« November 2015 | Main | January 2016 »

December 31, 2015

ラグビー「裏花園」に大阪朝鮮高が出場

 毎年1月1日から福岡県のグローバルアリーナで開催される「サニックスワールドラグビーユース交流大会2016予選会」。

 16年GWの本大会出場を花園の全国高校大会出場を逃した16校が争います。大阪朝鮮高も参加し本大会出場枠1を目指します。

  本大会にはNZ、豪州、南ア、イングランドなど強豪国の高校チャンピオンが参加し高校生世代の強化につながっている大会。ここを経験して各国代表となりW杯出場する選手も多い。

 予選会は、「裏花園」という言われ方もします。出場は来年2,3年生になる今の1,2年生。全国大会は今の1-3年生が出るので新しい学年のみの実力を知る大会。

 組合せは下記
■1回戦(16年1月1日)
◆①東京高-常翔啓光学園
◆②名古屋高-報徳学園
◆③目黒学院-洛北高
◆④東海大五高-大阪朝鮮高
◆⑤大阪産業大附属高-慶應義塾高
◆⑥早稲田摂稜高-札幌山の手高
◆⑦明大中野高-近畿大附属高
◆⑧神戸科技高-御所実業高

■2回戦(1月2日)
◆⑨/①-②勝者
◆⑩/③-④勝者
◆⑪/⑤-⑥勝者
◆⑫/⑦-⑧勝者

■準決勝(1月4日)
◆⑨-⑩勝者
◆⑪-⑫勝者

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 28, 2015

東京朝鮮高、初戦で惜敗(19-26)筑紫高

 東京朝鮮高(東京2)が初出場する「第95回全国高校ラグビー大会(2015-16)」が12月27日、開幕した(大阪花園ラグビー場)。55校が頂点(16年1月11日)を目指して熱い戦いを繰り広げる。

 1回戦が28日までに終わった。
 東京朝鮮は1回戦で筑紫高(九州推薦、福岡2位)と12月28日(月)11:15キックオフとなった(花園1)。
 前半開始直後は、筑紫が朝高DFに対し外を使い攻め立てた。ここで筑紫が朝高は筑紫陣へPKで入る。
 筑紫陣15メートルまで入った朝高はモール。すると筑紫がオフサイドの反則、再度、PKで22メートルの内側へ入った。6分、得意のモールでNO8文相太(ムン・サンテ)がインゴールへねじ込み先制した。GはCTB金基英(キム・キヨン)が決め7-0とする。
Dscf4322

 13分、筑紫がBKのランで左タッチ際、トライライン寸前へ。ここで朝高FB権泰錫(クォン・テソ)が止めるものも、しかしタックルが首にいっった。危険なタックルでがシンビンとなり一時的な退場となった。

 14分、この反則をいかした筑紫はラインアウトを選択しショートでボールを確保した。ラックで近場を攻める。外が少ない朝高DFを見越し左側から右へグラバーキック。ボールはバウンドが変わり難しい状況を筑紫WTBがうまくキャッチした。朝高DF2人を体をうまく使いかわしてトライへ。G成功で同点にした(7-7)。

 さらに16分、リスートのボールを追ったFL7南成冠(ナム・ソンガン)は筑紫のジャンパーが空中にいる状態で頭から突っ込んでしまった。危険なタックルでシンビンで2人少ない状況となった。
 筑紫はラインアウトを得る。朝高陣で人数差を利用して大きく右から左へ展開。ゴール前ラックからPR1がボールを持ち出しゴール中央へトライし逆転した(14-7)。
 1人、朝高は戻る。筑紫は22分にも中央スクラムから回しトライ、5点を追加した。
 ようやく15人となった朝高。モールへ自信をもつ朝高は焦らない。26分、筑紫陣22メートルの外からモールを一気に押し込む。ラックとなるも再度、モールを組むとポスト下へ文が2本目のトライで19-14で折り返した。
Dscf4355

 後半、朝高がゴールラインへ迫るも点を奪えない状態が続く。朝高が筑紫22メートル外でラインアウトを得、押す。筑紫が苦し紛れにモールを崩すコラプシングで犯す。このチャンスも迷わずにラインアウトを選択、ゴール5メートル付近の左ラインアウト。19分、文が3本目となるトライラインを越えた(19-19)。
Dscf4404
Dscf4410
 再逆転を狙ったCTB金のGは成功せずに19-19の同点へ。
 
 お互い厳しいDFで時間がすぎた。
 朝高陣からCTB金がキックするも筑紫に当たり筑紫がターンオーバー。朝高が反則で筑紫は左ラインアウトを選択するも投入ミスで朝高ボールへ。ラックとなり金がタッチへ蹴りだすも22メートルの内側。
 再度、チャンスを得た筑紫は早めに左ラインアウトから出しボールを持ち込む。ラック-モールを繰り返す。モールを組むと押しこんだボールをNO8久保山がインゴールへG成功で26-19とした。
Dscf4415

 リスタートのボール。確実に確保した筑紫。30分までセンターライン付近で保持し最後は外へ蹴り終了した。
Dscf4425

 PR1文陽善(ムン・ヤンソン)主将
Dscf4430
「応援してくれた東京朝鮮高校関係者、大阪朝鮮高関係者。日本の方々に元気と勇気を与えることができなかった。でもきょうの負けは今後、『花園で1回戦突破』「花園優勝』という次の目標になる。1、2年生たちも思いがつながる」と明日を見据えた。

「第95回全国高校ラグビー大会(2015-16)日程」。分かりやすいようにブロックで掲載します
<A>
■1回戦(12月27日)
◆①天理高(奈良)90-7山形南高(山形)
◆②新潟工業高(新潟)76-7津山工業高(岡山)
◆③尾道高(広島)15-18深谷高(埼玉)

■2回戦(30日)
◆常翔学園高3-5天理高(奈良)
◆新潟工業高(新潟)14-45深谷高(埼玉)

■3回戦(1月1日)
◆天理高(奈良)-深谷高(埼玉)

<B>
■1回戦(27日)
◆①北条高(愛媛)7-37遠軽高(北北海道)
◆②荒尾・岱志高(熊本)7-39仙台育英高(宮城)

■2回戦(30日)
◆石見智翠館高(島根)71-3遠軽高(北北海道)
◆流通経済大柏高(千葉)69-3仙台育英高(宮城)

■3回戦(1月1日)
◆石見智翠館高(島根)-流通経済大柏高(千葉)

<C>
■1回戦(27日)
◆①魚津工業高(富山)5-30和歌山工業高(和歌山)
◆②青森北高(青森)24-21高鍋高(宮崎)
◆③伏見工業高(京都)78-0郡山北工業高(福島)

■2回戦(30日)
◆東海大仰星高(大阪1)93-0和歌山工業高(和歌山)
◆青森北高(青森)21-36伏見工業高(京都)

■3回戦(1月1日)
◆東海大仰星高(大阪1)-伏見工業高(京都)

<D>
■1回戦(27日、28日)
◆①春日丘高(愛知)21-24佐賀工業高(佐賀)
◆②明和県央高(群馬)44-12土佐塾高(28日、高知)
◆③秋田中央高(秋田)68-3広島工業高(中国・広島2位)

■2回戦(30日)
◆佐賀工業高(佐賀)71-3明和県央高(群馬)
◆桐蔭学園高(神奈川)40-15秋田中央高(秋田)

■3回戦(1月1日)
◆佐賀工業高(佐賀)-桐蔭学園高(神奈川)

<E>
■1回戦(28日)
◆①東京朝鮮高(東京2)19(14-19)26筑紫高(九州・福岡2位)
*朝高3T2G、筑紫4T3G

◆②高松北高(香川)0-68関商工高(岐阜)
◆③大分舞鶴高(大分)43-20岡谷工業高(長野)

■2回戦(30日)
◆大阪桐蔭高(大阪2)31-10筑紫高(九州・福岡2位)
◆関商工高(岐阜)19-19大分舞鶴高(大分)
*関商工が3回戦へ

■3回戦(1月1日)
◆大阪桐蔭高(大阪2)-関商工高(岐阜)

<F>
■1回戦(28日)
◆①若狭高(福井)12-45つるぎ高(徳島)
◆②茗渓学園高(茨城)7-18関西学院高(兵庫)
◆③静岡聖光学院高(静岡)105-0倉吉北高(鳥取)

■2回戦(30日)
◆つるぎ高(徳島)17-57関西学院高(兵庫)
◆國學院久我山高(東京1)35-7静岡聖光学院高(静岡)

■3回戦(1月1日)
◆関西学院高(兵庫)-國學院久我山高(東京1)

<G>
■1回戦(28日)
◆①萩商工高(山口)7-25黒沢尻工業高(岩手)
◆②日川高(山梨)38-19コザ高(沖縄)
◆③長崎北陽台高(長崎)42-12函館ラ・サール高(南北海道)
Dscf4503
Dscf4561

■2回戦(30日)
◆東福岡高(福岡)88-21黒沢尻工業高(岩手)
◆日川高(山梨)14-24長崎北陽台高(長崎)

■3回戦(1月1日)
◆東福岡高(福岡)-長崎北陽台高(長崎)

<H>
■1回戦(28日)
◆①京都成章高(近畿、京都2位)34-7日本航空高石川(石川)
◆②朝明高(三重)64-0鹿児島実業高(鹿児島)
◆③光泉高(滋賀)13-10東海大相模高(関東、神奈川2位)

■2回戦(30日)
◆京都成章高(近畿、京都2位)71-12朝明高(三重)
◆國學院栃木高(栃木)19-17光泉高(滋賀)

■3回戦(1月1日)
◆京都成章高(近畿、京都2位)-國學院栃木高(栃木)

<決勝トーナメント>
■準々決勝(1月3日)



■準決勝(1月7日)

■決勝(1月11日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

準決勝は明大VS東海大、帝京大VS大東大に。大学準決勝

2015年度の大学日本一を決める「第52回全国大学ラグビー選手権大会」。
 12月13日(日)にセカンドステージ、16校を4組に分けた予選がスタート。各組1位が16年1月2日の準決勝へ進む。
 27日(日)に4強がすべて決まる。
 C組は2勝(勝点12)の大東文化大と勝点9の同志社大が対戦し大東大が33-31で制し1位通過。
 D組は2勝(14)の明治大が立命館大に7T5Gなどで48-12と圧倒し1位通過した。

 来年2016年1月2日の準決勝は「明治大VS東海大」「帝京大VS大東文化大」に決まった。
 
 20日(日)2日目結果。
 A組王者、帝京大は関西大と。13T87-22で大勝し勝点15となり1位通過を決めた。
 B組も東海大が天理大を9T61-5で破り15となり1位通過。早稲田大、天理大が敗退した。
Dscf3551

 C組は混戦。大東文化大・慶應大、同志社大・筑波大。
 大東が慶應を6T5G40-14と圧勝し勝点12となった。いっぽう前週に大東に苦杯した筑波が同大を36-22で制した。結果、1位通過は次週の大東と同大の直接対決で決まる。
 D組は明治大はライバル流通経済大を7T7G52-14で一蹴し勝点13へ伸ばしほぼ1位通過は確実になった。
 13日(日)1日目結果
 A組王者・帝京大は法政大を10T66-7で一蹴した。
 B組の優勝候補・東海大も同じく10T66-7で朝日大を寄せ付けなかった。
 天理大が後半、早稲田大を逆転し14-10で勝ち東海との1位通過へ道を開いた。
 C組は同志社大が6T36-8と慶應大を下した。優勝候補の筑波大が前半、大東文化大に逆転され31-22で敗戦。
 D組は流通経済大が後半、立命館大を逆転し38-30で勝ったほか明治大は8T53-14で7京都産業大を相手にしなかった。
 11月22日から1次予選(ファーストステージ)が開始された。
 12月5日は、1勝同士の法政大(関東リーグ戦第5代表)と九州代表の福岡工業大戦。
 法大が66-31で圧勝し13日から始まる2次予選(セカンドステージ)へ進んだ。

 11月22日、九州代表の福岡工業大が初出場・八戸学院大(北海道・東北代表)を75-14で一蹴した。
 
 29日は法政大が八戸工業大から25Tを奪い163-0で1勝目。
 
 2次に出場する東海・北陸・中国・四国地区代表は、11月29日に愛知・パロマ瑞穂ラグビー場でおこなわれる朝日大71-6環太平洋大となった。

<<「第52回全国大学ラグビー選手権大会」>>
<セカンドステージ>
{プール戦}
■A①帝京大、②中央大、③法政大、④関西大
◆帝京大(関東対抗戦1位)
◎帝京LO金廉(2年、キム・リャン、大阪朝鮮高)
◎帝京LO5金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)
◎帝京コーチ金清梧(キム・チョンオ、4年、東京朝高)
◎帝京PR金翔鎬(キム・サンホ、3年、東京朝高)
◎帝京SO金孝舜(キム・ヒョウスン、3年、東京朝高)
◎帝京PR李成鏞(リ・ソンヨン、2年、大阪朝高)
◎帝京PR趙雄真(チョ・ウンジン、1年、東京朝高)
◎帝京FL申賢志(シン・ヒョンジ、1年、大阪朝高)
◎帝京FL下相悠(1年、ピョン・サンユ、東京朝高)

◆中央大(関東リーグ戦3位)
◆関西大(関西4位)
◆法政大(ファースト1位)
◎法政SH黄将棋(2年、ファン・サンギ、大阪朝高)
◎法政PR李承記(1年、リ・サンギ、大阪朝高)。
◎法政SO呉洸太(1年、オ・ガァンテ、大阪朝高)

◇帝京大66(42-7)7法政大(12月13日、ケーズ)
*帝京10T8G(9)、法政1T1G(0)
◎帝京LO5金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)

◇中央大24(7-12)12関西大(瑞穂)
*中央4T2G(7)、関西2T1G(0)

◇中央大28(28-5)36法政大(20日、ギオンズ相模原)
*中央4T4G(8)、法政5T4G1P(6)

◇帝京大87(45-3)22関西大(熊谷)
*帝京13T11G(15)、関西(0)
◎帝京LO5金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)

◇帝京大105(48-0)0中央大(27日、秩父宮)
*帝京大17T10G(21)、中央(8)
◎帝京LO5金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)、1T

◇関西大29(22-7)24法政大(皇子山)
*関西5T2G(6)、法政3T3G1P(7)

■B①東海大、②天理大、③早稲田大、④朝日大
◆東海大(リーグ戦1位)-
◎東海LO李昇剛(3年、イ・スンガン、東京朝高)
◎東海SO金成志(3年、キム・ソンジ、大阪朝高)
◎東海SO金典弘(2年、キム・ジョンホ、大阪朝高)
◎東海FL高裕成(1年、コウ・ユソン、大阪朝高)
◎東海FL蔡隆志(1年、チェ・リャンジ、大阪朝高)
◆天理大(関西2位)
◎天理FL李淳也(4年、リ・ジュンヤ、常翔啓光学園)。
◎天理HO/PR白隆周(4年、ペク・リャンジュ、都島工)。
◎天理CTB朴泰慶(1年、パク・テギョン、大阪朝高)
◆早稲田大(関東対抗戦4位)
◆朝日大(東海北陸/中四国)

◇東海大66(42-0)7朝日大(13日、瑞穂)
*東海10T8G(9)、朝日1TG(0)

◇天理大14(7-10)10早稲田大(花園)
*天理2T2G(7)、早稲田1T1G1P(1)
◎天理FL6李淳也(4年、リ・ジュンヤ、常翔啓光学園)。

◇早稲田大71(31-0)12朝日大(20日、秩父宮)
*早稲田11T8G(7)、朝日2T1G(0)

◇東海大61(35-0)5天理大(秩父宮)
*東海9T8G(15)、天理1T(7)
Dscf3545
◎天理FL6李淳也(4年、リ・ジュンヤ、常翔啓光学園)。
◎天理HO2白隆周(4年、ペク・リャンジュ、都島工)。

◇東海大48(26-3)15早稲田大(27日、江戸川)
*東海8T4G(21)、早稲田2T1G1P(7)

◇天理大41(27-0)5朝日大(瑞穂)
*天理7T3G(13)、朝日1T(0)
◎天理FL6李淳也(4年、リ・ジュンヤ、常翔啓光学園)。

■C①大東文化大、②筑波大、③同志社大、④慶應大
◆関西1位(同志社大)
◎同大PR趙隆泰(3年、チョ・リャンテ、大阪朝高)
◎同大FL朴鐘翔(4年、パク・ジョンサン、大阪朝高)
◎同大FL朴成脩(2年、パク・ソンス、大阪朝高)。後半から
◎同大FB康哲明(4年、カン・チョルミョン、大阪朝高)
◎同大PR金志憲(1年、キム・ジホン、大阪朝高)
◎同大WTB康哲訓(1年、カン・チョルフン、大阪朝高)

◆筑波大(関東対抗戦3位)
◎筑波PR崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)
◆大東文化大(リーグ戦4位)
◆慶應大(関東対抗戦5位)
◇筑波大22(10-17)31大東文化大(13日、秩父宮)
*筑波3T2G1P(1)、大東5T3G(6)
◎筑波PR3崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)

◇同志社大36(24-7)8慶應大
*同志社6T3G(9)、1T1P(0)

◇慶應大14(0-28)40大東文化大(20日、熊谷)
*慶應2T2G(0)、大東6T5G(12)

◇同志社大22(8-12)36筑波大(花園)
*同志社3T2G1P(9)、筑波5T4G1P(7)
◎同大PR17趙隆泰(3年、チョ・リャンテ、大阪朝高)
◎筑波PR3崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)

◇筑波大64(26-0)7慶應大(秩父宮)
*筑波10T7G(13)、慶應1T1G(0)
◎筑波PR3崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)

◇同志社大31(14-14)33大東文化大(皇子山)
*同志社5T3G(11)、大東5T4G(18)
◎同大PR17趙隆泰(3年、チョ・リャンテ、大阪朝高)。後半

■D①明治大、②流通経済大、③立命館大、④京都産業大
◆明治大(関東対抗戦2位)
◆流通経済大(リーグ戦2位)
◎流経大PR林材彬(4年、イム・ジェビン、임재빈。韓国・養正高)
◎流経大PR16金仁謙(2年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)
◎流経大LO李一凡(2年、高知中央高)
◎流経大NO8FL安永奭(4年、アン・ヨンソク、안영석。韓国・養正高)
◎流経大WTB高武栄(4年、コウ・ムヨン、東京朝高)
◎流経大CTB韓尊文(1年、ハン・ソンムン、大阪朝高)
*流経大HO申盛浩(4年、シン・ソンホ、신성호。韓国・忠北高)
◆立命館大(関西3位)
◆京都産業大(関西5位)
◎京産FL李智栄(3年、リ・チヨン、大阪朝高)。1T
◎京産PR金亨志(4年、キム・ヒョンジ、大阪朝高)
◎京産PR金大輝(2年、キム・テフィ、大阪朝高)
◎京産HO蔡淳志(3年、チェ・スンジ、大阪朝高)
◎京産CTB金将一(3年、キム・ジャンイル、大阪朝高)
◎京産FL具一樹(2年、グ・イルス、大阪朝高)
◎京産PR金勇一(1年、キム・ヨンイル、大阪朝高)

◇明治大53(24-7)14京都産業大(13日、花園)
*明治8T5G1P(8)、京都2T2G(0)
◎京産PR1金亨志(4年、キム・ヒョンジ、大阪朝高)

◇流通経済大38(7-24)30立命館大(ケーズ)
*流通5T5G1P(8)、立命3T3G3P(1)

◇明治大52(17-7)14流通経済大(20日、ギオンズ)
*明治7T7G1P(14)、流通2T2G(8)
◎流経大PR16金仁謙(2年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)

◇立命館大36(22-10)15京都産業大(花園)
*立命5T4G1P(7)、京都2T1G1P(0)
◎京産FL7李智栄(3年、リ・チヨン、大阪朝高)
◎京産PR1金亨志(4年、キム・ヒョンジ、大阪朝高)

◇明治大48(22-7)12立命館大(27日、江戸川)
*明治7T5G1P(20)、立命館2T1G(7)

◇流通経済大35(7-5)17京都産業大(瑞穂)
*流通経済大5T5G(14)、京都3T1G(0)
◎流経大PR18金仁謙(2年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)
◎京産FL7李智栄(3年、リ・チヨン、大阪朝高)
◎京産PR1金亨志(4年、キム・ヒョンジ、大阪朝高)

<ファーストステージ>
-■第1週(11月22日)
◆福岡工業大75(29-6)14八戸学院大(11月22日、いわき)
*福工大13T5G、八戸2T2G
◎福工FL金鎮仙(3年、キム・ヂンソン、九州朝高)

■第2週(11月29日)
◆法政大163(87-0)八戸学院大(熊谷)
*法政13T12G
◎法政SH黄将棋(2年、ファン・サンギ、大阪朝高)
◎法政PR李承記(1年、リ・サンギ、大阪朝高)。
◎法政SO呉洸太(1年、オ・ガァンテ、大阪朝高)

■第3週(12月5日)
◆法政大66(33-12)31福岡工業大(博多)
*法政10T8G、福工5T3G
◎福工FL20金鎮仙(3年、キム・ヂンソン、九州朝高)

<東海 北陸・中国 四国代表決定戦>
◆朝日大71-6環太平洋大(11月29日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラグビー全国高校大会初出場の東京朝鮮高、きょう初戦

 全国高校大会初出場の東京朝鮮高校ラグビー部。

 きょう12月28日(月)、初戦を九州地区推薦の筑紫高(福岡2位)と大阪・花園ラグビー場第1グラウンドで迎える。

 その東京朝高に全国の在日同胞から期待のこもったメッセージ入りの横断幕が届いた。

 12月27日、開会式に登場した。入場は筑紫高に続いた。
Dscf3966
Dscf3973
Dscf3974
Dscf3982

Dscf4023

 終了後、花園から徒歩15分にある兄弟校・大阪朝鮮高グラウンドで調整を行った。
Dscf4170
Dscf4176
 
 そこに2台の自転車に乗った若者2人が到着した。
Dscf4194
 朝鮮大体育学部3年でサッカー部に所属するホン・ユングさん(東京朝鮮高OB、写真左)とユン・スンホさん(大阪朝鮮高OB、右)だ。

 横断幕贈呈は昨年の大阪朝鮮高向けに続き2度目。

 ハングルで「勝利 東京朝鮮高 漢字で『心技体』」と印刷された横断幕の白地部分にメッセージが書かれている。

 2人は12月22日に東京都を出発し朝鮮小中高がある地域5か所(神奈川、静岡、愛知、京都、神戸)を回り

各所で横断幕に東京朝鮮高校応援のメッセージを書いてもらった。2人の走行距離は6日間で750キロメートルに及んだ。
Dscf4218
Dscf4233
 そして最後は、この日、大阪朝鮮高ラグビー部員が書き入れた。

 2人は大阪朝鮮高部員には「来年こそ同時に花園へ出場して戦ってほしい」と話した。
 
 きょう28日、花園第1グラウンドに掲げられる。
 
 大阪朝高グラウンドでは大阪朝高、東京朝高のほか全国大会出場の京都成章高、この日、Bチームが大阪朝高、東京朝高と練習試合を行った國學院久我山高が集結していた。
Dscf4196

 東京朝高、文陽善(ムン・ヤンソン)主将は軽い風邪をひいており練習はせずに締めのタックルのみ参加だった。
Dscf4246
 「あすは出ます。多くのお客さんが来られて緊張してますが、ひたむきに戦いたい」と話した。

Dscf4180
 シン・ハンソルコーチは「いつも通りのことができないことが起きるのが花園とたくさんの方に伺った。
あすはいつも通りにプレーしようと選手に話している。緊張するでしょが、それも楽しもうと。FW中心のスタイルは変わりません」と話した。

 選手たちは開会式で表彰を受ける入場行進に実は自信を持っていた。シンコーチは「9月に会った校内運動会の部対抗である『行進(へんじん)』に優勝していた」という。

 そしてあすの対戦相手・筑紫が行進で表彰を受けたこともあり「そちらの部分を含めて勝ちたい」と笑顔を見せた。

「フランカー洪将極(ホン・チャングッ、3年)はボクシング元世界王者の甥っ子」

 大阪朝鮮高グラウンドには東京から父母も訪れていた。

 その中に孫を見守る男性が一人。

 フランカー洪将極(ホン・チャングッ、3年)の祖父・炳允(ビョンユン)さんだ。**ビョン=火編に。

 実はビョンユンさんはボクシングの元世界チャンピオン徳山昌守(ホン・チャンス)さんの父親だ。

 つまりフランカー洪将極(ホン・チャングッ、3年)はチャンスの甥っ子という関係。

 チャンスさんは5人兄妹の三男で、ラグビー部の将極は長男・竜守(ヨンス)さんの三男。

 世界的な身体能力が引き継がれているはず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2015

パナ、ヤマハが1位通過。近鉄・Nコムも4位以内確保。サントリー陥落

 2015-16シーズン、12月26日(土)の週は「TL2015リーグ戦7週」8試合などが行われた。
 A、B各プール上位4チームが進み総合順位1-8位を決めるプレーオフ「リクシルカップ」のチームが決まった。
 
 プールA。
 首位パナソニックは(総勝点26)はHondaを圧倒し9T64-5で勝ち31とし1位通過となった。
 まだ進出チームが首位パナソニック以外は未定だった。
 2位東芝(勝点22)、3位サントリー(21)が有利な状況。両者は直接対決し25-12で東芝が振り切った。東芝26、サントリーは勝点を得られず21のままへ。
 一方、サントリーと同じ勝点で4位のNTTコムは5位近鉄(19)と直接対決(26日、瑞穂)。勝者がリクシルカップへ。敗者は9-16位決定戦に回る可能性が大だった。前半から熱い戦いになった。
Dscf3908

 後半30分、13-18の劣勢だった近鉄がFB高のトライで同点に。さらにSO重光がGを決めて20-18と逆転した。38分、NコムはPGをFB小倉が外しノーサイドに。
Dscf3924

 近鉄が勝点23となり3位浮上。Nコムも7点差以内負けの1を得て22としサントリーを抜き4位へ。
Dscf3920

 この時点でサントリーの9-16位決定戦へという陥落が決まった。
  
 Bは4チームの出場が決まっていた。
 Bは先週、ヤマハを下し首位にたった神戸(25)は4位トヨタ自動車(21)と。トヨタが32-25と関西のライバルを下し26となり3位へ。神戸も4トライ以上の勝点1で27とし2位。
 首位は先週時点で2位キヤノン(25)を33-19で制した3位ヤマハ(24)が29となり頂上(優勝)を狙う。五郎丸が今季、秩父宮に初登場するなど25000人以上の観客が秩父宮に。
  トップリーグ昇格決定を狙う地域リーグ2位チームによる「チャレンジ2」が12月13日始まった。
 すでに20日、九州2位の九州電力が関西2位の中部電力戦で1位通過を決め「チャレンジ1」に進出へ。TLチームとの入替戦出場権を得ている。最終戦は関東2位の釜石SWが56-12と中部を寄せ付けなかったがTL昇格は来季以降の課題となった。
   
<<TL2015>>
<予選プールリーグ>
☆A①パナソニック、②東芝、③近鉄、④NTTコム、⑤サントリー、⑥クボタ、⑦Honda、⑧リコー
■第6週
◆パナソニック64(38-5)5Honda(26日、太田)
*パナ9T8G1P(31)、Honda1T(5)
◎パナFL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)。前半3分、先制T
Dscf1659
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン、15-、14帝京大、大阪朝高)
◎Honda/PR3金光植(キム・グァンシク、김광식。14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)
Dscf3418
◎Honda/SH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈。07-、大心通商、檀国大)
Dscf3429
◎Honda/SO朴成基(パク・ソンギ、15-Honda、14帝京大、大阪朝高)
Dscf3425

◆東芝25(25-7)12サントリー(秩父宮)
*東芝3T2G2P(26)、サントリー2T1G(21、+90)
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)
◎東芝HO金寛泰(キム・グァンテ、15-、14関西学大、大阪朝高)
◎サントリーPR朴鐘烈(パク・チャンリョル、박종열、15-サントリー、14尚武、延世大)、左
Dscf2906

◆NTTコム18(15-10)20近鉄(瑞穂)
*コム2T1G1P(22)、近鉄2T2G2P(23)
◎コムHO白隆尚(帝京大、写真中央)
Dscf3466
◎コムFL7金正奎(早大)
Dscf3487
◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)。
*近鉄SH金とマッチアップ
Dscf3874

Dscf3507
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원。大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)。
Dscf3913
◎近鉄PR王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문。14-近鉄、大阪体育大、朝明高、韓国・養正中)

◆クボタ34(0-22)22リコー(大阪キンチョウ)
*クボタ5T3G1P(10)、リコー3T2G1P(2)
◎クボタLO金昊範(キム・ホボム、김호범。15-クボタ、14尚武、檀国大)
Dscf2170

■第6週
◆NTTコム29(10-10)15Honda(12月19日、秩父宮)
*コム4T3G1P(21、+50)、Honda2T1G1P(5、-95)
◎コムHO2白隆尚(帝京大、写真中央)
◎コムNO8金正奎(早大)
◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)。前半インターセプトトライ。
◎Honda/PR3金光植(キム・グァンシク、김광식。14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)。
◎Honda/SH21梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈。07-、大心通商、檀国大)。後半25分から
◎Honda/SO23朴成基(パク・ソンギ、15-Honda、14帝京大、大阪朝高)。後半30分からデビュー!

◆近鉄12(7-34)58東芝(20日、鴻池)
*近鉄2T1G(19)、東芝9T5G1P(22,+142)
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원。大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)。
◎近鉄PR王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문。14-近鉄、大阪体育大、朝明高、韓国・養正中)
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)
◎東芝HO金寛泰(キム・グァンテ、15-、14関西学大、大阪朝高)

◆パナソニック30(9-24)27クボタ(千葉)
*パナ3T3G3P(26,+94)、クボタ3T3G2P(4,-131)
◎パナFL劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)。
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン、15-、14帝京大、大阪朝高)
◎クボタLO金昊範(キム・ホボム、김호범。15-クボタ、14尚武、檀国大)

◆サントリー37(10-10)20リコー(山梨)
*サントリー5T3G2P(21、+90)、リコー2T2G2P(2)
◎サントリーPR朴鐘烈(パク・チャンリョル、박종열、15-サントリー、14尚武、延世大)、左

☆B①ヤマハ、②神戸、③トヨタ、④キヤノン、⑤豊田自動織機、⑥NTTドコモ、⑦NEC、⑥コーラ
■第6週
◆神戸25(8-17)32トヨタ自動車(26日、兵庫ノエビアS)
*神戸4T1G1P(27)、トヨタ4T3G2P(26)

◆キヤノン19(12-17)33ヤマハ(秩父宮)
*キヤノン3T2G(25)、ヤマハ4T2G3P(29)

◆NTTドコモ14(7-6)14NEC(大阪キンチョウ)
*ドコモ2T2G(12)、NEC1T3P(7)
◎ドコモCTB金勇輝(キム・ヨンヒ、15-、14法政大、大阪朝高)
◎ドコモLO5朴淳彩(パク・スンチェ、박순채。14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)。
◎ドコモPR18張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅。08-、尚武、延世大)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、강대현。14-、慶煕大)

◆豊田自動織機70(17-10)17コカ・コーラ(瑞穂)
Dscf3768
Dscf3756
*自動織機9T8G3P(13)、コーラ2T2G1P(3)
◎織機WTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령。15織機、08-ヤマハ、朝鮮大、愛知朝高)。後半1T
Dscf3745
「FWが圧倒してくれた。いいボールを回してくれてトライや突破につなげつことができた。調子はいいとはいえないがチームに貢献しようとしています」
◎織機LO鄭智弘(チョン・チホン。12織機、11-NTTドコモ、08-サニックス、05-IBM、帝京大、大阪朝高)

■第6週
◆ヤマハ14(0-19)43神戸(19日、ヤマハ)
*ヤマハ2T2G(24)、神戸7T4G(25、+105)

◆トヨタ自動車10(10-16)26キヤノン(町田)
*トヨタ1T1G1P(21、得失+71)、キヤノン3T1G3P(25、+68)、

◆NEC20(7-7)12コカ・コーラ(秩父宮)
*NEC2T2G2P(5)、コーラ2T1G(3)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、강대현。14-、慶煕大)

◆NTTドコモ28(7-16)29豊田自動織機(20日、宮崎)
*ドコモ4T4G(10)、自動織機2T2G5P(8)
◎ドコモCTB金勇輝(キム・ヨンヒ、15-、14法政大、大阪朝高)
◎ドコモFL朴淳彩(パク・スンチェ、박순채。14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)。
◎ドコモPR張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅。08-、尚武、延世大)
◎織機WTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령。15織機、08-ヤマハ、朝鮮大、愛知朝高)
◎織機LO鄭智弘(チョン・チホン。12織機、11-NTTドコモ、08-サニックス、05-IBM、帝京大、大阪朝高)

<<リクシルカップ1-8位>>
■1回戦(16年1月9日)
◆⑧A1位パナ-B4位キヤノン(ニッパツ)

◆⑦B1位ヤマハ-A4位NTTコム(大阪キンチョウ)

◆⑥A2位東芝-B3位トヨタ自動車(瑞穂)

◆⑤B2位神戸-A3位近鉄(瑞穂)

■2回戦(1月16日)
◆⑧、⑤勝者⑩(秩父宮)
◆⑦、⑥勝者⑭(花園)
◆⑧、⑤敗者⑨(秩父宮)
◆⑦、⑥敗者⑬(花園)

■決勝戦(16年1月24日、秩父宮)
◆⑩、⑭勝者
■3位決定戦(秩父宮)
◆⑩、⑭敗者
■5位決定戦(23日、瑞穂)
◆⑨、⑬勝者
■7位決定戦(瑞穂)
◆⑨、⑬敗者

<<9-16位>>
■1回戦(16年1月9日)
◆①A8位リコー-B5位豊田自動織機(秩父宮)

◆②A5位サントリー-B8位コーラ

◆③A7位Honda-B6位NTTドコモ(駒沢)

◆④A6位クボタ-B7位NEC

■2回戦(1月16日)
◆①、④勝者⑯(鈴鹿)
◆②、③勝者⑫(福岡レベスタ)
◆①、④敗者⑮(鈴鹿)
◆②、③敗者⑪(福岡レベスタ)

■9-16位決定戦(23日)
◆9位⑯、⑫勝者(花園)
◆11位⑯、⑫敗者
◆13位⑮、⑪勝者(駒沢)
◆15位⑮、⑪敗者

<<TLチャレンジ>>
<チャレンジ2>
■第1週(12/13(日) 13:00)
◆九州電力38(19-7)12釜石(福岡レベスタ )
*九電6T4G、釜石2T1G
◎釜石PR1鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)

■第2週(12/20(日) 13:00)
◆中部電力17(7-12)31 九州電力(愛知 パロ瑞穂)
*中部2T2G1P、九電5T3G

■第3週(12/26(土) 13:00)
◆釜石56(32-0)12中部電力(埼玉 熊谷)
*釜石10T3G、中部2T1G
◎釜石PR1鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)。後半1T。

<チャレンジ1>
■第1週(16年1/10(日) 12:00 )
◆大阪府警察-九州電力(福岡 レベスタ)

◆ 宗像サニックス-三菱重工(2試合目はすべて14:00開始)
◎サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン、왕수영。14-サニックス、14-大阪体育大・中退しプロへ、朝明高)。
◎サニックスPR申東源(シン・ドンウォン、신동원。15-サニックス、14-近鉄、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)。
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)。

◎三菱PR成昴徳(ソン・アンドック、성앙덕。14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)。
◎三菱NO8李昡羽(イ・ヒョンウ、이현우,日野自、尚武、檀国大、裡里工業高)。

■第2週(1/17(日) 11:40)
◆宗像サニックス-九州電力 (東京 秩父宮)

◆三菱重工-大阪府警察

■第3週(1/24(日) 12:00)
◆三菱重工-九州電力(大阪 花園)

◆大阪府警察-宗像サニックス

<<TE>>
①三菱相模原(勝点45)、②釜石SW(38)、③東京ガス(34)、④日野自(32)、
⑤栗田(26)、⑥ヤクルト(24)、⑥栗田(21)、⑦秋田NB(11、得失-159)、⑧横河(11、-161)、⑨日本IBM(10)、⓾セコム(2)

<TE入替戦>
■順位決定戦(12月27日、IBM)
◆日本IBM(D1-9位)30-20セコム(10位)

◆日本IBM46-10ブルーシャークス(D2-2位、20日)

◆セコム29-27グリーンファイターズ(D2-1位)

◎日野FL李勇昇(イ・ヨンスン、이용승、15-日野、14尚武、高麗大)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우。07-、高麗大)
Dscf9746
◎横河WTB趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철。同志社大、大阪朝高)
◎ヤクルトPR金弘泰(明治大、大阪朝高)。
◎秋田FL韓 歡浩(ハン・ファンホ、한환호、14-、徳山大、韓国・培材高)
Dscf8787

<<<TW>>
■①大阪府警、②中部電力、③JR西日本、④ユニチカ
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン、장화유。12-、同志社大、大阪朝高)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・グァンギ、15-、14近畿大、大阪朝高)。

<<TW入替戦>
■第1週(12月12日)
◆三菱自工京都(A5)41-28島津製作所(B2)

■第2週(12月19日)
◆大阪ガス(B1)42-0島津製作所(B2)

■第3週(12月26日)
◆三菱自工京都(A5)-大阪ガス(B1)

<<TW2部>>
①大阪ガス(35)、②島津(26)、③スネイルズ(24)、④きんでん(20)、⑤日本新薬(14)
⑥リコー(11)、⑦豊田通商(10)、⑧KP(0)

<<トップキュウシュウA>>
■① 宗像サニックス、②九州電力、③マツダ、④中国電力、⑤JR九州、⑥三菱重工長崎、⑦福岡銀行、⑧新日鐵八幡
■A/B入替戦
◆福岡銀行(A7)34-17日本特殊陶業(B2)
◆新日本住金八幡(A8)26-20鹿児島銀行(B1)

◎サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン、왕수영。14-サニックス、14-大阪体育大・中退しプロへ、朝明高)。
◎サニックスPR3申東源(シン・ドンウォン、신동원。15-サニックス、14-近鉄、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)。
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)。
◎マツダHO高昊嗣(コウ・ホサ、関東学院大、大阪朝高)
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン、15-、14明治大、大阪朝高)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 24, 2015

4強決定へ 大学選手権セカンドステージ最終日

2015年度の大学日本一を決める「第52回全国大学ラグビー選手権大会」。
 12月13日(日)にセカンドステージ、16校を4組に分けた予選がスタート。各組1位が16年1月2日の準決勝へ進む。
 27日(日)に4強がすべて決まる。
 C組は2勝(勝点12)の大東文化大と勝点9の同志社大が対戦し勝者が1位通過。
 D組は2勝(14)の明治大が立命館大に引分でも1位通過。流通経済大(8)は京都産業大に4トライ以上107点以上の得点差が勝利の最低ライン。明治が有利だ。
 
 20日(日)2日目結果。
 A組王者、帝京大は関西大と。13T87-22で大勝し勝点15となり1位通過を決めた。
 B組も東海大が天理大を9T61-5で破り15となり1位通過。早稲田大、天理大が敗退した。
Dscf3551

 C組は混戦。大東文化大・慶應大、同志社大・筑波大。
 大東が慶應を6T5G40-14と圧勝し勝点12となった。いっぽう前週に大東に苦杯した筑波が同大を36-22で制した。結果、1位通過は次週の大東と同大の直接対決で決まる。
 D組は明治大はライバル流通経済大を7T7G52-14で一蹴し勝点13へ伸ばしほぼ1位通過は確実になった。
 13日(日)1日目結果
 A組王者・帝京大は法政大を10T66-7で一蹴した。
 B組の優勝候補・東海大も同じく10T66-7で朝日大を寄せ付けなかった。
 天理大が後半、早稲田大を逆転し14-10で勝ち東海との1位通過へ道を開いた。
 C組は同志社大が6T36-8と慶應大を下した。優勝候補の筑波大が前半、大東文化大に逆転され31-22で敗戦。
 D組は流通経済大が後半、立命館大を逆転し38-30で勝ったほか明治大は8T53-14で7京都産業大を相手にしなかった。
 11月22日から1次予選(ファーストステージ)が開始された。
 12月5日は、1勝同士の法政大(関東リーグ戦第5代表)と九州代表の福岡工業大戦。
 法大が66-31で圧勝し13日から始まる2次予選(セカンドステージ)へ進んだ。

 11月22日、九州代表の福岡工業大が初出場・八戸学院大(北海道・東北代表)を75-14で一蹴した。
 
 29日は法政大が八戸工業大から25Tを奪い163-0で1勝目。
 
 2次に出場する東海・北陸・中国・四国地区代表は、11月29日に愛知・パロマ瑞穂ラグビー場でおこなわれる朝日大71-6環太平洋大となった。

<<「第52回全国大学ラグビー選手権大会」>>
<セカンドステージ>
{プール戦}
■A①帝京大、②中央大、③法政大、④関西大
◆帝京大(関東対抗戦1位)
◎帝京LO金廉(2年、キム・リャン、大阪朝鮮高)
◎帝京LO5金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)
◎帝京コーチ金清梧(キム・チョンオ、4年、東京朝高)
◎帝京PR金翔鎬(キム・サンホ、3年、東京朝高)
◎帝京SO金孝舜(キム・ヒョウスン、3年、東京朝高)
◎帝京PR李成鏞(リ・ソンヨン、2年、大阪朝高)
◎帝京PR趙雄真(チョ・ウンジン、1年、東京朝高)
◎帝京FL申賢志(シン・ヒョンジ、1年、大阪朝高)
◎帝京FL下相悠(1年、ピョン・サンユ、東京朝高)

◆中央大(関東リーグ戦3位)
◆関西大(関西4位)
◆法政大(ファースト1位)
◎法政SH黄将棋(2年、ファン・サンギ、大阪朝高)
◎法政PR李承記(1年、リ・サンギ、大阪朝高)。
◎法政SO呉洸太(1年、オ・ガァンテ、大阪朝高)

◇帝京大66(42-7)7法政大(12月13日、ケーズ)
*帝京10T8G(9)、法政1T1G(0)
◎帝京LO5金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)

◇中央大24(7-12)12関西大(瑞穂)
*中央4T2G(7)、関西2T1G(0)

◇中央大28(28-5)36法政大(20日、ギオンズ相模原)
*中央4T4G(8)、法政5T4G1P(6)

◇帝京大87(45-3)22関西大(熊谷)
*帝京13T11G(15)、関西(0)
◎帝京LO5金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)

◇帝京大-中央大(27日、秩父宮)
◇関西大-法政大(皇子山)

■B①東海大、②早稲田大、③天理大、④朝日大
◆東海大(リーグ戦1位)
◎東海LO李昇剛(3年、イ・スンガン、東京朝高)
◎東海SO金成志(3年、キム・ソンジ、大阪朝高)
◎東海SO金典弘(2年、キム・ジョンホ、大阪朝高)
◎東海FL高裕成(1年、コウ・ユソン、大阪朝高)
◎東海FL蔡隆志(1年、チェ・リャンジ、大阪朝高)
◆天理大(関西2位)
◎天理FL李淳也(4年、リ・ジュンヤ、常翔啓光学園)。
◎天理HO/PR白隆周(4年、ペク・リャンジュ、都島工)。
◎天理CTB朴泰慶(1年、パク・テギョン、大阪朝高)
◆早稲田大(関東対抗戦4位)
◆朝日大(東海北陸/中四国)

◇東海大66(42-0)7朝日大(13日、瑞穂)
*東海10T8G(9)、朝日1TG(0)

◇天理大14(7-10)10早稲田大(花園)
*天理2T2G(7)、早稲田1T1G1P(1)
◎天理FL6李淳也(4年、リ・ジュンヤ、常翔啓光学園)。

◇早稲田大71(31-0)12朝日大(20日、秩父宮)
*早稲田11T8G(7)、朝日2T1G(0)

◇東海大61(35-0)5天理大(秩父宮)
*東海9T8G(15)、天理1T(7)
Dscf3545
◎天理FL6李淳也(4年、リ・ジュンヤ、常翔啓光学園)。
◎天理HO2白隆周(4年、ペク・リャンジュ、都島工)。

◇東海大-早稲田大(27日、江戸川)
◇天理大-朝日大(瑞穂)
◎天理FL6李淳也(4年、リ・ジュンヤ、常翔啓光学園)。

■C①大東文化大、②同志社大、③筑波大、④慶應大
◆関西1位(同志社大)
◎同大PR趙隆泰(3年、チョ・リャンテ、大阪朝高)
◎同大FL朴鐘翔(4年、パク・ジョンサン、大阪朝高)
◎同大FL朴成脩(2年、パク・ソンス、大阪朝高)。後半から
◎同大FB康哲明(4年、カン・チョルミョン、大阪朝高)
◎同大PR金志憲(1年、キム・ジホン、大阪朝高)
◎同大WTB康哲訓(1年、カン・チョルフン、大阪朝高)

◆筑波大(関東対抗戦3位)
◎筑波PR崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)
◆大東文化大(リーグ戦4位)
◆慶應大(関東対抗戦5位)
◇筑波大22(10-17)31大東文化大(13日、秩父宮)
*筑波3T2G1P(1)、大東5T3G(6)
◎筑波PR3崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)

◇同志社大36(24-7)8慶應大
*同志社6T3G(9)、1T1P(0)

◇慶應大14(0-28)40大東文化大(20日、熊谷)
*慶應2T2G(0)、大東6T5G(12)

◇同志社大22(8-12)36筑波大(花園)
*同志社3T2G1P(9)、筑波5T4G1P(7)
◎同大PR17趙隆泰(3年、チョ・リャンテ、大阪朝高)
◎筑波PR3崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)

◇筑波大-慶應大(秩父宮)
◎筑波PR3崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)

◇同志社大-大東文化大(皇子山)
◎同大PR17趙隆泰(3年、チョ・リャンテ、大阪朝高)

■D①明治大、②流通経済大、③立命館大、④京都産業大
◆明治大(関東対抗戦2位)
◆流通経済大(リーグ戦2位)
◎流経大PR林材彬(4年、イム・ジェビン、임재빈。韓国・養正高)
◎流経大PR16金仁謙(2年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)
◎流経大LO李一凡(2年、高知中央高)
◎流経大NO8FL安永奭(4年、アン・ヨンソク、안영석。韓国・養正高)
◎流経大WTB高武栄(4年、コウ・ムヨン、東京朝高)
◎流経大CTB韓尊文(1年、ハン・ソンムン、大阪朝高)
*流経大HO申盛浩(4年、シン・ソンホ、신성호。韓国・忠北高)
◆立命館大(関西3位)
◆京都産業大(関西5位)
◎京産FL李智栄(3年、リ・チヨン、大阪朝高)。1T
◎京産PR金亨志(4年、キム・ヒョンジ、大阪朝高)
◎京産PR金大輝(2年、キム・テフィ、大阪朝高)
◎京産HO蔡淳志(3年、チェ・スンジ、大阪朝高)
◎京産CTB金将一(3年、キム・ジャンイル、大阪朝高)
◎京産FL具一樹(2年、グ・イルス、大阪朝高)
◎京産PR金勇一(1年、キム・ヨンイル、大阪朝高)

◇明治大53(24-7)14京都産業大(13日、花園)
*明治8T5G1P(8)、京都2T2G(0)
◎京産PR1金亨志(4年、キム・ヒョンジ、大阪朝高)

◇流通経済大38(7-24)30立命館大(ケーズ)
*流通5T5G1P(8)、立命3T3G3P(1)

◇明治大52(17-7)14流通経済大(20日、ギオンズ)
*明治7T7G1P(14)、流通2T2G(8)
◎流経大PR16金仁謙(2年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)

◇立命館大36(22-10)15京都産業大(花園)
*立命5T4G1P(7)、京都2T1G1P(0)
◎京産FL7李智栄(3年、リ・チヨン、大阪朝高)
◎京産PR1金亨志(4年、キム・ヒョンジ、大阪朝高)

◇明治大-立命館大(27日、江戸川)

◇流通経済大-京都産業大(瑞穂)
◎流経大PR18金仁謙(2年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)
◎京産FL7李智栄(3年、リ・チヨン、大阪朝高)
◎京産PR1金亨志(4年、キム・ヒョンジ、大阪朝高)

<ファーストステージ>
-■第1週(11月22日)
◆福岡工業大75(29-6)14八戸学院大(11月22日、いわき)
*福工大13T5G、八戸2T2G
◎福工FL金鎮仙(3年、キム・ヂンソン、九州朝高)

■第2週(11月29日)
◆法政大163(87-0)八戸学院大(熊谷)
*法政13T12G
◎法政SH黄将棋(2年、ファン・サンギ、大阪朝高)
◎法政PR李承記(1年、リ・サンギ、大阪朝高)。
◎法政SO呉洸太(1年、オ・ガァンテ、大阪朝高)

■第3週(12月5日)
◆法政大66(33-12)31福岡工業大(博多)
*法政10T8G、福工5T3G
◎福工FL20金鎮仙(3年、キム・ヂンソン、九州朝高)

<東海 北陸・中国 四国代表決定戦>
◆朝日大71-6環太平洋大(11月29日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

TL第7週、各組順位決定

 2015-16シーズン、12月26日(土)の週は「TL2015リーグ戦7週」8試合などが行われる。
 A、B各プール上位4チームが進み総合順位1-8位を決めるプレーオフ「リクシルカップ」のチームが決まる。
 
 プールAはまだ進出チームが首位パナソニック(勝点26)以外は未定だ。
 2位東芝(勝点22)、3位サントリー(21)が有利。両者は直接対決し2位を決める。敗者は4位の可能性も。サントリーと同じ勝点で4位のNTTコムは5位近鉄(19)と直接対決(26日、瑞穂)。勝者がリクシルカップへ。敗者は9-16位決定戦に回る。
  HondaはルーキーのSO22朴成基(パク・ソンギ、帝京大、大阪朝高)が後半30分から出場しTLデビューとなった。写真・左端。右端はハーフ団を組んだ韓国元代表SH梁泳勲(ヤン・ヨンフン)
Dscf3457

 Bは4チームの出場が決まっている。
 Bは先週、ヤマハを下し首位にたった神戸(25)は4位トヨタ自動車(21)と。2位キヤノン(25)は3位ヤマハ(24)戦。五郎丸が今季、秩父宮に初登場する。
  トップリーグ昇格決定を狙う地域リーグ2位チームによる「チャレンジ2」が12月13日始まった。
 すでに20日、九州2位の九州電力が関西2位の中部電力戦で1位通過を決め「チャレンジ1」に進出へ。TLチームとの入替戦出場権を得ている。
   
<<TL2015>>
<予選プールリーグ>
☆A
■第6週
◆パナソニック-Honda(26日、太田)
*パナ(26)、Honda(5、得失点差-95)
◎パナFL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)。
Dscf1659
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン、15-、14帝京大、大阪朝高)
◎Honda/PR3金光植(キム・グァンシク、김광식。14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)
Dscf3418
◎Honda/SH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈。07-、大心通商、檀国大)
Dscf3429
◎Honda/SO朴成基(パク・ソンギ、15-Honda、14帝京大、大阪朝高)
Dscf3425

◆東芝-サントリー(秩父宮)
*東芝(22、+142)、サントリー(21、+90)
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)
◎東芝HO金寛泰(キム・グァンテ、15-、14関西学大、大阪朝高)
◎サントリーPR朴鐘烈(パク・チャンリョル、박종열、15-サントリー、14尚武、延世大)、左
Dscf2906

◆NTTコム-近鉄(瑞穂)
*コム(21、+50)、近鉄(19)
◎コムHO白隆尚(帝京大、写真中央)
Dscf3466
◎コムFL7金正奎(早大)
Dscf3487
◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)。
Dscf3507
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원。大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)。
◎近鉄PR王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문。14-近鉄、大阪体育大、朝明高、韓国・養正中)

◆クボタ-リコー(大阪キンチョウ)
*クボタ(4,-131)、リコー(2)
◎クボタLO金昊範(キム・ホボム、김호범。15-クボタ、14尚武、檀国大)
Dscf2170

■第6週
◆NTTコム29(10-10)15Honda(12月19日、秩父宮)
*コム4T3G1P(21、+50)、Honda2T1G1P(5、-95)
◎コムHO2白隆尚(帝京大、写真中央)
◎コムNO8金正奎(早大)
◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)。前半インターセプトトライ。
◎Honda/PR3金光植(キム・グァンシク、김광식。14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)。
◎Honda/SH21梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈。07-、大心通商、檀国大)。後半25分から
◎Honda/SO23朴成基(パク・ソンギ、15-Honda、14帝京大、大阪朝高)。後半30分からデビュー!

◆近鉄12(7-34)58東芝(20日、鴻池)
*近鉄2T1G(19)、東芝9T5G1P(22,+142)
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원。大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)。
◎近鉄PR王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문。14-近鉄、大阪体育大、朝明高、韓国・養正中)
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)
◎東芝HO金寛泰(キム・グァンテ、15-、14関西学大、大阪朝高)

◆パナソニック30(9-24)27クボタ(千葉)
*パナ3T3G3P(26,+94)、クボタ3T3G2P(4,-131)
◎パナFL劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)。
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン、15-、14帝京大、大阪朝高)
◎クボタLO金昊範(キム・ホボム、김호범。15-クボタ、14尚武、檀国大)

◆サントリー37(10-10)20リコー(山梨)
*サントリー5T3G2P(21、+90)、リコー2T2G2P(2)
◎サントリーPR朴鐘烈(パク・チャンリョル、박종열、15-サントリー、14尚武、延世大)、左

☆B
■第6週
◆神戸-トヨタ自動車(26日、兵庫ノエビアS)
*神戸(25、+105)、トヨタ(21、+71)

◆キヤノン-ヤマハ(秩父宮)
*キヤノン(25、+68)、ヤマハ(24)

◆NTTドコモ-NEC(大阪キンチョウ)
*ドコモ(10)、NEC(5)
◎ドコモCTB金勇輝(キム・ヨンヒ、15-、14法政大、大阪朝高)
◎ドコモLO5朴淳彩(パク・スンチェ、박순채。14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)。
◎ドコモPR18張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅。08-、尚武、延世大)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、강대현。14-、慶煕大)

◆豊田自動織機-コカ・コーラ(瑞穂)
*自動織機(8)、コーラ(3)
◎織機WTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령。15織機、08-ヤマハ、朝鮮大、愛知朝高)
Dscf9237
◎織機LO鄭智弘(チョン・チホン。12織機、11-NTTドコモ、08-サニックス、05-IBM、帝京大、大阪朝高)

■第6週
◆ヤマハ14(0-19)43神戸(19日、ヤマハ)
*ヤマハ2T2G(24)、神戸7T4G(25、+105)

◆トヨタ自動車10(10-16)26キヤノン(町田)
*トヨタ1T1G1P(21、得失+71)、キヤノン3T1G3P(25、+68)、

◆NEC20(7-7)12コカ・コーラ(秩父宮)
*NEC2T2G2P(5)、コーラ2T1G(3)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、강대현。14-、慶煕大)

◆NTTドコモ28(7-16)29豊田自動織機(20日、宮崎)
*ドコモ4T4G(10)、自動織機2T2G5P(8)
◎ドコモCTB金勇輝(キム・ヨンヒ、15-、14法政大、大阪朝高)
◎ドコモFL朴淳彩(パク・スンチェ、박순채。14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)。
◎ドコモPR張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅。08-、尚武、延世大)
◎織機WTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령。15織機、08-ヤマハ、朝鮮大、愛知朝高)
◎織機LO鄭智弘(チョン・チホン。12織機、11-NTTドコモ、08-サニックス、05-IBM、帝京大、大阪朝高)

<<リクシルカップ1-8位>>チームは現時点
■1回戦(16年1月9日)
◆⑧A1位パナ-B4位トヨタ(ニッパツ)

◆⑦B1位神戸-A4位コム(大阪キンチョウ)

◆⑥A2位東芝-B3位ヤマハ(瑞穂)

◆⑤B2位キヤノン-A3位サントリー(瑞穂)

■2回戦(1月16日)
◆⑧、⑤勝者⑩(秩父宮)
◆⑦、⑥勝者⑭(花園)
◆⑧、⑤敗者⑨(秩父宮)
◆⑦、⑥敗者⑬(花園)

■決勝戦(16年1月24日、秩父宮)
◆⑩、⑭勝者
■3位決定戦(秩父宮)
◆⑩、⑭敗者
■5位決定戦(23日、瑞穂)
◆⑨、⑬勝者
■7位決定戦(瑞穂)
◆⑨、⑬敗者

<<9-16位>>
■1回戦(16年1月9日)
◆①A8位リコー-B5位ドコモ(秩父宮)

◆②A5位近鉄-B8位コーラ

◆③A7位クボタ-B6位豊田自動織機(駒沢)

◆④A6位Honda-B7位NEC

■2回戦(1月16日)
◆①、④勝者⑯(鈴鹿)
◆②、③勝者⑫(福岡レベスタ)
◆①、④敗者⑮(鈴鹿)
◆②、③敗者⑪(福岡レベスタ)

■9-16位決定戦(23日)
◆9位⑯、⑫勝者(花園)
◆11位⑯、⑫敗者
◆13位⑮、⑪勝者(駒沢)
◆15位⑮、⑪敗者

<<TLチャレンジ>>
<チャレンジ2>
■第1週(12/13(日) 13:00)
◆九州電力38(19-7)12釜石(福岡レベスタ )
*九電6T4G、釜石2T1G
◎釜石PR1鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)

■第2週(12/20(日) 13:00)
◆中部電力17(7-12)31 九州電力(愛知 パロ瑞穂)
*中部2T2G1P、九電5T3G

■第3週(12/26(土) 13:00)
◆釜石 vs 中部電力(埼玉 熊谷)

<チャレンジ1>
■第1週(16年1/10(日) 12:00 )
◆大阪府警察-九州電力(福岡 レベスタ)

◆ 宗像サニックス-三菱重工(2試合目はすべて14:00開始)
◎サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン、왕수영。14-サニックス、14-大阪体育大・中退しプロへ、朝明高)。
◎サニックスPR申東源(シン・ドンウォン、신동원。15-サニックス、14-近鉄、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)。
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)。

◎三菱PR成昴徳(ソン・アンドック、성앙덕。14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)。
◎三菱NO8李昡羽(イ・ヒョンウ、이현우,日野自、尚武、檀国大、裡里工業高)。

■第2週(1/17(日) 11:40)
◆宗像サニックス-九州電力 (東京 秩父宮)

◆三菱重工-大阪府警察

■第3週(1/24(日) 12:00)
◆三菱重工-九州電力(大阪 花園)

◆大阪府警察-宗像サニックス

<<TE>>
①三菱相模原(勝点45)、②釜石SW(38)、③東京ガス(34)、④日野自(32)、
⑤栗田(26)、⑥ヤクルト(24)、⑥栗田(21)、⑦秋田NB(11、得失-159)、⑧横河(11、-161)、⑨日本IBM(10)、⓾セコム(2)

<TE入替戦>
■順位決定戦(12月27日、IBM)
◆日本IBM(D1-9位)-セコム(10位)

◆日本IBM46-10ブルーシャークス(D2-2位、20日)

◆セコム29-27グリーンファイターズ(D2-1位)

◎日野FL李勇昇(イ・ヨンスン、이용승、15-日野、14尚武、高麗大)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우。07-、高麗大)
Dscf9746
◎横河WTB趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철。同志社大、大阪朝高)
◎ヤクルトPR金弘泰(明治大、大阪朝高)。
◎秋田FL韓 歡浩(ハン・ファンホ、한환호、14-、徳山大、韓国・培材高)
Dscf8787

<<<TW>>
■①大阪府警、②中部電力、③JR西日本、④ユニチカ
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン、장화유。12-、同志社大、大阪朝高)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・グァンギ、15-、14近畿大、大阪朝高)。

<<TW入替戦>
■第1週(12月12日)
◆三菱自工京都(A5)41-28島津製作所(B2)

■第2週(12月19日)
◆大阪ガス(B1)42-0島津製作所(B2)

■第3週(12月26日)
◆三菱自工京都(A5)-大阪ガス(B1)

<<TW2部>>
①大阪ガス(35)、②島津(26)、③スネイルズ(24)、④きんでん(20)、⑤日本新薬(14)
⑥リコー(11)、⑦豊田通商(10)、⑧KP(0)

<<トップキュウシュウA>>
■① 宗像サニックス、②九州電力、③マツダ、④中国電力、⑤JR九州、⑥三菱重工長崎、⑦福岡銀行、⑧新日鐵八幡
■A/B入替戦
◆福岡銀行(A7)34-17日本特殊陶業(B2)
◆新日本住金八幡(A8)26-20鹿児島銀行(B1)

◎サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン、왕수영。14-サニックス、14-大阪体育大・中退しプロへ、朝明高)。
◎サニックスPR3申東源(シン・ドンウォン、신동원。15-サニックス、14-近鉄、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)。
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)。
◎マツダHO高昊嗣(コウ・ホサ、関東学院大、大阪朝高)
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン、15-、14明治大、大阪朝高)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 22, 2015

「韓国新社会人チーム 現代グロービスお披露目」

「韓国新社会人チーム 現代グロービスお披露目」

 2016年、韓国ラグビー界に新チームが誕生する。

 韓国・現代グループ系列の物流企業・現代グロービスが15年12月15日、ソウル市内にある本社でラグビーチームの創部式と記者会見を行った。
Hg1

 式にはグロービスの金ギョンベ社長、李サンウン大韓ラグビー協会会長やチームがホームグラウンドとする仁川南洞アジアラグビー場(2014年アジア大会会場)の地元からユ・ジョンブック仁川市長らが出席した。

 グロービスは、アマチュアスポーツを支援し、ラグビー種目の長期的な発展を支援するためにラグビー部を新設した。

 同社が追い求める企業文化がラグビーと非常に似ているということも重要という。
 ラグビーは不屈の意志と挑戦精神、強い精神力を土台にしたチームワーク基盤のスポーツ。グロービスがラグビー部を運営することで社員もラグビー精神を土台にして組織にもっと貢献し活力ある組織文化構築に役立つことができるという理由だ。

 金ギョンベ社長は「社会的な責任を果たすために粘り強い努力を傾けている。スポーツ部を通じて他の次元の共存経営を実践する」とチームへの期待を語った。

 ユ仁川市長は「市民とともに惜しみない声援を送りたい」と歓迎した。

 チームに所属する選手は12月15日現在、12人だ。指揮官は鄭三榮(チョン・サムヨン)氏、47歳。写真・右
Hg2_1
2014年15人制代表監督、2013年まで廃部となった三星重工業監督を務めていた。

 コーチには、延世大BKコーチの朴昶珓(パク・チャンミン)氏が就任。
 朴コーチは38歳、現役時代はCTBで三星重工業OB、元15人代表主将、7人制代表として活躍した。

 トレーナーは韓国代表トレーナーだった呉ユンソク氏(33歳、韓国代表SO呉潤衡/ユンヒョン=韓国電力の実兄)

 選手は主将をSH李ビョンジュン(尚武・韓国軍体育部隊、代表)が担当する。写真・中
Hg4_1

 現在、判明している新人選手は尚武で15年11月に兵役を終えた6選手ほか3人の9人だ。

<選手>
*主将SH李ビョンジュン(尚武・韓国軍体育部隊、延世大、12&13&15年代表、91/3/7生まれ)
*趙珍炫(チョ・ジンヒョン、PR、尚武、秋田NB、檀国大、12&13代表、88/11/24)
*秋田時代の趙
Cjh

*金フィチョル(PR、尚武、慶煕大、11&12代表、89/12/24)
*チョン・ヒョジン(HO/FL、尚武、高麗大、高校代表、92/2/25)
*金ギソン(CTB、尚武、高麗大、14&15代表スコッド、91/3/21)
*ナム・ヨンス(FB、尚武、延世大、14&15代表、91/10/21)
*朴ホンシク(SO、14三星重工業、延世大、12代表、89/4/26)
*カン・ジング(WTB、尚武除隊、延世大、12&13&14代表、90/4/4)
*ペク・ヒョンス(WTB、尚武ケガで除隊、高麗大、14代表スコッド、92/8/6)

 チームはこの後、選手を30人にまで増やす。対象は大学生や日本のチームに所属している選手という。年内に練習を開始し2016年3月に開催される春季リーグ戦でデビューを飾る。来季は後半戦までにチーム戦略、戦術を浸透し出場する国内3-4大会のうち1つでも優勝を目指す。
 現代グロービスは韓国物流(陸上、海運など)大手企業。2014年連結売上高は13兆9220億ウォン(約1億1400億円)規模を誇る。

「神戸に韓国代表LOが加入」
 2015年で兵役を尚武で終えた選手の進路が判明した。現代グロービスに加入する6人の他、15人・7人制代表LOチャン・ソクファン(延世大)が神戸製鋼コベルコスティーラーズに入団する(以下、現代以外の選手)。
<神戸製鋼>
*チャン・ソクファン(LO、代表)
<日本チーム希望>
*李ミョンジュン(SH、代表)
<徳山大学復帰予定>
*朴ジス(SH)
<ポスコ建設>
*ユ・ジュンホン(NO8、代表)、金ミンギュ(HO、代表)、チャ・ソンホ(LO)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サンウルブズにPR具智元が加入!

 日本ラグビーが2016年に参加する世界最強のリーグ戦「SUPER RUGBY」。

 参加する日本チーム「SUNWOLVES(サンウルヴズ)」の発表が12月21日、開催された。
Dscf3653

 HEADCOACHは前NZ代表のマーク・ハメット(Mark Hammett)。

Dscf3609
 NZのクルセーダーズ・コーチ時代に現在のNZ代表中心選手リッチー・マコウ、ダン・カーターらを育てた。
 
 契約年数などは秘密だ。

 「2016年は2019年に向けて成長する礎としたい」と話した・
 
 チームの運営予算は約10億円だ。

 選手は34名。W杯出場の日本代表選手は10名。

 韓国出身のPR具智元(拓殖大3学年)も選抜された。
Dscf3613

 チーム関係者によると「具はエディー・ジョーンズ前日本代表HCがサンウルブズには必要として今年のW杯前には候補として大学とチーム入りを調整してきた」という。

 具は現在、リーグ戦で痛めた足首の捻挫で治療している。まだ走れずウェート中心の練習をしている。

 父の前・韓国代表PR具東春さんは「負傷をしないで活躍して、成長してほしい」と話した。

 チームはトップリーグ終了後、活動を始める。

 16年2月27日(土)に初戦をライオンズと戦う(秩父宮ラグビー場)。

<<サンウルヴズ・メンバー>>☆=2015WC日本代表
<PR1>☆稲垣啓太(パナソニック)、☆三上正貴(東芝)、山本幸輝(ヤマハ発動機)

<HO>有田隆平(コカ・コーラ)、☆木津武士(神戸製鋼)、☆堀江翔太(パナソニック)

<PR3>垣永真之介(サントリー)、具智元(拓大3年)、平野翔平(東海大4年)

<LO>☆大野均(東芝)、☆真壁伸弥(サントリー)、ティモシー・ボンド(ベイ・オブ・プレンティ/元 日本A代表、NZ)
リアキ・モリ(前ブルーズ/元U20トンガ代表)、エドワード・カーク(前レッズ、豪州)

<FL、NO8>ファアティンガ・レマル(宗像サニックス、サモア代表)、細田佳也(NEC)、村田毅(NEC)、アンドリュー・デュルタロ(2015WCアメリカ代表)、トーマス・レオナルディ(前トゥールーズ/アルゼンチン代表)

<SH>井上大介(クボタ)、☆日和佐篤(サントリー)、矢富勇毅(ヤマハ発動機)

<SO>☆立川理道(クボタ)、トゥシ・ピシ(サントリー、2015WCサモア代表 )

<CTB>☆田村優(NEC)、デレック・カーペンター(トヨタ自動車)、パエア・ミフィポセチ(NTTドコモ、日本A、7人制日本代表)、山中亮平(神戸製鋼)

<WTB>アマナキ・ロトアヘア(リコー)、☆山田章仁(パナソニック)、ジョン・スチュワート(元U20フィジー代表、フィジー)

<FB>笹倉康誉(パナソニック)、山下一(豊田自動織機)、リアン・フィルヨーン(グリクアス、南ア代表、南ア)

<<サンウルブズ日程>>
◆対ライオンズ(南アG、2月27日・土13:15、秩父宮)

◆対チーターズ(南アG、3月12日・土19:50、シンガポール国立競技場)

◆対レベルズ(豪G、3月19日13:15、秩父宮)

◆対ブルズ(南アG、3月26日19:15、シンガポール)

◆対キングズ(南アG、4月2日・土24:05、南ア)

◆対ストーマーズ(南アG、4月8日・金26:00、南ア)

◆対チーターズ(南アG、4月15日26:00、南ア)

◆対ジャガーズ(南アG、アルゼンチン、4月23日・土14:15、秩父宮)

◆対フォース(豪G、5月7日・土14:15、秩父宮)

◆対ストーマーズ(南アG、5月14日20:45、シンガポール)

◆対レッズ(豪G、5月21日14:05、サンコープ)

◆対ブランビーズ(豪G、5月28日18:40、キャンベラ)

◆対ワラターズ(豪G、7月2日・土14:15、秩父宮)

◆対ブルズ(南アG、7月9日24:05、南ア)

◆対シャークス(南アG、7月15日・金26:00、南ア)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 20, 2015

大学選手権、帝京、東海が1位通過へ

 2015年度の大学日本一を決める「第52回全国大学ラグビー選手権大会」。
 12月13日(日)にセカンドステージ、16校を4組に分けた予選がスタート。各組1位が16年1月2日の準決勝へ進む。
 20日(日)は2日目。A組王者、帝京大は関西大と。13T87-22で大勝し勝点15となり1位通過を決めた。
 B組も東海大が天理大を9T61-5で破り15となり1位通過。早稲田大、天理大が敗退した。
Dscf3551

 C組は混戦。大東文化大・慶應大、同志社大・筑波大。
 大東が慶應を6T5G40-14と圧勝し勝点12となった。いっぽう前週に大東に苦杯した筑波が同大を36-22で制した。結果、1位通過は次週の大東と同大の直接対決で決まる。
 D組は明治大はライバル流通経済大を7T7G52-14で一蹴し勝点13へ伸ばしほぼ1位通過は確実になった。
 13日(日)1日目結果
 A組王者・帝京大は法政大を10T66-7で一蹴した。
 B組の優勝候補・東海大も同じく10T66-7で朝日大を寄せ付けなかった。
 天理大が後半、早稲田大を逆転し14-10で勝ち東海との1位通過へ道を開いた。
 C組は同志社大が6T36-8と慶應大を下した。優勝候補の筑波大が前半、大東文化大に逆転され31-22で敗戦。
 D組は流通経済大が後半、立命館大を逆転し38-30で勝ったほか明治大は8T53-14で7京都産業大を相手にしなかった。
 11月22日から1次予選(ファーストステージ)が開始された。
 12月5日は、1勝同士の法政大(関東リーグ戦第5代表)と九州代表の福岡工業大戦。
 法大が66-31で圧勝し13日から始まる2次予選(セカンドステージ)へ進んだ。

 11月22日、九州代表の福岡工業大が初出場・八戸学院大(北海道・東北代表)を75-14で一蹴した。
 
 29日は法政大が八戸工業大から25Tを奪い163-0で1勝目。
 
 2次に出場する東海・北陸・中国・四国地区代表は、11月29日に愛知・パロマ瑞穂ラグビー場でおこなわれる朝日大71-6環太平洋大となった。

<<「第52回全国大学ラグビー選手権大会」>>
<セカンドステージ>
{プール戦}
■A
◆帝京大(関東対抗戦1位)
◎帝京LO金廉(2年、キム・リャン、大阪朝鮮高)
◎帝京LO5金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)
◎帝京コーチ金清梧(キム・チョンオ、4年、東京朝高)
◎帝京PR金翔鎬(キム・サンホ、3年、東京朝高)
◎帝京SO金孝舜(キム・ヒョウスン、3年、東京朝高)
◎帝京PR李成鏞(リ・ソンヨン、2年、大阪朝高)
◎帝京PR趙雄真(チョ・ウンジン、1年、東京朝高)
◎帝京FL申賢志(シン・ヒョンジ、1年、大阪朝高)
◎帝京FL下相悠(1年、ピョン・サンユ、東京朝高)

◆中央大(関東リーグ戦3位)
◆関西大(関西4位)
◆法政大(ファースト1位)
◎法政SH黄将棋(2年、ファン・サンギ、大阪朝高)
◎法政PR李承記(1年、リ・サンギ、大阪朝高)。
◎法政SO呉洸太(1年、オ・ガァンテ、大阪朝高)

◇帝京大66(42-7)7法政大(12月13日、ケーズ)
*帝京10T8G(9)、法政1T1G(0
◎帝京LO5金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)

◇中央大24(7-12)12関西大(瑞穂)
*中央4T2G(7)、関西2T1G(0)

◇中央大28(28-5)36法政大(20日、ギオンズ相模原)
*中央4T4G(8)、法政5T4G1P(6)

◇帝京大87(45-3)22関西大(熊谷)
*帝京13T11G(15)、関西(0)
◎帝京LO5金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)

◇帝京大-中央大(27日、秩父宮)
◇関西大-法政大(皇子山)

■B
◆東海大(リーグ戦1位)
◎東海LO李昇剛(3年、イ・スンガン、東京朝高)
◎東海SO金成志(3年、キム・ソンジ、大阪朝高)
◎東海SO金典弘(2年、キム・ジョンホ、大阪朝高)
◎東海FL高裕成(1年、コウ・ユソン、大阪朝高)
◎東海FL蔡隆志(1年、チェ・リャンジ、大阪朝高)
◆天理大(関西2位)
◎天理FL李淳也(4年、リ・ジュンヤ、常翔啓光学園)。
◎天理HO/PR白隆周(4年、ペク・リャンジュ、都島工)。
◎天理CTB朴泰慶(1年、パク・テギョン、大阪朝高)
◆早稲田大(関東対抗戦4位)
◆朝日大(東海北陸/中四国)

◇東海大66(42-0)7朝日大(13日、瑞穂)
*東海10T8G(9)、朝日1TG(0)

◇天理大14(7-10)10早稲田大(花園)
*天理2T2G(7)、早稲田1T1G1P(1)
◎天理FL6李淳也(4年、リ・ジュンヤ、常翔啓光学園)。

◇早稲田大71(31-0)12朝日大(20日、秩父宮)
*早稲田11T8G(7)、朝日2T1G(0)

◇東海大61(35-0)5天理大(秩父宮)
*東海9T8G(15)、天理1T(7)
Dscf3545
◎天理FL6李淳也(4年、リ・ジュンヤ、常翔啓光学園)。
◎天理HO2白隆周(4年、ペク・リャンジュ、都島工)。

◇東海大-早稲田大(27日、江戸川)
◇天理大-朝日大(瑞穂)

■C
◆関西1位(同志社大)
◎同大PR趙隆泰(3年、チョ・リャンテ、大阪朝高)
◎同大FL朴鐘翔(4年、パク・ジョンサン、大阪朝高)
◎同大FL朴成脩(2年、パク・ソンス、大阪朝高)。後半から
◎同大FB康哲明(4年、カン・チョルミョン、大阪朝高)
◎同大PR金志憲(1年、キム・ジホン、大阪朝高)
◎同大WTB康哲訓(1年、カン・チョルフン、大阪朝高)

◆筑波大(関東対抗戦3位)
◎筑波PR崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)
◆大東文化大(リーグ戦4位)
◆慶應大(関東対抗戦5位)
◇筑波大22(10-17)31大東文化大(13日、秩父宮)
*筑波3T2G1P(1)、大東5T3G(6)
◎筑波PR3崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)

◇同志社大36(24-7)8慶應大
*同志社6T3G(9)、1T1P(0)

◇慶應大14(0-28)40大東文化大(20日、熊谷)
*慶應2T2G(0)、大東6T5G(12)

◇同志社大22(8-12)36筑波大(花園)
*同志社3T2G1P(9)、筑波5T4G1P(7)
◎同大PR17趙隆泰(3年、チョ・リャンテ、大阪朝高)
◎筑波PR3崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)

◇筑波大-慶應大(秩父宮)
◇同志社大-大東文化大(皇子山)

■D
◆明治大(関東対抗戦2位)
◆流通経済大(リーグ戦2位)
◎流経大PR林材彬(4年、イム・ジェビン、임재빈。韓国・養正高)
◎流経大PR16金仁謙(2年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)
◎流経大LO李一凡(2年、高知中央高)
◎流経大NO8FL安永奭(4年、アン・ヨンソク、안영석。韓国・養正高)
◎流経大WTB高武栄(4年、コウ・ムヨン、東京朝高)
◎流経大CTB韓尊文(1年、ハン・ソンムン、大阪朝高)
*流経大HO申盛浩(4年、シン・ソンホ、신성호。韓国・忠北高)
◆立命館大(関西3位)
◆京都産業大(関西5位)
◎京産FL李智栄(3年、リ・チヨン、大阪朝高)。1T
◎京産PR金亨志(4年、キム・ヒョンジ、大阪朝高)
◎京産PR金大輝(2年、キム・テフィ、大阪朝高)
◎京産HO蔡淳志(3年、チェ・スンジ、大阪朝高)
◎京産CTB金将一(3年、キム・ジャンイル、大阪朝高)
◎京産FL具一樹(2年、グ・イルス、大阪朝高)
◎京産PR金勇一(1年、キム・ヨンイル、大阪朝高)

◇明治大53(24-7)14京都産業大(13日、花園)
*明治8T5G1P(8)、京都2T2G(0)
◎京産PR1金亨志(4年、キム・ヒョンジ、大阪朝高)

◇流通経済大38(7-24)30立命館大(ケーズ)
*流通5T5G1P(8)、立命3T3G3P(1)

◇明治大52(17-7)14流通経済大(20日、ギオンズ)
*明治7T7G1P(14)、流通2T2G(8)
◎流経大PR16金仁謙(2年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)

◇立命館大36(22-10)15京都産業大(花園)
*立命5T4G1P(7)、京都2T1G1P(0)
◎京産FL7李智栄(3年、リ・チヨン、大阪朝高)
◎京産PR1金亨志(4年、キム・ヒョンジ、大阪朝高)

◇明治大-立命館大(27日、江戸川)
◇流通経済大-京都産業大(瑞穂)

<ファーストステージ>
-■第1週(11月22日)
◆福岡工業大75(29-6)14八戸学院大(11月22日、いわき)
*福工大13T5G、八戸2T2G
◎福工FL金鎮仙(3年、キム・ヂンソン、九州朝高)

■第2週(11月29日)
◆法政大163(87-0)八戸学院大(熊谷)
*法政13T12G
◎法政SH黄将棋(2年、ファン・サンギ、大阪朝高)
◎法政PR李承記(1年、リ・サンギ、大阪朝高)。
◎法政SO呉洸太(1年、オ・ガァンテ、大阪朝高)

■第3週(12月5日)
◆法政大66(33-12)31福岡工業大(博多)
*法政10T8G、福工5T3G
◎福工FL20金鎮仙(3年、キム・ヂンソン、九州朝高)

<東海 北陸・中国 四国代表決定戦>
◆朝日大71-6環太平洋大(11月29日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2015

TL第6週 Aはパナが首位守る。Bは神戸がヤマハ下し首位に

 2015-16シーズン、12月19日(土)の週は「TL2015リーグ戦6週」8試合などが行われる。
 A、B各プール上位4チームが進み総合順位1-8位を決めるプレーオフ「リクシルカップ」。
 
 プールAはまだ進出チームが決まっていなかった。
 先週の試合でサントリー(得失+73)に敗れ同じ勝点16ながら5位となったNTTコム(+36)が6位Honda(勝点5)戦(19日、秩父宮)。ぜひとも勝点5が欲しい。
 前半はCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈)のインターセプトトライなど10-0とリードするも追いつかれ10-10で折り返した。
Dscf3493
Dscf3494
後半3Tを重ね29-15で勝利、勝点21となった。

 HondaはルーキーのSO22朴成基(パク・ソンギ、帝京大、大阪朝高)が後半30分から出場しTLデビューとなった。写真・左端。右端はハーフ団を組んだ韓国元代表SH梁泳勲(ヤン・ヨンフン)
Dscf3457

 首位パナソニック(22)は7位クボタ(4)と20日に千葉で戦った。若干メンバーを落としたとはいえ前半はクボタに24-9と圧倒された、しかしここからパナが生き返り30-27で勝った。勝点26とし首位を守ると同時にプレーオフ進出を決めた。
 2位に浮上した近鉄(19)と3位東芝(17)は、東芝が9Tを奪い58-12と下し勝点22で2位になった。
 4位サントリー(16)は最下位リコー(2)で、5Tなど37-20で勝利し勝点5を加え21、得失点差(+90)でコム(+50)を抜き3位に。コムが4位、5位近鉄。次週で直接対決となり勝ったほうがプレーオフへと進む。

 「リクシルカップ」に、すでにBは4チームの出場が決まった。
 B、首位ヤマハ(24)は今週も地元で強敵・4位の神戸(20)と戦った(19日、ヤマハ)。
 神戸が圧倒し7T4G43-14で勝点5を得て25となった。
 得失点差(+105)でキヤノン(+68)を上回り首位にたった。2位は前週まで2位トヨタ自動車と同じ勝点(21)で3位キヤノンの直接対決(19日、町田)を26-10で勝ち25としたキャノン(25)。
 全敗同士の対戦、NEC対コカ・コーラ。後半23分NECがSO田村のPGで13-12と逆転した。
Dscf3373
Dscf3374

 31分、コーラは主将FL山下が力強いランで左ライン際を走り切りトライ!逆転したかに見えたが、その前にコーラに反則があり取り消しとなった。
Dscf3395
Dscf3396
 NECは37分に1トライを追加し20-12で初勝利を得た。
Dscf3404

  トップリーグ昇格決定を狙う地域リーグ2位チームによる「チャレンジ2」が12月13日始まった。
 20日は、九州2位の九州電力が関西2位の中部電力戦。勝てば1位通過が決まる一番で九電が実力を発揮し31-17と制して「チャレンジ1」に進出する。
 1位が「チャレンジ1」の出場権を獲得しTLチームとの入替戦出場権を得る。
 13日は1位候補の九州電力がライバル釜石SWを38-12で下しほぼ1位通過を決めた。
  
<<TL2015>>
<予選プールリーグ>
☆A
■第6週
◆NTTコム29(10-10)15Honda(12月19日、秩父宮)
*コム4T3G1P(21、+50)、Honda2T1G1P(5、-95)
◎コムHO2白隆尚(帝京大、写真中央)
Dscf3466

◎コムNO8金正奎(早大)
Dscf3487

◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)。前半インターセプトトライ。
Dscf3507

◎Honda/PR3金光植(キム・グァンシク、김광식。14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)。
Dscf3418
Dscf3482

◎Honda/SH21梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈。07-、大心通商、檀国大)。後半25分から
Dscf3429

◎Honda/SO23朴成基(パク・ソンギ、15-Honda、14帝京大、大阪朝高)。後半30分からデビュー!
Dscf3425
「長いキックが魅力です」(SH梁)

◆近鉄12(7-34)58東芝(20日、鴻池)
*近鉄2T1G(19)、東芝9T5G1P(22,+142)
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원。大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)。
◎近鉄PR王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문。14-近鉄、大阪体育大、朝明高、韓国・養正中)
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)
◎東芝HO金寛泰(キム・グァンテ、15-、14関西学大、大阪朝高)

◆パナソニック30(9-24)27クボタ(千葉)
*パナ3T3G3P(26,+94)、クボタ3T3G2P(4,-131)
◎パナFL劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)。
Dscf1659
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン、15-、14帝京大、大阪朝高)
◎クボタLO金昊範(キム・ホボム、김호범。15-クボタ、14尚武、檀国大)
Dscf2170

◆サントリー37(10-10)20リコー(山梨)
*サントリー5T3G2P(21、+90)、リコー2T2G2P(2)
◎サントリーPR朴鐘烈(パク・チャンリョル、박종열、15-サントリー、14尚武、延世大)、左
Dscf2906

■第5週
◆NTTコム5(0-31)38サントリー(12月12日、秩父宮)
*コム1T(16)、サントリー5T5G1P(16)
◎コムFL7金正奎(早大)
「サントリーにさせたいラグビーをさせてしまった」
Dscf2894
◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)。
「きょうは自分としてはDF面で先週より改善できたいた」
◎コムPR16白隆尚(帝京大、大阪朝高)
◎サントリーPR朴鐘烈(パク・チャンリョル、박종열、15-サントリー、14尚武、延世大)
「現在Bチームで頑張っています。チームのスクラムにもついていくことがでいています」

◆パナソニック17(10-10)17東芝
*パナ2T1G1P(22)、東芝2T1G1P(17)
◎パナFL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)。
「少しのミスで勝つことができなかった」
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン、15-、14帝京大、大阪朝高)
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)
◎東芝HO金寛泰(キム・グァンテ、15-、14関西学大、大阪朝高)

◆Honda12(12-7)17クボタ(花園)
*Honda2T1G(5)、クボタ2T2G1P(4)
◎Honda/PR3金光植(キム・グァンシク、김광식。14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)。
◎Honda/SH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈。07-、大心通商、檀国大)。
◎Honda/SO朴成基(パク・ソンギ、15-Honda、14帝京大、大阪朝高)。
「長いキックが魅力です」(SH梁)
◎クボタLO5金昊範(キム・ホボム、김호범。15-クボタ、14尚武、檀国大)

◆近鉄40(16-10)22リコー
*近鉄5T3G3P(19)、リコー3T2G1P(2)
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원。大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)。
◎近鉄PR16王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문。14-近鉄、大阪体育大、朝明高、韓国・養正中)。後半33分から

☆B
■第6週
◆ヤマハ14(0-19)43神戸(19日、ヤマハ)
*ヤマハ2T2G(24)、神戸7T4G(25、+105)

◆トヨタ自動車10(10-16)26キヤノン(町田)
*トヨタ1T1G1P(21、得失+71)、キヤノン3T1G3P(25、+68)、

◆NEC20(7-7)12コカ・コーラ(秩父宮)
*NEC2T2G2P(5)、コーラ2T1G(3)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、강대현。14-、慶煕大)

◆NTTドコモ28(7-16)29豊田自動織機(20日、宮崎)
*ドコモ4T4G(10)、自動織機2T2G5P(8)
◎ドコモCTB金勇輝(キム・ヨンヒ、15-、14法政大、大阪朝高)
◎ドコモFL朴淳彩(パク・スンチェ、박순채。14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)。
◎ドコモPR張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅。08-、尚武、延世大)

■第5週
◆ヤマハ41(10-13)20NTTドコモ(12日、ヤマハ)
*ヤマハ6T4G1P(24)、ドコモ2T2G1P1D(8)
◎ドコモCTB金勇輝(キム・ヨンヒ、15-、14法政大、大阪朝高)
◎ドコモFL19朴淳彩(パク・スンチェ、박순채。14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)。後半27分L4
◎ドコモPR18張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅。08-、尚武、延世大)

◆トヨタ自動車34(3-3)3NEC(豊田S)
*トヨタ4T4G2P(21、得失+87)、NEC1P(1)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、강대현。14-、慶煕大)

◆神戸47(21-10)24コカ・コーラ(ノエスタ)
*神戸7T6G(20)、コーラ3T3G1P(3)

◆キヤノン35(0-5)19豊田自動織機(13日、長良川)
*キヤノン5T5G(21、+52)、自動織機3T2G(4)
◎織機WTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령。15織機、08-ヤマハ、朝鮮大、愛知朝高)
Dscf9237
◎織機LO鄭智弘(チョン・チホン。12織機、11-NTTドコモ、08-サニックス、05-IBM、帝京大、大阪朝高)

<<TLチャレンジ>>
<チャレンジ2>
■第1週(12/13(日) 13:00)
◆九州電力38(19-7)12釜石(福岡レベスタ )
*九電6T4G、釜石2T1G
◎釜石PR1鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)

■第2週(12/20(日) 13:00)
◆中部電力17(7-12)31 九州電力(愛知 パロ瑞穂)
*中部2T2G1P、九電5T3G

■第3週(12/26(土) 13:00)
◆釜石 vs 中部電力(埼玉 熊谷)

<チャレンジ1>
■第1週(16年1/10(日) 12:00 )
◆大阪府警察 vs チャレンジ2・1位(福岡 レベスタ)

◆ 宗像サニックス vs 三菱重工(2試合目はすべて14:00開始)
◎サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン、왕수영。14-サニックス、14-大阪体育大・中退しプロへ、朝明高)。
◎サニックスPR申東源(シン・ドンウォン、신동원。15-サニックス、14-近鉄、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)。
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)。

◎三菱PR成昴徳(ソン・アンドック、성앙덕。14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)。
◎三菱NO8李昡羽(イ・ヒョンウ、日野自、尚武、檀国大、裡里工業高)。

■第2週(1/17(日) 11:40)
◆宗像サニックス vs チャレンジ2・1位 (東京 秩父宮)

◆三菱重工vs 大阪府警察

■第3週(1/24(日) 12:00)
◆三菱重工 vs チャレンジ2・1位 (大阪 花園)

◆大阪府警察 vs 宗像サニックス

<<TE>>
①三菱相模原(勝点45)、②釜石SW(38)、③東京ガス(34)、④日野自(32)、
⑤栗田(26)、⑥ヤクルト(24)、⑥栗田(21)、⑦秋田NB(11、得失-159)、⑧横河(11、-161)、⑨日本IBM(10)、⓾セコム(2)

◎日野FL李勇昇(イ・ヨンスン、이용승、15-日野、14尚武、高麗大)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우。07-、高麗大)
Dscf9746
◎横河WTB趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철。同志社大、大阪朝高)
◎ヤクルトPR金弘泰(明治大、大阪朝高)。
◎秋田FL韓 歡浩(ハン・ファンホ、한환호、14-、徳山大、韓国・培材高)
Dscf8787

<<<TW>>
■①大阪府警、②中部電力、③JR西日本、④ユニチカ
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン、장화유。12-、同志社大、大阪朝高)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・グァンギ、15-、14近畿大、大阪朝高)。

<<TW入替戦>
■第1週(12月12日)
◆三菱自工京都(A5)41-28島津製作所(B2)

■第2週(12月19日)
◆大阪ガス(B1)-島津製作所(B2)

■第3週(12月26日)
◆三菱自工京都(A5)-大阪ガス(B1)

<<TW2部>>
①大阪ガス(35)、②島津(26)、③スネイルズ(24)、④きんでん(20)、⑤日本新薬(14)
⑥リコー(11)、⑦豊田通商(10)、⑧KP(0)

<<トップキュウシュウA>>
■A/B入替戦
◆福岡銀行(A7)34-17日本特殊陶業(B2)
◆新日本住金八幡(A8)26-20鹿児島銀行(B1)

■▶TOP4
◆宗像サニックス①69(29-0)0九州電力②(11月28日、グローバル)
*サニックス10T(15)、九電(10)
◎サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン、왕수영。14-サニックス、14-大阪体育大・中退しプロへ、朝明高)。
◎サニックスPR3申東源(シン・ドンウォン、신동원。15-サニックス、14-近鉄、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)。
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)。

◆マツダ③31(17-10)13中国電力④(CCW広島)
*マツダ4T(5)、中国1T(0)
◎マツダHO高昊嗣(コウ・ホサ、関東学院大、大阪朝高)
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン、15-、14明治大、大阪朝高)
▶5位以下⑤JR九州、⑥三菱重工長崎、⑦福岡銀行、⑧新日鐵八幡

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 14, 2015

帝京、明治、東海などが順当勝ち。筑波、慶應、早稲田は1敗 大学選手権

 2015年度の大学日本一を決める「第52回全国大学ラグビー選手権大会」。
 12月13日(日)にセカンドステージ、16校を4組に分けた予選がスタート。各組1位が16年1月2日の準決勝へ進む。
 A組王者・帝京大は法政大を10T66-7で一蹴した。
 B組の優勝候補・東海大も同じく10T66-7で朝日大を寄せ付けなかった。
 天理大が後半、早稲田大を逆転し14-10で勝ち東海との1位通過へ道を開いた。
 C組は同志社大が6T36-8と慶應大を下した。優勝候補の筑波大が前半、大東文化大に逆転され31-22で敗戦。
 D組は流通経済大が後半、立命館大を逆転し38-30で勝ったほか明治大は8T53-14で7京都産業大を相手にしなかった。
 11月22日から1次予選(ファーストステージ)が開始された。
 12月5日は、1勝同士の法政大(関東リーグ戦第5代表)と九州代表の福岡工業大戦。
 法大が66-31で圧勝し13日から始まる2次予選(セカンドステージ)へ進んだ。

 11月22日、九州代表の福岡工業大が初出場・八戸学院大(北海道・東北代表)を75-14で一蹴した。
 
 29日は法政大が八戸工業大から25Tを奪い163-0で1勝目。
 
 2次に出場する東海・北陸・中国・四国地区代表は、11月29日に愛知・パロマ瑞穂ラグビー場でおこなわれる朝日大71-6環太平洋大となった。

<<「第52回全国大学ラグビー選手権大会」>>
<セカンドステージ>
{プール戦}
■A
◆帝京大(関東対抗戦1位)
◎帝京LO金廉(2年、キム・リャン、大阪朝鮮高)
◎帝京LO5金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)
◎帝京コーチ金清梧(キム・チョンオ、4年、東京朝高)
◎帝京PR金翔鎬(キム・サンホ、3年、東京朝高)
◎帝京SO金孝舜(キム・ヒョウスン、3年、東京朝高)
◎帝京PR李成鏞(リ・ソンヨン、2年、大阪朝高)
◎帝京PR趙雄真(チョ・ウンジン、1年、東京朝高)
◎帝京FL申賢志(シン・ヒョンジ、1年、大阪朝高)
◎帝京FL下相悠(1年、ピョン・サンユ、東京朝高)

◆中央大(関東リーグ戦3位)
◆関西大(関西4位)
◆法政大(ファースト1位)
◎法政SH黄将棋(2年、ファン・サンギ、大阪朝高)
◎法政PR李承記(1年、リ・サンギ、大阪朝高)。
◎法政SO呉洸太(1年、オ・ガァンテ、大阪朝高)

◇帝京大66(42-7)7法政大(12月13日、ケーズ)
*帝京10T8G(9)、法政1T1G(0
◎帝京LO5金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)

◇中央大24(7-12)12関西大(瑞穂)
*中央4T2G(7)、関西(0)

◇中央大-法政大(20日、ギオンズ相模原)
◇帝京大-関西大(熊谷)

◇帝京大-中央大(27日、秩父宮)
◇関西大-法政大(皇子山)

■B
◆東海大(リーグ戦1位)
◎東海LO李昇剛(3年、イ・スンガン、東京朝高)
◎東海SO金成志(3年、キム・ソンジ、大阪朝高)
◎東海SO金典弘(2年、キム・ジョンホ、大阪朝高)
◎東海FL高裕成(1年、コウ・ユソン、大阪朝高)
◎東海FL蔡隆志(1年、チェ・リャンジ、大阪朝高)
◆天理大(関西2位)
◎天理FL李淳也(4年、リ・ジュンヤ、常翔啓光学園)。
◎天理HO/PR白隆周(4年、ペク・リャンジュ、都島工)。
◎天理CTB朴泰慶(1年、パク・テギョン、大阪朝高)
◆早稲田大(関東対抗戦4位)
◆朝日大(東海北陸/中四国)

◇東海大66(42-0)7朝日大(13日、瑞穂)
*東海10T8G(9)、朝日1TG(0)

◇天理大14(7-10)10早稲田大(花園)
*天理2T2G(7)、早稲田1T1G1P(0)
◎天理FL6李淳也(4年、リ・ジュンヤ、常翔啓光学園)。

◇早稲田大-朝日大(20日、秩父宮)
◇東海大-天理大(秩父宮)

◇東海大-早稲田大(27日、江戸川)
◇天理大-朝日大(瑞穂)

■C
◆関西1位(同志社大)
◎同大PR趙隆泰(3年、チョ・リャンテ、大阪朝高)
◎同大FL朴鐘翔(4年、パク・ジョンサン、大阪朝高)
◎同大FL朴成脩(2年、パク・ソンス、大阪朝高)。後半から
◎同大FB康哲明(4年、カン・チョルミョン、大阪朝高)
◎同大PR金志憲(1年、キム・ジホン、大阪朝高)
◎同大WTB康哲訓(1年、カン・チョルフン、大阪朝高)

◆筑波大(関東対抗戦3位)
◎筑波PR崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)
◆大東文化大(リーグ戦4位)
◆慶應大(関東対抗戦5位)
◇筑波大22(10-17)31大東文化大(13日、秩父宮)
*筑波3T2G1P(1)、大東5T3G(6)
◎筑波PR3崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)

◇同志社大36(24-7)8慶應大
*同志社6T3G(9)、1T1P(0)

◇慶應大-大東文化大(20日、熊谷)
◇同志社大-筑波大(花園)

◇筑波大-慶應大(秩父宮)
◇同志社大-大東文化大(皇子山)

■D
◆明治大(関東対抗戦2位)
◆流通経済大(リーグ戦2位)
◎流経大PR林材彬(4年、イム・ジェビン、임재빈。韓国・養正高)
◎流経大PR16金仁謙(2年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)
◎流経大LO李一凡(2年、高知中央高)
◎流経大NO8FL安永奭(4年、アン・ヨンソク、안영석。韓国・養正高)
◎流経大WTB高武栄(4年、コウ・ムヨン、東京朝高)
◎流経大CTB韓尊文(1年、ハン・ソンムン、大阪朝高)
*流経大HO申盛浩(4年、シン・ソンホ、신성호。韓国・忠北高)
◆立命館大(関西3位)
◆京都産業大(関西5位)
◎京産FL李智栄(3年、リ・チヨン、大阪朝高)。1T
◎京産PR金亨志(4年、キム・ヒョンジ、大阪朝高)
◎京産PR金大輝(2年、キム・テフィ、大阪朝高)
◎京産HO蔡淳志(3年、チェ・スンジ、大阪朝高)
◎京産CTB金将一(3年、キム・ジャンイル、大阪朝高)
◎京産FL具一樹(2年、グ・イルス、大阪朝高)
◎京産PR金勇一(1年、キム・ヨンイル、大阪朝高)

◇明治大53(24-7)14京都産業大(13日、花園)
*明治8T5G1P(8)、京都2T2G(0)
◎京産PR1金亨志(4年、キム・ヒョンジ、大阪朝高)

◇流通経済大38(7-24)30立命館大(ケーズ)
*流通5T5G1P(8)、立命3T3G3P(1)

◇明治大-流通経済大(20日、ギオンズ)
◇立命館大-京都産業大(花園)

◇明治大-立命館大(27日、江戸川)
◇流通経済大-京都産業大(瑞穂)

<ファーストステージ>
-■第1週(11月22日)
◆福岡工業大75(29-6)14八戸学院大(11月22日、いわき)
*福工大13T5G、八戸2T2G
◎福工FL金鎮仙(3年、キム・ヂンソン、九州朝高)

■第2週(11月29日)
◆法政大163(87-0)八戸学院大(熊谷)
*法政13T12G
◎法政SH黄将棋(2年、ファン・サンギ、大阪朝高)
◎法政PR李承記(1年、リ・サンギ、大阪朝高)。
◎法政SO呉洸太(1年、オ・ガァンテ、大阪朝高)

■第3週(12月5日)
◆法政大66(33-12)31福岡工業大(博多)
*法政10T8G、福工5T3G
◎福工FL20金鎮仙(3年、キム・ヂンソン、九州朝高)

<東海 北陸・中国 四国代表決定戦>
◆朝日大71-6環太平洋大(11月29日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 13, 2015

大学入替戦、成蹊大が対抗戦A昇格、日大、関東学院も1部へ

2015-16の大学ラグビー。
 12月12日(土)からは関東大学対抗戦、リーグ戦、関西大学で入替戦を実施した。
 対抗戦は12日行いA7位の日本体育大23-15明治学院大(B2位)と残留。
 B1位の成蹊大はA8i位の立教大から7T5Gを奪い45-8で大勝し来季の昇格を決めた。
 13日(日)は関東リーグ戦各部の入替があり1/2部では2部1位の日本大が28-17で山梨学院大(1部8位)を28-17で、関東学院大(2部2位)は専修大(1部7位)を22-7と破り1部復帰を決めた。
 2部3部は3部1位の朝鮮大が24-18と玉川大(2部8位)を下し6年ぶりに復帰する。
Dscf3341

 白鴎大(2部7位)は20-15東京農業大(3部2位)を制し残留した。
*グリーン白鴎は後半最後、農大の攻撃を防いだ。
Dscf3174

 3部4部では3部8位の埼玉工業大が10-17東京理科大(4部1位)に敗れ転落した。
 4部5部は5部1位首都大東京(旧東京都立大)が28-22で城西大(4部8位)を制し1999年、都立大以来の4部復活を勝ち得た。

 関西はAの関西学院大、近畿大が残留を決めた。

<<関東対抗戦入替戦>>
■A/B(12月12日、熊谷)
◆日本体育大(A7)23(12-8)15明治学院大(B2)
*日体3T1G2P、明学2T1G1P

◆立教大(A8)8(3-21)45成蹊大(B1)
*立教1T1P、成蹊7T5G

<<関東大学リーグ戦入替戦>>
■1部/2部(12月13日、熊谷)
◆専修大(1部⑦位)7(7-3)22関東学院大(2②)
*専修1T1G、関東3T2G1P
*後半12分から3T積み重ね逆転勝ち

◆山梨学院大(1⑧)17(10-13)28日本大(2①)
*山梨2T2G1P、日本5T1P
*後半10分から日大が3Tし制した
◎日大PR16金大毅(3年、キム・テフィ、大阪朝高)。後半P1)
◎日大SH9李翔大(3年、リ・サンデ、大阪朝高)
◎日大SO23金貴大(3年、キム・キデ、大阪朝高)。後半
◎日大FL孫昇巳(2年、ソン・スンギ、大阪朝高)。
◎日大WTB高大成(2年、コウ・テソン、大阪朝高)
◎日大PR秦舜一(1年、チン・スンイル、大阪朝高)
◎日大SH朴鐘必(1年、パク・チョンピル、大阪朝高)
◎日大FB金志大(1年、キン・チデ、大阪朝高)

■2/3(12月13日、玉川大)
◆白鴎大(2⑦)20(3-8)15東京農業大(3②)
*白鴎3T1G1P、農大2T1G1P

◆朝鮮大(3①)24(12-8)18玉川大(玉川大2⑧)
*朝鮮4T2G、玉川2T1G2P

■3/4(12月13日、日本大)
◆横浜国立大(3⑦)29(7-7)14創価大(4②)

◆埼玉工業大(3⑧)10(5-3)17東京理科大(4①)

■4/5(12月13日、拓殖大)
◆神奈川大(4⑦)30(14-12)26東京経済大(5②)

◆首都大東京(5①)28(21-10)22城西大(4⑧)

■5/6
◆埼玉大(5⑧)26(14-5)27明星大(6②、①の横浜商科大15人いないため)

<<関西大学>>
■A/B(12月13日、宝が池)
◆関西学院大(A8位)56(21-7)19大阪体育大(B1位)
*関学8T8G、体大3T2G

◆近畿大(A7位)35(13-8)20龍谷大(B2位)
*近畿4T3G1P1D、龍谷3T1G1P
◎近畿HO18朴泰有(2年、パク・テユ、大阪朝高)。後半
◎近畿NO8金容信(4年、キム・ヨンシン、大阪朝高)
◎近畿PR金明樹(1年、キム・ミョンス、大阪桐蔭)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2015

関東、関西大学で入替戦

2015-16の大学ラグビー。
 12月12日(土)週は、大学選手権を見ながら関東と関西で入替戦が実施される。
 関東対抗戦は12日にA/B(熊谷)で日本体育大(A7)-明治学院大(B2)、立教大(A8)-成蹊大(B1)。
 関東リーグ戦は13日に専大(1部7位)-関東学院大(2部2位)、山梨学院大(1部8位)-関東学院大(2部2位)と対戦する(熊谷)。
 2部と3部は、3部優勝が朝鮮大で2部8位の玉川大と、2位東京農業大は2部7位白鴎大と対戦へ(13日、玉川大G)。
  
<<関東大学対抗戦A>>
①帝京大(6-1)、②明治大(6-1)、③筑波大(5-2)、④早稲田大(4-3)、
⑤慶應大(4-3)、⑥青山学院大(2-5)、⑦日本体育大(1-6)、⑦立教大(0-6)
<<関東対抗戦入替戦>>
■A/B(12月12日、熊谷)
◆日本体育大(A7)-明治学院大(B2)

◆立教大(A8)-成蹊大(B1)

<<関東大学リーグ戦1部>>
①東海大(28)、②流通経済大(25)、③中央大(22)、④大東文化大(19)、⑤法政大(16)、
⑥拓殖大(13)、⑦専修大(10)、⑧山梨学院大(7)
◎拓殖PR具智元(3年、グ・ジウォン、구지원。日本文理高、NZ中、韓国)。
Dscf0901

◎拓殖SO具智允(4年、グ・ジユン、구지윤。日本文理高、NZ中、韓国)
Dscf1125
◎拓殖SH姜秉周(3年、カン・ピョンジュ、강병주。日本文理高、韓国)。
Dscf1098
◎拓殖CTB鄭季和(1年、チョン・ケファ、15-、12専修大、日本文理高、韓国)

<<関東大学リーグ戦2部>>
①日本大(28)、②関東学院大(25)、③立正大(22)、④東洋大(19)
⑤国士舘大(16)、⑥國學院大(13)、⑦白鴎大(6)、⑧玉川大(6)

<<関東大学リーグ戦入替戦>>
■1部/2部(12月13日、熊谷)
◆専修大(1部⑦位)-関東学院大(2②)

◆山梨学院大(1⑧)-日本大(2①)
◎日大PR金大毅(3年、キム・テフィ、大阪朝高)。
◎日大SH李翔大(3年、リ・サンデ、大阪朝高)
◎日大SO金貴大(3年、キム・キデ、大阪朝高)。
◎日大FL孫昇巳(2年、ソン・スンギ、大阪朝高)。
◎日大WTB高大成(2年、コウ・テソン、大阪朝高)
◎日大PR秦舜一(1年、チン・スンイル、大阪朝高)
◎日大SH朴鐘必(1年、パク・チョンピル、大阪朝高)
◎日大FB金志大(1年、キン・チデ、大阪朝高)

■2/3(12月13日、玉川大)
◆白鴎大(2⑦)-東京農業大(3②)

◆朝鮮大(3①)-城西大(玉川大2⑧)

■3/4(12月13日、日本大)
◆横浜国立大(3⑦)-創価大(4②)

◆埼玉工業大(3⑧)-東京理科大(4①)

■4/5(12月13日、拓殖大)
◆神奈川大(4⑦)-東京経済大(5②)

◆首都大東京(5①)-城西大(4⑧)

◎立正CTB李翔太(4年、東京朝鮮高)

<<関東大学リーグ戦3部>>
①朝鮮大(25)、②東京農大(25)、③防衛大(22)、④東京工業大(22)、
⑤国際武道大(16)、⑥駿河台大(13)、⑦横浜国立大(10)、⑧埼玉工業大(5)

<<関西大学A>>
①同志社大(6-1)、②天理大(6-1)、③立命館大(4-3)、④関西大(3-4、+3)、⑤京都産業大(3-4、+2)、
⑥摂南大(3-4、-5)、⑦近畿大(2-5)、⑧関西学院大(1-6)

<<関西大学入替戦>>
■A/B(12月13日、宝が池)
◆関西学院大(A8)-大阪体育大(B1)
◎関学SH金大地(3年、キム・デジ、大阪朝高)
◎関学CTB洪泰一(4年、ホン・テイル、大阪朝高)
◎関学CTB金淳英(3年、キム・スンヨン、大阪朝高)
◎関学LO金鐘星(1年、キム・ジョンソン、大阪朝高)
◎関学CTB沈祥健(1年、シム・サンゴン、大阪朝高)
◎関学主務高民起(4年、コウ・ミンギ、大阪朝高)

◆近畿大(A7)-龍谷大(B2)
◎近畿HO18朴泰有(2年、パク・テユ、大阪朝高)。後半
◎近畿NO8金容信(4年、キム・ヨンシン、大阪朝高)
◎近畿PR金明樹(1年、キム・ミョンス、大阪桐蔭)

◎摂南SH金英貴(2年、キム・ヨンギ、大阪朝高)
◎摂南WTB19申翔志(3年、シン・サンジ、大阪朝高)
◎摂南マネージャー金真央(4年、大阪朝高)

<<関西大学B>>
①大阪体育大(9-0)、②竜谷大(8-1)、③花園大(7-2)、④大阪教育大(6-3)、
⑤大阪産業大、神戸大、大阪大、京都大(3-6)、⑨甲南大(1-8)、⓾大阪経済大(1-9)

<<九州学生1部>>
■入替戦(12月5日)
☆熊本大、西南学院大が1部昇格!
◆長崎大(7位)17(5-12)20熊本大(2部2位)

◆沖縄国際大(8位)21(14-21)47西南学院大(2部1位)

■順位決定戦Aブロック
①福岡工業大、②九州共立大、③福岡大、④日本文理大
■順位決定戦Bブロック
⑤鹿児島大、⑥九州大、⑦長崎大、⑧沖縄国際大

| | Comments (0) | TrackBack (0)

TL第5週、パナVS東芝は引分、サントリーがコムに圧勝

 2015-16シーズン、12月12日(土)の週は「TL2015リーグ戦5週」8試合などが行われる。
 プールAは12日に勝点20首位パナソニックが3位東芝戦(勝点15)、秩父宮で戦った。
 TL最多となる20138人の観客が押し寄せた。
Dscf2939
 激しいコンタクトを繰り広げた両チーム。17(前半10-10)17で引き分け勝点2ずつを得た。
Dscf3057
Dscf2979

 パナ・Rディーン監督は「素晴らしいインターナショナルな試合だった。公平な結果」と満足気だった。
Dscf3070
 コムが負けたたため22で1位。東芝は17で3位に。

 2位NTTコム(16)は不振のサントリー(11)と。サントリーが前半からFW中心に圧倒しコム陣内で戦い終了間際に4Tを奪うなど31-0と前半で試合を決めた。
Dscf2756
Dscf2767
Dscf2834

 後半は1Tずつで38-5で一蹴した。サントリーとコムは勝点16で並び得失点差、サントリー(+73)、コム(+36)でサントリーが4位に。 
 4位近鉄(14)はリコー(2)と花園で対戦し5Tなど40-22で下し勝点5を加え19とし2位へ浮上した。
 プレーオフの順位決定戦1-8位(リクシルカップ)進出ができる各プール1-4位に入るために近鉄以下は残り2戦、厳しい戦いだ。パナは残り2戦がクボタ(19日)、Honda(26日)と下位チームのため先が見えた。
 プールB、首位ヤマハ(19)は地元に5位NTTドコモ(9)を迎え対戦。10-13の後半入りから5Tを奪い41-20で勝ち24と首位を守った。
 2位はトヨタ自動車(16)は最下位NEC(8位、1)と前半は3-3で折り返したが後半4T4Gと押し切り34-3で破り21(2位、得失点+87)。
 3位キヤノン(16)は豊田自動織機(6位、4)を5T35-19で勝点5を得て3位に(得失点+52)。
 4位神戸製鋼(15)はコカ・コーラ(7位、3)とぶつかり7T47-24で一蹴し20(4位)。この4チームはプレーオフ進出(1-2位)が決まった。
 トップリーグ昇格決定を狙う地域リーグ2位チームによる「チャレンジ2」が12月13日始まった。
 1位が「チャレンジ1」の出場権を獲得しTLチームとの入替戦出場権を得る。
 1位候補の九州電力がライバル釜石SWを38-12で下しほぼ1位通過を決めた。
  
<<TL2015>>
<予選プールリーグ>
☆A
■第5週
◆NTTコム5(0-31)38サントリー(12月12日、秩父宮)
*コム1T(16)、サントリー5T5G1P(16)
◎コムFL7金正奎(早大)
「サントリーにさせたいラグビーをさせてしまった」
Dscf2790
Dscf2894

◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)。
「きょうは自分としてはDF面で先週より改善できたいた」
Dscf2855

◎コムPR16白隆尚(帝京大、大阪朝高)
◎サントリーPR朴鐘烈(パク・チャンリョル、박종열、15-サントリー、14尚武、延世大)、左
Dscf2906
「現在Bチームで頑張っています。チームのスクラムにもついていくことがでいています」

◆パナソニック17(10-10)17東芝
*パナ2T1G1P(22)、東芝2T1G1P(17)
◎パナFL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)。
「少しのミスで勝つことができなかった」
Dscf1659
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン、15-、14帝京大、大阪朝高)
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)。後半29分から
◎東芝HO金寛泰(キム・グァンテ、15-、14関西学大、大阪朝高)

◆Honda12(12-7)17クボタ(花園)
*Honda2T1G(5)、クボタ2T2G1P(4)
◎Honda/PR3金光植(キム・グァンシク、김광식。14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)。
◎Honda/SH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈。07-、大心通商、檀国大)。
Dscf9424
◎Honda/SO朴成基(パク・ソンギ、15-Honda、14帝京大、大阪朝高)。
「長いキックが魅力です」(SH梁)
◎クボタLO5金昊範(キム・ホボム、김호범。15-クボタ、14尚武、檀国大)
Dscf2170

◆近鉄40(16-10)22リコー
*近鉄5T3G3P(19)、リコー3T2G1P(2)
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원。大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)。
◎近鉄PR16王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문。14-近鉄、大阪体育大、朝明高、韓国・養正中)。後半33分から


■第4週
◆東芝52(38-0)7リコー(12月5日、熊谷)
*東芝8T6G(15)、リコー1T1G(2)
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)。後半29分から
◎東芝HO金寛泰(キム・グァンテ、15-、14関西学大、大阪朝高)

◆パナソニック35(16-10)28NTTコム
*パナ4T3G3P(20)、コム3T2G3P(16)
◎パナFL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)。後半27分T
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン、15-、14帝京大、大阪朝高)
◎コムFL7金正奎(早大)
◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)。
◎コムPR白隆尚(帝京大、大阪朝高)

◆Honda21(14-24)59サントリー(6日、熊本うまスタ)
*Honda3T3G(4)、サントリー9T7G(11)
◎Honda/PR3金光植(キム・グァンシク、김광식。14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)。
◎Honda/SH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈。07-、大心通商、檀国大)。
◎Honda/SO朴成基(パク・ソンギ、15-Honda、14帝京大、大阪朝高)。
「長いキックが魅力です」(SH梁)
◎サントリーPR朴鐘烈(パク・チャンリョル、박종열、15-サントリー、14尚武、延世大)

◆近鉄40(21-3)17クボタ(花園)
*近鉄6T5G(14)、クボタ2T2G1P(0)
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원。大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)。前半7分先制T。
◎近鉄PR16王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문。14-近鉄、大阪体育大、朝明高、韓国・養正中)
◎クボタLO19金昊範(キム・ホボム、김호범。15-クボタ、14尚武、檀国大)

☆B
■第5週
◆ヤマハ41(10-13)20NTTドコモ(12日、ヤマハ)
*ヤマハ6T4G1P(24)、ドコモ2T2G1P1D(8)
◎ドコモCTB金勇輝(キム・ヨンヒ、15-、14法政大、大阪朝高)
◎ドコモFL19朴淳彩(パク・スンチェ、박순채。14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)。後半27分L4
◎ドコモPR18張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅。08-、尚武、延世大)

◆トヨタ自動車34(3-3)3NEC(豊田S)
*トヨタ4T4G2P(21、得失+87)、NEC1P(1)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、강대현。14-、慶煕大)

◆神戸47(21-10)24コカ・コーラ(ノエスタ)
*神戸7T6G(20)、コーラ3T3G1P(3)

◆キヤノン35(0-5)19豊田自動織機(13日、長良川)
*キヤノン5T5G(21、+52)、自動織機3T2G(4)
◎織機WTB徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령。15織機、08-ヤマハ、朝鮮大、愛知朝高)
Dscf9237
◎織機LO鄭智弘(チョン・チホン。12織機、11-NTTドコモ、08-サニックス、05-IBM、帝京大、大阪朝高)

■第4週
◆キヤノン33(12-8)15NEC(12月5日、高知)
*キヤノン5T4G(16)、NEC2T1G1P(1)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、강대현。14-、慶煕大)

◆ヤマハ38(35-14)28コカ・コーラ(6日、うまスタ)
*ヤマハ5T5G1D(19)、コーラ4T4G(3)

◆NTTドコモ14(7-24)36トヨタ自動車(花園)
*ドコモ2T2G(8)、トヨタ5T4G1P(16)
◎ドコモCTB金勇輝(キム・ヨンヒ、15-、14法政大、大阪朝高)
◎ドコモFL6朴淳彩(パク・スンチェ、박순채。14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)
◎ドコモPR張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅。08-、尚武、延世大)

◆神戸27(5-12)12豊田自動織機(愛媛ニンスタ)
*神戸4T2G1P(15)、自動織機2T1G(4)
◎神戸SH梁正秋(ヤン・チョンジュ、15-神戸、14京都産大、大阪朝高)
◎織機WTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령。15織機、08-ヤマハ、朝鮮大、愛知朝高)
Dscf9237
◎織機LO4鄭智弘(チョン・チホン。12織機、11-NTTドコモ、08-サニックス、05-IBM、帝京大、大阪朝高)

<<TLチャレンジ>>
<チャレンジ2>
■第1週(12/13(日) 13:00)
◆九州電力38(19-7)12釜石(福岡レベスタ )
*九電6T4G、釜石2T1G
◎釜石PR1鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)

■第2週(12/20(日) 13:00)
◆中部電力vs 九州電力(愛知 パロ瑞穂)

■第3週(12/26(土) 13:00)
◆釜石 vs 中部電力(埼玉 熊谷)

<チャレンジ1>
■第1週(16年1/10(日) 12:00 )
◆大阪府警察 vs チャレンジ2・1位(福岡 レベスタ)

◆ 宗像サニックス vs 三菱重工(2試合目はすべて14:00開始)
◎サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン、왕수영。14-サニックス、14-大阪体育大・中退しプロへ、朝明高)。
◎サニックスPR申東源(シン・ドンウォン、신동원。15-サニックス、14-近鉄、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)。
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)。

◎三菱PR成昴徳(ソン・アンドック、성앙덕。14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)。
◎三菱NO8李昡羽(イ・ヒョンウ、日野自、尚武、檀国大、裡里工業高)。

■第2週(1/17(日) 11:40)
◆宗像サニックス vs チャレンジ2・1位 (東京 秩父宮)

◆三菱重工vs 大阪府警察

■第3週(1/24(日) 12:00)
◆三菱重工 vs チャレンジ2・1位 (大阪 花園)

◆大阪府警察 vs 宗像サニックス

<<TE>>
①三菱相模原(勝点45)、②釜石SW(38)、③東京ガス(34)、④日野自(32)、
⑤栗田(26)、⑥ヤクルト(24)、⑥栗田(21)、⑦秋田NB(11、得失-159)、⑧横河(11、-161)、⑨日本IBM(10)、⓾セコム(2)

◎日野FL李勇昇(イ・ヨンスン、이용승、15-日野、14尚武、高麗大)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우。07-、高麗大)
Dscf9746
◎横河WTB趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철。同志社大、大阪朝高)
◎ヤクルトPR金弘泰(明治大、大阪朝高)。
◎秋田FL韓 歡浩(ハン・ファンホ、한환호、14-、徳山大、韓国・培材高)
Dscf8787

<<<TW>>
■①大阪府警、②中部電力、③JR西日本、④ユニチカ
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン、장화유。12-、同志社大、大阪朝高)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・グァンギ、15-、14近畿大、大阪朝高)。

<<TW入替戦>
■第1週(12月12日)
◆三菱自工京都(A5)41-28島津製作所(B2)

■第2週(12月19日)
◆大阪ガス(B1)-島津製作所(B2)

■第3週(12月26日)
◆三菱自工京都(A5)-大阪ガス(B1)

<<TW2部>>
①大阪ガス(35)、②島津(26)、③スネイルズ(24)、④きんでん(20)、⑤日本新薬(14)
⑥リコー(11)、⑦豊田通商(10)、⑧KP(0)

<<トップキュウシュウA>>
■A/B入替戦
◆福岡銀行(A7)34-17日本特殊陶業(B2)
◆新日本住金八幡(A8)26-20鹿児島銀行(B1)

■▶TOP4
◆宗像サニックス①69(29-0)0九州電力②(11月28日、グローバル)
*サニックス10T(15)、九電(10)
◎サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン、왕수영。14-サニックス、14-大阪体育大・中退しプロへ、朝明高)。
◎サニックスPR3申東源(シン・ドンウォン、신동원。15-サニックス、14-近鉄、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)。
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)。

◆マツダ③31(17-10)13中国電力④(CCW広島)
*マツダ4T(5)、中国1T(0)
◎マツダHO高昊嗣(コウ・ホサ、関東学院大、大阪朝高)
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン、15-、14明治大、大阪朝高)
▶5位以下⑤JR九州、⑥三菱重工長崎、⑦福岡銀行、⑧新日鐵八幡

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2015

第95回全国高校ラグビー大会日程

 東京朝鮮高(東京2)が初出場する「第95回全国高校ラグビー大会(2015-16)」の1-3回戦までの日程が発表された。12月27日開幕(大阪・花園ラグビー場)
 55校が頂点(16年1月11日)を目指して熱い戦いを繰り広げる。
 東京朝鮮は1回戦で筑紫高(九州推薦、福岡2位)と12月28日(月)11:15キックオフとなった(花園1)。勝てば2回戦で兄弟校の大阪朝鮮高を下し出場する大阪桐蔭高(大阪2)と対戦。ぜひとも兄弟校のリベンジを代わりにしたい。

「第95回全国高校ラグビー大会(2015-16)日程」。分かりやすいようにブロックで掲載します
<A>
■1回戦(12月27日)
◆①天理高(奈良)-山形南高(山形)
◆②新潟工業高(新潟)-津山工業高(岡山)
◆③尾道高(広島)-深谷高(埼玉)

■2回戦(30日)
◆常翔学園高-①勝者
◆②、③勝者

■3回戦(1月1日)

<B>
■1回戦(27日)
◆①北条高(愛媛)-遠軽高(北北海道)
◆②荒尾・岱志高(熊本)-仙台育英高(宮城)

■2回戦(30日)
◆石見智翠館高(島根)-①勝者
◆流通経済大柏高(千葉)-②勝者

■3回戦(1月1日)

<C>
■1回戦(27日)
◆①魚津工業高(富山)-和歌山工業高(和歌山)
◆②青森北高(青森)-高鍋高(宮崎)
◆③伏見工業高(京都)-郡山北工業高(福島)

■2回戦(30日)
◆東海大仰星高(大阪1)-①勝者
◆②、③勝者

■3回戦(1月1日)

<D>
■1回戦(27日、28日)
◆①春日丘高(愛知)-佐賀工業高(佐賀)
◆②明和県央高(群馬)-土佐塾高(28日、高知)
◆③秋田中央高(秋田)-広島工業高(中国・広島2位)


■2回戦(30日)
◆①、②勝者
◆桐蔭学園高(神奈川)-③勝者

■3回戦(1月1日)

<E>
■1回戦(28日)
◆①東京朝鮮高(東京2)-筑紫高(九州・福岡2位)
◆②高松北高(香川)-関商工高(岐阜)
◆③大分舞鶴高(大分)-岡谷工業高(長野)

■2回戦(30日)
◆大阪桐蔭高(大阪2)-①勝者
◆②、③勝者

■3回戦(1月1日)

<F>
■1回戦(28日)
◆①若狭高(福井)-つるぎ高(徳島)
◆②茗渓学園高(茨城)-関西学院高(兵庫)
◆③静岡聖光学院高(静岡)-倉吉北高(鳥取)

■2回戦(30日)
◆①、②勝者
◆國學院久我山高(東京1)-③勝者

■3回戦(1月1日)

<G>
■1回戦(28日)
◆①萩商工高(山口)-黒沢尻工業高(岩手)
◆②日川高(山梨)-コザ高(沖縄)
◆③長崎北陽台高(長崎)-函館ラ・サール高(南北海道)

■2回戦(30日)
◆東福岡高(福岡)-①勝者
◆②、③勝者

■3回戦(1月1日)

<H>
■1回戦(28日)
◆①京都成章高(近畿、京都2位)-日本航空高石川(石川)
◆②朝明高(三重)-鹿児島実業高(鹿児島)
◆③光泉高(滋賀)-東海大相模高(関東、神奈川2位)

■2回戦(30日)
◆①、②勝者
◆國學院栃木高(栃木)-③勝者

■3回戦(1月1日)

<決勝トーナメント>
■準々決勝(1月3日)



■準決勝(1月7日)

■決勝(1月11日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 06, 2015

TL後半戦、パナとヤマハが1位守る

 2015-16シーズン、12月5日(土)の週は「TL2015リーグ戦4週」8試合などが行われる。
 プールAは勝点15同士の首位パナソニックとNTTコムが直接対決(熊谷)。
 前半16-10のパナリードで折り返した。後半3分コムがFBヤンチースのPGで16-13と詰め寄るとパナは9分NO8ホラニ、18分FB笹倉がトライラインを越え28-13とする。コムも1T1G返し28-20へ。
 パナは21分に1T1Gで35-20と逃げる。ここからコムが終了間際に粘る。37分WTB小泉のTで35-25。ロスタイムにSO小倉がPGを決め35-28としパナに勝点5を与えるも7点差内負けで1を得た。
 プールB、首位ヤマハはコーラ戦。ヤマハがコーラを38-28で退け勝点19で首位。
 2位はキヤノン、トヨタ自動車が16で続く。
 TEは最終週。首位・三菱重工相模原が2位・釜石SWと対戦し優勝と1位通過を争うった。
 三菱が9T5G58点を奪い58-7で優勝した。2位釜石。3位東京ガスとなった。
 TL昇格チャレンジはTE(三菱重工相模原、釜石SW)、TW(大阪府警、中部電力)、Tキュウシュウ(宗像サニックス、九州電力)が出場する。
 
<<TL2015>>
<予選プールリーグ>
☆A
■第4週
◆東芝52(38-0)7リコー(12月5日、熊谷)
*東芝8T6G(15)、リコー1T1G(2)
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)。後半29分から
◎東芝HO金寛泰(キム・グァンテ、15-、14関西学大、大阪朝高)

◆パナソニック35(16-10)28NTTコム
*パナ4T3G3P(20)、コム3T2G3P(16)
◎パナFL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)。後半27分T
Dscf1659
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン、15-、14帝京大、大阪朝高)
◎コムFL7金正奎(早大)
Dscf1928
◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)。
Dscf1964
◎コムPR白隆尚(帝京大、大阪朝高)

◆Honda21(14-24)59サントリー(6日、熊本うまスタ)
*Honda3T3G(4)、サントリー9T7G(11)
◎Honda/PR3金光植(キム・グァンシク、김광식。14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)。
◎Honda/SH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈。07-、大心通商、檀国大)。
Dscf9424
◎Honda/SO朴成基(パク・ソンギ、15-Honda、14帝京大、大阪朝高)。
「長いキックが魅力です」(SH梁)
◎サントリーPR朴鐘烈(パク・チャンリョル、박종열、15-サントリー、14尚武、延世大)

◆近鉄40(21-3)17クボタ(花園)
*近鉄6T5G(14)、クボタ2T2G1P(0)
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원。大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)。前半7分先制T。
◎近鉄PR16王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문。14-近鉄、大阪体育大、朝明高、韓国・養正中)
◎クボタLO19金昊範(キム・ホボム、김호범。15-クボタ、14尚武、檀国大)
Dscf2170

■第3週
◆サントリー19(14-22)25近鉄(11月28日、瑞穂)
*サントリー3T2G(6)、近鉄3T2G2P(9)
◎サントリーPR朴鐘烈(パク・チャンリョル、박종열、15-サントリー、14尚武、延世大)
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원。大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)。
◎近鉄PR王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문。14-近鉄、大阪体育大、朝明高、韓国・養正中)

◆東芝41(15-5)10Honda(エコパ静岡)
*東芝6T4G1P(10)、Honda2T(4)
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)。後半29分から
◎東芝HO金寛泰(キム・グァンテ、15-、14関西学大、大阪朝高)
◎Honda/PR18金光植(キム・グァンシク、김광식。14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)。
◎Honda/SH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈。07-、大心通商、檀国大)。
◎Honda/SO朴成基(パク・ソンギ、15-Honda、14帝京大、大阪朝高)。
「長いキックが魅力です」(SH梁)

◆NTTコム34(3-6)9クボタ(29日、神戸ユニバ)
*コム4T4G2P(15)、クボタ3P(0)
◎コムF金正奎(早大)
◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)。
◎コムPR白隆尚(帝京大、大阪朝高)
◎クボタLO金昊範(キム・ホボム、김호범。15-クボタ、14尚武、檀国大)

◆パナソニック59(24-7)28リコー(太田)
*パナ8T8G1P(15)、リコー4T4G(2)
◎パナFL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)。後半27分T
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン、15-、14帝京大、大阪朝高)

☆B
■第4週
◆キヤノン33(12-8)15NEC(12月5日、高知)
*キヤノン5T4G(16)、NEC2T1G1P(1)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、강대현。14-、慶煕大)

◆ヤマハ38(35-14)28コカ・コーラ(6日、うまスタ)
*ヤマハ5T5G1D(19)、コーラ4T4G(3)

◆NTTドコモ14(7-24)36トヨタ自動車(花園)
*ドコモ2T2G(9)、トヨタ5T4G1P(16)
◎ドコモCTB金勇輝(キム・ヨンヒ、15-、14法政大、大阪朝高)
◎ドコモFL6朴淳彩(パク・スンチェ、박순채。14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)
◎ドコモPR張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅。08-、尚武、延世大)

◆神戸27(5-12)12豊田自動織機(愛媛ニンスタ)
◎神戸SH梁正秋(ヤン・チョンジュ、15-神戸、14京都産大、大阪朝高)
◎織機WTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령。15織機、08-ヤマハ、朝鮮大、愛知朝高)
Dscf9237
◎織機LO4鄭智弘(チョン・チホン。12織機、11-NTTドコモ、08-サニックス、05-IBM、帝京大、大阪朝高)

■第3週
◆ヤマハ39(13-5)19NEC(28日、エコパ静岡)
*ヤマハ5T4G2P(14)、NEC3T2G(1)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、강대현。14-、慶煕大)

◆トヨタ自動車45(31-7)21豊田自動織機(瑞穂)
*トヨタ6T6G1P(11)、自動織機3T3G(4)
◎織機WTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령。15織機、08-ヤマハ、朝鮮大、愛知朝高)
◎織機FL19鄭智弘(チョン・チホン。12織機、11-NTTドコモ、08-サニックス、05-IBM、帝京大、大阪朝高)

◆神戸24(3-6)25NTTドコモ(29日、神戸ユニバ)
*神戸3T3G1P(10)、ドコモ3T2G2P(9)
◎神戸SH梁正秋(ヤン・チョンジュ、15-神戸、14京都産大、大阪朝高)
◎ドコモCTB金勇輝(キム・ヨンヒ、15-、14法政大、大阪朝高)
◎ドコモLO5朴淳彩(パク・スンチェ、박순채。14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)
◎ドコモPR張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅。08-、尚武、延世大)

◆キヤノン31(10-14)25コカコーラ(大分)
*キヤノン4T4G1P(11)、コーラ2T5P(2)

<<TLチャレンジ>>
<チャレンジ2>
■第1週(12/13(日) 13:00)
◆九州電力 vs 釜石(福岡レベスタ )

■第2週(12/20(日) 13:00)
◆中部電力vs 九州電力(愛知 パロ瑞穂)


■第3週(12/26(土) 13:00)
◆釜石 vs 中部電力(埼玉 熊谷)

<チャレンジ1>
■第1週(16年1/10(日) 12:00 )
◆大阪府警察 vs チャレンジ2・1位(福岡 レベスタ)

◆ 宗像サニックス vs 三菱重工(2試合目はすべて14:00開始)

■第2週(1/17(日) 11:40)
◆宗像サニックス vs チャレンジ2・1位 (東京 秩父宮)

◆三菱重工vs 大阪府警察

■第3週(1/24(日) 12:00)
◆三菱重工 vs チャレンジ2・1位 (大阪 花園)

◆大阪府警察 vs 宗像サニックス

<<TE>>
①三菱相模原(勝点45)、②釜石SW(38)、③東京ガス(34)、④日野自(32)、
⑤栗田(26)、⑥ヤクルト(24)、⑥栗田(21)、⑦秋田NB(11、得失-159)、⑧横河(11、-161)、⑨日本IBM(10)、⓾セコム(2)
■第11節
◆三菱重工相模原58(34-0)7釜石SW(12月5日、秩父宮)
*相模原9T5G1P(45)、釜石1T1G(38)
◎三菱PR18成昴徳(ソン・アンドック、성앙덕。14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)。
◎三菱NO8李昡羽(イ・ヒョンウ、日野自、尚武、檀国大、裡里工業高)。
◎釜石PR1鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)

◆日野自動車26(14-17)47東京ガス(ガス)
*日野4T3G(32)、ガス5T5G4P(34)
◎日野FL李勇昇(イ・ヨンスン、이용승、15-日野、14尚武、高麗大)

◆栗田工業50(33-7)21横河武蔵野(6日、栗田)
*栗田9T6G(26)、横河3T3G(11)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우。07-、高麗大)
Dscf9746
◎横河WTB趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철。同志社大、大阪朝高)


■第10節
◆三菱重工相模原55-16東京ガス(11月28日、相模原G)
*相模原7T7G2P(40)、ガス1T1G3P(29)
◎三菱PR18成昴徳(ソン・アンドック、성앙덕。14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)。
◎三菱NO8李昡羽(イ・ヒョンウ、日野自、尚武、檀国大、裡里工業高)。

◆釜石SW26-19栗田工業
*釜石4T3G(38),栗田3T2G(21)
◎釜石PR1鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)

◆日野自動車38-13ヤクルト(日野)
*日野6T4G(31)、ヤクルト1T1G2P(24)
◎日野FL李勇昇(イ・ヨンスン、이용승、15-日野、14尚武、高麗大)
◎ヤクルトPR金弘泰(明治大、大阪朝高)。

◆横河武蔵野13-33秋田NB(29日、横河)
*横河1T1G2P(11)、秋田5T4G(11)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우。07-、高麗大)
◎横河WTB趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철。同志社大、大阪朝高)
◎秋田FL韓 歡浩(ハン・ファンホ、한환호、14-、徳山大、韓国・培材高)
Dscf8787

◆日本IBM27-17セコム(IBM)
*IBM4T2G1P(10)、セコム3T1G(2)

<<<TW>>
■順位決定リーグ3週(12月5日、花園1)
1位大阪府警、2位中部電力、3位JR西日本、4位ユニチカ
◆大阪府警①20-18中部電力②
*府警3勝、中部2勝1敗

◆ユニチカ③7-24JR西日本④
*ユニチカ3敗、JR西1勝2敗
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン、장화유。12-、同志社大、大阪朝高)
◎JR西日本FL20鄭宏基(チョン・グァンギ、15-、14近畿大、大阪朝高)。後半から1T

■順位決定リーグ2週(11月21日、花園2)
◆中部電力②42-24ユニチカ③
*中部2勝、ユニチカ2敗

◆大阪府警①34-0JR西日本④
*府警2勝、JR西2敗
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン、장화유。12-、同志社大、大阪朝高)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・グァンギ、15-、14近畿大、大阪朝高)

■順位決定リーグ1週(11月7日、瑞穂)
◆中部電力②35(35-0)0JR西日本④
*中部5T5G
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン、장화유。12-、同志社大、大阪朝高)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・グァンギ、15-、14近畿大、大阪朝高)

◆大阪府警①13(3-7)7ユニチカ③
*府警1T1G2P、ユニチカ1T1G

<<TW入替戦>
■第1週(12月12日)
◆三菱自工京都(A5)-島津製作所(B2)

■第2週(12月19日)
◆大阪ガス(B1)-島津製作所(B2)

■第3週(12月26日)
◆三菱自工京都(A5)-大阪ガス(B1)

<<TW2部>>
①大阪ガス(35)、②島津(26)、③スネイルズ(24)、④きんでん(20)、⑤日本新薬(14)
⑥リコー(11)、⑦豊田通商(10)、⑧KP(0)
■第7週
◆日本新薬14-52スネイルズ(12月5日)

◆大阪ガス47-11きんでん

◆島津製作所62-7KPOWER

◆豊田通商21-19リコージャパン

■第6週
◆島津製作所20-29スネイルズ(11月21日)
*島津(21)、スネ(19)

◆日本新薬39-19KPOWER
*新薬(14)、KP(0)

◆大阪ガス52-13豊田通商(22日)
*ガス(30)、通商(6)

◆きんでん19-32リコージャパン
*きん(20)、リコー(10)

<<トップキュウシュウA>>
■決勝リーグ戦3週
▶TOP4
◆宗像サニックス①69(29-0)0九州電力②(11月28日、グローバル)
*サニックス10T(15)、九電(10)
◎サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン、왕수영。14-サニックス、14-大阪体育大・中退しプロへ、朝明高)。
◎サニックスPR3申東源(シン・ドンウォン、신동원。15-サニックス、14-近鉄、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)。
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)。

◆マツダ③31(17-10)13中国電力④(CCW広島)
*マツダ4T(5)、中国1T(0)
◎マツダHO高昊嗣(コウ・ホサ、関東学院大、大阪朝高)
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン、15-、14明治大、大阪朝高)

▶5位以下
◆JR九州⑤47(21-3)10三菱重工長崎⑥(28日、博多の森)
*JR九州7T(15)、三菱長崎1T(10)

◆新日鐵八幡⑦19(7-9)27福岡銀行⑧
*八幡3T(1)、福岡2T(4)

■決勝リーグ戦2週
▶TOP4
◆宗像サニックス①87(47-0)5マツダ③(11月21日、レベスタ)
*サニックス13T(10)、マツダ1T(0)
◎サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン、왕수영。14-サニックス、14-大阪体育大・中退しプロへ、朝明高)。
◎サニックスPR18申東源(シン・ドンウォン、신동원。15-サニックス、14-近鉄、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)。後半から
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)。

◆九州電力②28(21-3)7中国電力④(九電)
*九電4T(10)、中国1T(0)

◆三菱重工長崎⑥41(19-12)17福岡銀行⑧(春日公園)
*三菱長崎6T(10)、福岡3T(0)

◆JR九州⑤94(42-7)7新日鐵八幡⑦
*JR九州14T(10)、八幡1T(1)

■決勝リーグ戦1週
◆宗像サニックス①61(19-7)7中国電力④(11月14日、サニックス)
*サニックス9T、中国1T
◎サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン、왕수영。14-サニックス、14-大阪体育大・中退しプロへ、朝明高)。
◎サニックスPR3申東源(シン・ドンウォン、신동원。15-サニックス、14-近鉄、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)。
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)。

◆三菱重工長崎⑥26(12-15)22新日鐵八幡⑦(九電)
*三菱長崎4T、八幡3T

◆九州電力②43(17-3)19マツダ③(九電)
*九電7T、マツダ3T
◎マツダHO高昊嗣(コウ・ホサ、関東学院大、大阪朝高)
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン、15-、14明治大、大阪朝高)

◆JR九州⑤33(21-0)7福岡銀⑧(福銀)
*JR九州5T、福銀1T

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 05, 2015

日本は14位に。優勝はフィジー。セブンズワールドシリーズ最終日

 ラグビー7人制(セブンズ)の世界最強シリーズ「HSBCワールドラグビー男子セブンズシリーズ2015-16」の第1戦ドバイ大会が女子に続き開幕した(12月4-5日)。
 リオ五輪出場権を得て今シリーズの参加権を得た日本はじめ強豪国16か国が参加しシリーズ優勝を目指す。
 1-4位CUP戦はフィジー(昨季1位)、NZ(2位)、イングランド(4位)、米国(6位)が準決勝へ進んだ。
 決勝はフィジーが28-17でイングランドを破り今季1勝目。
 5-8位PLATE戦は豪州(5位)、サモア(10位)、南ア(3位)、アルゼンチン(8位)の戦いに。
 4か国4POOLに分かれた予選。日本はPOOLAで昨季1位フィジー、8位アルゼンチン、9位カナダと戦う。
 日本は初戦、アルゼンチンに19-31で敗れると、フィジーには17-21と善戦するも2敗。3試合目はカナダを21-7で破り3位に、5日は9-16位のBOWL準々決勝へ回った。ケニア(D4位)と戦ったが12-17と惜敗。
 13-16位決定戦(SHIELD)へ。ロシアと対戦し21-19で破った。13位決定戦ではカナダに19-17で敗れ14位で終えた。

<<HSBCワールドラグビー男子セブンズシリーズ2015-16、第1戦ドバイ大会>>
<決勝トーナメント>
■CUP決勝(12月5日)
◆フィジー(A1①)28-17イングランド(D1④)

■3位決定戦
◆米国(C2⑥)31-12NZ(C1②)

■CUP準決勝
◆フィジー(A1①)19-5NZ(C1②)
◆イングランド(D1④)24-19米国(C2⑥)

■PLATE決勝(5位)
◆南アフリカ(B1③)19-14豪州(D2⑤)

■PLATE準決勝
◆豪州(D2⑤)28-10サモア(B2⑩)
◆南アフリカ(B1③)26-5アルゼンチン(A2⑧)

■CUP準々決勝(1-8位)
◆フィジー(A1)19-12豪州(D2)

◆NZ(C1)24-21サモア(B2)

◆イングランド(D1)14-7アルゼンチン(A2)

◆南アフリカ(B1)19-21米国(C2)

■BOWL決勝(9位)
◆仏(C3⑪)24-14スコットランド(B3⑦)

■BOWL準決勝(9-12位)
◆ケニア(D4⑬)7-33仏(C3⑪)
◆ウエールズ(D3⑫)14-17スコットランド(B3⑦)

■SHIELD決勝(13位)
◆カナダ(A4⑨)19-17日本(A3)

■SHIELD準決勝(13-16位)
◆日本(A3)21-19ロシア(B4)
◆カナダ(A4⑨)31-14ポルトガル(C4⑭)

■BOWL準々決勝(9-16位)
◆日本(A3)12-17ケニア(D4)
◆仏(C3)38-5ロシア(B4)
◆ウエールズ(D3)24-14カナダ(A4)
◆スコットランド(B3)21-14ポルトガル(C4)

<予選POOL 12月4日>
■A1位フィジー(14季①位)、2アルゼンチン(⑧)、3日本(⑮で降格している)、4カナダ(⑨)、
◆フィジー28-0アル、63-14カナダ、21-17日本
◆アルゼンチン19-14カナダ、31-19日本
◆カナダ7-21日本

■B1位南アフリカ(②)、2サモア(⑩)、3スコットランド(⑦)、4ロシア(昇格)
◆南アフリカ26-12スコット、33-7サモア、45-0ロシア
◆スコットランド12-17サモア、17-14ロシア
◆サモア19-10ロシア

■C1位NZ(得失47、③)、2米国(得失28、⑥)、3仏得失(26、⑪)、4ポルトガル(⑭)
◆NZ21-14仏、12-14米国、47-5ポルトガル
◆仏26-21米国、35-7ポルトガル
◆米国45-14ポルトガル

■D1位イングランド(④)、2豪州(⑤)、3ウエールズ(⑫)、4ケニア(⑬)
◆イングランド21-5豪州、26-5ウエールズ、19-12ケニア
◆豪州43-0ウエールズ、14-12ケニア
◆ウエールズ12-10ケニア

| | Comments (0) | TrackBack (0)

全国大学選手権、1次は法大が1位通過。

 2015年度の大学日本一を決める「第52回全国大学ラグビー選手権大会」。
 11月22日から1次予選(ファーストステージ)が開始された。
 12月5日は、1勝同士の法政大(関東リーグ戦第5代表)と九州代表の福岡工業大戦。
 法大が66-31で圧勝し13日から始まる2次予選(セカンドステージ)へ進んだ。

 11月22日、九州代表の福岡工業大が初出場・八戸学院大(北海道・東北代表)を75-14で一蹴した。
 
 29日は法政大が八戸工業大から25Tを奪い163-0で1勝目。
 
 2次に出場する東海・北陸・中国・四国地区代表は、11月29日に愛知・パロマ瑞穂ラグビー場でおこなわれる朝日大71-6環太平洋大となった。

<<「第52回全国大学ラグビー選手権大会」>>
<ファーストステージ>
-■第1週(11月22日)
◆福岡工業大75(29-6)14八戸学院大(11月22日、いわき)
*福工大13T5G、八戸2T2G
◎福工FL金鎮仙(3年、キム・ヂンソン、九州朝高)

■第2週(11月29日)
◆法政大163(87-0)八戸学院大(熊谷)
*法政13T12G
◎法政SH黄将棋(2年、ファン・サンギ、大阪朝高)
◎法政PR李承記(1年、リ・サンギ、大阪朝高)。
◎法政SO呉洸太(1年、オ・ガァンテ、大阪朝高)

■第3週(12月5日)
◆法政大66(33-12)31福岡工業大(博多)
*法政10T8G、福工5T3G
◎福工FL20金鎮仙(3年、キム・ヂンソン、九州朝高)

<東海 北陸・中国 四国代表決定戦>
◆朝日大71-6環太平洋大(11月29日)

<セカンドステージ>
{プール戦}
■A
◆帝京大(関東対抗戦1位)
◎帝京LO金廉(2年、キム・リャン、大阪朝鮮高)
◎帝京LO5金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)
◎帝京コーチ金清梧(キム・チョンオ、4年、東京朝高)
◎帝京PR金翔鎬(キム・サンホ、3年、東京朝高)
◎帝京SO金孝舜(キム・ヒョウスン、3年、東京朝高)
◎帝京PR李成鏞(リ・ソンヨン、2年、大阪朝高)
◎帝京PR趙雄真(チョ・ウンジン、1年、東京朝高)
◎帝京FL申賢志(シン・ヒョンジ、1年、大阪朝高)
◎帝京FL下相悠(1年、ピョン・サンユ、東京朝高)

◆中央大(関東リーグ戦3位)
◆関西大(関西4位)
◆法政大(ファースト1位)
◎法政SH黄将棋(2年、ファン・サンギ、大阪朝高)
◎法政PR李承記(1年、リ・サンギ、大阪朝高)。
◎法政SO呉洸太(1年、オ・ガァンテ、大阪朝高)

◇帝京大-法政大(12月13日、ケーズ)
◇中央大-関西大(瑞穂)

◇中央大-法政大(20日、ギオンズ相模原)
◇帝京大-関西大(熊谷)

◇帝京大-中央大(27日、秩父宮)
◇関西大-法政大(皇子山)

■B
◆東海大(リーグ戦1位)
◎東海LO李昇剛(3年、イ・スンガン、東京朝高)
◎東海SO金成志(3年、キム・ソンジ、大阪朝高)
◎東海SO金典弘(2年、キム・ジョンホ、大阪朝高)
◎東海FL高裕成(1年、コウ・ユソン、大阪朝高)
◎東海FL蔡隆志(1年、チェ・リャンジ、大阪朝高)
◆天理大(関西2位)
◎天理FL李淳也(4年、リ・ジュンヤ、常翔啓光学園)。
◎天理HO/PR白隆周(4年、ペク・リャンジュ、都島工)。
◎天理CTB朴泰慶(1年、パク・テギョン、大阪朝高)
◆早稲田大(関東対抗戦4位)
◆朝日大(東海北陸/中四国)

◇東海大-朝日大(13日、瑞穂)
◇天理大-早稲田大(花園)

◇早稲田大-朝日大(20日、秩父宮)
◇東海大-天理大(秩父宮)

◇東海大-早稲田大(27日、江戸川)
◇天理大-朝日大(瑞穂)

■C
◆関西1位(同志社大)
◎同大PR趙隆泰(3年、チョ・リャンテ、大阪朝高)
◎同大FL朴鐘翔(4年、パク・ジョンサン、大阪朝高)
◎同大FL朴成脩(2年、パク・ソンス、大阪朝高)。後半から
◎同大FB康哲明(4年、カン・チョルミョン、大阪朝高)
◎同大PR金志憲(1年、キム・ジホン、大阪朝高)
◎同大WTB康哲訓(1年、カン・チョルフン、大阪朝高)

◆筑波大(関東対抗戦3位)
◎筑波PR崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)
◆大東文化大(リーグ戦4位)
◆慶應大(関東対抗戦5位)
◇筑波大-大東文化大(13日、秩父宮)
◇同志社大-慶應大

◇慶應大-大東文化大(20日、熊谷)
◇同志社大-筑波大(花園)

◇筑波大-慶應大(秩父宮)
◇同志社大-大東文化大(皇子山)

■D
◆明治大(関東対抗戦2位)
◆流通経済大(リーグ戦2位)
◎流経大PR林材彬(4年、イム・ジェビン、임재빈。韓国・養正高)
◎流経大PR16金仁謙(2年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)
◎流経大LO李一凡(2年、高知中央高)
◎流経大NO8FL安永奭(4年、アン・ヨンソク、안영석。韓国・養正高)
◎流経大WTB高武栄(4年、コウ・ムヨン、東京朝高)
◎流経大CTB韓尊文(1年、ハン・ソンムン、大阪朝高)
*流経大HO申盛浩(4年、シン・ソンホ、신성호。韓国・忠北高)
◆立命館大(関西3位)
◆京都産業大(関西5位)
◎京産FL李智栄(3年、リ・チヨン、大阪朝高)。1T
◎京産PR金亨志(4年、キム・ヒョンジ、大阪朝高)
◎京産PR金大輝(2年、キム・テフィ、大阪朝高)
◎京産HO蔡淳志(3年、チェ・スンジ、大阪朝高)
◎京産CTB金将一(3年、キム・ジャンイル、大阪朝高)
◎京産FL具一樹(2年、グ・イルス、大阪朝高)
◎京産PR金勇一(1年、キム・ヨンイル、大阪朝高)

◇明治大-京都産業大(13日、花園)
◇流通経済大-立命館大(ケーズ)

◇明治大-流通経済大(20日、ギオンズ)
◇立命館大-京都産業大(花園)

◇明治大-立命館大(27日、江戸川)
◇流通経済大-京都産業大(瑞穂)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

関西大学は同大がV!。6日、早明戦は明大が勝ち優勝。

2015-16の大学ラグビー。
 12月6日(日)は関東大学対抗戦で伝統の早明戦。
 明治大が前半からリードを奪い32-24で勝ち1敗で帝京大と並び優勝しました(1位扱いは帝京)。
Dscf2703

Dscf2702

 早稲田が負け3位が筑波、4位早稲田、5位慶應大です。
 関西大学リーグ戦。優勝は12月5日(土)の全勝・天理大と1敗の同志社大が争った。
 前半、13-0とリードした同大が後半、天理に追い上げられたが13-10で逃げ切り天理と同じ6勝1敗となり、直接対決の勝ちで優勝に。2位は天理大。
 3位は立命館大、4-5位は3勝4敗の摂南大、関西大。
 さらに5日、京都産業大が59-19で関西学院大を退け3勝4敗に並んだ。3校間の対戦戦績は各1勝1敗。得失点差で4位関西大(+3)、5位京都産業大(+2)、6位摂南大(-5)となり京産までが大学選手権出場へ。
 関東リーグ戦2部は日本大が全勝優勝で入替戦へ(相手は山梨学院大)。もう1枠は関東学院大が専大と対戦する。
 3部は優勝が朝鮮大で2部8位の玉川大と、2位東京農業大は2部7位白鴎大と対戦へ(12月13日、玉川大G)。
  
<<関東大学対抗戦A>>
①帝京大(6-1)、②明治大(6-1)、③筑波大(5-2)、④早稲田大(4-3)、
⑤慶應大(4-3)、⑥青山学院大(2-5)、⑦日本体育大(1-6)、⑦立教大(0-6)
■第14週
◆明治大32(22-12)24早稲田大(12月6日、秩父宮)
*後半31分、明大FB田村が決勝点となるPGを成功
Dscf2690
*明治4T3G2P(6勝1敗)、早稲田4T2G(4勝3敗)

◆慶應大51(17-20)20青山学院大(熊谷)
*慶應7T5G2P(4勝3敗)、青山2T2G1P1D(2勝5敗)
◎青山FL崔玄祺(チェ・ヒョンギ、1年、東福岡高-九州朝鮮中)/左から2人目。174CMで3列を支える。
Dscf9195

■第13週
◆帝京大17(17-0)20筑波大(11月29日、上柚木)
*帝京3T1G(6勝1敗)、筑波3T1G1P(5勝2敗)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)
Dscf9104
◎筑波PR崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)
Dscf9951

◆立教大15(0-33)61日本体育大
*立教3T(7敗)、日体大7T7G4P7(1勝6敗)

■第12週
◆慶應大31(14-15)32早稲田大(11月23日、秩父宮)
*慶應5T3G(3勝3敗)、早大4T3G2P(4勝2敗)

■第11週
◆筑波大70(39-0)0日本体育大(11月14日、江戸川)
*筑波10T5G(4勝2敗)、日体大(6敗)
◎筑波PR3崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)。1T

◆青山学院大42(19-0)0立教大(ニッパツ)
*青山7T2G1P2勝4敗)、立教(6敗)
◎青山FL7崔玄祺(チェ・ヒョンギ、1年、東福岡高-九州朝鮮中)/左から2人目。174CMで3列を支える。

◆帝京大49(21-13)32明治大(15日、秩父宮)
*帝京6T5G3P(6勝)、明治4T3G2P(5勝1敗)
◎帝京LO金廉(2年、キム・リャン、大阪朝鮮高)
◎帝京LO5金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)

◎帝京コーチ金清梧(キム・チョンオ、4年、東京朝高)
◎帝京PR金翔鎬(キム・サンホ、3年、東京朝高)
◎帝京SO金孝舜(キム・ヒョウスン、3年、東京朝高)
◎帝京PR李成鏞(リ・ソンヨン、2年、大阪朝高)
◎帝京PR趙雄真(チョ・ウンジン、1年、東京朝高)
◎帝京FL申賢志(シン・ヒョンジ、1年、大阪朝高)
◎帝京FL下相悠(1年、ピョン・サンユ、東京朝高)

<<関東対抗戦入替戦>>
■A/B(12月12日、熊谷)
◆日本体育大(A7)-明治学院大(B2)

◆立教大(A8)-成蹊大(B1)

<<関東大学リーグ戦1部>>
①東海大(28)、②流通経済大(25)、③中央大(22)、④大東文化大(19)、⑤法政大(16)、
⑥拓殖大(13)、⑦専修大(10)、⑧山梨学院大(7)
■第10週
◆流通経済大31(14-14)38東海大(11月22日、秩父宮)
*流経大4T4G1P(25)、東海5T5G1P(29)
◎流経大PR林材彬(4年、イム・ジェビン、임재빈。韓国・養正高)
◎流経大PR16金仁謙(2年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)
◎流経大LO李一凡(2年、高知中央高)
◎流経大NO8FL安永奭(4年、アン・ヨンソク、안영석。韓国・養正高)
◎流経大WTB高武栄(4年、コウ・ムヨン、東京朝高)
◎流経大CTB韓尊文(1年、ハン・ソンムン、大阪朝高)
*流経大HO申盛浩(4年、シン・ソンホ、신성호。韓国・忠北高)
◎法政SH黄将棋(2年、ファン・サンギ、大阪朝高)
◎法政PR李承記(1年、リ・サンギ、大阪朝高)。
◎法政SO呉洸太(1年、オ・ガァンテ、大阪朝高)
◎東海LO李昇剛(3年、イ・スンガン、東京朝高)/中央。
Dscf8920
◎東海SO金成志(3年、キム・ソンジ、大阪朝高)
◎東海SO金典弘(2年、キム・ジョンホ、大阪朝高)
◎東海FL高裕成(1年、コウ・ユソン、大阪朝高)
◎東海FL蔡隆志(1年、チェ・リャンジ、大阪朝高)

◆大東文化大41(24-5)38法政大
*大東7T3G(19)、法政6T4G(15)
◎法政SH黄将棋(2年、ファン・サンギ、大阪朝高)
◎法政PR李承記(1年、リ・サンギ、大阪朝高)。
◎法政SO呉洸太(1年、オ・ガァンテ、大阪朝高)

◆拓殖大34(22-5)19専修大(江戸川)
*拓殖6T2G(14)、専修3T2G(10)
◎拓殖PR具智元(3年、グ・ジウォン、구지원。日本文理高、NZ中、韓国)。
*前週(11月7日・中大戦)でも山梨学院大戦で痛めた右足首を捻挫再発。それでも出続けた
「スクラムで頑張らないといけなかった」
Dscf0901

◎拓殖SO具智允(4年、グ・ジユン、구지윤。日本文理高、NZ中、韓国)。1T
Dscf1125

◎拓殖SH9姜秉周(3年、カン・ピョンジュ、강병주。日本文理高、韓国)。
Dscf1098

◎拓殖CTB鄭季和(1年、チョン・ケファ、15-、12専修大、日本文理高、韓国)

◆中央大97(33-3)3山梨学院大
*中大15T11G(22)、山梨1P(7)

<<関東大学リーグ戦入替戦>>
■1部/2部(12月13日、熊谷)
◆専修大(1部⑦位)-関東学院大(2②)

◆山梨学院大(1⑧)-日本大(2①)
◎日大PR金大毅(3年、キム・テフィ、大阪朝高)。
◎日大SH李翔大(3年、リ・サンデ、大阪朝高)
◎日大SO金貴大(3年、キム・キデ、大阪朝高)。
◎日大FL孫昇巳(2年、ソン・スンギ、大阪朝高)。
◎日大WTB高大成(2年、コウ・テソン、大阪朝高)
◎日大PR秦舜一(1年、チン・スンイル、大阪朝高)
◎日大SH朴鐘必(1年、パク・チョンピル、大阪朝高)
◎日大FB金志大(1年、キン・チデ、大阪朝高)

■2/3(12月13日、玉川大)
◆白鴎大(2⑦)-東京農業大(3②)

◆朝鮮大(3①)-城西大(玉川大2⑧)

■3/4(12月13日、日本大)
◆横浜国立大(3⑦)-創価大(4②)

◆埼玉工業大(3⑧)-東京理科大(4①)

■4/5(12月13日、拓殖大)
◆神奈川大(4⑦)-東京経済大(5②)

◆首都大東京(5①)-城西大(4⑧)

<<関東大学リーグ戦2部>>
①日本大(28)、②関東学院大(25)、③立正大(22)、④東洋大(19)
⑤国士舘大(16)、⑥國學院大(13)、⑦白鴎大(6)、⑧玉川大(6)
■第7週
◆関東学院大35(12-8)25東洋大(11月22日、熊谷A)
*関東(25)、東洋(19)

◆日本大50(10-7)12立正大
*日大(28)、立正(22)
◎日大PR金大毅(3年、キム・テフィ、大阪朝高)。
◎日大SH李翔大(3年、リ・サンデ、大阪朝高)
◎日大SO金貴大(3年、キム・キデ、大阪朝高)。
◎日大FL孫昇巳(2年、ソン・スンギ、大阪朝高)。
◎日大WTB高大成(2年、コウ・テソン、大阪朝高)
◎日大PR秦舜一(1年、チン・スンイル、大阪朝高)
◎日大SH朴鐘必(1年、パク・チョンピル、大阪朝高)
◎日大FB金志大(1年、キン・チデ、大阪朝高)
◎立正CTB李翔太(4年、東京朝鮮高)

◆玉川大14-14白鴎大(拓大G)
*玉川(8)、白鴎(8)

◆國學院大22(15-19)31国士舘大
*國學院(13)、国士舘(16)

■第6週
◆玉川大7(0-7)50國學院(11月7日、相模原)
*玉川(6)、國學院(12)

◆日本大29(21-13)20関東学院大
*日大(24)、関東(21)

◆国士舘大38(19-12)12白鴎大(8日、熊谷B)
*国士舘(12)、白鴎(6)

◆東洋大12(0-10)18立正大
*東洋(18)、立正(21)

<<関東大学リーグ戦3部>>
①朝鮮大(25)、②東京農大(25)、③防衛大(22)、④東京工業大(22)、
⑤国際武道大(16)、⑥駿河台大(13)、⑦横浜国立大(10)、⑧埼玉工業大(5)
■第7週
◆国際武道大35-28埼玉工業大(11月22日、東京農大G)
*武道(16)、埼玉工業(5)

◆東京農業大33(12-13)23東京工業大
*農大(25)、東工(22)

◆朝鮮大26-10防衛大(駿河台大G)
*朝鮮(25)、防大(22)

◆駿河台大43(21-7)20横浜国立大
*駿河(13)、横国(10)

<<関西大学A>>
①同志社大(6-1)、②天理大(6-1)、③立命館大(4-3)、④関西大(3-4、+3)、⑤京都産業大(3-4、+2)、
⑥摂南大(3-4、-5)、⑦近畿大(2-5)、⑧関西学院大(1-6)
■第7週
◆天理大10-13同志社大(12月5日、西京極)
*天理(6勝1敗)、同志社(6勝1敗)
◎天理FL李淳也(4年、リ・ジュンヤ、常翔啓光学園)。
◎天理HO/PR白隆周(4年、ペク・リャンジュ、都島工)。
◎天理CTB朴泰慶(1年、パク・テギョン、大阪朝高)
◎同大PR趙隆泰(3年、チョ・リャンテ、大阪朝高)
◎同大FL朴鐘翔(4年、パク・ジョンサン、大阪朝高)
◎同大FL朴成脩(2年、パク・ソンス、大阪朝高)。後半から
◎同大FB康哲明(4年、カン・チョルミョン、大阪朝高)
◎同大PR金志憲(1年、キム・ジホン、大阪朝高)
◎同大WTB康哲訓(1年、カン・チョルフン、大阪朝高)

◆京都産業大59-19関西学院大
*京産(3勝4敗)、関学(1勝6敗)
◎京産FL李智栄(3年、リ・チヨン、大阪朝高)。1T
◎京産PR金亨志(4年、キム・ヒョンジ、大阪朝高)
◎京産PR金大輝(2年、キム・テフィ、大阪朝高)
◎京産HO蔡淳志(3年、チェ・スンジ、大阪朝高)
◎京産CTB金将一(3年、キム・ジャンイル、大阪朝高)
◎京産FL具一樹(2年、グ・イルス、大阪朝高)
◎京産PR金勇一(1年、キム・ヨンイル、大阪朝高)
◎関学SH金大地(3年、キム・デジ、大阪朝高)
◎関学CTB洪泰一(4年、ホン・テイル、大阪朝高)
◎関学CTB金淳英(3年、キム・スンヨン、大阪朝高)
◎関学LO金鐘星(1年、キム・ジョンソン、大阪朝高)
◎関学CTB沈祥健(1年、シム・サンゴン、大阪朝高)
◎関学主務高民起(4年、コウ・ミンギ、大阪朝高)

◆近畿大28(7-19)33関西大(11月29日、鶴見)
*近畿4T4G(2勝5敗)、関西6T3G(3勝4敗)
◎近畿HO18朴泰有(2年、パク・テユ、大阪朝高)。後半
◎近畿NO8金容信(4年、キム・ヨンシン、大阪朝高)
◎近畿PR金明樹(1年、キム・ミョンス、大阪桐蔭)

◆摂南大24(5-14)34立命館大
*摂南4T2G(3勝3敗)、立命4T4G2P(4勝3敗)
◎摂南SH金英貴(2年、キム・ヨンギ、大阪朝高)
◎摂南WTB19申翔志(3年、シン・サンジ、大阪朝高)
◎摂南マネージャー金真央(4年、大阪朝高)

<<関西大学B>>
①大阪体育大(9-0)、②竜谷大(8-1)、③花園大(7-2)、④大阪教育大(6-3)、
⑤大阪産業大、神戸大、大阪大、京都大(3-6)、⑨甲南大(1-8)、⓾大阪経済大(1-9)
■第9週(11月29日)
◆大阪大7-27神戸大(甲南大)
*大阪(3勝6敗)、神戸(3勝6敗)

◆甲南大41-24大阪経済大
*甲南(2勝7敗)、経済(1勝8敗)

◆大阪教育大47-14京都大(宝が池)
*教育(6勝3敗)、京大(3勝6敗)

◆花園大43-40大阪産業大
*花園(7勝2敗)、産業(3勝6敗)

◆大阪体育大33-26龍谷大
*大体大(9勝)、龍谷(8勝1敗)

■第8週(11月22日)
◆京都大30-15神戸大(京大G)
*京大(3勝5敗)、神戸(2勝6敗)、

◆龍谷大47-21大阪教育大(甲南大)
*龍谷(8勝)、教育(5勝3敗)、

◆花園大53-39甲南大
*花園(6勝2敗)、甲南(1勝7敗)

◆大阪体育大61-12大阪産業大(産大G)
*大体大(8勝)、産業(3勝5敗)

◆大阪経済大34-38大阪大
*経済(1勝7敗)、大阪(3勝5敗)

<<九州学生1部>>
■入替戦(12月5日)
☆熊本大、西南学院大が1部昇格!
◆長崎大(7位)17(5-12)20熊本大(2部2位)

◆沖縄国際大(8位)21(14-21)47西南学院大(2部1位)

■順位決定戦Aブロック
①福岡工業大、②九州共立大、③福岡大、④日本文理大
■順位決定戦Bブロック
⑤鹿児島大、⑥九州大、⑦長崎大、⑧沖縄国際大

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 04, 2015

B級グルメ本で少し紹介されてます!

B級グルメ本(文庫)でなんと東小金井中華「千成亭」紹介でアジョシたちが紹介されてます!

敬愛するB級グルメライター・鈴木隆祐さんの文庫新刊「愛しの街場中華」。
Dscf3867

第1章冒頭はなき今は東小金井名店の「千成亭」紹介。
Dscf3869

その中で「東芝ラグビーを取材した帰りの編集者、記者、解説者たちがわざわざ途中下車して来ていた」という記述。
Dscf3868
アジョシやTさんFさんらですね。

しかも「千成亭」の元祖や弟子筋で現在営業中の店も載ってます。

また嬉しいことに96-97Pには通っている大久保中華「日の出」や職安通りの「まるしん」も掲載してます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ワールドラグビー男子セブンズシリーズも開幕!

 ラグビー7人制(セブンズ)の世界最強シリーズ「HSBCワールドラグビー男子セブンズシリーズ2015-16」の第1戦ドバイ大会が女子に続き開幕した(12月4-5日)。
 リオ五輪出場権を得て今シリーズの参加権を得た日本はじめ強豪国16か国が参加しシリーズ優勝を目指す。
 4か国4POOLに分かれた予選。日本はPOOLAで昨季1位フィジー、8位アルゼンチン、9位カナダと戦う。
 日本は初戦、アルゼンチンに19-31で敗れると、フィジーには17-21と善戦するも2敗。3試合目はカナダを21-7で破り3位に、5日は9-16位のBOWL準々決勝へ回った。ケニア(D4位)と戦う。

<<HSBCワールドラグビー男子セブンズシリーズ2015-16、第1戦ドバイ大会>>
<決勝トーナメント>
■CUP決勝(12月5日)

■3位決定戦

■CUP準決勝

■PLATE決勝(5位)

■PLATE準決勝

■7位決定戦

■CUP準々決勝(1-8位)
◆フィジー(A1)-豪州(D2)

◆NZ(C1)-サモア(B2)

◆イングランド(D1)-アルゼンチン(A2)

◆南アフリカ(B1)-米国(C2)

■BOWL決勝(9位)

■11位決定戦

■BOWL準々決勝(9-16位)
◆日本(A3)-ケニア(D4)
◆仏(C3)-ロシア(B4)
◆ウエールズ(D3)-カナダ(A4)
◆スコットランド(B3)-ポルトガル(C4)

<予選POOL 12月4日>
■A1位フィジー(14季①位)、2アルゼンチン(⑧)、3日本(⑮で降格している)、4カナダ(⑨)、
◆フィジー28-0アル、63-14カナダ、21-17日本
◆アルゼンチン19-14カナダ、31-19日本
◆カナダ7-21日本

■B1位南アフリカ(②)、2サモア(⑩)、3スコットランド(⑦)、4ロシア(昇格)
◆南アフリカ26-12スコット、33-7サモア、45-0ロシア
◆スコットランド12-17サモア、17-14ロシア
◆サモア19-10ロシア

■C1位NZ(得失47、③)、2米国(得失28、⑥)、3仏得失(26、⑪)、4ポルトガル(⑭)
◆NZ21-14仏、12-14米国、47-5ポルトガル
◆仏26-21米国、35-7ポルトガル
◆米国45-14ポルトガル

■D1位イングランド(④)、2豪州(⑤)、3ウエールズ(⑫)、4ケニア(⑬)
◆イングランド21-5豪州、26-5ウエールズ、19-12ケニア
◆豪州43-0ウエールズ、14-12ケニア
◆ウエールズ12-10ケニア

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「第52回全国大学ラグビー選手権大会」。1次最終戦

 2015年度の大学日本一を決める「第52回全国大学ラグビー選手権大会」。
 11月22日から1次予選(ファーストステージ)が開始された。
 12月5日は、1勝同士の法政大(関東リーグ戦第5代表)と九州代表の福岡工業大戦。勝者が13日から始まる2次予選(セカンドステージ)へ進む。

 11月22日、九州代表の福岡工業大が初出場・八戸学院大(北海道・東北代表)を75-14で一蹴した。
 
 29日は法政大が八戸工業大から25Tを奪い163-0で1勝目。
 
 2次に出場する東海・北陸・中国・四国地区代表は、11月29日に愛知・パロマ瑞穂ラグビー場でおこなわれる朝日大71-6環太平洋大となった。

<<「第52回全国大学ラグビー選手権大会」>>
<ファーストステージ>
-■第1週(11月22日)
◆福岡工業大75(29-6)14八戸学院大(11月22日、いわき)
*福工大13T5G、八戸2T2G
◎福工FL金鎮仙(3年、キム・ヂンソン、九州朝高)

■第2週(11月29日)
◆法政大163(87-0)八戸学院大(熊谷)
*法政13T12G
◎法政SH黄将棋(2年、ファン・サンギ、大阪朝高)
◎法政PR李承記(1年、リ・サンギ、大阪朝高)。
◎法政SO呉洸太(1年、オ・ガァンテ、大阪朝高)

■第3週(12月5日)
◆法政大-福岡工業大(博多)
◎福工FL金鎮仙(3年、キム・ヂンソン、九州朝高)

<東海 北陸・中国 四国代表決定戦>
◆朝日大71-6環太平洋大(11月29日)

<セカンドステージ>
{プール戦}
■A
◆帝京大(関東対抗戦1位)
◎帝京LO金廉(2年、キム・リャン、大阪朝鮮高)
◎帝京LO5金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)
◎帝京コーチ金清梧(キム・チョンオ、4年、東京朝高)
◎帝京PR金翔鎬(キム・サンホ、3年、東京朝高)
◎帝京SO金孝舜(キム・ヒョウスン、3年、東京朝高)
◎帝京PR李成鏞(リ・ソンヨン、2年、大阪朝高)
◎帝京PR趙雄真(チョ・ウンジン、1年、東京朝高)
◎帝京FL申賢志(シン・ヒョンジ、1年、大阪朝高)
◎帝京FL下相悠(1年、ピョン・サンユ、東京朝高)

◆中央大(関東リーグ戦3位)
◆関西4位(京都産業大、摂南大、関西大)
◎京産FL李智栄(3年、リ・チヨン、大阪朝高)。1T
◎京産PR金亨志(4年、キム・ヒョンジ、大阪朝高)
◎京産PR金大輝(2年、キム・テフィ、大阪朝高)
◎京産HO蔡淳志(3年、チェ・スンジ、大阪朝高)
◎京産CTB金将一(3年、キム・ジャンイル、大阪朝高)
◎京産FL具一樹(2年、グ・イルス、大阪朝高)
◎京産PR金勇一(1年、キム・ヨンイル、大阪朝高)
◎摂南SH金英貴(2年、キム・ヨンギ、大阪朝高)
◎摂南WTB19申翔志(3年、シン・サンジ、大阪朝高)
◎摂南マネージャー金真央(4年、大阪朝高)

◆ファースト1位
◎法政SH黄将棋(2年、ファン・サンギ、大阪朝高)
◎法政PR李承記(1年、リ・サンギ、大阪朝高)。
◎法政SO呉洸太(1年、オ・ガァンテ、大阪朝高)

◇帝京大-法政大(12月13日、ケーズ)
◇中央大-関西4(瑞穂)

◇中央大-法政大(20日、ギオン相模原)
◇帝京大-関西4(熊谷)

◇帝京大-中央大(27日、秩父宮)
◇関西4-法政大(皇子山)

■B
◆東海大(リーグ戦1位)
◎東海LO李昇剛(3年、イ・スンガン、東京朝高)
◎東海SO金成志(3年、キム・ソンジ、大阪朝高)
◎東海SO金典弘(2年、キム・ジョンホ、大阪朝高)
◎東海FL高裕成(1年、コウ・ユソン、大阪朝高)
◎東海FL蔡隆志(1年、チェ・リャンジ、大阪朝高)
◆関西2位(天理大、同志社大)
◎天理FL李淳也(4年、リ・ジュンヤ、常翔啓光学園)。
◎天理HO/PR白隆周(4年、ペク・リャンジュ、都島工)。
◎天理CTB朴泰慶(1年、パク・テギョン、大阪朝高)
◎同大PR趙隆泰(3年、チョ・リャンテ、大阪朝高)
◎同大FL朴鐘翔(4年、パク・ジョンサン、大阪朝高)
◎同大FL朴成脩(2年、パク・ソンス、大阪朝高)。後半から
◎同大FB康哲明(4年、カン・チョルミョン、大阪朝高)
◎同大PR金志憲(1年、キム・ジホン、大阪朝高)
◎同大WTB康哲訓(1年、カン・チョルフン、大阪朝高)

◆関東対抗戦4位(早稲田大)
◆朝日大(東海北陸/中四国)

◇東海大-朝日大(13日、瑞穂)
◇関西2-早稲田大(花園)

◇早稲田大-朝日大(20日、秩父宮)
◇東海大-関西2(秩父宮)

◇東海大-早稲田大(27日、江戸川)
◇関西2-朝日大(瑞穂)

■C
◆関西1位(天理大、同志社大)

◆関東対抗戦3位(筑波大)
◎筑波PR崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)
◆大東文化大(リーグ戦4位)
◆関東対抗戦5位(慶應大)
◇筑波大-大東文化大(13日、秩父宮)
◇関西1-慶應大

◇慶應大-大東文化大(20日、熊谷)
◇関西1-筑波大(花園)

◇筑波大-慶應大(秩父宮)
◇関西1-大東文化大(皇子山)

■D
◆関東対抗戦2位(明治大)
◆流通経済大(リーグ戦2位)
◎流経大PR林材彬(4年、イム・ジェビン、임재빈。韓国・養正高)
◎流経大PR16金仁謙(2年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)
◎流経大LO李一凡(2年、高知中央高)
◎流経大NO8FL安永奭(4年、アン・ヨンソク、안영석。韓国・養正高)
◎流経大WTB高武栄(4年、コウ・ムヨン、東京朝高)
◎流経大CTB韓尊文(1年、ハン・ソンムン、大阪朝高)
*流経大HO申盛浩(4年、シン・ソンホ、신성호。韓国・忠北高)
◆立命館大(関西3位)
◆関西5位(京都産業大、摂南大、関西大)
◇明治大-関西5(13日、花園)
◇流通経済大-立命館大(ケーズ)

◇明治大-流通経済大(20日、ギオン)
◇立命館大-関西5(13日、花園)

◇明治大-立命館大(27日、江戸川)
◇流通経済大-関西5(瑞穂)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ワールドラグビー女子セブンズ15-16開幕。日本9位で終了

 ラグビー7人制(セブンズ)の世界最強シリーズ「HSBCワールドラグビー女子セブンズシリーズ2015-16」がドバイで開幕した(12月3-4日)。
 先週、リオ五輪出場権を得た日本はじめ強豪国12か国が参加し優勝を目指す。
 4か国3POOLに分かれた予選で日本はPOOLCに。昨季2位豪州に43-0、5位イングランドに35-0と大敗、10位スペインにも26-12と世界の洗礼を受け3敗、最下位で6日は9-12位決定戦(BOWL)へ回った。
準決勝で米国(昨季6位、POOLB4位)と当たり15-14で接戦を制した。決勝はブラジルを13-0で下し9位で終えた。
 1-8位のCUP戦はロシア(昨季7位)が好調だった。準々決勝で24-0とスペインをゼロ封。準決勝も昨季2位のイングランドを19-12で下し決勝へ。
 決勝は準々決勝で昨季1位NZを15-12の接戦で下しコマを進めた豪州戦(昨季2位)。しかし豪州が上回り31-12でロシアを制し今季シリーズ第1戦を勝ち取った。
 3位イングランド、4位仏、5位NZ、6位カナダ、7位フィジー、8位スペイン、9位日本、10位ブラジル、11位米国、12位アイルランドとなった。
 
<<HSBCワールドラグビー女子セブンズシリーズ2015-16、第1戦ドバイ大会>>
<決勝トーナメント12月4日>
■CUP決勝
◆豪州(C1)31-12ロシア(A1)

■3位決定戦
◆イングランド(C2)10-5仏(A3)

■CUP準決勝
◆ロシア(A1)19-12イングランド(C2)

◆豪州(C1)26-0仏(A3)

■PLATE決勝(5位)
◆NZ(A2)24-19カナダ(B2)

■PLATE準決勝
◆カナダ(B2)21-12スペイン(C3)

◆NZ(A2)33-12フィジー(B1)

■7位決定戦
◆フィジー(B1)31-24スペイン(C3)

■CUP準々決勝(1-8位)
◆ロシア(A1)24-0スペイン(C3)

◆フィジー(B1)12-19仏(A3)

◆豪州(C1)15-12NZ(A2)

◆カナダ(B2)12-17イングランド(C2)

■BOWL決勝(9位)
◆日本(C4)13-0ブラジル(A4)

■11位決定戦
◆米国(B4)31-24アイルランド(B3)

■BOWL準決勝(9-12位)
◆ブラジル(A4)29-7アイルランド(B3)
◆日本(C4)15-14米国(B4)

<予選POOL 12月3日>
■A1位ロシア(14年⑦位)、2NZ(①)、3仏(④得失点+7)、4ブラジル(リオ五輪)
◆ロシア33-7NZ,21-17仏、41-0ブラジル
◆NZ21-12仏、36-5ブラジル
◆仏25-5ブラジル

■B1位フィジー(⑧)、2カナダ(③)、3アイルランド(昇格、得失-20)、4米国(⑥)
◆フィジー24-10カナダ、27-10アイル、24-19米国
◆カナダ17-7アイル、33-5米国
◆アイルランド12-5米国

■C1位豪州(②)、2イングランド(⑤)、3スペイン(⑩-12)、4日本(昇格)
◆豪州24-7イング、26-7スペイン、43-0日本
◆イング14-7スペイン、35-0日本
◆スペイン26-12日本

| | Comments (0) | TrackBack (0)

TL後半戦へ、首位対決パナ対Nコムはパナが制し単独首位へ

 2015-16シーズン、12月5日(土)の週は「TL2015リーグ戦4週」8試合などが行われる。
 プールAは勝点15同士の首位パナソニックとNTTコムが直接対決(熊谷)。
 前半16-10のパナリードで折り返した。後半3分コムがFBヤンチースのPGで16-13と詰め寄るとパナは9分NO8ホラニ、18分FB笹倉がトライラインを越え28-13とする。コムも1T1G返し28-20へ。
 パナは21分に1T1Gで35-20と逃げる。ここからコムが終了間際に粘る。37分WTB小泉のTで35-25。ロスタイムにSO小倉がPGを決め35-28としパナに勝点5を与えるも7点差内負けで1を得た。
 プールB、首位ヤマハはコーラ戦。
 TEは最終週。首位・三菱重工相模原が2位・釜石SWと対戦し優勝と1位通過を争うった。
 三菱が9T5G58点を奪い58-7で優勝した。2位釜石。3位東京ガスとなった。
 TL昇格チャレンジはTE(三菱重工相模原、釜石SW)、TW(大阪府警、中部電力)、Tキュウシュウ(宗像サニックス、九州電力)が出場する。
 
<<TL2015>>
<予選プールリーグ>
☆A
■第4週
◆東芝52(38-0)7リコー(12月5日、熊谷)
*東芝8T6G(15)、リコー1T1G(2)
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)。後半29分から
◎東芝HO金寛泰(キム・グァンテ、15-、14関西学大、大阪朝高)

◆パナソニック35(16-10)28NTTコム
*パナ4T3G3P(20)、コム3T2G3P(16)
◎パナFL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)。後半27分T
Dscf1659
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン、15-、14帝京大、大阪朝高)
◎コムFL7金正奎(早大)
Dscf1928
◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)。
Dscf1964
◎コムPR白隆尚(帝京大、大阪朝高)

◆Honda-サントリー(6日、熊本うまスタ)
*Honda(4)、サントリー(6)
◎Honda/PR3金光植(キム・グァンシク、김광식。14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)。
◎Honda/SH梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈。07-、大心通商、檀国大)。
Dscf9424
◎Honda/SO朴成基(パク・ソンギ、15-Honda、14帝京大、大阪朝高)。
「長いキックが魅力です」(SH梁)
◎サントリーPR朴鐘烈(パク・チャンリョル、박종열、15-サントリー、14尚武、延世大)

◆近鉄-クボタ(花園)
*近鉄(9)、クボタ(0)
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원。大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)。
◎近鉄PR16王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문。14-近鉄、大阪体育大、朝明高、韓国・養正中)
◎クボタLO19金昊範(キム・ホボム、김호범。15-クボタ、14尚武、檀国大)
Dscf2170

■第3週
◆サントリー19(14-22)25近鉄(11月28日、瑞穂)
*サントリー3T2G(6)、近鉄3T2G2P(9)
◎サントリーPR朴鐘烈(パク・チャンリョル、박종열、15-サントリー、14尚武、延世大)
◎近鉄SH9金哲元(キム・チョルウォン、김철원。大阪体大、三重・朝明高、韓国・養正高)。
◎近鉄PR王鏡聞(ワン・キョンムン、왕경문。14-近鉄、大阪体育大、朝明高、韓国・養正中)

◆東芝41(15-5)10Honda(エコパ静岡)
*東芝6T4G1P(10)、Honda2T(4)
◎東芝LO李聖彰(リ・ソンチャン、14-、帝京大、東京朝鮮高)。後半29分から
◎東芝HO金寛泰(キム・グァンテ、15-、14関西学大、大阪朝高)
◎Honda/PR18金光植(キム・グァンシク、김광식。14-、13NEC、11ポスコ、高麗大)。
◎Honda/SH9梁永勲(ヤン・ヨンフン、양영훈。07-、大心通商、檀国大)。
◎Honda/SO朴成基(パク・ソンギ、15-Honda、14帝京大、大阪朝高)。
「長いキックが魅力です」(SH梁)

◆NTTコム34(3-6)9クボタ(29日、神戸ユニバ)
*コム4T4G2P(15)、クボタ3P(0)
◎コムF金正奎(早大)
◎コムCTB13諸葛彬(チェガル・ビン、제갈빈。14-、尚武、延世大、ソウル大付属)。
◎コムPR白隆尚(帝京大、大阪朝高)
◎クボタLO金昊範(キム・ホボム、김호범。15-クボタ、14尚武、檀国大)

◆パナソニック59(24-7)28リコー(太田)
*パナ8T8G1P(15)、リコー4T4G(2)
◎パナFL6劉永男(ユ・ヨンナム、유영남。08-、檀国大)。後半27分T
◎パナソニックCTB権裕人(コン・ユイン、15-、14帝京大、大阪朝高)

☆B
■第4週
◆キヤノン33(12-8)15NEC(12月5日、高知)
*キヤノン5T4G(16)、NEC2T1G1P(1)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、강대현。14-、慶煕大)

◆ヤマハ-コカ・コーラ(6日、うまスタ)
*ヤマハ(14)、コーラ(2)

◆NTTドコモ-トヨタ自動車(花園)
*ドコモ(9)、トヨタ(11)
◎ドコモCTB金勇輝(キム・ヨンヒ、15-、14法政大、大阪朝高)
◎ドコモFL6朴淳彩(パク・スンチェ、박순채。14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)
◎ドコモPR張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅。08-、尚武、延世大)

◆神戸-豊田自動織機(愛媛ニンスタ)
*神戸(10)、自動織機(4)
◎神戸SH梁正秋(ヤン・チョンジュ、15-神戸、14京都産大、大阪朝高)
◎織機WTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령。15織機、08-ヤマハ、朝鮮大、愛知朝高)
Dscf9237
◎織機LO4鄭智弘(チョン・チホン。12織機、11-NTTドコモ、08-サニックス、05-IBM、帝京大、大阪朝高)

■第3週
◆ヤマハ39(13-5)19NEC(28日、エコパ静岡)
*ヤマハ5T4G2P(14)、NEC3T2G(1)
◎NEC/PR康太見(カン・テヒョン、강대현。14-、慶煕大)

◆トヨタ自動車45(31-7)21豊田自動織機(瑞穂)
*トヨタ6T6G1P(11)、自動織機3T3G(4)
◎織機WTB11徐吉嶺(ソ・ギルリョン、서길령。15織機、08-ヤマハ、朝鮮大、愛知朝高)
◎織機FL19鄭智弘(チョン・チホン。12織機、11-NTTドコモ、08-サニックス、05-IBM、帝京大、大阪朝高)

◆神戸24(3-6)25NTTドコモ(29日、神戸ユニバ)
*神戸3T3G1P(10)、ドコモ3T2G2P(9)
◎神戸SH梁正秋(ヤン・チョンジュ、15-神戸、14京都産大、大阪朝高)
◎ドコモCTB金勇輝(キム・ヨンヒ、15-、14法政大、大阪朝高)
◎ドコモLO5朴淳彩(パク・スンチェ、박순채。14-、13-12サントリー、ポスコ、慶煕大)
◎ドコモPR張泰立育(チャン・テユク、関西学院大、大阪朝高)
◎ドコモPR許雄(ホ・ウン、허웅。08-、尚武、延世大)

◆キヤノン31(10-14)25コカコーラ(大分)
*キヤノン4T4G1P(11)、コーラ2T5P(2)

<<TE>>
①三菱相模原(勝点45)、②釜石SW(38)、③東京ガス(34)、④日野自(32)、
⑤ヤクルト(24)、⑥栗田(21)、⑦横河(11)、⑧秋田NB(11)、日本IBM(10)、セコム(2)
■第11節
◆三菱重工相模原58-7釜石SW(12月5日、秩父宮)
*相模原9T5G1P(45)、釜石1T1G(38)
◎三菱PR18成昴徳(ソン・アンドック、성앙덕。14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)。
◎三菱NO8李昡羽(イ・ヒョンウ、日野自、尚武、檀国大、裡里工業高)。
◎釜石PR1鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)

◆日野自動車26-47東京ガス(ガス)
*日野4T3G(32)、ガス5T5G4P(34)
◎日野FL李勇昇(イ・ヨンスン、이용승、15-日野、14尚武、高麗大)

◆栗田工業-横河武蔵野(6日、栗田)
*栗田(21)、横河(11)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우。07-、高麗大)
Dscf9746
◎横河WTB趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철。同志社大、大阪朝高)


■第10節
◆三菱重工相模原55-16東京ガス(11月28日、相模原G)
*相模原7T7G2P(40)、ガス1T1G3P(29)
◎三菱PR18成昴徳(ソン・アンドック、성앙덕。14-、13-近鉄、帝京大、大阪朝高)。
◎三菱NO8李昡羽(イ・ヒョンウ、日野自、尚武、檀国大、裡里工業高)。

◆釜石SW26-19栗田工業
*釜石4T3G(38),栗田3T2G(21)
◎釜石PR1鄭貴弘(チョン・キホン、14-、13まで近鉄、京産大)

◆日野自動車38-13ヤクルト(日野)
*日野6T4G(31)、ヤクルト1T1G2P(24)
◎日野FL李勇昇(イ・ヨンスン、이용승、15-日野、14尚武、高麗大)
◎ヤクルトPR金弘泰(明治大、大阪朝高)。

◆横河武蔵野13-33秋田NB(29日、横河)
*横河1T1G2P(11)、秋田5T4G(11)
◎横河LO延権祐(ヨン・グォンウ、연권우。07-、高麗大)
◎横河WTB趙顕哲(チョ・ヒョンチョル、조현철。同志社大、大阪朝高)
◎秋田FL韓 歡浩(ハン・ファンホ、한환호、14-、徳山大、韓国・培材高)
Dscf8787

◆日本IBM27-17セコム(IBM)
*IBM4T2G1P(10)、セコム3T1G(2)

<<<TW>>
■順位決定リーグ3週(12月5日、花園1)
1位大阪府警、2位中部電力、3位JR西日本、4位ユニチカ
◆大阪府警①20-18中部電力②
*府警3勝、中部2勝1敗

◆ユニチカ③7-24JR西日本④
*ユニチカ3敗、JR西1勝2敗
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン、장화유。12-、同志社大、大阪朝高)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・グァンギ、15-、14近畿大、大阪朝高)

■順位決定リーグ2週(11月21日、花園2)
◆中部電力②42-24ユニチカ③
*中部2勝、ユニチカ2敗

◆大阪府警①34-0JR西日本④
*府警2勝、JR西2敗
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン、장화유。12-、同志社大、大阪朝高)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・グァンギ、15-、14近畿大、大阪朝高)

■順位決定リーグ1週(11月7日、瑞穂)
◆中部電力②35(35-0)0JR西日本④
*中部5T5G
◎JR西日本PR張和裕(チャン・ファユン、장화유。12-、同志社大、大阪朝高)
◎JR西日本FL鄭宏基(チョン・グァンギ、15-、14近畿大、大阪朝高)

◆大阪府警①13(3-7)7ユニチカ③
*府警1T1G2P、ユニチカ1T1G

<<TW2部>>
①大阪ガス(30)、②島津(21)、③きんでん(20)、④スネイルズ(19)、⑤日本新薬(14)
⑥リコー(10)、⑦豊田通商(6)、⑧KP(0)
■第7週
◆日本新薬-スネイルズ(12月5日)

◆大阪ガス-きんでん

◆島津製作所-KPOWER

◆日本新薬-KPOWER

◆豊田通商-リコージャパン

■第6週
◆島津製作所20-29スネイルズ(11月21日)
*島津(21)、スネ(19)

◆日本新薬39-19KPOWER
*新薬(14)、KP(0)

◆大阪ガス52-13豊田通商(22日)
*ガス(30)、通商(6)

◆きんでん19-32リコージャパン
*きん(20)、リコー(10)

<<トップキュウシュウA>>
■決勝リーグ戦3週
▶TOP4
◆宗像サニックス①69(29-0)0九州電力②(11月28日、グローバル)
*サニックス10T(15)、九電(10)
◎サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン、왕수영。14-サニックス、14-大阪体育大・中退しプロへ、朝明高)。
◎サニックスPR3申東源(シン・ドンウォン、신동원。15-サニックス、14-近鉄、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)。
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)。

◆マツダ③31(17-10)13中国電力④(CCW広島)
*マツダ4T(5)、中国1T(0)
◎マツダHO高昊嗣(コウ・ホサ、関東学院大、大阪朝高)
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン、15-、14明治大、大阪朝高)

▶5位以下
◆JR九州⑤47(21-3)10三菱重工長崎⑥(28日、博多の森)
*JR九州7T(15)、三菱長崎1T(10)

◆新日鐵八幡⑦19(7-9)27福岡銀行⑧
*八幡3T(1)、福岡2T(4)

■決勝リーグ戦2週
▶TOP4
◆宗像サニックス①87(47-0)5マツダ③(11月21日、レベスタ)
*サニックス13T(10)、マツダ1T(0)
◎サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン、왕수영。14-サニックス、14-大阪体育大・中退しプロへ、朝明高)。
◎サニックスPR18申東源(シン・ドンウォン、신동원。15-サニックス、14-近鉄、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)。後半から
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)。

◆九州電力②28(21-3)7中国電力④(九電)
*九電4T(10)、中国1T(0)

◆三菱重工長崎⑥41(19-12)17福岡銀行⑧(春日公園)
*三菱長崎6T(10)、福岡3T(0)

◆JR九州⑤94(42-7)7新日鐵八幡⑦
*JR九州14T(10)、八幡1T(1)

■決勝リーグ戦1週
◆宗像サニックス①61(19-7)7中国電力④(11月14日、サニックス)
*サニックス9T、中国1T
◎サニックスCTB王授榮(ワン・スヨン、왕수영。14-サニックス、14-大阪体育大・中退しプロへ、朝明高)。
◎サニックスPR3申東源(シン・ドンウォン、신동원。15-サニックス、14-近鉄、13サントリー、12-サニックス、NZ高校)。
◎サニックスCTB、FB権正赫(クォン・ジョンヒョック、권정혁。帝京大、韓国・慶山高)。

◆三菱重工長崎⑥26(12-15)22新日鐵八幡⑦(九電)
*三菱長崎4T、八幡3T

◆九州電力②43(17-3)19マツダ③(九電)
*九電7T、マツダ3T
◎マツダHO高昊嗣(コウ・ホサ、関東学院大、大阪朝高)
◎マツダLO南宗成(ナム・ジョンソン、15-、14明治大、大阪朝高)

◆JR九州⑤33(21-0)7福岡銀⑧(福銀)
*JR九州5T、福銀1T

| | Comments (0) | TrackBack (0)

早明戦、早大が奮起するか?天理VS同志社の決勝戦も

2015-16の大学ラグビー。
 12月6日(日)は関東大学対抗戦で伝統の早明戦。
 明治大が勝てば1敗で帝京大と並び優勝(1位扱いは帝京)。
 早稲田大が勝てば5勝2敗で早明に筑波大が並び3校のあいだで2-4位が決まります。
 早稲田が負けた場合は3位が筑波、4位早稲田、5位慶應大です。
 関西大学リーグ戦。優勝は12月5日(土)の全勝・天理大と1敗の同志社大が争う。
 3位は立命館大、4-5位は3勝4敗の摂南大、関西大。さらに5日、京都産業大が勝てば同じく3勝4敗で大学選手権出場枠の5位まで熾烈な争いになる。

 関東リーグ戦2部は日本大が全勝優勝で入替戦へ(相手は山梨学院大)。もう1枠は関東学院大が専大と対戦する。
 3部は優勝が朝鮮大で2部8位の玉川大と、2位東京農業大は2部7位白鴎大と対戦へ(12月13日、玉川大G)。
  
<<関東大学対抗戦A>>
①帝京大(6-1)、②明治大(5-1)、③筑波大(5-2)、④早稲田大(4-2)、
⑤慶應大(3-3)、⑥青山学院大(2-4)、⑦日本体育大(1-6)、⑦立教大(0-6)
■第14週
◆明治大-早稲田大(12月6日、秩父宮)
*明治(5勝1敗)、早稲田(4勝2敗)

◆慶應大-青山学院大(熊谷)
*慶應(3勝3敗)、青山(2勝4敗)
◎青山FL崔玄祺(チェ・ヒョンギ、1年、東福岡高-九州朝鮮中)/左から2人目。174CMで3列を支える。
Dscf9195

■第13週
◆帝京大17(17-0)20筑波大(11月29日、上柚木)
*帝京3T1G(6勝1敗)、筑波3T1G1P(5勝2敗)
◎帝京LO金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)
Dscf9104
◎筑波PR崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)
Dscf9951

◆立教大15(0-33)61日本体育大
*立教3T(7敗)、日体大7T7G4P7(1勝6敗)

■第12週
◆慶應大31(14-15)32早稲田大(11月23日、秩父宮)
*慶應5T3G(3勝3敗)、早大4T3G2P(4勝2敗)

■第11週
◆筑波大70(39-0)0日本体育大(11月14日、江戸川)
*筑波10T5G(4勝2敗)、日体大(6敗)
◎筑波PR3崔凌也(チェ・リャンヤ、3年、東福岡高-九州朝鮮中)。1T

◆青山学院大42(19-0)0立教大(ニッパツ)
*青山7T2G1P2勝4敗)、立教(6敗)
◎青山FL7崔玄祺(チェ・ヒョンギ、1年、東福岡高-九州朝鮮中)/左から2人目。174CMで3列を支える。

◆帝京大49(21-13)32明治大(15日、秩父宮)
*帝京6T5G3P(6勝)、明治4T3G2P(5勝1敗)
◎帝京LO金廉(2年、キム・リャン、大阪朝鮮高)
◎帝京LO5金嶺志(キム・リョンジ、3年、東京朝高)

◎帝京コーチ金清梧(キム・チョンオ、4年、東京朝高)
◎帝京PR金翔鎬(キム・サンホ、3年、東京朝高)
◎帝京SO金孝舜(キム・ヒョウスン、3年、東京朝高)
◎帝京PR李成鏞(リ・ソンヨン、2年、大阪朝高)
◎帝京PR趙雄真(チョ・ウンジン、1年、東京朝高)
◎帝京FL申賢志(シン・ヒョンジ、1年、大阪朝高)
◎帝京FL下相悠(1年、ピョン・サンユ、東京朝高)

<<関東対抗戦入替戦>>
■A/B(12月12日、熊谷)
◆日本体育大(A7)-明治学院大(B2)

◆立教大(A8)-成蹊大(B1)

<<関東大学リーグ戦1部>>
①東海大(28)、②流通経済大(25)、③中央大(22)、④大東文化大(19)、⑤法政大(16)、
⑥拓殖大(13)、⑦専修大(10)、⑧山梨学院大(7)
■第10週
◆流通経済大31(14-14)38東海大(11月22日、秩父宮)
*流経大4T4G1P(25)、東海5T5G1P(29)
◎流経大PR林材彬(4年、イム・ジェビン、임재빈。韓国・養正高)
◎流経大PR16金仁謙(2年、キム・インギョム、김인겸。流通経済大柏高、韓国・蘭谷中)
◎流経大LO李一凡(2年、高知中央高)
◎流経大NO8FL安永奭(4年、アン・ヨンソク、안영석。韓国・養正高)
◎流経大WTB高武栄(4年、コウ・ムヨン、東京朝高)
◎流経大CTB韓尊文(1年、ハン・ソンムン、大阪朝高)
*流経大HO申盛浩(4年、シン・ソンホ、신성호。韓国・忠北高)
◎法政SH黄将棋(2年、ファン・サンギ、大阪朝高)
◎法政PR李承記(1年、リ・サンギ、大阪朝高)。
◎法政SO呉洸太(1年、オ・ガァンテ、大阪朝高)
◎東海LO李昇剛(3年、イ・スンガン、東京朝高)/中央。
Dscf8920
◎東海SO金成志(3年、キム・ソンジ、大阪朝高)
◎東海SO金典弘(2年、キム・ジョンホ、大阪朝高)
◎東海FL高裕成(1年、コウ・ユソン、大阪朝高)
◎東海FL蔡隆志(1年、チェ・リャンジ、大阪朝高)

◆大東文化大41(24-5)38法政大
*大東7T3G(19)、法政6T4G(15)
◎法政SH黄将棋(2年、ファン・サンギ、大阪朝高)
◎法政PR李承記(1年、リ・サンギ、大阪朝高)。
◎法政SO呉洸太(1年、オ・ガァンテ、大阪朝高)

◆拓殖大34(22-5)19専修大(江戸川)
*拓殖6T2G(14)、専修3T2G(10)
◎拓殖PR具智元(3年、グ・ジウォン、구지원。日本文理高、NZ中、韓国)。
*前週(11月7日・中大戦)でも山梨学院大戦で痛めた右足首を捻挫再発。それでも出続けた
「スクラムで頑張らないといけなかった」
Dscf0901

◎拓殖SO具智允(4年、グ・ジユン、구지윤。日本文理高、NZ中、韓国)。1T
Dscf1125

◎拓殖SH9姜秉周(3年、カン・ピョンジュ、강병주。日本文理高、韓国)。
Dscf1098

◎拓殖CTB鄭季和(1年、チョン・ケファ、15-、12専修大、日本文理高、韓国)

◆中央大97(33-3)3山梨学院大
*中大15T11G(22)、山梨1P(7)

<<関東大学リーグ戦入替戦>>
■1部/2部(12月13日、熊谷)
◆専修大(1部⑦位)-関東学院大(2②)

◆山梨学院大(1⑧)-日本大(2①)
◎日大PR金大毅(3年、キム・テフィ、大阪朝高)。
◎日大SH李翔大(3年、リ・サンデ、大阪朝高)
◎日大SO金貴大(3年、キム・キデ、大阪朝高)。
◎日大FL孫昇巳(2年、ソン・スンギ、大阪朝高)。
◎日大WTB高大成(2年、コウ・テソン、大阪朝高)
◎日大PR秦舜一(1年、チン・スンイル、大阪朝高)
◎日大SH朴鐘必(1年、パク・チョンピル、大阪朝高)
◎日大FB金志大(1年、キン・チデ、大阪朝高)

■2/3(12月13日、玉川大)
◆白鴎大(2⑦)-東京農業大(3②)

◆朝鮮大(3①)-城西大(玉川大2⑧)

■3/4(12月13日)
◆横浜国立大(3⑦)-創価大(4②)

◆埼玉工業大(3⑧)-東京理科大(4①)

■4/5(12月13日、拓殖大)
◆神奈川大(4⑦)-東京経済大(5②)

◆首都大東京(5①)-城西大(4⑧)

<<関東大学リーグ戦2部>>
①日本大(28)、②関東学院大(25)、③立正大(22)、④東洋大(19)
⑤国士舘大(16)、⑥國學院大(13)、⑦白鴎大(6)、⑧玉川大(6)
■第7週
◆関東学院大35(12-8)25東洋大(11月22日、熊谷A)
*関東(25)、東洋(19)

◆日本大50(10-7)12立正大
*日大(28)、立正(22)
◎日大PR金大毅(3年、キム・テフィ、大阪朝高)。
◎日大SH李翔大(3年、リ・サンデ、大阪朝高)
◎日大SO金貴大(3年、キム・キデ、大阪朝高)。
◎日大FL孫昇巳(2年、ソン・スンギ、大阪朝高)。
◎日大WTB高大成(2年、コウ・テソン、大阪朝高)
◎日大PR秦舜一(1年、チン・スンイル、大阪朝高)
◎日大SH朴鐘必(1年、パク・チョンピル、大阪朝高)
◎日大FB金志大(1年、キン・チデ、大阪朝高)
◎立正CTB李翔太(4年、東京朝鮮高)

◆玉川大14-14白鴎大(拓大G)
*玉川(8)、白鴎(8)

◆國學院大22(15-19)31国士舘大
*國學院(13)、国士舘(16)

■第6週
◆玉川大7(0-7)50國學院(11月7日、相模原)
*玉川(6)、國學院(12)

◆日本大29(21-13)20関東学院大
*日大(24)、関東(21)

◆国士舘大38(19-12)12白鴎大(8日、熊谷B)
*国士舘(12)、白鴎(6)

◆東洋大12(0-10)18立正大
*東洋(18)、立正(21)

<<関東大学リーグ戦3部>>
①朝鮮大(25)、②東京農大(25)、③防衛大(22)、④東京工業大(22)、
⑤国際武道大(16)、⑥駿河台大(13)、⑦横浜国立大(10)、⑧埼玉工業大(5)
■第7週
◆国際武道大35-28埼玉工業大(11月22日、東京農大G)
*武道(16)、埼玉工業(5)

◆東京農業大33(12-13)23東京工業大
*農大(25)、東工(22)

◆朝鮮大26-10防衛大(駿河台大G)
*朝鮮(25)、防大(22)

◆駿河台大43(21-7)20横浜国立大
*駿河(13)、横国(10)

<<関西大学A>>
①天理大(6-0)、②同志社大(5-1)、③立命館大(4-3)、④摂南大、関西大(3-4)、⑥京都産業大(2-4)、
⑦近畿大(2-5)、⑧関西学院大(1-5)
■第7週
◆天理大-同志社大(12月5日、西京極)
*天理(6勝)、同志社(5勝1敗)
◎天理FL李淳也(4年、リ・ジュンヤ、常翔啓光学園)。
◎天理HO/PR白隆周(4年、ペク・リャンジュ、都島工)。
◎天理CTB朴泰慶(1年、パク・テギョン、大阪朝高)
◎同大PR趙隆泰(3年、チョ・リャンテ、大阪朝高)
◎同大FL朴鐘翔(4年、パク・ジョンサン、大阪朝高)
◎同大FL朴成脩(2年、パク・ソンス、大阪朝高)。後半から
◎同大FB康哲明(4年、カン・チョルミョン、大阪朝高)
◎同大PR金志憲(1年、キム・ジホン、大阪朝高)
◎同大WTB康哲訓(1年、カン・チョルフン、大阪朝高)

◆京都産業大-関西学院大
*京産(2勝4敗)、関学(1勝5敗)
◎京産FL李智栄(3年、リ・チヨン、大阪朝高)。1T
◎京産PR金亨志(4年、キム・ヒョンジ、大阪朝高)
◎京産PR金大輝(2年、キム・テフィ、大阪朝高)
◎京産HO蔡淳志(3年、チェ・スンジ、大阪朝高)
◎京産CTB金将一(3年、キム・ジャンイル、大阪朝高)
◎京産FL具一樹(2年、グ・イルス、大阪朝高)
◎京産PR金勇一(1年、キム・ヨンイル、大阪朝高)
◎関学SH金大地(3年、キム・デジ、大阪朝高)
◎関学CTB洪泰一(4年、ホン・テイル、大阪朝高)
◎関学CTB金淳英(3年、キム・スンヨン、大阪朝高)
◎関学LO金鐘星(1年、キム・ジョンソン、大阪朝高)
◎関学CTB沈祥健(1年、シム・サンゴン、大阪朝高)
◎関学主務高民起(4年、コウ・ミンギ、大阪朝高)

◆近畿大28(7-19)33関西大(11月29日、鶴見)
*近畿4T4G(2勝5敗)、関西6T3G(3勝4敗)
◎近畿HO18朴泰有(2年、パク・テユ、大阪朝高)。後半
◎近畿NO8金容信(4年、キム・ヨンシン、大阪朝高)
◎近畿PR金明樹(1年、キム・ミョンス、大阪桐蔭)

◆摂南大24(5-14)34立命館大
*摂南4T2G(3勝3敗)、立命4T4G2P(4勝3敗)
◎摂南SH金英貴(2年、キム・ヨンギ、大阪朝高)
◎摂南WTB19申翔志(3年、シン・サンジ、大阪朝高)
◎摂南マネージャー金真央(4年、大阪朝高)

<<関西大学B>>
①大阪体育大(9-0)、②竜谷大(8-1)、③花園大(7-2)、④大阪教育大(6-3)、
⑤大阪産業大、神戸大、大阪大、京都大(3-6)、⑨甲南大(1-8)、⓾大阪経済大(1-9)
■第9週(11月29日)
◆大阪大7-27神戸大(甲南大)
*大阪(3勝6敗)、神戸(3勝6敗)

◆甲南大41-24大阪経済大
*甲南(2勝7敗)、経済(1勝8敗)

◆大阪教育大47-14京都大(宝が池)
*教育(6勝3敗)、京大(3勝6敗)

◆花園大43-40大阪産業大
*花園(7勝2敗)、産業(3勝6敗)

◆大阪体育大33-26龍谷大
*大体大(9勝)、龍谷(8勝1敗)

■第8週(11月22日)
◆京都大30-15神戸大(京大G)
*京大(3勝5敗)、神戸(2勝6敗)、

◆龍谷大47-21大阪教育大(甲南大)
*龍谷(8勝)、教育(5勝3敗)、

◆花園大53-39甲南大
*花園(6勝2敗)、甲南(1勝7敗)

◆大阪体育大61-12大阪産業大(産大G)
*大体大(8勝)、産業(3勝5敗)

◆大阪経済大34-38大阪大
*経済(1勝7敗)、大阪(3勝5敗)

<<九州学生1部>>
■入替戦(12月5日)
◆長崎大(7位)-熊本大(2部2位)

◆沖縄国際大(8位)-西南学院大(2部1位)

■順位決定戦Aブロック
①福岡工業大、②九州共立大、③福岡大、④日本文理大
■順位決定戦Bブロック
⑤鹿児島大、⑥九州大、⑦長崎大、⑧沖縄国際大

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2015 | Main | January 2016 »