本目のTを決めG成功で26-12と試合を決めた。慶山は終了間際の29分、敵陣ゴール前にキックしたボールを忠北の処理ミスからターンオーバーしCTB13がT,SO10G成功で38-19とするのがやっとだった。

■準決勝(25日)
◆A組(13:00-)
◎忠北高(忠清北道)34(15-10)22ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*忠北5T3G1D、ソウル4T1G
◆B組(14:15-)
◎慶山高(慶尚北道)55(36-0)5城南西高(京畿道)
*慶山8T6G1P、城南西1T

■2回戦(23日)
◆A組
◎大邱商苑高(テグ市)5(0-19)29ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)(12:00-)
*大邱1T、ソウル大5T2G
◎全南高(光州市)0(0-27)41忠北高(忠清北道)(14:30-)
*忠北6T4G1D

◆B組
◎慶山高(慶尚北道)52(26-0)0順天工業高(全羅南道)(13:45-)
*慶山8T6G,
◎城南西高(京畿道)22(5-10)20東亜工業高(大田市)(15:45-)
*城南西4T1G、東亜3T1G1P

■1回戦(21日)
◆A組
①大邱商苑高(テグ市)24(14-0)19釜山南高(釜山市)(11:00-)
*テグ4T2G、釜山3T2G
②ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)60(47-3)6鎮海高(慶尚南道)(12:15-)
*ソウル大9T6G1P、鎮海2P
③忠北高(忠清北道)52(24-5)5裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*忠北8T6G、イリ1T

◆B組
④慶山高(慶尚北道)27(10-5)15仁川工業高(仁川市)(13:30-)
*慶山3T3G2P、仁川3T
⑤城南西高(京畿道)20(20-3)10オソン高(忠清南道)(16:00-)
*城南西3T1G1P、オソン1T1G1P

<<2008年第89回大会>>
<大学・社会人。全13チーム>
■決勝(10月16日14:45-)
◆尚武:韓国軍体育部隊(サンム。全羅南道。07年1位)
33(19-0)5
韓国電力(ハンジョン。江原道)
*尚武5T4G、韓電1T
◎得点経過
(前半)
1:2分、尚武WTB14/ノ・ピョングァンがトライ。
2:5分、尚武FL7/李ジェウォンがトライ。G成功、SO/オ・ユンヒョン。
3:31分、尚武CTB12/金ウァンヨンがトライ。G成功。
(後半)
1:5分、尚武PR3/ホ・ウンがトライ。WTB11/チョ・インスをフォローしパスを受ける。G成功。
2:9分、韓電LO4/金桐鮮が右隅にトライ。
3:12分、尚武WTB11がトライ。SO10のキックパスにFB22/チェ・ジェヨンが反応し拾い11はパス。G成功。

■準決勝(15日)
◆韓国電力23(15-6)18三星重工業(サムソン。慶尚南道。今季2冠)(13:30-)
*韓電3T1G1P1D、三星2T1G2P

◆尚武11(6-3)9浦項鋼板(ポスコ。慶尚北道。06&07年2位)(15:10-)
*尚武1T2P、浦項3P

■準々決勝(14日)
◆A組:三星重工業66(25-14)14大心通商(テシム。忠清北道)(11:00-)
*三星10T5G1P1D、大心2T2G

◆B組:韓国電力76(40-0)5圓光大(ウォングァン。全羅北道。大学2部)(14:20-)
*韓電12T8G、ウォン1T

◆C組:浦項鋼板41(29-5)22延世大(ヨンセ。ソウル市。今季2冠)(12:40-)
*浦項6T4G1P、延世3T2G1P

◆D組:尚武55(34-0)14檀国大(ダンクック。忠清南道)(16:00-)
*尚武8T6G1P、檀国2T2G

■1回戦(12日)
◆A組①大心通商77(36-8)釜山大(釜山市。大学2部)(10:00-)
*テシム14T7G、釜山1T1P

◆A組②慶煕大(キョンヒ。京畿道)0(0-14)47(11:40-)
*三星7T3G2P

◆B組①仁川専門大(インチョンチョンモン。仁川市。大学2部)5(5-50)65韓国電力(15:00-)
*仁川1T、韓国電10T5G1D

◆C組①忠南大(チュンナム。大田。大学3部以下)8(5-45)69延世大(13:20-)
*チュンナム1T1P、延世11T7G

◆D組①啓明大(ケミョン。大邱。大学3部以下)5(0-15)35檀国大(16:40-)
*ケミョン1T、檀国6T1G1P

<高校。13チーム>
■決勝(16日13:00-)
◆富川北高(プチョンブック。京畿道。今季2冠)
14(7-3)8慶山高(キョンサン。慶尚北道)
*富川北2T2G、慶山1T1P
■準決勝(15日)
◆富川北高14(7-0)12ソウル大師範付属高(サデ。ソウル市。07年1位)(11:00-)
*富川2T2G、ソウル2T1G

◆慶山高57(33-0)3裡里工業高(イリ。全羅北道)(12:15-)
*慶山9T6G、イリ1P

■準々決勝(13日)
◆A組:忠北高(チュンブック。忠清北道)19(5-6)25富川北高(12:00-)
*忠北3T2G、富川北3T2G2P

◆B組:ソウル大師範付属高68(36-0)0鎮海高(チンヘ。慶尚南道)(14:30-)
*ソウル12T4G

◆C組:慶山高41(31-10)17東亜工業高(トンア。大田市)(13:15-)
*慶山6T4G1P、東亜2T2G1P

◆D組:裡里工業高15(3-5)8順天工業高(スンチョン。全羅南道)(15:45-)
*イリ2T1G1P、順天1T1G

■1回戦(11日)

◆A組①忠北高41(15-5)5仁川機械工業高(インチョンキフェ。仁川市)(11:00-)
*忠7T3G、仁1T

◆A組②富川北高54(25-5)10大邱商苑高(テグサンウォン)(12:00-)
*富10T2G、大2T

◆B組①釜山南高(釜山市)0(0-55)74ソウル大師範付属高(14:45-)
*ソ12T7G

◆C組①慶山高70(41-5)5オソン高(忠清南道)(13:30-)
*慶10T4G4D、オ1T

◆D組①裡里工業高42(21-0)5全南高(チョンナム・光州市)(16:00-)
*イリ6T6G、全1T

<<2007年以前>>
<一般・大学>
■07年
◆決勝 尚武(光州市)39(17-10)10韓国電力(江原道)
◆準決勝 尚武72(52-3)16忠南大(チュンナム。大田市)、韓国電力24(3-7)22浦項鋼板(ポハン。慶尚北道)

■06年
◆決勝 高麗36(12-16)26ポハン
◆準決勝 慶煕大13(5-21)41高麗大、釜山大25(10-43)64ポハン

■05年
◆決勝 三星28-23ポハン。三星が10連覇達成。
◆準決勝 三星66-31慶煕大、ポハン32-25高麗大

■04年 
◆決勝 三星29-18尚武
◆準決勝 三星26-19ポハン、尚武24-20檀国大
    
■03年
◆決勝 三星49-3韓国電力
◆準決勝 三星34-8檀国大、韓国電力19-13尚武

<高校>
■2007年
◆決勝 ソウル大師範大付属高(ソウル市)32(24-5)20慶山高(キョンサン。慶尚北道)
◆準決勝 ソウル大付属高31(21-17)24忠北高(チュンブック。忠清北道)、慶山高47(22-5)5裡里工業高(イリ。全羅北道)

■06年
◆決勝 養正27(10-5)10慶山
◆準決勝 テグ商苑13(8-14)26養正、仁川機械19(0-17)29慶山

■05年
◆決勝 白新31-20養正
◆準決勝 白新22-10テグ商苑、養正39-8東亜工業

■04年決勝 テグ商苑20-15富川北
■03年決勝 テグ商苑11-3富川北

| | Comments (0) | TrackBack (0)

韓国国体、高校準決勝結果

 2012年・国体「第93回全国体育大会」が、10月11日、慶尚北道慶山市松花ラグビー場で開幕。国体は大邱市を中心に開催されています。
 16日は、高校準決勝2試合が行われ開催地・大邱商苑高は15-36で順天工業高に敗れ800人の応援団の応援に応えることができませんでした。もう一試合も会場となった地元・慶山高が忠北高に12-35で敗戦。
 17日、順天は2年連続の決勝、忠北は優勝した2010年以来の進出です。
 
 15日は一般・大学準決勝2試合が行われ韓国電力が、2回戦で3連覇ポスコ建設を下した檀国大を59-7と圧倒し、また尚武(軍体育部隊)は高麗大を破り決勝へ進みました。
 両チームは2007、08年決勝で対戦しいずれも尚武が優勝をしています。韓電は07-10年と4年連続で決勝へ進みいずれも敗退。
*写真/一般・大学2回戦、ポスコの攻撃を必死に防ぐ檀国大。
Ldy_6878_640x426
(撮影・李東胤)

以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
「12韓国日程&結果」をダウンロード

<<第93回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(17日・水、14:35-)
◆韓国電力(江原道)-尚武(大邱市)

■準決勝(15日・月、13:00-)
◆韓国電力(江原道)59(28-0)7檀国大(忠清南道)
*韓電8T5G3P、檀国1T1G
*ポスコを撃破した檀国もここまで。前半、韓電は8分、SO呉潤衡(代表)のPGで先制、21分WTB14ユ・チョルギュ(代表)、23分WTB11金セウン、29分CTB12ユ・ミンヒョン、33分呉のTで25-0とし試合を早々に決めた。檀国は後半35分にFL6李ギハンがTを返しゼロ封を免れた。

◆尚武(大邱市)40-12高麗大(ソウル市)
*尚武7T1G1P、高麗2T1G
*前半は互角。3分、尚武がNO8のTで先制、13分にもNO8がTするなど12-0。高麗は29分にSOユ・ジェヒョクのT、Gで7点を返し12-7に。尚武CTB13PGで15-7(前半終了)。後半は尚武が開始58秒でWTB14金グァンミンのT、高麗に6分、1Tを返されたが、尚武は9分以降も4Tを重ね40-12としてノーサイドに。

■2回戦(13日・土)
◆A3ポスコ建設(慶尚北道)22(7-15)29檀国大(忠清南道)(11:45-)
*ポスコ3T2G1P、檀国4T3G1P
*檀国が試合終盤、鮮やかな逆転勝ち。前半から檀国ペース。1分CTB13李ジェソクがPGを決め先制(0-3)。6分には李がTを奪い0-8とした、3分後、WTB14チョ・テヨンのT、李G成功で0-15に。ポスコは14分、SO10洪俊基がT、Gを決め7-15と追いすがる。後半開始からポスコが攻める、9分洪のPG,12分LO4クォン・オヨンのT、G成功し17-15と逆転した。さらに16分FL6文祥容のTで22-15と差を広げた。しかし、21分檀国はSO10ソン・ヒョンソクのT、CTB李G成功で22-22と同点に。そして35分、WTBチョが2本目のTを決めG成功22-29、振り切った。

◆A4三星重工業(慶尚南道)13(3-29)53韓国電力(江原道)(15:15-)
*三星2T1P、韓電7T6G2P
Ldy_7166_640x426_2
(撮影・李東胤)
*韓電が圧倒した。前半9分SO10呉潤衡がPGで先制、13分FL金ジョンミン、18分SH9朴玩龍、33分SO呉などのTで24-0と試合を決めた。三星は後半、東芝から移籍した蔡宰榮がTを奪ったが遅かった。

◆B2尚武(大邱市)60(19-7)22慶熙大(京畿道)(10:00-)

◆B3仁川体育会(仁川市)3(3-35)50高麗大(ソウル市)(13:30-)
*仁川1P、高麗8T2G2P
*高麗が前半7分にPR1ソン・ミョンジュンのTで先制、18分、21分、26分、36分と前半だけで6Tし試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

<高校>
■決勝(17日・水、13:00-)
◆忠北高(忠清北道)-順天工業高(全羅南道)

■準決勝(16日・火、13:00-)
◆A忠北高(忠清北道)35(14-7)12慶山高(慶尚北道)
*忠北5T5G、慶山2T1G
忠北は前半20分、FL7オム・ユンソンのT、CTB12ホ・ジェウのGで7-0.23分にWTB11チ・ギュミンのT、ホGで14-0とした。慶山は33分にPR1朴テホがTを返しGをSOパン・ソンヨンが決め14-7で前半終了。後半、忠北が8分にLO4金ミンホ、17分WTB11チのTなどで28-7と試合を決めた。

◆B大邱商苑高(大邱市)15(3-12)36順天工業高(全羅南道)
*大邱2T1G1P、順天6T3G
先制は順天。前半13分、NO8チュ・サンウがTを奪った。32分にはFL6李サンジュンのT,SO金ジテクG成功で0-12とした。大邱は36分にCTB12アン・ドゴンのPGで3点を返し後半へ。後半も順天が8分にNO8チュの2本目のTで3-19に。大邱も11分にWTB14クォン・スンホのTで8-19と追いすがった。しかし17分、28分、34分と順天がTを奪い振り切った。チュは3Tをあげた。

■2回戦(14日・日)
◆A5釜山体育高(釜山市)12(5-14)31忠北高(忠清北道)(11:00-)
*釜山2T1G、忠北5T4G

◆A4富川北高(京畿道)29(22-22)30慶山高(慶尚北道)(14:10-)
*富川5T2G、慶山5T1G1P
*前半開始45秒、富川WTB11金ジンヒョクがTwo奪い先制、3分には富川WTB14チャン・ソミンもTし10-0とした。慶山は8分PR1のTで5点を返すと、富川は11分にT(15-5),慶山16分T(15-10)、富川21分がT、G(22-10)と差を広げた。慶山は25分にT,Gすると33分LO4チェ・ウンヒョックのTで22-22、同点に追いついた。後半は我慢比べ、28分に慶山がSOパン・ソンユンのPGで22-25、富川は33分CTB李チャンファンのTにGも決まり29-25と逆転。最後は36分、慶山がNO8朴ソンジェが決勝Tを奪い1点差で振り切った。

◆B3大邱商苑高(大邱市)45(21-0)8オソン高(忠清南道)(15:45-)
*大邱7T5G、オソン1T1P

◆B4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)5(5-10)18順天工業高(全羅南道)(12:35-)
*ソウル大1T、順天3T1P
*順天が前半6分、FL6李サンジュンのTで先制するとソウルも17分NO8のTで5-5に。23分順天SHホ・ジェジュンがTし5-10で前半を終えた。後半7分SO10金ジテクのPGで順天がリードする、11分順天FB朴ジュンヒョンのTが決まり5-18となり、以後、得点は動かずそのまま終了した。

■1回戦(12日・金)
◆A1仁川機械工業高(仁川市)24(5-15)39釜山体育高(釜山市)(11:35-)
*仁川4T2G、釜山6T3G1P

◆A2忠北高(忠清北道)21(14-7)15ミョンソク高(大田市)(10:00-)
*忠北3T3G、ミョンソク2T1G1P

◆A3慶山高(慶尚北道)26(19-3)8裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*慶山4T3G、裡里1T1P

◆B1オソン高(忠清南道)53(24-0)7鎮海高(慶尚南道)(16:20-)
*オソン高9T4G、鎮海高1T1G

◆B2順天工業高(全羅南道)59(34-0)0全南高(光州市)(13:10-)
*順天8T5G3P

<<参考、2011年第92回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(10月12日・水、14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)41(26-7)12慶熙大(京畿道)
*ポスコ6T4G1P、慶熙大2T1G
*前半でポスコが試合を決めた。4分LO5朴ヨンドン(元代表)の先制T、Gを21金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決めて7-0.慶熙は13分PR3金ヒチョルがTするとGはWTB14イム・ドンゴンが決めて7-7と追いついた。しかしポスコは3分後にSO10ユン・ヒス(代表)のT、金G成功で14-7へ。20分にもPR3金光植(キム・グァンシク、代表)のTに金G、31分WTBチョ・インス(代表)のTなどで26-7とした。
後半も9分CTB13ノ・ピョングァン(代表)のT,金Gも決まり33-7とし試合を決めた。慶熙は32分にWTB14イムのTで5点を返すのがやっとだった。

■準決勝(10日・月、13:00-)
◆三星重工業(慶尚南道)12(7-6)20慶熙大(京畿道)
*前半2分慶熙大がWTBイム・ドンゴンのPGで先制、イムは21分にもPGで0-6とした。三星は38分SH9ホン・ギナムのTとSO10イムジェボムのG成功で7-6で逆転し前半を終えた。後半に入っても7分、三星がFB15朴チャンミン(元代表)のTで12-6とリードを広げた。しかし14分にFL呉スンジョン(代表)がシンビンで退場となると1分後に慶熙がFL7李ゴンウがTを奪い、Gをイムが決め13-12と逆転した。慶熙がリードを保ちながら試合は進み35分、イム自身がTとGで20-12とし金星を獲た。

◆ポスコ建設(慶尚北道)36(26-13)27延世大(ソウル市)
*5T4G1P、延世3T3G1P
*先制は延世。1分SO10朴フンシクがPGを成功し0-3。ポスコは前半4分、PR1ヨ・ユジェ(代表)のTで逆転、GはCTB13金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決め7-3。しかし8分、延世がWTB11チェ・ニコラスのTにSOもGをきめ7-8と逆転した。ここからポスコのペーストなり11分NO8チョ・チョルヒョン(元代表)のTで12-10とこの試合計3度目の逆転。29分LO5朴ヨンドン(元代表)のT、金G成功し19-10へ。33分にもWTB14権スグァンのT、G金成功で26-10と差を広げた。延世は38分SO朴のPGで3点を返した。
 後半5分、ポスコはCTB12金鐘ス(代表、元豊田織機)のTなどで33-13。延世は26分HO2ナ・グァンヨン、36分LO5チャン・ソクファンのT(Gは朴成功)で33-27と迫った。しかしここまで。最後38分にポスコ金が確実にPGを決め終了した。

■2回戦(8日・土)
◆A1慶熙大(京畿道)73(51-0)5釜山大(釜山市)/11:00-
慶熙12T5G1D、釜山1T
*慶熙が前半4分、SHシン・ギチョルのTを皮切りに前半だけで9T3Gを奪い圧勝した。

◆A2三星重工業(慶尚南道)31(5-14)17韓国電力(江原道)/14:20-
*三星5T3G、韓電2T2G1P
*前半3分、先制は三星WTB14李ジンウクのTで5-0。13分に韓電はFB15金近ヒョン(元代表)がTを返し同点、コンバージョンをSO呉潤衡(オ・ユンヒョン、代表)が決め5-7と逆転した。韓電は24分にCTB13金成洙(キム・ソンス、代表)のT、呉G成功で5-14とリードを広げた。
 後半に入り、三星は3分、SO尹泰日(ユン・テイル、代表)がT、GをCTB12朴魯フン(パク・ノフン、代表)が決め14-12と逆転した。さらに13分朴のTをCTB13李圭ドク(代表)が成功し19-14とした。5分後、韓電は呉のPGで19-17と2点差に迫った。35分、三星はHO2黄ミンソ(ファン・ミンソ、代表)のT、最後40分にFB崔時原(チェ・シォン、代表)がTし試合を終えた。

◆B1仁川体育会(仁川市)9(9-29)50延世大(ソウル市)/16:00-
*仁川3P、延世8T5G
*延世が前半7分、WTB11呉ガンヨンのT、SO10朴フンシクのG成功で0-7と先制。13分に朴のTにGで0-14。仁川は19分SO10洪俊基(ホン・ジュンギ、代表)のPGで3-14に。しかし延世は前半にその後も3Tしたが、仁川は洪の2PGのみだった。後半は延世が確実に3T3Gを奪い準決勝へ。

◆B2ポスコ建設(慶尚北道)60(31-0)12檀国大(忠清南道)/12:40-
*ポスコ10T5G、檀国2T1G
*前半で試合が決まった。ポスコは開始50秒でWTB21金原用(キム・ウォンヨン、代表)がTを奪った。18分にHO2チョン・ヨンジェのTに金のG成功で12-0。21分FB15朴ウンシクのT、27分CTB12金鐘洙(キム・ジョンス、代表。前豊田織機)のTに金のG,さらに32分は金のTとGで31-0とした。後半、檀国は0-43の14分、FL6朴ヨンウクのTが生まれた。

■1回戦(6日・木)
◆A韓国電力(江原道)91(55-10)31圓光大(全羅北道)/13:40-
*韓電14T9G1D、圓光5T5G1P

◆B3延世大(ソウル市)78(32-0)10開明大(大邱市)/15:20-
*延世14T4G、開明2T

◆B4檀国大(忠清南道)85(33-10)18忠南大(大田市)/12:00-
*檀国13T10G、忠南3T1P

<高校>
■決勝(12日・水、13:00-)
◆富川北高(京畿道)26(19-0)24順天工業高(全羅南道)
*富川4T3G、順天4T2G
*富川が前半のリードを守り辛うじて逃げ切った。前半7分CTB12李ジョンファンのTで先制するとGはFB15韓サンホが決め7-0.15分にはSO10呉スンヒョンT、韓G成功で14-0.さらに25分WTB11文ヨングルがTを奪い19-0で前半を終えた。
後半も2分CTB李のTと韓Gで26-0へほぼ試合を決めたかに見えた。ここから順天が反撃開始。4分PR1ト・ヒョクソンがTしGはWTB14金ジタクが決め7点を返した。13分にはFL7文ソンイルのT、G金も成功し26-14へ。すると21分FL6李サンジュンがTで26-19と1T1Gへ迫った。そして29分、PR1トがTを決めたがG失敗、26-24でノーサイドとなった。

■準決勝(11日・火、13:00-)
◆富川北高(京畿道)24(7-10)24ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川4T2G、ソウル3T3G1P
*先制はソウル。前半2分、PGをFB15リュ・ジェヒョクが決め0-3.27分、ソウルはHO2金ウォンジュンのTとリュG成功で0-10とした。終了30分、富川はSH9ソ・ハンスルのTにFB15韓サンヒョンのGで3点差で前半を終えた。
 後半5分、富川がWTB14金ヨンフンのTで12-10と逆転した。11分ソウルは自慢のFWでペナルティーTを奪い12-17と再度、逆転。15分にもWTB14ソン・ヨンヒョンのT、リュGで12-24とした。しかし20分ソウルWTB11韓サンギョンがシンビンで退場となった1分後、富川がCTB12李ジョンハンのT、FB韓もGし17-24に。そして25分、FB韓がTするとGはNO8金スングが確実に決め24-24の同点とした。

◆順天工業高(全羅南道)18(13-14)14仁川機械工業高(仁川市)
*順天3T1P、仁川2T2G
*順天が鮮やかに逆転し全国大会初の決勝進出を果たした。前半7分、順天LO4金テヒョンのTで先制すると12分WTB14金ジタクのPGで8-0.仁川は16分にLO5李ガンゴンがT、GもSO10金スミンが決め8-7に。23分順天はNO8ソン・グァンジェが逆転Tを奪いGも決まり8-14とした。順天は26分、SH9ホ・ジェジュンがTし13-14で前半を終えた。
後半は一進一退。17分順天PR3金ヒョンホのTで18-14となり、そのままノーサイドに。

■2回戦(9日・日)
◆A1富川北高(京畿道)21(7-8)16慶山高(慶尚北道)/15:45-
*富川3T3G、慶山2T2P
*慶山が前半12分、SH9チュ・ウヒョンのTで先制(0-5)。20分富川がWTB11ムン・ヨングルのTで追いつきGもFB15ハン・サンフンが決め7-5と逆転した。しかし終了間際30分に慶山CTB13金ギペクのPGで7-8と再度、逆転した。
 後半2分、富川はWTBムンの2つ目のTで再逆転(G成功14-8)。8分にもCTB12李ジョンファンのT(G成功)21-8とした。慶山は22分LO5金サンジンのT、28分CT金のPGで5点差に迫ったが試合が終わった。

◆A2全南高(光州市)10(5-24)41ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)/13:15-
*全南2T、ソウル6T4G1P
*ソウルは13分WTBソン・ヨンヒョンのTを最初に18分まで3Tをあげた。全南は23分、後半30分にSH9李テスが2Tを返した。

◆B1順天工業高(全羅南道)52(38-7)7オソン高(忠清南道)/12:00-
*順天8T6G、オサン1T1G
*順天が前半1分WTB14金ジテクのTを皮切りに19分までに5Tを奪い試合を決めた。金は2T6Gの22得点。

◆B2・仁川機械工業高(仁川市)32(24-12)26釜山体育高(釜山市)/14:30-
*仁川4T3G2P、釜山4T3G
*@PGの差で仁川が勝った・前半は先制し一度、18分釜山に逆転されたが20分FL7ウン・チョンウンのTとSO10金スミンのG成功で14-12と再逆転した。前半終了間際にもWTB11朴スミンのT、SO金Gで24-12。後半も1分PR1金ギウンのTで29-12とするなどリードを守り勝利した。

■1回戦(7日・金)
◆A3慶山高(慶尚北道)48(24-0)3鎮海高(慶尚南道)/16:00-
*慶山8T4G、鎮海1P

◆A4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)32(15-5)17忠北高(忠清北道)/13:30-
*ソウル5T2G1P、忠北3T1G

◆B3順天工業高(全羅南道)34(24-5)12ミョンソク高(大田市)/11:00-
*順天5T3G1P、ミョンソク2T1G

◆B4裡里工業高(イリ・全羅北道)3(3-14)26オソン高(忠清南道)/12:15-
*イリ1P、オソン4T3G

◆B5大邱商苑高(大邱市)17(12-17)22釜山体育高(釜山市)
*大邱3T1G、釜山4T1G
 
<<2010年第91回大会>>
*会場:韓国南部の都市・鎮海公設運動場
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<大学・一般部>
■決勝(12日14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)32(18-3)10韓国電力(江原道)
*ポスコ4T3G2P、韓電1T1G1P
*先制は韓電。前半7分にCT13が決め0-3。ポスコの反撃は前半27分から。CT12がトライし5-3と逆転。33分にはFL7のトライとG(13)成功で12-3とした。
 さらに終了間際に2PGで18-3とリードを広げた。
 後半もポスコペース。1分SO10のトライ、G成功で25-3とほぼ試合を決めた。10分にも交替した21のトライ、CT13ゴールで32-3。最後の韓電の攻撃を12分、好調なWTB14トライ、ゴールに抑えて2連覇となった。
 国内大会も5連覇中だ。

■準決勝(10日)
◆A組
/韓国電力(江原道)50(24-0)26慶熙大(京畿道)(13:00-)
*韓国8T5G、慶熙4T3G

◆B組
/ポスコ建設(慶尚北道)59(40-0)10忠南大(大田市)(14:40-)
*ポスコ9T7G、忠南2T

■2回戦(8日)
◆A組①圓光大(全羅北道)3(0-63)94韓国電力(江原道)(12:40-)
*圓光1P、韓国電力16T7G
*韓国電力が前半だけで11Tをあげ圧倒した。韓国電力WTB14は3T5G。

◆A組②檀国大(忠清南道)19(7-17)29慶熙大(京畿道)(16:00-)
*檀国3T2G、慶熙5T2G

◆B組③ポスコ建設(慶尚北道)22(10-8)15尚武・韓国軍体育部隊(慶尚南道)(11:00-)
*ポスコ3T2G1P、尚武2T1G1P
*例年のように逆転ゲームを繰り広げる両者。前半8分、尚武NO8韓圭建(ハン・コンギュ)が先制トライを決め0-5.ポスコは16分、WTB14のトライとゴール成功で7-5と最初の逆転。すると20分、尚武がPGで7-8と2度目の逆転劇を見せた。前半の締めくくりはポスコCTB13が24分にPGを成功し10-8とした。
 後半に入っても逆転の連続。尚武が8分、FB15のトライ、SO10ゴールで10-15と4度目の逆転へ。ポスコは36分、NO8のトライで15-15に追いつく。
 最後はロスタイム42分にLO4のトライ、ゴール成功で22-15で終えた。

◆B組④忠南大(大田市)47(19-0)8仁川専門大(仁川市)(14:40-)
*忠南7T6G、1T1P

■1回戦(6日)
◆A①韓国電力22-22延世大(ソウル市)(12:00-)
*PG合戦。韓国5-4延世

◆A②慶熙大55(43-0)10開明大(大邱市)(15:20-)
*慶熙9T5G、開明2T

◆B③釜山大(釜山市)33(12-15)34仁川専門大(13:40-)
*釜山5T4G、仁川5T3G1P

<高校>
■決勝(12日13:00-)
◆富川北高(京畿道)20(15-14)19ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川3T1G1P、ソウル3T2G
*前半から富川が攻め8分、WT14のトライで先制(5-0)。さらに14分WT11のPG成功。18分にはWT14の2つ目のトライ、11G 成功で15-0とした。
 ソウル大は、ここから攻め24分、NO8トライしGも決め15-7とした。さらに終了間際CT12のトライ、G成功で15-14と1点差に迫った。
 後半も先に富川が25分にFB15のトライで20-14とし、ロスタイム31分ソウルはPR1がトライを決め20-19としたが、G不成功で試合を終えた。

■準決勝(11日)
◆A組/ソウル大学校師範大(学部)付属高31(14-5)17順天工業高(全羅南道)(13:00-)
*ソウル4T4G1P、順天3T1G

◆B組/東亜マイスター高(大田市)14(0-19)33富川北高(京畿道)(14:15-)
*東亜2T2G、富川北5T2G

■2回戦(9日)
◆A組①仁川工業高(仁川市)14(14-10)17ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:00-)
*仁川2T2G、ソウル3T1G

◆A組②忠北高(忠清北道)10(7-12)24順天工業高(14:30-)
*忠北1T1G1P、順天4T2G

◆B組③釜山体育高(釜山市)19(12-14)29東亜マイスター高(13:45-)
*釜山3T2G、東亜4T3G1P

◆B組④鎮海高(慶尚南道)19(0-35)40富川北高(15:45-)
*鎮海3T2G、富川北6T5G

■1回戦(7日)
◆A組①仁川工業高12(12-10)10オソン高(忠清南道)(11:00-)
*仁川2T1G、オソン1T1G1P

◆A組②慶山高(慶尚北道)17(0-24)36ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:15-)
*慶山3T1G、ソウル大6T3G

◆A組③順天工業高31(10-15)15裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*順天5T3G、裡里2T1G1P

◆B組④東亜マイスター高45(21-7)12全南高(光州市)(13:30-)
*東亜7T5G、全南2T1G

◆B組⑤大邱商苑高(大邱市)3(3-15)34富川北高(16:00-)
*大邱1P、富川北5T3G1P

<<2009年第90回大会>>
<一般・大学>
■決勝(26日14:15-)
◆ポスコ鋼板(慶尚北道)27(10-3)6韓国電力(江原道)
*ポスコ3T3G2P、韓電2P
*前半はまったりとしたペースで進む。どちらもゴール前22m手前まで攻めるが、ノッコンなどのミスを連発。
6分、韓国電力がゴール前でPGを得てキックが好調のWTB14呉ユンヒョン(前代表SO)が決め0-3。ポスコはようやく35分、ボールをつなぎ最後はHO2金ジョンオクがポスト左へTを決めた。
GもSOユン・フィス(代表)が成功し7-3と逆転。インジュアリータイム42分にユンがPGを決め10-3で前半終了。
後半最初の得点は韓国電力、10分WTB呉のPG成功で10-6と会場を沸かした。しかし19分にポスコがPG成功で突き放すと(13-3)、そのリスタートのボールをポスコがFW陣で回し、最後は右外にいた快速WTB金亨基(キム・ヒョンギ。7人制代表)へ。キムが40m独走のTを決めG成功で20-6と試合を決定づけた。
さらに終了間際PR3金光植(キム・グァンシク。代表)のTも出て27-6と初優勝を勝ち取った。

■準決勝(24日)
◆A組(13:00-)
◎韓国電力(江原道)28(14-7)7檀国大(忠清南道)
*韓電3T2G3P、檀国1T1G
*韓電が16分、WTB14呉ユンヒョンのTとGで7-0と先制した。
すると檀国は20分にSH朴ソングァンがゴール前の反則を素早くスタートしトライを返し7-7の同点に。しかし、韓電の地力が上回り30分、SCから前サントリーNO8李光紋(イ・グァンモン。代表)からLO5朴ソンギュ(代表)にパスが渡り、そのままTで14-7とした。
後半は韓電が確実に攻めて檀国の反則を誘うと呉がPG3本を成功、27分には左ライン際からSO全鐘満(チョン・ジョンマン。代表)がキックでボールを転がしインゴールでFL6金ジョンマンが抑え28-7で試合を終えた。
◆B組(14:40-)
◎ポスコ鋼板(慶尚北道)23(10-11)18尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)
*ポスコ3T1G2P,尚武2T1G2P
写真・青=ポスコ、黒=尚武
*今年6月、大統領旗大会では同点のままゴールキック合戦となった対戦。
前半7分、ポスコがゴール前SCを得ると、PR3金光植(キム・グァンシク。代表)があっさりTで先制(7-0)した。
すると尚武は13分に右ラックから左へオープン攻撃をしかけWTB11崔時ウォン(代表)がT(7-5)に。
ポスコが18分、SOユン・フィスがPGを成功し10-5と点差を広げた。
尚武は35,41分にSO洪俊基(ホン・チュンギ、代表)のPGで10-11と逆転し前半を終えた。
しかし後半、尚武LO5がシンビン中にポスコが粘り13分、PGで13-11で再逆転。さらに17分、LO5がTし18-13に。尚武は20分すぎポスコNO8がシンビンで出ると攻撃をしかけ24分、中央付近からボールを回しFL6、NO8韓建圭(ハン・コンギュ、代表)とつないでT、G成功し18-18に追いついた。
このまま一進一退が続いたが31分、ポスコは左ラインアウトで出たボールをPR1イム・ジュンフィがTし23-18に。39分、尚武が最後の攻めでポスコ・ゴール前、ポスコボールSCをポスコがハンドリングミスし尚武SO洪がターンオーバー、交代で入った19ペ・チャンファンがノッコンし最後となった。

■2回戦(22日)
◆A組
◎大心通商(忠清北道)17(10-34)58韓国電力(江原道)(11:00-)
*大心2T2G1P、韓電10T4G
◎啓明大(大邱市)12(7-38)72檀国大(忠清南道)(14:20-)
*啓明2T1G,檀国大12T4G

◆B組
◎延世大(ソウル市)12(0-14)32ポスコ鋼板(慶尚北道)(12:40-)
*延世2T1G,ポスコ5T2G1P
◎尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)38(31-17)17三星重工業(慶尚南道)(16:00-)
*尚武5T5G1P,三星2T2G1P

■1回戦(20日)
◆A組
①韓国電力(江原道)103(53-5)5釜山大(釜山市)(11:00-)
*韓電17T9G、釜1T。
②檀国大(忠清南道)59(21-7)10仁川専門大(仁川市)(14:20-)
*檀国9T7G、仁川1T1G1P。

◆B組
③ポスコ鋼板(慶尚北道)86(54-0)22圓光大(全羅北道)(12:40-)
*ポスコ16T3G、圓光4T1G
④三星重工業(慶尚南道)28(15-3)17慶熙大(京畿道)(16:00-)
*三星4T1G2P、慶熙2T2G1P

<高校部>
■決勝(26日13:00-)
◆忠北高(忠清北道)38(14-12)19慶山高(慶尚北道)
*忠北6T4G、慶山3T2G
*09春季リーグ優勝の忠北(チュンブック)と大統領旗大会V慶山(キョンサン)の好調同士の決勝戦となった。特に慶山は全国大会2年連続準優勝のため優勝が欲しい試合。
前半からFWの忠北、BK慶山という特色ある展開で会場が沸いた。先制は忠北、9分、ゴール右で得た反則からSHが自分でボールを持ち出しT、GもFB15呉グァンヨン(3年、延世大へ進学)が決め7-0。15分にも忠北が右ラインアウトを得て得意のモールで押し込みFL6がT、G成功で14-0とした。
ここから慶山が反撃、18分手敵陣10m付近からCTB12が左際を抜けるとラックを作り右へ展開しWTB11がT、14-5に。さらに22分、WTB14が抜けラックをゴール前で作りFL7がポスト左へT、G成功で14-12として前半を終えた。
後半は忠北ペースで始まった。7分、やはりLO→モールを押すとSHからNO8へ。そのままイン・ゴールへ。19-12とした。11分にはSHが2本目のTを決めG成功で26-12と試合を決めた。慶山は終了間際の29分、敵陣ゴール前にキックしたボールを忠北の処理ミスからターンオーバーしCTB13がT,SO10G成功で38-19とするのがやっとだった。

■準決勝(25日)
◆A組(13:00-)
◎忠北高(忠清北道)34(15-10)22ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*忠北5T3G1D、ソウル4T1G
◆B組(14:15-)
◎慶山高(慶尚北道)55(36-0)5城南西高(京畿道)
*慶山8T6G1P、城南西1T

■2回戦(23日)
◆A組
◎大邱商苑高(テグ市)5(0-19)29ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)(12:00-)
*大邱1T、ソウル大5T2G
◎全南高(光州市)0(0-27)41忠北高(忠清北道)(14:30-)
*忠北6T4G1D

◆B組
◎慶山高(慶尚北道)52(26-0)0順天工業高(全羅南道)(13:45-)
*慶山8T6G,
◎城南西高(京畿道)22(5-10)20東亜工業高(大田市)(15:45-)
*城南西4T1G、東亜3T1G1P

■1回戦(21日)
◆A組
①大邱商苑高(テグ市)24(14-0)19釜山南高(釜山市)(11:00-)
*テグ4T2G、釜山3T2G
②ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)60(47-3)6鎮海高(慶尚南道)(12:15-)
*ソウル大9T6G1P、鎮海2P
③忠北高(忠清北道)52(24-5)5裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*忠北8T6G、イリ1T

◆B組
④慶山高(慶尚北道)27(10-5)15仁川工業高(仁川市)(13:30-)
*慶山3T3G2P、仁川3T
⑤城南西高(京畿道)20(20-3)10オソン高(忠清南道)(16:00-)
*城南西3T1G1P、オソン1T1G1P

<<2008年第89回大会>>
<大学・社会人。全13チーム>
■決勝(10月16日14:45-)
◆尚武:韓国軍体育部隊(サンム。全羅南道。07年1位)
33(19-0)5
韓国電力(ハンジョン。江原道)
*尚武5T4G、韓電1T
◎得点経過
(前半)
1:2分、尚武WTB14/ノ・ピョングァンがトライ。
2:5分、尚武FL7/李ジェウォンがトライ。G成功、SO/オ・ユンヒョン。
3:31分、尚武CTB12/金ウァンヨンがトライ。G成功。
(後半)
1:5分、尚武PR3/ホ・ウンがトライ。WTB11/チョ・インスをフォローしパスを受ける。G成功。
2:9分、韓電LO4/金桐鮮が右隅にトライ。
3:12分、尚武WTB11がトライ。SO10のキックパスにFB22/チェ・ジェヨンが反応し拾い11はパス。G成功。

■準決勝(15日)
◆韓国電力23(15-6)18三星重工業(サムソン。慶尚南道。今季2冠)(13:30-)
*韓電3T1G1P1D、三星2T1G2P

◆尚武11(6-3)9浦項鋼板(ポスコ。慶尚北道。06&07年2位)(15:10-)
*尚武1T2P、浦項3P

■準々決勝(14日)
◆A組:三星重工業66(25-14)14大心通商(テシム。忠清北道)(11:00-)
*三星10T5G1P1D、大心2T2G

◆B組:韓国電力76(40-0)5圓光大(ウォングァン。全羅北道。大学2部)(14:20-)
*韓電12T8G、ウォン1T

◆C組:浦項鋼板41(29-5)22延世大(ヨンセ。ソウル市。今季2冠)(12:40-)
*浦項6T4G1P、延世3T2G1P

◆D組:尚武55(34-0)14檀国大(ダンクック。忠清南道)(16:00-)
*尚武8T6G1P、檀国2T2G

■1回戦(12日)
◆A組①大心通商77(36-8)釜山大(釜山市。大学2部)(10:00-)
*テシム14T7G、釜山1T1P

◆A組②慶煕大(キョンヒ。京畿道)0(0-14)47(11:40-)
*三星7T3G2P

◆B組①仁川専門大(インチョンチョンモン。仁川市。大学2部)5(5-50)65韓国電力(15:00-)
*仁川1T、韓国電10T5G1D

◆C組①忠南大(チュンナム。大田。大学3部以下)8(5-45)69延世大(13:20-)
*チュンナム1T1P、延世11T7G

◆D組①啓明大(ケミョン。大邱。大学3部以下)5(0-15)35檀国大(16:40-)
*ケミョン1T、檀国6T1G1P

<高校。13チーム>
■決勝(16日13:00-)
◆富川北高(プチョンブック。京畿道。今季2冠)
14(7-3)8慶山高(キョンサン。慶尚北道)
*富川北2T2G、慶山1T1P
*得点経過
(前半)
前半から慶山が富川陣内でキックで陣地を獲得し有利に試合を進めるがノッコンなどハンドリングミスがあり得点できない。富川も今大会は低いタックルでDFを頑張る。
1:21分、富川CTB13/金ヨンイクが慶山のパスをインターセプトし先制トライ!。
2:26分、慶山はFBがPG成功し4点差へ。
(後半)
立ち上がりから慶山の攻撃。
1:3分、慶山のPG不成功のボールを富川が自陣から回し右ラインをCTB12/金ゴンヒが走り中央にトライ。G成功。
2:18分、慶山がLOからこぼれたボールをNO8が拾いトライ。その後も攻め続けたが反則で自滅。

■準決勝(15日)
◆富川北高14(7-0)12ソウル大師範付属高(サデ。ソウル市。07年1位)(11:00-)
*富川2T2G、ソウル2T1G

◆慶山高57(33-0)3裡里工業高(イリ。全羅北道)(12:15-)
*慶山9T6G、イリ1P

■準々決勝(13日)
◆A組:忠北高(チュンブック。忠清北道)19(5-6)25富川北高(12:00-)
*忠北3T2G、富川北3T2G2P

◆B組:ソウル大師範付属高68(36-0)0鎮海高(チンヘ。慶尚南道)(14:30-)
*ソウル12T4G

◆C組:慶山高41(31-10)17東亜工業高(トンア。大田市)(13:15-)
*慶山6T4G1P、東亜2T2G1P

◆D組:裡里工業高15(3-5)8順天工業高(スンチョン。全羅南道)(15:45-)
*イリ2T1G1P、順天1T1G

■1回戦(11日)

◆A組①忠北高41(15-5)5仁川機械工業高(インチョンキフェ。仁川市)(11:00-)
*忠7T3G、仁1T

◆A組②富川北高54(25-5)10大邱商苑高(テグサンウォン)(12:00-)
*富10T2G、大2T

◆B組①釜山南高(釜山市)0(0-55)74ソウル大師範付属高(14:45-)
*ソ12T7G

◆C組①慶山高70(41-5)5オソン高(忠清南道)(13:30-)
*慶10T4G4D、オ1T

◆D組①裡里工業高42(21-0)5全南高(チョンナム・光州市)(16:00-)
*イリ6T6G、全1T

<<2007年以前>>
<一般・大学>
■07年
◆決勝 尚武(光州市)39(17-10)10韓国電力(江原道)
◆準決勝 尚武72(52-3)16忠南大(チュンナム。大田市)、韓国電力24(3-7)22浦項鋼板(ポハン。慶尚北道)

■06年
◆決勝 高麗36(12-16)26ポハン
◆準決勝 慶煕大13(5-21)41高麗大、釜山大25(10-43)64ポハン

■05年
◆決勝 三星28-23ポハン。三星が10連覇達成。
◆準決勝 三星66-31慶煕大、ポハン32-25高麗大

■04年 
◆決勝 三星29-18尚武
◆準決勝 三星26-19ポハン、尚武24-20檀国大
    
■03年
◆決勝 三星49-3韓国電力
◆準決勝 三星34-8檀国大、韓国電力19-13尚武

<高校>
■2007年
◆決勝 ソウル大師範大付属高(ソウル市)32(24-5)20慶山高(キョンサン。慶尚北道)
◆準決勝 ソウル大付属高31(21-17)24忠北高(チュンブック。忠清北道)、慶山高47(22-5)5裡里工業高(イリ。全羅北道)

■06年
◆決勝 養正27(10-5)10慶山
◆準決勝 テグ商苑13(8-14)26養正、仁川機械19(0-17)29慶山

■05年
◆決勝 白新31-20養正
◆準決勝 白新22-10テグ商苑、養正39-8東亜工業

■04年決勝 テグ商苑20-15富川北
■03年決勝 テグ商苑11-3富川北

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2012

筑波が早稲田に2年連続勝利

 10月13日(土)からの国内ラグビー、「2012~13ラグビートップリーグ(TL)」は6節。
 首位サントリーは、前節で東芝を下したトヨタ自動車と対戦し、後半にWTB小野澤のトライなどで逆転し25-22で勝ち首位を守りました。
 関東大学対抗戦は、4強・早稲田大と筑波大が対戦、後半34分から連続3トライを奪った筑波が26-7で勝ちました。
Kmr_0587_640x427
(写真提供:木村理さん)
筑波は昨年に続き早稲田に連勝。「前に出る。接点で勝負」という古川監督の気持ちにこたえた選手の勝利でした。
 
以下、得点内容の後の()は勝ち点
<<TL>>
■第6節
◆パナソニック35(22-15)18ヤマハ(10月13日、秩父宮)
*パナ5T2G2P(21)、ヤマハ2T1G2P(18)
*この日3トライ、MOMのパナWTB14山田1トライ目はSBWのパスから。
121013ymad1t

◎パナLO4劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、仁川機械工高・檀国大・尚武)=先発
121013pana4y
「1日の練習を100%やり、認めてもらって試合に出る。試合でも100%出し切る。今年はそうしないとチーム内の競争に勝てません。子供が11月に生まれることも自分をラグビーに積極的に取り組む意識を強くさせています」

◎パナCTB12ソニー・ビル・ウィリアムズ(SBW)=先発。前半の3トライをすべて演出。
121013sbwpass

◎ヤマハWTB22徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、愛知朝鮮高・朝鮮大(在日))=リザーブ、後半から。
*11月の日本代表欧州遠征代表候補入り
Dscf0901_640x480
「今日は不完全燃焼。代表入りはリハビリの影響で微妙」

◆NEC19(0-15)36リコー(同)
*NEC3T2G(10)、リコー6T3G(11)
◎NEC/PR1、N金光植(キム・グァンシク、김광식、高麗大・ポスコ建設)=先発
Dscf0610_640x480
NEC関係者「金に相手を追っかけて行うタックルを求めるのは無理。少しずつ成長」
◎NEC/HO朴誠球(パク・ソング、박성구、ソウル大付高・延世大・尚武、・08-09ヤマハ)=メンバー外
121013necpark
「首の出術もありリハビリを終えてチームへ復帰。試合にも出て対応できている」

◆サントリー25(6-3)22トヨタ自動車(瑞穂)
*サントリー3T2G2P(29)、トヨタ3T2G1P(15)
◎サントリーFL、N朴淳彩(パク・スンチェ、박순채、ポスコ建設)=メンバー外
Dscf0642
「フィットネス不足はまだまだです。真面目に取り組んでいます」
◎トヨタFL李光紋(イ・グァンムン、이광문、忠北高・高麗大・尚武・08サントリー、09韓国電力)=メンバー外
Dscf0582_640x480_3
「自分の突破をいかしてくれるトヨタの戦い方は合っています。日本語もうまくなり2年目でSHなどとコミュニケーションも取れています」

◆神戸製鋼70(42-14)24九州電力(花園)
*神戸10T10G(25)、九州4T2G(3)

◆近鉄59(13-0)7NTTドコモ(同)
*近鉄9T4G1P(16)、ドコモ1T1G(0)
◎近鉄PR17成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、大阪朝高・帝京大(在日))=リザーブ
「チームを引っ張る。年齢的にもベテランの域へ」
◎近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン、김철원、韓国/養正高・朝明高・大阪体大、日本前)=先発
「今季も主力として期待されている」
◎近鉄WTB李陽(中国)=メンバー外
◎ドコモSH20、N安承火赫(アン・スンヒョク、안승혁、城南西高・高麗大・尚武・09NEC)=リザーブ、後半
「心機一転、Aチーム入りへ奮闘中。テンポ早い球出しと得意の長いパスの復活に期待」
◎ドコモFL7,N金栄デ(金に大、キム・ヨンデ、김영대、江の川高校・大阪産大・近鉄(05-)・ホンダ(07-09)、10リコー(在日))=先発
Dscf0731_640x480
「チームから求められている低いタックル、サポートなどのワークレートをしっかりする。そのうえで持ち味の突破やジャッカルも出していきたい。チームは目先の1勝よりも少しずつ成長していくことが大事です」
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅、ソウル大付属高・延世大・尚武)=メンバー外
Dscf0756_640x480_2
「」

◆東芝29(15-13)20福岡サニックス(14日、Gアリーナ)
*東芝4T3G1P(23)、サニックス2T2G2P(5)
◎東芝LO18、N金潔(キム・ギョル、김결。養正高・高麗大・09サントリーフーズ,10-11コカコーラ)=リザーブ、後半から。
1291tkim
「コーラから東芝に移籍して、一番変わったのは『ハート』」。
◎サニックスPR3申東ウォン(シン・ドンウォン=冫原、신동원、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高)=先発
◎サニックスCTB、N権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁、慶山高、三重/朝明高・帝京大)=メンバー外
Dscf0914_640x480
「初めてのトップリーグ。前に積極的に出るようにプレーしたい。課題はポジションニング」
◎サニックスFL慎賢宇(シン・ヒョンウ、산현우、東京朝鮮高・朝鮮大、在日)=メンバー外
「まだまだ。Bチーム」
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、황철수、東京朝鮮高・朝鮮大、在日)=メンバー外
「Aチーム入りも期待できる」
◎サニックスCTB崔基俊(チェ・キジュン、최기준、韓国/鎮海高・朝明高・帝京大中退)=メンバー外
「現在、日本へ帰化申請。アジア枠選手の関係で日本国籍取得すればAチームも可能」

◆NTTコム31(10-17)17キヤノン(宮城)
*コム4T4G1P(18)、キヤノン2T2G1P(11)
◎NTTコムHO白孝尚(ハク・タカヨシ、啓光学園・帝京大、JJapan(在日))=メンバー外
◎キヤノンPR金光模(キム・グァンモ、김광모、仁川機械工高・檀国大・05-09三洋)=メンバー外
「自分でAチーム入りをつかむために努力している」

<順位>
1:サントリー(29、+100)、2:神戸(25、+100)、3:東芝(23、+79)、4:パナ(21、+92)、5:ヤマハ(18、+41)、6:NTTコム(18、+14)、7:近鉄(16、+68)、8:トヨタ(15、-4)、9:キヤノン(11、-2)、10:リコー(11、-15)、11:NEC(10、-26)、12:サニックス(5、-111)、13:九電(4、-139)、14:NTTドコモ(0、-145)

<<トップEAST>>
■第5節(10月13日)
◆三菱重工相模原50-5ヤクルト(三菱)
*三菱8T5G(20)、ヤクルト1T(0)
◎三菱NO8、N李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、裡里工・檀国大・尚武・日野、前代表)=メンバー外
「レギュラークラス」
◎三菱PR17、N鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운、慶煕大・三星SDI、 178CM,113KG,81/10/22生まれ )=リザーブ
「レギュラー手前、スクラムは強い」

◆クボタ86-5秋田NB(男鹿)
*クボタ14T8G(20)、秋田1T(0)
◎クボタLO18金永男(キム・ヨンナム、김영남、忠南大・尚武・三星SDI・08-09NTTドコモ・10リコー・代表)=リザーブ
「フィットネス不足を克服中」
◎クボタSH李明根(リ・ミョングン、이명근、裡里工業高・延世大・尚武・大心通商・三星SDI・07-08季ワールド、前代表)=メンバー外
「レギューラーとして活躍。今季は若手SHを育てることをチームから依頼」
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현,檀国大、学生時代に三洋練習参加)=メンバー外

◆釜石SW47-21日本IBM(IBM)
*釜石7T6G(19)、IBM3T3G(0)

◆東京ガス41-3横河武蔵野(ガス)
*ガス6T4G1P(15)、横河1P(7)
◎横河FL7延権佑(復帰、ヨン・グォンウ、연권우、忠北高・高麗大・07横河・09尚武、代表)=先発
「FWリーダーとして充実している」
◎横河NO8趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、大阪朝高・明治大、在日、高校日本)=先発
◎横河SO22趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、大阪朝高・同志社大、在日)=リザーブ

◆栗田工業45-22日野自動車(栗田)
*栗田6T6G1P(14)、日野4T1G(6)

<順位>
1:クボタ、2:三菱、3:釜石、4:東京ガス、5:栗田、6:横河、7:日野、8以下:ヤクルト、IBM、秋田

<<トップWEST>>
■第3節(10月13日、瑞穂)
◆豊田自動織機61-6大阪府警
*織機(10)、府警(5)
◎織機LO4鄭智弘(チョン・チホン、大阪朝高-帝京大-IBM-近鉄など)=先発
◎織機PR、N金英根(移籍、キム・ヨングン、김영근、釜山南高・延世大・三星SDI・ホンダ、代表)=メンバー外

■第4節(10月21日、鈴鹿)
◆ホンダ-豊田自動織機
*ホンダ(5)、織機(5)
◎ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈,富川北高・檀国大・尚武・大心通商、代表)=
◎織機FL鄭智弘(チョン・チホン、大阪朝高-帝京大-IBM-近鉄など)
◎織機PR、N金英根(移籍、キム・ヨングン、김영근、釜山南高・延世大・三星SDI・ホンダ、代表)

◆JR西日本-中部電力
*JR(0)、中部(0)

<<トップ九州>>
■第5節
◆マツダ33(14-5)10JR九州(10月13日、グローバル)
*マツダ5T(20)、九州2T(15)

◆福岡銀行19(7-7)19山形屋(14日、鴨池公園)
*福岡3T2G(1)、山形屋3T2G(1)

■第6節
◆中国電力-JR九州(20日、コーラ)
*中国(5)、

◆マツダ-福岡銀行(同)

◆コカ・コーラ-新日鉄八幡(21日、同)
*コーラ(15)、新日鉄4T3G(1)

<<関東大学対抗戦>>
■第6節
◆筑波大26(0-0)7早稲田大(14日、秩父宮)
*筑波4T3G3勝、早大2勝1敗、
◎早稲田FL7金正奎(3年、常翔啓光学園)=先発。
Kmr_0417_640x427_2
(写真提供:木村理さん)
「自分たちのミス。それしかない」

■第7節
◆日本体育大-青山学院大(20日、ニッパツ)
*日体3敗、青学3敗

◆帝京大-慶應大(21日、秩父宮)
*帝京3勝、慶應1勝1敗
◎帝京NO8李聖彰(3年、東京朝鮮)=
Dscf0699_640x480
◎帝京SO朴成基(2年、大阪朝鮮)=
◎帝京CTB権裕人(2年、大阪朝鮮)=
Dscf0726_640x480
「もっとボールをもらえるように練習でアピールしてレギュラー狙います」
*下・帝京(李と権)
Dscf0727_640x480_2

◆明治大-筑波大(ケーズスタ)
*明治3勝、
◎明治LO南宗成(2年、大阪朝高)=
◎明治LO朴鐘圭(3年、大阪朝高)=
◎明治LO梁哲盛(4年、大阪朝鮮高)=

立教4敗

<<関東大学リーグ戦>>
■第6節
◆東海大39(13-3)18法政大(14日、キヤノン)
*東海6T3G1P(12)、法政2T1G2P(10)
◎法大CTB金勇輝(2年、大阪朝鮮)=先発

◆中央大50(15-5)12関東学院大(秩父宮)
*中大7T6G1P(9)、関東2T1G(4)

■第7節
◆流通経済大-大東文化大(21日、ケーズスタ)
*流経(12)、大東(3)

◆拓殖大-日本大(キヤノン)
*拓殖(9)、日大(6)
◎日大PR高信貴=

<<関東大学リーグ戦3部>>
■第3節(10月14日)
◆朝鮮大12(7-21)29国際武道大(武道大)
*朝大(9)、武道大(12)

◆白鴎大24(7-10)17横浜国立大(同)
*白鴎(12)、横国(3)

◆東京農業大59(38-7)12城西大(東工大)
*農大(9)、城西(3)

◆防衛大15(5-6)12東京工業大大(同)
*防大(9)、東工(3)

<<関西大学Aリーグ>>
■第2節(10月14日)
◆天理大学31(12-8)8近畿大(花園)
*天理5T3G、近大1T1P

◆同志社大21(13-21)29関西学院大(同)
*同大3T2P、関学4T3G1P
◎関西HO2金寛泰(2年、大阪朝高)=先発
◎関西WTB11金尚浩(2年、大阪朝高)=先発
◎関西FB15高陽日(2年、大阪朝高)=先発

◆立命館大62(26-13)13京都産業大(花園2)
*立命9T7G1P、京産2T1P
◎京産SH21梁正秋(2年、大阪朝高)=リザーブ

◆大阪体育大20(7-0)14摂南大(同)
*大体大3T1G1P、摂南2T2G
◎体大HO2王鏡聞(3年、朝明高・韓国/養正中)=先発
◎体大CTB12王授榮(1年、朝明高)=先発
◎摂南PR17金哲弘(2年、大阪朝高)=リザーブ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラグビー韓国国体、韓電、尚武が決勝へ

 2012年・国体「第93回全国体育大会」が、10月11日、慶尚北道慶山市松花ラグビー場で開幕。国体は大邱市を中心に開催されています。
 
 15日は一般・大学準決勝2試合が行われ韓国電力が、2回戦で3連覇ポスコ建設を下した檀国大を59-7と圧倒し、また尚武(軍体育部隊)は高麗大を破り決勝へ進みました。
 両チームは2007、08年決勝で対戦しいずれも尚武が優勝をしています。韓電は07-10年と4年連続で決勝へ進みいずれも敗退。

 14日は、高校2回戦4試合が行われここ数年、2強時代を築いてきた大会3連覇を狙った富川北高(プチョン)、ソウル大付属高が敗れ、開催地の大邱商苑高や慶山高、順天工業などがベスト4(16日)へ。
*写真/一般・大学2回戦、ポスコの攻撃を必死に防ぐ檀国大。
Ldy_6878_640x426
(撮影・李東胤)

以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
「12韓国日程&結果」をダウンロード

<<第93回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(17日・水、14:35-)
◆韓国電力(江原道)-尚武(大邱市)

■準決勝(15日・月、13:00-)
◆韓国電力(江原道)59(28-0)7檀国大(忠清南道)
*韓電8T5G3P、檀国1T1G
*ポスコを撃破した檀国もここまで。前半、韓電は8分、SO呉潤衡(代表)のPGで先制、21分WTB14ユ・チョルギュ(代表)、23分WTB11金セウン、29分CTB12ユ・ミンヒョン、33分呉のTで25-0とし試合を早々に決めた。檀国は後半35分にFL6李ギハンがTを返しゼロ封を免れた。

◆尚武(大邱市)40-12高麗大(ソウル市)
*尚武7T1G1P、高麗2T1G
*前半は互角。3分、尚武がNO8のTで先制、13分にもNO8がTするなど12-0。高麗は29分にSOユ・ジェヒョクのT、Gで7点を返し12-7に。尚武CTB13PGで15-7(前半終了)。後半は尚武が開始58秒でWTB14金グァンミンのT、高麗に6分、1Tを返されたが、尚武は9分以降も4Tを重ね40-12としてノーサイドに。

■2回戦(13日・土)
◆A3ポスコ建設(慶尚北道)22(7-15)29檀国大(忠清南道)(11:45-)
*ポスコ3T2G1P、檀国4T3G1P
*檀国が試合終盤、鮮やかな逆転勝ち。前半から檀国ペース。1分CTB13李ジェソクがPGを決め先制(0-3)。6分には李がTを奪い0-8とした、3分後、WTB14チョ・テヨンのT、李G成功で0-15に。ポスコは14分、SO10洪俊基がT、Gを決め7-15と追いすがる。後半開始からポスコが攻める、9分洪のPG,12分LO4クォン・オヨンのT、G成功し17-15と逆転した。さらに16分FL6文祥容のTで22-15と差を広げた。しかし、21分檀国はSO10ソン・ヒョンソクのT、CTB李G成功で22-22と同点に。そして35分、WTBチョが2本目のTを決めG成功22-29、振り切った。

◆A4三星重工業(慶尚南道)13(3-29)53韓国電力(江原道)(15:15-)
*三星2T1P、韓電7T6G2P
Ldy_7166_640x426_2
(撮影・李東胤)
*韓電が圧倒した。前半9分SO10呉潤衡がPGで先制、13分FL金ジョンミン、18分SH9朴玩龍、33分SO呉などのTで24-0と試合を決めた。三星は後半、東芝から移籍した蔡宰榮がTを奪ったが遅かった。

◆B2尚武(大邱市)60(19-7)22慶熙大(京畿道)(10:00-)

◆B3仁川体育会(仁川市)3(3-35)50高麗大(ソウル市)(13:30-)
*仁川1P、高麗8T2G2P
*高麗が前半7分にPR1ソン・ミョンジュンのTで先制、18分、21分、26分、36分と前半だけで6Tし試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

<高校>
■決勝(17日・水、13:00-)

■準決勝(16日・火、13:00-)
◆A忠北高(忠清北道)-慶山高(慶尚北道)

◆B大邱商苑高(大邱市)-順天工業高(全羅南道)

■2回戦(14日・日)
◆A5釜山体育高(釜山市)12(5-14)31忠北高(忠清北道)(11:00-)
*釜山2T1G、忠北5T4G

◆A4富川北高(京畿道)29(22-22)30慶山高(慶尚北道)(14:10-)
*富川5T2G、慶山5T1G1P
*前半開始45秒、富川WTB11金ジンヒョクがTwo奪い先制、3分には富川WTB14チャン・ソミンもTし10-0とした。慶山は8分PR1のTで5点を返すと、富川は11分にT(15-5),慶山16分T(15-10)、富川21分がT、G(22-10)と差を広げた。慶山は25分にT,Gすると33分LO4チェ・ウンヒョックのTで22-22、同点に追いついた。後半は我慢比べ、28分に慶山がSOパン・ソンユンのPGで22-25、富川は33分CTB李チャンファンのTにGも決まり29-25と逆転。最後は36分、慶山がNO8朴ソンジェが決勝Tを奪い1点差で振り切った。

◆B3大邱商苑高(大邱市)45(21-0)8オソン高(忠清南道)(15:45-)
*大邱7T5G、オソン1T1P

◆B4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)5(5-10)18順天工業高(全羅南道)(12:35-)
*ソウル大1T、順天3T1P
*順天が前半6分、FL6李サンジュンのTで先制するとソウルも17分NO8のTで5-5に。23分順天SHホ・ジェジュンがTし5-10で前半を終えた。後半7分SO10金ジテクのPGで順天がリードする、11分順天FB朴ジュンヒョンのTが決まり5-18となり、以後、得点は動かずそのまま終了した。

■1回戦(12日・金)
◆A1仁川機械工業高(仁川市)24(5-15)39釜山体育高(釜山市)(11:35-)
*仁川4T2G、釜山6T3G1P

◆A2忠北高(忠清北道)21(14-7)15ミョンソク高(大田市)(10:00-)
*忠北3T3G、ミョンソク2T1G1P

◆A3慶山高(慶尚北道)26(19-3)8裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*慶山4T3G、裡里1T1P

◆B1オソン高(忠清南道)53(24-0)7鎮海高(慶尚南道)(16:20-)
*オソン高9T4G、鎮海高1T1G

◆B2順天工業高(全羅南道)59(34-0)0全南高(光州市)(13:10-)
*順天8T5G3P

<<参考、2011年第92回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(10月12日・水、14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)41(26-7)12慶熙大(京畿道)
*ポスコ6T4G1P、慶熙大2T1G
*前半でポスコが試合を決めた。4分LO5朴ヨンドン(元代表)の先制T、Gを21金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決めて7-0.慶熙は13分PR3金ヒチョルがTするとGはWTB14イム・ドンゴンが決めて7-7と追いついた。しかしポスコは3分後にSO10ユン・ヒス(代表)のT、金G成功で14-7へ。20分にもPR3金光植(キム・グァンシク、代表)のTに金G、31分WTBチョ・インス(代表)のTなどで26-7とした。
後半も9分CTB13ノ・ピョングァン(代表)のT,金Gも決まり33-7とし試合を決めた。慶熙は32分にWTB14イムのTで5点を返すのがやっとだった。

■準決勝(10日・月、13:00-)
◆三星重工業(慶尚南道)12(7-6)20慶熙大(京畿道)
*前半2分慶熙大がWTBイム・ドンゴンのPGで先制、イムは21分にもPGで0-6とした。三星は38分SH9ホン・ギナムのTとSO10イムジェボムのG成功で7-6で逆転し前半を終えた。後半に入っても7分、三星がFB15朴チャンミン(元代表)のTで12-6とリードを広げた。しかし14分にFL呉スンジョン(代表)がシンビンで退場となると1分後に慶熙がFL7李ゴンウがTを奪い、Gをイムが決め13-12と逆転した。慶熙がリードを保ちながら試合は進み35分、イム自身がTとGで20-12とし金星を獲た。

◆ポスコ建設(慶尚北道)36(26-13)27延世大(ソウル市)
*5T4G1P、延世3T3G1P
*先制は延世。1分SO10朴フンシクがPGを成功し0-3。ポスコは前半4分、PR1ヨ・ユジェ(代表)のTで逆転、GはCTB13金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決め7-3。しかし8分、延世がWTB11チェ・ニコラスのTにSOもGをきめ7-8と逆転した。ここからポスコのペーストなり11分NO8チョ・チョルヒョン(元代表)のTで12-10とこの試合計3度目の逆転。29分LO5朴ヨンドン(元代表)のT、金G成功し19-10へ。33分にもWTB14権スグァンのT、G金成功で26-10と差を広げた。延世は38分SO朴のPGで3点を返した。
 後半5分、ポスコはCTB12金鐘ス(代表、元豊田織機)のTなどで33-13。延世は26分HO2ナ・グァンヨン、36分LO5チャン・ソクファンのT(Gは朴成功)で33-27と迫った。しかしここまで。最後38分にポスコ金が確実にPGを決め終了した。

■2回戦(8日・土)
◆A1慶熙大(京畿道)73(51-0)5釜山大(釜山市)/11:00-
慶熙12T5G1D、釜山1T
*慶熙が前半4分、SHシン・ギチョルのTを皮切りに前半だけで9T3Gを奪い圧勝した。

◆A2三星重工業(慶尚南道)31(5-14)17韓国電力(江原道)/14:20-
*三星5T3G、韓電2T2G1P
*前半3分、先制は三星WTB14李ジンウクのTで5-0。13分に韓電はFB15金近ヒョン(元代表)がTを返し同点、コンバージョンをSO呉潤衡(オ・ユンヒョン、代表)が決め5-7と逆転した。韓電は24分にCTB13金成洙(キム・ソンス、代表)のT、呉G成功で5-14とリードを広げた。
 後半に入り、三星は3分、SO尹泰日(ユン・テイル、代表)がT、GをCTB12朴魯フン(パク・ノフン、代表)が決め14-12と逆転した。さらに13分朴のTをCTB13李圭ドク(代表)が成功し19-14とした。5分後、韓電は呉のPGで19-17と2点差に迫った。35分、三星はHO2黄ミンソ(ファン・ミンソ、代表)のT、最後40分にFB崔時原(チェ・シォン、代表)がTし試合を終えた。

◆B1仁川体育会(仁川市)9(9-29)50延世大(ソウル市)/16:00-
*仁川3P、延世8T5G
*延世が前半7分、WTB11呉ガンヨンのT、SO10朴フンシクのG成功で0-7と先制。13分に朴のTにGで0-14。仁川は19分SO10洪俊基(ホン・ジュンギ、代表)のPGで3-14に。しかし延世は前半にその後も3Tしたが、仁川は洪の2PGのみだった。後半は延世が確実に3T3Gを奪い準決勝へ。

◆B2ポスコ建設(慶尚北道)60(31-0)12檀国大(忠清南道)/12:40-
*ポスコ10T5G、檀国2T1G
*前半で試合が決まった。ポスコは開始50秒でWTB21金原用(キム・ウォンヨン、代表)がTを奪った。18分にHO2チョン・ヨンジェのTに金のG成功で12-0。21分FB15朴ウンシクのT、27分CTB12金鐘洙(キム・ジョンス、代表。前豊田織機)のTに金のG,さらに32分は金のTとGで31-0とした。後半、檀国は0-43の14分、FL6朴ヨンウクのTが生まれた。

■1回戦(6日・木)
◆A韓国電力(江原道)91(55-10)31圓光大(全羅北道)/13:40-
*韓電14T9G1D、圓光5T5G1P

◆B3延世大(ソウル市)78(32-0)10開明大(大邱市)/15:20-
*延世14T4G、開明2T

◆B4檀国大(忠清南道)85(33-10)18忠南大(大田市)/12:00-
*檀国13T10G、忠南3T1P

<高校>
■決勝(12日・水、13:00-)
◆富川北高(京畿道)26(19-0)24順天工業高(全羅南道)
*富川4T3G、順天4T2G
*富川が前半のリードを守り辛うじて逃げ切った。前半7分CTB12李ジョンファンのTで先制するとGはFB15韓サンホが決め7-0.15分にはSO10呉スンヒョンT、韓G成功で14-0.さらに25分WTB11文ヨングルがTを奪い19-0で前半を終えた。
後半も2分CTB李のTと韓Gで26-0へほぼ試合を決めたかに見えた。ここから順天が反撃開始。4分PR1ト・ヒョクソンがTしGはWTB14金ジタクが決め7点を返した。13分にはFL7文ソンイルのT、G金も成功し26-14へ。すると21分FL6李サンジュンがTで26-19と1T1Gへ迫った。そして29分、PR1トがTを決めたがG失敗、26-24でノーサイドとなった。

■準決勝(11日・火、13:00-)
◆富川北高(京畿道)24(7-10)24ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川4T2G、ソウル3T3G1P
*先制はソウル。前半2分、PGをFB15リュ・ジェヒョクが決め0-3.27分、ソウルはHO2金ウォンジュンのTとリュG成功で0-10とした。終了30分、富川はSH9ソ・ハンスルのTにFB15韓サンヒョンのGで3点差で前半を終えた。
 後半5分、富川がWTB14金ヨンフンのTで12-10と逆転した。11分ソウルは自慢のFWでペナルティーTを奪い12-17と再度、逆転。15分にもWTB14ソン・ヨンヒョンのT、リュGで12-24とした。しかし20分ソウルWTB11韓サンギョンがシンビンで退場となった1分後、富川がCTB12李ジョンハンのT、FB韓もGし17-24に。そして25分、FB韓がTするとGはNO8金スングが確実に決め24-24の同点とした。

◆順天工業高(全羅南道)18(13-14)14仁川機械工業高(仁川市)
*順天3T1P、仁川2T2G
*順天が鮮やかに逆転し全国大会初の決勝進出を果たした。前半7分、順天LO4金テヒョンのTで先制すると12分WTB14金ジタクのPGで8-0.仁川は16分にLO5李ガンゴンがT、GもSO10金スミンが決め8-7に。23分順天はNO8ソン・グァンジェが逆転Tを奪いGも決まり8-14とした。順天は26分、SH9ホ・ジェジュンがTし13-14で前半を終えた。
後半は一進一退。17分順天PR3金ヒョンホのTで18-14となり、そのままノーサイドに。

■2回戦(9日・日)
◆A1富川北高(京畿道)21(7-8)16慶山高(慶尚北道)/15:45-
*富川3T3G、慶山2T2P
*慶山が前半12分、SH9チュ・ウヒョンのTで先制(0-5)。20分富川がWTB11ムン・ヨングルのTで追いつきGもFB15ハン・サンフンが決め7-5と逆転した。しかし終了間際30分に慶山CTB13金ギペクのPGで7-8と再度、逆転した。
 後半2分、富川はWTBムンの2つ目のTで再逆転(G成功14-8)。8分にもCTB12李ジョンファンのT(G成功)21-8とした。慶山は22分LO5金サンジンのT、28分CT金のPGで5点差に迫ったが試合が終わった。

◆A2全南高(光州市)10(5-24)41ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)/13:15-
*全南2T、ソウル6T4G1P
*ソウルは13分WTBソン・ヨンヒョンのTを最初に18分まで3Tをあげた。全南は23分、後半30分にSH9李テスが2Tを返した。

◆B1順天工業高(全羅南道)52(38-7)7オソン高(忠清南道)/12:00-
*順天8T6G、オサン1T1G
*順天が前半1分WTB14金ジテクのTを皮切りに19分までに5Tを奪い試合を決めた。金は2T6Gの22得点。

◆B2・仁川機械工業高(仁川市)32(24-12)26釜山体育高(釜山市)/14:30-
*仁川4T3G2P、釜山4T3G
*@PGの差で仁川が勝った・前半は先制し一度、18分釜山に逆転されたが20分FL7ウン・チョンウンのTとSO10金スミンのG成功で14-12と再逆転した。前半終了間際にもWTB11朴スミンのT、SO金Gで24-12。後半も1分PR1金ギウンのTで29-12とするなどリードを守り勝利した。

■1回戦(7日・金)
◆A3慶山高(慶尚北道)48(24-0)3鎮海高(慶尚南道)/16:00-
*慶山8T4G、鎮海1P

◆A4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)32(15-5)17忠北高(忠清北道)/13:30-
*ソウル5T2G1P、忠北3T1G

◆B3順天工業高(全羅南道)34(24-5)12ミョンソク高(大田市)/11:00-
*順天5T3G1P、ミョンソク2T1G

◆B4裡里工業高(イリ・全羅北道)3(3-14)26オソン高(忠清南道)/12:15-
*イリ1P、オソン4T3G

◆B5大邱商苑高(大邱市)17(12-17)22釜山体育高(釜山市)
*大邱3T1G、釜山4T1G
 
<<2010年第91回大会>>
*会場:韓国南部の都市・鎮海公設運動場
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<大学・一般部>
■決勝(12日14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)32(18-3)10韓国電力(江原道)
*ポスコ4T3G2P、韓電1T1G1P
*先制は韓電。前半7分にCT13が決め0-3。ポスコの反撃は前半27分から。CT12がトライし5-3と逆転。33分にはFL7のトライとG(13)成功で12-3とした。
 さらに終了間際に2PGで18-3とリードを広げた。
 後半もポスコペース。1分SO10のトライ、G成功で25-3とほぼ試合を決めた。10分にも交替した21のトライ、CT13ゴールで32-3。最後の韓電の攻撃を12分、好調なWTB14トライ、ゴールに抑えて2連覇となった。
 国内大会も5連覇中だ。

■準決勝(10日)
◆A組
/韓国電力(江原道)50(24-0)26慶熙大(京畿道)(13:00-)
*韓国8T5G、慶熙4T3G

◆B組
/ポスコ建設(慶尚北道)59(40-0)10忠南大(大田市)(14:40-)
*ポスコ9T7G、忠南2T

■2回戦(8日)
◆A組①圓光大(全羅北道)3(0-63)94韓国電力(江原道)(12:40-)
*圓光1P、韓国電力16T7G
*韓国電力が前半だけで11Tをあげ圧倒した。韓国電力WTB14は3T5G。

◆A組②檀国大(忠清南道)19(7-17)29慶熙大(京畿道)(16:00-)
*檀国3T2G、慶熙5T2G

◆B組③ポスコ建設(慶尚北道)22(10-8)15尚武・韓国軍体育部隊(慶尚南道)(11:00-)
*ポスコ3T2G1P、尚武2T1G1P
*例年のように逆転ゲームを繰り広げる両者。前半8分、尚武NO8韓圭建(ハン・コンギュ)が先制トライを決め0-5.ポスコは16分、WTB14のトライとゴール成功で7-5と最初の逆転。すると20分、尚武がPGで7-8と2度目の逆転劇を見せた。前半の締めくくりはポスコCTB13が24分にPGを成功し10-8とした。
 後半に入っても逆転の連続。尚武が8分、FB15のトライ、SO10ゴールで10-15と4度目の逆転へ。ポスコは36分、NO8のトライで15-15に追いつく。
 最後はロスタイム42分にLO4のトライ、ゴール成功で22-15で終えた。

◆B組④忠南大(大田市)47(19-0)8仁川専門大(仁川市)(14:40-)
*忠南7T6G、1T1P

■1回戦(6日)
◆A①韓国電力22-22延世大(ソウル市)(12:00-)
*PG合戦。韓国5-4延世

◆A②慶熙大55(43-0)10開明大(大邱市)(15:20-)
*慶熙9T5G、開明2T

◆B③釜山大(釜山市)33(12-15)34仁川専門大(13:40-)
*釜山5T4G、仁川5T3G1P

<高校>
■決勝(12日13:00-)
◆富川北高(京畿道)20(15-14)19ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川3T1G1P、ソウル3T2G
*前半から富川が攻め8分、WT14のトライで先制(5-0)。さらに14分WT11のPG成功。18分にはWT14の2つ目のトライ、11G 成功で15-0とした。
 ソウル大は、ここから攻め24分、NO8トライしGも決め15-7とした。さらに終了間際CT12のトライ、G成功で15-14と1点差に迫った。
 後半も先に富川が25分にFB15のトライで20-14とし、ロスタイム31分ソウルはPR1がトライを決め20-19としたが、G不成功で試合を終えた。

■準決勝(11日)
◆A組/ソウル大学校師範大(学部)付属高31(14-5)17順天工業高(全羅南道)(13:00-)
*ソウル4T4G1P、順天3T1G

◆B組/東亜マイスター高(大田市)14(0-19)33富川北高(京畿道)(14:15-)
*東亜2T2G、富川北5T2G

■2回戦(9日)
◆A組①仁川工業高(仁川市)14(14-10)17ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:00-)
*仁川2T2G、ソウル3T1G

◆A組②忠北高(忠清北道)10(7-12)24順天工業高(14:30-)
*忠北1T1G1P、順天4T2G

◆B組③釜山体育高(釜山市)19(12-14)29東亜マイスター高(13:45-)
*釜山3T2G、東亜4T3G1P

◆B組④鎮海高(慶尚南道)19(0-35)40富川北高(15:45-)
*鎮海3T2G、富川北6T5G

■1回戦(7日)
◆A組①仁川工業高12(12-10)10オソン高(忠清南道)(11:00-)
*仁川2T1G、オソン1T1G1P

◆A組②慶山高(慶尚北道)17(0-24)36ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:15-)
*慶山3T1G、ソウル大6T3G

◆A組③順天工業高31(10-15)15裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*順天5T3G、裡里2T1G1P

◆B組④東亜マイスター高45(21-7)12全南高(光州市)(13:30-)
*東亜7T5G、全南2T1G

◆B組⑤大邱商苑高(大邱市)3(3-15)34富川北高(16:00-)
*大邱1P、富川北5T3G1P

<<2009年第90回大会>>
<一般・大学>
■決勝(26日14:15-)
◆ポスコ鋼板(慶尚北道)27(10-3)6韓国電力(江原道)
*ポスコ3T3G2P、韓電2P
*前半はまったりとしたペースで進む。どちらもゴール前22m手前まで攻めるが、ノッコンなどのミスを連発。
6分、韓国電力がゴール前でPGを得てキックが好調のWTB14呉ユンヒョン(前代表SO)が決め0-3。ポスコはようやく35分、ボールをつなぎ最後はHO2金ジョンオクがポスト左へTを決めた。
GもSOユン・フィス(代表)が成功し7-3と逆転。インジュアリータイム42分にユンがPGを決め10-3で前半終了。
後半最初の得点は韓国電力、10分WTB呉のPG成功で10-6と会場を沸かした。しかし19分にポスコがPG成功で突き放すと(13-3)、そのリスタートのボールをポスコがFW陣で回し、最後は右外にいた快速WTB金亨基(キム・ヒョンギ。7人制代表)へ。キムが40m独走のTを決めG成功で20-6と試合を決定づけた。
さらに終了間際PR3金光植(キム・グァンシク。代表)のTも出て27-6と初優勝を勝ち取った。

■準決勝(24日)
◆A組(13:00-)
◎韓国電力(江原道)28(14-7)7檀国大(忠清南道)
*韓電3T2G3P、檀国1T1G
*韓電が16分、WTB14呉ユンヒョンのTとGで7-0と先制した。
すると檀国は20分にSH朴ソングァンがゴール前の反則を素早くスタートしトライを返し7-7の同点に。しかし、韓電の地力が上回り30分、SCから前サントリーNO8李光紋(イ・グァンモン。代表)からLO5朴ソンギュ(代表)にパスが渡り、そのままTで14-7とした。
後半は韓電が確実に攻めて檀国の反則を誘うと呉がPG3本を成功、27分には左ライン際からSO全鐘満(チョン・ジョンマン。代表)がキックでボールを転がしインゴールでFL6金ジョンマンが抑え28-7で試合を終えた。
◆B組(14:40-)
◎ポスコ鋼板(慶尚北道)23(10-11)18尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)
*ポスコ3T1G2P,尚武2T1G2P
写真・青=ポスコ、黒=尚武
*今年6月、大統領旗大会では同点のままゴールキック合戦となった対戦。
前半7分、ポスコがゴール前SCを得ると、PR3金光植(キム・グァンシク。代表)があっさりTで先制(7-0)した。
すると尚武は13分に右ラックから左へオープン攻撃をしかけWTB11崔時ウォン(代表)がT(7-5)に。
ポスコが18分、SOユン・フィスがPGを成功し10-5と点差を広げた。
尚武は35,41分にSO洪俊基(ホン・チュンギ、代表)のPGで10-11と逆転し前半を終えた。
しかし後半、尚武LO5がシンビン中にポスコが粘り13分、PGで13-11で再逆転。さらに17分、LO5がTし18-13に。尚武は20分すぎポスコNO8がシンビンで出ると攻撃をしかけ24分、中央付近からボールを回しFL6、NO8韓建圭(ハン・コンギュ、代表)とつないでT、G成功し18-18に追いついた。
このまま一進一退が続いたが31分、ポスコは左ラインアウトで出たボールをPR1イム・ジュンフィがTし23-18に。39分、尚武が最後の攻めでポスコ・ゴール前、ポスコボールSCをポスコがハンドリングミスし尚武SO洪がターンオーバー、交代で入った19ペ・チャンファンがノッコンし最後となった。

■2回戦(22日)
◆A組
◎大心通商(忠清北道)17(10-34)58韓国電力(江原道)(11:00-)
*大心2T2G1P、韓電10T4G
◎啓明大(大邱市)12(7-38)72檀国大(忠清南道)(14:20-)
*啓明2T1G,檀国大12T4G

◆B組
◎延世大(ソウル市)12(0-14)32ポスコ鋼板(慶尚北道)(12:40-)
*延世2T1G,ポスコ5T2G1P
◎尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)38(31-17)17三星重工業(慶尚南道)(16:00-)
*尚武5T5G1P,三星2T2G1P

■1回戦(20日)
◆A組
①韓国電力(江原道)103(53-5)5釜山大(釜山市)(11:00-)
*韓電17T9G、釜1T。
②檀国大(忠清南道)59(21-7)10仁川専門大(仁川市)(14:20-)
*檀国9T7G、仁川1T1G1P。

◆B組
③ポスコ鋼板(慶尚北道)86(54-0)22圓光大(全羅北道)(12:40-)
*ポスコ16T3G、圓光4T1G
④三星重工業(慶尚南道)28(15-3)17慶熙大(京畿道)(16:00-)
*三星4T1G2P、慶熙2T2G1P

<高校部>
■決勝(26日13:00-)
◆忠北高(忠清北道)38(14-12)19慶山高(慶尚北道)
*忠北6T4G、慶山3T2G
*09春季リーグ優勝の忠北(チュンブック)と大統領旗大会V慶山(キョンサン)の好調同士の決勝戦となった。特に慶山は全国大会2年連続準優勝のため優勝が欲しい試合。
前半からFWの忠北、BK慶山という特色ある展開で会場が沸いた。先制は忠北、9分、ゴール右で得た反則からSHが自分でボールを持ち出しT、GもFB15呉グァンヨン(3年、延世大へ進学)が決め7-0。15分にも忠北が右ラインアウトを得て得意のモールで押し込みFL6がT、G成功で14-0とした。
ここから慶山が反撃、18分手敵陣10m付近からCTB12が左際を抜けるとラックを作り右へ展開しWTB11がT、14-5に。さらに22分、WTB14が抜けラックをゴール前で作りFL7がポスト左へT、G成功で14-12として前半を終えた。
後半は忠北ペースで始まった。7分、やはりLO→モールを押すとSHからNO8へ。そのままイン・ゴールへ。19-12とした。11分にはSHが2本目のTを決めG成功で26-12と試合を決めた。慶山は終了間際の29分、敵陣ゴール前にキックしたボールを忠北の処理ミスからターンオーバーしCTB13がT,SO10G成功で38-19とするのがやっとだった。

■準決勝(25日)
◆A組(13:00-)
◎忠北高(忠清北道)34(15-10)22ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*忠北5T3G1D、ソウル4T1G
◆B組(14:15-)
◎慶山高(慶尚北道)55(36-0)5城南西高(京畿道)
*慶山8T6G1P、城南西1T

■2回戦(23日)
◆A組
◎大邱商苑高(テグ市)5(0-19)29ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)(12:00-)
*大邱1T、ソウル大5T2G
◎全南高(光州市)0(0-27)41忠北高(忠清北道)(14:30-)
*忠北6T4G1D

◆B組
◎慶山高(慶尚北道)52(26-0)0順天工業高(全羅南道)(13:45-)
*慶山8T6G,
◎城南西高(京畿道)22(5-10)20東亜工業高(大田市)(15:45-)
*城南西4T1G、東亜3T1G1P

■1回戦(21日)
◆A組
①大邱商苑高(テグ市)24(14-0)19釜山南高(釜山市)(11:00-)
*テグ4T2G、釜山3T2G
②ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)60(47-3)6鎮海高(慶尚南道)(12:15-)
*ソウル大9T6G1P、鎮海2P
③忠北高(忠清北道)52(24-5)5裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*忠北8T6G、イリ1T

◆B組
④慶山高(慶尚北道)27(10-5)15仁川工業高(仁川市)(13:30-)
*慶山3T3G2P、仁川3T
⑤城南西高(京畿道)20(20-3)10オソン高(忠清南道)(16:00-)
*城南西3T1G1P、オソン1T1G1P

<<2008年第89回大会>>
<大学・社会人。全13チーム>
■決勝(10月16日14:45-)
◆尚武:韓国軍体育部隊(サンム。全羅南道。07年1位)
33(19-0)5
韓国電力(ハンジョン。江原道)
*尚武5T4G、韓電1T
◎得点経過
(前半)
1:2分、尚武WTB14/ノ・ピョングァンがトライ。
2:5分、尚武FL7/李ジェウォンがトライ。G成功、SO/オ・ユンヒョン。
3:31分、尚武CTB12/金ウァンヨンがトライ。G成功。
(後半)
1:5分、尚武PR3/ホ・ウンがトライ。WTB11/チョ・インスをフォローしパスを受ける。G成功。
2:9分、韓電LO4/金桐鮮が右隅にトライ。
3:12分、尚武WTB11がトライ。SO10のキックパスにFB22/チェ・ジェヨンが反応し拾い11はパス。G成功。

■準決勝(15日)
◆韓国電力23(15-6)18三星重工業(サムソン。慶尚南道。今季2冠)(13:30-)
*韓電3T1G1P1D、三星2T1G2P

◆尚武11(6-3)9浦項鋼板(ポスコ。慶尚北道。06&07年2位)(15:10-)
*尚武1T2P、浦項3P

■準々決勝(14日)
◆A組:三星重工業66(25-14)14大心通商(テシム。忠清北道)(11:00-)
*三星10T5G1P1D、大心2T2G

◆B組:韓国電力76(40-0)5圓光大(ウォングァン。全羅北道。大学2部)(14:20-)
*韓電12T8G、ウォン1T

◆C組:浦項鋼板41(29-5)22延世大(ヨンセ。ソウル市。今季2冠)(12:40-)
*浦項6T4G1P、延世3T2G1P

◆D組:尚武55(34-0)14檀国大(ダンクック。忠清南道)(16:00-)
*尚武8T6G1P、檀国2T2G

■1回戦(12日)
◆A組①大心通商77(36-8)釜山大(釜山市。大学2部)(10:00-)
*テシム14T7G、釜山1T1P

◆A組②慶煕大(キョンヒ。京畿道)0(0-14)47(11:40-)
*三星7T3G2P

◆B組①仁川専門大(インチョンチョンモン。仁川市。大学2部)5(5-50)65韓国電力(15:00-)
*仁川1T、韓国電10T5G1D

◆C組①忠南大(チュンナム。大田。大学3部以下)8(5-45)69延世大(13:20-)
*チュンナム1T1P、延世11T7G

◆D組①啓明大(ケミョン。大邱。大学3部以下)5(0-15)35檀国大(16:40-)
*ケミョン1T、檀国6T1G1P

<高校。13チーム>
■決勝(16日13:00-)
◆富川北高(プチョンブック。京畿道。今季2冠)
14(7-3)8慶山高(キョンサン。慶尚北道)
*富川北2T2G、慶山1T1P
*得点経過
(前半)
前半から慶山が富川陣内でキックで陣地を獲得し有利に試合を進めるがノッコンなどハンドリングミスがあり得点できない。富川も今大会は低いタックルでDFを頑張る。
1:21分、富川CTB13/金ヨンイクが慶山のパスをインターセプトし先制トライ!。
2:26分、慶山はFBがPG成功し4点差へ。
(後半)
立ち上がりから慶山の攻撃。
1:3分、慶山のPG不成功のボールを富川が自陣から回し右ラインをCTB12/金ゴンヒが走り中央にトライ。G成功。
2:18分、慶山がLOからこぼれたボールをNO8が拾いトライ。その後も攻め続けたが反則で自滅。

■準決勝(15日)
◆富川北高14(7-0)12ソウル大師範付属高(サデ。ソウル市。07年1位)(11:00-)
*富川2T2G、ソウル2T1G

◆慶山高57(33-0)3裡里工業高(イリ。全羅北道)(12:15-)
*慶山9T6G、イリ1P

■準々決勝(13日)
◆A組:忠北高(チュンブック。忠清北道)19(5-6)25富川北高(12:00-)
*忠北3T2G、富川北3T2G2P

◆B組:ソウル大師範付属高68(36-0)0鎮海高(チンヘ。慶尚南道)(14:30-)
*ソウル12T4G

◆C組:慶山高41(31-10)17東亜工業高(トンア。大田市)(13:15-)
*慶山6T4G1P、東亜2T2G1P

◆D組:裡里工業高15(3-5)8順天工業高(スンチョン。全羅南道)(15:45-)
*イリ2T1G1P、順天1T1G

■1回戦(11日)

◆A組①忠北高41(15-5)5仁川機械工業高(インチョンキフェ。仁川市)(11:00-)
*忠7T3G、仁1T

◆A組②富川北高54(25-5)10大邱商苑高(テグサンウォン)(12:00-)
*富10T2G、大2T

◆B組①釜山南高(釜山市)0(0-55)74ソウル大師範付属高(14:45-)
*ソ12T7G

◆C組①慶山高70(41-5)5オソン高(忠清南道)(13:30-)
*慶10T4G4D、オ1T

◆D組①裡里工業高42(21-0)5全南高(チョンナム・光州市)(16:00-)
*イリ6T6G、全1T

<<2007年以前>>
<一般・大学>
■07年
◆決勝 尚武(光州市)39(17-10)10韓国電力(江原道)
◆準決勝 尚武72(52-3)16忠南大(チュンナム。大田市)、韓国電力24(3-7)22浦項鋼板(ポハン。慶尚北道)

■06年
◆決勝 高麗36(12-16)26ポハン
◆準決勝 慶煕大13(5-21)41高麗大、釜山大25(10-43)64ポハン

■05年
◆決勝 三星28-23ポハン。三星が10連覇達成。
◆準決勝 三星66-31慶煕大、ポハン32-25高麗大

■04年 
◆決勝 三星29-18尚武
◆準決勝 三星26-19ポハン、尚武24-20檀国大
    
■03年
◆決勝 三星49-3韓国電力
◆準決勝 三星34-8檀国大、韓国電力19-13尚武

<高校>
■2007年
◆決勝 ソウル大師範大付属高(ソウル市)32(24-5)20慶山高(キョンサン。慶尚北道)
◆準決勝 ソウル大付属高31(21-17)24忠北高(チュンブック。忠清北道)、慶山高47(22-5)5裡里工業高(イリ。全羅北道)

■06年
◆決勝 養正27(10-5)10慶山
◆準決勝 テグ商苑13(8-14)26養正、仁川機械19(0-17)29慶山

■05年
◆決勝 白新31-20養正
◆準決勝 白新22-10テグ商苑、養正39-8東亜工業

■04年決勝 テグ商苑20-15富川北
■03年決勝 テグ商苑11-3富川北

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2012

韓国国体、3連覇中のポスコが敗退

 2012年・国体「第93回全国体育大会」が、10月11日、慶尚北道慶山市松花ラグビー場で開幕。国体は大邱市を中心に開催されています。
 13日は一般・大学の1回戦4試合が行われ3連覇中のポスコ建設が伏兵、大学3,4位の檀国大に22-29でまさかの敗北。他に尚武(韓国軍体育部隊)、高麗大、韓国電力が15日の準決勝へ進みました。
*ポスコの攻撃を必死に防ぐ檀国大。
Ldy_6878_640x426
(撮影・李東胤)

 12日は、高校1回戦5試合が行われ忠北高、順天工業高らが順当に2回戦へ。
 注目は、高校は富川北高(「プチョンプック)が3連覇に挑戦します。 以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
「12韓国日程&結果」をダウンロード

<<第93回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(17日・水、14:35-)


■準決勝(15日・月、13:00-)
◆韓国電力(江原道)-檀国大(忠清南道)

◆尚武(大邱市)-高麗大(ソウル市)

■2回戦(13日・土)
◆A3ポスコ建設(慶尚北道)22(7-15)29檀国大(忠清南道)(11:45-)
*ポスコ3T2G1P、檀国4T3G1P
*檀国が試合終盤、鮮やかな逆転勝ち。前半から檀国ペース。1分CTB13李ジェソクがPGを決め先制(0-3)。6分には李がTを奪い0-8とした、3分後、WTB14チョ・テヨンのT、李G成功で0-15に。ポスコは14分、SO10洪俊基がT、Gを決め7-15と追いすがる。後半開始からポスコが攻める、9分洪のPG,12分LO4クォン・オヨンのT、G成功し17-15と逆転した。さらに16分FL6文祥容のTで22-15と差を広げた。しかし、21分檀国はSO10ソン・ヒョンソクのT、CTB李G成功で22-22と同点に。そして35分、WTBチョが2本目のTを決めG成功22-29、振り切った。

◆A4三星重工業(慶尚南道)13(3-29)53韓国電力(江原道)(15:15-)
*三星2T1P、韓電7T6G2P
Ldy_7166_640x426_2
(撮影・李東胤)
*韓電が圧倒した。前半9分SO10呉潤衡がPGで先制、13分FL金ジョンミン、18分SH9朴玩龍、33分SO呉などのTで24-0と試合を決めた。三星は後半、東芝から移籍した蔡宰榮がTを奪ったが遅かった。

◆B2尚武(大邱市)60(19-7)22慶熙大(京畿道)(10:00-)

◆B3仁川体育会(仁川市)3(3-35)50高麗大(ソウル市)(13:30-)
*仁川1P、高麗8T2G2P
*高麗が前半7分にPR1ソン・ミョンジュンのTで先制、18分、21分、26分、36分と前半だけで6Tし試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

<高校>
■決勝(17日・水、13:00-)

■準決勝(16日・火、13:00-)
◆A

◆B

■2回戦(14日・日)
◆A5釜山体育高(釜山市)-忠北高(忠清北道)(11:00-)

◆A4富川北高(京畿道)-慶山高(慶尚北道)(」14:10-)

◆B3大邱商苑高(大邱市)-1回戦B1勝者(15:45-)

◆B4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)-順天工業高(全羅南道)(12:35-)

■1回戦(12日・金)
◆A1仁川機械工業高(仁川市)24(5-15)39釜山体育高(釜山市)(11:35-)
*仁川4T2G、釜山6T3G1P

◆A2忠北高(忠清北道)21(14-7)15ミョンソク高(大田市)(10:00-)
*忠北3T3G、ミョンソク2T1G1P

◆A3慶山高(慶尚北道)26(19-3)8裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*慶山4T3G、裡里1T1P

◆B1オソン高(忠清南道)53(24-0)7鎮海高(慶尚南道)(16:20-)
*オソン高9T4G、鎮海高1T1G

◆B2順天工業高(全羅南道)59(34-0)0全南高(光州市)(13:10-)
*順天8T5G3P

<<参考、2011年第92回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(10月12日・水、14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)41(26-7)12慶熙大(京畿道)
*ポスコ6T4G1P、慶熙大2T1G
*前半でポスコが試合を決めた。4分LO5朴ヨンドン(元代表)の先制T、Gを21金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決めて7-0.慶熙は13分PR3金ヒチョルがTするとGはWTB14イム・ドンゴンが決めて7-7と追いついた。しかしポスコは3分後にSO10ユン・ヒス(代表)のT、金G成功で14-7へ。20分にもPR3金光植(キム・グァンシク、代表)のTに金G、31分WTBチョ・インス(代表)のTなどで26-7とした。
後半も9分CTB13ノ・ピョングァン(代表)のT,金Gも決まり33-7とし試合を決めた。慶熙は32分にWTB14イムのTで5点を返すのがやっとだった。

■準決勝(10日・月、13:00-)
◆三星重工業(慶尚南道)12(7-6)20慶熙大(京畿道)
*前半2分慶熙大がWTBイム・ドンゴンのPGで先制、イムは21分にもPGで0-6とした。三星は38分SH9ホン・ギナムのTとSO10イムジェボムのG成功で7-6で逆転し前半を終えた。後半に入っても7分、三星がFB15朴チャンミン(元代表)のTで12-6とリードを広げた。しかし14分にFL呉スンジョン(代表)がシンビンで退場となると1分後に慶熙がFL7李ゴンウがTを奪い、Gをイムが決め13-12と逆転した。慶熙がリードを保ちながら試合は進み35分、イム自身がTとGで20-12とし金星を獲た。

◆ポスコ建設(慶尚北道)36(26-13)27延世大(ソウル市)
*5T4G1P、延世3T3G1P
*先制は延世。1分SO10朴フンシクがPGを成功し0-3。ポスコは前半4分、PR1ヨ・ユジェ(代表)のTで逆転、GはCTB13金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決め7-3。しかし8分、延世がWTB11チェ・ニコラスのTにSOもGをきめ7-8と逆転した。ここからポスコのペーストなり11分NO8チョ・チョルヒョン(元代表)のTで12-10とこの試合計3度目の逆転。29分LO5朴ヨンドン(元代表)のT、金G成功し19-10へ。33分にもWTB14権スグァンのT、G金成功で26-10と差を広げた。延世は38分SO朴のPGで3点を返した。
 後半5分、ポスコはCTB12金鐘ス(代表、元豊田織機)のTなどで33-13。延世は26分HO2ナ・グァンヨン、36分LO5チャン・ソクファンのT(Gは朴成功)で33-27と迫った。しかしここまで。最後38分にポスコ金が確実にPGを決め終了した。

■2回戦(8日・土)
◆A1慶熙大(京畿道)73(51-0)5釜山大(釜山市)/11:00-
慶熙12T5G1D、釜山1T
*慶熙が前半4分、SHシン・ギチョルのTを皮切りに前半だけで9T3Gを奪い圧勝した。

◆A2三星重工業(慶尚南道)31(5-14)17韓国電力(江原道)/14:20-
*三星5T3G、韓電2T2G1P
*前半3分、先制は三星WTB14李ジンウクのTで5-0。13分に韓電はFB15金近ヒョン(元代表)がTを返し同点、コンバージョンをSO呉潤衡(オ・ユンヒョン、代表)が決め5-7と逆転した。韓電は24分にCTB13金成洙(キム・ソンス、代表)のT、呉G成功で5-14とリードを広げた。
 後半に入り、三星は3分、SO尹泰日(ユン・テイル、代表)がT、GをCTB12朴魯フン(パク・ノフン、代表)が決め14-12と逆転した。さらに13分朴のTをCTB13李圭ドク(代表)が成功し19-14とした。5分後、韓電は呉のPGで19-17と2点差に迫った。35分、三星はHO2黄ミンソ(ファン・ミンソ、代表)のT、最後40分にFB崔時原(チェ・シォン、代表)がTし試合を終えた。

◆B1仁川体育会(仁川市)9(9-29)50延世大(ソウル市)/16:00-
*仁川3P、延世8T5G
*延世が前半7分、WTB11呉ガンヨンのT、SO10朴フンシクのG成功で0-7と先制。13分に朴のTにGで0-14。仁川は19分SO10洪俊基(ホン・ジュンギ、代表)のPGで3-14に。しかし延世は前半にその後も3Tしたが、仁川は洪の2PGのみだった。後半は延世が確実に3T3Gを奪い準決勝へ。

◆B2ポスコ建設(慶尚北道)60(31-0)12檀国大(忠清南道)/12:40-
*ポスコ10T5G、檀国2T1G
*前半で試合が決まった。ポスコは開始50秒でWTB21金原用(キム・ウォンヨン、代表)がTを奪った。18分にHO2チョン・ヨンジェのTに金のG成功で12-0。21分FB15朴ウンシクのT、27分CTB12金鐘洙(キム・ジョンス、代表。前豊田織機)のTに金のG,さらに32分は金のTとGで31-0とした。後半、檀国は0-43の14分、FL6朴ヨンウクのTが生まれた。

■1回戦(6日・木)
◆A韓国電力(江原道)91(55-10)31圓光大(全羅北道)/13:40-
*韓電14T9G1D、圓光5T5G1P

◆B3延世大(ソウル市)78(32-0)10開明大(大邱市)/15:20-
*延世14T4G、開明2T

◆B4檀国大(忠清南道)85(33-10)18忠南大(大田市)/12:00-
*檀国13T10G、忠南3T1P

<高校>
■決勝(12日・水、13:00-)
◆富川北高(京畿道)26(19-0)24順天工業高(全羅南道)
*富川4T3G、順天4T2G
*富川が前半のリードを守り辛うじて逃げ切った。前半7分CTB12李ジョンファンのTで先制するとGはFB15韓サンホが決め7-0.15分にはSO10呉スンヒョンT、韓G成功で14-0.さらに25分WTB11文ヨングルがTを奪い19-0で前半を終えた。
後半も2分CTB李のTと韓Gで26-0へほぼ試合を決めたかに見えた。ここから順天が反撃開始。4分PR1ト・ヒョクソンがTしGはWTB14金ジタクが決め7点を返した。13分にはFL7文ソンイルのT、G金も成功し26-14へ。すると21分FL6李サンジュンがTで26-19と1T1Gへ迫った。そして29分、PR1トがTを決めたがG失敗、26-24でノーサイドとなった。

■準決勝(11日・火、13:00-)
◆富川北高(京畿道)24(7-10)24ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川4T2G、ソウル3T3G1P
*先制はソウル。前半2分、PGをFB15リュ・ジェヒョクが決め0-3.27分、ソウルはHO2金ウォンジュンのTとリュG成功で0-10とした。終了30分、富川はSH9ソ・ハンスルのTにFB15韓サンヒョンのGで3点差で前半を終えた。
 後半5分、富川がWTB14金ヨンフンのTで12-10と逆転した。11分ソウルは自慢のFWでペナルティーTを奪い12-17と再度、逆転。15分にもWTB14ソン・ヨンヒョンのT、リュGで12-24とした。しかし20分ソウルWTB11韓サンギョンがシンビンで退場となった1分後、富川がCTB12李ジョンハンのT、FB韓もGし17-24に。そして25分、FB韓がTするとGはNO8金スングが確実に決め24-24の同点とした。

◆順天工業高(全羅南道)18(13-14)14仁川機械工業高(仁川市)
*順天3T1P、仁川2T2G
*順天が鮮やかに逆転し全国大会初の決勝進出を果たした。前半7分、順天LO4金テヒョンのTで先制すると12分WTB14金ジタクのPGで8-0.仁川は16分にLO5李ガンゴンがT、GもSO10金スミンが決め8-7に。23分順天はNO8ソン・グァンジェが逆転Tを奪いGも決まり8-14とした。順天は26分、SH9ホ・ジェジュンがTし13-14で前半を終えた。
後半は一進一退。17分順天PR3金ヒョンホのTで18-14となり、そのままノーサイドに。

■2回戦(9日・日)
◆A1富川北高(京畿道)21(7-8)16慶山高(慶尚北道)/15:45-
*富川3T3G、慶山2T2P
*慶山が前半12分、SH9チュ・ウヒョンのTで先制(0-5)。20分富川がWTB11ムン・ヨングルのTで追いつきGもFB15ハン・サンフンが決め7-5と逆転した。しかし終了間際30分に慶山CTB13金ギペクのPGで7-8と再度、逆転した。
 後半2分、富川はWTBムンの2つ目のTで再逆転(G成功14-8)。8分にもCTB12李ジョンファンのT(G成功)21-8とした。慶山は22分LO5金サンジンのT、28分CT金のPGで5点差に迫ったが試合が終わった。

◆A2全南高(光州市)10(5-24)41ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)/13:15-
*全南2T、ソウル6T4G1P
*ソウルは13分WTBソン・ヨンヒョンのTを最初に18分まで3Tをあげた。全南は23分、後半30分にSH9李テスが2Tを返した。

◆B1順天工業高(全羅南道)52(38-7)7オソン高(忠清南道)/12:00-
*順天8T6G、オサン1T1G
*順天が前半1分WTB14金ジテクのTを皮切りに19分までに5Tを奪い試合を決めた。金は2T6Gの22得点。

◆B2・仁川機械工業高(仁川市)32(24-12)26釜山体育高(釜山市)/14:30-
*仁川4T3G2P、釜山4T3G
*@PGの差で仁川が勝った・前半は先制し一度、18分釜山に逆転されたが20分FL7ウン・チョンウンのTとSO10金スミンのG成功で14-12と再逆転した。前半終了間際にもWTB11朴スミンのT、SO金Gで24-12。後半も1分PR1金ギウンのTで29-12とするなどリードを守り勝利した。

■1回戦(7日・金)
◆A3慶山高(慶尚北道)48(24-0)3鎮海高(慶尚南道)/16:00-
*慶山8T4G、鎮海1P

◆A4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)32(15-5)17忠北高(忠清北道)/13:30-
*ソウル5T2G1P、忠北3T1G

◆B3順天工業高(全羅南道)34(24-5)12ミョンソク高(大田市)/11:00-
*順天5T3G1P、ミョンソク2T1G

◆B4裡里工業高(イリ・全羅北道)3(3-14)26オソン高(忠清南道)/12:15-
*イリ1P、オソン4T3G

◆B5大邱商苑高(大邱市)17(12-17)22釜山体育高(釜山市)
*大邱3T1G、釜山4T1G
 
<<2010年第91回大会>>
*会場:韓国南部の都市・鎮海公設運動場
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<大学・一般部>
■決勝(12日14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)32(18-3)10韓国電力(江原道)
*ポスコ4T3G2P、韓電1T1G1P
*先制は韓電。前半7分にCT13が決め0-3。ポスコの反撃は前半27分から。CT12がトライし5-3と逆転。33分にはFL7のトライとG(13)成功で12-3とした。
 さらに終了間際に2PGで18-3とリードを広げた。
 後半もポスコペース。1分SO10のトライ、G成功で25-3とほぼ試合を決めた。10分にも交替した21のトライ、CT13ゴールで32-3。最後の韓電の攻撃を12分、好調なWTB14トライ、ゴールに抑えて2連覇となった。
 国内大会も5連覇中だ。

■準決勝(10日)
◆A組
/韓国電力(江原道)50(24-0)26慶熙大(京畿道)(13:00-)
*韓国8T5G、慶熙4T3G

◆B組
/ポスコ建設(慶尚北道)59(40-0)10忠南大(大田市)(14:40-)
*ポスコ9T7G、忠南2T

■2回戦(8日)
◆A組①圓光大(全羅北道)3(0-63)94韓国電力(江原道)(12:40-)
*圓光1P、韓国電力16T7G
*韓国電力が前半だけで11Tをあげ圧倒した。韓国電力WTB14は3T5G。

◆A組②檀国大(忠清南道)19(7-17)29慶熙大(京畿道)(16:00-)
*檀国3T2G、慶熙5T2G

◆B組③ポスコ建設(慶尚北道)22(10-8)15尚武・韓国軍体育部隊(慶尚南道)(11:00-)
*ポスコ3T2G1P、尚武2T1G1P
*例年のように逆転ゲームを繰り広げる両者。前半8分、尚武NO8韓圭建(ハン・コンギュ)が先制トライを決め0-5.ポスコは16分、WTB14のトライとゴール成功で7-5と最初の逆転。すると20分、尚武がPGで7-8と2度目の逆転劇を見せた。前半の締めくくりはポスコCTB13が24分にPGを成功し10-8とした。
 後半に入っても逆転の連続。尚武が8分、FB15のトライ、SO10ゴールで10-15と4度目の逆転へ。ポスコは36分、NO8のトライで15-15に追いつく。
 最後はロスタイム42分にLO4のトライ、ゴール成功で22-15で終えた。

◆B組④忠南大(大田市)47(19-0)8仁川専門大(仁川市)(14:40-)
*忠南7T6G、1T1P

■1回戦(6日)
◆A①韓国電力22-22延世大(ソウル市)(12:00-)
*PG合戦。韓国5-4延世

◆A②慶熙大55(43-0)10開明大(大邱市)(15:20-)
*慶熙9T5G、開明2T

◆B③釜山大(釜山市)33(12-15)34仁川専門大(13:40-)
*釜山5T4G、仁川5T3G1P

<高校>
■決勝(12日13:00-)
◆富川北高(京畿道)20(15-14)19ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川3T1G1P、ソウル3T2G
*前半から富川が攻め8分、WT14のトライで先制(5-0)。さらに14分WT11のPG成功。18分にはWT14の2つ目のトライ、11G 成功で15-0とした。
 ソウル大は、ここから攻め24分、NO8トライしGも決め15-7とした。さらに終了間際CT12のトライ、G成功で15-14と1点差に迫った。
 後半も先に富川が25分にFB15のトライで20-14とし、ロスタイム31分ソウルはPR1がトライを決め20-19としたが、G不成功で試合を終えた。

■準決勝(11日)
◆A組/ソウル大学校師範大(学部)付属高31(14-5)17順天工業高(全羅南道)(13:00-)
*ソウル4T4G1P、順天3T1G

◆B組/東亜マイスター高(大田市)14(0-19)33富川北高(京畿道)(14:15-)
*東亜2T2G、富川北5T2G

■2回戦(9日)
◆A組①仁川工業高(仁川市)14(14-10)17ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:00-)
*仁川2T2G、ソウル3T1G

◆A組②忠北高(忠清北道)10(7-12)24順天工業高(14:30-)
*忠北1T1G1P、順天4T2G

◆B組③釜山体育高(釜山市)19(12-14)29東亜マイスター高(13:45-)
*釜山3T2G、東亜4T3G1P

◆B組④鎮海高(慶尚南道)19(0-35)40富川北高(15:45-)
*鎮海3T2G、富川北6T5G

■1回戦(7日)
◆A組①仁川工業高12(12-10)10オソン高(忠清南道)(11:00-)
*仁川2T1G、オソン1T1G1P

◆A組②慶山高(慶尚北道)17(0-24)36ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:15-)
*慶山3T1G、ソウル大6T3G

◆A組③順天工業高31(10-15)15裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*順天5T3G、裡里2T1G1P

◆B組④東亜マイスター高45(21-7)12全南高(光州市)(13:30-)
*東亜7T5G、全南2T1G

◆B組⑤大邱商苑高(大邱市)3(3-15)34富川北高(16:00-)
*大邱1P、富川北5T3G1P

<<2009年第90回大会>>
<一般・大学>
■決勝(26日14:15-)
◆ポスコ鋼板(慶尚北道)27(10-3)6韓国電力(江原道)
*ポスコ3T3G2P、韓電2P
*前半はまったりとしたペースで進む。どちらもゴール前22m手前まで攻めるが、ノッコンなどのミスを連発。
6分、韓国電力がゴール前でPGを得てキックが好調のWTB14呉ユンヒョン(前代表SO)が決め0-3。ポスコはようやく35分、ボールをつなぎ最後はHO2金ジョンオクがポスト左へTを決めた。
GもSOユン・フィス(代表)が成功し7-3と逆転。インジュアリータイム42分にユンがPGを決め10-3で前半終了。
後半最初の得点は韓国電力、10分WTB呉のPG成功で10-6と会場を沸かした。しかし19分にポスコがPG成功で突き放すと(13-3)、そのリスタートのボールをポスコがFW陣で回し、最後は右外にいた快速WTB金亨基(キム・ヒョンギ。7人制代表)へ。キムが40m独走のTを決めG成功で20-6と試合を決定づけた。
さらに終了間際PR3金光植(キム・グァンシク。代表)のTも出て27-6と初優勝を勝ち取った。

■準決勝(24日)
◆A組(13:00-)
◎韓国電力(江原道)28(14-7)7檀国大(忠清南道)
*韓電3T2G3P、檀国1T1G
*韓電が16分、WTB14呉ユンヒョンのTとGで7-0と先制した。
すると檀国は20分にSH朴ソングァンがゴール前の反則を素早くスタートしトライを返し7-7の同点に。しかし、韓電の地力が上回り30分、SCから前サントリーNO8李光紋(イ・グァンモン。代表)からLO5朴ソンギュ(代表)にパスが渡り、そのままTで14-7とした。
後半は韓電が確実に攻めて檀国の反則を誘うと呉がPG3本を成功、27分には左ライン際からSO全鐘満(チョン・ジョンマン。代表)がキックでボールを転がしインゴールでFL6金ジョンマンが抑え28-7で試合を終えた。
◆B組(14:40-)
◎ポスコ鋼板(慶尚北道)23(10-11)18尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)
*ポスコ3T1G2P,尚武2T1G2P
写真・青=ポスコ、黒=尚武
*今年6月、大統領旗大会では同点のままゴールキック合戦となった対戦。
前半7分、ポスコがゴール前SCを得ると、PR3金光植(キム・グァンシク。代表)があっさりTで先制(7-0)した。
すると尚武は13分に右ラックから左へオープン攻撃をしかけWTB11崔時ウォン(代表)がT(7-5)に。
ポスコが18分、SOユン・フィスがPGを成功し10-5と点差を広げた。
尚武は35,41分にSO洪俊基(ホン・チュンギ、代表)のPGで10-11と逆転し前半を終えた。
しかし後半、尚武LO5がシンビン中にポスコが粘り13分、PGで13-11で再逆転。さらに17分、LO5がTし18-13に。尚武は20分すぎポスコNO8がシンビンで出ると攻撃をしかけ24分、中央付近からボールを回しFL6、NO8韓建圭(ハン・コンギュ、代表)とつないでT、G成功し18-18に追いついた。
このまま一進一退が続いたが31分、ポスコは左ラインアウトで出たボールをPR1イム・ジュンフィがTし23-18に。39分、尚武が最後の攻めでポスコ・ゴール前、ポスコボールSCをポスコがハンドリングミスし尚武SO洪がターンオーバー、交代で入った19ペ・チャンファンがノッコンし最後となった。

■2回戦(22日)
◆A組
◎大心通商(忠清北道)17(10-34)58韓国電力(江原道)(11:00-)
*大心2T2G1P、韓電10T4G
◎啓明大(大邱市)12(7-38)72檀国大(忠清南道)(14:20-)
*啓明2T1G,檀国大12T4G

◆B組
◎延世大(ソウル市)12(0-14)32ポスコ鋼板(慶尚北道)(12:40-)
*延世2T1G,ポスコ5T2G1P
◎尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)38(31-17)17三星重工業(慶尚南道)(16:00-)
*尚武5T5G1P,三星2T2G1P

■1回戦(20日)
◆A組
①韓国電力(江原道)103(53-5)5釜山大(釜山市)(11:00-)
*韓電17T9G、釜1T。
②檀国大(忠清南道)59(21-7)10仁川専門大(仁川市)(14:20-)
*檀国9T7G、仁川1T1G1P。

◆B組
③ポスコ鋼板(慶尚北道)86(54-0)22圓光大(全羅北道)(12:40-)
*ポスコ16T3G、圓光4T1G
④三星重工業(慶尚南道)28(15-3)17慶熙大(京畿道)(16:00-)
*三星4T1G2P、慶熙2T2G1P

<高校部>
■決勝(26日13:00-)
◆忠北高(忠清北道)38(14-12)19慶山高(慶尚北道)
*忠北6T4G、慶山3T2G
*09春季リーグ優勝の忠北(チュンブック)と大統領旗大会V慶山(キョンサン)の好調同士の決勝戦となった。特に慶山は全国大会2年連続準優勝のため優勝が欲しい試合。
前半からFWの忠北、BK慶山という特色ある展開で会場が沸いた。先制は忠北、9分、ゴール右で得た反則からSHが自分でボールを持ち出しT、GもFB15呉グァンヨン(3年、延世大へ進学)が決め7-0。15分にも忠北が右ラインアウトを得て得意のモールで押し込みFL6がT、G成功で14-0とした。
ここから慶山が反撃、18分手敵陣10m付近からCTB12が左際を抜けるとラックを作り右へ展開しWTB11がT、14-5に。さらに22分、WTB14が抜けラックをゴール前で作りFL7がポスト左へT、G成功で14-12として前半を終えた。
後半は忠北ペースで始まった。7分、やはりLO→モールを押すとSHからNO8へ。そのままイン・ゴールへ。19-12とした。11分にはSHが2本目のTを決めG成功で26-12と試合を決めた。慶山は終了間際の29分、敵陣ゴール前にキックしたボールを忠北の処理ミスからターンオーバーしCTB13がT,SO10G成功で38-19とするのがやっとだった。

■準決勝(25日)
◆A組(13:00-)
◎忠北高(忠清北道)34(15-10)22ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*忠北5T3G1D、ソウル4T1G
◆B組(14:15-)
◎慶山高(慶尚北道)55(36-0)5城南西高(京畿道)
*慶山8T6G1P、城南西1T

■2回戦(23日)
◆A組
◎大邱商苑高(テグ市)5(0-19)29ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)(12:00-)
*大邱1T、ソウル大5T2G
◎全南高(光州市)0(0-27)41忠北高(忠清北道)(14:30-)
*忠北6T4G1D

◆B組
◎慶山高(慶尚北道)52(26-0)0順天工業高(全羅南道)(13:45-)
*慶山8T6G,
◎城南西高(京畿道)22(5-10)20東亜工業高(大田市)(15:45-)
*城南西4T1G、東亜3T1G1P

■1回戦(21日)
◆A組
①大邱商苑高(テグ市)24(14-0)19釜山南高(釜山市)(11:00-)
*テグ4T2G、釜山3T2G
②ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)60(47-3)6鎮海高(慶尚南道)(12:15-)
*ソウル大9T6G1P、鎮海2P
③忠北高(忠清北道)52(24-5)5裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*忠北8T6G、イリ1T

◆B組
④慶山高(慶尚北道)27(10-5)15仁川工業高(仁川市)(13:30-)
*慶山3T3G2P、仁川3T
⑤城南西高(京畿道)20(20-3)10オソン高(忠清南道)(16:00-)
*城南西3T1G1P、オソン1T1G1P

<<2008年第89回大会>>
<大学・社会人。全13チーム>
■決勝(10月16日14:45-)
◆尚武:韓国軍体育部隊(サンム。全羅南道。07年1位)
33(19-0)5
韓国電力(ハンジョン。江原道)
*尚武5T4G、韓電1T
◎得点経過
(前半)
1:2分、尚武WTB14/ノ・ピョングァンがトライ。
2:5分、尚武FL7/李ジェウォンがトライ。G成功、SO/オ・ユンヒョン。
3:31分、尚武CTB12/金ウァンヨンがトライ。G成功。
(後半)
1:5分、尚武PR3/ホ・ウンがトライ。WTB11/チョ・インスをフォローしパスを受ける。G成功。
2:9分、韓電LO4/金桐鮮が右隅にトライ。
3:12分、尚武WTB11がトライ。SO10のキックパスにFB22/チェ・ジェヨンが反応し拾い11はパス。G成功。

■準決勝(15日)
◆韓国電力23(15-6)18三星重工業(サムソン。慶尚南道。今季2冠)(13:30-)
*韓電3T1G1P1D、三星2T1G2P

◆尚武11(6-3)9浦項鋼板(ポスコ。慶尚北道。06&07年2位)(15:10-)
*尚武1T2P、浦項3P

■準々決勝(14日)
◆A組:三星重工業66(25-14)14大心通商(テシム。忠清北道)(11:00-)
*三星10T5G1P1D、大心2T2G

◆B組:韓国電力76(40-0)5圓光大(ウォングァン。全羅北道。大学2部)(14:20-)
*韓電12T8G、ウォン1T

◆C組:浦項鋼板41(29-5)22延世大(ヨンセ。ソウル市。今季2冠)(12:40-)
*浦項6T4G1P、延世3T2G1P

◆D組:尚武55(34-0)14檀国大(ダンクック。忠清南道)(16:00-)
*尚武8T6G1P、檀国2T2G

■1回戦(12日)
◆A組①大心通商77(36-8)釜山大(釜山市。大学2部)(10:00-)
*テシム14T7G、釜山1T1P

◆A組②慶煕大(キョンヒ。京畿道)0(0-14)47(11:40-)
*三星7T3G2P

◆B組①仁川専門大(インチョンチョンモン。仁川市。大学2部)5(5-50)65韓国電力(15:00-)
*仁川1T、韓国電10T5G1D

◆C組①忠南大(チュンナム。大田。大学3部以下)8(5-45)69延世大(13:20-)
*チュンナム1T1P、延世11T7G

◆D組①啓明大(ケミョン。大邱。大学3部以下)5(0-15)35檀国大(16:40-)
*ケミョン1T、檀国6T1G1P

<高校。13チーム>
■決勝(16日13:00-)
◆富川北高(プチョンブック。京畿道。今季2冠)
14(7-3)8慶山高(キョンサン。慶尚北道)
*富川北2T2G、慶山1T1P
*得点経過
(前半)
前半から慶山が富川陣内でキックで陣地を獲得し有利に試合を進めるがノッコンなどハンドリングミスがあり得点できない。富川も今大会は低いタックルでDFを頑張る。
1:21分、富川CTB13/金ヨンイクが慶山のパスをインターセプトし先制トライ!。
2:26分、慶山はFBがPG成功し4点差へ。
(後半)
立ち上がりから慶山の攻撃。
1:3分、慶山のPG不成功のボールを富川が自陣から回し右ラインをCTB12/金ゴンヒが走り中央にトライ。G成功。
2:18分、慶山がLOからこぼれたボールをNO8が拾いトライ。その後も攻め続けたが反則で自滅。

■準決勝(15日)
◆富川北高14(7-0)12ソウル大師範付属高(サデ。ソウル市。07年1位)(11:00-)
*富川2T2G、ソウル2T1G

◆慶山高57(33-0)3裡里工業高(イリ。全羅北道)(12:15-)
*慶山9T6G、イリ1P

■準々決勝(13日)
◆A組:忠北高(チュンブック。忠清北道)19(5-6)25富川北高(12:00-)
*忠北3T2G、富川北3T2G2P

◆B組:ソウル大師範付属高68(36-0)0鎮海高(チンヘ。慶尚南道)(14:30-)
*ソウル12T4G

◆C組:慶山高41(31-10)17東亜工業高(トンア。大田市)(13:15-)
*慶山6T4G1P、東亜2T2G1P

◆D組:裡里工業高15(3-5)8順天工業高(スンチョン。全羅南道)(15:45-)
*イリ2T1G1P、順天1T1G

■1回戦(11日)

◆A組①忠北高41(15-5)5仁川機械工業高(インチョンキフェ。仁川市)(11:00-)
*忠7T3G、仁1T

◆A組②富川北高54(25-5)10大邱商苑高(テグサンウォン)(12:00-)
*富10T2G、大2T

◆B組①釜山南高(釜山市)0(0-55)74ソウル大師範付属高(14:45-)
*ソ12T7G

◆C組①慶山高70(41-5)5オソン高(忠清南道)(13:30-)
*慶10T4G4D、オ1T

◆D組①裡里工業高42(21-0)5全南高(チョンナム・光州市)(16:00-)
*イリ6T6G、全1T

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サントリー、トヨタに逆転で首位守る

 10月13日(土)からの国内ラグビー、「2012~13ラグビートップリーグ(TL)」は6節。
 首位サントリーは、前節で東芝を下したトヨタ自動車と対戦し、後半にWTB小野澤のトライなどで逆転し25-22で勝ち首位を守りました。
 関東大学対抗戦は、4強・早稲田大と筑波大がぶつかります。
 
以下、得点内容の後の()は勝ち点
<<TL>>
■第6節
◆パナソニック35(22-15)18ヤマハ(10月13日、秩父宮)
*パナ5T2G2P(21)、ヤマハ2T1G2P(18)
*この日3トライ、MOMのパナWTB14山田1トライ目はSBWのパスから。
121013ymad1t

◎パナLO4劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、仁川機械工高・檀国大・尚武)=先発
121013pana4y
「1日の練習を100%やり、認めてもらって試合に出る。試合でも100%出し切る。今年はそうしないとチーム内の競争に勝てません。子供が11月に生まれることも自分をラグビーに積極的に取り組む意識を強くさせています」

◎パナCTB12ソニー・ビル・ウィリアムズ(SBW)=先発。前半の3トライをすべて演出。
121013sbwpass

◎ヤマハWTB22徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、愛知朝鮮高・朝鮮大(在日))=リザーブ、後半から。
*11月の日本代表欧州遠征代表候補入り
Dscf0901_640x480
「今日は不完全燃焼。代表入りはリハビリの影響で微妙」

◆NEC19(0-15)36リコー(同)
*NEC3T2G(10)、リコー6T3G(11)
◎NEC/PR1、N金光植(キム・グァンシク、김광식、高麗大・ポスコ建設)=先発
Dscf0610_640x480
NEC関係者「金に相手を追っかけて行うタックルを求めるのは無理。少しずつ成長」
◎NEC/HO朴誠球(パク・ソング、박성구、ソウル大付高・延世大・尚武、・08-09ヤマハ)=メンバー外
121013necpark
「首の出術もありリハビリを終えてチームへ復帰。試合にも出て対応できている」

◆サントリー25(6-3)22トヨタ自動車(瑞穂)
*サントリー3T2G2P(29)、トヨタ3T2G1P(15)
◎サントリーFL、N朴淳彩(パク・スンチェ、박순채、ポスコ建設)=メンバー外
Dscf0642
「フィットネス不足はまだまだです。真面目に取り組んでいます」
◎トヨタFL李光紋(イ・グァンムン、이광문、忠北高・高麗大・尚武・08サントリー、09韓国電力)=メンバー外
Dscf0582_640x480_3
「自分の突破をいかしてくれるトヨタの戦い方は合っています。日本語もうまくなり2年目でSHなどとコミュニケーションも取れています」

◆神戸製鋼70(42-14)24九州電力(花園)
*神戸10T10G(25)、九州4T2G(3)

◆近鉄59(13-0)7NTTドコモ(同)
*近鉄9T4G1P(16)、ドコモ1T1G(0)
◎近鉄PR17成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、大阪朝高・帝京大(在日))=リザーブ
「チームを引っ張る。年齢的にもベテランの域へ」
◎近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン、김철원、韓国/養正高・朝明高・大阪体大、日本前)=先発
「今季も主力として期待されている」
◎近鉄WTB李陽(中国)=メンバー外
◎ドコモSH20、N安承火赫(アン・スンヒョク、안승혁、城南西高・高麗大・尚武・09NEC)=リザーブ、後半
「心機一転、Aチーム入りへ奮闘中。テンポ早い球出しと得意の長いパスの復活に期待」
◎ドコモFL7,N金栄デ(金に大、キム・ヨンデ、김영대、江の川高校・大阪産大・近鉄(05-)・ホンダ(07-09)、10リコー(在日))=先発
Dscf0731_640x480
「チームから求められている低いタックル、サポートなどのワークレートをしっかりする。そのうえで持ち味の突破やジャッカルも出していきたい。チームは目先の1勝よりも少しずつ成長していくことが大事です」
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅、ソウル大付属高・延世大・尚武)=メンバー外
Dscf0756_640x480_2
「」

◆東芝-福岡サニックス(14日、Gアリーナ)
*東芝(18)、サニックス(5)
◎東芝LO18、N金潔(キム・ギョル、김결。養正高・高麗大・09サントリーフーズ,10-11コカコーラ)=リザーブ
1291tkim
「コーラから東芝に移籍して、一番変わったのは『ハート』」。
◎サニックスPR3申東ウォン(シン・ドンウォン=冫原、신동원、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高)=先発
◎サニックスCTB、N権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁、慶山高、三重/朝明高・帝京大)=メンバー外
Dscf0914_640x480
「初めてのトップリーグ。前に積極的に出るようにプレーしたい。課題はポジションニング」
◎サニックスFL慎賢宇(シン・ヒョンウ、산현우、東京朝鮮高・朝鮮大、在日)=メンバー外
「まだまだ。Bチーム」
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、황철수、東京朝鮮高・朝鮮大、在日)=メンバー外
「Aチーム入りも期待できる」
◎サニックスCTB崔基俊(チェ・キジュン、최기준、韓国/鎮海高・朝明高・帝京大中退)=メンバー外
「現在、日本へ帰化申請。アジア枠選手の関係で日本国籍取得すればAチームも可能」

◆NTTコム-キヤノン(宮城)
*コム(13)、キヤノン(11)
◎NTTコムHO白孝尚(ハク・タカヨシ、啓光学園・帝京大、JJapan(在日))=メンバー外
◎キヤノンPR金光模(キム・グァンモ、김광모、仁川機械工高・檀国大・05-09三洋)=メンバー外
「自分でAチーム入りをつかむために努力している」

<順位>
1:サントリー(29、+100)、2:神戸(25、+100)、3:東芝(18、+70)、4:パナ(21、+92)、5:ヤマハ(18、+41)、6:近鉄(16、+68)、7:トヨタ(15、-4)、8:NTTコム(13、0)、9:キヤノン(11、+12)、10:リコー(11、-15)、11:NEC(10、-26)、12:サニックス(5、-102)、13:九電(4、-139)、14:NTTドコモ(0、-145)

<<トップEAST>>
■第5節(10月13日)
◆三菱重工相模原50-5ヤクルト(三菱)
*三菱(20)、ヤクルト(0)
◎三菱NO8、N李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、裡里工・檀国大・尚武・日野、前代表)=メンバー外
「レギュラークラス」
◎三菱PR17、N鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운、慶煕大・三星SDI、 178CM,113KG,81/10/22生まれ )=リザーブ
「レギュラー手前、スクラムは強い」
◎三菱WTB、Nシェーン・ウィリアムズ(ウェールズ代表)=

◆クボタ86-5秋田NB(男鹿)
*クボタ(20)、秋田(0)
◎クボタLO18金永男(キム・ヨンナム、김영남、忠南大・尚武・三星SDI・08-09NTTドコモ・10リコー・代表)=リザーブ
「フィットネス不足を克服中」
◎クボタSH李明根(リ・ミョングン、이명근、裡里工業高・延世大・尚武・大心通商・三星SDI・07-08季ワールド、前代表)=メンバー外
「レギューラーとして活躍。今季は若手SHを育てることをチームから依頼」
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현,檀国大、学生時代に三洋練習参加)=メンバー外

◆釜石SW41-21日本IBM(IBM)
*釜石(19)、IBM(0)

◆東京ガス41-3横河武蔵野(ガス)
*ガス(15)、横河(7)
◎横河FL7延権佑(復帰、ヨン・グォンウ、연권우、忠北高・高麗大・07横河・09尚武、代表)=先発
「FWリーダーとして充実している」
◎横河NO8趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、大阪朝高・明治大、在日、高校日本)=先発
◎横河SO22趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、大阪朝高・同志社大、在日)=リザーブ

◆栗田工業-日野自動車(栗田)
*栗田(9)、日野(5)

<順位>
1:クボタ、2:三菱、3:釜石、4:東京ガス、5:栗田、6:横河、7:日野、8以下:ヤクルト、IBM、秋田

<<トップWEST>>
■第3節(10月13日、瑞穂)
◆豊田自動織機61-6大阪府警
*織機(10)、府警(5)
◎織機LO4鄭智弘(チョン・チホン、大阪朝高-帝京大-IBM-近鉄など)=先発
◎織機PR、N金英根(移籍、キム・ヨングン、김영근、釜山南高・延世大・三星SDI・ホンダ、代表)=メンバー外

■第4節(10月21日、鈴鹿)
◆ホンダ-豊田自動織機
*ホンダ(5)、織機(5)
◎ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈,富川北高・檀国大・尚武・大心通商、代表)=
◎織機FL鄭智弘(チョン・チホン、大阪朝高-帝京大-IBM-近鉄など)
◎織機PR、N金英根(移籍、キム・ヨングン、김영근、釜山南高・延世大・三星SDI・ホンダ、代表)

◆JR西日本-中部電力
*JR(0)、中部(0)

<<トップ九州>>
■第5節
◆マツダ-JR九州(10月13日、グローバル)
*マツダ(15)、九州(15)

◆福岡銀行-山形屋(14日、鴨池公園)
*福岡(0)、山形屋(0)

■第6節
◆中国電力-JR九州(20日、コーラ)
*中国(5)、

◆マツダ-福岡銀行(同)

◆コカ・コーラ-新日鉄八幡(21日、同)
*コーラ(15)、新日鉄4T3G(1)

<<関東大学対抗戦>>
■第6節
◆筑波大-早稲田大(14日、秩父宮)
*筑波2勝、早大2勝、
◎早稲田FL7金正奎(3年、常翔啓光学園)=。
Dscf0676_640x480
「今季、早稲田のラグビーはより理論的になってる。楽しい。去年の悔しさを晴らしたい」


■第7節
◆日本体育大-青山学院大(20日、ニッパツ)
*日体3敗、青学3敗

◆帝京大-慶應大(21日、秩父宮)
*帝京3勝、慶應1勝1敗
◎帝京NO8李聖彰(3年、東京朝鮮)=
Dscf0699_640x480
◎帝京SO朴成基(2年、大阪朝鮮)=
◎帝京CTB権裕人(2年、大阪朝鮮)=
Dscf0726_640x480
「もっとボールをもらえるように練習でアピールしてレギュラー狙います」
*下・帝京(李と権)
Dscf0727_640x480_2

◆明治大-筑波大(ケーズスタ)
*明治3勝、
◎明治LO南宗成(2年、大阪朝高)=
◎明治LO朴鐘圭(3年、大阪朝高)=
◎明治LO梁哲盛(4年、大阪朝鮮高)=

立教4敗

<<関東大学リーグ戦>>
■第6節
◆東海大-法政大(14日、キヤノン)
*東海(8)、法政(9)
◎法大CTB金勇輝(2年、大阪朝鮮)=メンバー外

◆中央大-関東学院大(秩父宮)
*中大(5)、関東(3)

■第7節
◆流通経済大-大東文化大(21日、ケーズスタ)
*流経(12)、大東(3)

◆拓殖大-日本大(キヤノン)
*拓殖(9)、日大(6)
◎日大PR高信貴=

<<関東大学リーグ戦3部>>
■第3節(10月14日)
◆朝鮮大-国際武道大(武道大)
*朝大(8)、武道大(8)

◆白鴎大-横浜国立大(同)
*白鴎(8)、横国(2)

◆東京農業大-城西大(東工大)
*農大(5)、城西(2)

◆防衛大-東京工業大大(同)
*防大(5)、東工(2)

<<関西大学Aリーグ>>
■第2節(10月14日)
◆天理大学-近畿大(花園)
*天理、近大

◆同志社大-関西学院大(同)
*同大、関学
◎関西HO金寛泰(2年、大阪朝高)=
◎関西CTB金尚浩(2年、大阪朝高)=
◎関西FB高陽日(2年、大阪朝高)=

◆立命館大-京都産業大(花園2)
*立命、京産

◆大阪体育大-摂南大(同)
*大体大、摂南
◎体大HO王鏡聞(3年、朝明高・韓国/養正中)=

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2012

韓国国体開幕、強豪が1回戦順当勝ち

 2012年・国体「第93回全国体育大会」が、10月11日、慶尚北道慶山市松花ラグビー場で開幕。国体は大邱市を中心に開催されています。
 11日は一般・大学の1回戦3試合が行われ檀国大、高麗大が17トライ、韓国電力が19トライの猛攻でそれぞれ格下から100得点以上を奪い、2回戦(13日)へ進みました。
 12日は、高校1回戦5試合が行われます。
 注目は一般・大学でポスコ建設が4連覇、高校は富川北高(「プチョンプック)が3連覇に挑戦します。 以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
「12韓国日程&結果」をダウンロード

<<第93回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(17日・水、14:35-)


■準決勝(15日・月、13:00-)

■2回戦(13日・土)
◆A3ポスコ建設(慶尚北道)-檀国大(忠清南道)(11:45-)

◆A4三星重工業(慶尚南道)-韓国電力(江原道)(15:15-)

◆B2尚武(大邱市)-慶熙大(京畿道)(10:00-)

◆B3仁川体育会(仁川市)-高麗大(ソウル市)(13:30-)

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

<高校>
■決勝(17日・水、13:00-)

■準決勝(16日・火、13:00-)
◆A

◆B

■2回戦(14日・日)
◆A5釜山体育高(釜山市)-忠北高(忠清北道)(11:00-)

◆A4富川北高(京畿道)-慶山高(慶尚北道)(」14:10-)

◆B3大邱商苑高(大邱市)-1回戦B1勝者(15:45-)

◆B4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)-順天工業高(全羅南道)(12:35-)

■1回戦(12日・金)
◆A1仁川機械工業高(仁川市)24(5-15)39釜山体育高(釜山市)(11:35-)
*仁川4T2G、釜山6T3G1P

◆A2忠北高(忠清北道)21(14-7)15ミョンソク高(大田市)(10:00-)
*忠北3T3G、ミョンソク2T1G1P

◆A3慶山高(慶尚北道)26(19-3)8裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*慶山4T3G、裡里1T1P

◆B1オソン高(忠清南道)53(24-0)7鎮海高(慶尚南道)(16:20-)
*オソン高9T4G、鎮海高1T1G

◆B2順天工業高(全羅南道)59(34-0)0全南高(光州市)(13:10-)
*順天8T5G3P

<<参考、2011年第92回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(10月12日・水、14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)41(26-7)12慶熙大(京畿道)
*ポスコ6T4G1P、慶熙大2T1G
*前半でポスコが試合を決めた。4分LO5朴ヨンドン(元代表)の先制T、Gを21金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決めて7-0.慶熙は13分PR3金ヒチョルがTするとGはWTB14イム・ドンゴンが決めて7-7と追いついた。しかしポスコは3分後にSO10ユン・ヒス(代表)のT、金G成功で14-7へ。20分にもPR3金光植(キム・グァンシク、代表)のTに金G、31分WTBチョ・インス(代表)のTなどで26-7とした。
後半も9分CTB13ノ・ピョングァン(代表)のT,金Gも決まり33-7とし試合を決めた。慶熙は32分にWTB14イムのTで5点を返すのがやっとだった。

■準決勝(10日・月、13:00-)
◆三星重工業(慶尚南道)12(7-6)20慶熙大(京畿道)
*前半2分慶熙大がWTBイム・ドンゴンのPGで先制、イムは21分にもPGで0-6とした。三星は38分SH9ホン・ギナムのTとSO10イムジェボムのG成功で7-6で逆転し前半を終えた。後半に入っても7分、三星がFB15朴チャンミン(元代表)のTで12-6とリードを広げた。しかし14分にFL呉スンジョン(代表)がシンビンで退場となると1分後に慶熙がFL7李ゴンウがTを奪い、Gをイムが決め13-12と逆転した。慶熙がリードを保ちながら試合は進み35分、イム自身がTとGで20-12とし金星を獲た。

◆ポスコ建設(慶尚北道)36(26-13)27延世大(ソウル市)
*5T4G1P、延世3T3G1P
*先制は延世。1分SO10朴フンシクがPGを成功し0-3。ポスコは前半4分、PR1ヨ・ユジェ(代表)のTで逆転、GはCTB13金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決め7-3。しかし8分、延世がWTB11チェ・ニコラスのTにSOもGをきめ7-8と逆転した。ここからポスコのペーストなり11分NO8チョ・チョルヒョン(元代表)のTで12-10とこの試合計3度目の逆転。29分LO5朴ヨンドン(元代表)のT、金G成功し19-10へ。33分にもWTB14権スグァンのT、G金成功で26-10と差を広げた。延世は38分SO朴のPGで3点を返した。
 後半5分、ポスコはCTB12金鐘ス(代表、元豊田織機)のTなどで33-13。延世は26分HO2ナ・グァンヨン、36分LO5チャン・ソクファンのT(Gは朴成功)で33-27と迫った。しかしここまで。最後38分にポスコ金が確実にPGを決め終了した。

■2回戦(8日・土)
◆A1慶熙大(京畿道)73(51-0)5釜山大(釜山市)/11:00-
慶熙12T5G1D、釜山1T
*慶熙が前半4分、SHシン・ギチョルのTを皮切りに前半だけで9T3Gを奪い圧勝した。

◆A2三星重工業(慶尚南道)31(5-14)17韓国電力(江原道)/14:20-
*三星5T3G、韓電2T2G1P
*前半3分、先制は三星WTB14李ジンウクのTで5-0。13分に韓電はFB15金近ヒョン(元代表)がTを返し同点、コンバージョンをSO呉潤衡(オ・ユンヒョン、代表)が決め5-7と逆転した。韓電は24分にCTB13金成洙(キム・ソンス、代表)のT、呉G成功で5-14とリードを広げた。
 後半に入り、三星は3分、SO尹泰日(ユン・テイル、代表)がT、GをCTB12朴魯フン(パク・ノフン、代表)が決め14-12と逆転した。さらに13分朴のTをCTB13李圭ドク(代表)が成功し19-14とした。5分後、韓電は呉のPGで19-17と2点差に迫った。35分、三星はHO2黄ミンソ(ファン・ミンソ、代表)のT、最後40分にFB崔時原(チェ・シォン、代表)がTし試合を終えた。

◆B1仁川体育会(仁川市)9(9-29)50延世大(ソウル市)/16:00-
*仁川3P、延世8T5G
*延世が前半7分、WTB11呉ガンヨンのT、SO10朴フンシクのG成功で0-7と先制。13分に朴のTにGで0-14。仁川は19分SO10洪俊基(ホン・ジュンギ、代表)のPGで3-14に。しかし延世は前半にその後も3Tしたが、仁川は洪の2PGのみだった。後半は延世が確実に3T3Gを奪い準決勝へ。

◆B2ポスコ建設(慶尚北道)60(31-0)12檀国大(忠清南道)/12:40-
*ポスコ10T5G、檀国2T1G
*前半で試合が決まった。ポスコは開始50秒でWTB21金原用(キム・ウォンヨン、代表)がTを奪った。18分にHO2チョン・ヨンジェのTに金のG成功で12-0。21分FB15朴ウンシクのT、27分CTB12金鐘洙(キム・ジョンス、代表。前豊田織機)のTに金のG,さらに32分は金のTとGで31-0とした。後半、檀国は0-43の14分、FL6朴ヨンウクのTが生まれた。

■1回戦(6日・木)
◆A韓国電力(江原道)91(55-10)31圓光大(全羅北道)/13:40-
*韓電14T9G1D、圓光5T5G1P

◆B3延世大(ソウル市)78(32-0)10開明大(大邱市)/15:20-
*延世14T4G、開明2T

◆B4檀国大(忠清南道)85(33-10)18忠南大(大田市)/12:00-
*檀国13T10G、忠南3T1P

<高校>
■決勝(12日・水、13:00-)
◆富川北高(京畿道)26(19-0)24順天工業高(全羅南道)
*富川4T3G、順天4T2G
*富川が前半のリードを守り辛うじて逃げ切った。前半7分CTB12李ジョンファンのTで先制するとGはFB15韓サンホが決め7-0.15分にはSO10呉スンヒョンT、韓G成功で14-0.さらに25分WTB11文ヨングルがTを奪い19-0で前半を終えた。
後半も2分CTB李のTと韓Gで26-0へほぼ試合を決めたかに見えた。ここから順天が反撃開始。4分PR1ト・ヒョクソンがTしGはWTB14金ジタクが決め7点を返した。13分にはFL7文ソンイルのT、G金も成功し26-14へ。すると21分FL6李サンジュンがTで26-19と1T1Gへ迫った。そして29分、PR1トがTを決めたがG失敗、26-24でノーサイドとなった。

■準決勝(11日・火、13:00-)
◆富川北高(京畿道)24(7-10)24ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川4T2G、ソウル3T3G1P
*先制はソウル。前半2分、PGをFB15リュ・ジェヒョクが決め0-3.27分、ソウルはHO2金ウォンジュンのTとリュG成功で0-10とした。終了30分、富川はSH9ソ・ハンスルのTにFB15韓サンヒョンのGで3点差で前半を終えた。
 後半5分、富川がWTB14金ヨンフンのTで12-10と逆転した。11分ソウルは自慢のFWでペナルティーTを奪い12-17と再度、逆転。15分にもWTB14ソン・ヨンヒョンのT、リュGで12-24とした。しかし20分ソウルWTB11韓サンギョンがシンビンで退場となった1分後、富川がCTB12李ジョンハンのT、FB韓もGし17-24に。そして25分、FB韓がTするとGはNO8金スングが確実に決め24-24の同点とした。

◆順天工業高(全羅南道)18(13-14)14仁川機械工業高(仁川市)
*順天3T1P、仁川2T2G
*順天が鮮やかに逆転し全国大会初の決勝進出を果たした。前半7分、順天LO4金テヒョンのTで先制すると12分WTB14金ジタクのPGで8-0.仁川は16分にLO5李ガンゴンがT、GもSO10金スミンが決め8-7に。23分順天はNO8ソン・グァンジェが逆転Tを奪いGも決まり8-14とした。順天は26分、SH9ホ・ジェジュンがTし13-14で前半を終えた。
後半は一進一退。17分順天PR3金ヒョンホのTで18-14となり、そのままノーサイドに。

■2回戦(9日・日)
◆A1富川北高(京畿道)21(7-8)16慶山高(慶尚北道)/15:45-
*富川3T3G、慶山2T2P
*慶山が前半12分、SH9チュ・ウヒョンのTで先制(0-5)。20分富川がWTB11ムン・ヨングルのTで追いつきGもFB15ハン・サンフンが決め7-5と逆転した。しかし終了間際30分に慶山CTB13金ギペクのPGで7-8と再度、逆転した。
 後半2分、富川はWTBムンの2つ目のTで再逆転(G成功14-8)。8分にもCTB12李ジョンファンのT(G成功)21-8とした。慶山は22分LO5金サンジンのT、28分CT金のPGで5点差に迫ったが試合が終わった。

◆A2全南高(光州市)10(5-24)41ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)/13:15-
*全南2T、ソウル6T4G1P
*ソウルは13分WTBソン・ヨンヒョンのTを最初に18分まで3Tをあげた。全南は23分、後半30分にSH9李テスが2Tを返した。

◆B1順天工業高(全羅南道)52(38-7)7オソン高(忠清南道)/12:00-
*順天8T6G、オサン1T1G
*順天が前半1分WTB14金ジテクのTを皮切りに19分までに5Tを奪い試合を決めた。金は2T6Gの22得点。

◆B2・仁川機械工業高(仁川市)32(24-12)26釜山体育高(釜山市)/14:30-
*仁川4T3G2P、釜山4T3G
*@PGの差で仁川が勝った・前半は先制し一度、18分釜山に逆転されたが20分FL7ウン・チョンウンのTとSO10金スミンのG成功で14-12と再逆転した。前半終了間際にもWTB11朴スミンのT、SO金Gで24-12。後半も1分PR1金ギウンのTで29-12とするなどリードを守り勝利した。

■1回戦(7日・金)
◆A3慶山高(慶尚北道)48(24-0)3鎮海高(慶尚南道)/16:00-
*慶山8T4G、鎮海1P

◆A4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)32(15-5)17忠北高(忠清北道)/13:30-
*ソウル5T2G1P、忠北3T1G

◆B3順天工業高(全羅南道)34(24-5)12ミョンソク高(大田市)/11:00-
*順天5T3G1P、ミョンソク2T1G

◆B4裡里工業高(イリ・全羅北道)3(3-14)26オソン高(忠清南道)/12:15-
*イリ1P、オソン4T3G

◆B5大邱商苑高(大邱市)17(12-17)22釜山体育高(釜山市)
*大邱3T1G、釜山4T1G
 
<<2010年第91回大会>>
*会場:韓国南部の都市・鎮海公設運動場
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<大学・一般部>
■決勝(12日14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)32(18-3)10韓国電力(江原道)
*ポスコ4T3G2P、韓電1T1G1P
*先制は韓電。前半7分にCT13が決め0-3。ポスコの反撃は前半27分から。CT12がトライし5-3と逆転。33分にはFL7のトライとG(13)成功で12-3とした。
 さらに終了間際に2PGで18-3とリードを広げた。
 後半もポスコペース。1分SO10のトライ、G成功で25-3とほぼ試合を決めた。10分にも交替した21のトライ、CT13ゴールで32-3。最後の韓電の攻撃を12分、好調なWTB14トライ、ゴールに抑えて2連覇となった。
 国内大会も5連覇中だ。

■準決勝(10日)
◆A組
/韓国電力(江原道)50(24-0)26慶熙大(京畿道)(13:00-)
*韓国8T5G、慶熙4T3G

◆B組
/ポスコ建設(慶尚北道)59(40-0)10忠南大(大田市)(14:40-)
*ポスコ9T7G、忠南2T

■2回戦(8日)
◆A組①圓光大(全羅北道)3(0-63)94韓国電力(江原道)(12:40-)
*圓光1P、韓国電力16T7G
*韓国電力が前半だけで11Tをあげ圧倒した。韓国電力WTB14は3T5G。

◆A組②檀国大(忠清南道)19(7-17)29慶熙大(京畿道)(16:00-)
*檀国3T2G、慶熙5T2G

◆B組③ポスコ建設(慶尚北道)22(10-8)15尚武・韓国軍体育部隊(慶尚南道)(11:00-)
*ポスコ3T2G1P、尚武2T1G1P
*例年のように逆転ゲームを繰り広げる両者。前半8分、尚武NO8韓圭建(ハン・コンギュ)が先制トライを決め0-5.ポスコは16分、WTB14のトライとゴール成功で7-5と最初の逆転。すると20分、尚武がPGで7-8と2度目の逆転劇を見せた。前半の締めくくりはポスコCTB13が24分にPGを成功し10-8とした。
 後半に入っても逆転の連続。尚武が8分、FB15のトライ、SO10ゴールで10-15と4度目の逆転へ。ポスコは36分、NO8のトライで15-15に追いつく。
 最後はロスタイム42分にLO4のトライ、ゴール成功で22-15で終えた。

◆B組④忠南大(大田市)47(19-0)8仁川専門大(仁川市)(14:40-)
*忠南7T6G、1T1P

■1回戦(6日)
◆A①韓国電力22-22延世大(ソウル市)(12:00-)
*PG合戦。韓国5-4延世

◆A②慶熙大55(43-0)10開明大(大邱市)(15:20-)
*慶熙9T5G、開明2T

◆B③釜山大(釜山市)33(12-15)34仁川専門大(13:40-)
*釜山5T4G、仁川5T3G1P

<高校>
■決勝(12日13:00-)
◆富川北高(京畿道)20(15-14)19ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川3T1G1P、ソウル3T2G
*前半から富川が攻め8分、WT14のトライで先制(5-0)。さらに14分WT11のPG成功。18分にはWT14の2つ目のトライ、11G 成功で15-0とした。
 ソウル大は、ここから攻め24分、NO8トライしGも決め15-7とした。さらに終了間際CT12のトライ、G成功で15-14と1点差に迫った。
 後半も先に富川が25分にFB15のトライで20-14とし、ロスタイム31分ソウルはPR1がトライを決め20-19としたが、G不成功で試合を終えた。

■準決勝(11日)
◆A組/ソウル大学校師範大(学部)付属高31(14-5)17順天工業高(全羅南道)(13:00-)
*ソウル4T4G1P、順天3T1G

◆B組/東亜マイスター高(大田市)14(0-19)33富川北高(京畿道)(14:15-)
*東亜2T2G、富川北5T2G

■2回戦(9日)
◆A組①仁川工業高(仁川市)14(14-10)17ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:00-)
*仁川2T2G、ソウル3T1G

◆A組②忠北高(忠清北道)10(7-12)24順天工業高(14:30-)
*忠北1T1G1P、順天4T2G

◆B組③釜山体育高(釜山市)19(12-14)29東亜マイスター高(13:45-)
*釜山3T2G、東亜4T3G1P

◆B組④鎮海高(慶尚南道)19(0-35)40富川北高(15:45-)
*鎮海3T2G、富川北6T5G

■1回戦(7日)
◆A組①仁川工業高12(12-10)10オソン高(忠清南道)(11:00-)
*仁川2T1G、オソン1T1G1P

◆A組②慶山高(慶尚北道)17(0-24)36ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:15-)
*慶山3T1G、ソウル大6T3G

◆A組③順天工業高31(10-15)15裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*順天5T3G、裡里2T1G1P

◆B組④東亜マイスター高45(21-7)12全南高(光州市)(13:30-)
*東亜7T5G、全南2T1G

◆B組⑤大邱商苑高(大邱市)3(3-15)34富川北高(16:00-)
*大邱1P、富川北5T3G1P

<<2009年第90回大会>>
<一般・大学>
■決勝(26日14:15-)
◆ポスコ鋼板(慶尚北道)27(10-3)6韓国電力(江原道)
*ポスコ3T3G2P、韓電2P
*前半はまったりとしたペースで進む。どちらもゴール前22m手前まで攻めるが、ノッコンなどのミスを連発。
6分、韓国電力がゴール前でPGを得てキックが好調のWTB14呉ユンヒョン(前代表SO)が決め0-3。ポスコはようやく35分、ボールをつなぎ最後はHO2金ジョンオクがポスト左へTを決めた。
GもSOユン・フィス(代表)が成功し7-3と逆転。インジュアリータイム42分にユンがPGを決め10-3で前半終了。
後半最初の得点は韓国電力、10分WTB呉のPG成功で10-6と会場を沸かした。しかし19分にポスコがPG成功で突き放すと(13-3)、そのリスタートのボールをポスコがFW陣で回し、最後は右外にいた快速WTB金亨基(キム・ヒョンギ。7人制代表)へ。キムが40m独走のTを決めG成功で20-6と試合を決定づけた。
さらに終了間際PR3金光植(キム・グァンシク。代表)のTも出て27-6と初優勝を勝ち取った。

■準決勝(24日)
◆A組(13:00-)
◎韓国電力(江原道)28(14-7)7檀国大(忠清南道)
*韓電3T2G3P、檀国1T1G
*韓電が16分、WTB14呉ユンヒョンのTとGで7-0と先制した。
すると檀国は20分にSH朴ソングァンがゴール前の反則を素早くスタートしトライを返し7-7の同点に。しかし、韓電の地力が上回り30分、SCから前サントリーNO8李光紋(イ・グァンモン。代表)からLO5朴ソンギュ(代表)にパスが渡り、そのままTで14-7とした。
後半は韓電が確実に攻めて檀国の反則を誘うと呉がPG3本を成功、27分には左ライン際からSO全鐘満(チョン・ジョンマン。代表)がキックでボールを転がしインゴールでFL6金ジョンマンが抑え28-7で試合を終えた。
◆B組(14:40-)
◎ポスコ鋼板(慶尚北道)23(10-11)18尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)
*ポスコ3T1G2P,尚武2T1G2P
写真・青=ポスコ、黒=尚武
*今年6月、大統領旗大会では同点のままゴールキック合戦となった対戦。
前半7分、ポスコがゴール前SCを得ると、PR3金光植(キム・グァンシク。代表)があっさりTで先制(7-0)した。
すると尚武は13分に右ラックから左へオープン攻撃をしかけWTB11崔時ウォン(代表)がT(7-5)に。
ポスコが18分、SOユン・フィスがPGを成功し10-5と点差を広げた。
尚武は35,41分にSO洪俊基(ホン・チュンギ、代表)のPGで10-11と逆転し前半を終えた。
しかし後半、尚武LO5がシンビン中にポスコが粘り13分、PGで13-11で再逆転。さらに17分、LO5がTし18-13に。尚武は20分すぎポスコNO8がシンビンで出ると攻撃をしかけ24分、中央付近からボールを回しFL6、NO8韓建圭(ハン・コンギュ、代表)とつないでT、G成功し18-18に追いついた。
このまま一進一退が続いたが31分、ポスコは左ラインアウトで出たボールをPR1イム・ジュンフィがTし23-18に。39分、尚武が最後の攻めでポスコ・ゴール前、ポスコボールSCをポスコがハンドリングミスし尚武SO洪がターンオーバー、交代で入った19ペ・チャンファンがノッコンし最後となった。

■2回戦(22日)
◆A組
◎大心通商(忠清北道)17(10-34)58韓国電力(江原道)(11:00-)
*大心2T2G1P、韓電10T4G
◎啓明大(大邱市)12(7-38)72檀国大(忠清南道)(14:20-)
*啓明2T1G,檀国大12T4G

◆B組
◎延世大(ソウル市)12(0-14)32ポスコ鋼板(慶尚北道)(12:40-)
*延世2T1G,ポスコ5T2G1P
◎尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)38(31-17)17三星重工業(慶尚南道)(16:00-)
*尚武5T5G1P,三星2T2G1P

■1回戦(20日)
◆A組
①韓国電力(江原道)103(53-5)5釜山大(釜山市)(11:00-)
*韓電17T9G、釜1T。
②檀国大(忠清南道)59(21-7)10仁川専門大(仁川市)(14:20-)
*檀国9T7G、仁川1T1G1P。

◆B組
③ポスコ鋼板(慶尚北道)86(54-0)22圓光大(全羅北道)(12:40-)
*ポスコ16T3G、圓光4T1G
④三星重工業(慶尚南道)28(15-3)17慶熙大(京畿道)(16:00-)
*三星4T1G2P、慶熙2T2G1P

<高校部>
■決勝(26日13:00-)
◆忠北高(忠清北道)38(14-12)19慶山高(慶尚北道)
*忠北6T4G、慶山3T2G
*09春季リーグ優勝の忠北(チュンブック)と大統領旗大会V慶山(キョンサン)の好調同士の決勝戦となった。特に慶山は全国大会2年連続準優勝のため優勝が欲しい試合。
前半からFWの忠北、BK慶山という特色ある展開で会場が沸いた。先制は忠北、9分、ゴール右で得た反則からSHが自分でボールを持ち出しT、GもFB15呉グァンヨン(3年、延世大へ進学)が決め7-0。15分にも忠北が右ラインアウトを得て得意のモールで押し込みFL6がT、G成功で14-0とした。
ここから慶山が反撃、18分手敵陣10m付近からCTB12が左際を抜けるとラックを作り右へ展開しWTB11がT、14-5に。さらに22分、WTB14が抜けラックをゴール前で作りFL7がポスト左へT、G成功で14-12として前半を終えた。
後半は忠北ペースで始まった。7分、やはりLO→モールを押すとSHからNO8へ。そのままイン・ゴールへ。19-12とした。11分にはSHが2本目のTを決めG成功で26-12と試合を決めた。慶山は終了間際の29分、敵陣ゴール前にキックしたボールを忠北の処理ミスからターンオーバーしCTB13がT,SO10G成功で38-19とするのがやっとだった。

■準決勝(25日)
◆A組(13:00-)
◎忠北高(忠清北道)34(15-10)22ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*忠北5T3G1D、ソウル4T1G
◆B組(14:15-)
◎慶山高(慶尚北道)55(36-0)5城南西高(京畿道)
*慶山8T6G1P、城南西1T

■2回戦(23日)
◆A組
◎大邱商苑高(テグ市)5(0-19)29ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)(12:00-)
*大邱1T、ソウル大5T2G
◎全南高(光州市)0(0-27)41忠北高(忠清北道)(14:30-)
*忠北6T4G1D

◆B組
◎慶山高(慶尚北道)52(26-0)0順天工業高(全羅南道)(13:45-)
*慶山8T6G,
◎城南西高(京畿道)22(5-10)20東亜工業高(大田市)(15:45-)
*城南西4T1G、東亜3T1G1P

■1回戦(21日)
◆A組
①大邱商苑高(テグ市)24(14-0)19釜山南高(釜山市)(11:00-)
*テグ4T2G、釜山3T2G
②ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)60(47-3)6鎮海高(慶尚南道)(12:15-)
*ソウル大9T6G1P、鎮海2P
③忠北高(忠清北道)52(24-5)5裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*忠北8T6G、イリ1T

◆B組
④慶山高(慶尚北道)27(10-5)15仁川工業高(仁川市)(13:30-)
*慶山3T3G2P、仁川3T
⑤城南西高(京畿道)20(20-3)10オソン高(忠清南道)(16:00-)
*城南西3T1G1P、オソン1T1G1P

<<2008年第89回大会>>
<大学・社会人。全13チーム>
■決勝(10月16日14:45-)
◆尚武:韓国軍体育部隊(サンム。全羅南道。07年1位)
33(19-0)5
韓国電力(ハンジョン。江原道)
*尚武5T4G、韓電1T
◎得点経過
(前半)
1:2分、尚武WTB14/ノ・ピョングァンがトライ。
2:5分、尚武FL7/李ジェウォンがトライ。G成功、SO/オ・ユンヒョン。
3:31分、尚武CTB12/金ウァンヨンがトライ。G成功。
(後半)
1:5分、尚武PR3/ホ・ウンがトライ。WTB11/チョ・インスをフォローしパスを受ける。G成功。
2:9分、韓電LO4/金桐鮮が右隅にトライ。
3:12分、尚武WTB11がトライ。SO10のキックパスにFB22/チェ・ジェヨンが反応し拾い11はパス。G成功。

■準決勝(15日)
◆韓国電力23(15-6)18三星重工業(サムソン。慶尚南道。今季2冠)(13:30-)
*韓電3T1G1P1D、三星2T1G2P

◆尚武11(6-3)9浦項鋼板(ポスコ。慶尚北道。06&07年2位)(15:10-)
*尚武1T2P、浦項3P

■準々決勝(14日)
◆A組:三星重工業66(25-14)14大心通商(テシム。忠清北道)(11:00-)
*三星10T5G1P1D、大心2T2G

◆B組:韓国電力76(40-0)5圓光大(ウォングァン。全羅北道。大学2部)(14:20-)
*韓電12T8G、ウォン1T

◆C組:浦項鋼板41(29-5)22延世大(ヨンセ。ソウル市。今季2冠)(12:40-)
*浦項6T4G1P、延世3T2G1P

◆D組:尚武55(34-0)14檀国大(ダンクック。忠清南道)(16:00-)
*尚武8T6G1P、檀国2T2G

■1回戦(12日)
◆A組①大心通商77(36-8)釜山大(釜山市。大学2部)(10:00-)
*テシム14T7G、釜山1T1P

◆A組②慶煕大(キョンヒ。京畿道)0(0-14)47(11:40-)
*三星7T3G2P

◆B組①仁川専門大(インチョンチョンモン。仁川市。大学2部)5(5-50)65韓国電力(15:00-)
*仁川1T、韓国電10T5G1D

◆C組①忠南大(チュンナム。大田。大学3部以下)8(5-45)69延世大(13:20-)
*チュンナム1T1P、延世11T7G

◆D組①啓明大(ケミョン。大邱。大学3部以下)5(0-15)35檀国大(16:40-)
*ケミョン1T、檀国6T1G1P

<高校。13チーム>
■決勝(16日13:00-)
◆富川北高(プチョンブック。京畿道。今季2冠)
14(7-3)8慶山高(キョンサン。慶尚北道)
*富川北2T2G、慶山1T1P
*得点経過
(前半)
前半から慶山が富川陣内でキックで陣地を獲得し有利に試合を進めるがノッコンなどハンドリングミスがあり得点できない。富川も今大会は低いタックルでDFを頑張る。
1:21分、富川CTB13/金ヨンイクが慶山のパスをインターセプトし先制トライ!。
2:26分、慶山はFBがPG成功し4点差へ。
(後半)
立ち上がりから慶山の攻撃。
1:3分、慶山のPG不成功のボールを富川が自陣から回し右ラインをCTB12/金ゴンヒが走り中央にトライ。G成功。
2:18分、慶山がLOからこぼれたボールをNO8が拾いトライ。その後も攻め続けたが反則で自滅。

■準決勝(15日)
◆富川北高14(7-0)12ソウル大師範付属高(サデ。ソウル市。07年1位)(11:00-)
*富川2T2G、ソウル2T1G

◆慶山高57(33-0)3裡里工業高(イリ。全羅北道)(12:15-)
*慶山9T6G、イリ1P

■準々決勝(13日)
◆A組:忠北高(チュンブック。忠清北道)19(5-6)25富川北高(12:00-)
*忠北3T2G、富川北3T2G2P

◆B組:ソウル大師範付属高68(36-0)0鎮海高(チンヘ。慶尚南道)(14:30-)
*ソウル12T4G

◆C組:慶山高41(31-10)17東亜工業高(トンア。大田市)(13:15-)
*慶山6T4G1P、東亜2T2G1P

◆D組:裡里工業高15(3-5)8順天工業高(スンチョン。全羅南道)(15:45-)
*イリ2T1G1P、順天1T1G

■1回戦(11日)

◆A組①忠北高41(15-5)5仁川機械工業高(インチョンキフェ。仁川市)(11:00-)
*忠7T3G、仁1T

◆A組②富川北高54(25-5)10大邱商苑高(テグサンウォン)(12:00-)
*富10T2G、大2T

◆B組①釜山南高(釜山市)0(0-55)74ソウル大師範付属高(14:45-)
*ソ12T7G

◆C組①慶山高70(41-5)5オソン高(忠清南道)(13:30-)
*慶10T4G4D、オ1T

◆D組①裡里工業高42(21-0)5全南高(チョンナム・光州市)(16:00-)
*イリ6T6G、全1T

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トップリーグ、サントリーVSトヨタなど

 10月13日(土)からの国内ラグビー、「2012~13ラグビートップリーグ(TL)」は5節。
 首位サントリーは、前節で東芝を下したトヨタ自動車と対戦します。
 関東大学対抗戦は、4強・早稲田大と筑波大がぶつかります。
 
以下、得点内容の後の()は勝ち点
<<TL>>
■第6節
◆パナソニック-ヤマハ(10月6日、秩父宮)
*パナ(16)、ヤマハ(18)
◎パナLO4劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、仁川機械工高・檀国大・尚武)=先発
Dscf0809_640x480
「1日の練習を100%やり、認めてもらって試合に出る。試合でも100%出し切る。今年はそうしないとチーム内の競争に勝てません。子供が11月に生まれることも自分をラグビーに積極的に取り組む意識を強くさせています」
◎パナCTB12ソニー・ビル・ウィリアムズ(SBW)=先発
◎ヤマハWTB22徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、愛知朝鮮高・朝鮮大(在日))=リザーブ
*11月の日本代表欧州遠征代表候補入り
Dscf0901_640x480
「期待に沿えるよう代表に入りたい」

◆NEC-リコー(同)
*NEC(10)、リコー(6)
◎NEC/PR1、N金光植(キム・グァンシク、김광식、高麗大・ポスコ建設)=先発
Dscf0610_640x480
◎NEC/HO朴誠球(パク・ソング、박성구、ソウル大付高・延世大・尚武、・08-09ヤマハ)=メンバー外
「首の出術もありリハビリを終えてチームへ復帰している。Bチームで試合に出て試合韓国を取り戻す」

◆サントリー-トヨタ自動車(瑞穂)
*サントリー(25)、トヨタ(14)
◎サントリーFL、N朴淳彩(パク・スンチェ、박순채、ポスコ建設)=メンバー外
Dscf0642
「フィットネス不足はまだまだです。真面目に取り組んでいます」
◎トヨタFL李光紋(イ・グァンムン、이광문、忠北高・高麗大・尚武・08サントリー、09韓国電力)=メンバー外
Dscf0582_640x480_3
「自分の突破をいかしてくれるトヨタの戦い方は合っています。日本語もうまくなり2年目でSHなどとコミュニケーションも取れています」

◆神戸製鋼-九州電力(花園)
*神戸(20)、九州(3)

◆近鉄-NTTドコモ(同)
*近鉄(11)、ドコモ(0)
◎近鉄PR17成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、大阪朝高・帝京大(在日))=リザーブ
「チームを引っ張る。年齢的にもベテランの域へ」
◎近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン、김철원、韓国/養正高・朝明高・大阪体大、日本前)=先発
「今季も主力として期待されている」
◎近鉄WTB李陽(中国)=メンバー外
◎ドコモSH20、N安承火赫(アン・スンヒョク、안승혁、城南西高・高麗大・尚武・09NEC)=リザーブ
「心機一転、Aチーム入りへ奮闘中。テンポ早い球出しと得意の長いパスの復活に期待」
◎ドコモFL7,N金栄デ(金に大、キム・ヨンデ、김영대、江の川高校・大阪産大・近鉄(05-)・ホンダ(07-09)、10リコー(在日))=先発
Dscf0731_640x480
「チームから求められている低いタックル、サポートなどのワークレートをしっかりする。そのうえで持ち味の突破やジャッカルも出していきたい。チームは目先の1勝よりも少しずつ成長していくことが大事です」
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅、ソウル大付属高・延世大・尚武)=メンバー外
Dscf0756_640x480_2
「」

◆東芝-福岡サニックス(14日、Gアリーナ)
*東芝(18)、サニックス(5)
◎東芝LO18、N金潔(キム・ギョル、김결。養正高・高麗大・09サントリーフーズ,10-11コカコーラ)=リザーブ
1291tkim
「コーラから東芝に移籍して、一番変わったのは『ハート』」。
◎サニックスPR3申東ウォン(シン・ドンウォン=冫原、신동원、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高)=先発
◎サニックスCTB、N権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁、慶山高、三重/朝明高・帝京大)=メンバー外
Dscf0914_640x480
「初めてのトップリーグ。前に積極的に出るようにプレーしたい。課題はポジションニング」
◎サニックスFL慎賢宇(シン・ヒョンウ、산현우、東京朝鮮高・朝鮮大、在日)=メンバー外
「まだまだ。Bチーム」
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、황철수、東京朝鮮高・朝鮮大、在日)=メンバー外
「Aチーム入りも期待できる」
◎サニックスCTB崔基俊(チェ・キジュン、최기준、韓国/鎮海高・朝明高・帝京大中退)=メンバー外
「現在、日本へ帰化申請。アジア枠選手の関係で日本国籍取得すればAチームも可能」

◆NTTコム-キヤノン(宮城)
*コム(13)、キヤノン(11)
◎NTTコムHO白孝尚(ハク・タカヨシ、啓光学園・帝京大、JJapan(在日))=メンバー外
◎キヤノンPR金光模(キム・グァンモ、김광모、仁川機械工高・檀国大・05-09三洋)=メンバー外
「自分でAチーム入りをつかむために努力している」

<順位>
1:サントリー(25、+97)、2:神戸(20、+54)、3:東芝(18、+70)、4:ヤマハ(18、+58)、5:パナ(16、+75)、6:トヨタ(14、-1)、7::NTTコム(9、0)、8:近鉄(11、+16)、9:キヤノン(11、+12)、10:NEC(10、-9)、11:リコー(6、-32)、12:サニックス(5、-102)、13:九電(3、-93)、14:NTTドコモ(0、-145)

<<トップEAST>>
■第5節(10月13日)
◆三菱重工相模原-ヤクルト(三菱)
*三菱(15)、ヤクルト(0)
◎三菱NO8、N李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、裡里工・檀国大・尚武・日野、前代表)=メンバー外
「レギュラークラス」
◎三菱PR17、N鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운、慶煕大・三星SDI、 178CM,113KG,81/10/22生まれ )=リザーブ
「レギュラー手前、スクラムは強い」
◎三菱WTB、Nシェーン・ウィリアムズ(ウェールズ代表)=

◆クボタ-秋田NB(男鹿)
*クボタ(15)、秋田(0)
◎クボタLO18金永男(キム・ヨンナム、김영남、忠南大・尚武・三星SDI・08-09NTTドコモ・10リコー・代表)=リザーブ
「フィットネス不足を克服中」
◎クボタSH李明根(リ・ミョングン、이명근、裡里工業高・延世大・尚武・大心通商・三星SDI・07-08季ワールド、前代表)=メンバー外
「レギューラーとして活躍。今季は若手SHを育てることをチームから依頼」
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현,檀国大、学生時代に三洋練習参加)=メンバー外

◆釜石SW-日本IBM(IBM)
*釜石(14)、IBM(0)

◆東京ガス-横河武蔵野(ガス)
*ガス(10)、横河(7)
◎横河FL7延権佑(復帰、ヨン・グォンウ、연권우、忠北高・高麗大・07横河・09尚武、代表)=先発
「FWリーダーとして充実している」
◎横河NO8趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、大阪朝高・明治大、在日、高校日本)=先発
◎横河SO22趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、大阪朝高・同志社大、在日)=リザーブ

◆栗田工業-日野自動車(栗田)
*栗田(9)、日野(5)

<順位>
1:クボタ、2:三菱、3:釜石、4:東京ガス、5:栗田、6:横河、7:日野、8以下:ヤクルト、IBM、秋田

<<トップWEST>>
■第3節(10月13日、瑞穂)
◆豊田自動織機-大阪府警
*織機(5)、府警(5)
◎織機LO4鄭智弘(チョン・チホン、大阪朝高-帝京大-IBM-近鉄など)=先発
◎織機PR、N金英根(移籍、キム・ヨングン、김영근、釜山南高・延世大・三星SDI・ホンダ、代表)=メンバー外

■第4節(10月21日、鈴鹿)
◆ホンダ-豊田自動織機
*ホンダ(5)、織機(5)
◎ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈,富川北高・檀国大・尚武・大心通商、代表)=
◎織機FL鄭智弘(チョン・チホン、大阪朝高-帝京大-IBM-近鉄など)
◎織機PR、N金英根(移籍、キム・ヨングン、김영근、釜山南高・延世大・三星SDI・ホンダ、代表)

◆JR西日本-中部電力
*JR(0)、中部(0)

<<トップ九州>>
■第5節
◆マツダ-JR九州(10月13日、グローバル)
*マツダ(15)、九州(15)

◆福岡銀行-山形屋(14日、鴨池公園)
*福岡(0)、山形屋(0)

■第6節
◆中国電力-JR九州(20日、コーラ)
*中国(5)、

◆マツダ-福岡銀行(同)

◆コカ・コーラ-新日鉄八幡(21日、同)
*コーラ(15)、新日鉄4T3G(1)

<<関東大学対抗戦>>
■第6節
◆筑波大-早稲田大(14日、秩父宮)
*筑波2勝、早大2勝、
◎早稲田FL7金正奎(3年、常翔啓光学園)=。
Dscf0676_640x480
「今季、早稲田のラグビーはより理論的になってる。楽しい。去年の悔しさを晴らしたい」


■第7節
◆日本体育大-青山学院大(20日、ニッパツ)
*日体3敗、青学3敗

◆帝京大-慶應大(21日、秩父宮)
*帝京3勝、慶應1勝1敗
◎帝京NO8李聖彰(3年、東京朝鮮)=
Dscf0699_640x480
◎帝京SO朴成基(2年、大阪朝鮮)=
◎帝京CTB権裕人(2年、大阪朝鮮)=
Dscf0726_640x480
「もっとボールをもらえるように練習でアピールしてレギュラー狙います」
*下・帝京(李と権)
Dscf0727_640x480_2

◆明治大-筑波大(ケーズスタ)
*明治3勝、
◎明治LO南宗成(2年、大阪朝高)=
◎明治LO朴鐘圭(3年、大阪朝高)=
◎明治LO梁哲盛(4年、大阪朝鮮高)=

立教4敗

<<関東大学リーグ戦>>
■第6節
◆東海大-法政大(14日、キヤノン)
*東海(8)、法政(9)
◎法大CTB金勇輝(2年、大阪朝鮮)=メンバー外

◆中央大-関東学院大(秩父宮)
*中大(5)、関東(3)

■第7節
◆流通経済大-大東文化大(21日、ケーズスタ)
*流経(12)、大東(3)

◆拓殖大-日本大(キヤノン)
*拓殖(9)、日大(6)
◎日大PR高信貴=

<<関東大学リーグ戦3部>>
■第3節(10月14日)
◆朝鮮大-国際武道大(武道大)
*朝大(8)、武道大(8)

◆白鴎大-横浜国立大(同)
*白鴎(8)、横国(2)

◆東京農業大-城西大(東工大)
*農大(5)、城西(2)

◆防衛大-東京工業大大(同)
*防大(5)、東工(2)

<<関西大学Aリーグ>>
■第2節(10月14日)
◆天理大学-近畿大(花園)
*天理、近大

◆同志社大-関西学院大(同)
*同大、関学
◎関西HO金寛泰(2年、大阪朝高)=
◎関西CTB金尚浩(2年、大阪朝高)=
◎関西FB高陽日(2年、大阪朝高)=

◆立命館大-京都産業大(花園2)
*立命、京産

◆大阪体育大-摂南大(同)
*大体大、摂南
◎体大HO王鏡聞(3年、朝明高・韓国/養正中)=

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2012

韓国女子7人制代表は1勝5敗で終了。アジア7人制大会

「アジアウィメンズセブンズチャンピオンシップ」(10月6日-7日、インド・プネー、バレワディ・スポーツ・コンプレックス)。
 来年 6月にモスクワで開催されるワールドカップ・セブンズ 2013のアジア地区予選を兼ねていました。
 日本代表は17-7で勝ち、ワールドカップ・セブンズ2013 の出場権を獲得しました。

 韓国代表は、初日、プールBで戦い、3戦全敗、翌日も不戦勝の1勝2敗で終えました。
 
 今週(13-14日)、男子のムンバイセブンズ大会が行われます。しかし韓国では全国体育大会(国体)の期間中と重なります。ベストのメンバー派遣は無理ですね。
 国体出場ができなかった延世大などの選手が中心になるでしょう。
 予選で韓国はプールC。中華台北、カザフスタン、パキスタンと同じ組。
 日本はA、フィリピン、シンガポール、アフガニスタンが相手。

■韓国女子成績(10月6日)
◆韓国0-45中華台北
◆韓国0-50フィジー
◆韓国0-43スリランカ

■(7日)
◆韓国7-29イラン
◆韓国-不戦勝
◆韓国0-24UAE

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2012

サントリー唯一5連勝、神戸が2位に浮上

 10月5日(金)からの国内ラグビー、「2012~13ラグビートップリーグ(TL)」は5節。ナイターは5日で終わりです。
 そのナイターは2勝2敗同士、パナソニックとNEC戦。
 パナLO4劉とNECPR1金、今季好調の韓国選手対戦もありました。パナが5トライの38-21で勝ち3勝目。
 6日(土)は残り6試合が行われ、4連勝中だったサントリーは近鉄を6トライの49-24で下し勝ち点25で単独首位を守りました。
 一方、同じく4連勝の2位東芝はトヨタ自動車に、3位ヤマハは神戸製鋼にそれぞれ破れ、結果、4勝1分けで負け無しの神戸が勝ち点20で2位に浮上しました。
 関西では学生リーグ戦がようやく開幕。なんと近畿大が同志社を21-17で破りました。近大が同大に勝ったのは部史上、初の快挙とのことです。去年リーグ2位の同大は難しいスタートに。
 
以下、得点内容の後の()は勝ち点
<<TL>>
■第5節
◆NEC21(3-14)38パナソニック(10月5日、秩父宮)
*NEC2T1G3P(10)、パナ5T5G1P(11)
◎NEC/PR1、N金光植(キム・グァンシク、김광식、高麗大・ポスコ建設)=先発
Dscf0610_640x480
「今日は、パナソニックの圧力が強くてディフェンスも後退した。劉さんは先輩、日本で韓国選手として人気もあり後輩たちが慕ってます」
◎NEC/HO朴誠球(パク・ソング、박성구、ソウル大付高・延世大・尚武、・08-09ヤマハ)=メンバー外
「首の出術もありリハビリを終えてチームへ復帰している。Bチームで試合に出て試合韓国を取り戻す」

◎パナLO4劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、仁川機械工高・檀国大・尚武)=先発
Dscf0809_640x480
「1日の練習を100%やり、認めてもらって試合に出る。試合でも100%出し切る。今年はそうしないとチーム内の競争に勝てません。子供が11月に生まれることも自分をラグビーに積極的に取り組む意識を強くさせています」
◎パナCTB12ソニー・ビル・ウィリアムズ(SBW)=先発。この日も正確なオフロードパスなどで貢献。

◆リコー50(22-10)17福岡サニックス(6日、秩父宮)
*リコー7T6G1P(6)、サニックス2T2G1P(5)
*サニックスは後半20分までに22-17とした。21分WTBヘスケスが自陣ゴール前近くでリコーのパスをインターセプトし独走、逆転につながるトライかと思われたがリコーDFが追いつきヘスケスのパスミスを誘った。この反則からリコーがWTB横山のタッチ際の走りからトライを奪い、引き離した。

◎サニックスPR3申東ウォン(シン・ドンウォン=冫原、신동원、NZ/クライストチャーチ・ボーイズ高)=先発
◎サニックスCTB、N権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁、慶山高、三重/朝明高・帝京大)=メンバー外
Dscf0914_640x480
「初めてのトップリーグ。前に積極的に出るようにプレーしたい。課題はポジションニング。しっかりビデオで自分の動きを分析したい」
◎サニックスFL慎賢宇(シン・ヒョンウ、산현우、東京朝鮮高・朝鮮大、在日)=メンバー外
「まだまだ。Bチーム」
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、황철수、東京朝鮮高・朝鮮大、在日)=メンバー外
「Aチーム入りも期待できる」
◎サニックスCTB崔基俊(チェ・キジュン、최기준、韓国/鎮海高・朝明高・帝京大中退)=メンバー外
「現在、日本へ帰化申請。アジア枠選手の関係で日本国籍取得すればAチームも可能」

◆NTTコム23(14-5)15NTTドコモ(同)
*コム2T2G3P(13)、ドコモ3T(0)
◎NTTコムHO白孝尚(ハク・タカヨシ、啓光学園・帝京大、JJapan(在日))=メンバー外
◎ドコモSH20、N安承火赫(アン・スンヒョク、안승혁、城南西高・高麗大・尚武・09NEC)=リザーブ、後半34分
「心機一転、Aチーム入りへ奮闘中。テンポ早い球出しと得意の長いパスの復活に期待」
◎ドコモFL7,N金栄デ(金に大、キム・ヨンデ、김영대、江の川高校・大阪産大・近鉄(05-)・ホンダ(07-09)、10リコー(在日))=先発
Dscf0731_640x480
「チームから求められている低いタックル、サポートなどのワークレートをしっかりする。そのうえで持ち味の突破やジャッカルも出していきたい。チームは目先の1勝よりも少しずつ成長していくことが大事です」
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅、ソウル大付属高・延世大・尚武)=メンバー外
Dscf0756_640x480_2
「5月のケガから合流したばかり。今日の試合、東芝FWの圧力は強かった。負けたので何もない」

◆キヤノン34(10-0)5九州電力(6日、盛岡)
*キヤノン4T4G2P(11)、九電1T(3)
◎キヤノンPR金光模(キム・グァンモ、김광모、仁川機械工高・檀国大・05-09三洋)=メンバー外
「自分でAチーム入りをつかむために努力している」

◆東芝21(7-8)29トヨタ自動車(同)
*東芝3T3G(18)、トヨタ3T1G4P(14)
◎東芝LO18、N金潔(キム・ギョル、김결。養正高・高麗大・09サントリーフーズ,10-11コカコーラ)=リザーブ
1291tkim
「コーラから東芝に移籍して、一番変わったのは『ハート』」。
◎トヨタFL李光紋(イ・グァンムン、이광문、忠北高・高麗大・尚武・08サントリー、09韓国電力)=メンバー外
Dscf0582_640x480_3
「自分の突破をいかしてくれるトヨタの戦い方は合っています。日本語もうまくなり2年目でSHなどとコミュニケーションも取れています」

◆ヤマハ13(10-18)33神戸製鋼(6日、花園)
*ヤマハ1T1G2P(18)、神戸4T2G3P(20)
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、愛知朝鮮高・朝鮮大(在日))=先発、前半32分、10-17と追い上げるTも及ばず。
*11月の日本代表欧州遠征代表候補入り
Dscf0901_640x480
「期待に沿えるよう代表に入りたい」

◆サントリー49(13-3)24近鉄(同)
*サントリー6T5G3P(25)、近鉄3T3G1P(11)
◎サントリーFL、N朴淳彩(パク・スンチェ、박순채、ポスコ建設)=メンバー外
Dscf0642
「フィットネス不足はまだまだです。真面目に取り組んでいます」
◎近鉄PR3成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、大阪朝高・帝京大(在日))=先発
「チームを引っ張る。年齢的にもベテランの域へ」
◎近鉄SH9金喆元(キム・チョルウォン、김철원、韓国/養正高・朝明高・大阪体大、日本前)=先発
「今季も主力として期待されている」
◎近鉄WTB李陽(中国)=

<順位>
1:サントリー(25、+97)、2:神戸(20、+54)、3:東芝(18、+70)、4:ヤマハ(18、+58)、5:パナ(16、+75)、6:トヨタ(14、-1)、7::NTTコム(9、0)、8:近鉄(11、+16)、9:キヤノン(11、+12)、10:NEC(10、-9)、11:リコー(6、-32)、12:サニックス(5、-102)、13:九電(3、-93)、14:NTTドコモ(0、-145)

<<トップEAST>>
■第5節(10月13日)
◆三菱重工相模原-ヤクルト(三菱)
*三菱(15)、ヤクルト(0)
◎三菱NO8、N李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、裡里工・檀国大・尚武・日野、前代表)=
「レギュラークラス」
◎三菱PR、N鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운、慶煕大・三星SDI、 178CM,113KG,81/10/22生まれ )=
「レギュラー手前、スクラムは強い」
◎三菱WTB、Nシェーン・ウィリアムズ(ウェールズ代表)=

◆クボタ-秋田NB(男鹿)
*クボタ(15)、秋田(0)
◎クボタLO金永男(キム・ヨンナム、김영남、忠南大・尚武・三星SDI・08-09NTTドコモ・10リコー・代表)=
「フィットネス不足を克服中」
◎クボタSH李明根(リ・ミョングン、이명근、裡里工業高・延世大・尚武・大心通商・三星SDI・07-08季ワールド、前代表)=
「レギューラーとして活躍。今季は若手SHを育てることをチームから依頼」

◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현,檀国大、学生時代に三洋練習参加)=

◆釜石SW-日本IBM(IBM)
*釜石(14)、IBM(0)

◆東京ガス-横河武蔵野(ガス)
*ガス(10)、横河(7)
◎横河FL延権佑(復帰、ヨン・グォンウ、연권우、忠北高・高麗大・07横河・09尚武、代表)=
「FWリーダーとして充実している」
◎横河NO8趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、大阪朝高・明治大、在日、高校日本)=
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、大阪朝高・同志社大、在日)=

◆栗田工業-日野自動車(栗田)
*栗田(9)、日野(5)

<順位>
1:クボタ、2:三菱、3:釜石、4:東京ガス、5:栗田、6:横河、7:日野、8以下:ヤクルト、IBM、秋田

<<トップWEST>>
■第3節(10月13日、瑞穂)
◆豊田自動織機-大阪府警
*織機(5)、府警(5)
◎織機FL鄭智弘(チョン・チホン、大阪朝高-帝京大-IBM-近鉄など)
◎織機PR、N金英根(移籍、キム・ヨングン、김영근、釜山南高・延世大・三星SDI・ホンダ、代表)

■第4節(10月21日、鈴鹿)
◆ホンダ-豊田自動織機
*ホンダ(5)
◎ホンダSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈,富川北高・檀国大・尚武・大心通商、代表)=
◎織機FL鄭智弘(チョン・チホン、大阪朝高-帝京大-IBM-近鉄など)
◎織機PR、N金英根(移籍、キム・ヨングン、김영근、釜山南高・延世大・三星SDI・ホンダ、代表)

◆JR西日本-中部電力
*JR(0)、中部(0)

<<トップ九州>>
■第5節
◆マツダ-JR九州(10月13日、グローバル)
*マツダ(15)、九州(15)

◆福岡銀行-山形屋(14日、鴨池公園)
*福岡(0)、山形屋(0)

■第6節
◆中国電力-JR九州(20日、コーラ)
*中国(5)、

◆マツダ-福岡銀行(同)

◆コカ・コーラ-新日鉄八幡(21日、同)
*コーラ(15)、新日鉄4T3G(1)

<<関東大学対抗戦>>
■第5節
◆慶應大36(21-5)15立教大(10月7日、前橋)
*慶應6T3G1勝1敗、立教2T1G1P4敗

◆明治大68(14-8)8青山学院大
*明治10T9G3勝、青学1T1P3敗
◎明治LO5南宗成(2年、大阪朝高)=先発
◎明治LO19朴鐘圭(3年、大阪朝高)=後半、2T
◎明治LO梁哲盛(4年、大阪朝鮮高)=メンバー外

◆帝京大78(33-0)5日本体育大(8日、熊谷)
*帝京12T9G3勝、日体1T3敗
◎帝京NO8李聖彰(3年、東京朝鮮)=先発、前半1、後半2T
Dscf0699_640x480
◎帝京SO朴成基(2年、大阪朝鮮)=メンバー外
◎帝京CTB13権裕人(2年、大阪朝鮮)=先発、前半11分先制Tはじめ前半で3T
Dscf0726_640x480
「もっとボールをもらえるように練習でアピールしてレギュラー狙います」
*下・帝京(李と権)
Dscf0727_640x480_2

筑波2勝、早大2勝、
◎早稲田FL金正奎(3年、常翔啓光学園)=。
Dscf0676_640x480
「今季、早稲田のラグビーはより理論的になってる。楽しい。去年の悔しさを晴らしたい」

<<関東大学リーグ戦>>
■第5節
◆東海大28(21-5)12拓殖大(6日、キヤノン)
*東海4T4G(8)、拓殖2T1G(9)

◆流通経済大17(10-10)16法政大(8日、たつのこ、茨城)
*流経3T1G(12)、法政1T1G3P(9)
◎法大CTB金勇輝(2年、大阪朝鮮)=メンバー外

*関東(3)、
日大(7)大東大(3)、中大(5)
◎日大PR3高信貴=先発

<<関東大学リーグ戦3部>>
■第3節(10月14日)
◆朝鮮大-国際武道大(武道大)
*朝大(8)、武道大(8)

◆白鴎大-横浜国立大(同)
*白鴎(8)、横国(2)

◆東京農業大-城西大(東工大)
*農大(5)、城西(2)

◆防衛大-東京工業大大(同)
*防大(5)、東工(2)

<<関西大学Aリーグ>>
■第1節(10月7日)
◆同志社大17(3-14)21近畿大(花園)
*同大2T2G1P、近大3T3G

◆天理大17(5-10)15関西学院大(同)
*天理3T1G、関学2T1G1P
◎関西HO2金寛泰(2年、大阪朝高)=先発
◎関西CTB12金尚浩(2年、大阪朝高)=先発
◎関西FB15高陽日(2年、大阪朝高)=先発

◆立命館大38(21-5)17摂南大(花園2)
*立命6T4G、摂南3T1G

◆大阪体育大26(7-5)12京都産業大(同)
*大体大4T3G、京産2T1G
◎体大HO2王鏡聞(3年、朝明高・韓国/養正中)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2012

ポスコ4連覇、富川北高3連覇がポイント。韓国全国大会

 2012年・国体「第93回全国体育大会」が、10月11日から17日まで大邱市を中心に開催されます。ラグビーは会場がお隣の慶尚北道慶山市松花ラグビー場。
 注目は一般・大学でポスコ建設が4連覇、高校は富川北高(「プチョンプック)が3連覇に挑戦します。 以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。

<<第93回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(17日・水、14:35-)


■準決勝(15日・月、13:00-)

■2回戦(13日・土)
◆A3ポスコ建設(慶尚北道)-1回戦A1勝者(11:45-)

◆A4三星重工業(慶尚南道)-1回戦A2勝者(15:15-)

◆B2尚武(大邱市)-慶熙大(京畿道)(10:00-)

◆B3仁川体育会(仁川市)-1回戦B1勝者(13:30-)

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)-釜山大(釜山市)(12:00-)

◆A2韓国電力(江原道)-圓光大(全羅北道)(15:35-)

◆B1高麗大(ソウル市)-忠南大(大田市)(13:45-)

<高校>
■決勝(17日・水、13:00-)

■準決勝(16日・火、13:00-)
◆A

◆B

■2回戦(14日・日)
◆A5/1回戦A1-A2勝者(11:00-)

◆A4富川北高(京畿道)-1回戦A3勝者(」14:10-)

◆B3大邱商苑高(大邱市)-1回戦B1勝者(15:45-)

◆B4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)-1回戦B2勝者(12:35-)

■1回戦(12日・金)
◆A1仁川機械工業高(仁川市)-釜山体育高(釜山市)(11:35-)

◆A2忠北高(忠清北道)-ミョンソク高(大田市)(10:00-)

◆A3慶山高(慶尚北道)-裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)

◆B1オソン高(忠清南道)-鎮海高(慶尚南道)(16:20-)

◆B2順天工業高(全羅南道)-全南高(光州市)(13:10-)

<<参考、2011年第92回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(10月12日・水、14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)41(26-7)12慶熙大(京畿道)
*ポスコ6T4G1P、慶熙大2T1G
*前半でポスコが試合を決めた。4分LO5朴ヨンドン(元代表)の先制T、Gを21金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決めて7-0.慶熙は13分PR3金ヒチョルがTするとGはWTB14イム・ドンゴンが決めて7-7と追いついた。しかしポスコは3分後にSO10ユン・ヒス(代表)のT、金G成功で14-7へ。20分にもPR3金光植(キム・グァンシク、代表)のTに金G、31分WTBチョ・インス(代表)のTなどで26-7とした。
後半も9分CTB13ノ・ピョングァン(代表)のT,金Gも決まり33-7とし試合を決めた。慶熙は32分にWTB14イムのTで5点を返すのがやっとだった。

■準決勝(10日・月、13:00-)
◆三星重工業(慶尚南道)12(7-6)20慶熙大(京畿道)
*前半2分慶熙大がWTBイム・ドンゴンのPGで先制、イムは21分にもPGで0-6とした。三星は38分SH9ホン・ギナムのTとSO10イムジェボムのG成功で7-6で逆転し前半を終えた。後半に入っても7分、三星がFB15朴チャンミン(元代表)のTで12-6とリードを広げた。しかし14分にFL呉スンジョン(代表)がシンビンで退場となると1分後に慶熙がFL7李ゴンウがTを奪い、Gをイムが決め13-12と逆転した。慶熙がリードを保ちながら試合は進み35分、イム自身がTとGで20-12とし金星を獲た。

◆ポスコ建設(慶尚北道)36(26-13)27延世大(ソウル市)
*5T4G1P、延世3T3G1P
*先制は延世。1分SO10朴フンシクがPGを成功し0-3。ポスコは前半4分、PR1ヨ・ユジェ(代表)のTで逆転、GはCTB13金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決め7-3。しかし8分、延世がWTB11チェ・ニコラスのTにSOもGをきめ7-8と逆転した。ここからポスコのペーストなり11分NO8チョ・チョルヒョン(元代表)のTで12-10とこの試合計3度目の逆転。29分LO5朴ヨンドン(元代表)のT、金G成功し19-10へ。33分にもWTB14権スグァンのT、G金成功で26-10と差を広げた。延世は38分SO朴のPGで3点を返した。
 後半5分、ポスコはCTB12金鐘ス(代表、元豊田織機)のTなどで33-13。延世は26分HO2ナ・グァンヨン、36分LO5チャン・ソクファンのT(Gは朴成功)で33-27と迫った。しかしここまで。最後38分にポスコ金が確実にPGを決め終了した。

■2回戦(8日・土)
◆A1慶熙大(京畿道)73(51-0)5釜山大(釜山市)/11:00-
慶熙12T5G1D、釜山1T
*慶熙が前半4分、SHシン・ギチョルのTを皮切りに前半だけで9T3Gを奪い圧勝した。

◆A2三星重工業(慶尚南道)31(5-14)17韓国電力(江原道)/14:20-
*三星5T3G、韓電2T2G1P
*前半3分、先制は三星WTB14李ジンウクのTで5-0。13分に韓電はFB15金近ヒョン(元代表)がTを返し同点、コンバージョンをSO呉潤衡(オ・ユンヒョン、代表)が決め5-7と逆転した。韓電は24分にCTB13金成洙(キム・ソンス、代表)のT、呉G成功で5-14とリードを広げた。
 後半に入り、三星は3分、SO尹泰日(ユン・テイル、代表)がT、GをCTB12朴魯フン(パク・ノフン、代表)が決め14-12と逆転した。さらに13分朴のTをCTB13李圭ドク(代表)が成功し19-14とした。5分後、韓電は呉のPGで19-17と2点差に迫った。35分、三星はHO2黄ミンソ(ファン・ミンソ、代表)のT、最後40分にFB崔時原(チェ・シォン、代表)がTし試合を終えた。

◆B1仁川体育会(仁川市)9(9-29)50延世大(ソウル市)/16:00-
*仁川3P、延世8T5G
*延世が前半7分、WTB11呉ガンヨンのT、SO10朴フンシクのG成功で0-7と先制。13分に朴のTにGで0-14。仁川は19分SO10洪俊基(ホン・ジュンギ、代表)のPGで3-14に。しかし延世は前半にその後も3Tしたが、仁川は洪の2PGのみだった。後半は延世が確実に3T3Gを奪い準決勝へ。

◆B2ポスコ建設(慶尚北道)60(31-0)12檀国大(忠清南道)/12:40-
*ポスコ10T5G、檀国2T1G
*前半で試合が決まった。ポスコは開始50秒でWTB21金原用(キム・ウォンヨン、代表)がTを奪った。18分にHO2チョン・ヨンジェのTに金のG成功で12-0。21分FB15朴ウンシクのT、27分CTB12金鐘洙(キム・ジョンス、代表。前豊田織機)のTに金のG,さらに32分は金のTとGで31-0とした。後半、檀国は0-43の14分、FL6朴ヨンウクのTが生まれた。

■1回戦(6日・木)
◆A韓国電力(江原道)91(55-10)31圓光大(全羅北道)/13:40-
*韓電14T9G1D、圓光5T5G1P

◆B3延世大(ソウル市)78(32-0)10開明大(大邱市)/15:20-
*延世14T4G、開明2T

◆B4檀国大(忠清南道)85(33-10)18忠南大(大田市)/12:00-
*檀国13T10G、忠南3T1P

<高校>
■決勝(12日・水、13:00-)
◆富川北高(京畿道)26(19-0)24順天工業高(全羅南道)
*富川4T3G、順天4T2G
*富川が前半のリードを守り辛うじて逃げ切った。前半7分CTB12李ジョンファンのTで先制するとGはFB15韓サンホが決め7-0.15分にはSO10呉スンヒョンT、韓G成功で14-0.さらに25分WTB11文ヨングルがTを奪い19-0で前半を終えた。
後半も2分CTB李のTと韓Gで26-0へほぼ試合を決めたかに見えた。ここから順天が反撃開始。4分PR1ト・ヒョクソンがTしGはWTB14金ジタクが決め7点を返した。13分にはFL7文ソンイルのT、G金も成功し26-14へ。すると21分FL6李サンジュンがTで26-19と1T1Gへ迫った。そして29分、PR1トがTを決めたがG失敗、26-24でノーサイドとなった。

■準決勝(11日・火、13:00-)
◆富川北高(京畿道)24(7-10)24ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川4T2G、ソウル3T3G1P
*先制はソウル。前半2分、PGをFB15リュ・ジェヒョクが決め0-3.27分、ソウルはHO2金ウォンジュンのTとリュG成功で0-10とした。終了30分、富川はSH9ソ・ハンスルのTにFB15韓サンヒョンのGで3点差で前半を終えた。
 後半5分、富川がWTB14金ヨンフンのTで12-10と逆転した。11分ソウルは自慢のFWでペナルティーTを奪い12-17と再度、逆転。15分にもWTB14ソン・ヨンヒョンのT、リュGで12-24とした。しかし20分ソウルWTB11韓サンギョンがシンビンで退場となった1分後、富川がCTB12李ジョンハンのT、FB韓もGし17-24に。そして25分、FB韓がTするとGはNO8金スングが確実に決め24-24の同点とした。

◆順天工業高(全羅南道)18(13-14)14仁川機械工業高(仁川市)
*順天3T1P、仁川2T2G
*順天が鮮やかに逆転し全国大会初の決勝進出を果たした。前半7分、順天LO4金テヒョンのTで先制すると12分WTB14金ジタクのPGで8-0.仁川は16分にLO5李ガンゴンがT、GもSO10金スミンが決め8-7に。23分順天はNO8ソン・グァンジェが逆転Tを奪いGも決まり8-14とした。順天は26分、SH9ホ・ジェジュンがTし13-14で前半を終えた。
後半は一進一退。17分順天PR3金ヒョンホのTで18-14となり、そのままノーサイドに。

■2回戦(9日・日)
◆A1富川北高(京畿道)21(7-8)16慶山高(慶尚北道)/15:45-
*富川3T3G、慶山2T2P
*慶山が前半12分、SH9チュ・ウヒョンのTで先制(0-5)。20分富川がWTB11ムン・ヨングルのTで追いつきGもFB15ハン・サンフンが決め7-5と逆転した。しかし終了間際30分に慶山CTB13金ギペクのPGで7-8と再度、逆転した。
 後半2分、富川はWTBムンの2つ目のTで再逆転(G成功14-8)。8分にもCTB12李ジョンファンのT(G成功)21-8とした。慶山は22分LO5金サンジンのT、28分CT金のPGで5点差に迫ったが試合が終わった。

◆A2全南高(光州市)10(5-24)41ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)/13:15-
*全南2T、ソウル6T4G1P
*ソウルは13分WTBソン・ヨンヒョンのTを最初に18分まで3Tをあげた。全南は23分、後半30分にSH9李テスが2Tを返した。

◆B1順天工業高(全羅南道)52(38-7)7オソン高(忠清南道)/12:00-
*順天8T6G、オサン1T1G
*順天が前半1分WTB14金ジテクのTを皮切りに19分までに5Tを奪い試合を決めた。金は2T6Gの22得点。

◆B2・仁川機械工業高(仁川市)32(24-12)26釜山体育高(釜山市)/14:30-
*仁川4T3G2P、釜山4T3G
*@PGの差で仁川が勝った・前半は先制し一度、18分釜山に逆転されたが20分FL7ウン・チョンウンのTとSO10金スミンのG成功で14-12と再逆転した。前半終了間際にもWTB11朴スミンのT、SO金Gで24-12。後半も1分PR1金ギウンのTで29-12とするなどリードを守り勝利した。

■1回戦(7日・金)
◆A3慶山高(慶尚北道)48(24-0)3鎮海高(慶尚南道)/16:00-
*慶山8T4G、鎮海1P

◆A4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)32(15-5)17忠北高(忠清北道)/13:30-
*ソウル5T2G1P、忠北3T1G

◆B3順天工業高(全羅南道)34(24-5)12ミョンソク高(大田市)/11:00-
*順天5T3G1P、ミョンソク2T1G

◆B4裡里工業高(イリ・全羅北道)3(3-14)26オソン高(忠清南道)/12:15-
*イリ1P、オソン4T3G

◆B5大邱商苑高(大邱市)17(12-17)22釜山体育高(釜山市)
*大邱3T1G、釜山4T1G
 
<<2010年第91回大会>>
*会場:韓国南部の都市・鎮海公設運動場
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<大学・一般部>
■決勝(12日14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)32(18-3)10韓国電力(江原道)
*ポスコ4T3G2P、韓電1T1G1P
*先制は韓電。前半7分にCT13が決め0-3。ポスコの反撃は前半27分から。CT12がトライし5-3と逆転。33分にはFL7のトライとG(13)成功で12-3とした。
 さらに終了間際に2PGで18-3とリードを広げた。
 後半もポスコペース。1分SO10のトライ、G成功で25-3とほぼ試合を決めた。10分にも交替した21のトライ、CT13ゴールで32-3。最後の韓電の攻撃を12分、好調なWTB14トライ、ゴールに抑えて2連覇となった。
 国内大会も5連覇中だ。

■準決勝(10日)
◆A組
/韓国電力(江原道)50(24-0)26慶熙大(京畿道)(13:00-)
*韓国8T5G、慶熙4T3G

◆B組
/ポスコ建設(慶尚北道)59(40-0)10忠南大(大田市)(14:40-)
*ポスコ9T7G、忠南2T

■2回戦(8日)
◆A組①圓光大(全羅北道)3(0-63)94韓国電力(江原道)(12:40-)
*圓光1P、韓国電力16T7G
*韓国電力が前半だけで11Tをあげ圧倒した。韓国電力WTB14は3T5G。

◆A組②檀国大(忠清南道)19(7-17)29慶熙大(京畿道)(16:00-)
*檀国3T2G、慶熙5T2G

◆B組③ポスコ建設(慶尚北道)22(10-8)15尚武・韓国軍体育部隊(慶尚南道)(11:00-)
*ポスコ3T2G1P、尚武2T1G1P
*例年のように逆転ゲームを繰り広げる両者。前半8分、尚武NO8韓圭建(ハン・コンギュ)が先制トライを決め0-5.ポスコは16分、WTB14のトライとゴール成功で7-5と最初の逆転。すると20分、尚武がPGで7-8と2度目の逆転劇を見せた。前半の締めくくりはポスコCTB13が24分にPGを成功し10-8とした。
 後半に入っても逆転の連続。尚武が8分、FB15のトライ、SO10ゴールで10-15と4度目の逆転へ。ポスコは36分、NO8のトライで15-15に追いつく。
 最後はロスタイム42分にLO4のトライ、ゴール成功で22-15で終えた。

◆B組④忠南大(大田市)47(19-0)8仁川専門大(仁川市)(14:40-)
*忠南7T6G、1T1P

■1回戦(6日)
◆A①韓国電力22-22延世大(ソウル市)(12:00-)
*PG合戦。韓国5-4延世

◆A②慶熙大55(43-0)10開明大(大邱市)(15:20-)
*慶熙9T5G、開明2T

◆B③釜山大(釜山市)33(12-15)34仁川専門大(13:40-)
*釜山5T4G、仁川5T3G1P

<高校>
■決勝(12日13:00-)
◆富川北高(京畿道)20(15-14)19ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川3T1G1P、ソウル3T2G
*前半から富川が攻め8分、WT14のトライで先制(5-0)。さらに14分WT11のPG成功。18分にはWT14の2つ目のトライ、11G 成功で15-0とした。
 ソウル大は、ここから攻め24分、NO8トライしGも決め15-7とした。さらに終了間際CT12のトライ、G成功で15-14と1点差に迫った。
 後半も先に富川が25分にFB15のトライで20-14とし、ロスタイム31分ソウルはPR1がトライを決め20-19としたが、G不成功で試合を終えた。

■準決勝(11日)
◆A組/ソウル大学校師範大(学部)付属高31(14-5)17順天工業高(全羅南道)(13:00-)
*ソウル4T4G1P、順天3T1G

◆B組/東亜マイスター高(大田市)14(0-19)33富川北高(京畿道)(14:15-)
*東亜2T2G、富川北5T2G

■2回戦(9日)
◆A組①仁川工業高(仁川市)14(14-10)17ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:00-)
*仁川2T2G、ソウル3T1G

◆A組②忠北高(忠清北道)10(7-12)24順天工業高(14:30-)
*忠北1T1G1P、順天4T2G

◆B組③釜山体育高(釜山市)19(12-14)29東亜マイスター高(13:45-)
*釜山3T2G、東亜4T3G1P

◆B組④鎮海高(慶尚南道)19(0-35)40富川北高(15:45-)
*鎮海3T2G、富川北6T5G

■1回戦(7日)
◆A組①仁川工業高12(12-10)10オソン高(忠清南道)(11:00-)
*仁川2T1G、オソン1T1G1P

◆A組②慶山高(慶尚北道)17(0-24)36ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:15-)
*慶山3T1G、ソウル大6T3G

◆A組③順天工業高31(10-15)15裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*順天5T3G、裡里2T1G1P

◆B組④東亜マイスター高45(21-7)12全南高(光州市)(13:30-)
*東亜7T5G、全南2T1G

◆B組⑤大邱商苑高(大邱市)3(3-15)34富川北高(16:00-)
*大邱1P、富川北5T3G1P

<<2009年第90回大会>>
<一般・大学>
■決勝(26日14:15-)
◆ポスコ鋼板(慶尚北道)27(10-3)6韓国電力(江原道)
*ポスコ3T3G2P、韓電2P
*前半はまったりとしたペースで進む。どちらもゴール前22m手前まで攻めるが、ノッコンなどのミスを連発。
6分、韓国電力がゴール前でPGを得てキックが好調のWTB14呉ユンヒョン(前代表SO)が決め0-3。ポスコはようやく35分、ボールをつなぎ最後はHO2金ジョンオクがポスト左へTを決めた。
GもSOユン・フィス(代表)が成功し7-3と逆転。インジュアリータイム42分にユンがPGを決め10-3で前半終了。
後半最初の得点は韓国電力、10分WTB呉のPG成功で10-6と会場を沸かした。しかし19分にポスコがPG成功で突き放すと(13-3)、そのリスタートのボールをポスコがFW陣で回し、最後は右外にいた快速WTB金亨基(キム・ヒョンギ。7人制代表)へ。キムが40m独走のTを決めG成功で20-6と試合を決定づけた。
さらに終了間際PR3金光植(キム・グァンシク。代表)のTも出て27-6と初優勝を勝ち取った。

■準決勝(24日)
◆A組(13:00-)
◎韓国電力(江原道)28(14-7)7檀国大(忠清南道)
*韓電3T2G3P、檀国1T1G
*韓電が16分、WTB14呉ユンヒョンのTとGで7-0と先制した。
すると檀国は20分にSH朴ソングァンがゴール前の反則を素早くスタートしトライを返し7-7の同点に。しかし、韓電の地力が上回り30分、SCから前サントリーNO8李光紋(イ・グァンモン。代表)からLO5朴ソンギュ(代表)にパスが渡り、そのままTで14-7とした。
後半は韓電が確実に攻めて檀国の反則を誘うと呉がPG3本を成功、27分には左ライン際からSO全鐘満(チョン・ジョンマン。代表)がキックでボールを転がしインゴールでFL6金ジョンマンが抑え28-7で試合を終えた。
◆B組(14:40-)
◎ポスコ鋼板(慶尚北道)23(10-11)18尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)
*ポスコ3T1G2P,尚武2T1G2P
写真・青=ポスコ、黒=尚武
*今年6月、大統領旗大会では同点のままゴールキック合戦となった対戦。
前半7分、ポスコがゴール前SCを得ると、PR3金光植(キム・グァンシク。代表)があっさりTで先制(7-0)した。
すると尚武は13分に右ラックから左へオープン攻撃をしかけWTB11崔時ウォン(代表)がT(7-5)に。
ポスコが18分、SOユン・フィスがPGを成功し10-5と点差を広げた。
尚武は35,41分にSO洪俊基(ホン・チュンギ、代表)のPGで10-11と逆転し前半を終えた。
しかし後半、尚武LO5がシンビン中にポスコが粘り13分、PGで13-11で再逆転。さらに17分、LO5がTし18-13に。尚武は20分すぎポスコNO8がシンビンで出ると攻撃をしかけ24分、中央付近からボールを回しFL6、NO8韓建圭(ハン・コンギュ、代表)とつないでT、G成功し18-18に追いついた。
このまま一進一退が続いたが31分、ポスコは左ラインアウトで出たボールをPR1イム・ジュンフィがTし23-18に。39分、尚武が最後の攻めでポスコ・ゴール前、ポスコボールSCをポスコがハンドリングミスし尚武SO洪がターンオーバー、交代で入った19ペ・チャンファンがノッコンし最後となった。

■2回戦(22日)
◆A組
◎大心通商(忠清北道)17(10-34)58韓国電力(江原道)(11:00-)
*大心2T2G1P、韓電10T4G
◎啓明大(大邱市)12(7-38)72檀国大(忠清南道)(14:20-)
*啓明2T1G,檀国大12T4G

◆B組
◎延世大(ソウル市)12(0-14)32ポスコ鋼板(慶尚北道)(12:40-)
*延世2T1G,ポスコ5T2G1P
◎尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)38(31-17)17三星重工業(慶尚南道)(16:00-)
*尚武5T5G1P,三星2T2G1P

■1回戦(20日)
◆A組
①韓国電力(江原道)103(53-5)5釜山大(釜山市)(11:00-)
*韓電17T9G、釜1T。
②檀国大(忠清南道)59(21-7)10仁川専門大(仁川市)(14:20-)
*檀国9T7G、仁川1T1G1P。

◆B組
③ポスコ鋼板(慶尚北道)86(54-0)22圓光大(全羅北道)(12:40-)
*ポスコ16T3G、圓光4T1G
④三星重工業(慶尚南道)28(15-3)17慶熙大(京畿道)(16:00-)
*三星4T1G2P、慶熙2T2G1P

<高校部>
■決勝(26日13:00-)
◆忠北高(忠清北道)38(14-12)19慶山高(慶尚北道)
*忠北6T4G、慶山3T2G
*09春季リーグ優勝の忠北(チュンブック)と大統領旗大会V慶山(キョンサン)の好調同士の決勝戦となった。特に慶山は全国大会2年連続準優勝のため優勝が欲しい試合。
前半からFWの忠北、BK慶山という特色ある展開で会場が沸いた。先制は忠北、9分、ゴール右で得た反則からSHが自分でボールを持ち出しT、GもFB15呉グァンヨン(3年、延世大へ進学)が決め7-0。15分にも忠北が右ラインアウトを得て得意のモールで押し込みFL6がT、G成功で14-0とした。
ここから慶山が反撃、18分手敵陣10m付近からCTB12が左際を抜けるとラックを作り右へ展開しWTB11がT、14-5に。さらに22分、WTB14が抜けラックをゴール前で作りFL7がポスト左へT、G成功で14-12として前半を終えた。
後半は忠北ペースで始まった。7分、やはりLO→モールを押すとSHからNO8へ。そのままイン・ゴールへ。19-12とした。11分にはSHが2本目のTを決めG成功で26-12と試合を決めた。慶山は終了間際の29分、敵陣ゴール前にキックしたボールを忠北の処理ミスからターンオーバーしCTB13がT,SO10G成功で38-19とするのがやっとだった。

■準決勝(25日)
◆A組(13:00-)
◎忠北高(忠清北道)34(15-10)22ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*忠北5T3G1D、ソウル4T1G
◆B組(14:15-)
◎慶山高(慶尚北道)55(36-0)5城南西高(京畿道)
*慶山8T6G1P、城南西1T

■2回戦(23日)
◆A組
◎大邱商苑高(テグ市)5(0-19)29ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)(12:00-)
*大邱1T、ソウル大5T2G
◎全南高(光州市)0(0-27)41忠北高(忠清北道)(14:30-)
*忠北6T4G1D

◆B組
◎慶山高(慶尚北道)52(26-0)0順天工業高(全羅南道)(13:45-)
*慶山8T6G,
◎城南西高(京畿道)22(5-10)20東亜工業高(大田市)(15:45-)
*城南西4T1G、東亜3T1G1P

■1回戦(21日)
◆A組
①大邱商苑高(テグ市)24(14-0)19釜山南高(釜山市)(11:00-)
*テグ4T2G、釜山3T2G
②ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)60(47-3)6鎮海高(慶尚南道)(12:15-)
*ソウル大9T6G1P、鎮海2P
③忠北高(忠清北道)52(24-5)5裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*忠北8T6G、イリ1T

◆B組
④慶山高(慶尚北道)27(10-5)15仁川工業高(仁川市)(13:30-)
*慶山3T3G2P、仁川3T
⑤城南西高(京畿道)20(20-3)10オソン高(忠清南道)(16:00-)
*城南西3T1G1P、オソン1T1G1P

<<2008年第89回大会>>
<大学・社会人。全13チーム>
■決勝(10月16日14:45-)
◆尚武:韓国軍体育部隊(サンム。全羅南道。07年1位)
33(19-0)5
韓国電力(ハンジョン。江原道)
*尚武5T4G、韓電1T
◎得点経過
(前半)
1:2分、尚武WTB14/ノ・ピョングァンがトライ。
2:5分、尚武FL7/李ジェウォンがトライ。G成功、SO/オ・ユンヒョン。
3:31分、尚武CTB12/金ウァンヨンがトライ。G成功。
(後半)
1:5分、尚武PR3/ホ・ウンがトライ。WTB11/チョ・インスをフォローしパスを受ける。G成功。
2:9分、韓電LO4/金桐鮮が右隅にトライ。
3:12分、尚武WTB11がトライ。SO10のキックパスにFB22/チェ・ジェヨンが反応し拾い11はパス。G成功。

■準決勝(15日)
◆韓国電力23(15-6)18三星重工業(サムソン。慶尚南道。今季2冠)(13:30-)
*韓電3T1G1P1D、三星2T1G2P

◆尚武11(6-3)9浦項鋼板(ポスコ。慶尚北道。06&07年2位)(15:10-)
*尚武1T2P、浦項3P

■準々決勝(14日)
◆A組:三星重工業66(25-14)14大心通商(テシム。忠清北道)(11:00-)
*三星10T5G1P1D、大心2T2G

◆B組:韓国電力76(40-0)5圓光大(ウォングァン。全羅北道。大学2部)(14:20-)
*韓電12T8G、ウォン1T

◆C組:浦項鋼板41(29-5)22延世大(ヨンセ。ソウル市。今季2冠)(12:40-)
*浦項6T4G1P、延世3T2G1P

◆D組:尚武55(34-0)14檀国大(ダンクック。忠清南道)(16:00-)
*尚武8T6G1P、檀国2T2G

■1回戦(12日)
◆A組①大心通商77(36-8)釜山大(釜山市。大学2部)(10:00-)
*テシム14T7G、釜山1T1P

◆A組②慶煕大(キョンヒ。京畿道)0(0-14)47(11:40-)
*三星7T3G2P

◆B組①仁川専門大(インチョンチョンモン。仁川市。大学2部)5(5-50)65韓国電力(15:00-)
*仁川1T、韓国電10T5G1D

◆C組①忠南大(チュンナム。大田。大学3部以下)8(5-45)69延世大(13:20-)
*チュンナム1T1P、延世11T7G

◆D組①啓明大(ケミョン。大邱。大学3部以下)5(0-15)35檀国大(16:40-)
*ケミョン1T、檀国6T1G1P

<高校。13チーム>
■決勝(16日13:00-)
◆富川北高(プチョンブック。京畿道。今季2冠)
14(7-3)8慶山高(キョンサン。慶尚北道)
*富川北2T2G、慶山1T1P
*得点経過
(前半)
前半から慶山が富川陣内でキックで陣地を獲得し有利に試合を進めるがノッコンなどハンドリングミスがあり得点できない。富川も今大会は低いタックルでDFを頑張る。
1:21分、富川CTB13/金ヨンイクが慶山のパスをインターセプトし先制トライ!。
2:26分、慶山はFBがPG成功し4点差へ。
(後半)
立ち上がりから慶山の攻撃。
1:3分、慶山のPG不成功のボールを富川が自陣から回し右ラインをCTB12/金ゴンヒが走り中央にトライ。G成功。
2:18分、慶山がLOからこぼれたボールをNO8が拾いトライ。その後も攻め続けたが反則で自滅。

■準決勝(15日)
◆富川北高14(7-0)12ソウル大師範付属高(サデ。ソウル市。07年1位)(11:00-)
*富川2T2G、ソウル2T1G

◆慶山高57(33-0)3裡里工業高(イリ。全羅北道)(12:15-)
*慶山9T6G、イリ1P

■準々決勝(13日)
◆A組:忠北高(チュンブック。忠清北道)19(5-6)25富川北高(12:00-)
*忠北3T2G、富川北3T2G2P

◆B組:ソウル大師範付属高68(36-0)0鎮海高(チンヘ。慶尚南道)(14:30-)
*ソウル12T4G

◆C組:慶山高41(31-10)17東亜工業高(トンア。大田市)(13:15-)
*慶山6T4G1P、東亜2T2G1P

◆D組:裡里工業高15(3-5)8順天工業高(スンチョン。全羅南道)(15:45-)
*イリ2T1G1P、順天1T1G

■1回戦(11日)

◆A組①忠北高41(15-5)5仁川機械工業高(インチョンキフェ。仁川市)(11:00-)
*忠7T3G、仁1T

◆A組②富川北高54(25-5)10大邱商苑高(テグサンウォン)(12:00-)
*富10T2G、大2T

◆B組①釜山南高(釜山市)0(0-55)74ソウル大師範付属高(14:45-)
*ソ12T7G

◆C組①慶山高70(41-5)5オソン高(忠清南道)(13:30-)
*慶10T4G4D、オ1T

◆D組①裡里工業高42(21-0)5全南高(チョンナム・光州市)(16:00-)
*イリ6T6G、全1T

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2012 | Main | November 2012 »