« 関東大学ラグビーセブンズ大会。Bで朝鮮大4位。Cで首都大2位! | Main | 関東大学ラグビー春季リーグ、拓大が乱打戦制す »

April 26, 2014

ラグビー2014アジア五カ国対抗戦開幕、韓国圧勝で初戦飾る。

 ラグビー2014アジア五カ国対抗戦開幕が4月26日(土)、「韓国対スリランカ」(韓国)、「香港対フィリピン」(香港)で開幕しました。
 韓国は地元・仁川文鶴競技場でスリランカを9T(トライ)59-3で下し1勝目。
 この試合、前半2分にFL7金ジョンミン(韓国電力)が先制Tすると金ジョンミンは5分、24分にもTを重ね前半5Tで30-3とした。スリランカは前半27分FB15RムバラクがPGして3点返した。後半も13分に韓国HO2金ジップ(尚武)がゴールラインを越えるとWTB11金原用(キム・ウォンヨン、ポスコ、13年日野自動車)が確実にG成功するなど4T3G1PGで29点を追加した。金原用(キム・ウォンヨン、ポスコ、13年日野)は3G2Pで12得点。
 14年日本チーム所属選手はPR1金光植(キム・グァンシク、Honda)、LO5延権祐(ヨン・グォンウ、横河)、FL6朴淳彩(パク・スンチェ、NTTドコモ)、NO8李光紋(イ・グァンムン、東芝)の4人が先発。13年まで所属のWT11金は先発。R17申東ウォン(シン・ドンウォン、前サントリー)は後半20分、出場し初キャップを得た。

 日本は26日、アジア・パシフィック・ドラゴンズと強化試合を実施し後半18分22-17から逆転Tを奪われその後もDG、PGで離され29-35で敗戦!
 香港は108-0フィリピンに大勝でした。

<<ラグビーアジア五カ国対抗>>
■第1週(4月25日・土)
◆韓国59(-3スリランカ(韓国・仁川競技場補助グラウンド)
*韓国9T4G2P1勝、スリランカ1P1敗
*得点経緯。
◎前半K5T1G1P、S1P
2分KFL7金ジョンミンT(5-0)
5分KFL7金ジョンミンT、SO10李ウッツムG(12-0)
17分KSO10李ウッツムT(17-0)
24分KFL7金ジョンミンT(22-0)
27分SFB15RムバラクPG(22-3)
32分KWT11金原用PG(25-3)
39分KPR3ジョンヨルT(30-3)
◎後半K4T3G1P
3分KHO2金ジップT、WT11金原用G(37-3)
17分K16PR1ソン・ヨンギT、WT11金原用G(44-3)
27分WT金原用PG(47-3)
32分K20NO8金ヒョンスT(52-3)
40分K19LO4ソン・ビョンホT、WT11金原用G(59-3)

◎韓国メンバー
PR1金光植(キム・グァンシク、Honda)、HO金ジップ(尚武)、PR3朴ジョンヨル(尚武)
LO4金ホボム(尚武)、LO5延権祐(ヨン・グォンウ、横河)
FL6朴淳彩(パク・スンチェ、NTTドコモ)、FL7金ジョンミン(韓国電力)
NO8李光紋(イ・グァンムン、東芝)
SH梁丁泌(ヤン・ジョンピル、NEC)、SO李ウッツム(尚武)
WT11金原用(キム・ウォンヨン、ポスコ、13年日野)
CT12朴魯訓(パク・ノフン、三星)、CT13金南郁(キム・ナンウク、韓国電力)
WT14ヤン・スウン(尚武)、FB15金洸民(キム・グァンミン、韓国電力)

R16ソン・ヨンギ(韓国軍体育部隊=尚武)後半17分PR1、
R17申東ウォン(シン・ドンウォン、前サントリー)後半20分PR3、
R18チョン・ヨンジェ(ポスコ)後半20分HO2、
R19ソン・ビョンホ(三星)後半22分LO4、
R20金ヒョンス(韓国電力)後半15分NO8
R21シン・ギチョル(尚武)後半6分SH、
R22ユ・ソンヨン(尚武)後半15分SO、
R23李ジョンミン(ポスコ)後半24分CTB12

◆香港108-0フィリピン(香港)
*香港1勝、比1敗

◆日本29(22-14)35アジア・パシフィック・ドラゴンズ(APD、強化試合、花園)
*日本4T3G1P、APD4T3G2P1D
◎APD/PR3成昴徳(ソン・アンドク、14三菱重工、13近鉄、帝京大、大阪朝高)
◎APD/WT11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、ヤマハ、朝鮮大、愛知朝高)。前半0-15から26分に追い上げの1T。
◎APD/SH21梁永勲(ヤン・ヨンフン、Honda、大心通商、尚武、檀国大)。後半から

■第2週(5月03日)
◆日本-フィリピン(フィリピン)

◆スリランカ-香港(スリランカ)

■第3週(5月10日)
◆香港-韓国(香港)

◆日本-スリランカ(瑞穂)

■第4週(5月17日)
◆韓国-日本(韓国)

◆スリランカ-フィリピン(スリランカ)

■第5週(5月24日)
◆韓国-フィリピン(フィリピン)

◆日本-香港(25日、国立競技場)

 ラグビー2014アジア五カ国対抗戦に出場する韓国代表は4月2日から始動している。

 FW20、BK15の計35人。

 監督は前三星重工業監督のチョン・サムヨン氏が務める。

 日本チーム所属選手では、FWはNECからHondaHeatに移籍したPR金光植(キム・グァンシク)、サントリーサンゴリアスを退団したPR申東ウォン(シン・ドンウォン)、横河武蔵野アトラスターズLO延権祐(ヨン・グォンウ)、東芝ブレイブルーパスLO李光紋(イ・グァンムン)、NTTドコモへサントリーから移籍したFL朴淳彩(パク・スンチェ)ら5人。

 BKは今季NECグリーンロケッツに加入した新人SH梁丁泌(ヤン・ジョンピル)、日野自動車を退団し韓国へ帰国ポスコ建設のWTB/FB金原用(キム・ウォンヨン)の2人となっている。

 今回、代表に初めて呼ばれた選手は15人ほどいる。

<PR>
・金光植(キム・グァンシク、Honda)・ソン・ヨンギ(韓国軍体育部隊=尚武)・金聖煥(キム・ソンファン、三星重工業)・朴ソンミン(檀国大)・申東ウォン(シン・ドンウォン、前サントリー)・朴ジョンヨル(尚武)

<HO>・金ジップ(尚武)・チョン・ヨンジェ(ポスコ)

<LO/FL>
・金ホボム(尚武)・延権祐(ヨン・グォンウ、横河)・ヤン・デヨン(高麗大)・李光紋(イ・グァンムン、東芝)・チェ・ガンサン(高麗大)・キム・ジョンミン(韓国電力)・金ヒョンス(韓国電力)・朴淳彩(パク・スンチェ、NTTドコモ)・ソン・ビョンホ(三星)・李サンヒョ(ポスコ)

<NO8>
・李ヨンスン(尚武)・李ジンソク(檀国大)

<SH>
・梁丁泌(ヤン・ジョンピル、NEC)・シン・ギチョル(尚武)

<SO>
・呉潤衡(オ・ユンヒョン、韓国電力)・李ウッツム(尚武)

<CTB>
・朴魯訓(パク・ノフン、三星)・金南郁(キム・ナンウク、韓国電力)・イム・ドンゴン(慶煕大)・張成民(チャン・ソンミン、高麗大)・李ジェボック(ポスコ)

<WTB>
・金洸民(キム・グァンミン、韓国電力)・金原用(キム・ウォンヨン、ポスコ、13年日野)・ユ・ソンヨン(尚武)・チョン・ヨンシク(高麗大)

<FB>
・ヤン・スウン(尚武)・李ジョンミン(ポスコ)

|

« 関東大学ラグビーセブンズ大会。Bで朝鮮大4位。Cで首都大2位! | Main | 関東大学ラグビー春季リーグ、拓大が乱打戦制す »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ラグビー2014アジア五カ国対抗戦開幕、韓国圧勝で初戦飾る。:

« 関東大学ラグビーセブンズ大会。Bで朝鮮大4位。Cで首都大2位! | Main | 関東大学ラグビー春季リーグ、拓大が乱打戦制す »