« 日本男女、初日3連勝。リオ五輪アジア予選1日目 | Main | リオ五輪アジア予選、日本男子出場権獲得。韓国3位。日本女子も第1次予選1位通過 »

November 08, 2015

「全国高校ラグビー大会東京都予選、決勝は學院久我山2大会連続、東京朝鮮高初出場を決める

「全国高校ラグビー大会東京都予選、國學院久我山2大会連続、東京朝鮮高初出場決める」

 11月8日は「第95回全国高校ラグビー大会東京都予選(第1地区、第2地区)」の決勝2試合が秩父宮ラグビー場で行った。
 第1地区は5大会連続出場を目指す東京高と同2大会連続となる國學院久我山が対戦、後半終了間際のラストプレーで東京がラインアウト、モールからトライを奪い12対12の同点に追いついた。会場が鎮まる中、トライ後のコンバージョンを狙った東京FB山菅のキックが外れ同点、両校優勝となった。
Dscf1355
Dscf1361

 試合後の抽選で久我山が全国大会出場切符を手に入れた。
 
 第2地区は初出場をかける東京朝鮮高と26大会ぶりの古豪復活へ明大中野の対戦。前半から朝高が得意のモールで後半3分までに3連続トライを奪い19対0とした。
明中はその後、お返しにモールから2トライを返し15分までに19対10へ。明中が優勢となったかに見えたが18分、朝高FL7南成冠(ナム・ソングァン)が明中キックをチャージしトライを奪う。朝高は29分にPBで3点を加え29対0で初出場を勝ち取った。
Dscf1512
Dscf1522
Dscf1562

第1地区 東京高12(前半7-5)12國學院久我山
*東京2T1G、久我山2T1G
*先制は久我山。2分、東京陣内の左ラインアウトから順目の右へ回し、反対の左へ返すとWTB11安部勇佑が先制トライを決めた。お互い雨の中、ボールが手に付かない展開が続く。
 東京は8分に久我山陣10メートルのスクラムからサイド攻撃を続けSH9春野日向がトライラインを越え同点、『コンバージョンも決まり7対5と逆転した。
 後半に入ってもお互いに攻めあぐねる。それでも14分、久我山がハイパントを受けた右WTB14山同走がライン際をゴールライン直前まで迫る。東京のタックルの反則に久我山はすぐに左へ回すとにWTB11安部が2本目のトライを奪いコンバージョンも決まり再逆転した。
 あきらめない東京は28分すぎから久我山の反則でゴール前ラインアウト、モールで攻め続けた。
Dscf1340
Dscf1343
そしてロスタイムに主将FL7石渡健吾がファイブポインターとなったが同点で終えた。
Dscf1353
抽選で久我山が全国大会決勝へ。
久我山・竹内伸光監督は「準決勝から接戦を戦ってきて選手も意識が変わった。(花園は)東京の分までというおごりを持った言葉を使わずにあくまでうちのラグビーをやりきろうと選手に話した」と述べた。

第2地区 東京朝鮮高29(14-0)10明大中野高
*東京朝高4T3G1P、明中2T
*FWのモールから得点を取り切ろうと愚直に攻めるする東京朝鮮高。
前半5分に早くも明大中野ゴール前5メートルのラインアウトを得る。モール、ラックとFWがサイドを突き続け主将PR1文陽善(ムン・ヤンソン)がトライラインを越えた。
Dscf1393
Dscf1394
Dscf1397
コンバージョンは準決勝でサヨナラPGを決めたCTB12金基英(キム・キヨン)が確実に決めた(7対0)。
Dscf1398

 12分以降も朝高が明中陣内で試合を優位に進める。12分にゴール前22メートルでPKを得てもPGを狙わずにラインアウトへ。モールからトライを奪おうとする。しかしノックオンなどでチャンスを数回逸した。
ようやく28分にPKからラインアウトを選択し、モールを組むとNO8文相太(ムン・サンテ)がインゴールへ持ち込み5点を追加、金G成功で14対0へ。
Dscf1450
Dscf1457
終了間際の明中の攻めをしのぎ14対0で前半終了。
 後半に入ってもすぐに朝高がラインアウト得ると25メートルを押し込みNO8文が2本目のトライで19対0とする。セーフティーリードにしようと朝高は攻める。ようやく明中が朝高陣へ入った6分にラインアウトからモールで押しHO2主将内山理夫が左中間に5点を返した(14対5)。息を吹き返した明中はBKにボールを回し朝高陣へ入る。
15分、ラインアウトからモールと朝高のお株を奪いLO5荒嶋秀典がTを返し19対10へ。
Dscf1475
Dscf1477

雰囲気は明中ペースへ。
そこでビッグプレーが起きた。朝高・呉昇哲(オ・スンチョル)監督が「狙わせていた」という18分、朝高FL7南成冠(ナム・ソングァン)が明中キックをチャージしトライを奪い中央ポスト下に飛び込みG成功で26対10とする。
Dscf1480
Dscf1507
朝高は29分に金のPBで3点を加え29対10、ノーサイドの笛が鳴り歓喜の中、初出場を勝ち取った。

呉昇哲(オ・スンチョル)監督
Dscf1558
「創部40周年の記念の年に全国大会を決めることができた。学生、学校関係者に感謝します。22年前に朝高に予選出場の道を開いていただいた日本のラグビー関係者に恩返しがようやくできた。全国大会まで1か月半、出場経験がある方に聞いて過ごしていきたい。元旦を花園で迎えたい(3回戦進出)」と期待を述べた。
先制トライを決めた文主将は「本当にうれしい。目標は全国大会優勝です。花園で大阪朝鮮と東京朝鮮が対戦し会場を同胞で埋めるという夢の一歩が実現できました」と花園への思いを語った。

|

« 日本男女、初日3連勝。リオ五輪アジア予選1日目 | Main | リオ五輪アジア予選、日本男子出場権獲得。韓国3位。日本女子も第1次予選1位通過 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「全国高校ラグビー大会東京都予選、決勝は學院久我山2大会連続、東京朝鮮高初出場を決める:

« 日本男女、初日3連勝。リオ五輪アジア予選1日目 | Main | リオ五輪アジア予選、日本男子出場権獲得。韓国3位。日本女子も第1次予選1位通過 »