« March 2015 | Main | May 2015 »

April 29, 2015

サニックスワールドユース開幕

 GW恒例の「サニックスワールドラグビーユース交流大会2015」が4月29日(水)~5月6日(水)まで福岡県宗像市の「グローバルアリーナ」で開催中だ。

 海外は強豪NZ、豪州、南ア、イングランドの高校にカナダ、ロシアから参加。

 そして韓国は白新(ペクシン)が28日に終えたばかり忠武旗大会2位の実績で出場する。今年は台湾からジエングオHSが参加する。

 迎え撃つ日本勢は選抜大会3位の常翔学園、流通経済大柏、8強で準優勝の大阪桐蔭に敗れたが昨季高校3冠の東福岡。さらに選抜大会出場、佐賀工業など8校。

 29日から4チームずつの予選プール戦を行い1,2位が5月3日からの1‐8位決定トーナメントへ進む。3,4位は9-16位決定戦へ参加する。

 30日の2日目、A組、東福岡はエニセイSTM(ロシア)を19-17で下し1勝目。ポールルースジムナジウム(南ア)は流通経済大柏を78-0で寄せ付けず連勝した。
 C組は優勝候補のNZスコッツカレッジが佐賀工業を54-15で退け連勝。D組の白新は御所実に0-59と大敗し2敗、5月2日の3試合目は優勝候補のひとつブリスベンボーイズカレッジ(豪州)のためD組最下位は決定か?

 29日の開幕戦でポールルースジムナジウム(南ア)が昨年の3冠、東福岡を45-13で圧倒した。ロシアのエニセイも流通経済大柏を29-21の接戦で下した。
 白新は長崎北陽台と対戦、後半追い上げたが12(0-10)17で敗れた。

<<サニックスワールドラグビーユース交流大会2015>>
<予選プール戦>
■A *ポールルースジムナジウム(南ア)、エニセイSTM(ロシア)、東福岡、流通経済大柏
◆ポール-エニセイ、45(26-3)13東福岡、78(47-0)0柏
◆エニセイ17(17-14)19東福岡、29(14-7)21柏
◆東福岡-柏

■B *トルロカレッジ(ENG)、常翔学園、尾道、ジエングオHS(台湾)
◆トルロ-ジエングオ、24(14-7)7常翔、42(35-0)5尾道
◆常翔-尾道、40(19-0)0ジエングオ
◆尾道40(19-0)0ジエングオ

■C *スコッツカレッジ(NZ)、アールマリオットセカンダリースクール(カナダ)、
京都成章、佐賀工業
◆スコッツ-アール、28(14-0)15京都、54(26-10)15佐賀
◆アール0(0-26)59京都、0(0-26)47佐賀
◆京都-佐賀

■D *ブリスベンボーイズカレッジ(豪州)、御所実、長崎北陽台、白新(韓国)
◆ブリスベン27(12-10)10御所、48(19-0)7長崎、-白新
◆御所-長崎、59(33-0)0白新
◆長崎17(10-0)12白新

<1-8位決定戦>
■決勝戦(5月6日)
■3位決定戦
■準決勝(5日)
■5位決定戦(6日)
■7位決定戦(6日)
■準々決勝(3日)

<9-16位決定戦>
■9位戦(5月6日)
■11位決定戦
■9-12位トーナメント(5日)
■13位決定戦(6日)
■15位決定戦(6日)
■9-16位決定トーナメント(3日)


<女子セブンズトーナメント>
■決勝戦(4月30日)
◆ハミルトンカレッジ(NZ)31(12-0)12福岡レディース

■3位決定戦
◆石見智翠館27(5-5)香港スポーツ

■準決勝
◆ハミルトンカレッジ(NZ)17(5-0)0石見智翠館
◆福岡レディース32(17-0)0香港スポーツ

■5位決定戦
◆神奈川31-0ロバートベイトマン(カナダ)

■7位決定戦
◆神戸甲北17-5ブリスベンステート(豪州)

■5-7位予選
◆ロバートベイトマン15-5ブリスベンステート
◆神奈川15-0神戸甲北


| | Comments (0) | TrackBack (0)

韓国大学リーグ。高麗、延世が4連勝

2015年の韓国15人制ラグビー大会「大学~コリアンリーグ」が開幕(3月14日~5月9日)。

 4月25日(土)、第4週。高麗大はソウル大の棄権で試合をせずに4連勝。
 ライバル延世は1部校同士の対戦で慶煕大を33-17で下し4連勝した。
 2部校の圓光大(ウォンガン)は釜山大に9T58点で勝ち2勝目。

 4月11日(土)の第3週は高麗大が1部対決で慶煕大を34-26で破り3連勝。
 第2週も1部校の高麗大、延世大、慶煕大が2部校相手に勝ち連勝。
 第1週は1部校の高麗大、延世大、慶煕大が2部校相手に勝ちましたがそれぞれ失点は20、24、32とDFの甘さを見せました。選手や監督に緊張感がないのでしょうか?
 今季最初の伝統の一戦「高麗大-延世大」は5月9日に行われます。
 会場は慶山ソンファラグビー場の中高春季リーグ戦の中で開幕し各大学グラウンドで開催。

<<大学2015コリアンリーグ1次>>
■参加6校
高麗大、延世大、慶煕大、釜山大、圓光大(ウォンガン)、ソウル大

*試合開始時間は11:00-から2時間毎です。
■3月14日(土、慶山ソンファラグビー場)
◆慶煕大61-32釜山大
◆延世大52-24ソウル大
◆高麗大57-20圓光大

■3月28日(土、ソウル市高麗大グラウンド)
◆慶煕大66-38ソウル大
◆延世大73-21圓光大
◆高麗大54-12釜山大

■4月11日(土、ソウル市延世大グラウンド)
◆高麗大34(17-7)26慶煕大
*高麗6T2G/3勝、慶煕4T3G/2勝1敗
*後半22分に慶煕がSH朴ミョンウのT、FBハン・サンウG成功し29-26と3点差へ詰めた。26分に高麗WTB14チョン・ヨンシク(14年韓国代表)が3本目のTを奪い逃げ切った。

◆ソウル大26(7-22)48圓光大
*ソウル4T3G/3敗、圓光8T4G/1勝2敗

◆延世大61(34-7)24釜山大
*延世11T3G/3勝、釜山4T2G/3敗

■4月25日(土、未定)
◆高麗大(棄権勝ち)ソウル大
*高麗4勝、ソウル4敗

◆延世大33(19-7)17慶煕大
*延世5T4G/4勝、慶煕大2T2G1P/2勝2敗
*延世は前半50秒でCTB12金ジュンヒがTし先制した(5-0)。CTB金は8分にもT(GはSOパン・ソンユン成功)で12-0。慶煕も12分にPR1ト・フィソンがT、GはFBハン・サンフンが決め12-5とした。32分に延世WTB14チャン・ソンミンがTし19-7で終えた。後半、慶煕がFBハンのPGで19-10とするも延世は12分にWTBチャン、23分SH李シヨンがTで33-10とし逃げ切った。

◆圓光大58(29-8)15釜山大
*圓光9T5G1P/2勝2敗、釜山2T1G1P/4敗

■5月9日(土、水原市慶煕大グラウンド)
◆ソウル大-釜山大
◆慶煕大-圓光大
◆高麗大-延世大

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2015

ソウル大附属中高が今季2冠で兄弟優勝達成!

 韓国ラグビー、2015年春季の中高大会第二幕「第35回忠武旗全国中高ラグビー大会」が4月21日(火)から28日(火)の日程で、仁川市南洞アジアードラグビー場補助競技場で開催されています。

 高校13、中学10チームが参加。春季リーグで2年連続兄弟優勝を果たしたソウル大附属高と中学を中心に展開か。高校にはGWにサニックスワールドユースに参加する白新高(ペクシン)も出場する。
 中学は2回戦(準々決勝)で春季リーグ決勝で33-33と同点両校優勝となったソウル大と培材中(ペジェ)がいきなり対戦する。

◎決勝戦(28日)
 春季リーグ戦連覇のソウル大附属高がサニックス大会参加の白新高を31-21で下し今季2冠。
 中学もソウル大附属中が64-15で古豪・春季3位の養正中(ヤンジョン)を圧倒し2冠で兄弟Vとなった。
*中学決勝(黒がソウル大附属中)
15428jhsf

◎高校
26日は高校準決勝。春季リーグ戦連覇のソウル大附属高が釜山体育に43-34と辛勝も今季2冠へ王手。
サニックス大会参加の白新高は31-19で富川北高(プチョンプック。春季2位)を破り決勝へ。
24日は、高校2回戦(準々決勝)4試合を行い春季リーグ戦連覇のソウル大附属高が古豪/養正高(ヤンジョン。春季8強)を36-26で下し4強へ。また富川北高(プチョンプック。春季2位)は36-26仁川機械工業高(インチョンギコ。春季3位)、サニックス大会参加の白新高も54-28と培材高を破り準決勝へ。もう1校は春季8強同士の対戦を競り勝った釜山体育高。

22日は高校1回戦5試合。白新高(ペクシン。春季3位)41-7城南西高(ソンナムソ)、富川北高(プチョンプック。春季2位)48-20慶山高(キョンサン。春季8強)。仁川機械工業高(インチョンギコ。春季3位)35-17忠北高(チュンブック)などが順当勝ち。

◎中学
中学準決勝(25日)でも春季リーグ同点優勝のソウル大附属中が50-31で清州南中(チョンジュナム)を下し兄弟V達成へあと1勝と進んだ。春季3位の養正中(ヤンジョン)は43-26富坪中(プピョン)で決勝へ。
23日の3日目、中学2回戦(準々決勝)を行った。春季リーグ同点優勝のソウル大附属中対培材中(ペジェ)は後半18分までに17-27とリードされたソウル大がまずCT9金ギヒョンのT,WT8ソ・ウヒョンのGで24-27と迫る。24分にPR3ウォン・ジュンソクが逆転Tし29-27で逃げ切った。ほかに春季3位の養正中(ヤンジョン)と春季予選敗退・清州南中(チョンジュナム)、春季参加なしの富坪中(プピョン)が4強入りした。
21日の初日、中学1回戦2試合を行い春季3位の養正中(ヤンジョン)と春季予選敗退・清州南中(チョンジュナム)が2回戦(準々決勝)へ進んだ。

 
<<第35回忠武旗全国中高ラグビー大会>>
<高校>参加13校
■決勝(4月28日)
◆ソウル大附属高(春季1位)31(17-14)21白新高(ペクシン。春季3位)
*ソウル5T3G、白新3T3G
*前半8分ソウルがSH李インジェのTで先制するも16分に白新がNO8チョ・ヒョンソT,FBチェ・ミンジェのGで5-7と逆転した。22分にソウルはLO5チョン・ウビンのTで逆転GもCTB12ソン・ミンギが決め12-7へ。5分後にもFL7シン・ヨンジュンがTラインを越え7点を追加した。白新は終了間際にPR1ユン・チャンのT、G成功で3点差(17-14)で終えた。
後半に入るとソウルが12分にCTBソン、23分SOカン・ミンジュンがTを奪い、白新の攻撃を1Tに抑え2冠を決めた。

■準決勝(26日)
◆A白新高(ペクシン。春季3位)31(24-7)19富川北高(プチョンプック。春季2位)
*白新4T4G1P、富川3T2G
*白新が前半にFBチェ・ミンジェの2T2G1P17得点でリードし勝利した。

◆Bソウル大附属高(春季1位)43(29-17)34釜山体育高(春季8強)
*ソウル6T5G1P、釜山4T4G2P
*後半8分、ソウルCTB13チョ・ミンギのT、GはCTB12ソン・ミンギが決め36-17と大きくリードした。しかし釜山は12分のPR1ハが2本目のTを奪うと23分にWTB8李ドンヒョンPG、26分WTB20アン・ドンジュンのT、G成功で36-34まで迫った。終了ロスタイムにソウルFB22チョン・ヨンフンがTしノーサイドへ。

■準々決勝(24日)
◆A白新高(ペクシン。春季3位)54-28培材高(ペジェ)
◆A富川北高(プチョンプック。春季2位)36-26仁川機械工業高(インチョンギコ。春季3位)

◆B釜山体育高(春季8強)36-32ミョンソク高(春季8強)
◆Bソウル大附属高(春季1位)36-26養正高(ヤンジョン。春季8強)

■1回戦(22日)
◆A1白新高(ペクシン。春季3位)41-7城南西高(ソンナムソ)
◆A2富川北高(プチョンプック。春季2位)48-20慶山高(キョンサン。春季8強)
◆A3忠北高(チュンブック)17-35仁川機械工業高(インチョンギコ。春季3位)

◆B1ミョンソク高(春季8強)43-15全南高(チョンナム)
◆B2養正高(ヤンジョン。春季8強)46-0天安オソン高

<中学>参加10校
■決勝(4月28日)
◆ソウル大附属中(春季1位)64(17-15)15養正中(ヤンジョン。春季3位)
*ソウル10T7G、養正3T
*前半は養正が22分までにCTB9金ソンギュのハットトリックTで12-15とリードするも25分、ソウルはWTB10チョン・ダフンのTで17-15と逆転し終えた。後半は3分、6分とCTBチョンの連続Tが生まれ31-15と差を広げる。その後も5T33点を加点し栄光をつかんだ。

■準決勝(26日)
◆A養正中(ヤンジョン。春季3位)43(26-7)26富坪中(プピョン)
*養正7T4G、富坪4T3G
*養正が前半CTB9金ソンギュの2T3Gなどでリードを奪い逃げ切った。

◆Bソウル大附属中(春季1位)50-31清州南中(チョンジュナム)
*ソウル8T5G、清州南5T3G
*清州南は後半12分にLO5チョン・ジョンオクの3本目のT、SO7金ミンのGで26-26と追いついた。ここからソウルは15分CTB金ギヒョン、19分SO7ミン・ギミン、22分LO4チェ・ジフンがTラインを越え43-26と差を広げ勝利した。清州南LO5チョンは5Tを記録した。

■準々決勝(23日)
◆A延壽中(ヨンス)15(10-12)24養正中(ヤンジョン。春季3位)
*延壽3T、養正4T2G
◆A富坪中(プピョン)19(12-7)19一山東中(イルサンドン)
*同点PG合戦3-1でプピョン勝利
*3T2Gずつ

◆Bソウル大附属中(春季1位)29(10-10)27培材中(ペジェ。春季1位)
*ソウル5T2G、培材5T1G
◆B慶山中(キョンサン)14(7-19)45清州南中(チョンジュナム)
*慶山2T2G、清州南7T5G

■1回戦(21日)
◆A1養正中(ヤンジョン)28-24済州NLCS
◆B1清州南中(チョンジュナム)31-24富川北中(プチョンプック。春季3位)

<<参考2014年/第34回忠武旗全国中高ラグビー大会>>
 韓国ラグビー、2014年春季の中高大会第二幕「第34回忠武旗全国中高ラグビー大会」が4月14日(月)から20日(日)の日程で、大田市(テジョンシ)東亜(トンア)マイスター高グランドで開催された。

 最終日4月20日(日)、決勝が行われ高校は養正高(ヤンジョン)、中学は清州南中(チョンジュナム)がそれぞれ後半逆転し今季、初優勝を飾りました。養正高は昨年の大統領旗大会、清州南中は12年春季リーグ戦以来の国内制覇です。
 
◎高校は12校が参加
 5日目、18日は高校準決勝2試合を行い忠北高(チュンブック)が春季4強の白新高(ペクシン)を40-33、養正高(ヤンジョン)42-22ミョンソク高とそれぞれ後半の逆転で決勝へ進出しました。
 
 3日目の16日、高校準々決勝(8強戦)が行われ、大会3連覇を目指す14年春季リーグ準優勝の富川北高(プチョンブック)は春季4強の白新高(ペクシン)に29-30の1点差で惜敗。今月28日(月)から福岡で開催のサニックスワールドラグビーユース大会参加に韓国王者として参加は夢となりました。同枠、もう一つは忠北高(チュンブック)が62-24で慶山高(キョンサン)に勝ちました。
 別枠の春季4強の城南西高(ソンナムソ)はミョンソク高に29-56と大敗、ミョンソクは春季リーグでの敗戦(17-20)のリベンジをすると共に2011年以来3年ぶりの優勝まであと2勝です。また春季リーグ8強勢の養正高(ヤンジョン)は53-15で仁川機械工業高(インチョンギゴ)を下し4強入り。
 18日の準決勝は白新高-忠北高、養正高-ミョンソク高。
 
 1日目の14日は高校1回戦4試合が行われ春季リーグ8強勢の養正高(ヤンジョン)が11Tで圧勝など忠北高(チュンブック)、白新高(ペクシン)などが順当勝ちでした。
  
◎中学は8校参加。
  17日(4日目)は、準決勝2試合を行い春季4強の清州南中(チョンジュナム)、春季不参加で昨年3冠の城南西中(ソンナムソ)が決勝へ。
  15日(2日目)は、準々決勝4試合が行われ春季4強の清州南中(チョンジュナム)、城南西中(ソンナムソ)が順当に準決勝へ。
 昨年優勝で14年春季リーグ優勝のソウル大付属中や昨年準優勝の済州NLCS中(インターナショナルスクール)は不参加です。
「2014韓国日程と結果」をダウンロード
<<第34回忠武旗全国中高ラグビー大会>>
<高校>参加12校
■決勝(4月20日15:10)
◆養正高(ヤンジョン)/春季8強22(12-10)17忠北高(チュンブック)/春季8強
*養正3T2G1P、忠北2T2G1P

■準決勝(18日14:00)
◆養正高(ヤンジョン)/春季8強42(12-15)22ミョンソク高
*養正6T3G2P、ミョンソク3T2G1P

◆忠北高(チュンブック)/春季8強40(5-12)33白新高(ペクシン)/春季4強
*忠北6T5G、白新5T4G

■準々決勝(16日11:00-)
◆A1養正高(ヤンジョン)/春季8強53(17-5)15仁川機械工業高(インチョンギコ)
*養正8T5G1P、仁川3T
◆A2ミョンソク高56-29城南西高(ソンナムソ)/春季4強
*ミョンソクが春季リーグ戦予選グループで17-20と敗れた城南西にリベンジした。
◆B1白新高(ペクシン)/春季4強30(13-14)29富川北高(プチョンブック)/春季2位
*白新3T3G3P、富川4T3G1P
◆B2忠北高(チュンブック)/春季8強62(38-5)24慶山高(キョンサン)
*忠北9T7G1P、慶山4T2G

■1回戦(14日11:00-)
◆A3養正高(ヤンジョン)/春季8強67(21-5)12大邱商苑高(テグサンノン)
*全南6T2G、ミョンソク6T5G
◆B3白新高(ペクシン)/春季8強71(36-0)7培材高(ペジェ)
*白新10T9G1P、培材1T1G
◆B4忠北高(チュンブック)/春季8強56(34-5)5天安オソン高
*忠北10T3G、オソン1T

<中学>参加8校
■決勝(4月20日14:00)
◆清州南中(チョンジュナム)/春季4強31(7-21)21城南西中(ソンナムソ)
*清州南5T3G、城南西3T3G

■準決勝(17日14:00)
◆清州南中(チョンジュナム)/春季4強34(7-0)0武珍中(ムジン)
*清州南6T2G
◆城南西中(ソンナムソ)52(40-5)10一山東中(イルサンドン)
*城南西7T6G、一山2T

■準々決勝(15日12:00-)
◆A1清州南中(チョンジュナム)/春季4強72(41-7)7坪里中(ピョンリ)
*清州12T6G、坪里1T1G
◆A2武珍中(ムジン)56(37-0)0天安プソン中
*武珍10T3G
◆B1一山東中(イルサンドン)29(17-7)22裡里北中(イリブック)
*一山5T2G、イリ4T1G
◆B2城南西中(ソンナムソ)31(12-14)26慶山中(キョンサン)
*城南西5T3G、慶山4T3G

<<参考 2013年第33回大会>>
<高校>参加11校
■決勝(5月3日)
◆富川北高(プチョンブック)46(31-5)10ソウル大付属高
*富川8T3G、ソウル大2T
■準決勝(1日)
◆ソウル大付属高50(31-0)15全南高(チョンナム)
*ソウル大8T5G、全南2T1G1P*
◆富川北高(プチョンブック)73(31-7)14大邱商苑高(テグサンノン)
*富川11T9G、大邱2T2G
■準々決勝(4月29日)
◆A1ソウル大付属高26(12-0)14忠北高(チュンブック)
*ソウル大4T3G、忠北2T2G
◆A2全南高(チョンナム)45(19-10)17順天工業高(スンチョンコンオップ)
*全南7T5G、順天3T1G
◆B1大邱商苑高(テグサンノン)32(12-5)12培材高(ペジェ)
*大邱4T3G2P、培材2T1G
◆B2富川北高(プチョンブック)53(27-0)5オソン高
*富川7T6G2P、オソン1T
■1回戦(4月27日)
◆A3裡里工業高(イリコンオップ)7(7-19)63ソウル大付属高
*裡里1T1G、ソウル大11T4G
◆A4ミョンソク高19(7-28)42順天工業高
*ミョンソク3T2G、順天6T6G
◆富川北高45(28-10)22養正高(ヤンジョン)
*富川6T6G1P、養正4T1G

<中学>参加7校
■決勝(5月3日)
◆ソウル大付属中40(19-7)26済州NLCS
*ソウル大6T5G、NLCS4T3G

■準決勝(4月30日)
◆Aソウル大付属中50(24-0)0佳陽中(カヤン)
*ソウル大8T5G
◆B済州NLCS29(12-12)15清州南中(チョンジュナム)
*NLCS5T2G、清州南2T1G1P
■1回戦(4月28日)
◆A1佳陽中37(20-10)31武珍中(ムジン)
*佳陽7T1G、武珍5T3G
◆B1済州NLCS36(22-14)24培材中
*NLCS6T3G、培材」4T2G
◆B2清州南中57(38-0)5裡里北中(イリブック)
*清州南9T6G、裡里北1G

<<2012年32回大会>>
<高校>参加:10校
■決勝(4月22日、15:05-)
◆富川北高22-14養正高

■準決勝(20日)
◆富川北高29-17白新高(14:00-)
◆養正高35-14城南西高(15:15-)

★Aグループ
■1回戦(16日)
◆白新高30-21全南高
■2回戦(27日)
◆白新高78-18大田外国人学校(TCIS)
◆富川北高34-19忠北高

★Bグループ
■1回戦(16日)
◆城南西高26-15ミョンソク高
■2回戦(27日)
◆城南西高54-0裡里工業高
◆養正高45-19培材高

<中学>参加:11校
■決勝(22日、14:00-)
◆ソウル大付属中35-21城南西中
■準決勝(21日)
◆ソウル大付属中36-35富坪中
◆城南西中21-19ヨンス中

★Aグループ
■1回戦(17日)
◆武珍中40-15一山東中
◆佳陽中18-15NLCS
*NLCS=North London Collegiate School Jeju
■2回戦(19日)
◆富坪中31-24武珍中
◆ソウル大付属中71-3佳陽中

★Bグループ
■1回戦
◆城南西中40-24大安中
■2回戦
◆ヨンス中38-12坪里中
◆城南西中59-5培材中

<<2011年31回大会>>
<高校>参加10校
■決勝(4月30日、14:55-)
◆ミョンソク高41(19-3)3全南高
■準決勝(29日)
◆全南高26(12-12)24釜山体育高(14:00-)
◆ミョンソク高28(14-19)19ソウル大付属高(15:15-)

★Aグループ
■1回戦(25日、14:50-)
◆白新高22(10-0)7オソン高
■2回戦(27日)
◆①釜山体育高48(24-7)24白新高(12:30-)
◆②全南高24(19-12)12ソウル北工業高(13:45-)

★Bグループ
■1回戦(25日、16:05-)
◆ミョンソク高71(45-0)7裡里工高
■2回戦(27日)
◆③ミョンソク高41(22-20)32大邱商苑高(16:15--)
◆④ソウル大付属高29(5-12)22忠北高(15:00-)

<中学>参加10校
■決勝(4月30日、14:00-)
◆ソウル大付属中17(5-5)12清州南中
■準決勝(28日)
◆ソウル大付属中43(24-7)7培材中(14:00-)
◆清州南中24(10-0)0富坪中(14:55-)

★Aグループ
■1回戦(25日、13:00-)
◆坪里中26(12-0)0佳陽中
■2回戦(26日)
◆①培材中17(12-5)12坪里中(13:00-)
◆②ソウル大付属中45(33-0)7清州ナムソン中(13:55-)

★Bグループ
■1回戦(25日、13:55-)
◆富坪中33(19-0)7一山東中
■2回戦(26日)
◆③富坪中10(0-0)0城南西中(15:45-)
◆④清州南中44(29-0)7蘭谷中(14:50-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 26, 2015

韓国中高大会、ソウル大附属中高が今季2回目兄弟Vへ王手

 韓国ラグビー、2015年春季の中高大会第二幕「第35回忠武旗全国中高ラグビー大会」が4月21日(火)から28日(火)の日程で、仁川市南洞アジアードラグビー場補助競技場で開催されています。

 高校13、中学10チームが参加。春季リーグで2年連続兄弟優勝を果たしたソウル大附属高と中学を中心に展開か。高校にはGWにサニックスワールドユースに参加する白新高(ペクシン)も出場する。
 中学は2回戦(準々決勝)で春季リーグ決勝で33-33と同点両校優勝となったソウル大と培材中(ペジェ)がいきなり対戦する。

◎高校
26日は高校準決勝。春季リーグ戦連覇のソウル大附属高が釜山体育に43-34と辛勝も今季2冠へ王手。
サニックス大会参加の白新高は31-19で富川北高(プチョンプック。春季2位)を破り決勝へ。
24日は、高校2回戦(準々決勝)4試合を行い春季リーグ戦連覇のソウル大附属高が古豪/養正高(ヤンジョン。春季8強)を36-26で下し4強へ。また富川北高(プチョンプック。春季2位)は36-26仁川機械工業高(インチョンギコ。春季3位)、サニックス大会参加の白新高も54-28と培材高を破り準決勝へ。もう1校は春季8強同士の対戦を競り勝った釜山体育高。

22日は高校1回戦5試合。白新高(ペクシン。春季3位)41-7城南西高(ソンナムソ)、富川北高(プチョンプック。春季2位)48-20慶山高(キョンサン。春季8強)。仁川機械工業高(インチョンギコ。春季3位)35-17忠北高(チュンブック)などが順当勝ち。

◎中学
中学準決勝(25日)でも春季リーグ同点優勝のソウル大附属中が50-31で清州南中(チョンジュナム)を下し兄弟V達成へあと1勝と進んだ。春季3位の養正中(ヤンジョン)は43-26富坪中(プピョン)で決勝へ。
23日の3日目、中学2回戦(準々決勝)を行った。春季リーグ同点優勝のソウル大附属中対培材中(ペジェ)は後半18分までに17-27とリードされたソウル大がまずCT9金ギヒョンのT,WT8ソ・ウヒョンのGで24-27と迫る。24分にPR3ウォン・ジュンソクが逆転Tし29-27で逃げ切った。ほかに春季3位の養正中(ヤンジョン)と春季予選敗退・清州南中(チョンジュナム)、春季参加なしの富坪中(プピョン)が4強入りした。
21日の初日、中学1回戦2試合を行い春季3位の養正中(ヤンジョン)と春季予選敗退・清州南中(チョンジュナム)が2回戦(準々決勝)へ進んだ。

 
<<第35回忠武旗全国中高ラグビー大会>>
<高校>参加13校
■決勝(4月28日)
◆白新高(ペクシン。春季3位)-ソウル大附属高(春季1位)
■準決勝(26日)
◆A白新高(ペクシン。春季3位)31-19富川北高(プチョンプック。春季2位)
◆Bソウル大附属高(春季1位)43-34釜山体育高(春季8強)

■準々決勝(24日)
◆A白新高(ペクシン。春季3位)54-28培材高(ペジェ)
◆A富川北高(プチョンプック。春季2位)36-26仁川機械工業高(インチョンギコ。春季3位)

◆B釜山体育高(春季8強)36-32ミョンソク高(春季8強)
◆Bソウル大附属高(春季1位)36-26養正高(ヤンジョン。春季8強)

■1回戦(22日)
◆A1白新高(ペクシン。春季3位)41-7城南西高(ソンナムソ)
◆A2富川北高(プチョンプック。春季2位)48-20慶山高(キョンサン。春季8強)
◆A3忠北高(チュンブック)17-35仁川機械工業高(インチョンギコ。春季3位)

◆B1ミョンソク高(春季8強)43-15全南高(チョンナム)
◆B2養正高(ヤンジョン。春季8強)46-0天安オソン高

<中学>参加10校
■決勝(4月28日)
◆養正中(ヤンジョン。春季3位)-ソウル大附属中(春季1位)

■準決勝(26日)
◆A養正中(ヤンジョン。春季3位)43-26富坪中(プピョン)
◆Bソウル大附属中(春季1位)50-31清州南中(チョンジュナム)

■準々決勝(23日)
◆A延壽中(ヨンス)15(10-12)24養正中(ヤンジョン。春季3位)
*延壽3T、養正4T2G
◆A富坪中(プピョン)19(12-7)19一山東中(イルサンドン)
*同点PG合戦3-1でプピョン勝利
*3T2Gずつ

◆Bソウル大附属中(春季1位)29(10-10)27培材中(ペジェ。春季1位)
*ソウル5T2G、培材5T1G
◆B慶山中(キョンサン)14(7-19)45清州南中(チョンジュナム)
*慶山2T2G、清州南7T5G

■1回戦(21日)
◆A1養正中(ヤンジョン)28-24済州NLCS
◆B1清州南中(チョンジュナム)31-24富川北中(プチョンプック。春季3位)

<<参考2014年/第34回忠武旗全国中高ラグビー大会>>
 韓国ラグビー、2014年春季の中高大会第二幕「第34回忠武旗全国中高ラグビー大会」が4月14日(月)から20日(日)の日程で、大田市(テジョンシ)東亜(トンア)マイスター高グランドで開催された。

 最終日4月20日(日)、決勝が行われ高校は養正高(ヤンジョン)、中学は清州南中(チョンジュナム)がそれぞれ後半逆転し今季、初優勝を飾りました。養正高は昨年の大統領旗大会、清州南中は12年春季リーグ戦以来の国内制覇です。
 
◎高校は12校が参加
 5日目、18日は高校準決勝2試合を行い忠北高(チュンブック)が春季4強の白新高(ペクシン)を40-33、養正高(ヤンジョン)42-22ミョンソク高とそれぞれ後半の逆転で決勝へ進出しました。
 
 3日目の16日、高校準々決勝(8強戦)が行われ、大会3連覇を目指す14年春季リーグ準優勝の富川北高(プチョンブック)は春季4強の白新高(ペクシン)に29-30の1点差で惜敗。今月28日(月)から福岡で開催のサニックスワールドラグビーユース大会参加に韓国王者として参加は夢となりました。同枠、もう一つは忠北高(チュンブック)が62-24で慶山高(キョンサン)に勝ちました。
 別枠の春季4強の城南西高(ソンナムソ)はミョンソク高に29-56と大敗、ミョンソクは春季リーグでの敗戦(17-20)のリベンジをすると共に2011年以来3年ぶりの優勝まであと2勝です。また春季リーグ8強勢の養正高(ヤンジョン)は53-15で仁川機械工業高(インチョンギゴ)を下し4強入り。
 18日の準決勝は白新高-忠北高、養正高-ミョンソク高。
 
 1日目の14日は高校1回戦4試合が行われ春季リーグ8強勢の養正高(ヤンジョン)が11Tで圧勝など忠北高(チュンブック)、白新高(ペクシン)などが順当勝ちでした。
  
◎中学は8校参加。
  17日(4日目)は、準決勝2試合を行い春季4強の清州南中(チョンジュナム)、春季不参加で昨年3冠の城南西中(ソンナムソ)が決勝へ。
  15日(2日目)は、準々決勝4試合が行われ春季4強の清州南中(チョンジュナム)、城南西中(ソンナムソ)が順当に準決勝へ。
 昨年優勝で14年春季リーグ優勝のソウル大付属中や昨年準優勝の済州NLCS中(インターナショナルスクール)は不参加です。
「2014韓国日程と結果」をダウンロード
<<第34回忠武旗全国中高ラグビー大会>>
<高校>参加12校
■決勝(4月20日15:10)
◆養正高(ヤンジョン)/春季8強22(12-10)17忠北高(チュンブック)/春季8強
*養正3T2G1P、忠北2T2G1P

■準決勝(18日14:00)
◆養正高(ヤンジョン)/春季8強42(12-15)22ミョンソク高
*養正6T3G2P、ミョンソク3T2G1P

◆忠北高(チュンブック)/春季8強40(5-12)33白新高(ペクシン)/春季4強
*忠北6T5G、白新5T4G

■準々決勝(16日11:00-)
◆A1養正高(ヤンジョン)/春季8強53(17-5)15仁川機械工業高(インチョンギコ)
*養正8T5G1P、仁川3T
◆A2ミョンソク高56-29城南西高(ソンナムソ)/春季4強
*ミョンソクが春季リーグ戦予選グループで17-20と敗れた城南西にリベンジした。
◆B1白新高(ペクシン)/春季4強30(13-14)29富川北高(プチョンブック)/春季2位
*白新3T3G3P、富川4T3G1P
◆B2忠北高(チュンブック)/春季8強62(38-5)24慶山高(キョンサン)
*忠北9T7G1P、慶山4T2G

■1回戦(14日11:00-)
◆A3養正高(ヤンジョン)/春季8強67(21-5)12大邱商苑高(テグサンノン)
*全南6T2G、ミョンソク6T5G
◆B3白新高(ペクシン)/春季8強71(36-0)7培材高(ペジェ)
*白新10T9G1P、培材1T1G
◆B4忠北高(チュンブック)/春季8強56(34-5)5天安オソン高
*忠北10T3G、オソン1T

<中学>参加8校
■決勝(4月20日14:00)
◆清州南中(チョンジュナム)/春季4強31(7-21)21城南西中(ソンナムソ)
*清州南5T3G、城南西3T3G

■準決勝(17日14:00)
◆清州南中(チョンジュナム)/春季4強34(7-0)0武珍中(ムジン)
*清州南6T2G
◆城南西中(ソンナムソ)52(40-5)10一山東中(イルサンドン)
*城南西7T6G、一山2T

■準々決勝(15日12:00-)
◆A1清州南中(チョンジュナム)/春季4強72(41-7)7坪里中(ピョンリ)
*清州12T6G、坪里1T1G
◆A2武珍中(ムジン)56(37-0)0天安プソン中
*武珍10T3G
◆B1一山東中(イルサンドン)29(17-7)22裡里北中(イリブック)
*一山5T2G、イリ4T1G
◆B2城南西中(ソンナムソ)31(12-14)26慶山中(キョンサン)
*城南西5T3G、慶山4T3G

<<参考 2013年第33回大会>>
<高校>参加11校
■決勝(5月3日)
◆富川北高(プチョンブック)46(31-5)10ソウル大付属高
*富川8T3G、ソウル大2T
■準決勝(1日)
◆ソウル大付属高50(31-0)15全南高(チョンナム)
*ソウル大8T5G、全南2T1G1P*
◆富川北高(プチョンブック)73(31-7)14大邱商苑高(テグサンノン)
*富川11T9G、大邱2T2G
■準々決勝(4月29日)
◆A1ソウル大付属高26(12-0)14忠北高(チュンブック)
*ソウル大4T3G、忠北2T2G
◆A2全南高(チョンナム)45(19-10)17順天工業高(スンチョンコンオップ)
*全南7T5G、順天3T1G
◆B1大邱商苑高(テグサンノン)32(12-5)12培材高(ペジェ)
*大邱4T3G2P、培材2T1G
◆B2富川北高(プチョンブック)53(27-0)5オソン高
*富川7T6G2P、オソン1T
■1回戦(4月27日)
◆A3裡里工業高(イリコンオップ)7(7-19)63ソウル大付属高
*裡里1T1G、ソウル大11T4G
◆A4ミョンソク高19(7-28)42順天工業高
*ミョンソク3T2G、順天6T6G
◆富川北高45(28-10)22養正高(ヤンジョン)
*富川6T6G1P、養正4T1G

<中学>参加7校
■決勝(5月3日)
◆ソウル大付属中40(19-7)26済州NLCS
*ソウル大6T5G、NLCS4T3G

■準決勝(4月30日)
◆Aソウル大付属中50(24-0)0佳陽中(カヤン)
*ソウル大8T5G
◆B済州NLCS29(12-12)15清州南中(チョンジュナム)
*NLCS5T2G、清州南2T1G1P
■1回戦(4月28日)
◆A1佳陽中37(20-10)31武珍中(ムジン)
*佳陽7T1G、武珍5T3G
◆B1済州NLCS36(22-14)24培材中
*NLCS6T3G、培材」4T2G
◆B2清州南中57(38-0)5裡里北中(イリブック)
*清州南9T6G、裡里北1G

<<2012年32回大会>>
<高校>参加:10校
■決勝(4月22日、15:05-)
◆富川北高22-14養正高

■準決勝(20日)
◆富川北高29-17白新高(14:00-)
◆養正高35-14城南西高(15:15-)

★Aグループ
■1回戦(16日)
◆白新高30-21全南高
■2回戦(27日)
◆白新高78-18大田外国人学校(TCIS)
◆富川北高34-19忠北高

★Bグループ
■1回戦(16日)
◆城南西高26-15ミョンソク高
■2回戦(27日)
◆城南西高54-0裡里工業高
◆養正高45-19培材高

<中学>参加:11校
■決勝(22日、14:00-)
◆ソウル大付属中35-21城南西中
■準決勝(21日)
◆ソウル大付属中36-35富坪中
◆城南西中21-19ヨンス中

★Aグループ
■1回戦(17日)
◆武珍中40-15一山東中
◆佳陽中18-15NLCS
*NLCS=North London Collegiate School Jeju
■2回戦(19日)
◆富坪中31-24武珍中
◆ソウル大付属中71-3佳陽中

★Bグループ
■1回戦
◆城南西中40-24大安中
■2回戦
◆ヨンス中38-12坪里中
◆城南西中59-5培材中

<<2011年31回大会>>
<高校>参加10校
■決勝(4月30日、14:55-)
◆ミョンソク高41(19-3)3全南高
■準決勝(29日)
◆全南高26(12-12)24釜山体育高(14:00-)
◆ミョンソク高28(14-19)19ソウル大付属高(15:15-)

★Aグループ
■1回戦(25日、14:50-)
◆白新高22(10-0)7オソン高
■2回戦(27日)
◆①釜山体育高48(24-7)24白新高(12:30-)
◆②全南高24(19-12)12ソウル北工業高(13:45-)

★Bグループ
■1回戦(25日、16:05-)
◆ミョンソク高71(45-0)7裡里工高
■2回戦(27日)
◆③ミョンソク高41(22-20)32大邱商苑高(16:15--)
◆④ソウル大付属高29(5-12)22忠北高(15:00-)

<中学>参加10校
■決勝(4月30日、14:00-)
◆ソウル大付属中17(5-5)12清州南中
■準決勝(28日)
◆ソウル大付属中43(24-7)7培材中(14:00-)
◆清州南中24(10-0)0富坪中(14:55-)

★Aグループ
■1回戦(25日、13:00-)
◆坪里中26(12-0)0佳陽中
■2回戦(26日)
◆①培材中17(12-5)12坪里中(13:00-)
◆②ソウル大付属中45(33-0)7清州ナムソン中(13:55-)

★Bグループ
■1回戦(25日、13:55-)
◆富坪中33(19-0)7一山東中
■2回戦(26日)
◆③富坪中10(0-0)0城南西中(15:45-)
◆④清州南中44(29-0)7蘭谷中(14:50-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

韓国が33-26で香港下す。ラグビーACS第2週

 ラグビー「2015アジアチャンピオンシップ」が4月18日(土)、「日本対韓国」(12:00キックオフ、韓国・仁川市アジアードラグビー場)で開幕した。

 第2週の4月25日(土)、韓国は香港とアウェーで戦い33(前半25-7)26で勝ち1勝1敗とした。この試合、前半4分に日本戦でも活躍したFB張成民(チャン・ソンミン)の先制トライうぃあげると10分、23分にWTB14NTTコム諸葛彬(チェガル・ビン)が2トライするなど前半で25-7と大きくリード。後半、香港に課題のモールからトライされるなど7点差に追い上げられたが逃げ切った。
 
 第1週の4月18日、日韓戦。後半、日本が突き放し計9T56(前半22-20)30韓国3Tで1勝目。26点差は2008年の39-17(22点差)以来の僅差だ。韓国の30点以上は2005年に韓国で行った31(17-24)50以来。
15418k1
*写真撮影&ご提供/井田新輔様
 試合は日本のキックオフで開始し、すぐに攻め込み2分にFB五郎丸がPGを決め先制した。4分後、韓国はセンターライン付近でPGを得るとSO呉潤衡(オ・ユンヒョン)が決め3-3と追いつく。
 日本が有利な展開で進む韓国は早い飛び出しのディフェンスでしのぐ。11分にセンターラインで日本の反則で得たペナルティーをSH李ミョンジュンが自分で持ち込み内から入ってきたFB張成民(チャン・ソンミン)へパス。張がタックルを受けつつゴールした中央へ飛び込みトライ3-8と逆転した。Gも呉が決め3-10へ。
15418k4sh
*韓国アタックをリードしたSH李ミョンジュン(写真撮影&ご提供/井田新輔様)
 さらに4分後、韓国は自陣22Mに攻め込まれたが日本のパスを張がインターセプトし走り切った。G成功で3-17とリードを広げた。
15418k2so
*G成功で喜ぶSO呉(写真撮影&ご提供/井田新輔様)

 ここから日本にも気合が入りCTB13ヘスケスの独特のランやFW陣のセットプレーからの圧力で迫る。
15418j13df
*ヘスケスを必死で止める韓国DF(写真撮影&ご提供/井田新輔様)

 24分ラインアウト→モールで簡単にトライラインを越え10-17へ。32分には中央付近の左ラインアウトから右へ展開、ラックからSH日和佐が右へ飛ばしパスでWTB14松井(初キャップ)へ。松井がライン際を走りトライ15-17とする。しかし韓国も呉が1PG3点を加点15-20と逃げる。終了間際、韓国はゴール前の日本ラインアウト、モールの中で反則を犯し日本にペナルティトライが与えられ20-20同点に。Gも五郎丸が決めて22-20と逆転し前半を終えた。
 
 後半は日本が入りから攻める。6分ゴール前スクラムで展開するもミス。そのボールを韓国がキックし日本が拾いヘスケスへ。すると韓国DFを振り切りトライで点差を広げた。韓国も8分にPGで27-23と4点差へ詰める。
 13分、日本は左ラインアウトからモールで押し込み右へ。WTB11藤田がポスト右へトライ32-23。さらに22分、日本は左ラインアウトからヘスケスが突破、右へ。CTB12田村が右隅へトライ。37-23とする。ここで韓国も粘る。28分にゴール前ラインアウトをモールで押しラックでボールを出しFWがトライを狙う。日本の反則があるとSH李がすぐに左へ大きく展開しCTB12金南郁(キム・ナンウク)が日本DF山中と廣瀬を振り切り中央へ飛び込みトライ、G成功で37-30へ。しかしここから日本も最後の攻撃を見せ31分、35分、38分と韓国DFの甘くなったところを襲い3連続トライで終了した。
 
 出場する韓国メンバー23人が発表されている。
15418krug14
「15年韓国代表リスト418版」をダウンロード
 14年シーズンまでクボタに在籍したPR朴誠球(パク・ソング)が1番で先発するほか、PR3金光植(キム・グァンシク、ホンダ)、LO4に今季クボタ入り内定の金虎範(キム・ホボム)、LO5延権祐(ヨン・グォンウ、横河武蔵野)と日本チーム所属関係でFW4人が先発。
 またBKでは、WTB14でNTTコム諸葛彬(チェガル・ビン)が出場しTLで見せた快速を日本代表へ見せるか期待。
 リザーブには18PR申東源(シン・ドンウォン、14年まで近鉄)、20FLに今季、日野自動車入りする 李(イ)ヨンスンが入っている。
 

*練習中の韓国FW陣。横河の延(中央左)とホンダ金(中央右背中)が仕切る=大韓ラグビー協会FBより
Tkwkks

<<HSBC2015アジアチャンピオンズシップ>>
4月18日(土)~5月16日(土)
■韓国30(20-22)56日本(4月18日、韓国・仁川)
*韓国3T3G3P、日本9T4G1P

{韓国代表}
◎監督/鄭炯石(チョン・ヒョンソ)CHUNG HYUNGSUK 60/1/3生まれ。韓国電力監督
◎コーチ/徐天吾(ソ・チョンオ)SEO CHUNOH 67/8/3。韓国軍体育部隊(尚武)監督
「今日は、選手たちの結束が何よりよかった。 訓練期間も短く、体力も選手たちによって違うて強度高い訓練をするのが大変だった。しかし、選手らの意欲と攻撃、守備組織力を高めるのに尽力した結果、よい姿をみせてくれたようだ。 FB張は尚武の選手として訓練所(新入隊者の一般軍事訓練)から戻って来てから1ヵ月も経たない状態で体力と試合感覚の問題点が必ずあるにもかかわらず、期待以上の良い活躍を見せ、これから先の試合は、体力さえよく管理されれば、もっと良い力を見せてくれると思う。
SH李は体力と試合感覚などの問題点と体の調子が良くないことにもかかわらず、期待以上のいい活躍を見せてくれた。
今日の試合ではLO金虎範とFLチャン・ソクファンが良かった。
モールやスクラムなど日本戦で出た課題を香港戦までに修正していく」

◎コーチ/池英起(チ・ヨンギ)TI YOUNGHI1982/5/11。流通経済大コーチ
◎選手
1PROP/朴誠球(パク・ソング)PARK SUNGKU83/7/22生まれ。身長/体重=180/110。(KRU。14までクボタ)
2HO/金ジップKIMJEEP90/06/28 。177/104。韓国電力
3PROP/金光植(キム・グァンシク)KIM KWANGSIK 85/11/08。183/130(Honda)
4LO/金昊範(キム・ホボム)KIM HOBUM 90/12/10。197/108。(15クボタ)
5LO/延権祐(ヨン・グォンウ)YOUN KWON WOO 85/01/23。185/120。(横河)
6FL/金ヒョンスKIM HYUNSOO88/11/08。180/96。(韓国電力)
7FL/チャン・ソクファンJANG SEOKHWAN91/11/27。192/112。(尚武)
NO8/韓建圭(ハン・コンギュ)87/1/22HAN KUNKYU。186/114。(韓国電力)
9SH/李(イ)ミョンジュンLEE MYUNGJUN。90/11/21。176/72。(尚武)
前半最初からFBチャンの2トライで韓国のチームの雰囲気が上がっていい試合になったと思う。
初めて15人代表の試合したが、準備時間に比べいい試合になったと思う。
でも、後半はたくさんトライを取られたのはもったいないと思う。

10SO/呉潤衡(オ・ユンヒョン)OH YOUN HYUNG 84/10/29。178/81。(韓国電力)
長所-まずディフェンスが良かったし攻撃する時ターンオーバーにあわなくて
続けて攻撃ができて得点もたくさん取れて良かった。
短所-日本のモールを阻むことができずに3トライを与えたのが短所。
競技前のゲームプランは「日本に 100点与えてもいいから韓国も 20点以上得点しよう。守備に重点を置いた」
FB張成民の初盤2トライで良い雰囲気を持つきっかけになった。自信をもったプレーがが良かった。
SH李ミョンジュンは、初めての代表の競技なのに緊張しないで自分にすべての力を見せてくれた。
フォワードもリーダーも良かったしバックスの連携も良かった。
日本のCTBヘスケスに走られたが、 力もありバランスも良くて捕まえにくかった。
初めて対戦した選手なので韓国選手が特徴が分からなくてたくさん逃した。
日本のスクラムは組織力が良くて外国人選手のインパクトが良い。
モールは、練習を積んでおり堅固。組んで見ると韓国選手が阻むことができなかった。
香港前備えはまずモールで日本に3トライを奪われたから
香港もモールで攻撃をすることと予想される。モールの守備に重点を置かなければならない。

11WTB/金洸民(キム・グァンミン)KIM GWONGMIN 88/04/02。177/81。(韓国電力)
12CTB/金南郁(キム・ナンウク)KIM NAMWOOK90/02/05。179/93。(韓国電力)
13CTB/金成洙(キム・ソンス)KIM SUNGSOO 83/7/27。181/89。(韓国電力)
14WTB/諸葛彬(チェガル・ビン)JEGAL BIN 90/2/24。181/94。(NTTコム)
「(30点取れたのは)最初、FB張の2トライとSO呉先輩のキックで
ディフェンスとアタックの目標が前よりよくなったからこの結果になったと思います
僕のプレーは判断のミスでdefenceがよくなかったと思います
日本のチームはいつも通り強かったですけどパスミスとか
ラインアウトのミスがあり韓国のチャンスになった。
日本CTBヘスケスはやっぱり考えた通り強かったし倒れなかったです
昨日の試合は本当に自信がなりました。
負けたけどいい試合になって良かったです」

15FB 張成民(チャン・ソンミン)JANG SEONGMIN 92/08/22。186/95。(尚武)
16HO 羅官榮(ナ・グァンヨン)NA KWANYOUNG92/7/14。178/115。(尚武)
17PR ソン・ヨンギSON YOUNGKI 90/10/11。」180/110。(ポスコ建設)
18PR 申東源(シン・ドンウォン)SHIN DONWON86/12/12。180/105。(14まで近鉄)
19FL/NO8 黄仁朝(ファン・インジョ)HWAN INJO87/6/12。182/103。(韓国電力)
20 FL/NO8 李勇昇(イ・ヨンスン)LEE YONGSEUNG90/12/25。183/98。(15日野自)
21SH シン・ギチョル91/01/29 SHIN KICHEOL。171/86。(KRU)
22SO 李(イ)ウッツムLEE EUTTEUM90/3/2。182/82。(ポスコ)
23WTB朴(パク)ハンギョルPARK HANGYUL91/12/2。183/87。(KRU)
◎メンバー外
HO金ミンギュKIM MINKYU 91/3/19。180/105。(尚武)
FL/NO8朴淳彩(パク・スンチェ)PARK SOONCHAI 85/08/20。187/115。(NTTドコモ)
FL/NO8金晶珉(キム・ジョンミン)KIM JEONGMIN 83/03/15。180/93。(韓国電力)
FL/NO8ユン・イルファンYUN ILHAN 91/10/15。177/96。檀国大4年
LOソン・ミンスSON MINSU 93/6/13。187/93。慶煕大4年
SH朴玩龍(パク・ワンヨン)PARK WANYUNG170/73。84/6/2。170/73。(韓国電力)
WTBチャン・ヨンフンCHANG YONGHEUNG93/11/22。175/75。延世大3年
FB南(ナム)ヨンスNAM YOUNGSOO91/10/21。185/90。(尚武)

■韓国33(25-7)26香港(4月25日、香港)
*韓国FB張1T、WTB14諸葛2T、WTB11ャン・ヨンフン1T
(香港遠征選手)
PR/朴誠球(パク・ソング)PARK SUNGKU83/7/22生まれ。身長/体重=180/110。(KRU。14までクボタ)
PR/金光植(キム・グァンシク)KIM KWANGSIK 85/11/08。183/130(Honda)
PR/申東源(シン・ドンウォン)SHIN DONWON86/12/12。180/105。(14まで近鉄)
PR/ソン・ヨンギSON YOUNGKI 90/10/11。180/110。(ポスコ建設)
HO/金ジップKIMJEEP90/06/28 。177/104。韓国電力
HO/羅官榮(ナ・グァンヨン)NA KWANYOUNG92/7/14。178/115。(尚武)
HO・PR/金ミンギュKIM MINKYU 91/3/19。180/105。(尚武)
LO/延権祐(ヨン・グォンウ)YOUN KWON WOO 85/01/23。185/120。(横河)
FL/チャン・ソクファンJANG SEOKHWAN91/11/27。192/112。(尚武)
FL/NO8朴淳彩(パク・スンチェ)PARK SOONCHAI 85/08/20。187/115。(NTTドコモ)
FL/NO8金晶珉(キム・ジョンミン)KIM JEONGMIN 83/03/15。180/93。(韓国電力)
FL/金ヒョンスKIM HYUNSOO88/11/08。180/96。(韓国電力)
FL/NO8 黄仁朝(ファン・インジョ)HWAN INJO87/6/12。182/103。(韓国電力)
SH/李(イ)ミョンジュンLEE MYUNGJUN。90/11/21。176/72。(尚武)
SH/シン・ギチョル91/01/29 SHIN KICHEOL。171/86。(KRU)
SO/呉潤衡(オ・ユンヒョン)OH YOUN HYUNG 84/10/29。178/81。(韓国電力)
WTB/金洸民(キム・グァンミン)KIM GWONGMIN 88/04/02。177/81。(韓国電力)
CTB/金南郁(キム・ナンウク)KIM NAMWOOK90/02/05。179/93。(韓国電力)
CTB/金成洙(キム・ソンス)KIM SUNGSOO 83/7/27。181/89。(韓国電力)
WTB/諸葛彬(チェガル・ビン)JEGAL BIN 90/2/24。181/94。(NTTコム)
WTB朴(パク)ハンギョルPARK HANGYUL91/12/2。183/87。(KRU)
WTBチャン・ヨンフンCHANG YONGHEUNG93/11/22。175/75。延世大3年
FB南(ナム)ヨンスNAM YOUNGSOO91/10/21。185/90。(尚武)
FB張成民(チャン・ソンミン)JANG SEONGMIN 92/08/22。186/95。(尚武)

■韓国-日本(5月9日、日本・福岡) 
■韓国-香港(5月16日、韓国・仁川)
■日本-香港(5月2日、東京・秩父宮)
■日本-香港(5月23日、香港

<<参考・日韓戦記録>>
2015/4:日本56(22-20)30韓国3T(韓国・仁川市)
2014:日本62(34-0)5韓国1T(韓国・仁川市)
2013:日本64(40-0)5韓国1T(東京・秩父宮)
2012:日本52(14-0)8韓国1T(韓国・城南西市)
2011:韓国がアジア5カ国下位リーグのため対戦無し
2010:日本71(19-3)13韓国1T(韓国・慶山市)
2009:日本80(33-3)9韓国0T(大阪・花園)
2008:日本39(29-0)17韓国2T(韓国・仁川市)
2007:日本82(49-0)0韓国0T(東京・秩父宮)
2006/11:日本54(28-0)0韓国0T(香港)
2006/春:日本50(33-0)14韓国2T(東京・秩父宮)
2005:日本50(24-17)31韓国4T(韓国・寧越郡)
2004:日本19(12-5)19韓国3T(東京・秩父宮)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 24, 2015

韓国中高大会、ソウル大附属高など4強へ

 韓国ラグビー、2015年春季の中高大会第二幕「第35回忠武旗全国中高ラグビー大会」が4月21日(火)から28日(火)の日程で、仁川市南洞アジアードラグビー場補助競技場で開催されています。

 高校13、中学10チームが参加。春季リーグで2年連続兄弟優勝を果たしたソウル大附属高と中学を中心に展開か。高校にはGWにサニックスワールドユースに参加する白新高(ペクシン)も出場する。
 中学は2回戦(準々決勝)で春季リーグ決勝で33-33と同点両校優勝となったソウル大と培材中(ペジェ)がいきなり対戦する。

◎高校
24日は、高校2回戦(準々決勝)4試合を行い春季リーグ戦連覇のソウル大附属高が古豪/養正高(ヤンジョン。春季8強)を36-26で下し4強へ。また富川北高(プチョンプック。春季2位)は36-26仁川機械工業高(インチョンギコ。春季3位)、サニックス大会参加の白新高も54-28と培材高を破り準決勝へ。もう1校は春季8強同士の対戦を競り勝った釜山体育高。

22日は高校1回戦5試合。白新高(ペクシン。春季3位)41-7城南西高(ソンナムソ)、富川北高(プチョンプック。春季2位)48-20慶山高(キョンサン。春季8強)。仁川機械工業高(インチョンギコ。春季3位)35-17忠北高(チュンブック)などが順当勝ち。

◎中学
23日の3日目、中学2回戦(準々決勝)を行った。春季リーグ同点優勝のソウル大附属中対培材中(ペジェ)は後半18分までに17-27とリードされたソウル大がまずCT9金ギヒョンのT,WT8ソ・ウヒョンのGで24-27と迫る。24分にPR3ウォン・ジュンソクが逆転Tし29-27で逃げ切った。ほかに春季3位の養正中(ヤンジョン)と春季予選敗退・清州南中(チョンジュナム)、春季参加なしの富坪中(プピョン)が4強入りした。
21日の初日、中学1回戦2試合を行い春季3位の養正中(ヤンジョン)と春季予選敗退・清州南中(チョンジュナム)が2回戦(準々決勝)へ進んだ。

 
<<第35回忠武旗全国中高ラグビー大会>>
<高校>参加13校
■決勝(4月28日)

■準決勝(26日)
◆A富川北高(プチョンプック。春季2位)-白新高(ペクシン。春季3位)
◆Bソウル大附属高(春季1位)-釜山体育高(春季8強)

■準々決勝(24日)
◆A白新高(ペクシン。春季3位)54-28培材高(ペジェ)
◆A富川北高(プチョンプック。春季2位)36-26仁川機械工業高(インチョンギコ。春季3位)

◆B釜山体育高(春季8強)36-32ミョンソク高(春季8強)
◆Bソウル大附属高(春季1位)36-26養正高(ヤンジョン。春季8強)

■1回戦(22日)
◆A1白新高(ペクシン。春季3位)41-7城南西高(ソンナムソ)
◆A2富川北高(プチョンプック。春季2位)48-20慶山高(キョンサン。春季8強)
◆A3忠北高(チュンブック)17-35仁川機械工業高(インチョンギコ。春季3位)

◆B1ミョンソク高(春季8強)43-15全南高(チョンナム)
◆B2養正高(ヤンジョン。春季8強)46-0天安オソン高

<中学>参加10校
■決勝(4月28日)

■準決勝(26日)
◆A養正中(ヤンジョン。春季3位)-富坪中(プピョン)
◆Bソウル大附属中(春季1位)-清州南中(チョンジュナム)

■準々決勝(23日)
◆A延壽中(ヨンス)15(10-12)24養正中(ヤンジョン。春季3位)
*延壽3T、養正4T2G
◆A富坪中(プピョン)19(12-7)19一山東中(イルサンドン)
*同点PG合戦3-1でプピョン勝利
*3T2Gずつ

◆Bソウル大附属中(春季1位)29(10-10)27培材中(ペジェ。春季1位)
*ソウル5T2G、培材5T1G
◆B慶山中(キョンサン)14(7-19)45清州南中(チョンジュナム)
*慶山2T2G、清州南7T5G

■1回戦(21日)
◆A1養正中(ヤンジョン)28-24済州NLCS
◆B1清州南中(チョンジュナム)31-24富川北中(プチョンプック。春季3位)

<<参考2014年/第34回忠武旗全国中高ラグビー大会>>
 韓国ラグビー、2014年春季の中高大会第二幕「第34回忠武旗全国中高ラグビー大会」が4月14日(月)から20日(日)の日程で、大田市(テジョンシ)東亜(トンア)マイスター高グランドで開催された。

 最終日4月20日(日)、決勝が行われ高校は養正高(ヤンジョン)、中学は清州南中(チョンジュナム)がそれぞれ後半逆転し今季、初優勝を飾りました。養正高は昨年の大統領旗大会、清州南中は12年春季リーグ戦以来の国内制覇です。
 
◎高校は12校が参加
 5日目、18日は高校準決勝2試合を行い忠北高(チュンブック)が春季4強の白新高(ペクシン)を40-33、養正高(ヤンジョン)42-22ミョンソク高とそれぞれ後半の逆転で決勝へ進出しました。
 
 3日目の16日、高校準々決勝(8強戦)が行われ、大会3連覇を目指す14年春季リーグ準優勝の富川北高(プチョンブック)は春季4強の白新高(ペクシン)に29-30の1点差で惜敗。今月28日(月)から福岡で開催のサニックスワールドラグビーユース大会参加に韓国王者として参加は夢となりました。同枠、もう一つは忠北高(チュンブック)が62-24で慶山高(キョンサン)に勝ちました。
 別枠の春季4強の城南西高(ソンナムソ)はミョンソク高に29-56と大敗、ミョンソクは春季リーグでの敗戦(17-20)のリベンジをすると共に2011年以来3年ぶりの優勝まであと2勝です。また春季リーグ8強勢の養正高(ヤンジョン)は53-15で仁川機械工業高(インチョンギゴ)を下し4強入り。
 18日の準決勝は白新高-忠北高、養正高-ミョンソク高。
 
 1日目の14日は高校1回戦4試合が行われ春季リーグ8強勢の養正高(ヤンジョン)が11Tで圧勝など忠北高(チュンブック)、白新高(ペクシン)などが順当勝ちでした。
  
◎中学は8校参加。
  17日(4日目)は、準決勝2試合を行い春季4強の清州南中(チョンジュナム)、春季不参加で昨年3冠の城南西中(ソンナムソ)が決勝へ。
  15日(2日目)は、準々決勝4試合が行われ春季4強の清州南中(チョンジュナム)、城南西中(ソンナムソ)が順当に準決勝へ。
 昨年優勝で14年春季リーグ優勝のソウル大付属中や昨年準優勝の済州NLCS中(インターナショナルスクール)は不参加です。
「2014韓国日程と結果」をダウンロード
<<第34回忠武旗全国中高ラグビー大会>>
<高校>参加12校
■決勝(4月20日15:10)
◆養正高(ヤンジョン)/春季8強22(12-10)17忠北高(チュンブック)/春季8強
*養正3T2G1P、忠北2T2G1P

■準決勝(18日14:00)
◆養正高(ヤンジョン)/春季8強42(12-15)22ミョンソク高
*養正6T3G2P、ミョンソク3T2G1P

◆忠北高(チュンブック)/春季8強40(5-12)33白新高(ペクシン)/春季4強
*忠北6T5G、白新5T4G

■準々決勝(16日11:00-)
◆A1養正高(ヤンジョン)/春季8強53(17-5)15仁川機械工業高(インチョンギコ)
*養正8T5G1P、仁川3T
◆A2ミョンソク高56-29城南西高(ソンナムソ)/春季4強
*ミョンソクが春季リーグ戦予選グループで17-20と敗れた城南西にリベンジした。
◆B1白新高(ペクシン)/春季4強30(13-14)29富川北高(プチョンブック)/春季2位
*白新3T3G3P、富川4T3G1P
◆B2忠北高(チュンブック)/春季8強62(38-5)24慶山高(キョンサン)
*忠北9T7G1P、慶山4T2G

■1回戦(14日11:00-)
◆A3養正高(ヤンジョン)/春季8強67(21-5)12大邱商苑高(テグサンノン)
*全南6T2G、ミョンソク6T5G
◆B3白新高(ペクシン)/春季8強71(36-0)7培材高(ペジェ)
*白新10T9G1P、培材1T1G
◆B4忠北高(チュンブック)/春季8強56(34-5)5天安オソン高
*忠北10T3G、オソン1T

<中学>参加8校
■決勝(4月20日14:00)
◆清州南中(チョンジュナム)/春季4強31(7-21)21城南西中(ソンナムソ)
*清州南5T3G、城南西3T3G

■準決勝(17日14:00)
◆清州南中(チョンジュナム)/春季4強34(7-0)0武珍中(ムジン)
*清州南6T2G
◆城南西中(ソンナムソ)52(40-5)10一山東中(イルサンドン)
*城南西7T6G、一山2T

■準々決勝(15日12:00-)
◆A1清州南中(チョンジュナム)/春季4強72(41-7)7坪里中(ピョンリ)
*清州12T6G、坪里1T1G
◆A2武珍中(ムジン)56(37-0)0天安プソン中
*武珍10T3G
◆B1一山東中(イルサンドン)29(17-7)22裡里北中(イリブック)
*一山5T2G、イリ4T1G
◆B2城南西中(ソンナムソ)31(12-14)26慶山中(キョンサン)
*城南西5T3G、慶山4T3G

<<参考 2013年第33回大会>>
<高校>参加11校
■決勝(5月3日)
◆富川北高(プチョンブック)46(31-5)10ソウル大付属高
*富川8T3G、ソウル大2T
■準決勝(1日)
◆ソウル大付属高50(31-0)15全南高(チョンナム)
*ソウル大8T5G、全南2T1G1P*
◆富川北高(プチョンブック)73(31-7)14大邱商苑高(テグサンノン)
*富川11T9G、大邱2T2G
■準々決勝(4月29日)
◆A1ソウル大付属高26(12-0)14忠北高(チュンブック)
*ソウル大4T3G、忠北2T2G
◆A2全南高(チョンナム)45(19-10)17順天工業高(スンチョンコンオップ)
*全南7T5G、順天3T1G
◆B1大邱商苑高(テグサンノン)32(12-5)12培材高(ペジェ)
*大邱4T3G2P、培材2T1G
◆B2富川北高(プチョンブック)53(27-0)5オソン高
*富川7T6G2P、オソン1T
■1回戦(4月27日)
◆A3裡里工業高(イリコンオップ)7(7-19)63ソウル大付属高
*裡里1T1G、ソウル大11T4G
◆A4ミョンソク高19(7-28)42順天工業高
*ミョンソク3T2G、順天6T6G
◆富川北高45(28-10)22養正高(ヤンジョン)
*富川6T6G1P、養正4T1G

<中学>参加7校
■決勝(5月3日)
◆ソウル大付属中40(19-7)26済州NLCS
*ソウル大6T5G、NLCS4T3G

■準決勝(4月30日)
◆Aソウル大付属中50(24-0)0佳陽中(カヤン)
*ソウル大8T5G
◆B済州NLCS29(12-12)15清州南中(チョンジュナム)
*NLCS5T2G、清州南2T1G1P
■1回戦(4月28日)
◆A1佳陽中37(20-10)31武珍中(ムジン)
*佳陽7T1G、武珍5T3G
◆B1済州NLCS36(22-14)24培材中
*NLCS6T3G、培材」4T2G
◆B2清州南中57(38-0)5裡里北中(イリブック)
*清州南9T6G、裡里北1G

<<2012年32回大会>>
<高校>参加:10校
■決勝(4月22日、15:05-)
◆富川北高22-14養正高

■準決勝(20日)
◆富川北高29-17白新高(14:00-)
◆養正高35-14城南西高(15:15-)

★Aグループ
■1回戦(16日)
◆白新高30-21全南高
■2回戦(27日)
◆白新高78-18大田外国人学校(TCIS)
◆富川北高34-19忠北高

★Bグループ
■1回戦(16日)
◆城南西高26-15ミョンソク高
■2回戦(27日)
◆城南西高54-0裡里工業高
◆養正高45-19培材高

<中学>参加:11校
■決勝(22日、14:00-)
◆ソウル大付属中35-21城南西中
■準決勝(21日)
◆ソウル大付属中36-35富坪中
◆城南西中21-19ヨンス中

★Aグループ
■1回戦(17日)
◆武珍中40-15一山東中
◆佳陽中18-15NLCS
*NLCS=North London Collegiate School Jeju
■2回戦(19日)
◆富坪中31-24武珍中
◆ソウル大付属中71-3佳陽中

★Bグループ
■1回戦
◆城南西中40-24大安中
■2回戦
◆ヨンス中38-12坪里中
◆城南西中59-5培材中

<<2011年31回大会>>
<高校>参加10校
■決勝(4月30日、14:55-)
◆ミョンソク高41(19-3)3全南高
■準決勝(29日)
◆全南高26(12-12)24釜山体育高(14:00-)
◆ミョンソク高28(14-19)19ソウル大付属高(15:15-)

★Aグループ
■1回戦(25日、14:50-)
◆白新高22(10-0)7オソン高
■2回戦(27日)
◆①釜山体育高48(24-7)24白新高(12:30-)
◆②全南高24(19-12)12ソウル北工業高(13:45-)

★Bグループ
■1回戦(25日、16:05-)
◆ミョンソク高71(45-0)7裡里工高
■2回戦(27日)
◆③ミョンソク高41(22-20)32大邱商苑高(16:15--)
◆④ソウル大付属高29(5-12)22忠北高(15:00-)

<中学>参加10校
■決勝(4月30日、14:00-)
◆ソウル大付属中17(5-5)12清州南中
■準決勝(28日)
◆ソウル大付属中43(24-7)7培材中(14:00-)
◆清州南中24(10-0)0富坪中(14:55-)

★Aグループ
■1回戦(25日、13:00-)
◆坪里中26(12-0)0佳陽中
■2回戦(26日)
◆①培材中17(12-5)12坪里中(13:00-)
◆②ソウル大付属中45(33-0)7清州ナムソン中(13:55-)

★Bグループ
■1回戦(25日、13:55-)
◆富坪中33(19-0)7一山東中
■2回戦(26日)
◆③富坪中10(0-0)0城南西中(15:45-)
◆④清州南中44(29-0)7蘭谷中(14:50-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2015

ラグビー韓国中高大会。中学2回戦はソウル大逆転勝ち、高校1回戦は強豪が順当勝ち

 韓国ラグビー、2015年春季の中高大会第二幕「第35回忠武旗全国中高ラグビー大会」が4月21日(火)から28日(火)の日程で、仁川市南洞アジアードラグビー場補助競技場で開催されています。

 高校13、中学10チームが参加。春季リーグで2年連続兄弟優勝を果たしたソウル大附属高と中学を中心に展開か。高校にはGWにサニックスワールドユースに参加する白新高(ペクシン)も出場する。
 中学は2回戦(準々決勝)で春季リーグ決勝で33-33と同点両校優勝となったソウル大と培材中(ペジェ)がいきなり対戦する。

◎高校
22日は高校1回戦5試合。白新高(ペクシン。春季3位)41-7城南西高(ソンナムソ)、富川北高(プチョンプック。春季2位)48-20慶山高(キョンサン。春季8強)。仁川機械工業高(インチョンギコ。春季3位)35-17忠北高(チュンブック)などが順当勝ち。

◎中学
23日の3日目、中学2回戦(準々決勝)を行った。春季リーグ同点優勝のソウル大附属中対培材中(ペジェ)は後半18分までに17-27とリードされたソウル大がまずCT9金ギヒョンのT,WT8ソ・ウヒョンのGで24-27と迫る。24分にPR3ウォン・ジュンソクが逆転Tし29-27で逃げ切った。ほかに春季3位の養正中(ヤンジョン)と春季予選敗退・清州南中(チョンジュナム)、春季参加なしの富坪中(プピョン)が4強入りした。
21日の初日、中学1回戦2試合を行い春季3位の養正中(ヤンジョン)と春季予選敗退・清州南中(チョンジュナム)が2回戦(準々決勝)へ進んだ。

 
<<第35回忠武旗全国中高ラグビー大会>>
<高校>参加13校
■決勝(4月28日)

■準決勝(26日)
◆A
◆B

■準々決勝(24日)
◆A培材高(ペジェ)-白新高(ペクシン。春季3位)
◆A富川北高(プチョンプック。春季2位)-仁川機械工業高(インチョンギコ。春季3位)

◆B釜山体育高(春季8強)-ミョンソク高(春季8強)
◆Bソウル大附属高(春季1位)-養正高(ヤンジョン。春季8強)

■1回戦(22日)
◆A1白新高(ペクシン。春季3位)41-7城南西高(ソンナムソ)
◆A2富川北高(プチョンプック。春季2位)48-20慶山高(キョンサン。春季8強)
◆A3忠北高(チュンブック)17-35仁川機械工業高(インチョンギコ。春季3位)

◆B1ミョンソク高(春季8強)43-15全南高(チョンナム)
◆B2養正高(ヤンジョン。春季8強)46-0天安オソン高

<中学>参加10校
■決勝(4月28日)

■準決勝(26日)
◆A養正中(ヤンジョン。春季3位)-富坪中(プピョン)
◆Bソウル大附属中(春季1位)-清州南中(チョンジュナム)

■準々決勝(23日)
◆A延壽中(ヨンス)15(10-12)24養正中(ヤンジョン。春季3位)
*延壽3T、養正4T2G
◆A富坪中(プピョン)19(12-7)19一山東中(イルサンドン)
*同点PG合戦3-1でプピョン勝利
*3T2Gずつ

◆Bソウル大附属中(春季1位)29(10-10)27培材中(ペジェ。春季1位)
*ソウル5T2G、培材5T1G
◆B慶山中(キョンサン)14(7-19)45清州南中(チョンジュナム)
*慶山2T2G、清州南7T5G

■1回戦(21日)
◆A1養正中(ヤンジョン)28-24済州NLCS
◆B1清州南中(チョンジュナム)31-24富川北中(プチョンプック。春季3位)

<<参考2014年/第34回忠武旗全国中高ラグビー大会>>
 韓国ラグビー、2014年春季の中高大会第二幕「第34回忠武旗全国中高ラグビー大会」が4月14日(月)から20日(日)の日程で、大田市(テジョンシ)東亜(トンア)マイスター高グランドで開催された。

 最終日4月20日(日)、決勝が行われ高校は養正高(ヤンジョン)、中学は清州南中(チョンジュナム)がそれぞれ後半逆転し今季、初優勝を飾りました。養正高は昨年の大統領旗大会、清州南中は12年春季リーグ戦以来の国内制覇です。
 
◎高校は12校が参加
 5日目、18日は高校準決勝2試合を行い忠北高(チュンブック)が春季4強の白新高(ペクシン)を40-33、養正高(ヤンジョン)42-22ミョンソク高とそれぞれ後半の逆転で決勝へ進出しました。
 
 3日目の16日、高校準々決勝(8強戦)が行われ、大会3連覇を目指す14年春季リーグ準優勝の富川北高(プチョンブック)は春季4強の白新高(ペクシン)に29-30の1点差で惜敗。今月28日(月)から福岡で開催のサニックスワールドラグビーユース大会参加に韓国王者として参加は夢となりました。同枠、もう一つは忠北高(チュンブック)が62-24で慶山高(キョンサン)に勝ちました。
 別枠の春季4強の城南西高(ソンナムソ)はミョンソク高に29-56と大敗、ミョンソクは春季リーグでの敗戦(17-20)のリベンジをすると共に2011年以来3年ぶりの優勝まであと2勝です。また春季リーグ8強勢の養正高(ヤンジョン)は53-15で仁川機械工業高(インチョンギゴ)を下し4強入り。
 18日の準決勝は白新高-忠北高、養正高-ミョンソク高。
 
 1日目の14日は高校1回戦4試合が行われ春季リーグ8強勢の養正高(ヤンジョン)が11Tで圧勝など忠北高(チュンブック)、白新高(ペクシン)などが順当勝ちでした。
  
◎中学は8校参加。
  17日(4日目)は、準決勝2試合を行い春季4強の清州南中(チョンジュナム)、春季不参加で昨年3冠の城南西中(ソンナムソ)が決勝へ。
  15日(2日目)は、準々決勝4試合が行われ春季4強の清州南中(チョンジュナム)、城南西中(ソンナムソ)が順当に準決勝へ。
 昨年優勝で14年春季リーグ優勝のソウル大付属中や昨年準優勝の済州NLCS中(インターナショナルスクール)は不参加です。
「2014韓国日程と結果」をダウンロード
<<第34回忠武旗全国中高ラグビー大会>>
<高校>参加12校
■決勝(4月20日15:10)
◆養正高(ヤンジョン)/春季8強22(12-10)17忠北高(チュンブック)/春季8強
*養正3T2G1P、忠北2T2G1P

■準決勝(18日14:00)
◆養正高(ヤンジョン)/春季8強42(12-15)22ミョンソク高
*養正6T3G2P、ミョンソク3T2G1P

◆忠北高(チュンブック)/春季8強40(5-12)33白新高(ペクシン)/春季4強
*忠北6T5G、白新5T4G

■準々決勝(16日11:00-)
◆A1養正高(ヤンジョン)/春季8強53(17-5)15仁川機械工業高(インチョンギコ)
*養正8T5G1P、仁川3T
◆A2ミョンソク高56-29城南西高(ソンナムソ)/春季4強
*ミョンソクが春季リーグ戦予選グループで17-20と敗れた城南西にリベンジした。
◆B1白新高(ペクシン)/春季4強30(13-14)29富川北高(プチョンブック)/春季2位
*白新3T3G3P、富川4T3G1P
◆B2忠北高(チュンブック)/春季8強62(38-5)24慶山高(キョンサン)
*忠北9T7G1P、慶山4T2G

■1回戦(14日11:00-)
◆A3養正高(ヤンジョン)/春季8強67(21-5)12大邱商苑高(テグサンノン)
*全南6T2G、ミョンソク6T5G
◆B3白新高(ペクシン)/春季8強71(36-0)7培材高(ペジェ)
*白新10T9G1P、培材1T1G
◆B4忠北高(チュンブック)/春季8強56(34-5)5天安オソン高
*忠北10T3G、オソン1T

<中学>参加8校
■決勝(4月20日14:00)
◆清州南中(チョンジュナム)/春季4強31(7-21)21城南西中(ソンナムソ)
*清州南5T3G、城南西3T3G

■準決勝(17日14:00)
◆清州南中(チョンジュナム)/春季4強34(7-0)0武珍中(ムジン)
*清州南6T2G
◆城南西中(ソンナムソ)52(40-5)10一山東中(イルサンドン)
*城南西7T6G、一山2T

■準々決勝(15日12:00-)
◆A1清州南中(チョンジュナム)/春季4強72(41-7)7坪里中(ピョンリ)
*清州12T6G、坪里1T1G
◆A2武珍中(ムジン)56(37-0)0天安プソン中
*武珍10T3G
◆B1一山東中(イルサンドン)29(17-7)22裡里北中(イリブック)
*一山5T2G、イリ4T1G
◆B2城南西中(ソンナムソ)31(12-14)26慶山中(キョンサン)
*城南西5T3G、慶山4T3G

<<参考 2013年第33回大会>>
<高校>参加11校
■決勝(5月3日)
◆富川北高(プチョンブック)46(31-5)10ソウル大付属高
*富川8T3G、ソウル大2T
■準決勝(1日)
◆ソウル大付属高50(31-0)15全南高(チョンナム)
*ソウル大8T5G、全南2T1G1P*
◆富川北高(プチョンブック)73(31-7)14大邱商苑高(テグサンノン)
*富川11T9G、大邱2T2G
■準々決勝(4月29日)
◆A1ソウル大付属高26(12-0)14忠北高(チュンブック)
*ソウル大4T3G、忠北2T2G
◆A2全南高(チョンナム)45(19-10)17順天工業高(スンチョンコンオップ)
*全南7T5G、順天3T1G
◆B1大邱商苑高(テグサンノン)32(12-5)12培材高(ペジェ)
*大邱4T3G2P、培材2T1G
◆B2富川北高(プチョンブック)53(27-0)5オソン高
*富川7T6G2P、オソン1T
■1回戦(4月27日)
◆A3裡里工業高(イリコンオップ)7(7-19)63ソウル大付属高
*裡里1T1G、ソウル大11T4G
◆A4ミョンソク高19(7-28)42順天工業高
*ミョンソク3T2G、順天6T6G
◆富川北高45(28-10)22養正高(ヤンジョン)
*富川6T6G1P、養正4T1G

<中学>参加7校
■決勝(5月3日)
◆ソウル大付属中40(19-7)26済州NLCS
*ソウル大6T5G、NLCS4T3G

■準決勝(4月30日)
◆Aソウル大付属中50(24-0)0佳陽中(カヤン)
*ソウル大8T5G
◆B済州NLCS29(12-12)15清州南中(チョンジュナム)
*NLCS5T2G、清州南2T1G1P
■1回戦(4月28日)
◆A1佳陽中37(20-10)31武珍中(ムジン)
*佳陽7T1G、武珍5T3G
◆B1済州NLCS36(22-14)24培材中
*NLCS6T3G、培材」4T2G
◆B2清州南中57(38-0)5裡里北中(イリブック)
*清州南9T6G、裡里北1G

<<2012年32回大会>>
<高校>参加:10校
■決勝(4月22日、15:05-)
◆富川北高22-14養正高

■準決勝(20日)
◆富川北高29-17白新高(14:00-)
◆養正高35-14城南西高(15:15-)

★Aグループ
■1回戦(16日)
◆白新高30-21全南高
■2回戦(27日)
◆白新高78-18大田外国人学校(TCIS)
◆富川北高34-19忠北高

★Bグループ
■1回戦(16日)
◆城南西高26-15ミョンソク高
■2回戦(27日)
◆城南西高54-0裡里工業高
◆養正高45-19培材高

<中学>参加:11校
■決勝(22日、14:00-)
◆ソウル大付属中35-21城南西中
■準決勝(21日)
◆ソウル大付属中36-35富坪中
◆城南西中21-19ヨンス中

★Aグループ
■1回戦(17日)
◆武珍中40-15一山東中
◆佳陽中18-15NLCS
*NLCS=North London Collegiate School Jeju
■2回戦(19日)
◆富坪中31-24武珍中
◆ソウル大付属中71-3佳陽中

★Bグループ
■1回戦
◆城南西中40-24大安中
■2回戦
◆ヨンス中38-12坪里中
◆城南西中59-5培材中

<<2011年31回大会>>
<高校>参加10校
■決勝(4月30日、14:55-)
◆ミョンソク高41(19-3)3全南高
■準決勝(29日)
◆全南高26(12-12)24釜山体育高(14:00-)
◆ミョンソク高28(14-19)19ソウル大付属高(15:15-)

★Aグループ
■1回戦(25日、14:50-)
◆白新高22(10-0)7オソン高
■2回戦(27日)
◆①釜山体育高48(24-7)24白新高(12:30-)
◆②全南高24(19-12)12ソウル北工業高(13:45-)

★Bグループ
■1回戦(25日、16:05-)
◆ミョンソク高71(45-0)7裡里工高
■2回戦(27日)
◆③ミョンソク高41(22-20)32大邱商苑高(16:15--)
◆④ソウル大付属高29(5-12)22忠北高(15:00-)

<中学>参加10校
■決勝(4月30日、14:00-)
◆ソウル大付属中17(5-5)12清州南中
■準決勝(28日)
◆ソウル大付属中43(24-7)7培材中(14:00-)
◆清州南中24(10-0)0富坪中(14:55-)

★Aグループ
■1回戦(25日、13:00-)
◆坪里中26(12-0)0佳陽中
■2回戦(26日)
◆①培材中17(12-5)12坪里中(13:00-)
◆②ソウル大付属中45(33-0)7清州ナムソン中(13:55-)

★Bグループ
■1回戦(25日、13:55-)
◆富坪中33(19-0)7一山東中
■2回戦(26日)
◆③富坪中10(0-0)0城南西中(15:45-)
◆④清州南中44(29-0)7蘭谷中(14:50-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 21, 2015

ラグビー韓国中高大会開催(4月21日から)

 韓国ラグビー、2015年春季の中高大会第二幕「第35回忠武旗全国中高ラグビー大会」が4月21日(火)から28日(火)の日程で、仁川市南洞アジアードラグビー場補助競技場で開催されています。

 高校13、中学10チームが参加。春季リーグで2年連続兄弟優勝を果たしたソウル大附属高と中学を中心に展開か。高校にはGWにサニックスワールドユースに参加する白新高(ペクシン)も出場する。
 中学は2回戦(準々決勝)で春季リーグ決勝で33-33と同点両校優勝となったソウル大と培材中(ペジェ)がいきなり対戦する。

◎高校

◎中学
21日の初日、中学1回戦2試合を行い春季3位の養正中(ヤンジョン)と春季予選敗退・清州南中(チョンジュナム)が2回戦(準々決勝)へ進んだ。

 
<<第35回忠武旗全国中高ラグビー大会>>
<高校>参加13校
■決勝(4月28日)

■準決勝(26日)
◆A
◆B

■準々決勝(24日)
◆A培材高(ペジェ)-1回戦A1勝者
◆A1回戦A2勝者-A3勝者

◆B釜山体育高(春季8強)-1回戦B1勝者
◆Bソウル大附属高(春季1位)-1回戦B2勝者

■1回戦(22日)
◆A1白新高(ペクシン。春季3位)-城南西高(ソンナムソ)
◆A2富川北高(プチョンプック。春季2位)-慶山高(キョンサン。春季8強)
◆A3忠北高(チュンブック)-仁川機械工業高(インチョンギコ。春季3位)

◆B1ミョンソク高(春季8強)-全南高(チョンナム)
◆B2養正高(ヤンジョン。春季8強)-天安オソン高

<中学>参加10校
■決勝(4月28日)

■準決勝(26日)
◆A
◆B

■準々決勝(23日)
◆A延壽中(ヨンス)-養正中(ヤンジョン。春季3位)
◆A富坪中(プピョン)-一山東中(イルサンドン)

◆Bソウル大附属中(春季1位)-培材中(ペジェ。春季1位)
◆B慶山中(キョンサン)-清州南中(チョンジュナム)

■1回戦(21日)
◆A1養正中(ヤンジョン)28-24済州NLCS
◆B1清州南中(チョンジュナム)31-24富川北中(プチョンプック。春季3位)

<<参考2014年/第34回忠武旗全国中高ラグビー大会>>
 韓国ラグビー、2014年春季の中高大会第二幕「第34回忠武旗全国中高ラグビー大会」が4月14日(月)から20日(日)の日程で、大田市(テジョンシ)東亜(トンア)マイスター高グランドで開催された。

 最終日4月20日(日)、決勝が行われ高校は養正高(ヤンジョン)、中学は清州南中(チョンジュナム)がそれぞれ後半逆転し今季、初優勝を飾りました。養正高は昨年の大統領旗大会、清州南中は12年春季リーグ戦以来の国内制覇です。
 
◎高校は12校が参加
 5日目、18日は高校準決勝2試合を行い忠北高(チュンブック)が春季4強の白新高(ペクシン)を40-33、養正高(ヤンジョン)42-22ミョンソク高とそれぞれ後半の逆転で決勝へ進出しました。
 
 3日目の16日、高校準々決勝(8強戦)が行われ、大会3連覇を目指す14年春季リーグ準優勝の富川北高(プチョンブック)は春季4強の白新高(ペクシン)に29-30の1点差で惜敗。今月28日(月)から福岡で開催のサニックスワールドラグビーユース大会参加に韓国王者として参加は夢となりました。同枠、もう一つは忠北高(チュンブック)が62-24で慶山高(キョンサン)に勝ちました。
 別枠の春季4強の城南西高(ソンナムソ)はミョンソク高に29-56と大敗、ミョンソクは春季リーグでの敗戦(17-20)のリベンジをすると共に2011年以来3年ぶりの優勝まであと2勝です。また春季リーグ8強勢の養正高(ヤンジョン)は53-15で仁川機械工業高(インチョンギゴ)を下し4強入り。
 18日の準決勝は白新高-忠北高、養正高-ミョンソク高。
 
 1日目の14日は高校1回戦4試合が行われ春季リーグ8強勢の養正高(ヤンジョン)が11Tで圧勝など忠北高(チュンブック)、白新高(ペクシン)などが順当勝ちでした。
  
◎中学は8校参加。
  17日(4日目)は、準決勝2試合を行い春季4強の清州南中(チョンジュナム)、春季不参加で昨年3冠の城南西中(ソンナムソ)が決勝へ。
  15日(2日目)は、準々決勝4試合が行われ春季4強の清州南中(チョンジュナム)、城南西中(ソンナムソ)が順当に準決勝へ。
 昨年優勝で14年春季リーグ優勝のソウル大付属中や昨年準優勝の済州NLCS中(インターナショナルスクール)は不参加です。
「2014韓国日程と結果」をダウンロード
<<第34回忠武旗全国中高ラグビー大会>>
<高校>参加12校
■決勝(4月20日15:10)
◆養正高(ヤンジョン)/春季8強22(12-10)17忠北高(チュンブック)/春季8強
*養正3T2G1P、忠北2T2G1P

■準決勝(18日14:00)
◆養正高(ヤンジョン)/春季8強42(12-15)22ミョンソク高
*養正6T3G2P、ミョンソク3T2G1P

◆忠北高(チュンブック)/春季8強40(5-12)33白新高(ペクシン)/春季4強
*忠北6T5G、白新5T4G

■準々決勝(16日11:00-)
◆A1養正高(ヤンジョン)/春季8強53(17-5)15仁川機械工業高(インチョンギコ)
*養正8T5G1P、仁川3T
◆A2ミョンソク高56-29城南西高(ソンナムソ)/春季4強
*ミョンソクが春季リーグ戦予選グループで17-20と敗れた城南西にリベンジした。
◆B1白新高(ペクシン)/春季4強30(13-14)29富川北高(プチョンブック)/春季2位
*白新3T3G3P、富川4T3G1P
◆B2忠北高(チュンブック)/春季8強62(38-5)24慶山高(キョンサン)
*忠北9T7G1P、慶山4T2G

■1回戦(14日11:00-)
◆A3養正高(ヤンジョン)/春季8強67(21-5)12大邱商苑高(テグサンノン)
*全南6T2G、ミョンソク6T5G
◆B3白新高(ペクシン)/春季8強71(36-0)7培材高(ペジェ)
*白新10T9G1P、培材1T1G
◆B4忠北高(チュンブック)/春季8強56(34-5)5天安オソン高
*忠北10T3G、オソン1T

<中学>参加8校
■決勝(4月20日14:00)
◆清州南中(チョンジュナム)/春季4強31(7-21)21城南西中(ソンナムソ)
*清州南5T3G、城南西3T3G

■準決勝(17日14:00)
◆清州南中(チョンジュナム)/春季4強34(7-0)0武珍中(ムジン)
*清州南6T2G
◆城南西中(ソンナムソ)52(40-5)10一山東中(イルサンドン)
*城南西7T6G、一山2T

■準々決勝(15日12:00-)
◆A1清州南中(チョンジュナム)/春季4強72(41-7)7坪里中(ピョンリ)
*清州12T6G、坪里1T1G
◆A2武珍中(ムジン)56(37-0)0天安プソン中
*武珍10T3G
◆B1一山東中(イルサンドン)29(17-7)22裡里北中(イリブック)
*一山5T2G、イリ4T1G
◆B2城南西中(ソンナムソ)31(12-14)26慶山中(キョンサン)
*城南西5T3G、慶山4T3G

<<参考 2013年第33回大会>>
<高校>参加11校
■決勝(5月3日)
◆富川北高(プチョンブック)46(31-5)10ソウル大付属高
*富川8T3G、ソウル大2T
■準決勝(1日)
◆ソウル大付属高50(31-0)15全南高(チョンナム)
*ソウル大8T5G、全南2T1G1P*
◆富川北高(プチョンブック)73(31-7)14大邱商苑高(テグサンノン)
*富川11T9G、大邱2T2G
■準々決勝(4月29日)
◆A1ソウル大付属高26(12-0)14忠北高(チュンブック)
*ソウル大4T3G、忠北2T2G
◆A2全南高(チョンナム)45(19-10)17順天工業高(スンチョンコンオップ)
*全南7T5G、順天3T1G
◆B1大邱商苑高(テグサンノン)32(12-5)12培材高(ペジェ)
*大邱4T3G2P、培材2T1G
◆B2富川北高(プチョンブック)53(27-0)5オソン高
*富川7T6G2P、オソン1T
■1回戦(4月27日)
◆A3裡里工業高(イリコンオップ)7(7-19)63ソウル大付属高
*裡里1T1G、ソウル大11T4G
◆A4ミョンソク高19(7-28)42順天工業高
*ミョンソク3T2G、順天6T6G
◆富川北高45(28-10)22養正高(ヤンジョン)
*富川6T6G1P、養正4T1G

<中学>参加7校
■決勝(5月3日)
◆ソウル大付属中40(19-7)26済州NLCS
*ソウル大6T5G、NLCS4T3G

■準決勝(4月30日)
◆Aソウル大付属中50(24-0)0佳陽中(カヤン)
*ソウル大8T5G
◆B済州NLCS29(12-12)15清州南中(チョンジュナム)
*NLCS5T2G、清州南2T1G1P
■1回戦(4月28日)
◆A1佳陽中37(20-10)31武珍中(ムジン)
*佳陽7T1G、武珍5T3G
◆B1済州NLCS36(22-14)24培材中
*NLCS6T3G、培材」4T2G
◆B2清州南中57(38-0)5裡里北中(イリブック)
*清州南9T6G、裡里北1G

<<2012年32回大会>>
<高校>参加:10校
■決勝(4月22日、15:05-)
◆富川北高22-14養正高

■準決勝(20日)
◆富川北高29-17白新高(14:00-)
◆養正高35-14城南西高(15:15-)

★Aグループ
■1回戦(16日)
◆白新高30-21全南高
■2回戦(27日)
◆白新高78-18大田外国人学校(TCIS)
◆富川北高34-19忠北高

★Bグループ
■1回戦(16日)
◆城南西高26-15ミョンソク高
■2回戦(27日)
◆城南西高54-0裡里工業高
◆養正高45-19培材高

<中学>参加:11校
■決勝(22日、14:00-)
◆ソウル大付属中35-21城南西中
■準決勝(21日)
◆ソウル大付属中36-35富坪中
◆城南西中21-19ヨンス中

★Aグループ
■1回戦(17日)
◆武珍中40-15一山東中
◆佳陽中18-15NLCS
*NLCS=North London Collegiate School Jeju
■2回戦(19日)
◆富坪中31-24武珍中
◆ソウル大付属中71-3佳陽中

★Bグループ
■1回戦
◆城南西中40-24大安中
■2回戦
◆ヨンス中38-12坪里中
◆城南西中59-5培材中

<<2011年31回大会>>
<高校>参加10校
■決勝(4月30日、14:55-)
◆ミョンソク高41(19-3)3全南高
■準決勝(29日)
◆全南高26(12-12)24釜山体育高(14:00-)
◆ミョンソク高28(14-19)19ソウル大付属高(15:15-)

★Aグループ
■1回戦(25日、14:50-)
◆白新高22(10-0)7オソン高
■2回戦(27日)
◆①釜山体育高48(24-7)24白新高(12:30-)
◆②全南高24(19-12)12ソウル北工業高(13:45-)

★Bグループ
■1回戦(25日、16:05-)
◆ミョンソク高71(45-0)7裡里工高
■2回戦(27日)
◆③ミョンソク高41(22-20)32大邱商苑高(16:15--)
◆④ソウル大付属高29(5-12)22忠北高(15:00-)

<中学>参加10校
■決勝(4月30日、14:00-)
◆ソウル大付属中17(5-5)12清州南中
■準決勝(28日)
◆ソウル大付属中43(24-7)7培材中(14:00-)
◆清州南中24(10-0)0富坪中(14:55-)

★Aグループ
■1回戦(25日、13:00-)
◆坪里中26(12-0)0佳陽中
■2回戦(26日)
◆①培材中17(12-5)12坪里中(13:00-)
◆②ソウル大付属中45(33-0)7清州ナムソン中(13:55-)

★Bグループ
■1回戦(25日、13:55-)
◆富坪中33(19-0)7一山東中
■2回戦(26日)
◆③富坪中10(0-0)0城南西中(15:45-)
◆④清州南中44(29-0)7蘭谷中(14:50-)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2015

2015日韓戦、日本が56-30で接戦に勝利

ラグビー「2015アジアチャンピオンシップ」が4月18日(土)、「日本対韓国」(12:00キックオフ、韓国・仁川市アジアードラグビー場)で開幕した。
 後半、日本が突き放し計9T56(前半22-20)30韓国3Tで1勝目。26点差は2008年の39-17(22点差)以来の僅差だ。韓国の30点以上は2005年に韓国で行った31(17-24)50以来。
15418k1
*写真撮影&ご提供/井田新輔様
 試合は日本のキックオフで開始し、すぐに攻め込み2分にFB五郎丸がPGを決め先制した。4分後、韓国はセンターライン付近でPGを得るとSO呉潤衡(オ・ユンヒョン)が決め3-3と追いつく。
 日本が有利な展開で進む韓国は早い飛び出しのディフェンスでしのぐ。11分にセンターラインで日本の反則で得たペナルティーをSH李ミョンジュンが自分で持ち込み内から入ってきたFB張成民(チャン・ソンミン)へパス。張がタックルを受けつつゴールした中央へ飛び込みトライ3-8と逆転した。Gも呉が決め3-10へ。
15418k4sh
*韓国アタックをリードしたSH李ミョンジュン(写真撮影&ご提供/井田新輔様)
 さらに4分後、韓国は自陣22Mに攻め込まれたが日本のパスを張がインターセプトし走り切った。G成功で3-17とリードを広げた。
15418k2so
*G成功で喜ぶSO呉(写真撮影&ご提供/井田新輔様)

 ここから日本にも気合が入りCTB13ヘスケスの独特のランやFW陣のセットプレーからの圧力で迫る。
15418j13df
*ヘスケスを必死で止める韓国DF(写真撮影&ご提供/井田新輔様)

 24分ラインアウト→モールで簡単にトライラインを越え10-17へ。32分には中央付近の左ラインアウトから右へ展開、ラックからSH日和佐が右へ飛ばしパスでWTB14松井(初キャップ)へ。松井がライン際を走りトライ15-17とする。しかし韓国も呉が1PG3点を加点15-20と逃げる。終了間際、韓国はゴール前の日本ラインアウト、モールの中で反則を犯し日本にペナルティトライが与えられ20-20同点に。Gも五郎丸が決めて22-20と逆転し前半を終えた。
 
 後半は日本が入りから攻める。6分ゴール前スクラムで展開するもミス。そのボールを韓国がキックし日本が拾いヘスケスへ。すると韓国DFを振り切りトライで点差を広げた。韓国も8分にPGで27-23と4点差へ詰める。
 13分、日本は左ラインアウトからモールで押し込み右へ。WTB11藤田がポスト右へトライ32-23。さらに22分、日本は左ラインアウトからヘスケスが突破、右へ。CTB12田村が右隅へトライ。37-23とする。ここで韓国も粘る。28分にゴール前ラインアウトをモールで押しラックでボールを出しFWがトライを狙う。日本の反則があるとSH李がすぐに左へ大きく展開しCTB12金南郁(キム・ナンウク)が日本DF山中と廣瀬を振り切り中央へ飛び込みトライ、G成功で37-30へ。しかしここから日本も最後の攻撃を見せ31分、35分、38分と韓国DFの甘くなったところを襲い3連続トライで終了した。
 
 出場する韓国メンバー23人が発表されている。
15418krug14
「15年韓国代表リスト418版」をダウンロード
 14年シーズンまでクボタに在籍したPR朴誠球(パク・ソング)が1番で先発するほか、PR3金光植(キム・グァンシク、ホンダ)、LO4に今季クボタ入り内定の金虎範(キム・ホボム)、LO5延権祐(ヨン・グォンウ、横河武蔵野)と日本チーム所属関係でFW4人が先発。
 またBKでは、WTB14でNTTコム諸葛彬(チェガル・ビン)が出場しTLで見せた快速を日本代表へ見せるか期待。
 リザーブには18PR申東源(シン・ドンウォン、14年まで近鉄)、20FLに今季、日野自動車入りする 李(イ)ヨンスンが入っている。
 

*練習中の韓国FW陣。横河の延(中央左)とホンダ金(中央右背中)が仕切る=大韓ラグビー協会FBより
Tkwkks

<<HSBC2015アジアチャンピオンズシップ>>
4月18日(土)~5月16日(土)
■韓国30(20-22)56日本(4月18日、韓国・仁川)
*韓国3T3G3P、日本9T4G1P

{韓国代表}
◎監督/鄭炯石(チョン・ヒョンソ)CHUNG HYUNGSUK 60/1/3生まれ。韓国電力監督
◎コーチ/徐天吾(ソ・チョンオ)SEO CHUNOH 67/8/3。韓国軍体育部隊(尚武)監督
「今日は、選手たちの結束が何よりよかった。 訓練期間も短く、体力も選手たちによって違うて強度高い訓練をするのが大変だった。しかし、選手らの意欲と攻撃、守備組織力を高めるのに尽力した結果、よい姿をみせてくれたようだ。 FB張は尚武の選手として訓練所(新入隊者の一般軍事訓練)から戻って来てから1ヵ月も経たない状態で体力と試合感覚の問題点が必ずあるにもかかわらず、期待以上の良い活躍を見せ、これから先の試合は、体力さえよく管理されれば、もっと良い力を見せてくれると思う。
SH李は体力と試合感覚などの問題点と体の調子が良くないことにもかかわらず、期待以上のいい活躍を見せてくれた。
今日の試合ではLO金虎範とFLチャン・ソクファンが良かった。
モールやスクラムなど日本戦で出た課題を香港戦までに修正していく」

◎コーチ/池英起(チ・ヨンギ)TI YOUNGHI1982/5/11。流通経済大コーチ
◎選手
1PROP/朴誠球(パク・ソング)PARK SUNGKU83/7/22生まれ。身長/体重=180/110。(KRU。14までクボタ)
2HO/金ジップKIMJEEP90/06/28 。177/104。韓国電力
3PROP/金光植(キム・グァンシク)KIM KWANGSIK 85/11/08。183/130(Honda)
4LO/金虎範(キム・ホボム)KIM HOBUM 90/12/10。197/108。(15クボタ)
5LO/延権祐(ヨン・グォンウ)YOUN KWON WOO 85/01/23。185/120。(横河)
6FL/金ヒョンスKIM HYUNSOO88/11/08。180/96。(韓国電力)
7FL/チャン・ソクファンJANG SEOKHWAN91/11/27。192/112。(尚武)
NO8/韓建圭(ハン・コンギュ)87/1/22HAN KUNKYU。186/114。(韓国電力)
9SH/李(イ)ミョンジュンLEE MYUNGJUN。90/11/21。176/72。(尚武)
前半最初からFBチャンの2トライで韓国のチームの雰囲気が上がっていい試合になったと思う。
初めて15人代表の試合したが、準備時間に比べいい試合になったと思う。
でも、後半はたくさんトライを取られたのはもったいないと思う。

10SO/呉潤衡(オ・ユンヒョン)OH YOUN HYUNG 84/10/29。178/81。(韓国電力)
長所-まずディフェンスが良かったし攻撃する時ターンオーバーにあわなくて
続けて攻撃ができて得点もたくさん取れて良かった。
短所-日本のモールを阻むことができずに3トライを与えたのが短所。
競技前のゲームプランは「日本に 100点与えてもいいから韓国も 20点以上得点しよう。守備に重点を置いた」
FB張成民の初盤2トライで良い雰囲気を持つきっかけになった。自信をもったプレーがが良かった。
SH李ミョンジュンは、初めての代表の競技なのに緊張しないで自分にすべての力を見せてくれた。
フォワードもリーダーも良かったしバックスの連携も良かった。
日本のCTBヘスケスに走られたが、 力もありバランスも良くて捕まえにくかった。
初めて対戦した選手なので韓国選手が特徴が分からなくてたくさん逃した。
日本のスクラムは組織力が良くて外国人選手のインパクトが良い。
モールは、練習を積んでおり堅固。組んで見ると韓国選手が阻むことができなかった。
香港前備えはまずモールで日本に3トライを奪われたから
香港もモールで攻撃をすることと予想される。モールの守備に重点を置かなければならない。

11WTB/金洸民(キム・グァンミン)KIM GWONGMIN 88/04/02。177/81。(韓国電力)
12CTB/金南郁(キム・ナンウク)KIM NAMWOOK90/02/05。179/93。(韓国電力)
13CTB/金成洙(キム・ソンス)KIM SUNGSOO 83/7/27。181/89。(韓国電力)
14WTB/諸葛彬(チェガル・ビン)JEGAL BIN 90/2/24。181/94。(NTTコム)
「(30点取れたのは)最初、FB張の2トライとSO呉先輩のキックで
ディフェンスとアタックの目標が前よりよくなったからこの結果になったと思います
僕のプレーは判断のミスでdefenceがよくなかったと思います
日本のチームはいつも通り強かったですけどパスミスとか
ラインアウトのミスがあり韓国のチャンスになった。
日本CTBヘスケスはやっぱり考えた通り強かったし倒れなかったです
昨日の試合は本当に自信がなりました。
負けたけどいい試合になって良かったです」

15FB 張成民(チャン・ソンミン)JANG SEONGMIN 92/08/22。186/95。(尚武)
16HO 羅官榮(ナ・グァンヨン)NA KWANYOUNG92/7/14。178/115。(尚武)
17PR ソン・ヨンギSON YOUNGKI 90/10/11。」180/110。(ポスコ建設)
18PR 申東源(シン・ドンウォン)SHIN DONWON86/12/12。180/105。(14まで近鉄)
19FL/NO8 黄仁朝(ファン・インジョ)HWAN INJO87/6/12。182/103。(韓国電力)
20 FL/NO8 李(イ)ヨンスンLEE YONGSEUNG90/12/25。183/98。(15日野自)
21SH シン・ギチョル91/01/29 SHIN KICHEOL。171/86。(KRU)
22SO 李(イ)ウッツムLEE EUTTEUM90/3/2。182/82。(ポスコ)
23朴(パク)ハンギョルPARK HANGYUL91/12/2。183/87。(KRU)
◎メンバー外
HO金ミンギュKIM MINKYU 91/3/19。180/105。(尚武)
FL/NO8朴淳彩(パク・スンチェ)PARK SOONCHAI 85/08/20。187/115。(NTTドコモ)
FL/NO8金晶珉(キム・ジョンミン)KIM JEONGMIN 83/03/15。180/93。(韓国電力)
FL/NO8ユン・イルファンYUN ILHAN 91/10/15。177/96。檀国大4年
LOソン・ミンスSON MINSU 93/6/13。187/93。慶煕大4年
SH朴玩龍(パク・ワンヨン)PARK WANYUNG170/73。84/6/2。170/73。(韓国電力)
WTBチャン・ヨンフンCHANG YONGHEUNG93/11/22。175/75。延世大3年
FB南(ナム)ヨンスNAM YOUNGSOO91/10/21。185/90。(尚武)

■韓国-香港(4月25日、香港)
■韓国-日本(5月9日、日本・福岡) 
■韓国-香港(5月16日、韓国・仁川)
■日本-香港(5月2日、東京・秩父宮)
■日本-香港(5月23日、香港

<<参考・日韓戦記録>>
2015/4:日本56(22-20)30韓国3T(韓国・仁川市)
2014:日本62(34-0)5韓国1T(韓国・仁川市)
2013:日本64(40-0)5韓国1T(東京・秩父宮)
2012:日本52(14-0)8韓国1T(韓国・城南西市)
2011:韓国がアジア5カ国下位リーグのため対戦無し
2010:日本71(19-3)13韓国1T(韓国・慶山市)
2009:日本80(33-3)9韓国0T(大阪・花園)
2008:日本39(29-0)17韓国2T(韓国・仁川市)
2007:日本82(49-0)0韓国0T(東京・秩父宮)
2006/11:日本54(28-0)0韓国0T(香港)
2006/春:日本50(33-0)14韓国2T(東京・秩父宮)
2005:日本50(24-17)31韓国4T(韓国・寧越郡)
2004:日本19(12-5)19韓国3T(東京・秩父宮)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2015

4月18日、日韓戦に前クボタPR朴ら先発

 ラグビー「2015アジアチャンピオンシップ」が4月18日(土)、「日本対韓国」(12:00キックオフ、韓国・仁川市アジアードラグビー場)で開幕する。

 出場する韓国メンバー23人が発表された。
15418krug14
「15年韓国代表リスト418版」をダウンロード
 14年シーズンまでクボタに在籍したPR朴誠球(パク・ソング)が1番で先発するほか、PR3金光植(キム・グァンシク、ホンダ)、LO4に今季クボタ入り内定の金虎範(キム・ホボム)、LO5延権祐(ヨン・グォンウ、横河武蔵野)と日本チーム所属関係でFW4人が先発。
 またBKでは、WTB14でNTTコム諸葛彬(チェガル・ビン)が出場しTLで見せた快速を日本代表へ見せるか期待。
 リザーブには18PR申東源(シン・ドンウォン、14年まで近鉄)、20FLに今季、日野自動車入りする 李(イ)ヨンスンが入っている。

*練習中の韓国FW陣。横河の延(中央左)とホンダ金(中央右背中)が仕切る=大韓ラグビー協会FBより
Tkwkks

<<HSBC2015アジアチャンピオンズシップ>>
4月18日(土)~5月16日(土)
■韓国-日本(4月18日、韓国・仁川)
*韓国、日本

{韓国代表}
◎監督/鄭炯石(チョン・ヒョンソ)CHUNG HYUNGSUK 60/1/3生まれ。韓国電力監督
◎コーチ/徐天吾(ソ・チョンオ)SEO CHUNOH 67/8/3。韓国軍体育部隊(尚武)監督
◎コーチ/池英起(チ・ヨンギ)TI YOUNGHI1982/5/11。流通経済大コーチ
◎選手
1PROP/朴誠球(パク・ソング)PARK SUNGKU83/7/22生まれ。身長/体重=180/110。(KRU。14までクボタ)
2HO/金ジップKIMJEEP90/06/28 。177/104。韓国電力
3PROP/金光植(キム・グァンシク)KIM KWANGSIK 85/11/08。183/130(Honda)
4LO/金虎範(キム・ホボム)KIM HOBUM 90/12/10。197/108。(15クボタ)
5LO/延権祐(ヨン・グォンウ)YOUN KWON WOO 85/01/23。185/120。(横河)
6FL/金ヒョンスKIM HYUNSOO88/11/08。180/96。(韓国電力)
7FL/チャン・ソクファンJANG SEOKHWAN91/11/27。192/112。(尚武)
NO8/韓建圭(ハン・コンギュ)87/1/22HAN KUNKYU。186/114。(韓国電力)
9SH/李(イ)ミョンジュンLEE MYUNGJUN。90/11/21。176/72。(尚武)
10SO/呉潤衡(オ・ユンヒョン)OH YOUN HYUNG 84/10/29。178/81。(韓国電力)
11WTB/金洸民(キム・グァンミン)KIM GWONGMIN 88/04/02。177/81。(韓国電力)
12CTB/金南郁(キム・ナンウク)KIM NAMWOOK90/02/05。179/93。(韓国電力)
13CTB/金成洙(キム・ソンス)KIM SUNGSOO 83/7/27。181/89。(韓国電力)
14WTB/諸葛彬(チェガル・ビン)JEGAL BIN 90/2/24。181/94。(NTTコム)
15FB 張成民(チャン・ソンミン)JANG SEONGMIN 92/08/22。186/95。(尚武)
16HO 羅官榮(ナ・グァンヨン)NA KWANYOUNG92/7/14。178/115。(尚武)
17PR ソン・ヨンギSON YOUNGKI 90/10/11。」180/110。(ポスコ建設)
18PR 申東源(シン・ドンウォン)SHIN DONWON86/12/12。180/105。(14まで近鉄)
19FL/NO8 黄仁朝(ファン・インジョ)HWAN INJO87/6/12。182/103。(韓国電力)
20 FL/NO8 李(イ)ヨンスンLEE YONGSEUNG90/12/25。183/98。(15日野自)
21SH シン・ギチョル91/01/29 SHIN KICHEOL。171/86。(KRU)
22SO 李(イ)ウッツムLEE EUTTEUM90/3/2。182/82。(ポスコ)
23朴(パク)ハンギョルPARK HANGYUL91/12/2。183/87。(KRU)
◎メンバー外
HO金ミンギュKIM MINKYU 91/3/19。180/105。(尚武)
FL/NO8朴淳彩(パク・スンチェ)PARK SOONCHAI 85/08/20。187/115。(NTTドコモ)
FL/NO8金晶珉(キム・ジョンミン)KIM JEONGMIN 83/03/15。180/93。(韓国電力)
FL/NO8ユン・イルファンYUN ILHAN 91/10/15。177/96。檀国大4年
LOソン・ミンスSON MINSU 93/6/13。187/93。慶煕大4年
SH朴玩龍(パク・ワンヨン)PARK WANYUNG170/73。84/6/2。170/73。(韓国電力)
WTBチャン・ヨンフンCHANG YONGHEUNG93/11/22。175/75。延世大3年
FB南(ナム)ヨンスNAM YOUNGSOO91/10/21。185/90。(尚武)

■韓国-香港(4月25日、香港)
■韓国-日本(5月9日、日本・福岡) 
■韓国-香港(5月16日、韓国・仁川)
■日本-香港(5月2日、東京・秩父宮)
■日本-香港(5月23日、香港

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 14, 2015

ラグビー韓国代表リスト4月14日版

 2015年韓国男子15人制代表メンバーが判明した。
 指揮官は14年アジア大会、15年とセブンズ代表を率いている鄭炯石(チョン・ヒョンソク、韓国電力監督)が担当する。
 コーチに流通経済大ラグビー部の池英起(チ・ヨンギ)氏が初めて就任した。
 4月18日に開幕するアジアチャンピオンズシップ(日本、韓国、香港がホーム&アウェーで対戦する)に臨む。
「2015代表リスト」をダウンロード

◎監督/鄭炯石(チョン・ヒョンソク、韓国電力監督、14アジア大会監督、15セブンズ監督)
◎コーチ/徐天吾(ソ・チョンオ、軍体育部隊監督/尚武、14アジア、15セブンズ)、池英起(チ・ヨンギ、流通経済大ラグビー部)
◎トレーナー/オ・ユンソク
【FW18人】
Korea15member
◎PR/申東ウォン(シン・ドンウォン、14年まで近鉄)、ソン・ヨンギ(ポスコ建設)、金光植(キム・グァンシク、ホンダ)、朴誠球(パク・ソング、14年までクボタ)
◎HO/金ジップ(韓国電力)、羅官榮(ナ・グァンヨン、尚武)、金ミンギュ(尚武)
◎LO/延権祐(ヨン・グォンウ、横河)、金虎範(キム・ホボム、15年トップリーグ/クボタ内定)、チャン・ソクファン(尚武)
◎LO/FL/NO8朴淳彩(パク・スンチェ、NTTドコモ)、韓建圭(ハン・ゴンギュ、韓国電力)、主将/金晶珉(キム・ジョンミン、韓国電力)、金ヒョンス(韓国電力)、ユン・イルファン(檀国大4年)、ソン・ミンス(慶煕大4年)、黄仁朝(ファン・インジョ、韓国電力)、李ヨンスン(日野自動車)、
【BK13人】
Korea15memberbk
◎SH/朴玩龍(パク・ワンヨン、韓国電力)、李ミョンジュン(尚武)、シン・ギチョル(KRU)
◎SO/呉潤衡(オ・ユンヒョン、韓国電力)、李ウッツム(ポスコ建設)
◎CTB/金南郁(キム・ナンウク、韓国電力)、諸葛彬(チェガル・ビン、NTTコミュニケーションズ)、金成洙(キム・ソンス、韓国電力)
◎WTB/金洸民(キム・グァンミン、韓国電力)、チャン・ヨンフン(延世大3年)、朴ハンギョル(KRU)
FB/張成民(チャン・ソンミン、尚武)、南ヨンス(尚武)

<<HSBC2015アジアチャンピオンズシップ>>
4月18日(土)~5月16日(土)
■韓国-日本(4月18日、韓国・仁川)
■韓国-香港(4月25日、香港)
■韓国-日本(5月9日、日本・福岡) 
■韓国-香港(5月16日、韓国・仁川)
■日本-香港(5月2日、東京・秩父宮)
■日本-香港(5月23日、香港

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 11, 2015

韓国大学リーグ3週目、高麗大3連勝

 2015年の韓国15人制ラグビー大会「大学~コリアンリーグ」が開幕(3月14日~5月9日)。

 4月11日(土)の第3週は高麗大が1部対決で慶煕大を34-26で破り3連勝。
 第2週も1部校の高麗大、延世大、慶煕大が2部校相手に勝ち連勝。
 第1週は1部校の高麗大、延世大、慶煕大が2部校相手に勝ちましたがそれぞれ失点は20、24、32とDFの甘さを見せました。選手や監督に緊張感がないのでしょうか?
 今季最初の伝統の一戦「高麗大-延世大」は5月9日に行われます。
 会場は慶山ソンファラグビー場の中高春季リーグ戦の中で開幕し各大学グラウンドで開催。

<<大学2015コリアンリーグ1次>>
■参加6校
高麗大、延世大、慶煕大、釜山大、圓光大(ウォンガン)、ソウル大

*試合開始時間は11:00-から2時間毎です。
■3月14日(土、慶山ソンファラグビー場)
◆慶煕大61-32釜山大
◆延世大52-24ソウル大
◆高麗大57-20圓光大

■3月28日(土、ソウル市高麗大グラウンド)
◆慶煕大66-38ソウル大
◆延世大73-21圓光大
◆高麗大54-12釜山大

■4月11日(土、ソウル市延世大グラウンド)
◆高麗大34-26慶煕大
◆ソウル大26-48圓光大
◆延世大-釜山大

■4月25日(土、未定)
◆高麗大-ソウル大
◆延世大-慶煕大
◆圓光大-釜山大

■5月9日(土、水原市慶煕大グラウンド)
◆ソウル大-釜山大
◆慶煕大-圓光大
◆高麗大-延世大

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 07, 2015

高校選抜大会、東海大仰星が優勝!

2015高校ラグビー春は「第16回全国高校選抜ラグビー大会」で楽しみましょう!!

3月30日(月)~4月7日(火)まで桜満開の熊谷ラグビー場で行われています。
Dscf6173
Dscf6134

大阪朝鮮高校は近畿大会4位でFグループで予選を戦います。

4月7日(火)最終日、決勝戦は大阪同士の対戦となり近畿大会1位の東海大仰星が21-0で大阪桐蔭(推薦)を下し優勝した。第7回大会に次いで2度目の頂点に立った。また2年前14回大会決勝で大阪桐蔭に敗れた(14-33)がリベンジを果たした。

4月6日は準決勝2試合。第1試合で好調な大阪桐蔭(推薦)が流通経済大柏(関東1位)を30-26で下し決勝へ。もう1試合、東海大仰星(近畿1)対常翔学園(近畿3)は東海大仰星が6Tを奪い36-7で快勝。
大阪勢の決勝戦が確定した。

4月4日は準々決勝4試合を行った。
第1試合で昨年4位の東海大仰星(近畿1位)が昨年2位・桐蔭学園(関東3)を6T32-10で下し4強入り。
第2試合は常翔学園(近畿3)が昨年3位・國學院栃木(関東2)を34-14で破った。
続く試合、大会連覇がかかる東福岡高(九州1)は大阪桐蔭(推薦)と対戦した。前半7-15で折り返した後半開始直後、東がTを奪い12-15と迫った。しかし3分に大阪桐蔭がTを返し12-22へ。その後は1Tずつ取り合い大阪が29-17で勝ち準決勝へ。これでベスト4のうち大阪勢が3つを占めた。
最後は関東1の流通経済大柏が春日丘(東海1)を後半12分から4連続Tで逆転し26-19で準決勝へ。

4月3日は予選最終日。Aは東海大仰星、B大阪桐蔭、C桐蔭学園、D春日丘、E國學院栃木、F流通経済大柏、G東福岡高、H常翔学園が3勝で1位通過しベスト8へ。
九州1、大阪3、愛知1、関東3と残った。
4日に準々決勝4試合を行う。

4月1日は予選3日目。
大阪朝鮮高はグループライバル流通経済大柏と対戦し0(0-14)59と敗れ1勝1敗に。グループ1位通過のベスト8入りはほぼ逃した。
前半は0-14とビハインドを負ったが、後半10分までに流経大柏が3連続トライを奪い敗れた。

31日はラグビー高校選抜大会取材。
大阪朝鮮高は徳島つるぎ高を50(19-0)0で下すも課題が残る。
Dscf6207

Dscf6214
Dscf6230
前半3分、ラインアウトからモールでトライを奪うとこの戦法に固執して加点できず。

呉英吉監督がボールを動かす機動力がある2年生に代えてから展開ラグビーへ。
Dscf6245
Dscf6263
後半は5トライ奪った。

ライバルの流通経済大柏は67-14黒沢尻北高。


<<「第16回全国高校選抜ラグビー大会」>>
<決勝トーナメント>
■決勝
◆東海大仰星(近畿1)21(14-0)0大阪桐蔭(推薦)
*仰星3T3G

■準決勝
◆東海大仰星(近畿1)36(12-7)7常翔学園(近畿3)
*仰星6T3G、常翔1T1G

◆大阪桐蔭(推薦)30(19-7)26流通経済大柏(関東1)
*大阪4T2G2P、柏4T3G

■準々決勝
◆東海大仰星32(15-10)10桐蔭学園
*仰星6T1G、桐蔭1T1G1P

◆常翔学園34(17-0)14j國學院栃木
*常翔6T2G、栃木2T2G

◆大阪桐蔭29(15-7)17東福岡
*大阪4T3G1D、東福岡3T1G

◆流通経済大柏26(0-7)19春日丘
*柏4T3G、春日3T2G

*予選は朝9:30-開始。2日目は4試合目14:30-まで。3,4日目は6試合目15:45-開始まであり。
<予選>
■A1,2日目(3月30日、31日、グラウンドA)
◆深谷14(7-7)14東筑(15:30-)
*深谷2T2G1分け、東筑2T2G1分け
◆東海大仰星77(43-5)10石巻工業
Dscf6154
Dscf6169
*東海大仰星13T6G1勝、石巻2T1敗

■A3日目(4月1日、B)
◆東海大仰星61(33-0)0東筑
*仰星9T8G2勝、東筑1分け1敗
◆深谷41(29-0)12石巻工業
*深谷7T3G1勝1分け、石巻2T1G2敗

■A4日目(3日、C)
◆東海大仰星61(33-0)7深谷
*仰星3勝、深谷1勝1分け1敗
◆東筑57(19-0)0石巻工業
*東筑9T6G1勝1分け1敗、石巻3敗

■B2日目(31日、グラウンドA)
◆石見智翠館19(12-0)12國學院久我山
*石見3T2G1勝、久我山2T1G1敗
◆大阪桐蔭24(14-7)12長崎北陽台
Dscf6316
*大阪桐蔭3T3G1P1勝、北陽台2T1G1敗

■B3日目(B)
◆石見智翠館36(5-10)22長崎北陽台
*石見6T3G2勝、北陽台4T1G2敗
◆國學院久我山26(12-12)51大阪桐蔭
*久我山4T3G2敗、大阪桐蔭7T5G2P2勝

■B4日目(C)
◆石見智翠館7-40大阪桐蔭
*石見1T1G2勝1敗、大阪桐蔭5T3G2P1D3勝
◆國學院久我山17(0-10)29長崎北陽台
*久我山3T1G3敗、北陽台1勝2敗

■C2(グラウンドA)
◆天理19(5-14)22桐蔭学園
*天理3T2G1敗、桐蔭3T2G1P
Dscf6334
Dscf6356
Dscf6357

◆新潟工業28(8-5)17長崎北
*新潟4T2G2P、長崎北3T1G1敗
Dscf6369

■C3
◆桐蔭学園64(24-7)14新潟工業(C)
*桐蔭10T7G2勝、新潟2T2G1勝1敗
◆天理71(26-14)14長崎北(B)
*天理11T8G1勝1敗、長崎北2T2G2敗

■C4
◆桐蔭学園31(12-14)14長崎北(A)
*桐蔭5T3G3勝、長崎北2T2G3敗
◆天理67(38-0)0新潟工業(C)
*天理11T6G2勝1敗、新潟1勝2敗

■D2(B)
◆春日丘43(19-7)14日川
*春日7T4G1勝、日川2T2G1敗
◆同志社7(0-17)31荒尾
*同志社1T1G1敗、荒尾5T3G1勝

■D3(C)
◆春日丘53(24-0)5荒尾
*春日9T4G2勝、荒尾1T1勝1敗
◆同志社7(0-21)47日川
*同志社1T1G2敗、日川7T6G1勝1敗

■D4(A)
◆日川43(19-7)7荒尾
*日川7T4G2勝1敗、荒尾1TG1勝1敗
◆同志社14(14-13)32春日丘
*同志社2T2G3敗、春日5T2G1P3勝

■E2(B)
◆國學院栃木19(14-7)19秋田中央
*栃木3T2G1分け、秋田3T2G1分け
◆尾道12(5-22)55佐賀工業
*尾道2T1G1敗、佐賀9T5G1勝

■E3(C)
◆國學院栃木22(12-11)18佐賀工業
*栃木4T1G1勝1分け、佐賀2T1G1P1勝1敗
◆尾道12(5-21)38秋田中央
*尾道2T1G2敗、秋田6T4G1勝1分け

■E4(A)
◆國學院栃木42(21-5)5尾道
*栃木6T6G2勝1分け、尾道1T3敗
◆佐賀工業19(7-7)7秋田
*佐賀3T2G2勝1敗、秋田1T1G1勝1分け1敗

■F2(C)
◆大阪朝鮮50(19-0)0つるぎ
*大阪朝高8T5G1勝、つるぎ1敗
PROP1安昌豪主将
Dscf6201
「前半にトライを取れたが修正出来なかった。明日の流通経済大柏が大事な試合。先輩達が出来なかった選抜大会優勝で先輩を越えたい」
呉英吉監督
Dscf6200
「きょうは前半どれだけ戦えるかメンバーを見た。後半にかえた1年生(新2年生)が良かった。明日(1日)はベストメンバーでのぞみます。選抜は花園への第1歩です」

◆流通経済大柏67(36-14)14黒沢尻北
Dscf6187
Dscf6195
*柏11T6G1勝、黒沢2T2G1敗

■F3(A)
◆大阪朝鮮0(0-14)59流通経済大柏
*大阪朝高1勝1敗、柏9T7G2勝
◆黒沢尻北39(10-7)7つるぎ
*黒沢7T2G1勝1敗、つるぎ1T1G2敗

■F4(B)
◆大阪朝鮮26(14-7)12黒沢尻北
*大阪朝高4T3G2勝1敗、黒沢2T1G1勝2敗
◆流通経済大柏87(47-0)7つるぎ
*柏13T10G3勝、つるぎ1T1G3敗

■G2(C)
◆東福岡66(26-10)24仙台育英
*福岡10T8G1勝、仙台4T2G1敗
Dscf6292
Dscf6297
◆松山星陵14(0-27)53静岡聖光学院
*松山2T2G1敗、静岡8T5G1D1勝

■G3(A)
◆東福岡81(48-0)0松山星陵
*東福岡12T9G1P2勝、松山2敗
◆仙台育英46(31-7)21静岡聖光学院
*仙台8T3G1勝1敗、静岡3T3G1勝1敗

■G4(B)
◆東福岡75(54-0)0静岡聖光学院
*東福岡11T10G3勝、静岡1勝2敗
◆仙台育英68(41-5)5松山星陵
*仙台12T4G2勝1敗、松山1T3敗

■H2
◆常翔学園50(28-8)29東海大相模(B)
*常翔8T5G1勝、相模4T3G1P1敗
Dscf6382
◆東海大第五33(14-12)12札幌山の手(C)
*第五5T4G1勝、札幌2T1G1敗
Dscf6387

■H3(A)
◆常翔学園41(17-0)12東海大第五
*常翔7T3G2勝、第五2T1G1勝1敗
◆札幌山の手12(0-26)43東海大相模
*札幌2T1G2敗、相模7T4G1勝1敗

■H4(B)
◆東海大第五24(14-14)21東海大相模
*第五3T3G1P2勝1敗、相模3T3G1勝2敗
◆常翔学園65(41-5)5札幌山の手
*常翔11T5G3勝、札幌1T3敗

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 06, 2015

高校選抜ラグビー、大阪桐蔭と東海大仰星が決勝へ。大阪対決に

2015高校ラグビー春は「第16回全国高校選抜ラグビー大会」で楽しみましょう!!

3月30日(月)~4月7日(火)まで桜満開の熊谷ラグビー場で行われています。
Dscf6173
Dscf6134

大阪朝鮮高校は近畿大会4位でFグループで予選を戦います。

4月6日は準決勝2試合。第1試合で好調な大阪桐蔭(推薦)が流通経済大柏(関東1位)を30-26で下し決勝へ。もう1試合、東海大仰星(近畿1)対常翔学園(近畿3)は東海大仰星が6Tを奪い36-7で快勝。
大阪勢の決勝戦が確定した。

4月4日は準々決勝4試合を行った。
第1試合で昨年4位の東海大仰星(近畿1位)が昨年2位・桐蔭学園(関東3)を6T32-10で下し4強入り。
第2試合は常翔学園(近畿3)が昨年3位・國學院栃木(関東2)を34-14で破った。
続く試合、大会連覇がかかる東福岡高(九州1)は大阪桐蔭(推薦)と対戦した。前半7-15で折り返した後半開始直後、東がTを奪い12-15と迫った。しかし3分に大阪桐蔭がTを返し12-22へ。その後は1Tずつ取り合い大阪が29-17で勝ち準決勝へ。これでベスト4のうち大阪勢が3つを占めた。
最後は関東1の流通経済大柏が春日丘(東海1)を後半12分から4連続Tで逆転し26-19で準決勝へ。

4月3日は予選最終日。Aは東海大仰星、B大阪桐蔭、C桐蔭学園、D春日丘、E國學院栃木、F流通経済大柏、G東福岡高、H常翔学園が3勝で1位通過しベスト8へ。
九州1、大阪3、愛知1、関東3と残った。
4日に準々決勝4試合を行う。

4月1日は予選3日目。
大阪朝鮮高はグループライバル流通経済大柏と対戦し0(0-14)59と敗れ1勝1敗に。グループ1位通過のベスト8入りはほぼ逃した。
前半は0-14とビハインドを負ったが、後半10分までに流経大柏が3連続トライを奪い敗れた。

31日はラグビー高校選抜大会取材。
大阪朝鮮高は徳島つるぎ高を50(19-0)0で下すも課題が残る。
Dscf6207

Dscf6214
Dscf6230
前半3分、ラインアウトからモールでトライを奪うとこの戦法に固執して加点できず。

呉英吉監督がボールを動かす機動力がある2年生に代えてから展開ラグビーへ。
Dscf6245
Dscf6263
後半は5トライ奪った。

ライバルの流通経済大柏は67-14黒沢尻北高。


<<「第16回全国高校選抜ラグビー大会」>>
<決勝トーナメント>
■決勝
◆東海大仰星(近畿1)-大阪桐蔭(推薦)

■準決勝
◆東海大仰星(近畿1)36(12-7)7常翔学園(近畿3)
*仰星6T3G、常翔1T1G

◆大阪桐蔭(推薦)30(19-7)26流通経済大柏(関東1)
*大阪4T2G2P、柏4T3G

■準々決勝
◆東海大仰星32(15-10)10桐蔭学園
*仰星6T1G、桐蔭1T1G1P

◆常翔学園34(17-0)14j國學院栃木
*常翔6T2G、栃木2T2G

◆大阪桐蔭29(15-7)17東福岡
*大阪4T3G1D、東福岡3T1G

◆流通経済大柏26(0-7)19春日丘
*柏4T3G、春日3T2G

*予選は朝9:30-開始。2日目は4試合目14:30-まで。3,4日目は6試合目15:45-開始まであり。
<予選>
■A1,2日目(3月30日、31日、グラウンドA)
◆深谷14(7-7)14東筑(15:30-)
*深谷2T2G1分け、東筑2T2G1分け
◆東海大仰星77(43-5)10石巻工業
Dscf6154
Dscf6169
*東海大仰星13T6G1勝、石巻2T1敗

■A3日目(4月1日、B)
◆東海大仰星61(33-0)0東筑
*仰星9T8G2勝、東筑1分け1敗
◆深谷41(29-0)12石巻工業
*深谷7T3G1勝1分け、石巻2T1G2敗

■A4日目(3日、C)
◆東海大仰星61(33-0)7深谷
*仰星3勝、深谷1勝1分け1敗
◆東筑57(19-0)0石巻工業
*東筑9T6G1勝1分け1敗、石巻3敗

■B2日目(31日、グラウンドA)
◆石見智翠館19(12-0)12國學院久我山
*石見3T2G1勝、久我山2T1G1敗
◆大阪桐蔭24(14-7)12長崎北陽台
Dscf6316
*大阪桐蔭3T3G1P1勝、北陽台2T1G1敗

■B3日目(B)
◆石見智翠館36(5-10)22長崎北陽台
*石見6T3G2勝、北陽台4T1G2敗
◆國學院久我山26(12-12)51大阪桐蔭
*久我山4T3G2敗、大阪桐蔭7T5G2P2勝

■B4日目(C)
◆石見智翠館7-40大阪桐蔭
*石見1T1G2勝1敗、大阪桐蔭5T3G2P1D3勝
◆國學院久我山17(0-10)29長崎北陽台
*久我山3T1G3敗、北陽台1勝2敗

■C2(グラウンドA)
◆天理19(5-14)22桐蔭学園
*天理3T2G1敗、桐蔭3T2G1P
Dscf6334
Dscf6356
Dscf6357

◆新潟工業28(8-5)17長崎北
*新潟4T2G2P、長崎北3T1G1敗
Dscf6369

■C3
◆桐蔭学園64(24-7)14新潟工業(C)
*桐蔭10T7G2勝、新潟2T2G1勝1敗
◆天理71(26-14)14長崎北(B)
*天理11T8G1勝1敗、長崎北2T2G2敗

■C4
◆桐蔭学園31(12-14)14長崎北(A)
*桐蔭5T3G3勝、長崎北2T2G3敗
◆天理67(38-0)0新潟工業(C)
*天理11T6G2勝1敗、新潟1勝2敗

■D2(B)
◆春日丘43(19-7)14日川
*春日7T4G1勝、日川2T2G1敗
◆同志社7(0-17)31荒尾
*同志社1T1G1敗、荒尾5T3G1勝

■D3(C)
◆春日丘53(24-0)5荒尾
*春日9T4G2勝、荒尾1T1勝1敗
◆同志社7(0-21)47日川
*同志社1T1G2敗、日川7T6G1勝1敗

■D4(A)
◆日川43(19-7)7荒尾
*日川7T4G2勝1敗、荒尾1TG1勝1敗
◆同志社14(14-13)32春日丘
*同志社2T2G3敗、春日5T2G1P3勝

■E2(B)
◆國學院栃木19(14-7)19秋田中央
*栃木3T2G1分け、秋田3T2G1分け
◆尾道12(5-22)55佐賀工業
*尾道2T1G1敗、佐賀9T5G1勝

■E3(C)
◆國學院栃木22(12-11)18佐賀工業
*栃木4T1G1勝1分け、佐賀2T1G1P1勝1敗
◆尾道12(5-21)38秋田中央
*尾道2T1G2敗、秋田6T4G1勝1分け

■E4(A)
◆國學院栃木42(21-5)5尾道
*栃木6T6G2勝1分け、尾道1T3敗
◆佐賀工業19(7-7)7秋田
*佐賀3T2G2勝1敗、秋田1T1G1勝1分け1敗

■F2(C)
◆大阪朝鮮50(19-0)0つるぎ
*大阪朝高8T5G1勝、つるぎ1敗
PROP1安昌豪主将
Dscf6201
「前半にトライを取れたが修正出来なかった。明日の流通経済大柏が大事な試合。先輩達が出来なかった選抜大会優勝で先輩を越えたい」
呉英吉監督
Dscf6200
「きょうは前半どれだけ戦えるかメンバーを見た。後半にかえた1年生(新2年生)が良かった。明日(1日)はベストメンバーでのぞみます。選抜は花園への第1歩です」

◆流通経済大柏67(36-14)14黒沢尻北
Dscf6187
Dscf6195
*柏11T6G1勝、黒沢2T2G1敗

■F3(A)
◆大阪朝鮮0(0-14)59流通経済大柏
*大阪朝高1勝1敗、柏9T7G2勝
◆黒沢尻北39(10-7)7つるぎ
*黒沢7T2G1勝1敗、つるぎ1T1G2敗

■F4(B)
◆大阪朝鮮26(14-7)12黒沢尻北
*大阪朝高4T3G2勝1敗、黒沢2T1G1勝2敗
◆流通経済大柏87(47-0)7つるぎ
*柏13T10G3勝、つるぎ1T1G3敗

■G2(C)
◆東福岡66(26-10)24仙台育英
*福岡10T8G1勝、仙台4T2G1敗
Dscf6292
Dscf6297
◆松山星陵14(0-27)53静岡聖光学院
*松山2T2G1敗、静岡8T5G1D1勝

■G3(A)
◆東福岡81(48-0)0松山星陵
*東福岡12T9G1P2勝、松山2敗
◆仙台育英46(31-7)21静岡聖光学院
*仙台8T3G1勝1敗、静岡3T3G1勝1敗

■G4(B)
◆東福岡75(54-0)0静岡聖光学院
*東福岡11T10G3勝、静岡1勝2敗
◆仙台育英68(41-5)5松山星陵
*仙台12T4G2勝1敗、松山1T3敗

■H2
◆常翔学園50(28-8)29東海大相模(B)
*常翔8T5G1勝、相模4T3G1P1敗
Dscf6382
◆東海大第五33(14-12)12札幌山の手(C)
*第五5T4G1勝、札幌2T1G1敗
Dscf6387

■H3(A)
◆常翔学園41(17-0)12東海大第五
*常翔7T3G2勝、第五2T1G1勝1敗
◆札幌山の手12(0-26)43東海大相模
*札幌2T1G2敗、相模7T4G1勝1敗

■H4(B)
◆東海大第五24(14-14)21東海大相模
*第五3T3G1P2勝1敗、相模3T3G1勝2敗
◆常翔学園65(41-5)5札幌山の手
*常翔11T5G3勝、札幌1T3敗

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東京セブンズはイングランドが今季初V、日本7位

 ラグビー7人制の国際大会『HSBCセブンズワールドシリーズ 2014-2015 第7戦東京大会【東京セブンズ】」が4月4-5日の2日間、開催。東京・秩父宮ラグビー場で行われる。日本は上位16か国によるワールドシリーズに参加しているが現在はシリーズ通算で最下位。16年シーズン降格の位置にいる。

 CUP戦(1-8位決定トーナメント)は決勝でイングランドが南アを後半の2Tでリードし21-14で下し今季初Vを飾った。3位はフィジーがCUP戦準々決勝でNZを下し好調のカナダを試合終了間際のTで逆転し21-19で勝ち3位へ。
 PLATE(5‐8位)決勝はNZがスコットランドに勝ち5位。BOWL戦(9-12位)決勝は米国が延長で17-12と豪州をくだした。SHIELD戦(13‐16位)決勝はポルトガルが優勝。

 今季初めて15年ぶり8強入りCUP戦(1-8位決定トーナメント)を得た日本。準々決勝で香港大会王者フィジーに5-41と一蹴された。PLATE(5‐8位決定戦)へ進んだ。準決勝はスコットランド(SCOT)と当たり5-14で敗れ7位で終えた。

 開幕戦で香港大会VのプールAフィジーが19-10でウエールズを破った。日本(D)はアルゼンチンと14-14と引き分けスターとした。2試合目で香港大会4位のサモアを26-12で破り金星!!最終戦は仏に19-24で敗れ1勝1分け1敗勝ち点6に。
 仏戦の前にサモアがアルゼンチンと引き分けたために勝敗・勝ち点並びましたが得失点差で2位を確保し初めてCUP戦(1-8位決定)は進んだ。
 他のプールは、Aは3勝のフィジーと2勝1敗イングランド。B・NZとスコットランドが2勝1敗で、C南ア3勝、カナダ1勝2敗で8強入り。プール戦は波乱が起きた。
 香港大会5位の豪州(B)は初戦で10-12ポルトガルと落とし2試合目も14-15スコットランドと連敗、NZには19-14で勝ったが4位となりCUP戦進出できずBOWL戦(9-16位)へ回る。

<<ワールドシリーズ>
<CUP1-8位>
■決勝(4月5日。1800)
◆ENG21(7-7)14南ア

■3位決定戦(1736)
◆フィジー21(7-7)19カナダ

■準決勝(1522)
◆フィジー5(0-0)7南ア
◆ENG14-5カナダ

■準々決勝
◆フィジー41-5日本
◆南ア22-0SCOT
◆ENG10-0仏
◆NZ15-19カナダ

<PLATE5-8位>
■決勝(1704)
◆NZ21(14-7)SCOT

■準決勝(1438)
◆日本5-14SCOT
◆NZ19-12仏

<BOWL9-16位>
■決勝(1635)
◆米国17(前後半12-12)12豪州

■準決勝(1354)
◆豪州17-12WAL
◆サモア5-22米国

■準々決勝
◆WAL14-7ARG
◆ケニア5-14豪州
◆サモア21-0香港
◆POR0-39米国

<SHEILD13-16位>
■決勝(1606)
◆POR12-7ARG

■準決勝(1310)
◆POR19-17香港
◆ARG17-12ケニア

<プール戦>
■A①フィジー3勝(勝ち点9、得失+44)、②ENGLAND2勝1敗(7、+22)、③WALES1勝2敗(5、+14)、④香港3敗(3、-94)
◆フィジー33-19ENG、19-10WAL、35-14香港
◆ENG10-7WAL、33-0香港
◆WAL31-5香港

■B①NZ2勝1敗(7、+52)、②SCOT2勝1敗(7、-32)、③ポルトガル(POR、5、-22)1勝2敗、④豪州1勝2敗(5、+2)
◆豪州10-12ポルトガル、19-14NZ、14-15SCOT(スコットランド)
◆NZ38-0SCOT、26-7ポルトガル
◆SCOT17-12ポルトガル

■C①南ア3勝(9、+57)、②カナダ1勝2敗(5、-14)、③ケニア1勝2敗5、(-20)、④米国1勝2敗(5、-23)
◆南ア24-15米国、29-7カナダ、26-0ケニア
◆米国22-14カナダ、5-27ケニア
◆カナダ26ー10ケニア

■D①フランス仏2勝1敗(7、+13)、②日本1勝1分け1敗(6、+9)、③サモア1勝1分け1敗(6、-12)、④アルゼンチン2分け1敗(ARG、4、-10)
◆サモア26-26ARG、14-12仏、12-26日本
◆ARG7-17仏、14-14日本
◆仏24-19日本

<獲得ポイント>①南ア129②フィジー125③NZ120④ENG100⑤豪州91⑥米国71
⑦SCOT67⑧ARG66⑨サモア56⑩仏54⑪カナダ47⑫WAL42
⑬ケニア33⑭POR25⑮日本17

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015ラグビー韓国15人制代表リスト公開

 2015年韓国男子15人制代表メンバーが判明した。
 指揮官は14年アジア大会、15年とセブンズ代表を率いている鄭炯石(チョン・ヒョンソク、韓国電力監督)が担当する。
 コーチに流通経済大ラグビー部の池英起(チ・ヨンギ)氏が初めて就任した。
 4月18日に開幕するアジアチャンピオンズシップ(日本、韓国、香港がホーム&アウェーで対戦する)に臨む。
「2015代表リスト」をダウンロード


◎監督/鄭炯石(チョン・ヒョンソク、韓国電力監督、14アジア大会監督、15セブンズ監督)
◎コーチ/徐天吾(ソ・チョンオ、軍体育部隊監督/尚武、14アジア、15セブンズ)、池英起(チ・ヨンギ、流通経済大ラグビー部)
◎トレーナー/オ・ユンソク
◎PR/金光植(キム・グァンシク、ホンダ)、ソン・ヨンギ(ポスコ建設)、朴誠球(パク・ソング、14年までクボタ)、申東ウォン(シン・ドンウォン、14年まで近鉄)
HO/金ジップ(韓国電力)、ナ・グァンヨン(尚武)、金ミンギュ(尚武)
LO/金虎範(キム・ホボム、15年トップリーグチーム内定)、延権祐(ヨン・グォンウ、横河)、チャン・ソクファン(尚武)、ソン・ミンス(慶煕大4年)
FL&NO8/金晶珉(キム・ジョンミン、韓国電力)、金ヒョンス(韓国電力)、朴淳彩(パク・スンチェ、NTTドコモ)、黄仁朝(ファン・インジョ、韓国電力)、韓建圭(ハン・ゴンギュ、韓国電力)、李ヨンスン(日野自動車)、ユン・イルファン(檀国大4年)
SH/シン・ギチョル(ポスコ建設)、李ミョンジュン(尚武)
SO/呉潤衡(オ・ユンヒョン、韓国電力)、李ウッツム(ポスコ建設)
CTB/金成洙(キム・ソンス、韓国電力)、金南郁(キム・ナンウク、韓国電力)、諸葛彬(チェガル・ビン、NTTコミュニケーションズ)
WTB/金洸民(キム・グァンミン、韓国電力)、チャン・ヨンフン(延世大3年)、朴ハンギョル(KRU)
FB/張成民(チャン・ソンミン、尚武)、南ヨンス(尚武)

<<HSBC2015アジアチャンピオンズシップ>>
4月18日(土)~5月16日(土)
■韓国-日本(4月18日、韓国・仁川)
■韓国-香港(4月25日、香港)
■韓国-日本(5月9日、日本・福岡) 
■韓国-香港(5月16日、韓国・仁川)
■日本-香港(5月2日、東京・秩父宮)
■日本-香港(5月23日、香港

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2015

高校選抜、東福岡が敗退。大阪桐蔭が金星!

2015高校ラグビー春は「第16回全国高校選抜ラグビー大会」で楽しみましょう!!

3月30日(月)~4月7日(火)まで桜満開の熊谷ラグビー場で行われています。
Dscf6173
Dscf6134

大阪朝鮮高校は近畿大会4位でFグループで予選を戦います。

4月4日は準々決勝4試合を行った。
第1試合で昨年4位の東海大仰星(近畿1位)が昨年2位・桐蔭学園(関東3)を6T32-10で下し4強入り。
第2試合は常翔学園が昨年3位・國學院栃木(関東2)を34-14で破った。
続く試合、大会連覇がかかる東福岡高(九州1)は大阪桐蔭(推薦)と対戦した。前半7-15で折り返した後半開始直後、東がTを奪い12-15と迫った。しかし3分に大阪桐蔭がTを返し12-22へ。その後は1Tずつ取り合い大阪が29-17で勝ち準決勝へ。これでベスト4のうち大阪勢が3つを占めた。
最後は関東1の流通経済大柏が春日丘(東海1)を後半12分から4連続Tで逆転し26-19で準決勝へ。

4月3日は予選最終日。Aは東海大仰星、B大阪桐蔭、C桐蔭学園、D春日丘、E國學院栃木、F流通経済大柏、G東福岡高、H常翔学園が3勝で1位通過しベスト8へ。
九州1、大阪3、愛知1、関東3と残った。
4日に準々決勝4試合を行う。

4月1日は予選3日目。
大阪朝鮮高はグループライバル流通経済大柏と対戦し0(0-14)59と敗れ1勝1敗に。グループ1位通過のベスト8入りはほぼ逃した。
前半は0-14とビハインドを負ったが、後半10分までに流経大柏が3連続トライを奪い敗れた。

31日はラグビー高校選抜大会取材。
大阪朝鮮高は徳島つるぎ高を50(19-0)0で下すも課題が残る。
Dscf6207

Dscf6214
Dscf6230
前半3分、ラインアウトからモールでトライを奪うとこの戦法に固執して加点できず。

呉英吉監督がボールを動かす機動力がある2年生に代えてから展開ラグビーへ。
Dscf6245
Dscf6263
後半は5トライ奪った。

ライバルの流通経済大柏は67-14黒沢尻北高。


<<「第16回全国高校選抜ラグビー大会」>>
<決勝トーナメント>
■決勝

■準決勝
◆東海大仰星(近畿1)-常翔学園(近畿3)

◆大阪桐蔭(推薦)-流通経済大柏(関東1)

■準々決勝
◆東海大仰星32(15-10)10桐蔭学園
*仰星6T1G、桐蔭1T1G1P

◆常翔学園34(17-0)14j國學院栃木
*常翔6T2G、栃木2T2G

◆大阪桐蔭29(15-7)17東福岡
*大阪4T3G1D、東福岡3T1G

◆流通経済大柏26(0-7)19春日丘
*柏4T3G、春日3T2G

*予選は朝9:30-開始。2日目は4試合目14:30-まで。3,4日目は6試合目15:45-開始まであり。
<予選>
■A1,2日目(3月30日、31日、グラウンドA)
◆深谷14(7-7)14東筑(15:30-)
*深谷2T2G1分け、東筑2T2G1分け
◆東海大仰星77(43-5)10石巻工業
Dscf6154
Dscf6169
*東海大仰星13T6G1勝、石巻2T1敗

■A3日目(4月1日、B)
◆東海大仰星61(33-0)0東筑
*仰星9T8G2勝、東筑1分け1敗
◆深谷41(29-0)12石巻工業
*深谷7T3G1勝1分け、石巻2T1G2敗

■A4日目(3日、C)
◆東海大仰星61(33-0)7深谷
*仰星3勝、深谷1勝1分け1敗
◆東筑57(19-0)0石巻工業
*東筑9T6G1勝1分け1敗、石巻3敗

■B2日目(31日、グラウンドA)
◆石見智翠館19(12-0)12國學院久我山
*石見3T2G1勝、久我山2T1G1敗
◆大阪桐蔭24(14-7)12長崎北陽台
Dscf6316
*大阪桐蔭3T3G1P1勝、北陽台2T1G1敗

■B3日目(B)
◆石見智翠館36(5-10)22長崎北陽台
*石見6T3G2勝、北陽台4T1G2敗
◆國學院久我山26(12-12)51大阪桐蔭
*久我山4T3G2敗、大阪桐蔭7T5G2P2勝

■B4日目(C)
◆石見智翠館7-40大阪桐蔭
*石見1T1G2勝1敗、大阪桐蔭5T3G2P1D3勝
◆國學院久我山17(0-10)29長崎北陽台
*久我山3T1G3敗、北陽台1勝2敗

■C2(グラウンドA)
◆天理19(5-14)22桐蔭学園
*天理3T2G1敗、桐蔭3T2G1P
Dscf6334
Dscf6356
Dscf6357

◆新潟工業28(8-5)17長崎北
*新潟4T2G2P、長崎北3T1G1敗
Dscf6369

■C3
◆桐蔭学園64(24-7)14新潟工業(C)
*桐蔭10T7G2勝、新潟2T2G1勝1敗
◆天理71(26-14)14長崎北(B)
*天理11T8G1勝1敗、長崎北2T2G2敗

■C4
◆桐蔭学園31(12-14)14長崎北(A)
*桐蔭5T3G3勝、長崎北2T2G3敗
◆天理67(38-0)0新潟工業(C)
*天理11T6G2勝1敗、新潟1勝2敗

■D2(B)
◆春日丘43(19-7)14日川
*春日7T4G1勝、日川2T2G1敗
◆同志社7(0-17)31荒尾
*同志社1T1G1敗、荒尾5T3G1勝

■D3(C)
◆春日丘53(24-0)5荒尾
*春日9T4G2勝、荒尾1T1勝1敗
◆同志社7(0-21)47日川
*同志社1T1G2敗、日川7T6G1勝1敗

■D4(A)
◆日川43(19-7)7荒尾
*日川7T4G2勝1敗、荒尾1TG1勝1敗
◆同志社14(14-13)32春日丘
*同志社2T2G3敗、春日5T2G1P3勝

■E2(B)
◆國學院栃木19(14-7)19秋田中央
*栃木3T2G1分け、秋田3T2G1分け
◆尾道12(5-22)55佐賀工業
*尾道2T1G1敗、佐賀9T5G1勝

■E3(C)
◆國學院栃木22(12-11)18佐賀工業
*栃木4T1G1勝1分け、佐賀2T1G1P1勝1敗
◆尾道12(5-21)38秋田中央
*尾道2T1G2敗、秋田6T4G1勝1分け

■E4(A)
◆國學院栃木42(21-5)5尾道
*栃木6T6G2勝1分け、尾道1T3敗
◆佐賀工業19(7-7)7秋田
*佐賀3T2G2勝1敗、秋田1T1G1勝1分け1敗

■F2(C)
◆大阪朝鮮50(19-0)0つるぎ
*大阪朝高8T5G1勝、つるぎ1敗
PROP1安昌豪主将
Dscf6201
「前半にトライを取れたが修正出来なかった。明日の流通経済大柏が大事な試合。先輩達が出来なかった選抜大会優勝で先輩を越えたい」
呉英吉監督
Dscf6200
「きょうは前半どれだけ戦えるかメンバーを見た。後半にかえた1年生(新2年生)が良かった。明日(1日)はベストメンバーでのぞみます。選抜は花園への第1歩です」

◆流通経済大柏67(36-14)14黒沢尻北
Dscf6187
Dscf6195
*柏11T6G1勝、黒沢2T2G1敗

■F3(A)
◆大阪朝鮮0(0-14)59流通経済大柏
*大阪朝高1勝1敗、柏9T7G2勝
◆黒沢尻北39(10-7)7つるぎ
*黒沢7T2G1勝1敗、つるぎ1T1G2敗

■F4(B)
◆大阪朝鮮26(14-7)12黒沢尻北
*大阪朝高4T3G2勝1敗、黒沢2T1G1勝2敗
◆流通経済大柏87(47-0)7つるぎ
*柏13T10G3勝、つるぎ1T1G3敗

■G2(C)
◆東福岡66(26-10)24仙台育英
*福岡10T8G1勝、仙台4T2G1敗
Dscf6292
Dscf6297
◆松山星陵14(0-27)53静岡聖光学院
*松山2T2G1敗、静岡8T5G1D1勝

■G3(A)
◆東福岡81(48-0)0松山星陵
*東福岡12T9G1P2勝、松山2敗
◆仙台育英46(31-7)21静岡聖光学院
*仙台8T3G1勝1敗、静岡3T3G1勝1敗

■G4(B)
◆東福岡75(54-0)0静岡聖光学院
*東福岡11T10G3勝、静岡1勝2敗
◆仙台育英68(41-5)5松山星陵
*仙台12T4G2勝1敗、松山1T3敗

■H2
◆常翔学園50(28-8)29東海大相模(B)
*常翔8T5G1勝、相模4T3G1P1敗
Dscf6382
◆東海大第五33(14-12)12札幌山の手(C)
*第五5T4G1勝、札幌2T1G1敗
Dscf6387

■H3(A)
◆常翔学園41(17-0)12東海大第五
*常翔7T3G2勝、第五2T1G1勝1敗
◆札幌山の手12(0-26)43東海大相模
*札幌2T1G2敗、相模7T4G1勝1敗

■H4(B)
◆東海大第五24(14-14)21東海大相模
*第五3T3G1P2勝1敗、相模3T3G1勝2敗
◆常翔学園65(41-5)5札幌山の手
*常翔11T5G3勝、札幌1T3敗

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 03, 2015

東京セブンズ4月4日から、フィジーが開幕戦飾る。日本は今季初8強入り。

 ラグビー7人制の国際大会『HSBCセブンズワールドシリーズ 2014-2015 第7戦東京大会【東京セブンズ】」が4月4-5日の2日間、開催。東京・秩父宮ラグビー場で行われる。日本は上位16か国によるワールドシリーズに参加しているが現在はシリーズ通算で最下位。16年シーズン降格の位置にいる。

 今季初めて15年ぶり8強入りCUP戦(1-8位決定トーナメント)を得た日本。準々決勝で香港大会王者フィジーに5-41と一蹴された。PLATE(5‐8位決定戦)へ進んだ。準決勝はスコットランド(SCOT)と当たる。

 開幕戦で香港大会VのプールAフィジーが19-10でウエールズを破った。日本(D)はアルゼンチンと14-14と引き分けスターとした。2試合目で香港大会4位のサモアを26-12で破り金星!!最終戦は仏に19-24で敗れ1勝1分け1敗勝ち点6に。
 仏戦の前にサモアがアルゼンチンと引き分けたために勝敗・勝ち点並びましたが得失点差で2位を確保し初めてCUP戦(1-8位決定)は進んだ。
 他のプールは、Aは3勝のフィジーと2勝1敗イングランド。B・NZとスコットランドが2勝1敗で、C南ア3勝、カナダ1勝2敗で8強入り。プール戦は波乱が起きた。
 香港大会5位の豪州(B)は初戦で10-12ポルトガルと落とし2試合目も14-15スコットランドと連敗、NZには19-14で勝ったが4位となりCUP戦進出できずBOWL戦(9-16位)へ回る。

<<ワールドシリーズ>
<CUP1-8位>
■決勝(4月5日。1800)

■3位決定戦(1736)

■準決勝(1522)
◆フィジー-南ア
◆NZ-ENG

■準々決勝
◆フィジー41-5日本
◆南ア22-0SCOT
◆ENG10-0仏
◆NZ-カナダ

<PLATE5-8位>
■決勝(1704)

■準決勝(1438)
◆日本-SCOT
◆仏-カナダ

<BOWL9-16位>
■決勝(1635)

■準決勝(1354)
◆ケニア-ARG
◆POR-香港

■準々決勝
◆WAL14-7ARG
◆ケニア5-14豪州
◆サモア21-0香港
◆POR0-39米国

<SHEILD13-16位>
■決勝(1606)

■準決勝(1310)
◆豪州-WAL
◆サモア-米国

<プール戦>
■A①フィジー3勝(勝ち点9、得失+44)、②ENGLAND2勝1敗(7、+22)、③WALES1勝2敗(5、+14)、④香港3敗(3、-94)
◆フィジー33-19ENG、19-10WAL、35-14香港
◆ENG10-7WAL、33-0香港
◆WAL31-5香港

■B①NZ2勝1敗(7、+52)、②SCOT2勝1敗(7、-32)、③ポルトガル(POR、5、-22)1勝2敗、④豪州1勝2敗(5、+2)
◆豪州10-12ポルトガル、19-14NZ、14-15SCOT(スコットランド)
◆NZ38-0SCOT、26-7ポルトガル
◆SCOT17-12ポルトガル

■C①南ア3勝(9、+57)、②カナダ1勝2敗(5、-14)、③ケニア1勝2敗5、(-20)、④米国1勝2敗(5、-23)
◆南ア24-15米国、29-7カナダ、26-0ケニア
◆米国22-14カナダ、5-27ケニア
◆カナダ26ー10ケニア

■D①フランス仏2勝1敗(7、+13)、②日本1勝1分け1敗(6、+9)、③サモア1勝1分け1敗(6、-12)、④アルゼンチン2分け1敗(ARG、4、-10)
◆サモア26-26ARG、14-12仏、12-26日本
◆ARG7-17仏、14-14日本
◆仏24-19日本

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高校選抜大会、予選最終日。連覇狙う東福岡。他に東海大仰星、桐蔭学園、春日丘、常翔らが8強入り

2015高校ラグビー春は「第16回全国高校選抜ラグビー大会」で楽しみましょう!!

3月30日(月)~4月7日(火)まで桜満開の熊谷ラグビー場で行われています。
Dscf6173
Dscf6134

大阪朝鮮高校は近畿大会4位でFグループで予選を戦います。

4月3日は予選最終日。Aは東海大仰星、B大阪桐蔭、C桐蔭学園、D春日丘、E國學院栃木、F流通経済大柏、G東福岡高、H常翔学園が3勝で1位通過しベスト8へ。
九州1、大阪3、愛知1、関東3と残った。
4日に準々決勝4試合を行う。

4月1日は予選3日目。
大阪朝鮮高はグループライバル流通経済大柏と対戦し0(0-14)59と敗れ1勝1敗に。グループ1位通過のベスト8入りはほぼ逃した。
前半は0-14とビハインドを負ったが、後半10分までに流経大柏が3連続トライを奪い敗れた。

31日はラグビー高校選抜大会取材。
大阪朝鮮高は徳島つるぎ高を50(19-0)0で下すも課題が残る。
Dscf6207

Dscf6214
Dscf6230
前半3分、ラインアウトからモールでトライを奪うとこの戦法に固執して加点できず。

呉英吉監督がボールを動かす機動力がある2年生に代えてから展開ラグビーへ。
Dscf6245
Dscf6263
後半は5トライ奪った。

ライバルの流通経済大柏は67-14黒沢尻北高。


<<「第16回全国高校選抜ラグビー大会」>>
<決勝トーナメント>
■準々決勝
◆東海大仰星-桐蔭学園

◆常翔学園-j國學院栃木

◆東福岡-大阪桐蔭

◆流通経済大柏-春日丘

*予選は朝9:30-開始。2日目は4試合目14:30-まで。3,4日目は6試合目15:45-開始まであり。
<予選>
■A1,2日目(3月30日、31日、グラウンドA)
◆深谷14(7-7)14東筑(15:30-)
*深谷2T2G1分け、東筑2T2G1分け
◆東海大仰星77(43-5)10石巻工業
Dscf6154
Dscf6169
*東海大仰星13T6G1勝、石巻2T1敗

■A3日目(4月1日、B)
◆東海大仰星61(33-0)0東筑
*仰星9T8G2勝、東筑1分け1敗
◆深谷41(29-0)12石巻工業
*深谷7T3G1勝1分け、石巻2T1G2敗

■A4日目(3日、C)
◆東海大仰星61(33-0)7深谷
*仰星3勝、深谷1勝1分け1敗
◆東筑57(19-0)0石巻工業
*東筑9T6G1勝1分け1敗、石巻3敗

■B2日目(31日、グラウンドA)
◆石見智翠館19(12-0)12國學院久我山
*石見3T2G1勝、久我山2T1G1敗
◆大阪桐蔭24(14-7)12長崎北陽台
Dscf6316
*大阪桐蔭3T3G1P1勝、北陽台2T1G1敗

■B3日目(B)
◆石見智翠館36(5-10)22長崎北陽台
*石見6T3G2勝、北陽台4T1G2敗
◆國學院久我山26(12-12)51大阪桐蔭
*久我山4T3G2敗、大阪桐蔭7T5G2P2勝

■B4日目(C)
◆石見智翠館7-40大阪桐蔭
*石見1T1G2勝1敗、大阪桐蔭5T3G2P1D3勝
◆國學院久我山17(0-10)29長崎北陽台
*久我山3T1G3敗、北陽台1勝2敗

■C2(グラウンドA)
◆天理19(5-14)22桐蔭学園
*天理3T2G1敗、桐蔭3T2G1P
Dscf6334
Dscf6356
Dscf6357

◆新潟工業28(8-5)17長崎北
*新潟4T2G2P、長崎北3T1G1敗
Dscf6369

■C3
◆桐蔭学園64(24-7)14新潟工業(C)
*桐蔭10T7G2勝、新潟2T2G1勝1敗
◆天理71(26-14)14長崎北(B)
*天理11T8G1勝1敗、長崎北2T2G2敗

■C4
◆桐蔭学園31(12-14)14長崎北(A)
*桐蔭5T3G3勝、長崎北2T2G3敗
◆天理67(38-0)0新潟工業(C)
*天理11T6G2勝1敗、新潟1勝2敗

■D2(B)
◆春日丘43(19-7)14日川
*春日7T4G1勝、日川2T2G1敗
◆同志社7(0-17)31荒尾
*同志社1T1G1敗、荒尾5T3G1勝

■D3(C)
◆春日丘53(24-0)5荒尾
*春日9T4G2勝、荒尾1T1勝1敗
◆同志社7(0-21)47日川
*同志社1T1G2敗、日川7T6G1勝1敗

■D4(A)
◆日川43(19-7)7荒尾
*日川7T4G2勝1敗、荒尾1TG1勝1敗
◆同志社14(14-13)32春日丘
*同志社2T2G3敗、春日5T2G1P3勝

■E2(B)
◆國學院栃木19(14-7)19秋田中央
*栃木3T2G1分け、秋田3T2G1分け
◆尾道12(5-22)55佐賀工業
*尾道2T1G1敗、佐賀9T5G1勝

■E3(C)
◆國學院栃木22(12-11)18佐賀工業
*栃木4T1G1勝1分け、佐賀2T1G1P1勝1敗
◆尾道12(5-21)38秋田中央
*尾道2T1G2敗、秋田6T4G1勝1分け

■E4(A)
◆國學院栃木42(21-5)5尾道
*栃木6T6G2勝1分け、尾道1T3敗
◆佐賀工業19(7-7)7秋田
*佐賀3T2G2勝1敗、秋田1T1G1勝1分け1敗

■F2(C)
◆大阪朝鮮50(19-0)0つるぎ
*大阪朝高8T5G1勝、つるぎ1敗
PROP1安昌豪主将
Dscf6201
「前半にトライを取れたが修正出来なかった。明日の流通経済大柏が大事な試合。先輩達が出来なかった選抜大会優勝で先輩を越えたい」
呉英吉監督
Dscf6200
「きょうは前半どれだけ戦えるかメンバーを見た。後半にかえた1年生(新2年生)が良かった。明日(1日)はベストメンバーでのぞみます。選抜は花園への第1歩です」

◆流通経済大柏67(36-14)14黒沢尻北
Dscf6187
Dscf6195
*柏11T6G1勝、黒沢2T2G1敗

■F3(A)
◆大阪朝鮮0(0-14)59流通経済大柏
*大阪朝高1勝1敗、柏9T7G2勝
◆黒沢尻北39(10-7)7つるぎ
*黒沢7T2G1勝1敗、つるぎ1T1G2敗

■F4(B)
◆大阪朝鮮26(14-7)12黒沢尻北
*大阪朝高4T3G2勝1敗、黒沢2T1G1勝2敗
◆流通経済大柏87(47-0)7つるぎ
*柏13T10G3勝、つるぎ1T1G3敗

■G2(C)
◆東福岡66(26-10)24仙台育英
*福岡10T8G1勝、仙台4T2G1敗
Dscf6292
Dscf6297
◆松山星陵14(0-27)53静岡聖光学院
*松山2T2G1敗、静岡8T5G1D1勝

■G3(A)
◆東福岡81(48-0)0松山星陵
*東福岡12T9G1P2勝、松山2敗
◆仙台育英46(31-7)21静岡聖光学院
*仙台8T3G1勝1敗、静岡3T3G1勝1敗

■G4(B)
◆東福岡75(54-0)0静岡聖光学院
*東福岡11T10G3勝、静岡1勝2敗
◆仙台育英68(41-5)5松山星陵
*仙台12T4G2勝1敗、松山1T3敗

■H2
◆常翔学園50(28-8)29東海大相模(B)
*常翔8T5G1勝、相模4T3G1P1敗
Dscf6382
◆東海大第五33(14-12)12札幌山の手(C)
*第五5T4G1勝、札幌2T1G1敗
Dscf6387

■H3(A)
◆常翔学園41(17-0)12東海大第五
*常翔7T3G2勝、第五2T1G1勝1敗
◆札幌山の手12(0-26)43東海大相模
*札幌2T1G2敗、相模7T4G1勝1敗

■H4(B)
◆東海大第五24(14-14)21東海大相模
*第五3T3G1P2勝1敗、相模3T3G1勝2敗
◆常翔学園65(41-5)5札幌山の手
*常翔11T5G3勝、札幌1T3敗

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2015

高校選抜ラグビー、大阪朝鮮は流経大柏に0-59と大敗。

2015高校ラグビー春は「第16回全国高校選抜ラグビー大会」で楽しみましょう!!

3月30日(月)~4月7日(火)まで桜満開の熊谷ラグビー場で行われています。
Dscf6173
Dscf6134

大阪朝鮮高校は近畿大会4位でFグループで予選を戦います。

4月1日は予選3日目。
大阪朝鮮高はグループライバル流通経済大柏と対戦し0(0-14)59と敗れ1勝1敗に。グループ1位通過のベスト8入りはほぼ逃した。
前半は0-14とビハインドを負ったが、後半10分までに流経大柏が3連続トライを奪い敗れた。

31日はラグビー高校選抜大会取材。
大阪朝鮮高は徳島つるぎ高を50(19-0)0で下すも課題が残る。
Dscf6207

Dscf6214
Dscf6230
前半3分、ラインアウトからモールでトライを奪うとこの戦法に固執して加点できず。

呉英吉監督がボールを動かす機動力がある2年生に代えてから展開ラグビーへ。
Dscf6245
Dscf6263
後半は5トライ奪った。

ライバルの流通経済大柏は67-14黒沢尻北高。


<<「第16回全国高校選抜ラグビー大会」>>
*予選は朝9:30-開始。2日目は4試合目14:30-まで。3,4日目は5試合目15:45-開始まであり。
<予選>
■A1,2日目(3月30日、31日、グラウンドA)
◆深谷14(7-7)14東筑(15:30-)
*深谷2T2G1分け、東筑2T2G1分け
◆東海大仰星77(43-5)10石巻工業
Dscf6154
Dscf6169
*東海大仰星13T6G1勝、石巻2T1敗

■A3日目(4月1日、B)
◆東海大仰星61(33-0)0東筑
*仰星9T8G2勝、東筑1分け1敗
◆深谷41(29-0)12石巻工業
*深谷7T3G1勝1分け、石巻2T1G2敗

■A4日目(3日、C)
◆東海大仰星-深谷
◆東筑-石巻工業

■B2日目(31日、グラウンドA)
◆石見智翠館19(12-0)12國學院久我山
*石見3T2G1勝、久我山2T1G1敗
◆大阪桐蔭24(14-7)12長崎北陽台
Dscf6316
*大阪桐蔭3T3G1P1勝、北陽台2T1G1敗

■B3日目(B)
◆石見智翠館36(5-10)22長崎北陽台
*石見6T3G2勝、北陽台4T1G2敗
◆國學院久我山26(12-12)51大阪桐蔭
*久我山4T3G2敗、大阪桐蔭7T5G2P2勝

■B4日目(C)
◆石見智翠館-大阪桐蔭
◆國學院久我山-長崎北陽台

■C2(グラウンドA)
◆天理19(5-14)22桐蔭学園
*天理3T2G1敗、桐蔭3T2G1P
Dscf6334
Dscf6356
Dscf6357

◆新潟工業28(8-5)17長崎北
*新潟4T2G2P、長崎北3T1G1敗
Dscf6369
■C3
◆桐蔭学園64(24-7)14新潟工業(C)
*桐蔭10T7G2勝、新潟2T2G1勝1敗
◆天理71(26-14)14長崎北(B)
*天理11T8G1勝1敗、長崎北2T2G2敗

■C4
◆桐蔭学園-長崎北(A)
◆天理-新潟工業(C)

■D2(B)
◆春日丘43(19-7)14日川
*春日7T4G1勝、日川2T2G1敗
◆同志社7(0-17)31荒尾
*同志社1T1G1敗、荒尾5T3G1勝

■D3(C)
◆春日丘53(24-0)5荒尾
*春日9T4G2勝、荒尾1T1勝1敗
◆同志社7(0-21)47日川
*同志社1T1G2敗、日川7T6G1勝1敗
■D4(A)
◆日川-荒尾
◆同志社-春日丘

■E2(B)
◆國學院栃木19(14-7)19秋田中央
*栃木3T2G1分け、秋田3T2G1分け
◆尾道12(5-22)55佐賀工業
*尾道2T1G1敗、佐賀9T5G1勝

■E3(C)
◆國學院栃木22(12-11)18佐賀工業
*栃木4T1G1勝1分け、佐賀2T1G1P1勝1敗
◆尾道12(5-21)38秋田中央
*尾道2T1G2敗、秋田6T4G1勝1分け

■E4(A)
◆國學院栃木-尾道
◆佐賀工業-秋田中央

■F2(C)
◆大阪朝鮮50(19-0)0つるぎ
*大阪朝高8T5G1勝、つるぎ1敗
PROP1安昌豪主将
Dscf6201
「前半にトライを取れたが修正出来なかった。明日の流通経済大柏が大事な試合。先輩達が出来なかった選抜大会優勝で先輩を越えたい」
呉英吉監督
Dscf6200
「きょうは前半どれだけ戦えるかメンバーを見た。後半にかえた1年生(新2年生)が良かった。明日(1日)はベストメンバーでのぞみます。選抜は花園への第1歩です」

◆流通経済大柏67(36-14)14黒沢尻北
Dscf6187
Dscf6195
*柏11T6G1勝、黒沢2T2G1敗

■F3(A)
◆大阪朝鮮0(0-14)59流通経済大柏
*大阪朝高1勝1敗、柏9T7G2勝
◆黒沢尻北39(10-7)7つるぎ
*黒沢7T2G1勝1敗、つるぎ1T1G2敗

■F4(B)
◆大阪朝鮮-黒沢尻北
◆流通経済大柏-つるぎ

■G2(C)
◆東福岡66(26-10)24仙台育英
*福岡10T8G1勝、仙台4T2G1敗
Dscf6292
Dscf6297
◆松山星陵14(0-27)53静岡聖光学院
*松山2T2G1敗、静岡8T5G1D1勝

■G3(A)
◆東福岡81(48-0)0松山星陵
*東福岡12T9G1P2勝、松山2敗
◆仙台育英46(31-7)21静岡聖光学院
*仙台8T3G1勝1敗、静岡3T3G1勝1敗

■G4(B)
◆東福岡-静岡聖光学院
◆仙台育英-松山星陵

■H2
◆常翔学園50(28-8)29東海大相模(B)
*常翔8T5G1勝、相模4T3G1P1敗
Dscf6382
◆東海大第五33(14-12)12札幌山の手(C)
*第五5T4G1勝、札幌2T1G1敗
Dscf6387

■H3(A)
◆常翔学園41(17-0)12東海大第五
*常翔7T3G2勝、第五2T1G1勝1敗
◆札幌山の手12(0-26)43東海大相模
*札幌2T1G2敗、相模7T4G1勝1敗

■H4(B)
◆東海大第五-東海大相模
◆常翔学園-札幌山の手


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2015 | Main | May 2015 »