« September 2013 | Main | November 2013 »

October 28, 2013

神戸、東芝が2ndステージ上位へ。

 10月26日からの国内ラグビー。
 トップリーグ(TL)は1stステージ最終日の第7節。
 Aでは、サントリーがNTTドコモを30-13で下し首位で2ndステージ上位グループへ。3位・神戸から5位・トヨタまで2ndステージ上位グループ(1-8位決定)に進める4位のチャンスがあります。
 神戸対NTTコムは神戸33-11コムで、神戸が通過へ。
 Bは3位・東芝から6位・近鉄まで数字上は可能性がありました。
 東芝は近鉄を3点差22対19で下し勝ち点23で3位通過。キヤノンが首位ヤマハに4Tを奪い28-18で下し勝ち点5追加で20(得失点差+26)しました。クボタも5Tでコカ・コーラから勝ち点5を得て20とし並びましたが、得失点差(-4)でキヤノンが暫定3位へ入り2ndステージ上位グループが決定。クボタは東芝の結果次第でした。
 Bの首位は26日、勝ち点5で28としたパナソニック。
 関東大学リーグ戦3部では、首位4連勝、朝鮮大が4敗、防衛大と対戦。防大が37対29で今季初勝利、もう1チームの全勝・埼工大も東京農大に17対22で敗れ全勝が消えました。次節(11月10日)、朝鮮大と埼工大戦です。

<<TOP LEAGUE2013-14>>
■第7節(10月26日~10月27日)
<A>1:サントリー(30)、2:NEC(25)、3:神戸(24)、4:トヨタ(22)、5:NTTコム(19)、6:NTTドコモ(10)、7:織機(11)、8:九電(0)
◆サントリー34(10-10)13NTTドコモ(26日、秩父宮)
*サントリー4T4G2P(30)、ドコモ1T1G2P(10)
◎サントリーFL朴淳彩(パク・スンチェ、박순체、 POSCO、慶煕大)。
Sun19p12
写真提供:松本かおりさん
◎サントリーPR18申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、福岡サニックス、NZクライストチャーチ高校
◎ドコモPR3許雄(ホ・ウン、延世大)。
Dhon1
「まだ新しいスクラムの組み方ができていない」
◎ドコモFL7金栄馬大(キム・ヨンデ)。
Dkim1
Dkimsc
「今、TLはジャッカルよりもカウンターラックで見極めることが主で、自分もジャッカルにいくよりもこの動きをしています」
◎ドコモPR17張泰堉(関西学院大、大阪朝鮮高)。

◆NEC3(3-7)23トヨタ自動車(柏の葉)
*NEC1P(25)、トヨタ2T2G3P(22)
◎NEC/PR金光植(キム・グァンシク、김광식、高麗大)
Neckimgate
「新しいスクラムの組み方には対応しています」

◆神戸33(11-3)11NTTコム(27日、コカコーラ広島)
*神戸4T2G3P(24)、コム1T2P(19)

◆豊田自動織機54(33-7)19九州電力(福岡)
*織機9T6G(11)、九電3T2G(0)
◎織機LO4鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、帝京大)。

<B>1:パナソニック(28)、2:ヤマハ(25)、3:東芝(23)、4:キヤノン(20、+26)、5:クボタ(20、-4)、6:近鉄(13)、7:リコー(9)、8:コーラ(6)
◆ヤマハ18(11-14)28キヤノン(26日、秩父宮)
*ヤマハ2T1G2P(25)、キヤノン4T4G(20、+26)
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、朝鮮大)。

◆パナソニック41(15-11)18リコー(太田)
*パナ6T4G1P(28)、リコー2T1G2P(9)
◎パナFL/LO4劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、檀国大)。
Yonnamu
*撮影/松本かおりさん

◆クボタ30(15-14)26コカ・コーラ(レベスタ福岡)
*クボタ5T1G1P(20)、コーラ4T3G(6)
◎クボタSH李明根(り・ミョングン、이명근、ワールド、三星SDI、延世大)
「SH井上はいいですね。立川とも高校、大学とコンビで連携ができています」
◎クボタHO18朴誠球(パク・ソング、박성구、NEC、ヤマハ、延世大)

◆東芝22(19-12)19近鉄(27日、コカコーラ鳥取)
*東芝3T2G1P(23)、近鉄3T2G(13)
◎東芝LO金光紋(イ・グァンムン、이광문、トヨタ、韓国電力、サントリー、高麗大。負傷中)
「(8月のサントリーB戦で右腕前腕部を骨折)。2ndステージ復帰を目指している」
◎東芝WTB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、三星重工業、東芝、高麗大)
「10月初めまで入院」
◎近鉄SH金哲元(キム・チョルウォン、김철원、大阪体育大)。
「コンディションはいいです」
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、帝京大)
◎近鉄WTB14李陽(中国農業大)
 
<<トップイースト>>
■第6節
◆ヤクルト20(10-21)28秋田NB(27日、茨城KSスタ)
*ヤクルト(10)、秋田4T4G(10)
◎秋田PR18趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。

■第7節(11月2日-4日)
◆三菱重工相模原-栗田工業(2日、三菱)
*三菱(25)、栗田(15)
◎三菱NO8李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)

◆釜石SW-横河武蔵野(福島)
*釜石(24)、横河(18)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)
13914ykyon
13914ykyon2
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
13914ykcyo
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、同志社大、大阪朝鮮高)

◆東京ガス-日野自動車(ガス)
*ガス(21)、日野(1)
◎日野SO金原用(キム・ウォンヨン、김원용、ポスコ建設、檀国大)
13914hkim
◎日野FL李基桓(イ・ギファン、이기환、檀国大)
13914hinolee

◆日本IBM-秋田NB(3日、IBM)
*IBM(0)、秋田()
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。

◆ヤクルト-セコム(4日、秩父宮)
*ヤクリト()、セコム(0)

<<トップウェストA>>
■第6節
◆中部電力-大阪府警(11月2日、花園2)
*中部(5)、府警(5)

Honda、JR西日本
**Honda(15)、西日本(0)
◎HondaSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)。

<<トップキュウシュウA>>
■第6節
◆JR』九州106(40-0)7鹿児島銀行(26日、鹿児島・鴨池)
*九州16T13G(10)、鹿銀1T1G(1)

◆三菱重工長崎64-22新日鉄八幡(福岡)
*三菱(10)、八幡(0)

◆マツダ17(0-13)13中国電力(コカコーラ広島)
*マツダ2T(24)、中国1T(20)

*サニックス(25)、

<<関東大学対抗戦A>>
■第7節(11月3日)
◆帝京大-早稲田大(秩父宮)
*帝京(4勝)、早大(4勝)
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)
◎早稲田FL金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
Wkimtry
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆明治大-慶應大
*明治(3勝1敗)慶應(3勝1敗)

◆筑波大-日本体育大(茨城KS)
*筑波(1勝3敗)、日体(4敗)

◆青山学院大-成蹊大(熊谷)
*青山(1勝3敗)、成蹊(4敗)

<<関東大学リーグ戦>>
■第7節
◆流通経済大45(24-5)15立正大(27日、茨城KS)
*流経7T5G(4勝16)、立正2T1G1P(1勝4敗8)

◆法政大19(7-7)26大東文化大(秩父宮)
*法大3T2G(1勝4敗8)、大東大4T3G(2勝2敗10)
◎法政CTB12金勇輝(キン・ユンヒ、3年、大阪朝鮮)。

■第8節
◆東海大-大東文化大(11月2日、キヤノン)
*東海(3勝1敗13)、大東

◆中央大-拓殖大(4日、上柚木)
*中央(4勝16)、拓殖3T2G1P(4敗4)
◎拓殖PR具智元(グ・ジウォン、구지원1年、日本文理、韓国)。
T32

◎拓殖SO具智允(グ・ジユン、구지윤2年、日本文理、韓国)。
T211

◎拓殖WTB姜秉周(カン・ピョンジュ、강병주1年、日本文理、韓国)
Tkan


◆流通経済大-日本大
*流経、日大(2勝2敗10)

<<関東大学リーグ3部>>
■第5節(27日)
◆埼玉工業大17(7-19)22東京農業大(農大)
*埼工大2T2G1P(4勝1敗17)、農大3T2G1P(4勝1敗17)
*東京農大が埼工大の2人の留学生LO4モツアプアカアライモアナ(3年)、NO8タウファオリヴェ(3年)のペネトレーター(突破役)を止め切り勝利をつかんだ。
S48

先制は埼工大に許したが前半17分にSO依田幸大(2年)が左タッチライン際を快走、トライを奪い7対5の2点差に迫ると29分右WTB板倉克麿(4年)が逆転トライを右隅に決めた。
N14try

3分後、自由奔放なランを見せた山崎慎伍(3年)がポスト下へ走り込む。
コンバージョンはFB村本雄利(4年)が決め7対19。

埼工大は、後半は5分に1T1GPGで10点を返し17対19とした。
さらに2人の留学生がボールを持ちゲインを図るも東京農大の執拗なタックルで行く手を塞がれた。
S8toppa

東京農大にPGで点差を広げられノーサイドに。
部員が23人(4年3人、1年は4人)というなかで戦う埼工大・西村浩之監督は「ケガ人がでており影響した。大学の支援は変わらないがなかなか部員が増えない」と言う。
勝利の東京農大・小野﨑慧監督は「春、埼工大に60点を取られ負けた(7対63)。今日の試合が山場と選手に言い聞かせてきた。DFは埼工大の留学生を止めることに集中した」と会心の出来に満足した。

◆朝鮮大29(22-18)37防衛大
*朝大4T3G1P(4勝1敗17)、防大6T2G1P(1勝4敗8)
*どちらが勝ってもよいシーソーゲーム。最後は防大のゴール前の粘りのDFが勝利を呼び込んだ。
 前半3分、FB渋谷大輝(2年)がPGで先制すると7分に左WTB宮沢知佑(2年)がトライラインを越え0対8とリードする。朝鮮大は19分、左WTB高漢民(コウ・ハンミン、2年)がトライを返し5対8へ。
防大が24分に自慢のFWが敵陣ゴール前ラインアウトからモールで押し込み5対13と差を広げる。
30分、朝鮮大CTB金淳志(キン・スンジ、研究科1年)のトライ、G成功で1点差へ迫ると33分にFB金翔大(キム・サンデ、4年)のPG成功で15対13と逆転した。
C13try

しかし2分後、防大が敵陣ゴール前で得た反則をFW陣がゴールラインへ持ち込んで15対18と逆転。
38分、朝鮮大もFL金誠治(キム・ソンジ、4年)が防大ゴール前ラインアウトからモールで押し込みトライを奪いG成功で再び逆転、22対18で前半を終えた。
後半6分、防大がラインアウトからNO8伊藤陽童(4年)のトライで22対23。
朝鮮大は10分、防大ゴール前のスクラムからフェーズを重ね右WTB金時裕(キン・シユ、3年)がトライを返し29対23へ。
C4try

しかし防大は23分、再びNO8伊藤の2つ目のトライで29対28とし、ここまでコンバージョンをすべて失敗したFB渋谷が成功し29対30へ。
朝鮮大はしつように防大ゴールへ迫るが防大は低い献身的なタックル、ラックでのターンオーバーを繰り返す
Bdf

36分、すきをついた防大がFB渋谷のトライで試合を決め、今季初勝利を勝ち取った。

攻守両面でチームを引っ張った防大HO眞田光隆(4年)は栃木・佐野高出身。高校時代は早大OB藤掛三男監督から「タックルを学びました」と話す。
Bcap
「今日の一戦にかけていました。初めての勝利で嬉しい」と涙を見せた。
Bhc

山本巧監督も「大学からラグビーを始めた学生や高校時代もレギュラークラスでなかった学生がほとんど。FWとDF、強みをしっかり準備した結果が出た。学生の戦いに感動した。残りも1試合1試合、大事に戦う」こちらも涙。
敗れた朝鮮大、李鐘基(リ・チョンギ)監督は「4勝と4敗のチームという試合。選手には勝てるという慢心が2日前の練習前に見えた。ここを修正できなかった。トライも朝鮮大のフェーズを重ねて取りきるというものでなく個人のスキルで取ったもの。敗戦をいい機会ととらえて精神的なものを直したい」と前を向いた。


◆東京工業大27-20東京理科大(武道大)
*東工大(3勝2敗14)、理科大(5敗5)

◆国際武道大56-0城西大
*武道大(3勝2敗14)、城西(2勝3敗11)

<<関西大学Aリーグ>>
■第4節(27日)
◆同志社大25(11-7)12関西学院大(鶴見緑地)
*同大3T2G2P(3勝1敗)、関学2T1G(2勝2敗)
◎関学LO5金茂雄(キン・シゲオ、3年、尾道)
◎関学WTB1金尚浩(キム・サンホ、3年、大阪朝鮮)
◎関学FB15高陽日(コウ・ヤンイル、3年、大阪朝鮮)
◎関学HO3金寛泰(キム・ガンテ、3年、大阪朝鮮)

◆立命館大31(24-0)5京都産業大
*立命4T4G1P(4勝)、京都1T(3勝1敗)、
◎京都FL7李智栄(リ・チヨン、1年、大阪朝鮮)
◎京都SH9梁正秋(リャン・ジョンチュ、3年、大阪朝鮮)
◎京都PR16金亨志(キム・ヒョンジ、2年、大阪朝鮮)

◆大阪体育大19(12-7)14近畿大(天理親里)
*体大3T2G(2勝2敗)、2T2G近大(4敗)
◎体大PR1王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문、4学年、韓国/養正中)。
◎近大SH21金孝玟(リ・ヒョムン、4年、大阪朝鮮)

◆天理大55(22-0)7関西大
*天理8T6G1P1勝(1勝3敗)、関大1T1G(1勝3敗)
◎天理FL6李淳也(リ・ジュンヤ、2年、常翔啓光)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2013

キヤノンが2ndステージ上位へ進出。TL

 10月26日からの国内ラグビー。台風27号が日本列島接近で天候不順の中、行われました。
 トップリーグ(TL)は1stステージ最終日の第7節。
 Aでは、サントリーがNTTドコモを30-13で下し首位で2ndステージ上位グループへ。3位・神戸から5位・トヨタまで2ndステージ上位グループ(1-8位決定)に進める4位のチャンスがあります。
 特に神戸対NTTコムは勝者が通過へ。
 トヨタはNECに23-3で勝ち勝ち点4を追加し22と暫定3位。神戸かコムが同点で両チーム4トライ以上、勝ち点3で22となりトヨタと並んでも得失点差で3位・神戸、4位・トヨタの順になります。このためトヨタは上位進出を決めました。
 Bは3位・東芝から6位・近鉄まで数字上は可能性がありました。キヤノンが首位ヤマハに4Tを奪い28-18で下し勝ち点5追加で20(得失点差+26)しました。クボタも5Tでコカ・コーラから勝ち点5を得て20とし並びましたが、得失点差(-4)でキヤノンが暫定3位へ入り2ndステージ上位グループが決定。クボタは東芝の結果次第となります。
 Bの首位は26日、勝ち点5で28としたパナソニック。
 関東大学リーグ戦3部では、首位4連勝、朝鮮大が防衛大と対戦。

<<TOP LEAGUE2013-14>>
■第7節(10月26日~10月27日)
<A>1:サントリー(30)、2:NEC(25)、3:トヨタ(22)、4:神戸(19)、5:NTTコム(19)、6:NTTドコモ(10)、7:織機(6)、8:九電(0)
◆サントリー34(10-10)13NTTドコモ(26日、秩父宮)
*サントリー4T4G2P(30)、ドコモ1T1G2P(10)
◎サントリーFL朴淳彩(パク・スンチェ、박순체、 POSCO、慶煕大)。
Sun19p12
写真提供:松本かおりさん
◎サントリーPR18申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、福岡サニックス、NZクライストチャーチ高校
◎ドコモPR3許雄(ホ・ウン、延世大)。
Dhon1
「まだ新しいスクラムの組み方ができていない」
◎ドコモFL7金栄馬大(キム・ヨンデ)。
Dkim1
Dkimsc
「今、TLはジャッカルよりもカウンターラックで見極めることが主で、自分もジャッカルにいくよりもこの動きをしています」
◎ドコモPR17張泰堉(関西学院大、大阪朝鮮高)。

◆NEC3(3-7)23トヨタ自動車(柏の葉)
*NEC1P(25)、トヨタ2T2G3P(22)
◎NEC/PR金光植(キム・グァンシク、김광식、高麗大)
Neckimgate
「新しいスクラムの組み方には対応しています」

◆神戸-NTTコム(27日、コカコーラ広島)
*神戸(19)、コム(19)

◆豊田自動織機-九州電力(福岡)
*織機(6)、九電(0)
◎織機LO4鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、帝京大)。

<B>1:パナソニック(28)、2:ヤマハ(25)、3:キヤノン(20、+26)、4:クボタ(20、-4)、5:東芝(19)、4:6:近鉄(12)、7:リコー(9)、8:コーラ(6)
◆ヤマハ18(11-14)28キヤノン(26日、秩父宮)
*ヤマハ2T1G2P(25)、キヤノン4T4G(20、+26)
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、朝鮮大)。

◆パナソニック41(15-11)18リコー(太田)
*パナ6T4G1P(28)、リコー2T1G2P(9)
◎パナFL/LO4劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、檀国大)。
Yonnamu
*撮影/松本かおりさん

◆クボタ30(15-14)26コカ・コーラ(レベスタ福岡)
*クボタ5T1G1P(20)、コーラ4T3G(6)
◎クボタSH李明根(り・ミョングン、이명근、ワールド、三星SDI、延世大)
「SH井上はいいですね。立川とも高校、大学とコンビで連携ができています」
◎クボタHO18朴誠球(パク・ソング、박성구、NEC、ヤマハ、延世大)

◆東芝-近鉄(27日、コカコーラ鳥取)
*東芝(19)、近鉄(12)
◎東芝LO金光紋(イ・グァンムン、이광문、トヨタ、韓国電力、サントリー、高麗大。負傷中)
「(8月のサントリーB戦で右腕前腕部を骨折)。2ndステージ復帰を目指している」
◎東芝WTB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、三星重工業、東芝、高麗大)
「10月初めまで入院」
◎近鉄SH金哲元(キム・チョルウォン、김철원、大阪体育大)。
「コンディションはいいです」
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、帝京大)
◎近鉄WTB14李陽(中国農業大)
 
<<トップイースト>>
■第6節
◆ヤクルト-秋田NB(27日、茨城KSスタ)
*ヤクルト(10)、秋田(5)
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。

■第7節(11月2日-4日)
◆三菱重工相模原-栗田工業(2日、三菱)
*三菱(25)、栗田(15)
◎三菱NO8李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)

◆釜石SW-横河武蔵野(福島)
*釜石(24)、横河(18)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)
13914ykyon
13914ykyon2
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
13914ykcyo
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、同志社大、大阪朝鮮高)

◆東京ガス-日野自動車(ガス)
*ガス(21)、日野(1)
◎日野SO金原用(キム・ウォンヨン、김원용、ポスコ建設、檀国大)
13914hkim
◎日野FL李基桓(イ・ギファン、이기환、檀国大)
13914hinolee

◆日本IBM-秋田NB(3日、IBM)
*IBM(0)、秋田()
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。

◆ヤクルト-セコム(4日、秩父宮)
*ヤクリト()、セコム(0)

<<トップウェストA>>
■第6節
◆中部電力-大阪府警(11月2日、花園2)
*中部(5)、府警(5)

Honda、JR西日本
**Honda(15)、西日本(0)
◎HondaSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)。

<<トップキュウシュウA>>
■第6節
◆JR』九州106(40-0)7鹿児島銀行(26日、鹿児島・鴨池)
*九州16T13G(10)、鹿銀1T1G(1)

◆三菱重工長崎64-22新日鉄八幡(福岡)
*三菱(10)、八幡(0)

◆マツダ-中国電力(コカコーラ広島)
*マツダ(20)、中国(20)

*サニックス(25)、

<<関東大学対抗戦A>>
■第7節(11月3日)
◆帝京大-早稲田大(秩父宮)
*帝京(4勝)、早大(4勝)
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)
◎早稲田FL金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
Wkimtry
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆明治大-慶應大
*明治(3勝1敗)慶應(3勝1敗)

◆筑波大-日本体育大(茨城KS)
*筑波(1勝3敗)、日体(4敗)

◆青山学院大-成蹊大(熊谷)
*青山(1勝3敗)、成蹊(4敗)

<<関東大学リーグ戦>>
■第7節
◆流通経済大-立正大(27日、茨城KS)
*流経(3勝12)、立正(1勝3敗7)

◆法政大-大東文化大(秩父宮)
*法大(1勝3敗7)、大東大東(1勝2敗6)
◎法政CTB12金勇輝(キン・ユンヒ、3年、大阪朝鮮)。

■第8節
◆東海大-大東文化大(11月2日、キヤノン)
*東海(3勝1敗13)、大東

◆中央大-拓殖大(4日、上柚木)
*中央(4勝16)、拓殖3T2G1P(4敗4)
◎拓殖PR具智元(グ・ジウォン、구지원1年、日本文理、韓国)。
T32

◎拓殖SO具智允(グ・ジユン、구지윤2年、日本文理、韓国)。
T211

◎拓殖WTB姜秉周(カン・ピョンジュ、강병주1年、日本文理、韓国)
Tkan


◆流通経済大-日本大
*流経、日大(2勝2敗10)

<<関東大学リーグ3部>>
■第5節(27日)
◆埼玉工業大-東京農業大(農大)
*埼工大(4勝16)、農大(3勝1敗13)

◆朝鮮大-防衛大
*朝大(4勝16)、防大(4敗4)

◆東京工業大-東京理科大(武道大)
*東工大(2勝2敗10)、理科大(4敗4)

◆国際武道大-城西大
*武道大(2勝2敗10)、城西(2勝2敗10)

<<関西大学Aリーグ>>
■第4節(27日)
◆同志社大-関西学院大(鶴見緑地)
*同大(2勝1敗)、関学(2勝1敗)
◎関学LO金茂雄(キン・シゲオ、3年、尾道)
◎関学WTB金尚浩(キム・サンホ、3年、大阪朝鮮)
◎関学FB高陽日(コウ・ヤンイル、3年、大阪朝鮮)
◎関学HO金寛泰(キム・ガンテ、3年、大阪朝鮮)

◆立命館大-京都産業大
*立命(3勝)、京都(3勝)、
◎京都FL李智栄(リ・チヨン、1年、大阪朝鮮)
◎京都SH梁正秋(リャン・ジョンチュ、3年、大阪朝鮮)
◎京都PR金亨志(キム・ヒョンジ、2年、大阪朝鮮)

◆大阪体育大-近畿大(天理親里)
*体大(1勝2敗)、近大(3敗)
◎体大PR王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문、4学年、韓国/養正中)。
◎近大SH金孝玟(リ・ヒョムン、4年、大阪朝鮮)

◆天理大-関西大
*天理(3敗)、関大(1勝2敗)
◎天理FL6李淳也(リ・ジュンヤ、2年、常翔啓光)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

元集英社、PE鬼木さんが料理店オープン

 たまたま大学の先輩。メディア業界での先輩(集英社/週刊プレーボーイ、元月刊ブレーボーイ編集長)。
ゴールデン街でできたラグビーチーム「ピンクエレファンツ」でラグビーを教えてくれた方=鬼木さん

 定年退職後、料理店をオープンされました。

 渋谷、横浜、田園都市線住民の方、よろしく!!
 お店の名前は「VINO VIVO」(ヴィーノ・ヴィーヴォ)
住所は、横浜市青葉区つつじが丘23-11ヒカリメゾン青葉台2階
(田園都市線・青葉台駅からバス通りを十日市場方面に歩いて5分。サンクス斜め前)
電話は、045-872-3645
営業時間は、ランチタイム 11時半~13時半
        ワインタイム 17時半~24時(23時ラストオーダー)
安くておいしいイタリアワインと、ガッツリ食べる「ロースト肉の饗宴」が、売りメニューです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2013

TL、ベスト8へ最後の戦い

 10月26日からの国内ラグビー。台風27号が日本列島接近で天候不順です。
 トップリーグ(TL)は1stステージ最終日の第7節。
 Aでは、3位・神戸から5位・トヨタまで2ndステージ上位グループに進める4位のチャンスがあります。特に神戸対NTTコムは勝者が通過へ。Bは3位・東芝から6位・近鉄まで数字上は可能性があるため熱い戦いとなるでしょう。 関東大学リーグ戦3部では、首位4連勝、朝鮮大が防衛大と対戦。

<<TOP LEAGUE2013-14>>
■第7節(10月26日~10月27日)
<A>1:サントリー(25)、2:NEC(25)、3:神戸(19)、4:NTTコム(19)、5:トヨタ(18)、6:NTTドコモ、7:織機、8:九電
◆サントリー-NTTドコモ(26日、秩父宮)
*サントリー(25)、ドコモ(10)
◎サントリーFL朴淳彩(パク・スンチェ、박순체、 POSCO、慶煕大)。
Sun19p12
写真提供:松本かおりさん
◎サントリーPR18申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、福岡サニックス、NZクライストチャーチ高校
◎ドコモPR3許雄(ホ・ウン、延世大)。
Dhon1
「まだ新しいスクラムの組み方ができていない」
◎ドコモFL7金栄馬大(キム・ヨンデ)。
Dkim1
Dkimsc
「今、TLはジャッカルよりもカウンターラックで見極めることが主で、自分もジャッカルにいくよりもこの動きをしています」
◎ドコモPR17張泰堉(関西学院大、大阪朝鮮高)。

◆NEC-トヨタ自動車(柏の葉)
*NEC(25)、トヨタ(18)
◎NEC/PR金光植(キム・グァンシク、김광식、高麗大)
Neckimgate
「新しいスクラムの組み方には対応しています」

◆神戸-NTTコム(27日、コカコーラ広島)
*神戸(19)、コム(19)

◆豊田自動織機-九州電力(福岡)
*織機(6)、九電(0)
◎織機LO4鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、帝京大)。

<B>1:ヤマハ(25)、2:パナソニック(23)、3:東芝(19)、4:キヤノン(15)、5:クボタ(15)、6:近鉄(12)、7:リコー、8:コーラ
◆ヤマハ-キヤノン(26日、秩父宮)
*ヤマハ(25)、キヤノン(15)
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、朝鮮大)。

◆パナソニック-リコー(太田)
*パナ(23)、リコー(9)
◎パナFL/LO4劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、檀国大)。
Yonnamu
*撮影/松本かおりさん

◆クボタ-コカ・コーラ(レベスタ福岡)
*クボタ(15)、コーラ(4)
◎クボタSH李明根(り・ミョングン、이명근、ワールド、三星SDI、延世大)
「SH井上はいいですね。立川とも高校、大学とコンビで連携ができています」
◎クボタHO18朴誠球(パク・ソング、박성구、NEC、ヤマハ、延世大)

◆東芝-近鉄(27日、コカコーラ鳥取)
*東芝(19)、近鉄(12)
◎東芝LO金光紋(イ・グァンムン、이광문、トヨタ、韓国電力、サントリー、高麗大。負傷中)
「(8月のサントリーB戦で右腕前腕部を骨折)。2ndステージ復帰を目指している」
◎東芝WTB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、三星重工業、東芝、高麗大)
「10月初めまで入院」
◎近鉄SH金哲元(キム・チョルウォン、김철원、大阪体育大)。
「コンディションはいいです」
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、帝京大)
◎近鉄WTB14李陽(中国農業大)
 
<<トップイースト>>
■第6節
◆ヤクルト-秋田NB(27日、茨城KSスタ)
*ヤクルト(10)、秋田(5)
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。

■第7節(11月2日-4日)
◆三菱重工相模原-栗田工業(2日、三菱)
*三菱(25)、栗田(15)
◎三菱NO8李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)

◆釜石SW-横河武蔵野(福島)
*釜石(24)、横河(18)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)
13914ykyon
13914ykyon2
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
13914ykcyo
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、同志社大、大阪朝鮮高)

◆東京ガス-日野自動車(ガス)
*ガス(21)、日野(1)
◎日野SO金原用(キム・ウォンヨン、김원용、ポスコ建設、檀国大)
13914hkim
◎日野FL李基桓(イ・ギファン、이기환、檀国大)
13914hinolee

◆日本IBM-秋田NB(3日、IBM)
*IBM(0)、秋田()
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。

◆ヤクルト-セコム(4日、秩父宮)
*ヤクリト()、セコム(0)

<<トップウェストA>>
■第6節
◆中部電力-大阪府警(11月2日、花園2)
*中部(5)、府警(5)

Honda、JR西日本
**Honda(15)、西日本(0)
◎HondaSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)。

<<トップキュウシュウA>>
■第6節
◆JR』九州-鹿児島銀行(26日、鹿児島・鴨池)
*九州(5)、鹿銀(1)

◆三菱重工長崎-新日鉄八幡(福岡)
*三菱7T(5)、八幡(0)

◆マツダ-中国電力(コカコーラ広島)
*マツダ(20)、中国(20)

*サニックス(25)、

<<関東大学対抗戦A>>
■第7節(11月3日)
◆帝京大-早稲田大(秩父宮)
*帝京(4勝)、早大(4勝)
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)
◎早稲田FL金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
Wkimtry
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆明治大-慶應大
*明治(3勝1敗)慶應(3勝1敗)

◆筑波大-日本体育大(茨城KS)
*筑波(1勝3敗)、日体(4敗)

◆青山学院大-成蹊大(熊谷)
*青山(1勝3敗)、成蹊(4敗)

<<関東大学リーグ戦>>
■第7節
◆流通経済大-立正大(27日、茨城KS)
*流経(3勝12)、立正(1勝3敗7)

◆法政大-大東文化大(秩父宮)
*法大(1勝3敗7)、大東大東(1勝2敗6)
◎法政CTB12金勇輝(キン・ユンヒ、3年、大阪朝鮮)。

■第8節
◆東海大-大東文化大(11月2日、キヤノン)
*東海(3勝1敗13)、大東

◆中央大-拓殖大(4日、上柚木)
*中央(4勝16)、拓殖3T2G1P(4敗4)
◎拓殖PR具智元(グ・ジウォン、구지원1年、日本文理、韓国)。
T32

◎拓殖SO具智允(グ・ジユン、구지윤2年、日本文理、韓国)。
T211

◎拓殖WTB姜秉周(カン・ピョンジュ、강병주1年、日本文理、韓国)
Tkan


◆流通経済大-日本大
*流経、日大(2勝2敗10)

<<関東大学リーグ3部>>
■第5節(27日)
◆埼玉工業大-東京農業大(農大)
*埼工大(4勝)、農大(3勝1敗13)

◆朝鮮大-防衛大
*朝大(4勝16)、防大(4敗4)

◆東京工業大-東京理科大(武道大)
*東工大(2勝2敗10)、理科大(4敗4)

◆国際武道大-城西大
*武道大(2勝2敗10)、城西(2勝2敗10)

<<関西大学Aリーグ>>
■第4節(27日)
◆同志社大-関西学院大(鶴見緑地)
*同大(2勝1敗)、関学(2勝1敗)
◎関学LO金茂雄(キン・シゲオ、3年、尾道)
◎関学WTB金尚浩(キム・サンホ、3年、大阪朝鮮)
◎関学FB高陽日(コウ・ヤンイル、3年、大阪朝鮮)
◎関学HO金寛泰(キム・ガンテ、3年、大阪朝鮮)

◆立命館大-京都産業大
*立命(3勝)、京都(3勝)、
◎京都FL李智栄(リ・チヨン、1年、大阪朝鮮)
◎京都SH梁正秋(リャン・ジョンチュ、3年、大阪朝鮮)
◎京都PR金亨志(キム・ヒョンジ、2年、大阪朝鮮)

◆大阪体育大-近畿大(天理親里)
*体大(1勝2敗)、近大(3敗)
◎体大PR王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문、4学年、韓国/養正中)。
◎近大SH金孝玟(リ・ヒョムン、4年、大阪朝鮮)

◆天理大-関西大
*天理(3敗)、関大(1勝2敗)
◎天理FL6李淳也(リ・ジュンヤ、2年、常翔啓光)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2013

韓国国体、韓国電力2連覇、富川北高2年ぶりV

 2013年の韓国国体に該当する「第94回全国体育大会」が、10月18日(金)から、仁川特別市南洞競技場で開催されました。
 最終日の24日は一般・大学、高校の決勝が行われ一般・大学は韓国電力が33-18で尚武を破り大会2連覇をとげました。高校は2年ぶりの優勝を目指す富川北高が42対14で慶山高を下し頂点に立ちました。
 韓国の13年シーズンはほぼ終了。11月に協会が本気なら代表や選抜というチーム編成で日本遠征など考えて欲しいですね。
「2013韓国日程&結果」をダウンロード

 以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<一般・大学>
■決勝(24日・木、14:35-)
◆韓国電力(江原道)33(19-6)18尚武(韓国軍体育部隊、仁川市)
*韓国電力5T4G、尚武2T1G2P
*電力が試合の主導権を握り2連覇。先制は3分、尚武SO10朴ホンシクがPGを成功し0-3。電力は10分CTB12ユ・ミンヒョン(元代表)のT、今大会好調の代表SO10呉潤衡(オ・ユンヒョン)がコンバージョン成功で7-3と逆転した。尚武は30分、SO朴がPGを決め7-6へ。3分後、電力がFL6黄仁朝(ファン・インジョ、代表)のT、37分CTB13金ヒョンスT、SO呉のG決めて19-6とした。後半13分、電力はWTB11金洸民(キム・グァンミン、代表)のT、呉Gで26-6。尚武は18分LO5李サンホ、31分NO8李ヨンスンの連続T、SO10朴がG決めて26-18と迫った。最後は電力NO8韓建奎(ハン・コンギュ、代表)がトライラインを越えて試合を終えた。

■準決勝(22日・火、13:00-)
◆A尚武(韓国軍体育部隊、仁川市)32(15-7)32ポスコ建設(慶尚北道)
◎GK合戦/尚武4-3ポスコ
*尚武5T3G1P、ポスコ4T3G2P
*試合は前半、尚武がリードし、後半ポスコが逆転したが尚武が追いついた展開。
前半4分、尚武FB15ヤン・スウンのTとSO10朴ホンシクのGで7-0と先制した。10分にはSO朴のTで10-0へ。20分ポスコはSO10洪俊基(ホン・ジュンギ)がTとGを決め12-7とすがる。26分に尚武SO朴のPGで15-7と終了。
 後半4分、ポスコWTB11趙寅秀(チョ・インス、代表)のT、SO10洪のGで15-14と1点差に迫った。5分後、尚武は代表のCTBでもある13諸葛彬(チェガル・ビン)がT、G成功で22-14へ。しかし3分後、ポスコがLO4朴ジファンのTで22-19とした後、20分にSO洪がPGで22-22と追いついた。すると22分、尚武がCTB諸葛の2つ目のTで27-22。ポスコが社会人の意地を見せ28分、SO洪ののPGで27-25とし30分、WTB趙のT、洪G成功で27-32と逆転した。しかし34分、尚武FL6チェ・ジウンがゴールラインを越え32-32の同点でノーサイド。続くGK合戦で尚武がポスコを下した。

◆B韓国電力(江原道)28(8-5)5三星重工業(慶尚南道)
*韓国電力3T2G3P、三星1T
*今春の春季リーグ戦と同じく電力が三星を下した(春は26-6)。前半3分WTB14劉圭喆(ユ・チョルギュ、代表)のTで先制すると9分、代表SO10呉潤衡(オ・ユンヒョン)がPGを決め8-0。三星は16分FL6権五峰(クウォン・オボン、元代表)がTを返し3点差で前半を終えた。
 後半は電力が試合を支配。12分WTB11金洸民(キム・グァンミン、代表)のT、呉のGで15-5、17分に呉のPGで18-5とした。21分にWTB金が2つ目のT、G成功で25-5へ。最後は呉が3つ目のPG成功で試合を終えた。

■2回戦(20日・日)
◆A2尚武(韓国軍体育部隊、仁川市)106(50-6)11釜山大学(釜山市)
*尚武18T8G、釜山1T1P1D
*前半わずか50秒で尚武FB15ヤン・スウンがTで先制。3分、9分とWTB11ユ・ソンヨンが連続Tで突き放すなど16分までに5T。釜山は11分にSO10チョン・ホヨンがDGで、20分にPGで31-6へ。しかし尚武はPR3朴ジョンホの2本目のtなど前半で8T5Gをあげ試合を決めた。

◆A3ポスコ建設(慶尚北道)49(20-0)8檀国大(忠清南道)
*ポスコ8T3G1P、檀国1T1P
*ポスコは前半5分SO10洪俊基(ホン・ジュンギ、元代表)のPGで先制。13分WTB趙寅秀(チョ・インス、代表)、24分と38分にFB15チョン・ヨンウのTで20-0とした。檀国は後半4分SO10オ・ジミョンのPGで3点を返した。ポスコは5分WTB11ノ・ビョングァン(元代表)のTなど後半も5Tを追加した。

◆B3高麗大学(ソウル市)14(0-38)74韓国電力(江原道)
*高麗2T2G、電力11T8G
*電力が圧勝。前半2分FL6金ヒョンスの先制T。7分WTBユ・チョルギュ(代表)、10分FL7金昌ミン(キム・ジョンミン、代表)、15分FL6金の2本目、23分SO10呉潤衡(オ・ユンヒョン、代表)、32分NO8ファン・ミンジョ(代表)がTを奪った。高麗は後半28分にSHホン・ソクホ、39分WTB11分アン・オゴンのTを返すのがやっとだった。

◆B4三星重工業(慶尚南道、B2不戦勝)94(52-0)5圓光大(全羅北道)
*三星15T8G1P、圓光1T
*三星が前半2分、WTB11李ギュドク(代表)のTを始めに前半8T、後半7で格下を退けた。李は4Tの活躍。
 
■1回戦(18日・金)
◆A1/檀国大(忠清南道)25(15-12)20慶熙大(京畿道)
*檀国4T1G1P、慶熙3T1G1P
*二転三転の試合。檀国が試合終了間際15-20から2Tを奪い逆転勝ち。前半、先制は慶熙。2分WTB14イム・サンジンのTで0-5。檀国は6分にNO8チャン・イルファンのTで同点、コンバージョンをSO10オ・ジミョン(13年、現代表)が決め7-5と逆転した(7-5)。10分にオがPG成功で10-5とするも28分に慶熙がCTB12ユ・ジュンヒョンのTとFB15ハン・サンフンのコンバージョンで10-12と再逆転した。檀国が35分HO2金旻奎(ミンギュ、現代表)のTで再々逆転15-12で前半を終えた。後半に入ってもまずは慶熙がFL7金ドグンのTで15-17と再びリードすると23分にFBハンのPGで15-20とした。しかし檀国は38分HO金の2本目のTで同点とし1分後、CTB12朴ジフンがゴールラインを陥れ25-20でゲームセットを迎えた。

◆B1/韓国電力(江原道)108(57-5)19セハン大学(全羅南道)
*韓国電力18T9G、セハン3T2G
*現役韓国代表8人が先発した電力が前半で試合を決めた。1分WTB11金洸民(グアンミン、現代表)の先制Tをはじめに7分と10分のNO8黄仁朝(ファン・インジョ、現代表)、18分と21分CTB13金成洙(ソンス、元代表)の連続Tなどで9Tを奪った。前半だけでWTB11金も3T。一方、セハンは40分にSO10金ジタクがTを返すなど3Tを奪い、電力の甘さを突いた。

◆B2/三星重工業(慶尚南道)-SFKホールディングス(忠清北道)/参加取り消し

<高校>
■決勝(24日・木、13:00-)
◆富川北高(京畿道)42(28-7)14慶山高(慶尚北道)
*富川6T3G2P、慶山2T2G
*前半で富川が試合を決めた。わずか1分でWTB11金ジュンファがトライラインを越え先制。7分にNO8パン・ジンソクがTし10-0へ。慶山が13分NO8朴ソンジェのT,SH9ユン・ヘジンG成功で7点を返し10-7とした。2分後、富川CTB12金ジンヒョクがT、FB15チョン・ジェグァンの18分、22分の連続PGで21-7へ。さらに26分FL7金スンジュンT、FBチョンG成功で28-7とした。後半に入っても最初は慶山に1T1G奪われたが27分、34分の2T2Gでノーサイドを迎えた。

■準決勝(23日・水、13:00-)
◆A慶山高(慶尚北道)26(7-7)19釜山体育高(釜山市)
*慶山4T3G、釜山3T2G
*慶山が逆転で勝利。先制は前半17分、慶山SO10パン・ソンユンのT、コンバージョンをSH9ユン・ヘジンが決め7-0とした。釜山は22分にWTB14シン・ジョンチョルのTとGで7-7の同点とした。後半1分、釜山FL6金ゴンウのTで勝ち越すとWTBシンもG成功で7-14。しかし慶山は5分にSO10パンの2本目のT、G成功で14-14と同点に。16分にはPR3金ソンジンのT、Gも決まり逆転。さらに27分、PR1李ジュンヒョンのTで26-14と差を広げた。双方1人ずつシンビンで退場となった1分後の34分、釜山はWTB20金グンソンがTを奪ったがノーサイド。

◆B富川北高(京畿道)17(5-0)10ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川3T1G、ソウル大2T
*富川が接戦を制した。前半は29分にFL7金スンジュンのあげた1Tのみ。後半2分、ソウルがWTB14カン・ミンジュのTで5点を返した。富川は13分FL6チョ・ソンホがTするとコンバージョンをFB15チョン・ジェグァンが決めて12-5へ。20分にはHO2李ギオプが追加のTで17-5とした。ソウルは26分、WTB11李ホジェがTし5点を返したが遅かった。

■2回戦(21日・月)
◆A3仁川機械工業高(仁川市)10(0-7)19釜山体育高(釜山市)
*仁川2T、釜山3T2G
*地元、仁川が敗れた。前半13分、釜山がCTB13朴ミンウのTで先制、コンバージョンはFB15シン・ジョンチョルが決め0-7。後半も釜山ペース。3分にFBシンのTとGで0-14とした。仁川は14分、WTB11イム・ソンハがTを奪い5-14に。25分に釜山FBシンが再びTし仁川の攻撃を終了間際のTに抑え逃げ切った。

◆A4慶山高(慶尚北道)45(14-7)28大邱商苑高(大邱市)
*慶山7T5G、大邱4T4G
*点の取り合い。後半20分、大邱がNO8ピョ・ジュンサンのT、FB15李ギョンファンのGで21-26と5点差に迫ったが
慶山は23分LO4シン・ダヒョン、25分CTB12チェ・ムンヒョクのT(GはSH9ユン・ヘジンがいずれも成功)で14点を追加し40-22、振り切った。

◆B4/ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)44(20-0)3オソン高(忠清南道)
*ソウル7T3G1P、オソン1P
*ソウルが前半5分、SO10ハン・グミンのPGで先制。21分WTB11カン・ミンジュン、24分LO4チ・ドンビン、32分LO5カン・ウォンジェの3Tで追加した。後半も3分WTB14李ホジェのTなど4Tを奪い計7Tで圧勝。

◆B5/富川北高(京畿道)80(40-0)0全南高(光州市)
*富川12T10G
*富川が12Tの猛攻。前半5分WTB14シン・ジョンミンのT、FB15チョン・ジェグァンのGで先制した。13分にも同じ2人で7点を追加。20分PR3李ヒョンスン、23分FL6チョ・ソンホ、26分FL7金スンジュンもゴールラインを越えた。前半最後は32分にWTBシンが3本目のTを奪った。シンは後半5分にもTで4本の活躍。

■1回戦(19日・土)
◆A1/釜山体育高(釜山市)38(17-7)14ミョンソク高(大田市)
*釜山5T5G1P、ミョンソク2T2G

◆A2/大邱商苑高(大邱市)36(19-5)26裡里工業高(イリ・全羅北道)
*商苑6T3G、裡里4T3G
*裡里が後半11分までに19-19と追いつくも商苑が19分NO8ピョ・ジュンサン、27分SO10李ヒョンジュのTで29-19に。裡里は29分CTB13チャン・ソンピルTとLO4李ヒョンジュGで29-26と後を追った。最後は34分商苑FL6ハン・ギヨンのTで振り切った。

◆B1/オソン高(忠清南道)-鎮海高(慶尚南道)
*オソン勝利

◆B2/ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)45(24-10)17順天工業高(全羅南道)
*ソウル大7T5G、順天3T1G
*昨年は2回戦で当たり順天が18-5でソウルを下し勢いに乗り優勝を果たした。しかし今年は最初からソウルが主導権を握った。前半5分SO10ハン・グミンのTとGで7-0、1分後WTB14カン・ミンジュンのTで12-0とした。順天が16分CTB13金テヒョンのTで5点を返した。ソウルは24分、FL6朴ビョンソン、29分LO4チ・ドンビンのTで突き放した。後半も5分までで2Tを奪い試合を決めた。

◆B3/富川北高(京畿道)34(14-0)0忠北高(忠清北道)
*富川5T3G1P
*富川がゼロ封勝利。前半20分、SH9チョン・スンウォンのT、コンバージョンはFB15チョン・ジェグァンが決め7-0と先制。10分後SO10金テソンのT、G成功で14-0とし前半終えた。後半2分、FBチョンのPGで追加すると17分CTB12金ジンヒョク、31分WTB14シン・ジョンミン、34分WTB11金ジュンファンのBK陣がゴールラインを越えた。

<<参考。2013年「第93回全国体育大会」>>
 2012年・国体「第93回全国体育大会」が、10月11日、慶尚北道慶山市松花ラグビー場で開幕。国体は大邱市を中心に開催されました。
 17日、最終日は決勝2試合が行われました。
 高校は順天工業高が2年ぶりの優勝を狙った忠北高を38-20で破り17年ぶりの優勝。

 一般・大学は韓国電力が、尚武(軍体育部隊)に32-18で競り勝ち実に20年ぶりの優勝を遂げました。
 両チームは2007、08年決勝で対戦しいずれも尚武が優勝。また韓電は07-10年と4年連続で決勝へみいずれも敗退してました。
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。

<一般・大学>
■決勝(17日・水、14:35-)
◆韓国電力(江原道)32(19-6)18尚武(大邱市)
*韓電5T2G1P、尚武2T1G2P
*韓電は前半1分、今大会好調のSO呉潤衡(代表)がTを奪い先制した。尚武は4分にCTB13李セホのPGで3点を返すと21分、李がPGを決め5-6と逆転した。しかし5分後、韓電LO4チョン・デイクのT、G呉成功で逆転(12-6)、さらに29分呉のTとGで19-6と差を広げ前半を終えた。後半16分、尚武WTB14金グァンミン(代表)のT、SO朴ホンシク(代表)G成功19-13とした。韓電は21分、呉がPGを決めると23分、30分とTし試合を決めた。

■準決勝(15日・月、13:00-)
◆韓国電力(江原道)59(28-0)7檀国大(忠清南道)
*韓電8T5G3P、檀国1T1G
*ポスコを撃破した檀国もここまで。前半、韓電は8分、SO呉潤衡(代表)のPGで先制、21分WTB14ユ・チョルギュ(代表)、23分WTB11金セウン、29分CTB12ユ・ミンヒョン、33分呉のTで25-0とし試合を早々に決めた。檀国は後半35分にFL6李ギハンがTを返しゼロ封を免れた。

◆尚武(大邱市)40-12高麗大(ソウル市)
*尚武7T1G1P、高麗2T1G
*前半は互角。3分、尚武がNO8のTで先制、13分にもNO8がTするなど12-0。高麗は29分にSOユ・ジェヒョクのT、Gで7点を返し12-7に。尚武CTB13PGで15-7(前半終了)。後半は尚武が開始58秒でWTB14金グァンミンのT、高麗に6分、1Tを返されたが、尚武は9分以降も4Tを重ね40-12としてノーサイドに。

■2回戦(13日・土)
◆A3ポスコ建設(慶尚北道)22(7-15)29檀国大(忠清南道)(11:45-)
*ポスコ3T2G1P、檀国4T3G1P
*檀国が試合終盤、鮮やかな逆転勝ち。前半から檀国ペース。1分CTB13李ジェソクがPGを決め先制(0-3)。6分には李がTを奪い0-8とした、3分後、WTB14チョ・テヨンのT、李G成功で0-15に。ポスコは14分、SO10洪俊基がT、Gを決め7-15と追いすがる。後半開始からポスコが攻める、9分洪のPG,12分LO4クォン・オヨンのT、G成功し17-15と逆転した。さらに16分FL6文祥容のTで22-15と差を広げた。しかし、21分檀国はSO10ソン・ヒョンソクのT、CTB李G成功で22-22と同点に。そして35分、WTBチョが2本目のTを決めG成功22-29、振り切った。

◆A4三星重工業(慶尚南道)13(3-29)53韓国電力(江原道)(15:15-)
*三星2T1P、韓電7T6G2P

(撮影・李東胤)
*韓電が圧倒した。前半9分SO10呉潤衡がPGで先制、13分FL金ジョンミン、18分SH9朴玩龍、33分SO呉などのTで24-0と試合を決めた。三星は後半、東芝から移籍した蔡宰榮がTを奪ったが遅かった。

◆B2尚武(大邱市)60(19-7)22慶熙大(京畿道)(10:00-)

◆B3仁川体育会(仁川市)3(3-35)50高麗大(ソウル市)(13:30-)
*仁川1P、高麗8T2G2P
*高麗が前半7分にPR1ソン・ミョンジュンのTで先制、18分、21分、26分、36分と前半だけで6Tし試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

<高校>
■決勝(17日・水、13:00-)
◆順天工業高(全羅南道)38(19-15)20忠北高(忠清北道)
*順天6T4G、忠北4T
*前半開始は順天のペース。3分PR3金ヒョンホがT、9分PR1ホ・ジュンスのT、G成功で12-0とした。12分、忠北がWTB14呉ミングンのTで5点を返すと順天は24分にCTB12ノ・ミョンジンのTでG成功19-5に。しかし忠北が29分、35分とPR3チャン・ウジュンの連続Tで19-15と迫った。後半に入ると4分に順天LO4金ソクファンのT、Gも決まり26-15.さらに20分、28分とTを奪い覇権を勝ち得た。

■準決勝(16日・火、13:00-)
◆A忠北高(忠清北道)35(14-7)12慶山高(慶尚北道)
*忠北5T5G、慶山2T1G
忠北は前半20分、FL7オム・ユンソンのT、CTB12ホ・ジェウのGで7-0.23分にWTB11チ・ギュミンのT、ホGで14-0とした。慶山は33分にPR1朴テホがTを返しGをSOパン・ソンヨンが決め14-7で前半終了。後半、忠北が8分にLO4金ミンホ、17分WTB11チのTなどで28-7と試合を決めた。

◆B大邱商苑高(大邱市)15(3-12)36順天工業高(全羅南道)
*大邱2T1G1P、順天6T3G
先制は順天。前半13分、NO8チュ・サンウがTを奪った。32分にはFL6李サンジュンのT,SO金ジテクG成功で0-12とした。大邱は36分にCTB12アン・ドゴンのPGで3点を返し後半へ。後半も順天が8分にNO8チュの2本目のTで3-19に。大邱も11分にWTB14クォン・スンホのTで8-19と追いすがった。しかし17分、28分、34分と順天がTを奪い振り切った。チュは3Tをあげた。

■2回戦(14日・日)
◆A5釜山体育高(釜山市)12(5-14)31忠北高(忠清北道)(11:00-)
*釜山2T1G、忠北5T4G

◆A4富川北高(京畿道)29(22-22)30慶山高(慶尚北道)(14:10-)
*富川5T2G、慶山5T1G1P
*前半開始45秒、富川WTB11金ジンヒョクがTwo奪い先制、3分には富川WTB14チャン・ソミンもTし10-0とした。慶山は8分PR1のTで5点を返すと、富川は11分にT(15-5),慶山16分T(15-10)、富川21分がT、G(22-10)と差を広げた。慶山は25分にT,Gすると33分LO4チェ・ウンヒョックのTで22-22、同点に追いついた。後半は我慢比べ、28分に慶山がSOパン・ソンユンのPGで22-25、富川は33分CTB李チャンファンのTにGも決まり29-25と逆転。最後は36分、慶山がNO8朴ソンジェが決勝Tを奪い1点差で振り切った。

◆B3大邱商苑高(大邱市)45(21-0)8オソン高(忠清南道)(15:45-)
*大邱7T5G、オソン1T1P

◆B4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)5(5-10)18順天工業高(全羅南道)(12:35-)
*ソウル大1T、順天3T1P
*順天が前半6分、FL6李サンジュンのTで先制するとソウルも17分NO8のTで5-5に。23分順天SHホ・ジェジュンがTし5-10で前半を終えた。後半7分SO10金ジテクのPGで順天がリードする、11分順天FB朴ジュンヒョンのTが決まり5-18となり、以後、得点は動かずそのまま終了した。

■1回戦(12日・金)
◆A1仁川機械工業高(仁川市)24(5-15)39釜山体育高(釜山市)(11:35-)
*仁川4T2G、釜山6T3G1P

◆A2忠北高(忠清北道)21(14-7)15ミョンソク高(大田市)(10:00-)
*忠北3T3G、ミョンソク2T1G1P

◆A3慶山高(慶尚北道)26(19-3)8裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*慶山4T3G、裡里1T1P

◆B1オソン高(忠清南道)53(24-0)7鎮海高(慶尚南道)(16:20-)
*オソン高9T4G、鎮海高1T1G

◆B2順天工業高(全羅南道)59(34-0)0全南高(光州市)(13:10-)
*順天8T5G3P

<<参考、2011年第92回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(10月12日・水、14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)41(26-7)12慶熙大(京畿道)
*ポスコ6T4G1P、慶熙大2T1G
*前半でポスコが試合を決めた。4分LO5朴ヨンドン(元代表)の先制T、Gを21金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決めて7-0.慶熙は13分PR3金ヒチョルがTするとGはWTB14イム・ドンゴンが決めて7-7と追いついた。しかしポスコは3分後にSO10ユン・ヒス(代表)のT、金G成功で14-7へ。20分にもPR3金光植(キム・グァンシク、代表)のTに金G、31分WTBチョ・インス(代表)のTなどで26-7とした。
後半も9分CTB13ノ・ピョングァン(代表)のT,金Gも決まり33-7とし試合を決めた。慶熙は32分にWTB14イムのTで5点を返すのがやっとだった。

■準決勝(10日・月、13:00-)
◆三星重工業(慶尚南道)12(7-6)20慶熙大(京畿道)
◆ポスコ建設(慶尚北道)36(26-13)27延世大(ソウル市)
*5T4G1P、延世3T3G1P
■2回戦(8日・土)
◆A1慶熙大(京畿道)73(51-0)5釜山大(釜山市)/11:00-
慶熙12T5G1D、釜山1T
◆A2三星重工業(慶尚南道)31(5-14)17韓国電力(江原道)/14:20-
*三星5T3G、韓電2T2G1P
◆B1仁川体育会(仁川市)9(9-29)50延世大(ソウル市)/16:00-
*仁川3P、延世8T5G
◆B2ポスコ建設(慶尚北道)60(31-0)12檀国大(忠清南道)/12:40-
*ポスコ10T5G、檀国2T1G
■1回戦(6日・木)
◆A韓国電力(江原道)91(55-10)31圓光大(全羅北道)/13:40-
*韓電14T9G1D、圓光5T5G1P

◆B3延世大(ソウル市)78(32-0)10開明大(大邱市)/15:20-
*延世14T4G、開明2T

◆B4檀国大(忠清南道)85(33-10)18忠南大(大田市)/12:00-
*檀国13T10G、忠南3T1P

<高校>
■決勝(12日・水、13:00-)
◆富川北高(京畿道)26(19-0)24順天工業高(全羅南道)
*富川4T3G、順天4T2G
*富川が前半のリードを守り辛うじて逃げ切った。前半7分CTB12李ジョンファンのTで先制するとGはFB15韓サンホが決め7-0.15分にはSO10呉スンヒョンT、韓G成功で14-0.さらに25分WTB11文ヨングルがTを奪い19-0で前半を終えた。
後半も2分CTB李のTと韓Gで26-0へほぼ試合を決めたかに見えた。ここから順天が反撃開始。4分PR1ト・ヒョクソンがTしGはWTB14金ジタクが決め7点を返した。13分にはFL7文ソンイルのT、G金も成功し26-14へ。すると21分FL6李サンジュンがTで26-19と1T1Gへ迫った。そして29分、PR1トがTを決めたがG失敗、26-24でノーサイドとなった。

■準決勝(11日・火、13:00-)
◆富川北高(京畿道)24(7-10)24ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川4T2G、ソウル3T3G1P
◆順天工業高(全羅南道)18(13-14)14仁川機械工業高(仁川市)
*順天3T1P、仁川2T2G
■2回戦(9日・日)
◆A1富川北高(京畿道)21(7-8)16慶山高(慶尚北道)/15:45-
*富川3T3G、慶山2T2P
◆A2全南高(光州市)10(5-24)41ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)/13:15-
*全南2T、ソウル6T4G1P
◆B1順天工業高(全羅南道)52(38-7)7オソン高(忠清南道)/12:00-
*順天8T6G、オサン1T1G
◆B2・仁川機械工業高(仁川市)32(24-12)26釜山体育高(釜山市)/14:30-
*仁川4T3G2P、釜山4T3G
■1回戦(7日・金)
◆A3慶山高(慶尚北道)48(24-0)3鎮海高(慶尚南道)/16:00-
*慶山8T4G、鎮海1P

◆A4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)32(15-5)17忠北高(忠清北道)/13:30-
*ソウル5T2G1P、忠北3T1G

◆B3順天工業高(全羅南道)34(24-5)12ミョンソク高(大田市)/11:00-
*順天5T3G1P、ミョンソク2T1G

◆B4裡里工業高(イリ・全羅北道)3(3-14)26オソン高(忠清南道)/12:15-
*イリ1P、オソン4T3G

◆B5大邱商苑高(大邱市)17(12-17)22釜山体育高(釜山市)
*大邱3T1G、釜山4T1G
 
<<2010年第91回大会>>
*会場:韓国南部の都市・鎮海公設運動場
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<大学・一般部>
■決勝(12日14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)32(18-3)10韓国電力(江原道)
*ポスコ4T3G2P、韓電1T1G1P
*先制は韓電。前半7分にCT13が決め0-3。ポスコの反撃は前半27分から。CT12がトライし5-3と逆転。33分にはFL7のトライとG(13)成功で12-3とした。
 さらに終了間際に2PGで18-3とリードを広げた。
 後半もポスコペース。1分SO10のトライ、G成功で25-3とほぼ試合を決めた。10分にも交替した21のトライ、CT13ゴールで32-3。最後の韓電の攻撃を12分、好調なWTB14トライ、ゴールに抑えて2連覇となった。
 国内大会も5連覇中だ。

■準決勝(10日)
◆A組
/韓国電力(江原道)50(24-0)26慶熙大(京畿道)(13:00-)
*韓国8T5G、慶熙4T3G

◆B組
/ポスコ建設(慶尚北道)59(40-0)10忠南大(大田市)(14:40-)
*ポスコ9T7G、忠南2T

■2回戦(8日)
◆A組①圓光大(全羅北道)3(0-63)94韓国電力(江原道)(12:40-)
*圓光1P、韓国電力16T7G
◆A組②檀国大(忠清南道)19(7-17)29慶熙大(京畿道)(16:00-)
*檀国3T2G、慶熙5T2G

◆B組③ポスコ建設(慶尚北道)22(10-8)15尚武・韓国軍体育部隊(慶尚南道)(11:00-)
*ポスコ3T2G1P、尚武2T1G1P
◆B組④忠南大(大田市)47(19-0)8仁川専門大(仁川市)(14:40-)
*忠南7T6G、1T1P

■1回戦(6日)
◆A①韓国電力22-22延世大(ソウル市)(12:00-)
*PG合戦。韓国5-4延世

◆A②慶熙大55(43-0)10開明大(大邱市)(15:20-)
*慶熙9T5G、開明2T

◆B③釜山大(釜山市)33(12-15)34仁川専門大(13:40-)
*釜山5T4G、仁川5T3G1P

<高校>
■決勝(12日13:00-)
◆富川北高(京畿道)20(15-14)19ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川3T1G1P、ソウル3T2G
*前半から富川が攻め8分、WT14のトライで先制(5-0)。さらに14分WT11のPG成功。18分にはWT14の2つ目のトライ、11G 成功で15-0とした。
 ソウル大は、ここから攻め24分、NO8トライしGも決め15-7とした。さらに終了間際CT12のトライ、G成功で15-14と1点差に迫った。
 後半も先に富川が25分にFB15のトライで20-14とし、ロスタイム31分ソウルはPR1がトライを決め20-19としたが、G不成功で試合を終えた。

■準決勝(11日)
◆A組/ソウル大学校師範大(学部)付属高31(14-5)17順天工業高(全羅南道)(13:00-)
*ソウル4T4G1P、順天3T1G

◆B組/東亜マイスター高(大田市)14(0-19)33富川北高(京畿道)(14:15-)
*東亜2T2G、富川北5T2G

■2回戦(9日)
◆A組①仁川工業高(仁川市)14(14-10)17ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:00-)
*仁川2T2G、ソウル3T1G

◆A組②忠北高(忠清北道)10(7-12)24順天工業高(14:30-)
*忠北1T1G1P、順天4T2G

◆B組③釜山体育高(釜山市)19(12-14)29東亜マイスター高(13:45-)
*釜山3T2G、東亜4T3G1P

◆B組④鎮海高(慶尚南道)19(0-35)40富川北高(15:45-)
*鎮海3T2G、富川北6T5G

■1回戦(7日)
◆A組①仁川工業高12(12-10)10オソン高(忠清南道)(11:00-)
*仁川2T1G、オソン1T1G1P

◆A組②慶山高(慶尚北道)17(0-24)36ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:15-)
*慶山3T1G、ソウル大6T3G

◆A組③順天工業高31(10-15)15裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*順天5T3G、裡里2T1G1P

◆B組④東亜マイスター高45(21-7)12全南高(光州市)(13:30-)
*東亜7T5G、全南2T1G

◆B組⑤大邱商苑高(大邱市)3(3-15)34富川北高(16:00-)
*大邱1P、富川北5T3G1P

<<2009年第90回大会>>
<一般・大学>
■決勝(26日14:15-)
◆ポスコ鋼板(慶尚北道)27(10-3)6韓国電力(江原道)
*ポスコ3T3G2P、韓電2P
*前半はまったりとしたペースで進む。どちらもゴール前22m手前まで攻めるが、ノッコンなどのミスを連発。
6分、韓国電力がゴール前でPGを得てキックが好調のWTB14呉ユンヒョン(前代表SO)が決め0-3。ポスコはようやく35分、ボールをつなぎ最後はHO2金ジョンオクがポスト左へTを決めた。
GもSOユン・フィス(代表)が成功し7-3と逆転。インジュアリータイム42分にユンがPGを決め10-3で前半終了。
後半最初の得点は韓国電力、10分WTB呉のPG成功で10-6と会場を沸かした。しかし19分にポスコがPG成功で突き放すと(13-3)、そのリスタートのボールをポスコがFW陣で回し、最後は右外にいた快速WTB金亨基(キム・ヒョンギ。7人制代表)へ。キムが40m独走のTを決めG成功で20-6と試合を決定づけた。
さらに終了間際PR3金光植(キム・グァンシク。代表)のTも出て27-6と初優勝を勝ち取った。

■準決勝(24日)
◆A組(13:00-)
◎韓国電力(江原道)28(14-7)7檀国大(忠清南道)
*韓電3T2G3P、檀国1T1G
◆B組(14:40-)
◎ポスコ鋼板(慶尚北道)23(10-11)18尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)
*ポスコ3T1G2P,尚武2T1G2P
■2回戦(22日)
◆A組
◎大心通商(忠清北道)17(10-34)58韓国電力(江原道)(11:00-)
*大心2T2G1P、韓電10T4G
◎啓明大(大邱市)12(7-38)72檀国大(忠清南道)(14:20-)
*啓明2T1G,檀国大12T4G

◆B組
◎延世大(ソウル市)12(0-14)32ポスコ鋼板(慶尚北道)(12:40-)
*延世2T1G,ポスコ5T2G1P
◎尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)38(31-17)17三星重工業(慶尚南道)(16:00-)
*尚武5T5G1P,三星2T2G1P

■1回戦(20日)
◆A組
①韓国電力(江原道)103(53-5)5釜山大(釜山市)(11:00-)
*韓電17T9G、釜1T。
②檀国大(忠清南道)59(21-7)10仁川専門大(仁川市)(14:20-)
*檀国9T7G、仁川1T1G1P。

◆B組
③ポスコ鋼板(慶尚北道)86(54-0)22圓光大(全羅北道)(12:40-)
*ポスコ16T3G、圓光4T1G
④三星重工業(慶尚南道)28(15-3)17慶熙大(京畿道)(16:00-)
*三星4T1G2P、慶熙2T2G1P

<高校部>
■決勝(26日13:00-)
◆忠北高(忠清北道)38(14-12)19慶山高(慶尚北道)
*忠北6T4G、慶山3T2G
*09春季リーグ優勝の忠北(チュンブック)と大統領旗大会V慶山(キョンサン)の好調同士の決勝戦となった。特に慶山は全国大会2年連続準優勝のため優勝が欲しい試合。
前半からFWの忠北、BK慶山という特色ある展開で会場が沸いた。先制は忠北、9分、ゴール右で得た反則からSHが自分でボールを持ち出しT、GもFB15呉グァンヨン(3年、延世大へ進学)が決め7-0。15分にも忠北が右ラインアウトを得て得意のモールで押し込みFL6がT、G成功で14-0とした。
ここから慶山が反撃、18分手敵陣10m付近からCTB12が左際を抜けるとラックを作り右へ展開しWTB11がT、14-5に。さらに22分、WTB14が抜けラックをゴール前で作りFL7がポスト左へT、G成功で14-12として前半を終えた。
後半は忠北ペースで始まった。7分、やはりLO→モールを押すとSHからNO8へ。そのままイン・ゴールへ。19-12とした。11分にはSHが2本目のTを決めG成功で26-12と試合を決めた。慶山は終了間際の29分、敵陣ゴール前にキックしたボールを忠北の処理ミスからターンオーバーしCTB13がT,SO10G成功で38-19とするのがやっとだった。

■準決勝(25日)
◆A組(13:00-)
◎忠北高(忠清北道)34(15-10)22ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*忠北5T3G1D、ソウル4T1G
◆B組(14:15-)
◎慶山高(慶尚北道)55(36-0)5城南西高(京畿道)
*慶山8T6G1P、城南西1T

■2回戦(23日)
◆A組
◎大邱商苑高(テグ市)5(0-19)29ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)(12:00-)
*大邱1T、ソウル大5T2G
◎全南高(光州市)0(0-27)41忠北高(忠清北道)(14:30-)
*忠北6T4G1D

◆B組
◎慶山高(慶尚北道)52(26-0)0順天工業高(全羅南道)(13:45-)
*慶山8T6G,
◎城南西高(京畿道)22(5-10)20東亜工業高(大田市)(15:45-)
*城南西4T1G、東亜3T1G1P

■1回戦(21日)
◆A組
①大邱商苑高(テグ市)24(14-0)19釜山南高(釜山市)(11:00-)
*テグ4T2G、釜山3T2G
②ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)60(47-3)6鎮海高(慶尚南道)(12:15-)
*ソウル大9T6G1P、鎮海2P
③忠北高(忠清北道)52(24-5)5裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*忠北8T6G、イリ1T

◆B組
④慶山高(慶尚北道)27(10-5)15仁川工業高(仁川市)(13:30-)
*慶山3T3G2P、仁川3T
⑤城南西高(京畿道)20(20-3)10オソン高(忠清南道)(16:00-)
*城南西3T1G1P、オソン1T1G1P

<<2008年第89回大会>>
<大学・社会人。全13チーム>
■決勝(10月16日14:45-)
◆尚武:韓国軍体育部隊(サンム。全羅南道。07年1位)
33(19-0)5
韓国電力(ハンジョン。江原道)
*尚武5T4G、韓電1T
◎得点経過
(前半)
1:2分、尚武WTB14/ノ・ピョングァンがトライ。
2:5分、尚武FL7/李ジェウォンがトライ。G成功、SO/オ・ユンヒョン。
3:31分、尚武CTB12/金ウァンヨンがトライ。G成功。
(後半)
1:5分、尚武PR3/ホ・ウンがトライ。WTB11/チョ・インスをフォローしパスを受ける。G成功。
2:9分、韓電LO4/金桐鮮が右隅にトライ。
3:12分、尚武WTB11がトライ。SO10のキックパスにFB22/チェ・ジェヨンが反応し拾い11はパス。G成功。

■準決勝(15日)
◆韓国電力23(15-6)18三星重工業(サムソン。慶尚南道。今季2冠)(13:30-)
*韓電3T1G1P1D、三星2T1G2P

◆尚武11(6-3)9浦項鋼板(ポスコ。慶尚北道。06&07年2位)(15:10-)
*尚武1T2P、浦項3P

■準々決勝(14日)
◆A組:三星重工業66(25-14)14大心通商(テシム。忠清北道)(11:00-)
*三星10T5G1P1D、大心2T2G

◆B組:韓国電力76(40-0)5圓光大(ウォングァン。全羅北道。大学2部)(14:20-)
*韓電12T8G、ウォン1T

◆C組:浦項鋼板41(29-5)22延世大(ヨンセ。ソウル市。今季2冠)(12:40-)
*浦項6T4G1P、延世3T2G1P

◆D組:尚武55(34-0)14檀国大(ダンクック。忠清南道)(16:00-)
*尚武8T6G1P、檀国2T2G

■1回戦(12日)
◆A組①大心通商77(36-8)釜山大(釜山市。大学2部)(10:00-)
*テシム14T7G、釜山1T1P

◆A組②慶煕大(キョンヒ。京畿道)0(0-14)47(11:40-)
*三星7T3G2P

◆B組①仁川専門大(インチョンチョンモン。仁川市。大学2部)5(5-50)65韓国電力(15:00-)
*仁川1T、韓国電10T5G1D

◆C組①忠南大(チュンナム。大田。大学3部以下)8(5-45)69延世大(13:20-)
*チュンナム1T1P、延世11T7G

◆D組①啓明大(ケミョン。大邱。大学3部以下)5(0-15)35檀国大(16:40-)
*ケミョン1T、檀国6T1G1P

<高校。13チーム>
■決勝(16日13:00-)
◆富川北高(プチョンブック。京畿道。今季2冠)
14(7-3)8慶山高(キョンサン。慶尚北道)
*富川北2T2G、慶山1T1P
■準決勝(15日)
◆富川北高14(7-0)12ソウル大師範付属高(サデ。ソウル市。07年1位)(11:00-)
*富川2T2G、ソウル2T1G

◆慶山高57(33-0)3裡里工業高(イリ。全羅北道)(12:15-)
*慶山9T6G、イリ1P

■準々決勝(13日)
◆A組:忠北高(チュンブック。忠清北道)19(5-6)25富川北高(12:00-)
*忠北3T2G、富川北3T2G2P

◆B組:ソウル大師範付属高68(36-0)0鎮海高(チンヘ。慶尚南道)(14:30-)
*ソウル12T4G

◆C組:慶山高41(31-10)17東亜工業高(トンア。大田市)(13:15-)
*慶山6T4G1P、東亜2T2G1P

◆D組:裡里工業高15(3-5)8順天工業高(スンチョン。全羅南道)(15:45-)
*イリ2T1G1P、順天1T1G

■1回戦(11日)

◆A組①忠北高41(15-5)5仁川機械工業高(インチョンキフェ。仁川市)(11:00-)
*忠7T3G、仁1T

◆A組②富川北高54(25-5)10大邱商苑高(テグサンウォン)(12:00-)
*富10T2G、大2T

◆B組①釜山南高(釜山市)0(0-55)74ソウル大師範付属高(14:45-)
*ソ12T7G

◆C組①慶山高70(41-5)5オソン高(忠清南道)(13:30-)
*慶10T4G4D、オ1T

◆D組①裡里工業高42(21-0)5全南高(チョンナム・光州市)(16:00-)
*イリ6T6G、全1T

<<2007年以前>>
<一般・大学>
■07年
◆決勝 尚武(光州市)39(17-10)10韓国電力(江原道)
◆準決勝 尚武72(52-3)16忠南大(チュンナム。大田市)、韓国電力24(3-7)22浦項鋼板(ポハン。慶尚北道)

■06年
◆決勝 高麗36(12-16)26ポハン
◆準決勝 慶煕大13(5-21)41高麗大、釜山大25(10-43)64ポハン

■05年
◆決勝 三星28-23ポハン。三星が10連覇達成。
◆準決勝 三星66-31慶煕大、ポハン32-25高麗大

■04年 
◆決勝 三星29-18尚武
◆準決勝 三星26-19ポハン、尚武24-20檀国大
    
■03年
◆決勝 三星49-3韓国電力
◆準決勝 三星34-8檀国大、韓国電力19-13尚武

<高校>
■2007年
◆決勝 ソウル大師範大付属高(ソウル市)32(24-5)20慶山高(キョンサン。慶尚北道)
◆準決勝 ソウル大付属高31(21-17)24忠北高(チュンブック。忠清北道)、慶山高47(22-5)5裡里工業高(イリ。全羅北道)

■06年
◆決勝 養正27(10-5)10慶山
◆準決勝 テグ商苑13(8-14)26養正、仁川機械19(0-17)29慶山

■05年
◆決勝 白新31-20養正
◆準決勝 白新22-10テグ商苑、養正39-8東亜工業

■04年決勝 テグ商苑20-15富川北
■03年決勝 テグ商苑11-3富川北

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2013

韓国国体、富川北高、慶山高が決勝へ

 2013年の韓国国体に該当する「第94回全国体育大会」が、10月18日(金)、仁川特別市南洞競技場で開幕しました。
 23日は高校の準決勝が行われ。今季国内大会3冠で2年ぶりの優勝を目指す富川北高がソウル大付属高を17-10で下し決勝へ。もう一試合は慶山高が後半、逆転し26-19で釜山体育高を破り決勝へ2007-09年3大会連続で2位となったリベンジに臨みます。

 一般・大学は20年ぶりの優勝を遂げた韓国電力の連覇がなるか?
 22日の準決勝で韓国電力がライバル三星重工業を28-5で下しました。
 もう一試合は地元代表の尚武(韓国軍体育部隊)とポスコ建設が後半終了で32-32の同点となりました。コンバージョン(GK)合戦で尚武4-3ポスコとし尚武が決勝へ進出。
 尚武は2008年(89回大会)以来4年ぶりの優勝を目指します。
 
 
 以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<一般・大学>
■決勝(24日・木、14:35-)
◆尚武(韓国軍体育部隊、仁川市)-韓国電力(江原道)
*

■準決勝(22日・火、13:00-)
◆A尚武(韓国軍体育部隊、仁川市)32(15-7)32ポスコ建設(慶尚北道)
◎GK合戦/尚武4-3ポスコ
*尚武5T3G1P、ポスコ4T3G2P
*試合は前半、尚武がリードし、後半ポスコが逆転したが尚武が追いついた展開。
前半4分、尚武FB15ヤン・スウンのTとSO10朴ホンシクのGで7-0と先制した。10分にはSO朴のTで10-0へ。20分ポスコはSO10洪俊基(ホン・ジュンギ)がTとGを決め12-7とすがる。26分に尚武SO朴のPGで15-7と終了。
 後半4分、ポスコWTB11趙寅秀(チョ・インス、代表)のT、SO10洪のGで15-14と1点差に迫った。5分後、尚武は代表のCTBでもある13諸葛彬(チェガル・ビン)がT、G成功で22-14へ。しかし3分後、ポスコがLO4朴ジファンのTで22-19とした後、20分にSO洪がPGで22-22と追いついた。すると22分、尚武がCTB諸葛の2つ目のTで27-22。ポスコが社会人の意地を見せ28分、SO洪ののPGで27-25とし30分、WTB趙のT、洪G成功で27-32と逆転した。しかし34分、尚武FL6チェ・ジウンがゴールラインを越え32-32の同点でノーサイド。続くGK合戦で尚武がポスコを下した。

◆B韓国電力(江原道)28(8-5)5三星重工業(慶尚南道)
*韓国電力3T2G3P、三星1T
*今春の春季リーグ戦と同じく電力が三星を下した(春は26-6)。前半3分WTB14劉圭喆(ユ・チョルギュ、代表)のTで先制すると9分、代表SO10呉潤衡(オ・ユンヒョン)がPGを決め8-0。三星は16分FL6権五峰(クウォン・オボン、元代表)がTを返し3点差で前半を終えた。
 後半は電力が試合を支配。12分WTB11金洸民(キム・グァンミン、代表)のT、呉のGで15-5、17分に呉のPGで18-5とした。21分にWTB金が2つ目のT、G成功で25-5へ。最後は呉が3つ目のPG成功で試合を終えた。

■2回戦(20日・日)
◆A2尚武(韓国軍体育部隊、仁川市)106(50-6)11釜山大学(釜山市)
*尚武18T8G、釜山1T1P1D
*前半わずか50秒で尚武FB15ヤン・スウンがTで先制。3分、9分とWTB11ユ・ソンヨンが連続Tで突き放すなど16分までに5T。釜山は11分にSO10チョン・ホヨンがDGで、20分にPGで31-6へ。しかし尚武はPR3朴ジョンホの2本目のtなど前半で8T5Gをあげ試合を決めた。

◆A3ポスコ建設(慶尚北道)49(20-0)8檀国大(忠清南道)
*ポスコ8T3G1P、檀国1T1P
*ポスコは前半5分SO10洪俊基(ホン・ジュンギ、元代表)のPGで先制。13分WTB趙寅秀(チョ・インス、代表)、24分と38分にFB15チョン・ヨンウのTで20-0とした。檀国は後半4分SO10オ・ジミョンのPGで3点を返した。ポスコは5分WTB11ノ・ビョングァン(元代表)のTなど後半も5Tを追加した。

◆B3高麗大学(ソウル市)14(0-38)74韓国電力(江原道)
*高麗2T2G、電力11T8G
*電力が圧勝。前半2分FL6金ヒョンスの先制T。7分WTBユ・チョルギュ(代表)、10分FL7金昌ミン(キム・ジョンミン、代表)、15分FL6金の2本目、23分SO10呉潤衡(オ・ユンヒョン、代表)、32分NO8ファン・ミンジョ(代表)がTを奪った。高麗は後半28分にSHホン・ソクホ、39分WTB11分アン・オゴンのTを返すのがやっとだった。

◆B4三星重工業(慶尚南道、B2不戦勝)94(52-0)5圓光大(全羅北道)
*三星15T8G1P、圓光1T
*三星が前半2分、WTB11李ギュドク(代表)のTを始めに前半8T、後半7で格下を退けた。李は4Tの活躍。
 
■1回戦(18日・金)
◆A1/檀国大(忠清南道)25(15-12)20慶熙大(京畿道)
*檀国4T1G1P、慶熙3T1G1P
*二転三転の試合。檀国が試合終了間際15-20から2Tを奪い逆転勝ち。前半、先制は慶熙。2分WTB14イム・サンジンのTで0-5。檀国は6分にNO8チャン・イルファンのTで同点、コンバージョンをSO10オ・ジミョン(13年、現代表)が決め7-5と逆転した(7-5)。10分にオがPG成功で10-5とするも28分に慶熙がCTB12ユ・ジュンヒョンのTとFB15ハン・サンフンのコンバージョンで10-12と再逆転した。檀国が35分HO2金旻奎(ミンギュ、現代表)のTで再々逆転15-12で前半を終えた。後半に入ってもまずは慶熙がFL7金ドグンのTで15-17と再びリードすると23分にFBハンのPGで15-20とした。しかし檀国は38分HO金の2本目のTで同点とし1分後、CTB12朴ジフンがゴールラインを陥れ25-20でゲームセットを迎えた。

◆B1/韓国電力(江原道)108(57-5)19セハン大学(全羅南道)
*韓国電力18T9G、セハン3T2G
*現役韓国代表8人が先発した電力が前半で試合を決めた。1分WTB11金洸民(グアンミン、現代表)の先制Tをはじめに7分と10分のNO8黄仁朝(ファン・インジョ、現代表)、18分と21分CTB13金成洙(ソンス、元代表)の連続Tなどで9Tを奪った。前半だけでWTB11金も3T。一方、セハンは40分にSO10金ジタクがTを返すなど3Tを奪い、電力の甘さを突いた。

◆B2/三星重工業(慶尚南道)-SFKホールディングス(忠清北道)/参加取り消し

<高校>
■決勝(24日・木、13:00-)
◆富川北高(京畿道)-慶山高(慶尚北道)

■準決勝(23日・水、13:00-)
◆A慶山高(慶尚北道)26(7-7)19釜山体育高(釜山市)
*慶山4T3G、釜山3T2G
*慶山が逆転で勝利。先制は前半17分、慶山SO10パン・ソンユンのT、コンバージョンをSH9ユン・ヘジンが決め7-0とした。釜山は22分にWTB14シン・ジョンチョルのTとGで7-7の同点とした。後半1分、釜山FL6金ゴンウのTで勝ち越すとWTBシンもG成功で7-14。しかし慶山は5分にSO10パンの2本目のT、G成功で14-14と同点に。16分にはPR3金ソンジンのT、Gも決まり逆転。さらに27分、PR1李ジュンヒョンのTで26-14と差を広げた。双方1人ずつシンビンで退場となった1分後の34分、釜山はWTB20金グンソンがTを奪ったがノーサイド。

◆B富川北高(京畿道)17(5-0)10ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川3T1G、ソウル大2T
*富川が接戦を制した。前半は29分にFL7金スンジュンのあげた1Tのみ。後半2分、ソウルがWTB14カン・ミンジュのTで5点を返した。富川は13分FL6チョ・ソンホがTするとコンバージョンをFB15チョン・ジェグァンが決めて12-5へ。20分にはHO2李ギオプが追加のTで17-5とした。ソウルは26分、WTB11李ホジェがTし5点を返したが遅かった。

■2回戦(21日・月)
◆A3仁川機械工業高(仁川市)10(0-7)19釜山体育高(釜山市)
*仁川2T、釜山3T2G
*地元、仁川が敗れた。前半13分、釜山がCTB13朴ミンウのTで先制、コンバージョンはFB15シン・ジョンチョルが決め0-7。後半も釜山ペース。3分にFBシンのTとGで0-14とした。仁川は14分、WTB11イム・ソンハがTを奪い5-14に。25分に釜山FBシンが再びTし仁川の攻撃を終了間際のTに抑え逃げ切った。

◆A4慶山高(慶尚北道)45(14-7)28大邱商苑高(大邱市)
*慶山7T5G、大邱4T4G
*点の取り合い。後半20分、大邱がNO8ピョ・ジュンサンのT、FB15李ギョンファンのGで21-26と5点差に迫ったが
慶山は23分LO4シン・ダヒョン、25分CTB12チェ・ムンヒョクのT(GはSH9ユン・ヘジンがいずれも成功)で14点を追加し40-22、振り切った。

◆B4/ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)44(20-0)3オソン高(忠清南道)
*ソウル7T3G1P、オソン1P
*ソウルが前半5分、SO10ハン・グミンのPGで先制。21分WTB11カン・ミンジュン、24分LO4チ・ドンビン、32分LO5カン・ウォンジェの3Tで追加した。後半も3分WTB14李ホジェのTなど4Tを奪い計7Tで圧勝。

◆B5/富川北高(京畿道)80(40-0)0全南高(光州市)
*富川12T10G
*富川が12Tの猛攻。前半5分WTB14シン・ジョンミンのT、FB15チョン・ジェグァンのGで先制した。13分にも同じ2人で7点を追加。20分PR3李ヒョンスン、23分FL6チョ・ソンホ、26分FL7金スンジュンもゴールラインを越えた。前半最後は32分にWTBシンが3本目のTを奪った。シンは後半5分にもTで4本の活躍。

■1回戦(19日・土)
◆A1/釜山体育高(釜山市)38(17-7)14ミョンソク高(大田市)
*釜山5T5G1P、ミョンソク2T2G

◆A2/大邱商苑高(大邱市)36(19-5)26裡里工業高(イリ・全羅北道)
*商苑6T3G、裡里4T3G
*裡里が後半11分までに19-19と追いつくも商苑が19分NO8ピョ・ジュンサン、27分SO10李ヒョンジュのTで29-19に。裡里は29分CTB13チャン・ソンピルTとLO4李ヒョンジュGで29-26と後を追った。最後は34分商苑FL6ハン・ギヨンのTで振り切った。

◆B1/オソン高(忠清南道)-鎮海高(慶尚南道)
*オソン勝利

◆B2/ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)45(24-10)17順天工業高(全羅南道)
*ソウル大7T5G、順天3T1G
*昨年は2回戦で当たり順天が18-5でソウルを下し勢いに乗り優勝を果たした。しかし今年は最初からソウルが主導権を握った。前半5分SO10ハン・グミンのTとGで7-0、1分後WTB14カン・ミンジュンのTで12-0とした。順天が16分CTB13金テヒョンのTで5点を返した。ソウルは24分、FL6朴ビョンソン、29分LO4チ・ドンビンのTで突き放した。後半も5分までで2Tを奪い試合を決めた。

◆B3/富川北高(京畿道)34(14-0)0忠北高(忠清北道)
*富川5T3G1P
*富川がゼロ封勝利。前半20分、SH9チョン・スンウォンのT、コンバージョンはFB15チョン・ジェグァンが決め7-0と先制。10分後SO10金テソンのT、G成功で14-0とし前半終えた。後半2分、FBチョンのPGで追加すると17分CTB12金ジンヒョク、31分WTB14シン・ジョンミン、34分WTB11金ジュンファンのBK陣がゴールラインを越えた。

<<参考。2013年「第93回全国体育大会」>>
 2012年・国体「第93回全国体育大会」が、10月11日、慶尚北道慶山市松花ラグビー場で開幕。国体は大邱市を中心に開催されました。
 17日、最終日は決勝2試合が行われました。
 高校は順天工業高が2年ぶりの優勝を狙った忠北高を38-20で破り17年ぶりの優勝。

 一般・大学は韓国電力が、尚武(軍体育部隊)に32-18で競り勝ち実に20年ぶりの優勝を遂げました。
 両チームは2007、08年決勝で対戦しいずれも尚武が優勝。また韓電は07-10年と4年連続で決勝へみいずれも敗退してました。
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。

<一般・大学>
■決勝(17日・水、14:35-)
◆韓国電力(江原道)32(19-6)18尚武(大邱市)
*韓電5T2G1P、尚武2T1G2P
*韓電は前半1分、今大会好調のSO呉潤衡(代表)がTを奪い先制した。尚武は4分にCTB13李セホのPGで3点を返すと21分、李がPGを決め5-6と逆転した。しかし5分後、韓電LO4チョン・デイクのT、G呉成功で逆転(12-6)、さらに29分呉のTとGで19-6と差を広げ前半を終えた。後半16分、尚武WTB14金グァンミン(代表)のT、SO朴ホンシク(代表)G成功19-13とした。韓電は21分、呉がPGを決めると23分、30分とTし試合を決めた。

■準決勝(15日・月、13:00-)
◆韓国電力(江原道)59(28-0)7檀国大(忠清南道)
*韓電8T5G3P、檀国1T1G
*ポスコを撃破した檀国もここまで。前半、韓電は8分、SO呉潤衡(代表)のPGで先制、21分WTB14ユ・チョルギュ(代表)、23分WTB11金セウン、29分CTB12ユ・ミンヒョン、33分呉のTで25-0とし試合を早々に決めた。檀国は後半35分にFL6李ギハンがTを返しゼロ封を免れた。

◆尚武(大邱市)40-12高麗大(ソウル市)
*尚武7T1G1P、高麗2T1G
*前半は互角。3分、尚武がNO8のTで先制、13分にもNO8がTするなど12-0。高麗は29分にSOユ・ジェヒョクのT、Gで7点を返し12-7に。尚武CTB13PGで15-7(前半終了)。後半は尚武が開始58秒でWTB14金グァンミンのT、高麗に6分、1Tを返されたが、尚武は9分以降も4Tを重ね40-12としてノーサイドに。

■2回戦(13日・土)
◆A3ポスコ建設(慶尚北道)22(7-15)29檀国大(忠清南道)(11:45-)
*ポスコ3T2G1P、檀国4T3G1P
*檀国が試合終盤、鮮やかな逆転勝ち。前半から檀国ペース。1分CTB13李ジェソクがPGを決め先制(0-3)。6分には李がTを奪い0-8とした、3分後、WTB14チョ・テヨンのT、李G成功で0-15に。ポスコは14分、SO10洪俊基がT、Gを決め7-15と追いすがる。後半開始からポスコが攻める、9分洪のPG,12分LO4クォン・オヨンのT、G成功し17-15と逆転した。さらに16分FL6文祥容のTで22-15と差を広げた。しかし、21分檀国はSO10ソン・ヒョンソクのT、CTB李G成功で22-22と同点に。そして35分、WTBチョが2本目のTを決めG成功22-29、振り切った。

◆A4三星重工業(慶尚南道)13(3-29)53韓国電力(江原道)(15:15-)
*三星2T1P、韓電7T6G2P

(撮影・李東胤)
*韓電が圧倒した。前半9分SO10呉潤衡がPGで先制、13分FL金ジョンミン、18分SH9朴玩龍、33分SO呉などのTで24-0と試合を決めた。三星は後半、東芝から移籍した蔡宰榮がTを奪ったが遅かった。

◆B2尚武(大邱市)60(19-7)22慶熙大(京畿道)(10:00-)

◆B3仁川体育会(仁川市)3(3-35)50高麗大(ソウル市)(13:30-)
*仁川1P、高麗8T2G2P
*高麗が前半7分にPR1ソン・ミョンジュンのTで先制、18分、21分、26分、36分と前半だけで6Tし試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

<高校>
■決勝(17日・水、13:00-)
◆順天工業高(全羅南道)38(19-15)20忠北高(忠清北道)
*順天6T4G、忠北4T
*前半開始は順天のペース。3分PR3金ヒョンホがT、9分PR1ホ・ジュンスのT、G成功で12-0とした。12分、忠北がWTB14呉ミングンのTで5点を返すと順天は24分にCTB12ノ・ミョンジンのTでG成功19-5に。しかし忠北が29分、35分とPR3チャン・ウジュンの連続Tで19-15と迫った。後半に入ると4分に順天LO4金ソクファンのT、Gも決まり26-15.さらに20分、28分とTを奪い覇権を勝ち得た。

■準決勝(16日・火、13:00-)
◆A忠北高(忠清北道)35(14-7)12慶山高(慶尚北道)
*忠北5T5G、慶山2T1G
忠北は前半20分、FL7オム・ユンソンのT、CTB12ホ・ジェウのGで7-0.23分にWTB11チ・ギュミンのT、ホGで14-0とした。慶山は33分にPR1朴テホがTを返しGをSOパン・ソンヨンが決め14-7で前半終了。後半、忠北が8分にLO4金ミンホ、17分WTB11チのTなどで28-7と試合を決めた。

◆B大邱商苑高(大邱市)15(3-12)36順天工業高(全羅南道)
*大邱2T1G1P、順天6T3G
先制は順天。前半13分、NO8チュ・サンウがTを奪った。32分にはFL6李サンジュンのT,SO金ジテクG成功で0-12とした。大邱は36分にCTB12アン・ドゴンのPGで3点を返し後半へ。後半も順天が8分にNO8チュの2本目のTで3-19に。大邱も11分にWTB14クォン・スンホのTで8-19と追いすがった。しかし17分、28分、34分と順天がTを奪い振り切った。チュは3Tをあげた。

■2回戦(14日・日)
◆A5釜山体育高(釜山市)12(5-14)31忠北高(忠清北道)(11:00-)
*釜山2T1G、忠北5T4G

◆A4富川北高(京畿道)29(22-22)30慶山高(慶尚北道)(14:10-)
*富川5T2G、慶山5T1G1P
*前半開始45秒、富川WTB11金ジンヒョクがTwo奪い先制、3分には富川WTB14チャン・ソミンもTし10-0とした。慶山は8分PR1のTで5点を返すと、富川は11分にT(15-5),慶山16分T(15-10)、富川21分がT、G(22-10)と差を広げた。慶山は25分にT,Gすると33分LO4チェ・ウンヒョックのTで22-22、同点に追いついた。後半は我慢比べ、28分に慶山がSOパン・ソンユンのPGで22-25、富川は33分CTB李チャンファンのTにGも決まり29-25と逆転。最後は36分、慶山がNO8朴ソンジェが決勝Tを奪い1点差で振り切った。

◆B3大邱商苑高(大邱市)45(21-0)8オソン高(忠清南道)(15:45-)
*大邱7T5G、オソン1T1P

◆B4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)5(5-10)18順天工業高(全羅南道)(12:35-)
*ソウル大1T、順天3T1P
*順天が前半6分、FL6李サンジュンのTで先制するとソウルも17分NO8のTで5-5に。23分順天SHホ・ジェジュンがTし5-10で前半を終えた。後半7分SO10金ジテクのPGで順天がリードする、11分順天FB朴ジュンヒョンのTが決まり5-18となり、以後、得点は動かずそのまま終了した。

■1回戦(12日・金)
◆A1仁川機械工業高(仁川市)24(5-15)39釜山体育高(釜山市)(11:35-)
*仁川4T2G、釜山6T3G1P

◆A2忠北高(忠清北道)21(14-7)15ミョンソク高(大田市)(10:00-)
*忠北3T3G、ミョンソク2T1G1P

◆A3慶山高(慶尚北道)26(19-3)8裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*慶山4T3G、裡里1T1P

◆B1オソン高(忠清南道)53(24-0)7鎮海高(慶尚南道)(16:20-)
*オソン高9T4G、鎮海高1T1G

◆B2順天工業高(全羅南道)59(34-0)0全南高(光州市)(13:10-)
*順天8T5G3P

<<参考、2011年第92回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(10月12日・水、14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)41(26-7)12慶熙大(京畿道)
*ポスコ6T4G1P、慶熙大2T1G
*前半でポスコが試合を決めた。4分LO5朴ヨンドン(元代表)の先制T、Gを21金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決めて7-0.慶熙は13分PR3金ヒチョルがTするとGはWTB14イム・ドンゴンが決めて7-7と追いついた。しかしポスコは3分後にSO10ユン・ヒス(代表)のT、金G成功で14-7へ。20分にもPR3金光植(キム・グァンシク、代表)のTに金G、31分WTBチョ・インス(代表)のTなどで26-7とした。
後半も9分CTB13ノ・ピョングァン(代表)のT,金Gも決まり33-7とし試合を決めた。慶熙は32分にWTB14イムのTで5点を返すのがやっとだった。

■準決勝(10日・月、13:00-)
◆三星重工業(慶尚南道)12(7-6)20慶熙大(京畿道)
◆ポスコ建設(慶尚北道)36(26-13)27延世大(ソウル市)
*5T4G1P、延世3T3G1P
■2回戦(8日・土)
◆A1慶熙大(京畿道)73(51-0)5釜山大(釜山市)/11:00-
慶熙12T5G1D、釜山1T
◆A2三星重工業(慶尚南道)31(5-14)17韓国電力(江原道)/14:20-
*三星5T3G、韓電2T2G1P
◆B1仁川体育会(仁川市)9(9-29)50延世大(ソウル市)/16:00-
*仁川3P、延世8T5G
◆B2ポスコ建設(慶尚北道)60(31-0)12檀国大(忠清南道)/12:40-
*ポスコ10T5G、檀国2T1G
■1回戦(6日・木)
◆A韓国電力(江原道)91(55-10)31圓光大(全羅北道)/13:40-
*韓電14T9G1D、圓光5T5G1P

◆B3延世大(ソウル市)78(32-0)10開明大(大邱市)/15:20-
*延世14T4G、開明2T

◆B4檀国大(忠清南道)85(33-10)18忠南大(大田市)/12:00-
*檀国13T10G、忠南3T1P

<高校>
■決勝(12日・水、13:00-)
◆富川北高(京畿道)26(19-0)24順天工業高(全羅南道)
*富川4T3G、順天4T2G
*富川が前半のリードを守り辛うじて逃げ切った。前半7分CTB12李ジョンファンのTで先制するとGはFB15韓サンホが決め7-0.15分にはSO10呉スンヒョンT、韓G成功で14-0.さらに25分WTB11文ヨングルがTを奪い19-0で前半を終えた。
後半も2分CTB李のTと韓Gで26-0へほぼ試合を決めたかに見えた。ここから順天が反撃開始。4分PR1ト・ヒョクソンがTしGはWTB14金ジタクが決め7点を返した。13分にはFL7文ソンイルのT、G金も成功し26-14へ。すると21分FL6李サンジュンがTで26-19と1T1Gへ迫った。そして29分、PR1トがTを決めたがG失敗、26-24でノーサイドとなった。

■準決勝(11日・火、13:00-)
◆富川北高(京畿道)24(7-10)24ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川4T2G、ソウル3T3G1P
◆順天工業高(全羅南道)18(13-14)14仁川機械工業高(仁川市)
*順天3T1P、仁川2T2G
■2回戦(9日・日)
◆A1富川北高(京畿道)21(7-8)16慶山高(慶尚北道)/15:45-
*富川3T3G、慶山2T2P
◆A2全南高(光州市)10(5-24)41ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)/13:15-
*全南2T、ソウル6T4G1P
◆B1順天工業高(全羅南道)52(38-7)7オソン高(忠清南道)/12:00-
*順天8T6G、オサン1T1G
◆B2・仁川機械工業高(仁川市)32(24-12)26釜山体育高(釜山市)/14:30-
*仁川4T3G2P、釜山4T3G
■1回戦(7日・金)
◆A3慶山高(慶尚北道)48(24-0)3鎮海高(慶尚南道)/16:00-
*慶山8T4G、鎮海1P

◆A4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)32(15-5)17忠北高(忠清北道)/13:30-
*ソウル5T2G1P、忠北3T1G

◆B3順天工業高(全羅南道)34(24-5)12ミョンソク高(大田市)/11:00-
*順天5T3G1P、ミョンソク2T1G

◆B4裡里工業高(イリ・全羅北道)3(3-14)26オソン高(忠清南道)/12:15-
*イリ1P、オソン4T3G

◆B5大邱商苑高(大邱市)17(12-17)22釜山体育高(釜山市)
*大邱3T1G、釜山4T1G
 
<<2010年第91回大会>>
*会場:韓国南部の都市・鎮海公設運動場
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<大学・一般部>
■決勝(12日14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)32(18-3)10韓国電力(江原道)
*ポスコ4T3G2P、韓電1T1G1P
*先制は韓電。前半7分にCT13が決め0-3。ポスコの反撃は前半27分から。CT12がトライし5-3と逆転。33分にはFL7のトライとG(13)成功で12-3とした。
 さらに終了間際に2PGで18-3とリードを広げた。
 後半もポスコペース。1分SO10のトライ、G成功で25-3とほぼ試合を決めた。10分にも交替した21のトライ、CT13ゴールで32-3。最後の韓電の攻撃を12分、好調なWTB14トライ、ゴールに抑えて2連覇となった。
 国内大会も5連覇中だ。

■準決勝(10日)
◆A組
/韓国電力(江原道)50(24-0)26慶熙大(京畿道)(13:00-)
*韓国8T5G、慶熙4T3G

◆B組
/ポスコ建設(慶尚北道)59(40-0)10忠南大(大田市)(14:40-)
*ポスコ9T7G、忠南2T

■2回戦(8日)
◆A組①圓光大(全羅北道)3(0-63)94韓国電力(江原道)(12:40-)
*圓光1P、韓国電力16T7G
◆A組②檀国大(忠清南道)19(7-17)29慶熙大(京畿道)(16:00-)
*檀国3T2G、慶熙5T2G

◆B組③ポスコ建設(慶尚北道)22(10-8)15尚武・韓国軍体育部隊(慶尚南道)(11:00-)
*ポスコ3T2G1P、尚武2T1G1P
◆B組④忠南大(大田市)47(19-0)8仁川専門大(仁川市)(14:40-)
*忠南7T6G、1T1P

■1回戦(6日)
◆A①韓国電力22-22延世大(ソウル市)(12:00-)
*PG合戦。韓国5-4延世

◆A②慶熙大55(43-0)10開明大(大邱市)(15:20-)
*慶熙9T5G、開明2T

◆B③釜山大(釜山市)33(12-15)34仁川専門大(13:40-)
*釜山5T4G、仁川5T3G1P

<高校>
■決勝(12日13:00-)
◆富川北高(京畿道)20(15-14)19ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川3T1G1P、ソウル3T2G
*前半から富川が攻め8分、WT14のトライで先制(5-0)。さらに14分WT11のPG成功。18分にはWT14の2つ目のトライ、11G 成功で15-0とした。
 ソウル大は、ここから攻め24分、NO8トライしGも決め15-7とした。さらに終了間際CT12のトライ、G成功で15-14と1点差に迫った。
 後半も先に富川が25分にFB15のトライで20-14とし、ロスタイム31分ソウルはPR1がトライを決め20-19としたが、G不成功で試合を終えた。

■準決勝(11日)
◆A組/ソウル大学校師範大(学部)付属高31(14-5)17順天工業高(全羅南道)(13:00-)
*ソウル4T4G1P、順天3T1G

◆B組/東亜マイスター高(大田市)14(0-19)33富川北高(京畿道)(14:15-)
*東亜2T2G、富川北5T2G

■2回戦(9日)
◆A組①仁川工業高(仁川市)14(14-10)17ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:00-)
*仁川2T2G、ソウル3T1G

◆A組②忠北高(忠清北道)10(7-12)24順天工業高(14:30-)
*忠北1T1G1P、順天4T2G

◆B組③釜山体育高(釜山市)19(12-14)29東亜マイスター高(13:45-)
*釜山3T2G、東亜4T3G1P

◆B組④鎮海高(慶尚南道)19(0-35)40富川北高(15:45-)
*鎮海3T2G、富川北6T5G

■1回戦(7日)
◆A組①仁川工業高12(12-10)10オソン高(忠清南道)(11:00-)
*仁川2T1G、オソン1T1G1P

◆A組②慶山高(慶尚北道)17(0-24)36ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:15-)
*慶山3T1G、ソウル大6T3G

◆A組③順天工業高31(10-15)15裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*順天5T3G、裡里2T1G1P

◆B組④東亜マイスター高45(21-7)12全南高(光州市)(13:30-)
*東亜7T5G、全南2T1G

◆B組⑤大邱商苑高(大邱市)3(3-15)34富川北高(16:00-)
*大邱1P、富川北5T3G1P

<<2009年第90回大会>>
<一般・大学>
■決勝(26日14:15-)
◆ポスコ鋼板(慶尚北道)27(10-3)6韓国電力(江原道)
*ポスコ3T3G2P、韓電2P
*前半はまったりとしたペースで進む。どちらもゴール前22m手前まで攻めるが、ノッコンなどのミスを連発。
6分、韓国電力がゴール前でPGを得てキックが好調のWTB14呉ユンヒョン(前代表SO)が決め0-3。ポスコはようやく35分、ボールをつなぎ最後はHO2金ジョンオクがポスト左へTを決めた。
GもSOユン・フィス(代表)が成功し7-3と逆転。インジュアリータイム42分にユンがPGを決め10-3で前半終了。
後半最初の得点は韓国電力、10分WTB呉のPG成功で10-6と会場を沸かした。しかし19分にポスコがPG成功で突き放すと(13-3)、そのリスタートのボールをポスコがFW陣で回し、最後は右外にいた快速WTB金亨基(キム・ヒョンギ。7人制代表)へ。キムが40m独走のTを決めG成功で20-6と試合を決定づけた。
さらに終了間際PR3金光植(キム・グァンシク。代表)のTも出て27-6と初優勝を勝ち取った。

■準決勝(24日)
◆A組(13:00-)
◎韓国電力(江原道)28(14-7)7檀国大(忠清南道)
*韓電3T2G3P、檀国1T1G
◆B組(14:40-)
◎ポスコ鋼板(慶尚北道)23(10-11)18尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)
*ポスコ3T1G2P,尚武2T1G2P
■2回戦(22日)
◆A組
◎大心通商(忠清北道)17(10-34)58韓国電力(江原道)(11:00-)
*大心2T2G1P、韓電10T4G
◎啓明大(大邱市)12(7-38)72檀国大(忠清南道)(14:20-)
*啓明2T1G,檀国大12T4G

◆B組
◎延世大(ソウル市)12(0-14)32ポスコ鋼板(慶尚北道)(12:40-)
*延世2T1G,ポスコ5T2G1P
◎尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)38(31-17)17三星重工業(慶尚南道)(16:00-)
*尚武5T5G1P,三星2T2G1P

■1回戦(20日)
◆A組
①韓国電力(江原道)103(53-5)5釜山大(釜山市)(11:00-)
*韓電17T9G、釜1T。
②檀国大(忠清南道)59(21-7)10仁川専門大(仁川市)(14:20-)
*檀国9T7G、仁川1T1G1P。

◆B組
③ポスコ鋼板(慶尚北道)86(54-0)22圓光大(全羅北道)(12:40-)
*ポスコ16T3G、圓光4T1G
④三星重工業(慶尚南道)28(15-3)17慶熙大(京畿道)(16:00-)
*三星4T1G2P、慶熙2T2G1P

<高校部>
■決勝(26日13:00-)
◆忠北高(忠清北道)38(14-12)19慶山高(慶尚北道)
*忠北6T4G、慶山3T2G
*09春季リーグ優勝の忠北(チュンブック)と大統領旗大会V慶山(キョンサン)の好調同士の決勝戦となった。特に慶山は全国大会2年連続準優勝のため優勝が欲しい試合。
前半からFWの忠北、BK慶山という特色ある展開で会場が沸いた。先制は忠北、9分、ゴール右で得た反則からSHが自分でボールを持ち出しT、GもFB15呉グァンヨン(3年、延世大へ進学)が決め7-0。15分にも忠北が右ラインアウトを得て得意のモールで押し込みFL6がT、G成功で14-0とした。
ここから慶山が反撃、18分手敵陣10m付近からCTB12が左際を抜けるとラックを作り右へ展開しWTB11がT、14-5に。さらに22分、WTB14が抜けラックをゴール前で作りFL7がポスト左へT、G成功で14-12として前半を終えた。
後半は忠北ペースで始まった。7分、やはりLO→モールを押すとSHからNO8へ。そのままイン・ゴールへ。19-12とした。11分にはSHが2本目のTを決めG成功で26-12と試合を決めた。慶山は終了間際の29分、敵陣ゴール前にキックしたボールを忠北の処理ミスからターンオーバーしCTB13がT,SO10G成功で38-19とするのがやっとだった。

■準決勝(25日)
◆A組(13:00-)
◎忠北高(忠清北道)34(15-10)22ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*忠北5T3G1D、ソウル4T1G
◆B組(14:15-)
◎慶山高(慶尚北道)55(36-0)5城南西高(京畿道)
*慶山8T6G1P、城南西1T

■2回戦(23日)
◆A組
◎大邱商苑高(テグ市)5(0-19)29ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)(12:00-)
*大邱1T、ソウル大5T2G
◎全南高(光州市)0(0-27)41忠北高(忠清北道)(14:30-)
*忠北6T4G1D

◆B組
◎慶山高(慶尚北道)52(26-0)0順天工業高(全羅南道)(13:45-)
*慶山8T6G,
◎城南西高(京畿道)22(5-10)20東亜工業高(大田市)(15:45-)
*城南西4T1G、東亜3T1G1P

■1回戦(21日)
◆A組
①大邱商苑高(テグ市)24(14-0)19釜山南高(釜山市)(11:00-)
*テグ4T2G、釜山3T2G
②ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)60(47-3)6鎮海高(慶尚南道)(12:15-)
*ソウル大9T6G1P、鎮海2P
③忠北高(忠清北道)52(24-5)5裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*忠北8T6G、イリ1T

◆B組
④慶山高(慶尚北道)27(10-5)15仁川工業高(仁川市)(13:30-)
*慶山3T3G2P、仁川3T
⑤城南西高(京畿道)20(20-3)10オソン高(忠清南道)(16:00-)
*城南西3T1G1P、オソン1T1G1P

<<2008年第89回大会>>
<大学・社会人。全13チーム>
■決勝(10月16日14:45-)
◆尚武:韓国軍体育部隊(サンム。全羅南道。07年1位)
33(19-0)5
韓国電力(ハンジョン。江原道)
*尚武5T4G、韓電1T
◎得点経過
(前半)
1:2分、尚武WTB14/ノ・ピョングァンがトライ。
2:5分、尚武FL7/李ジェウォンがトライ。G成功、SO/オ・ユンヒョン。
3:31分、尚武CTB12/金ウァンヨンがトライ。G成功。
(後半)
1:5分、尚武PR3/ホ・ウンがトライ。WTB11/チョ・インスをフォローしパスを受ける。G成功。
2:9分、韓電LO4/金桐鮮が右隅にトライ。
3:12分、尚武WTB11がトライ。SO10のキックパスにFB22/チェ・ジェヨンが反応し拾い11はパス。G成功。

■準決勝(15日)
◆韓国電力23(15-6)18三星重工業(サムソン。慶尚南道。今季2冠)(13:30-)
*韓電3T1G1P1D、三星2T1G2P

◆尚武11(6-3)9浦項鋼板(ポスコ。慶尚北道。06&07年2位)(15:10-)
*尚武1T2P、浦項3P

■準々決勝(14日)
◆A組:三星重工業66(25-14)14大心通商(テシム。忠清北道)(11:00-)
*三星10T5G1P1D、大心2T2G

◆B組:韓国電力76(40-0)5圓光大(ウォングァン。全羅北道。大学2部)(14:20-)
*韓電12T8G、ウォン1T

◆C組:浦項鋼板41(29-5)22延世大(ヨンセ。ソウル市。今季2冠)(12:40-)
*浦項6T4G1P、延世3T2G1P

◆D組:尚武55(34-0)14檀国大(ダンクック。忠清南道)(16:00-)
*尚武8T6G1P、檀国2T2G

■1回戦(12日)
◆A組①大心通商77(36-8)釜山大(釜山市。大学2部)(10:00-)
*テシム14T7G、釜山1T1P

◆A組②慶煕大(キョンヒ。京畿道)0(0-14)47(11:40-)
*三星7T3G2P

◆B組①仁川専門大(インチョンチョンモン。仁川市。大学2部)5(5-50)65韓国電力(15:00-)
*仁川1T、韓国電10T5G1D

◆C組①忠南大(チュンナム。大田。大学3部以下)8(5-45)69延世大(13:20-)
*チュンナム1T1P、延世11T7G

◆D組①啓明大(ケミョン。大邱。大学3部以下)5(0-15)35檀国大(16:40-)
*ケミョン1T、檀国6T1G1P

<高校。13チーム>
■決勝(16日13:00-)
◆富川北高(プチョンブック。京畿道。今季2冠)
14(7-3)8慶山高(キョンサン。慶尚北道)
*富川北2T2G、慶山1T1P
■準決勝(15日)
◆富川北高14(7-0)12ソウル大師範付属高(サデ。ソウル市。07年1位)(11:00-)
*富川2T2G、ソウル2T1G

◆慶山高57(33-0)3裡里工業高(イリ。全羅北道)(12:15-)
*慶山9T6G、イリ1P

■準々決勝(13日)
◆A組:忠北高(チュンブック。忠清北道)19(5-6)25富川北高(12:00-)
*忠北3T2G、富川北3T2G2P

◆B組:ソウル大師範付属高68(36-0)0鎮海高(チンヘ。慶尚南道)(14:30-)
*ソウル12T4G

◆C組:慶山高41(31-10)17東亜工業高(トンア。大田市)(13:15-)
*慶山6T4G1P、東亜2T2G1P

◆D組:裡里工業高15(3-5)8順天工業高(スンチョン。全羅南道)(15:45-)
*イリ2T1G1P、順天1T1G

■1回戦(11日)

◆A組①忠北高41(15-5)5仁川機械工業高(インチョンキフェ。仁川市)(11:00-)
*忠7T3G、仁1T

◆A組②富川北高54(25-5)10大邱商苑高(テグサンウォン)(12:00-)
*富10T2G、大2T

◆B組①釜山南高(釜山市)0(0-55)74ソウル大師範付属高(14:45-)
*ソ12T7G

◆C組①慶山高70(41-5)5オソン高(忠清南道)(13:30-)
*慶10T4G4D、オ1T

◆D組①裡里工業高42(21-0)5全南高(チョンナム・光州市)(16:00-)
*イリ6T6G、全1T

<<2007年以前>>
<一般・大学>
■07年
◆決勝 尚武(光州市)39(17-10)10韓国電力(江原道)
◆準決勝 尚武72(52-3)16忠南大(チュンナム。大田市)、韓国電力24(3-7)22浦項鋼板(ポハン。慶尚北道)

■06年
◆決勝 高麗36(12-16)26ポハン
◆準決勝 慶煕大13(5-21)41高麗大、釜山大25(10-43)64ポハン

■05年
◆決勝 三星28-23ポハン。三星が10連覇達成。
◆準決勝 三星66-31慶煕大、ポハン32-25高麗大

■04年 
◆決勝 三星29-18尚武
◆準決勝 三星26-19ポハン、尚武24-20檀国大
    
■03年
◆決勝 三星49-3韓国電力
◆準決勝 三星34-8檀国大、韓国電力19-13尚武

<高校>
■2007年
◆決勝 ソウル大師範大付属高(ソウル市)32(24-5)20慶山高(キョンサン。慶尚北道)
◆準決勝 ソウル大付属高31(21-17)24忠北高(チュンブック。忠清北道)、慶山高47(22-5)5裡里工業高(イリ。全羅北道)

■06年
◆決勝 養正27(10-5)10慶山
◆準決勝 テグ商苑13(8-14)26養正、仁川機械19(0-17)29慶山

■05年
◆決勝 白新31-20養正
◆準決勝 白新22-10テグ商苑、養正39-8東亜工業

■04年決勝 テグ商苑20-15富川北
■03年決勝 テグ商苑11-3富川北

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2013

韓国国体、ソウル付属高など4強入り

 2013年の韓国国体に該当する「第94回全国体育大会」が、10月18日(金)、仁川特別市南洞競技場で開幕しました。
 高校の2回戦4試合(準々決勝)が21日行われ今季国内大会3冠で2年ぶりの優勝を目指す富川北高、ソウル大付属高、慶山高など強豪と釜山体育高が4強に進みました。

 一般・大学は20年ぶりの優勝を遂げた韓国電力の連覇がなるか?
 20日の2回線で今季、好調の高麗大が韓国電力に挑みましたが11T74点で返り討ち。他にやはり15Tの三星重工、8Tポスコ建設、18T尚武(韓国軍体育部隊)の社会人4強がベスト4入り。

 以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<一般・大学>
■決勝(24日・木、14:35-)

■準決勝(22日・火、13:00-)
◆A尚武(韓国軍体育部隊、仁川市)-ポスコ建設(慶尚北道)

◆B韓国電力(江原道)-三星重工業(慶尚南道)

■2回戦(20日・日)
◆A2尚武(韓国軍体育部隊、仁川市)106(50-6)11釜山大学(釜山市)
*尚武18T8G、釜山1T1P1D
*前半わずか50秒で尚武FB15ヤン・スウンがTで先制。3分、9分とWTB11ユ・ソンヨンが連続Tで突き放すなど16分までに5T。釜山は11分にSO10チョン・ホヨンがDGで、20分にPGで31-6へ。しかし尚武はPR3朴ジョンホの2本目のtなど前半で8T5Gをあげ試合を決めた。

◆A3ポスコ建設(慶尚北道)49(20-0)8檀国大(忠清南道)
*ポスコ8T3G1P、檀国1T1P
*ポスコは前半5分SO10洪俊基(ホン・ジュンギ、元代表)のPGで先制。13分WTB趙寅秀(チョ・インス、代表)、24分と38分にFB15チョン・ヨンウのTで20-0とした。檀国は後半4分SO10オ・ジミョンのPGで3点を返した。ポスコは5分WTB11ノ・ビョングァン(元代表)のTなど後半も5Tを追加した。

◆B3高麗大学(ソウル市)14(0-38)74韓国電力(江原道)
*高麗2T2G、電力11T8G
*電力が圧勝。前半2分FL6金ヒョンスの先制T。7分WTBユ・チョルギュ(代表)、10分FL7金昌ミン(キム・ジョンミン、代表)、15分FL6金の2本目、23分SO10呉潤衡(オ・ユンヒョン、代表)、32分NO8ファン・ミンジョ(代表)がTを奪った。高麗は後半28分にSHホン・ソクホ、39分WTB11分アン・オゴンのTを返すのがやっとだった。

◆B4三星重工業(慶尚南道、B2不戦勝)94(52-0)5圓光大(全羅北道)
*三星15T8G1P、圓光1T
*三星が前半2分、WTB11李ギュドク(代表)のTを始めに前半8T、後半7で格下を退けた。李は4Tの活躍。
 

■1回戦(18日・金)
◆A1/檀国大(忠清南道)25(15-12)20慶熙大(京畿道)
*檀国4T1G1P、慶熙3T1G1P
*二転三転の試合。檀国が試合終了間際15-20から2Tを奪い逆転勝ち。前半、先制は慶熙。2分WTB14イム・サンジンのTで0-5。檀国は6分にNO8チャン・イルファンのTで同点、コンバージョンをSO10オ・ジミョン(13年、現代表)が決め7-5と逆転した(7-5)。10分にオがPG成功で10-5とするも28分に慶熙がCTB12ユ・ジュンヒョンのTとFB15ハン・サンフンのコンバージョンで10-12と再逆転した。檀国が35分HO2金旻奎(ミンギュ、現代表)のTで再々逆転15-12で前半を終えた。後半に入ってもまずは慶熙がFL7金ドグンのTで15-17と再びリードすると23分にFBハンのPGで15-20とした。しかし檀国は38分HO金の2本目のTで同点とし1分後、CTB12朴ジフンがゴールラインを陥れ25-20でゲームセットを迎えた。

◆B1/韓国電力(江原道)108(57-5)19セハン大学(全羅南道)
*韓国電力18T9G、セハン3T2G
*現役韓国代表8人が先発した電力が前半で試合を決めた。1分WTB11金洸民(グアンミン、現代表)の先制Tをはじめに7分と10分のNO8黄仁朝(ファン・インジョ、現代表)、18分と21分CTB13金成洙(ソンス、元代表)の連続Tなどで9Tを奪った。前半だけでWTB11金も3T。一方、セハンは40分にSO10金ジタクがTを返すなど3Tを奪い、電力の甘さを突いた。

◆B2/三星重工業(慶尚南道)-SFKホールディングス(忠清北道)/参加取り消し

<高校>
■決勝(24日・木、13:00-)

■準決勝(23日・水、13:00-)
◆A釜山体育高(釜山市)-慶山高(慶尚北道)

◆Bソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)-富川北高(京畿道)

■2回戦(21日・月)
◆A3仁川機械工業高(仁川市)10(0-7)19釜山体育高(釜山市)
*仁川2T、釜山3T2G
*地元、仁川が敗れた。前半13分、釜山がCTB13朴ミンウのTで先制、コンバージョンはFB15シン・ジョンチョルが決め0-7。後半も釜山ペース。3分にFBシンのTとGで0-14とした。仁川は14分、WTB11イム・ソンハがTを奪い5-14に。25分に釜山FBシンが再びTし仁川の攻撃を終了間際のTに抑え逃げ切った。

◆A4慶山高(慶尚北道)45(14-7)28大邱商苑高(大邱市)
*慶山7T5G、大邱4T4G
*点の取り合い。後半20分、大邱がNO8ピョ・ジュンサンのT、FB15李ギョンファンのGで21-26と5点差に迫ったが
慶山は23分LO4シン・ダヒョン、25分CTB12チェ・ムンヒョクのT(GはSH9ユン・ヘジンがいずれも成功)で14点を追加し40-22、振り切った。

◆B4/ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)44(20-0)3オソン高(忠清南道)
*ソウル7T3G1P、オソン1P
*ソウルが前半5分、SO10ハン・グミンのPGで先制。21分WTB11カン・ミンジュン、24分LO4チ・ドンビン、32分LO5カン・ウォンジェの3Tで追加した。後半も3分WTB14李ホジェのTなど4Tを奪い計7Tで圧勝。

◆B5/富川北高(京畿道)80(40-0)0全南高(光州市)
*富川12T10G
*富川が12Tの猛攻。前半5分WTB14シン・ジョンミンのT、FB15チョン・ジェグァンのGで先制した。13分にも同じ2人で7点を追加。20分PR3李ヒョンスン、23分FL6チョ・ソンホ、26分FL7金スンジュンもゴールラインを越えた。前半最後は32分にWTBシンが3本目のTを奪った。シンは後半5分にもTで4本の活躍。

■1回戦(19日・土)
◆A1/釜山体育高(釜山市)38(17-7)14ミョンソク高(大田市)
*釜山5T5G1P、ミョンソク2T2G

◆A2/大邱商苑高(大邱市)36(19-5)26裡里工業高(イリ・全羅北道)
*商苑6T3G、裡里4T3G
*裡里が後半11分までに19-19と追いつくも商苑が19分NO8ピョ・ジュンサン、27分SO10李ヒョンジュのTで29-19に。裡里は29分CTB13チャン・ソンピルTとLO4李ヒョンジュGで29-26と後を追った。最後は34分商苑FL6ハン・ギヨンのTで振り切った。

◆B1/オソン高(忠清南道)-鎮海高(慶尚南道)
*オソン勝利

◆B2/ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)45(24-10)17順天工業高(全羅南道)
*ソウル大7T5G、順天3T1G
*昨年は2回戦で当たり順天が18-5でソウルを下し勢いに乗り優勝を果たした。しかし今年は最初からソウルが主導権を握った。前半5分SO10ハン・グミンのTとGで7-0、1分後WTB14カン・ミンジュンのTで12-0とした。順天が16分CTB13金テヒョンのTで5点を返した。ソウルは24分、FL6朴ビョンソン、29分LO4チ・ドンビンのTで突き放した。後半も5分までで2Tを奪い試合を決めた。

◆B3/富川北高(京畿道)34(14-0)0忠北高(忠清北道)
*富川5T3G1P
*富川がゼロ封勝利。前半20分、SH9チョン・スンウォンのT、コンバージョンはFB15チョン・ジェグァンが決め7-0と先制。10分後SO10金テソンのT、G成功で14-0とし前半終えた。後半2分、FBチョンのPGで追加すると17分CTB12金ジンヒョク、31分WTB14シン・ジョンミン、34分WTB11金ジュンファンのBK陣がゴールラインを越えた。

<<参考。2013年「第93回全国体育大会」>>
 2012年・国体「第93回全国体育大会」が、10月11日、慶尚北道慶山市松花ラグビー場で開幕。国体は大邱市を中心に開催されました。
 17日、最終日は決勝2試合が行われました。
 高校は順天工業高が2年ぶりの優勝を狙った忠北高を38-20で破り17年ぶりの優勝。

 一般・大学は韓国電力が、尚武(軍体育部隊)に32-18で競り勝ち実に20年ぶりの優勝を遂げました。
 両チームは2007、08年決勝で対戦しいずれも尚武が優勝。また韓電は07-10年と4年連続で決勝へみいずれも敗退してました。
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。

<一般・大学>
■決勝(17日・水、14:35-)
◆韓国電力(江原道)32(19-6)18尚武(大邱市)
*韓電5T2G1P、尚武2T1G2P
*韓電は前半1分、今大会好調のSO呉潤衡(代表)がTを奪い先制した。尚武は4分にCTB13李セホのPGで3点を返すと21分、李がPGを決め5-6と逆転した。しかし5分後、韓電LO4チョン・デイクのT、G呉成功で逆転(12-6)、さらに29分呉のTとGで19-6と差を広げ前半を終えた。後半16分、尚武WTB14金グァンミン(代表)のT、SO朴ホンシク(代表)G成功19-13とした。韓電は21分、呉がPGを決めると23分、30分とTし試合を決めた。

■準決勝(15日・月、13:00-)
◆韓国電力(江原道)59(28-0)7檀国大(忠清南道)
*韓電8T5G3P、檀国1T1G
*ポスコを撃破した檀国もここまで。前半、韓電は8分、SO呉潤衡(代表)のPGで先制、21分WTB14ユ・チョルギュ(代表)、23分WTB11金セウン、29分CTB12ユ・ミンヒョン、33分呉のTで25-0とし試合を早々に決めた。檀国は後半35分にFL6李ギハンがTを返しゼロ封を免れた。

◆尚武(大邱市)40-12高麗大(ソウル市)
*尚武7T1G1P、高麗2T1G
*前半は互角。3分、尚武がNO8のTで先制、13分にもNO8がTするなど12-0。高麗は29分にSOユ・ジェヒョクのT、Gで7点を返し12-7に。尚武CTB13PGで15-7(前半終了)。後半は尚武が開始58秒でWTB14金グァンミンのT、高麗に6分、1Tを返されたが、尚武は9分以降も4Tを重ね40-12としてノーサイドに。

■2回戦(13日・土)
◆A3ポスコ建設(慶尚北道)22(7-15)29檀国大(忠清南道)(11:45-)
*ポスコ3T2G1P、檀国4T3G1P
*檀国が試合終盤、鮮やかな逆転勝ち。前半から檀国ペース。1分CTB13李ジェソクがPGを決め先制(0-3)。6分には李がTを奪い0-8とした、3分後、WTB14チョ・テヨンのT、李G成功で0-15に。ポスコは14分、SO10洪俊基がT、Gを決め7-15と追いすがる。後半開始からポスコが攻める、9分洪のPG,12分LO4クォン・オヨンのT、G成功し17-15と逆転した。さらに16分FL6文祥容のTで22-15と差を広げた。しかし、21分檀国はSO10ソン・ヒョンソクのT、CTB李G成功で22-22と同点に。そして35分、WTBチョが2本目のTを決めG成功22-29、振り切った。

◆A4三星重工業(慶尚南道)13(3-29)53韓国電力(江原道)(15:15-)
*三星2T1P、韓電7T6G2P

(撮影・李東胤)
*韓電が圧倒した。前半9分SO10呉潤衡がPGで先制、13分FL金ジョンミン、18分SH9朴玩龍、33分SO呉などのTで24-0と試合を決めた。三星は後半、東芝から移籍した蔡宰榮がTを奪ったが遅かった。

◆B2尚武(大邱市)60(19-7)22慶熙大(京畿道)(10:00-)

◆B3仁川体育会(仁川市)3(3-35)50高麗大(ソウル市)(13:30-)
*仁川1P、高麗8T2G2P
*高麗が前半7分にPR1ソン・ミョンジュンのTで先制、18分、21分、26分、36分と前半だけで6Tし試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

<高校>
■決勝(17日・水、13:00-)
◆順天工業高(全羅南道)38(19-15)20忠北高(忠清北道)
*順天6T4G、忠北4T
*前半開始は順天のペース。3分PR3金ヒョンホがT、9分PR1ホ・ジュンスのT、G成功で12-0とした。12分、忠北がWTB14呉ミングンのTで5点を返すと順天は24分にCTB12ノ・ミョンジンのTでG成功19-5に。しかし忠北が29分、35分とPR3チャン・ウジュンの連続Tで19-15と迫った。後半に入ると4分に順天LO4金ソクファンのT、Gも決まり26-15.さらに20分、28分とTを奪い覇権を勝ち得た。

■準決勝(16日・火、13:00-)
◆A忠北高(忠清北道)35(14-7)12慶山高(慶尚北道)
*忠北5T5G、慶山2T1G
忠北は前半20分、FL7オム・ユンソンのT、CTB12ホ・ジェウのGで7-0.23分にWTB11チ・ギュミンのT、ホGで14-0とした。慶山は33分にPR1朴テホがTを返しGをSOパン・ソンヨンが決め14-7で前半終了。後半、忠北が8分にLO4金ミンホ、17分WTB11チのTなどで28-7と試合を決めた。

◆B大邱商苑高(大邱市)15(3-12)36順天工業高(全羅南道)
*大邱2T1G1P、順天6T3G
先制は順天。前半13分、NO8チュ・サンウがTを奪った。32分にはFL6李サンジュンのT,SO金ジテクG成功で0-12とした。大邱は36分にCTB12アン・ドゴンのPGで3点を返し後半へ。後半も順天が8分にNO8チュの2本目のTで3-19に。大邱も11分にWTB14クォン・スンホのTで8-19と追いすがった。しかし17分、28分、34分と順天がTを奪い振り切った。チュは3Tをあげた。

■2回戦(14日・日)
◆A5釜山体育高(釜山市)12(5-14)31忠北高(忠清北道)(11:00-)
*釜山2T1G、忠北5T4G

◆A4富川北高(京畿道)29(22-22)30慶山高(慶尚北道)(14:10-)
*富川5T2G、慶山5T1G1P
*前半開始45秒、富川WTB11金ジンヒョクがTwo奪い先制、3分には富川WTB14チャン・ソミンもTし10-0とした。慶山は8分PR1のTで5点を返すと、富川は11分にT(15-5),慶山16分T(15-10)、富川21分がT、G(22-10)と差を広げた。慶山は25分にT,Gすると33分LO4チェ・ウンヒョックのTで22-22、同点に追いついた。後半は我慢比べ、28分に慶山がSOパン・ソンユンのPGで22-25、富川は33分CTB李チャンファンのTにGも決まり29-25と逆転。最後は36分、慶山がNO8朴ソンジェが決勝Tを奪い1点差で振り切った。

◆B3大邱商苑高(大邱市)45(21-0)8オソン高(忠清南道)(15:45-)
*大邱7T5G、オソン1T1P

◆B4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)5(5-10)18順天工業高(全羅南道)(12:35-)
*ソウル大1T、順天3T1P
*順天が前半6分、FL6李サンジュンのTで先制するとソウルも17分NO8のTで5-5に。23分順天SHホ・ジェジュンがTし5-10で前半を終えた。後半7分SO10金ジテクのPGで順天がリードする、11分順天FB朴ジュンヒョンのTが決まり5-18となり、以後、得点は動かずそのまま終了した。

■1回戦(12日・金)
◆A1仁川機械工業高(仁川市)24(5-15)39釜山体育高(釜山市)(11:35-)
*仁川4T2G、釜山6T3G1P

◆A2忠北高(忠清北道)21(14-7)15ミョンソク高(大田市)(10:00-)
*忠北3T3G、ミョンソク2T1G1P

◆A3慶山高(慶尚北道)26(19-3)8裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*慶山4T3G、裡里1T1P

◆B1オソン高(忠清南道)53(24-0)7鎮海高(慶尚南道)(16:20-)
*オソン高9T4G、鎮海高1T1G

◆B2順天工業高(全羅南道)59(34-0)0全南高(光州市)(13:10-)
*順天8T5G3P

<<参考、2011年第92回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(10月12日・水、14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)41(26-7)12慶熙大(京畿道)
*ポスコ6T4G1P、慶熙大2T1G
*前半でポスコが試合を決めた。4分LO5朴ヨンドン(元代表)の先制T、Gを21金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決めて7-0.慶熙は13分PR3金ヒチョルがTするとGはWTB14イム・ドンゴンが決めて7-7と追いついた。しかしポスコは3分後にSO10ユン・ヒス(代表)のT、金G成功で14-7へ。20分にもPR3金光植(キム・グァンシク、代表)のTに金G、31分WTBチョ・インス(代表)のTなどで26-7とした。
後半も9分CTB13ノ・ピョングァン(代表)のT,金Gも決まり33-7とし試合を決めた。慶熙は32分にWTB14イムのTで5点を返すのがやっとだった。

■準決勝(10日・月、13:00-)
◆三星重工業(慶尚南道)12(7-6)20慶熙大(京畿道)
◆ポスコ建設(慶尚北道)36(26-13)27延世大(ソウル市)
*5T4G1P、延世3T3G1P
■2回戦(8日・土)
◆A1慶熙大(京畿道)73(51-0)5釜山大(釜山市)/11:00-
慶熙12T5G1D、釜山1T
◆A2三星重工業(慶尚南道)31(5-14)17韓国電力(江原道)/14:20-
*三星5T3G、韓電2T2G1P
◆B1仁川体育会(仁川市)9(9-29)50延世大(ソウル市)/16:00-
*仁川3P、延世8T5G
◆B2ポスコ建設(慶尚北道)60(31-0)12檀国大(忠清南道)/12:40-
*ポスコ10T5G、檀国2T1G
■1回戦(6日・木)
◆A韓国電力(江原道)91(55-10)31圓光大(全羅北道)/13:40-
*韓電14T9G1D、圓光5T5G1P

◆B3延世大(ソウル市)78(32-0)10開明大(大邱市)/15:20-
*延世14T4G、開明2T

◆B4檀国大(忠清南道)85(33-10)18忠南大(大田市)/12:00-
*檀国13T10G、忠南3T1P

<高校>
■決勝(12日・水、13:00-)
◆富川北高(京畿道)26(19-0)24順天工業高(全羅南道)
*富川4T3G、順天4T2G
*富川が前半のリードを守り辛うじて逃げ切った。前半7分CTB12李ジョンファンのTで先制するとGはFB15韓サンホが決め7-0.15分にはSO10呉スンヒョンT、韓G成功で14-0.さらに25分WTB11文ヨングルがTを奪い19-0で前半を終えた。
後半も2分CTB李のTと韓Gで26-0へほぼ試合を決めたかに見えた。ここから順天が反撃開始。4分PR1ト・ヒョクソンがTしGはWTB14金ジタクが決め7点を返した。13分にはFL7文ソンイルのT、G金も成功し26-14へ。すると21分FL6李サンジュンがTで26-19と1T1Gへ迫った。そして29分、PR1トがTを決めたがG失敗、26-24でノーサイドとなった。

■準決勝(11日・火、13:00-)
◆富川北高(京畿道)24(7-10)24ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川4T2G、ソウル3T3G1P
◆順天工業高(全羅南道)18(13-14)14仁川機械工業高(仁川市)
*順天3T1P、仁川2T2G
■2回戦(9日・日)
◆A1富川北高(京畿道)21(7-8)16慶山高(慶尚北道)/15:45-
*富川3T3G、慶山2T2P
◆A2全南高(光州市)10(5-24)41ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)/13:15-
*全南2T、ソウル6T4G1P
◆B1順天工業高(全羅南道)52(38-7)7オソン高(忠清南道)/12:00-
*順天8T6G、オサン1T1G
◆B2・仁川機械工業高(仁川市)32(24-12)26釜山体育高(釜山市)/14:30-
*仁川4T3G2P、釜山4T3G
■1回戦(7日・金)
◆A3慶山高(慶尚北道)48(24-0)3鎮海高(慶尚南道)/16:00-
*慶山8T4G、鎮海1P

◆A4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)32(15-5)17忠北高(忠清北道)/13:30-
*ソウル5T2G1P、忠北3T1G

◆B3順天工業高(全羅南道)34(24-5)12ミョンソク高(大田市)/11:00-
*順天5T3G1P、ミョンソク2T1G

◆B4裡里工業高(イリ・全羅北道)3(3-14)26オソン高(忠清南道)/12:15-
*イリ1P、オソン4T3G

◆B5大邱商苑高(大邱市)17(12-17)22釜山体育高(釜山市)
*大邱3T1G、釜山4T1G
 
<<2010年第91回大会>>
*会場:韓国南部の都市・鎮海公設運動場
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<大学・一般部>
■決勝(12日14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)32(18-3)10韓国電力(江原道)
*ポスコ4T3G2P、韓電1T1G1P
*先制は韓電。前半7分にCT13が決め0-3。ポスコの反撃は前半27分から。CT12がトライし5-3と逆転。33分にはFL7のトライとG(13)成功で12-3とした。
 さらに終了間際に2PGで18-3とリードを広げた。
 後半もポスコペース。1分SO10のトライ、G成功で25-3とほぼ試合を決めた。10分にも交替した21のトライ、CT13ゴールで32-3。最後の韓電の攻撃を12分、好調なWTB14トライ、ゴールに抑えて2連覇となった。
 国内大会も5連覇中だ。

■準決勝(10日)
◆A組
/韓国電力(江原道)50(24-0)26慶熙大(京畿道)(13:00-)
*韓国8T5G、慶熙4T3G

◆B組
/ポスコ建設(慶尚北道)59(40-0)10忠南大(大田市)(14:40-)
*ポスコ9T7G、忠南2T

■2回戦(8日)
◆A組①圓光大(全羅北道)3(0-63)94韓国電力(江原道)(12:40-)
*圓光1P、韓国電力16T7G
◆A組②檀国大(忠清南道)19(7-17)29慶熙大(京畿道)(16:00-)
*檀国3T2G、慶熙5T2G

◆B組③ポスコ建設(慶尚北道)22(10-8)15尚武・韓国軍体育部隊(慶尚南道)(11:00-)
*ポスコ3T2G1P、尚武2T1G1P
◆B組④忠南大(大田市)47(19-0)8仁川専門大(仁川市)(14:40-)
*忠南7T6G、1T1P

■1回戦(6日)
◆A①韓国電力22-22延世大(ソウル市)(12:00-)
*PG合戦。韓国5-4延世

◆A②慶熙大55(43-0)10開明大(大邱市)(15:20-)
*慶熙9T5G、開明2T

◆B③釜山大(釜山市)33(12-15)34仁川専門大(13:40-)
*釜山5T4G、仁川5T3G1P

<高校>
■決勝(12日13:00-)
◆富川北高(京畿道)20(15-14)19ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川3T1G1P、ソウル3T2G
*前半から富川が攻め8分、WT14のトライで先制(5-0)。さらに14分WT11のPG成功。18分にはWT14の2つ目のトライ、11G 成功で15-0とした。
 ソウル大は、ここから攻め24分、NO8トライしGも決め15-7とした。さらに終了間際CT12のトライ、G成功で15-14と1点差に迫った。
 後半も先に富川が25分にFB15のトライで20-14とし、ロスタイム31分ソウルはPR1がトライを決め20-19としたが、G不成功で試合を終えた。

■準決勝(11日)
◆A組/ソウル大学校師範大(学部)付属高31(14-5)17順天工業高(全羅南道)(13:00-)
*ソウル4T4G1P、順天3T1G

◆B組/東亜マイスター高(大田市)14(0-19)33富川北高(京畿道)(14:15-)
*東亜2T2G、富川北5T2G

■2回戦(9日)
◆A組①仁川工業高(仁川市)14(14-10)17ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:00-)
*仁川2T2G、ソウル3T1G

◆A組②忠北高(忠清北道)10(7-12)24順天工業高(14:30-)
*忠北1T1G1P、順天4T2G

◆B組③釜山体育高(釜山市)19(12-14)29東亜マイスター高(13:45-)
*釜山3T2G、東亜4T3G1P

◆B組④鎮海高(慶尚南道)19(0-35)40富川北高(15:45-)
*鎮海3T2G、富川北6T5G

■1回戦(7日)
◆A組①仁川工業高12(12-10)10オソン高(忠清南道)(11:00-)
*仁川2T1G、オソン1T1G1P

◆A組②慶山高(慶尚北道)17(0-24)36ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:15-)
*慶山3T1G、ソウル大6T3G

◆A組③順天工業高31(10-15)15裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*順天5T3G、裡里2T1G1P

◆B組④東亜マイスター高45(21-7)12全南高(光州市)(13:30-)
*東亜7T5G、全南2T1G

◆B組⑤大邱商苑高(大邱市)3(3-15)34富川北高(16:00-)
*大邱1P、富川北5T3G1P

<<2009年第90回大会>>
<一般・大学>
■決勝(26日14:15-)
◆ポスコ鋼板(慶尚北道)27(10-3)6韓国電力(江原道)
*ポスコ3T3G2P、韓電2P
*前半はまったりとしたペースで進む。どちらもゴール前22m手前まで攻めるが、ノッコンなどのミスを連発。
6分、韓国電力がゴール前でPGを得てキックが好調のWTB14呉ユンヒョン(前代表SO)が決め0-3。ポスコはようやく35分、ボールをつなぎ最後はHO2金ジョンオクがポスト左へTを決めた。
GもSOユン・フィス(代表)が成功し7-3と逆転。インジュアリータイム42分にユンがPGを決め10-3で前半終了。
後半最初の得点は韓国電力、10分WTB呉のPG成功で10-6と会場を沸かした。しかし19分にポスコがPG成功で突き放すと(13-3)、そのリスタートのボールをポスコがFW陣で回し、最後は右外にいた快速WTB金亨基(キム・ヒョンギ。7人制代表)へ。キムが40m独走のTを決めG成功で20-6と試合を決定づけた。
さらに終了間際PR3金光植(キム・グァンシク。代表)のTも出て27-6と初優勝を勝ち取った。

■準決勝(24日)
◆A組(13:00-)
◎韓国電力(江原道)28(14-7)7檀国大(忠清南道)
*韓電3T2G3P、檀国1T1G
◆B組(14:40-)
◎ポスコ鋼板(慶尚北道)23(10-11)18尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)
*ポスコ3T1G2P,尚武2T1G2P
■2回戦(22日)
◆A組
◎大心通商(忠清北道)17(10-34)58韓国電力(江原道)(11:00-)
*大心2T2G1P、韓電10T4G
◎啓明大(大邱市)12(7-38)72檀国大(忠清南道)(14:20-)
*啓明2T1G,檀国大12T4G

◆B組
◎延世大(ソウル市)12(0-14)32ポスコ鋼板(慶尚北道)(12:40-)
*延世2T1G,ポスコ5T2G1P
◎尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)38(31-17)17三星重工業(慶尚南道)(16:00-)
*尚武5T5G1P,三星2T2G1P

■1回戦(20日)
◆A組
①韓国電力(江原道)103(53-5)5釜山大(釜山市)(11:00-)
*韓電17T9G、釜1T。
②檀国大(忠清南道)59(21-7)10仁川専門大(仁川市)(14:20-)
*檀国9T7G、仁川1T1G1P。

◆B組
③ポスコ鋼板(慶尚北道)86(54-0)22圓光大(全羅北道)(12:40-)
*ポスコ16T3G、圓光4T1G
④三星重工業(慶尚南道)28(15-3)17慶熙大(京畿道)(16:00-)
*三星4T1G2P、慶熙2T2G1P

<高校部>
■決勝(26日13:00-)
◆忠北高(忠清北道)38(14-12)19慶山高(慶尚北道)
*忠北6T4G、慶山3T2G
*09春季リーグ優勝の忠北(チュンブック)と大統領旗大会V慶山(キョンサン)の好調同士の決勝戦となった。特に慶山は全国大会2年連続準優勝のため優勝が欲しい試合。
前半からFWの忠北、BK慶山という特色ある展開で会場が沸いた。先制は忠北、9分、ゴール右で得た反則からSHが自分でボールを持ち出しT、GもFB15呉グァンヨン(3年、延世大へ進学)が決め7-0。15分にも忠北が右ラインアウトを得て得意のモールで押し込みFL6がT、G成功で14-0とした。
ここから慶山が反撃、18分手敵陣10m付近からCTB12が左際を抜けるとラックを作り右へ展開しWTB11がT、14-5に。さらに22分、WTB14が抜けラックをゴール前で作りFL7がポスト左へT、G成功で14-12として前半を終えた。
後半は忠北ペースで始まった。7分、やはりLO→モールを押すとSHからNO8へ。そのままイン・ゴールへ。19-12とした。11分にはSHが2本目のTを決めG成功で26-12と試合を決めた。慶山は終了間際の29分、敵陣ゴール前にキックしたボールを忠北の処理ミスからターンオーバーしCTB13がT,SO10G成功で38-19とするのがやっとだった。

■準決勝(25日)
◆A組(13:00-)
◎忠北高(忠清北道)34(15-10)22ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*忠北5T3G1D、ソウル4T1G
◆B組(14:15-)
◎慶山高(慶尚北道)55(36-0)5城南西高(京畿道)
*慶山8T6G1P、城南西1T

■2回戦(23日)
◆A組
◎大邱商苑高(テグ市)5(0-19)29ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)(12:00-)
*大邱1T、ソウル大5T2G
◎全南高(光州市)0(0-27)41忠北高(忠清北道)(14:30-)
*忠北6T4G1D

◆B組
◎慶山高(慶尚北道)52(26-0)0順天工業高(全羅南道)(13:45-)
*慶山8T6G,
◎城南西高(京畿道)22(5-10)20東亜工業高(大田市)(15:45-)
*城南西4T1G、東亜3T1G1P

■1回戦(21日)
◆A組
①大邱商苑高(テグ市)24(14-0)19釜山南高(釜山市)(11:00-)
*テグ4T2G、釜山3T2G
②ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)60(47-3)6鎮海高(慶尚南道)(12:15-)
*ソウル大9T6G1P、鎮海2P
③忠北高(忠清北道)52(24-5)5裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*忠北8T6G、イリ1T

◆B組
④慶山高(慶尚北道)27(10-5)15仁川工業高(仁川市)(13:30-)
*慶山3T3G2P、仁川3T
⑤城南西高(京畿道)20(20-3)10オソン高(忠清南道)(16:00-)
*城南西3T1G1P、オソン1T1G1P

<<2008年第89回大会>>
<大学・社会人。全13チーム>
■決勝(10月16日14:45-)
◆尚武:韓国軍体育部隊(サンム。全羅南道。07年1位)
33(19-0)5
韓国電力(ハンジョン。江原道)
*尚武5T4G、韓電1T
◎得点経過
(前半)
1:2分、尚武WTB14/ノ・ピョングァンがトライ。
2:5分、尚武FL7/李ジェウォンがトライ。G成功、SO/オ・ユンヒョン。
3:31分、尚武CTB12/金ウァンヨンがトライ。G成功。
(後半)
1:5分、尚武PR3/ホ・ウンがトライ。WTB11/チョ・インスをフォローしパスを受ける。G成功。
2:9分、韓電LO4/金桐鮮が右隅にトライ。
3:12分、尚武WTB11がトライ。SO10のキックパスにFB22/チェ・ジェヨンが反応し拾い11はパス。G成功。

■準決勝(15日)
◆韓国電力23(15-6)18三星重工業(サムソン。慶尚南道。今季2冠)(13:30-)
*韓電3T1G1P1D、三星2T1G2P

◆尚武11(6-3)9浦項鋼板(ポスコ。慶尚北道。06&07年2位)(15:10-)
*尚武1T2P、浦項3P

■準々決勝(14日)
◆A組:三星重工業66(25-14)14大心通商(テシム。忠清北道)(11:00-)
*三星10T5G1P1D、大心2T2G

◆B組:韓国電力76(40-0)5圓光大(ウォングァン。全羅北道。大学2部)(14:20-)
*韓電12T8G、ウォン1T

◆C組:浦項鋼板41(29-5)22延世大(ヨンセ。ソウル市。今季2冠)(12:40-)
*浦項6T4G1P、延世3T2G1P

◆D組:尚武55(34-0)14檀国大(ダンクック。忠清南道)(16:00-)
*尚武8T6G1P、檀国2T2G

■1回戦(12日)
◆A組①大心通商77(36-8)釜山大(釜山市。大学2部)(10:00-)
*テシム14T7G、釜山1T1P

◆A組②慶煕大(キョンヒ。京畿道)0(0-14)47(11:40-)
*三星7T3G2P

◆B組①仁川専門大(インチョンチョンモン。仁川市。大学2部)5(5-50)65韓国電力(15:00-)
*仁川1T、韓国電10T5G1D

◆C組①忠南大(チュンナム。大田。大学3部以下)8(5-45)69延世大(13:20-)
*チュンナム1T1P、延世11T7G

◆D組①啓明大(ケミョン。大邱。大学3部以下)5(0-15)35檀国大(16:40-)
*ケミョン1T、檀国6T1G1P

<高校。13チーム>
■決勝(16日13:00-)
◆富川北高(プチョンブック。京畿道。今季2冠)
14(7-3)8慶山高(キョンサン。慶尚北道)
*富川北2T2G、慶山1T1P
■準決勝(15日)
◆富川北高14(7-0)12ソウル大師範付属高(サデ。ソウル市。07年1位)(11:00-)
*富川2T2G、ソウル2T1G

◆慶山高57(33-0)3裡里工業高(イリ。全羅北道)(12:15-)
*慶山9T6G、イリ1P

■準々決勝(13日)
◆A組:忠北高(チュンブック。忠清北道)19(5-6)25富川北高(12:00-)
*忠北3T2G、富川北3T2G2P

◆B組:ソウル大師範付属高68(36-0)0鎮海高(チンヘ。慶尚南道)(14:30-)
*ソウル12T4G

◆C組:慶山高41(31-10)17東亜工業高(トンア。大田市)(13:15-)
*慶山6T4G1P、東亜2T2G1P

◆D組:裡里工業高15(3-5)8順天工業高(スンチョン。全羅南道)(15:45-)
*イリ2T1G1P、順天1T1G

■1回戦(11日)

◆A組①忠北高41(15-5)5仁川機械工業高(インチョンキフェ。仁川市)(11:00-)
*忠7T3G、仁1T

◆A組②富川北高54(25-5)10大邱商苑高(テグサンウォン)(12:00-)
*富10T2G、大2T

◆B組①釜山南高(釜山市)0(0-55)74ソウル大師範付属高(14:45-)
*ソ12T7G

◆C組①慶山高70(41-5)5オソン高(忠清南道)(13:30-)
*慶10T4G4D、オ1T

◆D組①裡里工業高42(21-0)5全南高(チョンナム・光州市)(16:00-)
*イリ6T6G、全1T

<<2007年以前>>
<一般・大学>
■07年
◆決勝 尚武(光州市)39(17-10)10韓国電力(江原道)
◆準決勝 尚武72(52-3)16忠南大(チュンナム。大田市)、韓国電力24(3-7)22浦項鋼板(ポハン。慶尚北道)

■06年
◆決勝 高麗36(12-16)26ポハン
◆準決勝 慶煕大13(5-21)41高麗大、釜山大25(10-43)64ポハン

■05年
◆決勝 三星28-23ポハン。三星が10連覇達成。
◆準決勝 三星66-31慶煕大、ポハン32-25高麗大

■04年 
◆決勝 三星29-18尚武
◆準決勝 三星26-19ポハン、尚武24-20檀国大
    
■03年
◆決勝 三星49-3韓国電力
◆準決勝 三星34-8檀国大、韓国電力19-13尚武

<高校>
■2007年
◆決勝 ソウル大師範大付属高(ソウル市)32(24-5)20慶山高(キョンサン。慶尚北道)
◆準決勝 ソウル大付属高31(21-17)24忠北高(チュンブック。忠清北道)、慶山高47(22-5)5裡里工業高(イリ。全羅北道)

■06年
◆決勝 養正27(10-5)10慶山
◆準決勝 テグ商苑13(8-14)26養正、仁川機械19(0-17)29慶山

■05年
◆決勝 白新31-20養正
◆準決勝 白新22-10テグ商苑、養正39-8東亜工業

■04年決勝 テグ商苑20-15富川北
■03年決勝 テグ商苑11-3富川北

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2013

韓国国体。韓国電力など4強に。

2013年の韓国国体に該当する「第94回全国体育大会」が、10月18日(金)、仁川特別市南洞競技場で開幕しました。
 一般・大学は20年ぶりの優勝を遂げた韓国電力の連覇がなるか?
 20日の2回線で今季、好調の高麗大が韓国電力に挑みましたが11T74点で返り討ち。他にやはり15Tの三星重工、8Tポスコ建設、18T尚武(韓国軍体育部隊)の社会人4強がベスト4入り。

 高校はやはり昨年17年ぶりの覇権を遂げた順天工業高が19日の1回戦、強豪、ソウル大付属高に敗れ姿を消しました。順天の登録はぎりぎり15人でした。

以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<一般・大学>
■決勝(24日・木、14:35-)

■準決勝(22日・火、13:00-)
◆A尚武(韓国軍体育部隊、仁川市)-ポスコ建設(慶尚北道)

◆B韓国電力(江原道)-三星重工業(慶尚南道)

■2回戦(20日・日)
◆A2尚武(韓国軍体育部隊、仁川市)106(50-6)11釜山大学(釜山市)
*尚武18T8G、釜山1T1P1D
*前半わずか50秒で尚武FB15ヤン・スウンがTで先制。3分、9分とWTB11ユ・ソンヨンが連続Tで突き放すなど16分までに5T。釜山は11分にSO10チョン・ホヨンがDGで、20分にPGで31-6へ。しかし尚武はPR3朴ジョンホの2本目のtなど前半で8T5Gをあげ試合を決めた。

◆A3ポスコ建設(慶尚北道)49(20-0)8檀国大(忠清南道)
*ポスコ8T3G1P、檀国1T1P
*ポスコは前半5分SO10洪俊基(ホン・ジュンギ、元代表)のPGで先制。13分WTB趙寅秀(チョ・インス、代表)、24分と38分にFB15チョン・ヨンウのTで20-0とした。檀国は後半4分SO10オ・ジミョンのPGで3点を返した。ポスコは5分WTB11ノ・ビョングァン(元代表)のTなど後半も5Tを追加した。

◆B3高麗大学(ソウル市)14(0-38)74韓国電力(江原道)
*高麗2T2G、電力11T8G
*電力が圧勝。前半2分FL6金ヒョンスの先制T。7分WTBユ・チョルギュ(代表)、10分FL7金昌ミン(キム・ジョンミン、代表)、15分FL6金の2本目、23分SO10呉潤衡(オ・ユンヒョン、代表)、32分NO8ファン・ミンジョ(代表)がTを奪った。高麗は後半28分にSHホン・ソクホ、39分WTB11分アン・オゴンのTを返すのがやっとだった。

◆B4三星重工業(慶尚南道、B2不戦勝)94(52-0)5圓光大(全羅北道)
*三星15T8G1P、圓光1T
*三星が前半2分、WTB11李ギュドク(代表)のTを始めに前半8T、後半7で格下を退けた。李は4Tの活躍。
 

■1回戦(18日・金)
◆A1/檀国大(忠清南道)25(15-12)20慶熙大(京畿道)
*檀国4T1G1P、慶熙3T1G1P
*二転三転の試合。檀国が試合終了間際15-20から2Tを奪い逆転勝ち。前半、先制は慶熙。2分WTB14イム・サンジンのTで0-5。檀国は6分にNO8チャン・イルファンのTで同点、コンバージョンをSO10オ・ジミョン(13年、現代表)が決め7-5と逆転した(7-5)。10分にオがPG成功で10-5とするも28分に慶熙がCTB12ユ・ジュンヒョンのTとFB15ハン・サンフンのコンバージョンで10-12と再逆転した。檀国が35分HO2金旻奎(ミンギュ、現代表)のTで再々逆転15-12で前半を終えた。後半に入ってもまずは慶熙がFL7金ドグンのTで15-17と再びリードすると23分にFBハンのPGで15-20とした。しかし檀国は38分HO金の2本目のTで同点とし1分後、CTB12朴ジフンがゴールラインを陥れ25-20でゲームセットを迎えた。

◆B1/韓国電力(江原道)108(57-5)19セハン大学(全羅南道)
*韓国電力18T9G、セハン3T2G
*現役韓国代表8人が先発した電力が前半で試合を決めた。1分WTB11金洸民(グアンミン、現代表)の先制Tをはじめに7分と10分のNO8黄仁朝(ファン・インジョ、現代表)、18分と21分CTB13金成洙(ソンス、元代表)の連続Tなどで9Tを奪った。前半だけでWTB11金も3T。一方、セハンは40分にSO10金ジタクがTを返すなど3Tを奪い、電力の甘さを突いた。

◆B2/三星重工業(慶尚南道)-SFKホールディングス(忠清北道)/参加取り消し

<高校>
■決勝(24日・木、13:00-)

■準決勝(23日・水、13:00-)
◆A
◆B

■2回戦(21日・月)
◆A3仁川機械工業高(仁川市)-釜山体育高(釜山市)

◆A4慶山高(慶尚北道)-大邱商苑高(大邱市)

◆B4/オソン高(忠清南道)-ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)

◆B5/富川北高(京畿道)-光州選抜(光州市)

■1回戦(19日・土)
◆A1/釜山体育高(釜山市)38(17-7)14ミョンソク高(大田市)
*釜山5T5G1P、ミョンソク2T2G

◆A2/大邱商苑高(大邱市)36(19-5)26裡里工業高(イリ・全羅北道)
*商苑6T3G、裡里4T3G
*裡里が後半11分までに19-19と追いつくも商苑が19分NO8ピョ・ジュンサン、27分SO10李ヒョンジュのTで29-19に。裡里は29分CTB13チャン・ソンピルTとLO4李ヒョンジュGで29-26と後を追った。最後は34分商苑FL6ハン・ギヨンのTで振り切った。

◆B1/オソン高(忠清南道)-鎮海高(慶尚南道)
*オソン勝利

◆B2/ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)45(24-10)17順天工業高(全羅南道)
*ソウル大7T5G、順天3T1G
*昨年は2回戦で当たり順天が18-5でソウルを下し勢いに乗り優勝を果たした。しかし今年は最初からソウルが主導権を握った。前半5分SO10ハン・グミンのTとGで7-0、1分後WTB14カン・ミンジュンのTで12-0とした。順天が16分CTB13金テヒョンのTで5点を返した。ソウルは24分、FL6朴ビョンソン、29分LO4チ・ドンビンのTで突き放した。後半も5分までで2Tを奪い試合を決めた。

◆B3/富川北高(京畿道)34(14-0)0忠北高(忠清北道)
*富川5T3G1P
*富川がゼロ封勝利。前半20分、SH9チョン・スンウォンのT、コンバージョンはFB15チョン・ジェグァンが決め7-0と先制。10分後SO10金テソンのT、G成功で14-0とし前半終えた。後半2分、FBチョンのPGで追加すると17分CTB12金ジンヒョク、31分WTB14シン・ジョンミン、34分WTB11金ジュンファンのBK陣がゴールラインを越えた。

<<参考。2013年「第93回全国体育大会」>>
 2012年・国体「第93回全国体育大会」が、10月11日、慶尚北道慶山市松花ラグビー場で開幕。国体は大邱市を中心に開催されました。
 17日、最終日は決勝2試合が行われました。
 高校は順天工業高が2年ぶりの優勝を狙った忠北高を38-20で破り17年ぶりの優勝。

 一般・大学は韓国電力が、尚武(軍体育部隊)に32-18で競り勝ち実に20年ぶりの優勝を遂げました。
 両チームは2007、08年決勝で対戦しいずれも尚武が優勝。また韓電は07-10年と4年連続で決勝へみいずれも敗退してました。
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<一般・大学>
■決勝(17日・水、14:35-)
◆韓国電力(江原道)32(19-6)18尚武(大邱市)
*韓電5T2G1P、尚武2T1G2P
*韓電は前半1分、今大会好調のSO呉潤衡(代表)がTを奪い先制した。尚武は4分にCTB13李セホのPGで3点を返すと21分、李がPGを決め5-6と逆転した。しかし5分後、韓電LO4チョン・デイクのT、G呉成功で逆転(12-6)、さらに29分呉のTとGで19-6と差を広げ前半を終えた。後半16分、尚武WTB14金グァンミン(代表)のT、SO朴ホンシク(代表)G成功19-13とした。韓電は21分、呉がPGを決めると23分、30分とTし試合を決めた。

■準決勝(15日・月、13:00-)
◆韓国電力(江原道)59(28-0)7檀国大(忠清南道)
*韓電8T5G3P、檀国1T1G
*ポスコを撃破した檀国もここまで。前半、韓電は8分、SO呉潤衡(代表)のPGで先制、21分WTB14ユ・チョルギュ(代表)、23分WTB11金セウン、29分CTB12ユ・ミンヒョン、33分呉のTで25-0とし試合を早々に決めた。檀国は後半35分にFL6李ギハンがTを返しゼロ封を免れた。

◆尚武(大邱市)40-12高麗大(ソウル市)
*尚武7T1G1P、高麗2T1G
*前半は互角。3分、尚武がNO8のTで先制、13分にもNO8がTするなど12-0。高麗は29分にSOユ・ジェヒョクのT、Gで7点を返し12-7に。尚武CTB13PGで15-7(前半終了)。後半は尚武が開始58秒でWTB14金グァンミンのT、高麗に6分、1Tを返されたが、尚武は9分以降も4Tを重ね40-12としてノーサイドに。

■2回戦(13日・土)
◆A3ポスコ建設(慶尚北道)22(7-15)29檀国大(忠清南道)(11:45-)
*ポスコ3T2G1P、檀国4T3G1P
*檀国が試合終盤、鮮やかな逆転勝ち。前半から檀国ペース。1分CTB13李ジェソクがPGを決め先制(0-3)。6分には李がTを奪い0-8とした、3分後、WTB14チョ・テヨンのT、李G成功で0-15に。ポスコは14分、SO10洪俊基がT、Gを決め7-15と追いすがる。後半開始からポスコが攻める、9分洪のPG,12分LO4クォン・オヨンのT、G成功し17-15と逆転した。さらに16分FL6文祥容のTで22-15と差を広げた。しかし、21分檀国はSO10ソン・ヒョンソクのT、CTB李G成功で22-22と同点に。そして35分、WTBチョが2本目のTを決めG成功22-29、振り切った。

◆A4三星重工業(慶尚南道)13(3-29)53韓国電力(江原道)(15:15-)
*三星2T1P、韓電7T6G2P

(撮影・李東胤)
*韓電が圧倒した。前半9分SO10呉潤衡がPGで先制、13分FL金ジョンミン、18分SH9朴玩龍、33分SO呉などのTで24-0と試合を決めた。三星は後半、東芝から移籍した蔡宰榮がTを奪ったが遅かった。

◆B2尚武(大邱市)60(19-7)22慶熙大(京畿道)(10:00-)

◆B3仁川体育会(仁川市)3(3-35)50高麗大(ソウル市)(13:30-)
*仁川1P、高麗8T2G2P
*高麗が前半7分にPR1ソン・ミョンジュンのTで先制、18分、21分、26分、36分と前半だけで6Tし試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

<高校>
■決勝(17日・水、13:00-)
◆順天工業高(全羅南道)38(19-15)20忠北高(忠清北道)
*順天6T4G、忠北4T
*前半開始は順天のペース。3分PR3金ヒョンホがT、9分PR1ホ・ジュンスのT、G成功で12-0とした。12分、忠北がWTB14呉ミングンのTで5点を返すと順天は24分にCTB12ノ・ミョンジンのTでG成功19-5に。しかし忠北が29分、35分とPR3チャン・ウジュンの連続Tで19-15と迫った。後半に入ると4分に順天LO4金ソクファンのT、Gも決まり26-15.さらに20分、28分とTを奪い覇権を勝ち得た。

■準決勝(16日・火、13:00-)
◆A忠北高(忠清北道)35(14-7)12慶山高(慶尚北道)
*忠北5T5G、慶山2T1G
忠北は前半20分、FL7オム・ユンソンのT、CTB12ホ・ジェウのGで7-0.23分にWTB11チ・ギュミンのT、ホGで14-0とした。慶山は33分にPR1朴テホがTを返しGをSOパン・ソンヨンが決め14-7で前半終了。後半、忠北が8分にLO4金ミンホ、17分WTB11チのTなどで28-7と試合を決めた。

◆B大邱商苑高(大邱市)15(3-12)36順天工業高(全羅南道)
*大邱2T1G1P、順天6T3G
先制は順天。前半13分、NO8チュ・サンウがTを奪った。32分にはFL6李サンジュンのT,SO金ジテクG成功で0-12とした。大邱は36分にCTB12アン・ドゴンのPGで3点を返し後半へ。後半も順天が8分にNO8チュの2本目のTで3-19に。大邱も11分にWTB14クォン・スンホのTで8-19と追いすがった。しかし17分、28分、34分と順天がTを奪い振り切った。チュは3Tをあげた。

■2回戦(14日・日)
◆A5釜山体育高(釜山市)12(5-14)31忠北高(忠清北道)(11:00-)
*釜山2T1G、忠北5T4G

◆A4富川北高(京畿道)29(22-22)30慶山高(慶尚北道)(14:10-)
*富川5T2G、慶山5T1G1P
*前半開始45秒、富川WTB11金ジンヒョクがTwo奪い先制、3分には富川WTB14チャン・ソミンもTし10-0とした。慶山は8分PR1のTで5点を返すと、富川は11分にT(15-5),慶山16分T(15-10)、富川21分がT、G(22-10)と差を広げた。慶山は25分にT,Gすると33分LO4チェ・ウンヒョックのTで22-22、同点に追いついた。後半は我慢比べ、28分に慶山がSOパン・ソンユンのPGで22-25、富川は33分CTB李チャンファンのTにGも決まり29-25と逆転。最後は36分、慶山がNO8朴ソンジェが決勝Tを奪い1点差で振り切った。

◆B3大邱商苑高(大邱市)45(21-0)8オソン高(忠清南道)(15:45-)
*大邱7T5G、オソン1T1P

◆B4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)5(5-10)18順天工業高(全羅南道)(12:35-)
*ソウル大1T、順天3T1P
*順天が前半6分、FL6李サンジュンのTで先制するとソウルも17分NO8のTで5-5に。23分順天SHホ・ジェジュンがTし5-10で前半を終えた。後半7分SO10金ジテクのPGで順天がリードする、11分順天FB朴ジュンヒョンのTが決まり5-18となり、以後、得点は動かずそのまま終了した。

■1回戦(12日・金)
◆A1仁川機械工業高(仁川市)24(5-15)39釜山体育高(釜山市)(11:35-)
*仁川4T2G、釜山6T3G1P

◆A2忠北高(忠清北道)21(14-7)15ミョンソク高(大田市)(10:00-)
*忠北3T3G、ミョンソク2T1G1P

◆A3慶山高(慶尚北道)26(19-3)8裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*慶山4T3G、裡里1T1P

◆B1オソン高(忠清南道)53(24-0)7鎮海高(慶尚南道)(16:20-)
*オソン高9T4G、鎮海高1T1G

◆B2順天工業高(全羅南道)59(34-0)0全南高(光州市)(13:10-)
*順天8T5G3P

<<参考、2011年第92回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(10月12日・水、14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)41(26-7)12慶熙大(京畿道)
*ポスコ6T4G1P、慶熙大2T1G
*前半でポスコが試合を決めた。4分LO5朴ヨンドン(元代表)の先制T、Gを21金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決めて7-0.慶熙は13分PR3金ヒチョルがTするとGはWTB14イム・ドンゴンが決めて7-7と追いついた。しかしポスコは3分後にSO10ユン・ヒス(代表)のT、金G成功で14-7へ。20分にもPR3金光植(キム・グァンシク、代表)のTに金G、31分WTBチョ・インス(代表)のTなどで26-7とした。
後半も9分CTB13ノ・ピョングァン(代表)のT,金Gも決まり33-7とし試合を決めた。慶熙は32分にWTB14イムのTで5点を返すのがやっとだった。

■準決勝(10日・月、13:00-)
◆三星重工業(慶尚南道)12(7-6)20慶熙大(京畿道)
◆ポスコ建設(慶尚北道)36(26-13)27延世大(ソウル市)
*5T4G1P、延世3T3G1P
■2回戦(8日・土)
◆A1慶熙大(京畿道)73(51-0)5釜山大(釜山市)/11:00-
慶熙12T5G1D、釜山1T
◆A2三星重工業(慶尚南道)31(5-14)17韓国電力(江原道)/14:20-
*三星5T3G、韓電2T2G1P
◆B1仁川体育会(仁川市)9(9-29)50延世大(ソウル市)/16:00-
*仁川3P、延世8T5G
◆B2ポスコ建設(慶尚北道)60(31-0)12檀国大(忠清南道)/12:40-
*ポスコ10T5G、檀国2T1G
■1回戦(6日・木)
◆A韓国電力(江原道)91(55-10)31圓光大(全羅北道)/13:40-
*韓電14T9G1D、圓光5T5G1P

◆B3延世大(ソウル市)78(32-0)10開明大(大邱市)/15:20-
*延世14T4G、開明2T

◆B4檀国大(忠清南道)85(33-10)18忠南大(大田市)/12:00-
*檀国13T10G、忠南3T1P

<高校>
■決勝(12日・水、13:00-)
◆富川北高(京畿道)26(19-0)24順天工業高(全羅南道)
*富川4T3G、順天4T2G
*富川が前半のリードを守り辛うじて逃げ切った。前半7分CTB12李ジョンファンのTで先制するとGはFB15韓サンホが決め7-0.15分にはSO10呉スンヒョンT、韓G成功で14-0.さらに25分WTB11文ヨングルがTを奪い19-0で前半を終えた。
後半も2分CTB李のTと韓Gで26-0へほぼ試合を決めたかに見えた。ここから順天が反撃開始。4分PR1ト・ヒョクソンがTしGはWTB14金ジタクが決め7点を返した。13分にはFL7文ソンイルのT、G金も成功し26-14へ。すると21分FL6李サンジュンがTで26-19と1T1Gへ迫った。そして29分、PR1トがTを決めたがG失敗、26-24でノーサイドとなった。

■準決勝(11日・火、13:00-)
◆富川北高(京畿道)24(7-10)24ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川4T2G、ソウル3T3G1P
◆順天工業高(全羅南道)18(13-14)14仁川機械工業高(仁川市)
*順天3T1P、仁川2T2G
■2回戦(9日・日)
◆A1富川北高(京畿道)21(7-8)16慶山高(慶尚北道)/15:45-
*富川3T3G、慶山2T2P
◆A2全南高(光州市)10(5-24)41ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)/13:15-
*全南2T、ソウル6T4G1P
◆B1順天工業高(全羅南道)52(38-7)7オソン高(忠清南道)/12:00-
*順天8T6G、オサン1T1G
◆B2・仁川機械工業高(仁川市)32(24-12)26釜山体育高(釜山市)/14:30-
*仁川4T3G2P、釜山4T3G
■1回戦(7日・金)
◆A3慶山高(慶尚北道)48(24-0)3鎮海高(慶尚南道)/16:00-
*慶山8T4G、鎮海1P

◆A4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)32(15-5)17忠北高(忠清北道)/13:30-
*ソウル5T2G1P、忠北3T1G

◆B3順天工業高(全羅南道)34(24-5)12ミョンソク高(大田市)/11:00-
*順天5T3G1P、ミョンソク2T1G

◆B4裡里工業高(イリ・全羅北道)3(3-14)26オソン高(忠清南道)/12:15-
*イリ1P、オソン4T3G

◆B5大邱商苑高(大邱市)17(12-17)22釜山体育高(釜山市)
*大邱3T1G、釜山4T1G
 
<<2010年第91回大会>>
*会場:韓国南部の都市・鎮海公設運動場
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<大学・一般部>
■決勝(12日14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)32(18-3)10韓国電力(江原道)
*ポスコ4T3G2P、韓電1T1G1P
*先制は韓電。前半7分にCT13が決め0-3。ポスコの反撃は前半27分から。CT12がトライし5-3と逆転。33分にはFL7のトライとG(13)成功で12-3とした。
 さらに終了間際に2PGで18-3とリードを広げた。
 後半もポスコペース。1分SO10のトライ、G成功で25-3とほぼ試合を決めた。10分にも交替した21のトライ、CT13ゴールで32-3。最後の韓電の攻撃を12分、好調なWTB14トライ、ゴールに抑えて2連覇となった。
 国内大会も5連覇中だ。

■準決勝(10日)
◆A組
/韓国電力(江原道)50(24-0)26慶熙大(京畿道)(13:00-)
*韓国8T5G、慶熙4T3G

◆B組
/ポスコ建設(慶尚北道)59(40-0)10忠南大(大田市)(14:40-)
*ポスコ9T7G、忠南2T

■2回戦(8日)
◆A組①圓光大(全羅北道)3(0-63)94韓国電力(江原道)(12:40-)
*圓光1P、韓国電力16T7G
◆A組②檀国大(忠清南道)19(7-17)29慶熙大(京畿道)(16:00-)
*檀国3T2G、慶熙5T2G

◆B組③ポスコ建設(慶尚北道)22(10-8)15尚武・韓国軍体育部隊(慶尚南道)(11:00-)
*ポスコ3T2G1P、尚武2T1G1P
◆B組④忠南大(大田市)47(19-0)8仁川専門大(仁川市)(14:40-)
*忠南7T6G、1T1P

■1回戦(6日)
◆A①韓国電力22-22延世大(ソウル市)(12:00-)
*PG合戦。韓国5-4延世

◆A②慶熙大55(43-0)10開明大(大邱市)(15:20-)
*慶熙9T5G、開明2T

◆B③釜山大(釜山市)33(12-15)34仁川専門大(13:40-)
*釜山5T4G、仁川5T3G1P

<高校>
■決勝(12日13:00-)
◆富川北高(京畿道)20(15-14)19ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川3T1G1P、ソウル3T2G
*前半から富川が攻め8分、WT14のトライで先制(5-0)。さらに14分WT11のPG成功。18分にはWT14の2つ目のトライ、11G 成功で15-0とした。
 ソウル大は、ここから攻め24分、NO8トライしGも決め15-7とした。さらに終了間際CT12のトライ、G成功で15-14と1点差に迫った。
 後半も先に富川が25分にFB15のトライで20-14とし、ロスタイム31分ソウルはPR1がトライを決め20-19としたが、G不成功で試合を終えた。

■準決勝(11日)
◆A組/ソウル大学校師範大(学部)付属高31(14-5)17順天工業高(全羅南道)(13:00-)
*ソウル4T4G1P、順天3T1G

◆B組/東亜マイスター高(大田市)14(0-19)33富川北高(京畿道)(14:15-)
*東亜2T2G、富川北5T2G

■2回戦(9日)
◆A組①仁川工業高(仁川市)14(14-10)17ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:00-)
*仁川2T2G、ソウル3T1G

◆A組②忠北高(忠清北道)10(7-12)24順天工業高(14:30-)
*忠北1T1G1P、順天4T2G

◆B組③釜山体育高(釜山市)19(12-14)29東亜マイスター高(13:45-)
*釜山3T2G、東亜4T3G1P

◆B組④鎮海高(慶尚南道)19(0-35)40富川北高(15:45-)
*鎮海3T2G、富川北6T5G

■1回戦(7日)
◆A組①仁川工業高12(12-10)10オソン高(忠清南道)(11:00-)
*仁川2T1G、オソン1T1G1P

◆A組②慶山高(慶尚北道)17(0-24)36ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:15-)
*慶山3T1G、ソウル大6T3G

◆A組③順天工業高31(10-15)15裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*順天5T3G、裡里2T1G1P

◆B組④東亜マイスター高45(21-7)12全南高(光州市)(13:30-)
*東亜7T5G、全南2T1G

◆B組⑤大邱商苑高(大邱市)3(3-15)34富川北高(16:00-)
*大邱1P、富川北5T3G1P

<<2009年第90回大会>>
<一般・大学>
■決勝(26日14:15-)
◆ポスコ鋼板(慶尚北道)27(10-3)6韓国電力(江原道)
*ポスコ3T3G2P、韓電2P
*前半はまったりとしたペースで進む。どちらもゴール前22m手前まで攻めるが、ノッコンなどのミスを連発。
6分、韓国電力がゴール前でPGを得てキックが好調のWTB14呉ユンヒョン(前代表SO)が決め0-3。ポスコはようやく35分、ボールをつなぎ最後はHO2金ジョンオクがポスト左へTを決めた。
GもSOユン・フィス(代表)が成功し7-3と逆転。インジュアリータイム42分にユンがPGを決め10-3で前半終了。
後半最初の得点は韓国電力、10分WTB呉のPG成功で10-6と会場を沸かした。しかし19分にポスコがPG成功で突き放すと(13-3)、そのリスタートのボールをポスコがFW陣で回し、最後は右外にいた快速WTB金亨基(キム・ヒョンギ。7人制代表)へ。キムが40m独走のTを決めG成功で20-6と試合を決定づけた。
さらに終了間際PR3金光植(キム・グァンシク。代表)のTも出て27-6と初優勝を勝ち取った。

■準決勝(24日)
◆A組(13:00-)
◎韓国電力(江原道)28(14-7)7檀国大(忠清南道)
*韓電3T2G3P、檀国1T1G
◆B組(14:40-)
◎ポスコ鋼板(慶尚北道)23(10-11)18尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)
*ポスコ3T1G2P,尚武2T1G2P
■2回戦(22日)
◆A組
◎大心通商(忠清北道)17(10-34)58韓国電力(江原道)(11:00-)
*大心2T2G1P、韓電10T4G
◎啓明大(大邱市)12(7-38)72檀国大(忠清南道)(14:20-)
*啓明2T1G,檀国大12T4G

◆B組
◎延世大(ソウル市)12(0-14)32ポスコ鋼板(慶尚北道)(12:40-)
*延世2T1G,ポスコ5T2G1P
◎尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)38(31-17)17三星重工業(慶尚南道)(16:00-)
*尚武5T5G1P,三星2T2G1P

■1回戦(20日)
◆A組
①韓国電力(江原道)103(53-5)5釜山大(釜山市)(11:00-)
*韓電17T9G、釜1T。
②檀国大(忠清南道)59(21-7)10仁川専門大(仁川市)(14:20-)
*檀国9T7G、仁川1T1G1P。

◆B組
③ポスコ鋼板(慶尚北道)86(54-0)22圓光大(全羅北道)(12:40-)
*ポスコ16T3G、圓光4T1G
④三星重工業(慶尚南道)28(15-3)17慶熙大(京畿道)(16:00-)
*三星4T1G2P、慶熙2T2G1P

<高校部>
■決勝(26日13:00-)
◆忠北高(忠清北道)38(14-12)19慶山高(慶尚北道)
*忠北6T4G、慶山3T2G
*09春季リーグ優勝の忠北(チュンブック)と大統領旗大会V慶山(キョンサン)の好調同士の決勝戦となった。特に慶山は全国大会2年連続準優勝のため優勝が欲しい試合。
前半からFWの忠北、BK慶山という特色ある展開で会場が沸いた。先制は忠北、9分、ゴール右で得た反則からSHが自分でボールを持ち出しT、GもFB15呉グァンヨン(3年、延世大へ進学)が決め7-0。15分にも忠北が右ラインアウトを得て得意のモールで押し込みFL6がT、G成功で14-0とした。
ここから慶山が反撃、18分手敵陣10m付近からCTB12が左際を抜けるとラックを作り右へ展開しWTB11がT、14-5に。さらに22分、WTB14が抜けラックをゴール前で作りFL7がポスト左へT、G成功で14-12として前半を終えた。
後半は忠北ペースで始まった。7分、やはりLO→モールを押すとSHからNO8へ。そのままイン・ゴールへ。19-12とした。11分にはSHが2本目のTを決めG成功で26-12と試合を決めた。慶山は終了間際の29分、敵陣ゴール前にキックしたボールを忠北の処理ミスからターンオーバーしCTB13がT,SO10G成功で38-19とするのがやっとだった。

■準決勝(25日)
◆A組(13:00-)
◎忠北高(忠清北道)34(15-10)22ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*忠北5T3G1D、ソウル4T1G
◆B組(14:15-)
◎慶山高(慶尚北道)55(36-0)5城南西高(京畿道)
*慶山8T6G1P、城南西1T

■2回戦(23日)
◆A組
◎大邱商苑高(テグ市)5(0-19)29ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)(12:00-)
*大邱1T、ソウル大5T2G
◎全南高(光州市)0(0-27)41忠北高(忠清北道)(14:30-)
*忠北6T4G1D

◆B組
◎慶山高(慶尚北道)52(26-0)0順天工業高(全羅南道)(13:45-)
*慶山8T6G,
◎城南西高(京畿道)22(5-10)20東亜工業高(大田市)(15:45-)
*城南西4T1G、東亜3T1G1P

■1回戦(21日)
◆A組
①大邱商苑高(テグ市)24(14-0)19釜山南高(釜山市)(11:00-)
*テグ4T2G、釜山3T2G
②ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)60(47-3)6鎮海高(慶尚南道)(12:15-)
*ソウル大9T6G1P、鎮海2P
③忠北高(忠清北道)52(24-5)5裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*忠北8T6G、イリ1T

◆B組
④慶山高(慶尚北道)27(10-5)15仁川工業高(仁川市)(13:30-)
*慶山3T3G2P、仁川3T
⑤城南西高(京畿道)20(20-3)10オソン高(忠清南道)(16:00-)
*城南西3T1G1P、オソン1T1G1P

<<2008年第89回大会>>
<大学・社会人。全13チーム>
■決勝(10月16日14:45-)
◆尚武:韓国軍体育部隊(サンム。全羅南道。07年1位)
33(19-0)5
韓国電力(ハンジョン。江原道)
*尚武5T4G、韓電1T
◎得点経過
(前半)
1:2分、尚武WTB14/ノ・ピョングァンがトライ。
2:5分、尚武FL7/李ジェウォンがトライ。G成功、SO/オ・ユンヒョン。
3:31分、尚武CTB12/金ウァンヨンがトライ。G成功。
(後半)
1:5分、尚武PR3/ホ・ウンがトライ。WTB11/チョ・インスをフォローしパスを受ける。G成功。
2:9分、韓電LO4/金桐鮮が右隅にトライ。
3:12分、尚武WTB11がトライ。SO10のキックパスにFB22/チェ・ジェヨンが反応し拾い11はパス。G成功。

■準決勝(15日)
◆韓国電力23(15-6)18三星重工業(サムソン。慶尚南道。今季2冠)(13:30-)
*韓電3T1G1P1D、三星2T1G2P

◆尚武11(6-3)9浦項鋼板(ポスコ。慶尚北道。06&07年2位)(15:10-)
*尚武1T2P、浦項3P

■準々決勝(14日)
◆A組:三星重工業66(25-14)14大心通商(テシム。忠清北道)(11:00-)
*三星10T5G1P1D、大心2T2G

◆B組:韓国電力76(40-0)5圓光大(ウォングァン。全羅北道。大学2部)(14:20-)
*韓電12T8G、ウォン1T

◆C組:浦項鋼板41(29-5)22延世大(ヨンセ。ソウル市。今季2冠)(12:40-)
*浦項6T4G1P、延世3T2G1P

◆D組:尚武55(34-0)14檀国大(ダンクック。忠清南道)(16:00-)
*尚武8T6G1P、檀国2T2G

■1回戦(12日)
◆A組①大心通商77(36-8)釜山大(釜山市。大学2部)(10:00-)
*テシム14T7G、釜山1T1P

◆A組②慶煕大(キョンヒ。京畿道)0(0-14)47(11:40-)
*三星7T3G2P

◆B組①仁川専門大(インチョンチョンモン。仁川市。大学2部)5(5-50)65韓国電力(15:00-)
*仁川1T、韓国電10T5G1D

◆C組①忠南大(チュンナム。大田。大学3部以下)8(5-45)69延世大(13:20-)
*チュンナム1T1P、延世11T7G

◆D組①啓明大(ケミョン。大邱。大学3部以下)5(0-15)35檀国大(16:40-)
*ケミョン1T、檀国6T1G1P

<高校。13チーム>
■決勝(16日13:00-)
◆富川北高(プチョンブック。京畿道。今季2冠)
14(7-3)8慶山高(キョンサン。慶尚北道)
*富川北2T2G、慶山1T1P
■準決勝(15日)
◆富川北高14(7-0)12ソウル大師範付属高(サデ。ソウル市。07年1位)(11:00-)
*富川2T2G、ソウル2T1G

◆慶山高57(33-0)3裡里工業高(イリ。全羅北道)(12:15-)
*慶山9T6G、イリ1P

■準々決勝(13日)
◆A組:忠北高(チュンブック。忠清北道)19(5-6)25富川北高(12:00-)
*忠北3T2G、富川北3T2G2P

◆B組:ソウル大師範付属高68(36-0)0鎮海高(チンヘ。慶尚南道)(14:30-)
*ソウル12T4G

◆C組:慶山高41(31-10)17東亜工業高(トンア。大田市)(13:15-)
*慶山6T4G1P、東亜2T2G1P

◆D組:裡里工業高15(3-5)8順天工業高(スンチョン。全羅南道)(15:45-)
*イリ2T1G1P、順天1T1G

■1回戦(11日)

◆A組①忠北高41(15-5)5仁川機械工業高(インチョンキフェ。仁川市)(11:00-)
*忠7T3G、仁1T

◆A組②富川北高54(25-5)10大邱商苑高(テグサンウォン)(12:00-)
*富10T2G、大2T

◆B組①釜山南高(釜山市)0(0-55)74ソウル大師範付属高(14:45-)
*ソ12T7G

◆C組①慶山高70(41-5)5オソン高(忠清南道)(13:30-)
*慶10T4G4D、オ1T

◆D組①裡里工業高42(21-0)5全南高(チョンナム・光州市)(16:00-)
*イリ6T6G、全1T

<<2007年以前>>
<一般・大学>
■07年
◆決勝 尚武(光州市)39(17-10)10韓国電力(江原道)
◆準決勝 尚武72(52-3)16忠南大(チュンナム。大田市)、韓国電力24(3-7)22浦項鋼板(ポハン。慶尚北道)

■06年
◆決勝 高麗36(12-16)26ポハン
◆準決勝 慶煕大13(5-21)41高麗大、釜山大25(10-43)64ポハン

■05年
◆決勝 三星28-23ポハン。三星が10連覇達成。
◆準決勝 三星66-31慶煕大、ポハン32-25高麗大

■04年 
◆決勝 三星29-18尚武
◆準決勝 三星26-19ポハン、尚武24-20檀国大
    
■03年
◆決勝 三星49-3韓国電力
◆準決勝 三星34-8檀国大、韓国電力19-13尚武

<高校>
■2007年
◆決勝 ソウル大師範大付属高(ソウル市)32(24-5)20慶山高(キョンサン。慶尚北道)
◆準決勝 ソウル大付属高31(21-17)24忠北高(チュンブック。忠清北道)、慶山高47(22-5)5裡里工業高(イリ。全羅北道)

■06年
◆決勝 養正27(10-5)10慶山
◆準決勝 テグ商苑13(8-14)26養正、仁川機械19(0-17)29慶山

■05年
◆決勝 白新31-20養正
◆準決勝 白新22-10テグ商苑、養正39-8東亜工業

■04年決勝 テグ商苑20-15富川北
■03年決勝 テグ商苑11-3富川北

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2013

韓国国体、昨年高校V順天工業敗れる。

 2013年の韓国国体に該当する「第94回全国体育大会」が、10月18日(金)、仁川特別市南洞競技場で開幕しました。
 一般・大学は20年ぶりの優勝を遂げた韓国電力の連覇がなるか?今季、好調の高麗大が社会人を下すかなどが見所です。
18日の1回戦に登場した韓国電力は格下セハン大から18Tを奪い108-19で一蹴しました。もう一試合は檀国大が慶熙大を下し2回戦へ進出。
 高校はやはり昨年17年ぶりの覇権を遂げた順天工業高が19日の1回戦、強豪、ソウル大付属高に敗れ姿を消しました。順天の登録はぎりぎり15人でした。

以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<一般・大学>
■決勝(24日・木、14:35-)

■準決勝(22日・火、13:00-)
◆A
◆B

■2回戦(20日・日)
◆A2尚武(国軍体育部隊、仁川市)-釜山大学(釜山市)

◆A3ポスコ建設(慶尚北道)-檀国大(忠清南道)

◆B3高麗大学(ソウル市)-韓国電力(江原道)

◆B4三星重工業(慶尚南道、B2不戦勝)-圓光大(全羅北道)

■1回戦(18日・金)
◆A1/檀国大(忠清南道)25(15-12)20慶熙大(京畿道)
*檀国4T1G1P、慶熙3T1G1P
*二転三転の試合。檀国が試合終了間際15-20から2Tを奪い逆転勝ち。前半、先制は慶熙。2分WTB14イム・サンジンのTで0-5。檀国は6分にNO8チャン・イルファンのTで同点、コンバージョンをSO10オ・ジミョン(13年、現代表)が決め7-5と逆転した(7-5)。10分にオがPG成功で10-5とするも28分に慶熙がCTB12ユ・ジュンヒョンのTとFB15ハン・サンフンのコンバージョンで10-12と再逆転した。檀国が35分HO2金旻奎(ミンギュ、現代表)のTで再々逆転15-12で前半を終えた。後半に入ってもまずは慶熙がFL7金ドグンのTで15-17と再びリードすると23分にFBハンのPGで15-20とした。しかし檀国は38分HO金の2本目のTで同点とし1分後、CTB12朴ジフンがゴールラインを陥れ25-20でゲームセットを迎えた。

◆B1/韓国電力(江原道)108(57-5)19セハン大学(全羅南道)
*韓国電力18T9G、セハン3T2G
*現役韓国代表8人が先発した電力が前半で試合を決めた。1分WTB11金洸民(グアンミン、現代表)の先制Tをはじめに7分と10分のNO8黄仁朝(ファン・インジョ、現代表)、18分と21分CTB13金成洙(ソンス、元代表)の連続Tなどで9Tを奪った。前半だけでWTB11金も3T。一方、セハンは40分にSO10金ジタクがTを返すなど3Tを奪い、電力の甘さを突いた。

◆B2/三星重工業(慶尚南道)-SFKホールディングス(忠清北道)/参加取り消し

<高校>
■決勝(24日・木、13:00-)

■準決勝(23日・水、13:00-)
◆A
◆B

■2回戦(21日・月)
◆A3仁川機械工業高(仁川市)-釜山体育高(釜山市)

◆A4慶山高(慶尚北道)-大邱商苑高(大邱市)

◆B4/オソン高(忠清南道)-ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)

◆B5/富川北高(京畿道)-光州選抜(光州市)

■1回戦(19日・土)
◆A1/釜山体育高(釜山市)38(17-7)14ミョンソク高(大田市)
*釜山5T5G1P、ミョンソク2T2G

◆A2/大邱商苑高(大邱市)36(19-5)26裡里工業高(イリ・全羅北道)
*商苑6T3G、裡里4T3G
*裡里が後半11分までに19-19と追いつくも商苑が19分NO8ピョ・ジュンサン、27分SO10李ヒョンジュのTで29-19に。裡里は29分CTB13チャン・ソンピルTとLO4李ヒョンジュGで29-26と後を追った。最後は34分商苑FL6ハン・ギヨンのTで振り切った。

◆B1/オソン高(忠清南道)-鎮海高(慶尚南道)
*オソン勝利

◆B2/ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)45(24-10)17順天工業高(全羅南道)
*ソウル大7T5G、順天3T1G
*昨年は2回戦で当たり順天が18-5でソウルを下し勢いに乗り優勝を果たした。しかし今年は最初からソウルが主導権を握った。前半5分SO10ハン・グミンのTとGで7-0、1分後WTB14カン・ミンジュンのTで12-0とした。順天が16分CTB13金テヒョンのTで5点を返した。ソウルは24分、FL6朴ビョンソン、29分LO4チ・ドンビンのTで突き放した。後半も5分までで2Tを奪い試合を決めた。

◆B3/富川北高(京畿道)34(14-0)0忠北高(忠清北道)
*富川5T3G1P
*富川がゼロ封勝利。前半20分、SH9チョン・スンウォンのT、コンバージョンはFB15チョン・ジェグァンが決め7-0と先制。10分後SO10金テソンのT、G成功で14-0とし前半終えた。後半2分、FBチョンのPGで追加すると17分CTB12金ジンヒョク、31分WTB14シン・ジョンミン、34分WTB11金ジュンファンのBK陣がゴールラインを越えた。

<<参考。2013年「第93回全国体育大会」>>
 2012年・国体「第93回全国体育大会」が、10月11日、慶尚北道慶山市松花ラグビー場で開幕。国体は大邱市を中心に開催されました。
 17日、最終日は決勝2試合が行われました。
 高校は順天工業高が2年ぶりの優勝を狙った忠北高を38-20で破り17年ぶりの優勝。

 一般・大学は韓国電力が、尚武(軍体育部隊)に32-18で競り勝ち実に20年ぶりの優勝を遂げました。
 両チームは2007、08年決勝で対戦しいずれも尚武が優勝。また韓電は07-10年と4年連続で決勝へみいずれも敗退してました。
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<一般・大学>
■決勝(17日・水、14:35-)
◆韓国電力(江原道)32(19-6)18尚武(大邱市)
*韓電5T2G1P、尚武2T1G2P
*韓電は前半1分、今大会好調のSO呉潤衡(代表)がTを奪い先制した。尚武は4分にCTB13李セホのPGで3点を返すと21分、李がPGを決め5-6と逆転した。しかし5分後、韓電LO4チョン・デイクのT、G呉成功で逆転(12-6)、さらに29分呉のTとGで19-6と差を広げ前半を終えた。後半16分、尚武WTB14金グァンミン(代表)のT、SO朴ホンシク(代表)G成功19-13とした。韓電は21分、呉がPGを決めると23分、30分とTし試合を決めた。

■準決勝(15日・月、13:00-)
◆韓国電力(江原道)59(28-0)7檀国大(忠清南道)
*韓電8T5G3P、檀国1T1G
*ポスコを撃破した檀国もここまで。前半、韓電は8分、SO呉潤衡(代表)のPGで先制、21分WTB14ユ・チョルギュ(代表)、23分WTB11金セウン、29分CTB12ユ・ミンヒョン、33分呉のTで25-0とし試合を早々に決めた。檀国は後半35分にFL6李ギハンがTを返しゼロ封を免れた。

◆尚武(大邱市)40-12高麗大(ソウル市)
*尚武7T1G1P、高麗2T1G
*前半は互角。3分、尚武がNO8のTで先制、13分にもNO8がTするなど12-0。高麗は29分にSOユ・ジェヒョクのT、Gで7点を返し12-7に。尚武CTB13PGで15-7(前半終了)。後半は尚武が開始58秒でWTB14金グァンミンのT、高麗に6分、1Tを返されたが、尚武は9分以降も4Tを重ね40-12としてノーサイドに。

■2回戦(13日・土)
◆A3ポスコ建設(慶尚北道)22(7-15)29檀国大(忠清南道)(11:45-)
*ポスコ3T2G1P、檀国4T3G1P
*檀国が試合終盤、鮮やかな逆転勝ち。前半から檀国ペース。1分CTB13李ジェソクがPGを決め先制(0-3)。6分には李がTを奪い0-8とした、3分後、WTB14チョ・テヨンのT、李G成功で0-15に。ポスコは14分、SO10洪俊基がT、Gを決め7-15と追いすがる。後半開始からポスコが攻める、9分洪のPG,12分LO4クォン・オヨンのT、G成功し17-15と逆転した。さらに16分FL6文祥容のTで22-15と差を広げた。しかし、21分檀国はSO10ソン・ヒョンソクのT、CTB李G成功で22-22と同点に。そして35分、WTBチョが2本目のTを決めG成功22-29、振り切った。

◆A4三星重工業(慶尚南道)13(3-29)53韓国電力(江原道)(15:15-)
*三星2T1P、韓電7T6G2P

(撮影・李東胤)
*韓電が圧倒した。前半9分SO10呉潤衡がPGで先制、13分FL金ジョンミン、18分SH9朴玩龍、33分SO呉などのTで24-0と試合を決めた。三星は後半、東芝から移籍した蔡宰榮がTを奪ったが遅かった。

◆B2尚武(大邱市)60(19-7)22慶熙大(京畿道)(10:00-)

◆B3仁川体育会(仁川市)3(3-35)50高麗大(ソウル市)(13:30-)
*仁川1P、高麗8T2G2P
*高麗が前半7分にPR1ソン・ミョンジュンのTで先制、18分、21分、26分、36分と前半だけで6Tし試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

<高校>
■決勝(17日・水、13:00-)
◆順天工業高(全羅南道)38(19-15)20忠北高(忠清北道)
*順天6T4G、忠北4T
*前半開始は順天のペース。3分PR3金ヒョンホがT、9分PR1ホ・ジュンスのT、G成功で12-0とした。12分、忠北がWTB14呉ミングンのTで5点を返すと順天は24分にCTB12ノ・ミョンジンのTでG成功19-5に。しかし忠北が29分、35分とPR3チャン・ウジュンの連続Tで19-15と迫った。後半に入ると4分に順天LO4金ソクファンのT、Gも決まり26-15.さらに20分、28分とTを奪い覇権を勝ち得た。

■準決勝(16日・火、13:00-)
◆A忠北高(忠清北道)35(14-7)12慶山高(慶尚北道)
*忠北5T5G、慶山2T1G
忠北は前半20分、FL7オム・ユンソンのT、CTB12ホ・ジェウのGで7-0.23分にWTB11チ・ギュミンのT、ホGで14-0とした。慶山は33分にPR1朴テホがTを返しGをSOパン・ソンヨンが決め14-7で前半終了。後半、忠北が8分にLO4金ミンホ、17分WTB11チのTなどで28-7と試合を決めた。

◆B大邱商苑高(大邱市)15(3-12)36順天工業高(全羅南道)
*大邱2T1G1P、順天6T3G
先制は順天。前半13分、NO8チュ・サンウがTを奪った。32分にはFL6李サンジュンのT,SO金ジテクG成功で0-12とした。大邱は36分にCTB12アン・ドゴンのPGで3点を返し後半へ。後半も順天が8分にNO8チュの2本目のTで3-19に。大邱も11分にWTB14クォン・スンホのTで8-19と追いすがった。しかし17分、28分、34分と順天がTを奪い振り切った。チュは3Tをあげた。

■2回戦(14日・日)
◆A5釜山体育高(釜山市)12(5-14)31忠北高(忠清北道)(11:00-)
*釜山2T1G、忠北5T4G

◆A4富川北高(京畿道)29(22-22)30慶山高(慶尚北道)(14:10-)
*富川5T2G、慶山5T1G1P
*前半開始45秒、富川WTB11金ジンヒョクがTwo奪い先制、3分には富川WTB14チャン・ソミンもTし10-0とした。慶山は8分PR1のTで5点を返すと、富川は11分にT(15-5),慶山16分T(15-10)、富川21分がT、G(22-10)と差を広げた。慶山は25分にT,Gすると33分LO4チェ・ウンヒョックのTで22-22、同点に追いついた。後半は我慢比べ、28分に慶山がSOパン・ソンユンのPGで22-25、富川は33分CTB李チャンファンのTにGも決まり29-25と逆転。最後は36分、慶山がNO8朴ソンジェが決勝Tを奪い1点差で振り切った。

◆B3大邱商苑高(大邱市)45(21-0)8オソン高(忠清南道)(15:45-)
*大邱7T5G、オソン1T1P

◆B4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)5(5-10)18順天工業高(全羅南道)(12:35-)
*ソウル大1T、順天3T1P
*順天が前半6分、FL6李サンジュンのTで先制するとソウルも17分NO8のTで5-5に。23分順天SHホ・ジェジュンがTし5-10で前半を終えた。後半7分SO10金ジテクのPGで順天がリードする、11分順天FB朴ジュンヒョンのTが決まり5-18となり、以後、得点は動かずそのまま終了した。

■1回戦(12日・金)
◆A1仁川機械工業高(仁川市)24(5-15)39釜山体育高(釜山市)(11:35-)
*仁川4T2G、釜山6T3G1P

◆A2忠北高(忠清北道)21(14-7)15ミョンソク高(大田市)(10:00-)
*忠北3T3G、ミョンソク2T1G1P

◆A3慶山高(慶尚北道)26(19-3)8裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*慶山4T3G、裡里1T1P

◆B1オソン高(忠清南道)53(24-0)7鎮海高(慶尚南道)(16:20-)
*オソン高9T4G、鎮海高1T1G

◆B2順天工業高(全羅南道)59(34-0)0全南高(光州市)(13:10-)
*順天8T5G3P

<<参考、2011年第92回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(10月12日・水、14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)41(26-7)12慶熙大(京畿道)
*ポスコ6T4G1P、慶熙大2T1G
*前半でポスコが試合を決めた。4分LO5朴ヨンドン(元代表)の先制T、Gを21金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決めて7-0.慶熙は13分PR3金ヒチョルがTするとGはWTB14イム・ドンゴンが決めて7-7と追いついた。しかしポスコは3分後にSO10ユン・ヒス(代表)のT、金G成功で14-7へ。20分にもPR3金光植(キム・グァンシク、代表)のTに金G、31分WTBチョ・インス(代表)のTなどで26-7とした。
後半も9分CTB13ノ・ピョングァン(代表)のT,金Gも決まり33-7とし試合を決めた。慶熙は32分にWTB14イムのTで5点を返すのがやっとだった。

■準決勝(10日・月、13:00-)
◆三星重工業(慶尚南道)12(7-6)20慶熙大(京畿道)
◆ポスコ建設(慶尚北道)36(26-13)27延世大(ソウル市)
*5T4G1P、延世3T3G1P
■2回戦(8日・土)
◆A1慶熙大(京畿道)73(51-0)5釜山大(釜山市)/11:00-
慶熙12T5G1D、釜山1T
◆A2三星重工業(慶尚南道)31(5-14)17韓国電力(江原道)/14:20-
*三星5T3G、韓電2T2G1P
◆B1仁川体育会(仁川市)9(9-29)50延世大(ソウル市)/16:00-
*仁川3P、延世8T5G
◆B2ポスコ建設(慶尚北道)60(31-0)12檀国大(忠清南道)/12:40-
*ポスコ10T5G、檀国2T1G
■1回戦(6日・木)
◆A韓国電力(江原道)91(55-10)31圓光大(全羅北道)/13:40-
*韓電14T9G1D、圓光5T5G1P

◆B3延世大(ソウル市)78(32-0)10開明大(大邱市)/15:20-
*延世14T4G、開明2T

◆B4檀国大(忠清南道)85(33-10)18忠南大(大田市)/12:00-
*檀国13T10G、忠南3T1P

<高校>
■決勝(12日・水、13:00-)
◆富川北高(京畿道)26(19-0)24順天工業高(全羅南道)
*富川4T3G、順天4T2G
*富川が前半のリードを守り辛うじて逃げ切った。前半7分CTB12李ジョンファンのTで先制するとGはFB15韓サンホが決め7-0.15分にはSO10呉スンヒョンT、韓G成功で14-0.さらに25分WTB11文ヨングルがTを奪い19-0で前半を終えた。
後半も2分CTB李のTと韓Gで26-0へほぼ試合を決めたかに見えた。ここから順天が反撃開始。4分PR1ト・ヒョクソンがTしGはWTB14金ジタクが決め7点を返した。13分にはFL7文ソンイルのT、G金も成功し26-14へ。すると21分FL6李サンジュンがTで26-19と1T1Gへ迫った。そして29分、PR1トがTを決めたがG失敗、26-24でノーサイドとなった。

■準決勝(11日・火、13:00-)
◆富川北高(京畿道)24(7-10)24ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川4T2G、ソウル3T3G1P
◆順天工業高(全羅南道)18(13-14)14仁川機械工業高(仁川市)
*順天3T1P、仁川2T2G
■2回戦(9日・日)
◆A1富川北高(京畿道)21(7-8)16慶山高(慶尚北道)/15:45-
*富川3T3G、慶山2T2P
◆A2全南高(光州市)10(5-24)41ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)/13:15-
*全南2T、ソウル6T4G1P
◆B1順天工業高(全羅南道)52(38-7)7オソン高(忠清南道)/12:00-
*順天8T6G、オサン1T1G
◆B2・仁川機械工業高(仁川市)32(24-12)26釜山体育高(釜山市)/14:30-
*仁川4T3G2P、釜山4T3G
■1回戦(7日・金)
◆A3慶山高(慶尚北道)48(24-0)3鎮海高(慶尚南道)/16:00-
*慶山8T4G、鎮海1P

◆A4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)32(15-5)17忠北高(忠清北道)/13:30-
*ソウル5T2G1P、忠北3T1G

◆B3順天工業高(全羅南道)34(24-5)12ミョンソク高(大田市)/11:00-
*順天5T3G1P、ミョンソク2T1G

◆B4裡里工業高(イリ・全羅北道)3(3-14)26オソン高(忠清南道)/12:15-
*イリ1P、オソン4T3G

◆B5大邱商苑高(大邱市)17(12-17)22釜山体育高(釜山市)
*大邱3T1G、釜山4T1G
 
<<2010年第91回大会>>
*会場:韓国南部の都市・鎮海公設運動場
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<大学・一般部>
■決勝(12日14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)32(18-3)10韓国電力(江原道)
*ポスコ4T3G2P、韓電1T1G1P
*先制は韓電。前半7分にCT13が決め0-3。ポスコの反撃は前半27分から。CT12がトライし5-3と逆転。33分にはFL7のトライとG(13)成功で12-3とした。
 さらに終了間際に2PGで18-3とリードを広げた。
 後半もポスコペース。1分SO10のトライ、G成功で25-3とほぼ試合を決めた。10分にも交替した21のトライ、CT13ゴールで32-3。最後の韓電の攻撃を12分、好調なWTB14トライ、ゴールに抑えて2連覇となった。
 国内大会も5連覇中だ。

■準決勝(10日)
◆A組
/韓国電力(江原道)50(24-0)26慶熙大(京畿道)(13:00-)
*韓国8T5G、慶熙4T3G

◆B組
/ポスコ建設(慶尚北道)59(40-0)10忠南大(大田市)(14:40-)
*ポスコ9T7G、忠南2T

■2回戦(8日)
◆A組①圓光大(全羅北道)3(0-63)94韓国電力(江原道)(12:40-)
*圓光1P、韓国電力16T7G
◆A組②檀国大(忠清南道)19(7-17)29慶熙大(京畿道)(16:00-)
*檀国3T2G、慶熙5T2G

◆B組③ポスコ建設(慶尚北道)22(10-8)15尚武・韓国軍体育部隊(慶尚南道)(11:00-)
*ポスコ3T2G1P、尚武2T1G1P
◆B組④忠南大(大田市)47(19-0)8仁川専門大(仁川市)(14:40-)
*忠南7T6G、1T1P

■1回戦(6日)
◆A①韓国電力22-22延世大(ソウル市)(12:00-)
*PG合戦。韓国5-4延世

◆A②慶熙大55(43-0)10開明大(大邱市)(15:20-)
*慶熙9T5G、開明2T

◆B③釜山大(釜山市)33(12-15)34仁川専門大(13:40-)
*釜山5T4G、仁川5T3G1P

<高校>
■決勝(12日13:00-)
◆富川北高(京畿道)20(15-14)19ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川3T1G1P、ソウル3T2G
*前半から富川が攻め8分、WT14のトライで先制(5-0)。さらに14分WT11のPG成功。18分にはWT14の2つ目のトライ、11G 成功で15-0とした。
 ソウル大は、ここから攻め24分、NO8トライしGも決め15-7とした。さらに終了間際CT12のトライ、G成功で15-14と1点差に迫った。
 後半も先に富川が25分にFB15のトライで20-14とし、ロスタイム31分ソウルはPR1がトライを決め20-19としたが、G不成功で試合を終えた。

■準決勝(11日)
◆A組/ソウル大学校師範大(学部)付属高31(14-5)17順天工業高(全羅南道)(13:00-)
*ソウル4T4G1P、順天3T1G

◆B組/東亜マイスター高(大田市)14(0-19)33富川北高(京畿道)(14:15-)
*東亜2T2G、富川北5T2G

■2回戦(9日)
◆A組①仁川工業高(仁川市)14(14-10)17ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:00-)
*仁川2T2G、ソウル3T1G

◆A組②忠北高(忠清北道)10(7-12)24順天工業高(14:30-)
*忠北1T1G1P、順天4T2G

◆B組③釜山体育高(釜山市)19(12-14)29東亜マイスター高(13:45-)
*釜山3T2G、東亜4T3G1P

◆B組④鎮海高(慶尚南道)19(0-35)40富川北高(15:45-)
*鎮海3T2G、富川北6T5G

■1回戦(7日)
◆A組①仁川工業高12(12-10)10オソン高(忠清南道)(11:00-)
*仁川2T1G、オソン1T1G1P

◆A組②慶山高(慶尚北道)17(0-24)36ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:15-)
*慶山3T1G、ソウル大6T3G

◆A組③順天工業高31(10-15)15裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*順天5T3G、裡里2T1G1P

◆B組④東亜マイスター高45(21-7)12全南高(光州市)(13:30-)
*東亜7T5G、全南2T1G

◆B組⑤大邱商苑高(大邱市)3(3-15)34富川北高(16:00-)
*大邱1P、富川北5T3G1P

<<2009年第90回大会>>
<一般・大学>
■決勝(26日14:15-)
◆ポスコ鋼板(慶尚北道)27(10-3)6韓国電力(江原道)
*ポスコ3T3G2P、韓電2P
*前半はまったりとしたペースで進む。どちらもゴール前22m手前まで攻めるが、ノッコンなどのミスを連発。
6分、韓国電力がゴール前でPGを得てキックが好調のWTB14呉ユンヒョン(前代表SO)が決め0-3。ポスコはようやく35分、ボールをつなぎ最後はHO2金ジョンオクがポスト左へTを決めた。
GもSOユン・フィス(代表)が成功し7-3と逆転。インジュアリータイム42分にユンがPGを決め10-3で前半終了。
後半最初の得点は韓国電力、10分WTB呉のPG成功で10-6と会場を沸かした。しかし19分にポスコがPG成功で突き放すと(13-3)、そのリスタートのボールをポスコがFW陣で回し、最後は右外にいた快速WTB金亨基(キム・ヒョンギ。7人制代表)へ。キムが40m独走のTを決めG成功で20-6と試合を決定づけた。
さらに終了間際PR3金光植(キム・グァンシク。代表)のTも出て27-6と初優勝を勝ち取った。

■準決勝(24日)
◆A組(13:00-)
◎韓国電力(江原道)28(14-7)7檀国大(忠清南道)
*韓電3T2G3P、檀国1T1G
◆B組(14:40-)
◎ポスコ鋼板(慶尚北道)23(10-11)18尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)
*ポスコ3T1G2P,尚武2T1G2P
■2回戦(22日)
◆A組
◎大心通商(忠清北道)17(10-34)58韓国電力(江原道)(11:00-)
*大心2T2G1P、韓電10T4G
◎啓明大(大邱市)12(7-38)72檀国大(忠清南道)(14:20-)
*啓明2T1G,檀国大12T4G

◆B組
◎延世大(ソウル市)12(0-14)32ポスコ鋼板(慶尚北道)(12:40-)
*延世2T1G,ポスコ5T2G1P
◎尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)38(31-17)17三星重工業(慶尚南道)(16:00-)
*尚武5T5G1P,三星2T2G1P

■1回戦(20日)
◆A組
①韓国電力(江原道)103(53-5)5釜山大(釜山市)(11:00-)
*韓電17T9G、釜1T。
②檀国大(忠清南道)59(21-7)10仁川専門大(仁川市)(14:20-)
*檀国9T7G、仁川1T1G1P。

◆B組
③ポスコ鋼板(慶尚北道)86(54-0)22圓光大(全羅北道)(12:40-)
*ポスコ16T3G、圓光4T1G
④三星重工業(慶尚南道)28(15-3)17慶熙大(京畿道)(16:00-)
*三星4T1G2P、慶熙2T2G1P

<高校部>
■決勝(26日13:00-)
◆忠北高(忠清北道)38(14-12)19慶山高(慶尚北道)
*忠北6T4G、慶山3T2G
*09春季リーグ優勝の忠北(チュンブック)と大統領旗大会V慶山(キョンサン)の好調同士の決勝戦となった。特に慶山は全国大会2年連続準優勝のため優勝が欲しい試合。
前半からFWの忠北、BK慶山という特色ある展開で会場が沸いた。先制は忠北、9分、ゴール右で得た反則からSHが自分でボールを持ち出しT、GもFB15呉グァンヨン(3年、延世大へ進学)が決め7-0。15分にも忠北が右ラインアウトを得て得意のモールで押し込みFL6がT、G成功で14-0とした。
ここから慶山が反撃、18分手敵陣10m付近からCTB12が左際を抜けるとラックを作り右へ展開しWTB11がT、14-5に。さらに22分、WTB14が抜けラックをゴール前で作りFL7がポスト左へT、G成功で14-12として前半を終えた。
後半は忠北ペースで始まった。7分、やはりLO→モールを押すとSHからNO8へ。そのままイン・ゴールへ。19-12とした。11分にはSHが2本目のTを決めG成功で26-12と試合を決めた。慶山は終了間際の29分、敵陣ゴール前にキックしたボールを忠北の処理ミスからターンオーバーしCTB13がT,SO10G成功で38-19とするのがやっとだった。

■準決勝(25日)
◆A組(13:00-)
◎忠北高(忠清北道)34(15-10)22ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*忠北5T3G1D、ソウル4T1G
◆B組(14:15-)
◎慶山高(慶尚北道)55(36-0)5城南西高(京畿道)
*慶山8T6G1P、城南西1T

■2回戦(23日)
◆A組
◎大邱商苑高(テグ市)5(0-19)29ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)(12:00-)
*大邱1T、ソウル大5T2G
◎全南高(光州市)0(0-27)41忠北高(忠清北道)(14:30-)
*忠北6T4G1D

◆B組
◎慶山高(慶尚北道)52(26-0)0順天工業高(全羅南道)(13:45-)
*慶山8T6G,
◎城南西高(京畿道)22(5-10)20東亜工業高(大田市)(15:45-)
*城南西4T1G、東亜3T1G1P

■1回戦(21日)
◆A組
①大邱商苑高(テグ市)24(14-0)19釜山南高(釜山市)(11:00-)
*テグ4T2G、釜山3T2G
②ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)60(47-3)6鎮海高(慶尚南道)(12:15-)
*ソウル大9T6G1P、鎮海2P
③忠北高(忠清北道)52(24-5)5裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*忠北8T6G、イリ1T

◆B組
④慶山高(慶尚北道)27(10-5)15仁川工業高(仁川市)(13:30-)
*慶山3T3G2P、仁川3T
⑤城南西高(京畿道)20(20-3)10オソン高(忠清南道)(16:00-)
*城南西3T1G1P、オソン1T1G1P

<<2008年第89回大会>>
<大学・社会人。全13チーム>
■決勝(10月16日14:45-)
◆尚武:韓国軍体育部隊(サンム。全羅南道。07年1位)
33(19-0)5
韓国電力(ハンジョン。江原道)
*尚武5T4G、韓電1T
◎得点経過
(前半)
1:2分、尚武WTB14/ノ・ピョングァンがトライ。
2:5分、尚武FL7/李ジェウォンがトライ。G成功、SO/オ・ユンヒョン。
3:31分、尚武CTB12/金ウァンヨンがトライ。G成功。
(後半)
1:5分、尚武PR3/ホ・ウンがトライ。WTB11/チョ・インスをフォローしパスを受ける。G成功。
2:9分、韓電LO4/金桐鮮が右隅にトライ。
3:12分、尚武WTB11がトライ。SO10のキックパスにFB22/チェ・ジェヨンが反応し拾い11はパス。G成功。

■準決勝(15日)
◆韓国電力23(15-6)18三星重工業(サムソン。慶尚南道。今季2冠)(13:30-)
*韓電3T1G1P1D、三星2T1G2P

◆尚武11(6-3)9浦項鋼板(ポスコ。慶尚北道。06&07年2位)(15:10-)
*尚武1T2P、浦項3P

■準々決勝(14日)
◆A組:三星重工業66(25-14)14大心通商(テシム。忠清北道)(11:00-)
*三星10T5G1P1D、大心2T2G

◆B組:韓国電力76(40-0)5圓光大(ウォングァン。全羅北道。大学2部)(14:20-)
*韓電12T8G、ウォン1T

◆C組:浦項鋼板41(29-5)22延世大(ヨンセ。ソウル市。今季2冠)(12:40-)
*浦項6T4G1P、延世3T2G1P

◆D組:尚武55(34-0)14檀国大(ダンクック。忠清南道)(16:00-)
*尚武8T6G1P、檀国2T2G

■1回戦(12日)
◆A組①大心通商77(36-8)釜山大(釜山市。大学2部)(10:00-)
*テシム14T7G、釜山1T1P

◆A組②慶煕大(キョンヒ。京畿道)0(0-14)47(11:40-)
*三星7T3G2P

◆B組①仁川専門大(インチョンチョンモン。仁川市。大学2部)5(5-50)65韓国電力(15:00-)
*仁川1T、韓国電10T5G1D

◆C組①忠南大(チュンナム。大田。大学3部以下)8(5-45)69延世大(13:20-)
*チュンナム1T1P、延世11T7G

◆D組①啓明大(ケミョン。大邱。大学3部以下)5(0-15)35檀国大(16:40-)
*ケミョン1T、檀国6T1G1P

<高校。13チーム>
■決勝(16日13:00-)
◆富川北高(プチョンブック。京畿道。今季2冠)
14(7-3)8慶山高(キョンサン。慶尚北道)
*富川北2T2G、慶山1T1P
■準決勝(15日)
◆富川北高14(7-0)12ソウル大師範付属高(サデ。ソウル市。07年1位)(11:00-)
*富川2T2G、ソウル2T1G

◆慶山高57(33-0)3裡里工業高(イリ。全羅北道)(12:15-)
*慶山9T6G、イリ1P

■準々決勝(13日)
◆A組:忠北高(チュンブック。忠清北道)19(5-6)25富川北高(12:00-)
*忠北3T2G、富川北3T2G2P

◆B組:ソウル大師範付属高68(36-0)0鎮海高(チンヘ。慶尚南道)(14:30-)
*ソウル12T4G

◆C組:慶山高41(31-10)17東亜工業高(トンア。大田市)(13:15-)
*慶山6T4G1P、東亜2T2G1P

◆D組:裡里工業高15(3-5)8順天工業高(スンチョン。全羅南道)(15:45-)
*イリ2T1G1P、順天1T1G

■1回戦(11日)

◆A組①忠北高41(15-5)5仁川機械工業高(インチョンキフェ。仁川市)(11:00-)
*忠7T3G、仁1T

◆A組②富川北高54(25-5)10大邱商苑高(テグサンウォン)(12:00-)
*富10T2G、大2T

◆B組①釜山南高(釜山市)0(0-55)74ソウル大師範付属高(14:45-)
*ソ12T7G

◆C組①慶山高70(41-5)5オソン高(忠清南道)(13:30-)
*慶10T4G4D、オ1T

◆D組①裡里工業高42(21-0)5全南高(チョンナム・光州市)(16:00-)
*イリ6T6G、全1T

<<2007年以前>>
<一般・大学>
■07年
◆決勝 尚武(光州市)39(17-10)10韓国電力(江原道)
◆準決勝 尚武72(52-3)16忠南大(チュンナム。大田市)、韓国電力24(3-7)22浦項鋼板(ポハン。慶尚北道)

■06年
◆決勝 高麗36(12-16)26ポハン
◆準決勝 慶煕大13(5-21)41高麗大、釜山大25(10-43)64ポハン

■05年
◆決勝 三星28-23ポハン。三星が10連覇達成。
◆準決勝 三星66-31慶煕大、ポハン32-25高麗大

■04年 
◆決勝 三星29-18尚武
◆準決勝 三星26-19ポハン、尚武24-20檀国大
    
■03年
◆決勝 三星49-3韓国電力
◆準決勝 三星34-8檀国大、韓国電力19-13尚武

<高校>
■2007年
◆決勝 ソウル大師範大付属高(ソウル市)32(24-5)20慶山高(キョンサン。慶尚北道)
◆準決勝 ソウル大付属高31(21-17)24忠北高(チュンブック。忠清北道)、慶山高47(22-5)5裡里工業高(イリ。全羅北道)

■06年
◆決勝 養正27(10-5)10慶山
◆準決勝 テグ商苑13(8-14)26養正、仁川機械19(0-17)29慶山

■05年
◆決勝 白新31-20養正
◆準決勝 白新22-10テグ商苑、養正39-8東亜工業

■04年決勝 テグ商苑20-15富川北
■03年決勝 テグ商苑11-3富川北

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2013

TLパナソニックが後半、東芝を突き放す

 10月19日からの国内ラグビー。 トップリーグ(TL)は第6節。
 Aでは、首位サントリーと3位・神戸はサントリーが29-20で後半、逆転勝ち。、Bは2位・パナソニックと3位・東芝がぶつかり前半10-10で押し返したましたがパナが差を広げ40-22で勝利。ヤマハ首位を堅持。Aはサントリー、NECがBはヤマハ、パナがセカンドステージは上位4位グループへの通過を決めました。
 9-16位決定の下位グループ。AがNTTドコモ、豊田織機、九州電力。Bはリコー、コカ・コーラが決定。
 関東大学対抗戦は王者・帝京大と筑波大が対戦。
 関東大学リーグ戦3部では、朝鮮大が好調・東京工大を破り唯一4連勝で首位。次週27日は防衛大と対戦。

<<TOP LEAGUE2013-14>>
■第6節(10月19日~10月20日)
<A>1:サントリー(25)、2:NEC(25)、3:神戸(19)、4:NTTコム(19)、5:トヨタ(18)、6:NTTドコモ、7:織機、8:九電
◆NTTコム41(14-7)19九州電力(19日、秩父宮)
*コム6T4G1P(19)、九電3T2G(0)

◆トヨタ自動車20(10-0)7NTTドコモ(花園)
*トヨタ3T1G1P(18)、ドコモ1T1G(10)
◎ドコモPR3許雄(ホ・ウン、延世大)。
Dhon1
「まだ新しいスクラムの組み方ができていない」
◎ドコモFL7金栄馬大(キム・ヨンデ)。
Dkim1
Dkimsc
「公式戦は去年12月のリコー戦で肩を痛めて以来です。今年も春に膝をケガしてようやく出場できた。今、TLはジャッカルよりもカウンターラックで見極めることが主で、自分もジャッカルにいくよりもこの動きをしています」
◎ドコモPR張泰堉(関西学院大、大阪朝鮮高)。

◆NEC28(8-6)6豊田自動織機(20日、三重・鈴鹿)
*NEC4T1G2P(25)、織機2P(6)
◎NEC/PR金光植(キム・グァンシク、김광식、高麗大)
Neckimgate
「ケガは治りました。リハビリからの復帰なのでフィットネスはまだ足りません。新しいスクラムの組み方には対応しています」
◎織機LO4鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、帝京大)。

◆サントリー29(9-10)20神戸製鋼(20日、三ツ沢)
*サントリー2T2G4P1D(25)、神戸2T2G2P(19)
◎サントリーFL朴淳彩(パク・スンチェ、박순체、 POSCO、慶煕大)。
Sun19p12
写真提供:松本かおりさん
◎サントリーPR18申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、福岡サニックス、NZクライストチャーチ高校

<B>1:ヤマハ、2:パナソニック、3:東芝、4:キヤノン、5:クボタ、6:近鉄、7:リコー、8:コーラ
◆パナソニック40(10-10)22東芝(19日、秩父宮)
*パナ5T3G3P(23)、東芝4T1G(19)
◎パナFL/LO4劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、檀国大)。
Yonnamu
*撮影/松本かおりさん
◎東芝LO金光紋(イ・グァンムン、이광문、トヨタ、韓国電力、サントリー、高麗大。負傷中)
「(8月のサントリーB戦で右腕前腕部を骨折)。右腕にはボルトが入っています。10月に検査してボルトを抜く予定。練習もあたりがないものをしています」
◎東芝WTB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、三星重工業、東芝、高麗大)
「練習でふくらはぎ負傷。10月初めまで入院」

◆ヤマハ26(13-17)17近鉄(花園)
*ヤマハ2T2G4P(25)、近鉄2T2G1P(12)
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、朝鮮大)。
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원、大阪体育大)。
「コンディションはいいです」
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、帝京大)
◎近鉄WTB14李陽(中国農業大)

◆キヤノン66(24-17)36コカコーラ(20日、大分市営)
*キヤノン10T8G(15)、コーラ5T4G1P(4)

◆クボタ16(3-7)12リコ-(新発田)
*クボタ1T1G3P(15)、リコー2T1G(9)
◎クボタSH李明根(り・ミョングン、이명근、ワールド、三星SDI、延世大)
「SH井上はいいですね。立川とも高校、大学とコンビで連携ができています。WTBで出ましたが初めての経験でした」
◎クボタHO朴誠球(パク・ソング、박성구、NEC、ヤマハ、延世大)
 
<<トップイースト>>
■第5節
◆東京ガス57-11日本IBM(19日、ガス)
*ガス9T4G(21)、IBM1T2P(0)

◆栗田工業25-8日野自動車(栗田)
*栗田3T2G2P(15)、日野1T1P(1)
◎日野SO金原用(キム・ウォンヨン、김원용、ポスコ建設、檀国大)
13914hkim

◎日野FL李基桓(イ・ギファン、이기환、檀国大)
13914hinolee

◆三菱重工相模原40(19)0横河武蔵野(20日、三菱)
*三菱6T5G(25)、横河(18)
◎三菱NO8李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)
13914ykyon
13914ykyon2
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
13914ykcyo
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、同志社大、大阪朝鮮高)

◆釜石SW61(35-0)0セコム(セコム)
*釜石9T8G(24)、セコム(0)

ヤクルト(10)
秋田(5)
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。

<<トップウェストA>>
■第5節
◆Honda85(43-0)5JR西日本(20日、三重・鈴鹿)
**Honda13T10G(15)、西日本1T(0)
◎HondaSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)。

中部電力*中部(5)大阪府警府警(5)

<<トップキュウシュウA>>
■第5節
◆福岡サニックス139(78-0)7鹿児島銀行(20日、サニックスG)
*サニックス21T17G(25)、鹿児島1T1G(1)

◆マツダ33(7-3)3JR九州(コカコーラ広島)
*マツダ5T4G(20)、九州1P(5)

◆新日鉄八幡0(0-31)52中国電力(広島)
*八幡(0)、中国8T6G(20)

◆三菱重工長崎*三菱7T(5)

<<関東大学対抗戦A>>
■第6節
◆早稲田大19(12-3)6青山学院大(19日、三ツ沢)
*早大3T2G(4勝)、青山2P(1勝3敗)
◎早稲田FL金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
Wkimtry
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆帝京大10(10-0)3筑波大(20日、秩父宮)
*帝京1T1G1P(4勝)、筑波(1勝3敗)
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。前半1T。
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)

◆明治大41(14-0)0日本体育大(秩父宮)
*明治7T3G(3勝1敗)、日体(4敗)

◆慶應大62(31-7)14成蹊大(熊谷)
*慶應10T6G(3勝1敗)、成蹊1T1G(4敗)

<<関東大学リーグ戦>>
■第6節
◆中央大19(6-10)15法政大(19日、熊谷)
*中央2T2P1D(4勝16)、法大3T(1勝3敗7)
◎法政CTB12金勇輝(キン・ユンヒ、3年、大阪朝鮮)。後半40分1T.

◆東海大36(24-5)22拓殖大(熊谷)
*東海5T4G1P(3勝1敗13)、拓殖3T2G1P(4敗4)
◎拓殖PR具智元(グ・ジウォン、구지원1年、日本文理、韓国)。
T32

◎拓殖SO具智允(グ・ジユン、구지윤2年、日本文理、韓国)。
T211

◎拓殖WTB姜秉周(カン・ピョンジュ、강병주1年、日本文理、韓国)
Tkan

◆日本大5(0-5)12立正大(20日、熊谷)
*日大1T(2勝2敗10)、立正2T1G(1勝3敗7)

◆流通経済大、大東文化大
*流経(3勝12)、大東(1勝2敗6)

<<関東大学リーグ3部>>
■第4節(20日)
◆東京農業大43(36-0)0城西大(城西大)
*農大7T4G(3勝1敗13)、城西(2勝2敗10)

◆朝鮮大27(12-0)0東京工業大(城西)
*朝大5T1G(4勝16)、東工大(2勝2敗10)

◆国際武道大20(20-0)0東京理科大(武道大)
*武道大2T2G2P(2勝2敗10)、理科大(4敗4)

◆埼玉工業大29(19-3)3防衛大(埼工大)
*埼工大5T2G(4勝16)、防大1P(4敗4)

<<関西大学Aリーグ>>
■第3節(20日)
◆同志社大34(7-7)10近畿大(花園)
*同大5T3G1P(2勝1敗)、近大1T1G1P(3敗)
◎近大SH21金孝玟(リ・ヒョムン、4年、大阪朝鮮)

◆大阪体育大21(0-21)28関西学院大
*体大3T3G(1勝2敗)、関学4T4G(2勝1敗)
◎体大PR1王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문、4学年、韓国/養正中)。
◎関学LO5金茂雄(キン・シゲオ、3年、尾道)
◎関学WTB11金尚浩(キム・サンホ、3年、大阪朝鮮)
◎関学FB15高陽日(コウ・ヤンイル、3年、大阪朝鮮)
◎関学HO18金寛泰(キム・ガンテ、3年、大阪朝鮮)

◆立命館大45(19-7)7関西大(宝ヶ池)
*立命7T5G(3勝)、関大1T1G(1勝2敗)

◆天理大17(12-14)22京都産業大
*天理2T2G1P(3敗)、京都3T2G1P(3勝)、
◎天理FL6李淳也(リ・ジュンヤ、2年、常翔啓光)
◎京都FL7李智栄(リ・チヨン、1年、大阪朝鮮)
◎京都SH9梁正秋(リャン・ジョンチュ、3年、大阪朝鮮)
◎京都PR16金亨志(キム・ヒョンジ、2年、大阪朝鮮)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2013

韓国国体10月18日開幕、韓国電力18Tで圧勝。

 2013年の韓国国体に該当する「第94回全国体育大会」が、10月18日(金)、仁川特別市南洞競技場で開幕します。
 一般・大学は20年ぶりの優勝を遂げた韓国電力の連覇がなるか?今季、好調の高麗大が社会人を下すかなどが見所です。
18日の1回戦に登場した韓国電力は格下セハン大から18Tを奪い108-19で一蹴しました。もう一試合は檀国大が慶熙大を下し2回戦へ進出。
 高校はやはり昨年17年ぶりの覇権を遂げた順天工業高の連覇か? 順天と1回戦であたる強豪、ソウル大付属高、さらに富川北高などの戦いがカギとなります。

以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<一般・大学>
■決勝(24日・木、14:35-)

■準決勝(22日・火、13:00-)
◆A
◆B

■2回戦(20日・日)
◆A2尚武(国軍体育部隊、仁川市)-釜山大学(釜山市)

◆A3ポスコ建設(慶尚北道)-檀国大(忠清南道)

◆B3高麗大学(ソウル市)-韓国電力(江原道)

◆B4三星重工業(慶尚南道、B2不戦勝)-圓光大(全羅北道)

■1回戦(18日・金)
◆A1/檀国大(忠清南道)25(15-12)20慶熙大(京畿道)
*檀国4T1G1P、慶熙3T1G1P
*二転三転の試合。檀国が試合終了間際15-20から2Tを奪い逆転勝ち。前半、先制は慶熙。2分WTB14イム・サンジンのTで0-5。檀国は6分にNO8チャン・イルファンのTで同点、コンバージョンをSO10オ・ジミョン(13年、現代表)が決め7-5と逆転した(7-5)。10分にオがPG成功で10-5とするも28分に慶熙がCTB12ユ・ジュンヒョンのTとFB15ハン・サンフンのコンバージョンで10-12と再逆転した。檀国が35分HO2金旻奎(ミンギュ、現代表)のTで再々逆転15-12で前半を終えた。後半に入ってもまずは慶熙がFL7金ドグンのTで15-17と再びリードすると23分にFBハンのPGで15-20とした。しかし檀国は38分HO金の2本目のTで同点とし1分後、CTB12朴ジフンがゴールラインを陥れ25-20でゲームセットを迎えた。

◆B1/韓国電力(江原道)108(57-5)19セハン大学(全羅南道)
*韓国電力18T9G、セハン3T2G
*現役韓国代表8人が先発した電力が前半で試合を決めた。1分WTB11金洸民(グアンミン、現代表)の先制Tをはじめに7分と10分のNO8黄仁朝(ファン・インジョ、現代表)、18分と21分CTB13金成洙(ソンス、元代表)の連続Tなどで9Tを奪った。前半だけでWTB11金も3T。一方、セハンは40分にSO10金ジタクがTを返すなど3Tを奪い、電力の甘さを突いた。

◆B2/三星重工業(慶尚南道)-SFKホールディングス(忠清北道)/参加取り消し

<高校>
■決勝(24日・木、13:00-)

■準決勝(23日・水、13:00-)
◆A
◆B

■2回戦(21日・月)
◆A3仁川機械工業高(仁川市)-1回戦A1勝者

◆A4慶山高(慶尚北道)-同A2勝者

◆B4/1回戦B1勝者-B2勝者

◆B5/1回戦B3勝者-光州選抜(光州市)

■1回戦(19日・土)
◆A1/釜山体育高(釜山市)-ミョンソン高(大田市)

◆A2/裡里工業高(イリ・全羅北道)-大邱商苑高(大邱市)

◆B1/オソン高(忠清南道)-鎮海高(慶尚南道)

◆B2/ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)-順天工業高(全羅南道)

◆B3/富川北高(京畿道)-忠北高(忠清北道)

<<参考。2013年「第93回全国体育大会」>>
 2012年・国体「第93回全国体育大会」が、10月11日、慶尚北道慶山市松花ラグビー場で開幕。国体は大邱市を中心に開催されました。
 17日、最終日は決勝2試合が行われました。
 高校は順天工業高が2年ぶりの優勝を狙った忠北高を38-20で破り17年ぶりの優勝。

 一般・大学は韓国電力が、尚武(軍体育部隊)に32-18で競り勝ち実に20年ぶりの優勝を遂げました。
 両チームは2007、08年決勝で対戦しいずれも尚武が優勝。また韓電は07-10年と4年連続で決勝へみいずれも敗退してました。
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<一般・大学>
■決勝(17日・水、14:35-)
◆韓国電力(江原道)32(19-6)18尚武(大邱市)
*韓電5T2G1P、尚武2T1G2P
*韓電は前半1分、今大会好調のSO呉潤衡(代表)がTを奪い先制した。尚武は4分にCTB13李セホのPGで3点を返すと21分、李がPGを決め5-6と逆転した。しかし5分後、韓電LO4チョン・デイクのT、G呉成功で逆転(12-6)、さらに29分呉のTとGで19-6と差を広げ前半を終えた。後半16分、尚武WTB14金グァンミン(代表)のT、SO朴ホンシク(代表)G成功19-13とした。韓電は21分、呉がPGを決めると23分、30分とTし試合を決めた。

■準決勝(15日・月、13:00-)
◆韓国電力(江原道)59(28-0)7檀国大(忠清南道)
*韓電8T5G3P、檀国1T1G
*ポスコを撃破した檀国もここまで。前半、韓電は8分、SO呉潤衡(代表)のPGで先制、21分WTB14ユ・チョルギュ(代表)、23分WTB11金セウン、29分CTB12ユ・ミンヒョン、33分呉のTで25-0とし試合を早々に決めた。檀国は後半35分にFL6李ギハンがTを返しゼロ封を免れた。

◆尚武(大邱市)40-12高麗大(ソウル市)
*尚武7T1G1P、高麗2T1G
*前半は互角。3分、尚武がNO8のTで先制、13分にもNO8がTするなど12-0。高麗は29分にSOユ・ジェヒョクのT、Gで7点を返し12-7に。尚武CTB13PGで15-7(前半終了)。後半は尚武が開始58秒でWTB14金グァンミンのT、高麗に6分、1Tを返されたが、尚武は9分以降も4Tを重ね40-12としてノーサイドに。

■2回戦(13日・土)
◆A3ポスコ建設(慶尚北道)22(7-15)29檀国大(忠清南道)(11:45-)
*ポスコ3T2G1P、檀国4T3G1P
*檀国が試合終盤、鮮やかな逆転勝ち。前半から檀国ペース。1分CTB13李ジェソクがPGを決め先制(0-3)。6分には李がTを奪い0-8とした、3分後、WTB14チョ・テヨンのT、李G成功で0-15に。ポスコは14分、SO10洪俊基がT、Gを決め7-15と追いすがる。後半開始からポスコが攻める、9分洪のPG,12分LO4クォン・オヨンのT、G成功し17-15と逆転した。さらに16分FL6文祥容のTで22-15と差を広げた。しかし、21分檀国はSO10ソン・ヒョンソクのT、CTB李G成功で22-22と同点に。そして35分、WTBチョが2本目のTを決めG成功22-29、振り切った。

◆A4三星重工業(慶尚南道)13(3-29)53韓国電力(江原道)(15:15-)
*三星2T1P、韓電7T6G2P

(撮影・李東胤)
*韓電が圧倒した。前半9分SO10呉潤衡がPGで先制、13分FL金ジョンミン、18分SH9朴玩龍、33分SO呉などのTで24-0と試合を決めた。三星は後半、東芝から移籍した蔡宰榮がTを奪ったが遅かった。

◆B2尚武(大邱市)60(19-7)22慶熙大(京畿道)(10:00-)

◆B3仁川体育会(仁川市)3(3-35)50高麗大(ソウル市)(13:30-)
*仁川1P、高麗8T2G2P
*高麗が前半7分にPR1ソン・ミョンジュンのTで先制、18分、21分、26分、36分と前半だけで6Tし試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

■1回戦(11日・木)
◆A1檀国大(忠清南道)111(49-5)16釜山大(釜山市)(12:00-)
*檀国17T10G2P、釜山2T1P1D
*前半3分、檀国WTB14チョ・デヨンのトライで先制。8分にもチョがトライを奪う。10分CTB12ユン・クァンス、13分FL7李サンミンもトライ24-0とした。チョは前半3トライ。

◆A2韓国電力(江原道)110(64-5)15圓光大(全羅北道)(15:35-)
*韓電19T6G1P、圓光2T1G1P
*韓電は前半1分、WTB14ユ・チョルギュ(代表)の先制トライ。3分PR1金ソンテ、8分CTB13金成洙(代表)、12分SH朴玩龍(代表)、17分FL6朴ファン(代表)らが次々とトライを奪った。FL朴は前半で3トライ。

◆B1高麗大(ソウル市)114(66-5)5忠南大(大田市)(13:45-)
*高麗17T13G1D、忠南1T
*高麗は前半3分、SOユ・ジェヒョクの先制トライに続き8分NO8金ヨハン、12分CTB12金ヒョンウ、14分LO4李シヒョンらがトライを重ね早々と試合を決めた。

<高校>
■決勝(17日・水、13:00-)
◆順天工業高(全羅南道)38(19-15)20忠北高(忠清北道)
*順天6T4G、忠北4T
*前半開始は順天のペース。3分PR3金ヒョンホがT、9分PR1ホ・ジュンスのT、G成功で12-0とした。12分、忠北がWTB14呉ミングンのTで5点を返すと順天は24分にCTB12ノ・ミョンジンのTでG成功19-5に。しかし忠北が29分、35分とPR3チャン・ウジュンの連続Tで19-15と迫った。後半に入ると4分に順天LO4金ソクファンのT、Gも決まり26-15.さらに20分、28分とTを奪い覇権を勝ち得た。

■準決勝(16日・火、13:00-)
◆A忠北高(忠清北道)35(14-7)12慶山高(慶尚北道)
*忠北5T5G、慶山2T1G
忠北は前半20分、FL7オム・ユンソンのT、CTB12ホ・ジェウのGで7-0.23分にWTB11チ・ギュミンのT、ホGで14-0とした。慶山は33分にPR1朴テホがTを返しGをSOパン・ソンヨンが決め14-7で前半終了。後半、忠北が8分にLO4金ミンホ、17分WTB11チのTなどで28-7と試合を決めた。

◆B大邱商苑高(大邱市)15(3-12)36順天工業高(全羅南道)
*大邱2T1G1P、順天6T3G
先制は順天。前半13分、NO8チュ・サンウがTを奪った。32分にはFL6李サンジュンのT,SO金ジテクG成功で0-12とした。大邱は36分にCTB12アン・ドゴンのPGで3点を返し後半へ。後半も順天が8分にNO8チュの2本目のTで3-19に。大邱も11分にWTB14クォン・スンホのTで8-19と追いすがった。しかし17分、28分、34分と順天がTを奪い振り切った。チュは3Tをあげた。

■2回戦(14日・日)
◆A5釜山体育高(釜山市)12(5-14)31忠北高(忠清北道)(11:00-)
*釜山2T1G、忠北5T4G

◆A4富川北高(京畿道)29(22-22)30慶山高(慶尚北道)(14:10-)
*富川5T2G、慶山5T1G1P
*前半開始45秒、富川WTB11金ジンヒョクがTwo奪い先制、3分には富川WTB14チャン・ソミンもTし10-0とした。慶山は8分PR1のTで5点を返すと、富川は11分にT(15-5),慶山16分T(15-10)、富川21分がT、G(22-10)と差を広げた。慶山は25分にT,Gすると33分LO4チェ・ウンヒョックのTで22-22、同点に追いついた。後半は我慢比べ、28分に慶山がSOパン・ソンユンのPGで22-25、富川は33分CTB李チャンファンのTにGも決まり29-25と逆転。最後は36分、慶山がNO8朴ソンジェが決勝Tを奪い1点差で振り切った。

◆B3大邱商苑高(大邱市)45(21-0)8オソン高(忠清南道)(15:45-)
*大邱7T5G、オソン1T1P

◆B4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)5(5-10)18順天工業高(全羅南道)(12:35-)
*ソウル大1T、順天3T1P
*順天が前半6分、FL6李サンジュンのTで先制するとソウルも17分NO8のTで5-5に。23分順天SHホ・ジェジュンがTし5-10で前半を終えた。後半7分SO10金ジテクのPGで順天がリードする、11分順天FB朴ジュンヒョンのTが決まり5-18となり、以後、得点は動かずそのまま終了した。

■1回戦(12日・金)
◆A1仁川機械工業高(仁川市)24(5-15)39釜山体育高(釜山市)(11:35-)
*仁川4T2G、釜山6T3G1P

◆A2忠北高(忠清北道)21(14-7)15ミョンソク高(大田市)(10:00-)
*忠北3T3G、ミョンソク2T1G1P

◆A3慶山高(慶尚北道)26(19-3)8裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*慶山4T3G、裡里1T1P

◆B1オソン高(忠清南道)53(24-0)7鎮海高(慶尚南道)(16:20-)
*オソン高9T4G、鎮海高1T1G

◆B2順天工業高(全羅南道)59(34-0)0全南高(光州市)(13:10-)
*順天8T5G3P

<<参考、2011年第92回全国体育大会>>
<一般・大学>
■決勝(10月12日・水、14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)41(26-7)12慶熙大(京畿道)
*ポスコ6T4G1P、慶熙大2T1G
*前半でポスコが試合を決めた。4分LO5朴ヨンドン(元代表)の先制T、Gを21金原用(キム・ウォンヨン、代表)が決めて7-0.慶熙は13分PR3金ヒチョルがTするとGはWTB14イム・ドンゴンが決めて7-7と追いついた。しかしポスコは3分後にSO10ユン・ヒス(代表)のT、金G成功で14-7へ。20分にもPR3金光植(キム・グァンシク、代表)のTに金G、31分WTBチョ・インス(代表)のTなどで26-7とした。
後半も9分CTB13ノ・ピョングァン(代表)のT,金Gも決まり33-7とし試合を決めた。慶熙は32分にWTB14イムのTで5点を返すのがやっとだった。

■準決勝(10日・月、13:00-)
◆三星重工業(慶尚南道)12(7-6)20慶熙大(京畿道)
◆ポスコ建設(慶尚北道)36(26-13)27延世大(ソウル市)
*5T4G1P、延世3T3G1P
■2回戦(8日・土)
◆A1慶熙大(京畿道)73(51-0)5釜山大(釜山市)/11:00-
慶熙12T5G1D、釜山1T
◆A2三星重工業(慶尚南道)31(5-14)17韓国電力(江原道)/14:20-
*三星5T3G、韓電2T2G1P
◆B1仁川体育会(仁川市)9(9-29)50延世大(ソウル市)/16:00-
*仁川3P、延世8T5G
◆B2ポスコ建設(慶尚北道)60(31-0)12檀国大(忠清南道)/12:40-
*ポスコ10T5G、檀国2T1G
■1回戦(6日・木)
◆A韓国電力(江原道)91(55-10)31圓光大(全羅北道)/13:40-
*韓電14T9G1D、圓光5T5G1P

◆B3延世大(ソウル市)78(32-0)10開明大(大邱市)/15:20-
*延世14T4G、開明2T

◆B4檀国大(忠清南道)85(33-10)18忠南大(大田市)/12:00-
*檀国13T10G、忠南3T1P

<高校>
■決勝(12日・水、13:00-)
◆富川北高(京畿道)26(19-0)24順天工業高(全羅南道)
*富川4T3G、順天4T2G
*富川が前半のリードを守り辛うじて逃げ切った。前半7分CTB12李ジョンファンのTで先制するとGはFB15韓サンホが決め7-0.15分にはSO10呉スンヒョンT、韓G成功で14-0.さらに25分WTB11文ヨングルがTを奪い19-0で前半を終えた。
後半も2分CTB李のTと韓Gで26-0へほぼ試合を決めたかに見えた。ここから順天が反撃開始。4分PR1ト・ヒョクソンがTしGはWTB14金ジタクが決め7点を返した。13分にはFL7文ソンイルのT、G金も成功し26-14へ。すると21分FL6李サンジュンがTで26-19と1T1Gへ迫った。そして29分、PR1トがTを決めたがG失敗、26-24でノーサイドとなった。

■準決勝(11日・火、13:00-)
◆富川北高(京畿道)24(7-10)24ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川4T2G、ソウル3T3G1P
◆順天工業高(全羅南道)18(13-14)14仁川機械工業高(仁川市)
*順天3T1P、仁川2T2G
■2回戦(9日・日)
◆A1富川北高(京畿道)21(7-8)16慶山高(慶尚北道)/15:45-
*富川3T3G、慶山2T2P
◆A2全南高(光州市)10(5-24)41ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)/13:15-
*全南2T、ソウル6T4G1P
◆B1順天工業高(全羅南道)52(38-7)7オソン高(忠清南道)/12:00-
*順天8T6G、オサン1T1G
◆B2・仁川機械工業高(仁川市)32(24-12)26釜山体育高(釜山市)/14:30-
*仁川4T3G2P、釜山4T3G
■1回戦(7日・金)
◆A3慶山高(慶尚北道)48(24-0)3鎮海高(慶尚南道)/16:00-
*慶山8T4G、鎮海1P

◆A4ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)32(15-5)17忠北高(忠清北道)/13:30-
*ソウル5T2G1P、忠北3T1G

◆B3順天工業高(全羅南道)34(24-5)12ミョンソク高(大田市)/11:00-
*順天5T3G1P、ミョンソク2T1G

◆B4裡里工業高(イリ・全羅北道)3(3-14)26オソン高(忠清南道)/12:15-
*イリ1P、オソン4T3G

◆B5大邱商苑高(大邱市)17(12-17)22釜山体育高(釜山市)
*大邱3T1G、釜山4T1G
 
<<2010年第91回大会>>
*会場:韓国南部の都市・鎮海公設運動場
以下の記録、組は分かりやすくするため付けてます。
<大学・一般部>
■決勝(12日14:15-)
◆ポスコ建設(慶尚北道)32(18-3)10韓国電力(江原道)
*ポスコ4T3G2P、韓電1T1G1P
*先制は韓電。前半7分にCT13が決め0-3。ポスコの反撃は前半27分から。CT12がトライし5-3と逆転。33分にはFL7のトライとG(13)成功で12-3とした。
 さらに終了間際に2PGで18-3とリードを広げた。
 後半もポスコペース。1分SO10のトライ、G成功で25-3とほぼ試合を決めた。10分にも交替した21のトライ、CT13ゴールで32-3。最後の韓電の攻撃を12分、好調なWTB14トライ、ゴールに抑えて2連覇となった。
 国内大会も5連覇中だ。

■準決勝(10日)
◆A組
/韓国電力(江原道)50(24-0)26慶熙大(京畿道)(13:00-)
*韓国8T5G、慶熙4T3G

◆B組
/ポスコ建設(慶尚北道)59(40-0)10忠南大(大田市)(14:40-)
*ポスコ9T7G、忠南2T

■2回戦(8日)
◆A組①圓光大(全羅北道)3(0-63)94韓国電力(江原道)(12:40-)
*圓光1P、韓国電力16T7G
◆A組②檀国大(忠清南道)19(7-17)29慶熙大(京畿道)(16:00-)
*檀国3T2G、慶熙5T2G

◆B組③ポスコ建設(慶尚北道)22(10-8)15尚武・韓国軍体育部隊(慶尚南道)(11:00-)
*ポスコ3T2G1P、尚武2T1G1P
◆B組④忠南大(大田市)47(19-0)8仁川専門大(仁川市)(14:40-)
*忠南7T6G、1T1P

■1回戦(6日)
◆A①韓国電力22-22延世大(ソウル市)(12:00-)
*PG合戦。韓国5-4延世

◆A②慶熙大55(43-0)10開明大(大邱市)(15:20-)
*慶熙9T5G、開明2T

◆B③釜山大(釜山市)33(12-15)34仁川専門大(13:40-)
*釜山5T4G、仁川5T3G1P

<高校>
■決勝(12日13:00-)
◆富川北高(京畿道)20(15-14)19ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*富川3T1G1P、ソウル3T2G
*前半から富川が攻め8分、WT14のトライで先制(5-0)。さらに14分WT11のPG成功。18分にはWT14の2つ目のトライ、11G 成功で15-0とした。
 ソウル大は、ここから攻め24分、NO8トライしGも決め15-7とした。さらに終了間際CT12のトライ、G成功で15-14と1点差に迫った。
 後半も先に富川が25分にFB15のトライで20-14とし、ロスタイム31分ソウルはPR1がトライを決め20-19としたが、G不成功で試合を終えた。

■準決勝(11日)
◆A組/ソウル大学校師範大(学部)付属高31(14-5)17順天工業高(全羅南道)(13:00-)
*ソウル4T4G1P、順天3T1G

◆B組/東亜マイスター高(大田市)14(0-19)33富川北高(京畿道)(14:15-)
*東亜2T2G、富川北5T2G

■2回戦(9日)
◆A組①仁川工業高(仁川市)14(14-10)17ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:00-)
*仁川2T2G、ソウル3T1G

◆A組②忠北高(忠清北道)10(7-12)24順天工業高(14:30-)
*忠北1T1G1P、順天4T2G

◆B組③釜山体育高(釜山市)19(12-14)29東亜マイスター高(13:45-)
*釜山3T2G、東亜4T3G1P

◆B組④鎮海高(慶尚南道)19(0-35)40富川北高(15:45-)
*鎮海3T2G、富川北6T5G

■1回戦(7日)
◆A組①仁川工業高12(12-10)10オソン高(忠清南道)(11:00-)
*仁川2T1G、オソン1T1G1P

◆A組②慶山高(慶尚北道)17(0-24)36ソウル大学校師範大(学部)付属高(12:15-)
*慶山3T1G、ソウル大6T3G

◆A組③順天工業高31(10-15)15裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*順天5T3G、裡里2T1G1P

◆B組④東亜マイスター高45(21-7)12全南高(光州市)(13:30-)
*東亜7T5G、全南2T1G

◆B組⑤大邱商苑高(大邱市)3(3-15)34富川北高(16:00-)
*大邱1P、富川北5T3G1P

<<2009年第90回大会>>
<一般・大学>
■決勝(26日14:15-)
◆ポスコ鋼板(慶尚北道)27(10-3)6韓国電力(江原道)
*ポスコ3T3G2P、韓電2P
*前半はまったりとしたペースで進む。どちらもゴール前22m手前まで攻めるが、ノッコンなどのミスを連発。
6分、韓国電力がゴール前でPGを得てキックが好調のWTB14呉ユンヒョン(前代表SO)が決め0-3。ポスコはようやく35分、ボールをつなぎ最後はHO2金ジョンオクがポスト左へTを決めた。
GもSOユン・フィス(代表)が成功し7-3と逆転。インジュアリータイム42分にユンがPGを決め10-3で前半終了。
後半最初の得点は韓国電力、10分WTB呉のPG成功で10-6と会場を沸かした。しかし19分にポスコがPG成功で突き放すと(13-3)、そのリスタートのボールをポスコがFW陣で回し、最後は右外にいた快速WTB金亨基(キム・ヒョンギ。7人制代表)へ。キムが40m独走のTを決めG成功で20-6と試合を決定づけた。
さらに終了間際PR3金光植(キム・グァンシク。代表)のTも出て27-6と初優勝を勝ち取った。

■準決勝(24日)
◆A組(13:00-)
◎韓国電力(江原道)28(14-7)7檀国大(忠清南道)
*韓電3T2G3P、檀国1T1G
◆B組(14:40-)
◎ポスコ鋼板(慶尚北道)23(10-11)18尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)
*ポスコ3T1G2P,尚武2T1G2P
■2回戦(22日)
◆A組
◎大心通商(忠清北道)17(10-34)58韓国電力(江原道)(11:00-)
*大心2T2G1P、韓電10T4G
◎啓明大(大邱市)12(7-38)72檀国大(忠清南道)(14:20-)
*啓明2T1G,檀国大12T4G

◆B組
◎延世大(ソウル市)12(0-14)32ポスコ鋼板(慶尚北道)(12:40-)
*延世2T1G,ポスコ5T2G1P
◎尚武.:韓国軍体育部隊(大田市)38(31-17)17三星重工業(慶尚南道)(16:00-)
*尚武5T5G1P,三星2T2G1P

■1回戦(20日)
◆A組
①韓国電力(江原道)103(53-5)5釜山大(釜山市)(11:00-)
*韓電17T9G、釜1T。
②檀国大(忠清南道)59(21-7)10仁川専門大(仁川市)(14:20-)
*檀国9T7G、仁川1T1G1P。

◆B組
③ポスコ鋼板(慶尚北道)86(54-0)22圓光大(全羅北道)(12:40-)
*ポスコ16T3G、圓光4T1G
④三星重工業(慶尚南道)28(15-3)17慶熙大(京畿道)(16:00-)
*三星4T1G2P、慶熙2T2G1P

<高校部>
■決勝(26日13:00-)
◆忠北高(忠清北道)38(14-12)19慶山高(慶尚北道)
*忠北6T4G、慶山3T2G
*09春季リーグ優勝の忠北(チュンブック)と大統領旗大会V慶山(キョンサン)の好調同士の決勝戦となった。特に慶山は全国大会2年連続準優勝のため優勝が欲しい試合。
前半からFWの忠北、BK慶山という特色ある展開で会場が沸いた。先制は忠北、9分、ゴール右で得た反則からSHが自分でボールを持ち出しT、GもFB15呉グァンヨン(3年、延世大へ進学)が決め7-0。15分にも忠北が右ラインアウトを得て得意のモールで押し込みFL6がT、G成功で14-0とした。
ここから慶山が反撃、18分手敵陣10m付近からCTB12が左際を抜けるとラックを作り右へ展開しWTB11がT、14-5に。さらに22分、WTB14が抜けラックをゴール前で作りFL7がポスト左へT、G成功で14-12として前半を終えた。
後半は忠北ペースで始まった。7分、やはりLO→モールを押すとSHからNO8へ。そのままイン・ゴールへ。19-12とした。11分にはSHが2本目のTを決めG成功で26-12と試合を決めた。慶山は終了間際の29分、敵陣ゴール前にキックしたボールを忠北の処理ミスからターンオーバーしCTB13がT,SO10G成功で38-19とするのがやっとだった。

■準決勝(25日)
◆A組(13:00-)
◎忠北高(忠清北道)34(15-10)22ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)
*忠北5T3G1D、ソウル4T1G
◆B組(14:15-)
◎慶山高(慶尚北道)55(36-0)5城南西高(京畿道)
*慶山8T6G1P、城南西1T

■2回戦(23日)
◆A組
◎大邱商苑高(テグ市)5(0-19)29ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)(12:00-)
*大邱1T、ソウル大5T2G
◎全南高(光州市)0(0-27)41忠北高(忠清北道)(14:30-)
*忠北6T4G1D

◆B組
◎慶山高(慶尚北道)52(26-0)0順天工業高(全羅南道)(13:45-)
*慶山8T6G,
◎城南西高(京畿道)22(5-10)20東亜工業高(大田市)(15:45-)
*城南西4T1G、東亜3T1G1P

■1回戦(21日)
◆A組
①大邱商苑高(テグ市)24(14-0)19釜山南高(釜山市)(11:00-)
*テグ4T2G、釜山3T2G
②ソウル大学校師範大(学部)付属高(ソウル市)60(47-3)6鎮海高(慶尚南道)(12:15-)
*ソウル大9T6G1P、鎮海2P
③忠北高(忠清北道)52(24-5)5裡里工業高(イリ・全羅北道)(14:45-)
*忠北8T6G、イリ1T

◆B組
④慶山高(慶尚北道)27(10-5)15仁川工業高(仁川市)(13:30-)
*慶山3T3G2P、仁川3T
⑤城南西高(京畿道)20(20-3)10オソン高(忠清南道)(16:00-)
*城南西3T1G1P、オソン1T1G1P

<<2008年第89回大会>>
<大学・社会人。全13チーム>
■決勝(10月16日14:45-)
◆尚武:韓国軍体育部隊(サンム。全羅南道。07年1位)
33(19-0)5
韓国電力(ハンジョン。江原道)
*尚武5T4G、韓電1T
◎得点経過
(前半)
1:2分、尚武WTB14/ノ・ピョングァンがトライ。
2:5分、尚武FL7/李ジェウォンがトライ。G成功、SO/オ・ユンヒョン。
3:31分、尚武CTB12/金ウァンヨンがトライ。G成功。
(後半)
1:5分、尚武PR3/ホ・ウンがトライ。WTB11/チョ・インスをフォローしパスを受ける。G成功。
2:9分、韓電LO4/金桐鮮が右隅にトライ。
3:12分、尚武WTB11がトライ。SO10のキックパスにFB22/チェ・ジェヨンが反応し拾い11はパス。G成功。

■準決勝(15日)
◆韓国電力23(15-6)18三星重工業(サムソン。慶尚南道。今季2冠)(13:30-)
*韓電3T1G1P1D、三星2T1G2P

◆尚武11(6-3)9浦項鋼板(ポスコ。慶尚北道。06&07年2位)(15:10-)
*尚武1T2P、浦項3P

■準々決勝(14日)
◆A組:三星重工業66(25-14)14大心通商(テシム。忠清北道)(11:00-)
*三星10T5G1P1D、大心2T2G

◆B組:韓国電力76(40-0)5圓光大(ウォングァン。全羅北道。大学2部)(14:20-)
*韓電12T8G、ウォン1T

◆C組:浦項鋼板41(29-5)22延世大(ヨンセ。ソウル市。今季2冠)(12:40-)
*浦項6T4G1P、延世3T2G1P

◆D組:尚武55(34-0)14檀国大(ダンクック。忠清南道)(16:00-)
*尚武8T6G1P、檀国2T2G

■1回戦(12日)
◆A組①大心通商77(36-8)釜山大(釜山市。大学2部)(10:00-)
*テシム14T7G、釜山1T1P

◆A組②慶煕大(キョンヒ。京畿道)0(0-14)47(11:40-)
*三星7T3G2P

◆B組①仁川専門大(インチョンチョンモン。仁川市。大学2部)5(5-50)65韓国電力(15:00-)
*仁川1T、韓国電10T5G1D

◆C組①忠南大(チュンナム。大田。大学3部以下)8(5-45)69延世大(13:20-)
*チュンナム1T1P、延世11T7G

◆D組①啓明大(ケミョン。大邱。大学3部以下)5(0-15)35檀国大(16:40-)
*ケミョン1T、檀国6T1G1P

<高校。13チーム>
■決勝(16日13:00-)
◆富川北高(プチョンブック。京畿道。今季2冠)
14(7-3)8慶山高(キョンサン。慶尚北道)
*富川北2T2G、慶山1T1P
■準決勝(15日)
◆富川北高14(7-0)12ソウル大師範付属高(サデ。ソウル市。07年1位)(11:00-)
*富川2T2G、ソウル2T1G

◆慶山高57(33-0)3裡里工業高(イリ。全羅北道)(12:15-)
*慶山9T6G、イリ1P

■準々決勝(13日)
◆A組:忠北高(チュンブック。忠清北道)19(5-6)25富川北高(12:00-)
*忠北3T2G、富川北3T2G2P

◆B組:ソウル大師範付属高68(36-0)0鎮海高(チンヘ。慶尚南道)(14:30-)
*ソウル12T4G

◆C組:慶山高41(31-10)17東亜工業高(トンア。大田市)(13:15-)
*慶山6T4G1P、東亜2T2G1P

◆D組:裡里工業高15(3-5)8順天工業高(スンチョン。全羅南道)(15:45-)
*イリ2T1G1P、順天1T1G

■1回戦(11日)

◆A組①忠北高41(15-5)5仁川機械工業高(インチョンキフェ。仁川市)(11:00-)
*忠7T3G、仁1T

◆A組②富川北高54(25-5)10大邱商苑高(テグサンウォン)(12:00-)
*富10T2G、大2T

◆B組①釜山南高(釜山市)0(0-55)74ソウル大師範付属高(14:45-)
*ソ12T7G

◆C組①慶山高70(41-5)5オソン高(忠清南道)(13:30-)
*慶10T4G4D、オ1T

◆D組①裡里工業高42(21-0)5全南高(チョンナム・光州市)(16:00-)
*イリ6T6G、全1T

<<2007年以前>>
<一般・大学>
■07年
◆決勝 尚武(光州市)39(17-10)10韓国電力(江原道)
◆準決勝 尚武72(52-3)16忠南大(チュンナム。大田市)、韓国電力24(3-7)22浦項鋼板(ポハン。慶尚北道)

■06年
◆決勝 高麗36(12-16)26ポハン
◆準決勝 慶煕大13(5-21)41高麗大、釜山大25(10-43)64ポハン

■05年
◆決勝 三星28-23ポハン。三星が10連覇達成。
◆準決勝 三星66-31慶煕大、ポハン32-25高麗大

■04年 
◆決勝 三星29-18尚武
◆準決勝 三星26-19ポハン、尚武24-20檀国大
    
■03年
◆決勝 三星49-3韓国電力
◆準決勝 三星34-8檀国大、韓国電力19-13尚武

<高校>
■2007年
◆決勝 ソウル大師範大付属高(ソウル市)32(24-5)20慶山高(キョンサン。慶尚北道)
◆準決勝 ソウル大付属高31(21-17)24忠北高(チュンブック。忠清北道)、慶山高47(22-5)5裡里工業高(イリ。全羅北道)

■06年
◆決勝 養正27(10-5)10慶山
◆準決勝 テグ商苑13(8-14)26養正、仁川機械19(0-17)29慶山

■05年
◆決勝 白新31-20養正
◆準決勝 白新22-10テグ商苑、養正39-8東亜工業

■04年決勝 テグ商苑20-15富川北
■03年決勝 テグ商苑11-3富川北


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2013

アジアセブンズ、香港が優勝(インド大会)

 「HSBC アジアセブンズシリーズ 2013」の第3ラウンド、インドセブンズが10月12日~13日、行われ決勝で香港が日本を24-14で下しシリーズ初優勝。日本は3大会連続制覇を逃しました。
  韓国は12日のプール戦で2勝しプールB1位となりカップトーナメント準々決勝に臨みましたがD2位マレーシアに12-26敗れ、プレート準決勝でもタイに破れ(0-8)、7位となりました。
 
<<HSBC アジアセブンズシリーズ 2013、タイセブンズ>>
■決勝(13日)
◆香港24(14-7)14日本

■準決勝
◆日本19(12-0)0マレーシア
◆香港33-19スリランカ(C1)

■3位決定戦
◆スリランカ31-10マレーシア

■準々決勝
◆日本(A1)38-0タイ(C2)
◆マレーシア(D2)26-12韓国(B1)
◆香港(D1)28-0シンガポール(B2)
◆スリランカ(C1)12-5フィリピン(A2)

■プレート決勝(5-8位決定トーナメント)
◆フィリピン29-7タイ

■プレート準決勝
◆タイ8-0韓国
◆フィリピン26-0シンガポール

■7-8位決定戦
◆韓国26-5シンガポール

■ボウル決勝(9-12位)
◆台湾17-12中国

■11-12位決定戦
◆カザフスタン19-14イラン

■シールド決勝(13-14位)
◆インド22-0UAE

■プール(12日)
◆A日本28-5中華台北
◆日本39-7フィリピン
◆フィリピン31-7中華台北

◆B韓国41-5シンガポール
◆韓国35-0カザフスタン
◆シンガポール14-0カザフスタン

◆Cスリランカ55-7UAE
◆スリランカ28-5タイ
◆タイ31-14UAE

◆D香港40-5中国
◆香港36-12マレーシア
◆マレーシア14-7中国

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2013

青学が慶應を下す!

 10月12日からの国内ラグビー。 トップリーグ(TL)は休み。
 トップ九州はサニックス対マツダの全勝対決をサニックスが47-12で制した。
 大学ラグビーでは関東大学対抗戦で青山学院大が前半から慶應をDF、FWで圧倒し24-18で破り1勝目。16季ぶりの勝利でした。
 関西リーグが2週目。こちらも混戦。
 
<<トップイースト>>
■第4節
◆日野自動車17-34ヤクルト(12日、ヤクルト)
*日野2T2G1P(1)、ヤクルト4T4G2P(10)
◎日野SO10金原用(キム・ウォンヨン、김원용、ポスコ建設、檀国大)
13914hkim

◎日野FL李基桓(イ・ギファン、이기환、檀国大)
13914hinolee

◆三菱重工業相模原64(33-14)17日本IBM(三菱)
*三菱10T7G(20)、IBM2T2G1P(0)
◎三菱NO8李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)

◆釜石SW25-18栗田工業(13日、熊谷)
*釜石3T2G2P(19)、栗田2T1G2P(11)

◆横河武蔵野46-26東京ガス(ガス)
*横河6T5G2P(18)、ガス4T3G(16)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)
13914ykyon
13914ykyon2
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
13914ykcyo
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、同志社大、大阪朝鮮高)

◆セコム24-52秋田NB(秋田)
*セコム(0)、秋田(5)
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。

<<トップウェストA>>
■第4節
◆JR西日本14-56中部電力(6日、宝が池)
*西日本(0)、中部(5)

Honda
大阪府警
*Honda(10)、府警(5)
◎HondaSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)。

中部(0)、JR西日本(0)

<<トップキュウシュウA>>
■第4節
◆新日鉄八幡19-52JR九州(12日、福岡)
*八幡3T(0)、九州8T(5)

◆福岡サニックス47(14-7)12マツダ(13日、サニックスG)
*サニックス7T(20)、マツダ2T1G(15)
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、황철수朝鮮大、東京朝鮮)。
◎サニックスCTB権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁帝京大、朝明高、韓国/慶山高)

◆三菱重工長崎47(26-12)27鹿児島銀行(鹿児島)
*三菱7T(5)、鹿児島5T(1)

◆中国電力、中国(15)

<<関東大学対抗戦A>>
■第5節
◆慶應大18(6-14)24青山学院大(13日、秩父宮)
*慶應2T1G2P(2勝1敗)、青山3T3G1P(1勝2敗)

◆早稲田大70(39-0)7成蹊大(熊谷)
*早稲田12T5G(3勝)、成蹊1T1G(3敗)
◎早稲田FL金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)。1T
Wkimtry
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

*帝京(3勝)、日体(3敗)
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)

◆筑波大、明治大
*筑波(1勝2敗)、明治(2勝1敗)

<<関東大学リーグ戦>>
■第5節
◆東海大77(17-10)17日本大(12日、熊谷)
*東海12T7G1P(2勝1敗9)、日大2T2G1P(2勝1敗9)

◆流通経済大46(17-7)19大東文化大(13日、たつのこF)
*流経6T5G2P(3勝12)、大東3T2G(1勝2敗6)

*中央(3勝12)、立正(3敗3)

◆拓殖大
*拓殖(3敗3)、
◎拓殖PR具智元(グ・ジウォン、구지원1年、日本文理、韓国)。
T32

◎拓殖SO具智允(グ・ジユン、구지윤2年、日本文理、韓国)。
T211

◎拓殖WTB姜秉周(カン・ピョンジュ、강병주1年、日本文理、韓国)
Tkan

*法大(1勝2敗6)
◎法政CTB12金勇輝(キン・ユンヒ、3年、大阪朝鮮)

<<関東大学リーグ3部>>
■第3節
◆埼玉工業大69(38-0)0城西大(12日、熊谷C)
*埼工大11T7G(3勝12)、城西(1勝2敗7)

◆東京農業大52(2-0)12東京理科大(13日、農大)
*農大8T6G(2勝1敗9)、理科大2T1G(3敗3)

◆朝鮮大45(19-12)29国際武道大
*朝大7T5G(3勝12)、武道大4T3G1P(1勝2敗6)

◆東京工業大34(24-10)24防衛大(防衛大)
*東工大4T4G2P(2勝1敗9)、防大4T2G(3敗3)

<<関西大学Aリーグ>>
■第2節(13日)
◆大阪体育大17(12-17)46立命館大(花園)
*体大3T1G(1勝1敗)、立命6T5G2P(2勝)
◎体大PR1王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문、4学年、韓国/養正中)。1T
・0-14の前半29分。体大は立命陣内ゴール前ラインアウト内で立命の反則から右に回し王がボールをもらい10M前進しポスト中央にトライ。G成功し7-14とした。

◆天理大7(0-7)21同志社大
*天理1T1G(2敗)、同大3T3G(1勝1敗)
◎天理FL6李淳也(リ・ジュンヤ、2年、常翔啓光)

◆京都産業大37(11-0)0近畿大(花園2)
*京都5T3G2P(2勝)、近大(2敗)
◎京都FL7李智栄(リ・チヨン、1年、大阪朝鮮)
◎京都SH9梁正秋(リャン・ジョンチュ、3年、大阪朝鮮)
◎京都PR16金亨志(キム・ヒョンジ、2年、大阪朝鮮)
◎近大SH21金孝玟(リ・ヒョムン、4年、大阪朝鮮)

◆関西学院大54(19-0)5関西大
*関学8T7G(1勝1敗)、関大1T(1勝1敗)
◎関学LO5金茂雄(キン・シゲオ、3年、尾道)
◎関学FB15高陽日(コウ・ヤンイル、3年、大阪朝鮮)
◎関学HO18金寛泰(キム・ガンテ、3年、大阪朝鮮)

<<TOP LEAGUE2013-14>>
■第5節(10月5日~10月6日)
<A>1:サントリー、2:NEC、3:神戸、4:トヨタ、5:NTTコム、6:NTTドコモ、7::織機、8:九電
◆NTTコム28(21-5)NTTドコモ(5日、花園)
*コム4T4G(14)、ドコモ3T1G(10)

◎ドコモPR18許雄(ホ・ウン、延世大)後半22分。
Dhon1
「まだ新しいスクラムの組み方ができていない」

◎ドコモFL20金栄馬大(キム・ヨンデ)後半30分。
Dkim1
Dkimsc
「公式戦は去年12月のリコー戦で肩を痛めて以来です。今年も春に膝をケガしてようやく出場できた。今、TLはジャッカルよりもカウンターラックで見極めることが主で、自分もジャッカルにいくよりもこの動きをしています」

◎ドコモPR張泰堉(関西学院大、大阪朝鮮高)。

◆NEC28(20-0)15九州電力(ニンスタ)
*NEC4T1G2P(20)、九電3T(0)
◎NEC/PR23金光植(キム・グァンシク、김광식、高麗大)後半22分。
Neckimgate
「ケガは治りました。リハビリからの復帰なのでフィットネスはまだ足りません。新しいスクラムの組み方には対応しています」

◆サントリー24(21-7)17豊田自動織機(6日、花園)
*サントリー3t3G1P(21)、織機2T2G1P(6)
◎サントリーFL朴淳彩(パク・スンチェ、박순체、 POSCO、慶煕大)。
Sun19p12
写真提供:松本かおりさん
◎サントリーPR申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、福岡サニックス、NZクライストチャーチ高校
◎織機LO鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、帝京大)。

◆神戸10(10-15)43トヨタ自動車(花園)
*神戸1T1G1P(19)、トヨタ6T5G1P(14)

<B>1:ヤマハ、2:パナソニック、3:東芝、4:近鉄、5:クボタ、6:キヤノン、7:リコー、8:コーラ
◆パナソニック39(15-0)5コカ・コーラ(5日、熊谷)
*パナ6T3G1P(18)、コーラ1T(3)
◎パナFL/LO19劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、檀国大)後半8分。
Yonnamu
*撮影/松本かおりさん

◆近鉄35(21-7)19リコー(花園)
*近鉄5T5G(12)、リコー3T2G(8)
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원、大阪体育大)後半26分。
「コンディションはいいです」
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、帝京大)

◆東芝17(10-5)33ヤマハ(盛岡南)
*東芝2T2G1P(18)、ヤマハ5T4G(21)
◎東芝LO金光紋(イ・グァンムン、이광문、トヨタ、韓国電力、サントリー、高麗大。負傷中)
「(8月のサントリーB戦で右腕前腕部を骨折)。右腕にはボルトが入っています。10月に検査してボルトを抜く予定。練習もあたりがないものをしています」
◎東芝WTB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、三星重工業、東芝、高麗大)
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、朝鮮大)。後半1分1T。

◆キヤノン24(10-20)37クボタ(同)
*キヤノン3T3G1P(10)、クボタ5T3G2P(11)
◎クボタSH李明根(り・ミョングン、이명근、ワールド、三星SDI、延世大)
「SH井上はいいですね。立川とも高校、大学とコンビで連携ができています。WTBで出ましたが初めての経験でした」
◎クボタHO朴誠球(パク・ソング、박성구、NEC、ヤマハ、延世大)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2013

ヤマハが東芝破り首位。帝京大は23トライ147点!

 10月5日からの国内ラグビー。ナイターは先週で終わり。今週からは昼間の対戦ですね。
 トップリーグ(TL)は第5節。プールAで、NTTコム対ドコモのNTTダービーが花園で5日開催。毎年、両社の社員動員と応援風景が見もの。結果は前半から猛攻をかけ4Tを奪ったコムが28-17で勝ちました。
 首位の神戸はトヨタに敗れ、2位サントリーは、豊田自動織機に24-17で辛勝で首位に。
 プールBは4連勝中の1位・東芝と2位・ヤマハの対戦。ヤマハが後半CTBサウ、FB五郎丸の連続トライで逆転、点差を広げ33-17で快勝。B組首位になりました。

 大学ラグビーでは関東対抗戦で昨年1位の筑波大と明治大戦、筑波が8T5Gで50-10。王者・帝京大は日体大から23T16Gを奪い147-0で完勝。147点は関東大学対抗戦歴代7位の得点。
写真は帝京、後半40分、FL6マルジーンT後(145点)、ゴールを決めるWTB14松田力也。これで147点に。松田自身も4T1Gをあげました。
T147gt14

<<TOP LEAGUE2013-14>>
■第5節(10月5日~10月6日)
<A>1:サントリー、2:NEC、3:神戸、4:トヨタ、5:NTTコム、6:NTTドコモ、7::織機、8:九電
◆NTTコム28(21-5)NTTドコモ(5日、花園)
*コム4T4G(14)、ドコモ3T1G(10)

◎ドコモPR18許雄(ホ・ウン、延世大)後半22分。
Dhon1
「まだ新しいスクラムの組み方ができていない」

◎ドコモFL20金栄馬大(キム・ヨンデ)後半30分。
Dkim1
Dkimsc
「公式戦は去年12月のリコー戦で肩を痛めて以来です。今年も春に膝をケガしてようやく出場できた。今、TLはジャッカルよりもカウンターラックで見極めることが主で、自分もジャッカルにいくよりもこの動きをしています」

◎ドコモPR張泰堉(関西学院大、大阪朝鮮高)。

◆NEC28(20-0)15九州電力(ニンスタ)
*NEC4T1G2P(20)、九電3T(0)
◎NEC/PR23金光植(キム・グァンシク、김광식、高麗大)後半22分。
Neckimgate
「ケガは治りました。リハビリからの復帰なのでフィットネスはまだ足りません。新しいスクラムの組み方には対応しています」

◆サントリー24(21-7)17豊田自動織機(6日、花園)
*サントリー3t3G1P(21)、織機2T2G1P(6)
◎サントリーFL朴淳彩(パク・スンチェ、박순체、 POSCO、慶煕大)。
Sun19p12
写真提供:松本かおりさん
◎サントリーPR申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、福岡サニックス、NZクライストチャーチ高校
◎織機LO鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、帝京大)。

◆神戸10(10-15)43トヨタ自動車(花園)
*神戸1T1G1P(19)、トヨタ6T5G1P(14)

<B>1:ヤマハ、2:パナソニック、3:東芝、4:近鉄、5:クボタ、6:キヤノン、7:リコー、8:コーラ
◆パナソニック39(15-0)5コカ・コーラ(5日、熊谷)
*パナ6T3G1P(18)、コーラ1T(3)
◎パナFL/LO19劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、檀国大)後半8分。
Yonnamu
*撮影/松本かおりさん

◆近鉄35(21-7)19リコー(花園)
*近鉄5T5G(12)、リコー3T2G(8)
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원、大阪体育大)後半26分。
「コンディションはいいです」
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、帝京大)

◆東芝17(10-5)33ヤマハ(盛岡南)
*東芝2T2G1P(18)、ヤマハ5T4G(21)
◎東芝LO金光紋(イ・グァンムン、이광문、トヨタ、韓国電力、サントリー、高麗大。負傷中)
「(8月のサントリーB戦で右腕前腕部を骨折)。右腕にはボルトが入っています。10月に検査してボルトを抜く予定。練習もあたりがないものをしています」
◎東芝WTB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、三星重工業、東芝、高麗大)
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、朝鮮大)。後半1分1T。

◆キヤノン24(10-20)37クボタ(同)
*キヤノン3T3G1P(10)、クボタ5T3G2P(11)
◎クボタSH李明根(り・ミョングン、이명근、ワールド、三星SDI、延世大)
「SH井上はいいですね。立川とも高校、大学とコンビで連携ができています。WTBで出ましたが初めての経験でした」
◎クボタHO朴誠球(パク・ソング、박성구、NEC、ヤマハ、延世大)

<<トップイースト>>
■第3節
◆釜石SW71-5日野自動車(5日、釜石)
*釜石11T8G(15)、日野1T(0)
◎日野SO10金原用(キム・ウォンヨン、김원용、ポスコ建設、檀国大)
13914hkim

◎日野FL李基桓(イ・ギファン、이기환、檀国大)
13914hinolee

◆三菱重工相模原68-0秋田NB(6日、秋田)
*三菱10T9G(15)、秋田(0)
◎三菱NO8李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。

◆横河武蔵野16-7栗田(栗田G)
*横河1T1G3P(13)、栗田1T1G(10)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)
13914ykyon
13914ykyon2

◎横河FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
13914ykcyo

◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、同志社大、大阪朝鮮高)

◆東京ガス60-8セコム(ガスG)
*ガス10T5G(15)、セコム1T1P(0)

◆ヤクルト43-0日本IBM(ヤクルトG)
*ヤクルト6T5G1P(5)、IBM(0)

<<トップウェストA>>
■第4節
◆JR西日本14-56中部電力(6日、宝が池)
*西日本(0)、中部(5)

Honda
大阪府警
*Honda(10)、府警(5)
◎HondaSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)。

中部(0)、JR西日本(0)

<<トップキュウシュウA>>5-6日はなし。
■第4節
◆新日鉄八幡-JR九州(12日、福岡)
*八幡、九州(0)

◆福岡サニックス-マツダ(13日、サニックスG)
*サニックス(15)、マツダ(15)
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、황철수朝鮮大、東京朝鮮)。
◎サニックスCTB権正赫(クォン・ジョンヒョク、권정혁帝京大、朝明高、韓国/慶山高)

◆三菱重工長崎-鹿児島銀行(鹿児島)
*三菱(0)、鹿児島(0)

◆中国電力、中国(15)

<<関東大学対抗戦A>>
■第4節
◆帝京大147(66-00日本体育大(6日、上柚木)
*開始早々から帝京がアタック。
Tatak1
*帝京23T16G(3勝)、日体(3敗)
*前半2分、WTB11磯田泰成先制T(磯田は6T)
T11senseit
*SO10中村亮土もGを決める(1T15)
T10g1
*前半5分、FB竹田宣純がチーム2つ目のT
T15try
*WTB14松田のTT14try
*後半5分、HO2森川由紀乙は3T
T22try
*後半14分、SH流大がTしG決まり99-0に。
T9try
*後半19分、FL6マルジーンのTとG成功で106-0.マルジーンはは6T
T6try
*後半31分、PR1武井勝彦もパスを受けゴール下に飛び込む。130-0
T2try

◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
「80分間、ミスもなく集中してできました。FW周辺へ短いパスをつないでいくアタックが有効でした」
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)

◆筑波大50(24-10)10明治大(熊谷)
*筑波8T5G(1勝2敗)、明治2T(2勝1敗)

◆早稲田(2勝)
◎早稲田FL金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
Wkimtry
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆慶應大*慶應(2勝)、青山(2敗)

<<関東大学リーグ戦>>
■第4節
◆中央大21(3-3)3立正大(6日、上柚木)
*中央前半のアタック
Catk
*中央、前半21分SO10浜岸が先制PG
C10senseipg
*中央、後半43分、ゴール前立正ボールスクラムをターンオーバーし、ラックからLO5井坂がゴールラインを越えた。
C5try
*中央2T1G3P(3勝/勝ち点12)、立正1P(3敗3)

◆拓殖大7(7-24)36大東文化大(群馬県営)
*拓殖1T1G(3敗3)、大東6T3G(1勝1敗5)
◎拓殖PR3具智元(グ・ジウォン、구지원1年、日本文理、韓国)。
T32

◎拓殖SO21具智允(グ・ジユン、구지윤2年、日本文理、韓国)。
T211

◎拓殖WTB姜秉周(カン・ピョンジュ、강병주1年、日本文理、韓国)
Tkan

◆流通経済大27(14-10)17法政大
*流通経済大3T3G2P(2勝8)、法大2T2G1P(1勝2敗6)
◎法政CTB12金勇輝(キン・ユンヒ、3年、大阪朝鮮)

東海大(1勝1敗5)

<<関東大学リーグ3部>>
■第3節
◆埼玉工業大-城西大(12日、熊谷C)
*埼工大

◆東京理科大-東京農業大(13日、農大)

◆朝鮮大-国際武道大
*朝大、

◆防衛大-東京工業大(防衛大)
*防大、東工大

<<関西大学Aリーグ>>
■第2節(13日)
◆大阪体育大-立命館大(花園)
*体大、立命
◎体大PR王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문、4学年、韓国/養正中)

◆天理大-同志社大
*天理、同大
◎天理FL李淳也(リ・ジュンヤ、2年、常翔啓光)

◆京都産業大-近畿大(花園2)
*京都
◎京都FL李智栄(リ・チヨン、1年、大阪朝鮮)
◎京都SH梁正秋(リャン・ジョンチュ、3年、大阪朝鮮)
◎京都PR金亨志(キム・ヒョンジ、2年、大阪朝鮮)

◆関西学院大-関西大
*関学、関大
◎関学LO金茂雄(キン・シゲオ、3年、尾道)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2013 | Main | November 2013 »