« December 2013 | Main | February 2014 »

January 30, 2014

TLパナソニックサントリーが決勝へ

 今週末は早くも2月ですね。
 2月1日からのラグビー。
 TLプレーオフ準決勝で4強が対決。1日のパナソニック対東芝戦。パナLO4番劉永男(ゆ・ヨンナム)と東芝LO19李光紋(イ・グァンムン)の韓国代表のマッチアップが実現!
Leeyu1
 試合は前半からパナが優勢、8トライを奪い55対15で圧勝。9日の決勝へ進出しました。
録画を見ましたが東芝の小さなミスをパナがチャンスにつなげた結果でした。パナのベテランのスキルも光っていましたね。
 2日はサントリー対神戸。サントリーが後半、逆転された後のリスタートで攻撃をしかけこの日、初先発NO8小澤がトライラインを越えて逆転しました(22対19)。
Dscf9170
Dscf9171
 ロスタイムにも神戸インゴールのミスからトライし27対19で勝ち3連覇に王手をかけた。

 またTL5位から10位が日本選手権出場枠2を争うワイルドカード(WC)も開催。
 1日の花園であったNEC対クボタ戦。現在、大阪体育大で合宿中の韓国・高麗大ラグビー部が観戦しました。高麗大OBのNECPR3金光植(キム・グァンシク)は働かないといけませんね。 
 そのNECはクボタを47対10で破り次週の決定戦へ。相手はヤマハです。
2日目は近鉄、トヨタが勝ち決定戦へ。
<<トップリーグプレーオフ>>
■決勝(2月9日、秩父宮)
◆L1位・パナソニック-L2位サントリー
*パナ、サントリー
◎パナLO劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、檀国大)
◎サントリーLO朴淳彩(パク・スンチェ、박순체、 POSCO、慶煕大)
「右足首を負傷。日本選手権から出場したい」
Sun19
◎サントリーPR申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、福岡サニックス、NZクライストチャーチ高校)

■準決勝
◆L1位・パナソニック55(22-8)15L4位・東芝(2月1日、秩父宮)
*パナソニック8T3G3P、東芝2T1G1P
◎パナLO4劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、檀国大)。
P411
P421

◎東芝LO19金光紋(イ・グァンムン、이광문、トヨタ、韓国電力、サントリー、高麗大)。後半から
T1911
◎東芝WTB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、三星重工業、東芝、高麗大)
Dscf8599

◆2位・サントリー27(14-12)19L3位・神戸(2日、秩父宮)
*サントリー4T2G1P、神戸3T2G
*神戸は前半7分、SO正面がサントリーDFを振り切り先制トライするも逆転負け。
Dscf9114
◎サントリーLO朴淳彩(パク・スンチェ、박순체、 POSCO、慶煕大)
◎サントリーPR申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、福岡サニックス、NZクライストチャーチ高校)

<<第51回日本選手権TLワイルドカード(WC)>>
■1回戦
◆NEC47(20-3)10クボタ(2月1日、花園)
*NEC6T4G3P、クボタ1T1G1P
◎NECPR3金光植(キム・グァンシク、김광식、POSCO-高麗大)。
◎クボタSH李明根(り・ミョングン、이명근、ワールド、三星SDI、延世大)。
Dscf7320
◎クボタHO朴誠球(パク・ソング、박성구、NEC、ヤマハ、延世大)
Dscf7316

◆ヤマハ46(18-0)0豊田自動織機
*ヤマハ6T5G2P、織機
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、朝鮮大)
◎織機LO4鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、帝京大)。

◆キヤノン25(15-24)41近鉄(2日、瑞穂)
*キヤノン4T1G1P、近鉄5T5G2P
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원、大阪体育大)。後半32分1トライ
◎近鉄WTB11李陽(中国農業大)。前半37分1トライ。
◎近鉄PR17鄭貴弘(チョン・キホン、近畿大)
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、帝京大)

◆トヨタ自動車32(22~10)17リコー
*トヨタ4T3G2P,リコー2T2G1P

■2回戦
◆ヤマハ-NEC(8日、花園)
◎ヤマハWTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、朝鮮大)
◎NECPR金光植(キム・グァンシク、김광식、POSCO-高麗大)。

◆トヨタ自動車-近鉄
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원、大阪体育大)。後半32分1トライ
◎近鉄WTB11李陽(中国農業大)。前半37分1トライ。
◎近鉄PR17鄭貴弘(チョン・キホン、近畿大)。後半から。
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、帝京大)

<<第51回日本選手権>>
■1回戦(2月16日)
◆1TL準決勝敗退-筑波大(花園)

◆2帝京大-TLWC(秩父宮)

◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
Dscf8678
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。

◆3早稲田大-TLWC(秩父宮)
◎早稲田FL金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
「日本選手権はいったん休みポテンシャルをもっていきたい」
Dscf8725
◎早稲田FB藤田(日本代表)
「日本選手権は代表選手がいるトップリーグと対戦できる。自分がどれだけ通用するか楽しみです」

◆4TL準決勝敗退-慶應大(花園)

■2回戦(23日、秩父宮)
◆1回戦1-2勝者

◆1回戦3-4勝者

■準決勝(3月1日、駒沢又は花園)

■決勝(3月9日、国立)

<<トップリーグ入れ替え戦>>
◆コカ・コーラ-TC1・3位三菱重工相模原(2月8日、レベスタ)
*コーラ、

◆NTTコム-TC1・4位横河武蔵野(15日、熊谷)
*コム

◆NTTドコモ-TC1・2位Honda(花園)
*ドコモ
◎ドコモFL7金栄馬大(キム・ヨンデ)。
Dkim1
◎ドコモPR18許雄(ホ・ウン、延世大)
Dhon1
◎ドコモPR張泰堉(関西学院大、大阪朝鮮高)。

<<トップリーグチャレンジ1(C1)>>
■第3節(1月26日、花園)
◆三菱重工相模原63(21-5)10横河武蔵野
*三菱9T9G、横河2T
◎三菱FL李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大)
Dscf9011
「(古傷の)右足膝を痛めました」。Honda戦(19日)は前半28分で退場。

◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
Dscf7479
「第1節の右足首ケガで治療中」
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
Dscf7514

◆Honda16(6-13)30福岡サニックス
*Honda1T1G3P、サニックス3T3G3P
◎HondaSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
Dscf9063
「サニックスは強い相手ですが勝ってトップリーグへ。チームコンディションは良い状態」
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)
◎サニックスLO19黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)
写真右。
Dscf8886

■第2節(1月19日、駒沢)
◆福岡サニックス113(52-7)7横河武蔵野
*サニックス17T14G、横河1T1G
◎サニックスFB高健二(コ・ゴンイ、고건이, 千里馬C-関東学院大-大阪朝鮮高)
◎サニックスLO4黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)。
◎サニックスCTB權正赫(クォン・ジョンヒョッ、권정혁,帝京大-朝明高。韓国)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。前半19分、インターセプトから1T。

◆三菱重工相模原19(12-11)28Honda
*三菱3T2G、Honda3T2G2P1D
◎三菱FL6李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)
◎HondaSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)

■第1節(1月12日、レベスタ)
◆Honda80(38-3)8横河武蔵野
*Honda11T1G1P、横河1T1P
◎HondaSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)。前半1T.
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)

◆福岡サニックス34(11-10)20三菱重工相模原
*サニックス3T2G4P1P、三菱2T2G2P
◎サニックスFB15高健二(コ・ゴンイ、고건이, 千里馬C-関東学院大-大阪朝鮮高)
◎サニックスLO18黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)。出場なし。
◎サニックスCTB權正赫(クォン・ジョンヒョッ、권정혁,帝京大-朝明高。韓国)
◎三菱FL6李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)

<<TOP LEAGUE2013-14>>
<2NDステージ>
{A}
パナソニック(36+119)、サントリー(32+92)、神戸(24+29)、東芝(21+30)、ヤマハ(19-9)、トヨタ(10-61)、キヤノン(7-120)、NEC(7-80)
{B}
クボタ(27+63)、近鉄(27+29)、リコー(25+67)、豊田自動織機(23-5)、NTTコム(20-52)、コカ・コーラ(19-18)、NTTドコモ(14-8)、九州電力(12-76)

<<トップリーグチャレンジ2(C2)>>
◆横河武蔵野33(21-10)10中部電力(23日、秩父宮)
*横河5T4G(6、+6)、中部1T1G1P(5、-11)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)

◆横河武蔵野24(17-24)41マツダ(15日、コカ広島)
*横河4T2G(1)、マツダ5T5G2P(6、+5)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。前半1T。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、同志社大、大阪朝鮮高)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

◆中部電力39-27マツダ(12月7日、瑞穂)
*中部6T3G1P(5)、マツダ4T2G1P(1)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)


<<第50回大学選手権>>
<トーナメント>
■決勝戦(14年1月12日、国立)
◆帝京大41(12-10)34早稲田
*帝京6T4G1P、早稲田5T3G1P
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
◎早稲田FB藤田(日本代表)
「日本選手権は代表選手がいるトップリーグと対戦できる。自分がどれだけ通用するか楽しみです」

■準決勝戦(1月2日、国立)
◆早稲田大29(10-8)11筑波大
*早稲田4T3G1P、筑波1T2P
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)。前半1T。
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆帝京大45(10-7)14慶應大
*帝京7T5G、慶應2T2G
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO19金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
Dscf8208
「いいものはあるけど、李聖彰の後を継ぐにはまだまだ。」(岩出監督)
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。

<2ND STAGE グループリーグ戦>12月8、15、22日
☆A/帝京大21、大東文化大13、関西学院大7、朝日大0
☆B/筑波大18、流通経済大15、同志社大9、日本大0
☆C/慶應大13、明治大12、、立命館大11、東海大9
☆D/早稲田大20、京都産業大13、中央大9、大阪体育大3

<<TOPリーグ 1ST STAGE>>
<A>1:サントリー(30)、2:NEC(25)、3:神戸(24)、4:トヨタ(22)、5:NTTコム(19)、6:NTTドコモ(10)、7:織機(11)、8:九電(0)
<B>1:パナソニック(28)、2:ヤマハ(25)、3:東芝(23)、4:キヤノン(20、+26)、5:クボタ(20、-4)、6:近鉄(13)、7:リコー(9)、8:コーラ(6)

<<トップイースト>>
<順位>1:三菱相模原(45)、2:横河(37)、3:釜石(34)、4:栗田(29)、5:東ガス(26)、6:ヤクルト(18)、7:日野(16)、8:秋田(10)、9:IBM(5)、10:セコム(4)

◎日野WTB14金原用(キム・ウォンヨン、김원용、ポスコ建設、檀国大)。
Dscf6434
「来年も日野でラグビーをプレーしてTLへ上がりたい」
◎日野FL李基桓(イ・ギファン、이기환、檀国大)
13914hinolee
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。
Dscf6501

<<トップウェストA>>
1:Honda、2:中部電力、3:大阪府警、4:JR西日本

<<トップキュウシュウA>>
<順位>1:福岡サニックス、2:マツダ、3:中国電力、4:JR九州、5:鹿児島銀行、6:三菱重工長崎、7:新日鉄八幡

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 26, 2014

福岡サニックスがTL自動昇格!

 1月25日からのラグビー。
 トップリーグ昇格を賭けた地域リーグ1位(三菱重工相模原、Honda、サニックス)+2位リーグVの横河武蔵野が加わったチャレンジシリーズ(TLC1)最終3節。
 2連勝のHonda、福岡サニックスが26日の直接対決、サニックスが30-16で勝利し1年で自動昇格を決めました。
2位はHonda、3位・三菱、4位・横河はTL下位チームと入れ替え戦となりました。

<<トップリーグチャレンジ1(C1)>>
■第3節(1月26日、花園)
◆三菱重工相模原63(21-5)10横河武蔵野
*三菱9T9G、横河2T
◎三菱FL李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大)
Dscf9011
「(古傷の)右足膝を痛めました」。Honda戦(19日)は前半28分で退場。

◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
Dscf7479
「第1節の右足首ケガで治療中」
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
Dscf7514

◆Honda16(6-13)30福岡サニックス
*Honda1T1G3P、サニックス3T3G3P
◎HondaSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
Dscf9063
「サニックスは強い相手ですが勝ってトップリーグへ。チームコンディションは良い状態」
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)
◎サニックスLO19黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)
写真右。
Dscf8886

■第2節(1月19日、駒沢)
◆福岡サニックス113(52-7)7横河武蔵野
*サニックス17T14G、横河1T1G
◎サニックスFB高健二(コ・ゴンイ、고건이, 千里馬C-関東学院大-大阪朝鮮高)
◎サニックスLO4黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)。
◎サニックスCTB權正赫(クォン・ジョンヒョッ、권정혁,帝京大-朝明高。韓国)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。前半19分、インターセプトから1T。

◆三菱重工相模原19(12-11)28Honda
*三菱3T2G、Honda3T2G2P1D
◎三菱FL6李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)
◎HondaSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)

■第1節(1月12日、レベスタ)
◆Honda80(38-3)8横河武蔵野
*Honda11T1G1P、横河1T1P
◎HondaSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)。前半1T.
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)

◆福岡サニックス34(11-10)20三菱重工相模原
*サニックス3T2G4P1P、三菱2T2G2P
◎サニックスFB15高健二(コ・ゴンイ、고건이, 千里馬C-関東学院大-大阪朝鮮高)
◎サニックスLO18黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)。出場なし。
◎サニックスCTB權正赫(クォン・ジョンヒョッ、권정혁,帝京大-朝明高。韓国)
◎三菱FL6李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)

<<トップリーグプレーオフ>>
■準決勝
◆L1位・パナソニック-4位・東芝(2月1日、秩父宮)
*パナソニック、東芝
◎パナLO劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、檀国大)。
Dscf8418
◎東芝LO金光紋(イ・グァンムン、이광문、トヨタ、韓国電力、サントリー、高麗大)
Dscf8569
◎東芝WTB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、三星重工業、東芝、高麗大)
Dscf8599

◆2位・サントリー-3位・神戸(2日、秩父宮)
*サントリー、神戸
◎サントリーLO朴淳彩(パク・スンチェ、박순체、 POSCO、慶煕大)
Sun19
◎サントリーPR申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、福岡サニックス、NZクライストチャーチ高校)

■決勝(9日、秩父宮)

<<トップリーグ入れ替え戦>>
◆コカ・コーラ-TC1・3位三菱重工相模原(2月8日、レベスタ)
*コーラ、

◆NTTコム-TC1・4位横河武蔵野(15日、熊谷)
*コム

◆NTTドコモ-TC1・2位Honda(花園)
*ドコモ
◎ドコモFL7金栄馬大(キム・ヨンデ)。
Dkim1
◎ドコモPR18許雄(ホ・ウン、延世大)
Dhon1
◎ドコモPR張泰堉(関西学院大、大阪朝鮮高)。

<<第51回日本選手権TLワイルドカード(WC)>>
■1回戦
◆NEC-クボタ(2月1日、花園)
*NEC、クボタ
◎NECPR金光植(キム・グァンシク、김광식、POSCO-高麗大)。
◎クボタSH李明根(り・ミョングン、이명근、ワールド、三星SDI、延世大)。
Dscf7320
◎クボタHO朴誠球(パク・ソング、박성구、NEC、ヤマハ、延世大)
Dscf7316

◆ヤマハ-豊田自動織機
*ヤマハ、織機
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、朝鮮大)
◎織機LO5鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、帝京大)。

◆キヤノン-近鉄(2日、瑞穂)
*キヤノン、近鉄
◎近鉄SH金哲元(キム・チョルウォン、김철원、大阪体育大)。
◎近鉄PR鄭貴弘(チョン・キホン、近畿大)
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、帝京大)
◎近鉄WTB李陽(中国農業大)。

◆トヨタ自動車-リコー
*トヨタ、リコー

■2回戦
◆(8日、花園)

<<TOP LEAGUE2013-14>>
<2NDステージ>
{A}
パナソニック(36+119)、サントリー(32+92)、神戸(24+29)、東芝(21+30)、ヤマハ(19-9)、トヨタ(10-61)、キヤノン(7-120)、NEC(7-80)
{B}
クボタ(27+63)、近鉄(27+29)、リコー(25+67)、豊田自動織機(23-5)、NTTコム(20-52)、コカ・コーラ(19-18)、NTTドコモ(14-8)、九州電力(12-76)

<<トップリーグチャレンジ2(C2)>>
◆横河武蔵野33(21-10)10中部電力(23日、秩父宮)
*横河5T4G(6、+6)、中部1T1G1P(5、-11)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)

◆横河武蔵野24(17-24)41マツダ(15日、コカ広島)
*横河4T2G(1)、マツダ5T5G2P(6、+5)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。前半1T。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、同志社大、大阪朝鮮高)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

◆中部電力39-27マツダ(12月7日、瑞穂)
*中部6T3G1P(5)、マツダ4T2G1P(1)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

<<第51回日本選手権>>
■1回戦(2月16日)
◆1TL準決勝敗退-筑波大(花園)

◆2帝京大-TLWC(秩父宮)

◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
Dscf8678
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。

◆3早稲田大-TLWC(秩父宮)
◎早稲田FL金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
「日本選手権はいったん休みポテンシャルをもっていきたい」
Dscf8725
◎早稲田FB藤田(日本代表)
「日本選手権は代表選手がいるトップリーグと対戦できる。自分がどれだけ通用するか楽しみです」

◆4TL準決勝敗退-慶應大(花園)

■2回戦(23日、秩父宮)
◆1回戦1-2勝者

◆1回戦3-4勝者

■準決勝(3月1日、駒沢又は花園)

■決勝(3月9日、国立)

<<第50回大学選手権>>
<トーナメント>
■決勝戦(14年1月12日、国立)
◆帝京大41(12-10)34早稲田
*帝京6T4G1P、早稲田5T3G1P
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
◎早稲田FB藤田(日本代表)
「日本選手権は代表選手がいるトップリーグと対戦できる。自分がどれだけ通用するか楽しみです」

■準決勝戦(1月2日、国立)
◆早稲田大29(10-8)11筑波大
*早稲田4T3G1P、筑波1T2P
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)。前半1T。
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆帝京大45(10-7)14慶應大
*帝京7T5G、慶應2T2G
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO19金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
Dscf8208
「いいものはあるけど、李聖彰の後を継ぐにはまだまだ。」(岩出監督)
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。

<2ND STAGE グループリーグ戦>12月8、15、22日
☆A/帝京大21、大東文化大13、関西学院大7、朝日大0
☆B/筑波大18、流通経済大15、同志社大9、日本大0
☆C/慶應大13、明治大12、、立命館大11、東海大9
☆D/早稲田大20、京都産業大13、中央大9、大阪体育大3

<<TOPリーグ 1ST STAGE>>
<A>1:サントリー(30)、2:NEC(25)、3:神戸(24)、4:トヨタ(22)、5:NTTコム(19)、6:NTTドコモ(10)、7:織機(11)、8:九電(0)
<B>1:パナソニック(28)、2:ヤマハ(25)、3:東芝(23)、4:キヤノン(20、+26)、5:クボタ(20、-4)、6:近鉄(13)、7:リコー(9)、8:コーラ(6)

<<トップイースト>>
<順位>1:三菱相模原(45)、2:横河(37)、3:釜石(34)、4:栗田(29)、5:東ガス(26)、6:ヤクルト(18)、7:日野(16)、8:秋田(10)、9:IBM(5)、10:セコム(4)

◎日野WTB14金原用(キム・ウォンヨン、김원용、ポスコ建設、檀国大)。
Dscf6434
「来年も日野でラグビーをプレーしてTLへ上がりたい」
◎日野FL李基桓(イ・ギファン、이기환、檀国大)
13914hinolee
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。
Dscf6501

<<トップウェストA>>
1:Honda、2:中部電力、3:大阪府警、4:JR西日本

<<トップキュウシュウA>>
<順位>1:福岡サニックス、2:マツダ、3:中国電力、4:JR九州、5:鹿児島銀行、6:三菱重工長崎、7:新日鉄八幡

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2014

TL自動昇格はHondaかサニックスか?

 1月25日からのラグビー。
 トップリーグ昇格を賭けた地域リーグ1位(三菱重工相模原、Honda、サニックス)+2位リーグVの横河武蔵野が加わったチャレンジシリーズ(TLC1)最終3節。
 2連勝のHonda、福岡サニックスが26日の直接対決で自動昇格を争います。

<<トップリーグチャレンジ1(C1)>>
■第3節(1月26日、花園)
◆三菱重工相模原-横河武蔵野
*三菱、横河
◎三菱FL李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大)
Dscf9011
「(古傷の)右足膝を痛めました」。Honda戦(19日)は前半28分で退場。

◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
Dscf7479
「第1節の右足首ケガで治療中」
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
Dscf7514

◆Honda-福岡サニックス
*Honda、サニックス
◎HondaSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
Dscf9063
「サニックスは強い相手ですが勝ってトップリーグへ。チームコンディションは良い状態」
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)
◎サニックスLO19黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)
写真右。
Dscf8886

■第2節(1月19日、駒沢)
◆福岡サニックス113(52-7)7横河武蔵野
*サニックス17T14G、横河1T1G
◎サニックスFB高健二(コ・ゴンイ、고건이, 千里馬C-関東学院大-大阪朝鮮高)
◎サニックスLO4黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)。
◎サニックスCTB權正赫(クォン・ジョンヒョッ、권정혁,帝京大-朝明高。韓国)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。前半19分、インターセプトから1T。

◆三菱重工相模原19(12-11)28Honda
*三菱3T2G、Honda3T2G2P1D
◎三菱FL6李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)
◎HondaSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)

■第1節(1月12日、レベスタ)
◆Honda80(38-3)8横河武蔵野
*Honda11T1G1P、横河1T1P
◎HondaSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)。前半1T.
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)

◆福岡サニックス34(11-10)20三菱重工相模原
*サニックス3T2G4P1P、三菱2T2G2P
◎サニックスFB15高健二(コ・ゴンイ、고건이, 千里馬C-関東学院大-大阪朝鮮高)
◎サニックスLO18黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)。出場なし。
◎サニックスCTB權正赫(クォン・ジョンヒョッ、권정혁,帝京大-朝明高。韓国)
◎三菱FL6李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)

<<トップリーグプレーオフ>>
■準決勝
◆L1位・パナソニック-4位・東芝(2月1日、秩父宮)
*パナソニック、東芝
◎パナLO劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、檀国大)。
Dscf8418
◎東芝LO金光紋(イ・グァンムン、이광문、トヨタ、韓国電力、サントリー、高麗大)
Dscf8569
◎東芝WTB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、三星重工業、東芝、高麗大)
Dscf8599

◆2位・サントリー-3位・神戸(2日、秩父宮)
*サントリー、神戸
◎サントリーLO朴淳彩(パク・スンチェ、박순체、 POSCO、慶煕大)
Sun19
◎サントリーPR申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、福岡サニックス、NZクライストチャーチ高校)

■決勝(9日、秩父宮)

<<トップリーグ入れ替え戦>>
◆コカ・コーラ-TC1・3位(2月8日、レベスタ)
*コーラ、

◆NTTコム-TC1・4位(15日、熊谷)
*コム

◆NTTドコモ-TC1・2位(花園)
*ドコモ
◎ドコモFL7金栄馬大(キム・ヨンデ)。
Dkim1
◎ドコモPR18許雄(ホ・ウン、延世大)
Dhon1
◎ドコモPR張泰堉(関西学院大、大阪朝鮮高)。

<<第51回日本選手権TLワイルドカード(WC)>>
■1回戦
◆NEC-クボタ(2月1日、花園)
*NEC、クボタ
◎NECPR金光植(キム・グァンシク、김광식、POSCO-高麗大)。
◎クボタSH李明根(り・ミョングン、이명근、ワールド、三星SDI、延世大)。
Dscf7320
◎クボタHO朴誠球(パク・ソング、박성구、NEC、ヤマハ、延世大)
Dscf7316

◆ヤマハ-豊田自動織機
*ヤマハ、織機
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、朝鮮大)
◎織機LO5鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、帝京大)。

◆キヤノン-近鉄(2日、瑞穂)
*キヤノン、近鉄
◎近鉄SH金哲元(キム・チョルウォン、김철원、大阪体育大)。
◎近鉄PR鄭貴弘(チョン・キホン、近畿大)
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、帝京大)
◎近鉄WTB李陽(中国農業大)。

◆トヨタ自動車-リコー
*トヨタ、リコー

■2回戦
◆(8日、花園)

<<TOP LEAGUE2013-14>>
<2NDステージ>
{A}
パナソニック(36+119)、サントリー(32+92)、神戸(24+29)、東芝(21+30)、ヤマハ(19-9)、トヨタ(10-61)、キヤノン(7-120)、NEC(7-80)
{B}
クボタ(27+63)、近鉄(27+29)、リコー(25+67)、豊田自動織機(23-5)、NTTコム(20-52)、コカ・コーラ(19-18)、NTTドコモ(14-8)、九州電力(12-76)

<<トップリーグチャレンジ2(C2)>>
◆横河武蔵野33(21-10)10中部電力(23日、秩父宮)
*横河5T4G(6、+6)、中部1T1G1P(5、-11)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)

◆横河武蔵野24(17-24)41マツダ(15日、コカ広島)
*横河4T2G(1)、マツダ5T5G2P(6、+5)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。前半1T。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、同志社大、大阪朝鮮高)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

◆中部電力39-27マツダ(12月7日、瑞穂)
*中部6T3G1P(5)、マツダ4T2G1P(1)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

<<第51回日本選手権>>
■1回戦(2月16日)
◆1TL準決勝敗退-筑波大(花園)

◆2帝京大-TLWC(秩父宮)

◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
Dscf8678
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。

◆3早稲田大-TLWC(秩父宮)
◎早稲田FL金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
「日本選手権はいったん休みポテンシャルをもっていきたい」
Dscf8725
◎早稲田FB藤田(日本代表)
「日本選手権は代表選手がいるトップリーグと対戦できる。自分がどれだけ通用するか楽しみです」

◆4TL準決勝敗退-慶應大(花園)

■2回戦(23日、秩父宮)
◆1回戦1-2勝者

◆1回戦3-4勝者

■準決勝(3月1日、駒沢又は花園)

■決勝(3月9日、国立)

<<第50回大学選手権>>
<トーナメント>
■決勝戦(14年1月12日、国立)
◆帝京大41(12-10)34早稲田
*帝京6T4G1P、早稲田5T3G1P
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
◎早稲田FB藤田(日本代表)
「日本選手権は代表選手がいるトップリーグと対戦できる。自分がどれだけ通用するか楽しみです」

■準決勝戦(1月2日、国立)
◆早稲田大29(10-8)11筑波大
*早稲田4T3G1P、筑波1T2P
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)。前半1T。
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆帝京大45(10-7)14慶應大
*帝京7T5G、慶應2T2G
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO19金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
Dscf8208
「いいものはあるけど、李聖彰の後を継ぐにはまだまだ。」(岩出監督)
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。

<2ND STAGE グループリーグ戦>12月8、15、22日
☆A/帝京大21、大東文化大13、関西学院大7、朝日大0
☆B/筑波大18、流通経済大15、同志社大9、日本大0
☆C/慶應大13、明治大12、、立命館大11、東海大9
☆D/早稲田大20、京都産業大13、中央大9、大阪体育大3

<<TOPリーグ 1ST STAGE>>
<A>1:サントリー(30)、2:NEC(25)、3:神戸(24)、4:トヨタ(22)、5:NTTコム(19)、6:NTTドコモ(10)、7:織機(11)、8:九電(0)
<B>1:パナソニック(28)、2:ヤマハ(25)、3:東芝(23)、4:キヤノン(20、+26)、5:クボタ(20、-4)、6:近鉄(13)、7:リコー(9)、8:コーラ(6)

<<トップイースト>>
<順位>1:三菱相模原(45)、2:横河(37)、3:釜石(34)、4:栗田(29)、5:東ガス(26)、6:ヤクルト(18)、7:日野(16)、8:秋田(10)、9:IBM(5)、10:セコム(4)

◎日野WTB14金原用(キム・ウォンヨン、김원용、ポスコ建設、檀国大)。
Dscf6434
「来年も日野でラグビーをプレーしてTLへ上がりたい」
◎日野FL李基桓(イ・ギファン、이기환、檀国大)
13914hinolee
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。
Dscf6501

<<トップウェストA>>
1:Honda、2:中部電力、3:大阪府警、4:JR西日本

<<トップキュウシュウA>>
<順位>1:福岡サニックス、2:マツダ、3:中国電力、4:JR九州、5:鹿児島銀行、6:三菱重工長崎、7:新日鉄八幡

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 20, 2014

パナソニックがA1位。神戸、東芝TOP4。九電が自動降格に。

 1月18日からのラグビー。

 トップリーグは(TL)は2ND STAGEの最終7節。
 
 上位{A}。
 3位東芝(勝点21)、4位神戸(19)、5位ヤマハ(18)がプレーオフ進出TOP4入りをかけて争います。特に19日、東芝対神戸戦は勝者がTOP4へ。
 18日、ヤマハは2位サントリーに後半35分同点(19-19)に追いつきましたが43分、PGを決められ22-19で敗戦。勝点1を得て19となり神戸と並びました。
 19日、神戸が東芝を6T38-36で下し勝点5を得て24となり3位、東芝が23で4位に。ヤマハは5位となり日本選手権出場決定戦(ワイルドカードWC)は回ります。

 9位以下の{B}では自動降格圏内のコカ・コーラ(勝点14)、九州電力(11)、NTTドコモ(9)の戦いが注目。
 18日、ドコモが豊田自動織機から6Tを奪い38-12で圧勝。勝点5を得て14となり得失点差も-8とコーラを抜いて暫定6位へ。
 19日のコーラ・九電戦。後半、九電が一時、逆転しましたがコーラが再逆転で32-26。後半40分、最後のワンプレーで九電が攻撃を仕掛けたところコーラがインターセプトでTを奪い37-26で終了。九電が自動降格となりました。

 19日はトップリーグ昇格を賭けた地域リーグ1位(三菱重工相模原、Honda、サニックス)+2位リーグVの横河武蔵野が加わったチャレンジシリーズ(TLC1)2節。
 1勝しているHonda、福岡サニックスが共に勝ち2勝目。26日の直接対決で自動昇格を争います。

<<TOP LEAGUE2013-14>>
<2NDステージ>
{A}
パナソニック(36+119)、サントリー(32+92)、神戸(24+29)、東芝(21+30)、ヤマハ(19-9)、トヨタ(10-61)、キヤノン(7-120)、NEC(7-80)
■第7節
◆サントリー22(13-0)19ヤマハ(18日、秩父宮)
*サントリー1T1G5P(32、+92)、ヤマハ3T2G(19、-9)
◎サントリーLO朴淳彩(パク・スンチェ、박순체、 POSCO、慶煕大)
Sun19
◎サントリーPR申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、福岡サニックス、NZクライストチャーチ高校)
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、朝鮮大)

◆パナソニック27(7-10)15NEC(19日、西京極)
*パナソニック3T3G2P(36、+119)、NEC2T1G1P(7、-80)
◎パナLO劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、檀国大)。
Dscf8418
◎NECPR3金光植(キム・グァンシク、김광식、POSCO-高麗大)。
Dscf8484

◆トヨタ自動車24(18-7)19キヤノン
*トヨタ2T1G4P(14、-61)、キヤノン3T2G(8)

◆東芝36(15-26)38神戸(ノエスタ)
*東芝5T4G1P(23、+30)、神戸6T4G(24、+29)
◎東芝LO19金光紋(イ・グァンムン、이광문、トヨタ、韓国電力、サントリー、高麗大)
Dscf8569
◎東芝WTB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、三星重工業、東芝、高麗大)
Dscf8599

{B}
クボタ(27+63)、近鉄(27+29)、リコー(25+67)、豊田自動織機(23-5)、NTTコム(20-52)、コカ・コーラ(19-18)、NTTドコモ(14-8)、九州電力(12-76)
■第7節
◆クボタ13(6-7)28リコー(18日、秩父宮)
*クボタ1T1G2P(27、+63)、リコー4T4G(25、+67)
◎クボタSH李明根(り・ミョングン、이명근、ワールド、三星SDI、延世大)。
Dscf7320
◎クボタHO朴誠球(パク・ソング、박성구、NEC、ヤマハ、延世大)
Dscf7316

◆豊田自動織機12(5-19)38NTTドコモ(花園)
*織機2T1G(23、-5)、ドコモ6T4G(14、-8)
◎織機LO5鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、帝京大)。
◎ドコモFL7金栄馬大(キム・ヨンデ)。後半6分。
Dkim1
◎ドコモPR18許雄(ホ・ウン、延世大)。後半
Dhon1
◎ドコモPR張泰堉(関西学院大、大阪朝鮮高)。

◆近鉄38(21-7)14NTTコム
*近鉄5T5G1P(27+29)、コム2T2G(20-52)
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원、大阪体育大)。
◎近鉄PR鄭貴弘(チョン・キホン、近畿大)
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、帝京大)
◎近鉄WTB11李陽(中国農業大)。

◆コカ・コーラ37(17-7)26九州電力(レベスタ)
*コーラ7T1G(19-18)、九電4T3G(12.-76)

<<トップリーグチャレンジ1(C1)>>
■第2節(1月19日、駒沢)
◆福岡サニックス113(52-7)7横河武蔵野
*サニックスが100点越え。次々と横河DFを砕きトライラインを越えた。
Dscf8960
Dscf8879
Dscf8882

*サニックス17T14G、横河1T1G
◎サニックスFB高健二(コ・ゴンイ、고건이, 千里馬C-関東学院大-大阪朝鮮高)
◎サニックスLO4黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)。
*写真・右。「地元で力が2倍、3倍出る」とチーム関係者に話した。
Dscf8886
◎サニックスCTB權正赫(クォン・ジョンヒョッ、권정혁,帝京大-朝明高。韓国)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
Dscf7479
「右足首ケガで治療中」
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。前半19分、インターセプトから1T。
Dscf7514

◆三菱重工相模原19(12-11)28Honda
*三菱3T2G、Honda3T2G2P1D
◎三菱FL6李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)
Dscf9011
Dscf9000
「(古傷の)右足膝を痛めました」。前半28分で退場。
◎HondaSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
Dscf9063
「次のサニックスは強い相手ですが勝ってトップリーグへ。チームコンディションは良い状態」
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)

■第1節(1月12日、レベスタ)
◆Honda80(38-3)8横河武蔵野
*Honda11T1G1P、横河1T1P
◎HondaSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)。前半1T.
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)

◆福岡サニックス34(11-10)20三菱重工相模原
*サニックス3T2G4P1P、三菱2T2G2P
◎サニックスFB15高健二(コ・ゴンイ、고건이, 千里馬C-関東学院大-大阪朝鮮高)
◎サニックスLO18黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)。出場なし。
◎サニックスCTB權正赫(クォン・ジョンヒョッ、권정혁,帝京大-朝明高。韓国)
◎三菱FL6李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)
「右足の手術も治り試合に出ます」

■第3節(1月26日、花園)
◆三菱重工相模原-横河武蔵野
◆Honda-福岡サニックス

<<トップリーグチャレンジ2(C2)>>
◆横河武蔵野33(21-10)10中部電力(23日、秩父宮)
*横河5T4G(6、+6)、中部1T1G1P(5、-11)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)

◆横河武蔵野24(17-24)41マツダ(15日、コカ広島)
*横河4T2G(1)、マツダ5T5G2P(6、+5)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。前半1T。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、同志社大、大阪朝鮮高)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

◆中部電力39-27マツダ(12月7日、瑞穂)
*中部6T3G1P(5)、マツダ4T2G1P(1)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

<<トップリーグプレーオフ>>
■準決勝
◆L1位・パナソニック-4位・東芝(2月1日、秩父宮)

◆2位・サントリー-3位・神戸(2日、秩父宮)

■決勝(9日、秩父宮)

<<トップリーグ入れ替え戦>>
◆コカ・コーラ-TC1・3位(2月8日、レベスタ)

◆NTTコム-TC1・4位(15日、熊谷)

◆NTTドコモ-TC1・2位(花園)

<<第51回日本選手権TLワイルドカード(WC)>>
■1回戦
◆NEC-クボタ(2月1日、花園)

◆ヤマハ-豊田自動織機

◆キヤノン-近鉄(2日、瑞穂)

◆トヨタ自動車-リコー

■2回戦
◆(8日、花園)

<<第51回日本選手権>>
■1回戦(2月16日)
◆1TL準決勝敗退-筑波大(花園)

◆2帝京大-TLWC(秩父宮)

◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
Dscf8678
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。

◆3早稲田大-TLWC(秩父宮)
◎早稲田FL金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
「日本選手権はいったん休みポテンシャルをもっていきたい」
Dscf8725
◎早稲田FB藤田(日本代表)
「日本選手権は代表選手がいるトップリーグと対戦できる。自分がどれだけ通用するか楽しみです」

◆4TL準決勝敗退-慶應大(花園)

■2回戦(23日、秩父宮)
◆1回戦1-2勝者

◆1回戦3-4勝者

■準決勝(3月1日、駒沢又は花園)

■決勝(3月9日、国立)

<<第50回大学選手権>>
  「第50回大学選手権」は12日に国立競技場で決勝戦、早稲田大VS帝京大。5連覇に王手を賭けた帝京、ケガから復帰するNO8李聖彰(リ・ソンチャン)らもおり早稲田がどう挑むか?が注目されました。
 試合は、帝京がブレイクダウンの激しさで圧倒し、後半最後は早稲田に追い上げられましたが41-34で5連覇を勝ち取りました。
Dscf8816
Dscf8660

 前半開始早々28秒、早稲田がキックオフのボールをFL7布巻へ渡しランで突破、WTB14荻野がフォローして受け取るとゴールラインを越えるノーホイッスルトライ。しかしここから帝京が早稲田ゴールラインへ迫りブレイクダウンで強靭な体をぶつけ早稲田ディフェンスの体力をじりじり奪っていった。 
 12分早稲田陣内のラインアウトからモールで押し込みLO4小瀧がトライし5-7へ。さらに24分。ラインアウト・モールでゴールラインでラックを作りPR3深村がインゴールへボールを置いて12-7と逆転した(GはCTB12中村が成功)。
 後半は前半と反対に帝京が早稲田キックオフのボールを回し右へ展開、さらに左へ振りWTB11磯田がノーホイッスルトライをお返しし19-10へ。
 さらに中村が1PGを決めた後、12分にSO10松田がボールをもらうと走り切りトライ、その後のリスタートも松田に渡り連続トライで34-10とリードを広げた。
 早稲田は「負ける気がしなかった」(垣永主将)の言葉通りアタックを開始。18分WTB荻野がトライ。
 19分には左展開の早稲田はFB15藤田からパスを受けたCTB12坪郷がトライを奪い34-22へ。
Dscf8734
 すると27分、帝京ゴール前で反則を得た早稲田は荻野がクイックスターとし自らトライ、G成功で34-29と逆転圏内は迫った。
 しかし早稲田は「帝京の一人一人のタックルの強さ、接点の当たりの強さで体力を奪われて最後の10分は走れなかった」(FL6金)の言葉が示すように29分、早稲田ゴール前に迫った帝京はHO2坂手がラックからボールをインゴールへ持ち込み41-29とした。ノーサイドのホーンが響くと同時に早稲田はトライを返したが終了!

<<第50回全国大学選手権大会>>
<トーナメント>
■決勝戦(14年1月12日、国立)
◆帝京大41(12-10)34早稲田
*帝京6T4G1P、早稲田5T3G1P
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
「(久々の出場)ゲーム感覚は練習でも実戦に近いプレーをしていたので戻っていました。前半、我慢して体を当て続けて早稲田の体力を奪うことができた。一人一人が意識して取り組んでいることが5連覇できた理由」
Dscf8824
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
「帝京の接点の強さに負けた。帝京に勝つには一人一人がフィジカルをもっとつけないといけない」
Dscf8778
◎早稲田FB藤田(日本代表)
「日本選手権は代表選手がいるトップリーグと対戦できる。自分がどれだけ通用するか楽しみです」
Dscf8780

■準決勝戦(1月2日、国立)
◆早稲田大29(10-8)11筑波大
*早稲田4T3G1P、筑波1T2P
◎早稲田・後藤監督「筑波の最大の強み、フォーワードのあたりブレイクダウンに早稲田は真正面から向き合う戦いをしました。前半、後半の序盤、攻め込まれてもトライを取られなかった。最後10分間で3つトライを取ったことが成果。(決勝は)精神力で臨む」
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)。前半1T。
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆帝京大45(10-7)14慶應大
*帝京7T5G、慶應2T2G
*締めのトライ後半40分、野田がラインを越えた。
Dscf8218
◎帝京・岩出監督「慶應の素晴らしいファイトに選手たちは久しぶりに受けてしまった。きびしい試合ができて次のゲームにつながる。決勝は1年間、成長した充実感を持てる終わり方をしたい。きびしい80分間をし続ける」
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO19金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
Dscf8208
「いいものはあるけど、李聖彰の後を継ぐにはまだまだ。」(岩出監督)
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。

<2ND STAGE グループリーグ戦>12月8、15、22日
☆A/帝京大21、大東文化大13、関西学院大7、朝日大0
☆B/筑波大18、流通経済大15、同志社大9、日本大0
☆C/慶應大13、明治大12、、立命館大11、東海大9
☆D/早稲田大20、京都産業大13、中央大9、大阪体育大3

<<TOPリーグ 1ST STAGE>>
<A>1:サントリー(30)、2:NEC(25)、3:神戸(24)、4:トヨタ(22)、5:NTTコム(19)、6:NTTドコモ(10)、7:織機(11)、8:九電(0)
<B>1:パナソニック(28)、2:ヤマハ(25)、3:東芝(23)、4:キヤノン(20、+26)、5:クボタ(20、-4)、6:近鉄(13)、7:リコー(9)、8:コーラ(6)

<<トップイースト>>
<順位>1:三菱相模原(45)、2:横河(37)、3:釜石(34)、4:栗田(29)、5:東ガス(26)、6:ヤクルト(18)、7:日野(16)、8:秋田(10)、9:IBM(5)、10:セコム(4)

◎日野WTB14金原用(キム・ウォンヨン、김원용、ポスコ建設、檀国大)。
Dscf6434
「来年も日野でラグビーをプレーしてTLへ上がりたい」
◎日野FL李基桓(イ・ギファン、이기환、檀国大)
13914hinolee
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。
Dscf6501

<<トップウェストA>>
1:Honda、2:中部電力、3:大阪府警、4:JR西日本

<<トップキュウシュウA>>
<順位>1:福岡サニックス、2:マツダ、3:中国電力、4:JR九州、5:鹿児島銀行、6:三菱重工長崎、7:新日鉄八幡

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2014

TL最終節、Bで降格対象のドコモ勝利。Aは東芝、神戸、ヤマハが4強入り残す

 1月18日からのラグビー。

 トップリーグは(TL)は2ND STAGEの最終7節。
 
 上位{A}。
 3位東芝(勝点21)、4位神戸(19)、5位ヤマハ(18)がプレーオフ進出TOP4入りをかけて争います。特に19日、東芝対神戸戦は勝者がTOP4へ。
 18日、ヤマハは2位サントリーに後半35分同点(19-19)に追いつきましたが43分、PGを決められ22-19で敗戦。勝点1を得て19となり神戸と並びました。19日の結果次第となります。。

 9位以下の{B}では自動降格圏内のコカ・コーラ(勝点14)、九州電力(11)、NTTドコモ(9)の戦いが注目。
 18日、ドコモが豊田自動織機から6Tを奪い38-12で圧勝。勝点5を得て14となり得失点差も-8とコーラを抜いて暫定6位へ。19日のコーラ対九電の直接対決で敗者が降格となります。
 19日からはトップリーグ昇格を賭けた地域リーグ1位(三菱重工相模原、Honda、サニックス)+2位リーグVの横河武蔵野が加わったチャレンジシリーズ(TLC1)2節。
 1勝しているHonda、福岡サニックスは2勝目をかけます。こちらは1位が自動昇格となります。

<<TOP LEAGUE2013-14>>
<2NDステージ>
{A}
パナソニック(32+107)、サントリー(32+92)、東芝(21+32)、神戸(19+27)、ヤマハ(19-9)、トヨタ(10-66)、NEC(7-68)、キヤノン(7-115)
■第7節
◆サントリー22(13-0)19ヤマハ(18日、秩父宮)
*サントリー1T1G5P(32、+92)、ヤマハ3T2G(19、-9)
◎サントリーLO朴淳彩(パク・スンチェ、박순체、 POSCO、慶煕大)
Sun19
◎サントリーPR申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、福岡サニックス、NZクライストチャーチ高校)
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、朝鮮大)

◆パナソニック-NEC(19日、西京極)
*パナソニック(32、+107)、NEC(7、-68)
◎パナLO劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、檀国大)。
Dscf8418
◎NECPR3金光植(キム・グァンシク、김광식、POSCO-高麗大)。
Dscf8484

◆トヨタ自動車-キヤノン
*トヨタ(10、-66)、キヤノン(7)

◆東芝-神戸(ノエスタ)
*東芝(21、+32)、神戸(19、+27)
◎東芝LO19金光紋(イ・グァンムン、이광문、トヨタ、韓国電力、サントリー、高麗大)
Dscf8569
◎東芝WTB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、三星重工業、東芝、高麗大)
Dscf8599

{B}
クボタ(27+63)、近鉄(27+29)、リコー(25+67)、豊田自動織機(23-25)、NTTコム(20-52)、NTTドコモ(14-8)
、コカ・コーラ(14-29)、九州電力(11-65)
■第7節
◆クボタ13(6-7)28リコー(18日、秩父宮)
*クボタ1T1G2P(27、+63)、リコー4T4G(25、+67)
◎クボタSH李明根(り・ミョングン、이명근、ワールド、三星SDI、延世大)。
Dscf7320
◎クボタHO朴誠球(パク・ソング、박성구、NEC、ヤマハ、延世大)
Dscf7316

◆豊田自動織機12(5-19)38NTTドコモ(花園)
*織機2T1G(23、-5)、ドコモ6T4G(14、-8)
◎織機LO5鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、帝京大)。
◎ドコモFL7金栄馬大(キム・ヨンデ)。後半6分。
Dkim1
◎ドコモPR18許雄(ホ・ウン、延世大)。後半
Dhon1
◎ドコモPR張泰堉(関西学院大、大阪朝鮮高)。

◆近鉄38(21-7)14NTTコム
*近鉄5T5G1P(27+29)、コム2T2G(20-52)
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원、大阪体育大)。
◎近鉄PR鄭貴弘(チョン・キホン、近畿大)
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、帝京大)
◎近鉄WTB11李陽(中国農業大)。

◆コカ・コーラ-九州電力(レベスタ)
*コーラ(14-29)、九電(11.-65)

<<トップリーグチャレンジ1(C1)>>
■第2節(1月19日、駒沢)
◆福岡サニックス-横河武蔵野
*サニックス、横河
◎サニックスFB高健二(コ・ゴンイ、고건이, 千里馬C-関東学院大-大阪朝鮮高)
◎サニックスLO4黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)。
◎サニックスCTB權正赫(クォン・ジョンヒョッ、권정혁,帝京大-朝明高。韓国)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
Dscf7479
「C1は、どれだけ通用するか楽しみたい」
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)
Dscf7514

◆三菱重工相模原-Honda
*三菱、Honda
◎三菱FL6李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)
「右足の手術も治り試合に出ます」
◎HondaSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)

■第1節(1月12日、レベスタ)
◆Honda80(38-3)8横河武蔵野
*Honda11T1G1P、横河1T1P
◎HondaSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)。前半1T.
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)

◆福岡サニックス34(11-10)20三菱重工相模原
*サニックス3T2G4P1P、三菱2T2G2P
◎サニックスFB15高健二(コ・ゴンイ、고건이, 千里馬C-関東学院大-大阪朝鮮高)
◎サニックスLO18黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)。出場なし。
◎サニックスCTB權正赫(クォン・ジョンヒョッ、권정혁,帝京大-朝明高。韓国)
◎三菱FL6李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)
「右足の手術も治り試合に出ます」

■第3節(1月26日、花園)
◆三菱重工相模原-横河武蔵野
◆Honda-福岡サニックス

<<トップリーグチャレンジ2(C2)>>
◆横河武蔵野33(21-10)10中部電力(23日、秩父宮)
*横河5T4G(6、+6)、中部1T1G1P(5、-11)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)

◆横河武蔵野24(17-24)41マツダ(15日、コカ広島)
*横河4T2G(1)、マツダ5T5G2P(6、+5)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。前半1T。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、同志社大、大阪朝鮮高)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

◆中部電力39-27マツダ(12月7日、瑞穂)
*中部6T3G1P(5)、マツダ4T2G1P(1)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

<<トップリーグプレーオフ>>
■準決勝
◆L1位-4位(2月1日、秩父宮)

◆2位-3位(2日、秩父宮)

■決勝(9日、秩父宮)

<<第51回日本選手権TLワイルドカード(WC)>>
■1回戦
◆(2月1日、花園)
◆(2日、瑞穂)

■2回戦
◆(8日、花園)

<<第51回日本選手権>>
■1回戦(2月16日)
◆1TL準決勝敗退-筑波大(花園)

◆2帝京大-TLWC(秩父宮)

◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
Dscf8678
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。

◆3早稲田大-TLWC(秩父宮)
◎早稲田FL金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
「日本選手権はいったん休みポテンシャルをもっていきたい」
Dscf8725
◎早稲田FB藤田(日本代表)
「日本選手権は代表選手がいるトップリーグと対戦できる。自分がどれだけ通用するか楽しみです」

◆4TL準決勝敗退-慶應大(花園)

■2回戦(23日、秩父宮)
◆1回戦1-2勝者

◆1回戦3-4勝者

■準決勝(3月1日、駒沢又は花園)

■決勝(3月9日、国立)

<<第50回大学選手権>>
  「第50回大学選手権」は12日に国立競技場で決勝戦、早稲田大VS帝京大。5連覇に王手を賭けた帝京、ケガから復帰するNO8李聖彰(リ・ソンチャン)らもおり早稲田がどう挑むか?が注目されました。
 試合は、帝京がブレイクダウンの激しさで圧倒し、後半最後は早稲田に追い上げられましたが41-34で5連覇を勝ち取りました。
Dscf8816
Dscf8660

 前半開始早々28秒、早稲田がキックオフのボールをFL7布巻へ渡しランで突破、WTB14荻野がフォローして受け取るとゴールラインを越えるノーホイッスルトライ。しかしここから帝京が早稲田ゴールラインへ迫りブレイクダウンで強靭な体をぶつけ早稲田ディフェンスの体力をじりじり奪っていった。 
 12分早稲田陣内のラインアウトからモールで押し込みLO4小瀧がトライし5-7へ。さらに24分。ラインアウト・モールでゴールラインでラックを作りPR3深村がインゴールへボールを置いて12-7と逆転した(GはCTB12中村が成功)。
 後半は前半と反対に帝京が早稲田キックオフのボールを回し右へ展開、さらに左へ振りWTB11磯田がノーホイッスルトライをお返しし19-10へ。
 さらに中村が1PGを決めた後、12分にSO10松田がボールをもらうと走り切りトライ、その後のリスタートも松田に渡り連続トライで34-10とリードを広げた。
 早稲田は「負ける気がしなかった」(垣永主将)の言葉通りアタックを開始。18分WTB荻野がトライ。
 19分には左展開の早稲田はFB15藤田からパスを受けたCTB12坪郷がトライを奪い34-22へ。
Dscf8734
 すると27分、帝京ゴール前で反則を得た早稲田は荻野がクイックスターとし自らトライ、G成功で34-29と逆転圏内は迫った。
 しかし早稲田は「帝京の一人一人のタックルの強さ、接点の当たりの強さで体力を奪われて最後の10分は走れなかった」(FL6金)の言葉が示すように29分、早稲田ゴール前に迫った帝京はHO2坂手がラックからボールをインゴールへ持ち込み41-29とした。ノーサイドのホーンが響くと同時に早稲田はトライを返したが終了!

<<第50回全国大学選手権大会>>
<トーナメント>
■決勝戦(14年1月12日、国立)
◆帝京大41(12-10)34早稲田
*帝京6T4G1P、早稲田5T3G1P
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
「(久々の出場)ゲーム感覚は練習でも実戦に近いプレーをしていたので戻っていました。前半、我慢して体を当て続けて早稲田の体力を奪うことができた。一人一人が意識して取り組んでいることが5連覇できた理由」
Dscf8824
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
「帝京の接点の強さに負けた。帝京に勝つには一人一人がフィジカルをもっとつけないといけない」
Dscf8778
◎早稲田FB藤田(日本代表)
「日本選手権は代表選手がいるトップリーグと対戦できる。自分がどれだけ通用するか楽しみです」
Dscf8780

■準決勝戦(1月2日、国立)
◆早稲田大29(10-8)11筑波大
*早稲田4T3G1P、筑波1T2P
◎早稲田・後藤監督「筑波の最大の強み、フォーワードのあたりブレイクダウンに早稲田は真正面から向き合う戦いをしました。前半、後半の序盤、攻め込まれてもトライを取られなかった。最後10分間で3つトライを取ったことが成果。(決勝は)精神力で臨む」
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)。前半1T。
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆帝京大45(10-7)14慶應大
*帝京7T5G、慶應2T2G
*締めのトライ後半40分、野田がラインを越えた。
Dscf8218
◎帝京・岩出監督「慶應の素晴らしいファイトに選手たちは久しぶりに受けてしまった。きびしい試合ができて次のゲームにつながる。決勝は1年間、成長した充実感を持てる終わり方をしたい。きびしい80分間をし続ける」
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO19金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
Dscf8208
「いいものはあるけど、李聖彰の後を継ぐにはまだまだ。」(岩出監督)
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。

<2ND STAGE グループリーグ戦>12月8、15、22日
☆A/帝京大21、大東文化大13、関西学院大7、朝日大0
☆B/筑波大18、流通経済大15、同志社大9、日本大0
☆C/慶應大13、明治大12、、立命館大11、東海大9
☆D/早稲田大20、京都産業大13、中央大9、大阪体育大3

<<TOPリーグ 1ST STAGE>>
<A>1:サントリー(30)、2:NEC(25)、3:神戸(24)、4:トヨタ(22)、5:NTTコム(19)、6:NTTドコモ(10)、7:織機(11)、8:九電(0)
<B>1:パナソニック(28)、2:ヤマハ(25)、3:東芝(23)、4:キヤノン(20、+26)、5:クボタ(20、-4)、6:近鉄(13)、7:リコー(9)、8:コーラ(6)

<<トップイースト>>
<順位>1:三菱相模原(45)、2:横河(37)、3:釜石(34)、4:栗田(29)、5:東ガス(26)、6:ヤクルト(18)、7:日野(16)、8:秋田(10)、9:IBM(5)、10:セコム(4)

◎日野WTB14金原用(キム・ウォンヨン、김원용、ポスコ建設、檀国大)。
Dscf6434
「来年も日野でラグビーをプレーしてTLへ上がりたい」
◎日野FL李基桓(イ・ギファン、이기환、檀国大)
13914hinolee
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。
Dscf6501

<<トップウェストA>>
1:Honda、2:中部電力、3:大阪府警、4:JR西日本

<<トップキュウシュウA>>
<順位>1:福岡サニックス、2:マツダ、3:中国電力、4:JR九州、5:鹿児島銀行、6:三菱重工長崎、7:新日鉄八幡

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2014

帝京5連覇達成!

 1月11日からのラグビー。
  「第50回大学選手権」は12日に国立競技場で決勝戦、早稲田大VS帝京大。5連覇に王手を賭けた帝京、ケガから復帰するNO8李聖彰(リ・ソンチャン)らもおり早稲田がどう挑むか?が注目されました。
 試合は、帝京がブレイクダウンの激しさで圧倒し、後半最後は早稲田に追い上げられましたが41-34で5連覇を勝ち取りました。
Dscf8816
Dscf8660

 前半開始早々28秒、早稲田がキックオフのボールをFL7布巻へ渡しランで突破、WTB14荻野がフォローして受け取るとゴールラインを越えるノーホイッスルトライ。しかしここから帝京が早稲田ゴールラインへ迫りブレイクダウンで強靭な体をぶつけ早稲田ディフェンスの体力をじりじり奪っていった。 
 12分早稲田陣内のラインアウトからモールで押し込みLO4小瀧がトライし5-7へ。さらに24分。ラインアウト・モールでゴールラインでラックを作りPR3深村がインゴールへボールを置いて12-7と逆転した(GはCTB12中村が成功)。
 後半は前半と反対に帝京が早稲田キックオフのボールを回し右へ展開、さらに左へ振りWTB11磯田がノーホイッスルトライをお返しし19-10へ。
 さらに中村が1PGを決めた後、12分にSO10松田がボールをもらうと走り切りトライ、その後のリスタートも松田に渡り連続トライで34-10とリードを広げた。
 早稲田は「負ける気がしなかった」(垣永主将)の言葉通りアタックを開始。18分WTB荻野がトライ。
 19分には左展開の早稲田はFB15藤田からパスを受けたCTB12坪郷がトライを奪い34-22へ。
Dscf8734
 すると27分、帝京ゴール前で反則を得た早稲田は荻野がクイックスターとし自らトライ、G成功で34-29と逆転圏内は迫った。
 しかし早稲田は「帝京の一人一人のタックルの強さ、接点の当たりの強さで体力を奪われて最後の10分は走れなかった」(FL6金)の言葉が示すように29分、早稲田ゴール前に迫った帝京はHO2坂手がラックからボールをインゴールへ持ち込み41-29とした。ノーサイドのホーンが響くと同時に早稲田はトライを返したが終了!

<<第50回全国大学選手権大会>>
<トーナメント>
■決勝戦(14年1月12日、国立)
◆帝京大41(12-10)34早稲田
*帝京6T4G1P、早稲田5T3G1P
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
「(久々の出場)ゲーム感覚は練習でも実戦に近いプレーをしていたので戻っていました。前半、我慢して体を当て続けて早稲田の体力を奪うことができた。一人一人が意識して取り組んでいることが5連覇できた理由」
Dscf8678
Dscf8824
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
「帝京の接点の強さに負けた。帝京に勝つには一人一人がフィジカルをもっとつけないといけない」
Dscf8725
Dscf8778
◎早稲田FB藤田(日本代表)
「日本選手権は代表選手がいるトップリーグと対戦できる。自分がどれだけ通用するか楽しみです」
Dscf8780

■準決勝戦(1月2日、国立)
◆早稲田大29(10-8)11筑波大
*早稲田4T3G1P、筑波1T2P
◎早稲田・後藤監督「筑波の最大の強み、フォーワードのあたりブレイクダウンに早稲田は真正面から向き合う戦いをしました。前半、後半の序盤、攻め込まれてもトライを取られなかった。最後10分間で3つトライを取ったことが成果。(決勝は)精神力で臨む」
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)。前半1T。
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆帝京大45(10-7)14慶應大
*帝京7T5G、慶應2T2G
*締めのトライ後半40分、野田がラインを越えた。
Dscf8218
◎帝京・岩出監督「慶應の素晴らしいファイトに選手たちは久しぶりに受けてしまった。きびしい試合ができて次のゲームにつながる。決勝は1年間、成長した充実感を持てる終わり方をしたい。きびしい80分間をし続ける」
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO19金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
Dscf8208
「いいものはあるけど、李聖彰の後を継ぐにはまだまだ。」(岩出監督)
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。

<2ND STAGE グループリーグ戦>12月8、15、22日
☆A/帝京大21、大東文化大13、関西学院大7、朝日大0
☆B/筑波大18、流通経済大15、同志社大9、日本大0
☆C/慶應大13、明治大12、、立命館大11、東海大9
☆D/早稲田大20、京都産業大13、中央大9、大阪体育大3

■第3節(22日)
◆A帝京大76(31-14)19大東文化大(秩父宮)
*帝京11T9G1P(21)、大東3T2G(13)
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
「大学選手権には復帰できる」
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
「AチームとBチームの差が試合にでて分かる。Aで出続けて成長するようにしたい」
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
「右足首を練習で軽くひねった。準決勝から出ます。今日は上から見ていてバタバタした面がありましたね」

◆A関西学院大50(10-0)0朝日大(瑞穂)
*関学8T5G(7)、朝日(0)
◎関学PR3金寛泰(キム・ガンテ、3年、大阪朝鮮)
◎関学LO5金茂雄(キン・シゲオ、3年、尾道)。後半1T
◎関学WTB金尚浩(キム・サンホ、3年、大阪朝鮮)
◎関学FB15高陽日(コウ・ヤンイル、3年、大阪朝鮮)。後半1T

◆B筑波大36(19-3)11流通経済大(秩父宮)
*筑波SO山沢(1年)も上手いゲームメークを見せた。後半35分、自らボールを持ち突破、ラストパスで福岡へのトライにつなげる。
Dscf7415
*筑波5T4G1P(18)、流通1T2P(15)

◆B同志社大60(13-17)17日本大(瑞穂)
*同志社8T7G2P(9)、日本3T1G(0)
◎日大SO10金貴大(キム・キデ、1年、大阪朝鮮)
Nso10
「1年生でSOを任せてもらい、チームは僕に任せてくれていると思う。責任を感じてプレーしています」

◆C慶應大10(5-0)7東海大(熊谷)
*慶應2T(13)、東海1T1G(9)

◆C明治大10(3-12)12立命館大(花園)
*明治1T1G1P(12)、立命2T1G(11)
◎明治20NO8朴鐘圭(パク・ジョンギュ、4年、大阪朝鮮)。後半。
「チームは日本一になるという目標がある。そのために貢献したい」東海6T6G(8)

◆D早稲田大57(36-0)7中央大(熊谷)
*早稲田8T7G1P(20)、中央1T1G(9)
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)。前半1T。
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆D京都産業大31(7-12)24大阪体育大(花園)
*京都5T3G(13)、大阪4T2G(3)
◎京都FL7李智栄(リ・チヨン、1年、大阪朝鮮)
◎京都SH9梁正秋(リャン・ジョンチュ、3年、大阪朝鮮)。後半1T
◎京都PR16金亨志(キム・ヒョンジ、2年、大阪朝鮮)
◎体大PR1王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문、4学年、韓国/養正中)
Dscf6912
「卒業後は近鉄に入ります。チョルウオン(金哲元、SH)先輩と同じ道を目指したい」

<1ST STAGE>
☆朝日が2勝1位で全国大会へ。2位:福岡工大、3位:東北学院
■第1戦
◆福岡工業大61-22東北学院大(9日、春日公園)
*福工大9T(勝ち点6)、東北4T(0)

■第2戦
◆朝日大29(19-21)24福岡工業大(17日、瑞穂)

■第3戦
◆朝日大43(36-7)21東北学院大-(24日、熊谷)

 トップリーグは(TL)は2ND STAGEの6節。
 
 上位{A}。先週、府中ダービに敗れた5位・東芝(勝点16)と3位・ヤマハ(18)の対戦。東芝が4T3G1Pの29-15でヤマハを下し勝点21へ。ヤマハは変わらず。東芝が一歩プレーオフ進出TOP4入りに近づきました。いずれにしても最終戦、東芝、神戸、ヤマハの結果までもつれ込みそうですが。
 2位サントリーはキヤノンに58-25で大勝。キヤノンはパナとサントリーに大差で連敗、8位に沈没です。

 9位以下の{B}ではクボタが近鉄に勝ち5勝1敗(27)で首位を守りました。5節まで同じ勝点23で並んでいた豊田自動織機はリコーに敗れ2位へ。
 12日からはトップリーグ昇格を賭けた地域リーグ1位(三菱重工相模原、Honda、サニックス)+2位リーグVの横河武蔵野が加わったチャレンジシリーズ(TLC1)が始まります。4チームは、TL復活を目指す立場、接戦が期待できます。


<<TOP LEAGUE2013-14>>
<2NDステージ>
{A}
パナソニック(32+107)、サントリー(28+89)、東芝(21+32)、神戸(19+27)、ヤマハ(18-6)、トヨタ(10-66)、NEC(7-68)、キヤノン(7-115)
■第6節
◆パナソニック32(24-10)31神戸(11日、花園)
*パナソニック4T3G2P(32)、神戸4T4G1P(19+27)
◎パナLO4劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、檀国大)。
*キヤノンが劉のアタックを懸命に止める。
Dscf8418

◆サントリー58(24-22)25キヤノン(ニッパツ)
*サントリー8T6G2P(28)、キヤノン3T2G2P(7)
◎サントリーLO朴淳彩(パク・スンチェ、박순체、 POSCO、慶煕大)
Sun19
◎サントリーPR申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、福岡サニックス、NZクライストチャーチ高校)

◆ヤマハ15(10-17)29東芝(ヤマハ)
*ヤマハ2T1G1P(18-6)、東芝4T3G1P(21、+32)
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、朝鮮大)。後半38分T。
◎東芝LO19金光紋(イ・グァンムン、이광문、トヨタ、韓国電力、サントリー、高麗大)。後半37分から。
Dscf8569
◎東芝WTB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、三星重工業、東芝、高麗大)
Dscf8599

◆NEC11(11-11)14トヨタ自動車(瑞穂)
*NEC1T2P(7、-68)、トヨタ1T3P(10、-66)
◎NECPR23金光植(キム・グァンシク、김광식、POSCO-高麗大)。
Dscf8484

{B}
クボタ(27+78)、豊田自動織機(23+21)、近鉄(22+5)、リコー(20+52)、NTTコム(20-28)、コカ・コーラ(14-29)、九州電力(11-65)、NTTドコモ(9-34)
■第6節
◆クボタ20(10-3)17近鉄(11日、花園)
*クボタ3T1G1P(27、+78)、近鉄2T2G1P(22+5)
◎クボタSH李明根(り・ミョングン、이명근、ワールド、三星SDI、延世大)。
Dscf7320
◎クボタHO朴誠球(パク・ソング、박성구、NEC、ヤマハ、延世大)
Dscf7316
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원、大阪体育大)。
◎近鉄PR鄭貴弘(チョン・キホン、近畿大)
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、帝京大)
◎近鉄WTB11李陽(中国農業大)。

◆豊田自動織機14(0-17)41リコー(瑞穂)
*織機2T2G(18、+21)、リコー6T4G1P(20、+52)
◎織機LO5鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、帝京大)。

◆NTTコム27(10-14)21コカ・コーラ(佐賀)
*コム4T2G1P(20-28)、コーラ3T3G(14-29)

◆九州電力21(7-5)31NTTドコモ
*九電3T3G(11.-65)、ドコモ5T36G(9-34)
◎ドコモPR18許雄(ホ・ウン、延世大)
Dhon1
◎ドコモFL7金栄馬大(キム・ヨンデ)。後半6分。
Dkim1
◎ドコモPR張泰堉(関西学院大、大阪朝鮮高)。

<<トップリーグチャレンジ1(C1)>>
■第1節(1月12日、レベスタ)
◆Honda80(38-3)8横河武蔵野
*Honda11T1G1P、横河1T1P
◎HondaSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)。前半1T.
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
Dscf7479
「C1は、どれだけ通用するか楽しみたい」
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)
Dscf7514

◆福岡サニックス34(11-10)20三菱重工相模原
*サニックス3T2G4P1P、三菱2T2G2P
◎サニックスFB15高健二(コ・ゴンイ、고건이, 千里馬C-関東学院大-大阪朝鮮高)
◎サニックスLO18黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)。出場なし。
◎サニックスCTB權正赫(クォン・ジョンヒョッ、권정혁,帝京大-朝明高。韓国)
◎三菱FL6李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)
「右足の手術も治り試合に出ます」

■第2節(1月19日、駒沢)
◆福岡サニックス-横河武蔵野
◆三菱重工相模原-Honda

■第1節(1月26日、花園)
◆三菱重工相模原-横河武蔵野
◆Honda-福岡サニックス

<<トップリーグチャレンジ2(C2)>>
◆横河武蔵野33(21-10)10中部電力(23日、秩父宮)
・前半9分、横河NO8竹中が先制T
Dscf7496
・後半序盤、中部の攻撃をしのいだ横河が切り返し17分、WTB14笠原がT。G成功し28-10へ。
Dscf7534
*横河5T4G(6、+6)、中部1T1G1P(5、-11)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)

◆横河武蔵野24(17-24)41マツダ(15日、コカ広島)
*横河4T2G(1)、マツダ5T5G2P(6、+5)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。前半1T。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、同志社大、大阪朝鮮高)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

◆中部電力39-27マツダ(12月7日、瑞穂)
*中部6T3G1P(5)、マツダ4T2G1P(1)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)


<入れ替え戦>
■関東大学リーグ戦1.2部(12月8日)
*山梨学院大が昇格。立正大は残留。
◆1部8位・拓殖大26(14-36)50山梨学院大2部1位(熊谷)
*拓殖4T3G、山梨7T6G1P
◎拓殖PR3具智元(グ・ジウォン、구지원1年、日本文理、韓国)。
「大学ラグビーは甘くない。春・夏がよくても最後まで頑張らないと結果が残せない。来年は下級生も含めて全員が頑張って1部に上がる!」
Dscf6393

◎拓殖SO13具智允(グ・ジユン、구지윤2年、日本文理、韓国)。
「ゲームをもっとコントロールしたい」
Dscf6391

◎拓殖WTB姜秉周(カン・ピョンジュ、강병주1年、日本文理、韓国)

■関西大学リーグ戦A・B(12月7日)
◆A8近畿大40(19-0)7大阪産業大B1
*近畿大残留。
◎近大SH21金孝玟(リ・ヒョムン、4年、大阪朝鮮)

<<TOPリーグ 1ST STAGE>>
<A>1:サントリー(30)、2:NEC(25)、3:神戸(24)、4:トヨタ(22)、5:NTTコム(19)、6:NTTドコモ(10)、7:織機(11)、8:九電(0)
<B>1:パナソニック(28)、2:ヤマハ(25)、3:東芝(23)、4:キヤノン(20、+26)、5:クボタ(20、-4)、6:近鉄(13)、7:リコー(9)、8:コーラ(6)

<<トップイースト>>
<順位>1:三菱相模原(45)、2:横河(37)、3:釜石(34)、4:栗田(29)、5:東ガス(26)、6:ヤクルト(18)、7:日野(16)、8:秋田(10)、9:IBM(5)、10:セコム(4)

◎日野WTB14金原用(キム・ウォンヨン、김원용、ポスコ建設、檀国大)。
Dscf6434
「来年も日野でラグビーをプレーしてTLへ上がりたい」
◎日野FL李基桓(イ・ギファン、이기환、檀国大)
13914hinolee
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。
Dscf6501

<<トップウェストA>>
1:Honda、2:中部電力、3:大阪府警、4:JR西日本

<<トップキュウシュウA>>
<順位>1:福岡サニックス、2:マツダ、3:中国電力、4:JR九州、5:鹿児島銀行、6:三菱重工長崎、7:新日鉄八幡

<<関東大学対抗戦A>>○=大学選手権出場
<順位>1:○帝京、2:○早稲田、3:○慶應、4:○筑波、5:○明治、6:青学、7:成蹊、8:日体
<<関東大学リーグ戦>>
<順位>1:○流経、2:○中大、3:○大東、4:○東海、5:○日大(16)、6:法政(16)、7:立正(13)、8:拓大

<<関東大学リーグ2部>>
<順位>1:山梨学院(28)、2:関東学院(25)、3:専修(22)、4:國學院(19)、5:東洋(16)、国士舘(13)、7:玉川(10)、8:白鴎(7)

<<関東大学リーグ3部>>
<順位>1:農大(25)、2:埼工大(25)、3:朝鮮(22)、4:東工大(19)、5:武道大(16)、6:防大(16)、7:城西(10)、8:理科大(7)

<<関西大学Aリーグ>>
<順位>1:○立命館、2:○同志社、3:○京都産業、4:○関西学

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2014

TLヤマハは東芝に敗れる、大学決勝など。

 1月11日からのラグビー。
 トップリーグは(TL)は2ND STAGEの6節。
 
 上位{A}。先週、府中ダービに敗れた5位・東芝(勝点16)と3位・ヤマハ(18)の対戦。東芝が4T3G1Pの29-15でヤマハを下し勝点21へ。ヤマハは変わらず。東芝が一歩プレーオフ進出TOP4入りに近づきました。いずれにしても最終戦、東芝、神戸、ヤマハの結果までもつれ込みそうですが。
 2位サントリーはキヤノンに58-25で大勝。キヤノンはパナとサントリーに大差で連敗、8位に沈没です。

 9位以下の{B}ではクボタが近鉄に勝ち5勝1敗(27)で首位を守りました。5節まで同じ勝点23で並んでいた豊田自動織機はリコーに敗れ2位へ。
 12日からはトップリーグ昇格を賭けた地域リーグ1位(三菱重工相模原、Honda、サニックス)+2位リーグVの横河武蔵野が加わったチャレンジシリーズ(TLC1)が始まります。4チームは、TL復活を目指す立場、接戦が期待できます。

 「第50回大学選手権」は12日に国立競技場で決勝戦、早稲田大VS帝京大戦です。5連覇に王手を賭けた帝京、ケガから復帰するNO8李聖彰(リ・ソンチャン)らもおり早稲田がどう挑むか?
 自陣ゴール前ディフェンスで敵のサイドのアタックに抜群のうまさを見せる早稲田。
 帝京はFWが前へ進み大外のBK陣を使う攻めが有効か?
 両校は47回大会決勝でぶつかり帝京が17-12で2連覇を遂げています。

<<TOP LEAGUE2013-14>>
<2NDステージ>
{A}
パナソニック(32+107)、サントリー(28+89)、東芝(21+32)、神戸(19+27)、ヤマハ(18-6)、トヨタ(10-66)、NEC(7-68)、キヤノン(7-115)
■第6節
◆パナソニック32(24-10)31神戸(11日、花園)
*パナソニック4T3G2P(32)、神戸4T4G1P(19+27)
◎パナLO4劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、檀国大)。
*キヤノンが劉のアタックを懸命に止める。
Dscf8418

◆サントリー58(24-22)25キヤノン(ニッパツ)
*サントリー8T6G2P(28)、キヤノン3T2G2P(7)
◎サントリーLO朴淳彩(パク・スンチェ、박순체、 POSCO、慶煕大)
Sun19
◎サントリーPR申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、福岡サニックス、NZクライストチャーチ高校)

◆ヤマハ15(10-17)29東芝(ヤマハ)
*ヤマハ2T1G1P(18-6)、東芝4T3G1P(21、+32)
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、朝鮮大)。後半38分T。
◎東芝LO19金光紋(イ・グァンムン、이광문、トヨタ、韓国電力、サントリー、高麗大)。後半37分から。
Dscf8569
◎東芝WTB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、三星重工業、東芝、高麗大)
Dscf8599

◆NEC11(11-11)14トヨタ自動車(瑞穂)
*NEC1T2P(7、-68)、トヨタ1T3P(10、-66)
◎NECPR23金光植(キム・グァンシク、김광식、POSCO-高麗大)。
Dscf8484

{B}
クボタ(27+78)、豊田自動織機(23+21)、近鉄(22+5)、リコー(20+52)、NTTコム(20-28)、コカ・コーラ(14-29)、九州電力(11-65)、NTTドコモ(9-34)
■第6節
◆クボタ20(10-3)17近鉄(11日、花園)
*クボタ3T1G1P(27、+78)、近鉄2T2G1P(22+5)
◎クボタSH李明根(り・ミョングン、이명근、ワールド、三星SDI、延世大)。
Dscf7320
◎クボタHO朴誠球(パク・ソング、박성구、NEC、ヤマハ、延世大)
Dscf7316
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원、大阪体育大)。
◎近鉄PR鄭貴弘(チョン・キホン、近畿大)
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、帝京大)
◎近鉄WTB11李陽(中国農業大)。

◆豊田自動織機14(0-17)41リコー(瑞穂)
*織機2T2G(18、+21)、リコー6T4G1P(20、+52)
◎織機LO5鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、帝京大)。

◆NTTコム27(10-14)21コカ・コーラ(佐賀)
*コム4T2G1P(20-28)、コーラ3T3G(14-29)

◆九州電力21(7-5)31NTTドコモ
*九電3T3G(11.-65)、ドコモ5T36G(9-34)
◎ドコモPR18許雄(ホ・ウン、延世大)
Dhon1
◎ドコモFL7金栄馬大(キム・ヨンデ)。後半6分。
Dkim1
◎ドコモPR張泰堉(関西学院大、大阪朝鮮高)。

<<トップリーグチャレンジ1(C1)>>
■第1節(1月12日、レベスタ)
◆Honda-横河武蔵野
◎HondaSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
Dscf7479
「C1は、どれだけ通用するか楽しみたい」
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)
Dscf7514

◆福岡サニックス-三菱重工相模原
◎サニックスFB15高健二(コ・ゴンイ、고건이, 千里馬C-関東学院大-大阪朝鮮高)
◎サニックスLO18黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)
◎サニックスCTB權正赫(クォン・ジョンヒョッ、권정혁,帝京大-朝明高。韓国)
◎三菱FL6李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)
「右足の手術も治り試合に出ます」

■第2節(1月19日、駒沢)
◆福岡サニックス-横河武蔵野
◆三菱重工相模原-Honda

■第1節(1月26日、花園)
◆三菱重工相模原-横河武蔵野
◆Honda-福岡サニックス

<<トップリーグチャレンジ2(C2)>>
◆横河武蔵野33(21-10)10中部電力(23日、秩父宮)
・前半9分、横河NO8竹中が先制T
Dscf7496
・後半序盤、中部の攻撃をしのいだ横河が切り返し17分、WTB14笠原がT。G成功し28-10へ。
Dscf7534
*横河5T4G(6、+6)、中部1T1G1P(5、-11)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)

◆横河武蔵野24(17-24)41マツダ(15日、コカ広島)
*横河4T2G(1)、マツダ5T5G2P(6、+5)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。前半1T。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、同志社大、大阪朝鮮高)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

◆中部電力39-27マツダ(12月7日、瑞穂)
*中部6T3G1P(5)、マツダ4T2G1P(1)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

<<第50回全国大学選手権大会>>
<トーナメント>
■決勝戦(14年1月12日、国立)
◆帝京大-早稲田大
*帝京。早稲田
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
「頑張って必ず優勝したいと思います」(携帯メールで)
Dscf6622
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
Dscf8060
「4年間の思いを決勝でぶつける。早稲田の目標は大学選手権の優勝です!」

■準決勝戦(1月2日、国立)
◆早稲田大29(10-8)11筑波大
*早稲田4T3G1P、筑波1T2P
◎早稲田・後藤監督「筑波の最大の強み、フォーワードのあたりブレイクダウンに早稲田は真正面から向き合う戦いをしました。前半、後半の序盤、攻め込まれてもトライを取られなかった。最後10分間で3つトライを取ったことが成果。(決勝は)精神力で臨む」
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)。前半1T。
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆帝京大45(10-7)14慶應大
*帝京7T5G、慶應2T2G
*締めのトライ後半40分、野田がラインを越えた。
Dscf8218
◎帝京・岩出監督「慶應の素晴らしいファイトに選手たちは久しぶりに受けてしまった。きびしい試合ができて次のゲームにつながる。決勝は1年間、成長した充実感を持てる終わり方をしたい。きびしい80分間をし続ける」
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO19金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
Dscf8208
「いいものはあるけど、李聖彰の後を継ぐにはまだまだ。」(岩出監督)
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。

<2ND STAGE グループリーグ戦>12月8、15、22日
☆A/帝京大21、大東文化大13、関西学院大7、朝日大0
☆B/筑波大18、流通経済大15、同志社大9、日本大0
☆C/慶應大13、明治大12、、立命館大11、東海大9
☆D/早稲田大20、京都産業大13、中央大9、大阪体育大3

■第3節(22日)
◆A帝京大76(31-14)19大東文化大(秩父宮)
*帝京11T9G1P(21)、大東3T2G(13)
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
「大学選手権には復帰できる」
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
「AチームとBチームの差が試合にでて分かる。Aで出続けて成長するようにしたい」
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
「右足首を練習で軽くひねった。準決勝から出ます。今日は上から見ていてバタバタした面がありましたね」

◆A関西学院大50(10-0)0朝日大(瑞穂)
*関学8T5G(7)、朝日(0)
◎関学PR3金寛泰(キム・ガンテ、3年、大阪朝鮮)
◎関学LO5金茂雄(キン・シゲオ、3年、尾道)。後半1T
◎関学WTB金尚浩(キム・サンホ、3年、大阪朝鮮)
◎関学FB15高陽日(コウ・ヤンイル、3年、大阪朝鮮)。後半1T

◆B筑波大36(19-3)11流通経済大(秩父宮)
*筑波SO山沢(1年)も上手いゲームメークを見せた。後半35分、自らボールを持ち突破、ラストパスで福岡へのトライにつなげる。
Dscf7415
*筑波5T4G1P(18)、流通1T2P(15)

◆B同志社大60(13-17)17日本大(瑞穂)
*同志社8T7G2P(9)、日本3T1G(0)
◎日大SO10金貴大(キム・キデ、1年、大阪朝鮮)
Nso10
「1年生でSOを任せてもらい、チームは僕に任せてくれていると思う。責任を感じてプレーしています」

◆C慶應大10(5-0)7東海大(熊谷)
*慶應2T(13)、東海1T1G(9)

◆C明治大10(3-12)12立命館大(花園)
*明治1T1G1P(12)、立命2T1G(11)
◎明治20NO8朴鐘圭(パク・ジョンギュ、4年、大阪朝鮮)。後半。
「チームは日本一になるという目標がある。そのために貢献したい」東海6T6G(8)

◆D早稲田大57(36-0)7中央大(熊谷)
*早稲田8T7G1P(20)、中央1T1G(9)
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)。前半1T。
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆D京都産業大31(7-12)24大阪体育大(花園)
*京都5T3G(13)、大阪4T2G(3)
◎京都FL7李智栄(リ・チヨン、1年、大阪朝鮮)
◎京都SH9梁正秋(リャン・ジョンチュ、3年、大阪朝鮮)。後半1T
◎京都PR16金亨志(キム・ヒョンジ、2年、大阪朝鮮)
◎体大PR1王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문、4学年、韓国/養正中)
Dscf6912
「卒業後は近鉄に入ります。チョルウオン(金哲元、SH)先輩と同じ道を目指したい」

<1ST STAGE>
☆朝日が2勝1位で全国大会へ。2位:福岡工大、3位:東北学院
■第1戦
◆福岡工業大61-22東北学院大(9日、春日公園)
*福工大9T(勝ち点6)、東北4T(0)

■第2戦
◆朝日大29(19-21)24福岡工業大(17日、瑞穂)

■第3戦
◆朝日大43(36-7)21東北学院大-(24日、熊谷)

<入れ替え戦>
■関東大学リーグ戦1.2部(12月8日)
*山梨学院大が昇格。立正大は残留。
◆1部8位・拓殖大26(14-36)50山梨学院大2部1位(熊谷)
*拓殖4T3G、山梨7T6G1P
◎拓殖PR3具智元(グ・ジウォン、구지원1年、日本文理、韓国)。
「大学ラグビーは甘くない。春・夏がよくても最後まで頑張らないと結果が残せない。来年は下級生も含めて全員が頑張って1部に上がる!」
Dscf6393

◎拓殖SO13具智允(グ・ジユン、구지윤2年、日本文理、韓国)。
「ゲームをもっとコントロールしたい」
Dscf6391

◎拓殖WTB姜秉周(カン・ピョンジュ、강병주1年、日本文理、韓国)

■関西大学リーグ戦A・B(12月7日)
◆A8近畿大40(19-0)7大阪産業大B1
*近畿大残留。
◎近大SH21金孝玟(リ・ヒョムン、4年、大阪朝鮮)

<<TOPリーグ 1ST STAGE>>
<A>1:サントリー(30)、2:NEC(25)、3:神戸(24)、4:トヨタ(22)、5:NTTコム(19)、6:NTTドコモ(10)、7:織機(11)、8:九電(0)
<B>1:パナソニック(28)、2:ヤマハ(25)、3:東芝(23)、4:キヤノン(20、+26)、5:クボタ(20、-4)、6:近鉄(13)、7:リコー(9)、8:コーラ(6)

<<トップイースト>>
<順位>1:三菱相模原(45)、2:横河(37)、3:釜石(34)、4:栗田(29)、5:東ガス(26)、6:ヤクルト(18)、7:日野(16)、8:秋田(10)、9:IBM(5)、10:セコム(4)

◎日野WTB14金原用(キム・ウォンヨン、김원용、ポスコ建設、檀国大)。
Dscf6434
「来年も日野でラグビーをプレーしてTLへ上がりたい」
◎日野FL李基桓(イ・ギファン、이기환、檀国大)
13914hinolee
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。
Dscf6501

<<トップウェストA>>
1:Honda、2:中部電力、3:大阪府警、4:JR西日本

<<トップキュウシュウA>>
<順位>1:福岡サニックス、2:マツダ、3:中国電力、4:JR九州、5:鹿児島銀行、6:三菱重工長崎、7:新日鉄八幡

<<関東大学対抗戦A>>○=大学選手権出場
<順位>1:○帝京、2:○早稲田、3:○慶應、4:○筑波、5:○明治、6:青学、7:成蹊、8:日体
<<関東大学リーグ戦>>
<順位>1:○流経、2:○中大、3:○大東、4:○東海、5:○日大(16)、6:法政(16)、7:立正(13)、8:拓大

<<関東大学リーグ2部>>
<順位>1:山梨学院(28)、2:関東学院(25)、3:専修(22)、4:國學院(19)、5:東洋(16)、国士舘(13)、7:玉川(10)、8:白鴎(7)

<<関東大学リーグ3部>>
<順位>1:農大(25)、2:埼工大(25)、3:朝鮮(22)、4:東工大(19)、5:武道大(16)、6:防大(16)、7:城西(10)、8:理科大(7)

<<関西大学Aリーグ>>
<順位>1:○立命館、2:○同志社、3:○京都産業、4:○関西学

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 07, 2014

東海大仰星が3度目の優勝!高校大会

 「第93回全国高校ラグビー大会」(花園大会)が12月27日(金)から14年1月7日(火)まで大阪・花園ラグビー場で行われました。

 決勝は東西のAシード、ともに展開ラグビーを目指す東海大仰星(大阪第一)と桐蔭学園(神奈川)が対戦。前半は7-7の同点で折り返しました。後半開始、桐蔭の攻めをしのいだ仰星が2トライしリード。
 しかし桐蔭も自陣からつなぐラグビーで1トライを返しました(19-14)。
 残り15分、お互いにアタック、ディフェンスを繰り返し、最後は桐蔭アタックを防いだ仰星に勝利の女神が微笑みました。仰星の優勝は7大会ぶり3度目(19-14)。
 
 1月5日(日)の準決勝で東海大仰星(大阪第一)と桐蔭学園(神奈川)が勝ち7日の決勝へ。
 
 1月3日(金)は準々決勝4試合。
 残念、高校ラグビー全国大会準々決勝第1試合、大阪朝鮮高は24(前半7-12)30東福岡高に敗れました。
 東が常に先行し朝高が追いすがる展開。
 しかし朝高は17-22の後半18分、東ゴール前に迫り反則を得るペナルティーゴール(PG)を狙わず左へボールを展開、トライを奪いトライ後のキックも決め24-22と逆転しました。
 3分後、東がPGで24-25と逆転。終了間際にトライし24-30へ。
 朝高、最後の攻撃は得点後のリスタートを朝高が前に落とし東のスクラムへ。ボールを外に蹴り出しノーサイドへ。
 朝高は強力FWが東ゴール前でモールを作るとFL7申賢志(2年)が3トライを奪う。リスータのボールやハイパントをCTB12金淳英(3年)がキャッチしランを見せるなど勝負しましたが、東の前に去りました。
 他の4強は、大阪勢の東海大仰星、大阪桐蔭二校、桐蔭学園(神奈川)です。

 元旦1月1日(水)は3回戦8試合が行われ大阪朝鮮高(大阪第三)が目黒学院(東京第一)を6Tの36-7で下し3年ぶりにベスト8へ進出。東京都予選決勝でで兄弟校・東京朝鮮高に勝った目黒を破りリベンジも果たしました。
Dscf7975

 東福岡、大阪勢の東海大仰星、大阪桐蔭二校、報徳学園(兵庫)、天理は流通経済大柏に逆転12-10で勝つなど西日本から6校がベスト8入りしました。東日本は秋田工業と桐蔭学園(神奈川)。今年も西高東低でした。
 準々決勝で大阪朝高は東福岡と第1試合の対戦が決定。

 12月30日(月)は2回戦が行われ大阪朝鮮(大阪第三)が登場、三島(愛媛)から11Tを奪い72-7で大勝しベスト16の3回戦(1月1日)へ進みました。3回戦では東京朝鮮を東京都予選決勝で破った目黒学院(東京第一)が相手です。
 また東福岡、佐賀工業、名護(沖縄)や天理、報徳学園、大阪桐蔭など関西勢も3回戦へ。

 27日は開会式後、1回戦8試合が行われ名護(沖縄)、東京(東京第二)、尾道(広島)、仙台育英(宮城)など強豪が2回戦へ進みました。
 28日は第3グランドで大量点の試合が続出。明和県央(群馬)が17Tで坂出第一(香川)を下すと、次の試合では春日丘(愛知)が19T121点で倉吉北(鳥取)を一蹴。
 話題の京都・桂は岡谷工(長野)に後半、追いつかれましたがインゴールにあげたパントのこぼれ球を抑えて19-12で初勝利を得ました。埼玉・浦和は前半5-5で折り返したものの後半、光泉(滋賀)にTを奪われ敗退しました。

<<第93回全国高校ラグビー大会>>
<決勝、1月7日>
◆東海大仰星(大阪第一)19(7-7)14桐蔭学園(神奈川)
*仰星3T2G、桐蔭2T2G

<準決勝、1月5日>
◆東海大仰星(大阪第一)27(15-0)12東福岡
*仰星4T2G1P、東福岡2T1G

◆桐蔭学園(神奈川)43(17-0)0大阪桐蔭(大阪第二)
*桐蔭7T4G

<準々決勝、1月3日>
◆東福岡30(12-7)24大阪朝鮮高(大阪第三)
*東福岡5T1G1P、朝鮮4T2G

◆桐蔭学園(神奈川)26(12-7)14天理(奈良)
*桐蔭4T3G、天理2T2G
*桐蔭が後半5分、天理に逆転されるも(12-14)慌てずに13分、天理ゴールライン前へ攻め込みフォワードが20フェーズ以上を重ねLO4がトライし逆転した(19-14)。さらに24分、14フェーズでFLがトライし試合を決めた。

◆東海大仰星(大阪第一)66(33-17)17報徳学園(兵庫)
*仰星10T8G、報徳3T1G

◆大阪桐蔭(大阪第二)41(17-3)3秋田工業
*桐蔭6T4G1P、秋田1P

<3回戦・1月1日>
■1
◆東海大仰星63(29-0)0名護(沖縄)
*仰星11T4G
*名護は攻めるも敵陣22Mへ数度しか入れなかった。
Dscf7865

■2
◆東福岡(福岡)42(27-5)19日川(山梨)
*東福岡6T3G2P、日川3T2G

■3
◆大阪朝鮮(大阪第三)36(14-7)7目黒学院(東京第一)
*大阪朝鮮6T2G、目黒1T1G
*前半11分、朝鮮FL7申賢志(右端)が」ラックからボールを持ち先制Tへ。
Dscf7909

*朝鮮大型FL6孫昇己(ソン・スンギ)も突破を見せるも「今日はだめでした」と反省。
Dscf7918

*朝鮮高・呉英吉監督が喜んだ後半19分、ラインアウト、モールからHO2朴成浩(パク・ソンホ)がT。
Dscf7962
◎朝鮮・呉監督
「目黒を(朝鮮の)自陣22M以内に入れさせないというプランニングを立てた。ラインアウトでプレッシャーをかけ続けるという指示を選手はしっかりやってくれた。(今日、SHは1年生を使ったのは)3年生・黄将基(ファン・チャンギ)がケガをしたことと動きの良さ、思い切りの良さに期待して。期待通り(前半18分のトライなど)モールのブラインドも良く見えていた。DFでも相手8番、10番に挑んでくれた。これから残っているチームは隙がないので対戦相手が決まったらじっくり分析して対戦方法を考える。今年のチームは突出した選手はいないが総合力で4年前のチームよりも上」

■4
◆天理(奈良)12(5-10)10流通経済大柏(千葉)
*天理2T1G、柏1T1G1P

■5
◆桐蔭学園(神奈川)41(19-0)10春日丘(愛知)
*桐蔭6T4G1P、1T1G1P

■6
◆秋田工業(秋田)14(7-0)12長崎南山(長崎)
*秋田2T2G、南山2T1G

■7
◆報徳学園(兵庫)20(8-6)20石見智翠館(島根)
*報徳3T1G1P、石見2T2G2P
*トライ数で報徳勝利。

■8
◆大阪桐蔭(大阪第二)34(19-3)17佐賀工
*大阪桐蔭5T3G1P、佐賀2T2G1P

<2回戦・30日>
■1
◆東海大仰星(大阪第一)-仙台育英(宮城)
◆名護(沖縄)28(14-5)5関商工(岐阜)
*名護4T4G
Dscf7786
*辺土名監督が喜んだラインアウト-モールで押し込みトライ。
Dscf7832
◎名護・辺土名斉朝監督「沖縄勢でこれまで最高と同じベスト16に進めて嬉しい。今日は小さい名護のモールで関商工からトライを取り切ってことが自信になる。前半10分すぎ関の名護ゴール前の攻撃を食い止めたのは3人組で行くディフェンスを練習してことが出た。2人目、3人目が低く鋭いタックルで体を張ってくれた。これからが僕たちの新しいチャレンジになる」

■2
◆東福岡(福岡)35(7-0)7尾道(広島)
*東福岡5T5G
*東のトライ。
Hftry

◆日川(山梨)34(12-5)5日本航空石川(石川)
*日川6T5G

■3
◆大阪朝鮮(大阪第三)72(34-0)7-三島(愛媛)
*大阪11T7G1P、三島1T1G
*前半5分、先制Tと決めた大阪FL6孫昇己(ソン・スンギ、192CM)。
Dscf7632

*後半10分には孫が2本目のトライ。
Dscf7691

◎大阪・呉英吉監督
Dscf7716
「目黒にはしっかり準備して大阪代表として東京代表に勝ちたい。チームは史上最強です」

◎大阪・金廉主将
Dscf7614
「全国一になるための第一歩の試合。緊張もあって隙が出た。修正する。目黒は東京朝高の分まで勝ちたい」

◆目黒学院(東京第一)47(26-5)22札幌山の手(南北海道)
*目黒7T6G、札幌4T1G
*目黒SOモエアキオラのトライ
Dscf7604

■4
◆天理(奈良)22(10-12)12東京(東京第二)
*天理4T1G、東京2T1G
◆流通経済大柏(千葉)39(7-5)39明和県央(群馬)
*柏5T3G2P

■5
◆桐蔭学園(神奈川)57(27-5)5桂(京都)
*桐蔭8T4G3P
◆平高(福島)0-27)46春日丘(愛知)
*春日丘7T4G1P

■6
◆長崎南山(長崎)56(36-3)15九州学院(熊本)
*南山10T3G
◆秋田工業(秋田)57(19-07-光泉(滋賀)

■7
◆報徳学園(兵庫)55(38-0)黒沢尻北(岩手)
*報徳9T7G
◆茗溪学園(茨城)12(7-7)21石見智翠館(島根)

■8
◆佐賀工76(26-0)3大津緑洋(山口)
◆大阪桐蔭(大阪第二)20(10-3)15國學院栃木

<1回戦、27-28日>
■1
◆仙台育英21(13-7)12大分舞鶴(大分)
◆関商工27(15-5)5土佐塾(高知)
◆名護79(36-7)7浜松工(静岡)

■2
◆尾道46(15-0)朝明(三重)
◆日本航空石川19(0-0)0倉敷工(岡山)

■3
◆三島(愛媛)53(31-0)0富山第一
◆札幌山の手15(5-0)5高鍋(宮崎)

■4
◆東京63(31-0)0城北(徳島)
◆明和県央(群馬)113(61-0)0坂出第一(香川)

■5
◆桂(京都)19(12-7)12岡谷工(長野)
◆平高(福島)14(0-12)12若狭(福井)
◆春日丘(愛知)121(72-0)0倉吉北(鳥取)

■6
◆九州学院(熊本)80(26-0)0山形中央
◆光泉(滋賀)22(5-5)12浦和(埼玉)

■7
◆黒沢尻北(岩手)36(10-3)3熊野(和歌山)
◆石見智翠館(島根)43(29-7)7青森北

■8
◆佐賀工17(0-3)13新潟工
◆大津緑洋(山口)18(12-8)13遠軽(北北海道)
◆國學院栃木55(21-0)7鹿児島工

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014年ラグビー日韓戦は5月17日、韓国日程発表。

 大韓ラグビー協会が、2014年の国際・国内大会の日程(案)を発表した。
 国際大会は15年ワールド杯アジア予選を兼ねるアジア5カ国対抗戦は4月26日(土)~5月24日(土)まで。
 日本×韓国は、5月17日(土)、会場は韓国・仁川市の予定だ。
 アジア大会(7人制)は会場となる仁川市で9月30日(火)~10月2日(木)の3日間、開催される。
 国内は、大学A、Bと一般=社会人、中学・高校が3月11日に始まる「2014春季リーグ戦」(会場・慶尚北道慶山市)が開幕戦となる。
 国体にあたる「第95回全国体育大会」(会場・済州市)は10月21日(火)から。

<主な国際大会>
◎HSBCアジア5カ国対抗 2014
/4月26日(土)~5月24日(土)
■韓国-スリランカ(4月26日、韓国)
■韓国-香港(5月10日、香港)
■韓国-日本(5月17日、韓国) 
■韓国-フィリピン(5月24日、フィリピン)

◎2014アジア大会(韓国・仁川市)
/9月30日(火)~10月2日(木)

◎2014 サニックスワールドユース大会(福岡)
/4月28日(土)~5月6日(火)

◎第22回韓国・日本・中国ジュニア総合大会(日本)
/8月23日(土)~8月29日(金)

<主な国内大会>
{10人、15人制}
◎2014春季リーグ戦(会場・慶尚北道慶山市)
■大学A・B・一般・中学・高校/3月11日(火)~3月24日(月)

◎第34回 忠武旗中高ラグビー大会(大田市)
■中学・高校/4月14日(月)~4月20日(日)

◎第43回 全国少年体育大会(仁川市)
■中学/5月24日(土)~5月27日(火)

◎第25回 大統領旗全国種別選手権大会(全羅南道・康津市)
■一般・大学・中学・高校/7月16日(水)~7月26日(土)

◎第41回 文化観光部長官旗全国中学高校大会(未定)
■中学・高校/8月21日(木)~8月27日(水)

◎第95回 全国体育大会(済州市)
■高校・大学&一般/10月21日(火)~10月27日(月)

{7人制}
◎2014 全国7人制ラグビー大会
■1次/4月4日(金)~4月6日(日)
■2次/11月7日(金)~11月9日(日)

◎第11回生活体育全国7人制ラグビー大会(江原道)
■8月10日(日)~8月11日(月)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2014

高校決勝は東海大仰星VS桐蔭学園

 「第93回全国高校ラグビー大会」(花園大会)が12月27日(金)に大阪・花園ラグビー場で始まりました。決勝は14年1月7日(火)。
 1月5日(日)の準決勝で東海大仰星(大阪第一)と桐蔭学園(神奈川)が勝ち7日の決勝へ。
 
 1月3日(金)は準々決勝4試合。
 残念、高校ラグビー全国大会準々決勝第1試合、大阪朝鮮高は24(前半7-12)30東福岡高に敗れました。
 東が常に先行し朝高が追いすがる展開。
 しかし朝高は17-22の後半18分、東ゴール前に迫り反則を得るペナルティーゴール(PG)を狙わず左へボールを展開、トライを奪いトライ後のキックも決め24-22と逆転しました。
 3分後、東がPGで24-25と逆転。終了間際にトライし24-30へ。
 朝高、最後の攻撃は得点後のリスタートを朝高が前に落とし東のスクラムへ。ボールを外に蹴り出しノーサイドへ。
 朝高は強力FWが東ゴール前でモールを作るとFL7申賢志(2年)が3トライを奪う。リスータのボールやハイパントをCTB12金淳英(3年)がキャッチしランを見せるなど勝負しましたが、東の前に去りました。
 他の4強は、大阪勢の東海大仰星、大阪桐蔭二校、桐蔭学園(神奈川)です。

 元旦1月1日(水)は3回戦8試合が行われ大阪朝鮮高(大阪第三)が目黒学院(東京第一)を6Tの36-7で下し3年ぶりにベスト8へ進出。東京都予選決勝でで兄弟校・東京朝鮮高に勝った目黒を破りリベンジも果たしました。
Dscf7975

 東福岡、大阪勢の東海大仰星、大阪桐蔭二校、報徳学園(兵庫)、天理は流通経済大柏に逆転12-10で勝つなど西日本から6校がベスト8入りしました。東日本は秋田工業と桐蔭学園(神奈川)。今年も西高東低でした。
 準々決勝で大阪朝高は東福岡と第1試合の対戦が決定。

 12月30日(月)は2回戦が行われ大阪朝鮮(大阪第三)が登場、三島(愛媛)から11Tを奪い72-7で大勝しベスト16の3回戦(1月1日)へ進みました。3回戦では東京朝鮮を東京都予選決勝で破った目黒学院(東京第一)が相手です。
 また東福岡、佐賀工業、名護(沖縄)や天理、報徳学園、大阪桐蔭など関西勢も3回戦へ。

 27日は開会式後、1回戦8試合が行われ名護(沖縄)、東京(東京第二)、尾道(広島)、仙台育英(宮城)など強豪が2回戦へ進みました。
 28日は第3グランドで大量点の試合が続出。明和県央(群馬)が17Tで坂出第一(香川)を下すと、次の試合では春日丘(愛知)が19T121点で倉吉北(鳥取)を一蹴。
 話題の京都・桂は岡谷工(長野)に後半、追いつかれましたがインゴールにあげたパントのこぼれ球を抑えて19-12で初勝利を得ました。埼玉・浦和は前半5-5で折り返したものの後半、光泉(滋賀)にTを奪われ敗退しました。

<<第93回全国高校ラグビー大会>>
<決勝、1月7日>
◆東海大仰星(大阪第一)-桐蔭学園(神奈川)

<準決勝、1月5日>
◆東海大仰星(大阪第一)27(15-0)12東福岡
*仰星4T2G1P、東福岡2T1G

◆桐蔭学園(神奈川)43(17-0)0大阪桐蔭(大阪第二)
*桐蔭7T4G

<準々決勝、1月3日>
◆東福岡30(12-7)24大阪朝鮮高(大阪第三)
*東福岡5T1G1P、朝鮮4T2G

◆桐蔭学園(神奈川)26(12-7)14天理(奈良)
*桐蔭4T3G、天理2T2G
*桐蔭が後半5分、天理に逆転されるも(12-14)慌てずに13分、天理ゴールライン前へ攻め込みフォワードが20フェーズ以上を重ねLO4がトライし逆転した(19-14)。さらに24分、14フェーズでFLがトライし試合を決めた。

◆東海大仰星(大阪第一)66(33-17)17報徳学園(兵庫)
*仰星10T8G、報徳3T1G

◆大阪桐蔭(大阪第二)41(17-3)3秋田工業
*桐蔭6T4G1P、秋田1P

<3回戦・1月1日>
■1
◆東海大仰星63(29-0)0名護(沖縄)
*仰星11T4G
*名護は攻めるも敵陣22Mへ数度しか入れなかった。
Dscf7865

■2
◆東福岡(福岡)42(27-5)19日川(山梨)
*東福岡6T3G2P、日川3T2G

■3
◆大阪朝鮮(大阪第三)36(14-7)7目黒学院(東京第一)
*大阪朝鮮6T2G、目黒1T1G
*前半11分、朝鮮FL7申賢志(右端)が」ラックからボールを持ち先制Tへ。
Dscf7909

*朝鮮大型FL6孫昇己(ソン・スンギ)も突破を見せるも「今日はだめでした」と反省。
Dscf7918

*朝鮮高・呉英吉監督が喜んだ後半19分、ラインアウト、モールからHO2朴成浩(パク・ソンホ)がT。
Dscf7962
◎朝鮮・呉監督
「目黒を(朝鮮の)自陣22M以内に入れさせないというプランニングを立てた。ラインアウトでプレッシャーをかけ続けるという指示を選手はしっかりやってくれた。(今日、SHは1年生を使ったのは)3年生・黄将基(ファン・チャンギ)がケガをしたことと動きの良さ、思い切りの良さに期待して。期待通り(前半18分のトライなど)モールのブラインドも良く見えていた。DFでも相手8番、10番に挑んでくれた。これから残っているチームは隙がないので対戦相手が決まったらじっくり分析して対戦方法を考える。今年のチームは突出した選手はいないが総合力で4年前のチームよりも上」

■4
◆天理(奈良)12(5-10)10流通経済大柏(千葉)
*天理2T1G、柏1T1G1P

■5
◆桐蔭学園(神奈川)41(19-0)10春日丘(愛知)
*桐蔭6T4G1P、1T1G1P

■6
◆秋田工業(秋田)14(7-0)12長崎南山(長崎)
*秋田2T2G、南山2T1G

■7
◆報徳学園(兵庫)20(8-6)20石見智翠館(島根)
*報徳3T1G1P、石見2T2G2P
*トライ数で報徳勝利。

■8
◆大阪桐蔭(大阪第二)34(19-3)17佐賀工
*大阪桐蔭5T3G1P、佐賀2T2G1P

<2回戦・30日>
■1
◆東海大仰星(大阪第一)-仙台育英(宮城)
◆名護(沖縄)28(14-5)5関商工(岐阜)
*名護4T4G
Dscf7786
*辺土名監督が喜んだラインアウト-モールで押し込みトライ。
Dscf7832
◎名護・辺土名斉朝監督「沖縄勢でこれまで最高と同じベスト16に進めて嬉しい。今日は小さい名護のモールで関商工からトライを取り切ってことが自信になる。前半10分すぎ関の名護ゴール前の攻撃を食い止めたのは3人組で行くディフェンスを練習してことが出た。2人目、3人目が低く鋭いタックルで体を張ってくれた。これからが僕たちの新しいチャレンジになる」

■2
◆東福岡(福岡)35(7-0)7尾道(広島)
*東福岡5T5G
*東のトライ。
Hftry

◆日川(山梨)34(12-5)5日本航空石川(石川)
*日川6T5G

■3
◆大阪朝鮮(大阪第三)72(34-0)7-三島(愛媛)
*大阪11T7G1P、三島1T1G
*前半5分、先制Tと決めた大阪FL6孫昇己(ソン・スンギ、192CM)。
Dscf7632

*後半10分には孫が2本目のトライ。
Dscf7691

◎大阪・呉英吉監督
Dscf7716
「目黒にはしっかり準備して大阪代表として東京代表に勝ちたい。チームは史上最強です」

◎大阪・金廉主将
Dscf7614
「全国一になるための第一歩の試合。緊張もあって隙が出た。修正する。目黒は東京朝高の分まで勝ちたい」

◆目黒学院(東京第一)47(26-5)22札幌山の手(南北海道)
*目黒7T6G、札幌4T1G
*目黒SOモエアキオラのトライ
Dscf7604

■4
◆天理(奈良)22(10-12)12東京(東京第二)
*天理4T1G、東京2T1G
◆流通経済大柏(千葉)39(7-5)39明和県央(群馬)
*柏5T3G2P

■5
◆桐蔭学園(神奈川)57(27-5)5桂(京都)
*桐蔭8T4G3P
◆平高(福島)0-27)46春日丘(愛知)
*春日丘7T4G1P

■6
◆長崎南山(長崎)56(36-3)15九州学院(熊本)
*南山10T3G
◆秋田工業(秋田)57(19-07-光泉(滋賀)

■7
◆報徳学園(兵庫)55(38-0)黒沢尻北(岩手)
*報徳9T7G
◆茗溪学園(茨城)12(7-7)21石見智翠館(島根)

■8
◆佐賀工76(26-0)3大津緑洋(山口)
◆大阪桐蔭(大阪第二)20(10-3)15國學院栃木

<1回戦、27-28日>
■1
◆仙台育英21(13-7)12大分舞鶴(大分)
◆関商工27(15-5)5土佐塾(高知)
◆名護79(36-7)7浜松工(静岡)

■2
◆尾道46(15-0)朝明(三重)
◆日本航空石川19(0-0)0倉敷工(岡山)

■3
◆三島(愛媛)53(31-0)0富山第一
◆札幌山の手15(5-0)5高鍋(宮崎)

■4
◆東京63(31-0)0城北(徳島)
◆明和県央(群馬)113(61-0)0坂出第一(香川)

■5
◆桂(京都)19(12-7)12岡谷工(長野)
◆平高(福島)14(0-12)12若狭(福井)
◆春日丘(愛知)121(72-0)0倉吉北(鳥取)

■6
◆九州学院(熊本)80(26-0)0山形中央
◆光泉(滋賀)22(5-5)12浦和(埼玉)

■7
◆黒沢尻北(岩手)36(10-3)3熊野(和歌山)
◆石見智翠館(島根)43(29-7)7青森北

■8
◆佐賀工17(0-3)13新潟工
◆大津緑洋(山口)18(12-8)13遠軽(北北海道)
◆國學院栃木55(21-0)7鹿児島工

| | Comments (0) | TrackBack (0)

パナがキヤノンに圧勝リベンジ。首位守る!

 新春、最初の1月2日からのラグビー(高校大会は別に掲載中)。
 トップリーグは(TL)は2ND STAGEの5節。1STで敗戦を喫したパナソニックがキヤノンと対戦、リベンジに挑み後半LO劉永男(ユ・ヨンナム)の2トライなど7トライで53対3と圧倒しました。勝ち点5を得て合計27で首位を守りました。5日の結果でパナは4位以上が確定しプレーオフ進出を決定しました。
Dscf8435

 この試合、韓国・延世大の金ドヒョン監督や新4年生が来日し観戦。
Dscf8439
 新主将・羅官榮(ナ・グァンヨン、右)は「劉先輩の活躍、恰好よかった。自分も日本でプレーしたい」と未来の選択が増えたようです。
Dscf8461

 5日は府中ダービー、東芝対サントリー戦。肉弾戦が展開、合計5度の逆転がある中、後半40分に東芝は29-30の1点差を覆すPGを得ました。この日、2G5PGをすべて決めていたSH小川が50mのPGを外しゲームセット。
Dscf8583
Dscf8595

 「第50回大学選手権」は2日に国立競技場で準決勝2試合が行われ早稲田大29-11筑波大、帝京大45-14となり2校が12日の決勝へ進出しました。
*帝京は前半10-7で折り返したが後半3分、ルーキーSO松田がトライし引き離しへ。
Dscf8175

 帝京は大会5連覇を狙い早稲田は3大会ぶりの決勝です。両校は47回大会決勝でぶつかり帝京が17-12で2連覇を遂げています。

<<TOP LEAGUE2013-14>>
<2NDステージ>
{A}
パナソニック(27+106)、サントリー(24+56)、ヤマハ(18+8)、神戸(17+28)、東芝(15+18)、キヤノン(7-82)、NEC(6-65)、トヨタ(1-69)
■第5節
◆パナソニック53(13-3)3キヤノン(4日、秩父宮)
*パナソニック7T6G2P(27)、キヤノン1P(7)
*パナSO10バーンズ、視野が広いプレーで自らもトライ(後半27分)
Dscf8398
*パナCTB22JPピーターセンは、自らキヤノンインゴールへボールを蹴り込み拾いトライ(後半24分)
Dscf8391

◎パナLO4劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、檀国大)。後半2トライ。
*キヤノンが劉のアタックを懸命に止める。
Dscf8418
*後半10分、左ラインアウトからモールで前進、ラックからSH田中のパスを受け1本目のトライ
Dscf8364
「前に負けたので今日は勝てて嬉しい。後半は自分たちのラグビーができた」

◆神戸33(12-10)17NEC(秩父宮)
*神戸5T4G(17)、NEC2T2G1P(6)
*NECはWTB22ナドロが後半31分、インターセプトからトライするも遅し。
Dscf8473

◎NECPR23金光植(キム・グァンシク、김광식、POSCO-高麗大)。後半からPR3。
Dscf8484
「タックルは何度も行けましたが」

◆サントリー30(16-14)29東芝(5日、味スタ)
*サントリー3T3G3P(24、+56)、東芝2T2G5P(16、+2)
*前半29分、東芝WTB宇薄がT
Dscf8537
*2G5PGを決めたSH小川
Dscf8512

◎サントリーLO朴淳彩(パク・スンチェ、박순체、 POSCO、慶煕大)
Sun19
◎サントリーPR申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、福岡サニックス、NZクライストチャーチ高校)
◎東芝LO19金光紋(イ・グァンムン、이광문、トヨタ、韓国電力、サントリー、高麗大)。
Dscf8569
Dscf8520
*前半5分FL7リーチ・マイケル主将が味方とぶつかり脳震盪で退場。一時的に李が入り前半18分に正式に交替で出場。たびたびゲインを見せていました。
「敵はジョージ・スミスでしたが、ゲインできました。次の2試合、メンバーに入れるように努力します」
大学同学年で早大と高麗大主将同士で戦ったライバルで親友・サントリーFL7佐々木は今日の李について「全然ダメ! たくさんノックオンしていた」と酷評(?)

◎東芝WTB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、三星重工業、東芝、高麗大)
Dscf8599

◆ヤマハ16(9-12)41トヨタ自動車(瑞穂)
*ヤマハ1T1G3P(18、+8)、トヨタ6T4G1P(6、-69)
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、朝鮮大)。

{B}
クボタ(23+75)、豊田自動織機(23+48)、近鉄(21+8)、リコー(15+25)、NTTコム(15-34)、コカ・コーラ(13-23)、九州電力(11-55)、NTTドコモ(4-44)
■第5節
◆クボタ28(21-0)12NTTドコモ(4日、長居2)
*クボタ4t4g(23、+75)、ドコモ2t1g(4)
◎クボタSH21李明根(り・ミョングン、이명근、ワールド、三星SDI、延世大)。後半20分。
Dscf7320
◎クボタHO朴誠球(パク・ソング、박성구、NEC、ヤマハ、延世大)
Dscf7316
◎ドコモPR18許雄(ホ・ウン、延世大)。後半27分。
Dhon1
◎ドコモFL19金栄馬大(キム・ヨンデ)。後半6分。
Dkim1
◎ドコモPR張泰堉(関西学院大、大阪朝鮮高)。

◆豊田自動織機34(15-7)21NTTコム(5日、瑞穂)
*織機5T3G1P(18、+48)、コム3T3G(15、-34)
◎織機LO5鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、帝京大)。

◆近鉄27(7-10)20コカ・コーラ(レベスタ)
*近鉄3T3G2P(21、+8)、コーラ2T2G2P(13、-23)
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원、大阪体育大)。
◎近鉄PR17鄭貴弘(チョン・キホン、近畿大)
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、帝京大)
◎近鉄WTB11李陽(中国農業大)。後半29分に逆転T

◆九州電力31(19リ12)29リコー(レベスタ)
*九電5T3G(11.-55)、リコー5T2G(15、+25)

<<トップリーグチャレンジ1(C1)>>
■第1節(1月12日、レベスタ)
◆Honda-横河武蔵野
◎HondaSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
Dscf7479
「C1は、どれだけ通用するか楽しみたい」
◎横河FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)
Dscf7514
「勝てて嬉しい」

◆福岡サニックス-三菱重工相模原
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)。後半
◎サニックスFB高健二(コ・ゴンイ、고건이, 千里馬C-関東学院大-大阪朝鮮高)
◎サニックスCTB權正赫(クォン・ジョンヒョッ、권정혁,帝京大-朝明高。韓国)
◎三菱NO8李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)
「右足の手術も治り1月から試合に出ます」

■第2節(1月19日、駒沢)
◆福岡サニックス-横河武蔵野
◆三菱重工相模原-Honda

■第1節(1月26日、花園)
◆三菱重工相模原-横河武蔵野
◆Honda-福岡サニックス

<<トップリーグチャレンジ2(C2)>>
◆横河武蔵野33(21-10)10中部電力(23日、秩父宮)
・前半9分、横河NO8竹中が先制T
Dscf7496
・後半序盤、中部の攻撃をしのいだ横河が切り返し17分、WTB14笠原がT。G成功し28-10へ。
Dscf7534
*横河5T4G(6、+6)、中部1T1G1P(5、-11)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)

◆横河武蔵野24(17-24)41マツダ(15日、コカ広島)
*横河4T2G(1)、マツダ5T5G2P(6、+5)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。前半1T。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、同志社大、大阪朝鮮高)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

◆中部電力39-27マツダ(12月7日、瑞穂)
*中部6T3G1P(5)、マツダ4T2G1P(1)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

<<第50回全国大学選手権大会>>
<トーナメント>
■決勝戦(14年1月12日、国立)

■準決勝戦(1月2日、国立)
◆早稲田大29(10-8)11筑波大
*早稲田4T3G1P、筑波1T2P
◎早稲田・後藤監督「筑波の最大の強み、フォーワードのあたりブレイクダウンに早稲田は真正面から向き合う戦いをしました。前半、後半の序盤、攻め込まれてもトライを取られなかった。最後10分間で3つトライを取ったことが成果。(決勝は)精神力で臨む」
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)。前半1T。
Dscf8060
Dscf8107
「筑波にトライを取られる気はしなかった。サイドのディフェンスはしっかり準備してきた。4年間の思いを決勝でぶつける。早稲田の目標は大学選手権の優勝です!」
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆帝京大45(10-7)14慶應大
*帝京7T5G、慶應2T2G
*締めのトライ後半40分、野田がラインを越えた。
Dscf8218
◎帝京・岩出監督「慶應の素晴らしいファイトに選手たちは久しぶりに受けてしまった。きびしい試合ができて次のゲームにつながる。決勝は1年間、成長した充実感を持てる終わり方をしたい。きびしい80分間をし続ける」
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO19金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
Dscf8208
「いいものはあるけど、李聖彰の後を継ぐにはまだまだ。」(岩出監督)

◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
「AチームとBチームの差が試合にでて分かる。Aで出続けて成長するようにしたい」
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
「右足首を練習で軽くひねった」
「決勝に備え、きょう(準決勝で)同じところを痛めても仕方ないので休ませました」(岩出監督)
Dscf6622

<2ND STAGE グループリーグ戦>12月8、15、22日
☆A/帝京大21、大東文化大13、関西学院大7、朝日大0
☆B/筑波大18、流通経済大15、同志社大9、日本大0
☆C/慶應大13、明治大12、、立命館大11、東海大9
☆D/早稲田大20、京都産業大13、中央大9、大阪体育大3

■第3節(22日)
◆A帝京大76(31-14)19大東文化大(秩父宮)
*帝京11T9G1P(21)、大東3T2G(13)
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
「大学選手権には復帰できる」
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
「AチームとBチームの差が試合にでて分かる。Aで出続けて成長するようにしたい」
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
「右足首を練習で軽くひねった。準決勝から出ます。今日は上から見ていてバタバタした面がありましたね」

◆A関西学院大50(10-0)0朝日大(瑞穂)
*関学8T5G(7)、朝日(0)
◎関学PR3金寛泰(キム・ガンテ、3年、大阪朝鮮)
◎関学LO5金茂雄(キン・シゲオ、3年、尾道)。後半1T
◎関学WTB金尚浩(キム・サンホ、3年、大阪朝鮮)
◎関学FB15高陽日(コウ・ヤンイル、3年、大阪朝鮮)。後半1T

◆B筑波大36(19-3)11流通経済大(秩父宮)
*筑波SO山沢(1年)も上手いゲームメークを見せた。後半35分、自らボールを持ち突破、ラストパスで福岡へのトライにつなげる。
Dscf7415
*筑波5T4G1P(18)、流通1T2P(15)

◆B同志社大60(13-17)17日本大(瑞穂)
*同志社8T7G2P(9)、日本3T1G(0)
◎日大SO10金貴大(キム・キデ、1年、大阪朝鮮)
Nso10
「1年生でSOを任せてもらい、チームは僕に任せてくれていると思う。責任を感じてプレーしています」

◆C慶應大10(5-0)7東海大(熊谷)
*慶應2T(13)、東海1T1G(9)

◆C明治大10(3-12)12立命館大(花園)
*明治1T1G1P(12)、立命2T1G(11)
◎明治20NO8朴鐘圭(パク・ジョンギュ、4年、大阪朝鮮)。後半。
「チームは日本一になるという目標がある。そのために貢献したい」東海6T6G(8)

◆D早稲田大57(36-0)7中央大(熊谷)
*早稲田8T7G1P(20)、中央1T1G(9)
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)。前半1T。
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆D京都産業大31(7-12)24大阪体育大(花園)
*京都5T3G(13)、大阪4T2G(3)
◎京都FL7李智栄(リ・チヨン、1年、大阪朝鮮)
◎京都SH9梁正秋(リャン・ジョンチュ、3年、大阪朝鮮)。後半1T
◎京都PR16金亨志(キム・ヒョンジ、2年、大阪朝鮮)
◎体大PR1王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문、4学年、韓国/養正中)
Dscf6912
「卒業後は近鉄に入ります。チョルウオン(金哲元、SH)先輩と同じ道を目指したい」

<1ST STAGE>
☆朝日が2勝1位で全国大会へ。2位:福岡工大、3位:東北学院
■第1戦
◆福岡工業大61-22東北学院大(9日、春日公園)
*福工大9T(勝ち点6)、東北4T(0)

■第2戦
◆朝日大29(19-21)24福岡工業大(17日、瑞穂)

■第3戦
◆朝日大43(36-7)21東北学院大-(24日、熊谷)

<入れ替え戦>
■関東大学リーグ戦1.2部(12月8日)
*山梨学院大が昇格。立正大は残留。
◆1部8位・拓殖大26(14-36)50山梨学院大2部1位(熊谷)
*拓殖4T3G、山梨7T6G1P
◎拓殖PR3具智元(グ・ジウォン、구지원1年、日本文理、韓国)。
「大学ラグビーは甘くない。春・夏がよくても最後まで頑張らないと結果が残せない。来年は下級生も含めて全員が頑張って1部に上がる!」
Dscf6393

◎拓殖SO13具智允(グ・ジユン、구지윤2年、日本文理、韓国)。
「ゲームをもっとコントロールしたい」
Dscf6391

◎拓殖WTB姜秉周(カン・ピョンジュ、강병주1年、日本文理、韓国)

■関西大学リーグ戦A・B(12月7日)
◆A8近畿大40(19-0)7大阪産業大B1
*近畿大残留。
◎近大SH21金孝玟(リ・ヒョムン、4年、大阪朝鮮)

<<TOPリーグ 1ST STAGE>>
<A>1:サントリー(30)、2:NEC(25)、3:神戸(24)、4:トヨタ(22)、5:NTTコム(19)、6:NTTドコモ(10)、7:織機(11)、8:九電(0)
<B>1:パナソニック(28)、2:ヤマハ(25)、3:東芝(23)、4:キヤノン(20、+26)、5:クボタ(20、-4)、6:近鉄(13)、7:リコー(9)、8:コーラ(6)

<<トップイースト>>
<順位>1:三菱相模原(45)、2:横河(37)、3:釜石(34)、4:栗田(29)、5:東ガス(26)、6:ヤクルト(18)、7:日野(16)、8:秋田(10)、9:IBM(5)、10:セコム(4)

◎日野WTB14金原用(キム・ウォンヨン、김원용、ポスコ建設、檀国大)。
Dscf6434
「来年も日野でラグビーをプレーしてTLへ上がりたい」
◎日野FL李基桓(イ・ギファン、이기환、檀国大)
13914hinolee
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。
Dscf6501

<<トップウェストA>>
1:Honda、2:中部電力、3:大阪府警、4:JR西日本

<<トップキュウシュウA>>
<順位>1:福岡サニックス、2:マツダ、3:中国電力、4:JR九州、5:鹿児島銀行、6:三菱重工長崎、7:新日鉄八幡

<<関東大学対抗戦A>>○=大学選手権出場
<順位>1:○帝京、2:○早稲田、3:○慶應、4:○筑波、5:○明治、6:青学、7:成蹊、8:日体
<<関東大学リーグ戦>>
<順位>1:○流経、2:○中大、3:○大東、4:○東海、5:○日大(16)、6:法政(16)、7:立正(13)、8:拓大

<<関東大学リーグ2部>>
<順位>1:山梨学院(28)、2:関東学院(25)、3:専修(22)、4:國學院(19)、5:東洋(16)、国士舘(13)、7:玉川(10)、8:白鴎(7)

<<関東大学リーグ3部>>
<順位>1:農大(25)、2:埼工大(25)、3:朝鮮(22)、4:東工大(19)、5:武道大(16)、6:防大(16)、7:城西(10)、8:理科大(7)

<<関西大学Aリーグ>>
<順位>1:○立命館、2:○同志社、3:○京都産業、4:○関西学院、5:○大阪体育、6:天理、7:関西、8:近畿

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2014

大阪朝高、敗れる。

 「第93回全国高校ラグビー大会」(花園大会)が12月27日(金)に大阪・花園ラグビー場で始まりました。決勝は14年1月7日(火)。
 1月3日(金)は準々決勝4試合。
 残念、高校ラグビー全国大会準々決勝第1試合、大阪朝鮮高は24(前半7-12)30東福岡高に敗れました。
 東が常に先行し朝高が追いすがる展開。
 しかし朝高は17-22の後半18分、東ゴール前に迫り反則を得るペナルティーゴール(PG)を狙わず左へボールを展開、トライを奪いトライ後のキックも決め24-22と逆転しました。
 3分後、東がPGで24-25と逆転。終了間際にトライし24-30へ。
 朝高、最後の攻撃は得点後のリスタートを朝高が前に落とし東のスクラムへ。ボールを外に蹴り出しノーサイドへ。
 朝高は強力FWが東ゴール前でモールを作るとFL7申賢志(2年)が3トライを奪う。リスータのボールやハイパントをCTB12金淳英(3年)がキャッチしランを見せるなど勝負しましたが、東の前に去りました。
 他の4強は、大阪勢の東海大仰星、大阪桐蔭二校、桐蔭学園(神奈川)です。

 元旦1月1日(水)は3回戦8試合が行われ大阪朝鮮高(大阪第三)が目黒学院(東京第一)を6Tの36-7で下し3年ぶりにベスト8へ進出。東京都予選決勝でで兄弟校・東京朝鮮高に勝った目黒を破りリベンジも果たしました。
Dscf7975

 東福岡、大阪勢の東海大仰星、大阪桐蔭二校、報徳学園(兵庫)、天理は流通経済大柏に逆転12-10で勝つなど西日本から6校がベスト8入りしました。東日本は秋田工業と桐蔭学園(神奈川)。今年も西高東低でした。
 準々決勝で大阪朝高は東福岡と第1試合の対戦が決定。

 12月30日(月)は2回戦が行われ大阪朝鮮(大阪第三)が登場、三島(愛媛)から11Tを奪い72-7で大勝しベスト16の3回戦(1月1日)へ進みました。3回戦では東京朝鮮を東京都予選決勝で破った目黒学院(東京第一)が相手です。
 また東福岡、佐賀工業、名護(沖縄)や天理、報徳学園、大阪桐蔭など関西勢も3回戦へ。

 27日は開会式後、1回戦8試合が行われ名護(沖縄)、東京(東京第二)、尾道(広島)、仙台育英(宮城)など強豪が2回戦へ進みました。
 28日は第3グランドで大量点の試合が続出。明和県央(群馬)が17Tで坂出第一(香川)を下すと、次の試合では春日丘(愛知)が19T121点で倉吉北(鳥取)を一蹴。
 話題の京都・桂は岡谷工(長野)に後半、追いつかれましたがインゴールにあげたパントのこぼれ球を抑えて19-12で初勝利を得ました。埼玉・浦和は前半5-5で折り返したものの後半、光泉(滋賀)にTを奪われ敗退しました。

<<第93回全国高校ラグビー大会>>
<準決勝、1月5日>
◆東福岡-東海大仰星(大阪第一)

◆◆桐蔭学園(神奈川)-大阪桐蔭(大阪第二)

<準々決勝、1月3日>
◆東福岡30(12-7)24大阪朝鮮高(大阪第三)
*東福岡5T1G1P、朝鮮4T2G

◆桐蔭学園(神奈川)26(12-7)14天理(奈良)
*桐蔭4T3G、天理2T2G
*桐蔭が後半5分、天理に逆転されるも(12-14)慌てずに13分、天理ゴールライン前へ攻め込みフォワードが20フェーズ以上を重ねLO4がトライし逆転した(19-14)。さらに24分、14フェーズでFLがトライし試合を決めた。

◆東海大仰星(大阪第一)66(33-17)17報徳学園(兵庫)
*仰星10T8G、報徳3T1G

◆大阪桐蔭(大阪第二)41(17-3)3秋田工業
*桐蔭6T4G1P、秋田1P

<3回戦・1月1日>
■1
◆東海大仰星63(29-0)0名護(沖縄)
*仰星11T4G
*名護は攻めるも敵陣22Mへ数度しか入れなかった。
Dscf7865

■2
◆東福岡(福岡)42(27-5)19日川(山梨)
*東福岡6T3G2P、日川3T2G

■3
◆大阪朝鮮(大阪第三)36(14-7)7目黒学院(東京第一)
*大阪朝鮮6T2G、目黒1T1G
*前半11分、朝鮮FL7申賢志(右端)が」ラックからボールを持ち先制Tへ。
Dscf7909

*朝鮮大型FL6孫昇己(ソン・スンギ)も突破を見せるも「今日はだめでした」と反省。
Dscf7918

*朝鮮高・呉英吉監督が喜んだ後半19分、ラインアウト、モールからHO2朴成浩(パク・ソンホ)がT。
Dscf7962
◎朝鮮・呉監督
「目黒を(朝鮮の)自陣22M以内に入れさせないというプランニングを立てた。ラインアウトでプレッシャーをかけ続けるという指示を選手はしっかりやってくれた。(今日、SHは1年生を使ったのは)3年生・黄将基(ファン・チャンギ)がケガをしたことと動きの良さ、思い切りの良さに期待して。期待通り(前半18分のトライなど)モールのブラインドも良く見えていた。DFでも相手8番、10番に挑んでくれた。これから残っているチームは隙がないので対戦相手が決まったらじっくり分析して対戦方法を考える。今年のチームは突出した選手はいないが総合力で4年前のチームよりも上」

■4
◆天理(奈良)12(5-10)10流通経済大柏(千葉)
*天理2T1G、柏1T1G1P

■5
◆桐蔭学園(神奈川)41(19-0)10春日丘(愛知)
*桐蔭6T4G1P、1T1G1P

■6
◆秋田工業(秋田)14(7-0)12長崎南山(長崎)
*秋田2T2G、南山2T1G

■7
◆報徳学園(兵庫)20(8-6)20石見智翠館(島根)
*報徳3T1G1P、石見2T2G2P
*トライ数で報徳勝利。

■8
◆大阪桐蔭(大阪第二)34(19-3)17佐賀工
*大阪桐蔭5T3G1P、佐賀2T2G1P

<2回戦・30日>
■1
◆東海大仰星(大阪第一)-仙台育英(宮城)
◆名護(沖縄)28(14-5)5関商工(岐阜)
*名護4T4G
Dscf7786
*辺土名監督が喜んだラインアウト-モールで押し込みトライ。
Dscf7832
◎名護・辺土名斉朝監督「沖縄勢でこれまで最高と同じベスト16に進めて嬉しい。今日は小さい名護のモールで関商工からトライを取り切ってことが自信になる。前半10分すぎ関の名護ゴール前の攻撃を食い止めたのは3人組で行くディフェンスを練習してことが出た。2人目、3人目が低く鋭いタックルで体を張ってくれた。これからが僕たちの新しいチャレンジになる」

■2
◆東福岡(福岡)35(7-0)7尾道(広島)
*東福岡5T5G
*東のトライ。
Hftry

◆日川(山梨)34(12-5)5日本航空石川(石川)
*日川6T5G

■3
◆大阪朝鮮(大阪第三)72(34-0)7-三島(愛媛)
*大阪11T7G1P、三島1T1G
*前半5分、先制Tと決めた大阪FL6孫昇己(ソン・スンギ、192CM)。
Dscf7632

*後半10分には孫が2本目のトライ。
Dscf7691

◎大阪・呉英吉監督
Dscf7716
「目黒にはしっかり準備して大阪代表として東京代表に勝ちたい。チームは史上最強です」

◎大阪・金廉主将
Dscf7614
「全国一になるための第一歩の試合。緊張もあって隙が出た。修正する。目黒は東京朝高の分まで勝ちたい」

◆目黒学院(東京第一)47(26-5)22札幌山の手(南北海道)
*目黒7T6G、札幌4T1G
*目黒SOモエアキオラのトライ
Dscf7604

■4
◆天理(奈良)22(10-12)12東京(東京第二)
*天理4T1G、東京2T1G
◆流通経済大柏(千葉)39(7-5)39明和県央(群馬)
*柏5T3G2P

■5
◆桐蔭学園(神奈川)57(27-5)5桂(京都)
*桐蔭8T4G3P
◆平高(福島)0-27)46春日丘(愛知)
*春日丘7T4G1P

■6
◆長崎南山(長崎)56(36-3)15九州学院(熊本)
*南山10T3G
◆秋田工業(秋田)57(19-07-光泉(滋賀)

■7
◆報徳学園(兵庫)55(38-0)黒沢尻北(岩手)
*報徳9T7G
◆茗溪学園(茨城)12(7-7)21石見智翠館(島根)

■8
◆佐賀工76(26-0)3大津緑洋(山口)
◆大阪桐蔭(大阪第二)20(10-3)15國學院栃木

<1回戦、27-28日>
■1
◆仙台育英21(13-7)12大分舞鶴(大分)
◆関商工27(15-5)5土佐塾(高知)
◆名護79(36-7)7浜松工(静岡)

■2
◆尾道46(15-0)朝明(三重)
◆日本航空石川19(0-0)0倉敷工(岡山)

■3
◆三島(愛媛)53(31-0)0富山第一
◆札幌山の手15(5-0)5高鍋(宮崎)

■4
◆東京63(31-0)0城北(徳島)
◆明和県央(群馬)113(61-0)0坂出第一(香川)

■5
◆桂(京都)19(12-7)12岡谷工(長野)
◆平高(福島)14(0-12)12若狭(福井)
◆春日丘(愛知)121(72-0)0倉吉北(鳥取)

■6
◆九州学院(熊本)80(26-0)0山形中央
◆光泉(滋賀)22(5-5)12浦和(埼玉)

■7
◆黒沢尻北(岩手)36(10-3)3熊野(和歌山)
◆石見智翠館(島根)43(29-7)7青森北

■8
◆佐賀工17(0-3)13新潟工
◆大津緑洋(山口)18(12-8)13遠軽(北北海道)
◆國學院栃木55(21-0)7鹿児島工

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2014

大学決勝は帝京対早稲田

 新年おめでとうございます。
 さて今週のラグビー(高校大会は別に掲載中)、「第50回大学選手権」は2日に国立競技場で準決勝2試合が行われ早稲田大29-11筑波大、帝京大45-14となり2校が12日の決勝へ進出しました。
*帝京は前半10-7で折り返したが後半3分、ルーキーSO松田がトライし引き離しへ。
Dscf8175

 帝京は大会5連覇を狙い早稲田は3大会ぶりの決勝です。両校は47回大会決勝でぶつかり帝京が17-12で2連覇を遂げています。
 トップリーグは(TL)は2ND STAGEの5節。1STで敗戦を喫したパナソニックがキヤノンと対戦、リベンジに挑みます。5日は府中ダービー、東芝対サントリー戦。

<<TOP LEAGUE2013-14>>
<2NDステージ>
{A}
パナソニック(27+106)、サントリー(19+55)、ヤマハ(18+33)、東芝(15+19)、神戸(17+28)、キヤノン(7-82)、NEC(6-65)、トヨタ(1-94)
■第5節
◆パナソニック53(13-3)3キヤノン(4日、秩父宮)
*パナソニック7t6g2p(27)、キヤノン1p(7)
◎パナLO4劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、檀国大)。後半2トライ。
Pana4
「前に負けたので今日は勝とうという強い気持ちで臨んだ」
◆神戸33(12-10)17NEC(秩父宮)
*神戸33(17)、NEC2t2g1p(6)
◎NECPR23金光植(キム・グァンシク、김광식、POSCO-高麗大)。後半から。
Nec23sc
Nec231

◆サントリー-東芝(5日、味スタ)
*サントリー(19)、東芝(15)
◎サントリーLO朴淳彩(パク・スンチェ、박순체、 POSCO、慶煕大)。後半
Sun19
◎サントリーPR申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、福岡サニックス、NZクライストチャーチ高校)
◎東芝LO19金光紋(イ・グァンムン、이광문、トヨタ、韓国電力、サントリー、高麗大)
◎東芝WTB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、三星重工業、東芝、高麗大)

◆ヤマハ-トヨタ自動車(瑞穂)
*ヤマハ(18)、トヨタ(1)
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、朝鮮大)。

{B}
クボタ(23+75)、豊田自動織機(18+35)、近鉄(17+1)、NTTコム(15-21)、リコー(13+27)、コカ・コーラ(12-12)、九州電力(6-57)、NTTドコモ(4-44)
■第5節
◆クボタ28(21-0)12NTTドコモ(4日、長居2)
*クボタ4t4g(23、+75)、ドコモ2t1g(4)
◎クボタSH21李明根(り・ミョングン、이명근、ワールド、三星SDI、延世大)。後半20分。
Dscf7320
◎クボタHO朴誠球(パク・ソング、박성구、NEC、ヤマハ、延世大)
Dscf7316
◎ドコモPR18許雄(ホ・ウン、延世大)。後半27分。
Dhon1
◎ドコモFL19金栄馬大(キム・ヨンデ)。後半6分。
Dkim1
◎ドコモPR張泰堉(関西学院大、大阪朝鮮高)。

◆豊田自動織機-NTTコム(5日、瑞穂)
*織機(18、+35)、コム(15)
◎織機LO5鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、帝京大)。

◆近鉄-コカ・コーラ(レベスタ)
*近鉄(17)、コーラ(12)
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원、大阪体育大)。
◎近鉄PR19鄭貴弘(チョン・キホン、近畿大)
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、帝京大)
◎近鉄WTB李陽(中国農業大)

◆リコー-九州電力(レベスタ)
*リコー(13)、九電(6)

<<トップリーグチャレンジ1(C1)>>
■第1節(1月12日、レベスタ)
◆Honda-横河武蔵野
◎HondaSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
Dscf7479
「C1は、どれだけ通用するか楽しみたい」
◎横河FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)
Dscf7514
「勝てて嬉しい」

◆福岡サニックス-三菱重工相模原
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)。後半
◎サニックスFB高健二(コ・ゴンイ、고건이, 千里馬C-関東学院大-大阪朝鮮高)
◎サニックスCTB權正赫(クォン・ジョンヒョッ、권정혁,帝京大-朝明高。韓国)
◎三菱NO8李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)
「右足の手術も治り1月から試合に出ます」

■第2節(1月19日、駒沢)
◆福岡サニックス-横河武蔵野
◆三菱重工相模原-Honda

■第1節(1月26日、花園)
◆三菱重工相模原-横河武蔵野
◆Honda-福岡サニックス

<<トップリーグチャレンジ2(C2)>>
◆横河武蔵野33(21-10)10中部電力(23日、秩父宮)
・前半9分、横河NO8竹中が先制T
Dscf7496
・後半序盤、中部の攻撃をしのいだ横河が切り返し17分、WTB14笠原がT。G成功し28-10へ。
Dscf7534
*横河5T4G(6、+6)、中部1T1G1P(5、-11)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)

◆横河武蔵野24(17-24)41マツダ(15日、コカ広島)
*横河4T2G(1)、マツダ5T5G2P(6、+5)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。前半1T。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、同志社大、大阪朝鮮高)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

◆中部電力39-27マツダ(12月7日、瑞穂)
*中部6T3G1P(5)、マツダ4T2G1P(1)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

<<第50回全国大学選手権大会>>
<トーナメント>
■決勝戦(14年1月12日、国立)

■準決勝戦(1月2日、国立)
◆早稲田大29(10-8)11筑波大
*早稲田4T3G1P、筑波1T2P
◎早稲田・後藤監督「筑波の最大の強み、フォーワードのあたりブレイクダウンに早稲田は真正面から向き合う戦いをしました。前半、後半の序盤、攻め込まれてもトライを取られなかった。最後10分間で3つトライを取ったことが成果。(決勝は)精神力で臨む」
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)。前半1T。
Dscf8060
Dscf8107
「筑波にトライを取られる気はしなかった。サイドのディフェンスはしっかり準備してきた。4年間の思いを決勝でぶつける。早稲田の目標は大学選手権の優勝です!」
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆帝京大45(10-7)14慶應大
*帝京7T5G、慶應2T2G
*締めのトライ後半40分、野田がラインを越えた。
Dscf8218
◎帝京・岩出監督「慶應の素晴らしいファイトに選手たちは久しぶりに受けてしまった。きびしい試合ができて次のゲームにつながる。決勝は1年間、成長した充実感を持てる終わり方をしたい。きびしい80分間をし続ける」
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO19金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
Dscf8208
「いいものはあるけど、李聖彰の後を継ぐにはまだまだ。」(岩出監督)

◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
「AチームとBチームの差が試合にでて分かる。Aで出続けて成長するようにしたい」
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
「右足首を練習で軽くひねった」
「決勝に備え、きょう(準決勝で)同じところを痛めても仕方ないので休ませました」(岩出監督)
Dscf6622

<2ND STAGE グループリーグ戦>12月8、15、22日
☆A/帝京大21、大東文化大13、関西学院大7、朝日大0
☆B/筑波大18、流通経済大15、同志社大9、日本大0
☆C/慶應大13、明治大12、、立命館大11、東海大9
☆D/早稲田大20、京都産業大13、中央大9、大阪体育大3

■第3節(22日)
◆A帝京大76(31-14)19大東文化大(秩父宮)
*帝京11T9G1P(21)、大東3T2G(13)
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
「大学選手権には復帰できる」
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
「AチームとBチームの差が試合にでて分かる。Aで出続けて成長するようにしたい」
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
「右足首を練習で軽くひねった。準決勝から出ます。今日は上から見ていてバタバタした面がありましたね」

◆A関西学院大50(10-0)0朝日大(瑞穂)
*関学8T5G(7)、朝日(0)
◎関学PR3金寛泰(キム・ガンテ、3年、大阪朝鮮)
◎関学LO5金茂雄(キン・シゲオ、3年、尾道)。後半1T
◎関学WTB金尚浩(キム・サンホ、3年、大阪朝鮮)
◎関学FB15高陽日(コウ・ヤンイル、3年、大阪朝鮮)。後半1T

◆B筑波大36(19-3)11流通経済大(秩父宮)
*筑波SO山沢(1年)も上手いゲームメークを見せた。後半35分、自らボールを持ち突破、ラストパスで福岡へのトライにつなげる。
Dscf7415
*筑波5T4G1P(18)、流通1T2P(15)

◆B同志社大60(13-17)17日本大(瑞穂)
*同志社8T7G2P(9)、日本3T1G(0)
◎日大SO10金貴大(キム・キデ、1年、大阪朝鮮)
Nso10
「1年生でSOを任せてもらい、チームは僕に任せてくれていると思う。責任を感じてプレーしています」

◆C慶應大10(5-0)7東海大(熊谷)
*慶應2T(13)、東海1T1G(9)

◆C明治大10(3-12)12立命館大(花園)
*明治1T1G1P(12)、立命2T1G(11)
◎明治20NO8朴鐘圭(パク・ジョンギュ、4年、大阪朝鮮)。後半。
「チームは日本一になるという目標がある。そのために貢献したい」東海6T6G(8)

◆D早稲田大57(36-0)7中央大(熊谷)
*早稲田8T7G1P(20)、中央1T1G(9)
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)。前半1T。
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆D京都産業大31(7-12)24大阪体育大(花園)
*京都5T3G(13)、大阪4T2G(3)
◎京都FL7李智栄(リ・チヨン、1年、大阪朝鮮)
◎京都SH9梁正秋(リャン・ジョンチュ、3年、大阪朝鮮)。後半1T
◎京都PR16金亨志(キム・ヒョンジ、2年、大阪朝鮮)
◎体大PR1王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문、4学年、韓国/養正中)
Dscf6912
「卒業後は近鉄に入ります。チョルウオン(金哲元、SH)先輩と同じ道を目指したい」

<1ST STAGE>
☆朝日が2勝1位で全国大会へ。2位:福岡工大、3位:東北学院
■第1戦
◆福岡工業大61-22東北学院大(9日、春日公園)
*福工大9T(勝ち点6)、東北4T(0)

■第2戦
◆朝日大29(19-21)24福岡工業大(17日、瑞穂)

■第3戦
◆朝日大43(36-7)21東北学院大-(24日、熊谷)

<入れ替え戦>
■関東大学リーグ戦1.2部(12月8日)
*山梨学院大が昇格。立正大は残留。
◆1部8位・拓殖大26(14-36)50山梨学院大2部1位(熊谷)
*拓殖4T3G、山梨7T6G1P
◎拓殖PR3具智元(グ・ジウォン、구지원1年、日本文理、韓国)。
「大学ラグビーは甘くない。春・夏がよくても最後まで頑張らないと結果が残せない。来年は下級生も含めて全員が頑張って1部に上がる!」
Dscf6393

◎拓殖SO13具智允(グ・ジユン、구지윤2年、日本文理、韓国)。
「ゲームをもっとコントロールしたい」
Dscf6391

◎拓殖WTB姜秉周(カン・ピョンジュ、강병주1年、日本文理、韓国)

■関西大学リーグ戦A・B(12月7日)
◆A8近畿大40(19-0)7大阪産業大B1
*近畿大残留。
◎近大SH21金孝玟(リ・ヒョムン、4年、大阪朝鮮)

<<TOPリーグ 1ST STAGE>>
<A>1:サントリー(30)、2:NEC(25)、3:神戸(24)、4:トヨタ(22)、5:NTTコム(19)、6:NTTドコモ(10)、7:織機(11)、8:九電(0)
<B>1:パナソニック(28)、2:ヤマハ(25)、3:東芝(23)、4:キヤノン(20、+26)、5:クボタ(20、-4)、6:近鉄(13)、7:リコー(9)、8:コーラ(6)

<<トップイースト>>
<順位>1:三菱相模原(45)、2:横河(37)、3:釜石(34)、4:栗田(29)、5:東ガス(26)、6:ヤクルト(18)、7:日野(16)、8:秋田(10)、9:IBM(5)、10:セコム(4)

◎日野WTB14金原用(キム・ウォンヨン、김원용、ポスコ建設、檀国大)。
Dscf6434
「来年も日野でラグビーをプレーしてTLへ上がりたい」
◎日野FL李基桓(イ・ギファン、이기환、檀国大)
13914hinolee
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。
Dscf6501

<<トップウェストA>>
1:Honda、2:中部電力、3:大阪府警、4:JR西日本

<<トップキュウシュウA>>
<順位>1:福岡サニックス、2:マツダ、3:中国電力、4:JR九州、5:鹿児島銀行、6:三菱重工長崎、7:新日鉄八幡

<<関東大学対抗戦A>>○=大学選手権出場
<順位>1:○帝京、2:○早稲田、3:○慶應、4:○筑波、5:○明治、6:青学、7:成蹊、8:日体
<<関東大学リーグ戦>>
<順位>1:○流経、2:○中大、3:○大東、4:○東海、5:○日大(16)、6:法政(16)、7:立正(13)、8:拓大

<<関東大学リーグ2部>>
<順位>1:山梨学院(28)、2:関東学院(25)、3:専修(22)、4:國學院(19)、5:東洋(16)、国士舘(13)、7:玉川(10)、8:白鴎(7)

<<関東大学リーグ3部>>
<順位>1:農大(25)、2:埼工大(25)、3:朝鮮(22)、4:東工大(19)、5:武道大(16)、6:防大(16)、7:城西(10)、8:理科大(7)

<<関西大学Aリーグ>>
<順位>1:○立命館、2:○同志社、3:○京都産業、4:○関西学院、5:○大阪体育、6:天理、7:関西、8:近畿

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2014

大阪朝鮮、東福岡、天理などが8強入り。

 「第93回全国高校ラグビー大会」(花園大会)が12月27日(金)に大阪・花園ラグビー場で始まりました。決勝は14年1月7日(火)。

 元旦1月1日(水)は3回戦8試合が行われ大阪朝鮮高(大阪第三)が目黒学院(東京第一)を6Tの36-7で下し3年ぶりにベスト8へ進出。東京都予選決勝でで兄弟校・東京朝鮮高に勝った目黒を破りリベンジも果たしました。
Dscf7975

 東福岡、大阪勢の東海大仰星、大阪桐蔭二校、報徳学園(兵庫)、天理は流通経済大柏に逆転12-10で勝つなど西日本から6校がベスト8入りしました。東日本は秋田工業と桐蔭学園(神奈川)。今年も西高東低でした。
 準々決勝で大阪朝高は東福岡と第1試合の対戦が決定。

 12月30日(月)は2回戦が行われ大阪朝鮮(大阪第三)が登場、三島(愛媛)から11Tを奪い72-7で大勝しベスト16の3回戦(1月1日)へ進みました。3回戦では東京朝鮮を東京都予選決勝で破った目黒学院(東京第一)が相手です。
 また東福岡、佐賀工業、名護(沖縄)や天理、報徳学園、大阪桐蔭など関西勢も3回戦へ。

 27日は開会式後、1回戦8試合が行われ名護(沖縄)、東京(東京第二)、尾道(広島)、仙台育英(宮城)など強豪が2回戦へ進みました。
 28日は第3グランドで大量点の試合が続出。明和県央(群馬)が17Tで坂出第一(香川)を下すと、次の試合では春日丘(愛知)が19T121点で倉吉北(鳥取)を一蹴。
 話題の京都・桂は岡谷工(長野)に後半、追いつかれましたがインゴールにあげたパントのこぼれ球を抑えて19-12で初勝利を得ました。埼玉・浦和は前半5-5で折り返したものの後半、光泉(滋賀)にTを奪われ敗退しました。

<<第93回全国高校ラグビー大会>>
<準々決勝、1月3日>
◆東福岡-大阪朝鮮高(大阪第三)

◆天理(奈良)-桐蔭学園(神奈川)

◆東海大仰星(大阪第一)-報徳学園(兵庫)

◆大阪桐蔭(大阪第二)-秋田工業

<3回戦・1月1日>
■1
◆東海大仰星63(29-0)0名護(沖縄)
*仰星11T4G
*名護は攻めるも敵陣22Mへ数度しか入れなかった。
Dscf7865

■2
◆東福岡(福岡)42(27-5)19日川(山梨)
*東福岡6T3G2P、日川3T2G

■3
◆大阪朝鮮(大阪第三)36(14-7)7目黒学院(東京第一)
*大阪朝鮮6T2G、目黒1T1G
*前半11分、朝鮮FL7申賢志(右端)が」ラックからボールを持ち先制Tへ。
Dscf7909

*朝鮮大型FL6孫昇己(ソン・スンギ)も突破を見せるも「今日はだめでした」と反省。
Dscf7918

*朝鮮高・呉英吉監督が喜んだ後半19分、ラインアウト、モールからHO2朴成浩(パク・ソンホ)がT。
Dscf7962
◎朝鮮・呉監督
「目黒を(朝鮮の)自陣22M以内に入れさせないというプランニングを立てた。ラインアウトでプレッシャーをかけ続けるという指示を選手はしっかりやってくれた。(今日、SHは1年生を使ったのは)3年生・黄将基(ファン・チャンギ)がケガをしたことと動きの良さ、思い切りの良さに期待して。期待通り(前半18分のトライなど)モールのブラインドも良く見えていた。DFでも相手8番、10番に挑んでくれた。これから残っているチームは隙がないので対戦相手が決まったらじっくり分析して対戦方法を考える。今年のチームは突出した選手はいないが総合力で4年前のチームよりも上」

■4
◆天理(奈良)12(5-10)10流通経済大柏(千葉)
*天理2T1G、柏1T1G1P

■5
◆桐蔭学園(神奈川)41(19-0)10春日丘(愛知)
*桐蔭6T4G1P、1T1G1P

■6
◆秋田工業(秋田)14(7-0)12長崎南山(長崎)
*秋田2T2G、南山2T1G

■7
◆報徳学園(兵庫)20(8-6)20石見智翠館(島根)
*報徳3T1G1P、石見2T2G2P
*トライ数で報徳勝利。

■8
◆大阪桐蔭(大阪第二)34(19-3)17佐賀工
*大阪桐蔭5T3G1P、佐賀2T2G1P

<2回戦・30日>
■1
◆東海大仰星(大阪第一)-仙台育英(宮城)
◆名護(沖縄)28(14-5)5関商工(岐阜)
*名護4T4G
Dscf7786
*辺土名監督が喜んだラインアウト-モールで押し込みトライ。
Dscf7832
◎名護・辺土名斉朝監督「沖縄勢でこれまで最高と同じベスト16に進めて嬉しい。今日は小さい名護のモールで関商工からトライを取り切ってことが自信になる。前半10分すぎ関の名護ゴール前の攻撃を食い止めたのは3人組で行くディフェンスを練習してことが出た。2人目、3人目が低く鋭いタックルで体を張ってくれた。これからが僕たちの新しいチャレンジになる」

■2
◆東福岡(福岡)35(7-0)7尾道(広島)
*東福岡5T5G
*東のトライ。
Hftry

◆日川(山梨)34(12-5)5日本航空石川(石川)
*日川6T5G

■3
◆大阪朝鮮(大阪第三)72(34-0)7-三島(愛媛)
*大阪11T7G1P、三島1T1G
*前半5分、先制Tと決めた大阪FL6孫昇己(ソン・スンギ、192CM)。
Dscf7632

*後半10分には孫が2本目のトライ。
Dscf7691

◎大阪・呉英吉監督
Dscf7716
「目黒にはしっかり準備して大阪代表として東京代表に勝ちたい。チームは史上最強です」

◎大阪・金廉主将
Dscf7614
「全国一になるための第一歩の試合。緊張もあって隙が出た。修正する。目黒は東京朝高の分まで勝ちたい」

◆目黒学院(東京第一)47(26-5)22札幌山の手(南北海道)
*目黒7T6G、札幌4T1G
*目黒SOモエアキオラのトライ
Dscf7604

■4
◆天理(奈良)22(10-12)12東京(東京第二)
*天理4T1G、東京2T1G
◆流通経済大柏(千葉)39(7-5)39明和県央(群馬)
*柏5T3G2P

■5
◆桐蔭学園(神奈川)57(27-5)5桂(京都)
*桐蔭8T4G3P
◆平高(福島)0-27)46春日丘(愛知)
*春日丘7T4G1P

■6
◆長崎南山(長崎)56(36-3)15九州学院(熊本)
*南山10T3G
◆秋田工業(秋田)57(19-07-光泉(滋賀)

■7
◆報徳学園(兵庫)55(38-0)黒沢尻北(岩手)
*報徳9T7G
◆茗溪学園(茨城)12(7-7)21石見智翠館(島根)

■8
◆佐賀工76(26-0)3大津緑洋(山口)
◆大阪桐蔭(大阪第二)20(10-3)15國學院栃木

<1回戦、27-28日>
■1
◆仙台育英21(13-7)12大分舞鶴(大分)
◆関商工27(15-5)5土佐塾(高知)
◆名護79(36-7)7浜松工(静岡)

■2
◆尾道46(15-0)朝明(三重)
◆日本航空石川19(0-0)0倉敷工(岡山)

■3
◆三島(愛媛)53(31-0)0富山第一
◆札幌山の手15(5-0)5高鍋(宮崎)

■4
◆東京63(31-0)0城北(徳島)
◆明和県央(群馬)113(61-0)0坂出第一(香川)

■5
◆桂(京都)19(12-7)12岡谷工(長野)
◆平高(福島)14(0-12)12若狭(福井)
◆春日丘(愛知)121(72-0)0倉吉北(鳥取)

■6
◆九州学院(熊本)80(26-0)0山形中央
◆光泉(滋賀)22(5-5)12浦和(埼玉)

■7
◆黒沢尻北(岩手)36(10-3)3熊野(和歌山)
◆石見智翠館(島根)43(29-7)7青森北

■8
◆佐賀工17(0-3)13新潟工
◆大津緑洋(山口)18(12-8)13遠軽(北北海道)
◆國學院栃木55(21-0)7鹿児島工

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2日は大学準決勝!

 新年おめでとうございます。
 昨日から大阪で初めての年明けを過ごしました。
 さて今週のラグビー(高校大会は別に掲載中)、大学選手権は2日に国立競技場で準決勝2試合。
 トップリーグは(TL)は2ND STAGEの5節。1STで敗戦を喫したパナソニックがキヤノンと対戦、リベンジに挑みます。5日は府中ダービー、東芝対サントリー戦。

<<TOP LEAGUE2013-14>>
<2NDステージ>
{A}
パナソニック(22+56)、サントリー(19+55)、ヤマハ(18+33)、東芝(15+19)、神戸(12+12)、キヤノン(7-32)、NEC(6-49)、トヨタ(1-94)
■第5節
◆パナソニック-キヤノン(4日、秩父宮)
*パナソニック(22)、キヤノン(7)
◎パナLO劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、檀国大)。
Pana4

◆神戸-NEC(秩父宮)
*神戸(12)、NEC(6)
◎NECPR金光植(キム・グァンシク、김광식、POSCO-高麗大)。
Nec23sc
Nec231

◆サントリー-東芝(5日、味スタ)
*サントリー(19)、東芝(15)
◎サントリーLO朴淳彩(パク・スンチェ、박순체、 POSCO、慶煕大)。後半
Sun19
◎サントリーPR申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、福岡サニックス、NZクライストチャーチ高校)
◎東芝LO金光紋(イ・グァンムン、이광문、トヨタ、韓国電力、サントリー、高麗大)
◎東芝WTB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、三星重工業、東芝、高麗大)

◆ヤマハ-トヨタ自動車(瑞穂)
*ヤマハ(18)、トヨタ(1)
◎ヤマハWTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、朝鮮大)。

{B}
クボタ(18+59)、豊田自動織機(18+35)、近鉄(17+1)、NTTコム(15-21)、リコー(13+27)、コカ・コーラ(12-12)、九州電力(6-57)、NTTドコモ(4-28)
■第5節
◆クボタ-NTTドコモ(4日、長居2)
*クボタ(18、+59)、ドコモ(4)
◎クボタSH李明根(り・ミョングン、이명근、ワールド、三星SDI、延世大)
Dscf7320
◎クボタHO朴誠球(パク・ソング、박성구、NEC、ヤマハ、延世大)
Dscf7316
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、延世大)。
Dhon1
◎ドコモFL金栄馬大(キム・ヨンデ)。
Dkim1
◎ドコモPR張泰堉(関西学院大、大阪朝鮮高)。

◆豊田自動織機-NTTコム(5日、瑞穂)
*織機(18、+35)、コム(15)
◎織機LO鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、帝京大)。

◆近鉄-コカ・コーラ(レベスタ)
*近鉄(17)、コーラ(12)
◎近鉄SH金哲元(キム・チョルウォン、김철원、大阪体育大)。
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、帝京大)
◎近鉄WTB李陽(中国農業大)

◆リコー-九州電力(レベスタ)
*リコー(13)、九電(6)

<<トップリーグチャレンジ1(C1)>>
■第1節(1月12日、レベスタ)
◆Honda-横河武蔵野
◎HondaSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
Dscf7479
「C1は、どれだけ通用するか楽しみたい」
◎横河FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)
Dscf7514
「勝てて嬉しい」

◆福岡サニックス-三菱重工相模原
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)。後半
◎サニックスFB高健二(コ・ゴンイ、고건이, 千里馬C-関東学院大-大阪朝鮮高)
◎サニックスCTB權正赫(クォン・ジョンヒョッ、권정혁,帝京大-朝明高。韓国)
◎三菱NO8李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)
「右足の手術も治り1月から試合に出ます」

■第2節(1月19日、駒沢)
◆福岡サニックス-横河武蔵野
◆三菱重工相模原-Honda

■第1節(1月26日、花園)
◆三菱重工相模原-横河武蔵野
◆Honda-福岡サニックス

<<トップリーグチャレンジ2(C2)>>
◆横河武蔵野33(21-10)10中部電力(23日、秩父宮)
・前半9分、横河NO8竹中が先制T
Dscf7496
・後半序盤、中部の攻撃をしのいだ横河が切り返し17分、WTB14笠原がT。G成功し28-10へ。
Dscf7534
*横河5T4G(6、+6)、中部1T1G1P(5、-11)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)

◆横河武蔵野24(17-24)41マツダ(15日、コカ広島)
*横河4T2G(1)、マツダ5T5G2P(6、+5)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。前半1T。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、同志社大、大阪朝鮮高)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

◆中部電力39-27マツダ(12月7日、瑞穂)
*中部6T3G1P(5)、マツダ4T2G1P(1)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

<<第50回全国大学選手権大会>>
<トーナメント>
■決勝戦(14年1月12日、国立)

■準決勝戦(1月2日、国立)
◆早稲田大-筑波大
*早稲田、筑波
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)。前半1T。
Dscf6952
「自分たちのラグビーをやるだけです」
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆帝京大-慶應大
*帝京、慶應
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO19金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
「AチームとBチームの差が試合にでて分かる。Aで出続けて成長するようにしたい」
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
「右足首を練習で軽くひねった」
Dscf6622

<2ND STAGE グループリーグ戦>12月8、15、22日
☆A/帝京大21、大東文化大13、関西学院大7、朝日大0
☆B/筑波大18、流通経済大15、同志社大9、日本大0
☆C/慶應大13、明治大12、、立命館大11、東海大9
☆D/早稲田大20、京都産業大13、中央大9、大阪体育大3

■第3節(22日)
◆A帝京大76(31-14)19大東文化大(秩父宮)
*帝京11T9G1P(21)、大東3T2G(13)
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
「大学選手権には復帰できる」
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
「AチームとBチームの差が試合にでて分かる。Aで出続けて成長するようにしたい」
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
「右足首を練習で軽くひねった。準決勝から出ます。今日は上から見ていてバタバタした面がありましたね」

◆A関西学院大50(10-0)0朝日大(瑞穂)
*関学8T5G(7)、朝日(0)
◎関学PR3金寛泰(キム・ガンテ、3年、大阪朝鮮)
◎関学LO5金茂雄(キン・シゲオ、3年、尾道)。後半1T
◎関学WTB金尚浩(キム・サンホ、3年、大阪朝鮮)
◎関学FB15高陽日(コウ・ヤンイル、3年、大阪朝鮮)。後半1T

◆B筑波大36(19-3)11流通経済大(秩父宮)
*筑波SO山沢(1年)も上手いゲームメークを見せた。後半35分、自らボールを持ち突破、ラストパスで福岡へのトライにつなげる。
Dscf7415
*筑波5T4G1P(18)、流通1T2P(15)

◆B同志社大60(13-17)17日本大(瑞穂)
*同志社8T7G2P(9)、日本3T1G(0)
◎日大SO10金貴大(キム・キデ、1年、大阪朝鮮)
Nso10
「1年生でSOを任せてもらい、チームは僕に任せてくれていると思う。責任を感じてプレーしています」

◆C慶應大10(5-0)7東海大(熊谷)
*慶應2T(13)、東海1T1G(9)

◆C明治大10(3-12)12立命館大(花園)
*明治1T1G1P(12)、立命2T1G(11)
◎明治20NO8朴鐘圭(パク・ジョンギュ、4年、大阪朝鮮)。後半。
「チームは日本一になるという目標がある。そのために貢献したい」東海6T6G(8)

◆D早稲田大57(36-0)7中央大(熊谷)
*早稲田8T7G1P(20)、中央1T1G(9)
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)。前半1T。
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆D京都産業大31(7-12)24大阪体育大(花園)
*京都5T3G(13)、大阪4T2G(3)
◎京都FL7李智栄(リ・チヨン、1年、大阪朝鮮)
◎京都SH9梁正秋(リャン・ジョンチュ、3年、大阪朝鮮)。後半1T
◎京都PR16金亨志(キム・ヒョンジ、2年、大阪朝鮮)
◎体大PR1王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문、4学年、韓国/養正中)
Dscf6912
「卒業後は近鉄に入ります。チョルウオン(金哲元、SH)先輩と同じ道を目指したい」

<1ST STAGE>
☆朝日が2勝1位で全国大会へ。2位:福岡工大、3位:東北学院
■第1戦
◆福岡工業大61-22東北学院大(9日、春日公園)
*福工大9T(勝ち点6)、東北4T(0)

■第2戦
◆朝日大29(19-21)24福岡工業大(17日、瑞穂)

■第3戦
◆朝日大43(36-7)21東北学院大-(24日、熊谷)

<入れ替え戦>
■関東大学リーグ戦1.2部(12月8日)
*山梨学院大が昇格。立正大は残留。
◆1部8位・拓殖大26(14-36)50山梨学院大2部1位(熊谷)
*拓殖4T3G、山梨7T6G1P
◎拓殖PR3具智元(グ・ジウォン、구지원1年、日本文理、韓国)。
「大学ラグビーは甘くない。春・夏がよくても最後まで頑張らないと結果が残せない。来年は下級生も含めて全員が頑張って1部に上がる!」
Dscf6393

◎拓殖SO13具智允(グ・ジユン、구지윤2年、日本文理、韓国)。
「ゲームをもっとコントロールしたい」
Dscf6391

◎拓殖WTB姜秉周(カン・ピョンジュ、강병주1年、日本文理、韓国)

■関西大学リーグ戦A・B(12月7日)
◆A8近畿大40(19-0)7大阪産業大B1
*近畿大残留。
◎近大SH21金孝玟(リ・ヒョムン、4年、大阪朝鮮)

<<TOPリーグ 1ST STAGE>>
<A>1:サントリー(30)、2:NEC(25)、3:神戸(24)、4:トヨタ(22)、5:NTTコム(19)、6:NTTドコモ(10)、7:織機(11)、8:九電(0)
<B>1:パナソニック(28)、2:ヤマハ(25)、3:東芝(23)、4:キヤノン(20、+26)、5:クボタ(20、-4)、6:近鉄(13)、7:リコー(9)、8:コーラ(6)

<<トップイースト>>
<順位>1:三菱相模原(45)、2:横河(37)、3:釜石(34)、4:栗田(29)、5:東ガス(26)、6:ヤクルト(18)、7:日野(16)、8:秋田(10)、9:IBM(5)、10:セコム(4)

◎日野WTB14金原用(キム・ウォンヨン、김원용、ポスコ建設、檀国大)。
Dscf6434
「来年も日野でラグビーをプレーしてTLへ上がりたい」
◎日野FL李基桓(イ・ギファン、이기환、檀国大)
13914hinolee
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。
Dscf6501

<<トップウェストA>>
1:Honda、2:中部電力、3:大阪府警、4:JR西日本

<<トップキュウシュウA>>
<順位>1:福岡サニックス、2:マツダ、3:中国電力、4:JR九州、5:鹿児島銀行、6:三菱重工長崎、7:新日鉄八幡

<<関東大学対抗戦A>>○=大学選手権出場
<順位>1:○帝京、2:○早稲田、3:○慶應、4:○筑波、5:○明治、6:青学、7:成蹊、8:日体
<<関東大学リーグ戦>>
<順位>1:○流経、2:○中大、3:○大東、4:○東海、5:○日大(16)、6:法政(16)、7:立正(13)、8:拓大

<<関東大学リーグ2部>>
<順位>1:山梨学院(28)、2:関東学院(25)、3:専修(22)、4:國學院(19)、5:東洋(16)、国士舘(13)、7:玉川(10)、8:白鴎(7)

<<関東大学リーグ3部>>
<順位>1:農大(25)、2:埼工大(25)、3:朝鮮(22)、4:東工大(19)、5:武道大(16)、6:防大(16)、7:城西(10)、8:理科大(7)

<<関西大学Aリーグ>>
<順位>1:○立命館、2:○同志社、3:○京都産業、4:○関西学院、5:○大阪体育、6:天理、7:関西、8:近畿

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2013 | Main | February 2014 »