« 東京朝鮮高はCブロック優勝飾る! 関東春季大会 | Main | 帝京大が優勝、流経大2位。関東春季大会 »

June 12, 2016

日本、カナダに辛勝逆転勝ち

 2016年日本代表は6月からカナダ遠征(11日に試合)、18・25日は日本でスコットランドをテストマッチを行う。

 カナダ戦が6月11日(土)バンクーバーで実施、後半29分に日本がFB松島のTで逆転(23-17)し、36分には1PGを追加し26-17へ。しかしカナダも39分にラインアウトからモールで押し込み26-22と迫る。
 最後の1プレーでFWがゴール前せ迫ったがインゴールへボールを置けずにノーサイドとなった。

<<2016日本代表テストマッチ>>
■2016年6月11日(土、カナダ・バンクーバー)
◆日本26(13-12)22カナダ
*日本2T2G4P、カナダ4T1G
*カナダが6分にFWが近場で前進を続け先制T。20分も同じかたちで追加し12-3とした。日本は33分にラインアウトからモールでHO2木津がTし10-12へ。終了間際にSO田村が2本目のPGを決めて13-12で逆転し終了。

*後半もカナダが先に点を奪う。4分、ゴール前スクラムからNO8が持ち出しゴールライン手前へ。SHも加わったラックから出たボールをLO4がトライラインへ運んだ。しかしGは失敗し17-12になった。
日本はあわてず11分に22m内側のPGを決め16-17と1点差へ。
カナダが16分、19分とやや難しい位置のPGを外した。
29分、日本がカナダ陣へゲインを切り後半出場のFL7金ショウケイが22mまで走る。
ラックから出たボールをSH茂野が走りこんだFB松島へ。そのままインゴールへ飛び込み逆転した。田村はG成功23-17へ。
36分には田村がこの日、Gキックをすべて成功するPGを決め26-17。
39分にカナダに1T返され最後の猛攻も受けたがしのぎ切った(26-22)。

*T数はFWのゼロチャンネルで攻め続け日本DFを破ったカナダが4、日本2と負けた。
カナダは2G2PGの得点機会を逸したのが響いた。

<<「ワールドラグビー U20チャンピオンシップ 2016」>>
 イングランドで開催されている「ワールドラグビー U20チャンピオンシップ 2016」は、6月11日にプールステージ第2節の6試合をおこなった。

大会WEB

プールCのU20日本代表は、U20フランス代表と対戦したが14-46で敗れ2敗。
■プールC2日目(6月11日)
◆日本14(7-17)46フランス

■プールA
◆アイルランド26-25ウエールズ、33-24NZ、ジョージア
◆NZ-ウエールズ、55-0ジョージア
◆ウエールズ10-9ジョージア

■プールB
◆イングランド48-10イタリア、-豪州、44-0スコットランド
◆豪州38-10イタリア、10-15スコット
◆イタリア-スコット

■プールC
◆アルゼンチン19-13南ア、24-15仏、-日本
◆南ア-仏、59-10日本
◆仏46-14日本

|

« 東京朝鮮高はCブロック優勝飾る! 関東春季大会 | Main | 帝京大が優勝、流経大2位。関東春季大会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本、カナダに辛勝逆転勝ち:

« 東京朝鮮高はCブロック優勝飾る! 関東春季大会 | Main | 帝京大が優勝、流経大2位。関東春季大会 »