« 関東大学ラグビーセブンズ大会。Bで朝鮮大4位。Cで首都大2位! | Main | 関東大学ラグビー春季リーグ、拓大が乱打戦制す »

April 26, 2014

ラグビー2014アジア五カ国対抗戦開幕、韓国圧勝で初戦飾る。

 ラグビー2014アジア五カ国対抗戦開幕が4月26日(土)、「韓国対スリランカ」(韓国)、「香港対フィリピン」(香港)で開幕しました。
 韓国は地元・仁川文鶴競技場でスリランカを9T(トライ)59-3で下し1勝目。
 この試合、前半2分にFL7金ジョンミン(韓国電力)が先制Tすると金ジョンミンは5分、24分にもTを重ね前半5Tで30-3とした。スリランカは前半27分FB15RムバラクがPGして3点返した。後半も13分に韓国HO2金ジップ(尚武)がゴールラインを越えるとWTB11金原用(キム・ウォンヨン、ポスコ、13年日野自動車)が確実にG成功するなど4T3G1PGで29点を追加した。金原用(キム・ウォンヨン、ポスコ、13年日野)は3G2Pで12得点。
 14年日本チーム所属選手はPR1金光植(キム・グァンシク、Honda)、LO5延権祐(ヨン・グォンウ、横河)、FL6朴淳彩(パク・スンチェ、NTTドコモ)、NO8李光紋(イ・グァンムン、東芝)の4人が先発。13年まで所属のWT11金は先発。R17申東ウォン(シン・ドンウォン、前サントリー)は後半20分、出場し初キャップを得た。

 日本は26日、アジア・パシフィック・ドラゴンズと強化試合を実施し後半18分22-17から逆転Tを奪われその後もDG、PGで離され29-35で敗戦!
 香港は108-0フィリピンに大勝でした。

<<ラグビーアジア五カ国対抗>>
■第1週(4月25日・土)
◆韓国59(-3スリランカ(韓国・仁川競技場補助グラウンド)
*韓国9T4G2P1勝、スリランカ1P1敗
*得点経緯。
◎前半K5T1G1P、S1P
2分KFL7金ジョンミンT(5-0)
5分KFL7金ジョンミンT、SO10李ウッツムG(12-0)
17分KSO10李ウッツムT(17-0)
24分KFL7金ジョンミンT(22-0)
27分SFB15RムバラクPG(22-3)
32分KWT11金原用PG(25-3)
39分KPR3ジョンヨルT(30-3)
◎後半K4T3G1P
3分KHO2金ジップT、WT11金原用G(37-3)
17分K16PR1ソン・ヨンギT、WT11金原用G(44-3)
27分WT金原用PG(47-3)
32分K20NO8金ヒョンスT(52-3)
40分K19LO4ソン・ビョンホT、WT11金原用G(59-3)

◎韓国メンバー
PR1金光植(キム・グァンシク、Honda)、HO金ジップ(尚武)、PR3朴ジョンヨル(尚武)
LO4金ホボム(尚武)、LO5延権祐(ヨン・グォンウ、横河)
FL6朴淳彩(パク・スンチェ、NTTドコモ)、FL7金ジョンミン(韓国電力)
NO8李光紋(イ・グァンムン、東芝)
SH梁丁泌(ヤン・ジョンピル、NEC)、SO李ウッツム(尚武)
WT11金原用(キム・ウォンヨン、ポスコ、13年日野)
CT12朴魯訓(パク・ノフン、三星)、CT13金南郁(キム・ナンウク、韓国電力)
WT14ヤン・スウン(尚武)、FB15金洸民(キム・グァンミン、韓国電力)

R16ソン・ヨンギ(韓国軍体育部隊=尚武)後半17分PR1、
R17申東ウォン(シン・ドンウォン、前サントリー)後半20分PR3、
R18チョン・ヨンジェ(ポスコ)後半20分HO2、
R19ソン・ビョンホ(三星)後半22分LO4、
R20金ヒョンス(韓国電力)後半15分NO8
R21シン・ギチョル(尚武)後半6分SH、
R22ユ・ソンヨン(尚武)後半15分SO、
R23李ジョンミン(ポスコ)後半24分CTB12

◆香港108-0フィリピン(香港)
*香港1勝、比1敗

◆日本29(22-14)35アジア・パシフィック・ドラゴンズ(APD、強化試合、花園)
*日本4T3G1P、APD4T3G2P1D
◎APD/PR3成昴徳(ソン・アンドク、14三菱重工、13近鉄、帝京大、大阪朝高)
◎APD/WT11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、ヤマハ、朝鮮大、愛知朝高)。前半0-15から26分に追い上げの1T。
◎APD/SH21梁永勲(ヤン・ヨンフン、Honda、大心通商、尚武、檀国大)。後半から

■第2週(5月03日)
◆日本-フィリピン(フィリピン)

◆スリランカ-香港(スリランカ)

■第3週(5月10日)
◆香港-韓国(香港)

◆日本-スリランカ(瑞穂)

■第4週(5月17日)
◆韓国-日本(韓国)

◆スリランカ-フィリピン(スリランカ)

■第5週(5月24日)
◆韓国-フィリピン(フィリピン)

◆日本-香港(25日、国立競技場)

 ラグビー2014アジア五カ国対抗戦に出場する韓国代表は4月2日から始動している。

 FW20、BK15の計35人。

 監督は前三星重工業監督のチョン・サムヨン氏が務める。

 日本チーム所属選手では、FWはNECからHondaHeatに移籍したPR金光植(キム・グァンシク)、サントリーサンゴリアスを退団したPR申東ウォン(シン・ドンウォン)、横河武蔵野アトラスターズLO延権祐(ヨン・グォンウ)、東芝ブレイブルーパスLO李光紋(イ・グァンムン)、NTTドコモへサントリーから移籍したFL朴淳彩(パク・スンチェ)ら5人。

 BKは今季NECグリーンロケッツに加入した新人SH梁丁泌(ヤン・ジョンピル)、日野自動車を退団し韓国へ帰国ポスコ建設のWTB/FB金原用(キム・ウォンヨン)の2人となっている。

 今回、代表に初めて呼ばれた選手は15人ほどいる。

<PR>
・金光植(キム・グァンシク、Honda)・ソン・ヨンギ(韓国軍体育部隊=尚武)・金聖煥(キム・ソンファン、三星重工業)・朴ソンミン(檀国大)・申東ウォン(シン・ドンウォン、前サントリー)・朴ジョンヨル(尚武)

<HO>・金ジップ(尚武)・チョン・ヨンジェ(ポスコ)

<LO/FL>
・金ホボム(尚武)・延権祐(ヨン・グォンウ、横河)・ヤン・デヨン(高麗大)・李光紋(イ・グァンムン、東芝)・チェ・ガンサン(高麗大)・キム・ジョンミン(韓国電力)・金ヒョンス(韓国電力)・朴淳彩(パク・スンチェ、NTTドコモ)・ソン・ビョンホ(三星)・李サンヒョ(ポスコ)

<NO8>
・李ヨンスン(尚武)・李ジンソク(檀国大)

<SH>
・梁丁泌(ヤン・ジョンピル、NEC)・シン・ギチョル(尚武)

<SO>
・呉潤衡(オ・ユンヒョン、韓国電力)・李ウッツム(尚武)

<CTB>
・朴魯訓(パク・ノフン、三星)・金南郁(キム・ナンウク、韓国電力)・イム・ドンゴン(慶煕大)・張成民(チャン・ソンミン、高麗大)・李ジェボック(ポスコ)

<WTB>
・金洸民(キム・グァンミン、韓国電力)・金原用(キム・ウォンヨン、ポスコ、13年日野)・ユ・ソンヨン(尚武)・チョン・ヨンシク(高麗大)

<FB>
・ヤン・スウン(尚武)・李ジョンミン(ポスコ)

|

« 関東大学ラグビーセブンズ大会。Bで朝鮮大4位。Cで首都大2位! | Main | 関東大学ラグビー春季リーグ、拓大が乱打戦制す »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85428/59532809

Listed below are links to weblogs that reference ラグビー2014アジア五カ国対抗戦開幕、韓国圧勝で初戦飾る。:

« 関東大学ラグビーセブンズ大会。Bで朝鮮大4位。Cで首都大2位! | Main | 関東大学ラグビー春季リーグ、拓大が乱打戦制す »