« 東大が9Tでソウル大下す(定期戦)。 | Main | 早稲田が高麗大を74対7で一蹴 14年定期戦 »

May 09, 2014

A5Nは韓国6-39香港、日本20T132-10スリランカ。

 今週の週末ラグビー。

 アジア五カ国対抗戦(A5N)は、第3週。
 10日(土)、韓国はアウェーで香港、日本は瑞穂でスリランカとそれぞれ2戦目を戦いました。
 韓国は前半、PGで先制しましたが、その後、香港に攻め込まれ逆転され、まさかの6-39(前半6-20)で敗戦。日本は前半からトライラッシュで20Tを奪い132-10で圧勝。
 香港は3連勝で勝ち点18とし25日に最終戦を日本と戦います。日本は勝ち点12、韓国6で17日に韓国で日韓戦です。
 招待試合では、早稲田大対高麗大定期戦が11日(日)13時KO、早大グランドで。
 2004年に始まった定期戦、これまで8回行われ(09年は鳥インフルエンザ、11年は東北大震災で中止)、早稲田が8連勝しています。
 早大HPによると公式戦対戦成績(1978年〜2010年) 早大 6勝2敗。12年からの3試合を加えると早大9勝2敗。
 今年はA5N期間中のため両校、ともに代表選手は不在です。

<<ラグビーアジア五カ国対抗>>
■第3週(5月10日)
◆香港39(20-6)6韓国(香港)
*香港5T4G1P1D(18)、韓国2P(6)
 前半開始2、4分とSO10呉潤均(オ・ユンヒョン、韓国電力)がPGを決め6-0と幸先良いスタートを切りましたが、次第に香港ペースに。14分、香港CTB12シンが韓国ゴール前に蹴り込まれたボールを拾いT、SO10マックダムG成功で6-7と逆転。19分にマックダムがPG、30分にはゴール前中央からDGを決め6-13と差を広げました。前半終了間際にはスクラムから持ち込まれSTBシンが2つ目のTで6-20で戦半を終えました。
 後半6分には香港が反則で得た韓国ゴール前5Mラ右ラインアウトから展開しWTB11シンがT、Gも決め6-27へ。この後、韓国も攻撃を仕掛けるもハンドリングミスなどで得点を奪えない。25分、香港は韓国のキックを受けたWTB14が左ライン際を走りFB15マックウィンへつなぎゴールラインを越えた。38分にもダメ押しTで6-39と完勝。
 韓国はSHに梁永勲(ヤン・ヨンフン、Honada)を招集するなどベテランを起用した。しかしチームとしてどういうラグビーをしたいのか?また若手のミス、フィットネス不足も目立つなど不完全燃焼で終えました。
*韓国メンバー
PR1金光植(キム・グァンシク、Honda)、HO金ジップ(尚武)、PR3朴ジョンヨル(尚武)
LO4金ホボム(尚武)、LO5延権祐(ヨン・グォンウ、横河)
FL6朴淳彩(パク・スンチェ、NTTドコモ)、FL7金ジョンミン(韓国電力)
NO8李光紋(イ・グァンムン、東芝)
SH梁永勲(ヤン・ヨンフン、Honada)、呉潤均(オ・ユンヒョン、韓国電力)
WT11金洸民(キム・グァンミン、韓国電力)、CT12朴魯訓(パク・ノフン、三星)、
CT13金南郁(キム・ナンウク、韓国電力)、WT14金原用(キム・ウォンヨン、ポスコ、13年日野)
FB・チョン・ヨンシク(高麗大)

R16ソン・ヨンギ(韓国軍体育部隊=尚武)PR
R17申東ウォン(シン・ドンウォン、前サントリー)PR
R18金聖煥(キム・ソンファン、三星重工業)PR
R19ソン・ビョンホ(三星)LO
R20金ヒョンス(韓国電力)NO8
R21シン・ギチョル(尚武)SH
R22ヤン・ソンミン
R23李ウッツム(尚武)SO

◆日本132(68-)10スリランカ(瑞穂)
*日本20T16G(12)、ス1T1G1P(0)

■第2週(5月03日)
◆日本99(45-10)10フィリピン(フィリピン)
*日本15T12G(勝点6)、比1T1G1P(0)

◆スリランカ10-41香港(スリランカ)
*ス(0)、香港(12)

■第4週(5月17日)
◆韓国-日本(韓国)

◆スリランカ-フィリピン(スリランカ)

■第5週(5月24日)
◆韓国-フィリピン(フィリピン)

◆日本-香港(25日、国立競技場)

■第1週(4月25日・土)
◆韓国59(-3スリランカ(韓国・仁川競技場補助グラウンド)
*韓国9T4G2P1勝、スリランカ1P1敗
*得点経緯。
◎前半K5T1G1P、S1P
2分KFL7金ジョンミンT(5-0)
5分KFL7金ジョンミンT、SO10李ウッツムG(12-0)
17分KSO10李ウッツムT(17-0)
24分KFL7金ジョンミンT(22-0)
27分SFB15RムバラクPG(22-3)
32分KWT11金原用PG(25-3)
39分KPR3ジョンヨルT(30-3)
◎後半K4T3G1P
3分KHO2金ジップT、WT11金原用G(37-3)
17分K16PR1ソン・ヨンギT、WT11金原用G(44-3)
27分WT金原用PG(47-3)
32分K20NO8金ヒョンスT(52-3)
40分K19LO4ソン・ビョンホT、WT11金原用G(59-3)

◎韓国メンバー
PR1金光植(キム・グァンシク、Honda)、HO金ジップ(尚武)、PR3朴ジョンヨル(尚武)
LO4金ホボム(尚武)、LO5延権祐(ヨン・グォンウ、横河)
FL6朴淳彩(パク・スンチェ、NTTドコモ)、FL7金ジョンミン(韓国電力)
NO8李光紋(イ・グァンムン、東芝)
SH梁丁泌(ヤン・ジョンピル、NEC)、SO李ウッツム(尚武)
WT11金原用(キム・ウォンヨン、ポスコ、13年日野)
CT12朴魯訓(パク・ノフン、三星)、CT13金南郁(キム・ナンウク、韓国電力)
WT14ヤン・スウン(尚武)、FB15金洸民(キム・グァンミン、韓国電力)

R16ソン・ヨンギ(韓国軍体育部隊=尚武)後半17分PR1、
R17申東ウォン(シン・ドンウォン、前サントリー)後半20分PR3、
R18チョン・ヨンジェ(ポスコ)後半20分HO2、
R19ソン・ビョンホ(三星)後半22分LO4、
R20金ヒョンス(韓国電力)後半15分NO8
R21シン・ギチョル(尚武)後半6分SH、
R22ユ・ソンヨン(尚武)後半15分SO、
R23李ジョンミン(ポスコ)後半24分CTB12

◆香港108-0フィリピン(香港)
*香港1勝、比1敗

◆日本29(22-14)35アジア・パシフィック・ドラゴンズ(APD、強化試合、花園)
*日本4T3G1P、APD4T3G2P1D
◎APD/PR3成昴徳(ソン・アンドク、14三菱重工、13近鉄、帝京大、大阪朝高)
◎APD/WT11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、ヤマハ、朝鮮大、愛知朝高)。前半0-15から26分に追い上げの1T。
◎APD/SH21梁永勲(ヤン・ヨンフン、Honda、大心通商、尚武、檀国大)。後半から

<<男子HSBCセブンズワールドシリーズ13-14、
第9戦 〔ロンドンセブンズ/イングランド〕>>
<予選プール5月10日>
■A①イングランド(3-0、9P) 、②ニュージーランド(2-1,7P)、
③アルゼンチン(1-2、5P) 、④ウェールズ(0-3、3P)
◆イングランド15-12NZ

■B①サモア(3-0、9P)、②ケニア(1-1-1、6P)、
③カナダ(1-1-1、6P) 、④アメリカ(0-3、3P)
◆サモア19-12ケニア、サモア19-12カナダ
◆ケニア17-17カナダ

■C①豪州(3-0、9P)、②フィジー(2-1、7P)、
③スペイン(1-2、5P)、④日本(0-3、3P)
◆日本0-28豪州
◆日本7-43フィジー
◆日本14-34スペイン
◆豪州24-12フィージー

■D①南アフリカ(3-0、9P)、②フランス(2-1、7P)、
③スコットランド(1-2、5P)、④ポルトガル(0-3、3P)
◆南ア47-7フランス

<決勝トーナメント 11日>

<<主な招待試合、練習試合>>
■早稲田大・高麗大定期戦(11日、早大)
◆早大、高麗

■過去の結果
◆早大50-3高麗大(13/8/18。夏季練習試合)
◆早大31-24高麗大(13/6/15。韓国)
◆早大92-10高麗大(12/6/9。日本)
◆早大45-17高麗大(10/5/22。韓国)
◆早大45-14高麗大(08/6/22。日本)
◆早大26-17高麗大(07/5/13。韓国)
◆早大36-19高麗大(06/5/21。日本・国立)
◆早大42-33高麗大(05/5/5。韓国)
◆早大71-17高麗大(04/5/29。日本・秩父宮)
高麗大2勝のうち1勝がこちら。
◆早大19(9-16)54高麗大(1979/6/24。韓国)
*1979年6月の東亜日報新聞記事。ラグビー早稲田大と高麗大親善試合。高麗がNECに入ることになる文ヨンチャンさん韓ドンホさんらの個人技で早稲田守備陣を翻弄しを54対19の大差で勝利。
東亜記事です

◆NTTコム42(21-21)21日野自動車(10日、コム)
◎コムFL7金正奎(早大)。1T
◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、尚武・延世大)

◆栗田工業-ヤクルト

◆Honda-天理大

◆サニックス-マツダ(11日)

◆同志社大-大阪体育大

◆釜石SW-明治大

<<関東大学春季大会>>
■Aグループ
◆帝京大-流通経済大(11日、三ツ沢球技場)
*帝京(勝点12)、流経大(12)
◎帝京LO5金嶺志(2年、東京朝鮮高)
◎帝京SO10朴成基(4年、大阪朝鮮高)

■Bグループ
◆法政大46(20-19)26青山学院大(10日、三ツ沢球技場)
*法政(9)、青学(1)
◎法政CTB12金勇輝(4年、大阪朝鮮高)

◆日本大-筑波大(筑波大グラウンド)
*日大(0)、筑波(6)

■Cグループ
◆山梨学院大-立教大(立大グラウンド)
*山梨(6)、立教(1)

◆明治学院大-立正大(立正大グラウンド)
*明学(1)、立正(1)

◆成蹊大-拓殖大(成蹊大グラウンド)
*成蹊(6)、拓殖(6)
◎拓殖PR具智元(2年、グ・ジウォン、日本文理高、NZ中、韓国)
◎拓殖SO/CTB具智允(3年、グ・ジウォン、日本文理高、NZ中、韓国)

|

« 東大が9Tでソウル大下す(定期戦)。 | Main | 早稲田が高麗大を74対7で一蹴 14年定期戦 »

Comments

日比野弘先生の新版早稲田ラグビー史の研究によると、1979/6/24の対戦は「全早大」で19対55(前半9対17)となっています(p617)。
前年の1978/5/19は早大で、3対16(前半ともにノースコアー)で高麗大が勝利しています(p616)。
これらの早稲田の遠征メンバーは、p520,521に出ています。
ちなみに、1936年の早大の満州朝鮮遠征で4/10に全普成と対戦していますが、これは高麗大の前身でないでしょうか?。

Posted by: SIGMAN | May 09, 2014 05:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference A5Nは韓国6-39香港、日本20T132-10スリランカ。:

« 東大が9Tでソウル大下す(定期戦)。 | Main | 早稲田が高麗大を74対7で一蹴 14年定期戦 »