« NZが連覇達成。15W杯。2位・豪州、3位・南ア | Main | リオ五輪アジア地区最終予選、韓国代表名簿公表 »

November 04, 2015

全国高校ラグビー大会東京都予選、決勝は東京高×國學院久我山、東京朝鮮高×明大中野

「全国高校ラグビー大会東京都予選、決勝は東京高×國學院久我山、東京朝鮮高×明大中野に」

 11月1日は「第95回全国高校ラグビー大会東京都予選(第1地区、第2地区)」の準決勝4試合行われ11月8日(秩父宮ラグビー場)の決勝進出校が決まった。

 第1地区は5大会連続出場を目指す東京高と同2大会連続となる國學院久我山、第2地区は初出場をかける東京朝鮮高と26大会ぶりの古豪復活へ明大中野の対戦となる。
*東京朝鮮高は3年連続花園の行く手を阻んできた目黒学院を破り歓喜に沸いた
Dscf0599
Dscf0606_2

第1地区 ①東京高52(前半17-7)21大東文化大第一
Dscf0374

東京が試合を大東一につけ入る隙を見せず決勝進出を決めた。前半3分、大東陣22メートルで左ラインアウトを得ると右オープンへ回しWT11西野稜祐(2年)が右隅へ先制トライを奪った。12分にはキックパスを受けたFB山菅一史(3年)が左インゴールへ飛び込み5点を追加、さらに1トライを加え17-0とする。大東一は愚直にモールからFWがラックサイドをつくアタックを見せる。前半終了間際31分にラインアウトからもこの攻撃を選びFL6小林陸人(3年)がトライラインを越え7点を返し後半へ。

後半は東京WTB西野が躍動した。
Dscf0344
3分センターラインからのスクラム。東京は左へ回すと西野へ渡りタッチライン際を走り切りトライを奪う。さらに4分後、大東陣22メートルの左ラインアウトではライン際に動きボールをもらうと3本目のトライを決める。西野は10分、25分にもトライラインを駆け抜け計5トライ。東京は後半5トライを奪い大東一に2トライ返されたが安定した攻めで決勝へ進んだ。
森秀胤監督は「一つ一つ勝ち進んでいくだけ。決勝はチャレンジャーとして臨む」と気持ちを引き締める。5トライの西野は「もともとSOだったのでボールをもらうとゲインを切る自信はあった。自分からボールをもらえるように積極的にプレーできた」と満足気だった。

②國學院久我山24(前半0-18)18本郷高
Dscf0435
第1試合はやや強かった風も微風と変わり環境の良い中でキックオフとなる。
試合は前後半で得点チームが入れ替わるという予想しない展開になった。
前半の入りは本郷が優勢に進めた。10分久我山陣へ入ると久我山のノットロールアウェーを誘いCTB13北川浩史(3年)がPGを決め先制。11分に久我山LOが反則の繰り返しで7分間の退場となった。直後の13分にはゴール前でペナルティーをもらいSH藤浪魁(3年)がトライラインを越え10-0と差を広げた。21分にもトライで5点を加える。浮足立つ久我山に対し「相手は焦っている!」と本郷選手は声を掛け合った。
30分にはPGで3点を加え18-0で折り返した。
後半は全く逆の舞台となった。久我山は本郷の攻めをディフェンスで耐える。8分、本郷陣でターンオーバーしたボールを丁寧につなぎNO8川合秀和(3年)がようやくファイブポインターとなった。GもFB島田悠平(3年)が決めて7-18。13分には久我山陣で本郷がノックオンをすると拾った久我山はWTB11安倍勇佑が左タッチ際を快走、最後はCTB12桑山太一(3年)が左中間へトライ、G成功で4点差へ迫った(14-18)。そして21分、本郷ゴール前スクラムからオープンンサイドへ攻め続けCTB13芝大河(2年)が逆転トライを左中間へ決めた(21-18)。さらに28分PGを確実に決めると最後は本郷にゴールラインへ迫られたがディフェンスで粘りラインを割らせなかった。
Dscf0429

両チームの反則は11ずつお互い点を奪われた前半、後半に集中していた。
勝者、久我山・竹内伸光監督は接戦の勝利に「トライを取られて選手は焦っていた。ラインアウトを得て確保したボールをキープする約束をパスで回すなど練習と違うことをやってしまった。(決勝は春季28-29で敗戦の東京高)一生懸命やるだけです」と話した。

第2地区①東京朝鮮高17(7-5)15目黒学院
Dscf0600

FWのモールから活路を見出す東京朝鮮とトンガ出身選手の個人突破力で勝ち上がってきた目黒。両校は2年前の第1地区決勝(目黒78-0東京朝鮮)以来、目黒が東京朝鮮の行く手を阻んできたが、今季は春季大会で東京朝鮮が17-14と逆転勝ちしている。
Dscf0508

前半開始早々は東京朝鮮が目黒陣へ入ると得意のモールでゴール前へ迫るがミスでチャンスを逸する。9分、目黒が東京朝鮮陣で左ラインアウトを得、出たボールをオープンへ。SOファカタヴァ・ソセフォ(3年)がランで切り込み右CTB13篠宮蓮太朗(3年)が先制トライを奪った。
これに対し東京朝鮮は愚直に得意のアタックを繰り返した。17分、ラインアウト、モールで目黒ゴールラインへ迫る。FWがラックサイド突く。出たボールをSO申誠敏(シン・ソンミン、3年)がポスト下へ運び同点、CTB12金基英(キム・キヨン、3年)がG成功し7-5と逆転した。

目黒は前半終了間際に敵陣5メートルのラインアウトを得るもトライを奪えなかった。後半も同じ展開が続いた。8分、目黒はスクラムから18次攻撃を続けFB峯崎幸大(3年)が再逆転トライを右端へ(10-7)。すると7分後、東京朝鮮は目黒陣左ラインアウトからモールを押す。NO8文相太(ムン・サンテ)がインゴールで押さえ3度目の逆転劇(G成功。14-10)。
Dscf0551

試合の行方は最後までもつれた。27分、目黒が反則を得ると素早く回しLO5アサエリ・サミソニが逆転トライを奪う(15-14)。しかし東京朝鮮は落ち着いていた。30分、目黒陣へ入るとモールで進む。ラックでターンオーバーされるも反対にターンオーバーでボールを取り返す。ロスタイム2分で攻め続け目黒のオフサイドを誘った。約30メートルのPGを選択しCTB金が慎重に蹴るとボールをポールの真上を飛び越え17-15で3年ぶりの決勝進出を勝ち取った。
Dscf0594

PGを決めた金は「過去3年間、目黒に負けてきた。応援してくれる同胞や日本人のみなさんのためにも決勝で勝つ。明大はBKがいいチームですが朝鮮は全員で戦う」と決意を話した。
呉昇哲(オ・スンチョル)監督は「想定内の展開でしたが、ハラハラドキドキして見ていた。後半、最後に逆転されてもモールで押せていたので焦りは無かった。モールで押し込み反則を得てPGで決めるというプラン通りにできた。決勝まで1週間、しっかり準備します」と花園への夢を膨らませた。
Dscf0617

②明大中野19(7-0)0早稲田実業
Dscf0737

試合開始から早実が明大陣へ入り続けるも反則やハンドリングミスで点を奪えない状態が20分すぎまで続いた。
試合が動いたのは24分、明大が早実陣へ入りモールを組むとそのまま押し切った。PR3笹川大五(3年)が先制トライを奪う。GもSO二浦瑞樹(2年)が確実に決めた。
後半は明大のアタックが息を吹き返した。開始から早大陣で試合をリードする。早実のゴールラインを背負って懸命のディフェンスで耐える。しかし7分に明大が右ラインウトからモールで押すと外側のディフェンスが甘くなりWTB11西村壮平(3年)が左隅トライラインを越え5点を加えた。さらに明大は18分、右ラインアウトからモールでそのままトライを奪い19-0で26大会ぶりの花園出場へ王手をかけた。
Dscf0683

早実は前半最初のチャンスを逸したことが響いた
Dscf0651

明大中野・勝田宗頼監督は「今日は前半、選手がかたかった。BKが機能していなかったので後半はFWで行くプランができた。東京朝鮮には今年負けているので(春季大会準決勝
20-27)、やるだけです」

|

« NZが連覇達成。15W杯。2位・豪州、3位・南ア | Main | リオ五輪アジア地区最終予選、韓国代表名簿公表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 全国高校ラグビー大会東京都予選、決勝は東京高×國學院久我山、東京朝鮮高×明大中野:

« NZが連覇達成。15W杯。2位・豪州、3位・南ア | Main | リオ五輪アジア地区最終予選、韓国代表名簿公表 »