« 「韓国女子歴史に残る国際大会初優勝」 | Main | ラグビー日韓戦、4月30日は横浜・三ツ沢競技場。5月21日は韓国・仁川アジアド・ラグビー場で~17年以降、開催時期変更も~ »

February 29, 2016

サンウルブズ初戦飾れず。スーパーラグビー開幕!

 日本チーム・サンウルブズ(SW)が新規加入した2016スーパーラグビー(SR)が2月26日に開幕した。

 SR、全18チームが豪州、NZ、南ア1、南ア2デビジョンに分かれ別のデビジョンチームも含め15試合を戦う。
 
 SWは南ア1に加入した。

 2月27日(土)、秩父宮ラグビー場で南ア2のライオンズを迎え開幕戦を行った。
 
 約2万人の観衆が押し寄せた。
Dscf6426

 ライオンズが4T3Gで26点を奪い、SWを後半18分の堀江の1トライなど13点に抑え26-13で初戦を飾った。
Dscf6658

<<2016スーパーラグビー>>
■第1節
◆SW13(6-12)26ライオンズ
*SW1T1G2P、ライオンズ4T3G
◎SW/PR具智元(グ・ジウォン、拓大3年、大分文理高、韓国出身)
Dscf6671
「試合にでて南アのスクラムを経験したかった」

 前半6分SOピシのPGでSWが記念すべき先制点をあげる。
Dscf6521

 ライオンズはNTTコム所属のSOヤンチースが緊張したのか簡単なPGを2本外しいやな雰囲気。

 しかし18分、PGを狙わずにタッチへ。SW左ゴール前からラインアウト-モールで押し込みHOロビーがトライで5-3と逆転した。
Dscf6548
 33分には自陣から攻め続けWTB11コートがトライラインを越えた(12-3)。
Dscf6579

 ピシは38分にPGを成功し12-6で前半を終えた。

 後半もライオンズがボールを回すラグビーでSWディフェンスを圧倒した。

 SWのキックオフボールの争奪でPKを得る。SW陣10メートルの内側で右ラインアウト-モールで22メートル付近へ。左へ回しあっさりFL6ヤコが3つ目のトライを奪う(19-6)。

 試合を決めようとSW陣ゴール正面のスクラムを押し込む。PKを得てもスクラム選択でSWをつぶしにかかるライオンズ。しかし3度目のスクラムはSWが押し勝った。

 ここで少し流れはSWへ。

 17分にライオンズ陣でライオンズボールの右ラインアウトがSW側へ。
 SWは左から右へ回す。
 さらにゴール左へ攻め込みラインぎりぎりでラックを作る。
 PR3垣永が飛び込むも届かず。
 再度のラック、SH日和佐はすぐ左横に来たHO堀江へパスするとインゴールへボールを置きチームの歴史を刻む初トライを生まれた。G成功で19-13へ。
Dscf6619

 SWが攻勢をかける。23分ライオンズ22メートルの内側へ迫るもからまれノットリリースの反則。

 ライオンズはPKからSW陣で左ラインアウト。右へライオンズが回す。
 SWゴール前へ迫るもタックルでターンオーバーし危機を逃れた。

 再度、ライオンズ陣へキックでボールを蹴り込んだ。
 ラックで追いかけたピシがオフサイドの反則を取られレフリーに文句を言いシンビンへ。

 ライオンズはPKからSW陣10メートルで左ラインアウト。さきほどと同じく右へライオンズが展開する。10メートルの外側でボールをもらったCTB13ライオがSWディフェンスをはねのけ一気にトライラインを越えた(26-13)。

 そのあともお互いに攻め続けたがノーサイド。
Dscf6659

|

« 「韓国女子歴史に残る国際大会初優勝」 | Main | ラグビー日韓戦、4月30日は横浜・三ツ沢競技場。5月21日は韓国・仁川アジアド・ラグビー場で~17年以降、開催時期変更も~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サンウルブズ初戦飾れず。スーパーラグビー開幕!:

« 「韓国女子歴史に残る国際大会初優勝」 | Main | ラグビー日韓戦、4月30日は横浜・三ツ沢競技場。5月21日は韓国・仁川アジアド・ラグビー場で~17年以降、開催時期変更も~ »