« TL第2ステージ再開!キヤノンがコム下す | Main | 秩父宮・早明戦は早大が快勝 »

November 29, 2014

TL第2ステージ開幕。パナが首位に

 今週末11月29日(金)からの国内ラグビー(代表&社会人)。
 TLは第2ステージが第1節で再開します。
 再開の開幕戦、上位Aグループ。キヤノンが7PGで加点し35-11で初めてA入りしたNTTコムを下し1勝目。
 Aで第1ステージ1位通過でBP4となっている1位のパナソニックはトヨタ自動車(1)を4Tの30-10で破り勝ち点5を得て9になりました。同じく4の神戸は東芝に20-30で敗れ4のまま。
 BP3の東芝とサントリーがそれぞれ3を得て7で並びました。
 
 下位Bは、BP4の近鉄とクボタが勝ち勝ち点4を加え8で首位に。

 TEは釜石が勝ち点4を得れば2位以内確定。九州は最終週、九州電力が優勝。

<<2014-15TL 2ndステージ>>
<A> 1/パナソニック(9)、2/サントリー(7)、2/東芝(7)、4/キヤノン(6)、5/神戸(4)、6/ヤマハ(3)、7/トヨタ自動車(1)、7/NTTコム(1)
■第1節
◆キヤノン35(16-8)11NTTコム(11月28日、秩父宮)
*キヤノン2T2G7P(6)、コム1T2P(1)
◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)。
◎コムFL19金正奎(早大)。後半24分から大学時代のホームグラウンドへ登場した。
◎コムPR白隆尚(同大)

◆サントリー16(13-9)12ヤマハ(29日、秩父宮)
*サントリー2T1G3P(7)、ヤマハ4P(3)
◎ヤマハWTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령。08-、朝鮮大)

◆パナソニック30(19-3)10トヨタ自動車(瑞穂)
*パナ4T2G2P(9)、トヨタ1T1G1P(1)
◎パナLO4劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)

◆東芝30(13-5)20神戸製鋼(花園)
*東芝3T3G3P(7)、神戸3T1G1P(4)
◎東芝LO李光紋(イ・グァンムン、이광문。12-、11トヨタ、09韓国電力、08サントリー、高麗大)
14829gm1
=写真/KAORI MATSUMOTO
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)

<B>1/近鉄(8)、1/クボタ(8)、3/リコー(7)、4/NTTドコモ(6)、4/NEC(3)、6/豊田織機(2)、6/コーラ(2)、8/サニックス(2)

■第1節
◆クボタ18(0-3)8コカ・コーラ(29日、秩父宮)
*クボタ2T1G2P(8)、コーラ1T1P(2)
◎クボタ石倉監督「前半がまんして後半取りきることができた」
◎コーラ山下G主将「セットプレーなどミスが出て自分たちのラグビーができなかった」
◎クボタPR朴誠球(パク・ソング、박성구。13-、12NEC、08ヤマハ、尚武、延世大)
「ケガからは回復している。コンディションはいい。使ってもらうかはチームの方針」

◆豊田自動織機17(3-17)38NTTドコモ(瑞穂)
*織機2T2G1P(2)、ドコモ5T2G3P(6)
◎織機FL鄭智弘(チョン・チホン、정지홍。12-、11-09NTTドコモ、08-07サニックス、06-05IBM、帝京大、大阪朝鮮高)
◎NTTドコモFL6朴淳彩(パク・スンチェ、박순채。14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)
◎NTTドコモPR3張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎NTTドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅。尚武、延世大)

◆近鉄12(3-0)8NEC(花園)
*近鉄4P(8)、NEC1T1P(3)
◎近鉄SH金哲元(キム・チョルウォン、김철원。大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)。5節のプレーで4試合出場停止。
◎近鉄PR3申東源(シン・ドンウォン、신동원。14-、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)
◎近鉄WTB李陽(中国代表)
◎近鉄CTB劉治栄(リュウ・チヨン、埼玉工業大)
◎近鉄PR16王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문。14-近鉄、大阪体育大、朝明高)
◎NEC/SH梁丁泌(ヤン・ジョンピル、양정필。14、尚武、延世大、ソウル大付属高)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、강대현。14、慶煕大)

◆宗像サニックス16(6-11)21リコー(11月30日、博多グローバル)
*サニックス1T1G3P(2)、リコー2T1G3P(4)
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)。
◎サニックスLO黄徹秀(ファン・チョルス、황철수。高麗クラブ、朝鮮大、東京朝鮮高)
◎サニックスWTB23高健二(コ・ゴンイ、千里馬クラブ、関東学大、大阪朝鮮高)。後半

<<2014-15TL 1STステージ>>
*チームの得点詳細の後の()内は勝ち点
<A>■第7節(10月19日)
◆パナソニック43(13-13)13NTTコム(太田)
*パナ4T4G5P(29)、コム(21)
 Aはすでに4位以内が確定。初の4位以内を決めたNTTコムはパナソニックと対戦しました。
 前節、TLデビューしたNTTコムFL7金正奎(早大)は先発入り。対面パナFL6は劉永男(ユ・ヨンナム)です。
Dscf2423

 結果は前半13-13と互角も後半、パナがシンプルにボールを持ち前へ出るラグビーでリードを奪いパナソニック43-13NTTコムで勝ち結果1位通過となりました。
 パナFL6劉永男(ユ・ヨンナム、檀国大)は「後半、修正できた」と満足。
Pana6

 コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、尚武・延世大)、前半4分、同点となるトライを決めるも「後半のパナのプレッシャーは日本で初めて受けたくらい強かった」(写真はパナ山田をDFにいく)。
Com131

 コムFL7金正奎(早大)、「ブレイクダウンの激しさをチームから求められている」とTLで生き抜くためにプレースタイル変身も視野に(ブルーのヘッドキャップ)。
Com71
◎パナFL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)
◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)。前半4分1T
◎コムFL7金正奎(早大)。後半33分から
◎コムPR白隆尚(同大)

<<TE>>
1位:三菱相模原(39)、2位:釜石(36)、3位:日野自動車(30)、4位:東京ガス(28、+116)、5位:栗田(28、+89)、
6位:横河(22)、7位:ヤクルト(10、-138)、8位:日本IBM(10、-143)、9位:秋田NB(4)、10位:セコム(0)
■第10節
◆栗田工業7-24日野自動車(29日、海老名)
*栗田1T1G(28)、日野4T2G(30)

◆釜石SW29-24横河武蔵野(30日、仙台)
*釜石4T3G1P(36)、横河4T2G(22)
◎釜石PR鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)。
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우。07-、高麗大)
◎横河FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕。明治大、大阪朝高)
◎横河WTB趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철。同志社大、大阪朝高)

■第11節
◆三菱重工相模原-釜石SW(12月6日、秩父宮)
*三菱(39)、釜石(35)
◎三菱PR成昴徳(ソン・アンドック、성앙덕。14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)
◎三菱WTB蔡宰榮(チェ・ジェヨン、채재영、14-、13東芝、12三星重工業、10東芝、高麗大)。後半1T
Dscf2947
◎三菱FL李眩羽(イ・ヒョンウ、이현우。12-、11-10日野自動車、尚武、檀国大、裡里工)
◎釜石PR鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)。

◆横河武蔵野-東京ガス(武蔵野)
*横河(21)、ガス(28)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우。07-、高麗大)
◎横河FL趙顕徳(チョ・ヒョンドク、조현덕。明治大、大阪朝高)
◎横河WTB趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철。同志社大、大阪朝高)

◆ヤクルト-日本IBM(7日、ヤクルト)
*ヤクルト(10)、IBM(10)

◆秋田NB-セコム(熊谷)
*秋田(4)、セコム(0)
◎秋田PR表在胤(ピョ・ジェユン、표재윤、14-、流経大、朝明高、韓国)。右から2人目
Akita17
「今はラグビーに打ち込みます」
◎秋田FL/NO韓 歡浩(ハン・ファンホ、한환호、14-、徳山大、韓国・培材高)

<<<TW>>
■第6節
◆大阪府警55-12JR西日本(30日、花園)
*府警(15)、西日本(0)
◎JR西日本PR17張和裕(チャン・ファユン、장화유。12-、同志社大、大阪朝鮮高)

◆Honda113(47-0)7中部電力(同)
*Honda17T14G(30)、中部1T1G(15)
◎Honda/PR3金光植(キム・グァンシク、김광식。14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)
◎Honda/SH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈。07-、大心通商、檀国大)。1T

<<トップキュウシュウA>>
最終順位1/九州電力、2/中国電力、3/マツダ/、4/JR九州、5/三菱重工長崎、6/福岡銀行、7/鹿児島銀行
■決勝リーグ3週
◆九州電力51(14-0)0中国電力(29日、博多の森)
*九電7T(1位、2勝)、中国(2位、1勝1敗)

◆JR九州26(7-8)15三菱重工長崎(同)
*JR4T(4位、3勝)、三菱2T(5位、2勝1敗)

◆福岡銀行16-3鹿児島銀行(30日、福銀)
*福岡(6位、1勝2敗)、鹿児島(7位、3敗)

■決勝リーグ2週
◆中国電力27(14-7)14マツダ(22日、CCW広島)
*中国4T(L2位)、マツダ2T(3位、2敗)

◆JR九州66(28-0)0福岡銀行(同)
*JR10T(L4位)、福岡(L6位)

◆三菱重工長崎70(27-7)7鹿児島銀行(九電)
*三菱11T(L5位)、鹿児島1T(L7位)

■決勝リーグ1週
◆九州電力53(29-19)19マツダ(15日、九電)
*九電8T(L1位)、マツダ3T(L3位)

◆JR九州90(54-0)7鹿児島銀行(同)
*JR11T(L4位)、鹿児島1T(L7位)

◆三菱重工長崎52(33-13)23福岡銀行(西南大)
*長崎5T(L5位)、福岡4T(L6位)

|

« TL第2ステージ再開!キヤノンがコム下す | Main | 秩父宮・早明戦は早大が快勝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference TL第2ステージ開幕。パナが首位に:

« TL第2ステージ再開!キヤノンがコム下す | Main | 秩父宮・早明戦は早大が快勝 »