« 第52回全国大学ラグビー選手権大会1次最終週 | Main | TLは、第3週。近鉄がサントリーを下す »

November 26, 2015

対抗戦、筑波が帝京に逆転勝ち。

2015-16の大学ラグビー。
 11月29日(日)は関東大学対抗戦、関西大学リーグ戦が終盤です。
 対抗戦Aは6連勝の帝京大と3勝の筑波大が最終戦。帝京は完全Vを狙った。
 前半17-0と順調に折り返したがトライミスから筑波ペースに。31分にTで17-13と迫ると36分、逆転Tが生まれ17-18に。G成功し17-20。残り1分で帝京が筑波ゴール前でラインアウトを得るも筑波が守り切った。
 帝京の国内大学との連勝が50でストップした。
 12月6日の早明戦で明治大が勝てば6勝1敗となり帝京と両校優勝と成る。大学選手権の1位扱いは帝京。
 7位は日本体育大、8位立教大となった。入替戦は日体がB2位の明治学院大、立教がB1位成蹊大と対戦する。
 関西大学Aは29日(日)に3位グループの3勝3敗、摂南大と立命館大。34-24で制した立命が4勝3敗で単独3位に。摂南は負ければ4敗となった。
 近畿大対関西大(2勝4敗)は関西が勝ち3勝4敗に。翌週、京都産業大が勝てば同じく3勝4敗で大学選手権出場枠の5位まで熾烈な争いになる。
 優勝は翌週12月5日(土)の全勝・天理大と1敗の同志社大が争う。
 Bリーグは最終週(9週)。8戦全勝同士の大阪体育大と龍谷大はA復帰をかけて1位通過を戦う。

 関東リーグ戦2部は日本大が全勝優勝で入替戦へ(相手は山梨学院大)。もう1枠は関東学院大が専大と対戦する。
 3部は優勝が朝鮮大で2部8位の玉川大と、2位東京農業大は2部7位白鴎大と対戦へ(12月13日、玉川大G)。
  
<<関東大学対抗戦A>>
①帝京大(6-1)、②明治大(5-1)、③筑波大(5-2)、④早稲田大(4-2)、
⑤慶應大(3-3)、⑥青山学院大(2-4)、⑦日本体育大(1-6)、⑦立教大(0-6)
■第14週
◆明治大-早稲田大(12月6日、秩父宮)
*明治(5勝1敗)、早稲田(4勝2敗)

◆慶應大-青山学院大(熊谷)
*慶應(3勝3敗)、青山(2勝4敗)
◎青山FL崔玄祺(チェ・ヒョンギ、1年、東福岡高-九州朝鮮中)/左から2人目。174CMで3列を支える。
Dscf9195

■第13週
◆帝京大17(17-0)20筑波大(11月29日、上柚木)
*帝京3T1G(6勝1敗)、筑波3T1G1P(5勝2敗)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)
Dscf9104
◎筑波PR崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)
Dscf9951

◆立教大15(0-33)61日本体育大
*立教3T(7敗)、日体大7T7G4P7(1勝6敗)

■第12週
◆慶應大31(14-15)32早稲田大(11月23日、秩父宮)
*慶應5T3G(3勝3敗)、早大4T3G2P(4勝2敗)

■第11週
◆筑波大70(39-0)0日本体育大(11月14日、江戸川)
*筑波10T5G(4勝2敗)、日体大(6敗)
◎筑波PR3崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)。1T

◆青山学院大42(19-0)0立教大(ニッパツ)
*青山7T2G1P2勝4敗)、立教(6敗)
◎青山FL7崔玄祺(チェ・ヒョンギ、1年、東福岡高-九州朝鮮中)/左から2人目。174CMで3列を支える。

◆帝京大49(21-13)32明治大(15日、秩父宮)
*帝京6T5G3P(6勝)、明治4T3G2P(5勝1敗)
◎帝京LO金廉(2年、キム・リャン、大阪朝鮮高)
◎帝京LO5金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)

■第10週
◆早稲田大52(21-9)17日本体育大(11月8日、群馬)
*早稲田8T6G(4勝2敗)、日体大1T4P(5敗)

◎帝京コーチ金清梧(キム・チョンオ、4年、東京朝高)
◎帝京PR金翔鎬(キム・サンホ、3年、東京朝高)
◎帝京SO金孝舜(キム・ヒョウスン、3年、東京朝高)
◎帝京PR李成鏞(リ・ソンヨン、2年、大阪朝高)
◎帝京PR趙雄真(チョ・ウンジン、1年、東京朝高)
◎帝京FL申賢志(シン・ヒョンジ、1年、大阪朝高)
◎帝京FL下相悠(1年、ピョン・サンユ、東京朝高)

<<関東大学リーグ戦1部>>
①東海大(28)、②流通経済大(25)、③中央大(22)、④大東文化大(19)、⑤法政大(16)、
⑥拓殖大(13)、⑦専修大(10)、⑧山梨学院大(7)
■第10週
◆流通経済大31(14-14)38東海大(11月22日、秩父宮)
*流経大4T4G1P(25)、東海5T5G1P(29)
◎流経大PR林材彬(4年、イム・ジェビン、임재빈。韓国・養正高)
◎流経大PR16金仁謙(2年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)
◎流経大LO李一凡(2年、高知中央高)
◎流経大NO8FL安永奭(4年、アン・ヨンソク、안영석。韓国・養正高)
◎流経大WTB高武栄(4年、コウ・ムヨン、東京朝高)
◎流経大CTB韓尊文(1年、ハン・ソンムン、大阪朝高)
*流経大HO申盛浩(4年、シン・ソンホ、신성호。韓国・忠北高)
◎法政SH黄将棋(2年、ファン・サンギ、大阪朝高)
◎法政PR李承記(1年、リ・サンギ、大阪朝高)。
◎法政SO呉洸太(1年、オ・ガァンテ、大阪朝高)
◎東海LO李昇剛(3年、イ・スンガン、東京朝高)/中央。
Dscf8920
◎東海SO金成志(3年、キム・ソンジ、大阪朝高)
◎東海SO金典弘(2年、キム・ジョンホ、大阪朝高)
◎東海FL高裕成(1年、コウ・ユソン、大阪朝高)
◎東海FL蔡隆志(1年、チェ・リャンジ、大阪朝高)

◆大東文化大41(24-5)38法政大
*大東7T3G(19)、法政6T4G(15)
◎法政SH黄将棋(2年、ファン・サンギ、大阪朝高)
◎法政PR李承記(1年、リ・サンギ、大阪朝高)。
◎法政SO呉洸太(1年、オ・ガァンテ、大阪朝高)

◆拓殖大34(22-5)19専修大(江戸川)
*拓殖6T2G(14)、専修3T2G(10)
◎拓殖PR具智元(3年、グ・ジウォン、구지원。日本文理高、NZ中、韓国)。
*前週(11月7日・中大戦)でも山梨学院大戦で痛めた右足首を捻挫再発。それでも出続けた
「スクラムで頑張らないといけなかった」
Dscf0901

◎拓殖SO具智允(4年、グ・ジユン、구지윤。日本文理高、NZ中、韓国)。1T
Dscf1125

◎拓殖SH9姜秉周(3年、カン・ピョンジュ、강병주。日本文理高、韓国)。
Dscf1098

◎拓殖CTB鄭季和(1年、チョン・ケファ、15-、12専修大、日本文理高、韓国)

◆中央大97(33-3)3山梨学院大
*中大15T11G(22)、山梨1P(7)

<<関東大学リーグ戦2部>>
①日本大(28)、②関東学院大(25)、③立正大(22)、④東洋大(19)
⑤国士舘大(16)、⑥國學院大(13)、⑦白鴎大(6)、⑧玉川大(6)
■第7週
◆関東学院大35(12-8)25東洋大(11月22日、熊谷A)
*関東(25)、東洋(19)

◆日本大50(10-7)12立正大
*日大(28)、立正(22)
◎日大PR金大毅(3年、キム・テフィ、大阪朝高)。
◎日大SH李翔大(3年、リ・サンデ、大阪朝高)
◎日大SO金貴大(3年、キム・キデ、大阪朝高)。
◎日大FL孫昇巳(2年、ソン・スンギ、大阪朝高)。
◎日大WTB高大成(2年、コウ・テソン、大阪朝高)
◎日大PR秦舜一(1年、チン・スンイル、大阪朝高)
◎日大SH朴鐘必(1年、パク・チョンピル、大阪朝高)
◎日大FB金志大(1年、キン・チデ、大阪朝高)
◎立正CTB李翔太(4年、東京朝鮮高)

◆玉川大14-14白鴎大(拓大G)
*玉川(8)、白鴎(8)

◆國學院大22(15-19)31国士舘大
*國學院(13)、国士舘(16)

■第6週
◆玉川大7(0-7)50國學院(11月7日、相模原)
*玉川(6)、國學院(12)

◆日本大29(21-13)20関東学院大
*日大(24)、関東(21)

◆国士舘大38(19-12)12白鴎大(8日、熊谷B)
*国士舘(12)、白鴎(6)

◆東洋大12(0-10)18立正大
*東洋(18)、立正(21)

<<関東大学リーグ戦3部>>
①朝鮮大(25)、②東京農大(25)、③防衛大(22)、④東京工業大(22)、
⑤国際武道大(16)、⑥駿河台大(13)、⑦横浜国立大(10)、⑧埼玉工業大(5)
■第7週
◆国際武道大35-28埼玉工業大(11月22日、東京農大G)
*武道(16)、埼玉工業(5)

◆東京農業大33(12-13)23東京工業大
*農大(25)、東工(22)

◆朝鮮大26-10防衛大(駿河台大G)
*朝鮮(25)、防大(22)

◆駿河台大43(21-7)20横浜国立大
*駿河(13)、横国(10)

<<関西大学A>>
①天理大(6-0)、②同志社大(5-1)、③立命館大(4-3)、④摂南大、関西大(3-4)、⑥京都産業大(2-4)、
⑦近畿大(2-5)、⑧関西学院大(1-5)
■第7週
◆近畿大28(7-19)33関西大(11月29日、鶴見)
*近畿4T4G(2勝5敗)、関西6T3G(3勝4敗)
◎近畿HO18朴泰有(2年、パク・テユ、大阪朝高)。後半
◎近畿NO8金容信(4年、キム・ヨンシン、大阪朝高)
◎近畿PR金明樹(1年、キム・ミョンス、大阪桐蔭)

◆摂南大24(5-14)34立命館大
*摂南4T2G(3勝3敗)、立命4T4G2P(4勝3敗)
◎摂南SH金英貴(2年、キム・ヨンギ、大阪朝高)
◎摂南WTB19申翔志(3年、シン・サンジ、大阪朝高)
◎摂南マネージャー金真央(4年、大阪朝高)

◆天理大-同志社大(12月5日、西京極)
*天理(6勝)、同志社(5勝1敗)
◎天理FL李淳也(4年、リ・ジュンヤ、常翔啓光学園)。
◎天理HO/PR白隆周(4年、ペク・リャンジュ、都島工)。
◎天理CTB朴泰慶(1年、パク・テギョン、大阪朝高)
◎同大PR趙隆泰(3年、チョ・リャンテ、大阪朝高)
◎同大FL朴鐘翔(4年、パク・ジョンサン、大阪朝高)
◎同大FL朴成脩(2年、パク・ソンス、大阪朝高)。後半から
◎同大FB康哲明(4年、カン・チョルミョン、大阪朝高)
◎同大PR金志憲(1年、キム・ジホン、大阪朝高)
◎同大WTB康哲訓(1年、カン・チョルフン、大阪朝高)

◆京都産業大-関西学院大
*京産(2勝4敗)、関学(1勝5敗)
◎京産FL李智栄(3年、リ・チヨン、大阪朝高)。1T
◎京産PR金亨志(4年、キム・ヒョンジ、大阪朝高)
◎京産PR金大輝(2年、キム・テフィ、大阪朝高)
◎京産HO蔡淳志(3年、チェ・スンジ、大阪朝高)
◎京産CTB金将一(3年、キム・ジャンイル、大阪朝高)
◎京産FL具一樹(2年、グ・イルス、大阪朝高)
◎京産PR金勇一(1年、キム・ヨンイル、大阪朝高)
◎関学SH金大地(3年、キム・デジ、大阪朝高)
◎関学CTB洪泰一(4年、ホン・テイル、大阪朝高)
◎関学CTB金淳英(3年、キム・スンヨン、大阪朝高)
◎関学LO金鐘星(1年、キム・ジョンソン、大阪朝高)
◎関学CTB沈祥健(1年、シム・サンゴン、大阪朝高)
◎関学主務高民起(4年、コウ・ミンギ、大阪朝高)

■第6週
◆立命館大36(14-3)8近畿大(11月14日、宝が池)
*立命館6T3G(3勝3敗)、近畿1T1P(2勝4敗)
◎近畿PR18朴泰有(2年、パク・テユ、大阪朝高)、HOで出場

◆天理大33(21-14)19京都産業大
*天理5T4G(6勝)、京産3T2G(2勝4敗)
◎天理FL6李淳也(4年、リ・ジュンヤ、常翔啓光学園)。
◎京産FL7李智栄(3年、リ・チヨン、大阪朝高)。1T
◎京産PR1金亨志(4年、キム・ヒョンジ、大阪朝高)

◆摂南大19(0-10)32関西大(神戸ユニバ)
*摂南3T2G(3勝3敗)、関西4T3G2P(2勝4敗)

◆同志社大29(26-17)27関西学院大
*同大4T3G1P(5勝1敗)、関西学3T3G2P(1勝5敗)
◎同大PR1趙隆泰(3年、チョ・リャンテ、大阪朝高)
◎同大FL19朴鐘翔(4年、パク・ジョンサン、大阪朝高)

<<関西大学B>>
①大阪体育大(9-0)、②竜谷大(8-1)、③花園大(7-2)、④大阪教育大(6-3)、
⑤大阪産業大、神戸大、大阪大、京都大(3-6)、⑨甲南大(1-8)、⓾大阪経済大(1-9)
■第9週(11月29日)
◆大阪大7-27神戸大(甲南大)
*大阪(3勝6敗)、神戸(3勝6敗)

◆甲南大41-24大阪経済大
*甲南(2勝7敗)、経済(1勝8敗)

◆大阪教育大47-14京都大(宝が池)
*教育(6勝3敗)、京大(3勝6敗)

◆花園大43-40大阪産業大
*花園(7勝2敗)、産業(3勝6敗)

◆大阪体育大33-26龍谷大
*大体大(9勝)、龍谷(8勝1敗)

■第8週(11月22日)
◆京都大30-15神戸大(京大G)
*京大(3勝5敗)、神戸(2勝6敗)、

◆龍谷大47-21大阪教育大(甲南大)
*龍谷(8勝)、教育(5勝3敗)、

◆花園大53-39甲南大
*花園(6勝2敗)、甲南(1勝7敗)

◆大阪体育大61-12大阪産業大(産大G)
*大体大(8勝)、産業(3勝5敗)

◆大阪経済大34-38大阪大
*経済(1勝7敗)、大阪(3勝5敗)

<<九州学生1部>>
■入替戦(12月5日)
◆長崎大(7位)-熊本大(2部2位)

◆沖縄国際大(8位)-西南学院大(2部1位)

■順位決定戦Aブロック
①福岡工業大、②九州共立大、③福岡大、④日本文理大
■順位決定戦Bブロック
⑤鹿児島大、⑥九州大、⑦長崎大、⑧沖縄国際大

|

« 第52回全国大学ラグビー選手権大会1次最終週 | Main | TLは、第3週。近鉄がサントリーを下す »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 対抗戦、筑波が帝京に逆転勝ち。:

« 第52回全国大学ラグビー選手権大会1次最終週 | Main | TLは、第3週。近鉄がサントリーを下す »