« 帝京5連覇達成! | Main | パナソニックがA1位。神戸、東芝TOP4。九電が自動降格に。 »

January 17, 2014

TL最終節、Bで降格対象のドコモ勝利。Aは東芝、神戸、ヤマハが4強入り残す

 1月18日からのラグビー。

 トップリーグは(TL)は2ND STAGEの最終7節。
 
 上位{A}。
 3位東芝(勝点21)、4位神戸(19)、5位ヤマハ(18)がプレーオフ進出TOP4入りをかけて争います。特に19日、東芝対神戸戦は勝者がTOP4へ。
 18日、ヤマハは2位サントリーに後半35分同点(19-19)に追いつきましたが43分、PGを決められ22-19で敗戦。勝点1を得て19となり神戸と並びました。19日の結果次第となります。。

 9位以下の{B}では自動降格圏内のコカ・コーラ(勝点14)、九州電力(11)、NTTドコモ(9)の戦いが注目。
 18日、ドコモが豊田自動織機から6Tを奪い38-12で圧勝。勝点5を得て14となり得失点差も-8とコーラを抜いて暫定6位へ。19日のコーラ対九電の直接対決で敗者が降格となります。
 19日からはトップリーグ昇格を賭けた地域リーグ1位(三菱重工相模原、Honda、サニックス)+2位リーグVの横河武蔵野が加わったチャレンジシリーズ(TLC1)2節。
 1勝しているHonda、福岡サニックスは2勝目をかけます。こちらは1位が自動昇格となります。

<<TOP LEAGUE2013-14>>
<2NDステージ>
{A}
パナソニック(32+107)、サントリー(32+92)、東芝(21+32)、神戸(19+27)、ヤマハ(19-9)、トヨタ(10-66)、NEC(7-68)、キヤノン(7-115)
■第7節
◆サントリー22(13-0)19ヤマハ(18日、秩父宮)
*サントリー1T1G5P(32、+92)、ヤマハ3T2G(19、-9)
◎サントリーLO朴淳彩(パク・スンチェ、박순체、 POSCO、慶煕大)
Sun19
◎サントリーPR申東ウォン(シン・ドンウォン、신동원、福岡サニックス、NZクライストチャーチ高校)
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령、朝鮮大)

◆パナソニック-NEC(19日、西京極)
*パナソニック(32、+107)、NEC(7、-68)
◎パナLO劉永男(ユ・ヨンナム、유영남、檀国大)。
Dscf8418
◎NECPR3金光植(キム・グァンシク、김광식、POSCO-高麗大)。
Dscf8484

◆トヨタ自動車-キヤノン
*トヨタ(10、-66)、キヤノン(7)

◆東芝-神戸(ノエスタ)
*東芝(21、+32)、神戸(19、+27)
◎東芝LO19金光紋(イ・グァンムン、이광문、トヨタ、韓国電力、サントリー、高麗大)
Dscf8569
◎東芝WTB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、三星重工業、東芝、高麗大)
Dscf8599

{B}
クボタ(27+63)、近鉄(27+29)、リコー(25+67)、豊田自動織機(23-25)、NTTコム(20-52)、NTTドコモ(14-8)
、コカ・コーラ(14-29)、九州電力(11-65)
■第7節
◆クボタ13(6-7)28リコー(18日、秩父宮)
*クボタ1T1G2P(27、+63)、リコー4T4G(25、+67)
◎クボタSH李明根(り・ミョングン、이명근、ワールド、三星SDI、延世大)。
Dscf7320
◎クボタHO朴誠球(パク・ソング、박성구、NEC、ヤマハ、延世大)
Dscf7316

◆豊田自動織機12(5-19)38NTTドコモ(花園)
*織機2T1G(23、-5)、ドコモ6T4G(14、-8)
◎織機LO5鄭智弘(チョン・チホン、정지홍、帝京大)。
◎ドコモFL7金栄馬大(キム・ヨンデ)。後半6分。
Dkim1
◎ドコモPR18許雄(ホ・ウン、延世大)。後半
Dhon1
◎ドコモPR張泰堉(関西学院大、大阪朝鮮高)。

◆近鉄38(21-7)14NTTコム
*近鉄5T5G1P(27+29)、コム2T2G(20-52)
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원、大阪体育大)。
◎近鉄PR鄭貴弘(チョン・キホン、近畿大)
◎近鉄PR成昴徳(ソン・アンドク、성앙덕、帝京大)
◎近鉄WTB11李陽(中国農業大)。

◆コカ・コーラ-九州電力(レベスタ)
*コーラ(14-29)、九電(11.-65)

<<トップリーグチャレンジ1(C1)>>
■第2節(1月19日、駒沢)
◆福岡サニックス-横河武蔵野
*サニックス、横河
◎サニックスFB高健二(コ・ゴンイ、고건이, 千里馬C-関東学院大-大阪朝鮮高)
◎サニックスLO4黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)。
◎サニックスCTB權正赫(クォン・ジョンヒョッ、권정혁,帝京大-朝明高。韓国)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
Dscf7479
「C1は、どれだけ通用するか楽しみたい」
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)
Dscf7514

◆三菱重工相模原-Honda
*三菱、Honda
◎三菱FL6李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)
「右足の手術も治り試合に出ます」
◎HondaSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)

■第1節(1月12日、レベスタ)
◆Honda80(38-3)8横河武蔵野
*Honda11T1G1P、横河1T1P
◎HondaSH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈大心通商、檀国大)。前半1T.
◎HondaPR鄭盛云(チョン・ソンウン、정성운三菱重工相模原、三星重工、慶熙大)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)

◆福岡サニックス34(11-10)20三菱重工相模原
*サニックス3T2G4P1P、三菱2T2G2P
◎サニックスFB15高健二(コ・ゴンイ、고건이, 千里馬C-関東学院大-大阪朝鮮高)
◎サニックスLO18黄徹秀(ファン・チョルス、황철수,高麗C-朝鮮大-東京朝鮮高)。出場なし。
◎サニックスCTB權正赫(クォン・ジョンヒョッ、권정혁,帝京大-朝明高。韓国)
◎三菱FL6李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우、日野、檀国大。リハビリ中)
「右足の手術も治り試合に出ます」

■第3節(1月26日、花園)
◆三菱重工相模原-横河武蔵野
◆Honda-福岡サニックス

<<トップリーグチャレンジ2(C2)>>
◆横河武蔵野33(21-10)10中部電力(23日、秩父宮)
*横河5T4G(6、+6)、中部1T1G1P(5、-11)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)

◆横河武蔵野24(17-24)41マツダ(15日、コカ広島)
*横河4T2G(1)、マツダ5T5G2P(6、+5)
◎横河LO5延権祐(ヨン・グォンウ、연권우、高麗大)。前半1T。
◎横河FL7趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕、明治大、大阪朝鮮高)。
◎横河SO趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철、同志社大、大阪朝鮮高)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

◆中部電力39-27マツダ(12月7日、瑞穂)
*中部6T3G1P(5)、マツダ4T2G1P(1)
◎マツダCTB13李修平(リ・スヒョン、大阪体育大-大阪・日新高)
◎マツダHO高昊嗣(コ・ホサ、関東学院大-大阪朝鮮高)

<<トップリーグプレーオフ>>
■準決勝
◆L1位-4位(2月1日、秩父宮)

◆2位-3位(2日、秩父宮)

■決勝(9日、秩父宮)

<<第51回日本選手権TLワイルドカード(WC)>>
■1回戦
◆(2月1日、花園)
◆(2日、瑞穂)

■2回戦
◆(8日、花園)

<<第51回日本選手権>>
■1回戦(2月16日)
◆1TL準決勝敗退-筑波大(花園)

◆2帝京大-TLWC(秩父宮)

◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
Dscf8678
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。

◆3早稲田大-TLWC(秩父宮)
◎早稲田FL金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
「日本選手権はいったん休みポテンシャルをもっていきたい」
Dscf8725
◎早稲田FB藤田(日本代表)
「日本選手権は代表選手がいるトップリーグと対戦できる。自分がどれだけ通用するか楽しみです」

◆4TL準決勝敗退-慶應大(花園)

■2回戦(23日、秩父宮)
◆1回戦1-2勝者

◆1回戦3-4勝者

■準決勝(3月1日、駒沢又は花園)

■決勝(3月9日、国立)

<<第50回大学選手権>>
  「第50回大学選手権」は12日に国立競技場で決勝戦、早稲田大VS帝京大。5連覇に王手を賭けた帝京、ケガから復帰するNO8李聖彰(リ・ソンチャン)らもおり早稲田がどう挑むか?が注目されました。
 試合は、帝京がブレイクダウンの激しさで圧倒し、後半最後は早稲田に追い上げられましたが41-34で5連覇を勝ち取りました。
Dscf8816
Dscf8660

 前半開始早々28秒、早稲田がキックオフのボールをFL7布巻へ渡しランで突破、WTB14荻野がフォローして受け取るとゴールラインを越えるノーホイッスルトライ。しかしここから帝京が早稲田ゴールラインへ迫りブレイクダウンで強靭な体をぶつけ早稲田ディフェンスの体力をじりじり奪っていった。 
 12分早稲田陣内のラインアウトからモールで押し込みLO4小瀧がトライし5-7へ。さらに24分。ラインアウト・モールでゴールラインでラックを作りPR3深村がインゴールへボールを置いて12-7と逆転した(GはCTB12中村が成功)。
 後半は前半と反対に帝京が早稲田キックオフのボールを回し右へ展開、さらに左へ振りWTB11磯田がノーホイッスルトライをお返しし19-10へ。
 さらに中村が1PGを決めた後、12分にSO10松田がボールをもらうと走り切りトライ、その後のリスタートも松田に渡り連続トライで34-10とリードを広げた。
 早稲田は「負ける気がしなかった」(垣永主将)の言葉通りアタックを開始。18分WTB荻野がトライ。
 19分には左展開の早稲田はFB15藤田からパスを受けたCTB12坪郷がトライを奪い34-22へ。
Dscf8734
 すると27分、帝京ゴール前で反則を得た早稲田は荻野がクイックスターとし自らトライ、G成功で34-29と逆転圏内は迫った。
 しかし早稲田は「帝京の一人一人のタックルの強さ、接点の当たりの強さで体力を奪われて最後の10分は走れなかった」(FL6金)の言葉が示すように29分、早稲田ゴール前に迫った帝京はHO2坂手がラックからボールをインゴールへ持ち込み41-29とした。ノーサイドのホーンが響くと同時に早稲田はトライを返したが終了!

<<第50回全国大学選手権大会>>
<トーナメント>
■決勝戦(14年1月12日、国立)
◆帝京大41(12-10)34早稲田
*帝京6T4G1P、早稲田5T3G1P
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。
「(久々の出場)ゲーム感覚は練習でも実戦に近いプレーをしていたので戻っていました。前半、我慢して体を当て続けて早稲田の体力を奪うことができた。一人一人が意識して取り組んでいることが5連覇できた理由」
Dscf8824
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)
「帝京の接点の強さに負けた。帝京に勝つには一人一人がフィジカルをもっとつけないといけない」
Dscf8778
◎早稲田FB藤田(日本代表)
「日本選手権は代表選手がいるトップリーグと対戦できる。自分がどれだけ通用するか楽しみです」
Dscf8780

■準決勝戦(1月2日、国立)
◆早稲田大29(10-8)11筑波大
*早稲田4T3G1P、筑波1T2P
◎早稲田・後藤監督「筑波の最大の強み、フォーワードのあたりブレイクダウンに早稲田は真正面から向き合う戦いをしました。前半、後半の序盤、攻め込まれてもトライを取られなかった。最後10分間で3つトライを取ったことが成果。(決勝は)精神力で臨む」
◎早稲田FL6金正奎(キン・ショウケイ、4年、常翔啓光)。前半1T。
◎早稲田FL呉泰誠(オ・テソン、4年、大阪朝鮮)

◆帝京大45(10-7)14慶應大
*帝京7T5G、慶應2T2G
*締めのトライ後半40分、野田がラインを越えた。
Dscf8218
◎帝京・岩出監督「慶應の素晴らしいファイトに選手たちは久しぶりに受けてしまった。きびしい試合ができて次のゲームにつながる。決勝は1年間、成長した充実感を持てる終わり方をしたい。きびしい80分間をし続ける」
◎帝京CTB権裕人(クォン・ユイン、3年、大阪朝鮮)
◎帝京LO19金嶺志(キム・リョンジ、1年、東京朝鮮)。
Dscf8208
「いいものはあるけど、李聖彰の後を継ぐにはまだまだ。」(岩出監督)
◎帝京SO朴成基(パク・ソンギ、3年、大阪朝鮮)。
◎帝京NO8李聖彰(リ・ソンチャン、4年、東京朝鮮)。

<2ND STAGE グループリーグ戦>12月8、15、22日
☆A/帝京大21、大東文化大13、関西学院大7、朝日大0
☆B/筑波大18、流通経済大15、同志社大9、日本大0
☆C/慶應大13、明治大12、、立命館大11、東海大9
☆D/早稲田大20、京都産業大13、中央大9、大阪体育大3

<<TOPリーグ 1ST STAGE>>
<A>1:サントリー(30)、2:NEC(25)、3:神戸(24)、4:トヨタ(22)、5:NTTコム(19)、6:NTTドコモ(10)、7:織機(11)、8:九電(0)
<B>1:パナソニック(28)、2:ヤマハ(25)、3:東芝(23)、4:キヤノン(20、+26)、5:クボタ(20、-4)、6:近鉄(13)、7:リコー(9)、8:コーラ(6)

<<トップイースト>>
<順位>1:三菱相模原(45)、2:横河(37)、3:釜石(34)、4:栗田(29)、5:東ガス(26)、6:ヤクルト(18)、7:日野(16)、8:秋田(10)、9:IBM(5)、10:セコム(4)

◎日野WTB14金原用(キム・ウォンヨン、김원용、ポスコ建設、檀国大)。
Dscf6434
「来年も日野でラグビーをプレーしてTLへ上がりたい」
◎日野FL李基桓(イ・ギファン、이기환、檀国大)
13914hinolee
◎秋田PR趙珍炫(チョ・ジンヒョン、조진현、檀国大)。
Dscf6501

<<トップウェストA>>
1:Honda、2:中部電力、3:大阪府警、4:JR西日本

<<トップキュウシュウA>>
<順位>1:福岡サニックス、2:マツダ、3:中国電力、4:JR九州、5:鹿児島銀行、6:三菱重工長崎、7:新日鉄八幡

|

« 帝京5連覇達成! | Main | パナソニックがA1位。神戸、東芝TOP4。九電が自動降格に。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference TL最終節、Bで降格対象のドコモ勝利。Aは東芝、神戸、ヤマハが4強入り残す:

« 帝京5連覇達成! | Main | パナソニックがA1位。神戸、東芝TOP4。九電が自動降格に。 »