« July 2014 | Main | September 2014 »

August 31, 2014

アジア競技大会対戦日程

 今年9月30日から10月2日まで韓国・仁川市で開催される「第17回2014アジア競技大会」のラグビー7人制(男女)組み分け、対戦日程です。

 男子はプールに進める2チームを決める予備予選に3カ国、3プール各4カ国の13カ国が参加。
 日本はプールAでマレーシア、タイ、予選2位と同じ組。初戦は予選2位と30日19:03から。翌1日、タイ(11:23-)、マレーシア(14:04-)と続く。
 開催国の韓国はプールC。スリランカ、中華台北、インドと同組。30日の最終試合19:45-インドと当たる。1日は台北(12:55-)、スリランカ(15:36)の順で試合を行う。
 プールBは、優勝候補の香港、フィリピン、中国、予選1位が争う。
 予選はパキスタン、サウジアラビア、レバノンの3カ国。パキスタンとサウジ戦(30日11:00-)が大会開幕戦となる。

 女子は11カ国が3プールに分かれる。
 優勝候補・中国、香港がAで同組。他にマレーシア、ラオス。
 韓国はB、カザフスタン、タイと一緒となった。カザフと30日12:09-から戦った後、14:27タイと相まみえる。
 Cの日本はウズベキスタンと30日12:32に初戦を戦い、インド(同日14:50-)、シンガポール(同日18:17)の予定。

 男女とも成績が上位の8カ国で準々決勝を行う。

<<第17回アジア競技大会>>
<男子>
■予備予選:パキスタン、サウジアラビア、レバノン
■プール
◇プールA:日本、マレーシア、タイ、予選2位
◇プールB:香港、フィリピン、中国、予選1位
◇プールC:韓国、スリランカ、中華台北、インド

 大韓ラグビー協会は9月11日、アジア競技大会に参加する韓国代表選手12人を発表した。

 アジアセブンズシリーズ第1戦で2位、2戦で3位と今季好調。しかも日本とは1T1G7点差で1勝1敗という聖蹟。

 日本チーム所属からは精神的支柱となるベテランSH梁永勲(ヤン・ヨンフン、Honda)が選出。
金メダルを獲れば兵役免除となる大学生は高麗大快足WTBチョン・ヨンシクが唯一、メンバー入りした。

<<韓国代表>>
■監督;鄭炯石(정형석、チョン・ヒョンソク。60/1/3、韓国電力監督)
■コーチ;徐天吾(서천오、ソ・チョンオ。67/8/3、韓国軍体育部隊監督=尚武)

■選手
1.韓建圭(한건규、ハン・ゴンギュ,HAN GUNKYU 。
NO8、87/1/22.186/114、韓国電力)
2.尹泰日(윤태일、ユン・テイル,YOUN TAEIL。
SO、83/10/4、183/81、三星重工)
3.金晶珉(김정민、キム・ジョンミン,KIM JEONGMIN。
FL、83/3/15、181/92、韓国電力)
4.梁永勲(양영훈、ヤン・ヨンフン、YANG YOUNGHOON。
SH,80/12/6、175/79、Honda)
5.呉潤衡(오윤형,オ・ユンヒョン、OH YUNHYUNG。
SO、84/10/29、178/81、韓国電力)
6.金成洙(キム・ソンス,KIM SUNGSU.
CTB、83/7/27、181/92、韓国電力)
7.金洸民(김광민、キム・グァンミン、KIM GWONGMIN。
WTB、88/04/22、178/76、韓国電力)
8.金ヒョンス(김현수、キム・ヒョンス、KIM HYUNSOO。
FL、NO8、88/11/8、180/97、韓国電力)
9.朴玩龍(パク・ワンヨン,PARK WANYONG。
SH,84/6/2、170/77、韓国電力)
10.金南郁(김남욱、キム・ナンウク、KIM NAMUK。
CTB、90/2/5、179/95、韓国電力)
11.チョン・ヨンシク(정연식,JUNG YEONSIG。
CTB,WTB、93/5/8、182/76、高麗大)
12.李ヨンスン(이용승,LEE YONGSEUNG。
NO8、90/12/25、183/93、韓国軍体育部隊=尚武)

■準々決勝(10月2日10:00-)
◆ランク2位-ランク7位
◆ランク3位-ランク6位
◆ランク4位-ランク5位
◆ランク1位-ランク8位

■9-10位決定戦(2日11:55-)
◆ランク9位-10位

■11-12位決定戦(2日11:32-)
◆ランク11位-12位

<女子>
■プール
◇プールA:中国、香港、マレーシア、ラオス
◇プールB:韓国、カザフスタン、タイ
◇プールC:日本、ウズベキスタン、シンガポール、インド

■準々決勝(10月1日16:22-)
◆ランク2位-ランク7位
◆ランク3位-ランク6位
◆ランク4位-ランク5位
◆ランク1位-ランク8位

■9-11位決定戦(10月1日11:00-)
◆ランク9位-11位
◆ランク10位-11位
◆ランク9位-10位

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヤマハ、東芝、サントリー、神戸が連勝。TL2節

 今週末8月29日(金)からに国内ラグビー。最強のTL(トップリーグ)は第2節。
 29日、秩父宮は、グループA開幕戦で昨年2冠のパナソニックを破った東芝と、TL復帰の宗像サニックスを一蹴したNTTコムが対戦。東芝がFWで勝ち23-16で勝ち点4を獲得。
 Aは30日、パナソニッククが7Tでクボタに47-22と圧勝、豊田自動織機がサニックスから4Tを奪いそれぞれ勝ち点5を奪い1勝目。
 31日、ヤマハがNEC相手に8T55-7で大勝、勝ち点10となり1位に。
 Bはサントリーがトヨタ自動車に後半、逆転Tで13-10と1節に続き辛勝(勝ち点8)、神戸製鋼も26-3近鉄で連勝、キヤノンは事務機器ダービーでリコーに前半4Tを決めるなど33-21で勝ち両チームの1万人を超えた応援の前で初勝利をあげました。コカ・コーラも15-9NTTドコモで1勝目。

 29日は秩父宮ラグビー場へ。
 東芝はアジア五か国対抗戦で右腕を骨折してリハビリに励んでいたLO李光紋(イ・グァンムン)がリザーブ19で登録。以下・写真はKaori/Matsumoto-
14829gm1
14829gm3

 新人NTTコムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン)が連続で先発メンバー入り。
14829bin1
  
 試合は東芝23-16NTTコム。東芝が常にFWで圧倒しました。
 しかしBKのラインブレークなどはコムが上。冨岡監督らは「勝てて反省ができた良かった」と一安心でした。

 東芝LO19李光紋(イ・グァンムン。写真左)は後半に登場。
14829gm4
「先週、大野さんが怪我して今日のメンバー入りを告げられました。まだ腕の骨折のリハビリから時間がなく十分な状態でなかった」とプレーには不満な様子。

 コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン。写真右)は2試合連続先発。後半に鋭い突破を見せました。
「今日は先週よりも満足してますが勝てなかったことが悔しい」。

 李は後輩・諸葛を「凄い活躍」と評価していました。
14829leeche
 また2人は韓国セブンズ代表も経験してます。先日のアジアシリーズで韓国が日本に勝ち2位になったことを「素晴らしい。嬉しい」と喜び、特にHondaSH梁永勲(ヤン・ヨンフン)が代表で奮闘していることを李が「梁さんがアジア大会でも中心になる」と期待していました。
 
 Dscf2354
 *8月23日、2試合目のクボタ-NEC応援に13季で引退したクボタSH李明根(リ・ミョングン、ワールド、三星、尚武、延世大。左)も来場、諸葛(右)、池英起流経大コーチ(チ・ヨンギ、大心通商、慶煕大。中央)と談笑していました。 

 またNTTドコモLO5朴淳彩(パク・スンチェ)も2試合連続で先発入り。

<<2014-15TL 1STステージ>>
*チームの得点詳細の後の()内は勝ち点
<A>
■第2節
◆東芝23(13-3)16NTTコム(29日、秩父宮)
*東芝2T2G3P(9)、コム2T2P(5)
◎東芝LO19李光紋(イ・グァンムン、이광문。12-、11トヨタ、09韓国電力、08サントリー、高麗大)
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)
◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)
「春からチームへ入りTLでプレーしていける自信はできてきました」
「体の強さ、スピードは魅力」(ペニーHC)
◎コムFL金正奎(早大)
◎コムPR白隆尚(同大)

◆パナソニック-47(35-12)22クボタ(30日、秩父宮)
*パナ7T3G2P(5)、クボタ3T2G1P(0)
◎パナFL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)
14822paflyu
=写真/KAORI MATSUMOTO
「先週、課題だったDFは修正できているが、まだミスが出ている」
◎クボタPR朴誠球(パク・ソング、박성구。13-、12NEC、08ヤマハ、尚武、延世大)
「ケガからは回復している。コンディションはいい。使ってもらうかはチームの方針」

◆宗像サニックス14(14-17)31豊田自動織機(30日、豊田S)
*サニックス2T2G(0)、織機4T4G1P(5)
◎サニックスWTB高健二(コ・ゴンイ、千里馬クラブ、関東学大、大阪朝鮮高)
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、황철수。高麗クラブ、朝鮮大、東京朝鮮高)
◎織機FL鄭智弘(チョン・チホン、정지홍。12-、11-09NTTドコモ、08-07サニックス、06-05IBM、帝京大、大阪朝鮮高)

◆NEC7(710)55-ヤマハ(31日、北海道)
*NEC1T1G(4)、ヤマハ8T6G1P(10)
*8月23日、NECの韓国人新加入2人SH梁丁泌(ヤン・ジョンピル。左)、PR康太見(カン・テヒョン。右)は公式戦をスタンドで応援
Dscf2358
「このグラウンドで試合をしたい」と希望を持つ。
◎NEC/SH梁丁泌(ヤン・ジョンピル、양정필。14、尚武、延世大、ソウル大付属高)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、강대현。14、慶煕大)
◎ヤマハWTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령。08-、朝鮮大)

<B>
■第2節
◆キヤノン33(26-7)21リコー(30日、秩父宮)
*キヤノン5T4G[(6)、リコー2T1G3P(1)
◎キヤノン永友監督「満員の応援の前で勝てたことが嬉しい。ラインアウトで圧倒できたがリコーのラインアウトを分析したというより選手が試合の中で対応してくれた」

◆近鉄3(3-13)26神戸(神戸)
*近鉄1P(4)、神戸2T2G4P(8)
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원。大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)
◎近鉄PR申東源(シン・ドンウォン、신동원。14-、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)
◎近鉄CTB劉治栄(リュウ・チヨン、埼玉工業大)
◎近鉄PRN王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문。14-近鉄、大阪体育大、朝明高)

◆サントリー13(6-10)10トヨタ自動車(豊田S)
*サントリー1T1G2P(8)、トヨタ1T1G1P(5)

◆NTTドコモ9(9-8)15コカ・コーラ(福岡)
*ドコモ3P(2)、コーラ2T1G1P(5)
◎NTTドコモLO5朴淳彩(パク・スンチェ、박순채。14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)
◎NTTドコモPR18張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎NTTドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅。尚武、延世大)

<<TLサテライトリーグ戦>>
◆NTTコム38(21-0)0三菱重工相模原(30日、コム)
*コム6T4G、コム
◎コムFL7金正奎(早大)、後半1T
◎コムPR/R白隆尚(同大)
◎三菱PR3成昴徳(ソン・アンドック、1성앙덕。14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)
◎三菱FB/R23蔡宰榮(チェ・ジェヨン、14-、13東芝、12三星重工業、10東芝、高麗大)。後半から。
◎三菱FL李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우。12-、11-10日野自動車、尚武、檀国大、裡里工)


<<TE>>
◎三菱PR成昴徳(ソン・アンドック、1성앙덕。14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)
◎三菱FB/R蔡宰榮(チェ・ジェヨン、14-、13東芝、12三星重工業、10東芝、高麗大)
◎三菱FL(イ・ヒョンウ、이현우。12-、11-10日野自動車、尚武、檀国大、裡里工)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우。07-、高麗大)
◎横河FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕。明治大、大阪朝高)
◎横河WTB趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철。同志社大、大阪朝高)
◎秋田PR表在胤(ピョ・ジェユン、14-、流経大、朝明高、韓国)
◎秋田FL/NO8韓 歡浩(ハン・ファンホ、14-、徳山大、韓国・培材高)
◎釜石PR鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)

<<TW>>
◎Honda/PR/R金光植(キム・グァンシク、김광식。14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)
◎Honda/SH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈。07-、大心通商、檀国大)

<<トップ九州>>
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン、장화유。12-、同志社大、大阪朝鮮高)

<<関東大学対抗戦>>
◎帝京LO金嶺志(2年、東京朝鮮高)
◎帝京SO朴成基(4年、大阪朝鮮高)
◎帝京LO金廉(1年、大阪朝鮮高)
◎帝京SO金孝舜(キム・ヒョウスン、2年、東京朝鮮高)
◎帝京PR李成鏞(リ・ソンヨン、1年、大阪朝鮮高)
◎明治LO南宗成(4年、ナム・ジョンソン、大阪朝鮮高)

<<関東大学リーグ戦>>
◎流経大HO申盛浩(4年、シン・ソンホ、신성호。韓国・忠北高)
◎流経大LO林材彬(3年、イム・ジェビン、임재빈。韓国・養正高)
◎流経大FL安永奭(3年、アン・ヨンソク、안영석。韓国・養正高)
◎流経大PR金仁謙(1年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)
◎法政CTB金勇輝(4年、大阪朝鮮高)。
◎日大SO金貴大(2年、大阪朝鮮高)。
◎日大FL孫昇巳(1年、大阪朝鮮高)
◎日大SH金翔大(2年、大阪朝鮮高)
◎立正CTB李翔太(4年、東京朝鮮高)

<<関東リーグ戦2部>>
◎拓殖PR具智元(2年、グ・ジウォン、구지원。日本文理高、NZ中、韓国)。
◎拓殖CTB具智允(3年、グ・ジユン、구지윤。日本文理高、NZ中、韓国)。
◎拓殖SH姜秉周(2年、カン・ピョンジュ、강병주。日本文理高、韓国)。

<<関西大学A>>
◎天理FL李淳也(3年、常翔啓光学園)
◎体大SO王授榮(3年、ワン・スヨン。三重・朝明高、韓国出身)
◎京産PR金亨志(3年、大阪朝鮮高)
◎京産PR金大輝(1年、大阪朝鮮高)
◎京産PR梁拓真(4年、大阪朝鮮高)
◎京産HO蔡淳志(2年、大阪朝鮮高)
◎京産FL金智栄(2年、大阪朝鮮高)
◎京産FL生姜栄基(4年、常翔啓光)
◎京産SH9梁正秋(4年、大阪朝鮮高)
◎京産CTB金榮均(4年、朝明高、韓国)
◎京産CTB金将一(2年、大阪朝鮮高)
◎関学PR金寛泰(4年、キム・グァンテ、大阪朝高)
◎関学FB高陽日(4年、コ・ヨンイル、大阪朝高)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2014

大体大ラグビー部が9月に韓国合宿

 大阪体育大学ラグビー部が今年もシーズン開幕前に韓国合宿を実施する。

 期間は2014年9月8日(月)~13(土)の5泊6日。

 練習試合は、9日(火)に高麗大学(ソウル市内・高麗大グラウンド)、12日(金)檀国大学(忠清南道天安市、檀国大天安グラウンド)と対戦する。

 大体大は昨年9月、高麗大を訪問し練習試合を行った。高麗大も今年2月、春季リーグ開幕前に大体大で合宿するなど相互訪問を続けている。

 高麗大は10月11日(土)開催の延世大定期戦に向けての調整となった。
中谷・大阪体育大監督は「高麗のスクラムは2月から安定している。ラインアウトは長身のジャンパーがいて強み。BKも早いので延世戦に良い準備ができている」と話した。
 延世大は9月13日から流通経済大で合宿をしていた。流経大や17日・クボタとの合同練習ではFW、BKのパートごとの練習を中心に行う。
 定期戦に向け新しいシステム、サインプレーを仕上げる。
 両校の定期戦戦績は1965年以来、延世21勝、高麗18勝、引き分け4。
定期戦結果高麗大データより

<高麗大対延世大、以前の結果/判明分>>
■2014年
◆高麗42-15延世(ソウル市長旗大会)
◆高麗15-10延世(春季L)
■2013年
◆高麗20-17延世(定期戦)
◆高麗28-24延世(ソウル市長)
◆延世12-10高麗(春季L)
■2012年
◆延世15-13高麗(定期戦)
◆延世29-22高麗(大統領旗大会)
◆高麗20-15延世(ソウル市長)
◆延世32-17高麗(春季L)
■2011年
◆高麗8-5延世(定期戦)
◆延世36-33高麗(ソウル市長)
◆延世19-10高麗(春季L)
■2010年
◆高麗20-38延世(定期戦)
◆高麗19-14延世(大統領)
◆延世22-6高麗(ソウル市長)
◆延世9-6高麗(春季)
■2009年
◆延世18-18高麗(定期戦)
◆延世20-18高麗(大統領)
◆延世13-12高麗(春季L)
■2008年
◆延世27-21高麗(定期戦)
◆延世22-15高麗(大統領)
◆延世27-19高麗(春季L)
■2007年
◆高麗30-22延世(定期戦)
◆延世12-10高麗(コリアンリーグ)
◆高麗42-3延世(春季L)
■2006年
◆高麗27-3延世(定期戦)
◆高麗46-18延世(大統領)
◆高麗30-10延世(春季L)
■2005年
◆延世21-14高麗(定期戦)
■2004年
◆延世17-12(コリアンリーグ)
■2003年
◆高麗25-21延世(コリアンリーグ創設・開幕戦)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2014

東芝が連勝。コム諸葛、東芝・李が出場!

 今週末8月29日(金)からに国内ラグビー。最強のTL(トップリーグ)は第2節。
 29日、秩父宮は開幕戦で昨年2冠のパナソニックを破った東芝と、TL復帰の宗像サニックスを一蹴したNTTコムが対戦。

 東芝はアジア五か国対抗戦で右腕を骨折してリハビリに励んでいたLO李光紋(イ・グァンムン)がリザーブ19で登録。以下・写真はKaori/Matsumoto-
14829gm1
14829gm3

 新人NTTコムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン)が連続で先発メンバー入り。
14829bin1

 韓国代表同士の対戦に期待。
 
 昨夜(29日・金)は韓国語事務の後、急いで秩父宮ラグビー場へ。
 
 試合は東芝23-16NTTコム。東芝が常にFWで圧倒しました。
 しかしBKのラインブレークなどはコムが上。冨岡監督らは「勝てて反省ができた良かった」と一安心でした。

 東芝LO19李光紋(イ・グァンムン。写真左)は後半に登場。
14829gm4
「先週、大野さんが怪我して今日のメンバー入りを告げられました。まだ腕の骨折のリハビリから時間がなく十分な状態でなかった」とプレーには不満な様子。

 コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン。写真右)は2試合連続先発。後半に鋭い突破を見せました。
「今日は先週よりも満足してますが勝てなかったことが悔しい」。

 李は後輩・諸葛を「凄い活躍」と評価していました。
14829leeche
 また2人は韓国セブンズ代表も経験してます。先日のアジアシリーズで韓国が日本に勝ち2位になったことを「素晴らしい。嬉しい」と喜び、特にHondaSH梁永勲(ヤン・ヨンフン)が代表で奮闘していることを李が「梁さんがアジア大会でも中心になる」と期待していました。
 
 Dscf2354
 *8月23日、2試合目のクボタ-NEC応援に13季で引退したクボタSH李明根(リ・ミョングン、ワールド、三星、尚武、延世大。左)も来場、諸葛(右)、池英起流経大コーチ(チ・ヨンギ、大心通商、慶煕大。中央)と談笑していました。 

 またNTTドコモLO5朴淳彩(パク・スンチェ)も2試合連続で先発入りです。

<<2014-15TL 1STステージ>>
*チームの得点詳細の後の()内は勝ち点
<A>
■第2節
◆東芝23(13-3)16NTTコム(29日、秩父宮)
*東芝2T2G3P(9)、コム2T2P(5)
◎東芝LO19李光紋(イ・グァンムン、이광문。12-、11トヨタ、09韓国電力、08サントリー、高麗大)
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)
◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)
「春からチームへ入りTLでプレーしていける自信はできてきました」
「体の強さ、スピードは魅力」(ペニーHC)
◎コムFL金正奎(早大)
◎コムPR白隆尚(同大)

◆パナソニック-クボタ(30日、秩父宮)
*パナ(0)、クボタ(0)
◎パナFL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)
14822paflyu
=写真/KAORI MATSUMOTO
「(初戦は)自分のタックルミスの後につながれてトライを奪われて負けた。チームの負けというよりも個人個人がバラバラだった。次までにやることを修正していきチームとしてもまとまることが大事」
◎クボタPR朴誠球(パク・ソング、박성구。13-、12NEC、08ヤマハ、尚武、延世大)
「ケガからは回復している。コンディションはいい。使ってもらうかはチームの方針」
「今年が勝負になると本人と話している」(石倉監督)

◆宗像サニックス-豊田自動織機(30日、豊田S)
*サニックス(0)、織機(0)
◎サニックスWTB高健二(コ・ゴンイ、千里馬クラブ、関東学大、大阪朝鮮高)
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、황철수。高麗クラブ、朝鮮大、東京朝鮮高)
◎織機FL鄭智弘(チョン・チホン、정지홍。12-、11-09NTTドコモ、08-07サニックス、06-05IBM、帝京大、大阪朝鮮高)

◆NEC-ヤマハ(31日、北海道)
*NEC(4)、ヤマハ(5)
*8月23日、NECの韓国人新加入2人SH梁丁泌(ヤン・ジョンピル。左)、PR康太見(カン・テヒョン。右)は公式戦をスタンドで応援
Dscf2358
「このグラウンドで試合をしたい」と希望を持つ。
◎NEC/SH梁丁泌(ヤン・ジョンピル、양정필。14、尚武、延世大、ソウル大付属高)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、강대현。14、慶煕大)
◎ヤマハWTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령。08-、朝鮮大)

<B>
■第2節
◆キヤノン-リコー(30日、秩父宮)
*キヤノン(1)、リコー(1)

◆近鉄-神戸(神戸)
*近鉄(4)、神戸(4)
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원。大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)
◎近鉄PR申東源(シン・ドンウォン、신동원。14-、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)
◎近鉄CTB劉治栄(リュウ・チヨン、埼玉工業大)
◎近鉄PRN王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문。14-近鉄、大阪体育大、朝明高)

◆サントリー-トヨタ自動車(豊田S)
*サントリー(4)、トヨタ(4)

◆NTTドコモ-コカ・コーラ(福岡)
*ドコモ(1)、コーラ(1)
◎NTTドコモLO5朴淳彩(パク・スンチェ、박순채。14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)
◎NTTドコモPR18張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎NTTドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅。尚武、延世大)

<<TLサテライトリーグ戦>>
◆NTTコム-三菱重工相模原(30日、コム)

◎コムFL7金正奎(早大)
◎コムPR/R白隆尚(同大)
◎三菱PR3成昴徳(ソン・アンドック、1성앙덕。14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)
◎三菱FB/R23蔡宰榮(チェ・ジェヨン、14-、13東芝、12三星重工業、10東芝、高麗大)
◎三菱FL李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우。12-、11-10日野自動車、尚武、檀国大、裡里工)


<<TE>>
◎三菱PR成昴徳(ソン・アンドック、1성앙덕。14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)
◎三菱FB/R蔡宰榮(チェ・ジェヨン、14-、13東芝、12三星重工業、10東芝、高麗大)
◎三菱FL(イ・ヒョンウ、이현우。12-、11-10日野自動車、尚武、檀国大、裡里工)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우。07-、高麗大)
◎横河FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕。明治大、大阪朝高)
◎横河WTB趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철。同志社大、大阪朝高)
◎秋田PR表在胤(ピョ・ジェユン、14-、流経大、朝明高、韓国)
◎秋田FL/NO8韓 歡浩(ハン・ファンホ、14-、徳山大、韓国・培材高)
◎釜石PR鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)

<<TW>>
◎Honda/PR/R金光植(キム・グァンシク、김광식。14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)
◎Honda/SH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈。07-、大心通商、檀国大)

<<トップ九州>>
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン、장화유。12-、同志社大、大阪朝鮮高)

<<関東大学対抗戦>>
◎帝京LO金嶺志(2年、東京朝鮮高)
◎帝京SO朴成基(4年、大阪朝鮮高)
◎帝京LO金廉(1年、大阪朝鮮高)
◎帝京SO金孝舜(キム・ヒョウスン、2年、東京朝鮮高)
◎帝京PR李成鏞(リ・ソンヨン、1年、大阪朝鮮高)
◎明治LO南宗成(4年、ナム・ジョンソン、大阪朝鮮高)

<<関東大学リーグ戦>>
◎流経大HO申盛浩(4年、シン・ソンホ、신성호。韓国・忠北高)
◎流経大LO林材彬(3年、イム・ジェビン、임재빈。韓国・養正高)
◎流経大FL安永奭(3年、アン・ヨンソク、안영석。韓国・養正高)
◎流経大PR金仁謙(1年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)
◎法政CTB金勇輝(4年、大阪朝鮮高)。
◎日大SO金貴大(2年、大阪朝鮮高)。
◎日大FL孫昇巳(1年、大阪朝鮮高)
◎日大SH金翔大(2年、大阪朝鮮高)
◎立正CTB李翔太(4年、東京朝鮮高)

<<関東リーグ戦2部>>
◎拓殖PR具智元(2年、グ・ジウォン、구지원。日本文理高、NZ中、韓国)。
◎拓殖CTB具智允(3年、グ・ジユン、구지윤。日本文理高、NZ中、韓国)。
◎拓殖SH姜秉周(2年、カン・ピョンジュ、강병주。日本文理高、韓国)。

<<関西大学A>>
◎天理FL李淳也(3年、常翔啓光学園)
◎体大SO王授榮(3年、ワン・スヨン。三重・朝明高、韓国出身)
◎京産PR金亨志(3年、大阪朝鮮高)
◎京産PR金大輝(1年、大阪朝鮮高)
◎京産PR梁拓真(4年、大阪朝鮮高)
◎京産HO蔡淳志(2年、大阪朝鮮高)
◎京産FL金智栄(2年、大阪朝鮮高)
◎京産FL生姜栄基(4年、常翔啓光)
◎京産SH9梁正秋(4年、大阪朝鮮高)
◎京産CTB金榮均(4年、朝明高、韓国)
◎京産CTB金将一(2年、大阪朝鮮高)
◎関学PR金寛泰(4年、キム・グァンテ、大阪朝高)
◎関学FB高陽日(4年、コ・ヨンイル、大阪朝高)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日韓中ジュニア大会、韓国2勝1敗で閉幕

 「第22回 日・韓・中ジュニア交流競技会ラグビー競技」(岩手・盛岡南公園球技場)が8月24日から27日まで開催されました。 
 ラグビーU18韓国代表は最終日の27日、岩手県選抜と対戦し45-8で勝ち2勝1敗で2位で終えました。
 優勝はU17日本代表で最終戦も91-5でU18中国代表を蹴散らし3戦全勝でした。

 26日は、ラグビー競技の2戦目。
 韓国代表は、岩手・盛岡南公園球技場で26日、中国代表と対戦し58-0で圧勝。1勝1敗のタイになりました。
 日本代表は岩手県を78-7と一蹴しました。

 24日の初戦、日本が34-12で韓国に快勝しました。昨年、中国でおこなわれた大会、日本が68-17で韓国を下したのに続き連勝。

<<第22回 日・韓・中ジュニア交流競技会>>
■第1日(8月24日)
◆U17日本34(15-5)12U18韓国

◆U18中国-岩手県代表

■第2日(8月26日)
◆U17日本78-7岩手県代表

◆12U18韓国58-0U18中国

■第3日(8月27日)
◆12U18韓国45-8岩手県代表

◆U17日本91-5U18中国

 韓国代表のメンバーを大韓ラグビーフットボール協会が公表した。22回目を迎えた今大会、韓国は24日に日本代表と試合をおこなう。
<韓国代表>
【PR1】
ヤン・グンソプ(富川北高)、パク・スチョル(全南高)

【HO】
パク・テホ(慶山高)

【PR3】
シン・ウソン(養正高高)、カク・ソンジュン(忠北高)

【LO】
パク・ヒゴン(ミョンソク高)、チョン・ミンギュ(培材高)、ハ・ジュンヒョン(城南西高)

【FL/NO8】
チェ・ムンヒョク(慶山高)、カン・ホビン(ソウル大附属高)、チョ・ソンホ(富川北高)、
ヨム・テジュン(城南西高)

【SH】
チョン・スンウォン(富川北高)、キム・ソンヒョン(ソウル大附属高)

【SO】
イ・ギョンファン(テグ商苑高)、オム・テファン(ミョンソク高)

【WTB】
イ・ヨンウク(白新高)、キム・スンソン(養正高)

【CTB】
チェ・ドンファン(白新高)、キム・ジュンハ(富川北高)、パク・ジュング(全南高)

【FB】
キム・ヨンファン(白新高)

■監督:チョン・ヨンジン(白新高校)
■コーチ:イ・スンウ(慶山高)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2014

U18韓国、中国に圧勝。

「第22回 日・韓・中ジュニア交流競技会」。 8月26日は、ラグビー競技の2戦目。
 
 ラグビーU18韓国代表は、岩手・盛岡南公園球技場で26日、中国代表と対戦し58-0で圧勝。1勝1敗のタイになりました。
 最終戦(27日)では岩手県選抜と対戦へ。
 U17日本代表は岩手県を78-7と一蹴しました。

 24日の初戦、U17日本が34-12でU18韓国に快勝しました。昨年、中国でおこなわれた大会、日本が68-17で韓国を下したのに続き連勝。

<<第22回 日・韓・中ジュニア交流競技会>>
■第1日(8月24日)
◆U17日本34(15-5)12U18韓国

◆U18中国-岩手県代表

■第2日(8月26日)
◆U17日本78-7岩手県代表

◆12U18韓国58-0U18中国

■第3日(8月27日)
◆12U18韓国-岩手県代表

◆U17日本-U18中国

 韓国代表のメンバーを大韓ラグビーフットボール協会が公表した。22回目を迎えた今大会、韓国は24日に日本代表と試合をおこなう。
<韓国代表>
【PR1】
ヤン・グンソプ(富川北高)、パク・スチョル(全南高)

【HO】
パク・テホ(慶山高)

【PR3】
シン・ウソン(養正高高)、カク・ソンジュン(忠北高)

【LO】
パク・ヒゴン(ミョンソク高)、チョン・ミンギュ(培材高)、ハ・ジュンヒョン(城南西高)

【FL/NO8】
チェ・ムンヒョク(慶山高)、カン・ホビン(ソウル大附属高)、チョ・ソンホ(富川北高)、
ヨム・テジュン(城南西高)

【SH】
チョン・スンウォン(富川北高)、キム・ソンヒョン(ソウル大附属高)

【SO】
イ・ギョンファン(テグ商苑高)、オム・テファン(ミョンソク高)

【WTB】
イ・ヨンウク(白新高)、キム・スンソン(養正高)

【CTB】
チェ・ドンファン(白新高)、キム・ジュンハ(富川北高)、パク・ジュング(全南高)

【FB】
キム・ヨンファン(白新高)

■監督:チョン・ヨンジン(白新高校)
■コーチ:イ・スンウ(慶山高)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 24, 2014

日韓中ジュニア大会。日本が韓国下す。

 岩手県盛岡市で「第22回 日・韓・中ジュニア交流競技会」のラグビー競技(8月24~27日開催)が始まりました。

 24日の初戦、U17日本が34-12でU18韓国に快勝しました。昨年、中国でおこなわれた大会、日本が68-17で韓国を下したのに続き連勝。

<<第22回 日・韓・中ジュニア交流競技会>>
■第1日(8月24日)
◆U17日本34(15-5)12U18韓国

◆U18中国-岩手県代表

■第2日(8月26日)
◆U17日本-岩手県代表

◆12U18韓国-U18中国

■第3日(8月27日)
◆12U18韓国-岩手県代表

◆U17日本-U18中国

 韓国代表のメンバーを大韓ラグビーフットボール協会が公表した。22回目を迎えた今大会、韓国は24日に日本代表と試合をおこなう。
<韓国代表>
【PR1】
ヤン・グンソプ(富川北高)、パク・スチョル(全南高)

【HO】
パク・テホ(慶山高)

【PR3】
シン・ウソン(養正高高)、カク・ソンジュン(忠北高)

【LO】
パク・ヒゴン(ミョンソク高)、チョン・ミンギュ(培材高)、ハ・ジュンヒョン(城南西高)

【FL/NO8】
チェ・ムンヒョク(慶山高)、カン・ホビン(ソウル大附属高)、チョ・ソンホ(富川北高)、
ヨム・テジュン(城南西高)

【SH】
チョン・スンウォン(富川北高)、キム・ソンヒョン(ソウル大附属高)

【SO】
イ・ギョンファン(テグ商苑高)、オム・テファン(ミョンソク高)

【WTB】
イ・ヨンウク(白新高)、キム・スンソン(養正高)

【CTB】
チェ・ドンファン(白新高)、キム・ジュンハ(富川北高)、パク・ジュング(全南高)

【FB】
キム・ヨンファン(白新高)

■監督:チョン・ヨンジン(白新高校)
■コーチ:イ・スンウ(慶山高)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

韓国が準優勝。アジアセブンズ香港大会

 8月23日から香港で始まったラグビーARFUアジアセブンズシリーズ2014 第1戦「香港セブンズ」。

試合記録は
香港協会サイト結果から

 2日目の決勝トーナメント(男女)。
 男子カップ決勝は地元・香港が40-0と韓国に圧勝しシリーズ初戦を飾りました。
 韓国は9月の仁川アジア大会に向け良いスターをきりましたね。
 カップ準々決勝で韓国男子は29-12でフィリピンを下し準決勝へ。
 日本が中国に19-7で勝ち準決勝で対戦へ。
 準決勝は韓国が28-21と久しぶりに日本を破り決勝へ。相手はスリランカを21-0で下した開催地・香港。
 また日本女子もカップ準決勝で香港に5-10で敗戦。
 女子は決勝で中国が38-7香港を一蹴し優勝しました。
 
 日本男女とも3位決定戦へ回り3位となりました。
 男子は42-12スリランカ、女子は19-5カザフスタン(準決勝:中国19-12カザフ)。

 1日目は男女の予選が行われ、男子日本(A1位)、韓国(B1位)ともプール戦で2勝し1位通過しました。
 日本は24日のカップ戦準々決勝で中国(C2位)、韓国はフィリピン(D2i位)と対戦します。
 他の試合は香港(D1位)対シンガポール(B2位)、スリランカ(C1位)対マレーシア(A2位)。
 女子は日本(W1位)、カザフスタン(W2位)、中国(X1位)、香港(X2位)の4強が争います。

 出場する韓国代表メンバー。
 HondaのSH梁永勲(ヤン・ヨンフン。80/12/6生まれ、175cm/79kg)が追加で召集されました。
 
 韓国は予選はPOOLBでタイ、シンガポールと同じ組。日本はA、Cにスリランカ、D香港と分かれました。

<<アジアセブンズシリーズ2014 第1戦「香港」>>
■カップ決勝
◆香港①40-0韓国②

■3/4位決定戦
◆日本③42-12スリランカ④

■カップ準決勝
◆韓国28-21日本
◆香港21-0スリランカ

■カップ準々決勝(24日)
◆1韓国29-12フィリピン
◆2日本19-7中国
◆3香港38-0シンガポール
◆4スリランカ31-19マレーシア

■プレート決勝
◆中国⑤31-0シンガポール⑥

■プレート準決勝
◆フィリピン7-21中国
◆シンガポール12-0マレーシア

■7/8位決定戦
◆フィリピン⑦24-7マレーシア⑧

■ボウル決勝
◆タイ⑨19-12中華台北⑩

■ボウル準決勝
◆アラブ首長国0-29中華台北
◆タイ24-7カザフスタン

■11/12位決定戦
◆カザフスタン⑪40-5アラブ首長国⑫

■予選プール(23日)
A:日本①51-0アラブ首長国連邦(UAE)、③、28-0マレーシア②
*マレーシア40-0UAE
B:韓国①50-0シンガポール②、35-10タイ③
*タイ12-21シンガポール
C:スリランカ①、中国②、中華台北(台湾)③
*中国19-12中華台北、スリランカ17-5中国、スリランカ40-12中華台北
D:香港①、フィリピン②、カザフスタン③
*フィリピン31-0カザフ、香港38-5カザフ、香港24-0フィリピン

<<韓国代表>>
■監督;鄭炯石(정형석、チョン・ヒョンソク。60/1/3、韓国電力監督)
■コーチ;徐天吾(서천오、ソ・チョンオ。67/8/3、韓国軍体育部隊監督=尚武)

■選手
{FW}
金晶珉(김정민、キム・ジョンミン。FL、83/3/15、181/92、韓国電力)
金ヒョンス(김현수。FL、NO8、88/11/8、180/97、韓国電力)
韓建圭(한건규、ハン・ゴンギュ。NO8、87/1/22.186/110、韓国電力)
{BK}
カン・ジング(강진구。WTB、90/4/4、170/69、尚武)
金近炫(キム・グンヒョン、김근현。FB、81/9/5、183/88、韓国電力)
金南郁(キム・ナンウク、김남욱。CTB、90/2/5、179/95、韓国電力)
金原用(キム・ウォンヨン、김원용。SO、WTB、86/1/5、176/2、ポスコ、13年度は日本の日野自動車)、
梁永勲(양영훈、ヤン・ヨンフン。80/12/6、175/79、Honda)
呉潤衡(오윤형、オ・ユンヒョン、SO、84/10/29、178/81、韓国電力)
尹泰日(윤태일、ユン・テイル。SO、83/10/4、183/85、三星重工)、
張成民(창성민、チャン・ソンミン、WTB、FB、92/8/22、186/100、高麗大)
チョン・ヨンシク(정연식。CTB,WTB、93/5/8、182/76、高麗大)

<<女子>>
■カップ決勝
◆中国38-7香港

■3/4位決定戦
◆日本③19-5カザフスタン④

■カップ準決勝
◆日本5-10香港
◆中国19-12カザフスタン

■プレート決勝
◆スリランカ⑤19-14タイ⑥

■プレート準決勝
◆シンガポール10-26スリランカ
◆タイ49-0フィリピン

■7/8位決定戦
◆シンガポール⑦26-10フィリピン⑧

■予選プール(23日)
W:日本①43-0フィリピン④、19-5カザフスタン②、43-0シンガポール③
*カザフ29-0シンガポール、カザフ34-0フィリピン、シンガポール19-0フィリピン
X:中国①、香港②、タイ③、スリランカ④、
*香港22-0スリランカ、中国35-0タイ、香港12-12タイ、中国38-0スリランカ、中国31-12香港、タイ24-0スリランカ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

韓国は比下し準決勝へ。日本は中国に勝ち、準決で日韓戦。A7S香港セブンズ大会

 8月23日から香港で始まったラグビーARFUアジアセブンズシリーズ2014 第1戦「香港セブンズ」。

 2日目の決勝トーナメント(男女)。
 カップ準々決勝で韓国男子は29-12でフィリピンを下し準決勝へ。
 日本が中国に19-7で勝ち準決勝で対戦へ。

 1日目は男女の予選が行われ、男子日本(A1位)、韓国(B1位)ともプール戦で2勝し1位通過しました。
 日本は24日のカップ戦準々決勝で中国(C2位)、韓国はフィリピン(D2i位)と対戦します。
 他の試合は香港(D1位)対シンガポール(B2位)、スリランカ(C1位)対マレーシア(A2位)。
 女子は日本(W1位)、カザフスタン(W2位)、中国(X1位)、香港(X2位)の4強が争います。

 出場する韓国代表メンバー。
 HondaのSH梁永勲(ヤン・ヨンフン。80/12/6生まれ、175cm/79kg)が追加で召集されました。
 
 韓国は予選はPOOLBでタイ、シンガポールと同じ組。日本はA、Cにスリランカ、D香港と分かれました。

<<アジアセブンズシリーズ2014 第1戦「香港」>>
■カップ準々決勝(24日)
◆1韓国29-12フィリピン
◆2日本19-7中国
◆3香港38-0シンガポール
◆4スリランカ31-19マレーシア

■カップ準決勝
◆日本-韓国
◆香港-スリランカ

■カップ決勝

■3/4位決定戦

■プレート準決勝
◆フィリピン-中国
◆シンガポール-マレーシア

■プレート決勝

■7/8位決定戦

■ボウル準決勝
◆アラブ首長国0-29中華台北
◆タイ24-7カザフスタン

■ボウル決勝
◆中華台北-タイ

■11/12位決定戦
◆アラブ首長国-カザフスタン

■予選プール(23日)
A:日本①51-0アラブ首長国連邦(UAE)、③、28-0マレーシア②
*マレーシア40-0UAE
B:韓国①50-0シンガポール②、35-10タイ③
*タイ12-21シンガポール
C:スリランカ①、中国②、中華台北(台湾)③
*中国19-12中華台北、スリランカ17-5中国、スリランカ40-12中華台北
D:香港①、フィリピン②、カザフスタン③
*フィリピン31-0カザフ、香港38-5カザフ、香港24-0フィリピン

<<韓国代表>>
■監督;鄭炯石(정형석、チョン・ヒョンソク。60/1/3、韓国電力監督)
■コーチ;徐天吾(서천오、ソ・チョンオ。67/8/3、韓国軍体育部隊監督=尚武)

■選手
{FW}
金晶珉(김정민、キム・ジョンミン。FL、83/3/15、181/92、韓国電力)
金ヒョンス(김현수。FL、NO8、88/11/8、180/97、韓国電力)
韓建圭(한건규、ハン・ゴンギュ。NO8、87/1/22.186/110、韓国電力)
{BK}
カン・ジング(강진구。WTB、90/4/4、170/69、尚武)
金近炫(キム・グンヒョン、김근현。FB、81/9/5、183/88、韓国電力)
金南郁(キム・ナンウク、김남욱。CTB、90/2/5、179/95、韓国電力)
金原用(キム・ウォンヨン、김원용。SO、WTB、86/1/5、176/2、ポスコ、13年度は日本の日野自動車)、
梁永勲(양영훈、ヤン・ヨンフン。80/12/6、175/79、Honda)
呉潤衡(오윤형、オ・ユンヒョン、SO、84/10/29、178/81、韓国電力)
尹泰日(윤태일、ユン・テイル。SO、83/10/4、183/85、三星重工)、
張成民(창성민、チャン・ソンミン、WTB、FB、92/8/22、186/100、高麗大)
チョン・ヨンシク(정연식。CTB,WTB、93/5/8、182/76、高麗大)

<<女子>>
■カップ準決勝
◆日本-香港
◆中国-カザフスタン

■カップ決勝

■3/4位決定戦

■プレート準決勝
◆シンガポール-スリランカ
◆タイ-フィリピン

■プレート決勝

■7/8位決定戦

■予選プール(23日)
W:日本①43-0フィリピン④、19-5カザフスタン②、43-0シンガポール③
*カザフ29-0シンガポール、カザフ34-0フィリピン、シンガポール19-0フィリピン
X:中国①、香港②、タイ③、スリランカ④、
*香港22-0スリランカ、中国35-0タイ、香港12-12タイ、中国38-0スリランカ、中国31-12香港、タイ24-0スリランカ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サントリー冷や汗の勝利。TL開幕!

 2014-15年の日本ラグビーシーズンは今週8月22日(金)に国内最強のTL(トップリーグ)で開幕しました。
 開幕戦では昨年2冠のパナソニックと日本選手権2位の東芝が対決。
 前半の中盤以降、東芝がパナをFWで圧し17-16で折り返した。後半もこの日、マンオブザマッチに選ばれたSH小川のGやTで点を積み重ね39-26で勝ち、昨年の対パナ4連敗をリベンジした。
 
 23日は4試合があり王座奪回を目指すサントリーがコカ・コーラと飲料コーラ・ダービーを戦った。
 10-13で迎えた後半41分、最後のワン・プレーでWTB成田が逆転トライで17-13で辛勝。
 
 新人NTTコムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン)がメンバー入りした試合はFWでコムが復帰の宗像サニックスを押切り勝利をつかんだ。
 諸葛は10-11と逆転された後半14分、サニックスLO4秋田が突破でトライを奪おうとする。コムFB沼尻がタックルで倒すと諸葛がからみサニックスにノットリリースの反則。コムSH西橋がすばやく動かしボールをゴロでサニックス陣内へWTB14鶴田が拾いトライラインを越え15-10と再逆転した(G成功で17-10)。
 解説は「諸葛は体が強い」と感心。
Dscf2354
 2試合目のクボタ-NEC応援に13季で引退したクボタSH李明根(リ・ミョングン、ワールド、三星、尚武、延世大。左)も来場、諸葛(右)、池英起流経大コーチ(チ・ヨンギ、大心通商、慶煕大。中央)と談笑していました。 

 22日、23日の試合メンバーが発表。韓国出身選手ではパナソニックFL6劉永男(ユ・ヨンナム)、NTTドコモLO5朴淳彩(パク・スンチェ)、近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン)、PR3申東源(シン・ドンウォン)、朴と申は移籍後、チームの信頼を得ましたね。

 24日(日)はBの2試合があり豪雨の中、トヨタ自動車、神戸製鋼が初戦を飾りました。

 開幕に先立ち、TL記者発表が8月18日に行われ出場16チーム監督・主将が登場。
Dscf1587

 韓国情報は所属している選手の現状や評価を取材しました。
 1STステージ(A、B各8チーム)、開幕カードで紹介します。

<<2014-15TL 1STステージ>>
*チームの得点詳細の後の()内は勝ち点
<A>
■第1週
◆パナソニック26(16-17)39東芝(22日、秩父宮)
*パナ2T2G4G(0)、東芝5T4G2P(勝ち点5)
Dscf1584

◎パナFL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)
14822paflyu
=写真/KAORI MATSUMOTO
「今日は自分のタックルミスの後の東芝につながれてトライを奪われて負けた。チームの負けというよりも個人個人がバラバラだった。次までにやることを修正していきチームとしてもまとまることが大事」
*前半34分、パナが16-10リード。パナ自陣のラック。東芝ボールでSH小川は走り込んだFB夏井へ。夏井は身を回しながらアウトサイドで構えるユを抜き去った。そしてゴールライン前のラックへつなげHO浅原のトライにつながった(16-15)。Gを小川が決め16-17と逆転された。

★パナ/ロビー・ディーンズ/ROBBIE/DEANS監督
「今日の結果になることは予測できた。1試合1試合がチャレンジだ」
★パナ堀江主将
「東芝の勝ちたい気持ちが勝っていた。みんなが頑張ろうとして個人に走らないように修正する」
☆東芝/大島ゲーム主将
「この試合に勝たないと今季の東芝のチャンピオンシップ(優勝)は無いという思いで臨んだ」

◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)
「春先にケガ、リハビリもようやく終わりチームへ合流」(井場広報)
◎東芝LO李光紋(イ・グァンムン、이광문。12-、11トヨタ、09韓国電力、08サントリー、高麗大)
「アジア五か国対抗戦での骨折から復帰。メンバー入りする力はある」

◆NTTコム25(10-3)11宗像サニックス(23日、秩父宮)
*コム3T2G2P(4)、サニックス1T2P(0)
Dscf1572

◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)
「きょうは満足していません。最初は緊張していましたし、ゴール前でのノックオン(前半中盤)などミスがありました。春からチームへ入りTLでプレーしていける自信はできてきました」
「体の強さ、スピードは魅力」(ペニーHC)
◎コムFL金正奎(早大)
Dscf1504
「ポジション獲得へ」(ロブ・ペニー/ROB PENNYヘッドコーチ)
◎コムPR白隆尚(同大)
◎サニックスR/WTB高健二(コ・ゴンイ、千里馬クラブ、関東学大、大阪朝鮮高)
「速さが先発入りの理由」(篠原マネージャー)
◎サニックスR/CTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)
「チームレベルが上がっている中での競争に勝つこと」(篠原氏)
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、황철수。高麗クラブ、朝鮮大、東京朝鮮高)
「頑張っているがLO、FL陣の激しい競争に勝つこと」(篠原氏)

◆NEC24(21-0)3クボタ(同上)
*NEC3T3G1P(4)、クボタ1P(0)
Dscf1574

NECの韓国人新加入2人SH梁丁泌(ヤン・ジョンピル。左)、PR康太見(カン・テヒョン。右)は公式戦をスタンドで応援
Dscf2358
「このグラウドで試合をしたい」と希望を持つ。
◎NEC/SH梁丁泌(ヤン・ジョンピル、양정필。14、尚武、延世大、ソウル大付属高)
「球のさばきにまだ課題が」(荒井広報)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、강대현。14、慶煕大)
「練習で力をつけている段階」(同)
◎クボタPR朴誠球(パク・ソング、박성구。13-、12NEC、08ヤマハ、尚武、延世大)
「ケガからは回復している。コンディションはいい。使ってもらうかはチームの方針」
「今年が勝負になると本人と話している」(石倉監督)

◆ヤマハ38(12-9)9豊田自動織機(ヤマハ)
*ヤマハ4T3G4P(5)、3P(0)
Dscf1576

◎ヤマハWTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령。08-、朝鮮大)
「ポジション争いでハビリがリード。奮起を期待」(長谷川広報)
◎織機FL鄭智弘(チョン・チホン、정지홍。12-、11-09NTTドコモ、08-07サニックス、06-05IBM、帝京大、大阪朝鮮高)

<B>
■第1週
◆近鉄21(14-0)17NTTドコモ(22日、大阪・金鳥)
*近鉄3T3G(4)、ドコモ2T2G1P(1)
Dscf1570

◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원。大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)
「チームを引っ張る要の存在になっている。性格も申し分ない」(前田監督)
◎近鉄PR3申東源(シン・ドンウォン、신동원。14-、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)
「韓国代表に選ばれてチームへ合流。成長あり」(同)
◎近鉄CTB劉治栄(リュウ・チヨン、埼玉工業大)
◎近鉄PRN王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문。14-近鉄、大阪体育大、朝明高)
「成長している」(同)
◎NTTドコモLO5朴淳彩(パク・スンチェ、박순채。14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)
「新加入だがラグビーに取り組む意識など若手の手本になっている。パスがうまく突破も魅力」(同)
◎NTTドコモR18/PR張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎NTTドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅。尚武、延世大)
「頑張っている。アジア枠の中で朴との使いわけ」(下沖監督)

◆サントリー17(0-3)13コカ・コーラ(23日、熊本)
Dscf1578
*サントリー3T1G(4)、コーラ1T1G2P(1)

◆神戸製鋼19(6-10)17リコー(24日、西京極)
Dscf1582
*神戸1T1G4P(4)、リコー2T2G1P(1)

◆トヨタ自動車23(13-10)16キヤノン(同上)
Dscf1580
*2T2G3P(4)、キヤノン1T1G3P(1)

◎16チーム首脳陣、いずれも対戦相手をリスペクト、開幕戦勝利。TL覇権を狙う。
Dscf1624

<<練習試合>>
◆帝京大A49(21-12)12早稲田大A(24日)
*帝京7T7G、早稲田2T1G
◎帝京LO4金嶺志(2年、東京朝鮮高)

◆帝京大B76(45-0)7早稲田大B
*帝京12T8G、早稲田1T1G
◎帝京SO10朴成基(4年、大阪朝鮮高)
◎帝京LO17金廉(1年、大阪朝鮮高)

◆拓殖大A64-10立教大A
◎拓殖PR具智元(2年、グ・ジウォン、구지원。日本文理高、NZ中、韓国)。
◎拓殖CTB具智允(3年、グ・ジユン、구지윤。日本文理高、NZ中、韓国)。
◎拓殖SH姜秉周(2年、カン・ピョンジュ、강병주。日本文理高、韓国)。


<<TE>>
◎三菱PR成昴徳(ソン・アンドック、1성앙덕。14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)
◎三菱FB/R蔡宰榮(チェ・ジェヨン、14-、13東芝、12三星重工業、10東芝、高麗大)
◎三菱FL(イ・ヒョンウ、이현우。12-、11-10日野自動車、尚武、檀国大、裡里工)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우。07-、高麗大)
◎横河FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕。明治大、大阪朝高)
◎横河WTB趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철。同志社大、大阪朝高)
◎秋田PR表在胤(ピョ・ジェユン、14-、流経大、朝明高、韓国)
◎秋田FL/NO8韓 歡浩(ハン・ファンホ、14-、徳山大、韓国・培材高)
◎釜石PR鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)

<<TW>>
◎Honda/PR/R金光植(キム・グァンシク、김광식。14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)
◎Honda/SH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈。07-、大心通商、檀国大)

<<トップ九州>>
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン、장화유。12-、同志社大、大阪朝鮮高)

<<関東大学対抗戦>>
◎帝京LO金嶺志(2年、東京朝鮮高)
◎帝京SO朴成基(4年、大阪朝鮮高)
◎帝京LO金廉(1年、大阪朝鮮高)
◎帝京SO金孝舜(キム・ヒョウスン、2年、東京朝鮮高)
◎帝京PR李成鏞(リ・ソンヨン、1年、大阪朝鮮高)
◎明治LO南宗成(4年、ナム・ジョンソン、大阪朝鮮高)

<<関東大学リーグ戦>>
◎流経大HO申盛浩(4年、シン・ソンホ、신성호。韓国・忠北高)
◎流経大LO林材彬(3年、イム・ジェビン、임재빈。韓国・養正高)
◎流経大FL安永奭(3年、アン・ヨンソク、안영석。韓国・養正高)
◎流経大PR金仁謙(1年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)
◎法政CTB金勇輝(4年、大阪朝鮮高)。
◎日大SO金貴大(2年、大阪朝鮮高)。
◎日大FL孫昇巳(1年、大阪朝鮮高)
◎日大SH金翔大(2年、大阪朝鮮高)
◎立正CTB李翔太(4年、東京朝鮮高)

<<関東リーグ戦2部>>
◎拓殖PR具智元(2年、グ・ジウォン、구지원。日本文理高、NZ中、韓国)。
◎拓殖CTB具智允(3年、グ・ジユン、구지윤。日本文理高、NZ中、韓国)。
◎拓殖SH姜秉周(2年、カン・ピョンジュ、강병주。日本文理高、韓国)。

<<関西大学A>>
◎天理FL李淳也(3年、常翔啓光学園)
◎体大SO王授榮(3年、ワン・スヨン。三重・朝明高、韓国出身)
◎京産PR金亨志(3年、大阪朝鮮高)
◎京産PR金大輝(1年、大阪朝鮮高)
◎京産PR梁拓真(4年、大阪朝鮮高)
◎京産HO蔡淳志(2年、大阪朝鮮高)
◎京産FL金智栄(2年、大阪朝鮮高)
◎京産FL生姜栄基(4年、常翔啓光)
◎京産SH9梁正秋(4年、大阪朝鮮高)
◎京産CTB金榮均(4年、朝明高、韓国)
◎京産CTB金将一(2年、大阪朝鮮高)
◎関学PR金寛泰(4年、キム・グァンテ、大阪朝高)
◎関学FB高陽日(4年、コ・ヨンイル、大阪朝高)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 23, 2014

アジアセブンズシリーズ香港大会

 8月23日から香港で開催されるラグビーARFUアジアセブンズシリーズ2014 第1戦「香港セブンズ」。

 出場する韓国代表メンバー。
 HondaのSH梁永勲(ヤン・ヨンフン。80/12/6生まれ、175cm/79kg)が追加で召集されました。
 
 韓国は予選はPOOLBでタイ、シンガポールと同じ組。日本はA、Cにスリランカ、D香港と分かれました。

<<アジアセブンズシリーズ2014 第1戦「香港」>>
■予選プール
A:日本、マレーシア、アラブ首長国連邦
B:韓国、タイ、シンガポール
C:スリランカ、中華台北(台湾)、中国
D:香港、フィリピン、カザフスタン

<<韓国代表>>
■監督;鄭炯石(정형석、チョン・ヒョンソク。60/1/3、韓国電力監督)
■コーチ;徐天吾(서천오、ソ・チョンオ。67/8/3、韓国軍体育部隊監督=尚武)

■選手
{FW}
金晶珉(김정민、キム・ジョンミン。FL、83/3/15、181/92、韓国電力)
金ヒョンス(김현수。FL、NO8、88/11/8、180/97、韓国電力)
韓建圭(한건규、ハン・ゴンギュ。NO8、87/1/22.186/110、韓国電力)
{BK}
カン・ジング(강진구。WTB、90/4/4、170/69、尚武)
金近炫(キム・グンヒョン、김근현。FB、81/9/5、183/88、韓国電力)
金南郁(キム・ナンウク、김남욱。CTB、90/2/5、179/95、韓国電力)
金原用(キム・ウォンヨン、김원용。SO、WTB、86/1/5、176/2、ポスコ、13年度は日本の日野自動車)、
梁永勲(양영훈、ヤン・ヨンフン。80/12/6、175/79、Honda)
呉潤衡(오윤형、オ・ユンヒョン、SO、84/10/29、178/81、韓国電力)
尹泰日(윤태일、ユン・テイル。SO、83/10/4、183/85、三星重工)、
張成民(창성민、チャン・ソンミン、WTB、FB、92/8/22、186/100、高麗大)
チョン・ヨンシク(정연식。CTB,WTB、93/5/8、182/76、高麗大)

<<女子>>
■予選プール
W:日本、カザフスタン、シンガポール、フィリピン
X:中国、香港、スリランカ、タイ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東芝がパナソニックを打破!TL開幕

 2014-15年の日本ラグビーシーズンは今週8月22日(金)に国内最強のTL(トップリーグ)で開幕しました。
 開幕戦では昨年2冠のパナソニックと日本選手権2位の東芝が対決。
 前半の中盤以降、東芝がパナをFWで圧し17-16で折り返した。後半もこの日、マンオブザマッチに選ばれたSH小川のGやTで点を積み重ね39-26で勝ち、昨年の対パナ4連敗をリベンジした。
 22日、23日の試合メンバーが発表。韓国出身選手ではパナソニックFL6劉永男(ユ・ヨンナム)、NTTドコモLO5朴淳彩(パク・スンチェ)、近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン)、PR3申東源(シン・ドンウォン)、NTTコムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン)がメンバー入り。諸葛は初年度でいきなりの先発、朴と申は移籍後、チームの信頼を得ましたね。

 開幕に先立ち、TL記者発表が8月18日に行われ出場16チーム監督・主将が登場。
Dscf1587

 韓国情報は所属している選手の現状や評価を取材しました。
 1STステージ(A、B各8チーム)、開幕カードで紹介します。

<<2014-15TL 1STステージ>>
*チームの得点詳細の後の()内は勝ち点
<A>
■第1週
◆パナソニック26(16-17)39東芝(22日、秩父宮)
*パナ2T2G4G(0)、東芝5T4G2P(勝ち点5)
Dscf1584

◎パナFL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)
14822paflyu
=写真/KAORI MATSUMOTO
「今日は自分のタックルミスの後の東芝につながれてトライを奪われて負けた。チームの負けというよりも個人個人がバラバラだった。次までにやることを修正していきチームとしてもまとまることが大事」
*前半34分、パナが16-10リード。パナ自陣のラック。東芝ボールでSH小川は走り込んだFB夏井へ。夏井は身を回しながらアウトサイドで構えるユを抜き去った。そしてゴールライン前のラックへつなげHO浅原のトライにつながった(16-15)。Gを小川が決め16-17と逆転された。

★パナ/ロビー・ディーンズ/ROBBIE/DEANS監督
「今日の結果になることは予測できた。1試合1試合がチャレンジだ」
★パナ堀江主将
「東芝の勝ちたい気持ちが勝っていた。みんなが頑張ろうとして個人に走らないように修正する」
☆東芝/大島ゲーム主将
「この試合に勝たないと今季の東芝のチャンピオンシップ(優勝)は無いという思いで臨んだ」

◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)
「春先にケガ、リハビリもようやく終わりチームへ合流」(井場広報)
◎東芝LO李光紋(イ・グァンムン、이광문。12-、11トヨタ、09韓国電力、08サントリー、高麗大)
「アジア五か国対抗戦での骨折から復帰。メンバー入りする力はある」

◆NTTコム-宗像サニックス(23日、秩父宮)
Dscf1572

◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)
Dscf1503
「体の強さ、スピードは魅力」(ペニーHC)
◎コムFL金正奎(早大)
Dscf1504
「ポジション獲得へ」(ロブ・ペニー/ROB PENNYヘッドコーチ)
◎コムPR白隆尚(同大)
◎サニックスR/WTB高健二(コ・ゴンイ、千里馬クラブ、関東学大、大阪朝鮮高)
「速さが先発入りの理由」(篠原マネージャー)
◎サニックスR/CTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)
「チームレベルが上がっている中での競争に勝つこと」(篠原氏)
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、황철수。高麗クラブ、朝鮮大、東京朝鮮高)
「頑張っているがLO、FL陣の激しい競争に勝つこと」(篠原氏)

◆NEC-クボタ(同上)
Dscf1574

◎NEC/SH梁丁泌(ヤン・ジョンピル、양정필。14、尚武、延世大、ソウル大付属高)
「球のさばきにまだ課題が」(荒井広報)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、강대현。14、慶煕大)
「練習で力をつけている段階」(同)
◎クボタPR朴誠球(パク・ソング、박성구。13-、12NEC、08ヤマハ、尚武、延世大)
「首のケガから復帰したが、このケガの影響で腰痛などが出て再療養。今年が勝負になると本人と話している」(石倉監督)

◆ヤマハ-豊田自動織機(ヤマハ)
Dscf1576

◎ヤマハWTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령。08-、朝鮮大)
「ポジション争いでハビリがリード。奮起を期待」(長谷川広報)
◎織機FL鄭智弘(チョン・チホン、정지홍。12-、11-09NTTドコモ、08-07サニックス、06-05IBM、帝京大、大阪朝鮮高)

<B>
■第1週
◆近鉄21(14-0)17NTTドコモ(22日、大阪・金鳥)
*近鉄3T3G(4)、ドコモ2T2G1P(1)
Dscf1570

◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원。大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)
「チームを引っ張る要の存在になっている。性格も申し分ない」(前田監督)
◎近鉄PR3申東源(シン・ドンウォン、신동원。14-、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)
「韓国代表に選ばれてチームへ合流。成長あり」(同)
◎近鉄CTB劉治栄(リュウ・チヨン、埼玉工業大)
◎近鉄PRN王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문。14-近鉄、大阪体育大、朝明高)
「成長している」(同)
◎NTTドコモLO5朴淳彩(パク・スンチェ、박순채。14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)
「新加入だがラグビーに取り組む意識など若手の手本になっている。パスがうまく突破も魅力」(同)
◎NTTドコモR18/PR張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎NTTドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅。尚武、延世大)
「頑張っている。アジア枠の中で朴との使いわけ」(下沖監督)

◆サントリー-コカ・コーラ(23日、熊本)
Dscf1578

◆神戸製鋼-リコー(24日、西京極)
Dscf1582

◆トヨタ自動車-キヤノン(同上)
Dscf1580

◎16チーム首脳陣、いずれも対戦相手をリスペクト、開幕戦勝利。TL覇権を狙う。
Dscf1624

<<TE>>
◎三菱PR成昴徳(ソン・アンドック、1성앙덕。14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)
◎三菱FB/R蔡宰榮(チェ・ジェヨン、14-、13東芝、12三星重工業、10東芝、高麗大)
◎三菱FL(イ・ヒョンウ、이현우。12-、11-10日野自動車、尚武、檀国大、裡里工)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우。07-、高麗大)
◎横河FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕。明治大、大阪朝高)
◎横河WTB趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철。同志社大、大阪朝高)
◎秋田PR表在胤(ピョ・ジェユン、14-、流経大、朝明高、韓国)
◎秋田FL/NO8韓 歡浩(ハン・ファンホ、14-、徳山大、韓国・培材高)
◎釜石PR鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)

<<TW>>
◎Honda/PR/R金光植(キム・グァンシク、김광식。14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)
◎Honda/SH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈。07-、大心通商、檀国大)

<<トップ九州>>
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン、장화유。12-、同志社大、大阪朝鮮高)

<<関東大学対抗戦>>
◎帝京LO金嶺志(2年、東京朝鮮高)
◎帝京SO朴成基(4年、大阪朝鮮高)
◎帝京LO金廉(1年、大阪朝鮮高)
◎帝京SO金孝舜(キム・ヒョウスン、2年、東京朝鮮高)
◎帝京PR李成鏞(リ・ソンヨン、1年、大阪朝鮮高)
◎明治LO南宗成(4年、ナム・ジョンソン、大阪朝鮮高)

<<関東大学リーグ戦>>
◎流経大HO申盛浩(4年、シン・ソンホ、신성호。韓国・忠北高)
◎流経大LO林材彬(3年、イム・ジェビン、임재빈。韓国・養正高)
◎流経大FL安永奭(3年、アン・ヨンソク、안영석。韓国・養正高)
◎流経大PR金仁謙(1年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)
◎法政CTB金勇輝(4年、大阪朝鮮高)。
◎日大SO金貴大(2年、大阪朝鮮高)。
◎日大FL孫昇巳(1年、大阪朝鮮高)
◎日大SH金翔大(2年、大阪朝鮮高)
◎立正CTB李翔太(4年、東京朝鮮高)

<<関東リーグ戦2部>>
◎拓殖PR具智元(2年、グ・ジウォン、구지원。日本文理高、NZ中、韓国)。
◎拓殖CTB具智允(3年、グ・ジユン、구지윤。日本文理高、NZ中、韓国)。
◎拓殖SH姜秉周(2年、カン・ピョンジュ、강병주。日本文理高、韓国)。

<<関西大学A>>
◎天理FL李淳也(3年、常翔啓光学園)
◎体大SO王授榮(3年、ワン・スヨン。三重・朝明高、韓国出身)
◎京産PR金亨志(3年、大阪朝鮮高)
◎京産PR金大輝(1年、大阪朝鮮高)
◎京産PR梁拓真(4年、大阪朝鮮高)
◎京産HO蔡淳志(2年、大阪朝鮮高)
◎京産FL金智栄(2年、大阪朝鮮高)
◎京産FL生姜栄基(4年、常翔啓光)
◎京産SH9梁正秋(4年、大阪朝鮮高)
◎京産CTB金榮均(4年、朝明高、韓国)
◎京産CTB金将一(2年、大阪朝鮮高)
◎関学PR金寛泰(4年、キム・グァンテ、大阪朝高)
◎関学FB高陽日(4年、コ・ヨンイル、大阪朝高)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2014

パナ劉、ドコモ朴、近鉄・申、金、コム諸葛が先発へ。TL開幕戦。

 2014-15年の日本ラグビーシーズンは今週8月22日(金)に国内最強のTL(トップリーグ)で開幕します。
 22日、23日の試合メンバーが発表。韓国出身選手ではパナソニックFL6劉永男(ユ・ヨンナム)、NTTドコモLO5朴淳彩(パク・スンチェ)、近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン)、PR3申東源(シン・ドンウォン)、NTTコムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン)がメンバー入り。諸葛は初年度でいきなりの先発、朴と申は移籍後、チームの信頼を得ましたね。

 開幕に先立ち、TL記者発表が8月18日に行われ出場16チーム監督・主将が登場。
Dscf1587

 韓国情報は所属している選手の現状や評価を取材しました。
 1STステージ(A、B各8チーム)、開幕カードで紹介します。

<<2014-15TL 1STステージ>>
<A>
■第1週
◆パナソニック-東芝(22日、秩父宮)
Dscf1584

◎パナFL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)
「今年春、代表を辞退して休養を取ったことオープン戦でゲームキャプテンを務めたことなど彼にとっていい経験になった。毎年、うなくなっている」(ロビー・ディーンズ/ROBBIE/DEANS監督)
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)
「春先にケガ、リハビリもようやく終わりチームへ合流」(井場広報)
◎東芝LO李光紋(イ・グァンムン、이광문。12-、11トヨタ、09韓国電力、08サントリー、高麗大)
「アジア五か国対抗戦での骨折から復帰。メンバー入りする力はある」

◆NTTコム-宗像サニックス(23日、秩父宮)
Dscf1572

◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)
Dscf1503
「体の強さ、スピードは魅力」(ペニーHC)
◎コムFL金正奎(早大)
Dscf1504
「ポジション獲得へ」(ロブ・ペニー/ROB PENNYヘッドコーチ)
◎コムPR白隆尚(同大)
◎サニックスR/WTB高健二(コ・ゴンイ、千里馬クラブ、関東学大、大阪朝鮮高)
「速さが先発入りの理由」(篠原マネージャー)
◎サニックスR/CTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)
「チームレベルが上がっている中での競争に勝つこと」(篠原氏)
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、황철수。高麗クラブ、朝鮮大、東京朝鮮高)
「頑張っているがLO、FL陣の激しい競争に勝つこと」(篠原氏)

◆NEC-クボタ(同上)
Dscf1574

◎NEC/SH梁丁泌(ヤン・ジョンピル、양정필。14、尚武、延世大、ソウル大付属高)
「球のさばきにまだ課題が」(荒井広報)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、강대현。14、慶煕大)
「練習で力をつけている段階」(同)
◎クボタPR朴誠球(パク・ソング、박성구。13-、12NEC、08ヤマハ、尚武、延世大)
「首のケガから復帰したが、このケガの影響で腰痛などが出て再療養。今年が勝負になると本人と話している」(石倉監督)

◆ヤマハ-豊田自動織機(ヤマハ)
Dscf1576

◎ヤマハWTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령。08-、朝鮮大)
「ポジション争いでハビリがリード。奮起を期待」(長谷川広報)
◎織機FL鄭智弘(チョン・チホン、정지홍。12-、11-09NTTドコモ、08-07サニックス、06-05IBM、帝京大、大阪朝鮮高)

<B>
■第1週
◆近鉄-NTTドコモ(22日、大阪・金鳥)
Dscf1570

◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원。大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)
「チームを引っ張る要の存在になっている。性格も申し分ない」(前田監督)
◎近鉄PR3申東源(シン・ドンウォン、신동원。14-、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)
「韓国代表に選ばれてチームへ合流。成長あり」(同)
◎近鉄CTB劉治栄(リュウ・チヨン、埼玉工業大)
◎近鉄PRN王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문。14-近鉄、大阪体育大、朝明高)
「成長している」(同)
◎NTTドコモLO5朴淳彩(パク・スンチェ、박순채。14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)
「新加入だがラグビーに取り組む意識など若手の手本になっている。パスがうまく突破も魅力」(同)
◎NTTドコモR18/PR張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎NTTドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅。尚武、延世大)
「頑張っている。アジア枠の中で朴との使いわけ」(下沖監督)

◆サントリー-コカ・コーラ(23日、熊本)
Dscf1578

◆神戸製鋼-リコー(24日、西京極)
Dscf1582

◆トヨタ自動車-キヤノン(同上)
Dscf1580

◎16チーム首脳陣、いずれも対戦相手をリスペクト、開幕戦勝利。TL覇権を狙う。
Dscf1624

<<TE>>
◎三菱PR成昴徳(ソン・アンドック、1성앙덕。14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)
◎三菱FB/R蔡宰榮(チェ・ジェヨン、14-、13東芝、12三星重工業、10東芝、高麗大)
◎三菱FL(イ・ヒョンウ、이현우。12-、11-10日野自動車、尚武、檀国大、裡里工)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우。07-、高麗大)
◎横河FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕。明治大、大阪朝高)
◎横河WTB趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철。同志社大、大阪朝高)
◎秋田PR表在胤(ピョ・ジェユン、14-、流経大、朝明高、韓国)
◎秋田FL/NO8韓 歡浩(ハン・ファンホ、14-、徳山大、韓国・培材高)
◎釜石PR鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)

<<TW>>
◎Honda/PR/R金光植(キム・グァンシク、김광식。14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)
◎Honda/SH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈。07-、大心通商、檀国大)

<<トップ九州>>
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン、장화유。12-、同志社大、大阪朝鮮高)

<<関東大学対抗戦>>
◎帝京LO金嶺志(2年、東京朝鮮高)
◎帝京SO朴成基(4年、大阪朝鮮高)
◎帝京LO金廉(1年、大阪朝鮮高)
◎帝京SO金孝舜(キム・ヒョウスン、2年、東京朝鮮高)
◎帝京PR李成鏞(リ・ソンヨン、1年、大阪朝鮮高)
◎明治LO南宗成(4年、ナム・ジョンソン、大阪朝鮮高)

<<関東大学リーグ戦>>
◎流経大HO申盛浩(4年、シン・ソンホ、신성호。韓国・忠北高)
◎流経大LO林材彬(3年、イム・ジェビン、임재빈。韓国・養正高)
◎流経大FL安永奭(3年、アン・ヨンソク、안영석。韓国・養正高)
◎流経大PR金仁謙(1年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)
◎法政CTB金勇輝(4年、大阪朝鮮高)。
◎日大SO金貴大(2年、大阪朝鮮高)。
◎日大FL孫昇巳(1年、大阪朝鮮高)
◎日大SH金翔大(2年、大阪朝鮮高)
◎立正CTB李翔太(4年、東京朝鮮高)

<<関東リーグ戦2部>>
◎拓殖PR具智元(2年、グ・ジウォン、구지원。日本文理高、NZ中、韓国)。
◎拓殖CTB具智允(3年、グ・ジユン、구지윤。日本文理高、NZ中、韓国)。
◎拓殖SH姜秉周(2年、カン・ピョンジュ、강병주。日本文理高、韓国)。

<<関西大学A>>
◎天理FL李淳也(3年、常翔啓光学園)
◎体大SO王授榮(3年、ワン・スヨン。三重・朝明高、韓国出身)
◎京産PR金亨志(3年、大阪朝鮮高)
◎京産PR金大輝(1年、大阪朝鮮高)
◎京産PR梁拓真(4年、大阪朝鮮高)
◎京産HO蔡淳志(2年、大阪朝鮮高)
◎京産FL金智栄(2年、大阪朝鮮高)
◎京産FL生姜栄基(4年、常翔啓光)
◎京産SH9梁正秋(4年、大阪朝鮮高)
◎京産CTB金榮均(4年、朝明高、韓国)
◎京産CTB金将一(2年、大阪朝鮮高)
◎関学PR金寛泰(4年、キム・グァンテ、大阪朝高)
◎関学FB高陽日(4年、コ・ヨンイル、大阪朝高)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2014

養正高が2冠目、中学も培材が2冠。韓国中高大会

 韓国の中学・高校ラグビー大会8「第41回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が京畿道市高陽市で8月13日(水)~19日(火)まで開催(高校9、中学8校が参加)。

 高校は8月に日本である日韓中ジュニア大会の韓国代表メンバーは参加していません。
 
 最終日(19日)は中学・高校の決勝が行われ中学・培材中(ペジェ)、高校・養正高(ヤンジョン)の古豪が今季2冠目をそれぞれ達成しました。
 中学は大統領旗大会Vの培材中が後半、リードし12-5でソウル市内のライバル養正中を破りました。
 高校も大統領旗大会優勝の養正高が後半25分、逆転で24-22と白新高(ペクシン)を下し2冠に輝きました。養正の兄弟校Vはならず。白新の2年ぶり国内大会Vは逃しました。
 5日目(17日)に波乱。
 準決勝で今季2冠(春季リーグ、大統領旗)のソウル大付属高が養正高(ヤンジョン)に後半逆転で21-30で敗れました。養正高は明日、中学とともに兄弟校優勝へ王手をかけました。7月の大統領旗大会に続き2冠目もかかります。
 隣の枠でも白新高(ペクシン)が春季2位ソウル大ライバル、富川北高(プチョンプック)を22-5で制し決勝へ。白新は今季、3大会すべてで4強止まり。初優勝を狙います。優勝すれば12年の全国種別大会以来の国内V。
  3日目(15日)は高校8強戦(準々決勝)4試合が行われソウル大付属、富川北高、養正高、白新高(ペクシン)がそれぞれ6トライ以上を奪い順当に4強へ。
 1日目、13日は1回戦で仁川機械工業高が49-5培材で2回戦へ。
 
 4日目(16日)、中学準決勝。ソウル大付属中が春季Vで兄弟校優勝の2回目の兄弟優勝と、全国少年大会に続く3冠目をかけましたが古豪で大統領旗大会Vで春季4強の培材中(ペジェ)に後半21分に逆転され26-31で敗戦。もう1試合は春季2位の養正中(ヤンジョン)が45-5と一山東中を下し決勝へ。
 培材・養正と韓国ラグビーの歴史を作ってきた2校が19日、対戦します。
 培材は大統領旗大会に続き2冠目を。養正は記録がある06年以降で初めてのVです。両校は春季大会で対戦し養正31-22培材となっています。
 2日目の14日は中学1回戦4試合がありソウル大付属中が大統領旗2位の蘭谷中(ナンゴック)を7T45点で下し準決勝へ。
 培材中(ペジェ)も10Tを奪い富平中(プピョン)を一蹴し両校は準決勝で対戦する。隣の枠では養正中(ヤンジョン)が11T69-0で延壽中(ヨンス)を零封。一山東中も9T55-5大安中で4強入りした。

「20014年韓国日程・結果」をダウンロード

<<第41回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝戦(19日、16:10)
◆養正高(ヤンジョン)24(14-14)22白新高(ペクシン)
*養正3T3G1P、白新3T2G1P
*接戦を最後に養正が制した。前半9分、SO10シン・ヒョンミンがTとGも成功し7-0と先制。17分、白新がSO10ペク・ヒョンウがTを奪いFB15チェ・ミンジェのGで7-7と追いつく。6分後、養正NO8朴ジョンヒョンT、シンGで14-7とするも33分、白新LO4ユ・ジェフンがTしチェのGで14-14で前半を終えた。
 後半は白新ペース。2分にチェがPGで初めてリードを奪うと、11分LOユの2本目のTで14-22と差を広げた。しかし養正は20分、シンがPGで決め17-22へ。25分、FL7ファン・ヘソンのTで22-22と同点とする。T後のGを好調、シンが決め24-22。そのまま2点差を守り2冠達成し古豪復活を開いた。
☆MVP:養正高SO10シン・ヒョンミン ☆優秀監督:養正高イム・ハンス

■準決勝戦(17日、15:00)
◆Aソウル大付属高21(14-13)30養正高(ヤンジョン)
*ソウル3T3G、養正3T3G3P
*7-7の同点で迎えた前半14分、養正はSO10シン・ヒョンミンがPGを決め逆転した。シンは27分にもPGを成功し13-10へ。一方、ソウルは31分にWTB14チョン・ホジュンが2本目のTを奪い、GもCTB12ソン・ミンギが決めて13-14と逆転、1点差で後半へ。
 後半の入りもソウルが握った。3分にFB15チョ・ミンギのT、Gで7点を追加13-21とした。残り10分で養正が反撃。22分にNO8朴ジュンヒョンのT、シンGで20-21とすると4分後、FL6金デヒがトライラインを越え25-21と再々逆転。シンはGも決め27-21。さらに35分、シンがダメ押しのPGでソウルの3冠を止めた。

◆B富川北高(プチョン)5(0-12)22白新高(ペクシン)
*富川1T、白新3T2G1P
*白新が常時リードし守った。前半4分、CTB12李スンフンが先制T(GはFB15チェ・ミンジェ成功)で7-0とした。14分にはFBチェがTで12-0で試合を折り返す。
後半9分、富川がHO2ナム・ジェヒョンのTで5点を返した。しかし白新は17分、チェPGで15-5と点差を広げた。30分にはPR1ユ・チャンがTしチェもGを確実に決めて22-5で決勝への道を手に入れた。

■準々決勝戦(8強、15日、10:00)
◆Aソウル大付属高45(31-7)21仁川機械工業高
*ソウル6T6G1P、仁川3T3G
*ソウルが前半のリードを守り勝利。開始50秒にFB15チョン・ミンギのTで先制(GはCTB12ソン・ミンギ成功)。6分LO4チョン・ソルのT、Gも決まり14-0へ。18分、仁川がSO10李ジョンミンのT、SH9ソン・ジョンシクのGで7点を返した。しかし22分にソウル12ソンのPGが決まると2分後にFL6アン・イルウのT、Gも決まり24-7とする。31分SO10カン・インジュンのT、ソンG38-7で折り返した。後半も12分に12ソンがTとGを奪い試合を決めた。

◆A養正高(ヤンジョン)43(14-0)7大邱商苑高(テグサンノン)
*養正6T5G1P、大邱1T1G
*後半、養正は6分にFL6金デヒのTで19-0とする。11分にはCTB12チョン・ヒョンソンがTしGをSO10シン・ヒョンミンが決め26-0。25分シンのPG、22分FB15李チャンファンのT、G成功で33-0とテグの反撃を1Tに抑え4強入り。

◆B富川北高(プチョン)48(29-19)38城南西高(ソンナムソ)
*富川7T5G1P、城南西6T4G
*富川が乱戦を常時リードし逃げ切った。前半29分、城南西FB15ペク・ジュンウンのTで26-19とされたが34分にSO10金ギミンがPGを決め29-19で前半を終えた。後半も7分に富川CTB12金チャンデT、G成功で36-19。14分WTB11ハ・アンチャンが2本目のゴールライン越えで41-19とした。城南西も17分、21分に連続Tで追い上げるも(41-31)、24分に富川PR3朴サンフンT、Gも決まり48-31とリードを保つ。31分に城南西が1T1G奪うも逃げ切り。

◆B白新高(ペクシン)45-3天安オソン高

■1回戦(13日、16:00)
◆A1仁川機械工業高49(28-5)5培材高(ペジェ)
*仁川7T7G、培材1T
*仁川が前半で試合を決めた。11分SO李ジョンミンが先制T、GもSH9ソン・ジョンシクが成功。16分FL6朴スミン、24分CT13金ゴンス、34分PR3金ジョンファンがトライラインを越えた。後半も3T3G追加。培材は前半20分にSH9朴サンウが奪った1T5点で終えた。

<中学>
■決勝戦(19日、15:00)
◆培材中(ペジェ)12(0-0)5養正中(ヤンジョン)
*培材2T1G、養正1T
*後半にリードした培材が栄冠をつかんだ。2分、HO2金ミンソンがトライラインを越えGはCTB10金ミンウクが成功し7-0。15分、養正がLO5權(権)ジャンウクがTで5点を返した。接戦の中、3分後、培材FB12金ミョンフがTで12-5としノーサイドを迎えた。
☆MVP:培材SH6金ヒョンジュン、優秀監督:培材チャン・ウンギ

■準決勝戦(16日、15:00)
◆A養正中(ヤンジョン)45(12-0)5一山東中(イルサンドン)
*養正7T5G、一山1T
*後半、養正は2分にPR1李ウジュン、4分CTB9ユ・スンミン(2本目)のT、7分FB12朴ジュンミンの連続Tなどで5Tを積み重ね快勝。

◆Bソウル大付属中26(7-24)31培材中(ペジェ)
*ソウル4T3G、培材5T3G
*ソウルは7-24の後半。まず4分にPRシン・グォンソップがTし12-24に。10分WTB11ミン・ギョムミンがT、GはSO7金ソンドが決め19-24と迫る。15分SO金がTし同点、さらにGし26-24とひっくり返した。しかし培材は21分、WTB8李スヒョンがトライラインを越えリードを奪うとCTB10金ミンウクもGを決め26-31。試合はこのままノーサイドとなった。

■準々決勝(1回)戦(8強、14日、10:00)
◆A一山東中(イルサンドン)55(31-0)5大安中(テアン)
*一山9T5G、大安1T
*一山はFB12李ジェジュンが開始30秒で先制Tするなど3T、LO5ヤン・ジユンも3Tする活躍。

◆A養正中(ヤンジョン)69(34-0)0延壽中(ヨンス)
*養正11T7G
*前半1分にPR1李ウンジョンのTで先制、6分SO7李ウォンホ、9分HO2朴ゴンウらがTし引き離した。WTB11ユ・ギョンスは3T。

◆Bソウル大付属中45(33-5)10蘭谷中(ナンゴック)
*ソウル7T5G、蘭谷2T
*ソウルは前半3分WTB8李セユンのTで先制すると7分FB12ファン・ジュンホ(GはSO7金スンドが成功)、10分CTB10チョン・ヨンフンT(G成功)、20分はSO金、23分FBファンのTなどで33-0とした。蘭谷は前半26分にPR3金ジンがTを返したが前半で試合は決着した。

◆B培材中(ペジェ)58(32-0)14富平中(プピョン)
*培材10T4G、富平2T2G
*培材は前半3分にCTB9朴ウビンが先制Tで5-0。朴は12分、22分にもTするなど前半32-0で折り返した。さらに後半10分、19分と朴がトライラインを越え圧勝した。

<<参考2013、第40回大会>>
 13年8月26日(月)から30日(金)まで「第40回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が京畿道市安山ワースタジアムで開催されました。
 中学7、高校4校が参加。
 30日の決勝で、中学は富川北中(プチョンプック)が一山東中(イルサンドン)を31-21で、高校は富川北高(プチョンプック)が白新高(ペクシン)を53-10でそれぞれ下し兄弟校優勝を遂げました。
 富川北高は今季3冠目。
「2013韓国日程、結果」をダウンロード

<高校>
■決勝(8月30日)
◆富川北高53(26-5)10白新高(ペクシン)
*富川7T6G2P、白新2T
*富川が前半で試合を決めた。開始40秒にCTB12金ジンヒョクのT,SO10金テソンのG成功で7-0とした。15分にCTB13金ジュンファ、27分WTB11金ユンオ、33分NO8李キオプの連続Tなどで26-0に。白新は33分NO8李ジョンソンのTで5点を返すのがやっと。後半も富川はSO金の2PGやSH9チョン・スンウォンの2Tなどで加点し優勝を決めた。

■準決勝(27日)
◆富川北高35(21-10)17ソウル大付属高
*富川5T5G、ソウル大3T1G
*ソウル大が前半2分、WTB11チョ・ミンギのTで先制した。富川は9分FB15チョン・ジェグァンのTと自らのG成功で7-5と逆転。16分CTB12金ジンヒョクのT、Gも決まり14-5に。ソウル大が23分WTBチョの2本目のTで14-10としたが5分後、FL6金スンジュンのT、FBのG成功で21-10とリードを広げた。後半12分、ソウル大がFL7朴ビョンソンのT,SO10カン・ホヨンのGで21-17と迫った。3分後、富川はFL金、27分CTB金のTなどで突き放した。

◆白新高(ペクシン)41(24-0)0ソウル科学技術高(旧ソウル北工業)
*白新6T4G1P
*白新が前半10分、FB15金ヨンファンのPGで先制すると15分WTB11李ヨンウク、26分PR1チョン・ユンシク、31分FL7金ヒョスンのTなどで24点をあげ試合を決めた。

<中学>
■決勝(8月30日)
◆富川北中(プチョンプック)31(21-14)21一山東中(イルサンドン)
*富川5T3G、一山3T3G
*富川が前半のリードを守り切った。2分、FB12カン・ヒムチャンがTとGを決めて先制。10分にLO5金ソンミョンのT、カンのGで14-0にした。一山は17分SO7李ソンドのT、Gも自ら決め14-7と追う。20分富川CTB9コ・ヨンチャンのTにGも成功で21-7へ。24分一山SH6チョ・ジョンワンのT、G成功で21-14と7点差で前半を終えた。富川は後半4分と8分に連続トライで31-14とし一山の追撃を抑えた。

■準決勝(28日)
◆A富川北中(プチョンプック)49(28-17)38ソウル大付属
*富川7T7G、ソウル大6T4G
*乱打戦を富川が制した。前半4分PR1金オジンのT、FB12カン・ヒムチャンのGで先制(7-0)。ソウルも7分にWTB8イム・ギボンのTで5点を返すと富川が9分CTB10金チャンデのT,FBのG、さらに12分FBのTなどで21-5に。ソウルが14分、20分にCTB9ノ・ミョンスの連続Tで21-17と迫ると24分、富川がFBカンの2本目のT、Gで28-17とした。後半もソウルが2分、CTB10朴ウインのTとGで28-24へ。すると富川は9分PR19李ジュンヒョク、1T1G追加する。2分後ソウルががCTBノのハットトリックTで再び31-35。富川は15分こちらもFBカンのハットトリックT、20分
PR19李のTで14点を追加しようやく31-49と突き放した。

◆B一山東中(イルサンドン)40(28-14)33延壽中(ヨンス)
*一山6T5G、延壽5T4G
*一山が前半LO5ユン・ジョンウクの2T、SO7李ソンドの1T4Gなどで28点を得た。後半も8分までにSO李のTなどで12点を追加、延壽の追い上げをしのぎ切った。

■1回戦(26日)
◆A城南西中(ソンナムソ)28(14-24)36富川北中(プチョンプック)
*城南西4T4G,富川6T3G

◆B①慶山中(キョンサン)7(7-21)48延壽中(ヨンス)
*慶山1T1G、延壽8T4G

◆B②一山東中(イルサンドン)29(17-10)22養正中(ヤンジョン)
*一山5T2G、養正4T1G
 
<<参考 2012年第39回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝9月5日(水)
◆大邱商苑高(テグサンノン)24-21白新高(ペクシン)

■準決勝3日(月)
◆A大邱商苑高(テグサンノン)34-31仁川機械工業高

◆B白新高(ペクシン)26-12ソウル大付属高

■1回戦8月31日(金)
◆A養正高24-33大邱商苑高

◆B①ソウル大付属高41-22ソウル北工業高

◆B②富川北高24-27白新高

<中学>
■決勝9月5日(水)
◆ソウル大付属中29-19富川北中(プチョンプック)
*最優秀コーチ:金ジョンフン(ソウル大)
*最優秀選手:金ミンジュン(ソウル大)

■準決勝4日(火)
◆Aソウル大付属中36-15一山東中(イルサンドン)

◆B富川北中26-17延壽中(ヨンス)

■1回戦1日(土)
◆A一山東中36-24培材中(ペジェ)

◆B富川北中28-5武珍中(ムジン)

<<参考、2011年第38回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝(8月22日)
◆富川北高(プチョンプック)10(0-7)10養正高(ヤンジョン)
*富川北1T1G1P、養正1T1G1P

■準決勝(19日)
◆A富川北高(プチョンプック)28(14-5)5白新高(ペクシン)
*富川北4T4G、白新1T

◆B養正高(ヤンジョン)28(7-7)19ソウル大付属高
*養正4T4G、ソウル大3T2G

■1回戦(16日)
◆A白新高(ペクシン)28(7-5)10ソウル北工業高
*白新4T4G、ソウル北2T

◆Bソウル大付属高40(26-3)18城南西高(ソンナムソ)
*ソウル大6T5G、城南西3T1P

<中学>
■決勝(22日)
◆富川北(プチョンプック)15(10-5)12ソウル大付属中
*富川北3T、ソウル大2T1G

■準決勝(19日)
◆A富川北中39(17-0)0延壽中(ヨンス)
*富川北6T3G1P

◆B富平中(プピョン)17(5-17)28ソウル大付属中
*富平3T1G,ソウル大5T2G

■1回戦(17日)
◆A①富川北中35(35-0)10培材中(ペジェ)
*富川北5T5G、培材2T

◆A②延壽中(ヨンス)31(19-0)3一山東中(イルサンドン)
*延壽5T3G、一山東1P

◆B①富平中(プピョン)22(12-5)12養正中(ヤンジョン)
*富平4T1G、養正2T1G

◆B②ソウル大付属中17(7-7)14江信中(カンシン)
*ソウル大3T1G、江信2T2G

<<参考2010第37回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝(9月12日)
◆ソウル大付属高40(12-0)3養正高(ヤンジョン)
*ソウル6T2G2P、養正1P

■準決勝(10日)
◆城南西高(ソンナムソ)5(0-17)22養正高
*城南西1T,養正3T2G1P
◆順天工業高(スンチョンコン)5(0-27)34ソウル大付属高
*順天1T、ソウル6T2G

<中学>
■決勝(12日)
◆富川北中(プチョンプック)45(19-10)22ソウル大付属中
*富川7T5G、ソウル4T1G

■準決勝(10日)
◆富川北中36(24-7)10大安中(テアン)
*富川6T3G、大安1T1G1P
◆ソウル大付属中28(7-0)14養正中(ヤンジョン)
*ソウル4T4G、養正2T2G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2014

ラグビーTL8月22日開幕!韓国選手現状は?

 2014-15年の日本ラグビーシーズンは今週8月22日(金)に国内最強のTL(トップリーグ)で開幕します。
 開幕に先立ち、TL記者発表が8月18日に行われ出場16チーム監督・主将が登場。
Dscf1587

 韓国情報は所属している選手の現状や評価を取材しました。
 1STステージ(A、B各8チーム)、開幕カードで紹介します。
 名前の後、先発メンバーが確実な選手は☆、Bチームやケガ治療中は◇、方針で公表せずはNC(ノーコメント 

<<2014-15TL 1STステージ>>
<A>
■第1週
◆パナソニック-東芝(22日、秩父宮)
Dscf1584

◎パナFL劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)☆
「今年春、代表を辞退して休養を取ったことオープン戦でゲームキャプテンを務めたことなど彼にとっていい経験になった。毎年、うなくなっている」(ロビー・ディーンズ/ROBBIE/DEANS監督)
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)◇
「春先にケガ、リハビリもようやく終わりチームへ合流」(井場広報)
◎東芝LO李光紋(イ・グァンムン、이광문。12-、11トヨタ、09韓国電力、08サントリー、高麗大)◇
「アジア五か国対抗戦での骨折から復帰。メンバー入りする力はある」

◆NTTコム-宗像サニックス(23日、秩父宮)
Dscf1572

◎コムFL21金正奎(早大)NC
Dscf1504
「ポジション獲得へ」(ロブ・ペニー/ROB PENNYヘッドコーチ)
◎コムPR白隆尚(同大)NC
◎コムCTB諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)NC
Dscf1503
「体の強さ、スピードは魅力」(ペニーHC)
◎サニックスR/WTB高健二(コ・ゴンイ、千里馬クラブ、関東学大、大阪朝鮮高)☆へ
「速さが先発入りの理由」(篠原マネージャー)
◎サニックスR/CTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)◇
「チームレベルが上がっている中での競争に勝つこと」(篠原氏)
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、황철수。高麗クラブ、朝鮮大、東京朝鮮高)◇
「頑張っているがLO、FL陣の激しい競争に勝つこと」(篠原氏)

◆NEC-クボタ(同上)
Dscf1574

◎NEC/SH梁丁泌(ヤン・ジョンピル、양정필。14、尚武、延世大、ソウル大付属高)◇
「球のさばきにまだ課題が」(荒井広報)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、강대현。14、慶煕大)◇
「練習で力をつけている段階」(同)
◎クボタPR朴誠球(パク・ソング、박성구。13-、12NEC、08ヤマハ、尚武、延世大)◇
「首のケガから復帰したが、このケガの影響で腰痛などが出て再療養。今年が勝負になると本人と話している」(石倉監督)

◆ヤマハ-豊田自動織機(ヤマハ)
Dscf1576

◎ヤマハWTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령。08-、朝鮮大)◇
「ポジション争いでハビリがリード。奮起を期待」(長谷川広報)
◎織機FL鄭智弘(チョン・チホン、정지홍。12-、11-09NTTドコモ、08-07サニックス、06-05IBM、帝京大、大阪朝鮮高)

<B>
■第1週
◆近鉄-NTTドコモ(22日、大阪・金鳥)
Dscf1570

◎近鉄SH金哲元(キム・チョルウォン、김철원。大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)☆
「チームを引っ張る要の存在になっている。性格も申し分ない」(前田監督)
◎近鉄PR申東源(シン・ドンウォン、신동원。14-、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)☆
「韓国代表に選ばれてチームへ合流。成長あり」(同)
◎近鉄CTB劉治栄(リュウ・チヨン、埼玉工業大)
◎近鉄PRN王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문。14-近鉄、大阪体育大、朝明高)☆
「成長している」(同)
◎NTTドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅。尚武、延世大)☆か◇
「頑張っている。アジア枠の中で朴との使いわけ」(下沖監督)
◎NTTドコモLO4朴淳彩(パク・スンチェ、박순채。14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)☆
「新加入だがラグビーに取り組む意識など若手の手本になっている。パスがうまく突破も魅力」(同)
◎NTTドコモR/PR張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)

◆サントリー-コカ・コーラ(23日、熊本)
Dscf1578

◆神戸製鋼-リコー(24日、西京極)
Dscf1582

◆トヨタ自動車-キヤノン(同上)
Dscf1580

◎16チーム首脳陣、いずれも対戦相手をリスペクト、開幕戦勝利。TL覇権を狙う。
Dscf1624

<<TE>>
◎三菱PR成昴徳(ソン・アンドック、1성앙덕。14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)
◎三菱FB/R蔡宰榮(チェ・ジェヨン、14-、13東芝、12三星重工業、10東芝、高麗大)
◎三菱FL(イ・ヒョンウ、이현우。12-、11-10日野自動車、尚武、檀国大、裡里工)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우。07-、高麗大)
◎横河FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕。明治大、大阪朝高)
◎横河WTB趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철。同志社大、大阪朝高)
◎秋田PR表在胤(ピョ・ジェユン、14-、流経大、朝明高、韓国)
◎秋田FL/NO8韓 歡浩(ハン・ファンホ、14-、徳山大、韓国・培材高)
◎釜石PR鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)

<<TW>>
◎Honda/PR/R金光植(キム・グァンシク、김광식。14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)
◎Honda/SH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈。07-、大心通商、檀国大)

<<トップ九州>>
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン、장화유。12-、同志社大、大阪朝鮮高)

<<関東大学対抗戦>>
◎帝京LO金嶺志(2年、東京朝鮮高)
◎帝京SO朴成基(4年、大阪朝鮮高)
◎帝京LO金廉(1年、大阪朝鮮高)
◎帝京SO金孝舜(キム・ヒョウスン、2年、東京朝鮮高)
◎帝京PR李成鏞(リ・ソンヨン、1年、大阪朝鮮高)
◎明治LO南宗成(4年、ナム・ジョンソン、大阪朝鮮高)

<<関東大学リーグ戦>>
◎流経大HO申盛浩(4年、シン・ソンホ、신성호。韓国・忠北高)
◎流経大LO林材彬(3年、イム・ジェビン、임재빈。韓国・養正高)
◎流経大FL安永奭(3年、アン・ヨンソク、안영석。韓国・養正高)
◎流経大PR金仁謙(1年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)
◎法政CTB金勇輝(4年、大阪朝鮮高)。
◎日大SO金貴大(2年、大阪朝鮮高)。
◎日大FL孫昇巳(1年、大阪朝鮮高)
◎日大SH金翔大(2年、大阪朝鮮高)
◎立正CTB李翔太(4年、東京朝鮮高)

<<関東リーグ戦2部>>
◎拓殖PR具智元(2年、グ・ジウォン、구지원。日本文理高、NZ中、韓国)。
◎拓殖CTB具智允(3年、グ・ジユン、구지윤。日本文理高、NZ中、韓国)。
◎拓殖SH姜秉周(2年、カン・ピョンジュ、강병주。日本文理高、韓国)。

<<関西大学A>>
◎天理FL李淳也(3年、常翔啓光学園)
◎体大SO王授榮(3年、ワン・スヨン。三重・朝明高、韓国出身)
◎京産PR金亨志(3年、大阪朝鮮高)
◎京産PR金大輝(1年、大阪朝鮮高)
◎京産PR梁拓真(4年、大阪朝鮮高)
◎京産HO蔡淳志(2年、大阪朝鮮高)
◎京産FL金智栄(2年、大阪朝鮮高)
◎京産FL生姜栄基(4年、常翔啓光)
◎京産SH9梁正秋(4年、大阪朝鮮高)
◎京産CTB金榮均(4年、朝明高、韓国)
◎京産CTB金将一(2年、大阪朝鮮高)
◎関学PR金寛泰(4年、キム・グァンテ、大阪朝高)
◎関学FB高陽日(4年、コ・ヨンイル、大阪朝高)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2014

養正高がソウル大府高下し兄弟優勝へ王手!韓国中高大会

 韓国の中学・高校ラグビー大会8「第41回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が京畿道市高陽市で8月13日(水)~19日(火)まで開催(高校9、中学8校が参加)。

 高校は8月に日本である日韓中ジュニア大会の韓国代表メンバーは参加していません。
 5日目(17日)に波乱。
 準決勝で今季2冠(春季リーグ、大統領旗)のソウル大付属高が養正高(ヤンジョン)に後半逆転で21-30で敗れました。養正高は明日、中学とともに兄弟校優勝へ王手をかけました。7月の大統領旗大会に続き2冠目もかかります。
 隣の枠でも白新高(ペクシン)が春季2位ソウル大ライバル、富川北高(プチョンプック)を22-5で制し決勝へ。白新は今季、3大会すべてで4強止まり。初優勝を狙います。優勝すれば12年の全国種別大会以来の国内V。
  3日目(15日)は高校8強戦(準々決勝)4試合が行われソウル大付属、富川北高、養正高、白新高(ペクシン)がそれぞれ6トライ以上を奪い順当に4強へ。
 1日目、13日は1回戦で仁川機械工業高が49-5培材で2回戦へ。
 
 4日目(16日)、中学準決勝。ソウル大付属中が春季Vで兄弟校優勝の2回目の兄弟優勝と、全国少年大会に続く3冠目をかけましたが古豪で大統領旗大会Vで春季4強の培材中(ペジェ)に後半21分に逆転され26-31で敗戦。もう1試合は春季2位の養正中(ヤンジョン)が45-5と一山東中を下し決勝へ。
 培材・養正と韓国ラグビーの歴史を作ってきた2校が19日、対戦します。
 培材は大統領旗大会に続き2冠目を。養正は記録がある06年以降で初めてのVです。両校は春季大会で対戦し養正31-22培材となっています。
 2日目の14日は中学1回戦4試合がありソウル大付属中が大統領旗2位の蘭谷中(ナンゴック)を7T45点で下し準決勝へ。
 培材中(ペジェ)も10Tを奪い富平中(プピョン)を一蹴し両校は準決勝で対戦する。隣の枠では養正中(ヤンジョン)が11T69-0で延壽中(ヨンス)を零封。一山東中も9T55-5大安中で4強入りした。

<<第41回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝戦(19日、16:10)
◆養正高(ヤンジョン)-

■準決勝戦(17日、15:00)
◆Aソウル大付属高21(14-13)30養正高(ヤンジョン)
*ソウル3T3G、養正3T3G3P
*7-7の同点で迎えた前半14分、養正はSO10シン・ヒョンミンがPGを決め逆転した。シンは27分にもPGを成功し13-10へ。一方、ソウルは31分にWTB14チョン・ホジュンが2本目のTを奪い、GもCTB12ソン・ミンギが決めて13-14と逆転、1点差で後半へ。
 後半の入りもソウルが握った。3分にFB15チョ・ミンギのT、Gで7点を追加13-21とした。残り10分で養正が反撃。22分にNO8朴ジュンヒョンのT、シンGで20-21とすると4分後、FL6金デヒがトライラインを越え25-21と再々逆転。シンはGも決め27-21。さらに35分、シンがダメ押しのPGでソウルの3冠を止めた。

◆B富川北高(プチョン)5(0-12)22白新高(ペクシン)
*富川1T、白新3T2G1P
*白新が常時リードし守った。前半4分、CTB12李スンフンが先制T(GはFB15チェ・ミンジェ成功)で7-0とした。14分にはFBチェがTで12-0で試合を折り返す。
後半9分、富川がHO2ナム・ジェヒョンのTで5点を返した。しかし白新は17分、チェPGで15-5と点差を広げた。30分にはPR1ユ・チャンがTしチェもGを確実に決めて22-5で決勝への道を手に入れた。

■準々決勝戦(8強、15日、10:00)
◆Aソウル大付属高45(31-7)21仁川機械工業高
*ソウル6T6G1P、仁川3T3G
*ソウルが前半のリードを守り勝利。開始50秒にFB15チョン・ミンギのTで先制(GはCTB12ソン・ミンギ成功)。6分LO4チョン・ソルのT、Gも決まり14-0へ。18分、仁川がSO10李ジョンミンのT、SH9ソン・ジョンシクのGで7点を返した。しかし22分にソウル12ソンのPGが決まると2分後にFL6アン・イルウのT、Gも決まり24-7とする。31分SO10カン・インジュンのT、ソンG38-7で折り返した。後半も12分に12ソンがTとGを奪い試合を決めた。

◆A養正高(ヤンジョン)43(14-0)7大邱商苑高(テグサンノン)
*養正6T5G1P、大邱1T1G
*後半、養正は6分にFL6金デヒのTで19-0とする。11分にはCTB12チョン・ヒョンソンがTしGをSO10シン・ヒョンミンが決め26-0。25分シンのPG、22分FB15李チャンファンのT、G成功で33-0とテグの反撃を1Tに抑え4強入り。

◆B富川北高(プチョン)48(29-19)38城南西高(ソンナムソ)
*富川7T5G1P、城南西6T4G
*富川が乱戦を常時リードし逃げ切った。前半29分、城南西FB15ペク・ジュンウンのTで26-19とされたが34分にSO10金ギミンがPGを決め29-19で前半を終えた。後半も7分に富川CTB12金チャンデT、G成功で36-19。14分WTB11ハ・アンチャンが2本目のゴールライン越えで41-19とした。城南西も17分、21分に連続Tで追い上げるも(41-31)、24分に富川PR3朴サンフンT、Gも決まり48-31とリードを保つ。31分に城南西が1T1G奪うも逃げ切り。

◆B白新高(ペクシン)45-3天安オソン高

■1回戦(13日、16:00)
◆A1仁川機械工業高49(28-5)5培材高(ペジェ)
*仁川7T7G、培材1T
*仁川が前半で試合を決めた。11分SO李ジョンミンが先制T、GもSH9ソン・ジョンシクが成功。16分FL6朴スミン、24分CT13金ゴンス、34分PR3金ジョンファンがトライラインを越えた。後半も3T3G追加。培材は前半20分にSH9朴サンウが奪った1T5点で終えた。

<中学>
■決勝戦(19日、15:00)
◆養正中(ヤンジョン)-培材中(ペジェ)

■準決勝戦(16日、15:00)
◆A養正中(ヤンジョン)45(12-0)5一山東中(イルサンドン)
*養正7T5G、一山1T
*後半、養正は2分にPR1李ウジュン、4分CTB9ユ・スンミン(2本目)のT、7分FB12朴ジュンミンの連続Tなどで5Tを積み重ね快勝。

◆Bソウル大付属中26(7-24)31培材中(ペジェ)
*ソウル4T3G、培材5T3G
*ソウルは7-24の後半。まず4分にPRシン・グォンソップがTし12-24に。10分WTB11ミン・ギョムミンがT、GはSO7金ソンドが決め19-24と迫る。15分SO金がTし同点、さらにGし26-24とひっくり返した。しかし培材は21分、WTB8李スヒョンがトライラインを越えリードを奪うとCTB10金ミンウクもGを決め26-31。試合はこのままノーサイドとなった。

■準々決勝(1回)戦(8強、14日、10:00)
◆A一山東中(イルサンドン)55(31-0)5大安中(テアン)
*一山9T5G、大安1T
*一山はFB12李ジェジュンが開始30秒で先制Tするなど3T、LO5ヤン・ジユンも3Tする活躍。

◆A養正中(ヤンジョン)69(34-0)0延壽中(ヨンス)
*養正11T7G
*前半1分にPR1李ウンジョンのTで先制、6分SO7李ウォンホ、9分HO2朴ゴンウらがTし引き離した。WTB11ユ・ギョンスは3T。

◆Bソウル大付属中45(33-5)10蘭谷中(ナンゴック)
*ソウル7T5G、蘭谷2T
*ソウルは前半3分WTB8李セユンのTで先制すると7分FB12ファン・ジュンホ(GはSO7金スンドが成功)、10分CTB10チョン・ヨンフンT(G成功)、20分はSO金、23分FBファンのTなどで33-0とした。蘭谷は前半26分にPR3金ジンがTを返したが前半で試合は決着した。

◆B培材中(ペジェ)58(32-0)14富平中(プピョン)
*培材10T4G、富平2T2G
*培材は前半3分にCTB9朴ウビンが先制Tで5-0。朴は12分、22分にもTするなど前半32-0で折り返した。さらに後半10分、19分と朴がトライラインを越え圧勝した。

<<参考2013、第40回大会>>
 13年8月26日(月)から30日(金)まで「第40回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が京畿道市安山ワースタジアムで開催されました。
 中学7、高校4校が参加。
 30日の決勝で、中学は富川北中(プチョンプック)が一山東中(イルサンドン)を31-21で、高校は富川北高(プチョンプック)が白新高(ペクシン)を53-10でそれぞれ下し兄弟校優勝を遂げました。
 富川北高は今季3冠目。
「2013韓国日程、結果」をダウンロード

<高校>
■決勝(8月30日)
◆富川北高53(26-5)10白新高(ペクシン)
*富川7T6G2P、白新2T
*富川が前半で試合を決めた。開始40秒にCTB12金ジンヒョクのT,SO10金テソンのG成功で7-0とした。15分にCTB13金ジュンファ、27分WTB11金ユンオ、33分NO8李キオプの連続Tなどで26-0に。白新は33分NO8李ジョンソンのTで5点を返すのがやっと。後半も富川はSO金の2PGやSH9チョン・スンウォンの2Tなどで加点し優勝を決めた。

■準決勝(27日)
◆富川北高35(21-10)17ソウル大付属高
*富川5T5G、ソウル大3T1G
*ソウル大が前半2分、WTB11チョ・ミンギのTで先制した。富川は9分FB15チョン・ジェグァンのTと自らのG成功で7-5と逆転。16分CTB12金ジンヒョクのT、Gも決まり14-5に。ソウル大が23分WTBチョの2本目のTで14-10としたが5分後、FL6金スンジュンのT、FBのG成功で21-10とリードを広げた。後半12分、ソウル大がFL7朴ビョンソンのT,SO10カン・ホヨンのGで21-17と迫った。3分後、富川はFL金、27分CTB金のTなどで突き放した。

◆白新高(ペクシン)41(24-0)0ソウル科学技術高(旧ソウル北工業)
*白新6T4G1P
*白新が前半10分、FB15金ヨンファンのPGで先制すると15分WTB11李ヨンウク、26分PR1チョン・ユンシク、31分FL7金ヒョスンのTなどで24点をあげ試合を決めた。

<中学>
■決勝(8月30日)
◆富川北中(プチョンプック)31(21-14)21一山東中(イルサンドン)
*富川5T3G、一山3T3G
*富川が前半のリードを守り切った。2分、FB12カン・ヒムチャンがTとGを決めて先制。10分にLO5金ソンミョンのT、カンのGで14-0にした。一山は17分SO7李ソンドのT、Gも自ら決め14-7と追う。20分富川CTB9コ・ヨンチャンのTにGも成功で21-7へ。24分一山SH6チョ・ジョンワンのT、G成功で21-14と7点差で前半を終えた。富川は後半4分と8分に連続トライで31-14とし一山の追撃を抑えた。

■準決勝(28日)
◆A富川北中(プチョンプック)49(28-17)38ソウル大付属
*富川7T7G、ソウル大6T4G
*乱打戦を富川が制した。前半4分PR1金オジンのT、FB12カン・ヒムチャンのGで先制(7-0)。ソウルも7分にWTB8イム・ギボンのTで5点を返すと富川が9分CTB10金チャンデのT,FBのG、さらに12分FBのTなどで21-5に。ソウルが14分、20分にCTB9ノ・ミョンスの連続Tで21-17と迫ると24分、富川がFBカンの2本目のT、Gで28-17とした。後半もソウルが2分、CTB10朴ウインのTとGで28-24へ。すると富川は9分PR19李ジュンヒョク、1T1G追加する。2分後ソウルががCTBノのハットトリックTで再び31-35。富川は15分こちらもFBカンのハットトリックT、20分
PR19李のTで14点を追加しようやく31-49と突き放した。

◆B一山東中(イルサンドン)40(28-14)33延壽中(ヨンス)
*一山6T5G、延壽5T4G
*一山が前半LO5ユン・ジョンウクの2T、SO7李ソンドの1T4Gなどで28点を得た。後半も8分までにSO李のTなどで12点を追加、延壽の追い上げをしのぎ切った。

■1回戦(26日)
◆A城南西中(ソンナムソ)28(14-24)36富川北中(プチョンプック)
*城南西4T4G,富川6T3G

◆B①慶山中(キョンサン)7(7-21)48延壽中(ヨンス)
*慶山1T1G、延壽8T4G

◆B②一山東中(イルサンドン)29(17-10)22養正中(ヤンジョン)
*一山5T2G、養正4T1G
 
<<参考 2012年第39回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝9月5日(水)
◆大邱商苑高(テグサンノン)24-21白新高(ペクシン)

■準決勝3日(月)
◆A大邱商苑高(テグサンノン)34-31仁川機械工業高

◆B白新高(ペクシン)26-12ソウル大付属高

■1回戦8月31日(金)
◆A養正高24-33大邱商苑高

◆B①ソウル大付属高41-22ソウル北工業高

◆B②富川北高24-27白新高

<中学>
■決勝9月5日(水)
◆ソウル大付属中29-19富川北中(プチョンプック)
*最優秀コーチ:金ジョンフン(ソウル大)
*最優秀選手:金ミンジュン(ソウル大)

■準決勝4日(火)
◆Aソウル大付属中36-15一山東中(イルサンドン)

◆B富川北中26-17延壽中(ヨンス)

■1回戦1日(土)
◆A一山東中36-24培材中(ペジェ)

◆B富川北中28-5武珍中(ムジン)

<<参考、2011年第38回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝(8月22日)
◆富川北高(プチョンプック)10(0-7)10養正高(ヤンジョン)
*富川北1T1G1P、養正1T1G1P

■準決勝(19日)
◆A富川北高(プチョンプック)28(14-5)5白新高(ペクシン)
*富川北4T4G、白新1T

◆B養正高(ヤンジョン)28(7-7)19ソウル大付属高
*養正4T4G、ソウル大3T2G

■1回戦(16日)
◆A白新高(ペクシン)28(7-5)10ソウル北工業高
*白新4T4G、ソウル北2T

◆Bソウル大付属高40(26-3)18城南西高(ソンナムソ)
*ソウル大6T5G、城南西3T1P

<中学>
■決勝(22日)
◆富川北(プチョンプック)15(10-5)12ソウル大付属中
*富川北3T、ソウル大2T1G

■準決勝(19日)
◆A富川北中39(17-0)0延壽中(ヨンス)
*富川北6T3G1P

◆B富平中(プピョン)17(5-17)28ソウル大付属中
*富平3T1G,ソウル大5T2G

■1回戦(17日)
◆A①富川北中35(35-0)10培材中(ペジェ)
*富川北5T5G、培材2T

◆A②延壽中(ヨンス)31(19-0)3一山東中(イルサンドン)
*延壽5T3G、一山東1P

◆B①富平中(プピョン)22(12-5)12養正中(ヤンジョン)
*富平4T1G、養正2T1G

◆B②ソウル大付属中17(7-7)14江信中(カンシン)
*ソウル大3T1G、江信2T2G

<<参考2010第37回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝(9月12日)
◆ソウル大付属高40(12-0)3養正高(ヤンジョン)
*ソウル6T2G2P、養正1P

■準決勝(10日)
◆城南西高(ソンナムソ)5(0-17)22養正高
*城南西1T,養正3T2G1P
◆順天工業高(スンチョンコン)5(0-27)34ソウル大付属高
*順天1T、ソウル6T2G

<中学>
■決勝(12日)
◆富川北中(プチョンプック)45(19-10)22ソウル大付属中
*富川7T5G、ソウル4T1G

■準決勝(10日)
◆富川北中36(24-7)10大安中(テアン)
*富川6T3G、大安1T1G1P
◆ソウル大付属中28(7-0)14養正中(ヤンジョン)
*ソウル4T4G、養正2T2G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2014

中学決勝は養正、培材の古豪ライバル対決に。韓国ラグビー

 韓国の中学・高校ラグビー大会8「第41回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が京畿道市高陽市で8月13日(水)~19日(火)まで開催(高校9、中学8校が参加)。
 
 4日目(16日)、中学準決勝。ソウル大付属中が春季Vで兄弟校優勝の2回目の兄弟優勝と、全国少年大会に続く3冠目をかけましたが古豪で大統領旗大会Vで春季4強の培材中(ペジェ)に後半21分に逆転され26-31で敗戦。もう1試合は春季2位の養正中(ヤンジョン)が45-5と一山東中を下し決勝へ。
 培材・養正と韓国ラグビーの歴史を作ってきた2校が19日、対戦します。
 2日目の14日は中学1回戦4試合がありソウル大付属中が大統領旗2位の蘭谷中(ナンゴック)を7T45点で下し準決勝へ。
 培材中(ペジェ)も10Tを奪い富平中(プピョン)を一蹴し両校は準決勝で対戦する。隣の枠では養正中(ヤンジョン)が11T69-0で延壽中(ヨンス)を零封。一山東中も9T55-5大安中で4強入りした。

 高校は8月に日本である日韓中ジュニア大会の韓国代表メンバーは参加していません。
 今季2冠(春季リーグ、大統領旗)のソウル大付属高と
 隣の枠では春季2位ソウル大ライバル、富川北高(プチョンプック)が大会連覇を狙うが中心。 
3日目(15日)は高校8強戦(準々決勝)4試合が行われソウル大付属、富川北高、養正高、白新高(ペクシン)がそれぞれ6トライ以上を奪い順当に4強へ。
 1日目、13日は1回戦で仁川機械工業高が49-5培材で2回戦へ。

<<第41回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝戦(19日、16:10)

■準決勝戦(17日、15:00)
◆Aソウル大付属高-養正高(ヤンジョン)
◆B富川北高(プチョン)-白新高(ペクシン)

■準々決勝戦(8強、15日、10:00)
◆Aソウル大付属高45(31-7)21仁川機械工業高
*ソウル6T6G1P、仁川3T3G
*ソウルが前半のリードを守り勝利。開始50秒にFB15チョン・ミンギのTで先制(GはCTB12ソン・ミンギ成功)。6分LO4チョン・ソルのT、Gも決まり14-0へ。18分、仁川がSO10李ジョンミンのT、SH9ソン・ジョンシクのGで7点を返した。しかし22分にソウル12ソンのPGが決まると2分後にFL6アン・イルウのT、Gも決まり24-7とする。31分SO10カン・インジュンのT、ソンG38-7で折り返した。後半も12分に12ソンがTとGを奪い試合を決めた。

◆A養正高(ヤンジョン)43(14-0)7大邱商苑高(テグサンノン)
*養正6T5G1P、大邱1T1G
*後半、養正は6分にFL6金デヒのTで19-0とする。11分にはCTB12チョン・ヒョンソンがTしGをSO10シン・ヒョンミンが決め26-0。25分シンのPG、22分FB15李チャンファンのT、G成功で33-0とテグの反撃を1Tに抑え4強入り。

◆B富川北高(プチョン)48(29-19)38城南西高(ソンナムソ)
*富川7T5G1P、城南西6T4G
*富川が乱戦を常時リードし逃げ切った。前半29分、城南西FB15ペク・ジュンウンのTで26-19とされたが34分にSO10金ギミンがPGを決め29-19で前半を終えた。後半も7分に富川CTB12金チャンデT、G成功で36-19。14分WTB11ハ・アンチャンが2本目のゴールライン越えで41-19とした。城南西も17分、21分に連続Tで追い上げるも(41-31)、24分に富川PR3朴サンフンT、Gも決まり48-31とリードを保つ。31分に城南西が1T1G奪うも逃げ切り。

◆B白新高(ペクシン)45-3天安オソン高

■1回戦(13日、16:00)
◆A1仁川機械工業高49(28-5)5培材高(ペジェ)
*仁川7T7G、培材1T
*仁川が前半で試合を決めた。11分SO李ジョンミンが先制T、GもSH9ソン・ジョンシクが成功。16分FL6朴スミン、24分CT13金ゴンス、34分PR3金ジョンファンがトライラインを越えた。後半も3T3G追加。培材は前半20分にSH9朴サンウが奪った1T5点で終えた。

<中学>
■決勝戦(19日、15:00)
◆養正中(ヤンジョン)-培材中(ペジェ)

■準決勝戦(16日、15:00)
◆A養正中(ヤンジョン)45(12-0)5一山東中(イルサンドン)
*養正7T5G、一山1T
*後半、養正は2分にPR1李ウジュン、4分CTB9ユ・スンミン(2本目)のT、7分FB12朴ジュンミンの連続Tなどで5Tを積み重ね快勝。

◆Bソウル大付属中26(7-24)31培材中(ペジェ)
*ソウル4T3G、培材5T3G
*ソウルは7-24の後半。まず4分にPRシン・グォンソップがTし12-24に。10分WTB11ミン・ギョムミンがT、GはSO7金ソンドが決め19-24と迫る。15分SO金がTし同点、さらにGし26-24とひっくり返した。しかし培材は21分、WTB8李スヒョンがトライラインを越えリードを奪うとCTB10金ミンウクもGを決め26-31。試合はこのままノーサイドとなった。

■準々決勝(1回)戦(8強、14日、10:00)
◆A一山東中(イルサンドン)55(31-0)5大安中(テアン)
*一山9T5G、大安1T
*一山はFB12李ジェジュンが開始30秒で先制Tするなど3T、LO5ヤン・ジユンも3Tする活躍。

◆A養正中(ヤンジョン)69(34-0)0延壽中(ヨンス)
*養正11T7G
*前半1分にPR1李ウンジョンのTで先制、6分SO7李ウォンホ、9分HO2朴ゴンウらがTし引き離した。WTB11ユ・ギョンスは3T。

◆Bソウル大付属中45(33-5)10蘭谷中(ナンゴック)
*ソウル7T5G、蘭谷2T
*ソウルは前半3分WTB8李セユンのTで先制すると7分FB12ファン・ジュンホ(GはSO7金スンドが成功)、10分CTB10チョン・ヨンフンT(G成功)、20分はSO金、23分FBファンのTなどで33-0とした。蘭谷は前半26分にPR3金ジンがTを返したが前半で試合は決着した。

◆B培材中(ペジェ)58(32-0)14富平中(プピョン)
*培材10T4G、富平2T2G
*培材は前半3分にCTB9朴ウビンが先制Tで5-0。朴は12分、22分にもTするなど前半32-0で折り返した。さらに後半10分、19分と朴がトライラインを越え圧勝した。

<<参考2013、第40回大会>>
 13年8月26日(月)から30日(金)まで「第40回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が京畿道市安山ワースタジアムで開催されました。
 中学7、高校4校が参加。
 30日の決勝で、中学は富川北中(プチョンプック)が一山東中(イルサンドン)を31-21で、高校は富川北高(プチョンプック)が白新高(ペクシン)を53-10でそれぞれ下し兄弟校優勝を遂げました。
 富川北高は今季3冠目。
「2013韓国日程、結果」をダウンロード

<高校>
■決勝(8月30日)
◆富川北高53(26-5)10白新高(ペクシン)
*富川7T6G2P、白新2T
*富川が前半で試合を決めた。開始40秒にCTB12金ジンヒョクのT,SO10金テソンのG成功で7-0とした。15分にCTB13金ジュンファ、27分WTB11金ユンオ、33分NO8李キオプの連続Tなどで26-0に。白新は33分NO8李ジョンソンのTで5点を返すのがやっと。後半も富川はSO金の2PGやSH9チョン・スンウォンの2Tなどで加点し優勝を決めた。

■準決勝(27日)
◆富川北高35(21-10)17ソウル大付属高
*富川5T5G、ソウル大3T1G
*ソウル大が前半2分、WTB11チョ・ミンギのTで先制した。富川は9分FB15チョン・ジェグァンのTと自らのG成功で7-5と逆転。16分CTB12金ジンヒョクのT、Gも決まり14-5に。ソウル大が23分WTBチョの2本目のTで14-10としたが5分後、FL6金スンジュンのT、FBのG成功で21-10とリードを広げた。後半12分、ソウル大がFL7朴ビョンソンのT,SO10カン・ホヨンのGで21-17と迫った。3分後、富川はFL金、27分CTB金のTなどで突き放した。

◆白新高(ペクシン)41(24-0)0ソウル科学技術高(旧ソウル北工業)
*白新6T4G1P
*白新が前半10分、FB15金ヨンファンのPGで先制すると15分WTB11李ヨンウク、26分PR1チョン・ユンシク、31分FL7金ヒョスンのTなどで24点をあげ試合を決めた。

<中学>
■決勝(8月30日)
◆富川北中(プチョンプック)31(21-14)21一山東中(イルサンドン)
*富川5T3G、一山3T3G
*富川が前半のリードを守り切った。2分、FB12カン・ヒムチャンがTとGを決めて先制。10分にLO5金ソンミョンのT、カンのGで14-0にした。一山は17分SO7李ソンドのT、Gも自ら決め14-7と追う。20分富川CTB9コ・ヨンチャンのTにGも成功で21-7へ。24分一山SH6チョ・ジョンワンのT、G成功で21-14と7点差で前半を終えた。富川は後半4分と8分に連続トライで31-14とし一山の追撃を抑えた。

■準決勝(28日)
◆A富川北中(プチョンプック)49(28-17)38ソウル大付属
*富川7T7G、ソウル大6T4G
*乱打戦を富川が制した。前半4分PR1金オジンのT、FB12カン・ヒムチャンのGで先制(7-0)。ソウルも7分にWTB8イム・ギボンのTで5点を返すと富川が9分CTB10金チャンデのT,FBのG、さらに12分FBのTなどで21-5に。ソウルが14分、20分にCTB9ノ・ミョンスの連続Tで21-17と迫ると24分、富川がFBカンの2本目のT、Gで28-17とした。後半もソウルが2分、CTB10朴ウインのTとGで28-24へ。すると富川は9分PR19李ジュンヒョク、1T1G追加する。2分後ソウルががCTBノのハットトリックTで再び31-35。富川は15分こちらもFBカンのハットトリックT、20分
PR19李のTで14点を追加しようやく31-49と突き放した。

◆B一山東中(イルサンドン)40(28-14)33延壽中(ヨンス)
*一山6T5G、延壽5T4G
*一山が前半LO5ユン・ジョンウクの2T、SO7李ソンドの1T4Gなどで28点を得た。後半も8分までにSO李のTなどで12点を追加、延壽の追い上げをしのぎ切った。

■1回戦(26日)
◆A城南西中(ソンナムソ)28(14-24)36富川北中(プチョンプック)
*城南西4T4G,富川6T3G

◆B①慶山中(キョンサン)7(7-21)48延壽中(ヨンス)
*慶山1T1G、延壽8T4G

◆B②一山東中(イルサンドン)29(17-10)22養正中(ヤンジョン)
*一山5T2G、養正4T1G
 
<<参考 2012年第39回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝9月5日(水)
◆大邱商苑高(テグサンノン)24-21白新高(ペクシン)

■準決勝3日(月)
◆A大邱商苑高(テグサンノン)34-31仁川機械工業高

◆B白新高(ペクシン)26-12ソウル大付属高

■1回戦8月31日(金)
◆A養正高24-33大邱商苑高

◆B①ソウル大付属高41-22ソウル北工業高

◆B②富川北高24-27白新高

<中学>
■決勝9月5日(水)
◆ソウル大付属中29-19富川北中(プチョンプック)
*最優秀コーチ:金ジョンフン(ソウル大)
*最優秀選手:金ミンジュン(ソウル大)

■準決勝4日(火)
◆Aソウル大付属中36-15一山東中(イルサンドン)

◆B富川北中26-17延壽中(ヨンス)

■1回戦1日(土)
◆A一山東中36-24培材中(ペジェ)

◆B富川北中28-5武珍中(ムジン)

<<参考、2011年第38回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝(8月22日)
◆富川北高(プチョンプック)10(0-7)10養正高(ヤンジョン)
*富川北1T1G1P、養正1T1G1P

■準決勝(19日)
◆A富川北高(プチョンプック)28(14-5)5白新高(ペクシン)
*富川北4T4G、白新1T

◆B養正高(ヤンジョン)28(7-7)19ソウル大付属高
*養正4T4G、ソウル大3T2G

■1回戦(16日)
◆A白新高(ペクシン)28(7-5)10ソウル北工業高
*白新4T4G、ソウル北2T

◆Bソウル大付属高40(26-3)18城南西高(ソンナムソ)
*ソウル大6T5G、城南西3T1P

<中学>
■決勝(22日)
◆富川北(プチョンプック)15(10-5)12ソウル大付属中
*富川北3T、ソウル大2T1G

■準決勝(19日)
◆A富川北中39(17-0)0延壽中(ヨンス)
*富川北6T3G1P

◆B富平中(プピョン)17(5-17)28ソウル大付属中
*富平3T1G,ソウル大5T2G

■1回戦(17日)
◆A①富川北中35(35-0)10培材中(ペジェ)
*富川北5T5G、培材2T

◆A②延壽中(ヨンス)31(19-0)3一山東中(イルサンドン)
*延壽5T3G、一山東1P

◆B①富平中(プピョン)22(12-5)12養正中(ヤンジョン)
*富平4T1G、養正2T1G

◆B②ソウル大付属中17(7-7)14江信中(カンシン)
*ソウル大3T1G、江信2T2G

<<参考2010第37回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝(9月12日)
◆ソウル大付属高40(12-0)3養正高(ヤンジョン)
*ソウル6T2G2P、養正1P

■準決勝(10日)
◆城南西高(ソンナムソ)5(0-17)22養正高
*城南西1T,養正3T2G1P
◆順天工業高(スンチョンコン)5(0-27)34ソウル大付属高
*順天1T、ソウル6T2G

<中学>
■決勝(12日)
◆富川北中(プチョンプック)45(19-10)22ソウル大付属中
*富川7T5G、ソウル4T1G

■準決勝(10日)
◆富川北中36(24-7)10大安中(テアン)
*富川6T3G、大安1T1G1P
◆ソウル大付属中28(7-0)14養正中(ヤンジョン)
*ソウル4T4G、養正2T2G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2014

ソウル大付属高、養正高、富川北高など4強

 韓国の中学・高校ラグビー大会8「第41回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が京畿道市高陽市で8月13日(水)~19日(火)まで開催(高校9、中学8校が参加)。
 
 2日目の14日は中学1回戦4試合があり今季、春季Vで兄弟優勝のソウル大付属中が2回目の兄弟優勝と、全国少年大会に続く3冠目をかけ出場。大統領旗2位の蘭谷中(ナンゴック)を7T45点で下し準決勝へ。
 大統領旗大会Vで春季4強の培材中(ペジェ)も10Tを奪い富平中(プピョン)を一蹴し両校は準決勝で対戦する。隣の枠では春季2位の養正中(ヤンジョン)が11T69-0で延壽中(ヨンス)を零封。一山東中も9T55-5大安中で4強入りした。

 高校は8月に日本である日韓中ジュニア大会の韓国代表メンバーは参加していません。
 今季2冠(春季リーグ、大統領旗)のソウル大付属高と
 隣の枠では春季2位ソウル大ライバル、富川北高(プチョンプック)が大会連覇を狙うが中心。 
3日目(15日)は高校8強戦(準々決勝)4試合が行われソウル大付属、富川北高、養正高、白新高(ペクシン)がそれぞれ6トライ以上を奪い順当に4強へ。
 1日目、13日は1回戦で仁川機械工業高が49-5培材で2回戦へ。

<<第41回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝戦(19日、16:10)

■準決勝戦(17日、15:00)
◆Aソウル大付属高-養正高(ヤンジョン)
◆B富川北高(プチョン)-白新高(ペクシン)

■準々決勝戦(8強、15日、10:00)
◆Aソウル大付属高45(31-7)21仁川機械工業高
*ソウル6T6G1P、仁川3T3G
*ソウルが前半のリードを守り勝利。開始50秒にFB15チョン・ミンギのTで先制(GはCTB12ソン・ミンギ成功)。6分LO4チョン・ソルのT、Gも決まり14-0へ。18分、仁川がSO10李ジョンミンのT、SH9ソン・ジョンシクのGで7点を返した。しかし22分にソウル12ソンのPGが決まると2分後にFL6アン・イルウのT、Gも決まり24-7とする。31分SO10カン・インジュンのT、ソンG38-7で折り返した。後半も12分に12ソンがTとGを奪い試合を決めた。

◆A養正高(ヤンジョン)43(14-0)7大邱商苑高(テグサンノン)
*養正6T5G1P、大邱1T1G
*後半、養正は6分にFL6金デヒのTで19-0とする。11分にはCTB12チョン・ヒョンソンがTしGをSO10シン・ヒョンミンが決め26-0。25分シンのPG、22分FB15李チャンファンのT、G成功で33-0とテグの反撃を1Tに抑え4強入り。

◆B富川北高(プチョン)48(29-19)38城南西高(ソンナムソ)
*富川7T5G1P、城南西6T4G
*富川が乱戦を常時リードし逃げ切った。前半29分、城南西FB15ペク・ジュンウンのTで26-19とされたが34分にSO10金ギミンがPGを決め29-19で前半を終えた。後半も7分に富川CTB12金チャンデT、G成功で36-19。14分WTB11ハ・アンチャンが2本目のゴールライン越えで41-19とした。城南西も17分、21分に連続Tで追い上げるも(41-31)、24分に富川PR3朴サンフンT、Gも決まり48-31とリードを保つ。31分に城南西が1T1G奪うも逃げ切り。

◆B白新高(ペクシン)45-3天安オソン高

■1回戦(13日、16:00)
◆A1仁川機械工業高49(28-5)5培材高(ペジェ)
*仁川7T7G、培材1T
*仁川が前半で試合を決めた。11分SO李ジョンミンが先制T、GもSH9ソン・ジョンシクが成功。16分FL6朴スミン、24分CT13金ゴンス、34分PR3金ジョンファンがトライラインを越えた。後半も3T3G追加。培材は前半20分にSH9朴サンウが奪った1T5点で終えた。

<中学>
■決勝戦(19日、15:00)

■準決勝戦(16日、15:00)
◆A養正中(ヤンジョン)-一山東中(イルサンドン)
◆Bソウル大付属中-培材中(ペジェ)

■準々決勝(1回)戦(8強、14日、10:00)
◆A一山東中(イルサンドン)55(31-0)5大安中(テアン)
*一山9T5G、大安1T
*一山はFB12李ジェジュンが開始30秒で先制Tするなど3T、LO5ヤン・ジユンも3Tする活躍。

◆A養正中(ヤンジョン)69(34-0)0延壽中(ヨンス)
*養正11T7G
*前半1分にPR1李ウンジョンのTで先制、6分SO7李ウォンホ、9分HO2朴ゴンウらがTし引き離した。WTB11ユ・ギョンスは3T。

◆Bソウル大付属中45(33-5)10蘭谷中(ナンゴック)
*ソウル7T5G、蘭谷2T
*ソウルは前半3分WTB8李セユンのTで先制すると7分FB12ファン・ジュンホ(GはSO7金スンドが成功)、10分CTB10チョン・ヨンフンT(G成功)、20分はSO金、23分FBファンのTなどで33-0とした。蘭谷は前半26分にPR3金ジンがTを返したが前半で試合は決着した。

◆B培材中(ペジェ)58(32-0)14富平中(プピョン)
*培材10T4G、富平2T2G
*培材は前半3分にCTB9朴ウビンが先制Tで5-0。朴は12分、22分にもTするなど前半32-0で折り返した。さらに後半10分、19分と朴がトライラインを越え圧勝した。

<<参考2013、第40回大会>>
 13年8月26日(月)から30日(金)まで「第40回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が京畿道市安山ワースタジアムで開催されました。
 中学7、高校4校が参加。
 30日の決勝で、中学は富川北中(プチョンプック)が一山東中(イルサンドン)を31-21で、高校は富川北高(プチョンプック)が白新高(ペクシン)を53-10でそれぞれ下し兄弟校優勝を遂げました。
 富川北高は今季3冠目。
「2013韓国日程、結果」をダウンロード

<高校>
■決勝(8月30日)
◆富川北高53(26-5)10白新高(ペクシン)
*富川7T6G2P、白新2T
*富川が前半で試合を決めた。開始40秒にCTB12金ジンヒョクのT,SO10金テソンのG成功で7-0とした。15分にCTB13金ジュンファ、27分WTB11金ユンオ、33分NO8李キオプの連続Tなどで26-0に。白新は33分NO8李ジョンソンのTで5点を返すのがやっと。後半も富川はSO金の2PGやSH9チョン・スンウォンの2Tなどで加点し優勝を決めた。

■準決勝(27日)
◆富川北高35(21-10)17ソウル大付属高
*富川5T5G、ソウル大3T1G
*ソウル大が前半2分、WTB11チョ・ミンギのTで先制した。富川は9分FB15チョン・ジェグァンのTと自らのG成功で7-5と逆転。16分CTB12金ジンヒョクのT、Gも決まり14-5に。ソウル大が23分WTBチョの2本目のTで14-10としたが5分後、FL6金スンジュンのT、FBのG成功で21-10とリードを広げた。後半12分、ソウル大がFL7朴ビョンソンのT,SO10カン・ホヨンのGで21-17と迫った。3分後、富川はFL金、27分CTB金のTなどで突き放した。

◆白新高(ペクシン)41(24-0)0ソウル科学技術高(旧ソウル北工業)
*白新6T4G1P
*白新が前半10分、FB15金ヨンファンのPGで先制すると15分WTB11李ヨンウク、26分PR1チョン・ユンシク、31分FL7金ヒョスンのTなどで24点をあげ試合を決めた。

<中学>
■決勝(8月30日)
◆富川北中(プチョンプック)31(21-14)21一山東中(イルサンドン)
*富川5T3G、一山3T3G
*富川が前半のリードを守り切った。2分、FB12カン・ヒムチャンがTとGを決めて先制。10分にLO5金ソンミョンのT、カンのGで14-0にした。一山は17分SO7李ソンドのT、Gも自ら決め14-7と追う。20分富川CTB9コ・ヨンチャンのTにGも成功で21-7へ。24分一山SH6チョ・ジョンワンのT、G成功で21-14と7点差で前半を終えた。富川は後半4分と8分に連続トライで31-14とし一山の追撃を抑えた。

■準決勝(28日)
◆A富川北中(プチョンプック)49(28-17)38ソウル大付属
*富川7T7G、ソウル大6T4G
*乱打戦を富川が制した。前半4分PR1金オジンのT、FB12カン・ヒムチャンのGで先制(7-0)。ソウルも7分にWTB8イム・ギボンのTで5点を返すと富川が9分CTB10金チャンデのT,FBのG、さらに12分FBのTなどで21-5に。ソウルが14分、20分にCTB9ノ・ミョンスの連続Tで21-17と迫ると24分、富川がFBカンの2本目のT、Gで28-17とした。後半もソウルが2分、CTB10朴ウインのTとGで28-24へ。すると富川は9分PR19李ジュンヒョク、1T1G追加する。2分後ソウルががCTBノのハットトリックTで再び31-35。富川は15分こちらもFBカンのハットトリックT、20分
PR19李のTで14点を追加しようやく31-49と突き放した。

◆B一山東中(イルサンドン)40(28-14)33延壽中(ヨンス)
*一山6T5G、延壽5T4G
*一山が前半LO5ユン・ジョンウクの2T、SO7李ソンドの1T4Gなどで28点を得た。後半も8分までにSO李のTなどで12点を追加、延壽の追い上げをしのぎ切った。

■1回戦(26日)
◆A城南西中(ソンナムソ)28(14-24)36富川北中(プチョンプック)
*城南西4T4G,富川6T3G

◆B①慶山中(キョンサン)7(7-21)48延壽中(ヨンス)
*慶山1T1G、延壽8T4G

◆B②一山東中(イルサンドン)29(17-10)22養正中(ヤンジョン)
*一山5T2G、養正4T1G
 
<<参考 2012年第39回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝9月5日(水)
◆大邱商苑高(テグサンノン)24-21白新高(ペクシン)

■準決勝3日(月)
◆A大邱商苑高(テグサンノン)34-31仁川機械工業高

◆B白新高(ペクシン)26-12ソウル大付属高

■1回戦8月31日(金)
◆A養正高24-33大邱商苑高

◆B①ソウル大付属高41-22ソウル北工業高

◆B②富川北高24-27白新高

<中学>
■決勝9月5日(水)
◆ソウル大付属中29-19富川北中(プチョンプック)
*最優秀コーチ:金ジョンフン(ソウル大)
*最優秀選手:金ミンジュン(ソウル大)

■準決勝4日(火)
◆Aソウル大付属中36-15一山東中(イルサンドン)

◆B富川北中26-17延壽中(ヨンス)

■1回戦1日(土)
◆A一山東中36-24培材中(ペジェ)

◆B富川北中28-5武珍中(ムジン)

<<参考、2011年第38回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝(8月22日)
◆富川北高(プチョンプック)10(0-7)10養正高(ヤンジョン)
*富川北1T1G1P、養正1T1G1P

■準決勝(19日)
◆A富川北高(プチョンプック)28(14-5)5白新高(ペクシン)
*富川北4T4G、白新1T

◆B養正高(ヤンジョン)28(7-7)19ソウル大付属高
*養正4T4G、ソウル大3T2G

■1回戦(16日)
◆A白新高(ペクシン)28(7-5)10ソウル北工業高
*白新4T4G、ソウル北2T

◆Bソウル大付属高40(26-3)18城南西高(ソンナムソ)
*ソウル大6T5G、城南西3T1P

<中学>
■決勝(22日)
◆富川北(プチョンプック)15(10-5)12ソウル大付属中
*富川北3T、ソウル大2T1G

■準決勝(19日)
◆A富川北中39(17-0)0延壽中(ヨンス)
*富川北6T3G1P

◆B富平中(プピョン)17(5-17)28ソウル大付属中
*富平3T1G,ソウル大5T2G

■1回戦(17日)
◆A①富川北中35(35-0)10培材中(ペジェ)
*富川北5T5G、培材2T

◆A②延壽中(ヨンス)31(19-0)3一山東中(イルサンドン)
*延壽5T3G、一山東1P

◆B①富平中(プピョン)22(12-5)12養正中(ヤンジョン)
*富平4T1G、養正2T1G

◆B②ソウル大付属中17(7-7)14江信中(カンシン)
*ソウル大3T1G、江信2T2G

<<参考2010第37回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝(9月12日)
◆ソウル大付属高40(12-0)3養正高(ヤンジョン)
*ソウル6T2G2P、養正1P

■準決勝(10日)
◆城南西高(ソンナムソ)5(0-17)22養正高
*城南西1T,養正3T2G1P
◆順天工業高(スンチョンコン)5(0-27)34ソウル大付属高
*順天1T、ソウル6T2G

<中学>
■決勝(12日)
◆富川北中(プチョンプック)45(19-10)22ソウル大付属中
*富川7T5G、ソウル4T1G

■準決勝(10日)
◆富川北中36(24-7)10大安中(テアン)
*富川6T3G、大安1T1G1P
◆ソウル大付属中28(7-0)14養正中(ヤンジョン)
*ソウル4T4G、養正2T2G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ソウル大付属中など強豪が勝ち進む 韓国中高大会

 韓国の中学・高校ラグビー大会8「第41回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が京畿道市高陽市で8月13日(水)~19日(火)まで開催(高校9、中学8校が参加)。
 
 2日目の14日は中学1回戦4試合があり今季、春季Vで兄弟優勝のソウル大付属中が2回目の兄弟優勝と、全国少年大会に続く3冠目をかけ出場。大統領旗2位の蘭谷中(ナンゴック)を7T45点で下し準決勝へ。
 大統領旗大会Vで春季4強の培材中(ペジェ)も10Tを奪い富平中(プピョン)を一蹴し両校は準決勝で対戦する。隣の枠では春季2位の養正中(ヤンジョン)が11T69-0で延壽中(ヨンス)を零封。一山東中も9T55-5大安中で4強入りした。

 高校は今季2冠(春季リーグ、大統領旗)のソウル大付属高、忠武旗大会Vの養正高が順当にいけば準決勝で対戦する。
 隣の枠では春季2位ソウル大ライバル、富川北高(プチョンプック)が大会連覇を狙う。相手は昨年2位で今季春季4強、忠武旗大会2位の白新(ペクシン)か。
 1日目、13日は1回戦で仁川機械工業高が49-5培材で2回戦へ。

<<第41回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝戦(19日、16:10)

■準決勝戦(17日、15:00)
◆A
◆B

■準々決勝戦(8強、15日、10:00)
◆Aソウル大付属高-仁川機械工業高
◆A大邱商苑高(テグサンノン)-養正高(ヤンジョン)
◆B富川北高(プチョン)-城南西高(ソンナムソ)
◆B白新高(ペクシン)-天安オソン高

■1回戦(13日、16:00)
◆A1仁川機械工業高49(28-5)5培材高(ペジェ)
*仁川7T7G、培材1T
*仁川が前半で試合を決めた。11分SO李ジョンミンが先制T、GもSH9ソン・ジョンシクが成功。16分FL6朴スミン、24分CT13金ゴンス、34分PR3金ジョンファンがトライラインを越えた。後半も3T3G追加。培材は前半20分にSH9朴サンウが奪った1T5点で終えた。

<中学>
■決勝戦(19日、15:00)

■準決勝戦(16日、15:00)
◆A養正中(ヤンジョン)-一山東中(イルサンドン)
◆Bソウル大付属中-培材中(ペジェ)

■準々決勝(1回)戦(8強、14日、10:00)
◆A一山東中(イルサンドン)55(31-0)5大安中(テアン)
*一山9T5G、大安1T
*一山はFB12李ジェジュンが開始30秒で先制Tするなど3T、LO5ヤン・ジユンも3Tする活躍。

◆A養正中(ヤンジョン)69(34-0)0延壽中(ヨンス)
*養正11T7G
*前半1分にPR1李ウンジョンのTで先制、6分SO7李ウォンホ、9分HO2朴ゴンウらがTし引き離した。WTB11ユ・ギョンスは3T。

◆Bソウル大付属中45(33-5)10蘭谷中(ナンゴック)
*ソウル7T5G、蘭谷2T
*ソウルは前半3分WTB8李セユンのTで先制すると7分FB12ファン・ジュンホ(GはSO7金スンドが成功)、10分CTB10チョン・ヨンフンT(G成功)、20分はSO金、23分FBファンのTなどで33-0とした。蘭谷は前半26分にPR3金ジンがTを返したが前半で試合は決着した。

◆B培材中(ペジェ)58(32-0)14富平中(プピョン)
*培材10T4G、富平2T2G
*培材は前半3分にCTB9朴ウビンが先制Tで5-0。朴は12分、22分にもTするなど前半32-0で折り返した。さらに後半10分、19分と朴がトライラインを越え圧勝した。

<<参考2013、第40回大会>>
 13年8月26日(月)から30日(金)まで「第40回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が京畿道市安山ワースタジアムで開催されました。
 中学7、高校4校が参加。
 30日の決勝で、中学は富川北中(プチョンプック)が一山東中(イルサンドン)を31-21で、高校は富川北高(プチョンプック)が白新高(ペクシン)を53-10でそれぞれ下し兄弟校優勝を遂げました。
 富川北高は今季3冠目。
「2013韓国日程、結果」をダウンロード

<高校>
■決勝(8月30日)
◆富川北高53(26-5)10白新高(ペクシン)
*富川7T6G2P、白新2T
*富川が前半で試合を決めた。開始40秒にCTB12金ジンヒョクのT,SO10金テソンのG成功で7-0とした。15分にCTB13金ジュンファ、27分WTB11金ユンオ、33分NO8李キオプの連続Tなどで26-0に。白新は33分NO8李ジョンソンのTで5点を返すのがやっと。後半も富川はSO金の2PGやSH9チョン・スンウォンの2Tなどで加点し優勝を決めた。

■準決勝(27日)
◆富川北高35(21-10)17ソウル大付属高
*富川5T5G、ソウル大3T1G
*ソウル大が前半2分、WTB11チョ・ミンギのTで先制した。富川は9分FB15チョン・ジェグァンのTと自らのG成功で7-5と逆転。16分CTB12金ジンヒョクのT、Gも決まり14-5に。ソウル大が23分WTBチョの2本目のTで14-10としたが5分後、FL6金スンジュンのT、FBのG成功で21-10とリードを広げた。後半12分、ソウル大がFL7朴ビョンソンのT,SO10カン・ホヨンのGで21-17と迫った。3分後、富川はFL金、27分CTB金のTなどで突き放した。

◆白新高(ペクシン)41(24-0)0ソウル科学技術高(旧ソウル北工業)
*白新6T4G1P
*白新が前半10分、FB15金ヨンファンのPGで先制すると15分WTB11李ヨンウク、26分PR1チョン・ユンシク、31分FL7金ヒョスンのTなどで24点をあげ試合を決めた。

<中学>
■決勝(8月30日)
◆富川北中(プチョンプック)31(21-14)21一山東中(イルサンドン)
*富川5T3G、一山3T3G
*富川が前半のリードを守り切った。2分、FB12カン・ヒムチャンがTとGを決めて先制。10分にLO5金ソンミョンのT、カンのGで14-0にした。一山は17分SO7李ソンドのT、Gも自ら決め14-7と追う。20分富川CTB9コ・ヨンチャンのTにGも成功で21-7へ。24分一山SH6チョ・ジョンワンのT、G成功で21-14と7点差で前半を終えた。富川は後半4分と8分に連続トライで31-14とし一山の追撃を抑えた。

■準決勝(28日)
◆A富川北中(プチョンプック)49(28-17)38ソウル大付属
*富川7T7G、ソウル大6T4G
*乱打戦を富川が制した。前半4分PR1金オジンのT、FB12カン・ヒムチャンのGで先制(7-0)。ソウルも7分にWTB8イム・ギボンのTで5点を返すと富川が9分CTB10金チャンデのT,FBのG、さらに12分FBのTなどで21-5に。ソウルが14分、20分にCTB9ノ・ミョンスの連続Tで21-17と迫ると24分、富川がFBカンの2本目のT、Gで28-17とした。後半もソウルが2分、CTB10朴ウインのTとGで28-24へ。すると富川は9分PR19李ジュンヒョク、1T1G追加する。2分後ソウルががCTBノのハットトリックTで再び31-35。富川は15分こちらもFBカンのハットトリックT、20分
PR19李のTで14点を追加しようやく31-49と突き放した。

◆B一山東中(イルサンドン)40(28-14)33延壽中(ヨンス)
*一山6T5G、延壽5T4G
*一山が前半LO5ユン・ジョンウクの2T、SO7李ソンドの1T4Gなどで28点を得た。後半も8分までにSO李のTなどで12点を追加、延壽の追い上げをしのぎ切った。

■1回戦(26日)
◆A城南西中(ソンナムソ)28(14-24)36富川北中(プチョンプック)
*城南西4T4G,富川6T3G

◆B①慶山中(キョンサン)7(7-21)48延壽中(ヨンス)
*慶山1T1G、延壽8T4G

◆B②一山東中(イルサンドン)29(17-10)22養正中(ヤンジョン)
*一山5T2G、養正4T1G
 
<<参考 2012年第39回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝9月5日(水)
◆大邱商苑高(テグサンノン)24-21白新高(ペクシン)

■準決勝3日(月)
◆A大邱商苑高(テグサンノン)34-31仁川機械工業高

◆B白新高(ペクシン)26-12ソウル大付属高

■1回戦8月31日(金)
◆A養正高24-33大邱商苑高

◆B①ソウル大付属高41-22ソウル北工業高

◆B②富川北高24-27白新高

<中学>
■決勝9月5日(水)
◆ソウル大付属中29-19富川北中(プチョンプック)
*最優秀コーチ:金ジョンフン(ソウル大)
*最優秀選手:金ミンジュン(ソウル大)

■準決勝4日(火)
◆Aソウル大付属中36-15一山東中(イルサンドン)

◆B富川北中26-17延壽中(ヨンス)

■1回戦1日(土)
◆A一山東中36-24培材中(ペジェ)

◆B富川北中28-5武珍中(ムジン)

<<参考、2011年第38回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝(8月22日)
◆富川北高(プチョンプック)10(0-7)10養正高(ヤンジョン)
*富川北1T1G1P、養正1T1G1P

■準決勝(19日)
◆A富川北高(プチョンプック)28(14-5)5白新高(ペクシン)
*富川北4T4G、白新1T

◆B養正高(ヤンジョン)28(7-7)19ソウル大付属高
*養正4T4G、ソウル大3T2G

■1回戦(16日)
◆A白新高(ペクシン)28(7-5)10ソウル北工業高
*白新4T4G、ソウル北2T

◆Bソウル大付属高40(26-3)18城南西高(ソンナムソ)
*ソウル大6T5G、城南西3T1P

<中学>
■決勝(22日)
◆富川北(プチョンプック)15(10-5)12ソウル大付属中
*富川北3T、ソウル大2T1G

■準決勝(19日)
◆A富川北中39(17-0)0延壽中(ヨンス)
*富川北6T3G1P

◆B富平中(プピョン)17(5-17)28ソウル大付属中
*富平3T1G,ソウル大5T2G

■1回戦(17日)
◆A①富川北中35(35-0)10培材中(ペジェ)
*富川北5T5G、培材2T

◆A②延壽中(ヨンス)31(19-0)3一山東中(イルサンドン)
*延壽5T3G、一山東1P

◆B①富平中(プピョン)22(12-5)12養正中(ヤンジョン)
*富平4T1G、養正2T1G

◆B②ソウル大付属中17(7-7)14江信中(カンシン)
*ソウル大3T1G、江信2T2G

<<参考2010第37回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝(9月12日)
◆ソウル大付属高40(12-0)3養正高(ヤンジョン)
*ソウル6T2G2P、養正1P

■準決勝(10日)
◆城南西高(ソンナムソ)5(0-17)22養正高
*城南西1T,養正3T2G1P
◆順天工業高(スンチョンコン)5(0-27)34ソウル大付属高
*順天1T、ソウル6T2G

<中学>
■決勝(12日)
◆富川北中(プチョンプック)45(19-10)22ソウル大付属中
*富川7T5G、ソウル4T1G

■準決勝(10日)
◆富川北中36(24-7)10大安中(テアン)
*富川6T3G、大安1T1G1P
◆ソウル大付属中28(7-0)14養正中(ヤンジョン)
*ソウル4T4G、養正2T2G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2014

韓国ラグビー中高大会、8月13日から

 韓国の中学・高校ラグビー大会8「第41回文化体育観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が京畿道市高陽市で8月13日(水)~19日(火)まで開催されます。
 高校9、中学8校が参加。
 高校は今季2冠(春季リーグ、大統領旗)のソウル大付属高、忠武旗大会Vの養正高が順当にいけば準決勝で対戦する。
 隣の枠では春季2位ソウル大ライバル、富川北高(プチョンプック)が大会連覇を狙う。相手は昨年2位で今季春季4強、忠武旗大会2位の白新(ペクシン)か。

 中学は昨年、優勝で兄弟優勝を果たした富川北中(プチョンプック)が参加せず。
 今季、春季Vで兄弟優勝のソウル大付属中が2回目の兄弟優勝と、全国少年大会に続く3冠目をかける。
 相手は1回戦で当たる大統領旗2位の蘭谷中(ナンゴック)、勝てば準決勝で当たりそうな大統領旗Vで春季4強の培材中(ペジェ)となる。隣の枠は春季2位の養正中(ヤンジョン)が有力か。

<<第41回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝戦(19日、16:10)

■準決勝戦(17日、15:00)
◆A
◆B

■準々決勝戦(8強、15日、10:00)
◆Aソウル大付属高-A1勝者
◆A大邱商苑高(テグサンノン)-養正高(ヤンジョン)
◆B富川北高(プチョン)-城南西高(ソンナムソ)
◆B白新高(ペクシン)-天安オソン高

■1回戦(13日、16:00)
◆A1仁川機械工業高-培材高(ペジェ)

<中学>
■決勝戦(19日、15:00)

■準決勝戦(16日、15:00)
◆A
◆B

■準々決勝(1回)戦(8強、14日、10:00)
◆A一山東中(イルサンドン)-大安中(テアン)
◆A養正中(ヤンジョン)-延壽中(ヨンス)
◆Bソウル大付属中-蘭谷中(ナンゴック)
◆B培材中(ペジェ)-富平中(プピョン)

<<参考2013、第40回大会>>
 13年8月26日(月)から30日(金)まで「第40回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会」が京畿道市安山ワースタジアムで開催されました。
 中学7、高校4校が参加。
 30日の決勝で、中学は富川北中(プチョンプック)が一山東中(イルサンドン)を31-21で、高校は富川北高(プチョンプック)が白新高(ペクシン)を53-10でそれぞれ下し兄弟校優勝を遂げました。
 富川北高は今季3冠目。
「2013韓国日程、結果」をダウンロード

<高校>
■決勝(8月30日)
◆富川北高53(26-5)10白新高(ペクシン)
*富川7T6G2P、白新2T
*富川が前半で試合を決めた。開始40秒にCTB12金ジンヒョクのT,SO10金テソンのG成功で7-0とした。15分にCTB13金ジュンファ、27分WTB11金ユンオ、33分NO8李キオプの連続Tなどで26-0に。白新は33分NO8李ジョンソンのTで5点を返すのがやっと。後半も富川はSO金の2PGやSH9チョン・スンウォンの2Tなどで加点し優勝を決めた。

■準決勝(27日)
◆富川北高35(21-10)17ソウル大付属高
*富川5T5G、ソウル大3T1G
*ソウル大が前半2分、WTB11チョ・ミンギのTで先制した。富川は9分FB15チョン・ジェグァンのTと自らのG成功で7-5と逆転。16分CTB12金ジンヒョクのT、Gも決まり14-5に。ソウル大が23分WTBチョの2本目のTで14-10としたが5分後、FL6金スンジュンのT、FBのG成功で21-10とリードを広げた。後半12分、ソウル大がFL7朴ビョンソンのT,SO10カン・ホヨンのGで21-17と迫った。3分後、富川はFL金、27分CTB金のTなどで突き放した。

◆白新高(ペクシン)41(24-0)0ソウル科学技術高(旧ソウル北工業)
*白新6T4G1P
*白新が前半10分、FB15金ヨンファンのPGで先制すると15分WTB11李ヨンウク、26分PR1チョン・ユンシク、31分FL7金ヒョスンのTなどで24点をあげ試合を決めた。

<中学>
■決勝(8月30日)
◆富川北中(プチョンプック)31(21-14)21一山東中(イルサンドン)
*富川5T3G、一山3T3G
*富川が前半のリードを守り切った。2分、FB12カン・ヒムチャンがTとGを決めて先制。10分にLO5金ソンミョンのT、カンのGで14-0にした。一山は17分SO7李ソンドのT、Gも自ら決め14-7と追う。20分富川CTB9コ・ヨンチャンのTにGも成功で21-7へ。24分一山SH6チョ・ジョンワンのT、G成功で21-14と7点差で前半を終えた。富川は後半4分と8分に連続トライで31-14とし一山の追撃を抑えた。

■準決勝(28日)
◆A富川北中(プチョンプック)49(28-17)38ソウル大付属
*富川7T7G、ソウル大6T4G
*乱打戦を富川が制した。前半4分PR1金オジンのT、FB12カン・ヒムチャンのGで先制(7-0)。ソウルも7分にWTB8イム・ギボンのTで5点を返すと富川が9分CTB10金チャンデのT,FBのG、さらに12分FBのTなどで21-5に。ソウルが14分、20分にCTB9ノ・ミョンスの連続Tで21-17と迫ると24分、富川がFBカンの2本目のT、Gで28-17とした。後半もソウルが2分、CTB10朴ウインのTとGで28-24へ。すると富川は9分PR19李ジュンヒョク、1T1G追加する。2分後ソウルががCTBノのハットトリックTで再び31-35。富川は15分こちらもFBカンのハットトリックT、20分
PR19李のTで14点を追加しようやく31-49と突き放した。

◆B一山東中(イルサンドン)40(28-14)33延壽中(ヨンス)
*一山6T5G、延壽5T4G
*一山が前半LO5ユン・ジョンウクの2T、SO7李ソンドの1T4Gなどで28点を得た。後半も8分までにSO李のTなどで12点を追加、延壽の追い上げをしのぎ切った。

■1回戦(26日)
◆A城南西中(ソンナムソ)28(14-24)36富川北中(プチョンプック)
*城南西4T4G,富川6T3G

◆B①慶山中(キョンサン)7(7-21)48延壽中(ヨンス)
*慶山1T1G、延壽8T4G

◆B②一山東中(イルサンドン)29(17-10)22養正中(ヤンジョン)
*一山5T2G、養正4T1G
 
<<参考 2012年第39回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝9月5日(水)
◆大邱商苑高(テグサンノン)24-21白新高(ペクシン)

■準決勝3日(月)
◆A大邱商苑高(テグサンノン)34-31仁川機械工業高

◆B白新高(ペクシン)26-12ソウル大付属高

■1回戦8月31日(金)
◆A養正高24-33大邱商苑高

◆B①ソウル大付属高41-22ソウル北工業高

◆B②富川北高24-27白新高

<中学>
■決勝9月5日(水)
◆ソウル大付属中29-19富川北中(プチョンプック)
*最優秀コーチ:金ジョンフン(ソウル大)
*最優秀選手:金ミンジュン(ソウル大)

■準決勝4日(火)
◆Aソウル大付属中36-15一山東中(イルサンドン)

◆B富川北中26-17延壽中(ヨンス)

■1回戦1日(土)
◆A一山東中36-24培材中(ペジェ)

◆B富川北中28-5武珍中(ムジン)

<<参考、2011年第38回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝(8月22日)
◆富川北高(プチョンプック)10(0-7)10養正高(ヤンジョン)
*富川北1T1G1P、養正1T1G1P

■準決勝(19日)
◆A富川北高(プチョンプック)28(14-5)5白新高(ペクシン)
*富川北4T4G、白新1T

◆B養正高(ヤンジョン)28(7-7)19ソウル大付属高
*養正4T4G、ソウル大3T2G

■1回戦(16日)
◆A白新高(ペクシン)28(7-5)10ソウル北工業高
*白新4T4G、ソウル北2T

◆Bソウル大付属高40(26-3)18城南西高(ソンナムソ)
*ソウル大6T5G、城南西3T1P

<中学>
■決勝(22日)
◆富川北(プチョンプック)15(10-5)12ソウル大付属中
*富川北3T、ソウル大2T1G

■準決勝(19日)
◆A富川北中39(17-0)0延壽中(ヨンス)
*富川北6T3G1P

◆B富平中(プピョン)17(5-17)28ソウル大付属中
*富平3T1G,ソウル大5T2G

■1回戦(17日)
◆A①富川北中35(35-0)10培材中(ペジェ)
*富川北5T5G、培材2T

◆A②延壽中(ヨンス)31(19-0)3一山東中(イルサンドン)
*延壽5T3G、一山東1P

◆B①富平中(プピョン)22(12-5)12養正中(ヤンジョン)
*富平4T1G、養正2T1G

◆B②ソウル大付属中17(7-7)14江信中(カンシン)
*ソウル大3T1G、江信2T2G

<<参考2010第37回文化観光部長官旗・全国中高ラグビー大会>>
<高校>
■決勝(9月12日)
◆ソウル大付属高40(12-0)3養正高(ヤンジョン)
*ソウル6T2G2P、養正1P

■準決勝(10日)
◆城南西高(ソンナムソ)5(0-17)22養正高
*城南西1T,養正3T2G1P
◆順天工業高(スンチョンコン)5(0-27)34ソウル大付属高
*順天1T、ソウル6T2G

<中学>
■決勝(12日)
◆富川北中(プチョンプック)45(19-10)22ソウル大付属中
*富川7T5G、ソウル4T1G

■準決勝(10日)
◆富川北中36(24-7)10大安中(テアン)
*富川6T3G、大安1T1G1P
◆ソウル大付属中28(7-0)14養正中(ヤンジョン)
*ソウル4T4G、養正2T2G

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2014

夏のオープン戦3

 日本のラグビー界は、社会人がTL開幕(8月22日)に向け最終調整のオープン戦。
 大学は8月中旬以降、菅平を中心にオープン戦が始まります。
 また流通経済大が韓国合宿(7月31日~韓国・尚武G、8月6日~羅州)を行い韓国チームと対戦中、高麗大と慶煕大(キョンヒ)に連勝。

<<夏のオープン戦>>
■8月10日
◆流通経済大12-10高麗大(韓国・康津)

■8月9日
◆パナソニック32(23-5)29トヨタ
*パナ2T2G6P、トヨタ5T2G
◎パナFL6劉永男(ユ・ヨンナム、08-、檀国大)、前半1T

◆流通経済大26-20慶煕大(キョンヒ)

◆リコー26-14クボタ
◎クボタPR朴誠球(パク・ソング、13-、12NEC、08ヤマハ、尚武、延世大)

◆サニックス12(7-7)21コカコーラ
*サニックス2T1G、コーラ3T3G
◎サニックスR/WTB高健二(コ・ゴンイ、千里馬クラブ、関東学大、大阪朝鮮高)出場
◎サニックスR/CTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、帝京大、韓国・慶山高)出場
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、高麗クラブ、朝鮮大、東京朝鮮高)

◆神戸36-12豊田自動織機

■8月8日
◆東芝40(14-5)26サントリー
*東芝6T5G、サントリー4T3G
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)
◎東芝LO李光紋(イ・グァンムン、12-、11トヨタ、09韓国電力、08サントリー、高麗大)、ケガから練習復帰中

◆NTTコム19(12-5)12キヤノン
*コム3T2G、キヤノン2T1G
◎コムFL21金正奎(早大)。後半
Dscf1504
◎コムPR白隆尚(同大)
◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、14-、尚武、延世大、ソウル大付属)。
Dscf1503

■8月2日
◆サントリー26(19-0)5サニックス
*サントリー4T3G、サニックス1T
◎サニックスR/WTB高健二(コ・ゴンイ、千里馬クラブ、関東学大、大阪朝鮮高)出場
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、帝京大、韓国・慶山高)
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、高麗クラブ、朝鮮大、東京朝鮮高)

■8月1日
◆NTTコム59(7、31、21-33、7、7)47豊田自動織機/3試合
◎コムFL金正奎(早大)。1T
◎コムPR白隆尚(同大)
◎コムCTB諸葛彬(チェガル・ビン、14-、尚武、延世大、ソウル大付属)。1T

■7月31日
◆東芝82(42-14)21コカコーラ
*東芝12T11G、コーラ3T3G
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)
◎東芝LO李光紋(イ・グァンムン、12-、11トヨタ、09韓国電力、08サントリー、高麗大)

◆Honda36(28-0)33三菱相模原
*Honda5T5G、三菱5T4G
◎Honda/PR1金光植(キム・グァンシク、14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)
◎Honda/SH梁永勲(ヤン・ヨンフン、07-、大心通商、檀国大)
◎三菱PR3成昴徳(ソン・アンドック、14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)
◎三菱FB/R蔡宰榮(チェ・ジェヨン、14-、13東芝、12三星重工業、10東芝、高麗大)出場

■7月30日
◆神戸42(28-19)26NEC
*神戸6T6G、NEC4T3G
◎NEC/SH梁丁泌(ヤン・ジョンピル、14、尚武、延世大、ソウル大付属高)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、14、慶煕大)

◆Honda40(14-0)26釜石SW
*6T5G、釜石4T3G
◎Honda/PR/R金光植(キム・グァンシク、14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)出場
◎Honda/SH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、07-、大心通商、檀国大)
◎釜石PR1鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)

■7月29日
◆NTTドコモ45-57ヤマハ/3試合
*ドコモ7T5G、ヤマハ9T6G
◎NTTドコモR/PR張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎NTTドコモPR許雄(ホ・ウン、尚武、延世大)
◎NTTドコモLO4朴淳彩(パク・スンチェ、14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)。
◎ヤマハWTB32徐吉嶺(ソ・ギルリョン、08-、朝鮮大)

◆パナソニック12-36豊田自動織機/3試合
*パナ2T1G、織機6T3G
◎パナFL6/G主将劉永男(ユ・ヨンナム、08-、檀国大)

■7月28日
◆神戸製鋼43-40コカ・コーラ

■7月27日
◆近鉄5-19Honda
◎近鉄SH金哲元(キム・チョルウォン、大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)
◎近鉄PR申東ウォン(シン・ドンウォン、14-、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)。
◎近鉄CTB劉治栄(リュウ・チヨン、埼玉工業大)
◎Honda/PR金光植(キム・グァンシク、14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)
◎Honda/SH梁永勲(ヤン・ヨンフン、07-、大心通商、檀国大)

◆NEC12-7三菱相模原
*NEC2T1G、三菱1T1G
◎NEC/SH梁丁泌(ヤン・ジョンピル、14、尚武、延世大、ソウル大付属高)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、14、慶煕大)
◎三菱PR3成昴徳(ソン・アンドック、14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)
◎三菱WTB/RV蔡宰榮(チェ・ジェヨン、14-、13東芝、12三星重工業、10東芝、高麗大)

■7月26日
◆NTTドコモ33-21コカ・コーラ(30分×3)
◎コムFL6金正奎(早大)。
◎コムPR24白隆尚(同大)
◎コムCTB30諸葛彬(チェガル・ビン、14-、尚武、延世大、ソウル大付属)。

◆パナソニック12(12-5)22神戸
◎パナFL劉永男(ユ・ヨンナム、08-、檀国大)

◆東芝26(21-14)26トヨタ自動車
*東芝4T3G、トヨタ4T3G
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)
◎東芝LO李光紋(イ・グァンムン、12-、11トヨタ、09韓国電力、08サントリー、高麗大)

◆Honda45-8リコー
◎Honda/PR金光植(キム・グァンシク、14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)
◎Honda/SH梁永勲(ヤン・ヨンフン、07-、大心通商、檀国大)

◆サントリー7(7-0)5ヤマハ
*サントリー1T1G、ヤマハ1T

◆サントリー59(21-12)19豊田自動織機
*サントリー9T7G、織機3T2G

◆クボタ29(10-0)12近鉄
*クボタ5T2G、近鉄2T1G
◎クボタPR朴誠球(パク・ソング、13-、12NEC、08ヤマハ、尚武、延世大)
◎近鉄SH27金哲元(キム・チョルウォン、大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)
◎近鉄PR16申東ウォン(シン・ドンウォン、14-、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)。
◎近鉄CTB28劉治栄(リュウ・チヨン、埼玉工業大)

◆サニックス21(14、0、7-0)0九州電力/40分×3
*サニックス3T3G
◎サニックスR/CTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、帝京大、韓国・慶山高)
◎サニックスR/LO黄徹秀(ファン・チョルス、高麗クラブ、朝鮮大、東京朝鮮高)
◎サニックスR/CTB高健二(コ・ゴンイ、千里馬クラブ、関東学大、大阪朝鮮高)

■7月25日
◆NTTドコモ33(7-28)54キヤノン
*ドコモ5T4G、キヤノン8T7G
◎NTTドコモR/PR張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎NTTドコモPR許雄(ホ・ウン、尚武、延世大)
◎NTTドコモR/FL朴淳彩(パク・スンチェ、14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)。

◆ヤマハ49(14-12)12釜石SW
*ヤマハ7T7G、釜石2T1G
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、08-、朝鮮大)
◎釜石PR1鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)

■7月23日
◆NTTドコモ24(12-19)38クボタ
*ドコモ4T2G、クボタ6T4G
◎NTTドコモPR3張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎NTTドコモPR許雄(ホ・ウン、尚武、延世大)
◎NTTドコモFL6朴淳彩(パク・スンチェ、14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)。
◎クボタPR朴誠球(パク・ソング、13-、12NEC、08ヤマハ、尚武、延世大)

◆パナソニック31-52リコー
◎パナR/FL劉永男(ユ・ヨンナム、08-、檀国大)

◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、07-、高麗大)
◎横河FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク、明治大、大阪朝高)
◎横河WTB趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、同志社大、大阪朝高)
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、帝京大、韓国・慶山高)
◎秋田PR表在胤(ピョ・ジェユン、流経大、朝明高、韓国)


◎帝京LO金嶺志(2年、東京朝鮮高)
◎帝京SO朴成基(4年、大阪朝鮮高)
◎帝京LO金廉(1年、大阪朝鮮高)
◎帝京SO金孝舜(キム・ヒョウスン、2年、東京朝鮮高)
◎帝京PR李成鏞(リ・ソンヨン、1年、大阪朝鮮高)
◎明治LO南宗成(4年、ナム・ジョンソン、大阪朝鮮高)
◎法政CTB金勇輝(4年、大阪朝鮮高)。
◎日大SO金貴大(2年、大阪朝鮮高)。
◎日大FL孫昇巳(1年、大阪朝鮮高)
◎日大SH金翔大(2年、大阪朝鮮高)
◎拓殖PR具智元(2年、グ・ジウォン、日本文理高、NZ中、韓国)。
◎拓殖CTB具智允(3年、グ・ジユン、日本文理高、NZ中、韓国)。
◎立正CTB李翔太(4年、東京朝鮮高)
◎天理FL李淳也(3年、常翔啓光学園)
◎体大SO王授榮(3年。ワン・スヨン。三重・朝明高、韓国出身)
◎京産PR金亨志(3年、大阪朝鮮高)
◎京産PR金大輝(1年、大阪朝鮮高)
◎京産PR梁拓真(4年、大阪朝鮮高)
◎京産HO蔡淳志(2年、大阪朝鮮高)
◎京産FL金智栄(2年、大阪朝鮮高)
◎京産FL生姜栄基(4年、常翔啓光)
◎京産SH9梁正秋(4年、大阪朝鮮高)
◎京産CTB金榮均(4年、朝明高、韓国)
◎京産CTB金将一(2年、大阪朝鮮高)
◎関学PR金寛泰(4年。キム・グァンテ、大阪朝高)
◎関学FB高陽日(4年。コ・ヨンイル、大阪朝高)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2014

ラグビー日韓中ジュニア大会、韓国代表リスト

 岩手県盛岡市でおこなわれる「第22回 日・韓・中ジュニア交流競技会」のラグビー競技(8月24~27日開催)に参加する、韓国代表のメンバーを大韓ラグビーフットボール協会が公表した。22回目を迎えた今大会、韓国は24日に日本代表と試合をおこなう。昨年、中国でおこなわれた大会では日本が68-17で韓国を下している。

<第22回 日・韓・中ジュニア交流競技会 韓国代表>
【PR1】
ヤン・グンソプ(富川北高)、パク・スチョル(全南高)

【HO】
パク・テホ(慶山高)

【PR3】
シン・ウソン(養正高高)、カク・ソンジュン(忠北高)

【LO】
パク・ヒゴン(ミョンソク高)、チョン・ミンギュ(培材高)、ハ・ジュンヒョン(城南西高)

【FL/NO8】
チェ・ムンヒョク(慶山高)、カン・ホビン(ソウル大附属高)、チョ・ソンホ(富川北高)、
ヨム・テジュン(城南西高)

【SH】
チョン・スンウォン(富川北高)、キム・ソンヒョン(ソウル大附属高)

【SO】
イ・ギョンファン(テグ商苑高)、オム・テファン(ミョンソク高)

【WTB】
イ・ヨンウク(白新高)、キム・スンソン(養正高)

【CTB】
チェ・ドンファン(白新高)、キム・ジュンハ(富川北高)、パク・ジュング(全南高)

【FB】
キム・ヨンファン(白新高)

■監督:チョン・ヨンジン(白新高校)
■コーチ:イ・スンウ(慶山高)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2014

夏のオープン戦結果2

 日本のラグビー界は、社会人が夏合宿で北海道・網走、北見に集結しオープン戦を行っています。

 また今年も流通経済大が韓国合宿(7月31日~韓国・尚武G、8月6日~羅州)を行い韓国チームと対戦します。

<<夏のオープン戦>>
■8月2日
◆サントリー26(19-0)5サニックス
*サントリー4T3G、サニックス1T
◎サニックスR/WTB高健二(コ・ゴンイ、千里馬クラブ、関東学大、大阪朝鮮高)出場
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、帝京大、韓国・慶山高)
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、高麗クラブ、朝鮮大、東京朝鮮高)


■8月1日
◆NTTコム59(7、31、21-33、7、7)47豊田自動織機/3試合
◎コムFL金正奎(早大)。1T
◎コムPR白隆尚(同大)
◎コムCTB諸葛彬(チェガル・ビン、14-、尚武、延世大、ソウル大付属)。1T

■7月31日
◆東芝82(42-14)21コカコーラ
*東芝12T11G、コーラ3T3G
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)
◎東芝LO李光紋(イ・グァンムン、12-、11トヨタ、09韓国電力、08サントリー、高麗大)

◆Honda36(28-0)33三菱相模原
*Honda5T5G、三菱5T4G
◎Honda/PR1金光植(キム・グァンシク、14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)
◎Honda/SH梁永勲(ヤン・ヨンフン、07-、大心通商、檀国大)
◎三菱PR3成昴徳(ソン・アンドック、14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)
◎三菱FB/R蔡宰榮(チェ・ジェヨン、14-、13東芝、12三星重工業、10東芝、高麗大)出場

■7月30日
◆神戸42(28-19)26NEC
*神戸6T6G、NEC4T3G
◎NEC/SH梁丁泌(ヤン・ジョンピル、14、尚武、延世大、ソウル大付属高)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、14、慶煕大)

◆Honda40(14-0)26釜石SW
*6T5G、釜石4T3G
◎Honda/PR/R金光植(キム・グァンシク、14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)出場
◎Honda/SH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、07-、大心通商、檀国大)
◎釜石PR1鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)

■7月29日
◆NTTドコモ45-57ヤマハ/3試合
*ドコモ7T5G、ヤマハ9T6G
◎NTTドコモR/PR張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎NTTドコモPR許雄(ホ・ウン、尚武、延世大)
◎NTTドコモLO4朴淳彩(パク・スンチェ、14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)。
◎ヤマハWTB32徐吉嶺(ソ・ギルリョン、08-、朝鮮大)

◆パナソニック12-36豊田自動織機/3試合
*パナ2T1G、織機6T3G
◎パナFL6/G主将劉永男(ユ・ヨンナム、08-、檀国大)

■7月28日
◆神戸製鋼43-40コカ・コーラ

■7月27日
◆近鉄5-19Honda
◎近鉄SH金哲元(キム・チョルウォン、大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)
◎近鉄PR申東ウォン(シン・ドンウォン、14-、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)。
◎近鉄CTB劉治栄(リュウ・チヨン、埼玉工業大)
◎Honda/PR金光植(キム・グァンシク、14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)
◎Honda/SH梁永勲(ヤン・ヨンフン、07-、大心通商、檀国大)

◆NEC12-7三菱相模原
*NEC2T1G、三菱1T1G
◎NEC/SH梁丁泌(ヤン・ジョンピル、14、尚武、延世大、ソウル大付属高)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、14、慶煕大)
◎三菱PR3成昴徳(ソン・アンドック、14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)
◎三菱WTB/RV蔡宰榮(チェ・ジェヨン、14-、13東芝、12三星重工業、10東芝、高麗大)

■7月26日
◆NTTドコモ33-21コカ・コーラ(30分×3)
◎コムFL6金正奎(早大)。
◎コムPR24白隆尚(同大)
◎コムCTB30諸葛彬(チェガル・ビン、14-、尚武、延世大、ソウル大付属)。

◆パナソニック12(12-5)22神戸
◎パナFL劉永男(ユ・ヨンナム、08-、檀国大)

◆東芝26(21-14)26トヨタ自動車
*東芝4T3G、トヨタ4T3G
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)
◎東芝LO李光紋(イ・グァンムン、12-、11トヨタ、09韓国電力、08サントリー、高麗大)

◆Honda45-8リコー
◎Honda/PR金光植(キム・グァンシク、14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)
◎Honda/SH梁永勲(ヤン・ヨンフン、07-、大心通商、檀国大)

◆サントリー7(7-0)5ヤマハ
*サントリー1T1G、ヤマハ1T

◆サントリー59(21-12)19豊田自動織機
*サントリー9T7G、織機3T2G

◆クボタ29(10-0)12近鉄
*クボタ5T2G、近鉄2T1G
◎クボタPR朴誠球(パク・ソング、13-、12NEC、08ヤマハ、尚武、延世大)
◎近鉄SH27金哲元(キム・チョルウォン、大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)
◎近鉄PR16申東ウォン(シン・ドンウォン、14-、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)。
◎近鉄CTB28劉治栄(リュウ・チヨン、埼玉工業大)

◆サニックス21(14、0、7-0)0九州電力/40分×3
*サニックス3T3G
◎サニックスR/CTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、帝京大、韓国・慶山高)
◎サニックスR/LO黄徹秀(ファン・チョルス、高麗クラブ、朝鮮大、東京朝鮮高)
◎サニックスR/CTB高健二(コ・ゴンイ、千里馬クラブ、関東学大、大阪朝鮮高)

■7月25日
◆NTTドコモ33(7-28)54キヤノン
*ドコモ5T4G、キヤノン8T7G
◎NTTドコモR/PR張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎NTTドコモPR許雄(ホ・ウン、尚武、延世大)
◎NTTドコモR/FL朴淳彩(パク・スンチェ、14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)。

◆ヤマハ49(14-12)12釜石SW
*ヤマハ7T7G、釜石2T1G
◎ヤマハWTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、08-、朝鮮大)
◎釜石PR1鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)

■7月23日
◆NTTドコモ24(12-19)38クボタ
*ドコモ4T2G、クボタ6T4G
◎NTTドコモPR3張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎NTTドコモPR許雄(ホ・ウン、尚武、延世大)
◎NTTドコモFL6朴淳彩(パク・スンチェ、14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)。
◎クボタPR朴誠球(パク・ソング、13-、12NEC、08ヤマハ、尚武、延世大)

◆パナソニック31-52リコー
◎パナR/FL劉永男(ユ・ヨンナム、08-、檀国大)

◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、07-、高麗大)
◎横河FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク、明治大、大阪朝高)
◎横河WTB趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、同志社大、大阪朝高)
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、帝京大、韓国・慶山高)
◎秋田PR表在胤(ピョ・ジェユン、流経大、朝明高、韓国)


◎帝京LO金嶺志(2年、東京朝鮮高)
◎帝京SO朴成基(4年、大阪朝鮮高)
◎帝京LO金廉(1年、大阪朝鮮高)
◎帝京SO金孝舜(キム・ヒョウスン、2年、東京朝鮮高)
◎帝京PR李成鏞(リ・ソンヨン、1年、大阪朝鮮高)
◎明治LO南宗成(4年、ナム・ジョンソン、大阪朝鮮高)
◎法政CTB金勇輝(4年、大阪朝鮮高)。
◎日大SO金貴大(2年、大阪朝鮮高)。
◎日大FL孫昇巳(1年、大阪朝鮮高)
◎日大SH金翔大(2年、大阪朝鮮高)
◎拓殖PR具智元(2年、グ・ジウォン、日本文理高、NZ中、韓国)。
◎拓殖CTB具智允(3年、グ・ジユン、日本文理高、NZ中、韓国)。
◎立正CTB李翔太(4年、東京朝鮮高)
◎天理FL李淳也(3年、常翔啓光学園)
◎体大SO王授榮(3年。ワン・スヨン。三重・朝明高、韓国出身)
◎京産PR金亨志(3年、大阪朝鮮高)
◎京産PR金大輝(1年、大阪朝鮮高)
◎京産PR梁拓真(4年、大阪朝鮮高)
◎京産HO蔡淳志(2年、大阪朝鮮高)
◎京産FL金智栄(2年、大阪朝鮮高)
◎京産FL生姜栄基(4年、常翔啓光)
◎京産SH9梁正秋(4年、大阪朝鮮高)
◎京産CTB金榮均(4年、朝明高、韓国)
◎京産CTB金将一(2年、大阪朝鮮高)
◎関学PR金寛泰(4年。キム・グァンテ、大阪朝高)
◎関学FB高陽日(4年。コ・ヨンイル、大阪朝高)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2014 | Main | September 2014 »