« キヤノンが2ndステージ上位へ進出。TL | Main | All BlacksがJapanに圧勝。 »

October 28, 2013

神戸、東芝が2ndステージ上位へ。

 10月26日からの国内ラグビー。
 トップリーグ(TL)は1stステージ最終日の第7節。
 Aでは、サントリーがNTTドコモを30-13で下し首位で2ndステージ上位グループへ。3位・神戸から5位・トヨタまで2ndステージ上位グループ(1-8位決定)に進める4位のチャンスがあります。
 神戸対NTTコムは神戸33-11コムで、神戸が通過へ。
 Bは3位・東芝から6位・近鉄まで数字上は可能性がありました。
 東芝は近鉄を3点差22対19で下し勝ち点23で3位通過。キヤノンが首位ヤマハに4Tを奪い28-18で下し勝ち点5追加で20(得失点差+26)しました。クボタも5Tでコカ・コーラから勝ち点5を得て20とし並びましたが、得失点差(-4)でキヤノンが暫定3位へ入り2ndステージ上位グループが決定。クボタは東芝の結果次第でした。
 Bの首位は26日、勝ち点5で28としたパナソニック。
 関東大学リーグ戦3部では、首位4連勝、朝鮮大が4敗、防衛大と対戦。防大が37対29で今季初勝利、もう1チームの全勝・埼工大も東京農大に17対22で敗れ全勝が消えました。次節(11月10日)、朝鮮大と埼工大戦です。

<<TOP LEAGUE2013-14>>
■第7節(10月26日~10月27日)
<A>1:サントリー(30)、2:NEC(25)、3:神戸(24)、4:トヨタ(22)、5:NTTコム(19)、6:NTTドコモ(10)、7:織機(11)、8:九電(0)
◆サントリー34(10-10)13NTTドコモ(26日、秩父宮)
*サントリー4T4G2P(30)、ドコモ1T1G2P(10)
◎サントリーFL朴淳彩(パク・スンチェ、박순체、 POSCO、慶煕大)。
Sun19p12
写真提供:松本かおりさん
◎サントリーPR18申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、福岡サニックス、NZクライストチャーチ高校
◎ドコモPR3許雄(ホ・ウン、延世大)。
Dhon1
「まだ新しいスクラムの組み方ができていない」
◎ドコモFL7金栄馬大(キム・ヨンデ)。
Dkim1
Dkimsc
「今、TLはジャッカルよりもカウンターラックで見極めることが主で、自分もジャッカルにいくよりもこの動きをしています」
◎ドコモPR17張泰堉(関西学院大、大阪朝鮮高)。

◆NEC3(3-7)23トヨタ自動車(柏の葉)
*NEC1P(25)、トヨタ2T2G3P(22)
◎NEC/PR金光植(キム・グァンシク、김광식、高麗大)
Neckimgate
「新しいスクラムの組み方には対応しています」

◆神戸33(11-3)11NTTコム(27日、コカコーラ広島)
*神戸4T2G3P(24)、コム1T2P(19)

◆豊田自動織機54(33-7)19九州電力(福岡)
*織機9T6G(11)、九電3T2G(0)
◎織機LO4鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、帝京大)。

<B>1:パナソニック(28)、2:ヤマハ(25)、3:東芝(23)、4:キヤノン(20、+26)、5:クボタ(20、-4)、6:近鉄(13)、7:リコー(9)、8:コーラ(6)
◆ヤマハ18(11-14)28キヤノン(26日、秩父宮)
*ヤマハ2T1G2P(25)、キヤノン4T4G(20、+26)
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、朝鮮大)。

◆パナソニック41(15-11)18リコー(太田)
*パナ6T4G1P(28)、リコー2T1G2P(9)
◎パナFL/LO4劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、檀国大)。
Yonnamu
*撮影/松本かおりさん

◆クボタ30(15-14)26コカ・コーラ(レベスタ福岡)
*クボタ5T1G1P(20)、コーラ4T3G(6)
◎クボタSH李明根(り・ミョングン、이명근、ワールド、三星SDI、延世大)
「SH井上はいいですね。立川とも高校、大学とコンビで連携ができています」
◎クボタHO18朴誠球(パク・ソング、박성구、NEC、ヤマハ、延世大)

◆東芝22(19-12)19近鉄(27日、コカコーラ鳥取)
*東芝3T2G1P(23)、近鉄3T2G(13)
◎東芝LO金光紋(イ・グァンムン、이광문、トヨタ、韓国電力、サントリー、高麗大。負傷中)
「(8月のサントリーB戦で右腕前腕部を骨折)。2ndステージ復帰を目指している」
◎東芝WTB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、三星重工業、東芝、高麗大)
「10月初めまで入院」
◎近鉄SH金哲元(キム・チョルウォン、김철원、大阪体育大)。
「コンディションはいいです」
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、帝京大)
◎近鉄WTB14李陽(中国農業大)
 
<<トップイースト>>
■第6節
◆ヤクルト20(10-21)28秋田NB(27日、茨城KSスタ)
*ヤクルト(10)、秋田4T4G(10)
◎秋田PR18趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。

■第7節(11月2日-4日)
◆三菱重工相模原-栗田工業(2日、三菱)
*三菱(25)、栗田(15)
◎三菱NO8李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)

◆釜石SW-横河武蔵野(福島)
*釜石(24)、横河(18)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)
13914ykyon
13914ykyon2
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
13914ykcyo
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、同志社大、大阪朝鮮高)

◆東京ガス-日野自動車(ガス)
*ガス(21)、日野(1)
◎日野SO金原用(キム・ウォンヨン、김원용、ポスコ建設、檀国大)
13914hkim
◎日野FL李基桓(イ・ギファン、이기환、檀国大)
13914hinolee

◆日本IBM-秋田NB(3日、IBM)
*IBM(0)、秋田()
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。

◆ヤクルト-セコム(4日、秩父宮)
*ヤクリト()、セコム(0)

<<トップウェストA>>
■第6節
◆中部電力-大阪府警(11月2日、花園2)
*中部(5)、府警(5)

Honda、JR西日本
**Honda(15)、西日本(0)
◎HondaSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)。

<<トップキュウシュウA>>
■第6節
◆JR』九州106(40-0)7鹿児島銀行(26日、鹿児島・鴨池)
*九州16T13G(10)、鹿銀1T1G(1)

◆三菱重工長崎64-22新日鉄八幡(福岡)
*三菱(10)、八幡(0)

◆マツダ17(0-13)13中国電力(コカコーラ広島)
*マツダ2T(24)、中国1T(20)

*サニックス(25)、

<<関東大学対抗戦A>>
■第7節(11月3日)
◆帝京大-早稲田大(秩父宮)
*帝京(4勝)、早大(4勝)
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)
◎早稲田FL金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
Wkimtry
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆明治大-慶應大
*明治(3勝1敗)慶應(3勝1敗)

◆筑波大-日本体育大(茨城KS)
*筑波(1勝3敗)、日体(4敗)

◆青山学院大-成蹊大(熊谷)
*青山(1勝3敗)、成蹊(4敗)

<<関東大学リーグ戦>>
■第7節
◆流通経済大45(24-5)15立正大(27日、茨城KS)
*流経7T5G(4勝16)、立正2T1G1P(1勝4敗8)

◆法政大19(7-7)26大東文化大(秩父宮)
*法大3T2G(1勝4敗8)、大東大4T3G(2勝2敗10)
◎法政CTB12金勇輝(キン・ユンヒ、3年、大阪朝鮮)。

■第8節
◆東海大-大東文化大(11月2日、キヤノン)
*東海(3勝1敗13)、大東

◆中央大-拓殖大(4日、上柚木)
*中央(4勝16)、拓殖3T2G1P(4敗4)
◎拓殖PR具智元(グ・ジウォン、구지원1年、日本文理、韓国)。
T32

◎拓殖SO具智允(グ・ジユン、구지윤2年、日本文理、韓国)。
T211

◎拓殖WTB姜秉周(カン・ピョンジュ、강병주1年、日本文理、韓国)
Tkan


◆流通経済大-日本大
*流経、日大(2勝2敗10)

<<関東大学リーグ3部>>
■第5節(27日)
◆埼玉工業大17(7-19)22東京農業大(農大)
*埼工大2T2G1P(4勝1敗17)、農大3T2G1P(4勝1敗17)
*東京農大が埼工大の2人の留学生LO4モツアプアカアライモアナ(3年)、NO8タウファオリヴェ(3年)のペネトレーター(突破役)を止め切り勝利をつかんだ。
S48

先制は埼工大に許したが前半17分にSO依田幸大(2年)が左タッチライン際を快走、トライを奪い7対5の2点差に迫ると29分右WTB板倉克麿(4年)が逆転トライを右隅に決めた。
N14try

3分後、自由奔放なランを見せた山崎慎伍(3年)がポスト下へ走り込む。
コンバージョンはFB村本雄利(4年)が決め7対19。

埼工大は、後半は5分に1T1GPGで10点を返し17対19とした。
さらに2人の留学生がボールを持ちゲインを図るも東京農大の執拗なタックルで行く手を塞がれた。
S8toppa

東京農大にPGで点差を広げられノーサイドに。
部員が23人(4年3人、1年は4人)というなかで戦う埼工大・西村浩之監督は「ケガ人がでており影響した。大学の支援は変わらないがなかなか部員が増えない」と言う。
勝利の東京農大・小野﨑慧監督は「春、埼工大に60点を取られ負けた(7対63)。今日の試合が山場と選手に言い聞かせてきた。DFは埼工大の留学生を止めることに集中した」と会心の出来に満足した。

◆朝鮮大29(22-18)37防衛大
*朝大4T3G1P(4勝1敗17)、防大6T2G1P(1勝4敗8)
*どちらが勝ってもよいシーソーゲーム。最後は防大のゴール前の粘りのDFが勝利を呼び込んだ。
 前半3分、FB渋谷大輝(2年)がPGで先制すると7分に左WTB宮沢知佑(2年)がトライラインを越え0対8とリードする。朝鮮大は19分、左WTB高漢民(コウ・ハンミン、2年)がトライを返し5対8へ。
防大が24分に自慢のFWが敵陣ゴール前ラインアウトからモールで押し込み5対13と差を広げる。
30分、朝鮮大CTB金淳志(キン・スンジ、研究科1年)のトライ、G成功で1点差へ迫ると33分にFB金翔大(キム・サンデ、4年)のPG成功で15対13と逆転した。
C13try

しかし2分後、防大が敵陣ゴール前で得た反則をFW陣がゴールラインへ持ち込んで15対18と逆転。
38分、朝鮮大もFL金誠治(キム・ソンジ、4年)が防大ゴール前ラインアウトからモールで押し込みトライを奪いG成功で再び逆転、22対18で前半を終えた。
後半6分、防大がラインアウトからNO8伊藤陽童(4年)のトライで22対23。
朝鮮大は10分、防大ゴール前のスクラムからフェーズを重ね右WTB金時裕(キン・シユ、3年)がトライを返し29対23へ。
C4try

しかし防大は23分、再びNO8伊藤の2つ目のトライで29対28とし、ここまでコンバージョンをすべて失敗したFB渋谷が成功し29対30へ。
朝鮮大はしつように防大ゴールへ迫るが防大は低い献身的なタックル、ラックでのターンオーバーを繰り返す
Bdf

36分、すきをついた防大がFB渋谷のトライで試合を決め、今季初勝利を勝ち取った。

攻守両面でチームを引っ張った防大HO眞田光隆(4年)は栃木・佐野高出身。高校時代は早大OB藤掛三男監督から「タックルを学びました」と話す。
Bcap
「今日の一戦にかけていました。初めての勝利で嬉しい」と涙を見せた。
Bhc

山本巧監督も「大学からラグビーを始めた学生や高校時代もレギュラークラスでなかった学生がほとんど。FWとDF、強みをしっかり準備した結果が出た。学生の戦いに感動した。残りも1試合1試合、大事に戦う」こちらも涙。
敗れた朝鮮大、李鐘基(リ・チョンギ)監督は「4勝と4敗のチームという試合。選手には勝てるという慢心が2日前の練習前に見えた。ここを修正できなかった。トライも朝鮮大のフェーズを重ねて取りきるというものでなく個人のスキルで取ったもの。敗戦をいい機会ととらえて精神的なものを直したい」と前を向いた。


◆東京工業大27-20東京理科大(武道大)
*東工大(3勝2敗14)、理科大(5敗5)

◆国際武道大56-0城西大
*武道大(3勝2敗14)、城西(2勝3敗11)

<<関西大学Aリーグ>>
■第4節(27日)
◆同志社大25(11-7)12関西学院大(鶴見緑地)
*同大3T2G2P(3勝1敗)、関学2T1G(2勝2敗)
◎関学LO5金茂雄(キン・シゲオ、3年、尾道)
◎関学WTB1金尚浩(キム・サンホ、3年、大阪朝鮮)
◎関学FB15高陽日(コウ・ヤンイル、3年、大阪朝鮮)
◎関学HO3金寛泰(キム・ガンテ、3年、大阪朝鮮)

◆立命館大31(24-0)5京都産業大
*立命4T4G1P(4勝)、京都1T(3勝1敗)、
◎京都FL7李智栄(リ・チヨン、1年、大阪朝鮮)
◎京都SH9梁正秋(リャン・ジョンチュ、3年、大阪朝鮮)
◎京都PR16金亨志(キム・ヒョンジ、2年、大阪朝鮮)

◆大阪体育大19(12-7)14近畿大(天理親里)
*体大3T2G(2勝2敗)、2T2G近大(4敗)
◎体大PR1王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문、4学年、韓国/養正中)。
◎近大SH21金孝玟(リ・ヒョムン、4年、大阪朝鮮)

◆天理大55(22-0)7関西大
*天理8T6G1P1勝(1勝3敗)、関大1T1G(1勝3敗)
◎天理FL6李淳也(リ・ジュンヤ、2年、常翔啓光)

|

« キヤノンが2ndステージ上位へ進出。TL | Main | All BlacksがJapanに圧勝。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 神戸、東芝が2ndステージ上位へ。:

« キヤノンが2ndステージ上位へ進出。TL | Main | All BlacksがJapanに圧勝。 »