« June 2013 | Main | August 2013 »

July 28, 2013

韓国U19、高校代表リスト(U19アジア選手権、日韓中大会)

 大韓ラグビー協会は、「U19アジア選手権大会」(8月11日から17日、中華台北・高雄)と「第21回日韓中大会」(8月24日から28日、中国・維坊{ウェイファン})に参加する韓国代表を発表した。

<<U19アジア選手権大会>>
<スタッフ>
■監督/金淵基(キム・ヨンギ、檀国大監督)
■コーチ/申宇植(シン・ウシク、檀国大コーチ)
■コーチ/朴チャンミン(白新高)

<選手23人>
■PR1金テファン(178/110、檀国大)
■PR1チョン・ユンシク(176/105、白新高)
■PR3金ジヒョン(187/111、高麗大)
■PRソク・ドンヒ(186/115、高麗大)
■LO,FL金ヨンジン(180/85、慶煕大)
■LO,FLイム・サンフン(176/95、檀国大)
■LOチャン・テソン(190/108、檀国大)
■LO,FLピョ・スンワン(182/123、檀国大)
■FL李ジンヒョック(187/85、高麗大)
■FLチャン・ジュンヨン(185/86、慶煕大)
■FL金ホヨン(178/80、圓(ウォン)光大)
■FLチョン・ミンソン(180/78、高麗大)
■NO8チュ・サンウ(182/98、慶煕大)
■SHアン・サンホ(171/70、富川北高)
■イム・ジョンビン(176/70、大韓ラグビー協会)
■SOパン・ソンユン(176C/74K、慶山高)
■CTBアン・ドゴン(184/83、高麗大)
■CTBノ・ミョンジン(175/85、延世大)
■WTB李ジンギュ(182/82、高麗大)
■WTBパン・ジュンヨン(181/82、檀国大)
■WTBチャン・ジョンミン(172/70、延世大)
■WTB朴テクジュン(175/75、ウォン光大)
■WTB金ジンヒョク(183/102、富川北高)
■FBハン・サンフン(179/80、慶煕大)

<<第21回日韓中大会>>
<スタッフ>
■監督/徐ボ哲(ソ・ボチョル、慶山高監督)
■コーチ/朴光一(パク・グァンイル、大韓ラグビー協会)

<選手>
■PR1姜元載(カン・ウォンジェ、ソウル大付属高3年)
■HO金浩林(キム・ホリム、慶山高3年)
■PR3金星辰(キム・ソンジン、慶山高3年)
■LO4金大渙(キム・デファン、城南西高3年)
■LO4姜讃榮(カン・チャンヨン、仁川機械工業高3年)
■LO4申現雨(シン・ヒョンウ、全南高3年)
■FL6余愍赫(ヨ・ミンヒョック、富川北高3年)
■FL6金晛友(キム・ヒョンウ、忠北高3年)
■FL7廉允哲(ヨム・ユンソク、忠北高3年)
■NO8李種成(イ・ジョンソン、白新高3年)
■NO8ソン・ハヨン(ソウル大付属高3年)
■NO8崔林旭(チェ・イムウック、城南西高3年)
■SH尹惠鎭(ユン・ヘジン、慶山高3年)
■SH洪性宗(ホン・ソンジュン、明錫(ミョンソン)高3年)
■SH徐光錫(ソ・グァンソク、裡里工業高3年)
■SO李承錫(イ・スンソク、白新高3年)
■SO韓九珉(ハン・グミン、ソウル大付属高3年)
■CTB13金泰亨(キム・テヒョン、順天工業高3年)
■CTB12趙賢禹(チョ・ヒョンウ、養正高3年)
■WTB14申宗ミン(シン・ジョンミン、富川北高3年)
■FB李定桓(イ・ジョンファン、富川北高3年)
■FB朴鎭悦(パク・ジンヨル、ソウル都市科学技術高3年)
■金起賢(キム・ギヒョン、培材高3年)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

韓国ラグビー、城南西は中高兄弟優勝逃す

 韓国ではラグビー「第24回大統領旗全国種別ラグビー大会」が7月17日(水)から27日(土)まで全羅南道康津(カンジン)で開催された。
 27日は高校と中学の決勝2試合があり高校は古豪・養正高(ヤンジョン)が城南西高(ソンナムソ)を23-15で下し国内大会2008年10月(全国体育大会)以来、5年ぶりの優勝。
 中学は城南西中(ソンナムソ)が武珍中(ムジン)を7T43-12で圧勝し春季リーグ戦に続き今季2冠となった。城南西は中高兄弟Vを目指したが春季リーグ戦と同じだった。
「2013韓国日程、結果」をダウンロード

<<第24回大統領旗全国種別ラグビー大会>>
<一般>
*4チーム参加。SFKホールディングスは昨年、創設のチームで15人制大会初参加。
春季リーグ戦優勝の三星重工業が有力。尚武(韓国軍体育部隊)は今季、初の大会。
■決勝(22日、14:10)
◆三星重工業24(24-7)19尚武・団体合同チーム
*三星3T3G1P、尚武3T2G
*三星が前半のリードを守り切った。4分HO2ファン・ミンソ(代表)がT、CTB13李セホ(代表)がGし先制、李は9分にもPGを決め10-0。尚武は10分WTB11ユン・ソニョンのT、G成功で3点差に詰め寄った。三星が15分WTB14金ゴンヒ、21分FB15チェ・シウォンのT(Gは李成功)で24-7で前半を終えた。後半、尚武が28分、35分にTを返したが遅かった。

■準決勝(18日)
◆三星重工業43(23-12)36ポスコ建設
*三星5T3G4P、ポスコ5T4G1P
*トライ数は同じながら三星が前半のリードで逃げ切った。三星が前半5分CTB13李セホ(代表)のPGで先制、2分後にも李がPGを決め6-0.ポスコは16分FB1朴ウンソクのT、19分SH9安承ヒョ(前NTTドコモ、NEC。前代表)がTし逆転、GはSO10洪俊基(前代表)が決6-12に。すると三星は22分WTB11李ウィギュのTで11-12とすると29分SH9イム・デフンのTで逆転、さらに1Tを加え23-12で前半を終えた。後半、ポスコが1PGすると三星はWTB11李がT、ポスコが12分SH安のTで返す(30-22)。14分、三星SH9イムのT、G成功で37-22へ。25分、三星CTB李のPGで40-22とし、ポスコは2T2G返したが及ばなかった。

◆尚武99(40-8)8SFK
*尚武15T12G、SFK1T1P
*先制はSFK。前半8分SO10朴ジスがPGを決めた。しかし12分尚武CTB5チャ・ソンギュンのT、GはSO10朴フンシク成功で逆転すると前半で計6T5Gした。SFKも27分SH9朴ソングアンがTを返した。後半は尚武が4分SO15ヤン・スウンのTを最初に9Tを奪い99-8でSFKを退けた。

<大学>
*3チーム参加。春季優勝の延世大が断トツ。
■決勝(20日、16:00-)
◆延世大33(7-0)7檀国大
*延世大5T4G、檀国大1T1G
*延世は前半26分、WTB11金ヒョンロのT,FB15ナム・ヨンスのGで先制した。後半4分、ナムのTで追加点をあげると檀国が17分LO5金ミョンボのT、Gも決まり12-7とした。ここから延世が21分以降、3連続Tで大会3連覇を達成した。

■1回戦(17日)
◆延世大52(42-10)17慶煕大(キョンヒ)
*延世7T7G1P、慶煕3T1G

<高校>
*10チーム参加。春季準優勝の城南西高(ソンナムソ)が中心。今春GWサニックス大会参加の白新高(ペクシン、昨年今大会2位)と大会2連覇を狙う忠北高(チュンボック)が2回戦で直接対決。
■決勝(27日、15:10)
◆養正高(ヤンジョン)23(17-5)15城南西高(ソンナムソ)
*養正2T2G3P、城南西3T
*養正が準決勝と同じく前半のリードでVとなった。4分CTB13金ドンウクのTで先制するとGもSO10ペク・ヒョンウが決め7-0。14分、城南西がHO2李ビョンスのTで7-5とした。養正は24分SO李のPG、34分WTB11金スンソンTにG成功で17-5とリードを広げた。養正は後半も4分SO李のPGで追加、城南西はLO4金デファンなど2Tで20-15と迫った。最後は李の3つ目のPGで振り切った。

■準決勝(25日)
◆A養正高(ヤンジョン)24(19-10)22忠北高(チュンブック)
*養正4T2G、忠北高4T1G
*養正が前半のリードを逃げ切った。7-5の26分LO4金ジンファンのTとSO10ペク・ヒョンウのGで14-5。さらに30分、FB15チョ・ヒョンウのTで19-5へ。35分、忠北がLO5チョン・ヒギルのTで19-10で前半を終えた。後半11分に養正はCTB13金ドンウクのT。その後、忠北が17分、26分に2T1Gを返したがノーサイドに。

◆B城南西高(ソンナムソ)52(26-10)15仁川機械工業高(インチョンキゴ)
*城南西高8T6G、仁川3T
*城南西は前半3分HO2李ビョンスのTで先制、GはCTB12リュウ・ヨンウンが決め7-0に。7分にはSO10チェ・ダフンのTで12-0とした。仁川が10分、FL7イム・ソンハのTで5点を返したが、城南西は23分、34分にも連続Tで差を広げた。後半も2分にNO8チェ・イムウクのこの日2本目のTで加点し33-10とした。さらに3Tを追加、仁川は1Tを返しただけだった。

■2回戦(23日)
◆A②養正高26(12-3)3釜山体育高
*養正4T3G、釜山1P

◆A③忠北高27-5白新高(ペクシン)

◆B②仁川機械工業高19(14-5)17全南高(チョンナム)
*仁川3T2G、全南3T1G

◆B③城南西高54(21-0)3ソウル科学技術高
*城南西8T7G、ソウル1P

■1回戦(21日)
◆A①養正高51(15-12)17慶山高(キョンサン)
*養正8T4G1P、慶山3T1G

◆B①全南高33(7-0)7裡里工業高(イリコンゴ)
*全南5T4G、裡里1T1G

<中学>
*6チーム参加。春季優勝の城南西中(ソンナムソ)が抜きんでる。
■決勝(27日)
◆城南西中(ソンナムソ)43(29-5)12武珍(ムジン)中
*城南西7T4G、武珍2T1G
*城南西が前半で決めた。1分CTB9ユン・ヨンフンのT、9分LO4金フィウン、14分SO12金ヨンホの3連続Tで15-0とする。武珍は19分WTB11李ヨンジンがTし15-5に。しかし城南西が21分LO4金のT、SO7金インホのG成功で22-5へ。SO金は25分、後半5分と7分に3連続のTとGを自ら挙げ23得点の活躍だった。武珍は後半7分、こちらもSH6金ドゥヨンのTとGで7点を返すのみ。

■準決勝(24日)
◆A/城南西中54(21-5)10一山東中(イルサンドン)
*城南西8T7G、一山2T

◆B/珍島中(チンド)10(5-19)26武珍中
*珍島2T、武珍4T3G

■1回戦(22日)
◆A①城南西中34(19-0)7大安中(テアン)
*城南西5T3G1P、大安1T1G

◆B①珍島中38(19-0)7シンアム中
*珍島6T4G、シンアム1T1G

<<参考、2012第23回大統領旗大会>>
<一般>
■決勝(7月9日、16:10-)
◆ポスコ建設25(14-0)12三星重工業
*ポスコ3T2G2P、三星2T1G

■準決勝(2日)
◆三星重工業27-21尚武(軍体育部隊)(14:00-)

◆ポスコ建設81-10仁川市体育会(15:45-)

■1回戦(6月28日、16:00-)
◆尚武35-25韓国電力

<大学>
■決勝(9日、14:00-)
◆延世大29(19-10)22高麗大
*延世5T2G, 高麗3T2G1P

■準決勝(3日)
◆延世大31-23檀国大(14:00-)

◆高麗大13-5慶熙大(15:45-)

<高校>
■決勝(24日、16:10-)
◆忠北高40-22白新高

■準決勝(22日)
◆A白新高29-18ソウル大付属高(15:20-)
◆B忠北高7-5仁川機械工業高(16:55-)

■2回戦(20日)
◆A1ソウル大付属高31-18ソウル北工業高(12:00-)

◆A2白新高27-12大邱商苑高(13:35-)

◆B1忠北高53-5天安オソン高(15:10-)

◆B2仁川機械工業高53-5裡里工業高(16:45-)

■1回戦(18日、16:00-)
◆Aソウル大付属高26-24城南西高

<中学>
■決勝(24日、15:00-)
◆富川北中31-12城南西中

■準決勝(22日)
◆A富川北中33-23一山東中(13:00-)

◆B城南西中35-28延壽中(14:10-)

■1回戦(19日)
◆A1一山東中12-5江信中(14:00-)

◆B1城南西中28-22富平中(15:10-)

◆B2延壽中60-0大安中(16:25-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2013

韓国ラグビー大会、高校2強は養正と城南西

 韓国ではラグビー「第24回大統領旗全国種別ラグビー大会」が7月17日(水)から27日(土)まで全羅南道康津(カンジン)で開催中。
 25日は高校準決勝2試合があり古豪・養正高(ヤンジョン)と城南西高(ソンナムソ)が決勝へ。
 24日の中学準決勝2試合では城南西中(ソンナムソ)、武珍中(ムジン)が勝ち上がった。
 城南西(ソンナムソ)は中高兄弟Vを目指す。

<<第24回大統領旗全国種別ラグビー大会>>
<一般>
*4チーム参加。SFKホールディングスは昨年、創設のチームで15人制大会初参加。
春季リーグ戦優勝の三星重工業が有力。尚武(韓国軍体育部隊)は今季、初の大会。
■決勝(22日、14:10)
◆三星重工業24(24-7)19尚武・団体合同チーム
*三星3T3G1P、尚武3T2G
*三星が前半のリードを守り切った。4分HO2ファン・ミンソ(代表)がT、CTB13李セホ(代表)がGし先制、李は9分にもPGを決め10-0。尚武は10分WTB11ユン・ソニョンのT、G成功で3点差に詰め寄った。三星が15分WTB14金ゴンヒ、21分FB15チェ・シウォンのT(Gは李成功)で24-7で前半を終えた。後半、尚武が28分、35分にTを返したが遅かった。

■準決勝(18日)
◆三星重工業43(23-12)36ポスコ建設
*三星5T3G4P、ポスコ5T4G1P
*トライ数は同じながら三星が前半のリードで逃げ切った。三星が前半5分CTB13李セホ(代表)のPGで先制、2分後にも李がPGを決め6-0.ポスコは16分FB1朴ウンソクのT、19分SH9安承ヒョ(前NTTドコモ、NEC。前代表)がTし逆転、GはSO10洪俊基(前代表)が決6-12に。すると三星は22分WTB11李ウィギュのTで11-12とすると29分SH9イム・デフンのTで逆転、さらに1Tを加え23-12で前半を終えた。後半、ポスコが1PGすると三星はWTB11李がT、ポスコが12分SH安のTで返す(30-22)。14分、三星SH9イムのT、G成功で37-22へ。25分、三星CTB李のPGで40-22とし、ポスコは2T2G返したが及ばなかった。

◆尚武99(40-8)8SFK
*尚武15T12G、SFK1T1P
*先制はSFK。前半8分SO10朴ジスがPGを決めた。しかし12分尚武CTB5チャ・ソンギュンのT、GはSO10朴フンシク成功で逆転すると前半で計6T5Gした。SFKも27分SH9朴ソングアンがTを返した。後半は尚武が4分SO15ヤン・スウンのTを最初に9Tを奪い99-8でSFKを退けた。

<大学>
*3チーム参加。春季優勝の延世大が断トツ。
■決勝(20日、16:00-)
◆延世大33(7-0)7檀国大
*延世大5T4G、檀国大1T1G
*延世は前半26分、WTB11金ヒョンロのT,FB15ナム・ヨンスのGで先制した。後半4分、ナムのTで追加点をあげると檀国が17分LO5金ミョンボのT、Gも決まり12-7とした。ここから延世が21分以降、3連続Tで大会3連覇を達成した。

■1回戦(17日)
◆延世大52(42-10)17慶煕大(キョンヒ)
*延世7T7G1P、慶煕3T1G

<高校>
*10チーム参加。春季準優勝の城南西高(ソンナムソ)が中心。今春GWサニックス大会参加の白新高(ペクシン、昨年今大会2位)と大会2連覇を狙う忠北高(チュンボック)が2回戦で直接対決。
■決勝(27日、15:10)
◆養正高(ヤンジョン)-城南西高(ソンナムソ)
*養正、城南西

■準決勝(25日)
◆A養正高(ヤンジョン)24(19-10)22忠北高(チュンブック)
*養正4T2G、忠北高4T1G
*養正が前半のリードを逃げ切った。7-5の26分LO4金ジンファンのTとSO10ペク・ヒョンウのGで14-5。さらに30分、FB15チョ・ヒョンウのTで19-5へ。35分、忠北がLO5チョン・ヒギルのTで19-10で前半を終えた。後半11分に養正はCTB13金ドンウクのT。その後、忠北が17分、26分に2T1Gを返したがノーサイドに。

◆B城南西高(ソンナムソ)52(26-10)15仁川機械工業高(インチョンキゴ)
*城南西高8T6G、仁川3T
*城南西は前半3分HO2李ビョンスのTで先制、GはCTB12リュウ・ヨンウンが決め7-0に。7分にはSO10チェ・ダフンのTで12-0とした。仁川が10分、FL7イム・ソンハのTで5点を返したが、城南西は23分、34分にも連続Tで差を広げた。後半も2分にNO8チェ・イムウクのこの日2本目のTで加点し33-10とした。さらに3Tを追加、仁川は1Tを返しただけだった。

■2回戦(23日)
◆A②養正高26(12-3)3釜山体育高
*養正4T3G、釜山1P

◆A③忠北高27-5白新高(ペクシン)

◆B②仁川機械工業高19(14-5)17全南高(チョンナム)
*仁川3T2G、全南3T1G

◆B③城南西高54(21-0)3ソウル科学技術高
*城南西8T7G、ソウル1P

■1回戦(21日)
◆A①養正高51(15-12)17慶山高(キョンサン)
*養正8T4G1P、慶山3T1G

◆B①全南高33(7-0)7裡里工業高(イリコンゴ)
*全南5T4G、裡里1T1G

<中学>
*6チーム参加。春季優勝の城南西中(ソンナムソ)が抜きんでる。
■決勝(27日)
◆城南西中(ソンナムソ)-武珍(ムジン)中

■準決勝(24日)
◆A/城南西中54(21-5)10一山東中(イルサンドン)
*城南西8T7G、一山2T

◆B/珍島中(チンド)10(5-19)26武珍中
*珍島2T、武珍4T3G

■1回戦(22日)
◆A①城南西中34(19-0)7大安中(テアン)
*城南西5T3G1P、大安1T1G

◆B①珍島中38(19-0)7シンアム中
*珍島6T4G、シンアム1T1G

<<参考、2012第23回大統領旗大会>>
<一般>
■決勝(7月9日、16:10-)
◆ポスコ建設25(14-0)12三星重工業
*ポスコ3T2G2P、三星2T1G

■準決勝(2日)
◆三星重工業27-21尚武(軍体育部隊)(14:00-)

◆ポスコ建設81-10仁川市体育会(15:45-)

■1回戦(6月28日、16:00-)
◆尚武35-25韓国電力

<大学>
■決勝(9日、14:00-)
◆延世大29(19-10)22高麗大
*延世5T2G, 高麗3T2G1P

■準決勝(3日)
◆延世大31-23檀国大(14:00-)

◆高麗大13-5慶熙大(15:45-)

<高校>
■決勝(24日、16:10-)
◆忠北高40-22白新高

■準決勝(22日)
◆A白新高29-18ソウル大付属高(15:20-)
◆B忠北高7-5仁川機械工業高(16:55-)

■2回戦(20日)
◆A1ソウル大付属高31-18ソウル北工業高(12:00-)

◆A2白新高27-12大邱商苑高(13:35-)

◆B1忠北高53-5天安オソン高(15:10-)

◆B2仁川機械工業高53-5裡里工業高(16:45-)

■1回戦(18日、16:00-)
◆Aソウル大付属高26-24城南西高

<中学>
■決勝(24日、15:00-)
◆富川北中31-12城南西中

■準決勝(22日)
◆A富川北中33-23一山東中(13:00-)

◆B城南西中35-28延壽中(14:10-)

■1回戦(19日)
◆A1一山東中12-5江信中(14:00-)

◆B1城南西中28-22富平中(15:10-)

◆B2延壽中60-0大安中(16:25-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

韓国ラグビー中学2強決まる

 韓国ではラグビー「第24回大統領旗全国種別ラグビー大会」が7月17日(水)から27日(土)まで全羅南道康津(カンジン)で開催中。
 24日は中学準決勝2試合が行われ城南西中(ソンナムソ)、武珍中(ムジン)が決勝へ進んだ。

<<第24回大統領旗全国種別ラグビー大会>>
<一般>
*4チーム参加。SFKホールディングスは昨年、創設のチームで15人制大会初参加。
春季リーグ戦優勝の三星重工業が有力。尚武(韓国軍体育部隊)は今季、初の大会。
■決勝(22日、14:10)
◆三星重工業24(24-7)19尚武・団体合同チーム
*三星3T3G1P、尚武3T2G
*三星が前半のリードを守り切った。4分HO2ファン・ミンソ(代表)がT、CTB13李セホ(代表)がGし先制、李は9分にもPGを決め10-0。尚武は10分WTB11ユン・ソニョンのT、G成功で3点差に詰め寄った。三星が15分WTB14金ゴンヒ、21分FB15チェ・シウォンのT(Gは李成功)で24-7で前半を終えた。後半、尚武が28分、35分にTを返したが遅かった。

■準決勝(18日)
◆三星重工業43(23-12)36ポスコ建設
*三星5T3G4P、ポスコ5T4G1P
*トライ数は同じながら三星が前半のリードで逃げ切った。三星が前半5分CTB13李セホ(代表)のPGで先制、2分後にも李がPGを決め6-0.ポスコは16分FB1朴ウンソクのT、19分SH9安承ヒョ(前NTTドコモ、NEC。前代表)がTし逆転、GはSO10洪俊基(前代表)が決6-12に。すると三星は22分WTB11李ウィギュのTで11-12とすると29分SH9イム・デフンのTで逆転、さらに1Tを加え23-12で前半を終えた。後半、ポスコが1PGすると三星はWTB11李がT、ポスコが12分SH安のTで返す(30-22)。14分、三星SH9イムのT、G成功で37-22へ。25分、三星CTB李のPGで40-22とし、ポスコは2T2G返したが及ばなかった。

◆尚武99(40-8)8SFK
*尚武15T12G、SFK1T1P
*先制はSFK。前半8分SO10朴ジスがPGを決めた。しかし12分尚武CTB5チャ・ソンギュンのT、GはSO10朴フンシク成功で逆転すると前半で計6T5Gした。SFKも27分SH9朴ソングアンがTを返した。後半は尚武が4分SO15ヤン・スウンのTを最初に9Tを奪い99-8でSFKを退けた。

<大学>
*3チーム参加。春季優勝の延世大が断トツ。
■決勝(20日、16:00-)
◆延世大33(7-0)7檀国大
*延世大5T4G、檀国大1T1G
*延世は前半26分、WTB11金ヒョンロのT,FB15ナム・ヨンスのGで先制した。後半4分、ナムのTで追加点をあげると檀国が17分LO5金ミョンボのT、Gも決まり12-7とした。ここから延世が21分以降、3連続Tで大会3連覇を達成した。

■1回戦(17日)
◆延世大52(42-10)17慶煕大(キョンヒ)
*延世7T7G1P、慶煕3T1G

<高校>
*10チーム参加。春季準優勝の城南西高(ソンナムソ)が中心。今春GWサニックス大会参加の白新高(ペクシン、昨年今大会2位)と大会2連覇を狙う忠北高(チュンボック)が2回戦で直接対決。
■決勝(27日、15:10)

■準決勝(25日)
◆A養正高(ヤンジョン)-忠北高(チュンブック)
◆B仁川機械工業高(インチョンキゴ)-城南西高(ソンナムソ)

■2回戦(23日)
◆A②養正高26(12-3)3釜山体育高
*養正4T3G、釜山1P

◆A③忠北高27-5白新高(ペクシン)

◆B②仁川機械工業高19(14-5)17全南高(チョンナム)
*仁川3T2G、全南3T1G

◆B③城南西高54(21-0)3ソウル科学技術高
*城南西8T7G、ソウル1P

■1回戦(21日)
◆A①養正高51(15-12)17慶山高(キョンサン)
*養正8T4G1P、慶山3T1G

◆B①全南高33(7-0)7裡里工業高(イリコンゴ)
*全南5T4G、裡里1T1G

<中学>
*6チーム参加。春季優勝の城南西中(ソンナムソ)が抜きんでる。
■決勝(27日)
◆城南西中(ソンナムソ)-武珍(ムジン)中

■準決勝(24日)
◆A/城南西中54(21-5)10一山東中(イルサンドン)
*城南西8T7G、一山2T

◆B/珍島中(チンド)10(5-19)26武珍中
*珍島2T、武珍4T3G

■1回戦(22日)
◆A①城南西中34(19-0)7大安中(テアン)
*城南西5T3G1P、大安1T1G

◆B①珍島中38(19-0)7シンアム中
*珍島6T4G、シンアム1T1G

<<参考、2012第23回大統領旗大会>>
<一般>
■決勝(7月9日、16:10-)
◆ポスコ建設25(14-0)12三星重工業
*ポスコ3T2G2P、三星2T1G

■準決勝(2日)
◆三星重工業27-21尚武(軍体育部隊)(14:00-)

◆ポスコ建設81-10仁川市体育会(15:45-)

■1回戦(6月28日、16:00-)
◆尚武35-25韓国電力

<大学>
■決勝(9日、14:00-)
◆延世大29(19-10)22高麗大
*延世5T2G, 高麗3T2G1P

■準決勝(3日)
◆延世大31-23檀国大(14:00-)

◆高麗大13-5慶熙大(15:45-)

<高校>
■決勝(24日、16:10-)
◆忠北高40-22白新高

■準決勝(22日)
◆A白新高29-18ソウル大付属高(15:20-)
◆B忠北高7-5仁川機械工業高(16:55-)

■2回戦(20日)
◆A1ソウル大付属高31-18ソウル北工業高(12:00-)

◆A2白新高27-12大邱商苑高(13:35-)

◆B1忠北高53-5天安オソン高(15:10-)

◆B2仁川機械工業高53-5裡里工業高(16:45-)

■1回戦(18日、16:00-)
◆Aソウル大付属高26-24城南西高

<中学>
■決勝(24日、15:00-)
◆富川北中31-12城南西中

■準決勝(22日)
◆A富川北中33-23一山東中(13:00-)

◆B城南西中35-28延壽中(14:10-)

■1回戦(19日)
◆A1一山東中12-5江信中(14:00-)

◆B1城南西中28-22富平中(15:10-)

◆B2延壽中60-0大安中(16:25-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラグマガ発売日

 今日25日は「ラグビーマガジン9月号」と「ラグビークリニック/特集タックルから始まる」の発売日です。
Rm1309cover
Rccover_m

  韓国情報はラグマガ75ページに女子代表コーチ姜ドンホさんの訪日感想記を掲載しました。
Dscf1152
Dscf1151

 写真提供ヤマハ長谷川コーチにも感謝。

 もう1冊、今日発売の「週刊現代」藤島大さんコラム「ラグビー男たちの肖像」は拓大PR具智元君。それぞれ書店でご笑覧ご購入を。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2013

韓国ラグビー高校4強決まる

 韓国ではラグビー「第24回大統領旗全国種別ラグビー大会」が7月17日(水)から27日(土)まで全羅南道康津(カンジン)で開催中。
 23日は高校準決勝4試合が行われ城南西高(ソンナムソ)、忠北高(チュンブック)などがベスト4へ。

<<第24回大統領旗全国種別ラグビー大会>>
<一般>
*4チーム参加。SFKホールディングスは昨年、創設のチームで15人制大会初参加。
春季リーグ戦優勝の三星重工業が有力。尚武(韓国軍体育部隊)は今季、初の大会。
■決勝(22日、14:10)
◆三星重工業24(24-7)19尚武・団体合同チーム
*三星3T3G1P、尚武3T2G
*三星が前半のリードを守り切った。4分HO2ファン・ミンソ(代表)がT、CTB13李セホ(代表)がGし先制、李は9分にもPGを決め10-0。尚武は10分WTB11ユン・ソニョンのT、G成功で3点差に詰め寄った。三星が15分WTB14金ゴンヒ、21分FB15チェ・シウォンのT(Gは李成功)で24-7で前半を終えた。後半、尚武が28分、35分にTを返したが遅かった。

■準決勝(18日)
◆三星重工業43(23-12)36ポスコ建設
*三星5T3G4P、ポスコ5T4G1P
*トライ数は同じながら三星が前半のリードで逃げ切った。三星が前半5分CTB13李セホ(代表)のPGで先制、2分後にも李がPGを決め6-0.ポスコは16分FB1朴ウンソクのT、19分SH9安承ヒョ(前NTTドコモ、NEC。前代表)がTし逆転、GはSO10洪俊基(前代表)が決6-12に。すると三星は22分WTB11李ウィギュのTで11-12とすると29分SH9イム・デフンのTで逆転、さらに1Tを加え23-12で前半を終えた。後半、ポスコが1PGすると三星はWTB11李がT、ポスコが12分SH安のTで返す(30-22)。14分、三星SH9イムのT、G成功で37-22へ。25分、三星CTB李のPGで40-22とし、ポスコは2T2G返したが及ばなかった。

◆尚武99(40-8)8SFK
*尚武15T12G、SFK1T1P
*先制はSFK。前半8分SO10朴ジスがPGを決めた。しかし12分尚武CTB5チャ・ソンギュンのT、GはSO10朴フンシク成功で逆転すると前半で計6T5Gした。SFKも27分SH9朴ソングアンがTを返した。後半は尚武が4分SO15ヤン・スウンのTを最初に9Tを奪い99-8でSFKを退けた。

<大学>
*3チーム参加。春季優勝の延世大が断トツ。
■決勝(20日、16:00-)
◆延世大33(7-0)7檀国大
*延世大5T4G、檀国大1T1G
*延世は前半26分、WTB11金ヒョンロのT,FB15ナム・ヨンスのGで先制した。後半4分、ナムのTで追加点をあげると檀国が17分LO5金ミョンボのT、Gも決まり12-7とした。ここから延世が21分以降、3連続Tで大会3連覇を達成した。

■1回戦(17日)
◆延世大52(42-10)17慶煕大(キョンヒ)
*延世7T7G1P、慶煕3T1G

<高校>
*10チーム参加。春季準優勝の城南西高(ソンナムソ)が中心。今春GWサニックス大会参加の白新高(ペクシン、昨年今大会2位)と大会2連覇を狙う忠北高(チュンボック)が2回戦で直接対決。
■決勝(27日、15:10)

■準決勝(25日)
◆A養正高-忠北高
◆B仁川機械工業高(インチョンキゴ)-城南西高

■2回戦(23日)
◆A②養正高26(12-3)3釜山体育高
*養正4T3G、釜山1P

◆A③忠北高27-5白新高

◆B②仁川機械工業高(インチョンキゴ)19(14-5)17全南高
*仁川3T2G、全南3T1G

◆B③城南西高54(21-0)3ソウル科学技術高
*城南西8T7G、ソウル1P

■1回戦(21日)
◆A①養正高(ヤンジョン)51(15-12)17慶山高(キョンサン)
*養正8T4G1P、慶山3T1G

◆B①全南高(チョンナム)33(7-0)7裡里工業高(イリコンゴ)
*全南5T4G、裡里1T1G

<中学>
*6チーム参加。春季優勝の城南西中(ソンナムソ)が抜きんでる。
■決勝(27日)

■準決勝(24日)
◆A/城南西中-一山東中(イルサンドン)
◆B/珍島中(チンド)-ウジン中

■1回戦(22日)
◆A①城南西中34(19-0)7大安中(テアン)
*城南西5T3G1P、大安1T1G

◆B①珍島中(チンド)38(19-0)7シンアム中
*珍島6T4G、シンアム1T1G

<<参考、2012第23回大統領旗大会>>
<一般>
■決勝(7月9日、16:10-)
◆ポスコ建設25(14-0)12三星重工業
*ポスコ3T2G2P、三星2T1G

■準決勝(2日)
◆三星重工業27-21尚武(軍体育部隊)(14:00-)

◆ポスコ建設81-10仁川市体育会(15:45-)

■1回戦(6月28日、16:00-)
◆尚武35-25韓国電力

<大学>
■決勝(9日、14:00-)
◆延世大29(19-10)22高麗大
*延世5T2G, 高麗3T2G1P

■準決勝(3日)
◆延世大31-23檀国大(14:00-)

◆高麗大13-5慶熙大(15:45-)

<高校>
■決勝(24日、16:10-)
◆忠北高40-22白新高

■準決勝(22日)
◆A白新高29-18ソウル大付属高(15:20-)
◆B忠北高7-5仁川機械工業高(16:55-)

■2回戦(20日)
◆A1ソウル大付属高31-18ソウル北工業高(12:00-)

◆A2白新高27-12大邱商苑高(13:35-)

◆B1忠北高53-5天安オソン高(15:10-)

◆B2仁川機械工業高53-5裡里工業高(16:45-)

■1回戦(18日、16:00-)
◆Aソウル大付属高26-24城南西高

<中学>
■決勝(24日、15:00-)
◆富川北中31-12城南西中

■準決勝(22日)
◆A富川北中33-23一山東中(13:00-)

◆B城南西中35-28延壽中(14:10-)

■1回戦(19日)
◆A1一山東中12-5江信中(14:00-)

◆B1城南西中28-22富平中(15:10-)

◆B2延壽中60-0大安中(16:25-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2013

元流通経済大・鹿田主将が韓国ラグビーデビュー

 韓国ではラグビー「第24回大統領旗全国種別ラグビー大会」が7月17日(水)から27日(土)まで全羅南道康津(カンジン)で開催中。
 22日の一般(社会人)決勝は三星重工業が24-19で尚武(韓国軍体育部隊)&合同チームを破り優勝。合同チームのHO2で元流通経済大主将の鹿田翔平が先発出場した(後半27分に交替)。
*写真は公式記録。左側の選手リストにSHIKATAと記載あり。
Snmss2

 鹿田は18日の準決勝でもリザーブ16番で後半開始直後から出場した。
 尚武・徐天吾(ソ・チョンオ)監督は「鹿田選手は尚武の練習をコーチしてくれた。今回、特別に出場した」と話す。大韓ラグビー協会の要請もあったようだ。
 鹿田は大学卒業後の12年春、三星重工業入りを希望して渡韓したがチーム加入できていなかった。

<<第24回大統領旗全国種別ラグビー大会>>
<一般>
*4チーム参加。SFKホールディングスは昨年、創設のチームで15人制大会初参加。
春季リーグ戦優勝の三星重工業が有力。尚武(韓国軍体育部隊)は今季、初の大会。
■決勝(22日、14:10)
◆三星重工業24(24-7)19尚武・団体合同チーム
*三星3T3G1P、尚武3T2G
*三星が前半のリードを守り切った。4分HO2ファン・ミンソ(代表)がT、CTB13李セホ(代表)がGし先制、李は9分にもPGを決め10-0。尚武は10分WTB11ユン・ソニョンのT、G成功で3点差に詰め寄った。三星が15分WTB14金ゴンヒ、21分FB15チェ・シウォンのT(Gは李成功)で24-7で前半を終えた。後半、尚武が28分、35分にTを返したが遅かった。

■準決勝(18日)
◆三星重工業43(23-12)36ポスコ建設
*三星5T3G4P、ポスコ5T4G1P
*トライ数は同じながら三星が前半のリードで逃げ切った。三星が前半5分CTB13李セホ(代表)のPGで先制、2分後にも李がPGを決め6-0.ポスコは16分FB1朴ウンソクのT、19分SH9安承ヒョ(前NTTドコモ、NEC。前代表)がTし逆転、GはSO10洪俊基(前代表)が決6-12に。すると三星は22分WTB11李ウィギュのTで11-12とすると29分SH9イム・デフンのTで逆転、さらに1Tを加え23-12で前半を終えた。後半、ポスコが1PGすると三星はWTB11李がT、ポスコが12分SH安のTで返す(30-22)。14分、三星SH9イムのT、G成功で37-22へ。25分、三星CTB李のPGで40-22とし、ポスコは2T2G返したが及ばなかった。

◆尚武99(40-8)8SFK
*尚武15T12G、SFK1T1P
*先制はSFK。前半8分SO10朴ジスがPGを決めた。しかし12分尚武CTB5チャ・ソンギュンのT、GはSO10朴フンシク成功で逆転すると前半で計6T5Gした。SFKも27分SH9朴ソングアンがTを返した。後半は尚武が4分SO15ヤン・スウンのTを最初に9Tを奪い99-8でSFKを退けた。

<大学>
*3チーム参加。春季優勝の延世大が断トツ。
■決勝(20日、16:00-)
◆延世大33(7-0)7檀国大
*延世大5T4G、檀国大1T1G
*延世は前半26分、WTB11金ヒョンロのT,FB15ナム・ヨンスのGで先制した。後半4分、ナムのTで追加点をあげると檀国が17分LO5金ミョンボのT、Gも決まり12-7とした。ここから延世が21分以降、3連続Tで大会3連覇を達成した。

■1回戦(17日)
◆延世大52(42-10)17慶煕大(キョンヒ)
*延世7T7G1P、慶煕3T1G

<高校>
*10チーム参加。春季準優勝の城南西高(ソンナムソ)が中心。今春GWサニックス大会参加の白新高(ペクシン、昨年今大会2位)と大会2連覇を狙う忠北高(チュンボック)が2回戦で直接対決。
■決勝(27日、15:10)

■準決勝(25日)
◆A
◆B

■2回戦(23日)
◆A②釜山体育高-養正高
◆A③白新高-忠北高
◆B②仁川機械工業高(インチョンキゴ)-全南高
◆B③城南西高-ソウル科学技術高

■1回戦(21日)
◆A①養正高(ヤンジョン)51(15-12)17慶山高(キョンサン)
*養正8T4G1P、慶山3T1G

◆B①全南高(チョンナム)33(7-0)7裡里工業高(イリコンゴ)
*全南5T4G、裡里1T1G

<中学>
*6チーム参加。春季優勝の城南西中(ソンナムソ)が抜きんでる。
■決勝(27日、)

■準決勝(24日)
◆A/A①勝者-一山東中(イルサンドン)
◆B/B①勝者-ウジン中

■1回戦(22日)
◆A①城南西中-大安中(テアン)
◆B①珍島中(チンド)-シンアム中

<<参考、2012第23回大統領旗大会>>
<一般>
■決勝(7月9日、16:10-)
◆ポスコ建設25(14-0)12三星重工業
*ポスコ3T2G2P、三星2T1G

■準決勝(2日)
◆三星重工業27-21尚武(軍体育部隊)(14:00-)

◆ポスコ建設81-10仁川市体育会(15:45-)

■1回戦(6月28日、16:00-)
◆尚武35-25韓国電力

<大学>
■決勝(9日、14:00-)
◆延世大29(19-10)22高麗大
*延世5T2G, 高麗3T2G1P

■準決勝(3日)
◆延世大31-23檀国大(14:00-)

◆高麗大13-5慶熙大(15:45-)

<高校>
■決勝(24日、16:10-)
◆忠北高40-22白新高

■準決勝(22日)
◆A白新高29-18ソウル大付属高(15:20-)
◆B忠北高7-5仁川機械工業高(16:55-)

■2回戦(20日)
◆A1ソウル大付属高31-18ソウル北工業高(12:00-)

◆A2白新高27-12大邱商苑高(13:35-)

◆B1忠北高53-5天安オソン高(15:10-)

◆B2仁川機械工業高53-5裡里工業高(16:45-)

■1回戦(18日、16:00-)
◆Aソウル大付属高26-24城南西高

<中学>
■決勝(24日、15:00-)
◆富川北中31-12城南西中

■準決勝(22日)
◆A富川北中33-23一山東中(13:00-)

◆B城南西中35-28延壽中(14:10-)

■1回戦(19日)
◆A1一山東中12-5江信中(14:00-)

◆B1城南西中28-22富平中(15:10-)

◆B2延壽中60-0大安中(16:25-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2013

初陣SFK、8-99で惨敗!

 韓国ラグビー「第24回大統領旗全国種別ラグビー大会」が7月17日(水)から27日(土)まで全羅南道康津(カンジン)で開催中。
 17日は大学の準決勝1試合が行われ延世大が順当勝ちし、決勝へ進んだ。
 18日は一般(社会人)の準決勝2試合があり、初めての国内大会公式参加のSFKホールディングスは尚武(韓国軍体育部隊)の前に計15トライ99点を奪われ姿を消した。

<<第24回大統領旗全国種別ラグビー大会>>
<一般>
*4チーム参加。SFKホールディングスは昨年、創設のチームで15人制大会初参加。
春季リーグ戦優勝の三星重工業が有力。尚武(韓国軍体育部隊)は今季、初の大会。
■決勝(22日、14:10)
◆三星重工業-尚武

■準決勝(18日)
◆三星重工業43(23-12)36ポスコ建設
*三星5T3G4P、ポスコ5T4G1P
*トライ数は同じながら三星が前半のリードで逃げ切った。三星が前半5分CTB13李セホ(代表)のPGで先制、2分後にも李がPGを決め6-0.ポスコは16分FB1朴ウンソクのT、19分SH9安承ヒョ(前NTTドコモ、NEC。前代表)がTし逆転、GはSO10洪俊基(前代表)が決6-12に。すると三星は22分WTB11李ウィギュのTで11-12とすると29分SH9イム・デフンのTで逆転、さらに1Tを加え23-12で前半を終えた。後半、ポスコが1PGすると三星はWTB11李がT、ポスコが12分SH安のTで返す(30-22)。14分、三星SH9イムのT、G成功で37-22へ。25分、三星CTB李のPGで40-22とし、ポスコは2T2G返したが及ばなかった。

◆尚武99(40-8)8SFK
*尚武15T12G、SFK1T1P
*先制はSFK。前半8分SO10朴ジスがPGを決めた。しかし12分尚武CTB5チャ・ソンギュンのT、GはSO10朴フンシク成功で逆転すると前半で計6T5Gした。SFKも27分SH9朴ソングアンがTを返した。後半は尚武が4分SO15ヤン・スウンのTを最初に9Tを奪い99-8でSFKを退けた。

<大学>
*3チーム参加。春季優勝の延世大が断トツ。
■決勝(20日、16:00-)
◆檀国大-延世大

■1回戦(17日)
◆延世大52(42-10)17慶煕大(キョンヒ)
*延世7T7G1P、慶煕3T1G

<高校>
*10チーム参加。春季準優勝の城南西高(ソンナムソ)が中心。今春GWサニックス大会参加の白新高(ペクシン、昨年今大会2位)と大会2連覇を狙う忠北高(チュンボック)が2回戦で直接対決。
■決勝(27日、15:10)

■準決勝(25日)
◆A
◆B

■2回戦(23日)
◆A②釜山体育高-A①勝者
◆A③白新高-忠北高
◆B②仁川機械工業高(インチョンキゴ)-B①勝者
◆B③城南西高-ソウル科学技術高

■1回戦(21日)
◆A①養正高(ヤンジョン)-慶山高(キョンサン)
◆B①裡里工業高(イリコンゴ)-全南高(チョンナム)

<中学>
*6チーム参加。春季優勝の城南西中(ソンナムソ)が抜きんでる。
■決勝(27日、)

■準決勝(24日)
◆A/A①勝者-一山東中(イルサンドン)
◆B/B①勝者-ウジン中

■1回戦(22日)
◆A①城南西中-大安中(テアン)
◆B①珍島中(チンド)-シンアム中

<<参考、2012第23回大統領旗大会>>
<一般>
■決勝(7月9日、16:10-)
◆ポスコ建設25(14-0)12三星重工業
*ポスコ3T2G2P、三星2T1G

■準決勝(2日)
◆三星重工業27-21尚武(軍体育部隊)(14:00-)

◆ポスコ建設81-10仁川市体育会(15:45-)

■1回戦(6月28日、16:00-)
◆尚武35-25韓国電力

<大学>
■決勝(9日、14:00-)
◆延世大29(19-10)22高麗大
*延世5T2G, 高麗3T2G1P

■準決勝(3日)
◆延世大31-23檀国大(14:00-)

◆高麗大13-5慶熙大(15:45-)

<高校>
■決勝(24日、16:10-)
◆忠北高40-22白新高

■準決勝(22日)
◆A白新高29-18ソウル大付属高(15:20-)
◆B忠北高7-5仁川機械工業高(16:55-)

■2回戦(20日)
◆A1ソウル大付属高31-18ソウル北工業高(12:00-)

◆A2白新高27-12大邱商苑高(13:35-)

◆B1忠北高53-5天安オソン高(15:10-)

◆B2仁川機械工業高53-5裡里工業高(16:45-)

■1回戦(18日、16:00-)
◆Aソウル大付属高26-24城南西高

<中学>
■決勝(24日、15:00-)
◆富川北中31-12城南西中

■準決勝(22日)
◆A富川北中33-23一山東中(13:00-)

◆B城南西中35-28延壽中(14:10-)

■1回戦(19日)
◆A1一山東中12-5江信中(14:00-)

◆B1城南西中28-22富平中(15:10-)

◆B2延壽中60-0大安中(16:25-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2013

韓国ラグビー「大統領旗大会」17日開幕!

 韓国ラグビー「第24回大統領旗全国種別ラグビー大会」が7月17日(水)から27日(土)まで全羅南道康津(カンジン)で開催中。
 17日は大学の準決勝1試合が行われ延世大が順当勝ちし、決勝へ進んだ。

<<第24回大統領旗全国種別ラグビー大会>>
<一般>
*4チーム参加。SFKホールディングスは昨年、創設のチームで15人制大会初参加。
春季リーグ戦優勝の三星重工業が有力。尚武(韓国軍体育部隊)は今季、初の大会。
■決勝(22日、14:10)

■準決勝(18日)
◆三星重工業-ポスコ建設
◆尚武-SFK

<大学>
*3チーム参加。春季優勝の延世大が断トツ。
■決勝(20日、16:00-)
◆檀国大-1回戦勝者

■1回戦(17日)
◆延世大52-17慶煕大(キョンヒ)

<高校>
*10チーム参加。春季準優勝の城南西高(ソンナムソ)が中心。今春GWサニックス大会参加の白新高(ペクシン、昨年今大会2位)と大会2連覇を狙う忠北高(チュンボック)が2回戦で直接対決。
■決勝(27日、15:10)

■準決勝(25日)
◆A
◆B

■2回戦(23日)
◆A②釜山体育高-A①勝者
◆A③白新高-忠北高
◆B②仁川機械工業高(インチョンキゴ)-B①勝者
◆B③城南西高-ソウル科学技術高

■1回戦(21日)
◆A①養正高(ヤンジョン)-慶山高(キョンサン)
◆B①裡里工業高(イリコンゴ)-全南高(チョンナム)

<中学>
*6チーム参加。春季優勝の城南西中(ソンナムソ)が抜きんでる。
■決勝(27日、)

■準決勝(24日)
◆A/A①勝者-一山東中(イルサンドン)
◆B/B①勝者-ウジン中

■1回戦(22日)
◆A①城南西中-大安中(テアン)
◆B①珍島中(チンド)-シンアム中

<<参考、2012第23回大統領旗大会>>
<一般>
■決勝(7月9日、16:10-)
◆ポスコ建設25(14-0)12三星重工業
*ポスコ3T2G2P、三星2T1G

■準決勝(2日)
◆三星重工業27-21尚武(軍体育部隊)(14:00-)

◆ポスコ建設81-10仁川市体育会(15:45-)

■1回戦(6月28日、16:00-)
◆尚武35-25韓国電力

<大学>
■決勝(9日、14:00-)
◆延世大29(19-10)22高麗大
*延世5T2G, 高麗3T2G1P

■準決勝(3日)
◆延世大31-23檀国大(14:00-)

◆高麗大13-5慶熙大(15:45-)

<高校>
■決勝(24日、16:10-)
◆忠北高40-22白新高

■準決勝(22日)
◆A白新高29-18ソウル大付属高(15:20-)
◆B忠北高7-5仁川機械工業高(16:55-)

■2回戦(20日)
◆A1ソウル大付属高31-18ソウル北工業高(12:00-)

◆A2白新高27-12大邱商苑高(13:35-)

◆B1忠北高53-5天安オソン高(15:10-)

◆B2仁川機械工業高53-5裡里工業高(16:45-)

■1回戦(18日、16:00-)
◆Aソウル大付属高26-24城南西高

<中学>
■決勝(24日、15:00-)
◆富川北中31-12城南西中

■準決勝(22日)
◆A富川北中33-23一山東中(13:00-)

◆B城南西中35-28延壽中(14:10-)

■1回戦(19日)
◆A1一山東中12-5江信中(14:00-)

◆B1城南西中28-22富平中(15:10-)

◆B2延壽中60-0大安中(16:25-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2013

ラグビーW杯大使発表

7月15日(祝日)、3連休の最後は、さきほどまで「ラグビーワールドカップ2019アンバサダー発表会見」に行ってきました。

 アンバサダーとは大使の意味。今回は普及広報大使の役割を持ちます。

 日本代表OBで代表試合出場数(CAP)最多の6選手が選ばれました。
 元木由記雄さん(神戸、CAP79)、大畑大介さん(同、58)、増保輝則さん(同、47)、桜庭吉彦さん(新日鉄釜石、43)、松田務さん(東芝、43)、田沼広之さん(リコー、42)の面々でした。
 
 会見では大畑さんが「自分で一番発信力があるので宣伝部長になる」と宣言。
20137151

 会見後は招かれたファン約50人と大使6人が6つのテーブルに分かれて「2019W杯のためにファンができること」を話し合い発表。

20137153

 「女性と子供を集める」「一人一人があらゆる機会で宣伝。仕事場で物を落としたら『ノックオン』などラグビー用語で盛り立てる」「ラグビーグッズを作る。ウェールズ戦では子供サイズがなかった経験から」「アンバサダーは私たちの意見を協会に伝える役割を」「トップリーグ選手が日本代表戦を自ら応援に行けるように練習試合を調整するべき」など意見が続出していました。
20137154

 組織委員会や日本ラグビー協会にとっても耳の痛い意見も。
 これをどう生かすかは委員会にかかっています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2013

関東大学オールスター戦

 7月7日(日)、昨日は午後からラグビー「関東大学オールスターゲーム」を取材。たぶんグランドは40度以上でしたね。
 先発に対抗戦はFL6金正奎(早大4年)、NO8李聖彰(帝京4年)、CTB13権裕人(帝京3年)。
Dscf4033
Dscf3979

リーグ戦はPR3具智元(拓殖1年、韓国出身)と4人が登場。

■関東大学オールスター(秩父宮)
◆対抗戦55(33-0)28リーグ戦
*対抗戦9T5G、リーグ戦4T4G

 試合は、関東大学対抗戦が前半4分FL金正奎(早大)のトライを皮切りに前半だけで5本のトライで33対0でリード。
Dscf3988

 後半も金が2分、トライを奪うと17分までに4トライで55対0に。しかしリーグ戦はここから反撃、24分ゴール前ラインアウトからトライを決め38分までに4トライを返し55対28で終えました。
 この試合、唯一、両チーム1年生で選ばれたリーグ戦拓殖大PR3具智元(韓国出身、写真右)は先発に名を連ねました。
Dscf3989

 一生懸命、スクラムを押し接点に駆け込んでいました。「1年生で一人だけ選ばれてプレッシャーがあった。お父さん(東春氏=92年から本田技研鈴鹿)から『自分の仕事をしっかりしていい姿を見せなさい』と話があった」。

Dscf4042
 試合後は対抗戦主将を務めた李聖彰(帝京、左)とのツーショットも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2013 | Main | August 2013 »