« 大阪朝鮮高映画「60万回のトライ」上映情報です。 | Main | 関東大学ラグビーセブンズ大会。Bで朝鮮大4位。Cで首都大2位! »

April 21, 2014

高校は養正高、中学は清州南中がV。韓国中高ラグビー

 韓国ラグビー、2014年春季の中高大会第二幕「第34回忠武旗全国中高ラグビー大会」が4月14日(月)から20日(日)の日程で、大田市(テジョンシ)東亜(トンア)マイスター高グランドで開催されています。

 最終日4月20日(日)、決勝が行われ高校は養正高(ヤンジョン)、中学は清州南中(チョンジュナム)がそれぞれ後半逆転し今季、初優勝を飾りました。養正高は昨年の大統領旗大会、清州南中は12年春季リーグ戦以来の国内制覇です。
 
 高校は12校が参加。

 5日目、18日は高校準決勝2試合を行い忠北高(チュンブック)が春季4強の白新高(ペクシン)を40-33、養正高(ヤンジョン)42-22ミョンソク高とそれぞれ後半の逆転で決勝へ進出しました。
 
 3日目の16日、高校準々決勝(8強戦)が行われ、大会3連覇を目指す14年春季リーグ準優勝の富川北高(プチョンブック)は春季4強の白新高(ペクシン)に29-30の1点差で惜敗。今月28日(月)から福岡で開催のサニックスワールドラグビーユース大会参加に韓国王者として参加は夢となりました。同枠、もう一つは忠北高(チュンブック)が62-24で慶山高(キョンサン)に勝ちました。
 別枠の春季4強の城南西高(ソンナムソ)はミョンソク高に29-56と大敗、ミョンソクは春季リーグでの敗戦(17-20)のリベンジをすると共に2011年以来3年ぶりの優勝まであと2勝です。また春季リーグ8強勢の養正高(ヤンジョン)は53-15で仁川機械工業高(インチョンギゴ)を下し4強入り。
 18日の準決勝は白新高-忠北高、養正高-ミョンソク高。
 
 1日目の14日は高校1回戦4試合が行われ春季リーグ8強勢の養正高(ヤンジョン)が11Tで圧勝など忠北高(チュンブック)、白新高(ペクシン)などが順当勝ちでした。
  
  中学は8校参加します。
  17日(4日目)は、準決勝2試合を行い春季4強の清州南中(チョンジュナム)、春季不参加で昨年3冠の城南西中(ソンナムソ)が決勝へ。
  15日(2日目)は、準々決勝4試合が行われ春季4強の清州南中(チョンジュナム)、城南西中(ソンナムソ)が順当に準決勝へ。
 昨年優勝で14年春季リーグ優勝のソウル大付属中や昨年準優勝の済州NLCS中(インターナショナルスクール)は不参加です。
「2014韓国日程と結果」をダウンロード

<<第34回忠武旗全国中高ラグビー大会>>
<高校>参加12校
■決勝(4月20日15:10)
◆養正高(ヤンジョン)/春季8強22(12-10)17忠北高(チュンブック)/春季8強
*養正3T2G1P、忠北2T2G1P
*養正が12-10で折り返した後半5分、忠北FB15金ヨンジンがT、CTB12ナム・ギボムG成功し12-17と逆転した。養正は10分後の16分にWTB14李チャンハンがトライラインを越え17-17同点へ。GをCTB12シン・ヒョンミンが決め19-17と逆転した。このまま試合は進み25分養正シンがPGを追加し22-17で終了した。

■準決勝(18日14:00)
◆養正高(ヤンジョン)/春季8強42(12-15)22ミョンソク高
*養正6T3G2P、ミョンソク3T2G1P
*3点をリードされた養正は後半2分、CTB12シン・ヒョンミンのPGで15-15に追いついた。15分にFL6金デヒが2本目のT、19分CTBシンのPGで23-15とする。20分にはFL金のハットトリックT、Gシン成功で30-15と差を広げた。25分にもPR3シン・ウソンがトライラインを越え35-15と安全圏に逃げ込んだ。ミョンソクも29分に1T1Gで7点を返したが遅かった。

◆忠北高(チュンブック)/春季8強40(5-12)33白新高(ペクシン)/春季4強
*忠北6T5G、白新5T4G
*後半1分、忠北がWTB14金チャングォンT、CTB12ナム・ギボムGで同点(12-12)へ。5分後、忠北SO10チョン・ホチャンがT,GはFB15金ヨンジンG成功し19-12とした。しかし白新が9分にNO8ユ・ジェフンTなどで再び19-19へ。
12分に忠北1T1Gで26-19としても3分後には白新もFL7李ヒタクT、GをFB15金ヨンファン26-26と同点。忠北が19分にFB金のT、CTBナムGで33-26としても3分後にHO2ユン・ジョンウクT、G決まり33-33とこの試合5回目の同点となった。最後は32分忠北WTB11チョン・ゴウクがTし試合を終えた。

■準々決勝(16日11:00-)
◆A1養正高(ヤンジョン)/春季8強53(17-5)15仁川機械工業高(インチョンギコ)
*養正8T5G1P、仁川3T

◆A2ミョンソク高56-29城南西高(ソンナムソ)/春季4強
*ミョンソクが春季リーグ戦予選グループで17-20と敗れた城南西にリベンジした。

◆B1白新高(ペクシン)/春季4強30(13-14)29富川北高(プチョンブック)/春季2位
*白新3T3G3P、富川4T3G1P
*白新は13-14で折り返した後半5分にFB15金ヨンファンがTとGを奪い20-14と逆転。富川が10分にSO10金ギミンのPGで20-17とすると白新は17分にFB金のPGで3点を追加した(23-17)。3分後、富川もLO5チョ・ソンホがゴールラインを越え23-22と1点差に詰め寄った。27分、白新はNO8ユ・ジェフンがTしFB金のGで30-22とする。富川は終了寸前にFB15カン・ヒムチャンのTを返したがノーサイドに。

◆B2忠北高(チュンブック)/春季8強62(38-5)24慶山高(キョンサン)
*忠北9T7G1P、慶山4T2G

■1回戦(14日11:00-)
◆A3養正高(ヤンジョン)/春季8強67(21-5)12大邱商苑高(テグサンノン)
*養正11T6G、テグ2T1G

◆A4全南高(チョンナム)/春季8強34(14-19)40ミョンソク高
*全南6T2G、ミョンソク6T5G

◆B3白新高(ペクシン)/春季8強71(36-0)7培材高(ペジェ)
*白新10T9G1P、培材1T1G

◆B4忠北高(チュンブック)/春季8強56(34-5)5天安オソン高
*忠北10T3G、オソン1T

<中学>参加8校
■決勝(4月20日14:00)
◆清州南中(チョンジュナム)/春季4強31(7-21)21城南西中(ソンナムソ)
*清州南5T3G、城南西3T3G
*前半は城南西が圧倒。3分CTB9ソ・ジンソンの先制T、GはFB12朴ジェフン成功し0-7。2分後も同じコンビで7点を追加。清州は15分FB12チョ・グァンヒT、GはSO7ゴン・スミンが決めて7-14とした。しかし26分に城南西がLO4ユ・ミンヒョンがTを奪い(G成功)7-21として前半を終えた。
 後半は清州ペースに。7分にPR3チャン・ヒョンセで12-17とすると16分、WTB11チョ・スンインがTを奪い17-17同点へ。GをSOゴンが成功し19-17と逆転した。2分後にはLO5ジン・ホジンがT、Gと合わせ26-17とリードを広げた。さらに24分にCTB10金ジェウが突き放すTで栄冠を掴んだ。

■準決勝(17日14:00)
◆清州南中(チョンジュナム)/春季4強34(7-0)0武珍中(ムジン)
*清州南6T2G
*清州南は後半WTB8チョ・ボンジュンの2Tなどで追加点をあげ決勝へ。

◆城南西中(ソンナムソ)52(40-5)10一山東中(イルサンドン)
*城南西7T6G、一山2T
*城南西は前半4分、6分とLO4ユ・ミンヒョンのT、FB12朴ジェフンのGで14-0。さらに12分、16分、18分にTを奪い35-0とした。一山に22分PR1ユ・インドクのTで5点を返されたが24分FB朴がTし40-5と前半で決めた。

■準々決勝(15日12:00-)
◆A1清州南中(チョンジュナム)/春季4強72(41-7)7坪里中(ピョンリ)
*清州12T6G、坪里1T1G

◆A2武珍中(ムジン)56(37-0)0天安プソン中
*武珍10T3G

◆B1一山東中(イルサンドン)29(17-7)22裡里北中(イリブック)
*一山5T2G、イリ4T1G

◆B2城南西中(ソンナムソ)31(12-14)26慶山中(キョンサン)
*城南西5T3G、慶山4T3G
*この試合、両チーム合わせて6度の逆転を城南西が制した。12-14と逆転されて入った後半4分、FB12朴ジェホのTで17-14と逆転。すると慶山も7分にWTB11金ホソンのTで17-19とする。3分後、城南西はWTB11シン・ジェミンのTで計4度目の逆転、FB朴G成功し24-19。しかし慶山も粘り15分にLO5グ・ミンソクがトライラインを越え24-24同点とするとWTB11金のGで24-26と逆転した。最後は城南西CTB10ウォン・ジェヒョクがTを決め29-26と6度目の逆転、Gも決まり31-26で試合を終えた。

<<参考 2013年第33回大会>>
<高校>参加11校
■決勝(5月3日)
◆富川北高(プチョンブック)46(31-5)10ソウル大付属高
*富川8T3G、ソウル大2T
*富川が試合を前半で決め2連覇。9分SO10金テサンがTとGを自ら決め先制。3分後、金はT、Gし14-0に。16分にはCTB12ソン・ミンギ、27分FBカン・ホヨンがTを奪い24-0に。そしてSO金は31分、3つ目のT、Gで31-0とした。ソウル大は33分SO10ハン・グミンのTを返したが遅かった。後半も開始50秒で富川がWTB14カン・ミンジュンのTで追加点をあげた。

■準決勝(1日)
◆ソウル大付属高50(31-0)15全南高(チョンナム)
*ソウル大8T5G、全南2T1G1P
*ソウル大が前半6分、LO5チ・ドンビンのT、SO10ハン・グミンのGで先制すると10分NO8ソン・ハユン、17分SH金ソンヒョンなどのTを積み重ねた。前半だけで5Tを奪い圧勝。

◆富川北高(プチョンブック)73(31-7)14大邱商苑高(テグサンノン)
*富川11T9G、大邱2T2G
*先制は大邱。前半8分、LO4李ミンホのT,FB李ヒョンジュG成功で0-7とした。富川は10分FL6ヨ・ミンヒョクのT、SO金テソンのGで追いつくと24分FL7李ギオップ、26分WTB11金ジヒョック、32分CTB12金スンジュン、33分FB李ジョンヒョンがゴールラインを越え5Tで31-7とリードした。後半も3分WTB11金、7分CTB12金のTなど6Tの計11Tを奪い決勝へ進んだ。

■準々決勝(4月29日)
◆A1ソウル大付属高26(12-0)14忠北高(チュンブック)
*ソウル大4T3G、忠北2T2G
◆A2全南高(チョンナム)45(19-10)17順天工業高(スンチョンコンオップ)
*全南7T5G、順天3T1G
◆B1大邱商苑高(テグサンノン)32(12-5)12培材高(ペジェ)
*大邱4T3G2P、培材2T1G
◆B2富川北高(プチョンブック)53(27-0)5オソン高
*富川7T6G2P、オソン1T

■1回戦(4月27日)
◆A3裡里工業高(イリコンオップ)7(7-19)63ソウル大付属高
*裡里1T1G、ソウル大11T4G
◆A4ミョンソク高19(7-28)42順天工業高
*ミョンソク3T2G、順天6T6G
◆富川北高45(28-10)22養正高(ヤンジョン)
*富川6T6G1P、養正4T1G

<中学>参加7校
■決勝(5月3日)
◆ソウル大付属中40(19-7)26済州NLCS
*ソウル大6T5G、NLCS4T3G
*前半12分、ソウル大がWTB8朴コンヨンのT,FB12チェ・ジェヒョのGで先制した。17分PR3アン・ビョンゴンウォンのTで12-0に。20分NLCSはペナルティT、GはCTB10ソ・ドンウが決め12-7に迫る。24分ソウル大CTB10ノ・ミョンスのT、G成功で19-7で前半を終えた。後半3分ソウル大がPR3アンの2つ目のT,GはSO7ミン・スンヒョンが確実に決めて26-12とする。NLCSが反撃、5分CTB9金セフン、8分SO7金セヨンのTにGも1つ決まり26-19と1T1G差に様った。12分ソウル大がFBチェのT、SOミンのGで33-19、4分後NLCSがCTB金のT、Gで再度33-26と7点差に。しかし22分ソウル大はFBチェのT、G成功で40-26とし逃げ切った。

■準決勝(4月30日)
◆Aソウル大付属中50(24-0)0佳陽中(カヤン)
*ソウル大8T5G
*前半6分FB12チェ・ジェヒョクのTから計8Tを奪い圧勝。

◆B済州NLCS29(12-12)15清州南中(チョンジュナム)
*NLCS5T2G、清州南2T1G1P
*同点で折り返した後半6分、NLCSはSO7金セヨンのTで勝ち越すと10分にもLO5ソ・ドンクのTで加点し強豪・清州南を下し全国規模の大会で初の決勝へ。

■1回戦(4月28日)
◆A1佳陽中37(20-10)31武珍中(ムジン)
*佳陽7T1G、武珍5T3G
◆B1済州NLCS36(22-14)24培材中
*NLCS6T3G、培材」4T2G
◆B2清州南中57(38-0)5裡里北中(イリブック)
*清州南9T6G、裡里北1G

{参考2012年以前}
<<2012年32回大会>>
 決勝で高校は富川北(プチョンプック)が養正(ヤンジョン)を22-14で下し優勝。 中学はソウル大付属中が2連覇を決めました。

 なお今大会で公式戦デビューした大田外国人学校(TCIS)と中学のNLCS(済州島)という2つの国際系学校はともに初戦で敗れました。今後に期待大です。
<高校>参加:10校
■決勝(22日、15:05-)
◆富川北高22-14養正高

■準決勝(20日)
◆富川北高29-17白新高(14:00-)
◆養正高35-14城南西高(15:15-)

★Aグループ
■1回戦(16日)
◆白新高30-21全南高
■2回戦(27日)
◆白新高78-18大田外国人学校(TCIS)
◆富川北高34-19忠北高

★Bグループ
■1回戦(16日)
◆城南西高26-15ミョンソク高
■2回戦(27日)
◆城南西高54-0裡里工業高
◆養正高45-19培材高

<中学>参加:11校
■決勝(22日、14:00-)
◆ソウル大付属中35-21城南西中

■準決勝(21日)
◆ソウル大付属中36-35富坪中
◆城南西中21-19ヨンス中

★Aグループ
■1回戦(17日)
◆武珍中40-15一山東中
◆佳陽中18-15NLCS
*NLCS=North London Collegiate School Jeju
■2回戦(19日)
◆富坪中31-24武珍中
◆ソウル大付属中71-3佳陽中

★Bグループ
■1回戦
◆城南西中40-24大安中
■2回戦
◆ヨンス中38-12坪里中
◆城南西中59-5培材中

<<2011年31回大会>>
<高校>参加10校
■決勝(30日、14:55-)
◆ミョンソク高41(19-3)3全南高
*ミョンソク7T3G、全南1P
*ミョンソクがNO8ホン・ソングの4Tなどで終始リードを奪い優勝した。前半7分にCTB13パン・ジュンヨンのTとSH9ミン・ホジュンのG成功で7-0と先制した。続く18分、24分には今大会好調のNO8ホンの連続Tで19-0に。27分全南はCTB12鄭ハビンがPGで3点を返し前半を終えた。
後半に入ってもミョンソクが押し続けた。4分にNO8ホン(G=SHミン)、9分CTB12金ミンスがTをあげ31-3に。ホンと金はもう1本ずつTを奪い試合を終えた。
最優秀選手はミョンソクSHミン・ホジュン。

■準決勝(29日)
◆全南高26(12-12)24釜山体育高(14:00-)
*全南4T3G、釜山4T2G

◆ミョンソク高28(14-19)19ソウル大付属高(15:15-)
*ミョンソク4T4G、ソウル大3T2G

★Aグループ
■1回戦(25日、14:50-)
◆白新高22(10-0)7オソン高
*白新4T1G、オソン1T1G
■2回戦(27日)
◆①釜山体育高48(24-7)24白新高(12:30-)
*釜山8T4G、白新4T2G
◆②全南高24(19-12)12ソウル北工業高(13:45-)
*全南4T2G、ソウル北2T1G

★Bグループ
■1回戦(25日、16:05-)
◆ミョンソク高71(45-0)7裡里工高
*ミョンソク11T8G、裡里1T1G
■2回戦(27日)
◆③ミョンソク高41(22-20)32大邱商苑高(16:15--)
*ミョンソク6T4G1P、大邱(テグ)6T1G
◆④ソウル大付属高29(5-12)22忠北高(15:00-)
*ソウル4T3G1P、忠北4T1G

<中学>参加10校
■決勝(30日、14:00-)
◆ソウル大付属中17(5-5)12清州南中
*ソウル3T1G、清州南2T1G
*先制はソウル大。前半2分SO金ヨンヒョンがT。17分、清州南はHO2ヒョン・ジフンのTで5-5に追いついた。後半
もソウル大が5分にPR1カン・ホビンのTとCTB12李ホジェG成功で12-5とリードした。しかし12分、清州南が
PR3ハン・ジファンのTにSO10ナム・キボムがGを決めて12-12の同点へ。決勝点は16分、ソウル大SH9金デヒョンのTとなった。
優秀選手はソウル大FL6金ソンヒョン。

■準決勝(28日)
◆ソウル大付属中43(24-7)7培材中(14:00-)
*ソウル7T4G、培材1T1G
◆清州南中24(10-0)0富坪中(14:55-)
*清州南中4T2G

★Aグループ
■1回戦(25日、13:00-)
◆坪里中26(12-0)0佳陽中
*坪里4T3G
■2回戦(26日)
◆①培材中17(12-5)12坪里中(13:00-)
*培材3T1G、坪里2T1G
◆②ソウル大付属中45(33-0)7清州ナムソン中(13:55-)
*ソウル7T5G、清州1T1G

★Bグループ
■1回戦(25日、13:55-)
◆富坪中33(19-0)7一山東中
*富坪5T4G、一山1T1G
■2回戦(26日)
◆③富坪中10(0-0)0城南西中(15:45-)
*富坪2T
◆④清州南中44(29-0)7蘭谷中(14:50-)
*清州南8T2G、蘭谷1T1G

<<2010年30回大会>>
<高校>参加9校
■決勝(18日)
◆大邱商苑(テグサンノン)高27(21-22)22裡里工(イリコップ)高

■準決勝(17日)
◆A組:東亜マイスター高24(10-28)43裡里工高
*東亜4T2G、裡里7T5G1P
◆B組:培材(ペジェ)高19(12-7)20大邱商苑高
*培材3T2G、大邱3T1G1P

■2回戦(15日)
◆A組①忠北(チュンブック)高15(8-15)46裡里工高
*忠北2T1G1P、裡里工8T3G
◆A組②城南西(ソンナムソ)高7(0-20)25東亜マイスター高
*城南西1T1G、東亜4T1G1P
◆B組①培材高27(15-12)19白新(ペクシン)高
*培材5T1G、白新3T2G
◆B組②大邱商苑高31(17-0)0オソン高
*テグ5T3G

■1回戦(13日)
◆裡里工業高29(12-7)21仁川機械工業高
*裡里5T2G、仁川3T3G

<中学>参加8校
■決勝戦(18日)
◆清州南(チョンジュナム)中48(19-12)12ソウル大付属中

■準決勝戦(16日)
◆A組:坪里(ピョンリ)中0(0-5)36ソウル大付属中
*ソウル大6T3G
◆B組:佳陽(カヤン)中15(0-34)49清州南中
*佳陽2T1G1P、清州南8T3G1D

■1回戦(14日)
◆A組①坪里中31(10-0)21大安中
*坪里5T3G、大安3T3G
◆A組②裡里北(イリプック)中0(0-48)91ソウル大付属中
*ソウル15T8G
◆B組①蘭谷(ナンゴック)中15(10-10)20佳陽中
*蘭谷3T、佳陽4T
◆B組②培材(ペジェ)中0(0-27)44清州南中
*清州南8T2G

|

« 大阪朝鮮高映画「60万回のトライ」上映情報です。 | Main | 関東大学ラグビーセブンズ大会。Bで朝鮮大4位。Cで首都大2位! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高校は養正高、中学は清州南中がV。韓国中高ラグビー:

« 大阪朝鮮高映画「60万回のトライ」上映情報です。 | Main | 関東大学ラグビーセブンズ大会。Bで朝鮮大4位。Cで首都大2位! »